インパラ~インディーズ発掘ラジオ番組

インパラバックナンバー

2009.11.25(Wed)

バックナンバーの一覧へ

今週のオンエアリスト

2009.11.25(Wed) セットリスト

Bob&Carnivals シンクロナイズド
/ Bob&Carnivals
いろは pen/light
/ いろは
namidacoat ヒカリ
/ namidacoat
ゲスト紹介曲
The Mirraz Let's GO!
/ The Mirraz
ar Thank U bye bye Robin Hood
/ ar
QUATTRO HEY
/ QUATTRO


素晴らしい世界 / Bob&Carnivals / いろは

Bob&Carnivals

『素晴らしい世界』
Bob&Carnivals / いろは

2009.10.21 リリース
レーベル:ROCKTRADE
ATRT-105 / ¥1,050(tax in.)

詳細はこちら

【収録曲】

  1. シンクロナイズド / Bob&Carnivals
    (2009.11.25オンエア)
  2. 恋人たち / Bob&Carnivals
  3. 夢をみる人 / いろは
  4. pen/light / いろは

Bob&Carnivals

Bob&Carnivals
プロフィール

‘07
1月下旬、八並亮と大吉啓太を中心に塩澤由希子と集まりBob&Carnivals結成。月1本のペースでライブをしつつ、自主制作でデモCDを録音したりとのんびりと活動を開始する。結成から半年ほどたったところで三橋太央が加入。夏には初の自主企画イベント『キミはトロピカリア』を開催する。

‘08
2月6日、1st mini album『tropicalia』をリリース。
4月13日、Zher the ZOO 代々木にて『tropicalia』のレコ発イベント『ハロー!オアシス』を開催。
w/24-twofour- , カセットコンロス , PaperBagLunchbox
5月11日、所沢航空記念公園にて開催された『とぶ音楽祭』2日目に出演。
w / 大島保克 , キセル , 中山うり , bonobos , YOUR SONG IS GOOD , YO-KING×堂島孝平
11月17日、下北沢CLUB Queにて『ハロー!オアシス vol.2』を開催。
w/PLATON , サンゼン
12月3日、1st full album『Easter』をリリース。

‘09
2月、『Easter』のレコ発ツアー『チキチキ!旅の宿はどこですかツアー2009』を盟友いろはと共にまわる。
ファイナルはZher the ZOO代々木にて開催。
w / いろは , D.W.ニコルズ
4月、レコ発ツアーの勢いを維持しつつ、いろはとの共同企画『駆け込み乗車で恋をして』を隔月開催でスタートさせる。通称『駆け恋』。
10月21日、いろはとのスプリットCD『素晴らしい世界』をリリース。
11月中旬、待望の正式ドラマー新田浩平が加入。

URL:http://bobcarnivals.com/

DJ MIYAのアーティスト紹介

昨日オンエアのインパラ1曲目はBob&Carnivalsで「シンクロナイズド」をお届けしました。
2007年結成の4人組、Bob&Carnivals。これまでにミニ・アルバムとフル・アルバムを1枚ずつリリースしています。
前作もインパラでオンエアしたのですが、良い感じの“ゆるさ“がなんとも気持ちいいナンバーです!!
実は続いてお送りしたバンド、「いろは」 とは盟友と呼び合う間柄で、お互いの新曲を2曲ずつ収めたスプリットCD『素晴らしい世界』を、10/21にリリースしました。
その『素晴らしい世界』から、まずお送りしたのは、Bob&Carnivalsで「シンクロナイズド」でした。


PAGE TOP

素晴らしい世界 / Bob&Carnivals / いろは

いろは

『素晴らしい世界』
Bob&Carnivals / いろは

2009.10.21 リリース
レーベル:ROCKTRADE
ATRT-105 / ¥1,050(tax in.)

詳細はこちら

【収録曲】

  1. シンクロナイズド / Bob&Carnivals
  2. 恋人たち / Bob&Carnivals
  3. 夢をみる人 / いろは
  4. pen/light / いろは
    (2009.11.25オンエア)

いろは

いろは
プロフィール

グッドメロディーでダブ/ファンク/ギターロック/エレクトロを通過したサウンド。日常の光景をズラした独特な視点から生み出されるリリックと無垢なボーカルが胸を打つ。ポップでハートウォーミングな4人組。
2005年春から月2-3本のペースでライブ活動を行う。2006年1月、自主制作盤「街のいろは」をライブ会場にて販売開始。同年8月にはカレッジロックフェスティバル関東大会に出場し準優勝となる。この頃から自主企画イベントを下北沢Cave-Beにて開催し始め、さらに12月には再び自主制作にてシングル「夜のお散歩 e.p.」を発表。横浜、渋谷、下北沢を中心に精力的にライブ活動を行いながら、2007年4月、新宿LOFTの8周年イベントに急遽出演し、そのライブパフォーマンスがオーディエンスの度胆を抜く。これ以降、ライブは全く行わず楽曲制作をメインに活動しながらも同年10月には、ひょんなことからNTT東日本「FLET'S 光~音楽編~」のCMにメンバーが出演し、お茶の間を賑わせた。
約1年間の沈黙を破り、2008年4月、ライブ活動再開。4/25リリースのハイラインレコーズのコンピ「HI-STYLE vol.11」にも自身の楽曲「喜びを(HI-STYLE MIX)」で参加。
そして、2008年7月2日、ミニアルバム「かな」で待望のCDデビュー。9月には下北沢シェルターにてレコード発売記念ライブを開催し、大阪の大型野外イベント「RUSH BALL 2008」(ATMC)や、「MINAMI WHEEL 2008」、「shimokita round up」等のライブイベントにも立て続けに出演。その楽曲のイメージとは一味違うお茶目で陽気なキャラクターと熱を帯びたパフォーマンスが好評を博している。
2009年10月21日、Bob&CarnivalsとのスプリットCD「素晴らしい世界」をリリース。

URL:http://www.iroha168.com/

DJ MIYAのアーティスト紹介

続いては同じく10/21リリースされたスプリットアルバム『素晴らしい世界』から「いろは」の「pen/light」をお届けしました。
2004年に、大学のサークルの仲間で結成された4人組 いろは。2008年7月にミニ・アルバム「かな」でCDデビューを果たしました。
盟友と呼び合うだけあって、1曲目でオンエアしたBob&Carnivalsとこの「いろは」、
同じグルーブというか、いい感じで共鳴し合うサウンドだと思います。
この2バンドによるライブが12/13(日)、代々木Zher the ZOOで行われます。興味のある方はゼヒチェックして下さい!!。


PAGE TOP

LOVE LU LE LO / ar(アル)

ar(アル)

『LOVE LU LE LO』

2009.11.11 リリース
レーベル:THISTIME
XQER-1017 / ¥2,310(tax in.)

詳細はこちら

【収録曲】

  1. LOVE LU LE LO
  2. Thank U bye bye Robin Hood
    (2009.11.25オンエア)
  3. マサシクダビンチ
  4. i + i (アイタスアイ)
  5. うさぎ
  6. Mr.parachuteman
  7. lovely dance ~あなたの中のボク~
  8. Q.
  9. Good morning angel
  10. HAPPY BIRTHDAY
  11. chu chu chu
  12. ユラユラオドレ
  13. ON
  14. double face (ダブルフェイス)
  15. くもりデー

ar(アル)

ar(アル)
プロフィール

坂本龍一が自身の番組「Radio Sakamoto」で4年に及び支援する奇跡のバンド、ar(アル)をメ ジャーとの競合の末獲得!日本のトム・ヨーク(レディオヘッド)、ヨンシー(シガーロス)といっても過言ではないクボアツシの透明でナチュラルな歌声はDirty Old Menやsleepy.ab、ハナレグミ、大橋トリオらのブレイクに続く・・いや大きな革命を巻き起こすことは間違いない。エレクトロ~フォーク~シューゲイザーをベースにしたサウンドから自身を最上級のポップミュージックへと開眼させた曲LOVE LU LE LO、そしてi+iはすべての人の胸を打つ。ただ彼らはいつでも自然体だ。

オファーよりスタイルの追求を優先させ自身のレーベルより2枚のアルバムをリリース。ピアニストで松山ケンイチの親友でもある清塚信也(映画「神童」にも出演)のアルバムにてアレンジとトラックメイクを全曲担当、ファッションブランドjun ashidaやjouer avec moaのショーミュージック、ショートフィルム「ハジマリノ詩」、短編映画『彼方から』、下北沢映画祭グランプリ『MOK』などの劇中歌を担当。コンピレーション「シューゲーザー至上主義」への参加、写真家の大橋翔氏の写真展とコラボレーションした昨年末の渋谷SPUMAでのワンマンが即SOLD OUTするなど音楽、映像、ファッション、アートすべてのプロフェッショナルたちがいま”アル”に注目している。

トラックメイカー、フジモトヨシタカは現在までに絢香、Sowelu、柴田淳、川村かおり、馬場俊英、奥田美和子 、つるの剛の作品に参加している。最新情報/絢香“みんな空の下”リズムトラック製作

URL:http://www.ar-w.com/

DJ MIYAのアーティスト紹介

11/11にリリースされた3rdアルバム「LOVE LU LELO(ラブ・ル・レロ)」から、 arで「Thank U bye bye Robin Hood」をお送りしました。
2003年結成の3ピース。これまでに舞台音楽やファッションショー、写真展への楽曲提供など、アート・シーンとのコラボ活動が目立ちます。
そんな彼らですが、なんとあの坂本龍一さんがご自身の番組で4年に及び支援されているバンドです!!
12月にはなんと教会でのライブも予定されているので、詳しくはバンドのオフィシャル・サイトでチェックしてください。

ar(アル)'s PLAYLIST 『ボートの上の釣り人たちに贈る』

「日の昼下がり、湖のボートの上、にぎやかな蝉の声。早朝からの疲れも何のその、このまま一匹も釣れずに家に帰るなどありえないと考える。ただ、そのすぐそばには明らかな焦燥感‥。想像して・・・」


PAGE TOP

BREAK OUT

NECESSARY EVIL / The Mirraz

The Mirraz

『NECESSARY EVIL』

2009.10.14 リリース
レーベル:mini muff records/Zealot
ZMUFF-2005 / ¥2,300(tax in.)

詳細はこちら

【収録曲】

  1. check it out! check it out! check it out! check it out!
  2. Let's GO! (2009.11.25オンエア)
  3. 走れ魔法使い
  4. イフタム!ヤー!シムシム!
  5. 三千世界よりロンドンスタイル
  6. なんだっていい//////
  7. 神になれたら
  8. 給付金貰って何買おう?
  9. XYZ
  10. ぶっこ
  11. 5.5.5st

The Mirraz

The Mirraz
プロフィール

2006年9月に畠山承平(Vo&Gt)、和田遼太郎(Ba) が中心となって結成。12月に自主制作盤「be buried alive」を発売し、その卓越した“新しい音” が巷で話題になり、USEN、FM、TV などに取り上げられる。その後、流通した音源が無いにも関わらず、スタンスパンクスやTHE BEACHES などのイベントに誘われ始める。
2007年12月に盟友「Veni Vidi Vicious」とのスプリットシングルCD「NEW ROCK E.P」を店舗限定でリリース。店舗限定にも関わらす、オリコンインディーチャート19位にランクインする高セールスを獲得。
また、ロック専門誌の年間ベストに取り上げられるなどじわじわと知名度を上げる。
2008年3月にイギリスのバンド「CIRCUITS」とジャパニーズブルースサイケバンド「QUATTRO」との全国ツアーを敢行。
4月には初自主イベント「PRAMID de 427」を開催、動員200 人超えを記録し大盛況に終わる。
6月には新メンバー関口塁(Dr) を迎え、バンドとして新転機を迎える。
12月に1st Album「OUI!OUI!OUI!」を発売するや否や、各CD ショップが激プッシュ!
各媒体からも注目を受け話題騒然となる。
2009年6月に行った全国ツアーでは、各所動員数が破竹の勢いで伸び、東京のワンマン公演では300人を集める。

URL:http://the-mirraz.com/

DJ MIYAのアーティスト紹介

ボーカル/ギターの畠山承平(は、ベース/コーラスの和田遼太郎、ドラムの関口塁からなるThe Mirraz。2006年に結成され、ドラムのメンバー交代を経て、現在はこの3人で活動しています。
ミイラズの魅力というと、とことんポップで疾走感があり、エッジの利いた音などなど!!
10/14に「NECESSARY EVIL」(=必要悪)というタイトルの2ndアルバムがリリースされました。ミイラとコウモリのイラストがキュートなジャケット・デザイン。
収められている楽曲も「走れ魔法使い」「なんだっていい」「神になれたら」「給付金貰って何買おう?」などなど、とても個性的です。
ルックスといい、曲やアルバムのタイトルといい、どこか“人を食った”ようなところがありますが、歌詞を聴き込むと、これが結構まっすぐで、このピュアさがThe Mirraz の魅力の一つなのではないでしょうか?疾走感あふれるサウンドにたっぷり詰め込まれたメッセージ。
「NECESSARY EVIL」、聴きごたえのある仕上がりとなっていると思います。

 The Mirraz's PLAYLIST 『気づいたら聴いてる曲』

思い出の曲やら好きな曲をかき集めてみました。一応MIRRAZなんで好きなアークティックモンキーズの~...


PAGE TOP

マンスリーエンディング

FOR A FEW DOLLARS MORE ep / QUATTRO

QUATTRO

『FOR A FEW DOLLARS MORE ep』

2009.11.04 リリース
レーベル:LilBallet
UXLB-009 / ¥1,200(tax in.)

詳細はこちら

【収録曲】

  1. JOY OF A TOY
  2. Magic J
  3. Question#7
  4. Hey(マンスリーエンディング)

QUATTRO

QUATTRO
プロフィール

1990
6歳の岩本と中島が東京の西の都で出会う
順調に育つ

2004
Jul, Mini Album “Calm before the dawn” リリース

2005
Aug, Fuji Rock Festival’05 ROOKIE A GO-GO 出演
Oct, Full Album ”QUATTRO” リリース

2006-2007
LilBalletへ移籍
メンバーの脱退、加入を経て現在の形で活動を開始

2007
Sep, “13/07/2007”を会場限定で発売

2008
Jan, Kula Shaker Japan tourのオープニングアクトに抜擢
Sep, the telephones, PILLS EMPIRE, The Brixton Academy, THEBAWDIES, FREETHROWと共に”Kings”を開催
Oct, Full Album “Square The Circle” リリース

2009
FEEDER Japan tourのオープニングアクトに抜擢
OASIA Japan tour東京公演のオープニングアクト出演
恵比寿リキッドルームにて行われた「Kings vol.2」、SOLD OUT

URL:http://www.quattrotheband.jp/

DJ MIYAのアーティスト紹介

今月のエンディング・ナンバーに選んだのは…QUATTRO!
およそ1年ぶりとなる新作EP、「FOR A FEW DOLLARS MORE ep」が今日、リリースされました。
FEEDER、oasisのオープニングアクトや、全国の数え切れないTOURやイベント出演で、確実に力を増した強固なグルーヴと圧倒的な世界観を詰め込んだEPが完成。
シングアロング必至!Supergrassを彷彿させる90’s ROCK「JOY OF A TOY」!!
早くもLIVE で話題!BECKやHappy Mondaysを上回る再生回数を叩き出したQUATTRO流カントリーロック「Question#7」(クエスションナンバーセブン)そして、盛り上がり必至の代表曲「HEY」を音源化!


PAGE TOP

今週のゲスト

ゲストコーナープロな人たち

今回はヴァイナルレコーズ株式会社の中森章夫 氏に、スタジオにお越しいただきました。

中森さんとのトーク内容

  • Q1:まずは、中森さんがいらっしゃるヴァイナルレコーズについてお聞きします。どんなアーティストがいるんですか?
  • Q2:中森さんがそもそもこの業界に入られたきっかけは?
    (お仕事歴や、これまでにどんな音楽を聴いてきたか?)
  • Q3:そんな中森さんが現在、在籍されているヴァイナルレコーズですが、新たにインディーズ・レーベルを立ち上げたそうですが、レーベルのコンセプトなど?
  • Q4:第一弾としては、
    どのようなアーティストを手掛けるのですか?
  • Q5:その中で、今日紹介してくださるのは?

中森章夫 氏 選曲:ヒカリ / namidacoat

namidacoat オフィシャルサイト:
http://www7b.biglobe.ne.jp/~namidacoat/

などなど。この内容は、
audioleafで視聴できるので、是非チェックして下さい。

“インパラ”とは?

インパラ ~インディーズ発掘ラジオ番組~bayFM 78.0MHZ 放送時間 毎週水曜日 24:00~24:30

多様化する日本の音楽シーンに於いて「今」求められているのは「次にくる音」 その答えは もしかするとインディーズ・シーンにあるのではないでしょうか?
常に進化し続けるインディーズ・アーティストをいち早く紹介していくのが、インディーズ・パラダイスです。

DJ MIYA

ナビゲーター DJ MIYA

【出身地】兵庫県神戸市出身
【生年月日】11月7日
【星座】蠍座
【血液型】A型
【趣味】居酒屋巡り(お気に入りの居酒屋
地元神戸の居酒屋「樂」、たまプラーザ駅近く「呑蔵」「月の音」)

miya@bayfm.co.jp