UNCHAINの大試聴!!CDビフォーアフター

UNCHAINの大試聴!!CDビフォーアフター vol.03

vol.03 谷浩彰 (B./Cho.) THE JAM 『SNAP!』

 

このコーナーでは今まで気にはなっていたけど聴くチャンスが無かったものや、人から勧められた面白そうなものなど、僕たちUNCHAINが初めて聴くCDについての感想を、メンバーひとりひとり順番に、 ジャンルを分けて書いていきます。

どうも、谷です

さて、今回この企画を頂き何を聴こうか迷ったんですが、やはりこれしかないと思いました。Punkシーンに触れてみようと。

ということなので、Punkを少しではありますが掘り下げてみます。
今回聴いたCDはTHE JAMの『SNAP!』です。
JAMとの初めての出会いは高校生の頃。先輩に耳コピーを頼まれて一曲だけは知っていましたが、アルバムを通して聴くのは今回が初めて。
CDをかけたとたんにあの名曲が。IN THE CITY
我々UNCHAINが上京してきた事もかぶり、すごく入り込んで聴きいってしまいます。今俺は大都会に住んでいるんだとか、この都会の荒波にさらわれてしまったらいけないとか。一曲だけでそこまで気持ちを持って行かれてしまった私です。
ボクシングで例えれば1Round K.O。まあボクシングで例える必要性の有無はさておき。
やっぱりPunk spiritは魂に響くし、心の底にも熱く染み渡る美味しいお酒のような感じを体感しました。素晴らしいです。たかが音楽に、言い過ぎでしょ?と言われると返す言葉は出てきません。音楽だからこその力は絶対にあります。それは目には見えないすぐに空気に溶けていってしまうものかもしれない。そもそも言葉では語り尽くせない事こそが、音楽の素晴らしさなんでしょうね。
このアルバムを聴いてまた一つ勉強させてもらいました。
今後、Punk spiritを自らに注入していい音を創っていきますよ。
僕パンクロックが好きだ。中途半端な気持ちじゃなくて、心から好きです。

では、またお会いしましょう~。

次回は11月25日に谷川正憲(Vo./G.)が担当します。

 




【初回盤】

【通常盤】
New Single
『The World Is Yours』
2010.1.20 ON SALE!
fluctus
【初回盤】
RZCF-77015 / ¥1,575(tax in.)
収録曲
01. The World Is Yours
02. Higher
03. strain
04. TAKES ME BACK [BONUS TRACK]
05. Scene with you
06. myself (current version)
【通常盤】
RZCF-77016 / ¥1,260(tax in.)
収録曲
01. The World Is Yours
02. Higher
03. strain
04. TAKES ME BACK
05. The World Is Yours (Instrumental)
06. Higher (Instrumental)
07. strain (Instrumental)
Re-Issue Album
『the early years』
2010.1.20 ON SALE!
fluctus
RZCF-77017~8 / ¥2,835(tax in.)
<収録曲>
DISC-1
[The Space Of The Sense] +1
01. You Over You
02. The age stream
03. Inspire of life
04. light your shadow
05. We've nothing to say
06. like A bird
07. Don't Miss It (Bonus Track)

DISC-2
『The Music Humanized Is Here』
01. He is waiting
02. Show Me Your Height
03. Say The Words
04. myself
05. THE SONG RING OUT
06. Confront the world
07. Inspire of life
(Club Mix feat. YAVZ. COM)
UNCHAIN One-Man Show “54songs/3days”
2010.3.22 (月・祝) @ 心斎橋CLUB QUATTRO
2010.3.28 (日) @ 名古屋CLUB QUATTRO
2010.4.04 (日) @ 渋谷CLUB QUATTOR
開場/開演 17:00/18:00
前売り ¥3,000 (1D別) / 一般発売 1/30(土)
3日間でUNCHAINのこれまでの作品、計54曲を各18曲全部やり切るという前代未聞の企画ツアー


UNCHAIN プロフィール
UNCHAIN(アンチェイン)
UNCHAIN(アンチェイン)
(左から)
佐藤将文(G./Cho.)
吉田昇吾(Dr.)
谷川正憲(Vo./G.)
谷浩彰(B./Cho.)
京都府出身の4ピース・バンド。
1996年、中学の同級生だった谷川正憲(Vo./G.)、谷浩彰(B./Cho.)、吉田昇吾(Dr.)の3人で結成され、後に1年後輩の佐藤将文(G./Cho.)が加入し現在の編成となる。
ロック・パンク・メロコアを軸に、ジャズ・フュージョン・ソウル・ファンク等のブラック・ミュージックのエッセンスを絶妙にブレンドしたグルーヴィーなミクスチャー・ロックを鳴らす。
2005年インディーズ・デビュー。『the space of the sense』、『THE MUSIC HUMANIZED IS HERE』の2枚のミニ・アルバムをリリース。
2007年ミニ・アルバム『departure』でメジャー・デビュー。同年ミニ・アルバム『rejoice』リリース。
2008年ファースト・フル・アルバム『rapture』リリース。全編英詞によるグルーヴ・ロックの一つの完成形とも言うべき傑作を作り出し、各方面から大絶賛される。
2008年秋からバンド史上初の日本語詞によるシングル3部作リリース。
2009年セカンド・フル・アルバム『Music is the key』リリース。英語詞/日本語詞の楽曲を織り交ぜ、さらに幅の広がった音楽性はバンドの新たなフェイズへの突入を告げていた。
そのレコ発ツアーとして5都市でのワンマン公演を含む33カ所におよぶ長いツアーを成功させ、「京都大作戦」、「ROCK IN JAPAN」「RISING SUN ROCK FES.」などの夏フェスにも参戦。
そして今また、ライブ・バンドとして大きく成長したUNCHAINの、新たなフェイズの幕が開けようとしている。

オフィシャルサイト:
http://fluctus.jp/unchain/

MySpace:
http://www.myspace.com/unchainjp