ARTISAN de la MUSIQUE

ARTISAN de la MUSIQUE 2009年10月号 - P.01


 

〈手塚アニメ〉と〈音楽〉の関係を強烈に印象付けたのが、国産カラーテレビアニメ第一号となった『ジャングル大帝』(65年)。鮮やかに彩られたオープニング映像に、ブラウン管の前で驚愕した視聴者は数知れず。まさに手塚アニメを代表する名曲といえる。

冨田勲作曲による音楽は、66年に番組を離れた企画盤『交響詩ジャングル大帝』としても録音されており、同作には手塚による描き下ろしイラスト16枚を掲載、その美麗な色彩は音楽と共に多くのファンを魅了した。冨田勲版「ピーターと狼」とも呼べるこの作品は、子供がオーケストラの楽器に親しむ教材としても広く愛聴され、セラーを続ける成功を収め、後年2度に渡ってCD化、さらには映像を付した『アニメ交響詩 ジャングル大帝』としてビデオ/DVD化もされている。いわば冨田にとって初期代表作に数えられる傑作である。

 

交響詩 ジャングル大帝~白いライオンの物語~

そんな『交響詩ジャングル大帝』が、発売から43年を経た今年、《2009年改訂版》として再び録音された。『交響詩 ジャングル大帝~白いライオンの物語~《2009年改訂版》』がそれで、冨田自身が新たにオーケストレーションを手掛け、さらにジャズ・シンガー綾戸智恵によるナレーションを得てリニューアル。ナレーション入りCDと5.1chサラウンドで聴けるDVD(ナレーションon/off切替、静止画付き)のセットで発売中だ。ブックレットには冨田によるライナーノーツのほか詳細な楽曲解説、そして前述の手塚によるイラストも再掲載されている。

 

なお12月には手塚治虫 生誕80周年『冨田勲 手塚治虫作品 音楽選集』が発売予定だ。

 

鉄腕アトム

次に紹介するのが、映画『アトム』公開を機に再びCD化された80年版『鉄腕アトム』のオリジナル・サウンドトラックで、音楽は三枝成彰(当時は三枝成章名義)。今回はリマスタリング+SHM-CD(高音質CD)による発売で、アナログ盤封入の歌詞カードも一部改訂の上、縮刷で封入。さらにアナログ盤発売時の予約者特典だったポスターも併せて封入されている。ボーナストラックとして上高田少年合唱団による63年の虫プロ版『鉄腕アトム』主題歌が収録されたが、残念なことに、その後、某ロックバンドのヴォーカリストとして一世を風靡するアーティストのアトラス寺西名義による歌唱曲「裏返しの友情」がオミットされている。

 

ウクレレ手塚治虫

続けて紹介するのが、数ある手塚映像作品のなかから10作品の主題歌をウクレレでカヴァーした異色作『ウクレレ手塚治虫』。こちらは、これまでローリングココナッツ+ジェネオンによって制作されてきたウクレレCDシリーズの記念すべき第10作目で、参加アーティストは、栗コーダーカルテットをはじめ、相対性理論のヴォーカリストやくしまるえつこ、キヨシ小林、バンバンバザール、はじめにきよし、勝誠二と井上あずみら。全編ウクレレ演奏による和めるサウンドが満載で、思わず頬が緩む楽曲の釣瓶打ち。かつてインディーズ時代の押尾コータローが「リボンの騎士」をギター一本でカヴァーした際にも驚いたが、本作も意外なアレンジに驚かされること必至。手塚の元アシスタントで手塚プロの野村正による描き下ろしジャケットも実にキュート。トレイ下に掲載されたウクレレ演奏を試みるハム・エッグとアセチレン・ランプが何とも微笑ましい。なお、CDエクストラとして「鉄腕アトム」と「バンパイヤ」のミュージック・クリップが収録されている。数ある手塚カヴァー・アルバムの中でもお勧めの一枚だ。

 

ジェネオン作品を紹介した流れで、同社から一挙に再発されたタイトルを紹介したい。ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントでは、手塚治虫生誕80周年記念の掉尾を飾るプロジェクトとして、〈手塚EXPO〉と題したキャンペーンを展開中。過去に発売された各種DVDが廉価版として再発されている。その内訳を列記すると、『鉄腕アトム(1980)DVD-BOX1』『同DVD-BOX2』『ジャングル大帝 劇場版』 『ブラックジャック 劇場版』『海底超特急マリン・エクスプレス』『24時間テレビ スペシャルアニメーション1978~1981』『同1983-1984-1986-1989』で、いずれも旧版に同梱された解説書がそのまま封入されており、資料も充実している。大野雄二、樋口康雄、東海林修、川村栄二らが手掛けた音楽も聴き所だ。

また、それらに加えて今回の目玉となるのが、『鉄腕アトム《実写版》』である。本放送から50年の時を経てDVD化された本作は、過去に第一部の編集版がビデオ発売されたきりソフト化されなかったもので、本DVD-BOXでは全65話中、原版が現存する58話が収録された。音楽を担当したのは益田克幸と小川寛興で、益田が書き、中島そのみが歌った主題歌は筆者監修の《TV AGEシリーズ》 近作『broadcast tracks MBS EDITION』にも収録されている。

 

鉄腕アトム DVD-BOX1 鉄腕アトム DVD-BOX2 ジャングル大帝 劇場版
ブラック・ジャック 劇場版 海底超特急<br />マリン・エクスプレス 24時間テレビ スペシャルアニメーション 1978-1981
24時間テレビ スペシャルアニメーション 1983-1989 鉄腕アトム《実写版》  

 

 

 

【音楽職人トピックス】



濱田高志による
<マンスリー公開講座>のお知らせ。


TV AGEシリーズ監修・濱田高志が、2010年1月より、池袋コミュニティ・カレッジに於いてマンスリー公開講座を開催しています。
詳しくは、こちら

<公開講座>
『ヒットメーカーが語る作品誕生秘話』

テレビ・映画音楽からアニソン、歌謡曲にCMソングまで、職業作家が様々な分野で発表した作品を、作家自身の証言と共に検証する特別講座。テーマに沿ったゲストを交え、名曲誕生の瞬間に迫ります。
【講師:濱田高志】

2012年1月28日(土)18:30~20:30
『孤高の作曲家・平岡精二』
作編曲家にしてヴィブラフォン奏者の平岡精二の活動を網羅的に辿る特別講座。未CD化曲を中心に自作自演、提供曲、映画音楽などをたっぷり紹介します。

2012年2月25日(土)18:30~20:30
『生誕80周年記念集中講座:
ミシェル・ルグランその活動の軌跡[1[』

2012年に生誕80周年を迎える作曲家ミシェル・ルグランの活動をジャズ、映画音楽、提供曲など全てのジャンルを網羅しながら時系列に沿って辿る集中講座(全5回)。第1回はデビューから60年代初頭までの活動を振り返ります。

2012年3月17日(土)18:30~20:30
『生誕80周年記念集中講座:
ミシェル・ルグランその活動の軌跡[2]』

第2回は「シェルブールの雨傘」を中心に貴重なデモや関連楽曲を映像と共に紹介。

池袋コミュニティ・カレッジ
(豊島区南池袋 1-28-1
西武池袋本店別館 8・9階)

●受講お申し込みに関する詳細は、 池袋コミュニティ・カレッジHPをご覧ください。
また、お電話でのお問い合わせは、03-5949-5486まで。
濱田高志(ハマダ タカユキ)
音楽ライター兼アンソロジスト。これまで国内外で企画・監修したCDは300タイトルを数える。現在は「イージーリスニング・ステーション」(USEN)の選曲や「エキスポ・ジェネレーション」、「濱田高志のトレジャー・ミュージック」(STAR digio)のパーソナリティを担当。ミシェル・ルグランからの信頼も厚く、世界初の公認本「ミシェル・ルグラン風のささやき」(音楽之友社)を執筆したほか、「コカ・コーラCMソング データブック」(ジェネオン)「Love Sounds Style読本」など編・著作多数。2007年、ロジャー・ニコルス&ザ・スモール・サークル・オブ・フレンズ『フル・サークル』をコーディネイト。

詳しいプロフィールはコチラ


濱田高志ロングインタビュー
(2007年2月掲載)

濱田高志 監修・選曲・解説
「TV AGE」シリーズ公式HP


ARTISAN de la MUSIQUE