DJ MIYAのインディーズコラム

今週もやってきました、インディーズパラダイス“インパラ”!!
昨日は7月7日七夕の夜でしたが、七夕といえば1年に1回しか出会うことができない、会いたくても会えない、そんなロマンチックさと切なさが重なり合っているように思います。そういった部分が6月にインパラで特集をしていたback numberの世界観に似ているかも?なんて思ったりもします。1年に1回の七夕は終わってしまいましたが、七夕だけでなく1/365というとても大切な時間の中のほんの一瞬でも、同じ時間を共有できる友達とか恋人とか家族とか、そういった人がいることを幸せに感じることがあるのですが、まさにライブにもそのような感情を抱くことが僕にはあります。今回のコラムではそのような感情を抱かせてくれたライブイベントを紹介したいと思います。そのライブイベントは、先週末7月4日(土)に開催された山嵐主催のライブイベント「湘南音祭Vol.4」です!!

 

湘南音祭 Vol.4 オフィシャルサイト


この日の天気は、晴れ間が見えたり、雲が空を覆ったり、雨が降りだしたりと、色々な顔を見せる空模様と同様に、様々な色を持ったアーティストのライブを見れる事に胸をワクワクさせながら、片瀬江ノ島駅に到着。そこから歩いて約20分、ヨットハーバー近くの広大な駐車場に設営した特設会場で、ステージの裏には岩山がそびえたち、ステージ横には防波堤があり、潮の匂を感じることができる会場で湘南音祭は開催されました。
会場の入場口を通ると、すでに飲食エリア、アーティストグッズのブースには人の列ができていたり、ステージに向かってライブのスタートを待つ人がいたり、会場には今日のライブを楽しもうという人たちの、お祭りのような賑わいがありました。
僕自身このライブイベントに参加するのは今年で3年連続なのですが、今年の出演アーティストはSTAB、つしまみれ、カイキゲッショク、ORANGE RANGE、MONGOL800、ACIDMAN、Dragon Ash、RIZE、山嵐!!改めて感じるのは、ここまでのアーティストが1つのイベントに出演する事と、これだけのアーティストのライブを1日で観れることに喜びを感じました。
各アーティストのライブパフォーマンスには、会場を盛り上げてやろうという気持ちが、サウンドにしっかりと乗って観客席に伝わってき、客席からはアーティストのパフォーマンスに負けないパワーを、お客さん1人1人が全身でステージに向けているのが伝わってきました。
その会場が一体になっているのが僕自身感じることができ、色々な部分で体に鳥肌が立ち、このイベントを締めくくった山嵐のライブでは涙が出てくる程に感動的で、このような素晴らしい“湘南音祭”というライブイベントを肌で感じられたこと、その場に入れたことを嬉しく思いました。
人生の中で考えると、湘南音祭を肌で体感できるはほんの一瞬だと思います。その中で、このイベントを体感できたことは、自分自身にとって何者にも変えがたい大切な時間だったように思います。今回のようなライブにこれからも出会えるように、色々なライブに足を運んでいきたと改めて思いました。

 


MIYA

 

“インパラ”とは?

インパラ ~インディーズ発掘ラジオ番組~bayFM 78.0MHZ 放送時間 毎週水曜日 24:00~24:30
多様化する日本の音楽シーンに於いて「今」求められているのは「次にくる音」  その答えはもしかするとインディーズ・シーンにあるのではないでしょうか?
常に進化し続けるインディーズ・アーティストをいち早く紹介していくのが、インディーズ・パラダイスです。

 

DJ MIYA

ナビゲーター DJ MIYA
【出身地】兵庫県神戸市出身
【生年月日】11月7日
【星座】蠍座
【血液型】A型
【趣味】居酒屋巡り
(お気に入りの居酒屋 地元神戸の居酒屋「樂」、たまプラーザ駅近く「呑蔵」「佐藤」)
miya@bayfm.co.jp

 

inpara_twitter.gif

インパラ 今週のオンエアリスト

2010.07.07 オンエアアーティスト

M1

Without you / MISSPRAY
オフィシャルサイト:
www.misspray.com/

M2

BUSTED / Smash up
オフィシャルサイト:
www.geocities.jp/smashxup/

inpara20100707_theyou.jpg

M3

heat / the you
オフィシャルサイト:
theyou-web.com/

inpara20100707_sekitorihana.jpg

M4 BREAK OUT

東京 / 関取 花

inpara20100707_sekitorihana.jpg

M5 BREAK OUT

花 / 関取 花

inpara20100707_jinn.jpg

M6

パラレル・ワールド / ジン

オフィシャルサイト:
jinnlove.net/

inpara20100707_jinn.jpg

M7 マンスリーエンディング

100万回好きだと言って
/ ジン

オフィシャルサイト:
jinnlove.net/

インディーズバンド試聴サイトaudioleafにてオンエア内容を配信中!!
インディーズバンド試聴サイト audioleaf

インパラ インフォメーション

今月の“BREAK OUT” アーティスト

inpara20100707_jkt1.jpg
 

関取花

Mini Album
『THE』

閃光LABEL
RIOT-0006/¥1,500(tax in)
amazonで試聴・購入 HMVで試聴・購入

DJ MIYA コメント 1990年横浜生まれの19歳の女性ソロ・アーティスト 関取 花。
去年、某コンテストでアコーステイック・ギター1本の弾き語りで1万人の観客をくぎ付けにし、審査員特別賞を獲得し注目されていた関取 花が、20歳になる前に 自分の思いを作品に残しておきたい とミニ・アルバム「THE」を制作したそうです。
彼女のライブを観たとき、歌声に透明感があり誰の心に優しく浸透してくる。そんなイメージを持ったのですが、今回の作品にはそのイメージとは真逆のバンドサウンドで心を突き刺すような曲があったりと、新たな一面が見れる作品に仕上がっていると思います。
(DJ MIYA)

 

 

マンスリーエンディング アーティスト

inpara20100707_jkt2.jpg
 

ジン

2nd Mini Album
『エンジン』

Defröck Records
/ Diesel Corporation

DEFR-002/¥1,785(tax in)
amazonで試聴・購入 HMVで試聴・購入

DJ MIYA コメント ジン この名前 覚えている方も多いと思いますが、メジャー・レーベルからあの西川貴教さんが立ち上げたDefrock Recordsに移籍しての活動再開です!!
この7月インパラでは、ジンを応援していきますので改めて彼らに注目してもらいたいと思います。
そのジンですが、7月14日にセカンド・ミニ・アルバム「エンジン」をリリースします。まさにジンらしさというか、世界観が出たストレートな楽曲「100万回好きだと言って」や、切なさを感じさせるメロディーと詞が特徴の「パラレルワールド」など、パワフルで個性的なサウンドに仕上がっています。
(DJ MIYA)

 

inpara20100707_plbtn2.gif

PAGE TOP