DJ MIYAのインディーズコラム

atonomatsuri.jpg

back number


『あとのまつり』

 

今週もやってきました、bayfmインディーズパラダイス“インパラ”DJのMIYAです。
突然ですがみなさん、ワールドカップは見ていますか?今回の大会はグループリーグの2/3が終わった時点で、強豪といわれているチームにあれだけの波乱が起こっていて、かなり面白い大会になっていて毎日興奮しています。特に、スペインVSスイスの試合なんかは、今の時点でまさに今大会1番の波乱といってもいいかもしれないですし、イングランドやイタリアがここまで苦戦するとも思わなかったので、何が起こるかわからない大会になっているなと思います。それに比べ、死のグループと言われているG組は、ブラジルがしっかりと実力を発揮していて、今回の死のグループは他のグループになっていて、毎試合何が起こるかわからない、すごく興味深い大会だなと思っています。そんな今回のワールドカップはどこの国が優勝するんでしょうか?ベスト16からの戦いも楽しみですが、そんなことよりも、今日深夜の日本VSデンマーク戦、日本から南アフリカ念を送って応援したいと思います。

 


さて先々週から紹介している、6月2日にリリースされたback number 1stFull Album「あとのまつり」の曲紹介もついに後半に突入します。先週も書きましたが、これはあくまで僕自身の目線です。色々な感じ方、とらえ方があると思うので、みなさんも「あとのまつり」の音源を是非聴いて、みなさんなりの感じ方をしてみてください。


M7.「おまえさん」
この曲に登場する男性はものすごくかっこ悪いですよね!!と言いたい曲です。
ただ、ここに出てくる男性のような思いをしたことがある人って多いんじゃないかと思うのですが、みなさんはいかがですか?本当にここまでリアルに、男の弱さを表現している曲はそんなに無いと思います。自分の大切な人を失ってはじめてその大きさ気がつく。朝まで飲んだくれてしまい、自分の嫌な部分ばかりを責めてしまう、こういう部分が僕自身は「あっ、わかる!」と思ってしまいます。


M8.「ハイスクールガール」
「明日になったら、あの娘が彼女になってないかな」!!なんて、中学や高校の時に妄想をしたことがある方はいませんか?相手が目の前にいなければ簡単に言えてしまう自分の素直な気持ち、それなのに相手に自分の気持ちを伝える事ができないもどかしさ。自分の友達に相談しても、自分の望んでいる答えが出てこない。ただ、自分の気持ちを聞いてもらったり、背中を押してほしいだけなのに。そんな思いが聞こえてきそうになります。
自分ではどうすることもできない、そんなもどかしさからか、最後には口が滑っちゃえばいいのにという終わり方がものすごく共感できます。この曲は、今の中高生が聴いたら詞の部分に共感する人が多いと思います。僕は個人的にこの曲を聴くと、甘酸っぱい気持ちになる曲です。

 

 

M9.「Life」
アルバムを1曲目から聴いていくと、このLifeを聴き終わったときに、この曲がアルバムの最後の曲かなと思ってしまうような曲でした。それはものすごく明るくてポップで、サビの歌詞の部分が、ポジティブに前を向いていこうという感じを受ける詞なのでそう思いました。それだけでなく、曲のラストは“ラ・ラ・ラ”で歌っているので、ライブであればこの曲をラストにもってきて、会場にいるお客さんと一緒にこのフレーズを歌っている、そんなシチュエーションが思い浮かぶ楽曲だったのでそう思いました。
この曲に関しては、back numberのライブ感を感じることが出来る楽曲だと思います。

 


来週は「あとのまつり」残りの楽曲を紹介するので、こちらも是非チェックしてください。

 


MIYA

 

 

inpara201006_sp_bknumber.jpg

“インパラ”とは?

インパラ ~インディーズ発掘ラジオ番組~bayFM 78.0MHZ 放送時間 毎週水曜日 24:00~24:30
多様化する日本の音楽シーンに於いて「今」求められているのは「次にくる音」  その答えはもしかするとインディーズ・シーンにあるのではないでしょうか?
常に進化し続けるインディーズ・アーティストをいち早く紹介していくのが、インディーズ・パラダイスです。

 

DJ MIYA

ナビゲーター DJ MIYA
【出身地】兵庫県神戸市出身
【生年月日】11月7日
【星座】蠍座
【血液型】A型
【趣味】居酒屋巡り
(お気に入りの居酒屋 地元神戸の居酒屋「樂」、たまプラーザ駅近く「呑蔵」「佐藤」)
miya@bayfm.co.jp

 

inpara_twitter.gif

インパラ 今週のオンエアリスト

2010.06.23 オンエアアーティスト

inpara20100602_stack44.jpg

M1 マンスリーオープニング

wake up! wake up!
/ Stack44

ChAoS LABEL
オフィシャルサイト:
www.stack44.com/

M2 音源募集アーティスト

Lucy / EMPTY
オフィシャルサイト:empty.futene.net/

M3 音源募集アーティスト

エゴリズム / S.S.AI(エスエスアイ)
audioleaf:www.audioleaf.com/ssai/

M4 音源募集アーティスト

シニカル / BRUG(ブルグ)
オフィシャルサイト:brug-official-website.com/

inpara20100602_bknumber.jpg

【ゲストコーナー】
イドエンターテインメント
深澤 知 氏
M5

風の強い日
/ back number

idOLSMITH Recordings
オフィシャルサイト:
www.backnumber.info/

inpara20100602_bknumber.jpg

M6 BREAK OUT

stay with me
/ back number

idOLSMITH Recordings
オフィシャルサイト:
www.backnumber.info/

inpara20100602_bknumber.jpg

M7 BREAK OUT

ハイスクールガール
/ back number

idOLSMITH Recordings
オフィシャルサイト:
www.backnumber.info/

インディーズバンド試聴サイトaudioleafにてオンエア内容を配信中!!
インディーズバンド試聴サイト audioleaf

インパラ インフォメーション

今月の“BREAK OUT” アーティスト

 

bknumber_mid.jpg

 

inpara20100602_jkt1.jpg
 

back number

1st Full Album
『あとのまつり』

idOLSMITH Recordings
IDSM-005/¥2,500(tax in.)
amazonで試聴・購入 HMVで試聴・購入 TOWER RECORDSで試聴・購入

DJ MIYA コメント 今月のBREAK OUTで特集するのはback numberです!!
back numberに関しては、ここであえて紹介するのはやめておきます。なので、back numberの特集ページをご覧下さい!! ちなみに、来週末から全国ツアーがスタートするので、お近くの方は是非チェックして下さい!!
(DJ MIYA)

 

back number's playlist

 

 

マンスリーオープニング アーティスト

inpara20100602_jkt2.jpg
 

Stack44

new album
『Hello!Mr.latecomer』

ChAoS LABEL

CKCS-2013/¥2,300(tax in.)
amazonで試聴・購入 HMVで試聴・購入

DJ MIYA コメント この番組でもすっかりおなじみになったstack44が、6月9日に待望のニューアルバム「Hello! Mr.latecomer」がリリースされます。
今回のアルバムは、stack44の持つ武器を存分に楽しめる曲が多く、自然とライブに行きたくなるそんなアルバムに仕上がっていると思います。
今作からプロデューサーにTOTALFATのKubotyを向かえているということで、stack44の武器が更に研ぎ澄まされているので、要チェックな1枚になっています。
(DJ MIYA)

 

stack44's playlist

 

 

イチ押しアーティスト

inpara20100602_jkt3.jpg
 

ジャンク・フジヤマ

New Album
『JUNKTIME』

MICL-70001/¥2,520(tax in.)
amazonで試聴・購入

DJ MIYA コメント 今回ミニ特集を組んだジャンクフ・ジヤマですが、僕自身も勉強不足で全く知らなかったアーティストで、今回はインパラディレクターの“ダニエルキタムラ”に紹介してもらい今回のアルバムを聴きました。
このアルバムはライブアルバムなのですが、ライブアルバムとは思えないクオリティーの高さで、僕自身かなり驚かされました。
それもそのはず、実力派ベテラン・ドラマー 村上ポンタさんがプロデュースしているとのこと。なんでもそのきっかけが、スタッフがポンタさんのところにジャンク・フジヤマのデモ・テープを届けた時に 「なんで山下達郎さんの新曲を持ってきたの」と言ったとか…、以来、自らドラマーとしてジャンク・フジヤマをバックアップし、毎回凄腕ミュージシャンを揃えてジャンク・フジヤマのライブをサポートしているそうです。
そのライブが噂を呼んで、人が集まるようになりせっかくなら、とこのライブ・アルバム「ジャンク・タイム」が完成したということです。こちらも是非チェックしてください!!
(DJ MIYA)

PAGE TOP