谷山浩子 『夢みる力』

谷山浩子 Special Interview Page.1

2012年で40周年を迎える女性シンガーソングライター谷山浩子。この40年間、自身の活動はもちろん、多くのアーティストへの楽曲提供、子ども向けの楽曲や絵本の執筆、音楽劇の脚本、演出、主演まで務めるなど、音楽という枠にとらわれない活動で多才な才能を披露してきた。そんな彼女が、そのキャリアの中で最も長いインターバルとなる、約4年ぶりのオリジナルアルバム『夢みる力』をリリースした。一見平凡なタイトルに込められたメッセージとは何なのか? ロングインタビューでその真意を聞く。




-- 来年、デビュー40周年イヤーに突入ですが、40年の重みというのはどのように受け止められていますか。


15歳の時にデビューをして、とにかく人生のほとんどこの仕事していますので、それだけ生きてきたんだな~、という感じです。私は昔から先のことを考えるのが苦手なので、散歩をしていたらいつの間にかここまで来ていたなというような感覚です(笑)。


-- 特に改まっての実感はないということですね。


私はインタビューを受けるときに苦手な質問がいくつかあって、改まって「今後の抱負は何ですか?」とか、「あなたにとって音楽はなんですか?」とか「10年後に何をしていると思いますか?」とか聞かれるとすごく困るんです。そういうのって今まであまり考えたことがないですよ(笑)。それと特に困るのはインタビューの最後に「ファンのみなさまにメッセージを」という質問……。今まで聞いてくれた話からまとめてくださいって思うんです。

 

-- 気を付けます(笑)。デビュー40周年の話をもう少し聞きたいのですが、谷山さんはデビューが1972年4月で同じ女性シンガーソングライターの五輪真弓さんや松任谷由実さんよりもデビューが少し早いですね。まさに、女性シンガーソングライターの草分けの草分け的存在といえると思うんですが、その辺の実感はありますか。


そうなんですか? でも、私がデビューした時にはすでに、シンガーソングライターという言葉はありましたよ。デビューアルバム『静かでいいな』に付けられたキャッチコピーが「セーラー服のシンガーソングライター」でしたから……。でも当時はそれがものすごく嫌だったんです(笑)。確かに、アルバムをレコーディングしていたときは中学3年生で、セーラー服だったんですけれど、高校はブレザーでしたから(笑)。


-- デビューよりも前に、谷山さんの作家デビューは14歳の時にベイビーブラザーズに書いた「僕たちの秘密」ですよね。この曲について書いた時のことを覚えていますか。ベイビーブラザーズはのちのフィンガー5のことですが。

 

ベイビーブラザーズもわたしも、キングレコード所属でディレクターの方が一緒だったんです。元々私は中村晃子さんのファンだったので、それでキングに曲を売り込みに行っていたんですよ(笑)。

 

-- そうだったんですか?

 

そんな関係で曲を提供することになったんだったと思います。先日、フィンガー5のAKIRAさんのラジオに呼んでもらって、当時の話で盛り上がりました。当時のキングレコードって、歌謡曲のイメージの強いレコード会社だったので、私のアルバム『静かでいいな』のアレンジも歌謡曲っぽくて当時はあまり気に入っていなかったんです。でも今はすごく寛容な気持ちで聴けますけどね(笑)。ファンの人には、明るい曲なのに、歌詞の中に谷山浩子がいると言われます(笑)。

 

-- それを皮切りに、ご自身の音楽活動を行いながら、今まで多くのアーティストに様々な楽曲を提供してきています。難しい質問かもしれませんが、思い出に残っている曲はありますか。


どういう意味での思い出だろう?

 

-- 例えば、苦労した曲とかは?

 

80年代にシングルになった「DESERT MOON」ですね。

 

-- 1984年のドラマ「青い瞳の聖ライフ」の主題歌ですね。

 

そうそう。あれは元々あった洋楽の曲に日本語詞をつけるというもので、最初は原作にそった内容のほとんど訳詞をつけたんです。そうしたらドラマのスタッフの方から、「もっと高校生の女の子の思い」を書いてほしいというリクエストがあって、かなり戸惑った思い出があります。しかもその方が書いたポエムのようなものを渡されたんですよ……。今なら面白がってやるんでしょうけど、当時はすごく真面目だったので……(笑)、かなり悩みました。「どうしよう?」って感じで苦労して書きましたね。


-- 最近も曲提供は多くやられていますが、最近の心得は変わってきていますか。

 

最近は自分が歌うために作る曲と他人への提供曲の間に垣根がなくなりました。人に書いても自分が歌うつもりで書いていますし、そういう意味では今回のアルバムもセルフカバー曲は多いけど、自分のオリジナルアルバムという感じのアルバムなんです。

 

-- このたびのニューアルバム『夢みる力』には7曲の提供曲をセルフカバーしていますよね、

 

とは言いつつも、全部他人への提供曲にすると、完全なセルフカバーアルバムになってしまいますから、涙を飲んで外した曲も多くありました。でも基本的には自分が今大好きだと思う曲、今歌いたいと思う曲を選びました。

 

-- 曲数が多いから選曲も大変だったでしょうね。そのアルバム『夢みる力』は、オリジナルとしては4年ぶりのアルバムになるんですよね。


本当は昨年リリースしたかったんです。諸般の事情により、今年満を持してのリリースとなりました(笑)。

 

-- 多作で知られる谷山さん、かつては毎年のようにアルバムを出していましたよね。

 

でも最近はそういう気持ちもあまりなくて、この年になると、そんなに急ぐこともないだろうって境地になっています(笑)常に新曲を発表しなくちゃいけないという気持ちも薄らいでいますね。

 

-- 今回のアルバムはまず『夢みる力』というタイトルに驚きました。谷山浩子さんのアルバムタイトルには珍しい言葉だし、強いメッセージが込められています。

 

そうなんですよ。『夢みる力』ってすごくよくある言葉だし、ネットで検索してみたら焼酎の名前にもあったし(笑)。中島みゆきさんの曲にもあるんですよ(笑)。

 

-- みゆきさんが雪村いづみさんに提供した「夢見る勇気(ちから)」ですね。


そうそう。だから最初、このタイトルはないなと思ったんです。でも、ジャケットとタイトルの組み合わせで決まった感じなんです。今回のジャケットに自分の小さい頃の写真使うことになって、いろいろ言葉をあてはめていたら、この写真と『夢みる力』という言葉が妙にマッチするんですよ。『さよならDINO』というタイトル案もあったんですが、見事に写真と合わなかったんです。「『夢みる力』しかない!」って感じで決めたんです。

 

-- このアルバム、どの曲も素晴らしいので、各曲についても少し伺いたいと思います。まず、「のらねこ」「おうちでかくれんぼ」。これは斉藤由貴さんの久々のアルバム『何もかも変わってくとしても』に提供した曲ですよね。谷山さんは斉藤さんへ多くの曲を提供していますが、こういう曲を聞くと二人の相性の良さを感じます。それにしても「のらねこ」はいい曲ですね。


「のらねこ」は曲が先にできていて、作曲の亀井登志夫さんが作ったデモがすごくよかったんです。そのメロディに歌詞を書くために、何回も聴いていたので、すごく気に入って、それを私のアルバムで再現したくなったんです。その亀井さんのデモをアレンジの(石井)AQに渡したら、私が歌っているのも欲しいと言われまして……。それはそうだなと(笑)。

 

-- 斉藤さんのバージョンも谷山さんのバージョンもそれぞれ個性が出ていて素晴らしいと思います。

 

最初に作詞の依頼が来たとき、斉藤由貴さんのディレクターから「銀河通信」みたいな歌詞にしてほしいと言われたんですよ。ちょっと戸惑って、悩んだんですが、結局出来なかったので(笑)、好きなように書いたら「のらねこ」が出来ました。


-- 曲の雰囲気にぴったりの歌詞ですよね。


ありがとうございます。

 

-- もう1曲「おうちでかくれんぼ」はいかがですか。

 

これは私が台本を書いてレコーディングに臨んだんです。歌詞だけではなく、間奏で挿入される台詞を全部私が考えて斉藤さんに提供したんです。斉藤さんのバージョンでは実際に彼女のお子さんが演じていて、すごく楽しい曲になっているんですが、私のバージョンもスタッフ総出で演じてもらって、すごく楽しくレコーディングできました。こういうお芝居のような曲は大好きで、いずれこういう曲だけで1枚アルバムを作りたいくらいです(笑)。

 


12 次のページ→

夢みる力
『夢みる力』
2011.9.14 ON SALE!
ヤマハミュージックコミュニケーションズ
YCCW-10159 / ¥3,150(tax in.)


収録曲
1.さよならDINO
2.KARA-KURI-DOLL
~Wendy Dewのありふれた失恋~
3.のらねこ
4.NANUK
5.何かが空を飛んでくる
6.SHADOWLESS
7.おうちでかくれんぼ
8.初恋の頃
9.わたし帽子
10.夢みる力
11.きみのともだち


谷山浩子ソロライブツアー2011
10/15(土)FAN J
10/16(日)酒心館
10/21(金)福島市音楽堂 小ホール
10/22(土)仙台市市民
活動サポートセンター
10/29(土)MONK
10/30(日)SUMUS Café
11/3(祝・木) 窓枠
11/4(金)名古屋市千種文化小劇場
11/12(土)札幌KRAPS HALL
11/13(日)札幌KRAPS HALL
11/19(土)福岡ROOMS
11/20(日)福岡ROOMS
11/26(土)山口県岩国市民会館小ホール
12/16(金)21世紀美術館・シアター21
12/24(土) ザ・フェニックスホール

猫森集会2011
《10th Anniversary》

9/17(土)~9/19(祝・月)
9/21(水)~9/26(月)
全労済ホール/スペース・ゼロにて

『夢みる力』発売記念インストアライブ
10/4(火) 山野楽器銀座本店7F イベントスペース"Jam Spot"

コッキーポップライブ in 吉岡
10/10(祝・月) 吉岡町文化センターホール

詳しくはオフィシャルHPで

谷山浩子(たにやまひろこ)

東京生まれ、横浜育ち。1972年にシングル「銀河系はやっぱりまわってる」、アルバム『静かでいいな~谷山浩子15の世界~』をキングレコードからリリースするなど、早くからその才能を発揮する。現在までに40作品以上のオリジナルアルバムをリリース。その独自の高い音楽性は根強いファンを獲得している。 NHK「みんなのうた」「おかあさんといっしょ」やCF、また「オールナイトニッポン」をはじめとするラジオ番組のパーソナリティ、童話、エッセイの執筆など、その活動範囲はますます拡大している。 近年は、2006年公開映画『ゲド戦記』(スタジオジブリ)の挿入歌「テルーの唄」や2011年公開映画『コクリコ坂から』(スタジオジブリ)の劇中挿入歌を担当するほか、斉藤由貴、手嶌葵、持田香織(Every Little Thing)、声優の豊崎愛生、今井麻美への楽曲提供など作曲としての活動が著しい。2012年4月にはデビュー40周年を控え、今なお全国各地で精力的にライブやイベントを行っている。

オフィシャルHP
http://www.taniyamahiroko.com/