内本順一のNext Break スペシャル ザ・たこさん

ザ・たこさん安藤八主博、山口しんじインタビュー

--新作『ベターソングス』の評判はどうですか?

安藤:評判、いいですよ。僕、驚いたんが、「純喫茶レイコ」の評判がいいですわ。

--おおっ。意外といえば意外ですね。昔から聴いてた人たちの反応はどうです?

安藤:まあ、「ポップになったな」と。

山口:でもね、それ、『ナイスミドル』んときも言われたんですよ、同じように。だから、1stと2ndが濃かったってことだと思うんですよ。1st(『タコツボ』)なんかはロック色も強いし。バラードとか、メロディの立ったものがそんなになかったですからね。

--今回、「ポップになったな」っていうのは、いい意味で言ってる人もいれば......。

安藤:まあ、両方ですよね。

--でも、ポップにしてるんですもんね?!

安藤:ハイ。してますからね。実際、作ってんの、我々ですから(笑)

--だから、最近知って好きになったっていう人もかなり多いんじゃないかと思うんですよ。

安藤:そうですね。最近、若い女のコが連続でライヴ観に来てくれてたりとかしてますからね。今まではそういうこと、なかったんですよ。もう、おっさんばっかりでしたからね。やっと若いコに届いたか、と。

山口:そやね。それはあるな。

--客層が少し替わってきたかもしれない。

安藤:そうかもしれないですね。ちょうど入れ替わる時期なのかもしれない。ええ。

--ポップになったっていうのは、やはりドラムの吉永さんとベースの脇本さんが加入したっていうところが大きいんですかね?

安藤:大きいですね。

山口:その部分でうるさなってるもんな。曲を作ってても、「これはポップじゃないやろ」っていうことが意見として出るようになりましたからね。

--そのあたりを一番言うのは吉永さん?

山口:そうです。吉永は仕事場でもまわりに学生がいてるし、ポップなものもよく聴いていて。曲作りのときにも、「絶対覚えやすいメロディで、わかりやすいキメ」っていうことを言いますね、よく。

安藤:あと、曲の組み立ての段階でね、「Aメロ、Bメロ、ほんでもう一回Aメロ戻ろか?」ってときに、「いや、こう行くほうがいいですよ」って。

山口:「そう行くからポップじゃないんですよ」って言われたりとかして。「Cメロはないんですか?」って言われて、「ああ、考えもしなかったわ」って、気づかされることとかありますね。

安藤:そういう意味では広がったな~。

山口:広がった。「ティーンエイジのテーマ」なんか、まさにそういう感じでできてって。

安藤:以前は曲の展開のこととか、誰も口に出してきぃへんかったですからね。

--脇本さんはどんな感じですか?

安藤:あいつはスタジオで平気で寝ますからね。「話、聞いてんのか?!」言うたら、「あ、はい」って(苦笑) 「今、寝とったやんけぇ!」っていう。そのへん、図太いですね。ま、その図太さがいいんですけどね。

山口:こいつとしょっちゅう、いらい合い(=いじり合い)してますからね。その感じは、見ててめっちゃいいですわ。以前はそういう感じがあんまりなかったから、嬉しい。レコーディング中に、「おまえ、絶対スルメ食ったやろ!」とか言い合ってて(笑)

安藤:くっさいんですよ、スタジオが。異臭騒動が起きましたからね(笑) 「なんや、この匂いは? おまえかぁ~!」って。

--楽しそうっすねぇ(笑) ライヴ観てても、最近はみんな凄く楽しそうにプレイしてますもんね。お互いの表情見ながら笑い合ったりしてるでしょ。

山口:そうすね。脇本がね、けっこう場慣れしてるんですよ。全然びびらへんで、プレイ中にええ感じで笑ったりとかしてて。オレがギター弾きながら「この感じ、どうなん?」ってあいつの顔見ると、「めっちゃええ感じ」みたいに笑ったりするから、「わっ、こいつカッコええな」とか思ったり(笑)

安藤:なんやろね? まあ、確かに前とは違いますね。前のメンバーは前のメンバーで、僕、安心感あったんですよ。でも、それとは違う安心感が今はありますね。前の場合はふたりとも自己主張が強かったんですよ。だから好きにやれと。そうしてみんなが個性出して好きなことやっとった感じやったんですけど。今は逆に、今こいつはどうなんやって気になる感じがええ感じに繋がってるんちゃうかな?!

山口:初期からよく、僕は酔うたらMG'Sの話を例に出してたんですけど。まあ、「オレらはパンパンにプールに水はったる」と。「しかも波が立てへんくらいキレイに水はったるから、オマエはめっちゃキレイに飛び込んで、キレイな泳ぎを見せたれ」と。「オーティス・レディングになって気持ちよう歌ってくれ」って言うてたんですけど、言うてる僕がよく呑んで酔うてライヴしてたんで、「全然キレイに水はれてないやんけ!」ってよう怒られとって(苦笑)

安藤:溺れてましたからね、僕。泳ぐどころか。息継ぎもできへん。

山口:僕がもう、バチャンバチャンしてたんで。でも今のメンバーはみんながキレイに水はろうとしてるんですよ。だから、その安心感ちゃいますかね?! で、それはもともと僕がやりたかったバンドの形でもあるんですよ。オーティスとMG'S的なあり方が僕は昔からカッコイイと思ってるんで。あの信頼感。まあ、そう言いながら、前は僕がよう呑んでたんですけど。

安藤:前のメンバーはみんな「呑め呑め」言うタイプでしたからね。ある意味、ロックのかたまりみたいな感じで。今のふたりは普段からお酒呑まないですし、呑んだら眠くなるタイプですからねぇ。「呑んで(ライヴを)やる」っていうのが信じられへんっていう。そういうのも含めてですけど、まあ、バンドらしくはなってると思うんですよね。前は僕もとにかく放任主義で、それでええと思っとったんですけど、今はなんか、「オレがひっぱらな」っていう気持ちも芽生えてきましたからねぇ。

--そういった全部のことが反映されて、今回のアルバムは軽快さとか疾走感みたいなものが出てる曲もあるし、全体的に若返った感じがありますよね。

安藤:ああ、はいはい。やっぱりね、どうしてもおっさんのバンドっていうイメージはあると思うんですよ。でも、もうそろそろええんちゃうかなと。おっさんを売りするのも、もうええやろと。まあ、売りにしてたわけではないんですけどね(笑) でもまあ、そういう感じはメンバー全員、潜在的にあったと思うんです。だから「ティーンエイジのテーマ」みたいな曲もやったんやと思うし。

--あの曲がとりわけ軽快さを強く印象付けてますよね?! それに、「届けたいモノがある。驚きと喜びをあげる」っていう歌詞も、今のザ・たこさんの気分を表わしているようでグッとくる。ある意味、新生ザ・たこさんの宣言みたいな。

安藤:うん...。

山口:でもこいつね、その"驚きと喜び"がなんやっていうたら、エロ本やって言いよるんですよ。

安藤:中学んときにね、夕暮れ時にエロ本見つけて、「おおっ、見つけたぞー!!」っていう。その驚きと喜びですわ。

山口:それを表向きに言うと、聴く人もあれやから、言わんようにしといたほうがええんですけどね(苦笑)

--ハハハ。まあ何しろこういう「ティーンエイジのテーマ」みたいな曲が最初のほうにあって、最後は「サヨナラ生活」で終わるっていうあたりにも表れてますけど、やっぱりもっと広く届けたいという気持ちが今回のアルバムには強く出てるんじゃないかなと。

安藤:それはそうですね。僕が去年からみんなに言ってたのは、「来年は絶対行くから」と。「フジロックも絶対出るから」と。やっぱり、もう今回次第やと思うんですよ、上がるのも下がるのも。だから僕ん中でのソフトなものを作るっていうのは、今回のテーマとしてひとつあって。

山口:ソフトっていうのは、彼の中では......。

安藤: まあキャッチーというかね。ソフト、イコール、キャッチーという意味で。

--コテコテで、ハードで、濃すぎるものではないと。

安藤:ええ。

--逆に言うと、そういうコテコテでハードなやつはやろうと思えばいつでもやれるから、今回はやらんでもいいやろってことですかね?

安藤:うーん、まあ、なんやろ。最近は怒りがないっていうのもあるんですけどね。あんまり怒ってないですからね。だから怒りの曲は、今回はないですよね。前の『ナイスミドル』で言うと「バラ色の世界」なんかが僕の中では怒りなんですけどね。

--ああ、なるほど。

安藤:そういう意味で、僕ん中ではソフト。まあ黒人黒人してるところもあるけど、少し抑えたから。ソフトな黒人ですわ(笑) セミ黒人。

--セミ黒人って(笑) まあでも、前作の「バラ色の世界」にしてもそうですけど、安藤さんの歌詞って、怒っててもそれだけじゃないってところがありますよね。今回の「いつからこんなに」にしても、嘆いているようで嘆いてるだけじゃない。「サヨナラ生活」にしても、サヨナラは悲しいはずなのに悲しくないというか、どっかこう、希望すらあるというか。

山口:そうなんですよ! そういう歌詞なんですよね?! こいつが凄いなと思うのは......まあ、基本、ネガティヴなんですけどね、漂う雰囲気はネガティヴなんですけど、なんか明日があるでしょ? ネガティヴでも絶対、明日がある感じがするんですよ、歌に。それが、僕が21か22の頃に出会ったときからの、バカなこいつのイメージなんですよね。だからなんやろ......まあジョン・ベルーシですよ、彼は。で、僕がエイクロイドなんでしょうね、たぶん。

--いやぁ、いいっすねぇ。ずっとやってきて、今が一番バンドとしても充実期を迎えてる感じが凄くしますね。

安藤:そうですね~。うん。

山口:ホンマ、このバンド始めた頃からすると考えられないことになってますよ。10年前くらいに初めてCD作ったその前は、テープを10円で売ったりしてましたからね。そっから考えるとねぇ......。たぶん僕ね、アーティストとしても友達としても、今が一番こいつのこと好きやし、バンドが好きですね。



<取材・文/内本順一

SHOUT!
『ベターソングス』
SHOUT-209 / ¥2,310(tax in.)
NOW ON SALE!


2009.3.4 シングル
サヨナラ生活
『サヨナラ生活』
SHOUT-208 / ¥1,260(tax in.)


2008.10.22 シングル
チャンヂャ&キムチ, or DIE!!!
『チャンヂャ&キムチ, or DIE!!!』
SHOUT-207 / ¥1,260(tax in.)


2006.4.5 3rdアルバム
ナイスミドル
『ナイスミドル』
RDR-1045 / ¥2,100(tax in.)


2003.7.9 2ndアルバム
フォンク兄弟
『フォンク兄弟』
SHOUT-206 / ¥2,100(tax in.)


1999.4.11 1stアルバム
タコツボ
『タコツボ』
SHOUT-205 / ¥2,100(tax in.)




苗場食堂伝説、三たび!!
FUJIROCKFESTIVAL'09
7/24(金) 新潟・苗場

ニューアルバム『ベターソングス』
リリースパーティ

8/5(水) LOOP(東京・代官山)
9/12(土) SHANGRI-LA(大阪・梅田)
出演は共に、ザ・たこさん、オーサカ=モノレール、在日ファンク(from SAKEROCK浜野謙太)

木曽鼓動フェスティバル2009
9/27(日) 長野・木曽郡

詳しくはオフィシャルサイトをチェック


ザ・たこさん
関西ソウル/ブルース界の宝!ザ・たこさんのギター山口しんじ。ザ・たこさんは1993年結成。ソウル・ブルース・ファンクへの愛と造詣をベースに、関西では絶対的なリスペクトを集める。一度聴けば誰もが愛さずにはおれない数えきれない名曲「我が人生、最良の日」「猪木はそう言うけれど」「犬洗い一匹百円」「夫婦茶碗」「グッとくる」では、"悲しき怪人"こと安藤八主博(Vo)の熱い共感をよぶ独自の歌詞と、ストレートなバンドサウンドが見事にハマる。 フジロックフェスティバル(2004年と2006年出場)では4度のアンコールでスタッフからストップが入る程の大盛況!ライブ必見!ある時はマントショー、ある時は額から流血、そしてある時は鯖がステージを舞う!? 昨年は、朋友・グレート義太夫によるREMIXも収録したマキシ『チャンヂャ&キムチ, or DIE!!!』発売。続く第二弾マキシ『サヨナラ生活』では、Fantastic Plastic Machineによるリミックスで奇跡の共演!そして、7月8日に待望のニューアルバム『ベターソングス』を発売!さらに、フジロックフェスティバル2009出場!

オフィシャルHP
http://www.the-takosan.com