2008年12月アーカイブ

MUSICSHELFでもお馴染みの2人によるイベントが開催される。
現在「SOUND AND VISION」のコラムを担当しているサエキけんぞうと、プレイリストのセレクタとしても活躍中の加藤賢崇によるイベントが28(日)に横浜黄金町で行なわれる。

『帰ってきたハレはれナイト
/インド大話術団の2008年を振り返る大忘年会(仮)』


出演:サエキけんぞう、加藤賢崇、ゲスト:岡村みどり
2008年12月28日(日)
開場:18:30 / 開演:19:00(予定)
■料金:予約 2,500円+1drink(500円) / 当日 3,000円+1drink(500円)

詳しくはコチラ
http://cafe.taf.co.jp/live/index.html#live1228

「ハレはれナイト」とは、サエキけんぞうとかとうけんそうのトークユニット「インド大話術団」が様々なゲストを迎えて行うイベントとして1988年から1991年まで、伝説のライブスポット=インクスティック(六本木&芝浦)や、渋谷クラブクアトロなどで定期的に開催されていた。89年にイベントから生まれたオムニバスCD「ハレはれナイト」リリースの際は大阪・名古屋・京都でのツアーも決行。
今回は17年ぶりの復活となる。


音楽と音楽話が満載で新たな発見も必ずありそうなこのイベント。
お近くに来られる際は、是非チェックして頂きたい。


連載コラム
「サエキけんぞうのSOUND AND VISION」
最新コラムはこちら



本質的音楽論未来編『砂原良徳×加藤賢崇』


加藤賢崇のプレイリストコーナーはこちら
/selector/84852
 12/19(金)東京・NHKホールでヴィジュアル系ロックバンド、アリス九號. の2008年の集大成となるワンマンライブが開催された。
チケットは即日ソールドアウト。会場は夏振りのワンマンライブを心待ちにした3500人のファンで埋め尽くされた。

「どんどん新しいことをやりたい」
「ファンの子を楽しませたい」

そう言い続ける彼ららしく"新しい試み"としてライブ定番曲のメドレーVer.が序盤、4曲目に披露された。
初めてのメドレーに若干の戸惑いを見せるオーディエンス。しかし戸惑いの表情から次第に笑顔になっていくフロアの様子を見てメンバーはニヤリと笑みを浮かべた。

この日はリリースに先駆けて1/14リリースのNEW ALBUM「VANDALIZE」から「昴」が披露された。この曲は7月のFCツアーでアコースティックVer.で演奏されていたが、フルバ−ジョンでは初お披露目。
ミラーボールの光の幻想的な空間で、「be as one」のフレーズを全員で繰り返し合唱したシーンがとても印象的だった。


夏振りのワンマンライブに終始笑顔だったメンバー。
「また会おうな」
と次の約束を交わし、年内最後のホールライブを締め括った。

NEW ALBUM「VANDALIZE」は1/14にリリース。
そしてこのライブで2009年2月末からの自己最長となるツアーも発表された。
これからのアリス九號. の動向に要注目だ。

「- Crossing of Supernova -」@NHKホールセットリスト

1.CROSS GAME
2.暁
3.RAINBOWS
4.TSUBASA.~ブループラネット~華一匁~ハイカラなる輪舞曲~WHITE PRAYER メドレーVer.
5.九龍-NINE HEADS RODEO SHOW-
6.【atmosphere】
7.昴
8.FANTASY
9.ZERO
10.ストロベリーファズ
11.RED CARPET GOING ON
12.極彩極色極道歌[G3]
13.ヴェルヴェット

EN1.Rhythm Session
EN2.DEAD SCHOOL SCREAMING
MC
EN3.平成十七年七月七日
EN4.春夏秋冬
EN5.FOLLOW ME

aliceninevandalize.html
【ライブ情報】
alicenine.TOUR 2009
『UNTITLED VANDAL(ism)♯1』


2/28(土)郡山Hip Shot Japan
3/ 1(日)山形ミュージック昭和Session
3/ 5(木)札幌ファクトリーホール
3/ 7(土)新潟LOTS
3/ 8(日)長野CLUB JUNK BOX
3/15(日)岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
3/16(月)広島CLUB QUATTRO
3/18(水)福岡DRUM LOGOS
3/20(金・祝)熊本DRUM Be-9
3/22(日)高知キャラバンサライ
3/23(月)高松オリーブホール
3/25(水)神戸VARIT.
3/26(木)Zepp Nagoya
3/30(月)なんばHatch
4/ 1(水)岐阜CLUB ROOTS
4/ 3(金)金沢EIGHT HALL
4/ 5(日)福井響のホール
4/14(火)LIQUIDROOM ebisu
4/16(木)CLUB CITTA'
4/21(火)Zepp Sendai


詳しくはオフィシャルサイトへ
http://www.pscompany.co.jp/alicenine/

アリス九號. ヒロト スペシャルプレイリスト
明日の見えない夜に力をくれる曲

アリス九號. 沙我 スペシャルプレイリスト
普通じゃない曲 ~普通の曲に飽きた人へ~


特集:自信から生まれた創造への『VANDALIZE』
シンガーソングライター馬場俊英が12/23(火)、デビュー13年目にして初のアリーナコンサートを大阪城ホールで行った。
この日のチケットは販売から15分でソールドアウトするなど熱狂的な馬場ファン1万人が全国から集結。
オープニング曲の「君はレースの途中のランナー」の中の<仕事がダメになったり>という歌詞で、こみ上げる想いを抑えながら歌った馬場は詩の朗読や客席を歩きセンターステージに移動するサプライズを織り交ぜながらワーナー移籍第一弾シングル「いつか君に追い風が」や2007年の紅白出場曲「スタートライン~新しい風」など全18曲を熱唱した。

アンコールでは大阪城ホール公演実現に至る経緯を語る中で、コブクロの存在が大きかったことを話した馬場俊英。
シークレットゲストとしてコブクロが登場すると、1万人のボルテージは一気に最高潮に!
コブクロの小渕は「ミュージシャン代表の馬場ファンです!」と宣言。コブクロにも影響を与え、コブクロもカバーした名曲「ボーイズ・オン・ザ・ラン」を共に熱唱し、会場が1万人のピースで埋め尽くされた。
アンコール2曲目の「君の中の少年」では、曲途中に馬場俊英を敬愛するアーティスト(コブクロや鶴ら)や馬場を支えたラジオ局のスタッフなど総勢20名以上がコーラス隊としてステージに上がり大合唱。
3時間半にわたるライヴのラストを飾ったのは「世界中のアンサー」。
LIVEでファンからの人気が高いこの楽曲が来年3月11日に発売が決定したことも発表し、ツアーファイナルを締めくくった。




【LINK】 馬場俊英 オフィシャルサイト
http://www.babatoshihide.com/

ただ今【「世界中のアンサー」写真展】開催中
http://www.babatoshihide.com/answer/photocontest/top.php


特集:YELL~どこにでもある"がんばり"に
現在5大ドームツアーを実施し、現在超プレミアチケットとなっている、大晦日12/31(水)EXILEの札幌ドームのカウントダウンライブにNHK『第59回NHK紅白歌合戦』、TBS『CDTVスペシャル年越しプレミアライブ2008~2009』の2つの大晦日を代表する音楽番組が並んで初となる生中継を入れる事が決定した。

EXILEのライブと"NHK紅白"、"TBS年越しCDTV"とのコラボレーションは双方の合意のもと、EXILE側のライブ演出とも合致した事により実現した。
CDTVスペシャルは2008年「PERFECT YEAR」をこの番組で宣言し、その締めくくりと2009年も更なる活躍が期待出来る最も旬なアーティストを起用したいという番組の意向と、EXILEサイドの意向が合致した為に史上初となる初となるコラボレーションとなった。

exileballadbest.html
紅白歌合戦の歌唱曲は「Ti Amo」。同楽曲は既に既に175万枚(自社出荷数)を出荷の現在大ヒット中のアルバム12月3日発売「EXILE BALLAD BEST」に収録されており、着うた(R)やレコ直などの携帯ダウンロードサイトでは250万DLを記録する等、話題の楽曲となっている。

「EXILE PERFECT YEAR」と称して2008年を駆け抜けてきた彼ら。
今年は「PERFECT YEAR」の宣言通り、3枚のベストアルバムをリリース。
「ベストヒット歌謡祭グランプリ」「日本有線大賞」等の音楽タイトルをはじめとし、その他にも「最もカラオケで歌われたアーティスト1位」「YAHOO検索ランキング1位」など様々部門でもタイトルを獲得し「PEFECT YEAR2008」の宣言通りに今年を駆け抜け、年末~年越しに至るまで大きな衝撃を我々に届けてくれた。


【LINK】
EXILE BALLAD BEST特設サイト
http://ballad.exile.jp/

TOWA TEI New Albumから先行配信

towateibigfun.html
2009年2月4日に5枚目のオリジナル・アルバム『BIG FUN』のリリースを控えたテイ・トウワ、国内の音楽ファンにはまさに待望といえる海外の配信サイトや各国のDJ層で話題になっていた新曲『Mind Wall feat.Miho Hatori』の国内先行配信が12月24日より、iTunesをはじめ、各着うた、着うたフルサイトでスタートした。

この曲は、CHIBO MATTOとして90年代からNYで活躍し、ビースティ・ボーイズやラッセル・シモンズとの楽曲、あのミシェル・ゴンドリーが手掛けたMUSIC VIDEO、そして、全世界で700万枚以上をセールスしたGORILLAZでの活躍など、ワールドワイドに活躍している日本人アーティストであるMiho Hatoriのオリエンタルなボーカルワークと、グラミー賞にノミネートされたばかりのCORNELIUSこと小山田圭吾による軽快なギターカッティング、そして、アーリー90'S感溢れるHIPなトラックと絶妙なサウンド・アレンジでそれらを活かしきったテイ・トウワのプロデュース・ワーク。
まさに日本が誇る、世界レベルのアーティスト達によって作られた、最高にPOPな1曲。
最近のマンネリしたJ-POPシーンに飽き飽きしていた音楽ファンは是非聴いてみて欲しい。
音楽の楽しさを再認識できるハズ。

そして、アルバム「BIG FUN」からの最新楽曲は勿論、トップDJとしても活躍するテイ・トウワならではの選曲が楽しめるラジオ・プログラム『NACHT MUSIK』(ナハトムジーク)が、2009年1月より、J-WAVE 81.3FMでスタートすることが決定した。
ここでしか聴けないエクスクルーシブなDJ MIXや、膨大なレコード・コレクションやDJ経験を持つテイ・トウワならではの最新&最高のクラブ・ミュージック満載の54分間。
O.Aは毎週土曜日 20:00~20:54、週末、夜遊び前のドライブは「NACHT MUSIK」を聴いてテンション上げていこう!


国内先行配信
『Mind Wall feat.Miho Hatori』




テイ・トウワ レギュラープログラム
J-WAVE 81.3FM
NACHT MUSIK(ナハトムジーク)
毎週土曜日20:00~20:54 (54分プロ)
ナビゲーター:TOWA TEI (テイ・トウワ)
J-WAVE OFFICIAL サイト内に番組HPがアップ!


【LINK】
TOWA TEI オフィシャル・サイト:
http://www.towatei.com

TOWA TEI MySpace:
http://www.myspace.com/towatei

hug Columbia BIG FUN 特設サイト:
http://www.columbia.jp/towatei
2002年の結成以来、男女ツインボーカルから生まれる冷たいメロディーと、唯一無二と言われる鋭く変幻自在の曲展開でインディーシーンを席巻した凛として時雨が、12月20日(土)神奈川県横浜BLITZにてワンマンツアー『P-rhythm Autumn』の最終公演を迎えた。

10月28日(火)の「埼玉HEAVEN'S ROCKさいたま新都心VJ-3」を皮切りに全国23都市に渡って行われた今回のツアーは全国各地にてSOLD OUTが続出、そのツアーファイナルということもあってチケットは瞬時にSOLD OUTした。

当日は、幸運にもプラチナチケットをゲットした2000名のオーディエンスで場内は超満員となった。
定刻18時、一斉に客電が落ち、劈くようなSEが流れる中、メンバーが登場するや否やライブを待ち望んでいたオーディエンスから大歓声が沸き起こる。

Vo&GのTKの会場を切り裂くようなギターから始まる「i not crazy am you are」でライブがスタート、と同時に場内は瞬時にして異常な熱気に包まれ、モッシュ、ダイブの嵐。
それに共鳴するようにメンバーも怒涛の爆音・轟音プレイで応えると、更に場内はヒートアップした。
今年の4月にリリースし、彼らの知名度を一気に押し上げたファーストシングル「Telecastic fake show」、「Knife vacation」・・・アッパーな曲を矢継ぎ早に披露。
ライブ中盤に、Drピエール中野のMCで紹介された「ツアー中にうっかり出来た新曲」、ステージ上に万華鏡にも似た映像を投影して演奏された24日に発売されるセカンドシングル「moment A rhythm」、またVo&Gがテレキャスからアコースティックギターに持ち替えてのメランコリックな新曲も披露。バンドの新たな可能性を感じさせてくれた。

更にステージ上で、2009年5月21日(木) 東京 SHIBUYA-AXを皮切りに全国11公演に渡るツアー 『凛として時雨 TOUR 2009 「last A moment」』が開催されることも発表され、盛り上がりも最高潮に。
新曲2曲を含む、全16曲に渡る壮大なライブは、大盛況の内に終了した。



凛として時雨は12月24日にメジャー移籍第1弾シングル『moment A rhythm』をリリース。
16分50秒にも及ぶ入魂の1曲を収録した意欲作であるこの作品は、完全生産限定で発売され過去にも数々の楽曲で、インスピレーションとしてきたイギリスの原風景などをVo&Gを担当するTKが自ら撮影、まとめた48ページにも及ぶ写真集仕様ブックレット付となっている。

更に、最終公演で発表となった09年5月21日(木)から東京SHIBUYA-AXを皮切りに行われる全国ツアー 『凛として時雨 TOUR 2009 「last A moment」』(全11公演)を開催。
話題の続くバンドなだけに、次回のツアーもSOLD OUT必至と見られ、注目を集めそうだ。


rintositeshiguremomentarhythm.html
12月20日(土)
凛として時雨 ONE-MAN TOUR 2008

"P-rhythm Autumn"-TOUR FINAL-
@横浜BLITZセットリスト
01. i not crazy am you are
02. Telecastic fake show
03. Knife vacation
04. Sadistic Summer
05. 想像のSecurity
06. COOL J
07. 新曲1
08. DISCO FLIGHT
09. ラストダンスレボリューション
10. moment A rhythm
11. 新曲2
12. 鮮やかな殺人
13. テレキャスターの真実
14. nakano kill you
15. 感覚UFO
16. 傍観

凛として時雨 TOUR 2009
『last A moment』
5月21日 (木) SHIBUYA-AX
5月23日 (土) 新潟LOTS
5月24日 (日) 金沢EIGHT HALL
5月29日 (金) 札幌PENNY LANE24
5月31日 (日) 仙台JUNK BOX
6月03日 (水) 高松オリーブホール
6月05日 (金) 広島CLUB QUATTRO
6月06日 (土) 福岡DRUM LOGOS
6月13日 (土) なんばHatch
6月14日 (日) 名古屋ダイアモンドホール
6月21日 (日) Zepp Tokyo
今年8月より行われている全13都市25公演、総動員数約25万人を誇るMISIA初のアジア・ロングツアー『THE TOUR OF MISIA DISCOTHEQUE ASIA』において、台北、シンガポール、ソウル、香港、上海に渡るアジア5都市での公演を無事に終えたMISIAは、12月20日の札幌「きたえーる」で行われたライブ初日を大成功に収め、大規模な国内アリーナ・ツアーのスタートを切った。

デビュー10年目にして初のセンター・ステージ・ライブとなる今回のツアー。アリーナの中央から登場したMISIAは、オープニングで今回のツアーのテーマ曲でもある最新シングル曲「CATCH THE RAINBOW」でダンサーと共に激しいダンスを披露した。
フジテレビ系"めざましテレビ"テーマ曲でもある「太陽の地図」や未発表の新曲など全22曲を熱唱。レインボー・カラーのドレスをまとって、パワフル且つカラフルなパフォーマンスで約6,000人のファンを魅了した。
また、ライブの中盤にはクリスマス・ツリーが飾られたステージ上でMISIAが「SNOW SONG」を歌い、ファンへの一足早いクリスマス・プレゼントを贈った。

この全国規模のアリーナ・ツアーは、3月8日まで続く。


【追加公演情報】
「THE TOUR OF MISIA DISCOTHEQUE ASIA」追加公演
日時:2009年1月18日(日)
会場:日本武道館
開演/開演:17:00/18:00
問い合わせ先:ディスクガレージ
TEL:03-5436-9600
受付時間:月~金 12:00~19:00

『THE TOUR OF MISIA DISCOTHEQUE ASIA』
-2009-
1/10(土)福岡 マリンメッセ福岡
1/16(金)東京 日本武道館
1/17(土)東京 日本武道館
1/18(日)東京 日本武道館(追加公演)
1/31(土)大阪 大阪城ホール
2/1(日)大阪 大阪城ホール
2/7(土)横浜 横浜アリーナ
2/8(日)横浜 横浜アリーナ
2/14(土)名古屋 日本ガイシホール
2/15(日)名古屋 日本ガイシホール
2/21(土)仙台 ホットハウススーパーアリーナ
2/28(土)金沢 石川県産業展示館 4号館
3/7(土)大阪 大阪城ホール
3/8(日)大阪 大阪城ホール

【リリース情報】
NEW SINGLE
『CATCH THE RAINBOW』
12.17 ON SALE!
【初回盤 SHM-CD仕様+DVD付き】
BVCS-29625/6 / ¥ 1,890 (tax in.)


【通常盤】
BVCS-29624 / ¥ 1,260 (tax in.)



【旧譜3タイトル12月17日同時再発売】
通算7枚目のオリジナル・アルバム「ASCENSION」を始め、雨の中行なわれたMISIA史上伝説のライヴ「星空のライヴⅢ」のDVD、収録楽曲全てにタイアップが付いたシングル「LUV PARADE / Color of Life」の3アイテムが再発。
さらに「ASCENSION」にはオリジナル盤リリースに合わせ制作され、アルバム未収録だった「Rio」をボーナストラックとして収録!!

『ASCENSION』
BVCS-21044 / ¥ 3,059 (tax in.)



『星空のライヴIII ~Music is a joy forever~』
BVBS-21018 / ¥ 3,990(tax in.)



『LUV PARADE / Color of Life』
BVCS-29072 / ¥ 1,260(tax in.)



【LINK】
アーティストオフィシャル
http://www.misia.jp
昨年に引き続き、今年も木村カエラ企画・主催のライヴイベント『オンナク祭オトコク祭』が12月18日(木)、19日(金)、東京・LIQUID ROOM ebisで開催された。
18日の"オトコ祭り"にはASPARAGUS、Kowloon、toe、BRAZILIANSIZEが出演、そして19日の女性客限定の"オンナ祭り"にはSalyu、HALCALI、そして今年のサマソニにも出演、クラブシーンを賑わしているフランスのアーティストYelleなど、カエラがリスペクトしてやまない豪華なアーティストが集結した。

「昨日はオトコくさかったよー」と、前日「オトコク祭」をカエラが振り返る。
トップバッターのHALCALIが揃いの振り付け&掛け合いでポップでキュートな"It's Party Time~"でスタート、2番手にはSalyuがどこまでも突き抜けていくような渾身の歌を届けて心身を温め、3番手のYelleがエレクトロ&フレンチHIP HOPのダンスチューンで圧巻のステージを演出した。

黄色い声援を浴びながらトリで登場したカエラ。
『トゥリルトゥリルリカー』『STARs』『リルラリルハ』を熱唱。


『リルラリルハ』では"忘れないで~"の歌い出しを間違えてしまうハプニングも。
客席ではみんな汗だくでジャンプしまくりの女子ならではの熱気。

久々となる『Sweetie』、1月28日に発売される新曲『どこ』をいち早く披露したあと、怒涛の後半は『マスタッシュ』『BEAT』『Yellow』で客席の興奮は最高潮に。
そしてアンコールの『Jasper』『Magic Music』で、踊ったり高くジャンプしたりと狂喜乱舞状態へと突入した。

そんな女子を前に、カエラも愛おしそうなスマイルを連発。
「また来年もやろうね、必ずね。また会いましょう!」と来年の開催を約束し、たくさんの投げキッスでイベントを締め括った。

今年も帰りに「みんなのことを思いながら作りました」というカエラからのX'masプレゼントも配られ、もはやX'masシーズンの恒例イベントとなりそう。


【LINK】
コロムビアミュージックオフィシャルサイト
http://columbia.jp/kaela/

木村カエラアーティストサイト
http://kaela-web.com/index.html

GIRL's STYLE vol.6 木村カエラ


特集:GIRL's STYLE Vol.11 - HALCALI


特集:豪華プロデューサー陣を迎えて、HALCALIの新たな出発を告げる新作
4ピースバンドflumpoolが2009年2月25日に自身初のCDシングル『星に願いを』をリリースすることが決定した。

flumpoolは今年10月に配信限定シングル「花になれ」でデビュー、そしてTBS系ドラマ「ブラッディ・マンデイ」主題歌となった配信限定シングル「Over the rain~ひかりの橋~」がいずれも大ヒットを記録し、11月19日リリースのデビューミニアルバム『Unreal』がオリコンアルバムチャート初登場2位を記録している。

さらに2009年2月19日スタートの全国6会場7公演の初の全国ワンマンツアーには、オフィシャルホームページのみでの先行受付(すでに終了)で計10万人の応募が殺到したほど人気を誇っている。

ニューシングル『星に願いを』はヴォーカルの山村隆太とギターの阪井一生による楽曲、春先にピッタリのアップナンバーで、初回盤2種類を含む計3種類の仕様となっている。
特典に関しては未発表となっているが、かなりスペシャルなものが用意されているとのこと。


flumpool ニューシングル
『星に願いを』
2009年2月25日発売
【初回限定盤A】
AZCS-2002 / ¥1,470(Tax In)
【初回限定盤B】
AZCS-2003 / ¥1,470(Tax In)
【通常盤】
AZCS-2001 / ¥1,260(Tax In)


オフィシャルホームページ:http://www.flumpool.jp

大橋卓弥、初の武道館で熱唱

スキマスイッチの大橋卓弥が初の日本武道館公演を行い、"大橋卓弥 with Drunk Monkeys Tour2008"+α」を大盛況にて幕を閉じた。一昨日の公演は9月から行われていたツアーの追加公演最終日ということで、今年行ったソロ活動の集大成。いつも以上に気合が入った熱演で1万人のファンを魅了した。

ライヴはヒットシングル「SKY」から颯爽とスタート。途中のMCでは「今日はファイナル、ソロ活動の締めくくりなんで最後まで楽しんでいってください!」と集大成の熱いパフォーマンスを披露する意気込みを伝えた。自ら"修行"と称するソロ活動をするにあたって「おもしろいことをやりたい」と、自身のリリースしたシングルのカップリングに、様々な歌い手とコラボレーションしたカバー曲を収録したのだが、その第二弾となったコラボレーション楽曲である小田和正「たしかなこと」を、特別に「Drunk Monkeys ver.」として演奏。さらに、キャロル・キングなどのカバーも披露するなどソロならではの一面も見せた。

本編後半戦は「こっちは、めちゃくちゃ盛り上がっていきますから!!」の宣言通り、ヒットシングル「はじまりの歌」で会場を沸かせ、ラストは両親に感謝の気持ちを込めて作ったという「ありがとう」を熱唱し感動のうちに終了した。そしてアンコールのラストでは今回のツアー中に完成した新曲を披露。初めて聞く感動的なミディアムナンバーに超満員のファンが酔いしれた。

大橋はこのライヴでソロ活動を一旦終了、既に発表されている通り来年はスキマスイッチとしての活動がスタートする。

【"大橋卓弥 with Drunk Monkeys TOUR 2008"+α セットリスト】
12月22日(月) 日本武道館
M_1  OP~SKY
M_2  恋愛マスター
M_3  ブルース
M_4  記憶
M_5  冷たい世界
M_6  少年と空
M_7  たしかなこと *カバー:オリジナル 小田和正
M_8  Horses *カバー:オリジナル 斎藤有太
M_9  I feel the earth move *カバー:オリジナル キャロル・キング
M_10 Joy to the world *カバー:オリジナル スリー・ドッグ・ナイト
M_11 runaway *セルフカバー
M_12 Magic Girl
M_13 塊
M_14 Spiral
M_15 はじまりの歌
M_16 ありがとう
EN_1 帰り道
EN_2 Loopy!Loopy!
EN_3 温かい世界
EN_4 未発表新曲


特集:Road To Augusta Camp 2008
12月10日に発売となったMr.Children 15th album『SUPERMARKET FANTASY』が発売2週連続のオリコンウィークリーアルバムチャート1位を獲得した。

初登場となった12/22付オリコンチャートにて今年リリースされたオリジナルアルバムの初動得点としてはダントツの707,763 Pを獲得、その勢いをさらに加速させ、発売2週目となる12/29付チャートでは177,581P、累計 885,344Pとした。

本作収録楽曲に映画『恋空』主題歌の「旅立ちの歌」をはじめ、NHK北京オリンピック放送テーマソングとして多くの人に感動を与えた今年を代表する楽曲「GIFT」、来春1月10日(土)に新春スペシャルの放送も決定しているドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』主題歌 「HANABI」、そして現在東宝系にて公開中の映画『私は貝になりたい』主題歌『花の匂い』(配信限定Sg)含む、全14曲を収録。

今回、アルバムリリースに向けて過去最大クラスのアーティスト稼働を行い、多くのミュージックファンに届けられた本作『SUPERMARKET FANTASY』。
アルバムの勢いそのままに年末まで駆け抜けていく彼らの動向から目が離せない。

mrchildrensupermarketfantasy.html
【テレビ出演情報】
12/26(金)
ANB「MUSIC STATION SUPERLIVE 2008」
12/27(土)
SSTV「V.I.P. -Mr.Children-」
12/31(水)
NHK「第59回NHK紅白歌合戦」

【LINK】
Mr.Childrenオフィシャルサイト
http://www.mrchildren.jp
4月5日の静岡エコパアリーナを皮切りにスタートした小田和正全国ツアー『"今日も どこかで"』東京・名古屋・大阪ドーム追加公演『きっと またいつか♪今日も どこかでFINAL♪』自身最大総動員数53万人を超えるツアーも12月20日に無事ファイナルを迎えた。

小田和正としてのドーム公演は、1989年2月26日に東京ドームで実施されたオフコース解散コンサート以来の約20年振りのとなる。

3年ぶりのツアースケジュールの発表時から、各地で異常なまでのチケット争奪戦が繰り広げられ、公演終了後を含め、追加公演を求める声がイベンターに殺到した。
日頃から「遠くの客席のお客さんに申し訳ない」と言い続ける本人もその数にやむなしと追加公演をする運びとなった。
 
「ドームやるよ。とスタッフに伝えた。お盆に入るちょっと前だった。やらなかったら何もなかったと同じになってしまう。やる前に否定するのは止めよう。
やれば、もちろんいろいろと大変なことが待っているのは解っているけど、そんなときはずっとそうしてきたし、必ずかけがえのない思い出が残ったから。」
このドーム公演も(各会場5万人収容)チケットの発売20分でSOLD OUTした。

小田のライブといえば花道の存在がかかせない。ドームということもあり、ステ-ジ中央から真ん中に一本、そこから左右にのび三角形の様に作られており、全ての長さは400m。いつもライブではこの花道を縦横無尽に走っていたが、ドーム5日前のゲネプロ時、自転車で転倒し足を怪我してしまった。

当日は最新シングル「今日も どこかで」でライブがスタート。
MCではツアーファイナルらしく
「最後まで精一杯頑張ります!楽しんでいってください!!」
と意気込みを語り、心配された足の怪我をよそに途中ステージを降りファンに直接マイクを向けたり、「キラキラ」の時にはアリーナ外周を自転車で1周するというパフォーマンスも見せ、アンコール直後ステージを降りた小田にスタッフ全員でサプライズの胴上げがあり、堪えていた涙が溢れ出した。



ドラマ主題歌にも決定した新曲「さよならは 言わない」も今回のドームツアーでは初披露し集まった超満員5万人のファンを沸かせた。


【セットリスト】
明治安田生命Presents KAZUMASA ODA TOUR 2008
2008年12月20日・京セラドーム

「きっと またいつか」♪今日も どこかでFINAL♪
M_1 今日も どこかで(みんなで大合唱)
M_2 春風に乱れて
M_3 愛を止めないで
M_4 伝えたいことがあるんだ
M_5 僕らの街で
M_6 思いのままに
M_7 きかせて
M_8 さよなら
M_9 たしかなこと
M_10 恋は大騒ぎ
M_11 もう歌は作れない
M_12 夏の終り~眠れぬ夜~こころは気紛れ~風に吹かれて~やさしさにさようなら~between the word & the heart
M_13 生まれ来る子供たちのために
M_14 言葉にできない
M_15 僕等がいた
M_16 Yes-No
M_17 ラブ・ストーリーは突然に
M_18 キラキラ
M_19 こころ
M_20 緑の日々
M_21 東京の空
M_22 さよならは 言わない(新曲)
M_23 ダイジョウブ


【テレビ出演情報】
アーティスト小田和正によるクリスマス恒例のスペシャルライブ番組「クリスマスの約束2008」。
8回目を迎える今年は、彼の半年に渡る全国ツアーの様子を綴ったドキュメンタリーを織り交ぜて構成。これまで以上の味わい深い内容でお届けします。
※今年の観覧希望総数は募集期間1週間で、115000通(TBSのみの観覧募集のみの告知)その中の1000名が当日の収録に参加。

odakazumasakyoumodokokade.html
『クリスマスの約束2008』
【出演】
小田和正
ゲスト:佐橋佳幸・松たか子
【放送日時】
12月25日(木)
夜11:30~1:24(予定)

全国TBS系にて放送


【LINK】
オフィシャルサイト
http://www.fareastcafe.co.jp

BMG JAPAN
http://www.bmgjapan.com/oda

TRIPLANE 一足早いX'mas Present

北海道出身の4ピース「美メロ・ヴォーカル」バンドTRIPLANE(トライプレイン)が、12月21日、クリスマスツリーで豪華に装飾された横浜ランドマークプラザ 1Fのガーデンスクエアにて行われた、Fm yokohama CAMPAIGN 2008の一環であるMerry Snow Christmas Live 2008に出演、Fm yokohamaの冬のキャンペーンソングとなっている「白い花」を含む5曲を熱唱し会場に詰めかけたおよそ1,500人の観客を魅了した。

(この模様は12月25日のFm yokohama1DAYジャック時にO.A決定! )。

一足早いクリスマスプレゼントとして、ステージ・パフォーマンス中に待望の3枚目となるアルバム『君に咲くうた』を2009年2月4日にリリースすることを発表した。

ニュー・アルバム『君に咲くうた』は、最新シングルの美メロ・バラード「白い花」や、TBS系「2時っチャオ!」6・7月エンディングテーマ「夏が終われば」などを含む、ソングライティング、パフォーマンスに定評があるTRIPLANEと、プロデューサー笹路正徳氏(コブクロ・スピッツ等)により創られたシンプルでスケールのあるビューティフルなサウンドと歌の数々で彩られた11曲は、リスナーの心を揺さぶり何かを芽吹かせる、そんな永遠に咲き誇るメロディーたちが集まった3枚目のオリジナル・アルバムとなっている。

これまで数々のロング・ヒット・ナンバーを続々と輩出してきたTRIPLANE。
2009年も要チェックだ。


triplanekiminisakuuta.html
【LIVE情報】
TRIPLANEワンマンLIVE TOUR 2009
~君に咲くうた~
2月21日(土) 愛媛・松山サロンキティ
2月22日(日) 香川・高松DIME
2月28日(土) 広島・ナミキジャンクション
3月1日(日) 岡山・ペパーランド
3月5日(木) 長崎・DRUM Be-7
3月7日(土) 熊本・DRUM Be-9
3月8日(日) 福岡・イムズホール
3月14日(土) 愛知・名古屋E.L.L.
3月15日(日) 大阪・Shangri-La
3月20日(金・祝) 新潟・JUNK BOX mini
3月21日(土) 石川・金沢AZ
3月29日(日) 東京・赤坂BLITZ
4月11日(土) 宮城・仙台HOOK
4月12日(日) 岩手・盛岡club change WAVE
4月18日(土) 北海道・Zepp Sapporo


TRIPLANE OFFICIAL WEB SITE
http://www.triplane.jp/


特集:最近のお気に入りの曲たち
人類初の月面着陸から40周年となる2009年に公開される映画『ザ・ムーン』(2009年1月16日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ他全国ロードショー)の日本版主題歌を平井堅が歌うことになった。

『ザ・ムーン』は2007年サンダンス映画祭ワールド・シネマ・ドキュメンタリー部門観客賞と2007年フロリダ映画祭 インターナショナル・コンペティション部門観客賞を受賞した、世界天文年2009公認の映画。その映画に感銘を受けた平井堅がお気に入りのスタンダードナンバー「ムーン・リバー」を本作の主題歌として歌う。クリスマス直前のニューヨークで行われたレコーディングでは、ブラジル人ギターリストのトニーニョ・オルタとコラボーレート。平井堅が彼の日本公演に感銘をうけ、コラボレーションをオファーしたのだという。

【平井堅本人コメント】
「正直に言わして頂くと、最初は単なるドキュメントフィルムかと、軽い気持ちで観ていました(ごめんなさい!!)。肘ついて横寝観から、あぐら、最後は正座していました。熱いものが込み上げて来ました。月面に立ち、やったぞ!!と立てた親指の中に地球がすっぽり隠れた、と優しい顔で言ったジム・ラヴェルさんの言葉に込められたメッセージ。人類が月面着陸して来年で40年。現在、地球は様々な問題を抱えています。その地球を見つめ直す意味でも、この映画が創られた事は必然だと確信しています。今回、光栄にも日本版主題歌として「ムーン・リバー」を歌わせて頂くということで、尊敬するブラジルのミュージシャン、ギターの神様トニーニョ・オルタ氏と心を込めて制作いたしました。(因みに、彼もこの映画に魅せられた一人)何かを感じずに、考えずにいられないこの作品のエンディングにふさわしい歌であることを願うばかりです」

「ムーン・リバー」のCDパッケージの発売は未定だが、映画公開に先駆けて12月24日(水)に着うたが配信開始される。

■映画詳細
『ザ・ムーン』
提供:ロン・ハワード『アポロ13』
監督:デイヴィッド・シントン
出演:アポロ計画の宇宙飛行士達 バズ・オルドリン(11号)、ジム・ラヴェル(8号/13号)、ジーン・サーナン(10号/17号)他
配給:アスミック・エース
2009年1月16日(金)TOHOシネマズ六本木ヒルズ他全国ロードショー

それは奇跡の宇宙体験
我々人類にとって月へ行くこと、そして地球に生きることの意義とは・・・。実際に月に赴いた宇宙飛行士たちの生の証言と、鮮やかに蘇ったNASA蔵出しの初映像で綴られる、感動の一大エンタテインメント! 「地球は、この広大な宇宙という砂漠に浮かんでいる奇跡のオアシスだったのだ」1960年代。アメリカ合衆国は宇宙計画で、ソビエト連邦の後塵を拝していた。ケネディ大統領の強い意志のもと人類初の 月着陸を目指してアポロ計画を発動させる。全世界が 注目する中、9機のロケットが月へと飛び立ち12人が月面を歩いた。そして、いまだに地球外に立った人間は、この12人しかいない...。
「ひとりの人間にとっては小さな一歩だが――人類にとっては大きな飛躍だ」

■オフィシャルサイト

平井堅オフィシャルサイト
http://www.kenhirai.net/
映画「ザ・ムーン」オフィシャルサイト
http://themoon.asmik-ace.co.jp

倖田來未 着うた(R)100万DL突破

koudakumistaywithme.html
倖田來未「stay with me」の着うた(R)がシングル発売を前に、早くも100万ダウンロードを突破した。
12月24日にリリースされるニューシングル『stay with me』は悲しくも切ない女性の恋心を歌ったラブバラードに仕上がっており、同世代の女性から圧倒的な支持を受けている。

そして、2009年1月28日にはニューアルバム『TRICK』がリリースされる。
ドラマ「パズル」主題歌「Moon Crying」・au「LISMO」CMソング「stay with me」まで全14曲中10曲が新曲となっており、2枚組DVDには新曲2曲を含む全6曲のMUSIC VIDEOを収録の他、DVD化の要望が殺到した伝説の 一夜限りのライヴ「Dirty Ballroom~One Night Show~」の映像、そしてLIVE完成までの裏側に密着した貴重なメイキング映像を約140分完全収録したプレミアム盤。

そんな最新アルバム「TRICK」をリリースする倖田來未からファンの皆様へ感謝の気持ちを込めてお贈りする、史上初!全国のCDショップ・ECサイトで予約すると割引になる"ハッピーTRICK割引"を展開。それに伴い「期間限定TRICKサイト」をスタートさせた。
「期間限定TRICKサイト」ではアルバム予約のほかに、着うた(R)ダウンロードや最新情報のチェックなどファンにはうれしいコンテンツとなっている。

シングルの発売、レコード大賞、紅白歌合戦への出演、2009年の年明けすぐに最新アルバムと年末、年始の倖田來未から目が離せない。


【LINK】
期間限定TRICKサイト(ケータイからアクセス)
http://koda-kumi.jp/

OFFICIAL HP/OFFICIAL MOBILE FAN CLUB [playroom]
http://kodakumi.net/

OFFICIAL FANCLUB [倖田組]
http://fc.avex.jp/koda/

100sが2年ぶりに再始動

中村一義が率いるロックバンド100s(読み:ひゃくしき)が、約2年ぶりに新プロジェクトのスタートし、2009年3月4日にニューシングル「そりゃそうだ」をリリースする。

新曲「そりゃそうだ」を含めた今回の新プロジェクトのテーマは【原風景】。毎日のように様々な出来事や事件が起き、「時代」と「自分」との"距離"の取り方がすごく難しい今の時代だからこそ、元来みんな一人ひとりが持っている「原風景」と、「今」の自分自身の存在意義をテーマとして強く意識した作品群になるという。ニューシングル「そりゃそうだ」は中村一義にとっては1997年にソロ名義でリリースし、日本のロックシーンに衝撃を与えた1stアルバム「金字塔」の楽曲を彷彿させるような"原点回帰"を感じさせながらも、力強くポップに"今"を伝える新しいサウンドで、中村一義らしいパワーを持ったロックチューンに仕上がっているという。

新曲「そりゃそうだ」は、全篇が津軽弁で撮影され、演技派人気俳優の松山ケンイチが主演で話題の映画「ウルトラミラクルラブストーリー」(2009年6月6日より全国順次ロードショー公開)のエンディングテーマ曲として使用されることも決定した。監督の横浜聡子は、前作の自主映画『ジャーマン+雨』で2007年度日本映画監督協会新人賞を受賞した新鋭監督。自ら大ファンであると公言する100sに、初メジャーデビュー作品のエンディングに相応しい楽曲の提供を依頼しメンバーが快諾、100sとしても初の映画主題歌が今回実現した。

今月末には100sとして12/28に「COUNTDOWN JAPAN 08/09」(東京/幕張メッセ)、及び12/30に「COUNTDOWN JAPAN 08/09 WEST」(大阪/インテックス大阪)に出演し、久々のライブ演奏を披露する。これを皮切りに100sは来年、積極的に音楽活動を行う予定。
2009年は100sファンのみならず、音楽ファンにとってもかなり喜ばしい年になりそうだ。


100s New Single
「そりゃそうだ」
2009.03.04 ON SALE
VFCV-00036/B [CD+DVD]  ¥1,890 (Tax in.)
VFCV-00037    [CD]          ¥1,050 (Tax in.)

■公式ホームページ
http://www.100s.jp/

U2が来年ニューアルバムをリリースする。オリジナルアルバムとしては『原子爆弾解体新書~ハウ・トゥ・ディスマントル・アン・アトミック・ボム』以来、4年ぶり。09年3月2日世界発売予定で、日本発売は2月25日先行予定。
タイトルは『No Line On The Horizon』(ノー・ライン・オン・ザ・ホライゾン)で、世界中の様々な場所(モロッコ、ダブリン、NY、ロンドン等)で制作・レコーディングが行われた。プロデューサーには『ヨシュア・トゥリー』などを生み出したブライアン・イーノとダニエル・ラノワが携わり、デビュー作など初期3作のプロデューサーとしても知られるスティーヴ・リリーホワイトも参加しているという。アルバムからの新曲(タイトル未定)は、09年1月にはラジオ等で聴かれることになる。
新曲に関してメンバーのエッジは、"これまでとは全く違うサウンドだし、今世の中に出ている曲とも全く違うサウンドだ"とコメントしている。

■公式ホームページ
http://www.universal-music.co.jp/u-pop/artist/u2/
deeneiennoashita.html
今年3月にデビュー15周年をむかえたDEENのニューシングル『永遠の明日』が12月17日付けのオリコンウィークリーチャートで6位で初登場した。
DEENにとっては3年ぶりのTOP10入りで、TOP6入りとなると96年の「ひとりじゃない」(最高3位)以来12年ぶりの好チャートとなっている。
さらに、同時発売となったLIVE DVD『DEEN at 武道館"NO CUT"~15th Anniversary Perfect Singles Live~』もオリコンウィークリーチャート7位(音楽)を記録した。

ニューシングル「永遠の明日」は12月18日発売のニンテンドーDSソフト『テイルズ オブ ハーツ』のテーマソングとなっている。
『テイルズ オブ』シリーズとDEENのコラボは98年に『テイルズ オブ デスティニー』のテーマソング「夢であるように」以来2度目。
「永遠の明日」の初回限定盤の特典DVDには、ニューヨークで撮影された「永遠の明日」のVIDEO CLIPの他、『テイルズ オブ デスティニー』のオープニング・アニメーション・ムービーを収録したプレミアムな内容となっている。

現在DEENは15周年記念の全国ツアー"DEEN LIVE JOY-Break13~NEXT STAGE~"(全15公演)を行っており、全国各地でSOLD OUT続出!このスペシャルライヴは、12/31にZEPP TOKYOで行われるカウントダウンライヴでファイナルをむかえる。

絶好調の15周年イヤーを経て、2009年新たなスタートの年にDEENは再び日本武道館公演を行う。


deendeenatnocut15thanniver.html
【ライブ情報】
『15th Anniversary Tour DEEN LIVE JOY-Break~NEXT STAGE~』
12/19(金) 千葉:浦安市文化会館
12/20(土) 宮城:電力ホール
12/23(火・祝) 群馬:前橋市民文化会館
12/27(土) 愛知:名古屋市公会堂
12/28(日) 愛知:名古屋市公会堂
12/31(水) 東京:ZEPP TOKYO*カウントダウンライヴ

全席指定 ¥6,300(税込)
総合問合せ先:スーパーキャスト 03-5573-2299

2009/5/9(土) 日本武道館公演 決定!!!
チケット一般発売 2009/2/28 ¥6,800(税込)
OPEN17:00/START18:00
問合せ先:スーパーキャスト 03-5573-2299


【LINK】
DEEN オフィシャルサイト
http://www.deen.gr.jp/

新生DA PUMP、9人で活動

DA PUMPが9人組グループとして再出発する。オフィシャルホームページにてオリジナル・メンバーのYUKINARIが脱退を発表、それにともない新生DA PUMPとしての始動が明らかになった。ISSA、KENの2人に新たな7人を加え再出発することが決まった。

新メンバーの7人はそれぞれがダンスの各ジャンルで活躍していたトップクラスのダンサー。ISSA、KENが自らの手で捜し求めた7人とともに、DA PUMPがさらなる高みを目指し、新生DA PUMPとして集結した。基本的にはISSAがボーカルをつとめ、KENを中心にいままでにない幅広いジャンルのダンスを盛り込んだパフォーマンスを目指していく。アーティスト活動のみならず、モデル、俳優など様々なジャンルで多方面に活躍できるエンターテインメント集団として、日本国内はもちろん世界を視野にいれて今までになかった「DA PUMP」を披露する。本格的活動は来年の春スタート予定。

■公式ホームページ
http://www.avexnet.or.jp/dapump/index.html

mayskiss.html
MAY'Sの「KISS ~恋におちて...冬~」がレコ直-着うた(R)週間ランキング4位(集計期間: 2008/12/10~16 )と絶好調だ。
日本最大級のスキー&スノーボードの販売イベント"WINTER SPORTS FESTA season8"のテーマソングとして、全国的に大量CM SPOT OA中(2009年2月まで全国各地でO.A予定)、更には日本テレビ系「音楽戦士 MUSIC FIGHTER」POWER PLAYとしても全国OA中の、MAY'S待望の3rdシングル「KISS ~恋におちて...冬~」が好評配信中のレコ直サイト着うた(R)週間ランキングで見事第4位に躍り出ると共に着うた(R)・着うたフル(R)が累計25万ダウンロードを突破した。

10月8日から先行配信スタートした「KISS ~恋におちて...冬~」通称"キスコイ" (KISS恋)は、誰もが経験したことのある、恋におちた瞬間の"淡くて切ないピュアな心情"を描いた楽曲でこの冬のゲレンデで最も栄えそうなラブソングに仕上がっており、同姓の共感を得る切ない歌詞とメロディ、伸びやかなハイトーンボイスが融合した楽曲は、10~20代女性を中心にこの冬注目の"ゲレンデソング"として各地で話題になっている。

maysdreaming.html
女性ヴォーカリストのゲレンデソングといえば、「広瀬香美/ゲレンデがとけるほど恋したい」、「松任谷由美/サーフ天国、スキー天国」などがあげられるが、キスコイも既に全国のゲレンデでOAされており、冬ソングの王道として定着する可能性を秘めたキスコイの今後の動向に注目したい。

また、CD購入者対象特典(店舗により取り扱いは異なります)として、「KISS恋神社発-恋愛成就御守-」なるステッカーが封入されており、これが恋愛成就の御利益がある・・・などとMAY'Sブログやmixiなどを賑やかしていいるが、12月12日からは携帯特設サイト「キスコイ神社」もオープン。
「恋愛成就のご利益あり」とのウワサを嗅ぎつけた女子高生たちからのアクセスが殺到中で、掲示板に自らの恋愛体験を書き込んだり、"御守り"待ち受け画像をダウンロードしたりと異様な盛り上がりを見せている。

来年1月14日には3枚のシングル曲を収録した1st ALUBUM「Dreaming」も発売決定しており、深刻な不況の影響を心配するスキー、スノーボード関係者も、「広瀬香美やユーミンなどのような、ゲレンデの女王再来となれば、多大な経済効果も得られる」と、MAY'Sの大ブレイクに期待しているのではないだろうか。

【LIVE】

『Chermside presents FINAL LIVE in 2008』
12/29(月) 渋谷club asia
出演:CLIFF EDGE / MAY'S / KG / SHIKATA / FALCO&SHINO / DJ GEORGIA


MAY'S ファーストツアー『Dreaming』
2009/3/13(金) 名古屋OZON
2009/3/19(木) 大阪BIG CAT
2009/3/21(土) SHIBUYA O-EAST


【LINK】

キスコイ神社 特設サイト
http://music.peps.jp/info/sp.php?seq=30

MAY'S オフィシャルサイト
http://www.clubmays.com/

MAY'S オフィシャルブログ 舞こりん。
http://ameblo.jp/clubmays/

NAUGHTY BO-Z オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/naughtybo-z

鹿児島県奄美大島が生んだ新人 城南海(キズキミナミ)が、1月7日にデビューシングル『アイツムギ』をリリースする。

奄美で生まれ育ち15歳のときに鹿児島市に移り住み、兄の影響で奄美民謡「島唄」を始めた城南海は、2008年11月27日に地元・鹿児島でデビュー前の新人としては異例の55分ドキュメンタリー特番KTS鹿児島テレビ『城南海~女性シンガー デビューへの軌跡~』が放送された。
さらに、12月9日の鹿児島最大ライブハウスCAPARVO HALLで行われた初のワンマンライブはSOLD OUTしてしまうなど、話題となっている。

川村結花が作詞・作曲のデビュー曲『アイツムギ』は、デビューより1ヶ月先行した形でFM鹿児島でパワープレイにも選ばれるなど、耳の早いメディアから熱い支持を受け、有線でのオンエアも始まるや否やリクエストや楽曲問い合わせが急上昇した。
先行配信中の着うた(R)も、a tempoというレコ直内のサイトのチャートで初登場2位を記録するなど、好調なスタートを切っている。

桜よりも一足早く、鹿児島から北上する城南海。
1月7日リリースのデビューシングル『アイツムギ』を要チェックだ。


kizukiminamiaitumugi.html
【LINK】
オフィシャルサイト http://kizukiminami.com/
オフィシャルブログ http://blog.oricon.co.jp/kizukiminami/
試聴ファイル(PV):アイツムギ
試聴ファイル(音源):アイツムギ
試聴ファイル(音源):ピアノ

COMA-CHI 「流派-R」1月OPに

iTunes Store"今週のシングル"として紹介された「name tag (C-O-M-A-C-H-I)」が4万ダウンロードまでひろがり、ここ最近のヒップホップ/ラップ・チューンとして見事な記録を打ち立てたフィメール・ラッパーCOMA-CHI(コマチ)。
そんなCOMA-CHIの『perfect angel』がテレビ東京系「流派-R」 1月度のオープニング・テーマに決定された。

2/4発売のアルバムからのリード・トラックでもある「perfect angel」はCOMA-CHI自身が辛い時期を乗り越えたお陰で見えて来た素晴らしい風景、目に見えない大きな力、あたたかさなどに気付き歌った喜びの曲。

そして12/19(金)のオンエアにて「perfect angel」のビデオクリップが「流派-R」にてオンエアされる。
インディーズ時代からCOMA-CHI(コマチ)に注目していた「流派-R」ではレコーディングやビデオクリップのメイキング、そしてインタビューなど、今後もさらに密着した内容を紹介する予定となっている。

さらに番組オンエアに先がけ、ドワンゴでは12/17(水)から「perfect angel 〈Love Exclusive〉」の着うたフルを独占超先行配信される。
さらに12/24(水)からは「レコ直」でも着うた配信が開始される。

デビューに向け加速を始めた彼女にZEEBRAから、
「遂にこんな子が現れたってのがCOMA-CHI。彼女は希有なアーティストだと思う。非常に期待しています!」ZEEBRA
と、メッセージが送られた。

クリスマスを彩るCOMA-CHI「perfect angel」に大注目だ。

comachirednaked.html
【配信情報】
配信楽曲:perfect angel 
配信サイト:dwango
配信日:12月17日

配信楽曲:perfect angel
配信サイト:レコ直♪
配信日:12月24日
アーティストページ(携帯URL):
http://recochoku.jp/comachi
↓↓↓↓↓↓QRコードでアクセス↓↓↓↓↓↓
レコ直♪


【ライブ情報】
『Midnight Rainbow X'mas Special』
12/22(月)渋谷The Room
『LOCKSTOCK presents "THE SHOW" vol.4』
12/23(火)渋谷club asia

【LINK】
COMA-CHIオフィシャルサイト:http://www.coma-chi.com/
COMA-CHIオフィシャルブログ:http://ameblo.jp/coma-chi/
視聴ファイル(音源):「perfect angel」
視聴ファイル(PV):「name tag(C-O-M-A-C-H-I)」

BUCK-TICK 3ヵ月連続リリース

日本のロックシーンが急激に加速し始めた80年代中頃から不動のメンバーで活動を続け、圧倒的なインパクトを与えながら未だシーンのトップに君臨し続けるワンアンドオンリーなロックバンド、BUCK-TICKが12月、1月とシングル、2月にアルバムと3ヵ月連続でリリースすることが決定。

12月17日リリースの第1弾シングル『HEAVEN』は『Alice in Wonder Underground』以来、1年4ヶ月ぶりであり、第2弾の『GALAXY』は来春1月14日にリリース予定となっている。
なんとこれら『HEAVEN』、『GALAXY』の両シングルの購入者には抽選で、2009年2月18日(水)都内某所で開催されるプレミアムライブへのご招待、もしくは「BUCK-TICKオリジナル・クリアファイルがプレゼントされるなどの超豪華特典付き。

12月18日(木)から京都、静岡、東京の3都市にて「THE DAY  IN  QUESTION」と題したライブを行う彼ら。
BUCK-TICKの圧倒的な存在感は往年のファンならずとも魅了されるであろう。


2ヶ月連続リリース第1弾
『HEAVEN』
NOW ON SALE!

BMG JAPAN
【初回生産限定盤】
BVCR-19740  ¥ 1,890(tax in.)
・スペシャルブックケース仕様
・特典DVD付「HEAVEN」Video-Clip & Making
・フォトブック付属


【通常盤】
BVCR-19739  ¥ 1,050(tax in.)


2ヶ月連続リリース第2弾
『GALAXY』
1.14 ON SALE!

BMG JAPAN
【初回生産限定盤】
BVCR-19743/4  ¥ 1,890(tax in.)
・スペシャルブックケース仕様
・特典DVD付「GALAXY」Video-Clip & Making
・フォトブック付属


【通常盤】
BVCR-19742  ¥ 1,050(tax in.)


NEW ALBUM
2.18 ON SALE!

『memento mori』
BMG JAPAN
【初回生産限定盤】
BVCR-17074/5  ¥ 3,990(tax in.)
・抽選特典応募券封入『2008年武道館ライヴ・フォトパネルを50名様にプレゼント!』
・特典DVD付
・SHM―CD仕様
・スペシャルパッケージ仕様
【通常盤】
BVCR-11127  ¥ 3,059(tax in.)

「BUCK-TICK THE DAY IN QUESTION」

12月18日(木) 18:30/19:00
京都会館第一
(問)ナウウエストワン 075-252-5150

12月23日(火・祝) 17:30/18:00
アクトシティ浜松
(問)SUNDAYFOLK静岡 054-284-9999

12月29日(月) 18:00/19:00
日本武道館
(問)SOGO 03-3405-9999

 
BUCK-TICK 公式サイト
http://www.buck-tick.com/
BMG 公式サイト
http://www.bmgjapan.com/bt

8月にTBSドラマ「恋空」の主題歌でデビューした福井舞が、その楽曲「アイのうた」の着うた100万DL突破を記念して、先着10万人限定で配信限定バージョン『アイのうた(Winter ver.)』をプレゼントするキャンペーンを実施する。

「アイのうた」は8/20にリリースされ、オリコン初登場16位を記録。
その後、着うたのダウンロード数に加え有線放送でのリクエストも好調で、12月17日放送の日本有線大賞新人賞を受賞。
そしてこれらの実績が評価され、年末(12/30)放送の日本レコード大賞新人賞も受賞した。

2月にはニューシングル、3月には満を持してのファーストアルバムのリリースも予定されている福井舞。
今後の活躍が期待される。


fukui.html
【キャンペーン詳細】
「アイのうた」100万DL突破記念企画
アナタの"アイのことば"を大募集!!

福井舞のデビュー・シングル「アイのうた」100万DLを突破して、ミュゥモ独占企画を実施!
アイのことば=大好きな人へ
愛の告白メッセージを大募集!

お送り頂いた方には、10万名様先着で配信限定ver.「アイのうた(Winter ver.)」をプレゼント!
また、3月発売予定のアルバム内にて選定された、291(フクイ)作品の"アイのことば"を掲載!

※キャンペーンの詳細情報は
  福井舞のオフィシャルHP

オフィシャルサイト
http://fukuimai.syncl.jp/
12月8日から東名阪ツアー「MEG PARTY TOUR 2008 "BLACK"」をスタートさせたMEGが12月15日、ZEPP TOKYOでツアーのファイナル公演を行った。
 当日は「ブラック」のドレスコードが設けられており、ブラックで着飾られたファンで埋め尽くされた。オープニングSEとともにレーザー光線で会場が包まれ、MEGの真骨頂ともいえるエレクトロPOP独特のビートのなかMEGがステージに登場。「OK」「MAGIC」「PRECIOUS」などの最新ヒットからデビュー曲「スキャンティ・ブルース」など全17曲を歌いきった。今回のツアーには「イカスミくん」という新マスコットのダンサーもメンバーに加入し、ステージを盛り上げた。アンコールでは2月11日に新曲「FREAK」を、2月25日にはタカラトミーとコラボレーションしたMEGモデルのリカちゃん人形やライブDVD、"PARTY"写真集、"BLACK"写真集がセットになった3000個限定のライブDVD「MEG PREMIUM LIVE"PARTY"BOX」を発売することを発表した。

この日のZEPP TOKYOは超満員。来年以降もMEGの活躍を期待させるライブだった。

【リンク】
オフィシャルサイト
http://megweb.jp
オフィシャルレーベルサイト
http://www.universal-music.co.jp/meg/

大阪堺市在住6人組ガールズ・スカ・ロックバンド"オレスカバンド"が、来年2月25日(水)にリリースされるDREAMS COME TRUEのニューシングル『GOOD BYE MY SCHOOL DAYS』にSKAヴァージョンでのカバー参加をする事が決定した。

オレスカバンドのSKAヴァージョンは、「GOOD BYE MY SCHOOL DAYS」をオレスカバンド独自のセルフアレンジメントでカバーする形で、同シングルのカップリングとして収録される。

来年3月21日にデビュー20周年を迎えるDREAMS COME TRUEの記念すべき2009年第一弾シングルとしてリリースされるこの楽曲は、吉田美和が高校生時代に作った卒業ソングであり、高校の卒業ライヴで歌った幻の楽曲。
卒業シーズンのこの時期にDREAMS COME TRUE自身も同楽曲をカバーする形となり、ドリカム史上初のカバーシングルとなる。

『吉田美和が、高校生の時に卒業ライヴで歌ったように、この曲をバンドをやっている学生のみんなにどんどんコピーして演奏してもらいたい』というアレンジャー中村正人氏の想いから、同じ楽曲を様々なジャンルで収録する事で、自分の好きなバージョンを歌うことができるこのシングル企画が誕生した。

その際、『この楽曲のスカバージョンって絶対いいよね!』というドリカムの2人からのアイデアもあり、女の子のスカバンドにパワフルで楽しく演奏してもらいたいという事で、今回、オレスカバンドへのオファーとなった。
メンバーも『ドリカムさんが20周年!ちなみにうちらも来年全員20歳になります。そんなトキにお二人と関われて、素敵な曲にも出会わせてもらえて今からすんごいワクワクしてます!!』とコメントしている。

オレスカバンドは今夏、全米最大級パンクロックフェスティバル「WARPED TOUR 2008」に日本人アーティストとして初となる全米46都市全公演にフル参加し、10月22日に日本で約1年半振りとなる2枚連続リリース第1弾ミニアルバム『What a Wonderful World! vol.1』をリリースしたばかり。
全米46都市ツアーの模様をまとめたライブ&ドキュメンタリーDVD「46 ORESKABAND ~WARPED TOUR 2008~」も同時リリースされている。

来春4月には、最強のラインナップで行われる奇跡のパンク・ロックフェスティバル『PUNKSPRING 09』への出演が決定しており、SUM41/NOFX/BAD RELIGION/LESS THAN JAKEといった海外の最強のロックアーティスト達と並び、日本人アーティストとして9mm Parabellum Bulletと共に出演が発表されたばかり。
大晦日12月31日には『COUNTDOWN JAPAN 08/09』の幕張メッセ公演、"青い目のJ-POP貴公子" スコット・マーフィーとの東名阪ツアーが決定している等、精力的なライブで、来年は日本をオレスカバンドが席巻しそうだ。


オフィシャルホームページ
http://www.oreskaband.com


46oreskabandwarpedtour200.html
whatawonderfulworldvol1.html

BEAT CRUSADERS メジャー初ベスト

2004年、メジャーに背徳(?)の移籍をし、現在はなんとメジャー5年目を迎えるお面貴族ことBEAT CRUSADERSが、ついにメジャー移籍後初のベストアルバムをリリースすることが決定した。

BEAT CRUSADERS BEST ALBUM
「VERY BEST CRUSADERS」
2009.2.18
詳細未定

さらに、全国ワンマンZeppツアー『Oh my ZEPP』も同時に決定。
オフィシャルホームページにてチケットの先行予約がスタートした。
コアファンな奥様はもちろんのこと、メジャーになってからBEAT CRUSADERSを知った奥様まで、どちらも決して見逃すことができなさそうだ。

◆全国ワンマンZeppツアー
『Oh my ZEPP』
09/2/21(土) ZEPP SAPPORO
09/3/14(土) ZEPP NAGOYA
09/3/21(土) ZEPP FUKUOKA
09/3/28(土) ZEPP TOKYO
09/4/  4(土) ZEPP SENDAI
09/4/11(土) ZEPP OSAKA

【チケット先行予約について】

受付URL:http://eplus.jp/becr_zepp
料金:¥3,000(D代別)
抽選日:12月25日(木)
発表方法:12月30日(火)~登録メールアドレス及びe+サイト内にて

※先行予約のご利用には「e+(イープラス)」会員登録(無料)が必要になります。
※応募者多数の場合は抽選となります。
※複数申込み等の不審なお申し込みは無効とさせて頂きます。
※全国一斉の先行予約になります。お一人様、1公演2枚まで予約出来ます。

【先行に関する問合せ】
URL:http://eplus.jp
TEL:0570-06-9911

【オフィシャルサイト】
http://www.beatcrusaders.net/

MISIA 初の公開ゲネプロ大盛況

全13都市25公演を巡る初のアジアロングツアー『THE TOUR OF MISIA DISCOTHEQUE ASIA』を敢行中のMISIAが12月13日(土)、幕張メッセイベントホールにて公開ゲネプロを行った。
ゲネプロとは本番と同じ条件で行う最終リハーサルのことでMISIA自身は今回が初めてのこと。

台北、シンガポール、ソウル、香港、上海とアジア5都市での公演を無事に終え、12月20日より始まる大規模な国内アリーナツアーを前に今回行われた。
会場にはファンクラブサポーターズの中から抽選で選ばれた限定700名の幸運なファンが集まり、今回のアジアツアーのために書き下ろした12月17日リリースの新曲「CATCH THE RAINBOW」など含む全20曲を熱唱。

ステージ上でカラフルなレインボーカラーのドレスをまとったMISIAは、
「普段のゲネプロはお客さんがいない中でやるものだけど、今日はみんなの前で歌えるのがすごく楽しい!!」
と喜びを素直に表し、本番さながらのパワフル且つカラフルなパフォーマンスでファンを魅了した。
先述のツアーのテーマソングとも言えるシングル「CATCH THE RAINBOW」は豪華リミキサー陣によるリミックス曲を含む全8曲。
カップリングの「JOYFUL MOMENT」はオリジナルの新曲だ。
また初回盤は今話題のSHM-CD+DVD仕様。DVDの内容は「CATCH THE RAINBOW」PVの他に、台北、シンガポール、ソウル、香港、上海公演のダイジェスト映像が収録されており、さらに一風変わった特典映像も収録されているとのことでかなり豪華な内容となっている

また今回、同時発売で現在廃盤となっていた旧譜3作(アルバム「ASCENSION」、DVD「星空のライヴIII」、シングル「LUV PARADE / Color of Life」)もリリースされる。
「ASCENSION」にはオリジナル盤リリース時に制作されたものの、アルバム未収録となっていた「Rio」をボーナストラックとして初収録している。

そして今回、「TOUR OF MISIA DISCOTHEQUE ASIA」の追加公演も発表された。
年明けに約10年ぶりに行われる日本武道館公演で、既に発表されている1月16日(金)17日(土)に続き1月18日(日)も追加され、日本武道館3DAYSとなった。
チケットの一般発売は1月4日(日)を予定している。

まもなく行われる札幌きたえーるでの公演より、いよいよ日本国内でのアリーナツアーがスタートするMISIA。
全13都市25公演、総動員数約25万人と、大規模なアジアロングツアーは今後も続いていく!


【追加公演情報】
「THE TOUR OF MISIA DISCOTHEQUE ASIA」追加公演
日時:2009年1月18日(日)
会場:日本武道館
開演/開演:17:00/18:00
問い合わせ先:ディスクガレージ
TEL:03-5436-9600
受付時間:月~金 12:00~19:00

『THE TOUR OF MISIA DISCOTHEQUE ASIA』
-2008-
12/20(土)札幌 きたえーる
-2009-
1/10(土)福岡 マリンメッセ福岡
1/16(金)東京 日本武道館
1/17(土)東京 日本武道館
1/18(日)東京 日本武道館(追加公演)
1/31(土)大阪 大阪城ホール
2/1(日)大阪 大阪城ホール
2/7(土)横浜 横浜アリーナ
2/8(日)横浜 横浜アリーナ
2/14(土)名古屋 日本ガイシホール
2/15(日)名古屋 日本ガイシホール
2/21(土)仙台 ホットハウススーパーアリーナ
2/28(土)金沢 石川県産業展示館 4号館
3/7(土)大阪 大阪城ホール
3/8(日)大阪 大阪城ホール

【リリース情報】
NEW SINGLE
『CATCH THE RAINBOW』
12.17 ON SALE!
【初回盤 SHM-CD仕様+DVD付き】
BVCS-29625/6 / ¥ 1,890 (tax in.)


【通常盤】
BVCS-29624 / ¥ 1,260 (tax in.)



【旧譜3タイトル12月17日同時再発売】
通算7枚目のオリジナル・アルバム「ASCENSION」を始め、雨の中行なわれたMISIA史上伝説のライヴ「星空のライヴⅢ」のDVD、収録楽曲全てにタイアップが付いたシングル「LUV PARADE / Color of Life」の3アイテムが再発。
さらに「ASCENSION」にはオリジナル盤リリースに合わせ制作され、アルバム未収録だった「Rio」をボーナストラックとして収録!!

『ASCENSION』
BVCS-21044 / ¥ 3,059 (tax in.)



『星空のライヴIII ~Music is a joy forever~』
BVBS-21018 / ¥ 3,990(tax in.)



『LUV PARADE / Color of Life』
BVCS-29072 / ¥ 1,260(tax in.)



【LINK】
アーティストオフィシャル
http://www.misia.jp

AYUSE KOZUE X'masにちなんだ...

作詞、作曲、プロデュース、アレンジまでを一手にクリエイトするDIYスピリット溢れるシンガーソングライターAYUSE KOZUEが、クリスマスにちなんだCDとTシャツをセットにしたスペシャルボックスを完全数量限定生産でリリースされる。

これは、12月3日(水)にiTunesとモバイルの配信のみで発表された、10分弱に及ぶAYUSE KOZUEセルフプロデュースによる超大作クリスマスソング『Jingle bell love』のCDと、ラフォーレ原宿を始めワールドワイドな展開で注目を集めるQUOLOMOブランドデザインの冬バージョンAYUSE KOZUE Tシャツをボックスにパッケージした内容で、現在、QUOLOMOウェブサイトで、受注を開始している。

「Jingle bell love」の楽曲は配信のみでのリリースだったため、ジャケットなどが存在していなかったが今回数量限定でCD化、クリスマスの雰囲気とAYUSE KOZUEのガーリーでポップな世界観が表現されている。
そして、Tシャツは、モノクロで撮り下ろされたAYUSE KOZUEのポートレートがプリントされており、CDとTシャツがワンセットとなることでAYUSE KOZUE的クリスマス世界がパッケージされ、言わばAYUSE KOZUEからのクリスマスプレゼント、ということでファンには絶対に見逃せないレアアイテムとなることは必至。
「実際にクリスマスプレゼントとして予約されるお客様も多い」(QUOLOMO関係者)ということなので、興味のある方は、QUOLOMOウェブサイトをチェックしてみるのも如何でしょうか?




AYUSE KOZUEの年内ライブは12月22日(月)渋谷Club Camelot、12月28日(日)恵比寿LIQUID ROOMを残すのみとなっている。
そして、2009年、年明け1発目のリリースは、アニメ魔法の天使クリィミーマミの主題歌「デリケートに好きして」のセルフプロデュースカバーとなる予定、現在マイスペースで先行試聴が開始されているのでそちらも要チェックだ。


【LINK】
オフィシャルウェブサイト
http://www.ayusekozue.com
オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/ayusekozue/
オフィシャルマイスペース
http://www.myspace.com/ayusekozue
QUOLOMO ウェブサイト
http://quolomo.com/
mono.html
1月14日にリリースされる5枚目のシングル『アナタMAGIC』で、初めて地上派音楽番組への出演が決定したmonobright。それも今回、地上派全局制覇。一気にお茶の間へ奇襲をかける意気込み。

Vocalの桃野陽介は常日頃から、できるだけたくさんの人に自分たちの音楽を聴いて欲しいと願っており、遂に彼の出身地、日本の最東端、根室市でも家族を始め地元の人たちにその勇姿をみせることができるとなった。出演が予定されているのは以下6番組(※放送日時変更の可能性有)。

NHK総合『MUSIC JAPAN』(1月22日放送予定)
日本テレビ『音楽戦士』(1月16日放送予定)
TBSテレビ『COUNT DOWN TV』 (1月17日放送予定)
フジテレビ『HEY! HEY! HEY!』(1月26日放送予定)
テレビ朝日『ミュージックステーション』(1月16日放送予定)
テレビ東京『Melodix』(1月24日放送予定)

「アナタMAGIC」リリース直後にスプリット・ツアー「monobright LIVE TOUR ブライトンロック2009 ~素敵なあなたに歌われ対バン~」もスタートする。

『monobright LIVE TOUR ブライトンロック2009
  ~素敵なあなたに歌われ対バン~』

2月15日 水戸LIGHT HOUSE    後日発表
2月19日 千葉LIVE SPOT LOOK     LOVE LOVE LOVE
2月21日 さいたま HEAVEN'S ROCK VJ-3        スクービードゥ
2月24日 横浜 F.A.D YOKOHAMA    スクービードゥ
2月28日 帯広MEGA STONE    OLD
3月6日     静岡 SUNASH DOES
3月7日     京都 磔磔    後日発表
3月9日     神戸 VARIT.     LOVE LOVE LOVE
3月10日 奈良NEVER LAND    後日発表
3月12日 四日市 CLUB CHAOS    後日発表
3月15日 新潟 CLUB RIVERST  後日発表
3月17日 鹿児島 SR HALL    キャプテンストライダム
3月18日 熊本 DRUM Be-9    キャプテンストライダム
3月21日 米子 BELIER    キャプテンストライダム
3月23日 徳島 JITTER BUG    後日発表
3月28日 郡山 #9    DOES
3月29日 山形 ミュージック昭和Session    DOES

■monobright official HP
http://www.monobright.net/


★★ monobright スペシャルプレイリスト ★★
『ライブ前に聴きたい曲』

Miss Monday 豪華コラボシングル

Miss Monday、Kj(Dragon Ash)、森山直太朗、PES(RIP SLYME)という豪華な顔ぶれのコラボレーションが話題のMiss Monday のニューシングル「The Light」。

この曲のレコーディング・オフショットが、フォーライフミュージック オフィシャルYOUTUBEチャンネル(http://jp.youtube.com/forlifemusic)で12/15に公開された。
この曲のレコーディングは2008年8月、都内某スタジオで行われた。
4人がスタジオで一堂に会したのは、この日が初めて。
それぞれが、「The Light」"明けない夜はない"というテーマで歌詞をもちより、歌入れを行った。
和気あいあいとした雰囲気の中で行われたレコーディングの貴重なオフショット。要CHECKだ。

missmondaythelight.html
また、1/28にリリースされるこのシングルのカップリングには、昨年発売されたシングル「シアワセの種」のRemixが収録されるが、このRemixはニュージーランドで国民的人気を誇るNO.1ヒップホップ・グループ・Nesian Mystikが担当。
当初はリミキサーとしての参加だったが、急遽彼らのラップと歌も収録されることが決定した。
日本・ニュージーランドのオールスターが集合!J-POPファン、洋楽ファン、いずれも大満足の1枚となった。

Miss Monday OFFICIAL SITE
http://www.missmonday.com/

RYTHEM 念願のホールワンマン

12/14、シンガー・ソングライター・ユニットのRYTHEM(リズム)が、渋谷・C.C.Lemonホールで念願のワンマンライブを行なった。
 
1年に渡り全国各地のショッピングモールやストリートで100本以上のライブを行い、そこで出会った人と重ねた握手の数はなんと10000人。
地道な活動が大きなホールライブへの足掛かりとなった若干23歳の2人。

ライブは、C.C.Lemonホールにちなんでキーボード&ボーカルのYUIが鮮やかな黄色のシャツに黒のスパンコールのスカート、ギター&ボーカルのYUKAがゴールドのスパンコールのワンピースに身を包み、バンドを従え登場。
3rdアルバム『23』のリリース記念とデビュー5周年の記念となったこのライブにちなみ、デビュー曲から最新アルバムを網羅した全20曲を歌い上げた。

そんなRYTHEMが【あなたの歌詞に曲をつけて着うた(R)配信します!】という企画を行なった。
これは、一般から歌詞を公募し、グランプリに選ばれた作品にRYTHEMがメロディを付け曲にし、着うた・着うたフルとして配信するというもの。
会場で、1000通を超える応募の中から"砂風 一さん"の「ぴんくのクマ」が選ばれた事が発表され、歌も一部披露された。

一般公募の歌詞を着うた配信という珍しくスペシャルな企画もライブの成功と共に大きな話題となった。
現在はニューシングルを制作中のRYTHEM、今後の活動に要注目だ。

RYTHEMオフィシャルサイト
http://www.rythem.info/
 
12/10にシングル「CROSS GAME」をリリースしたアリス九號. が12/13(土)、14(日)に「ウィークエンドイベント」と称し、大阪・東京でインストアイベントを開催した。

13日(土)の大阪は、TOWER RECORDS 梅田NU茶屋町店、TOWER RECORDS 梅田大阪マルビル店、TOWER RECORDS 難波店、TSUTAYA EBISUBASHI、
14日(日)の東京は、TOWER RECORDS 新宿店、SHIBUYA TSUTAYA、HMV 渋谷、TOWER RECORDS 渋谷店の計8店舗。

今回のイベントはシングル「CROSS GAME」購入者を対象に、「CROSS GAME」購入特典の名刺(メンバーそれぞれの名前と写真入り。各店舗オリジナルで裏の写真もそれぞれ異なる)をメンバーから直接貰えるというもの。

アリス九號. は結成時からインストアイベントやFCイベントで握手会を行っており、ファンと間近で触れ合う機会を大切にしている。
そんな彼ららしくHMV 渋谷ではHMVのユニフォーム、TOWER RECORDS 渋谷店ではエプロンを身に付け、一日店員の装いでファンを喜ばせた。

2日間で計8店舗、延べ2000人以上が集まった今回のイベント。
ライブとは違ったファンとの触れ合いにメンバーも終始笑顔。
一人ひとりに丁寧に名刺を渡し、笑顔で話しかける5人。
名刺を貰い終わったファンの中には感動のあまり泣き出す子もいた。

aliceninevandalize.html
イベントの最後に、Vo.将は「今日は寒い中、みんな来てくれてありがとう!久しぶりにみんなと会えて嬉しい。今年はまだLIVEもあるので、最後まで楽しみましょう!そして来年明けてすぐアルバムが出るのでそちらも期待して!」と締めくくった。
待望の3rdアルバムは来年1/14にリリースされる。

また今年を締めくくるライブが今週金曜日に迫っている。
『- Crossing of Supernova -』と銘打たれた12/19(金)東京・NHKホールでのライブ。
チケットはソールドアウトという人気ぶり。
今回のライブは「新しい試みもある」というメンバーの発言から予想するに今までにない新しいアリス九號. が見られることだろう。

【ライブ情報】

『- Crossing of Supernova -』
12/19(金) NHKホール

『WHITE SILENT X'mas premium live お客様第一主義vol.5』(FC限定)
12/25(木) 新木場STUDIO COAST

PS COMPANY 10周年記念公演
『Peace & Smile Carnival』
2009/1/3(土) 日本武道館


詳しくはオフィシャルサイトへ
http://www.pscompany.co.jp/alicenine/

アリス九號. ヒロト スペシャルプレイリスト
明日の見えない夜に力をくれる曲

アリス九號. 沙我 スペシャルプレイリスト
普通じゃない曲 ~普通の曲に飽きた人へ~
俳優としても活躍し、HIP HOP界でも独特のキャラクターで異彩を放つ活動休止中のKICK THE CAN CREWのラッパーMCUが、2007年6月にリリースされたアルバム「A.K.A」以来、1年7ヶ月振りのリリースとなるシングル『SUPERSTAR』が2009年1月21日にリリースされる。
誰もが心に抱える悩みや苦悩に対して、夢を諦めずに自分をスーパースターだと思っていけば『フィクションすらもノンフィクションになるさ!!』という、MCUならではの応援ソング。
切ないサウンド感がありながらも、リリックは『どうどう、いったれ!悩まずに叫べ。』『誰もがNo.1になるのは簡単さ』と檄を飛ばす。
2009年初頭の「自己奮起ソング」ともいうべき、こんな時代だからこそ心に響くメッセージソングとなっている。

そして今作「SUPERSTAR」は3曲入りシングルだが、収録時間はトータル52分。
M−3「この間やったHIP HOP Hallelujahっていうワンマンライヴ。ちなみに45分くらい入ってます。どうでSHOW!」は、ソロ2ndアルバム「A.K.A」のリリース記念ワンマンツアーの最終日9月25日に恵比寿リキッドルームで行われたライヴの模様から8曲、タイトル通り45分のノンストップメドレーライヴ音源が収録されている。

メドレー曲の内容は、セツナ系ヒップホップソングの先駆けとなったヒットシングル「nukumori」や、デーモン小暮閣下とのコラボ曲、フライングキッズの名曲をリメイクした浜崎貴司とのコラボ曲「幸せであるように」に加え、MCU本人もミニミニオジー役で出演し話題となった映画「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」のテーマソングで、MCUがプロデュースしオリコン1位を獲得した「シーサイド・ばいばい」のMCU ver.など、MCUを初めて聴く人には入門編ともいうべき、新旧折り混ぜた楽曲群が収録されている。

楽曲リスト
「The beginning~トワイライトタイム~1973~this song~SUGAMO-B 弐~地球人~nukumori~Under My Martial Law~SUMMER CARNAVAL~シーサイド・ばいばい MCU ver.~幸せであるように~」

また今回のシングルは15歳の時からの幼なじみでもある、地元巣鴨の同級生、DJ TATSUTAとTAICHI MASTERのサウンドプロデュースによる作品。
20年来の付き合いがある幼なじみだけに、MCUも「ある意味FRESH!! ある意味あの頃!!全てにおいて、良い意味で気を使わないで出来た!!」と語るように、リラックスして楽しく制作が出来たようだ


楽曲についてMCU本人からのコメント
M1:SUPERSTAR
「トラックを初めて聴いたときに『SUPER STAR』、この言葉が頭に浮かびました。
『なんとかなる!!(いい意味で)』的なメッセージを込めた曲です!!アッパーな曲ですが、ゆっくり気持ちよく聴いてくれても嬉しいです!!」

M3:この間やったHIP HOP Hallelujahっていうワンマンライブ。ちなみに45分くらい入ってます。どうでSHOW!
「これってSINGLE CD?と思うほどの長さ!!あまり細かく真剣には聴かないでね(笑)酒のつまみに!!」

mcusuperstar.html
2009年は、MCUが15歳からRAPを始めて20年の節目の年。
"MCU MIC Debut 20th "として来年2009年は精力的に活動していく予定。
また、役者として、2009年秋公開の「20世紀少年 第三章」に出演が決定している。
他にもまだまだ今は発表できない情報が山積みで用意されているとのこと。
久しぶりに戻ってきたMCUの動きに今後要注目だ。


【LINK】
オフィシャルサイト
http://www.bmgjapan.com/mcu

アーティストオフィシャル
http://www.mcu.tv

謎のアイドル? COSMETICS続報

「ふかわりょうプロデュースの『ユーザー育成型アイドル』、
まずは第一段階クリア? メディア露出開始!」


ユーザーからの愛を糧に成長を続けていく『ユーザー育成型』のアイドル『COSMETICS』(コスメティックス)が、とりあえず第一段階を突破したようだ。

彼女たちのプロデューサーであるふかわりょうがパーソナリティーを務めるラジオ生番組『ROCKETMAN SHOW』(J-WAVE)の12月13日の放送時に、ゲストとして出演した。
「ゲスト出演をOKしたのは、当初から設定していた『規定値』を超えたから。まだまだ小さい結果ですが、これも皆さんの『愛』の産物なんです。」

12月3日に携帯配信限定シングル曲『LOVE IS ALL』でデビューした『COSMETICS』は、『ユーザー育成型』のアイドル。当初は彼女たちの顔すら公開されないが、楽曲のダウンロード数や、動画サイトにアップされる映像の閲覧数が増えるに従い、正体が明らかになっていく仕組みになっている。



今回はふかわ氏が設定する『規定値』を超えたため、メディア露出が解禁となったようだ。しかし、まだ顔出しはNG。動画サイトにアップされている映像でも、今の段階では、彼女たちの顔には露骨にモザイクが施されている。

「忘れないで下さい。みなさんの愛が、彼女たちにふりかかるモザイクを払拭し、彼女たちをスターに仕立て上げるんです。」

このな、ひでよ、しずな。

今までのところ、彼女たちについて公開されている情報は、メンバーそれぞれの名前のみ。一部のネット上では、『登戸系アイドル』として、既に軽いブームを巻き起こしているという噂もある『COSMETICS』。 彼女たちが人前で歌うことができる日は、本当にやってくるのだろうか。

★★ ROCKETMAN スペシャルプレイリスト ★★
『極上の「love 」ソング10曲』




携帯配信限定シングル 『LOVE IS ALL』
アーティスト名:COSMETICS produced by ROCKETMAN
ドワンゴにて好評配信中

↓↓↓↓↓QRコードでアクセス↓↓↓↓↓


COSMETICSブログ
http://ameblo.jp/cosmetics-blog/

COSMETICS動画
http://jp.youtube.com/view_play_list?p=7120F9439A8B7BA8

ラジオ「ROCKETMAN SHOW!!」J-WAVE毎週土曜26:00~29:00
http://www.j-wave.co.jp/blog/rocket/



スキマスイッチがいよいよ本格的に始動する。
 
2007年夏にリリースされた初のベスト・アルバム「グレイテスト・ヒッツ」はオリコン・アルバム2週連続1位を獲得し現在もロング・ヒット中。
同年、秋には延べ約10万人を動員した大規模な初の全国アリーナ・ツアーを成功させ、年末には3年連続となる「紅白」出場を果たすなど、まさに2007年はスキマスイッチにとって大飛躍の年となった。

そして2008年はアーティストとしてのスキルアップのため、スキマスイッチの活動と並行しながら互いにソロ活動に集中。
大橋卓弥は3枚のシングルと1枚のアルバムをリリースし、ソロ活動の集大成として全国9箇所18公演のライヴハウス・ツアーを敢行、そしてまもなく大阪城ホール、日本武道館公演での追加特別公演も行われる。
 
また常田真太郎は、今年の夏公開された映画「ダイブ!!」で念願だった映画音楽に初挑戦。全編サウンドトラックを担当した他、プロデュース業も精力的に活動した。
藤井フミヤや河口恭吾、ゴスペラーズの作品に参加したことも記憶に新しい。

そして2009年、結成10周年を迎えるスキマスイッチがそれぞれソロ活動で磨きをかけ、いよいよ本格的に始動する。
「雫」(しずく)というタイトルの新曲は、2009年1月10日より放送開始予定のNHK教育テレビ アニメ「獣の奏者 エリン」のオープニングテーマに起用される。

大橋の温かく包み込むような独特の歌声、それを支える常田の卓越したサウンドクリエイトの力量が大きく評価されている2人だけにどんな新曲になるのか今から楽しみだ。

現在、CDでのリリースの情報は未定だが、「着うた(R)」「着うた(R)フルshort」をアニメのスタートに合わせて先行配信する予定とのこと。
ファン待望の久しぶりの新曲、是非チェックしたい。

アニメ「獣の奏者 エリン」の原作は、ベストセラー作家・上橋菜穂子が描く児童文革のファンタジー小説。
読者が選ぶプラチナ本 of THE YEAR、第1位や、雑誌「本の雑誌」が選ぶ、2007年上半期、エンターテインメント・ベストにて第1位など輝かしい成績を持つ話題作で、今回待望のアニメ化となる。
                                                             
また先日12月11日に開かれた制作発表記者会見では、エンディングテーマ、そして挿入歌を新人女性デュオcossami(コッサミ)が担当することも発表された。

cossamiは小佐紘子と多賀みなみの女性ヴォーカルデュオで、東京郊外にある高校在学中に文化祭バンドをきっかけに2人が出逢い、2006年夏cossami を結成。
小佐は中学生時代に雑誌「junie」(扶桑社)の専属読者モデル、みなみは高校生時代に雑誌「CUTIE」(宝島社)の読者モデルをそれぞれ1年間務めるというキャリアも持つ。

今回エンディングテーマとなったデビューシングル「After the rain」(挿入歌2曲も収録)は2009年2月25日に発売される予定で、また2009年1月10日より着うた(R)を先行で配信する予定。
 
スキマスイッチ始動、話題の原作のアニメ化、そして注目の新人女性デュオと2009年年明け早々、この作品で話題が集中しそうだ。



【スキマスイッチ】
 

NHK教育テレビ アニメ「獣の奏者 エリン」オープニングテーマ
「雫」(しずく)
(作詞・作曲・編曲:大橋卓弥/常田真太郎)

CDリリースに先がけて、オープニングテーマ音源を「着うた(R)」「着うた(R)フルshort」にて先行配信予定!!(*CD発売日は現状未定)
※詳しいリリース情報はオフィシャルHPにて発表いたします。

オフィシャルサイト  http://www.bmgjapan.com
アーティストオフィシャル  http://www.office-augusta.com
 
【cossami(コッサミ)】
 

デビューシングル
「After the rain」 
 2009年2月25発売予定
2009年1月10日より着うた(R)先行配信予定


1.「After the rain」
(NHK教育テレビ アニメ「獣の奏者 エリン」エンディングテーマ)
 作詞・作曲:mitsubaco 編曲:原田智英
2.「青い星」
(NHK教育テレビ アニメ「獣の奏者 エリン」挿入歌)
 作詞:土屋文彦 作曲:Sin 編曲:原田智英
3.「ララリラ ラリラ」
 (NHK教育テレビ アニメ「獣の奏者 エリン」挿入歌)
 作詞:cossami 作曲・編曲:原田智英

オフィシャルサイト http://www.cossami.com
MySpace(cossami page) http://www.myspace.com/cossami  
2008年9月21日、筋肉少女帯の14年ぶり5度目の日本武道館公演となった『サーカス団、武道館へ帰る』、20周年記念公演でもあり、太田明やみのすけなど過去に在籍していたメンバーも駆けつけ、全21曲、14年ぶりとは思えない圧巻のパフォーマンスで8000人のオーディエンスを魅了した。

その武道館公演の模様を収録したDVD『サーカス団、武道館へ帰る』が12月17日(水)にリリースされる。

ライブDVDの応募特典として、アンコールの最後に橘高文彦が破壊した貴重なギターをそのまま1名様、そして20周年記念ツアーグッズセットを100名様にプレゼントされる。

さらに、武道館公演のダイジェスト版が1月6日(火)フジテレビにてDVD本編とは別編集でオンエア、そして1月10日(土)には完全版がフジテレビ721、フジテレビCSHDにてオンエアされることが決定した。

年末には、渋谷AX、横浜BLITZ、赤坂BLIZでのワンマンライブも決定されている。

来年もさらに勢力的に活動していく筋肉少女帯を要チェックだ。

kinnikusyoujotaibudoukandvd.html
【LIVE Info】
『09間近!やるべきことは筋少はやる』
2008.12.20 (sat) SHIBUYA-AX 17:00/18:00
2008.12.21 (sun) 横浜BLITZ 16:30/17:30
2008.12.27 (sat) 赤坂BLITZ 17:00/18:00


【TV出演情報】
 『筋肉少女帯デビュー20周年記念公演
  ~サーカス団、武道館へ帰る~』


フジテレビにて
1月6日(火)26時48分~27時18分
ダイジェスト版オンエア!

フジテレビ721、フジテレビCSHDにて
1月10日(土)23時30分~25時00分
完全版オンエア!

フジテレビ有料チャンネルインフォメーションセンター
[問]0570-088-818
12月3日にJ-POP日本語カバーアルバムの第3弾「Guilty Pleasure3」をリリースしたスコット・マーフィーが、NEW ALBUMのリリースを記念し、12月11日に東京タワー展望フロアー333ステージにて世界6カ国12名の外国人限定のライブ&トークイベントを行った。
当日ライブに招待された12名の外国人はスコット・マーフィーのオフィシャルホームページを通じて300名以上の応募の中から当選した、「ニッポン・フリーク」を自負する人たちであり、民族衣装で参加した。
ライブ途中、スコート・マーフィーと招待された12名の外国人とのトークバトルがスタート。「日本食は世界で1番おいしい!」と盛り上がるシーンも。

また今作「Guilty Pleasure3」に収録されている、モーニング娘。の代表曲「LOVE マシーン」ではモーニング娘。のOGの中澤裕子、安倍なつみ、保田 圭がコーラスで参加した縁もあり、安倍なつみ、保田 圭の2人がスペシャルゲストとし和服姿で登場した。

スコット・マーフィーのライブを見終わったあと、安倍なつみから「新しい『LOVE マシーン』でおもしろい!日本人よりも日本語がかわいくて歌詞が自然と耳に入ってきますね。日本語も上手でかっこよかったです。」と感想が、保田 圭からは「レコーディングの時、あまりにもスコットさんの英語の発音が綺麗なので、それに合わせるコーラスでの英語の発音に苦労しました。」とレコーディングでのエピソードを披露した。

スコット・マーフィー自身も「来年は2月にツアーをやります。みんなで盛り上がりましょう。今日は綺麗な方が2人もいて緊張しました。」とコメントを残しライブが終了した。


scottmurphyguiltypleasure3.html
【ライブ情報】
2/24 心斎橋 CLUB QUATTRO
2/26 名古屋 CLUB QUATTRO
2/27 渋谷 CLUB QUATTRO

※1/10~ チケット全国一斉発売  
お問い合わせ:クリエイティブマン
03-3462-6969

【LINK】
レーベルオフィシャルサイト
http://www.universal-music.co.jp/scott_murphy/
コンドルズが12月18日から『コンドルズ クライマックスシリーズ2008』をスタートする。

『コンドルズ クライマックスシリーズ2008』は、12月18日にSTUDIO COASTで開催される『~WHAT'S UP? 07 08/09~THE CONDORS 対バンライブ』、12月21、22、23日に京都 ART COMPLEX1928で公演される『2009年アインシュタイン』、そして12月31日に新宿シアターアプルにて『ラストワルツ』が行われる。

そして、2009年1月~2月に渋谷Bunkamuraシアターコクーンにて上演される野田秀樹作演出、NODA・MAP新作『パイパー』にコンドルズ(近藤良平、藤田善宏、山本光二郎、鎌倉道彦、橋爪利博、オクダサトシ)が出演することが決定した。
「パイパー」は1000年後の火星に住む、松たか子と宮沢りえが演じる2人の姉妹を中心とした物語。
サイエンスフィクションの色合いも強い作品の中で、スリリングに描かれていく。
コンドルズは出演の他、振り付けも担当している。

年末年始を彩るSOULD OUT必至の公演。
売り切れる前に今すぐチェックを。


『コンドルズ クライマックスシリーズ2008』

開幕戦
『~WHAT'S UP? 07 08/09~THE CONDORS 対バンライブ』
12月18日(木)
OPEN 18:00 / START 18:30
STUDIO COAST : http://www.studio-coast.com/

出演:HALCALI/ジン/THE CONDORS/SCANDAL/松下優也/はねゆり

京都戦
アートコンプレックス1928九周年記念
コンドルズ京都スペシャル公演第十弾!!

『2009年アインシュタイン』
12月21日 15:30 / 19:30
12月22日 19:30
12月23日 14:30 / 18:30
ART COMPLEX1928 : http://www.artcomplex.net/ac1928

最終戦
コンドルズ さよならシアターアプル最終特別公演

『ラストワルツ』
12月31日
22:30開宴 21:00開場
新宿シアターアプル
料金:5,226円(コマ劇アプル閉館記念価格)
※18歳未満の方はご入場できません


NODA・MAP新作
『パイパー』
2009年1月4日(日) - 2009年2月28日(土)
Bunkamura シアターコクーン
S席:9,500円 A席:7,500円
コクーンシート:5,500円
出演:松たか子、宮沢りえ、橋爪功、大倉孝二、北村有起哉、小松和重、田中哲司、佐藤江梨子、コンドルズ、野田秀樹

詳細はコンドルズオフィシャルサイトで


【LINK】
コンドルズ オフィシャルサイト
http://www.condors.jp/


特集:音楽と舞台

札幌発Discharming man活動本格化

北の大地で育まれ、エモ、パンク、ハードコアの進化系として辿り着いた、心に染み入る真のエモーショナルを奏でるアーティスト、Discharming manが待望のニュー・アルバム「dis is the oar of me」をリリース。
2009年初頭、圧倒的且つ壮大な世界観を持って全国に向けて本格的に動き出す。

蛯名啓太のバンド、Discharming man。
今回のアルバムのテーマは実験音楽とポピュラリティの融合。
そして、何と言っても歌モノであること。最大のウリは蛯名啓太のヴォーカルである。
オリジナリティを突き詰めながらも、孤高の世界で完結しない究極の俺流を貫き、全霊で思いの全てを吐き出す彼らのスタイルが全面に押し出された約70分全11曲からなるこのアルバムは、永遠のマスター・ピースとしての存在感すら漂わせる。

discharmingman.html
今まで自主盤などで発表された中から厳選した11曲を、最近のDischarming manのライブセット(Vo、GX2、B、Dr、Keyの6人編成のバンドスタイル)で再レコーディング。
感動と賞賛で、話題騒然となっている彼らのライブをそのままパッケージにした内容になっている。

今作では札幌シーンの最重要人物の一人、bloodthirsty butchersの吉村秀樹もギター、プロデュースで全面的に参加。尋常じゃない重量感が増量されている。
轟音、絶叫をやさしく包み込む旋律(メロディ)。
そして、後に残る感動と充足感。
Discharming manは未知のバンド・サウンドの領域へ加速したまま突き進む。

MySpaceでリード曲「因果結合666」と「THE END」のライブ映像の試聴開始。

【Discharming man MySpace】
http://www.myspace.com/discharmingman

【レーベル・オフィシャルサイト】
http://trafficjpn.com/

yoshidakyoudaiprism.html
12月27日より公開される映画『アンダーカヴァー』のイメージソングが、世界で津軽三味線の可能性を追求する吉田兄弟の1月14日発売の10周年記念アルバム「Prism」からの新曲「END OF THE WORLD ~世界の果てに」に決定した。

「アンダーカヴァー」は1988年ニューヨークを舞台に、エリート警官である兄と裏社会に生きる弟が、父の死をきっかけにマフィアとの対決に乗り出す重厚な作品。

 「ゴッドファーザー」を彷彿とさせる警察vsマフィア、そして家族、兄弟の絆のドラマと、まさにアメリカの古典を現代に甦らせた作品であり、日本の古典芸能である津軽三味線の伝統を現代音楽に甦らせて、世界的な活動を続ける吉田兄弟とは、まさに、異色ながらも本作のイメージにマッチするコラボレーションということで、本作の製作会社2929internationalも「素晴らしい!音楽で日本を代表する兄弟が、日本の伝統的な楽曲で、この兄弟を描いた作品を応援してくれることは非常にチャレンジングな試みだ」と高い評価で一発承諾。
この度のイメージソングが実現した。

「END OF THE WORLD ~世界の果てに」は「アンダーカヴァー」TVCMで使用され、12月10日よりOA中。


吉田兄弟の本作に対する感想と今回の取り組みへのコメント

「映画で描かれている、家族・兄弟の絆に感動しました。兄が銃に襲われて弟が入院先に駆けつけたシーンには思わず泣いてしまうほどでした。僕たちも、お互いが同じように思えていればいいのですが...。
ゆくゆくは映画音楽をやりたいとも思っており、今回、ハリウッド・アクション映画のCMイメージソングに決定して光栄でした!この曲自体にストーリー性を持たせていたので、そことマッチしたのかなと縁を感じています。CMでは、実際にどこで使われていたのかと思うほど、三味線とアクションの映像がマッチしてい
ました。マッチしすぎていて、僕たちの三味線だとは気がつかないのでは、と思ったほどです。三味線イコール和、というイメージがあるのですが、三味線とはわからないような今回のようなコラボレーションを今後も行っていければと思っております。
この映画のストーリーに自分たちを重ねて見てしまったのですが、是非、この曲とも重ねて、映画を楽しんでください!」


お正月第一弾2008年12月27日渋谷東急他全国順次公開!!
『アンダーカヴァー』
配給:ムービーアイ
(c) 2007 2929 Productions LLC.  All rights reserved

【ストーリー】
1988年、ニューヨーク  兄弟の運命は、一発の銃弾によって、動いた。
名門警察一家に生まれながらも、家族に背を向け、マフィアが経営する人気クラ
ブのマネージャーとして、アウトローに生きる弟ボビー(フェニックス)。
一方、父の後を継ぎ、将来を嘱望されたエリートコースを歩んできた警察官の兄
ジョセフ(ウォールバーグ)。そんな二人の運命はマフィアとの対決を機に大き
く動き出す。対立が激化する中、兄は弟にマフィアを裏切り、潜入捜査に協力す
るよう説得する。
そんな中、伝説の警視監である父(デュヴァル)がマフィアの一発の銃弾により
殺された。兄弟二人は復讐に立ち上がるのだが...。

【監督・脚本】
ジェームズ・グレイ(『裏切り者』、『リトル・オデッサ』)

【出演】
ホアキン・フェニックス(『グラディエーター』)
マーク・ウォールバーグ(『ディパーテッド』)
ロバート・デュヴァル(『ゴッドファーザー』シリーズ) 
エヴァ・メンデス(『ゴーストライダー』)

詳しくはオフィシャルサイトへ
http://www.undercover-movie.jp/


kirinjibest.html
キリンジがメジャーデビュー10周年の2008年を締め括るにふさわしい2枚組ベストアルバム「KIRINJI 19982008 10th Anniversary Celebration」を12月10日にリリースした。

12月8日号ORICON BiZ「NINKI度ランキング」ALBUM部門では7位にランクされる等、1998年のデビュー以来、クオリティの高い楽曲を提供し続け、音楽ファンを満足させてきた天才ポップスブラザーズ初のベストアルバムとあって注目を浴びている。

本作は、弟・堀込泰行が作詞作曲した15曲を収録した「YH-SIDE」と兄・堀込高樹の作詞作曲した15曲を収録した「TH-SIDE」の2枚組、全30曲収録。
「TH-SIDE」2には新曲「星座を睫毛(まつげ)に引っかけて」を収録、親子という関係をキリンジ流に表現するこの楽曲は、すでにファンの間で「傑作」と評判が高い。

また、世界的に著名なエンジニア、Ted Jensenによる海外リマスタリングを施し、高音質CDの「HQCD(Hi Quality CD)」を採用、音の細部までこだわり抜いており、どの時代の楽曲も「新たに生まれ変わった」と耳の早いファンの間で評判を呼んでいる。

なお、今作を対象店舗にて購入すると、レア特典、「キリンジ学習手帳」をプレゼント中!!
A6サイズ(タテ148mm×ヨコ105mm)のノートは、新曲「星座を睫毛に引っかけて」の歌詞、メロ譜、2009年カレンダー、漢字クイズ、ぬりえ、イラストロジックなどの遊びページが盛りだくさん。
後半はノートになっており、メモ帳としての機能面も充実。
キリンジファンならずとも欲しくなること間違いなしの一品!
(※対象店舗はオフィシャルサイトをご参照下さい。)

キリンジ、デビュー10周年である2008年は1月1日にライヴDVD「KIRINJI PREMIUM LIVE 2007 at 日比谷野外大音楽堂」、2月20日に「朝焼けは雨のきざし」、3月19日に通算7枚目となるオリジナルアルバム「7 -seven-」と立て続けにリリースしをし、話題をさらった。
このベストアルバムは歴史に残る、超名作だ。

また、コロムビアミュージックのHPにはキリンジの二人からコメント映像がUPされているのでこちらもチェックを!
http://columbia.jp/artist-info/kirinji/

diso.html
日本のロック・ヒップホップ・シーンを代表するアーティストが、パンクの名曲のエレクトロ・カバーとオリジナル楽曲をノン・ストップ・ミックスにした、謎のプロジェクトDisoscillators(ディスオシレーターズ)が始動する。

Disoscillators はThe DJのパーティーを通じて知り合った、The DJ、The PA、The Girlの3人から結成され、彼らの作るエレクトロ・ロッキン・ビーツに、日本の音楽シーンをリードするアーティストのボーカルが絡む。フィーチャリングされるのはチバユウスケ (TheBirthday)、TOSHI-LOW (BRAHMAN/OAU)、LOW IQ 01、TGMX (FRONTIER BACKYARD)、WOWW、Yama (from Kill Dem /ex:The 5.6.7.8's)、THE ZOOT 16、TAISEI (SA)、YOU THE ROCK★。

来年1月14日のCD発売に先駆け、12月17日にはiTunesで「Kick Out The Jams [MC 5] feat. チバユウスケfrom The Birthday」「Should I Stay or Should I Go [THE CLASH] feat. LOW IQ 01」「東京FREAKS feat. YOU THE ROCK★」の3曲が先行で配信される。

アルバム「Last Rockers」は来年1月14日に発売。初回盤のみプロモーショントレイラーをCD-EXTRAが収録。

紅白初出場、レコード大賞特別賞受賞など今年を代表するグループになった羞恥心。
彼らのサードシングル『弱虫サンタ』が、12月10日に発売され、オリコンデイリーチャート1位(12/9付)、USEN総合チャート/リクエストチャート1位(12/10付)を獲得し、悲願のウィークリー・チャート1位に向けて最高のスタートを切った。

syuuchisinyowamushisanta.html
「弱虫サンタ」は11月19日放送のフジテレビ系「クイズ!ヘキサゴンII」で初披露後、12/10付のUSEN総合チャート/リクエストチャートともに1位を獲得した。
羞恥心のデビュー曲「羞恥心」とセカンドシングル「泣かないで」はオリコンウィークリー・チャートで惜しくも1位を逃したが、「弱虫サンタ」は発売日のデイリーチャートで1位を獲得、ファーストステージラストソングとなる今作で悲願のウィークリー・チャート1位なるか?注目が集まっている。

年末年始も走り続ける羞恥心は、フジテレビ系「クイズ!ヘキサゴンII」はもちろんのこと、テレビ朝日系「ミュージックステーションSUPER LIVE 2008」、NHK「第59回紅白歌合戦」、年明け1月2日にはフジテレビ系「クイズ!ヘキサゴンII新春SP」に出演しファーストステージのラストランを飾る。


オフィシャルサイト
http://music.ponycanyon.co.jp/pickup/pcca02866/

視聴ファイル(PV):
弱虫サンタ
何もかもが君だった

試聴ファイル(音源):
弱虫サンタ
何もかもが君だった

ミスチル TV出演情報



Mr.Childrenの15枚目となるオリジナルアルバム『SUPERMARKET FANTASY』が、本日12月10日に遂にリリースとなった。
そして、Mr.Childrenのテレビ出演が続々と予定されている。
2008年のラストを駆け抜けるMr.Childrenをお見逃しなく!


【テレビ出演情報】
12/10(水) NHK「SONGS」
12/12(金) CX 「僕らの音楽」
12/13(土) SSTV 「Mr.Children ANTHOLOGY -2001/2008-」
12/14(日) NTV 「Music Lovers」
12/16(火) NTV「1億3000万人が選ぶ!ベストアーティスト2008」
12/20(土) VMC「Mr.Children-VIDEO FILE-」
12/23(火) NTV「HAPPY X' mas SHOW!」
12/26(金) ANB「MUSIC STATION SUPERLIVE 2008」
12/27(土) SSTV「V.I.P. -Mr.Children-」
12/31(水) NHK「第59回NHK紅白歌合戦」

mrchildrensupermarketfantasy.html

椎名林檎 (生)林檎博'08

1998年にデビューした椎名林檎が、さいたまスーパーアリーナで「椎名林檎 (生)林檎博'08 ~10周年記念祭~」を行った。会場に集った観客は三日間で述べ55,000人。彼女のキャリアを通じて最大規模だ。照明が落ちると、まずはステージ前に設置されたオーケストラ・ピットに総勢65名の林檎博記念管弦楽団が登場。指揮を執るのはアルバム『平成風俗』でもお馴染み斎藤ネコ氏だ。そして、楽団の音出しから緩やかに幻想的なオープニング曲「ハツコイ娼女」 へ。会場を満たす彼女のサンプリング・ヴォイスが肉声にすり替わると、焚かれたスモークの向こうから、椎名林檎がゆっくりとその姿を現した。ふわりと繭がかかるエルクのような角を頂いたデコラティヴなヘッド・ドレスとモスグリーンのロング・ドレスを合わせた衣装は、曲調と相まって、聴き手を幻想的な空間に導いてゆく。そして、2曲目「シドと白昼夢」からはベースの亀田誠治、ドラムの河村"カースケ"智康、ギターの名越由貴夫が参加。「ここでキスして。」と「本能」という大ヒット曲が早くも披露される。そして、「ギャンブル」を歌い終えると、彼女は舞台袖へ。ここでスクリーンに「林檎の筋」とタイトルが映し出され、椎名林檎10年の軌跡が「宗教」のインストゥルメンタルとナレーションを交えスライドショー形式で上映される。

中盤は、ギターを手に、「ギブス」からスタート。オーケストラ・アレンジがスリリングな「闇に降る雨」からジャジーな鍵盤さばきを披露した「すべりだい」、そして、続く「浴室」では、歌いながら曲に合わせて包丁で林檎を刻んでゆくエキセントリックでチャーミングな演出が初期のビジュアルを想起させる。そこから「錯乱」、「罪と罰」、「歌舞伎町の女王」、「ブラックアウト」と続く展開は音楽の持つ力が聴き手を押し流してゆく。鳥肌が立つようなオーケストラの迫力とその音の壁と拮抗する彼女の圧倒的なヴォーカルに包まれる何ものにも代え難い至福の瞬間を演出すると、彼女は舞台袖へ。再び上映されるスライドショーは、「林檎の芯」と題され彼女の生い立ちが幼少時代の写真と共に、7歳になる愛息のナレーションによって紹介された。

そんな微笑ましいひとときを経て、後半はダンス・カンパニーのイデビアン・クルーから招聘した女性ダンサー4人をフィーチャーした美しく、スケールの大きな名曲「茎(stem)」から。息子の存在が曲の誕生に大きく関わっているこの曲以降はメッセージ・ソングが続く。ゲストに実兄の椎名純平を迎えた「この世の限り」、そして、「ずっとこんな曲が書けたらいいのにと思っている曲をコピーさせて頂きます」というこの日初めてのMCを挟んで披露されたマーヴィン・ゲイ&タミー・テレルのコピー「玉葱のハッピーソング」。2人のソウルフルな歌声が聴く者の心にあたたかい感情を注ぎ込み、コンサートはフィナーレへと突入する。演奏されたのは東京事変の「御祭騒ぎ」だ。ラテンのリズムに乗って登場したのは、総勢80名による阿波おどり。和の要素を洗練させて織り込みつつ、会場の祝祭感はピークに。そして、パンキッシュなビッグ・バンド・ジャズ「カリソメ乙女」を「~左様なら」と歌い終えると、全てが幻であったかのように、彼女はステージから忽然と姿を消した。

そして、アンコールでは、ファースト・アルバム『無罪モラトリアム』から「正しい街」と「幸福論」の2曲、再度拍手に迎えられ、過去と未来を繋ぐように、7歳の時の処女作とモータウン・ソウルの要素を織り込んだポップ・ロックな新曲を披露。音楽制作を始めた10代、その世界を美しく、壮大に広げた20代を経て、去る11月25日に30歳の誕生日を迎えた彼女は2時間半に及ぶ記念祭を大成功のうちに終えた。シンプル且つ彩り鮮やかに洗練されたレーザー等の装飾や、アップを多用せず演奏を映し出した映像に彼女の志の高さがうかがえる一方、曲の尋常ならざるクオリティと鉄壁のアレンジ、淀みない曲順は観る者を惹きつけてやまない椎名林檎作品の間口の広さ、エンターテインメント性の高さでもある。この日のライヴはそれらの奇跡的なバランスこそが椎名林檎の作品世界を形作っていることをまざまざと再認識させられた夢のような一夜であった。しかし、ようやく10年、まだまだ10年。椎名林檎は頭の中で鳴る最良の音楽を追い求め、その歩みは'09年も真っ直ぐに続いてゆくはずだ。


『椎名林檎(生)林檎博'08~10周年記念祭~』
セットリスト
(2008年11月28日~30日共通)

01.ハツコイ娼女
02.シドと白昼夢
03.ここでキスして。
04.本能
05.ギャンブル
06.宗教
07.ギブス
08.闇に降る雨
09.すべりだい
10.浴室
11.錯乱
12.罪と罰
13.歌舞伎町の女王
14.ブラックアウト
15.やっつけ仕事
16.茎(stem)
17.この世の限り
18.玉葱のハッピーソング
19.夢のあと
20.積木遊び
21.御祭騒ぎ
22.カリソメ乙女

EN1-01.正しい街
EN1-02.幸福論

EN2-01.未発表曲
EN2-02.未発表曲

Lil'Bの曲が映画に!

配信スタート後、150万ダウンロードを突破した、Lil'Bの「キミに歌ったラブソング」。

そんな「キミに歌ったラブソング」の歌詞をモチーフに書き下ろされたストーリーを、映画『ブタがいた教室』で第21回東京国際映画祭・観客賞とTOYOTA Earth Grand Prix審査員賞をダブル受賞した前田哲監督がなんと映画化した。

ストーリーは、現在を生きる10代女子の感性が観る者の心に響くミュージック・ロード・ムービーで、二階堂ふみのほか10代の出演者たちのリアルな演技が素晴らしい感動作。

この映画、映画館での上映は今のところ未定となっているが、Sony Music Online Japanが運営する特設ホームページ「DOR@MO」内にて12月9日より先行公開され、PCと携帯の両方で視聴することができる。

「キミに歌ったラブソング」を聞いて泣いた人もまだ聞いてない人も、この新しい「キミに歌ったラブソング」を"観て"、新たな感動を手に入れて欲しい。

映画『キミに歌ったラブソング』
キャスト:二階堂ふみ 水田萌木 松原汐織 林えみり 我妻三輪子
監督・脚本:前田 哲(映画『ブタがいた教室』『陽気なギャングが地球を回す』)

制作:モンスター☆ウルトラ(映画『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』『SHORT STOP FILM』)

Story:
「私は今日、行方不明になる」
一人夜行バスに乗るフーコ。その一年後・・・
「フーコ、どうして最後に見た風景をメールしたの?」
さまざまな想いを抱えて旅に出るモモ、シオ、エリ、ミワ。4人の辿り着いた先は・・・。

lilb.html
DOR@MOホームページ
http://www.sonymusic.co.jp/drama/lilb/

Lil'Bオフィシャルホームページ
http://www.lilb.jp/

Sony Music Online Japan
http://www.sonymusic.co.jp

★★ Lil'B スペシャルプレイリスト ★★
マイエンディングソングTOP10

KREVA 3ヶ月連続配信スタート

12月10日に日本で初めてHIPHOPアーティストとして挑戦した『MTV UNPLUGGED』がリリースされるKREVAが、1月から3ヵ月連続楽曲配信をスタートする。

その第1弾は、1月7日配信の『成功』
この曲は、2008年8月にライブイベント「めざましLIVE'08」で初披露し、その後MTV UNPLUGGEDでも共演した、KREVAをして「天才」と言わしめるアーティストであるさかいゆうをアレンジに迎えて、再レコーディングを行い、11 月23日に行なわれたイベントライブ「YouTube LIVE TOKYO × IQ」で披露され、既にファンの間で話題になっている1曲。

「人の成功を羨むのではなく喜ぶことで先へ進もう。そしてみんなが成功することが 自分の成功に繋がるだろう」というKREVAの考えから出来上がったこの曲は、09年新しい年にご利益をもたらすようなパワー溢れる1曲となっている。

来年1月まで待ちきれないという方は、「成功」でのコラボのきっかけとなった明日発売のMTV UNPLUGGEDでのKREVAとさかいゆうの共演を見ながら思いを馳せてみては?
※UNPLUGGED は、MTV Networks (Viacom International Inc.)の登録商標です。


krevamtvunplugged.html
【リリース情報】
3ヶ月連続配信 第1弾!
『成功』
2009年1月7日(水)
PONY CANYON
レコ直♪アーティストページ
http://recochoku.jp/kreva

↓↓↓↓↓QRコードでアクセス↓↓↓↓↓



【LINK】
KREVAオフィシャルサイト
http://kreva.biz

視聴ファイル(PV):MTV UNPLUGGED M4「音色」

CHEMISTRY 1万人との夢の共演

12月7日、大阪城ホール(大阪市中央区)で開催された師走恒例のイベント『サントリー1万人の第九』が、合唱団・観客含め総勢14,200人が参加し、無事終了した。




ゲストで登場したCHEMISTRYは、1万人との共演はもちろん、「第九」を歌うのも今回初めてとのこと。
ステージを終えて、「感動のしっぱなしだった。」と、メンバーは語った。

ステージでは「第九」の他に、最新シングル「恋する雪 愛する空」もパフォーマンスし、さらに「約束の場所」と唱歌「冬の星座」にて再び1万人の合唱団と共演を果たした。

10回目の総監督・指揮を務めた佐渡裕は、
「『歌のある星へ』というテーマをはっきりと打ち出せた」
とコメント。

なお、「サントリー1万人の第九」コンサートの模様と、そこに至るまでのCHEMISTRYや淀工吹奏楽部の取り組みなどを盛り込んだ番組『1万人の第九 with CHEMISTRY』は12月23日(火・祝)午後4:00~4:54 MBS発JNN系列5局ネット(MBS、TBS、HBC、CBC、RKB)にて放送の予定。

感動のステージを是非テレビでもチェックして欲しい。


佐渡裕のコメント

全力で終えられたことを嬉しく思います。『歌のある星へ』というテーマをもって、(地球には歌という)なんて素敵なものがあるのかということを再確認した。
テーマをはっきりと打ち出せた回になった。それはケミストリーが来てくれたおかげでもある。
さらにウィーンの先生方(演奏者5名)にも来ていただいて、第九はもともとウィーンの方々の曲だけれども、今回たくさんの人が頑張って歌い、それを喜んでいるのをウィーンの方々に見せられて良かった。

(「約束の場所」とケミストリーについて)
『約束の場所』を(指揮)しながら涙が止まらなかった。
淀工(大阪府立淀川工科高校)のみんなとケミストリーの二人が演奏してくれたことで、みんなの手拍子などから感動というものが身近にあると思った。
我々に応援歌として届いていた。人の優しさとか強さとかを感じた。


chemistrywinteroflove.html
CHEMISTRYのコメント

川畑要:
1万人の歌声に圧倒された。鳥肌モノだった。
本番はリハーサルよりもすごくパワーがあって、感動のしっぱなしだった。

堂珍嘉邦:
高校生のブラスバンドのみんなとのコラボレーションと、1万人の合唱団とのコラボレーションの2つが刺激になった。
勉強になった。佐渡さんの後姿がカッコよかった!
1万人の歌声を聞いてみて、みなさん大きな声を出しているが、耳に心地よい集合体の声を聞くのは初めてだった。音楽として最高の形じゃないかと思いました。


CHEMISTRY オフィシャルサイト
http://www.chemistryclub.net/
10月29日にソロとしては3枚目となるアルバム「LIFE~the third movement~」をリリースしたジャンヌダルクのギタリスト、you。
今作はもちろん、1st、2ndアルバムにも共通して「LIFE」と題した"LIFE"シリーズの集大成となるこのアルバムを引っ提げ、11月4日の赤坂BLITZを皮切りに全国20カ所となる初の全国ツアーを行ったyouが、12月4日、大阪BIG CATでファイナルを迎えた。

3rdアルバムに収録されたインスト曲を中心に全14曲を披露、featuring vocalのHachiya Kotoも参加し歌モノ楽曲3曲も披露した。

特に2曲目にプレイされた10分をゆうに超える、多彩なフレーズで様々な表情をつけていくプログレ・ナンバー「feel」は圧巻の一言。

youとサポートミュージシャンとしてこのツアーに参加したベースのMITOMO、そしてジャンヌダルクの盟友キーボードのkiyoとドラムのshujiの生み出すグルーブはライブを重ねるごとにパワーアップ、ラストの大阪で最高潮となった。

「こうゆうライブができたのは皆のお陰です。支えてくれた全ての人、アルバムを聴いてくれた全ての人、会場に来てくれている全ての人に感謝してます。ありがとう!」

と、何度も何度も"感謝"の気持ちを口にしたyou。

そんなyouからファイナル公演の最後の最後に、アルバム"LIFE"3部作の集大成となるライブを3月20日に東京・NHKホールで行う事が発表された。
ソロとしては初のホール公演となる。youがこの3部作で創り出した世界観をステージで再現するこのライブ。絶対に見逃す事はできない。

【you Live LIFE ~La conclusion~】
2009年3月20日(祝・金) open 16:00 start 17:00
東京 NHKホール
全席指定 チケット代金 \6,000(tax in)

you オフィシャルサイト
http://www.avexnet.or.jp/you/

Nelson Super Project 2nd Album

nelsonsuperprojectnelsonmo.html
山下達郎'98~'99のツアー"Performance '98~'99" のサポートで集合したメンバーが意気投合し結成されたノン・ジャンル・スーパーバンド、Nelson Super Projectが、この秋、活動を再開して6年振りにアルバム『Nelson Motown +』をリリースした。
珠玉のモータウン・ヒッツ11曲に待望のオリジナル2曲を合わせた全13曲を収録した1枚で、耳の肥えた音楽ファンをも虜にする仕上がりに。

また、12月16日(火)までYAHOO!JAPANのライブトークページに、11月16日大阪なんばHatchにて開催されたFM802イベント「LIVE JAM Meet Motown!」のライブ映像を掲載。こちらにはNelson Super Projectの他、有坂美香、多和田えみも参加した心揺さぶる本格ライブパフォーマンスで、画面からその迫力と魅力が溢れ出ている。

そんなNelson Super Projectは、土岐英史 (Sax)、三谷泰弘 (Vo)、佐々木久美 (Organ, Vo)、国分友里恵(Vo)、青山 純(Dr)、伊藤広規(B)、佐橋佳幸(G)、重実 徹(Key)、難波弘之 (Key)といった日本の音楽を支えている最重要アーティスト達から成り立つ。
時を経てより成熟した彼らが生みだすソウルフルで良質な音楽。
今後の展開にもますます目が離せない。


【LINK】
LIVE JAM Meet Motown!
http://livetalk.yahoo.co.jp/event/green_ribon/2008/index.html

Nelson Super Project オフィシャルサイト
http://www.esqlink.com/nelson/index.html

ユニバーサル Nelson Super Project
http://www.universalmusicworld.jp/nsp/




【メンバー・プロフィール】
土岐英史 (Sax)
日本ジャズ界の重鎮、チキンシャック等のバンドの他セッションは数え切れず、土岐麻子の父親。

三谷泰弘 (Vo)
スターダスト・レビューのキーボードとしてデビューから14年を経て脱退後はソロとセッションをこなす。

佐々木久美 (Organ, Vo)
上田正樹バンドでデビュー、オルガンとコーラスをこなす。コーラス・アレンジは天下一品。

国分友里恵 (Vo)
角松敏生とのデュエットが大ヒット、その後ソロとしても活躍。中山美穂のミリオンヒットの作詞も手掛ける。

青山 純 (Dr)
80~90年代にかけて、スタジオで最も売れっ子ドラマーとして音楽界を席巻。Prismとスクェアなどにも在籍した。

伊藤広規 (B)
山下達郎には欠かせない変幻自在のベースプレーヤー。

佐橋佳幸 (G)
90年代のJ-POPには欠かせなかったセッション・ギタリスト、山弦のメンバー。夫人は松たか子。
特集:日本一忙しいギタリスト


重実 徹 (Key)
80年代前半からセッション・ミュージシャンとして活躍。現MISIAバンドのバンマス。

難波弘之 (Key)
金子マリ&バックスバニーでデビュー。プログレの第1人者ではあるが全ジャンルを網羅する幅広い活躍。
特集:主役も脇役も張れる鍵盤帝国の王子

矢井田瞳 恋バスCAFEに登場

12月3日にリリースされた、矢井田瞳&恋バスBAND with小田和正『恋バス』を記念して12月2日より原宿にオープンした"恋バスCAFE"。
リリース日の12月3日は、矢井田瞳本人が登場し1日店長を務めた。

平日にもかかわらず、100人を超えるファンがオープン前から会場外で列をなし、オープン時には、矢井田瞳本人が入り口でファンを迎えるというサプライズ演出も。

CAFEのキャパシティの関係で、入場できたのは約300人。入場規制がかかるほどの大盛況となった。
イベントでは、会場内に『恋バス』が流れると、ファンの大合唱に包まれた。
矢井田瞳は、「小田さん(パート)もたくさんいましたね。」と、感動の表情で聴き入っていた。
そして、「この曲が誰かの恋の後押しになってくれたらいいなぁ」とコメント。

この原宿にできた"恋バスCAFE"は、12月25日までのクリスマス期間限定オープン。
来場者への特典も多数用意されており、この冬のデートスポットとして要チェックだ。


特典1:「恋バス特製"恋愛成就カフェオレ"」無料プレゼント!!
※「ハンゲ.jp」会員登録者のみ
"恋愛成就カフェオレ"ご注文のお客様は下記プレゼントがあたる抽選会にご参加いただけます。
特賞:富士急ハイランド1日フリーパス5組10名様
参加賞:「恋バス」ステッカー  

特典2:写真撮影ブースにて撮影した方に「恋バス」特製フレーム付画像を12月11日(木)~提供。
ヤイコ10年目記念BEST(来春発売予定)のブックレットにヤイコが選ぶあなたのベストショットが掲載されるかも!? 詳細は後日矢井田瞳オフィシャルHPにUP

※「恋バス」ステッカー、"恋愛成就カフェオレ"は 数量に限りがあります。
詳しくは店頭でご確認ください。 


yaidahitomikoibus.html
<期間限定"恋バスCAFE"特設サイトOPEN>
~この恋がうまくいきますように・・・~
「恋バス」が無料試聴できるほか、恋愛相性占いなどコンテンツいっぱい♪
http://q.mu-mo.net/yaiko/ (ケータイからアクセス)

"恋バスCAFE"
2008/12/2(火)~12/25(木)期間限定OPEN
営業時間:AM11:00~PM8:00 第2・第4水曜定休
「ハンゲームスクエア フラットフラット」
渋谷区神宮前東京都渋谷区神宮前1-8-8 COXY188ビル1階


矢井田瞳オフィシャルサイト
http://www.aozorarecords.com/yaiko/
12月4日、渋谷WOMBで行われた クレイグ・デイヴィッドのライブイベントにBONNIE PINKがサプライズゲストとして登場。「ALL THE WAY」をパフォーマンスした。

11月26日に初のベストアルバム「グレイテスト・ヒッツ」を発売したクレイグ・デイヴィッドが現在プロモーションのために来日。昨日渋谷のWOMBでクリスマス・パーティーと称したライブイベントを実施し、DJプレイとアコースティック・ライヴを披露した。ライヴでは「7 DAYS」「HOT STUFF(LET'S DANCE)」「INSOMNIA」の3曲をパフォーマンスした。

会場からの「一番好きな楽曲は?」との質問に「ALL THE WAY」と答えたクレイグは「日本のファンに、他の国ではできないスペシャルなALL THE WAYを聴かせたい」と話し、サプライズゲストとしてBONNIE PINKが登場した。今回のベストアルバム「グレイテスト・ヒッツ」に日本代表として参加しているBONNIE PINKとコラボ楽曲「ALL THE WAY(feat.BONNIE PINK)」を熱唱しました。

クレイグ・デイヴィッドは2009年4月4日に東京幕張メッセで行われるspringroove09への参加も決定した。

■BONNIE PINKHP
http://www.bonniepink.jp/
■クレイグ・デイヴィッドHP
http://www.wmg.jp/artist/craig/

ザ・ローリング・ストーンズの最新ライブ・エンターテインメント映画「ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト」が本日12月5日よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国映画館にて公開される。

この映画は、ロックンロールの奇跡といわれるロック・バンド、ローリング・ストーンズのライブパフォーマンスを、巨匠マーティン・スコセッシが監督したロック映画。スコセッシは、今までにザ・バンドの解散コンサートを撮った「ラスト・ワルツ」やボブ・ディランのドキュメント映画「ボブ・ディラン ノー・ディレクション・ホーム」などの音楽映画を監督している。今回の映画ではニューヨークのライブの殿堂、ビーコン・シアターを会場に選んだことで、スタジアム・バンドとしてのストーンズではなく、本来の魅力であるラフでルーズなブルージーなブルース・バンドとしてのストーンズを映しだす。そのほか、ライヴ映像の合間に挿入される過去のインタビューや、メンバーへのインタビューなど見所たっぷりの内容だ。

待望の日本公開でストーンズ・ブームが起こりそうな予感だ、映画公開を記念して先週土曜日に、東京・六本木ヒルズ・アリーナで "前夜祭イベントが行われた。完全招待制の600人の抽選枠に6000通を超える応募が殺到したという。

イベントは田中知之(Fantastic Plastic Machine)のDJからスタート。ストーンズ・クラシックをダンス・ミックスし、屋外の会場を温めたあとに司会のクリス・ペプラーが登場。その後、映画のダイジェスト映像やストーンズのメンバーから日本のファンへのメッセージを上映。ライブアクトではSCANDALやGOING UNDER GROUND、SHEENA & THE ROKKETSがストーンズのカバーを披露した。俳優の塚本高史もトークで参加。

そしてこの日のハイライトとなったのは、ロンドンで行ったトータス松本によるミック・ジャガーへの独占インタビュー映像の上映。トータスの英語によるインタビューが和やかな雰囲気を作り、ミックを身近な存在に感じさせた。インタビュー映像後には、トータス松本が映画のタイトル曲「Shine A Light」(アルバム『メインストリートのならず者』に収録)をソウルフルに歌い上げた。

セットリスト
1. SCANDAL / (I Can't Get No) Satisfaction
2. GOING UNDER GROUND / As Tears Go By
3. トータス松本 / Shine A Light
4. SHEENA & THE ROKKETS / Paint It Black
5. SHEENA & THE ROKKETS + 怒髪天(増子直純&上原子友康) / Jumpin' Jack Flash
6. SHEENA & THE ROKKETS + 武田真治 / Brown Sugar
7. SHEENA & THE ROKKETS + ALL CAST / (I Can't Get No) Satisfaction

公式HP
http://www.shinealight-movie.jp/

BGB "オトナ"だけの限定ライブ

12年ぶりの新曲『Daddy's Party Night(懲りないオヤジの応援歌)』を12月3日にリリースしたキング・オブ・ソウル・デュオ=バブルガムブラザーズが、リリース当日、30歳以上・ダンス好き"オトナ"たち限定のライブを行った。
ライブ会場には、1日限定で都内を走っていたバブルガムブラザーズ仕様のトレーラーで乗り込み、入場を待つファンを盛り上げた。

「Won't Be Long」のイントロが流れると同時にバブルガムブラザーズの2人が現れ、ライブがスタート。当時の懐かしさと変わらない2人の勢いに会場はヒートアップ。
また新曲『Daddy's Party Night(懲りないオヤジの応援歌)』をファンの全員と歌うため振り付けの指導をする中、ブラザーTOMが突然舞台から降り、ファンの中に乱入し、特別指導する一幕も。その甲斐あってか、曲に合わせるファンの振り付けは完璧で会場はさらにヒートアップした。

ライブの最後にはブラザーTOMがブラザーKONEへ「12年前は、また2人で歌を歌うとは思っていなかったが、今は最高のマブダチ!」と告げるとブラザーKONEからは「俺にとって最高の女房だよ!」と告げ、ライブが終了した。

17年前、「Won't Be Long」で日本中にバブルガムブラザーズ旋風を巻き起こした2人。
今後、更なる話題を巻き起こしそうな彼らの悪巧みに大注目だ。


【LINK】
バブルガムブラザーズ レーベルオフィシャルサイト
http://www.universal-music.co.jp/bubblegumbrothers/


青二才 お前らにできんのか?お前らもやれんのかー?
『Daddy's Party Night(懲りないオヤジの応援歌)』
NAYUTAWAVE RECORDS
NOW ON SALE!
【初回限定盤】 UPCH-89037 / ¥ 1,500 (tax in.)


【通常盤】 UPCH-80101 / ¥1,200 (tax in.)

松下優也 新記録樹立

12月2日、新人の登竜門として141回目の歴史を刻み、数々のトップアーティストがブレイク前にその舞台に立ってきた「ぴあデビューレビュー」に、11月26日にデビューしたばかりの松下優也が登場し、即売でのCD販売数において141回の歴史を塗り替える新記録を樹立した。

松下優也は、神の声とも称される切なさと強さを兼ね備えたヴォーカルと身長180センチの恵まれたルックスに端整なマスクを併せ持つ18歳の大型新人。

デビュー曲「foolish foolish」は、全国FM、スペースシャワーTV、MTVなどの主要メディア各局のパワープレイを獲得し、また今年数々のヒットを生み出した有線お問い合わせチャートでもいきなり1位になるなど、その類稀な音楽性が話題を呼んでいる。
そんな彼の初のワンマンライブということもあり、会場となったSHIBUYA O-WESTでは開演2時間以上前より人が集まり始め、1000通を超える応募が殺到する中から選ばれた幸運な当選者が開場を待ち切れず、ライヴハウス前を埋め尽くす事態に。
最終的には超満員の650人を超えるオーディエンスが集まり異様な熱気が溢れる中、大歓声によって迎えられた松下優也は、デビュー直後とは思えない堂々のパフォーマンスを約30分に渡り披露した。

デビュー曲「foolish foolish」はもちろん、来年1月にリリース予定の2ndシングル「LAST SNOW」をはじめ、新曲の数々に観客は酔いしれていた。
終演後、興奮冷めやらぬままに、オーディエンスは物販会場に移動、長蛇の列が続き、一時は道路に溢れそうになるほどの勢いに。

matusitafoolishfoolish.html
最終的に150枚持ってきたCDは即完売。141回を数える「ぴあデビューレビュー」のCD即売において、関係者も驚くほどの断トツの販売新記録を樹立することになった。

松下優也は、今後、12月13日に横浜ランドマークプラザ1Fガーデンスクエアで開催されるフリーライヴ「Merry Snow ChristmasLive 2008」、そして12月18日には、新木場STUDIO COASTにてHALCALI、SCANDAL、ジン、THE CONDORSといった話題のアーティストらと共に、「~WHAT'S UP?07 08/09~」に出演する。

松下優也 オフィシャルサイト
http://www.matsushitayuya.com
キングブラザーズの結成10周年を締めくくる集大成ワンマンライブ『西宮バイオレンスブルースが炸裂するパーフェクト皆殺し集会 2008』が名古屋、東京、福岡、大阪の計4ケ所で開催が決定された。
イタリア、スペイン、フランスでも暴れまくったキングブラザーズが今年最後にいったいどんなライブを魅せてくれるのか?

そして今回は来場者全員に未発表曲&10周年を記念したDODDODO & MIGHTY MARS監修、渾身の19分スペシャルREMIX CD『未発表曲&10周年を記念した超スペシャルREMIX CD』をプレゼント。

その他各会場ともまだまだスペシャルな企画を進行中。

爆走を続ける最狂兄弟のブチ切れワンマンショー。
今年最後の限界点突破ライブを見逃すな!

キングブラザーズワンマンライブ!!
『西宮バイオレンスブルースが炸裂するパーフェクト皆殺し集会 2008』

2008年12月12日(金)@名古屋アポロシアター
18:30開場/19:30開演
前売り¥3000/当日¥3500
Pコード:305-755/Lコード:41896
問い合せ 052-732-1822クロスロードミュージック

2008年12月16日(火)@代官山ユニット
18:30開場/19:30開演~終電まで
powerd by/teenage kicks
前売り¥3000/当日¥3500
Pコード:306-989/Lコード:72842
問い合せ 03-5436-9600ディスクガレージ

2008年12月19日(金)@福岡 LIVEHOUSE CB
18:30開場/19:30開演
前売り¥3000/当日¥3500
Lコード:87428
問い合せ 092-741-3210TIME MARKET

2008年12月26日(金)@心斎橋 CLUB QUATTRO
18:30開場/19:30開演
前売り¥3000/当日¥3500
Pコード:304-848/Lコード:52020
問い合せ 06-6882-1224GREENS

全公演、絶賛発売中!!

※16日東京・代官山UNIT公演では最強のロッキンクラブチーム
「teenage kicks」がキングブラザーズを協力サポート!!


キングブラザーズ オフィシャルサイト
http://www.kingbrothers.jp/

★★ キングブラザーズ スペシャルプレイリスト ★★
悪魔に魂を売り渡させた10の音楽!!
山崎まさよしがニュー・シングル『Heart of Winter』を12月10日にリリースする。

本人が出演しているハウス食品「ウコンの力」のCMソングとしてもオンエアされている「Heart of Winter」は冬の街の冷えた空気、外が寒いときの室内で味わう暖かい空気の両方の空気感を含んだナンバー。
「Greeting Melody」は、現在、本人がパーソナリティを勤めるラジオ番組「山崎まさよし 音届(おとどけ)~SEND ONE-MUSIC~」から生まれたナンバー。「音楽」という贈りものをテーマに書き下ろした、思いのつまった一曲である。
どちらも「音を届ける=音楽の贈りもの」をコンセプトに作られた、言わば企画的なシングルとなっている。

そして、同時発売で2005年9月にリリースされたシングルコレクション「BLUE PERIOD」にその後リリースされたシングルを追加収録のみならずほぼ同内容のCLIP集をDVD2枚に収録しワンパッケージに収めた、『YAMAZAKI MASAYOSHI the BEST / BLUE PERIOD ?Complete SOUND + VISION PACKAGE ~Limited Edition』
さらに、旧譜アルバムを高音質CD、SHM-CD仕様でリリースする。

山崎まさよしから音届(おとどけ)するハートウォーミングな冬の贈り物。
冬の寒さに震える人々の心をあたたかく包み込むような楽曲を届けてくれる。

New Single
『Heart of Winter』
2008年12月10日発売
【初回限定盤 CD + DVD 2枚組】
UPCH-89038 / ¥ 1,680(tax in.)



【通常盤 CD 1枚組】
UPCH-80098 / ¥ 1,100(tax in.)



CD収録曲
1. Heart of Winter
2. Greeting Melody 
3. Heart of Winter (Instrumental)
4. Greeting Melody (Instrumental)
作詞・作曲・編曲:山崎将義

初回盤特典:ギフトボックス仕様 +'08年8月に行われたAugusta Camp 2008@泉大津フェニックスより7曲のLIVE映像を収録したDVD付。
[DVD収録曲]Opening Instrumental/真夜中のBoon Boon/Fat Mama/Good Morning/深海魚/ペンギン/晴男


同時発売
『YAMAZAKI MASAYOSHI the BEST / BLUE PERIOD -Complete SOUND + VISION PACKAGE ~Limited Edition』
UPCH-29020 / ¥ 4,800(tax in.)
※09年3月9日までの期間限定出荷




SHM-CD盤
『アレルギーの特効薬』(1996)
UPCH-1651 / ¥ 3,200(tax in.)


『ステレオ』(1996)
UPCH-1652 / ¥ 2,200(tax in.)


『HOME』(1997)
UPCH-1653 / ¥ 3,200(tax in.)


『ステレオ2』(1997)
UPCH-1654 / ¥ 2,700(tax in.)


『ドミノ』(1998)
UPCH-1655 / ¥ 3,200(tax in.)


『SHEEP』(1999)
UPCH-1656 / ¥ 3,200(tax in.)


『transition』(2001)
UPCH-1657 / ¥ 3,200(tax in.)


『アトリエ』(2003)
UPCH-1658 / ¥ 3,200(tax in.)


『ADDRESS』(2006)
UPCH-1659 / ¥ 3,200(tax in.)



特集:Road To Augusta Camp 2008

TRIPLANEがあのキャラに...

札幌出身のTRIPLANE(トライプレイン)と北海道の名物キャラクター"まりもっこり"と史上初のアーティストコラボグッズが実現した。
『TRIPLANEもっこり』グッズの第一弾として、TRIPLANEもっこりステッカー(価格:¥500税込)を12月中旬~mu-moショップにて販売をスタートする。

まりもっこりとは、北海道生まれの人気マスコットキャラクター。
道東の阿寒湖で有名な国の特別天然記念物「まりも」をキャラクター化したもので、2005年に株式会社キョーワが発売。擬人化されたまりもの股間がもっこりしている。

過去にコラボした具体例としては、47都道府県のご当地お土産まりもっこりや、STVラジオ(札幌のAMラジオ)「オハヨー!ほっかいどう」「オハヨー!土曜日」のパーソナリティ喜瀬ひろしさんや、日本ハムファイターズがあるが、アーティストとのコラボレーションは史上初。

「TRIPLANEもっこり」第一弾商品となるステッカーは、11/21~ライブ会場で既に販売を開始し大反響を得ている。今後も、キーカバーを12/中旬、ストラップを2月上旬に随時ライヴ会場とmu-moショップで販売開始予定だ。

TRIPLANEは、昨年11月から実施してきた全国アコースティックライブを積極的に行い、見事に車での移動距離を30,000km走破。延べ会場数、全国84箇所112公演、総集客33,000人を集客し、CD即売総数8,200枚(1会場100枚以上)を記録した。
このアコースティックライブでも必ず演奏し続けてきた楽曲である『白い花』を、12月3日満を持してリリース。

この「白い花」は、デビュー以来、音源化を望む声が殺到し、各関係者の間でも"彼らの楽曲の中でも郡を抜く感動ソング"と評価も高い珠玉のビューティフルバラードソング。
今最もブレイク間近のバンドTRIPLANEが送り出す、切な系「泣ける恋唄」に是非注目してほしい。


triplaneshiroihana.html
【LIVE情報】
<ワンマンLIVE>
12/14(日)福岡 DRUM Be-1 (17:00~)

<イベントLIVE>
12/9(火)大阪 梅田Shangri-la

『TRIPLANEワンマンLIVE TOUR2009』
全国15箇所決定!

2月21日(土) 愛媛 松山サロンキティ
2月22日(日) 香川 高松DIME
2月28日(土) 広島 広島ナミキジャンクション
3月1日(日) 岡山 岡山ペパーランド
3月5日(木) 長崎 DRUM Be-7
3月7日(土) 熊本 DRUM Be-9
3月8日(日) 福岡 イムズホール
3月14日(土) 愛知 名古屋E.L.L.
3月15日(日) 大阪 Shangri-La
3月20日(金・祝) 新潟 CLUB JUNK BOX mini
3月21日(土) 石川 金沢AZ
3月29日(日) 東京 赤坂BLITZ
4月11日(土) 宮城 仙台HooK
4月12日(日) 岩手 盛岡club change WAVE
4月18日(土) 北海道 Zepp Sapporo


TRIPLANE オフィシャルサイト
http://www.triplane.jp/


特集:最近のお気に入りの曲たち
ふかわりょうプロデュース前代未聞の
『ユーザー育成型アイドルユニット』
COSMETICS(コスメティックス) DEBUT!!

ROCKETMAN(ふかわりょう)が作詞・作曲を担当し、芸人ふかわりょうが完全プロデュースする謎の三人組アイドルユニット、その名も『COSMETICS』...。はたして、どんなアーティストなのか?
判明しているのは女の子の3人組ユニット。それ以外は全て謎に包まれている。

そんな彼女たちのデビューシングル『LOVE IS ALL』が12月3日より携帯限定で配信される。
この『LOVE IS ALL』のダウンロード数によって今後の活動が決まってくる。

まだ顔もメンバーの名前も出ていないCOSMETICS。
彼女達の未来は、ユーザーの手に握られている。


【業界初!ユーザー育成型アイドルって?】
ユーザーのダウンロード数(動画再生数)が如実にアーティストの未来(ビジュアル、活動、次回作)に反映される新システム。ある一定の基準を越えると、アイドルである彼女たちがバージョンアップしていくという、ユニット名の文字通り、ユーザーがアイドルを『コスメ』していく、新しい形の次世代アイドルである。

【COSMETICS プロフィール】
女の子三人組ユニット。他不明



携帯配信限定シングル
曲:『LOVE IS ALL』
アーティスト名:COSMETICS produced by ROCKETMAN
12月3日からドワンゴにて先行配信

↓↓↓↓↓QRコードでアクセス↓↓↓↓↓


COSMETICSブログ
http://ameblo.jp/cosmetics-blog/


★★ ROCKETMAN スペシャルプレイリスト ★★
極上の「love 」ソング10曲
先日、紅白歌合戦初出場が発表となった人気3人組ユニット、いきものがかり。
そんな彼らから12月1日に行われたライブイベント「WHAT's IN?20」のステージでニューアルバムリリースの告知が行われた。

「僕らの歌が聴いてくれたみなさんの歌になるように、そんな気持ちを込めたアルバムです!」
とリーダーの水野良樹。

ファン待望のニューアルバム「My song Your song」は12月24日発売となる。

このアルバムには「帰りたくなったよ」「ブルーバード」「プラネタリウム」、そして12月3日発売のニューシングル「気まぐれロマンティック」といった大ヒットシングル曲と、多数の着うた先行配信曲が収録され、全14曲入りというベストアルバム的内容。
いきものがかりファンにとっては素敵なクリスマスプレゼントとなりそうだ。

来年3月からは全国33公演のツアーも予定されている。デビュー3年目のいきものがかりからますます目が離せない。


mysongyoursong.html
【ライブ情報】

au by KDDI presents オンタマカーニバル09 
日時:2009年1月24日(土)
会場:横浜アリーナ
出演:いきものがかり、大塚愛、斉藤和義、チャットモンチー、FUNKY MONKEY BABYS、モノブライト.....and more!!


「いきものがかりの みなさん、こんにつあー!! 2009」

3/ 7(土)神奈川県県民ホールを皮切りに全33本。
ファイナルは5/22(金)渋谷C.C.Lemonホール。

詳しくはオフィシャルサイトへ
http://www.ikimonogakari.com/





特集:聴く人の人生に僕らの曲が関わっていく喜び
lamplampgensou.html
染谷大陽、永井祐介、榊原香保里によって2000年に結成されたLamp(ランプ)が、オリジナル・アルバムとしては3年半振りの『ランプ幻想』を12月3日にリリースする。

美しく、どこか懐かしい男女Vo.のメロディーとハーモニー、響き合う音楽。時代に流されない、ジャパニーズ・ポップスの新しい息吹を与える作品の誕生。

永井と榊原の奏でる美しく切ないハーモニーと耳に残る心地好いメロディー。デビューから定評のあるメロディーセンスは、ボサノバなどが持つ柔らかいコード感や、ソウルやシティポップスの持つ洗練されたサウンドをベースに、ふたりの甘い声と独特な緊張感が絡み合い、思わず胸を締めつけられるような雰囲気を作り出している。

本作は、2007年3月に発売された企画限定盤『残光』リリース直後より制作が開始されたという事で、作編曲&レコーディングに約1年半の歳月が費やされている。ゆっくりと丁寧に紡ぎ出された良質なポップス、その熟成された芳香が楽しめるハイクオリティな作品となっている。

キリンジ 堀込高樹「ソフトでマイルドだけど決して雰囲気ものに堕してない、という印象。アルバムからはLampの挑戦的な意思が感じられました。」



【LIVE INFORMATION】
2008年12月3日(水)@原宿ASTRO HALL
2008年12月8日(月)@神戸VARIT
2008年12月10日(水)@京都MUSE HALL
2008年12月14日(日)@TOWER RECORDS 新宿店
(インストアライブ 17:00~)
2008年12月26日(金)@梅田Shangri-La


特集:Believe in Music Vol.66 Lamp
メディアでの露出が極端に少ない中、その生き様や楽曲の魅力により多くのファンを獲得し、様々なアーティストによってリスペクトされカバーされている浜田省吾が9月より楽曲配信を開始した。

配信中の「悲しみは雪のように」「もうひとつの土曜日」「J.BOY」などの着うたフル(R)が、今まで浜田省吾を聴いてこなかったユーザーや、親世代の影響で聴き始めたと思われる「アラフォー世代の子供達」にも支持され、ダウンロードチャートで上位に食い込む現象が起きた。
新譜のリリースやライブなどの無い中、月間の累計ダウンロード数は10万DLを突破、着うたフル(R)配信サイト「音楽をモーラ」ではアーティスト別月間ダウンロードランキングで1位を獲得した。

ネットでのBBSや掲示板などの書き込みによると、「歌詞の魅力に気付いた」という10代の意見が多く見られ、若い世代にも浜田省吾の歌詞が支持されている模様。

この状況を受けて、12月1日から20曲の追加配信とカラオケバージョン5曲の配信がスタートされる。
さらに、クリスマス&ニューイヤーキャンペーンとして、12/1配信曲をご購入頂いた方の中から抽選で、SONY製携帯電話用ステレオヘッドホン(MDR-D333F)がプレゼントされる。
※プレゼントキャンペーンは期間限定です。詳細は各配信サイトをご覧下さい。

今後も毎月増曲を予定している。
この機会に浜田省吾の歌詞を体験してみては。


第4回配信楽曲リスト

●第4回配信楽曲リスト

01. 悲しみは雪のように
02. もうひとつの土曜日 (from the album 「WASTED TEARS」)
03. SENTIMENTAL CHRISTMAS (from the album 「CLUB SURF & SNOWBOUND」)
04. 彼女
05. Thank you
06. モダンガール (21ctr.ver.)
07. 永遠の恋人
08. 我が心のマリア (from the album 「初秋」)
09. 街角の天使 (from the album 「初夏の頃 ~In Early Summer~」)
10. グッド・ナイト・エンジェル (from the album 「初夏の頃 ~In Early Summer~」)
11. あれから二人
12. 傷だらけの欲望
13. こんな気持ちのまま
14. SWEET LITTLE DARLIN' (from the album 「EDGE OF THE KNIFE」)
15. 恋に落ちたら (from the album 「EDGE OF THE KNIFE」)
16. 恋は賭け事
17. 夜は優し
18. 君の微笑 (from the album 「SAND CASTLE」)
19. バックシート・ラブ
20. 僕と彼女と週末に
21. もうひとつの土曜日 (Instrumental)
22. 悲しみは雪のように (Instrumental)
23. J.BOY (Instrumental)
24. MONEY (Instrumental)
25. 星の指輪 (Instrumental)
現在来日公演中の世界最高峰のオーケストラ、ベルリン・フィルとその音楽監督&首席指揮者であるサイモン・ラトルが11月25日に異例の記者会見を行った。

150人以上の記者や音楽関係者が集まり、注目度の高いなか登場したのは、サイモン・ラトルの他、ラトルのプロデューサーであり、所属しているレーベルEMI CLASSICSの副社長スティーヴン・ジョーンズ、そして、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のメディア担当役員として、同楽団の人気フルート奏者エマニュエル・パユが壇上に上がった。
内容は、発売されたばかりの「ベルリオーズ:幻想交響曲」含め、トップアーティストとしては初めてとなる高音質CD「HQCD」の10タイトルのリリース、11月1日にベルリンで録音し11月17日に超高速リリースを実現した「ブラームス:交響曲第1番」の話の他、来年3月にリリースされる「ラヴェル:子供と魔法、マ・メール・ロア」について、ラトルは『子供の頃から良く聴いていていた曲で、ベルリン・フィルや理想的な歌手達と一緒にレコーディングが出来たら・・・、とずっと描いてきた夢がかなった』と喜びを伝え、『透明感があり、官能的で胸が張り裂けそうなほど感動的な曲』とその曲の魅力を語った。

rattle.html
そして、誰もが期待してやまないブラームスの交響曲全曲録音は来年9月頃にリリースされる予定だ。ラトルは10代の頃にカラヤンのブラームス演奏を生で聴いている。ラトルのブラームス演奏には、カラヤンへの尊敬とベルリン・フィルの伝統と革新が反映されているという。来日公演でも演奏されているが、ベルリン・フィルの十八番であるブラームスCDのリリースにも期待が集まった。


◆サイモン・ラトル 日本オフィシャルサイト(PC・携帯)
http://st-co.jp/rattle/

阿部真央@渋谷Duo Exchange

iTunes"無料シングル"で10万ダウンロード、Google急上昇ワード3位を記録し話題の大分県出身18歳女性シンガーソングライター阿部真央のライブが11月24日(月・祝)に渋谷Duo Exchangeにて開催された。
11月24日(月・祝)
阿部真央@渋谷Duo Exchange

できるだけ多くの人に伝えられるべきメッセージ性、そして、言葉の意味すらも超えて超越してしまう、あまりにも大きなダイナミズムをたたえたボーカル。
この相反するファクターをきわめて自然に共存させた、本当にすばらしいライブだった。

11月24日、渋谷DUOのイベントライブで阿部真央――2009年1月21日にアルバム「ふりぃ」でメジャーデビューを果たす18歳のシンガーソングライター――は、彼女の音楽性の中心にある"アコギと歌"によって、その鮮烈な存在感をしっかりと示してくれた。

ステージに登場すると同時に、アコースティックギターを持ち、「ドン、ドン、ドン、ドン」とアコギのボディを叩きながらビートを響かせていく。
そのリズムをキープしたまま、鋭くエッジの効いたストロークを繰り出し、最初の言葉を発する。

「皆寂しいんだよ 貴方も私と同じ/人が嫌いなわけじゃないけど うまく笑えない」。

デビューアルバムにも収録されている「人見知りの唄~共感してもらえたら嬉しいって話です~」。
おそらくは彼女自身の生の体験から紡ぎ出されたこのフレーズは、その場にいたすべての人間の心の奥底にまでまっすぐに届けられる。

"凄み"すら感じさせるボーカリゼーションと18歳という年齢に似つかわしい、人懐っこい笑顔がひとつになったステージングも、とても魅力的だ。
2曲目の「MY BABY」は可愛らしさと濃密なセクシャリティが溶け合うラブソング。
凛とした緊張感を持ったハイトーンとオーディエンスをゆったりと包み込むような低音、キュートな雰囲気と生々しい官能性が溶け合う表現力。
彼女のシンガーとしての奥深いセンスが込められたナンバーだと思う。

しかもこの曲、彼女が初めて作ったオリジナルだという。
天賦の才とは、こういう人のことを言うのかもしれない。

「誰にでも、入ってきてほしくないラインがある、という歌です」

というMCにリードされた「デッドライン」は彼女の表現者としての本質が込められた楽曲だ。
どこまでも激しくかき鳴らされるアコギは、それ自体がすさまじくロック的。
憤り、怒りを含んだメロディといい、研ぎ澄まされた集中力とともに放たれるパフォーマンスといい、すべてが過剰で、圧倒的だった。

さらに切なく、愛おしい情感が広がっていくバラード「貴方の恋人になりたいのです」が続く。

あなたのことをもっと知りたい、近づきたい。
でも、深入りしたら迷惑かもしれない――そんな繊細な気持ちを綴ったナンバーなのだが、イノセントな女の子っぽさを前面に出した彼女の歌を聴いているうちに、"この曲は「デッドライン」ともつながっているのではないか"という思いに至る。

その共通点は、コミュニケーションに対する切望と恐れ。
人と深くかかわっていたい。でも、濃い人間関係に踏み込むのはちょっと怖い。
彼女は自身のプロフィールの「大好きないろいろ」のなかで、「ひとりが好き・・・でも人間が好き。」と書いているが、そこで生まれる葛藤もたぶん、彼女を音楽に向かわせる大きなモチベーションなのだろう。

最後は「母、恵里子のことを歌った」という「母の唄」、そして、デビューアルバムのタイトルチューンである「ふりぃ」へ。

10代らしい刹那をストレートに表現した「ふりぃ」によって彼女は、その場所にいる人間に対して「あなたは"今"をしっかり生きていますか」という問いかけを投げかける(少なくとも僕は、そう感じた)。

切実なメッセージを、強く、生々しい音楽へと昇華してく阿部真央。彼女の歌は来年以降、音楽シーンのなかで大きな波を生み出していくことになるだろう。

(TEXT:森朋之)

セットリスト】
M-1 人見知りの唄
M-2 MY BABY
M-3 デッドライン
M-4 貴方の恋人になりたいのです
M-5 母の唄
M-6 ふりぃ


阿部真央デビューアルバム
『ふりぃ』
発売日:2009年1月21日(水)/ PONY CANYON
品番:PCCA-02815
価格:¥ 2,625(tax in.)


【LINK】
MySpace http://www.myspace.com/abemao
携帯サイト:GREE http://gree.jp/abemao

HALCALI 中国で海外公演

HALCALIが、今回アニメ「NARUTO 疾風伝」のエンディングテーマソングであるニューシングル「Long Kiss Good Bye」をひっさげて訪中、日中平和友好条約締結30周年を記念した両国青少年の相互理解のための企画イベント「 J-POPコンサートIN北京/南京」に出演した。

特に南京は国際交流基金日中交流センター運営の「南京ふれあいの場」オープン記念プレイベントも兼ねており、事前に告知も徹底されていたためか両会場共に満員、28日(金)には北京外国語大学千人講堂で1200人、30日(日)は南京文化芸術センター音楽ホールで400人の、日本文化に興味を持つ学生を中心とした中国人観客がHALCALIの躍動感溢れる50分間のパフォーマンスに熱狂した。

日頃スタンディングでのライブ鑑賞になじみのない現地オーディエンスも、座席のあるホールにも拘わらず頻繁に立ち上がって手拍子などで盛り上がり、日本で12月10日着うた配信予定の「Re:やさしい気持ち」のサビの歌詞「手をつなごう」を、HALCALIの二人が日中両国青少年友好のメッセージとして中国語で歌うと、会場を埋め尽くした観衆は老若男女問わず隣同士手をつなぎ合い、彼女達の呼びかけにレスポンスを返す一幕もあった。

ライブ後二人は、
HALCA「中国語でのMCなど、緊張する要素がたくさんあったのですが、みんなノリのいいリアクションだったので、とても嬉しかったです。」

YUCALI「覚えたての中国語がお客さんに伝わって嬉しかった。「Re:やさしい気持ち」で色んな世代のお客さんが手をつないで一緒に歌ってくれた光景がすごく素敵で感動しました。」
と声を弾ませていた。

*ふれあいの場とは:国際交流基金日中交流センターが、将来を見据えた日中両国民間の信頼醸成を目的とする「日中21世紀交流事業」の主要プロジェクトとして。中国国内の地方都市に中国側機関との共同運営、或いは一部経費支援の形で設置している"日本の窓"的センター。「クールジャパン」を伝える音楽CDや図書が充実しており、中国の青少年が日本の"今"を感じてもらえる場所を提供している。2007年4月に成都、5月に長春、そして12月1日に南京で第3号がオープン。


HALCALI オフィシャルHP
http://www.halcali.com/


特集:GIRL's STYLE Vol.11 - HALCALI


特集:豪華プロデューサー陣を迎えて、HALCALIの新たな出発を告げる新作
4月にデビューしたばかりの新人としては異例の抜擢で、「FUJI ROCK FESTIVAL 08」「SunSetLive 08」など、夏フェスに数多く出演した多和田えみが、メジャーデビュー・イヤーという記念すべき2008年を支えてくれたすべての皆様に、愛と感謝を込めて歌う『The Christmas Song』"を配信限定シングルとして、12月10日にリリースする。

多和田えみが敬愛するジャズ・アーティスト、中島ノブユキをプロデューサーに迎え、中島の美しいピアノと多和田えみのやさしくあたたかな歌声が、ロマンチックなクリスマスの夜を彩る素敵な仕上がりとなっている。
リズムアンサンブルを務めるのは、ROVOや大友良英ニュー・ジャズ・アンサンブルなどの活動で知られるドラマー、芳垣安洋と、Little Creaturesや菊池成孔ダブセクステットなどの活動で知られるベーシスト、鈴木正人。音楽ファン垂涎のメンバーが結集して奏でられた大人のためのクリスマス・ソングだ。

また、来年3月には、自身のバンド「多和田えみ&The Soul Infinity」として初となる全国ツアー(3公演)『多和田えみ&The Soul Infinityワンマンライブ"SWEET SOUL TOUR 2009" 』の開催が決定した。

現在、オフィシャルホームページで特別先行予約を実施中。
オフィシャルHP先行受付は、12月25日までとなっている。

多和田えみ&The Soul Infinityワンマンライブ
『SWEET SOUL TOUR 2009』
2009年3月24日 東京 代官山UNIT open/18:30 start/19:00 
2009年3月26日 大阪 梅田Shangri-La  open/18:30 start/19:00
2009年3月28日 沖縄 SALT&PEPPER  open/19:00 start/19:30

前売りチケット:3900円(税込み)
※整理番号付 要ワンドリンクオーダー
一般発売:2009年2月7日

多和田えみオフィシャルサイト
http://www.techesko.com
11/30(日)、赤坂BLITZにて行われた『POWER OF ART PROJECT 2nd LIVE』に長瀬実夕が出演した。
POWER OF ART PROJECT 2nd LIVEとは10月1日から11月30日までの2ヶ月間、厚生労働省と全国都道府県の共催による麻薬・覚せい剤乱用防止運動であり、最終日の11月30日に合わせて、音楽を通じて「誘惑に負けない強い心を持とう」というメッセージを発信するLIVE EVENT。

このライブに参加したのはMARIA、長瀬実夕、西村朝香(ex. ZONE)、半澤悠(ex. ZAQ)と豪華な面子。その中で最後に登場したのは、配信限定にて「Miraculous Night」をリリースしたばかりの長瀬実夕。登場すると同時に歌い始めたバラード曲「茜」で、会場を一気に長瀬実夕カラーに染めた。

ライブ途中、「音楽を通して、少しでも麻薬や覚せい剤乱用、いじめ、自殺を無くせたらと思います。今回のライブの合言葉『JUST SAY NO!』、断る勇気を持ちましょう!」とファンに訴える場面も。

その後、北海道を意識して作ったという「winter memories」や、ライブでは初披露となる配信限定クリスマスソング「Miraculous Night」を熱唱し、全8曲を歌い上げ長瀬実夕のライブが終了した。

ライブ終了後も会場からは実夕コールが鳴り響く中、いきなりドラムがリズムを取り出し、なんとイベントに参加したZONEの3人が現れ、ZONEのラストシングルとなった「笑顔日和」を披露するとういスペシャルサプライズも。ZONEのメンバー3人でライブを披露するのは武道館の解散ライブ以来、3年半ぶりとのこと。

長瀬実夕にとって、また会場に詰め掛けたファンにとって、忘れることのない最高のライブになったであろう。


【LINK】
長瀬実夕 オフィシャルサイト
http://www.nagasemiyu.com/index.shtml


【リリース情報】
2008.11.19 配信限定リリース
『Miraculous Night』

着うた・着うたフル配信スタート!!
11/19~‥レコ直・ミュゥモ・長瀬実夕VIPstyle
11/26~‥DAM★うた・DAM★うたフル
12/10(予定)~‥i-Tunes


★★ 長瀬実夕 スペシャルプレイリスト ★★
私の人生の曲

EXILE New Single売り切れ続出

11月26日に発売になったEXILEのNEW SINGLE『LAST CHRISTMAS』が全国各地のCDショップで売り切れが続出している。
クリスマスの定番ソングWHAM!の「LAST CHRISTAMS」を日本語でカバーしたこのシングルは、EXILE初となる500円(税込)ワンコイン完全限定生産での発売。購入者特典でメンバーからの直筆クリスマスメッセージが印刷されたブックレットにステッカーも封入されている。これを求めるファン達が一斉にオンラインショップやCD販売店で予約が殺到し発売前から大きな盛り上がりを見せていた。

そして発売日には予約をしていないが限定商品を何としても手に入れようと全国のCD販売店に問い合わせが殺到している。
この結果、オリコンデイリーチャート1位。着うた(R)レコ直やmusic.jp、mu-mo等の各着うた(R)サイト等でも1位を獲得と勢いが止まらない。

12月3日(水)には今年3枚目となるBESTアルバム『EXILE BALLAD BEST』も発売となり先述の「LAST CHRISTMAS」を始め名曲「Lovers Again」「ただ...逢いたくて」着うた(R)ダウンロードで100万ダウンロード突破している「Ti Amo」等の全14曲が収録される。

今年はEXILE PERFECT YEAR2008と銘打ち多方面でも活躍してきたEXILE。
紅白歌合戦出場等、年末に向けてEXILEから目が離せない。


【LINK】
EXILE オフィシャルホームページ
http://exile.jp/index.html


exilelastchristmas.html
exileballadbest.html



特集:今、明かされる...DJ MAKIDAIのすべて
10月29日に2ndアルバム「ALRIGHT」をリリースしたばかりの秦 基博の全国ツアー「HATA MOTOHIRO CONCERT TOUR 2008-ALRIGHT-」が11月30日の新潟りゅーとぴあ劇場を皮切りにスタートした。
 
「ALRIGHT」はオリコンチャート初登場7位と、2作連続でベスト10入りを果たしており、今回のツアーは全国9会場11公演、チケットがSOLD OUTする会場も続出しているという。

初日となった新潟りゅーとぴあ劇場のステージではMCで、「ツアー初日! 新潟に着いてあまりの寒さにびっくりしました。この寒さを吹き飛ばす勢いで盛り上がっていきましょう」と、高らかにツアーの始まりを宣言した。

そしてこの日のステージでは来年1月21日にリリースされる新曲「朝が来る前に」も弾き語りで披露。大切な人と離ればなれになる辛さとそれをも乗り越えようとする前向きな気持ちを表現した、旅立ちの季節に贈る珠玉のバラード。アマチュア時代からLIVEハウスで披露し、デビューに至るきっかけとなった曲だという。 初回限定特典DVDは今年5月4日に神奈川県民ホールで行われた全編弾き語りの自主イベント「HATA MOTOHIRO PRESENTS AN ACOUSTIC LIVE:GREEN MIND Vol.1」を収録。今や伝説のプレミアムアコースティックLIVEを60分超のボリュームで収めている。同時発売で、1stミニアルバム「僕らをつなぐもの」がSHM-CD(高音質CD)仕様、初回盤復刻DVD付き、CD&DVDそれぞれにボーナストラック3曲追加、新ジャケットの豪華仕様で2万枚限定でリリース。

来年3月6日の自身初の武道館公演まで秦 基博の勢いは止まらない。

【ツアー情報】
「HATA MOTOHIRO CONCERT TOUR2008 -ALRIGHT-」
11月30日(日)新潟 りゅーとぴあ【SOLD OUT】
12月4日(木)Zepp Sapporo【SOLD OUT】
12月6日(土)Zepp Sendai【SOLD OUT】
12月11日(木)香川 アルファあなぶきホール 小【SOLD OUT】
12月13日(土)福岡市民会館【SOLD OUT】
12月16日(火)中京大学文化市民会館 オーロラホール【チケット残りわずか】
12月17日(水)広島 アステールプラザ 大ホール【チケット残りわずか】
12月20日(土)グランキューブ大阪【SOLD OUT】
12月21日(日)グランキューブ大阪【SOLD OUT】
12月26日(金)中野サンプラザホール【SOLD OUT】
12月27日(土)中野サンプラザホール【SOLD OUT】

■日本武道館公演
日程:2009年3月6日(金) 
時間:18時開場 / 19時開演 
チケット一般発売日:2009年1月17日(土) 前売り:5,250円(税込み) 当日券:5,775円
お問い合わせ:ソーゴー東京 03-3405-9999

オフィス オーガスタ
http://www.office-augusta.com/hata 
BMG JAPAN
http://www.bmgjapan.com


特集:Road To Augusta Camp 2008


特集:より自分のオリジナリティを追及したセカンド・アルバム『ALRIGHT』

INFINITY 16 豪華コラボ!

昨年、湘南乃風、MINMI、MOOMINをwelcomezしたメジャー1stシングル「Dream Lover」がオリコンウィークリーランキング初登場10位を獲得し、レゲエアーティストとしては史上初となる快挙を成し遂げ華々しくデビューしたINFINITY 16が、11月26日にニューシングル「Dream Believer~星に願いを~」をリリースした。
 
MINMI, 若旦那(湘南乃風)、HAN-KUN(湘南乃風)、GOKIをいう豪華アーティストを迎えた注目のこの楽曲は、夢を追うことの辛さ、悲しさ、そして自分の信じた道を突き進む強さを歌った曲。
夢を追う人、夢追い人を思う人、そんなふたりへの応援歌でありアンサーソングとなっている。
 
infinity16dreambeliever.html
なお、INFINITY 16のメジャーリリース作品のモバイル総ダウンロード数は200万ダウンロードを突破。
今作でもレコード会社直営♪着うたチャート2位(11/6付)、着うたフルチャート3位(11/20付)を獲得している。
 
INFINITY 16 オフィシャルサイト
http://www.infinity16sound.com/
http://www.universal-music.co.jp/infinity16/

Mr.Children 1年半ぶりのNew Album

Mr.Childrenが前作「HOME」から約1年半ぶりに通算15枚目のオリジナル・アルバム『SUPERMARKET FANTASY』を12月10日にリリースする。

昨年のアリーナ&スタジアム「HOME Tour」終了した12月6日からアルバム制作を目的としレコーディングを開始したMr.Children。
近年インタビュー等で桜井の「音楽で多大な恩恵を受けている以上、音楽に対してより誠実に向き合いたい」と、バンド全体の意思を代弁してきた。
そして、がむしゃらに一心不乱で音楽と向きあい続け、「音楽になれる瞬間」を探し続けてきたMr.Childrenとプロデューサー小林武史がこれまで発表してきた作品の中で、最も「Mr.Children らしさが詰まった作品」=『SUPERMARKET FANTASY』を完成させた。

収録曲は、昨年、劇場公開さた東宝系映画「恋空」主題歌「旅立ちの唄」、今年4月から発売未定楽曲ながらNHK ドラマ8「バッテリー」の主題歌としてオンエアされた「少年」、3ヶ月連続リリースの第一弾としてNHK北京オリンピック放送テーマソングに抜擢された「GIFT」、そして、フジテレビ系ドラマ「コード・ブルー ~ドクターヘリ緊急救命~」主題歌「HANABI」に加え、11/22公開映画「私は貝になりたい」の主題歌で、ミスチル初の配信限定シングルとして現在話題の楽曲「花の匂い」、シングル「GIFT」に収録されていた「風と星とメビウスの輪」のアルバムVERSIONの他、全14曲を収録。

また、初回限定盤には約30分のDVD「MUSIC CLIPS 2007-2008 ~SUPERMARKET FANTASY~」を同梱。
先行シングル「旅立ちの唄」「GIFT」「HANABI」、配信限定シングル「花の匂い」、アルバムから新曲「エソラ」の5曲のMUSIC CLIPを収録。

そのMUSIC CLIP「エソラ」の試聴が現在公開中。

mrchildrensupermarketfantasy.html
「エソラ」ミュージックビデオ試聴はコチラ
<<WMP-1M>>



そして、待望の全国ツアー『Mr.Children Tour 2009 ~終末のコンフィデンスソングス~』(全国17カ所34公演)の開催も決定。

このアルバムと全国ツアーでMr.Childrenの「どれほどまで誠実に音楽と向き合い、そして自身のクリエイティブを高め続けてきたのか!?」を感じてほしい。


【LINK】
Mr.Childrenオフィシャルサイト
http://www.mrchildren.jp

中国政府がGN'R新作を非難

 MySpace史上、最多の試聴数を記録したガンズ・アンド・ローゼズだが、11月24日に中国共産党の機関紙が、ニュー・アルバム『チャイニーズ・デモクラシー』(『中国の民主主義』という意味)に対し、「中国への悪質な攻撃だ」と非難した。同紙は記事の中で、「アメリカのバンドが、悪意を持って中国を攻撃するアルバムを発売した。西側の人間が民主主義を利用し、世界を支配しようとする陰謀の一部」と非難してる。また、中国外交部のスポークスマンは海外メディアに対し、「ほとんどの中国人はこういう音楽を好まない。彼らは中国では無名の存在であり、我々が意見を述べる必要がない」とコメントした。『チャイニーズ・デモクラシー』が中国文化部から承認される見込みはなく、今後も中国でアルバムが正規品としてリリースされることはなさそうだ。元来、中国政府は「デモクラシー(民主主義)」という言葉をインターネット上で厳しく監視しているため、中国のロック・ファンは、ガンズ・アンド・ローゼズのオフィシャル・サイトへのアクセスも禁止されるであろう。
<記事元:Reuters、AP、MTV、BBC、NME>
chinesedemocracy.html