UNCHAINの大試聴!!CDビフォーアフター

UNCHAINの大試聴!!CDビフォーアフター vol.02

vol.02 吉田昇吾 (Dr.) U.K. 『U.K.(憂国の四士)』

 

このコーナーでは今まで気にはなっていたけど聴くチャンスが無かったものや、人から勧められた面白そうなものなど、僕たちUNCHAINが初めて聴くCDについての感想を、メンバーひとりひとり順番に、 ジャンルを分けて書いていきます。

こんにちは! ドラムの吉田です。

この連載の企画を頂いた時、普段は全く聴かないジャンルを聴くか、自分の好きなプログレをもっと掘り下げるか、だいぶ迷いましたが、9対1でプログレになりました。

実はプログレの中でもほとんど最近のものしか聴いた事なかったので、古いやつを聴いてみたいなと思ってCDを探してると……知り合いの方からU.K.の「U.K.(憂国の四士)」というアルバムが超絶的な感じで凄く恐ろしいと教えてもらい、聴いてみました。他にも何枚かお勧めCDがあったんですが、そのU.K.はビル・ブラッフォードがドラム叩いてるって聞いて(他のメンバーもすげー)。

で、期待しながら聴いてみたわけですが、これかなり好きです。
自分がドラマーなので、まずドラムに耳がいってしまうんですが、楽しんで聴けました。色々感じた事を勝手に書いてみます。それ違うんじゃ?みたいなのもあるかもしれませんが、許して下さい。
まず、ビートに凄く力強さを感じました。説得力があるっていうか、グイグイ引っ張っていくみたいな。ただ、ビル・ブラッフォードっぽくはないなと思いました。
あと変拍子が多いんですが、その中でのリズムの組み立て方でカッコイイ!ってのがいっぱいありました。ややこしそうなのは、何回か聴き直して、分析していきました。そういうの結構好きなんで、おもしろいです。

正直、歌はなくてもいいんじゃないって思ってしまいました。だってドラム以外の楽器隊もみんなやばいんですよ。
みんなそれぞれに色々やってますが、それでもごちゃごちゃしてなくて、ある程度聴きやすくまとめてあるように感じました。
フュージョンっぽさもあり、そういうの好きな人にもお勧めです。

まだまだ面白い発見がありそうなんで、もっと聴きこみたいと思います。
皆さんも、是非 、聴いてみてみて下さい!

次回はBa./谷の登場です。お楽しみに!!

次回は11月11日に谷浩彰(B./Cho.)が担当します。

 


【初回盤】

【通常盤】
New Single
『The World Is Yours』
2010.1.20 ON SALE!
fluctus
【初回盤】
RZCF-77015 / ¥1,575(tax in.)
収録曲
01. The World Is Yours
02. Higher
03. strain
04. TAKES ME BACK [BONUS TRACK]
05. Scene with you
06. myself (current version)
【通常盤】
RZCF-77016 / ¥1,260(tax in.)
収録曲
01. The World Is Yours
02. Higher
03. strain
04. TAKES ME BACK
05. The World Is Yours (Instrumental)
06. Higher (Instrumental)
07. strain (Instrumental)
Re-Issue Album
『the early years』
2010.1.20 ON SALE!
fluctus
RZCF-77017~8 / ¥2,835(tax in.)
<収録曲>
DISC-1
[The Space Of The Sense] +1
01. You Over You
02. The age stream
03. Inspire of life
04. light your shadow
05. We've nothing to say
06. like A bird
07. Don't Miss It (Bonus Track)

DISC-2
『The Music Humanized Is Here』
01. He is waiting
02. Show Me Your Height
03. Say The Words
04. myself
05. THE SONG RING OUT
06. Confront the world
07. Inspire of life
(Club Mix feat. YAVZ. COM)
UNCHAIN One-Man Show “54songs/3days”
2010.3.22 (月・祝) @ 心斎橋CLUB QUATTRO
2010.3.28 (日) @ 名古屋CLUB QUATTRO
2010.4.04 (日) @ 渋谷CLUB QUATTOR
開場/開演 17:00/18:00
前売り ¥3,000 (1D別) / 一般発売 1/30(土)
3日間でUNCHAINのこれまでの作品、計54曲を各18曲全部やり切るという前代未聞の企画ツアー


UNCHAIN プロフィール
UNCHAIN(アンチェイン)
UNCHAIN(アンチェイン)
(左から)
佐藤将文(G./Cho.)
吉田昇吾(Dr.)
谷川正憲(Vo./G.)
谷浩彰(B./Cho.)
京都府出身の4ピース・バンド。
1996年、中学の同級生だった谷川正憲(Vo./G.)、谷浩彰(B./Cho.)、吉田昇吾(Dr.)の3人で結成され、後に1年後輩の佐藤将文(G./Cho.)が加入し現在の編成となる。
ロック・パンク・メロコアを軸に、ジャズ・フュージョン・ソウル・ファンク等のブラック・ミュージックのエッセンスを絶妙にブレンドしたグルーヴィーなミクスチャー・ロックを鳴らす。
2005年インディーズ・デビュー。『the space of the sense』、『THE MUSIC HUMANIZED IS HERE』の2枚のミニ・アルバムをリリース。
2007年ミニ・アルバム『departure』でメジャー・デビュー。同年ミニ・アルバム『rejoice』リリース。
2008年ファースト・フル・アルバム『rapture』リリース。全編英詞によるグルーヴ・ロックの一つの完成形とも言うべき傑作を作り出し、各方面から大絶賛される。
2008年秋からバンド史上初の日本語詞によるシングル3部作リリース。
2009年セカンド・フル・アルバム『Music is the key』リリース。英語詞/日本語詞の楽曲を織り交ぜ、さらに幅の広がった音楽性はバンドの新たなフェイズへの突入を告げていた。
そのレコ発ツアーとして5都市でのワンマン公演を含む33カ所におよぶ長いツアーを成功させ、「京都大作戦」、「ROCK IN JAPAN」「RISING SUN ROCK FES.」などの夏フェスにも参戦。
そして今また、ライブ・バンドとして大きく成長したUNCHAINの、新たなフェイズの幕が開けようとしている。

オフィシャルサイト:
http://fluctus.jp/unchain/

MySpace:
http://www.myspace.com/unchainjp