UNCHAINの大試聴!!CDビフォーアフター

UNCHAINの大試聴!!CDビフォーアフター vol.01

vol.01 佐藤将文 (G./Cho.) Elvis Costello 『Secret Profane & Sugarcane』

こんにちは!!UNCHAIN、Gt./Cho.の佐藤将文です。

今回から始まったこの連載。今まで気にはなっていたけど聴くチャンスが無かったものや、人から勧められた面白そうなものなど、僕たちUNCHAINが初めて聴くCDについての感想を、メンバーひとりひとり順番に、 ジャンルを分けて書いていきます。僕たちも非常に楽しみにしています。

トップバッターの僕が選んだジャンルはROCK/POPS! 往年の名盤から最新のCDまで色々とチェックしたいと思っています。

と、言いつつも今回はかなり渋い選曲になってしまった…かな…

BARで飲んでいる時に流れていて、気になった曲がElvis Costelloでした。その曲は「Down Among The Wines And Spirits」という曲で、アコースティクでかなりブルージーな渋い曲でしたが、何故かとても気になってアルバムを聴いてみました。このアルバムはアコースティックな、ゆったりとした曲がほとんどで、もしかすると物足りなさを感じるかもしれないと思いましたが、そんなことは全く無く、飽きずに聴けました。是非一度は聴いてほしいなと思います。

フォーキーでゆったりとした雰囲気の中で、ドラマチックなメロディーがとても心地よく感じます。バックの演奏では、一つ一つの音に存在感があって、その音の一つ一つが更にメロディーを盛り上げて、曲全体をドラマチックに聴かせてくれます。

全体的にゆったりとしたこのアルバムの中で5曲目の「Hidden Shame」はアップテンポで、少し浮いて聴こえますが、それがまたアクセントとなり、アルバム全体を引き立たせてくれているような気がします。

僕が個人的に一番好きなのは3曲目の「I Felt The Chill」で、やわらかい雰囲気のなか、やさしく力強い歌とバイオリンの存在感がたまりません。

まぁ、このアルバムはお酒でも飲みながら聴くとより気持ち良くなれるんじゃないかなと思います。このアルバムの前に出た、初期のサウンドを彷彿させる『MOMOFUKU』というアルバムを聴いてからこれを聴くと、また違った感じで楽しめると思います。

次回は10月28日に吉田昇吾(Dr.)が担当します。

 


【初回盤】

【通常盤】
New Single
『The World Is Yours』
2010.1.20 ON SALE!
fluctus
【初回盤】
RZCF-77015 / ¥1,575(tax in.)
収録曲
01. The World Is Yours
02. Higher
03. strain
04. TAKES ME BACK [BONUS TRACK]
05. Scene with you
06. myself (current version)
【通常盤】
RZCF-77016 / ¥1,260(tax in.)
収録曲
01. The World Is Yours
02. Higher
03. strain
04. TAKES ME BACK
05. The World Is Yours (Instrumental)
06. Higher (Instrumental)
07. strain (Instrumental)
Re-Issue Album
『the early years』
2010.1.20 ON SALE!
fluctus
RZCF-77017~8 / ¥2,835(tax in.)
<収録曲>
DISC-1
[The Space Of The Sense] +1
01. You Over You
02. The age stream
03. Inspire of life
04. light your shadow
05. We've nothing to say
06. like A bird
07. Don't Miss It (Bonus Track)

DISC-2
『The Music Humanized Is Here』
01. He is waiting
02. Show Me Your Height
03. Say The Words
04. myself
05. THE SONG RING OUT
06. Confront the world
07. Inspire of life
(Club Mix feat. YAVZ. COM)
UNCHAIN One-Man Show “54songs/3days”
2010.3.22 (月・祝) @ 心斎橋CLUB QUATTRO
2010.3.28 (日) @ 名古屋CLUB QUATTRO
2010.4.04 (日) @ 渋谷CLUB QUATTOR
開場/開演 17:00/18:00
前売り ¥3,000 (1D別) / 一般発売 1/30(土)
3日間でUNCHAINのこれまでの作品、計54曲を各18曲全部やり切るという前代未聞の企画ツアー


UNCHAIN プロフィール
UNCHAIN(アンチェイン)
UNCHAIN(アンチェイン)
(左から)
佐藤将文(G./Cho.)
吉田昇吾(Dr.)
谷川正憲(Vo./G.)
谷浩彰(B./Cho.)
京都府出身の4ピース・バンド。
1996年、中学の同級生だった谷川正憲(Vo./G.)、谷浩彰(B./Cho.)、吉田昇吾(Dr.)の3人で結成され、後に1年後輩の佐藤将文(G./Cho.)が加入し現在の編成となる。
ロック・パンク・メロコアを軸に、ジャズ・フュージョン・ソウル・ファンク等のブラック・ミュージックのエッセンスを絶妙にブレンドしたグルーヴィーなミクスチャー・ロックを鳴らす。
2005年インディーズ・デビュー。『the space of the sense』、『THE MUSIC HUMANIZED IS HERE』の2枚のミニ・アルバムをリリース。
2007年ミニ・アルバム『departure』でメジャー・デビュー。同年ミニ・アルバム『rejoice』リリース。
2008年ファースト・フル・アルバム『rapture』リリース。全編英詞によるグルーヴ・ロックの一つの完成形とも言うべき傑作を作り出し、各方面から大絶賛される。
2008年秋からバンド史上初の日本語詞によるシングル3部作リリース。
2009年セカンド・フル・アルバム『Music is the key』リリース。英語詞/日本語詞の楽曲を織り交ぜ、さらに幅の広がった音楽性はバンドの新たなフェイズへの突入を告げていた。
そのレコ発ツアーとして5都市でのワンマン公演を含む33カ所におよぶ長いツアーを成功させ、「京都大作戦」、「ROCK IN JAPAN」「RISING SUN ROCK FES.」などの夏フェスにも参戦。
そして今また、ライブ・バンドとして大きく成長したUNCHAINの、新たなフェイズの幕が開けようとしている。

オフィシャルサイト:
http://fluctus.jp/unchain/

MySpace:
http://www.myspace.com/unchainjp