MUSICSHELFトップ>特集・連載>SANISAI インタビュー
Feel the Music vol.46
京都発、心と心を繋ぐハーモニー - SANISAI SANISAI
■インタビュー/文:村尾泰郎 掲載日:2008.4.22
 村井伸吾(ヴォーカル、ピアノ)、山田和嘉子(ヴォーカル)、弟の山田隆平(ヴォーカル、ギター)の3人が紡ぎ出す、ナチュラルで美しいハーモニー。京都を拠点にマイペースな活動を続けてきたヴォーカル・グループ、SANISAIがメジャー・1st・アルバム『三感四音』を完成させた。自分たちで楽器を演奏しつつ、音質の違う3人の歌声が重なって生まれる歌は、どこかほっこりと暖かい。アコースティックなサウンドにこだわり、コーラス・アレンジの深みも増した『三感四音』には、そんなSANISAIの魅力がたっぷりと詰まっている。何より日常に対する穏やかな眼差しを感じさせる本作は、まるで京都から届けられた歌のポストカードのよう。
--今回のアルバムでは、初めてレコーディング合宿をされたそうですね。
SANISAI村井:もう最高でしたね。普通、レコーディングって、だいたい昼頃から始めるじゃないですか? それが今回は、〈みんな一緒のところにおるんやから、朝10時くらいからやろう〉ってなって。まず朝に最初のセッションをして、お昼ご飯食べて、それからまたセッションして、夕方6時ぐらいから晩ご飯を食べて。それで食べ終わったら、また〈ちょっと1曲やってみよか〉って。それで、その日録ったやつを聴きながらお酒をちょろっと戴いて寝る、という素晴らしい計画性でしたね(笑)。
山田(和):毎日、夜に聴ける曲が増えていくんです。〈また1曲増えた〉、〈今日は2曲増えた〉って。それを聴きながらみんなで美味しいお酒を飲んで、〈じゃあ、明日はこういいうふうにしようか〉って話をする。みんなで生活しているから、次の日、朝起きて音を出したら、昨日よりもみんなの気持ちが近づいている感じがして。それが音に出るんです。そういう意味で、合宿をやってほんとに良かったなと思いました。
--クレジットでは作詞作曲は〈sanisai〉名義になっていますが、曲作りはどんな風に進めていくんですか?
山田和嘉子
山田和嘉子
山田(和):歌詞を書いてきた人がメイン・ヴォーカルになるパターンが多いですね。でも、〈ここは、こうしたほうがいいんちゃう?〉って、みんなで言いあったりして、歌詞が変わることはよくあるんです。だから1人で書いたというよりは、みんなで書いた感じで。メロディーも同じで、主にリーダー(村井)がピアノで作ることが多いんですけど、〈やっぱりサビはこっちにしよう〉っていうふうに3人で練り直す。そういうこともあって、クレジットは全部バンド名にしたんです。
村井:特にコーラスの感じなんて、みんなで考えるんで。コーラスが一番、歌の真ん中にあるからだと思うんですけど、〈こっちのメロディーのほうがコーラスがキレイだね〉とか、3人で言いあいながら1曲作るのが僕たちのスタイルなんです。
--今回、サウンド面で注意したことは?
山田(和):生の楽器にこだわったというか、ほとんどが〈いっせーの〉で録音した曲ばかりなんです。ウワモノの楽器とかを入れずに、それはコーラスで補うという感じにしたかったので。最初からずっとハーモニーにこだわってやってきているので、それがいかにより進化した形でできるのか、というのをこのアルバムに入れたいなと思って。
村井伸吾
村井伸吾
--アルバム収録曲で、特に印象に残ったコーラス・アレンジはありますか?
山田(隆):僕は〈ふたりなら〉ですね。これはもう、衝撃を受けました。この曲は最初に楽器を録ったんですけど、その時は別にコーラス・ラインも何も譜面に書いてなくて。それで、いざ〈仮歌を入れてみようか〉っていう時に、プロデューサーの有賀さんがニヤニヤしながら音とメロディーを指定したんですが、歌を録った時の有賀さんのニヤッとした顔を僕は一生忘れません! 〈いいだろ?〉って顔をしてた(笑)。あれはコーラスの積み方も、メロディー・ラインも素晴らしかったですね。
山田(和):今までの自分たちでは考えつかないコーラスの積み方をすることで、曲の表情がすごく変わるんだな、ということが、今回のアルバムでよくわかりました。ほんとに曲の広がり感がバーッと出てきて。〈あ、こんなふうになるんや〉って、すごく面白かったです。
--これまでは3人でコーラス・アレンジを考えてこられたわけですが、専門的な勉強はされたんですか?
村井:特にはやってないです。自分達が気持ち良いところでハモるぐらいで(笑)。
山田(和):でも、例えばリーダーがメインで隆平が次にハモったら、自分がここに行きたいという音が、頭の中に出てくるんですよ。パズルみたいなんです、頭のなかの。
山田隆平
山田隆平
村井:それで気がついたら3つの音が鳴っている。
山田(隆):ちゃんと音楽の理論を勉強した人なら、絶対行かないようなところに、僕らのコーラスが行くみたいで、よく〈理解できない〉って言われるんです。それでも、やっぱり自分達が一番気持ち良いって思ってる音やから、別にそれは間違ってなくって。
山田(和):それがSANISAIならでは、という感じですね。
--SANISAIらしさといえば、ずっと京都を拠点に活動されていますね。京都という土地の魅力とは?
山田(和):京都って、独特の空気感があるというか。観光っぽいところじゃなくて、京都の人が過ごす日常感というのを、ずっと大事に歌詞やメロディーにしてきているんで、そこはこだわりがすごくあります。
村井:メンバーの二人(山田姉弟)にとっては生まれ育った町だし、僕も京都に来てから7、8年経っていて、3人にとって平常心でいられる町なんです。もし東京に出てきて、背伸びして曲を書いてたりしていたら、SANISAIの音じゃなくなってしまうと思いますね。
--そういえば、ほんのりと季節感を感じさせるアルバムに仕上がってますよね。
SANISAI村井:そうですね。日常と同じように季節感を大切にしながらやっているので、このアルバムも何となく春夏秋冬がある感じになっていると思います。僕、家でもすっとこのアルバムを聴いてるんですけど、気づいたら2周、3周してるんですよ、飽きることもなく(笑)。今回のアルバム・タイトル『三感四音』っていうのは、3人の感じる音を表現するともうひとつの音が生まれて4つの音になるという意味もあるのですが、気象用語の「三寒四温」という、3日間寒い日があって、4日間暖かい日があって徐々に春を迎える。そんな季節感もSANISAIっぽいとこかなと。春夏秋冬が巡るように、このアルバムも何度も続けて聴いて戴ける作品になったと思います。
山田(和):それに聴いて戴けたら、必ずどこかで自分と重なる部分が見つかると思います。〈私もこんな経験したことある〉とか〈こんなふうに人を好きになってみたいな〉とか。そういうことを聴いて頂いた人に感じて貰えて、このアルバムが心の中の大事な1枚になったら嬉しいですね。
SANISAI Private Music
--リスナーとして普段どんなシチュエーションで音楽を聴いていますか?
山田(隆):僕は車派です。実は家では、あんまり音楽を聴かないんですよ。
村井:僕はジョギングがすごく好きで、ジョギングしながら必ず聴いてますね。あとは散歩とか。外で聴くことが多いかな。家で聴くこともあるけど、やっぱり外で風景見ながら、走りながら聴くのが一番好きです。
山田(和):私は家ではいつも音楽を流しています。曲作りをしているとき以外は、家でゆっくりと聴きますね。
 
SANISAI’s PLAYLIST:ハーモニーで癒されたい時に聴く曲
 
SANISAI プレイリストの詳しいレビューとCDや楽曲購入
SANISAI リリース情報
ふたりの心を繋ぐ
SANISAI究極の6曲集
三感四音 / SANISAI
『三感四音』
SANISAI
Aer-born / Amuse
AZCL-10016 / ¥1,800(tax in)
amazonで試聴・購入 HMVで試聴・購入
収録曲
01. 花曇り
02. ふたりなら
03. 六月の雨
04. ただそれだけの事
05. たったひとつ
06. しるし
Live to Sing / SANISAI
『Live to Sing』
AZCL-35007 / ¥1,000(tax in)
NOW ON SALE!
amazonで試聴・購入 HMVで試聴・購入
GREETINGS / SANISAI
『GREETINGS』
TANE-8 / \2,100(tax in)
amazonで試聴・購入 HMVで試聴・購入
SANISAI ライブ情報
インストアイベント
4月23日(水)心斎橋 APPLE STORE
18:30~
FM802 HIROT's
MORNING JAM presents
「NEW BREEZE」
4月26日(土)大阪城野外音楽堂
OPEN 12:00/START 13:00
SANISAI support
CD-SHOP×新風館
「アウトストアイベント」
5月17日(土)京都 新風館
START:18:00
SANISAI プロフィール
SANISAI (サニサイ)
Vo,山田和嘉子、ピアノ・Vo.村井伸吾、ギター・Vo.山田隆平からなる、京都在住の3人組コーラスユニット。大学で知り合った和嘉子と村井、そして和嘉子の弟である隆平。それぞれ声質の違う3人がその声を重ねて歌った時の「気持ち良さ」に『何か』を感じて結成。2002年9月、35年前の名曲「京都慕情」をカバーしインディーズデビュー。その後、現在までにシングルCD計6枚、アルバムCD1枚を発表。いずれも地元京都のメディアやCD店の上位チャートにランクイン。ライブ活動では、関西エリアでのワンマンやイベント出演。また、京都ならではの神社仏閣、重要文化財での演奏など「生」にこだわった精力的なライブを行う。サニサイがテーマとしている「日常」にこだわり続けるためにあえて拠点を京都に置きながらより洗練されたSANISAIサウンドを武器に2007年10月メジャーデビュー。2008年4月、6曲入りアルバム「三感四音」が完成。
オフィシャルページ:
http://www.sanisai.com/