MUSICSHELFトップ > 特集・連載 > 奥田民生 ライブドキュメント
音楽と土地 特別篇: 大野ケイスケ密着ドキュメント 奥田民生の旅 「okuda tamio FANTASTIC TOUR 08」
■ナビゲーター:大野ケイスケ ■撮影:本多元
Page1 Page2 Page3 Page4 Page5 Page6 Page7 Page8 Page9
 「ライブレポート的なもの」は、都内の会場で行なわれる公演を見て書かれることが多い。しかし「音楽と土地」という関係を意識してしまう僕にとって、毎日のように誰かしらのライブなりコンサートが各所で開催されている「東京」と、年に一度どころか数年に一度のタイミングでしか開催されない「地方」とでは、まったく「空気感」というか、立ち上がってくるものが異なるのではないだろうかと思っていた。東京におけるライブは忙しい都会の人間にとって、スケジュールのひとつでしかない、音楽を携帯しシャッフルする感覚に近い。だが地方におけるライブは「非日常」である。アーティスト本人がこの街に演奏しにやって来るという事態は、もしかしたらこれで人生の方向性が変わるかもしれないと思わせるほどの大事件のような気がする。それはとても素敵である。
 そんな素敵な出会いの瞬間をぜひ一度この目で見たい。
 そうだ、奥田民生にしよう。
 毎年ツアーを組み、彼らは旅に出かける。今回のツアーは2月1日から4月いっぱいまで続く「okuda tamio FANTASTIC TOUR 08」だ。僕は「奥田民生の旅」を追いかけてみることにした。彼の楽曲と演奏が、その土地にどんな素敵をもたらすのか、その土地の人々の人生をいかに素敵なものにするのか。とにかく素敵そうである。だから僕も旅に出る。
ライブドキュメント
08.2.1 埼玉県 三郷市文化会館 ライブドキュメント
08.2.9 神奈川県 よこすか芸術劇場 ライブドキュメント
08.2.23 京都府 京都会館第一ホール ライブドキュメント
08.2.24 兵庫県 神戸国際会館こくさいホール ライブドキュメント
08.3.4 鹿児島県 宝山ホール(旧鹿児島県文化センター) ライブドキュメント
08.4.22 石川県 石川厚生年金会館 ライブドキュメント
NEW! 7.11掲載
08.4.25 愛知県 名古屋国際会議場センチュリーホール ライブドキュメント
 
NEW! 7.11掲載
民生に1つ聞いてみたい ~怒涛の普通の質問~
民生の民の声
Navigator Profile
大野ケイスケ大野ケイスケ
1973年生まれ。放送作家、ライター。民生さんとの出会いは、構成を担当していた「FACTORY」(フジテレビ)という風変わりなライブハウス音楽番組での収録当日、駐車場からスタジオへ上がるエレベーターで偶然お会いしたことにはじまる。その日の夜は友人の結婚式がひかえていたため、僕は年に一度あるかないかのスーツ姿…妙なインパクトが功を奏したかどうかはわからないが、その後もいくつかの偶然が重なり、04年のソロ活動10周年記念「ひとり股旅スペシャル@広島市民球場」と前日翌日に同じく広島で行なわれた「前夜祭」「後夜祭」の模様に民生さんのロングインタビューを加えた「フジテレビ721奥田民生スペシャル~拾年ひとり股旅をする。~」の企画構成を担当。その後はライブや収録のたびにうろうろしている。
現在は「新堂本兄弟」「ミュージックフェア21」「クイズ!ヘキサゴンII」「F1GP」(フジテレビ系)「EXILE MAKIDAIのOH! MY RADIO」(J-WAVE)「いとうせいこう GREEN FESTA」(文化放送)などを担当。

これまでのMUSICSHELFインタビュー
クレイジーケンバンド 横山剣
EXILE MAKIDAI
渡辺祐
 
| 1 | 23456789次のページ
INFORMATION
LIVE DVD
『okuda tamio
FANTASTIC TOUR 08』

7.16 ON SALE!!

LIVEを観た人も、観られなかった人も、”ありのままの奥田民生”に出会える1枚。4人のポテンシャルは然る事ながら、照明、音響に至るまで、近年これほど素晴らしいロックを体感させてくれたLIVEに遭遇した事がないと言いたくなる位、最高のパフォーマンス。
okuda tamio FANTASTIC TOUR 08 スケジュール