2009年8月アーカイブ

今年、11年目を迎えたオーガスタキャンプが、8/29(土)、『AUGUSTA 2009 EXTRA 鳥取東郷湖サマーフェスティバル』と題して鳥取県・湯梨浜町 ハワイ夢広場にて開幕した。
地元の人々はもちろん、全国各地から訪れた山崎や秦のファン総勢6000人が集まった。

 

17時、トップバッターで登場したのは、鳥取県境港市の出身でコーネリアスのドラマーとして世界で活躍しているあらきゆうこのソロユニット、mi-gu
初めて鳥取で開催されるオーガスタキャンプのオープニングを任され、故郷に錦を飾った。
今年5月に坂本龍一氏のレーベルcommonsよりリリースした3rd Album「pulling from above」からの楽曲を含め、力強いドラミングと幻想的な曲を映像効果も交えて5曲演奏し会場を圧倒した。

 

 続いて登場したのはデビューを10月7日に控えながらもすでにKREVAやマボロシとのコラボで各方面からかなりの注目を浴びているさかいゆう
歌詞を「ハワイ夢広場」と替えて歌いこんだしっとりとしたバラード「MUSIC」のピアノ弾き語りからライブをスタート。
3曲目には10月7日に発売されるデビュー曲「ストーリー」を披露し、会場に手拍子と大きな拍手を沸かせた。 最後は土岐麻子に曲提供しユニクロCMソングにも起用された「How Beautiful」のセルフカバー。“涙をいざなうシルキーヴォイス”というキャッチフレーズにふさわしいその声とピアノを堂々と鳥取の空に響かせた。

 

 

 

昨年、福耳のシングルでリリースされた「夏はこれからだ!」から秦基博のステージがスタート。
今年の夏は、毎週末全国各地の夏フェスに登場した秦 基博。前日も山中湖で行われた「SWEET LOVE SHOWER 2009」に出演し、即移動しての連日のパフォーマンスだが、やはりこの夏歌い続けてきた彼だからこその堂々としたステージは見ごたえがある。
ドラム、ベース、キーボードと秦のアコースティックギターというシンプルな4人編成だからこその芯がありながら抜けのある夏らしいアレンジで、「鱗(うろこ)」、「シンクロ」、「キミ、メグル、ボク」といったシングル曲を次々と披露し、観客を魅了していく。
この夏、リリースしたABC2009夏の甲子園統一テーマ曲「Halation」では、レコーディングで参加したmi-guのギタリスト、名越由貴夫氏をステージに呼び込んで演奏。オーガスタキャンプならではのステージとなった。 「この湯梨浜町という素敵な場所に、音楽を通して皆と出会えたことを感謝します。こうやって音楽でどんどんつながって行けたらいいな、と思って作った曲を最後に聴いてください。」というMCの後、「サークルズ」というバラードを歌い上げて自身のステージを締めた。

 

すっかりと夕暮れた空のもと、山崎まさよしが登場。
1曲目「ペンギン」から激しいエレキギターで一気に加速。2曲目「バビロンの住人」の間奏では老人に変装する遊び心を見せつつも、3曲目では先のツアー中に知り合った盲目のギタリスト、田川ヒロアキ氏を呼び込むと、ツインギターで最新アルバム「IN MY HOUSE」から「追憶」「ロンサムライダー」の2曲を演奏。「ロンサムライダー」はライブでは初披露となった。
こういったスペシャルなステージをオーガスタキャンプに持ってくるあたり、11年目にして初めての土地で行われたオーガスタキャンプへの彼なりの気合が感じられた。
ここでギターをアコースティックギターに持ち変えると、「心拍数」「十六夜」「水のない水槽」と立て続けにミディアムスローのどっしりとしたバラード曲で会場の雰囲気を一変させる。来年でデビュー15周年を迎える彼の力量に改めて魅せられた。
そして次に、先ほどステージを終えたばかりの秦 基博を呼び込み、二人で5月にこの世を去った忌野清志郎を偲びRCサクセションの「スローバラード」を披露。その個性的な声に定評のあるボーカリスト二人の競演により歌い上げられた名曲に会場全体6000人の観客は息を飲んだ。
秦をステージから送り出した後は、デビュー曲「月明かりに照らされて」と大ヒット曲「One more time, One more chance」を迫力の演奏で歌い観客の期待に十分すぎるくらい応えた山崎まさよしのステージだった。

 

山崎まさよしのステージ終了後、たったひとりで登場した元ちとせ
三線の弾き語りで出身地である奄美の島唄「黒だんど節(くるだんどぶし)」を歌い、凛とした彼女のたたずまいとその独特の歌声に、会場の空気がまた変わる。

元ちとせが島唄を歌い終えると、笑顔で出演者を順に呼び込んでオーガスタキャンプならではのセッションがスタート。まずは2002年に大ヒットした元ちとせのデビュー曲「ワダツミの木」を、<ボーカル・元ちとせ、アコースティックギター・秦 基博、エレキギター・山崎まさよし、パーカッション・あらきゆうこ、キーボード・さかいゆう>という編成で披露。
その後ドラマーとベーシストを加えた7人で、山崎まさよしの最新シングル「春も嵐も」とライブでは定番のナンバー「晴男」を全員で演奏。「春も嵐も」の途中では再び忌野清志郎をトリビュートしてRCサクセションの「雨上がりの夜空に」を歌い会場の興奮は最高潮に。最後は山崎まさよしの「晴男」で、恒例の山崎まさよしによる「おきゃくさ~ん!!」の呼びかけがあり客席が一体となった6000人の大合唱でオーガスタキャンプ鳥取ハワイ公演は幕を閉じた。

大きく形式を変えて行われた11年目のオーガスタキャンプだが、最初の鳥取公演でこれだけスペシャルな演出が続出するとなると、続く三重、品川、埼玉にますます期待が膨らむところだ。

 

 

 

『Augusta Camp 2009~Extra~』

9月12日(土)三重県・ナガシマスパーランド芝生広場 特設会場 
出演:スガ シカオ、元ちとせ、スキマスイッチ、MICRON' STUFF、秦 基博(Acoustic Set)、さかいゆう(Newcomer Act)
チケット発売中:6,500円(税込)
オールスタンディング・ブロック指定※ナガシマスパーランド入園料込
開場:13:00 開演:15:00
お問い合わせ JAILHOUSE 052-936-6041

10月4日(日)東京都・品川ステラボール 
出演:杏子、COIL、長澤知之、MICRON’STUFF、さかいゆう(Newcomer Act)
チケット発売中:4,725円(税込)整理番号付
開場:16:00 開演:17:00
お問い合わせ:SOGO 03-3405-9999

10月24日(土)埼玉県・さいたまスーパーアリーナ 
出演:杏子、元ちとせ、スキマスイッチ、秦 基博、MICRON’STUFF、さかいゆう(Newcomer Act)
チケット発売中:6,300円税込
開場:15:00 開演:16:00
お問い合わせ:SOGO 03-3405-9999

Super session Bandに豪華ゲスト

ロンドンを拠点にワールドワイドに活躍する日本人ギタリスト、KENJI SUZUKI aka KENJI JAMMERと、ロンドンでの盟友同士だったドラマーGOTA YASHIKIとが、2009 September、日本でユニット、KENJI SUZUKI & GOTA YASHIKI SUPER SESSION BANDを結成。

スペシャル・ゲストを交えJAM BANDスタイルでの待望のトウキョウ・ライブを、2009年9月24日(木)、「BACKSTAGE JAM LIVE」と題し、代官山UNITにて開催される。スペシャル・ゲストに、藤井尚之、Leyona、Spinna B-ILL、元晴&丈青(from SOIL&"PIMP"SESSIONS)が参加。サプライズが用意され、JAM BANDスタイルで繰り広げられる、待望のトウキョウ・ライブ。「BACKSTAGE JAM LIVE」を、ぜひ体感ください。

■BACKSTAGE JAM LIVE
9. 24 (木) 代官山UNIT

OPEN 19:00  START 19:30 前売3,300yen(ドリンク代別) 当日3,800yen(ドリンク代別) 
*オールスタンディング
LIVE: KENJI SUZUKI & GOTA YASHIKI SUPER SESSION BAND (鈴木賢司、屋敷豪太、根岸孝旨)
SPECIAL GUESTS: 藤井尚之、Leyona、Spinna B-ILL、元晴&丈青 from SOIL&"PIMP"SESSIONS
OPENING ACT: KEN KOBAYASHI from LONDON

■問い合わせ: DISK GARAGE
http://www.diskgarage.com/play/00058535.html

ジェロ自身の今年の目標であった、初コンサートツアー“ファーストコンサートツアー~一期一会“がスタートした。
8月23日の千葉県多古町コミュニティプラザ文化ホールを皮切りに12月2日の中京大学文化市民会館オーロラホールまで、4ケ月の間で35会場、36公演。全会場で56000人を動員予定。8月26日のこの日は、中野サンプラザ(18:00開場/18:30開演)での2DAYSの1日目、黄色い声援が飛ぶ2000人のお客さまで満杯の客席に、感無量のジェロは、何度も何度も“ありがとう”の言葉を口にしていた。
ヒット曲「海雪」、本年リリースのシングル「えいさ」「やんちゃ道」、8月19日にリリースしたばかりの最新シングル「爪跡」をはじめ、2部構成、アンコールも含め21曲、約2時間のステージを演じきった。

内容もファーストコンサートツアーを盛り上げるために趣向が凝らしてあり、見所が満載。ヒット曲の「海雪」では雪が降る粋な演出が行われ会場を沸かせると、演歌のコンサートではもちろん初のダンサー4人を従えて、HIP HOPダンスを披露。もちろん振り付けはジェロ。圧巻のステージは、見ごたえ十分なものだった。また、その日の気分で各会場違う曲をピックアップし歌唱する「今日の1曲」コーナーがあり、各会場ごとに楽しめる内容となっている。この日は、ジェロが仲良くしていただいている坂本冬美さん、藤あや子さんが見に来ていたので、それぞれの持ち歌、坂本冬美さん「夜桜お七」藤あや子さん「雪深深」を歌唱した。その他にも、9月23日に発売する大ヒットシリーズの「カバーズ2」からも4曲のカバーを披露、大いに客席を盛り上げた。
 
今回のコンサートタイトル「一期一会」はジェロの大切にしている言葉。終演後には、コンサートでも一期一会を大切に、ということでつけたタイトルそのままに、お客様ともっと近くなれますように…と、全会場にて即売握手会を実施する予定だ。
 
■ジェロ、コンサートに先立って行なわれた、囲み会見でのコメント

Q:将来的の目標は?
ジェロ:死ぬまで歌手として歌って行きたいです。
俳優にも挑戦してみたいけど、それはまだ先ですね。悪い役をやってみたいです(笑)。
 
 Q:今年の目標は?
 ジェロ:8月19日にリリースした新曲「爪跡」を年末まで頑張りたい。そして、2年連続の紅白出場を目指します!
 
 Q:ファンに向けて一言?
 ジェロ:今回のツアーは、今年に入ってずっと望んでいました。35ヶ所36公演という長いツアーが出来て感謝しています。若い人たちに気軽に来てもらって、演歌を楽しんでもらいたいです。

【オフィシャルリンク】
■ビクターエンタテインメント ジェロ
http://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A021548.html
■ジェロ オフィシャルブログ
http://blog.goo.ne.jp/jeroenka

【リリース情報】

TUBE春畑道哉作曲
『爪跡』
ビクター
08.19 ON SALE!
VICL36522
¥1,200(tax in.)




9月9日に、全オリジナル・アルバムがリマスターされ、世界同時発売されるザ・ビートルズ。本国イギリスでは、9月5日から「ビートルズ・ウィーク」と化し、さまざまなイベントが行われる予定になっているが、その中でも英BBCが放送する「THE BEATLES IN THE STUDIO」という特集番組が目玉の一つだ。
この番組は、ビートルズの権利を保有するアップルとBBCが共同制作したもので、1962年のビートルズのデビューから、最後のレコーディングとなった69年の「アビイ・ロード」までのアルバムを縦軸として音楽的側面から描いており、貴重な映像や写真などで構成されている。
今回NHKでは、本国イギリスで放送されるこの特集番組を、本国でのオンエア直後にいち早く放送。独自にビートルズについての基礎情報なども新たに加えながら、日本向けにさらにわかりやすい構成でお届けする。番組の中で証言するのは、ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの4人と、プロデューサーのジョージ・マーティン。5人のインタビューとビートルズの音楽だけで構成されたシンプルで力強い番組だ。メンバー同士の会話が収められたアビイ・ロード・スタジオでの未公開の映像や、貴重なレコーディング風景なども含まれており、 ファンにはたまらない内容。
 
放送は9月6日(日)と12日(土)<12日は本編が58分サイズの完全版>の2日間。
■NHK総合テレビ 「よみがえるビートルズ ~THE BEATLES Rebirth~(仮)」
放送日時:9月6日(日) 午後5:00~5:58
9月12日(土) 午前0:55~2:03(11日(金)深夜)
*12日の放送は、本編が58分サイズの完全版となります

【リリース情報】
ビートルズの全オリジナル・アルバムが初のデジタル・リマスター化
『ザ・ビートルズ・ボックス』
EMI
09.09 ON SALE!



【ザ・ビートルズ・ボックス ステレオ盤】
TOCP71021
¥35800(tax in.)


【ザ・ビートルズ・ボックス モノラル初回限定盤】
TOCP71041
¥39800(tax in.)

 

5thシングル「Everybody」を10月14日にリリースするJAY’ED(ジェイド)。
表題曲の「Everybody」が、昨年大ブレイクを果した“キマグレン”、“MiChi”、“清竜人”に続く、新人ブレイクの登竜門となっている、「au Smart Sports」のCMソング第4弾として起用されることが決定した。

起用について
「数あるCMの中でもau Smart Sportsはオシャレなイメージがありましたし、まさか自分の曲が選ばれるなんて思ってませんでしたから、ほんまに光栄です。洗練された映像に自分の曲が乗っているのを見たら、手前味噌ですけど、曲の良さも何割かアップして聞こえる感じがします!イメージも曲にぴったりだと思うので、TVを通して、より多くの人にこの曲を聞いてもらえることが嬉しいです。個人的にもauの携帯を使用していることもよかったのかもしれませんね。(笑)」
と語るJAY’ED。

楽曲は80’sリバイバルなディスコ・ポップのエッセンスにR&Bテイストを加えた、まさに現行のR&Bシーンに一石投じる、JAY’EDとしては久しぶりのアップテンポな仕上がり。
また、歌の主人公が“音楽”に出会うことで自我に目醒め、社会と繋がろうとする、という歌詞の世界観には、“音楽で生きていく”という本人の決意表明が強く示される、まさにJAY’EDの旗印のような楽曲になっている。

 

 

【リリース情報】

5th Single
『Everybody』

2009.10.14 ON SALE
TOY'S FACTORY
TFCC-89287 / ¥1,000 (tax in)

収録曲
1.Everybody (au Smart Sports CMソング)
2.Do I Do (スティーヴィー・ワンダー カバー)

先週の22日からオンエアされている、コーセー「エスプリーク プレシャス」の新CMに倉木麻衣が出演し、現在話題となっている。 コーセー「エスプリーク プレシャス」と言えば、 これまでジェマ・ワードやカレン・エルソンといった、スーパーモデルがイメージキャラクターを務めており、日本人の起用は今回が初。

これまであまりメディアに露出していなかっただけに、大人の女性に成長した彼女の姿に驚く人は多いだろう。
『わたしの、しらない、わたし。』のコンセプト通り、今までとは違った、倉木麻衣の新たな魅力を感じることができる。

また、先週発売されたばかりの、ハイクォリティ ビューティ マガジンMAQUIA 10月号の表紙も担当。
巻頭インタビューに合わせ、背表紙から6ページにわたり、イメージキャラクターに起用された「エスプリーク プレシャス」の新製品を紹介するなど、合わせて10ページのMAQUIA史上初!の誌面ジャックとなっている。

9月9日には、10th Anniversaryベストアルバム「ALL MY BEST」のリリースを控えており、同CMソング「わたしの、しらない、わたし。」も収録される。
その後も、初のアジアツアーや、10月31日には、日本武道館でハロウィンパーティーライブ【HAPPY HAPPY HALLOWEEN LIVE】を開催することが決まっており、ますます彼女の今後の活動に目が離せない。

 

【リリース情報】

10th Anniversary BEST ALBUM
『ALL MY BEST』
2009.9.9 ON SALE
Northern Music



※全7形態でのリリースになります。
詳しくはオフィシャルサイトへ
http://mai-kuraki.com

シド New Singleリリース決定

シングル「嘘」(4月発売)が初登場2位、カラオケでも10人に1人は歌ったことのある曲としてロングヒットを記録し、7月にリリースしたメジャーファーストアルバム「hikari」も初登場2位を獲得、セールスも15万を記録したシド
これまでの総配信累計も100万DLを超え、快進撃を続ける彼らのニューシングル「one way」が11月11日にリリースされることが決定した。

今作のタイトル曲となる「one way」は、ベース・明希による作曲。
シドらしいメロディの強さはそのままに、「嘘」とはまた違った、ライブ映え間違いナシの疾走感溢れるアップナンバーに仕上がっている。
ボーカル・マオの歌詞の世界感もこれまでの恋愛を絡めた歌詞とは違い、夢に向かって前へ進む男らしく力強いグッと胸に響く歌詞となっており、新たなステージへ進もうとする「決意ソング」として今のシド自身にも当てはまるようなポジティブ・ナンバーとなった。

初回盤はDVD付で、現在行われている全国ツアー「SID TOUR 2009 hikari」の様子をいち早く収録。
このツアーのファイナルには、2万5千人を動員する国立代々木競技場第一体育館2Daysが10月11・12日に控えている。

 

【リリース情報】
New Single
「one way」

2009.11.11 ON SALE!
Ki/oon Records

【初回生産限定盤A(CD+DVD)】
KSCL1480-1481
¥1,700(tax in.)


【初回生産限定盤B(CD+DVD)】
KSCL1482-1483
¥1,700(tax in.)


【通常盤(CD)】
KSCL1484
¥1,250(tax in.)


収録曲
1.one way
2.怪盗ネオン
3.土曜日の女 (Live from SID TOUR 2009 hikari)

DVD収録内容
初回生産限定盤A:SID TOUR 2009 hikari Introduction Ver.A
初回生産限定盤B:SID TOUR 2009 hikari Introduction Ver.B
※初回AとBで収録内容は異なります。

オフィシャルサイト
http://www.sid-web.info/

「アンダーグラフ 10th anniversary tour ~素晴らしきジャパニーズロックファイターズ~」大阪公演が、8/26(水)BIG CATで行われた。

このツアーは、全公演にアンダーグラフと親交の深いアーティストを招いた対バンツアー。
ランクヘッド・音速ライン・シュノーケル・GOING UNDER GROUNDといった"ジャパニーズロックファイター"達がアンダーグラフと共演した。その最終日となった大阪公演は、新型インフルエンザの影響を考慮して延期され、振替公演としておこなわれたもの。同じ関西出身のスムルースと北川けんいち(ex.ロードオブメジャー)が出演が駆けつけ、熱いパフォーマンスを贈った。


そしてついにステージにアンダーグラフが登場! 「待っててくれてありがとう」とヴォーカル真戸原直人が笑顔で叫ぶと、「10周年おめでとう」と会場に詰め掛けたオーディエンスからも熱いエールが。地元大阪への郷愁をテーマに書き上げた「また帰るから」他全11曲を披露した。出演者・オーディエンスの垣根なく、正に会場一体となって彼らの「10周年」を祝った。

ライブの終盤、真戸原の口から次回の全国ツアーの詳細が発表となった。結成10周年を記念した“10th anniversary”を冠する今回のツアーは「10」のエリアで開催が決定。『アンダーグラフ10th Anniversary tour~この場所で奏でる僕達は いつも何が伝えられるかを考えている~』というとても長いツアータイトル。これは最新アルバム「この場所に生まれた僕達は いつも何が出来るかを考えている」に引っ掛けたもの。アルバムタイトル同様、彼らのライブに懸ける想いがストレートに現されたツアータイトルだ。「10年」の間に深みを増した彼らのライブに期待したい。

アンダーグラフ 10th Anniversary tour
~この場所で奏でる僕達は いつも何が伝えられるかを考えている~


2009年11月20日(金) @福岡DRUM Be-1
2009年11月27日(金) @札幌KRAPS HALL
2009年12月6日(日) @静岡Sunash
2009年12月12日(土) @新潟CLUB RIVERS
2009年12月20日(日) @仙台CLUB JUNK BOX
2009年12月23日(祝) @名古屋Electric Lady Land
2009年12月26日(土) @高松DIME
2009年12月27日(日) @広島NAMIKI JUNCTION
2010年1月22日(金) @東京AKASAKA BLITZ
2010年1月31日(日) @大阪BIG CAT

チケット 前売¥3,900 当日¥4,400(いずれも税込)/1drink order


アンダーグラフ オフィシャルサイト
http://www.under-graph.com/

アンダーグラフ オフィシャルマイスペース
http://www.myspace.com/undergraph20040922

フォーライフミュージック オフィシャルサイト
http://www.forlife.co.jp/

 

ショーン・レノンが明日8月28日(金)14時から、東京・銀座のApple Store Ginzaにて自身のレーベルCHIMERA MUSICのプレゼンテーション・イベントを行う。
同レーベルは昨年設立され、今ピーレーション・アルバムがリリース。そして、来月9月16日には、YOKO ONO PLASTIC ONO BANDのアルバム『BETWEEN MY HEAD AND THE SKY』がリリースされる。
イベントには、ショーン・レノンとともに、長年のコラボレーターであり、ショーンとともに昨年9月にキメラ・ミュージックを設立したチボマットの本田ゆか、そしてショーンのパートナー、シャーロット・ミュールの中心メンバー3人が出演。レーベルおよび今後の活動予定についてプレゼンテーションを行う。また11月のYOKO ONO PLASTIC ONO BAND来日公演に先駆けて、6月にロンドンで行われたYOKO ONO PLASTIC ONO BANDのライヴの映像も上映予定。さらにショーンとシャーロットによるミニ・ライヴも予定しているとのこと。
観覧自由のイベントなので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

■CHIMERA MUSIC PRESS CONFERENCE
日時:2009年8月28日(金)14:00~15:00
会場:東京・Apple Store Ginza
観覧自由
問い合わせ:Apple Store Ginza
http://www.apple.com/jp/retail/ginza/

 

 

2008年1月よりヴォーカル怜の適応障害により活動を休止していたkannivalism(カニヴァリズム)が、1年7ヶ月ぶりに活動を再開することが8月25日発表された。また同時に新メンバーとして、ドラムに謎の新人光也を迎え入れることが明らかになった。

kannivalismは2005年にヴォーカルの怜と、ギターの圭、ベースの裕地のドラムレス3人組バンドとして結成。
メジャーデビューシングル「リトリ」がいきなりオリコン・シングルチャート7位を記録し、新世代のロックバンドの旗手として順調にキャリアを重ねてきたが、2008年1月ヴォーカル怜が適応障害という精神病の診断を受けバンドの活動は停止していた。

ソロとして活動を続けていたギターの圭は、
「怜が難しい病気にかかり、メンバーもどうしてよいか分からなくなったこともあった」
と当時を振り返り、
「新メンバーも加わり、再び同じ夢を追えることが嬉しい」
とベースの裕地とともに、バンドの再始動に喜びを隠せない様子。

難しい病と向き合い乗り越えた怜も、
「病気のことについても今では前向きに考えています。今後は新たなメンバーを含め頑張っていこうと思います」
と、凛とした表情で活動再開の喜びを語った。
11月11日には闘病の経験を語った書籍を発売するとのことで、同じように精神の病で苦しむ人を少しでも応援するという思いがうかがえた。

新たにドラムとして加入した光也は、緊張した面持ちで
「よりバンドらしい音になると思うので、よろしくおねがいいたします。」
と抱負を語ると、「暗い」といじられ、早くもバンド内でのポジションをうかがわせる一幕も。
新体制での活動は、9月9日には配信限定で「life is」をリリースし、11月18日にはニューシングルを発売、12月26日にはZepp Tokyo復帰ライブが決定している。

オフィシャルサイト
http://www.kannivalism.com/

YU-A ELT"Time goes by"をカヴァー

10月7日に1stアルバム『You Are My Love』をリリースすることが決定したYU-Aが、アルバムリリースに先駆け3ヶ月連続配信限定シングルをリリース中だ。

既に第1弾として、着うた(R)着うたフル(R)の配信がスタートしているTHE STYLISTICSの名曲「You Are Everything」を大胆にサンプリングした『大好きだから』は、レコチョクで7/29より7日間連続着うた(R)デイリーランキングTOP5入り、着うたフル(R)でもデイリー最高3位(8/19付)を記録。さらには、携帯歌詞表示サイト「デジ歌詞JOYSOUND」でもデイリーランキング1位(8/25付)となった。まもなく10万ダウンロードを突破しようとしている。

そして、未だ勢いを増し続けている中、本日8月26日より配信限定シングル第2弾『Time goes by』の着うた(R)がレコチョクにて配信スタート。
この楽曲は、言わずと知れた1998年に発表され、115万枚という大ヒット記録したEvery Little Thingの名曲『Time goes by』をカヴァー。約10年の時を経て新たな輝きを放つ名曲に仕上がった『Time goes by』は、YU-Aだからこそ表現できる精細な歌声に注目が集まっている。

配信限定シングル第3弾リリースは、9月中旬頃を予定している。

レコチョク
http://recochoku.jp/index.html

YU-Aオフィシャル HP
http://www.yu-a.fm/

YU-Aオフィシャルブログ
http://ameblo.jp/yu-a-yu-a/

 

9月2日に3rd FULL ALBUM 「(WHAT IS THE)LOVE&POP?」をリリースするBase Ball Bear
CDに封入されている応募ハガキで、アルバムに収録されている各楽曲のイメージでデザインされた12種類+シークレット1種類のオリジナルTシャツ全13種類のなかから、抽選でご希望のオリジナルTシャツがプレゼントされるという購入者特典が封入されているが、本日よりオリジナルTシャツのデザインがオフィシャルホームページ、EMIミュージック ジャパンのBase Ball Bear特設ページにて公開された。

Tシャツのデザインは26日から31日の6日間で収録曲の順に毎日2種類(2曲)ずつ公開、一緒に楽曲試聴も始まるので、Tシャツのデザインだけでなくニューアルバムも発売に先駆けてチェックする事ができる。

今年に入り、第1弾シングルの「LOVE MATHEMATICS」、映画「鴨川ホルモー」主題歌の「神々LOOKS YOU」、北乃きい主演「SEA BREEZE」TVCMソングの「BREEEEZE GIRL」と、発売された全てのシングルがオリコン・シングル・ランキングベスト10内にチャート・インするなど、今、ノリにノッている彼らが放つニューアルバムという事で非常に楽しみではあるが、初回生産限定特典には、「全曲Tシャツ」プレゼント応募ハガキの他に、 10月からのZEPP TOURと、来年1月に行われる武道館公演の特別先行予約情報も封入されているので決して見逃せない。

 

 

【リリース情報】

3rd FULL ALBUM
『(WHAT IS THE) LOVE & POP?』
2009.9.2 ON SALE!
EMI MUSIC JAPAN

TOCT-26880
¥2,500(tax in.)


収録曲
1. Stairway Generation
2. SOSOS
3. changes
4. 神々LOOKS YOU
5. LOVE LETTER FROM HEART BEAT
6. ホワイトワイライト
7. BREEEEZE GIRL
8. LOVE MATHEMATICS
9. SIMAITAI
10. 海になりたいpart.2
11. レモンスカッシュ感覚
12. ラブ&ポップ

【ライブ情報】

『Zeppyramid tour』
10月31日(土)ZEPP SAPPORO
11月3日(火)ZEPP SENDAI
11月6日(金)ZEPP NAGOYA
11月14日(土)ZEPP FUKUOKA
11月15日(日)ZEPP OSAKA

日本武道館公演ツアータイトル決定!!!
『LIVE;(THIS IS THE) Base Ball Bear.』
2010年1月3日(日)日本武道館
OPEN 16:00/START 17:00
TICKET:全席指定 4,725円(税込) 2009年11月28日(土)発売

オフィシャルサイト
http://www.baseballbear.com

ABC New Album&X'mas LIVE決定

ジャンヌダルクのボーカルyasuのソロ・プロジェクトAcid Black Cherryが、8月26日に約1年半ぶりとなる2ndアルバム『Q.E.D.』をリリースした。
今回のアルバムは、ブックレットに掲載されたサスペンス・ストーリーとアルバムの収録楽曲がリンクするコンセプト・アルバムとなっている。このサスペンス・ストーリーは8月上旬よりAcid Black Cherryのオフィシャルサイトでも公開されており(http://www.acidblackcherry.com/story/story01.html)、ファンのみならず既に話題となっている。

今回のアルバムはミュージッククリップやライブ映像等が収録されたDVD2形態と、CDのみの計3形態でリリースされているが、yasu曰く
「CDのみの初回盤が個人的にはおススメ」
とのこと。
というのも、このCDのみの初回盤にはフォトブックが付いていて、そのフォトブックがこのサスペンス・ストーリーの解説やアナーザーストーリーなどが掲載された映画のパンフレットのような作りになっており、本筋のストーリーはもちろん、今作に収録されている楽曲がより楽しめるようなものになっているからだ。
もちろん、どの形態もボリューム満載で楽しめる作品になっているが、このフォトブックはCDのみの初回盤にしかついていないレアもの。気になる方は今すぐゲットして欲しい。

そして、このアルバムを引っさげて、9月16日の広島を皮切りに、11月2日の日本武道館までの全国ツアーを行う予定のAcid Black Cherry。
12月24日のクリスマス・イブには大阪城ホールでワンマンライブを行うことも決定している。

 

【リリース情報】
初回盤A初回盤B初回盤C

『Q.E.D.』
2009.8.26 ON SALE!
cutting edge

【初回盤A】
AVCD-32149/B
¥3,600(tax in.)

【DVD収録内容】
◆シングル4曲のMUSIC CLIP収録
◆ [MUSIC CLIP] Special Edit Version
◆yasu [MUSIC CLIP] Special Interview (約20分予定)

【初回盤B】
AVCD-32150/B
¥3,600(tax in.)

【DVD収録内容】
◆Acid Black Cherry Special LIVE映像(全9曲予定)
[2009年3月4日LIQUID ROOM(恵比寿)にて開催]
◆「Q.E.D.」Special Making Movie 

【初回盤C】
AVCD-32151
¥3,000(tax in.)

【初回封入特典 ※初回盤のみ】
◆フォトブックレット(42P)
フォトブックレット内に、「Q.E.D.」コンセプトストーリーの解説や追加ストーリーを掲載!

 

 

 


Acid Black Cherry オフィシャルサイト
http://www.acidblackcherry.net/

KREVA、Mステ出演情報

意外! 初登場!?ソロデビュー5年目のKREVA、
8/28にミュージックステーション初出演!


2年ぶりのオリジナルアルバム「心臓」が9月8日(クレバの日)にリリースするKREVA。この夏、ほぼ週末毎に出演している夏FES、LIVEの合間を縫ってプロモーション活動を積極的に展開しているが、8月28日にこれまでソロとしては初となる「ミュージックステーション」への出演が決定した。「笑っていいとも」に出演した際のネームプレートを大事に飾っているほどのタモリ好きのKREVAがお茶の間に向けてどんなトークを繰り広げるのかも注目だ。

 

【リリース情報】
4thALBUM
『心臓』
2009.9.8 ON SALE!
ポニーキャニオン
【初回盤】
PCCA-05555 / ¥3,360(tax in.)

【通常盤】
PCCA-05556 / ¥3,150(tax in.)





【ライブ情報】

KREVA CONCERT TOUR ’09-‘10「心臓」ROUND ZERO
KREVA SPECIAL LIVE「心臓」


9月8日(火) 東京・SHIBUYA-AX
9月12日(土) 大阪・なんばHatch
(料金)スタンディング¥3,908(tax in)ドリンク代別
(一般発売日)東京:8月29日(土)、大阪:9月5日(土) 全国一斉発売


詳しくはオフィシャルサイトへ
http://www.kreva.biz/



KREVA CONCERT TOUR ’09

<ROUND1>
(料金)スタンディング¥5,000(tax in)ドリンク代別

9月18日(金) 名古屋Diamond Hall
9月19日(土) 岐阜Club-G
9月21日(月・祝) 新潟LOTZ
9月22日(火・祝) 新潟LOTZ
9月24日(木) 郡山Hip Shot
9月26日(土) 青森Quarter
9月30日(水) 広島CLUB QUATTRO
10月1日(木) 広島CLUB QUATTRO
10月3日(土) 岡山CRAZYMAMA KINGDOM
10月4日(日) 高松Olive Hall
10月6日(火) 高知BAY5 SQUARE
10月12日(月・祝)沖縄Namura Hall
10月15日(木) 鹿児島Caparvo Hall
10月16日(金) 熊本Battle Stage
10月18日(日) 福岡DRUM LOGOS

<ROUND2>
(料金)スタンディング¥5,000(tax in)ドリンク代別
(一般発売日)8月30日(日)全国一斉発売

10月30日(金) 名古屋ZeppNagoya
10月31日(土) 名古屋ZeppNagoya
11月5日(木) 大阪ZeppOsaka
11月6日(金) 大阪ZeppOsaka
11月11日(水) 横浜YOKOHAMA BLITZ
11月12日(木) 横浜YOKOHAMA BLITZ
11月17日(火) 福岡ZeppFukuoka
11月18日(水) 福岡ZeppFukuoka
11月24日(火) 東京ZeppTokyo
11月25日(水) 東京ZeppTokyo
11月27日(金) 札幌ZeppSapporo
11月29日(日) 仙台ZeppSendai

詳しくはオフィシャルサイトへ
http://www.kreva.biz/



オフィシャルサイト
http://www.kreva.biz/
オフィシャルブログ
http://www.kreva.biz/blog/


デビュー前にして、溝端淳平が出演するブルボン プチシリーズ TVCMソングに大抜擢されたJURI☆BE(ジュリビー)ことJURIAN BEAT CRISIS(ジュリアン ビート クライシス)の川上ジュリア。デビューを目前に控え、引き続き話題が絶えない。

 

昨日、8/23(日)には、東京 味の素スタジアムで行われたa-nation'09のオープニングアクトとしてメインステージに出演。9/2(水)配信のデビュー曲「Go! Let's Go!」と来年2月に配信を予定している「サクラ舞う」を熱唱した。

また、「高校生による、高校生のためのロック!!」をテーマにするJURI☆BEらしく、8/19(水)には上野恩賜公園野外音楽堂で行われた高校生のバンド全国大会「音楽甲子園2009」にHi-Fi CAMPと共にゲスト出演。

さらに、10代の女子中高生に絶大な人気を誇る雑誌「Seventeen」では、10月号(9/1発売)から連載『ジュリアのばななデイズ』のスタートが決定している。
引き続き、JURI☆BEの川上ジュリアから目が離せない!

 

 

 

 

【プロフィール】

川上ジュリア

1993年12月13日生まれ(15歳/高校1年生)
血液型:A型
身長:151cm
出身地:北海道
趣味:ギター・ドラム
好きな食べ物:ばなな
好きな動物:サル
口癖:したっけ
リラックス方法:学校の友達と話すこと

引っ込み思案な性格を直すため、母親の勧めで7歳の時に歌とダンスのレッスンを開始。次第に人前で表現することが楽しくなる。2005年に11歳で参加した超大型オーディション「a-motion」(avex×USEN)の2次審査(地方大会)で落選。悔しさからリベンジを誓い、翌年の「a-motion」で見事グランプリを獲得。(歌唱曲:JUDY AND MARY「そばかす」)全国10,000人の頂点に立つ。(当時12歳)2009年9月2日デビューデジタルシングル「Go! Let’s Go!」をリリース。12ヶ月連続配信を開始。2010年9月1stアルバムリリース。


オフィシャルサイト
http://avex.jp/juribe/



渡辺美里 24年目の夏LIVE

渡辺美里 24年目となる恒例の夏公演「美里祭り 2009 輝く夏」開催!

2009.8.22(土)
横浜赤レンガパーク野外特設会場

 


8月22(土)、澄み渡る青空の下、開港150周年でわく、横浜赤レンガパーク野外特設会場にて、渡辺美里の4回目となる「美里祭り 2009 輝く夏」が開催された。海に面した会場ということもあり、鮮やかなブルーのマリンルックに身を包みステージに姿を現した美里は、「最近、やっと夏らしくなってきたね。今日は夏夏夏・てんこもりでいきます!」と高らかに宣言し、大ヒット曲「夏が来た!」「10  years」「サマータイムブルース」「恋いしたっていいじゃない」「My Revolution」、そして公演タイトルにちなんだ「輝く夏・メドレー」、さらには新曲「始まりの詩、あなたへ」(10/21リリース 大江千里作詞・作曲)など全21曲を約3時間に渡り熱唱し、会場に集まった1万人の観客を熱狂させた。美里は、MCで、会場を、最前列エリアをデラックススイート美里サイド、左側エリアを赤レンガ倉庫サイド、右側エリアをオーシャンビューサイド、そして、この日、会場外の海上で船の上からライヴの模様を観ていた観客を「船の上からちゃっかりシート」と名付けて、笑いを誘っていた。また、今回の会場である赤レンガパークは、今年6月にリリースした最新ヒットシングル「あしたの空」(映画「いけちゃんと僕」主題歌)のジャケットを撮影した場所であることを明かし、「みんな、一緒にジャケットと同じポーズをしてみよう!」と、1万人の観客と共に、そのジャケットでの自身がとっているポーズを再現し、美里と1万人の観客が一緒のポーズをとり、ひとつとなるシーンもあった。すっかり日も暮れ、ステージが鮮やかなライトアップで美しく彩られる中迎えたフィナーレでは、サプライズで無数の打ち上げ花火があがり、大歓声があがる中、来年も必ず美里祭りを開催すると約束し、渡辺美里24年目の夏祭りを締めくくった。

  女性アーティストでは史上初となるデビューから20年連続で開催した西武ライオンズ球場(現 西武ドーム)公演時代から数えると、今年で24回目を迎えた渡辺美里の夏公演。 本公演のタイトル、そして今年5月からスタートした15公演の全国ツアーのタイトル“渡辺美里 コンサートツアー2009 Dear My Songs ~輝くとき~ ”からもわかる通り、「輝く」という言葉をテーマに掲げ、2009年活発な活動を展開してきた渡辺美里にとって、いよいよ来年2010年は、1985年5月2日発売シングル『I’m  free』にてデビューをしてから25年という大きな記念すべき年を迎える渡辺美里。
ますます今後の動向から目が離せない。

 

 

 


『美里祭り 2009 輝く夏

<セットリスト>
01. 熱いふたり
02. 世界で一番遠い場所
03. 輝く夏・メドレー
04. Steppin' Now
05. 夏が来た!
06. 跳べ模型ヒコーキ
07. BELIEVE
08. あしたの空
09. 10 years
10. ムーンライトダンス
11. サマータイム ブルース
12. グッときれいになりましょう
13. 恋したっていいじゃない
14. My Revolution
15. 始まりの詩、あなたへ
16. すき
17. ジャングルチャイルド
18. スピリッツ
19. GROWIN' UP
20. Lovin' you
21. My Love Your Love
(たったひとりしかいない あなたへ)




【最新情報】

<リリース情報>
8月12日発売 DVD 『VoiceⅢ』 絶賛発売中!

両A面シングル
『始まりの詩(うた)、あなたへ / 光る風』
10月21日発売



<公演・イベント出演情報>
鎌倉音楽祭 鶴舞2009
8月30日(日)鶴岡八幡宮 舞殿

森山良子 野外協奏曲(ゲスト出演)
9月5日(土)河口湖ステラシアター

ニッポン放送開局55周年記念コンサート
オールナイトニッポン歌伝説
9月13日(日)東京国際フォーラム

BRAVE CIRCLE LIVE 2009
~大腸がん撲滅キャンペーンコンサート~
11月5日(木)渋谷CCレモンホール

X’masディナーショー2009
12月21日(月)グランドプリンス赤坂 五色の間

カウントダウンライブV25プレ感謝祭
12月31日(木)グランキューブ大阪


発売から3ヶ月弱にして09年度書籍売上1位に輝き、今なお大ヒット中の小説が村上春樹著『1Q84』。 この小説には冒頭の「ヤナーチェク:シンフォニエッタ」に始まり、多くのクラシック曲、しかもなかなか巷では手に入りにくいクラシックがちりばめられ、村上春樹ならではの選曲が小説の世界をさらに魅惑的にしている。

”誰も知らないクラシック”が読み手の想像力をかきたてるが、実際にそのクラシックを聴いてみたいと思っていた読者は多いのではないだろうか。このコンピレーション・アルバム『小説に出てくるクラシック』では、小説『1Q84』に出てくるクラシック楽曲をほぼ網羅。112年の歴史を誇る最老舗レーベルEMI CLASSICSだからこそ実現できる、超一流アーティストの音源を収録している。
「1Q84」すべての読者に捧げるコンピレーションCDとしては最速リリース。

■オフィシャルサイト
http://emij.jp/classic/

 

【リリース情報】

『1Q84』を1枚のCDに凝縮
『ヤナーチェク:シンフォニエッタ ~小説に出てくるクラシック』
EMI
08.26 ON SALE!
TOCE-56256
¥1980(tax in.)




原田郁子が出演する音楽と芝居とダンスが融合した音楽劇『トリツカレ男』の舞台が9月4日からスタートする。原田郁子はこの音楽劇のためにLITTLE CREATURESの青柳拓次とともにオリジナル楽曲をほぼ全曲書き下ろし、さらにヒロイン・ペチカ役としてピアノで弾き語りを披露する。青柳も毎ステージ舞台上で生演奏を披露する。

『トリツカレ男』はいしいしんじの小説の舞台化。共演は、ミュージカル界のスター・坂元健児、FUNK THE PEANUTSでの吉田美和とのコラボも有名な浦嶋りんこ、ベテランの尾藤イサオなど豪華メンバー。脚本は、人気劇団の「ペンギンプルペイルパイルズ」主宰の倉持裕、演出は劇団「MONO」代表の土田英生が担当。この秋、話題の舞台。

アフターイベントでは、坂元健児トークライブに加え、原田郁子ミニライブも予定している。

イベント開催日&出演者
9月6日(日)18:00 アフターライブ 原田郁子
9月7日(月)19:00 アフタートーク 坂元健児 他
9月8日(火)19:00 アフタートーク 坂元健児 他
9月10日(木)19:00 アフターライブ 原田郁子
9月11日(金)19:00 アフターライブ 原田郁子
※いずれも各回のチケットをお持ちの方のみご覧いただけます。
※出演者、内容は急遽変更される場合がございます。
あらかじめご了承くださいませ

■オフィシャルサイト
http://www.duncan.co.jp/web/stage/toritukare/
http://www.clammbon.com/
http://columbia.jp/artist-info/harada/

■ミュージックシェルフでのインタビュー
音楽が刻む時間(とき)
/blog/selector/2008/07/post-1.html

初音、青森・つがる地球村"絢香”を気遣いライブ

 

 

22日歌手の絢香(21)が持病のバセドー病の悪化で出演をとりやめた青森・つがる地球村では、絢香が出演できない旨を観客にアナウンスした後、当初から共演する予定だった初音(同事務所・18)がパフォーマンスを行った。

今までに数回、絢香との出演がある初音は

「今日は絢香さんと同じステージに立てることをすごく楽しみにしてました。そして、皆さんと同じように 絢香さんの事が心配です...ステージが観れなくてとても残念です。突然の事で不安な部分もありますが、最後まで頑張ります。」

と5千人の観客を前に、先日、歌詞サイトにてアクセスランキング1位となったニュー・シングル「アカイ糸」など全8曲を歌い、終演後には同曲の着うた(R)をダウンロードした観客全員と数時間にわたって”写真撮影会" を行った。

 

 

【リリース情報】

初音 feat.KEN THE 390
「アカイ糸」
AVCD-31708 / ¥1,050(tax in.)
2009.9.2 ON SALE!

<収録曲>
1.アカイ糸 feat.KEN THE 390
2.アカイ糸 solo version
3.キミだけが


初音(はつね)avex official website
http://www.hatsune.info/

 

8月5日(水)発売のニューシングル『華』にて更なる進化を遂げ確固たる地位を確立しつつある5人組のヴィジュアル系バンドAlice Nineが、23日(日)東京・有楽町にある東京国際フォーラム・ホールAにてツアーファイナル”UNTITLED VANDAL(ism) #Finale【Graced the beautiful day】”を行った。

 

この公演は初の全国ホールツアー&結成5周年という節目の公演。
超満員の5,000人が会場に詰め掛け、SEが流れる中メンバーが登場すると大歓声が会場を包んだ。
Vo.将の掛け声と共に「Graced the beautiful day」によってLIVEがスタートし「RAINBOWS」や「www.」などでフロアの熱を上げていく。

MCにてVo.将が
『ツアーでのたくさんの思い出を詰めてみんなに返したいと思います。』
と語ると会場が1つになり、ステージもフロアも最高の笑顔が溢れていた。
また8月5日に発売されたばかりのニューシングル「華」や1月に発売されたアルバム『VANDALIZE』に収録されている「the beautiful name」など今ツアーにより成長を遂げた楽曲が次々と披露され、本編が終了。
アンコールではライブでお馴染みの「ヴェルヴェット」や「春夏秋冬」などが演奏され、全22曲、あっという間の2時間半だった。

なお、この公演のLIVE DVDが11月11日(水)に発売されることが決定している。

 

 

Alice Nineオフィシャルサイト
http://www.pscompany.co.jp/alicenine/

Getty Images Courtesy of EMI Records

ノラ・ジョーンズが11月に、通算4枚目となるスタジオ・アルバムをリリースすることが決定した。ノラのアルバムは世界的にチャート1位を獲得した前作『ノット・トゥ・レイト』以来2年10ヶ月ぶり。この前作に伴う2007年のツアーを終了した後、ノラは2年間をかけて全ての曲をほとんど彼女自身で書き上げ、今回のニュー・アルバムのリリースとなった。

ノラは新作で、彼女の音楽の新しい方向性を示している。新たにジャクワイア・キング(ex.トム・ウェイツ、モデスト・マウス、キングズ・オブ・レオン)をプロデューサーに起用、またミュージシャンも一新、そしてライアン・アダムスやオッケルヴィル・リヴァーのウィル・シェフやジェシー・ハリス(ノラのデビュー曲「ドント・ノー・ホワイ」の作者)などと楽曲を共同制作し、様々なサウンドに挑戦している。

ノラは新作について、こう語っている。「今回のアルバムでは違ったことをしたかったわ。今までずっと同じミュージシャン達と演奏をしてきた。彼らとは今もいい友達で、いつかはまた再び演奏できることを楽しみにしているけど、今回は新しい人たちと演奏して新しいサウンドに挑戦するにはいい機会だったの。プロデューサーについては、いま自分がいる“居心地のいいところ”から私を連れ出して(新しいことに挑戦させて) くれる人であり、また自分が書き溜めた楽曲に合ったミュージシャンを見つけてくれる人を探していたのよ。ジャクワイアに連絡を取った理由は、自分の大好きなアルバムであるトム・ウェイツの『ミュール・ヴァリエーションズ』のエンジニアをしていたから。彼はとても私の話に乗ってくれたし、彼とはうまくやれそうな気がしたの。それは重要なことだったわ」。

今作ではピアノでなく、ほとんどギターを弾いているノラ。新しい制作メンバーを迎えて、ノラがどのような新局面をみせてくれるのか大いに期待される。また、ジェシー・ハリスとの1stアルバム以来の共同楽曲制作も楽しみなところだ。

■公式サイト
http://emij.jp/norah/

9月2日に2ndアルバム『Box Emotions』のリリースを控えたSuperflyが東京・目黒CLASKA で50人限定のプレミアムライブを行った。
このLIVEは音楽専門チャンネル、スペースシャワーTVと全国5局(東京J-WAVE/大阪FM802/名古屋ZIP FM/札幌AIR-G/福岡FM福岡)の抽選で当選した視聴者とリスナーが50人限定で招待されたスペシャルイベント。
普段のバンドスタイルと違い、アコーステック編成でロウソクの明かりが灯った幻想的な空間でヒット曲「恋する瞳は美しい」や「My Best Of My Life」など全8曲をゆったりと聴かせた。

『Box Emotions』には「恋する瞳は美しい」「My Best Of My Life」のほか、「Alright!! 」(CX系ドラマ‘BOSS’オープニングテーマ)、「How Do I Survive?」(モード学園’CMソング)、「やさしい気持ちで 」(CX系‘めざましテレビ’テーマソング)など、全13曲を収録。

■Superfly オフィシャルサイト
http://www.superfly-web.com/index.html
■レーベルオフィシャルサイト
http://wmg.jp/artist/superfly/

【リリース情報】
待望の2ndアルバム
『Box Emotions』
ワーナー
09.02 ON SALE!




【初回限定盤】
WPZL-30158
¥3,500(tax in.)

【通常盤】
WPCL10740
¥3,150(tax in.)

井上 陽水、40周年を語る

今年でデビュー40周年を迎える井上陽水が、本日よりNHK教育にて放送される「LIFE 井上陽水 40年を語る」に4夜連続出演する。

1969年にアンドレ・カンドレとしてデビュー。1972年に井上陽水に改名。その後、数々のヒットを飛ばす。「GOLDEN BEST」は累計で約200万のセールスを記録。今年に入りシングル「Love Rainbow」の発売、ライブ・ツアー「40th Special Thanks Tour」を32会場34公演で行い、ますます精力的な活動を行っている。5月には現在までのインタビューをまとめた「井上陽水FILE FROM 1969」も発売され話題を呼んだ。

これまでの井上陽水は、曲への思いや音楽に対する向き合い方について多くを語らず、創作や実像についてはベールに包まれてきた。しかし、今、自分の音楽への思いを何か形に残したいという思いから、作品や自身のことをまっすぐ語ろうと心境が変化してきている。

井上陽水が今、何を語りたがっているのか、初めてのロング・インタビューでその実像に迫るとともに、これまで陽水と関係のあったアーティストや文化人たちにとって陽水とは一体どんな存在だったのか? 同時代を生きてきた著名人たちにとって陽水と生きた時代とはどんな時代だったのか? 様々な角度から井上陽水を解剖し、不世出のアーティスト井上陽水が紡ぎだしてきた「歌の世界」の深淵に迫っていく。

◆NHK教育テレビ 「LIFE 井上陽水 40年を語る」(4夜連続)
8月24日(月)~8月27日(木)午後11:00~11:55

■井上 陽水 Official Web Site
http://www.y-inoue.com/
■FOR LIFE MUSIC ENTERTAINMENT
http://www.forlife.co.jp/

『れいこう堂』店主、信恵さんの活動をサポートするプロジェクト

「れいこう堂サポート・プロジェクト」スタート!!

8/22 東京青山EATS and MEETS Cayで豪華アーティスト共演

 

 

 

 

広島・尾道にある伝説のレコード店であり、ギャラリーやフリー・スペースを併設する、セレクト・ショップ『れいこう堂』。数々の国内外のアーティストを私財をなげうってライヴ・イベントを主催してきた『れいこう堂』店主 信恵(のぶえ)さん。風光明媚なその土地に根ざして、2000年よりしまなみ海道の“向島・洋らんセンター”で、音楽と植物が共生するライヴ・イベント“Nice Time, Nice Live, Nice Music”を始動。

体で感じられる“良い音楽”をたくさんの人に届けるべく、尾道市内のカフェなどでも数多くのイベントを企画してきた。私財をなげうってでも音楽の素晴らしさを伝えていきたいというその情熱的な姿勢と行動力。そんな人柄に惚れた全国で活躍している数多くのアーティストが敬愛の意を表し、この度、信恵さんの活動をサポートするプロジェクトその名も「れいこう堂サポート・プロジェクト」を立ち上げた。

 

れいこう堂サポート・プロジェクト公式ブログ
http://ameblo.jp/reikodo/


さらに来る8/22(土)東京青山EATS and MEETS Cayにて一夜限りのスペシャルライヴイベントが開催される。尾道から信恵さんを招待し、アーティスト/スタッフはサポートを目的としたボランティアとして参加、このイベントでの収益はれいこう堂の活動のサポート資金として活用される。同イベント名義の公式ブログもスタートし、信恵さんの人柄を紹介するインタビュー記事や、尾道に縁のあるたくさんのアーティスト達がメッセージを寄せている。


 

今回イベントをサポートするオーサカモノレールの中田 亮と高鈴の山本高稲のスペシャルメッセージが到着!! 信恵さんについてイベントの抱負を語ってくれた。

 

 

 

 

れいこう堂プレゼンツ”Nice Time, Nice Live, Nice Music”

日時:2009年08月22日[土]
時間:開場/開演15:00 終演22:00
会場:EATS and MEETS Cay [東京・青山]

http://www.spiral.co.jp/f_guide/cay/
料金:前売¥3,500(1Drink別) 当日¥4,000(1Drink別)
※親同伴の小学生以下の児童は入場無料


会場アクセス:EATS and MEETS Cay
〒107-0062東京都港区南青山5-6-23 SPIRAL B1
TEL 03-3498-5790


 

<出演者>

Breath Mark
http://www.myspace.com/breathmarkofficial
Chocolat & Akito
http://www.chocolat.ne.jp/
copa salvo
http://www.copasalvo.com/
cutman-booche
http://www.cutman-booche.com/
Double Famous
http://www.doublefamous.com/
EGO-WRAPPIN'
http://www.egowrappin.com/
ハンバートハンバート
http://www.humberthumbert.net/
高鈴
http://www.sweet.jp/callin/
オーサカ=モノレール
http://www.osakamonaurail.com/

and more…

出店:れいこう堂[広島・尾道]


<チケット・インフォメーション>

【各プレイガイド】

絶賛発売中!!

イープラス

http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P0100P002030801P0050001P006001P0030001

ローソンチケット [Lコード:71382]
0570-000-407 オペレーター予約電話番号[10:00-20:00]
0570-084-003 関東・甲信 Lコード予約電話番号[24時間受付]

【店舗】

SPIRAL RECORDS

EATS and MEETS Cay

以上、2店舗でも絶賛チケット発売中!!

SPIRAL RECORDS [東京・青山] 03-3498-1224
http://www.spiral.co.jp/f_guide/records/
EATS and MEETS Cay [東京・青山] 03-3498-5790
http://www.spiral.co.jp/f_guide/cay/
※ 両店舗とも8月9日〜16日まで夏期休業となります。

 

SUNDALAND CAFEでは2009年8月17日[月] 12:00から発売開始
SUNDALAND CAFE [東京・渋谷] 03-5485-0503
http://www.sundalandcafe.com/

 

企画・主催:
れいこう堂[広島・尾道]サポート・プロジェクト

協力:
EATS and MEETS Cay
plants
有限会社シャウトプロダクションズ
株式会社ヒップランドミュージックコーポレーション
スリー・ディー株式会社
TONE & CO.,LTD.
RAFT MUSIC
and more...
れいこう堂所在地:
〒722-0032広島県尾道市西土堂1-16

小池徹平が主演を務める11月下旬公開の映画『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』の映画の主題歌をリリー・フランキーが率いるバンドTOKYO MOOD PUNKSが担当する。

この映画は、労働条件や人間関係に問題がある“ブラック会社”に就職してしまった元ニート青年が、限界ギリギリのところで毎日を生き抜いていく、最高に笑って泣いて、元気が出る“崖っぷちワーキング・エンタテインメント”。原作はインターネットの掲示板2ちゃんねるの書き込みから生まれた実話で、新潮社が書籍化した作品としても既に話題になっている。

リリー・フランキー本人も「台本読ませて頂きました。現代の歪曲した現実に対して、とても意味のあるストーリーだと思いました。この曲は、ちょうど今回のお話を頂いた頃、ほぼ同時に作っていた曲で、詩の内容も、自分が感じる今の社会・会社が、若者や弱者を抑圧していること、彼らがその現実をあきらめて受け入れようとしていることに憤りを感じ、書いたものです。奇遇にも映画のテーマと重なる部分が多く、勝手に御縁を感じてしまいました」と述べているよ。

気になる楽曲のタイトルは「ストロベリー」、10月28日から配信がスタートされ、11月11日にCDとしてリリースされる予定。「100年に一度の大不況」といわれる昨今、映画同様、全ての働く人、働きたい人にパワーをくれる1曲となりそうだ。


TOKYO MOOD PUNKS…メンバーは、リリー・フランキー、富澤タク a.k.a 遅刻(グループ魂、Number the.)、笹沼位吉(SLY MONGOOSE)、 松下敦(ZAZEN BOYS)、松田"chabe"岳二(CUBISMO GRAFICO)。 リリー・フランキーを中心に、2006年に結成。 2008年4月16日に、デビューシングル「ジェイミー」をリリース。 2008年11月からサポートメンバーとして上田禎が参加中。 ライブイベント「ザンジバルナイト」や夏フェス「SUNSET LIVE 2007」に参戦など、 ライブ活動も定期的に行っている。

TOKYO MOOD PUNKSオフィシャルHP
http://www.lilyfranky.com/tmp/

ザ・ビートルズを題材とした史上最強のコンピレーションアルバム「LOVE LOVE LOVE」が発売決定!

2009年9月9日、ザ・ビートルズのオリジナル・アルバムの初のリマスター盤が世界同時発売されるが、そんな歴史的アイテムの発売を記念して、EMIミュージック ジャパンに所属、もしくは、縁の深いアーチストたちによるEMI公式 ザ・ビートルズ カバーアルバム『LOVE LOVE LOVE』が10月14日に発売される事が決定した。

「ザ・ビートルズ」を題材に、邦楽ポップ、ロック、洋楽、演歌まで、EMIというレーベルに集まったオールジャンルのアーチストによる史上最強の超豪華コンピレーション・アルバム。気になる参加アーチストは、今やEMIを代表する歌姫となった椎名林檎によるブルージーにロケンロールする「Yer Blues」。ビートルズ・フリークとしても有名なTHE ALFEEによる激メロディアスにロッキンな「Ticket to Ride(涙の乗車券)」。同じく、リーダーTAKUROが熱烈なザ・ビートルズ・フリークとして知られる、希代のモンスターロック・バンドGLAYによる「MOTHER NATURE'S SON」。そして、近年のライヴでは定番曲としてのパフォーマンスが話題の吉井和哉による「HELP!」。YMO時代から、ザ・ビートルズのカバー曲を試み続けている高橋幸宏は「You've Got To Hide Your Love Away」をアイリッシュトロニカとも言えるサウンド・デザインでカバー。それぞれ、オリジナルな魅力を持ってザ・ビートルズが生み出した楽曲に、新たなる生命を与えている。

さらに、『LOVE LOVE LOVE』には本作の為に新録されたナンバーがあることにも注目したい。ハードロッキンかつデジタライズされた最新型のロックンロールとして「BACK IN THE U.S.S.R.」を聴かせてくれる布袋寅泰。参加メンバーには、ドラムに元BLANKEY JET CITYの中村達也、スキルフルなベースに定評を持つナスノミツル、プログラマーに福富幸宏を迎えた鉄壁のスタイルが驚異的にカッコ良い。坂本冬美は、細野晴臣&忌野清志郎と結成したHISとしてレコーディングされた名曲「AND I LOVE HER」の日本語詞によるカバーを、英語ヴァージョンで再レコーディング。異色なところでは、レゲエシーンの雄、Fire Ballが参加していることにも注目。さらに、ギター・ロックバンド界隈で大人気のフジファブリックは「STRAWBERRY FIELDS FOREVER」をカバー。現在待望のニューアルバムを制作中の原田知世は「The Fool On The Hill」を選曲。そして、東京とニューヨークを結ぶコラボレーションとなった湯川潮音+LEO今井+JAMES IHAによる「I'm So Tired」も収録が決定している。

結成から47年。今も歌い継がれるザ・ビートルズ・メロディー。本作によって、カバー参加したアーチストのファンも、そして根っからのビートルズ・フリークも、それぞれのスタイルで、ザ・ビートルズが与えてくれた音楽の感動を、その存在の大きさを振り返るキッカケとなるであろうEMI公式カバーアルバム『LOVE LOVE LOVE』。この史上最強の超豪華カバーアルバムの発売が非常に待ち遠しい。


■ザ・ビートルズ カバーアルバム
『LOVE LOVE LOVE』
EMIミュージック・ジャパン
TOCT-26896 / ¥3,000(tax in.)
10.14 ON SALE!

収録予定曲(掲載は五十音順)
GLAY「MOTHER NATURE'S SON」 
坂本冬美「AND I LOVE HER」(新録音)
THE ALFEE「TICKET TO RIDE 【涙の乗車券】」
椎名林檎「YER BLUES」
高橋幸宏「YOU’VE GOT TO HIDE YOUR LOVE AWAY【悲しみはぶっとばせ】」
Fire Ball[参加決定 曲目検討中(新録音)]
原田知世「THE FOOL ON THE HILL」(新録音)
フジファブリック「STRAWBERRY FIELDS FOREVER」(新録音)
布袋寅泰「BACK IN THE U.S.S.R.」(新録音)
湯川潮音+LEO今井+JAMES IHA「I'M SO TIRED」(新録音) 
吉井和哉「HELP!」               
※全15~16曲収録予定

 

 

 

8月5日に4年ぶりとなるニューアルバム『ROCK’N’ROLL』をリリースしたばかりの矢沢永吉が、東京・タワーレコード新宿フラッグスビル店の屋上特設ステージにて、アルバム発売記念のインストアライブを敢行した。これが矢沢永吉にとって初めてのインストアライブ。

タワーレコード新宿店・渋谷店・オンラインの3店舗でアルバム購入者のみを対象に募集が行われたが、その応募総数はなんと3000通。イベントは平日だったが300名ものファンが参加した。この日のライブは、ファンにとってはまさに垂涎もののイベントとなった。

ド派手なロックの音と共に矢沢が登場すると、会場を埋め尽くした300人のファンたちから盛大な「永ちゃんコール」が巻き起こる。そのコールと歓声に笑顔を見せた矢沢は、「コバルトの空」を1曲目からフルスロットルで熱唱した。

キャリア初のインストアライブについて矢沢永吉は、「インストアライブって、普通新人さんがよく『僕たちの歌、聴いてください。よろしくお願いします』っていう、あれだよね?でも、間違ってないんだ。今のオレは、4年ぶりに『ROCK’N’ROLL』ってアルバム引っさげて、レーベル立ち上げて。これはオレにとって2度目のデビューだよ!」と語る。客席と距離の近い特設会場の熱い空気が気に入ったようで「5万人もいいけど、これくらいの(観客)数、最高だよね!!来週もやろうぜ(笑)」とノリノリの様子。

その後も、ニューアルバムから「Sweet Rock'n'Roll」と「Loser」を披露すると、ファンたちの手拍子やコールはますます熱を帯び、会場の地面が揺れるほどの盛り上がり様。最後に、往年の名曲「チャイナタウン」をしっとりと歌い上げ、新宿の空に響き渡らせた矢沢は、フェンス越しにファンたちと熱い握手を何度も交わし、初のインストアライブのステージを終えた。

8/5に発売されたニューアルバム『ROCK’N’ROLL』は、矢沢が立ち上げた自社レーベル「ガルル・レコード」からリリースされた4年ぶりのオリジナルアルバム。昨年1年間は、「少しじっくり距離を置いて考える」として、デビュー以来初めてステージに立たず、CDの発売もしなかった矢沢だが、今年は打って変わって精力的な活動が続いており、この後は9/19に20年ぶりとなる東京ドーム公演「ROCK’N’ROLL IN TOKYO DOME」を始め、10月からは全国21箇所・29公演の全国ツアーをスタートさせる予定だ。

■オフィシャルサイト
http://www.eikichiyazawa.com/

【リリース情報】

4年ぶりとなるオリジナル・アルバム
『ROCK'N'ROLL』
GARURU RECORDS
GRRC-10
¥3,000(tax in.)
2009.8.5 ON SALE!

収録曲
1.トレジャー・ハンター
2.コバルトの空  
3.未来をかさねて
4.小悪魔ハニービー
5.KISS KISS KISS
6.Loser
7.Sweet Rock'n'Roll
8.Lady・バッカス
9.君と・・・
10.あの日、アイツに
11.オイ、そこのFriend
12.ひとりぼっちのハイウェイ
【ライブ情報】
東京ドーム公演開催決定!!
『ROCK'N'ROLL IN TOKYO DOME

9月19日(土)東京ドーム
『Think the water,Feel the music.LIVE for LOVE We support WaterAid』
9月26日(土)横浜スタジアム

7月22日に3年ぶりのニューアルバム『ザ・レイテスト』をリリースしたチープ・トリック。今やレジェンドであり現役バンドとしても活動を続けているチープ・トリックを、日本を代表する漫画家楳図かずおが語るというインタビューがネット上で話題を呼んでいる。

楳図かずおは、『おろち』『まことちゃん』『漂流教室』『洗礼』をはじめ、ホラー&ギャグ・漫画を数多く生み出した日本を代表する漫画家だが、その中の代表作『まことちゃん』にチープ・トリックのメンバーを登場させたり、78年の来日時にはギターのリック・ニールセンと対面も果たしている。

その楳図かずおがチープ・トリックについて語っている。インタビューの中で「チープ・トリックは、ぼくがやっていたスーパー・ポリスというバンドの曲に似ていると言われたことはありますが、やっぱりリックさんのキャラが面白くて、『まことちゃん』の中にも“リックの魚屋さん”とか出てきますよね」とコメント。インタビューでは〝ロックンロール〟についても語っており、音楽に関しても〝楳図ワールド〟が満載の内容となっている。

他にも、チープ・トリックに関して、鈴木祥子やマシータ(BEAT CRUSADERS)、ジェイソン・フォークナー、ロジャー・マニングといったアーティストもコメントを寄せている。

■チープ・トリック公式サイト 
http://www.jvcmusic.co.jp/-/Information/A009459.html#news

【リリース情報】

約3年ぶりの新作
『ザ・レイテスト』
ビクター
07.21 ON SALE!
VICP64747
¥2,625(tax in.)




新曲「スマイライフ」遂にリリース!ワンマンLIVE追加公演もいよいよ今週末!!

 

 

 

デビューしてから数々の快挙を成し遂げてきた3ピースバンド、ステレオポニー。
テキサスで行われたSXSWでも本場のロックファンを魅了し大絶賛を収め、地元メディアでも大きく取り上げられた。初のワンマンツアーも各所SOLD OUTをし大成功を収めた。

そんな彼女達の追加公演が赤坂BLITZで行われる!
当日は、8/19発売の新曲「スマイライフ」の初披露や限定Tシャツやプレゼント企画などもりだくさん。

夏の最後の思い出残ること間違いなし

 

【A hydrangea blooms 追加公演】

2009.8.22(土) 赤坂BLITZ
開場:16:00 /開演:17:00

チケットは残りわずか!!
詳しくはオフィシャルHPまで

http://www.stereopony.com/

 

 

【リリース情報】
ニューシングル
「スマイライフ」
ソニー・ミュージックレコーズ
NOW ON SALE!


【初回限定盤】

SRCL-7088 / ¥1,575(tax in.)

【通常盤】

SRCL-7090 / ¥1,223(tax in.)

竹内電気、~草食系ラブソング「YOU&I」を遂にリリース!~
「YOU&I」から「WE&???」 レコ発2マンツアーも決定!



8月19日(水)に<“根性が付いた草食系男子”が贈るラブソング>Newシングル「YOU&I」をリリースする竹内電気。今作「YOU&I」は、今年3月より全国45本にわたる初の全国ツアー『「SHY!!」release tour -KONJOH-』を敢行し、一回りも二回りも大きくなった竹内電気が、そのツアー中にライブを意識し、“オーディエンスと一緒になって楽しめる曲”と話すとおり、ポップマジシャンとも呼ぶべき、新たな竹内電気らしさが打ち出され、今まで以上にメロディがキャッチーになり曲の中心に詩がしっかりと腰をすえたロックチューンに仕上がった。カップリングにはバンドの地元、名古屋を中心に話題を呼んでいるテレビ番組の企画、中京テレビ「みんなとつながるチャリチャリ隊」の公式応援ソングにもなっている「ミラクル」を収録した魅力満載のシングルだ。
さらに今回のシングル「YOU&I」リリースに伴ってのレコ発ツアーも決定!

今後の竹内電気から目が離せません!

【リリース情報】

New Single
「YOU&I」
FlyingStar / Victor
VICB-35018 / ¥1,000(tax in)
2009.8.19 ON SALE!

収録曲
1. YOU&I
2. ミラクル
3. YOU&I(original karaoke)
4. ミラクル(original karaoke)

【LIVE情報】

「YOU&I」release 2man tour「WE&???」

11.06(金)名古屋・名古屋CLUB QUATTRO
11.10(火)大阪・心斎橋CLUB QUATTRO
11.17(火)東京・渋谷CLUB QUATTRO

※東京公演にはザ50回転ズが出演!
名古屋、大阪公演の共演者に関しては随時発表となるのでオフィシャルサイトをチェックとのこと。


<今後のライブ情報>
8.19(水) 盛岡 Club Change
8.20(木) 仙台 MACANA
8.21(金) 水戸 LIGHT HOUSE
8.26(水) 千葉 LOOK
8.27(木) 渋谷 CLUB QUATTRO
9.06(日) 神戸 STAR CLUB
9.07(月) 京都 MUSE
9.09(水) 宇都宮 HEAVEN’S ROCK
9.16(水) 下北沢CLUB QUE
9.20(日) 名古屋 APOLLO THEATER
9.23(水) 大分 T.O.P.S
9.24(木) 宮崎SR BOX
9.25(金) 鹿児島SR
10.10(土) 仙台 「MEGA ROCKS 2009」
10.13(火) 大阪 梅田Shangri-La
10.14(水) 高松 DIME
10.16(金) 広島 Cave-Be



【オフィシャルリンク 】

竹内電気オフィシャルサイト
http://takeuchidenki.com

竹内電気レーベルサイト
http://jvcmusic.co.jp/tkdn/


竹内電気のスペシャルプレイリストが到着!!

苅谷達也(Dr.)選曲
『いつも以上に音楽に触れたい時に聴く曲 (2009.8.19掲載)』

オーストラリア発ロックバンドJETのEMI移籍第一弾となる新作『シャカ・ロック』が本日8月19日に発売される。

彼らはアルバム発売前の絶好のタイミングで実現した、先日のFUJI ROCKでの盛り上がりも記憶に新しい。過去のヒット曲はもちろん、新作『シャカ・ロック』からの曲も披露し盛り上がりを見せた。そして現在、ラジオでオンエア中のリード・シングル「シーズ・ア・ジーニアス)」も好評、痛快なJET節が炸裂している。

メンバーは今回このアルバムに関して、「プロデューサーやレコード会社からは何の指図も受けなかったんだ。今回のアルバムを作るに当たっては、前よりずっと気楽に、自分たち自身で指揮を執ることができたんだ」と語るとおり、原点回帰した音作りにバンドの自信が伺える。「ちょうどテレビが白黒からカラーに変わった時のようなもの。今回のアルバムには、とにかくピュアな瞬間がある」と言葉を加える。

■JET日本公式サイト 
http://emij.jp/jet

【リリース情報】
EMI移籍第1弾
『シャカ・ロック』
EMI
08.19 ON SALE!
TOCP-66903
¥2,300(tax in.)




夏の定番ソング!コルビー・キャレイ、本日(8月19日)セカンド・アルバム発売!


女性版ジャック・ジョンソンとも言われるコルビー・キャレイ。

彼女の心地よいサーフ・ロックと共に過ごす夏の季節がまたやってきた。

 

全世界で200万枚セールスを記録したデビュー・アルバム『ココ』に続くセカンド・アルバム『ブレイクスルー』が8月19日、日本先行発売される。コルビー・キャレイは今年全米で一番売れているアルバムとして知られるテイラー・スウィフトの『フィアレス』に収録される「ブリーズ」に参加していることでも話題を呼んだ。気になるアルバムの全貌は、「恋愛をしているときのジェットコースターのように浮き沈みする感情。楽しかったり、悲しかったり、失恋したり、そしてまた恋をしたり。その繰り返しなのよね。」とコメントしている。そのジェットコースターの頂点にあるのが、ファースト・シングルとなった“フォーリン・フォー・ユー”。「あなたが好きになりそう」という意味のタイトルからは、かなり積極的な告白ソングを想像するが、さわやかでアップビートなフィーリングに乗ってむしろ、はにかんだ恋を歌っている。

 

イベント盛りだくさんの夏、コルビーの爽やかな歌声と共にひと夏の恋はいかが?

 

【リリース情報】

待望の2ndアルバム
『ブレイクスルー +7』
ユニバーサル インターナショナル
UICU-1187 / ¥2,200(tax in.)
NOW ON SALE!

収録曲
01. I won't
02. Begin again
03. You got me
04. Fallin' for you
05. Rainbow
06. Droplets feat. Jason Reeves
07. I never told you
08. Fearless
09. Runnin' around
10. Break through
11. It stops today
12. Breakin' at the cracks
13. What I Wanted to Say (bonus track)
14. Out of My Mind (bonus track)
15. Don't Hold Me Down (bonus track)
16. Never Let You Go (bonus track)
17. Stay With Me (bonus track)
18. Lucky with Jason Mraz (bonus track)
19. Begin Again (Reggae Version)


 

“奇跡の歌声”と称される福原美穂のニューシングル「LET IT OUT」が9月9日にリリースされる。その「LET IT OUT」が人気アニメ「鋼の錬金術師FA」(MBS・TBS系アニメ)のエンディングテーマに抜擢された。
これまでも、au「LISMO」CMソング、TBS系ドラマ「SCANDAL」の主題歌、花王「アジエンス」といったCMソングを手がけ、今春からは本人出演の「爽健美茶」のCMでも歌声を披露しており、新人としては異例のタイアップ数を誇ってきた彼女だが、今回は、日本だけでなく、海外でも人気の高いアニメ「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」のエンディングテーマに選ばれた。

福原美穂がアニメのテーマ曲に挑戦するのは初めての試み。依頼を受け、“絆”“兄弟愛”など作品のテーマになっているキーワードを自分の5人兄弟にも照らし合わせ、「時代」や「社会」へ問いかけながら、大きな愛を主人公の弟目線で歌う曲を書き下ろした。
この楽曲は、8/5にすでに着うた®配信が大好評配信中。さらに今回は特別に着うたフル®で、エンディングテーマとして起用されているバージョンがリリースに先駆け、8月19日より配信されることが決定した。

また、この作品は、CD+DVDの初回限定盤、「鋼の錬金術師FA」の書き下ろしワイドステッカーが付いた通常初回仕様盤、紙ジャケットでアニメのエンディングテーマの画コンテブックレットが封入される“鋼盤”と3種の形態で発売され、カップリングにはau「LISMO」CMソングとして起用され、150万ダウンロードを記録した「優しい赤-another version」とマイケル・ジャクソンのカバー「BEN」が収録されているスペシャルな一枚となっている。CDのジャケット撮影は俳優・永瀬正敏が撮影し「この圧倒的な歌声は、これからもっともっと輝きを増すと信じている」とコメントを寄せアートワークにも注目だ。

■オフィシャルサイト
http://www.fukuharamiho.com/

【リリース情報】
「鋼の錬金術師 FA」のエンディングテーマ
『LET IT OUT
ソニー
09.09 ON SALE!

【初回限定盤】
SRCL7110-7111
¥1,575(tax in.)


【通常盤】
SRCL7112
¥価1,223(tax in.)

8月19日に結成20周年記念アルバム「20」(トゥエンティ)をリリースする電気グルーヴが、中村健治最新作アニメ「空中ブランコ」主題歌を担当することが発表された。

昨年4月に8年ぶりとなるオリジナルアルバム「J-POP」を、そして半年後には「YELLOW」をリリースし、その後に行った8年ぶりのライブツアー<叫び始まり 爆発終わり>も各地で大盛況をおさめ、そのツアーの最終日の模様は今年2月にライヴDVD「レオナルド犬プリオ」としてリリースされた。

今年結成20周年というアニバーサリーイヤーを精力的な活動をもって迎えた彼らが、2008年1月から放送され大好評を博した「墓場鬼太郎」のOPソング「モノノケダンス」以来のノイタミナ登場。実は「墓場鬼太郎」のOP映像をディレクションしたのが中村健治監督であり、夢のコラボが本作品で復活!!アニメ「空中ブランコ」の世界が更に拡がることだろう。同作品は、2009年10月よりフジテレビ“ノイタミナ”ほかにて放送が開始される。

8/19(水)からは収録曲の着うたフル®が全曲配信スタート。また、同日にリリースされる結成20周年記念アルバム「20」(トゥエンティ)の購入者を対象にしたスペシャルトークイベントの開催が決定した。予約者優先でタワーレコード渋谷店とタワーレコード新宿店にて、先着でイベント入場券を配布する。

■オフィシャルサイト
http://www.denkigroove.com/

【リリース情報】

電気グルーヴ 20周年記念アルバム
『20』
キューン
2009.8.19 ON SALE!
【初回生産限定盤(2CD+DVD)】
KSCL-1425~KSCL-1427
¥4000(tax in)




Crystal Kay 9/2リリースの初ベストアルバム『BEST of CRYSTAL KAY』初回盤限定付属の超プレミアムディスクの内容が遂に判明! KREVA、Jin Akanishi、☆Taku Takahashi(m-flo)、中田ヤスタカ(capsule)、Mummy-Dとの究極のコラボレーション全4曲収録!!



 

今年7月1日に若干23歳にしてデビュー10周年を迎え、最新シングル「After  Love-First Boyfriend-feat. KANAME(CHEMISTRY) / Girlfriend feat.BoA」もヒット中のCrystal Kay。そんな彼女が9月2日にリリースするキャリア初のベストアルバム『BEST of CRYSTAL KAY』の初回限定盤のみに付属されるプレミアムディスクの内容が遂に明らかになった。ずっとベールを覆っていたプレミアムディスクの驚愕の中身とは・・・!

1曲目は、MBS系「DRESS」のテーマソングにして、NTT東日本「FLET’S 光」のTVCMソングにもなっている「Over and Over」。この夏にピッタリの全快チューンは、Crystal Kayとは長く親交のある、☆Taku Takahashi(m-fllo)のプロデュースによる楽曲。今まで聴いたことのない斬新なサウンドアプローチとクリスタル・ケイのヴォーカルは病み付きになることは間違いなし!

2曲目は、9月5日に放送されるフジテレビ系アニメ「ジャングル大帝」の主題歌に抜擢された、ヒットメーカー中田ヤスタカが手掛ける「Step by Step」。中田ヤスタカ×Crystal Kayの新たな最強タッグを感じさせるリズミカルな楽曲は、誰もが異次元の驚きを隠せないだろう。

3曲目は、稀代のラッパーのMummy-DとKREVAの2人をフィーチャーし、クリスタル本人もラップで参加した3者の恋模様がノリノリに展開されるエレクトロダンシングチューン「Private Dancers feat. Mummy-D & KREVA」。3者それぞれが放つ圧倒的な存在感は聴く者の心を一瞬で掴んで離さない。

そして、ラスト4曲目を飾るのは、Jin   Akanishiフィーチャリングの楽曲「Helpless Night」。クリスタルの透明感溢れる歌声とJin   Akanishiの艶のある歌声が英語と日本語で絶妙に絡み合う見事なハーモニーも聴き応えのある完成度の高い楽曲は、新たなデュエット・クラシックの誕生をも予感させる傑作に仕上がっている。

 

 

 

【リリース情報】
デビュー10周年!初にして究極のベストアルバム
『BEST of CRYSTAL KAY』
EPICレコードジャパン
2009.9.2 ON SALE!

【初回限定盤】
ESCL-3271-3273
¥3,500(tax in.)

【通常盤】
ESCL-3274-3275
¥3,200(tax in.)


【参加アーティストからのコメント】

<KREVA>
「今回はじめて一緒に曲を作らせて貰いました。レコーディング時に本人にも伝えたんですが、ボーカルを録音していく作業に迷いがなく、且つ判断が的確で素敵だと思いました。流石です!その調子で次の10年も活躍してください!」

<☆Taku Takahashi>
「トシは10才くらい離れていますが、僕も同じく10周年組です(笑)。このアルバム用に曲を作ったんですが、10年の集大成で終わらず、これからの10年を提示する曲になったと思います。ウェブを見たらめちゃめちゃ好評で嬉しかったです。」

<中田ヤスタカ>
「デビュー10周年おめでとうございます。これまで僕も様々な楽曲制作の現場を体験してきましたが、先日のレコーディングで声を聴いた瞬間のあの「ピンとくるかんじ」はやはり特別なものを感じました。これからもますますご活躍されることを期待しています。」

<Mummy-D (Mr. Drunk)>
「なんでそんなにうたステキなの?なんで10周年なのにそんな若いの?しかも会うたびどんどんキレイになっちゃってさドキドキしちゃうじゃねえかオレのオケに容赦なくダメ出ししやがって言われた通りに作ったらちゃんとカッコイくなっちゃうしさラップも上手いじゃねえかチクショー!営業妨害だ!これからもよろしく頼むぞ!」

 

デビュー10周年という事で、初のベストアルバムのリリースや初の全国ホールツアー決定など次々と嬉しい報告がなされる中、多くの新曲がその存在は発表されつつもリリース形態が明らかになっていなかったが、それらは9/2リリースのベストアルバムの初回生産限定盤付属のプレミアムディスクに惜しみなく収録ということになった。4曲とも、稀代のシンガーCrystal  Kayの表現力豊かなコラボレーションを楽しむ事ができ、バラエティーに富んだまさにプレミアムな内容。初回生産限定盤のみの特典ディスクということなので、確実に入手するには是非、予約することを勧めたい。

いよいよ2週間後、9/2に『BEST of CRYSTAL KAY』のリリースが近づき、着うた(R)チャート上位には新曲をはじめ、「恋におちたら」などの代表曲など何曲もがランクインするなど、一層の盛り上がりを見せている“Crystal Kay 10th Anniversary”。

まだまだ彼女からは目が離せない!

 

 

★★CRYSTAL KAYのプレイリストを掲載中!★★

CRYSTAL KAY's PLAYLIST

『最近注目している曲~今いちばんお気に入りの10曲(2008.7.14掲載)』

 

神戸出身18歳4人組、驚愕のガレージロックバンド、黒猫チェルシーのVo.渡辺大知が初の主演を務めた青春小説の金字塔、映画『色即ぜねれいしょん』が、8月15日(土)遂に全国公開された。

公開初日、シネセゾン渋谷、新宿バルト9、吉祥寺バウスシアターでの劇場では舞台挨拶が行われ、監督/田口トモロヲ氏、原作/みうらじゅん氏、主演/渡辺大知(黒猫チェルシー)、前作「アイディ&ティティ」に続く出演となった峯田和伸氏(銀杏BOYZ)、臼田あさ美等がスクリーン・ステージ前に登場し、この日を待ちに待った満員の観客を多いに沸かせた。

主演を務めた渡辺大知が所属するガレージロックバンド”黒猫チェルシー”もいよいよ本格的な活動を開始。10月12日(祝・火)にライブハウス/渋谷チェルシーホテルにて、自主企画ライブイベント『黒猫チェルシーホテル』の開催が決定した。
映画の中での演技とは一味違うミュージシャン本来の”渡辺大知”のボーカル・パフォーマンスが見れる映画公開後の最初の機会となる。

 

【ライブ情報】

“黒猫チェルシー”自主企画イベント

『黒猫チェルシーホテル 本館1階(回)』
10月12日(祝・月)渋谷チェルシーホテル
問い合わせ:渋谷チェルシーホテル(03)3770-1567

その他イベントライブ
「クレイジーミッドナイト69~夏の終りのカミナリ族」
8月28日(金)川崎クラブチッタ

「スゴイ・インディード」
9月10日(木)新宿ロフト

「Beat Happening! Vol.214」
9月12日(土)渋谷LUSH

「El Pistolero Tour”レコ発スペシャル VS 6 Days”」
9月20日(日)新宿レッドクロス

「2009年途中の旅路 四星球方向性会議」
9月22日(火・祝)高知X-pt.


【プロフィール】

黒猫チェルシー
時空も世代も飛び越える驚愕のガレージロックンロール・クアルテット from 神戸。ボーカル渡辺大知、ギター澤竜次、ベース宮田岳、ドラムス岡本啓佑の4人組。
2007年3月(高1の春)に「黒猫チェルシー」を結成、地元神戸を中心にライブ活動を行う。当初はスターリン、INU等の日本の初期パンクに多大に影響されていたが、徐々に独自のスタイルを確立し、予測不可能なライブパフォーマンスで神戸の街をぐらぐら揺らしてきた。 2008年には日本テレビの深夜番組『音燃え!』に地元のライブハウスの推薦で出演。その番組を見て、興奮した現在の事務所スタッフがメンバーに連絡をとる。その後、東京へ進出し数回のステージに立つ。同年11月2日、渋谷チェルシーホテルにて初のワンマンライブ『黒猫チェルシーホテル』を開催。
2009年春、高校卒業。その後、活動の拠点を東京に移す。4/8(水)ファーストミニアルバム『黒猫チェルシー』をDECKRECより全国発売。今夏、7/12(日)京都にて「京都大作戦2009〜暑いのに熱くてごめんな祭〜」、7/18(土)青森にて「AOMORI ROCK FESTIVAL 09'~夏の魔物~」、8/1(土)「ROCK IN JAPAN FES.2009」等、数多くの夏フェスに出演。
8/15(土)、ボーカルの渡辺大知が映画初出演にして初主演を務めた傑作青春映画『色即ぜねれいしょん』(監督:田口トモロヲ/原作:みうらじゅん/出演:峯田和伸<銀杏BOYZ>、岸田繁<くるり>、臼田あさ美、リリーフランキー他)が全国公開されたばかり。

黒猫チェルシーオフィシャルサイト
http://kuronekochelsea.jp/


青春小説の金字塔/映画
『色即ぜねれいしょん』
8月15日(土)より シネセゾン渋谷、新宿バルト9他全国ロードショー!!

「色即ぜねれいしょん」オフィシャルサイト
http://shikisoku.jp/

★「色即ぜねれいしょん」特集はこちら★









 

今年、デビュー15周年を迎えたGLAY
その15周年最大の盛り上がりとなるアニバーサリー・ライブが8/15、16の2日間、横浜・日産スタジアムで行われた。

ライブのコンセプトは“HOTEL GLAY”。
デビュー15周年を迎える事ができたGLAYが感謝の意を込めて、ファンをおもてなしするといったコンセプト。
セットには巨大なHOTELが登場。夏のリゾートを思わせる洋風ホテルのイメージでデザインされたステージは全長110m、高さ30m、総制作費15億円のステージセットを設置。
また、 “少しでもみんなの所まで近付き、感謝の気持ちを伝えたい。”というメンバーの想いから、日産スタジアムのアリーナ面を1周する全長約500mの巨大な花道も実現。

 

初日15日のライブのオープニングは、“HOTEL GLAY”の華々しいOPENを演出。
総勢80名の地元・横浜のマーチングブラスバンド、“ヨコハマロビンズ”が、『プロジェクトAのテーマ』を演奏。10名の執事を従えた、リーダーTAKUROの挨拶からスタート。
また、ライブ終盤、最高潮の盛り上がりの中、ステージに設置されていたフルーツ型の巨大バルーンが回転し、アメリカ合衆国のシンボル、歴代大統領を記念するマウント・ラッシュモアが、メンバーの顔となって出現するなど、演奏はもちろんの事、数々の楽しい演出で多くのファンを魅了した。

15日は「ROCK」、16日は「LOVE」をテーマとした、両日異なったセットリストで、GLAYの歴史を2日間で振り返る内容となった。
「ROCK」をテーマとした15日は最新シングル『I am xxx』をはじめ、15周年第1弾シングルとして発表した約15分の超大作『SAY YOUR DREAM』、『GLOBAL COMMUNICATION』等、ロック色の濃い楽曲を披露。
「LOVE」をテーマにした16日はミリオンセールスを記録したシングル『HOWEVER』『誘惑』『SOUL LOVE』などのラブソングを中心に演奏。各日アンコール含め全21曲、2日間で37曲を演奏。

中でも、このアニバーサリー・ライブならではの1曲として、デビュー以来、ステージでの演奏は初となる楽曲『julia』を両日披露。
同楽曲はデビュー曲『Rain』の原曲だった曲で、ある意味、GLAYの原点とも言える楽曲。
TAKURO曰く「函館から東京に来てチャンスを求めていた頃、新宿のスタジオでレコーディングした曲がレコード会社の耳に留まり、メジャーデビューのきっかけとなった。みんなとGLAYを結びつけてくれた奇跡のような大切な曲」。
TAKUROのギターと、TERUのヴォーカルのアコースティック・アレンジで演奏。15年間支えてきてくれたファンにとって、最高のおもてなしとなった。

2日間のチケット約14万枚は前売りの段階で既にソールドアウト。両日のセットリストが異なる事から、会場の外に詰め掛けたファンを合わせると2日間で約15万人が集結。
まさに15周年を記念するライブとなり、GLAYの新たな歴史が刻まれた。

 

「さようなら 一青 窈」と題された散文詩、そして新たなる音楽のイメージを示す「新歌謡(進化窈)」というキーワードが、朝日新聞の全面広告(8月17日(月)夕刊、18日(火)朝刊に掲載)で発表される。

そして同時に、新曲「うんと幸せ(premium acoustic tour'09 ver.)」の無料ダウンロードも本日8月17日(月)よりスタートする。今年6月「一青 窈 premium acoustic tour'09 produced & performed by 武部聡志 × 小林武史」を大成功させ、今夏は「ap bank fes'09」をはじめ、各地の野外フェスティバルに出演中の一青 窈。そんな新たな活動を開始した中「さようなら 一青 窈」と題された散文詩、そして新たなる音楽のイメージを示す「新歌謡(進化窈)」というキーワードを朝日新聞の全面広告で発表(8月17日(月)夕刊、18日(火)朝刊に掲載)。その内容は、「今までの自分とは決別しながら進んでいく」という決意表明で、詳細はYahoo!ミュージック内MUSIC MAGAZINE「REPORT」で語られている。
http://magazine.music.yahoo.co.jp/rep/20090817_001/

そして同時に「premium acoustic tour'09」のリハーサル中に生まれて、このツアーではもちろん、各地の野外フェスティバルでも多くの涙と感動を呼び、未発売ながら問い合わせが殺到している話題の新曲「うんと幸せ(premium acoustic tour'09 ver.)」の無料ダウンロードも本日よりスタートした。
この曲は、一青 窈から両親への最後の手紙であり、今を生きている人達へ伝えたい想いでもある。そして、若くして自らの命を絶った知人に対して、自分の無力さを知ると同時に、どんな言葉が歌えるのだろうかと、考え続けて生まれた楽曲。
その心境は一青 窈オフィシャルホ-ムページ「うんと幸せ」特設ページで語っている。
■一青 窈オフィシャルホ-ムページ
http://www.hitotoyo.ne.jp/sp/ (PC)
■フォーライフミュージックオフィシャルサイト
http://www.forlife.co.jp/

今秋いよいよメジャーデビューを果たすEMI MARIAが8月13日、リビエラ逗子マリーナで開催された<ZUSHI FES>「MTV VIBRATIONS 09」にケリーヒルソン、Crystal Kayらとともに出演した。

EMI MARIAは昨年リリースしたアルバム『A Ballad Of My Own』が、インディーズとしては異例の好セールスを記録。
iTunes R&Bアルバムチャートでは約3ヶ月にわたりTOP3にチャートインし、アルバム収録曲の「I gotta -Summer kiss-」がiTunesのフリーダウンロード2008年度第1位を獲得。
そして音楽関係者約100人が投票する、2009年最も活躍が期待されるアーティストのひとりとして【iTunes Sound Of Japan2009】にも選出された、今、最も注目されているR&Bシンガーソングライターだ。

 

 12時40分定刻どおりに、海に面したプールに入りながらライブを楽しめるLagoon StageにEMI MARIAが登場。
1曲目「ボーイフレンド」を歌唱しオーディエンスの心を掴むと、続く2曲目はアップテンポなキラーチューン「I gotta -Summer kiss-」を披露。
プールに浸かりながら聴いていたオーディエンスも歓声と共に手を挙げ、一気にヒートアップ。

「こんなシュチュエーションめったに無いから最後まで楽しんでね」
とMCをはさみ、珠玉のミッド・スローバラード「A Ballad Of My Own」をしっとりと歌い上げ、スウィートに真夏の海辺を包み込んだ。

そして、最後に
「10月7日に新曲をリリースすることになりました!今から初めてライブでやります。」
と10月7日にメジャーデビュー作となる配信限定シングル「One Way Love」をリリースすることを発表し、いち早く楽曲を披露した。

疾走感のあるトラックに、22歳を迎えた彼女がこれまでに経験した出会いと別れから感じた “せつなさ”を綴ったリリックによって紡がれた「One Way Love」。
初めて曲を聴いたオーディエンスの心をおおきく揺さぶり、その場をともにした全ての人が両手を空へ掲げ彼女の歌に応えた。
曲が終わったあともオーディエンスはその余韻に身を委ねつつ、鳴り止まない拍手のなか全4曲のパフォーマンスは大盛況のまま終了した。

アーティストオフィシャルサイト
http://www.emimaria.com
アーティストオフィシャルブログ
http://ameblo.jp/emimaria

 

★EMI MARIA過去のインタビューはこちら★
「voice and beats EMI MARIA」2008.11.28公開

今年で3回目の開催となる九州男が主催するイベント〈MUSIC LIFE 09〉が、今年は九州男の故郷・長崎で開催された。
会場となった長崎市稲佐山公園野外ステージに集まった1万人のオーディエンスを前に、九州男と親交の深いアーティストSEAMOHOME MADE 家族mihimaru GTMEGARYUMetisleccaらが熱いパフォーマンスを繰り広げ長崎の夏に新たな野外ライブの歴史を刻んだ。

トップバッターのleccaが登場すると〈MUSIC LIFE 09〉を待ちわびていたオーディエンスから大きな歓声が沸き、晴れ渡る晴天の下イベントがスタート。続いてMetis、MEGARYU、HOME MADE 家族、mihimaru GT、SEAMOが続々と登場し、ラストの九州男がコールされるとこの日一番の歓声が上がり、いよいよ九州男登場へ。

 



九州男はアンコールを含む13曲を熱唱、途中「待ち合わせ。。feat.lecca」、「手紙。。feat.hiroko(mihimaru GT)」ではそれぞれlecca、hiroko(mihimaru GT)が参加し会場を沸かせていた。
また、長崎弁で歌詞が書かかれた楽曲「Destiny 〜九州男編〜」を歌い終えると「ずっと長崎で歌いたかった曲、ようやく歌うことができました」と長崎への思いを話す一幕も。
地元長崎での大型イベントを成功させた九州男は「みんなただいま!2007年からスタートしたMUSIC LIFEも、とうとう念願だった地元長崎で開催できることになりました。このイベントを3年、4年、10年と続けて行くことがみんなへの恩返しになると思うから、また必ず遊びに来て!今日は本当にありがとう!」と話していた。

また、この春全国7ヶ所を巡った初のワンマンツアーの模様を収めた、九州男初のライブDVD「九州男 with C&K LIVE TOUR 2009」が発売されており、8月9日付オリコン音楽DVDデイリーランキング1位を獲得している。
九州男ファンとっても、まだライブに足を運んだことのないファンにとっても必須のアイテムとなりそうだ。
九州男は、この後9月5日に開催される「FM FUKUI BEAT PHOENIX 2009」にも出演を予定している。

 

オフィシャルサイト
http://kusuo.info/pc/index.html

9月2日に待望の2ndアルバム『Box Emotions』のリリースを控えたSuperflyが8月15日アメリカNY郊外のべセルで行われたウッドストックのメモリアルイベント‘Heroes of Woodstock’に出演した。

ウッドストックとは1969年に行われた伝説の野外ロック・フェスティバル。ジャニス・ジョプリン、ジミヘンドリックスなどのミュージシャンが多数出演し、現在の音楽フェスティバルの原点とも言われている。ウッドストック40周年となる今年は、40年前と同じ日、同じ場所でメモリアルイベント‘Heroes of Woodstock’(ヒーローズオブウッドストック)が開催され、当時の出演者の中から今もなお現役を続ける、伝説のミュージシャンが集まり40周年を祝った。

ジャニスをリスペクトするSuperfly志帆は、ジャニスがかつて在籍していたバンド’Big Brother & The Holding Company’(以下BBHC)のゲストボーカリストとしてサプライズ出演。ジャニスのナンバー「Down On Me」、「Piece Of My Heart」の2曲を歌い上げ、日本人として唯一の出演を果たした。Superfly志帆は昨年の秋、関係者から日本にジャニスをリスペクトしている凄いミュージシャンがいるという事を聞いたBBHCからのオファーを受けサンフランシスコでスタジオセッションしており、今回のサプライズ出演は、BBHCから今度は一緒にステージで共演しないか? とのオファーを志帆が快諾したことで実現した。

カントリージョーが「BigBrother&The HoldingCompany !」とバンドを紹介するとギターのサムが「東京からのスペシャルゲスト、Superfly志帆!」とMCをし、「ハロー」とはにかむ志帆。そして息つく暇もなく志帆の歌声が会場に響く。「Down On Me」を歌い終えると志帆は「I'm Happy To Be Here(ここで歌えて光栄です。)」とMC。そして「次の曲は会場の皆と、そして ジャニス・ジョプリンの為に歌います!」と「Piece Of My Heart」が始まる。「Piece~は数あるジャニスの曲の中でも、志帆が最も思い入れのある曲であり、正に魂の熱唱。約3万人で埋め尽くされた会場は志帆のパワフルな歌声に聴き入り、そして歌い終えると歓声拍手の嵐。志帆は感動し目にうっすら涙を浮かべると、一礼して静かにサンキューと言ってステージを去った。会場には「Superfly? 一体彼女は誰なんだ?」というざわざわが残った。

今回のサプライズ出演は、Superfly志帆にとってミュージシャン、そしてシンガーの原点を呼び起こさせるメモリアルなライブとなった。

<出演アーティスト>
Country Joe、Big Brother & The Holding Company(※ジャニス・ジョプリンが在籍してrいたバンド。日本からのゲストボーカリストとしてBBHCのLIVEにSuperfly志帆がサプライズ出演)、Canned Heat、TEN YEARS AFTER、JEFFERSON STARSHIP

■Superfly 公式HP
http://www.superfly-web.com/


MUSICSHELFでもお馴染みのダンスカンパニー、コンドルズが15日の福岡公演を皮切りに”コンドルズ史上最大の”と銘打った全国ツアー「Nine Lives」がスタートする。
今回はアメリカンショートヘア、チンチラ、アビシニアン等、各公演猫の名前の付いた9つの公演(ライブ)が展開。

また、10月にはTHE CONDORSとして、爆安ライブ:破「過半数パワー」が大阪と東京で行われる。チケット代は2990円(肉喰おう・前回比9円安)と爆安勝負に打って出たが、更に大阪公演では10月生まれ、または各月24日生まれの人、友達を1名以上連れてきてくれた人は本人1名様10%キャッシュバック。東京公演では6/27「バカ天国」のチケット半券を持ってきた人、友達を1名以上連れてきてくれた人は本人1名様10%キャッシュバック!という”市民派割引制度”を導入。

熱~いコンドルズに要注目だ!!



コンドルズ 日本縦断大転生ツアー2009[Nine Lives] ナインライヴス

001 Live 福岡公演 8/15土-16日 イムズホール
002 Live 静岡公演 8/20木 焼津市民文化センター
003 Live 新潟公演 8/22土 りゅーとぴあ
004 Live 広島公演 8/28金 アステールプラザ
005 Live 千葉公演 8/30日 行徳文化ホールI&I
006 Live 仙台公演 9/4金 電力ホール
007 Live 岩手公演 9/6日 さくらホール
008 Live 大阪公演 9/11金-12土 松下IMPホール
009 Live 東京公演 9/18金-21月祝 東京グローブ座


現在発売中!


◎お問い合せ03-5272-0991(ROCK STAR)

http://www.condors.jp



THE CONDORStour2009第弐弾:破「過半数パワー」

<チケット:2,990円!爆安!解散総選挙礼賛価格>

10/24土 18:00開宴 大阪シャングリラ
10/30金 19:30開宴 東京渋谷O-WEST


現在発売中!
◎お問い合せ

03-5272-0991(ROCK STAR)

コンドルズオフィシャルHP

http://www.condors.jp

 


★MUSICSHELF過去のインタビュー★

コンドルズ × jealkb

 

特集 音楽と舞台

映画『アマルフィ 女神の報酬』、サラの美声で“サラなる”大ヒット!

全国で公開中の映画『アマルフィ 女神の報酬』が好調だ。魅力的な豪華キャスト、世界的遺産がふんだんに見られる映像美などなど、色々なポイントがあるが、その1つが世界的ディーヴァ、サラ・ブライトマンの主題歌起用である。今回映画『アマルフィ 女神の報酬』を企画・プロデュースした大多亮氏は「イタリアロケのスケール感とゴージャス感をもたらしてくれる世界的なアーティストを考えたときに、人気・実力ともにサラ・ブライトマンしかいませんでした。画はサスペンスですが、愛を感じさせる曲を使いたかったので、クラシックでもあり、世界的にも知られている「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」をおねがいしました。この曲の持つ強さが、この映画に与えてくれる影響は大きいと思います」とコメントしているが、実際、『アマルフィ 女神の報酬』の観客にはかなり女性やカップルの姿が目立ち、“サラ・ブライトマンの歌声効果”もありそうだ。なお、いままでにもPANASONIC「VIERA」、TOYOTA「MARK-X」、「ニュースステーション」、「ちゅらさん」など、サラの歌声を起用したCMやTV番組は大ヒット商品&高視聴率番組続々。そして今回の『アマルフィ 女神の報酬』も大ヒット、と、まさにサラ・ブライトマンはヒットの女神。この「タイム~」を収録したCDや同楽曲の着うた(R)も今売れに売れているという。今後その“世界でいちばん美しい歌”にさらに注目が集まりそうだ。

◆サラ・ブライトマン 日本公式サイト(PC/携帯 共通)
http://emij.jp/sarah/
◆映画『アマルフィ 女神の報酬』公式サイト
http://amalfi50.jp/

 

【リリース情報】
 主題歌収録アルバム
『アマルフィ ~サラ・ブライトマン・ラヴ・ソングス~』
EMIミュージック・ジャパン
TOCP-70770 / ¥2,500(tax in.)
日本独占発売
NOW ON SALE!





 『アマルフィ 女神の報酬 オリジナル・サウンドトラック』
EMIミュージック・ジャパン
TOCP-70769 / ¥2,500(tax in.)
NOW ON SALE!






デビュー・シングル「ダーティ・ファンク~パーティは終わらない!」が、全国総合(洋楽/邦楽)ラジオ・オンエア・チャートで脅威の5週連続1位(プランテック調べ)を獲得し、この夏大きな話題を呼んでいる “20億円の超イケメン新人“スティーヴ・アップルトンが、8月13日(木)、原宿アメーバ・スタジオの生公開番組に登場した。
アップルトンは、7月29日にリリースされた現在大ヒット中のデビュー・アルバム『ザ・サン・カムズ・アップ』(オリコン洋楽アルバムランキング8位初登場)のプロモーションと、逗子海岸で行われている『音霊』に初参戦するために来日。今週前半に大阪と名古屋で行われたファン・イベントでは、熱狂的なファンが殺到し会場は一時パニックになるほどの大盛況ぶりを見せた。そんなアップルトンが8月13日から都内でのプロモーションをスタート。その皮切りとなった原宿アメーバ・スタジオの生公開スペシャル特番で、アップルトンが出演する『音霊』の主催者でもあるキマグレンとともに登場し、夢のトーク・セッションが実現した。日英代表の夏男がスタジオに登場すると、夏休みの原宿はに大きな歓声があがった。
トーク・セッションでは、お互いの運命的な出会いやそれぞれの『音霊』に対する思い入れを語った。アップルトンが“音霊という素晴らしい場所でプレイできてうれしい。キマグレンにとても感謝している”と2人に伝えると、クレイは“いつか一緒にジャムしたいと思っているので楽しみにしてほしい”と語り、それを受けてイセキも “言葉がわからなくても音楽は心で通じ合えるから、いつか3人で一緒に何かできたらと思っているよ”と、「いつか一緒に音楽をしよう!」という誓いでトークを締めくくった。
今年で5周年を迎える音霊は73日間ライヴを敢行。アップルトン本日8月14日)に出演する。

★スティーヴ・アップルトン来日公演情報
大阪     10月5日(月) 心斎橋クラブクアトロ
名古屋    10月6日(火) 名古屋クラブクアトロ
東京     10月8日(木) リキッドルーム
一般プレイガイド発売:8月15日(土)

<問> creativeman
www.creativeman.co.jp

USインディーを代表するベテラン・バンド、ヨ・ラ・テンゴが9月30日に約3年ぶりのニュー・アルバム『ポピュラー・ソングス』を発売する。注目のアルバムのリリースを目前に控えて、ベガーズ・ジャパンは先行試聴会を開催。その試聴会にはメンバーのジェームスが登するという。募集要項は以下のとおり。誰よりも傑作アルバムがチェックできるチャンス。ふるってご応募ください。

実施月日:2009年8月21日(金曜日)
時間:18時スタート予定 (約1時間半)
場所:東京某所(23区内)
※詳しい時間、場所は、当選者の方のみに、ベガーズ・ジャパンより、追って連絡
募集:10名

条件:
*ブログをお持ちの方で、アルバム試聴のこと、このリスニング・セッションのことをブログ上で書いていただける方。
*試聴会の模様を後日、クッキーシーンおよびベガーズ・ジャパンHPにて掲載いたしますので、その模様の撮影および写真の掲載を許可いただける方。

厳正なる抽選の上、当選者のみ【8月18日24時】までにメールにてご連絡いたします。

参加ご希望の方は、info@beggarsjapan.comまで下記を明記の上、
8月16日24時(17日0時)までにメールにてお送りください。

*お名前
*ご住所
*連絡先のお電話番号
*ご年齢
*お持ちのブログ・アドレス
*参加への意気込み

■ベガーズ・ジャパン公式HP
http://www.beggarsjapan.com

 

SCUBER DIVE〜渋谷が大変〜

毎年恒例となったヴィジュアル系の夏フェス「SCUBER DIVE〜渋谷が大変〜」
7月31日の「浪花が大変」に続いて、8月3日、Shibuya O-EAST、Shibuya O-WEST、Shibuya O-Crest、Shibuya O-nest、duo MUSIC EXCHANGE、CLUB asia、VUENOS TOKYOの全7会場にて行われ、全会場合わせて総勢78組のヴィジュアル系バンドが出演した。

MUSICSHELFでは総勢9組が出演したShibuya O-EAST・メインステージのライブをレポート!

 

8/3SCUBER DIVE〜渋谷が大変〜」
@Shibuya O-EASTメインステージ
出演:ギルガメッシュ少女-ロリヰタ-23区ドレミ團boogiemanDuel Jewel12012摩天楼オペラVIDOLLheidi.(出演順)

 

定刻13:00を迎えると既に会場はパンパンで中に入れない程に膨れ上がった。
客電が落ち、出てきたのはギルガメッシュ
お揃いのパーカーに身を包み出てきた4人。Vo.左迅がフッと息を吸い込み始まったのは「evolution」。拳を振り上げてEASTの横長のステージを最大限に使い、フロアを煽っていく。
ギルガメッシュの激しいナンバーを畳み込まれ、フロアは熱をどんどん帯びていった。
海外人気も高いギルガメッシュだけに外国人のファンの顔も。
トップバッターとしての役割を十二分に果たし、メンバーは満足そうな顔を見せステージを後にした。

 

 

 

ギルガメッシュが温めた会場の熱気そのままに登場したのは少女-ロリヰタ-23区
ライブ定番の「スーパーノヴァ」からスタート。
今年3月にリリースされた『【Marble_Shaking_Ward】』から「Pheromone Cherry」「ホシノカケラ」も披露し、約1ヶ月振りのライブということで力が入りすぎていた部分も感じたが、これからの予定は未発表な彼らだけにメンバーにとってもファンにとっても貴重な時間となったに違いない。

 

 

 

独特のメロディーラインが魅力のドレミ團
打ち込み系の踊れるナンバーで会場を揺らすと、Vo.マコトも飛び跳ねるように歌い、声を響かせる。
1曲目「青春ロールオーバー」はどこか懐かしい雰囲気の曲。マコトの独特な声が耳に残る。
「渋谷が大変」は3回目のドレミ團。しかしこのEASTに出演するのは今回が初めてという。「ここを選んでくれてありがとう」そう言うマコトの笑顔が印象に残った。8月20日に控えたワンマンライブも期待ができそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

6月24日にリリースされた「我執」がオリコンインディーズチャート1位と好調なboogieman
元baroqueの晃、万作、元蜉蝣のユアナ、元メトロノームのユウイチロー、そして元beaU のジュンノ、と人気もキャリアも兼ね揃えた5人が集結しただけあって、そのステージングは目を見張るものがあった。
1曲目「極我執」から勢い良く飛ばし、未発表の新曲も含む全7曲が披露され、フロアはモッシュするファンの笑顔が印象的。
「もっと来いよ!足りねえよ!」と激しく煽りながらも、MCではおもしろネタを織り込んでフロアを笑わせる一面も。

 

 

 

 

激しい煽り曲が得意なDuel Jewel。1曲目「アイオライト」からBa.Natsukiのシャウトが響き、観客の頭を振らせる。
Vo.隼人の声も猛々しく、しかし一方ではしなやかで伸びのある聴き心地の良い声を届けてくれた。Dr.ばるは安定感のあるドラミングで後ろでしっかり4人を支える。
Gt.祐弥はいつものように笑顔で“咲き”(花が咲くように両手を上げるV系特有の振り)を繰り返し、観客とコミュニーケーションを取っているかと思いきや、一方でもう一人のGt.Shunはクールにキメている。そんなギター陣のギャップもDuel Jewelの魅力のように思う。

 

 

 

 

昨年に引き続き12012がEASTのステージに登場。1曲目「Heart」から一気に畳み掛ける。Vo.宮脇がお立ち台に足をかけ前屈みになって腹の底から絞りきるように声を出すと、Gt.酒井、Gt.須賀、Ba.塩谷もステージを縦横無尽に動き回り、貫禄を見せつける。
フロアも拳を振り上げメンバーに応え、ヘドバン、モッシュと会場の温度をさらに上げていった。
煽り曲の「[6]party」、シャッフル系の「PSYCHO VIRUS」、そしてラストはシングル曲「As」で締め括った。
8/6からスタートしたツアーもこの日の勢いそのままに走り抜けてくれると期待したい。

 

 

 

 

7/23に赤坂BLITZでの1stワンマンを成功させたばかりの摩天楼オペラ
Dr.悠から順番にステージに登場し、Vo.苑が手に持ったライトでフロアを照らすお馴染みの光景になるとフロアの声はさらに大きくなった。
1曲目は代表曲「alkaloid showcase」。ライブ定番の1曲で出だしから飛ばしていく。
この日の出演バンドで唯一、Key.がいるオペラ。「EVE」、「Faust」、「Sexual Entrapment」など激しいセットリストで臨んだが、激しい中にも鍵盤の奏でる繊細なメロディは健在。
ラスト、「ANOMIE」の“やりたいようにやっちまえばいい”という歌詞が今の彼らの指針なのだろう。

 

 


VIDOLLは初期のナンバー「人魚」からスタート。爽やかな耳残りの良いメロディが会場を包む。
Ba.ラメがお決まりのミルキーを会場中にばら撒くとフロアからは歓声が。
最新曲「Focus」、「きらきらぼし〜Wish on a star〜」を含む7曲を披露。「きらきらぼし〜Wish on a star〜」では観客が一気にジャンプ!Vo.ジュイの甘い声がよく響いていた。

 

 

 

 

 


スタートから約7時間半。トリを務めたのはheidi.
まだ幕が上がる前からドラムのキック音が響き、サウンドチェックにも相当力が入っているのがわかる。
客電が落ちると、一気に歓声で空間が湧く。長丁場の疲れなど微塵も感じないほどの笑顔が広がり、演奏されたのはheidi.の代表曲「泡沫」。シャウトに合わせて拳を突き上げ、会場が一つになった。
メインステージでのトリ。そんな大役にも気負いはせず、ラスト「翼」までheidi.らしさを存分に見せつけてくれた。

 



EASTメインステージでの総勢9組の演奏は個性に溢れていて“ヴィジュアル系バンド”の魅力を存分に味わわせてくれた。
夏の恒例イベント「SCUBER DIVE〜渋谷が大変〜」。
今回はO-EASTのみのレポートだが、まだまだ発展途上の楽しみなバンドも各会場たくさん出演していた。
来年、またこのイベントを目に出来ることを楽しみにしたい。

 

<取材/文:MUSICSHELF編集部>

8月5日に発売となったサイモン・ラトル指揮、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団によるブラームスの交響曲全集が、8月9日付SoundScan Japan週間クラシック チャートで堂々の初登場1位を獲得した。

ドイツが生んだ世界最高峰のオーケストラ、ベルリン・フィルと、現在その音楽監督を務めるサー・サイモン・ラトルによる、ブラームス交響曲の初リリース作品であり、今年のクラシック界最大のリリースとして注目を集めているだけあって、この結果にはうなづけるだろう。

クラシックファンの間では『精妙なブラームスの音楽が、ラトルならではの新しい解釈で堪能できる』と大絶賛であり、音楽評論家の岡本稔氏は『随所で絶妙な効果をあげるソリスト陣。圧倒的な量感と膨大な情報量を併せ持つラトルとベルリン・フィルならではのブラームス交響曲全集といえるだろう。』と語っている。

この作品は、日本盤のみ、交響曲全集を収めた3枚の高音質HQCD仕様と全曲の演奏シーンやインタビューを187分収録したDVD2枚組の特別仕様!これだけ豪華な内容なのに、価格は超特価の6,000円での発売!!

高音質に、貴重な映像、さらに超特価!早くも歴史に残る名盤と謳われ始めたこのブラームス全集、クラシックファンならずともチェックしてみては如何だろうか。

ラトル/ベルリン・フィルに関する詳細は日本版公式サイト(PC/携帯)
http://emij.jp/rattle/

 

【リリース情報】
サイモン・ラトル指揮
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

『ブラームス:交響曲全集』
EMI Music Japan
TOCE-90097〜9
¥6,000(tax in.)
NOW ON SALE!
 
高音質HQCD3枚組+DVD2枚
【収録内容】
CD1:交響曲第1番ハ短調作品68
CD2:交響曲第2番ニ長調作品73&第3番ヘ長調作品90
CD3:交響曲第4番ホ短調作品98
DVD:交響曲全4曲の演奏シーンやインタビューなどを収録(約187分)

MUSICSHELFのセレクターとしてこれまで多くのプレイリストを紹介してくれたドラマーのともだしんごが長年開発してきた『アナログ電子ドラム』(エレキギターのドラム版)がパールドラムと『Musetex』の協力のもと、エレキドラムとして商品化となり、以下のサイトでネット販売を開始した。

Highleads直販店【MIRROR COOL SHOP】
http://mirrorcool.org/

また、これに伴いエレキドラムのサウンドを広く知ってもらうため、盟友でありヒカシューオリジナルメンバーの井上誠らとともにライブ録音を行いCD化。

CDの購入はこちらから
http://mirrorcool.org/SHOP/HCD090808.html

さらに10月にはCDのレコーディングを行ったメンバーらとプレゼンテーションライブを中野で行う。知る人ぞ知るあの『ゴジラ伝説』の復活ライブが観られるとの事で、ドラムファンならずとも要チェックだ。

【ライブ情報】
日程:10月9日(金)
開場:18:30 開演:19:30
場所:新中野の弁天
住所:中野区本町4-39-7 TNビルB1F
電話:03-5340-8270


<1st STAGE>
Macandy
(さゆキャンディ+ともだしんご)
Highleads Missions
(井上誠+ともだしんご)

<2nd STAGE>
和の会
(横澤和也+ともだしんご)
Highleads Missions + 歌の皆さん
『ゴジラ伝説』ライブ
(井上誠+ともだしんご+詳細秘密!)

詳しくはこちらまで
http://mirrorcool.org/SHOP/Live91009.html

 

ともだしんごのプロフィール・プレイリストはこちら

/selector/84930



iTunesとユニクロとのコラボレーションによるニューミニアルバム「Journey」を8/26に発表するMEGが、8/10(月)に、同アルバムをプロデュースしたThe Shanghai Restoration ProjectのDave Liang<デイヴ・リアン>と、渋谷・Apple Storeにてインストアライブを行った。

今回のイベントの告知期間は3日間ととても短かったにも関わらず、Apple Store Shibuyaには小雨が降るあいにくの天気の中、開演の数時間前から200名を越える人たちが長蛇の列を作っており、イベントが開始される頃には、その数はさらに膨れ上がり、会場に入りきれない人が続出するほどであった。

そんな熱気に包まれて始まったイベントでは、MEGは登場するなり待ちきれない!といった様子で、MCもそこそこに、ニューアルバム「Journey」から2曲「Droplets」「Just Like That」を、デイヴ.リアンのキーボード演奏をバックに披露。その後も、終始和やかなムードのままイベントは進み、「今日はミニライブなのでニューアルバムから2曲演奏しましたがもう1曲デイヴが一番好きな私の曲をやります。でも、さっきリハーサルで1回あわせただけなので間違ったらごめんなさい」と語り、最後の曲である「OK!」を熱唱。デイヴとは、イベント前のリハーサルで1回合わせただけ、とのことだったが、それを全く感じさせないクォリティの高いステージを繰り広げていた。

その後、イベントの終了を惜しんで巻き起こったアンコールの声に応えて、MEGとデイヴは再び登場し、「BEAUTIFUL」を披露。先ほどは演奏のみだったデイヴをMEGが改めて紹介し、「デイヴは旅行好きで既に45カ国旅している。日本はとても好きみたい」と、デイヴの日本好きをファンたちに報告した。デイヴは「(もっとやりたいけど)けつかっちん」「あついですね」と、今日覚えたての日本語で話し、笑いを誘う場面も見られた。

8/26にリリースされるMEGのニューミニアルバム「Journey」は、iTunesが縁で知り合ったというThe Shanghai Restoration Projectのデイヴ.リアンをプロデューサーに迎えた意欲作。東洋音楽を西洋のヒップホップ、ジャズ、エレクトロニカに取り入れたデイヴのサウンドは、新感覚のエキゾチックサウンドであり、それがMEGの個性と見事に調和した必聴の一枚に仕上がっている。

そして8/19(水)よりこのアルバム収録曲全曲がiTunes Storeにて先行配信され、またCDアルバム発売日でもある8/26には、MEG本人がデザインしたユニクロとのコラボTシャツがユニクロのTシャツ専門ページであるUTショップで限定販売されるというから、こちらも要チェックだ!


【LINK】
MEG オフィシャルサイト
http://megweb.jp/

MEG オフィシャルブログ
http://people.zozo.jp/meg/diary

MEG ユニバーサルJオフィシャルサイト
http://www.universal-music.co.jp/universalj/artist/meg/


【リリース情報】
MEG NEW ALBUM
『Journey』
ユニバーサルJ
8.26 ON SALE!

【初回限定盤】
UPCH-9519
¥2,500(tax in.)

【通常盤】
UPCH-1747
¥1,800(tax in.)


特集:2010年代へ向けた新しいMEGスタイル


特集:Party for Everybody
※直筆の当選カード MiChiが9月9日にニューシングル「YOU」をリリースする。
"エレクトロ・シーン"のシンボル的存在の彼女が始めてリリースするバラード。彼女ならではのテイストを持ったトラックながらも、美しいメロディーが際立つ作品で、彼女にエレクトロ・ロック/エレクトロ・ポップを求めているファンからは間違いなく賛否を呼ぶ作品。
しかも、今作は仕掛が満載で、「1万枚の完全生産限定盤」、「その全てに手書きのメッセージカードが封入」されていて、「その中に1枚だけ当選カードが入っており、その当選者の為だけのLIVE」が用意されている。
まず、これまでにも手書きのメッセージが入っているCDはあったが、1万という規模でのケースはほとんど実例がない。しかも、そこにたった1枚だけ当選券(こちらも手書き)が入っていて、その人の為だけにLIVEを行うというのも、滅多にお目にかかれない異例づくめのアイテムだ。
着うたは8月12日。着うたフルはレコチョク先行で9月2日より配信が開始される。

MiChiは7月22日のZEPP大阪「ROCK ROCKこんにちは」(SPITZ主催のロック・フェス)で草野マサムネと「チェリー」を共演して話題になったのを皮切りに、「サマーソニック09」などフェス三昧でフル稼働中。そんな中、全国各地にカードを持ち込み空き時間には常にメッセージを書いていて、既に7月中に7000枚を仕上げており、残り3000枚まできているという。メッセージの種類は気分次第/思いつきで10種類以上もあり、ファンにとっては買った(限定盤だが)ものに何が入っているのか気になるところだ。

更に、合わせて全国ワンマンツアーも発表された。
前作Sg.「KiSS KiSS xxx」のリリースに際して、完全招待制のツアーは行われたが有料の全国ツアーは初。こちらも彼女のバリューに比べてキャパシティーが充分とはいえない会場なので、6月の招待制LIVEで当選確率25倍という驚異的な状況を招いてただけにプラチナ・チケットと化すのではと予想されている。

<MiChi 本人コメント>
何でこんな大変なことをやるって言っちゃったんやろぉって、何度も思ったわ~!
制作やレコーディング、LIVE・撮影の合間や、地方に行く時も持って行って、全部Completeしたよ!
聴いてくれるファンのみんなが少しでも喜んでくれるように、一枚一枚心込めて書いたから、楽しみにしててね★
たまに変なのも入ってるかもよ 笑。
From MiChi.

MiChi オフィシャルサイト
http://www.michiness.com/

【リリース情報】
4th シングル
『YOU』
Sony Music Associated Records
AICL-2042
¥1,200(tax in.)
9.09 ON SALE!

収録曲
1.YOU
2.YOY
3.YOU (version 3.1)
4.YOU (instrumental)


MiChi LIVE Information
8/07 東京 フジテレビ 「めざましLIVE」 会場:お台場合衆国 ライブ
8/08 広島「FESTA DE RAMA」 Main Stage 会場:瀬戸田サンセットビーチ ライブ
8/09 千葉「SUMMER SONIC 2009」 Dance Stage Opening Act 会場:幕張メッセ内
8/10 東京「SUMMER SONIC 2009 EXTRA」 会場:渋谷O-EAST
8/14 神奈川「僕の夏休み2009」 会場:逗子OTODAMA SEA STUDIO
8/27 東京 MTV 「STUDENT VOICE AWARDS 2009」 会場:SHIBUYA-AX
※招待制
11/18 名古屋 ワンマンツアー 「UP TO YOU」 会場:名古屋クアトロ
11/26 東京 ワンマンツアー「UP TO YOU」 会場:渋谷クアトロ
11/27 大阪 ワンマンツアー「UP TO YOU」 会場:心斎橋クアトロ
※他、多数
詳しくはオフィシャルサイトで


GIRL's STYLE vol.9 MiChi


五重塔や緑にかこまれた"Slow"な空間でこだわりのフードやお酒を楽しみながら上質な音楽に出会う、まさに都会のオアシスで、贅沢な大人の休日を。緑の中で和む夏の風物詩「Slow Music Slow LIVE`09」の追加アーティストに「おおはた雄一×クリス智子」(おおはたゆういちくりすともこ)が決定した。J-WAVE「BOOM TOWN」をきっかけに交流を深め、共作のミニアルバム「lost&found」を今年5月にリリース。おおはた雄一×クリス智子名義でのライブとしては今年の夏はこれが最後かもしれないのでお見逃しなく。

2004年に1回目を開催してから年々規模を拡大し、今年で6回目を迎える「Slow Music Slow LIVE`09」に追加アーティストが決定した。最後に追加となったのは29日(土)にDew、30日(日)にji ma maが追加で決定。今年も2大テーマの環境と健康、「地球の環境⇒ゴミ問題、温暖化、限りある資源」、「食べること⇒健康」をかかげ、音楽(LIVE)という心の〝架け橋〟を通して、感じてもらう。そんな空間と時間を創造していく。例年通り、グリーン電力で会場運営と会場内で排出されるゴミの分別、リサイクルとできることを少しずつ、実現化。さらに今年からカーボンオフセット費用が含まれたチケットの販売も開始。さらに毎年恒例の観やすく、聴きやすいエリアにセットした足も伸ばせる通常の1.5倍の広々サイズのシート「らくらくシート」が、今年も各日程限定100席用意された。
夏の終わりに贅沢な時間を過ごしてみませんか。

Slow Music Slow LIVE`09サイトURL: http://lultimo.jp/smsl/
おおはた雄一オフィシャルHP: http://www.yuichiohata.com
クリス智子オフィシャルHP: http://www.christomoko.com


【開催概要】
Slow Music Slow LIVE '09 in 池上本門寺
@東京 池上本門寺 野外特設ステージ

開催日:2009年8月28日(金)、29日(土)、30日(日)
開場/開演:(金)18:00/19:00 (土日)14:00/15:00
<出演者>
2009.8.28(金) 持田香織/Salyu/大橋トリオ /opening act:宝美
2009.8.29(土) 平原綾香/中孝介/コトリンゴ/羊毛とおはな/Dew(デュー)/おおはた雄一×クリス智子
/opening act:ハミングキッチン
2009.8.30(日) 押尾コータロー/アン・サリー/元ちとせ/土岐麻子/ji ma ma(ジママ)/opening act:城南海

<チケット詳細>
料金(税込):28日→全席指定¥6300 らくらくシート¥8500
29日30日(各日)→全席指定¥8000 らくらくシート¥13000  2日通し券¥14000
*らくらくシートは各日限定100席。29日30日は1ドリンク付 
テーブルは個人専用のものではありません。お隣りの方と共有になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。

問:ホットスタッフ・プロモーション
  03−5720−9999 (平日: 16:00-19:00)

Slow Music Slow LIVE`09サイトURL: http://lultimo.jp/smsl/

「このイベントで使用される電気1,000kWhは、全て水の力から創られています」
できることから少しずつ。
今年もSlow Music Slow LIVE'09の会場では、できることを少しずつ、実現化してゆきます。
(1) グリーン電力を導入
※ 水力発電により、使用される電力1,000kWhを賄います。
(2) カーボンオフセット費用が含まれたチケットの販売
※ 当イベントのチケット代金には、あなたが排出するCO2 2kg分を森が吸収してくれる費用が含まれています。
~日本国民1人が1日に排出するCO2は約6kgと言われています~
(3) 会場内で排出されるゴミの分別、リサイクル
※会場で排出されたゴミは分別回収後、燃料や繊維、再生紙等にリサイクルされます。
私達はイベントを通して地球環境に役立つことをすこしずつ実施していきます。

今年に入り、10周年記念企画を次々と発表しているm-floが、また新たな企画を発表した。
日本のメジャーアーティストとしては初となる、音楽入りのiPhone用アプリを8月11日にリリースするというもの。このアプリにはm-floの代表曲9曲のショートバージョンが収録されており、楽曲を再生しながら画面をタップすると、タップされた地域と回数がGPSを使って世界地図/日本地図上にマッピングされる。地図上にマッピングされたタップ数は、今秋リリース予定のベスト盤の収録曲を決めるファン投票のデータとして反映される。まずは日本での発売となるが、海外でも順次発売予定。

9月16日には青山テルマ、COMA-CHI、JEJUNG & YUCHUN (from東方神起)、JONTE、Marie、May J.、misono、西野カナ、清水翔太、YU-Aが参加トリビュートアルバムを発売、8月26日からはそのアルバムからの着うた(R)先行配信が決定しているm-floだが、そのオリジナル曲を楽しみながらベストアルバム選曲に参加できるiPhoneアプリにも要注目だ。


【m-flo 10th Anniversary】
発売日 2009年8月11日
価格 ¥350(tax in)
iTunes STORE App Storeにて販売

-収録曲-
been so long
L.O.T. (Love or Truth)
chronopsychology
Hands
Come Back To Me
How You Like Me Now?
come again
prism
Yours only,
※すべてショートバージョンでの収録


【m-flo TRIBUTE 〜maison de m-flo〜】
9月16日発売 ¥2.100(tax in)



【m-flo10周年SPECIAL LIVE】
日程:2009年11月14日(土)、15日(日)
会場:国立代々木競技場第一体育館
時間:14日 開場17:00/開演18:00
15日 開場16:00/開演17:00
料金:全席指定 ¥7,800(税込) 3歳以上有料


m-floオフィシャルサイト(PC・mobile共通)
http://m-flo.com/



m-floのVERBAL参加TERIYTAKI BOYZ®インタビュー
/?mode=static&html=series_b80/index

 

吉俣良、鹿児島での凱旋フリーライブに2000人が殺到!

aiko、ゆず、ORANGE RANGEなどのアレンジやプロデュース、また数多くのサウンドトラックを手掛けてきた作家・吉俣良。8月5日には、NHK大河ドラマ「篤姫」サントラのベストに加え、今までのサントラ作家人生の軌跡を辿ったキャリア完全ベストから成る『Best Soundtracks~篤姫BEST and more~』をリリースしたばかり。いま、彼の出身地でもあり、篤姫の故郷でもある鹿児島では、吉俣良人気が爆発中だ!

8月8日(土)、ベストアルバムの発売を記念して、地元鹿児島のアミュプラザにて凱旋フリーライブが行われた。当日はあいにくの天気にも関わらず、スタート前から会場であるアミュプラザ鹿児島AMU広場には、老若男女幅広い層のファンが殺到した。イベントは、サントラ『篤姫其ノ二』の収録曲「花意書く(かいかく)」で和太鼓を叩いていた小学生から高校生のメンバーで構成された薩摩川内おどり太鼓が前座を務め、舞台上の挨拶では年少のメンバーが「私は吉俣良さんがだいすきです」と宣言し、会場を温めた。

ファンが固唾を飲んで待ち構える中、吉俣氏が登場。地元鹿児島の話題はもちろんのこと、サントラ『篤姫』の制作秘話や今後放送・公開される吉俣氏が音楽を担当したフジテレビ系ドラマ「救命病棟24時」、NHKドラマ「派遣のオスカル」、常盤貴子主演映画「引き出しの中のラブレター」の話題で会場を盛り上げた。その後、待ちに待ったライブがスタート。人気曲のフジテレビ系ドラマ「Dr.コトー診療所」のメインテーマ「COTO」から始まり、鹿児島出身の小学生画家として人気を博しながらも脳腫瘍を患い、12年の短い人生に幕を閉じた本田紘輝くんのために書いた「koki」や薩摩志士を想って書いたと言う「他意切(たいせつ)」、「篤姫(メインテーマ)」など計6曲を披露。吉俣良のピアノの音色に、雨が降る中、会場の屋根に入りきらない程の2,000人以上のファンが酔いしれた。改めて鹿児島での吉俣良と篤姫の人気の凄まじさを感じずにはいられない一日となった。
 
吉俣良オフィシャルサイト
http://www.yoshimataryo.com/

※近日中にMUSICSHELFにてインタビュー掲載!

 

【リリース情報】
吉俣良の軌跡を網羅した豪華ベスト
『Best Soundtracks~篤姫BEST and more~』
PONY CANYON
PCCR-00478 / \3,500(tax in.)
CD2枚組+DVD
NOW ON SALE!







フジテレビ系ドラマオリジナルサウンドトラック
『「救命病棟24時」Ⅳ』
PONY CANYON
PCCR-00484 / \2,625(tax in.)
9.9 ON SALE!

甲斐名都が8月10日、デビュー当時からラジオのレギュラー番組をもつ静岡で1日メディアジャックした。彼女は◎月◎日にディズニー映画最新作「ボルト」の日本語版エンディングソング「同じ空を見上げてる」をリリースしたばかり。

甲斐は当日「SUMMER CIRCUIT ’09 」と題し、朝8時から約12時間に渡ってK-MIX(静岡エフエム放送)の番組4番組に生出演、1,200人を動員したフリーライブを浜松、静岡の3会場で行い、さらに最後は再び浜松に戻りレギュラー番組「よりみちROOM」の公開生放送を行うという分刻みのスケジュールで新曲「同じ空を見上げてる」と映画「ボルト」をアピールした。 その移動はさながら映画「ボルト」の旅を再現するかのようだった。

■当日のタイムスケジュール
8時台~ K-MIX「BRANDNEW JUNCTION
10時~  サザシティ浜松ライブ
11時台~  K-MIX「CARAMEL POCKET」生放送
13時~     イオン浜松市野ライブ
15時台~  K-MIX「2ストライク1ボール」生放送
16時台~  K-MIX「RADIO THE BOOM」生放送
17時30分~静岡パルコライブ
20時~     K-MIX「甲斐名都よりみちroom」生放送

甲斐は今日一日を振り返って、「静岡は第二のふるさとみたいなもの。今日一日多くの人に集まってもらってよかったです。これからもいい歌を届け続けたいです。」と話した。

ディズニー・アニメーション「ボルト」はデイズニーデジタル3Dも同時公開中の、ウォルト・ディズニー期待の最新作。現在全国各地で大ヒット上映中で主人公のTVスター犬「ボルト」と飼い主の「ペニー」の心温まるストーリーが感動を呼んでいる話題作。

■甲斐名都オフィシャルサイト 
http://www.kainatsu.com
■映画「BOLT」オフィシャル・サイト
http://www.disney.co.jp/movies/bolt/

【リリース情報】
ディズニー映画最新作「ボルト」の日本語版エンディングソング
『同じ空を見上げてる』
エイベックス
07.29 ON SALE!
NFCD-27188
¥1300(tax in.)






9月2日に発売となる次世代癒し系ディーヴァTiaraのメジャーデビューシングル「さよならをキミに... feat. Spontania」が、8月9日付のレコチョククラブうたデイリーランキングで、メジャーデビューを目前にして1位を獲得した。

8月5日よりレコチョクにて独占先行配信されている「さよならをキミに... feat. Spontania」の着うたが配信開始以来好調に推移しており、レコチョク着うたデイリーランキングでも初登場17位から、8月9日付のランキングでは11位まで浮上してきた。

「さよならをキミに... feat. Spontania」は、忘れることの出来ない大切な思い出を胸に秘めつつも次の一歩を歩き出そうとする女性の胸の内を綴った切ないラブソングで、歌詞検索サイトでの注目度も高まってきている。歌詞検索サイト大手の歌ネットモバイル8月9日付デイリーランキング5位、同じく歌詞検索サイト@SOUND8月9日付デイリーアクセスランキング4位を記録するなど、早くもその歌詞の内容からも関心を集めているようだ。

また同曲は、日本テレビ系「音楽戦士 MUSIC FIGHTER」8月POWER PLAY、日本テレビ系「歌スタ!!」9月オープニングテーマ、テレビ東京系「流派-R」9月レコメンド曲のトリプルタイアップも決定している。

現在、8月18日までにレコチョクにて「さよならをキミに... feat. Spontania」の着うた購入者を対象に、9月5日に都内レコチョクプラザにて開催される「Tiara レコチョクライブ guest Spontania」に抽選で50組100名様を招待するレコチョク独占企画がスタートしているのでぜひェックしてみたい。


Tiara オフィシャルサイト
http://www.tiaraweb.com/

【リリース情報】
メジャー1st Single
「さよならをキミに...
       feat. Spontania」

playlist Zero/CROWN RECORDS
CRCP-10228
¥1,200(tax in.)
9.02 ON SALE!

収録曲
1.「さよならをキミに... feat. Spontania」
2.「そのままで」
3.「さあいこう feat. Spontania」
4.「さよならをキミに...feat . Spontania(inst)」


↓↓↓QRコードでレコチョクにアクセス!↓↓↓

8月8日に山中湖交流プラザきらら内、野外特設スカフィールドで東京スカパラダイスオーケストラ初の主催フェスティバル「トーキョースカジャンボリー」が開催された。

国内外のスカバンドが集結し、当日は8,000人のスカファンが全国から駆けつけた。会場はSゾーン「絶対前で踊りたいゾーン」、Kゾーン「真ん中で聴きたい見たいゾーン」、Aゾーン「「ゆるく寝転んで少し後ろで快適ゾーン」と分かれており、行き来も自由となっており、来場者が各々のスタイルでフェスを楽しめるという踊りたい人にも、家族連れにも楽しみやすい新しいスタイル。

主催である東京スカパラダイスオーケストラがトップバッターとして登場し、会場内に設置された特設の東京タワーから、ベースの川上つよしによる開会宣言からスタートした。

スカパラのステージではスタートから、当日集まった8,000人のオーディエンスは総立ち。スカパラ最後の楽曲は10月7日に発売予定のシングル「KinouKyouAshita」に収録されているカバー楽曲「愛の讃歌」を披露し会場のボルテージを上げて次のバンドへとバトンタッチした。その後、THE 69 YOBSTERS、KING NABE& THE VIKINGS、SEE SPOT、NEW YORK SKA-JAZZ ENSEMBLEと国内外のスカバンドが続々と登場し、会場は常にSKAのリズムと、過ごしやすい空気に包まれていた。

最後には出演者全員がステージに上がり、「Bridge View」「PARADISE BLUE」「ペドラーズ」とセッションを行い、会場、ステージが一体となり、全員が笑顔の中日本国内初となるSKAのフェスティバルは大盛況の中終了した。

昨今の夏フェスでは珍しいアーティストと来場者の距離も近く、お客さんの退場時にはスカパラのメンバーや当日の出演者が「気をつけて帰ってねー!ありがとう!」と声をかける一幕も。当日の様子は8月29日に日テレプラスにて放送される。

今後の東京スカパラダイスオーケストラは、各地の夏フェスへの参加、9月末からはツアー、10月7日にはシングル「KinouKyouAshita」をリリースと20周年目にして盛り上がりを見せている。

■東京スカパラダイスオーケストラ オフィシャルHP
http://www.tokyoska.net/

ふかわりょうプロデュースによるユーザー育成型ユニットCOSMETICSが、8月8日に恵比寿ライブゲートで行われた雑誌『B.L.T』主催のイベント【 B.L.T.Girls☆Woodstock Vol.15 】に出演。

ユニット結成以来初となる〝オファー〟ライブを実施した。イベントには約200名のファン達が訪れ、COSMETICSのほかamU、ステファニー、Red Pepper Girlsなど8アーティストがイベントを盛り上げた。

イベント当日、COSMETICSはなんと、イベントのトリとして出場。プロデューサーのふかわ氏はライヴ前にギックリ腰になったにもかかわらず、コルセットで腰をガチガチに固めての強行出場。初めてコスメティックスを見る観客が多い中で、トークあり、笑いあり、ダンスあり、音楽ありと、まさにエンターテイメント性溢れるステージを展開。

デビュー曲「LOVE IS ALL」「tomorrow」「LOVE IS ALL~summer breeze mix~」の3曲を熱唱。ライヴ終了後にはCOSMETICSの初グッズ〝ポスター〟〝生写真〟を販売。初めての物販にもかかわらず、長蛇の列と共に、用意していたグッズは完売するとの快挙を達成。

今後、グッズを手にすることのできなかったファンの要望により、通信販売なども検討中とのこと。今後の活動については、今まで通り〝未定〟で、あくまで〝ユーザー育成型〟を突き通すCOSMETICS。今後はどのような展開を見せてくれるのか、目が離せない。

■オフィシャル HP
http://www.jvcmusic.co.jp/cosmetics/

THE ALFEE 最後の野外イベント

8月8日と9日、デビュー35周年に突入したTHE  ALFEEが3年ぶりの野外イベントを横浜赤レンガパークで行った。27年前の1982年8月6日の所沢航空記念公園から始まった野外イベントは今回で26回目。その最後にふさわしく名づけられたタイトルは「Legendary Summer 2009  YOKOHAMA PERFECT BURN」。8月8日、9日の2日での動員数は5万4000人。26回の述べの動員数は151万人を超える。

「今まで休み、解散もなくここまで来ましたが、この野外イベントで1つのケジメをつけたいということから夏のイベントとしては最後にしたい」(高見沢)ということから、その言葉にふさわしくコンサート制作費用として4億5000万円以上をかけ、高見沢がクレーンで高さ13mの部分から歌ったり、2日間で総計1,200発以上の花火を打ち上げるなど来場者には思い出に残るふさわしいものとなった。披露した曲は「メリーアン」「星空のディスタンス」ほか計25曲、3時間のステージとなった。

夏の野外イベントとしては終幕したが、2日間のイベントを終わらせ述べコンサート本数は2221本に更新され、バンドとしてのコンサート通算本数は1位とまだ独走している中でTHE  ALFEEは新たな挑戦に向かってゆく。

■メンバーからのコメント
桜井 賢
「2日間とも天候に恵まれ、1982年から続いたイベントもみなさんのお陰で有終の美が飾れそうです。今夜はステージで完全燃焼したいと思います。」
坂崎幸之助
「27年間で150万人以上のみなさんに参加してもらったTHE ALFEEのサマーイベント。このイベントにかかわった全ての人に、今は感謝の気持ちでいっぱいです。」
高見沢 俊彦
「1982年から積み重ねたTHE ALFEEの夏のイベントの歴史に、今夜で終止符を打つことになりますが、「終わり」はNEXT ONEの始まりでもあります。感謝の気持ちを込めて、新たなバンドの歴史を今夜、スタートさせたいと思います」

■期間限定視聴
「Legendary Summer 2009  YOKOHAMA PERFECT BURN」の映像が期間限定で視聴可能。
http://emimusic.jp/artist/alfee/

アンジェラ・アキが、8月6日(木)東京国際フィーラム・ホールAにて「Concert Tour 2009 ANSWER」と題した全国53公演のツアーの東京公演を行った。
この中でアンジェラは、NHK連続テレビ小説「つばさ」の主題歌となっているニューシングル「愛の季節」(9月16日発売)をパフォーマンス。ロングヒットを記録し、ゴールドディスクを獲得した「手紙」以来1年ぶりとなるニューシングルを待ち望んでいたファンから大喝采を浴びた。

また、「つばさ」オンエアスタート時から、ユーザーからの要望が殺到していた「愛の季節」の着うた(R)も8月6日(木)に配信スタートしている。

 アンジェラが贈る希望のラブソング、まだ聴いていない人はぜひ聴いて欲しい。


オフィシャルサイト
http://www.angela-aki.com/

 

【リリース情報】
NHK連続テレビ小説「つばさ」主題歌
『愛の季節』
9.16 ON SALE!
【初回限定盤DVD付】
¥1,575(tax in.)
【通常盤】
¥1,223(tax in.)

アンジェラ・アキ「ANSWER」インタビュー
/?mode=static&html=series_b85/index

4月に行われた約3年ぶりの日本武道館公演となった再始動GIGからこの夏、全国各地で「氣志團のロックンロール魂」を見せつけてきた氣志團。そのツアー『氣志團現象2009 MIDSUMMER CARAVAN TOUR「ON THE STREET」』の最終日が8月9日のZEPP TOKYOで最終公演を迎えた。

トレードマークの学ランや白いライダース姿という硬派な装いで、「勇気」「黒い太陽」「God Speed You!」「雷電」など、疾走感のあるナンバーや、じっくりと聴かせる「友よ」、そして未音源化の新曲「木更津サリー」など、全22曲を熱唱。代表曲「One Night Carnival」では超満員の観客のボルテージは一気に最高潮に達した。最終日である本日のみ、アンコールで「MY WAY」のカバーを初披露。パンキッシュで、だけど切なさがあふれる極上のカヴァーソングに仕上がった。音楽を、ロックを、歌を愛する氣志團のロックンロール魂を改めて見せつけられた。

今回のツアーで販売し、全会場で完売していた1万本の限定ドキュメンタリーDVD「氣志團現象2009 AGAIN AND AGAIN」が、再販希望の問い合わせが殺到したため、氣志團ファンクラブ「私立戸塚水産高校」の会員にのみ、通販で販売することが急遽決定した。特典として、「私立戸塚水産高校オリジナル学生証カバー」(ファンクラブの会員証入れ)がついてくるとのこと。

また、来る9月22日に東京JCBホールで、吉川晃司とのガチンコ対マン(対バン)GIGが決定した。

■氣志團オフィシャルHP
http://www.kishidan.com

 

 

08年12月にリリースとなった「SUPERMARKET FANTASY」を引っさげ、今年2月からスタートし、驚異の35万人を動員した全国アリーナツアー「Mr.Children Tour 2009 ~終末のコンフィデンスソングス~」(17カ所34公演)。
8/6、最終公演(振替公演)となる名古屋 日本ガイシホール公演を無事終了させたMr.Childrenから、アリーナツアー日本武道館公演の模様を収録したLIVE DVDリリースと全国5大ドームツアー開催のニュースが飛び込んだ。

「アマチュア時代、8帖ぐらいのスタジオでやっていても、気持ちは武道館でやっているような気持ちでリハーサルしていたんだ」
と桜井がMCで語ったように、彼らにとって武道館はいつまでも憧れの、特別な思い入れがある場所。
そんな武道館で行われた感動のライブを完全ノーカットで収録したLIVE DVD「Mr.Children Tour 2009 ~終末のコンフィデンスソングス~」は11月11日にリリースされる。

また、5大ドームツアーは、11月28日福岡 Yahoo ! JAPAN ドームを皮切りに全10公演開催。
ドームツアーは2005年11~12月に行われた「MR.CHILDREN DOME TOUR 2005 “I ♥ U”」以来、4年ぶり2度目。
約40万人を動員予定で史上最大動員のモンスターツアーになりそうだ。

 

【リリース情報】

LIVE DVD
「Mr.Children Tour 2009 ~終末のコンフィデンスソングス~」

2009.11.11 ON SALE!
TOY'S FACTORY
TFBQ-18107 / ¥5,800(tax in.)

【ライブ情報】


『Mr.Children DOME TOUR 2009 ~ SUPERMARKET FANTASY~』

11月28日(土)、 29日(日)福岡 Yahoo ! JAPAN ドーム
12月5日(土)札幌ドーム
12月10日(木)、12 日(土)、13日(日)京セラドーム大阪
12月19日(土) 、20(日)ナゴヤドーム
12月26日(土)、 27(日)東京ドーム

各プレイガイドにて2009年11月8日(日)より発売開始

オフィシャルツアーサイト
http://www.mrchildren-tour2009.jp

9月8日(クレバの日)に2年ぶり4枚目のオリジナルアルバム『心臓』をリリースするKREVA。
その収録曲の1曲が日本テレビ系で放送される海外ドラマ「プリズン・ブレイク ファイナルシーズン」テーマソングに決定した。

海外ドラマ「プリズン・ブレイク」シリーズは、「24」シリーズ、「LOST」シリーズと並ぶ、超人気シリーズ。「無実の罪で死刑を言い渡された兄を救うべく、IQ200の頭脳を持つ天才、主人公マイケルが自ら銀行強盗をして、刑務所に潜入、脱獄を図る」というストーリー。
4シーズン目となり、全ての元凶である組織に決着をつける"ファイナルシーズン"のTVオンエアが8月13日(木)から日本テレビにて2クールに渡って放送される(各エリアは随時放送開始)。

このテーマソングとなった「中盤戦 feat.Mummy-D」は番組のエンディングでダイジェスト映像と共にオンエアされる。
ドラマの象徴的なシーンを抜き出したスリリングな映像にマッチするKREVA独特のBEATの効いたトラック。
その上に「全然まだまだ中盤戦」というフレーズが印象的なリリックが乗り、ドラマと楽曲の魅力が倍増する相乗効果を発揮していまる。

このテーマソング起用にあたり、日本テレビ 宮崎プロデューサーは 「とうとうファイナルを迎えた大人気テレビドラマ「プリズン・ブレイク」。ドラマの一番の魅力はなんといっても主人公マイケルの卓越した頭脳による数々の計画。彼は冷静なだけでなく誠実、高潔、そして困難に立ち向かっていく姿勢をも持ち合わせています。作品、主人公のイメージとぴったり合う日本の音楽界のマイケル(?)であるKREVAさんとぜひ御一緒したいと思いました。IQミュージシャンがこの作品 をさらにパワーアップして下さり感激です。」とコメント。

そして、このラブコールを受けてKREVAは「この『中盤戦』という曲は、いわばベテランである俺とMummy-Dさんではありますが、まだまだラップでガンガンやってくぜ!という楽しい曲です。番組をご覧の方にも楽しんでいただければ嬉しいです。」と答えた。

『プリズン・ブレイク ファイナルシーズン』初回放送は8月13日(木)25:30~全24話放送です。
そして、テーマソング「中盤戦feat.Mummy-D」収録のKREVA 4thALBUM『心臓』は9月8日(クレバの日)リリース!
どちらもお見逃し、お聴き逃しなく!


オフィシャルサイト:http://www.kreva.biz/
オフィシャルブログ:http://www.kreva.biz/blog/

【リリース情報】
4th ALBUM
『心臓』
PONY CANYON
9.08 ON SALE!
【初回限定盤】
PCCA-05555 / ¥3,360(tax in.)

【通常盤】
PCCA-05556 / ¥3,150(tax in.)
 
【ライブ情報】
『KREVA CONCERT TOUR '09 ROUND1』
9月18日(金) 名古屋Diamond Hall(サンデーフォーク/ 052-320-9100)
9月19日(土) 岐阜Club-G(サンデーフォーク/ 052-320-9100)
9月21日(月・祝) 新潟LOTZ(キョードー北陸/025-245-5100)
9月22日(火・祝) 新潟LOTZ(キョードー北陸/025-245-5100)
9月24日(木) 郡山Hip Shot(GIP/022-222-9999)
9月26日(土) 青森Quarter(GIP/022-222-9999)
9月30日(水) 広島CLUB QUATTRO(夢番地広島/082-249-3571)
10月1日(木) 広島CLUB QUATTRO(夢番地広島/082-249-3571)
10月3日(土) 岡山CRAZYMAMA KINGDOM(夢番地岡山/086-231-3531)
10月4日(日) 高松Olive Hall(デューク高松/087-822-2520)
10月6日(火) 高知BAY5 SQUARE(デューク高知/088-822-4488)
10月12日(月・祝)沖縄Namura Hall(PMエージェンシー/098-898-1331)
10月15日(木) 鹿児島Caparvo Hall(キョードー西日本/092-714-0159)
10月16日(金) 熊本Battle Stage(キョードー西日本/092-714-0159)
10月18日(日) 福岡DRUM LOGOS(キョードー西日本/092-714-0159)
【料金】スタンディング¥5,000(tax in)ドリンク代別
【一般発売日】7月25日(土)全国一斉発売

『ROUND2』
10月30日(金) 名古屋ZeppNagoya(サンデーフォーク/ 052-320-9100)
10月31日(土) 名古屋ZeppNagoya(サンデーフォーク/ 052-320-9100)
11月5日(木) 大阪ZeppOsaka(夢番地/06-6341-3525)
11月6日(金) 大阪ZeppOsaka(夢番地/06-6341-3525)
11月11日(水) 横浜YOKOHAMA BLITZ(ディスクガレージ/03-5436-9600)
11月12日(木) 横浜YOKOHAMA BLITZ(ディスクガレージ/03-5436-9600)
11月17日(火) 福岡ZeppFukuoka(キョードー西日本/092-714-0159)
11月18日(水) 福岡ZeppFukuoka(キョードー西日本/092-714-0159)
11月24日(火) 東京ZeppTokyo(ディスクガレージ/03-5436-9600)
11月25日(水) 東京ZeppTokyo(ディスクガレージ/03-5436-9600)
11月27日(金) 札幌ZeppSapporo(WESS/011-614-9999)
11月29日(日) 仙台ZeppSendai(GIP/022-222-9999)
【料金】スタンディング¥5,000(tax in)ドリンク代別
【一般発売日】8月30日(日)全国一斉発売
発売を前にして、着うた(R)と着うたフル(R)のダウンロード数が15万ダウンロードを突破するなど、大注目を浴びているニューシングル「忘れないよ」を8/5にリリースした青山テルマが、同日Apple Store,Ginzaにて、新曲発売記念イベント「青山テルマ LOVE BALLAD COLLECTION」を開催した。

当日は、先着150名のみが参加出来るプレミアムライブとあって、新世代を代表する歌姫・テルマの歌を聴きたい!と駆けつけた人で予定の人数は瞬く間に終了となる盛況ぶりだった。

Apple Storeでのイベントは初となる青山テルマは「インストアライブはすごく久しぶり。皆さんの前でこうやって歌えることが幸せです」とコメント。大学生であるテルマは、先週夏休みに入ったこともあり、「ファンの皆さんとこうしてお会いするのは、夏休みのすごくいい思い出になります」と、満面の笑みで語っていた。

また、この日発売された新曲は、8/8に全国公開される「ハチ公物語」のハリウッド版「HACHI 約束の犬」の日本語版主題歌。同映画を愛犬(チワワ)である"青山・テル男・ハニー"と鑑賞したことに触れ、「私は映画の中で、自分の歌が流れていることに感動していましたが、テル男は興味がなかったようで気がついたら寝ていました(笑)」というエピソードを明かし、会場の笑いを誘っていた。

イベントでは、新曲「忘れないよ」や大ヒット曲「そばにいるね」を含む、計4曲を披露。青山テルマの真骨頂とも言えるバラードの数々と、その伸びやかで艶のある歌声に、訪れたファン達は一様に酔いしれていた。



8/5に発売となった、ニューシングル「忘れないよ」は、「涙腺直撃の"号泣ソング"」として大きな評判を呼んでいる。また「この曲は、恋愛だけじゃなく、家族愛、友達愛、いろんな形の愛を表現しています。忘れられない人を思い浮かべながら、多くの人に聞いて欲しい」と本人も語る通り、どこまでも切なく響く言葉とメロディで表現されていながらも、温かい愛に満ち溢れている一曲だ。

この秋には、自身2度目となる全国ツアーが決定している青山テルマ。より艶やかさを増した青山テルマの歌声が、日本全国に響き渡ることとなるだろう。


【LINK】
青山テルマ オフィシャルサイト
http://www.thelma.jp/

青山テルマ オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/thelma-aoyama/

青山テルマ ユニバーサルJオフィシャルサイト
http://www.universal-music.co.jp/universalj/artist/aoyama/


【リリース情報】
NEW SINGLE
『忘れないよ』
ユニバーサルJ
NOW ON SALE!

【初回限定盤】
UPCH-9501
¥1,500(tax in.)

【通常盤】
UPCH-5617
¥1,000(tax in.)


【LIVE情報】
『ブルボンpresents Aoyama Thelma TOUR 2009』
9/19 埼玉@サンシティ越谷市民ホール
9/21 神奈川@厚木市文化会館
9/23 名古屋@中京大学文化市民会館
9/27 札幌@札幌市教育文化会館 大ホール
10/4 奈良@なら100年会館
10/10 広島@アステール プラザ
10/11 高松@サンポートホール高松
10/24 新潟@新潟市民芸術文化会館・劇場
10/25 大阪@グランキューブ大阪
11/1 福岡@福岡市民会館
11/28 東京@中野サンプラザ
今年2月にリリースした「milk/嘆きのキス」が初のオリコンシングルチャート1位を獲得したaikoが、秋から放送されるNHK朝の連続テレビ小説「ウェルかめ」の主題歌を担当することが決定した。
新曲のタイトルは「あの子の夢」。
徳島市を舞台に海ガメに導かれるように人生という大海原を漕ぎ行くヒロインと、家族、仲間たちが繰りひろげる明るくコミカルな青春ドラマを彩るアップテンポな1曲に仕上がっている。
「夢に向かって頑張ってゆく女性はステキ!そんなドラマに私の曲を使って頂きありがとうございます。少しでもお役に立てますように!!」とaikoから喜びのメッセージも。
9月28日からの放送を是非お見逃しなく!

また主題歌決定にあたり「ウェルかめ」チーフプロデューサーの六山浩一氏とヒロイン役の倉科カナさんからもコメントが届いた。

主題歌にあたって制作統括 六山浩一チーフ・プロデューサー コメント
「aikoさんが素敵な曲を作り、歌ってくれました。苦しくせつない日々であっても、今日という日は必ずやってくる。悔しくて涙する夜があっても、必ず朝はくる。だから、ゆっくりと一歩ずつでも、前を向いて歩いていこうとする女の子の歌です。初めて聴かせていただいた瞬間、その詞と歌声にすっかり魅了されてしまいました。そして連続テレビ小説(通称「朝ドラ」)に、これほどふさわしい曲はないと感じました。「朝ドラ」は、若い女性の物語。aikoさんほど、女性の気持ちを、やさしく、せつなく歌えるアーティストは他にいないと感じていました。そして、「あの子の夢」という、愛らしくチャーミングな曲をいただきました。「今朝は何を食べましたか?」そんな言葉とともに、毎朝の「ウェルかめ」をお届けできることを、私自身とても嬉しく思いますし、また、視聴者の皆さまも、この言葉、この曲とともに「ウェルかめ」をご覧いただき、毎日を少しでもポジティブな気持ちで始めていただければ、これ以上の幸せはありません。早く、この曲、このドラマを、皆さまの元へ届けたい。今は、そんな気持ちで一杯です。どうぞ、お楽しみに!」

ヒロイン:倉科カナ(浜本波美役) コメント
「aikoさんが主題歌を歌って下さると聴いてとっても嬉しかったです!!『あの子の夢』が流れ『ウェルかめ』はスタートします!!オープニングからaikoさんが歌う歌に合わせてドラマのキャラクターが一人一人飛び出して来るような気がしました♪曲とドラマの一体感を感じました☆aikoさんの歌の中の女の子のように波美を演じられるよう、私も頑張ります!aikoさん、ありがとうございました。そして皆さま、よろしくお願いします!!」

オフィシャルサイト:http://aiko.can-d.com

長渕剛が2年3ヶ月ぶりのアルバム『FRIENDS』(8月12日発売)のリリースを記念して行われた、スペシャル番組「bay fm ON8 feat. Tsuyoshi Nagabuchi」の公開収録イベントに参加。集まった3,000人を超えるファンの前に「詩画」の実演を公開する仰天パフォーマンスを行った。

東京・六本木ヒルズアリーナの特設ステージ上にて、最初は約30分間のトークを収録する予定だったが、早速、CDの音に合わせて即興でライブを行うサプライズでまずファンを喜ばせた。

その後、アリーナ中央に設営された横7m x 縦4mの白紙=巨大なキャンバスと対峙、重さ40kg以上に及ぶ大筆を振るい、わずか10分足らずの瞬間技で、「蝉」という巨大な文字を一気呵成に書き上げた。

普段のライブとは全く違う、言わば「ギターを筆に持ち替えた」ライブ・パフォーマンスを目の当たりにして、ファンも固唾を呑んでただただ見守る状態。その静寂に都会の蝉が泣き叫ぶなか、あっという間に詩画の実演が終了、場内は興奮の坩堝と化すことになった。パフォーマンスを終えてそこに仁王立ちする長渕の姿は、全身墨汁まみれで、さながらボディペインティングを施した、戦いに挑む先住民族のよう。イベント終了後、書き上げた詩画は「乾燥」させるためにそのまま当地に置かれたが、それを記念撮影しようとするファンがその場に残り、六本木には夜遅くまで多くの長渕ファンが残ることとなった。

「詩画」は、長渕が10年以上にわたって行ってきた芸術表現のひとつで、1998年に東京・銀座の「日動画廊」において初の詩画展を開催、2002年の同所での2回目、さらに鹿児島、福岡にもそれぞれ2万人を動員した実績がある。7月にリリースしたシングル「蝉 semi」のミュージックビデオ(PV)にて、初めて「音楽と詩画の融合」が実現、3枚の巨大な詩画を書き上げる模様が収録され、ファンのあいだでも好評を博していた。

長渕がこの曲で、「鳴くのは今しかない」とばかりに自己の「生」を主張し、そしてわずかな時間で潔く散っていく蝉の鳴き声を「チキショウ~」と詠み上げた。そこに筆の刹那的な世界を照らし合わせることで、このPVのアイディアが浮上したという。そんな、詩画の実演を生で体感することができるという、ファンにとっては感涙もののイベントとなった。このような試みは、先月に行われた鹿児島に続いて2度目。

このアルバムをリリース後、長渕は、9月4日(金)の横浜アリーナを皮切りに、10月7日(水)の大阪城ホールまで、全国6箇所10公演のアリーナ・ツアーを行う。さらに、全国13箇所20公演に及ぶ、ひとりでの弾き語りツアーも予定されている。

■オフィシャルサイト
http://www.nagabuchi.or.jp/index2.html
■ユニバーサルミュージックオフィシャルサイト
http://www.universal-music.co.jp/nagabuchi_tsuyoshi/

【リリース情報】
2年3ヶ月ぶりのオリジナル・アルバム
『FRIENDS』
ユニバーサル
08.12 ON SALE!




【初回限定盤】
UPCH-29032
¥3,500(tax in.)


【通常盤】
UPCH-20165
¥3,000(tax in.)

2009年6月18日にニューシングル「生まれ落ちた者へ」をリリース。7月25日には苗場にて行われたフジロックに「忌野清志郎 スペシャル・メッセージ・オーケストラ NICE MIDDLE with New Blue Day Horns」のメンバーとして、仲井戸麗市、甲本ヒロト、トータス松本らと参加した泉谷しげる。8月1日、茨城県ひたちなか市の国営ひたち海浜公園で行われた「rockin'on presents ROCK IN JAPAN FES.2009」のSOUND OF FORESTステージにその姿を現した。
午後1時45分。青く晴れ渡った空。偶然にも直後に同じステージに出演する、泉谷が敬愛する伝説的アーティスト、岡林信康に見送られ、ステージに向かう。泉谷の出番が近付くにつれ、森の中に作られたステージでは、収容人数一杯の1万人が押し寄せ、自然発生的に大きな「しげる」コールが巻き起こった。

 さて、いつものように怒りながらステージに登場した泉谷しげるは、真夏の直射日光を浴びながら1万人に絶叫。森の木々が揺らぐほどの大きな歓声が巻き起こる。いきなり、1曲目「RIJFのテーマ」と名づけられたこの日だけの即興の曲を披露。最新アルバムのタイトルチューンである「すべて時代のせいにして」に続き、「春夏秋冬」を歌うとオーディエンスはステージにどんどん引き寄せられていくように聴き入る。怒涛のような拍手に包まれて、突如この日のセットリストにはなかった忌野清志郎の「雨上がりの夜空に」のイントロが始まった。「忌野〜!!」の叫びに、さらに盛り上がる客席を睨みつける泉谷。あまりの暑さと、直射日光に顔面は真っ赤に染まり、あたかも赤鬼のようだ。

 

 最後は「野性のバラッド」を絶唱。あまりの興奮に思わず2メートル程下の客席向かって飛び降りる泉谷。必死で止めるスタッフ。轟音のような歓声が森の中を駆け抜けた・・・。わずか40分ほどの出演だったが、本人が立ち去った後もしげるコールと歓声は鳴り止むことを知らなかった。

オフィシャルサイト
http://www.wagasha.co.jp/

泉谷しげるのコラコラ放送局
http://www.korakora.tv/

 

 

 

【リリース情報】
『生まれ落ちた者へ/BIG BOY!!』
PONY CANYON
PCCA.2932
¥1575(tax in.)
NOW ON SALE!
 
【収録曲】
01.生まれ落ちた者へ 試聴 PV視聴
02.BIG BOY!! 試聴

特集「泉谷しげる」インタビュー&プレイリスト
/?mode=static&html=special51/index

 

LUNA SEAのベーシスト J が前作『RIDE』から約1年半ぶりとなる新作『STARS FROM THE BROKEN NIGHT』を8/5リリースした。

『STARS FROM THE BROKEN NIGHT』は、
「音数を減らし楽器一本一本の音色とかビート感とか重さとか、それを突き詰めてバンドサウンドできないかという60年代、70年代のバンドがやっていたようなアプローチに挑戦してみたいと思い制作しました。」
と本人が語るように、“古き良き音を今の新しい音に取り入れる”ことに挑戦した新曲6曲を収録。 自分のスタジオに眠っていたエレアコベースや年代の古いヴィンテージアンプなどを使用するなど、音作りには徹底的にこだわり抜いたと言う。

通常版に収録されている「SALVAGE -ENGLISHVER.-」は発売日からヨーロッパとオセアニアを皮切りにiTune music storeにて全世界配信を開始される。(この他の楽曲も順次海外配信予定)
また、ライブツアー『J summer tour 2009~get hot over hot !~』が、間もなく、8月8日(土) 福岡DRUM LOGOSを皮切りに全国13カ所で行われる。

“夏男” J の真骨頂といえる熱を帯びたこのアルバム、そしていつまでも貪欲に走り続ける J のライブ、どちらも見逃せない。

 

【リリース情報】

1年半振りの新作
『STARS FROM THE BROKEN NIGHT』
Cutting Edge
2009.8.5 ON SALE!

【初回限定盤】
CTCR-14637/B
¥2,730(tax in.)

【通常盤】
CTCR-14638
¥1,890(tax in.)

収録曲
1, SALVAGE
2, I DON‘T KNOW
3, FLOWER
4, THE WAVES –Beyond the Waves-
5, SPLASH
6, INSOMNIAC SONG
7, SALVAGE -ENGLISH VER.-(通常盤Only)
※初回限定盤は「SALVAGE」Video Clip+SPECIAL映像DVD付き


【ライブ情報】

『J summer tour 2009~get hot over hot !~』
8月8日(土) 福岡DRUM LOGOS
8月9日(日) 高松OLIVE HALL
8月11日(火) 赤坂BLITZ
8月12日(水) 赤坂BLITZ
8月15日(土) 新潟LOTS
8月16日(日) 富山CLUB MAIRO
8月22日(土) 札幌PENNY LANE24
8月29日(土) 仙台Zepp Sendai
8月30日(日) SHIBUYA-AX
9月5日(土) 広島CLUB QUATTRO
9月6日(日) なんばHatch
9月12日(土) 名古屋DIAMOND HALL

<追加公演>
9月13日(日) 恵比寿LIQUIDROOM

オフィシャルサイト
http://www.j-wumf.com/


『お笑いナタリー』がオープン

音楽ニュースサイト『ナタリー』を運営する株式会社ナターシャが、お笑い芸人に関連する商品の発売情報やテレビバラエティ情報、イベント出演情報、お笑いコンテストの結果速報やライブレポートなどを日々発信するニュースサイト『お笑いナタリー』を本日5日からサービス開始した。

サイトではお笑い芸人のプロフィールや発売した作品の情報、公式サイトや関連サイトへのリンクなどをデータベース化して提供。サービス開始時は約1500組の芸人をフォロー予定とのこと。今後は好きな芸人の情報を取りこぼさず、まだ知らぬ自分好みの芸人と出会え、お笑いのライブに足を運びたくなるという総合エンターテインメントニュースサイトを目指していく。

お笑いナタリー
http://natalie.mu/owarai

Dew 初ワンマンツアー大盛況

女性ボーカルユニットDew(デュー)が8月2日(日)、自身初となるワンマンツアーの最終日を渋谷duo MUSIC EXCHANGEで飾った。


ボーカルの清水は
「DUOに始めて出演させてもらったのは、4年前のイベントライブ。そのとき以来、いつかここでワンマンライブをしたいと思い続けていて。<ワンマンライブ>っていうだけじゃなくて、<DUOでワンマンライブ>っていうのが、本当に、夢で…。今日、その夢が叶って本当に感激しています!」
と、これまでの自分達の歩みを振り返って感慨深げにコメント。

ステージ上は伊賀航(ベース)や盟友オトナモードから山本健太(キーボード)などをサポートに迎えた、最大8人の豪華編成。
Dewが二人で奏でる優しくアコースティックな曲もあれば、時にはバイオリンとチェロを交え厳かに、時にはギター、ベース、キーボード、ドラムを交えて疾走感溢れる演奏を披露。
曲によって、さまざまな表情を見せる楽曲たちを、二人の凛としていて涼しげなハーモニーが繋いで、Dewという唯一無二の世界を作り上げていった。
CM曲に起用され話題になった「プレゼント」「My Special Day」「Thank you」などを含む、全18曲を披露し、チケットが即日完売となった超満員の会場を、優しい歌声が包み込んだ。

ワンマンツアーを終えた後も「情熱大陸SPECIAL LIVE SUMMER TIME BONANZA ’09」や「Slow Music Slow Live ’09 in 池上本門寺」など、大型イベントへの出演が目白押しの彼女達。
ユニット名であるDew(=波紋)のように、その歌の力は無限に広がっていく。

オフィシャルサイト
http://www.jvcmusic.co.jp/dew/

 

矢沢永吉、4年ぶりのオリジナルアルバム『ROCK'N'ROLL』を8月5日遂にリリース。

 

2008年に自らのレーベル「GARURU RECORDS」を立上げ、2005年の『ONLY ONE』 以来、実に4年振り、通算30枚目となるオリジナルアルバムが完成した。

タイトルはその名も 『ROCK'N'ROLL』

歌とメロディー、そしてサウンドバランスにこだわった、究極のロック・アルバムになっている!!
なお初回限定盤には黒・白・赤の3種類のフェイスタオルが付いてくる。

どの色が付いてくるのかは購入してのお楽しみだ。初回分店頭分で終了とのことなので、ファンはもちろん、手に入れたい方はお早めの購入をオススメする。

また、8月19日(水)には、都内某所でタワーレコード企画のアルバム発売イベントを実施予定。

詳細はオフィシャルサイトをチェック!

9月にはドーム、横浜スタジアムでのライブも控えている

2009年後半は”ボス”の活動にに要注目だ

 

【リリース情報】
4年ぶりとなるオリジナル・アルバム
『ROCK'N'ROLL』
GARURU RECORDS
GRRC-10
¥3,000(tax in.)
2009.8.5 ON SALE!

収録曲
1.トレジャー・ハンター
2.コバルトの空  
3.未来をかさねて
4.小悪魔ハニービー
5.KISS KISS KISS
6.Loser
7.Sweet Rock'n'Roll
8.Lady・バッカス
9.君と・・・
10.あの日、アイツに
11.オイ、そこのFriend
12.ひとりぼっちのハイウェイ


【ライブ情報】

東京ドーム公演開催決定!!
『ROCK'N'ROLL IN TOKYO DOME』

9月19日(土)東京ドーム

『Think the water,Feel the music.LIVE for LOVE We support WaterAid』
9月26日(土)横浜スタジアム

DJ MAYUMI LiveにSPECEAL GUEST



8/9(日)に横浜のクラブ、ベイサイドヨコハマで行われる、DJ MAYUMI自身がオーガナイズするイベント「BERRY JAM」のスペシャル・バージョン「SUPER BERRY JAM」に、7/29に発売されたダブル・Aサイド・シングル「CRAZY IN LOVE」でコラボした後藤真希、FALCO&SHINOが緊急参加することが分かった。

「SUPER BERRY JAM」は、7/29にリリースしたばかりの新ミックスCD『BERRY JAM PARADISE mixed by DJ MAYUMI』と同時リリースの超豪華コラボ・ダブルA面シングル「PARADISE(feat. AK-69, BIG RON & JAY'ED)/ CRAZY IN LOVE(feat. MAKI GOTO with FALCO&SHINO)」のリリース記念も兼ねたビッグ・イベントだ。

イベント当日はCD物販ブースも設けられ、そのブースにて今回のコラボ・シングル「PARADISE / CRAZY IN LOVE」の購入した先着50名に、このイベントの為に用意された、DJ MAYUMI、後藤真希、FALCO&SHINOのサイン入り色紙が、特別にプレゼントされることも決定。

この他、豪華ダンサーのショーケース、ファッション・ショー、ヘッドフォンでコラボしたVESTAXのDJ体験ブースなど内容盛りだくさんのデイ・タイム・イベントとなっている。この機会を見逃す手はないだろう。


【LINK】
DJ MAYUMI OFFICIAL SITE
http://www.djmayumi.jp

DJ MAYUMI MySpace
http://www.myspace.com/djmayumi

DJ MAYUMI LABEL SITE 
http://berryjam.jp/

DJ MAYUMI OFFICIAL BLOG
http://ameblo.jp/djmayumi/

【イベント情報】
◆SUPER BERRY JAM
2009年8月9日(日)15:00-22:00
@ベイサイドヨコハマ
http://www.bayside-yokohama.jp/

【リリース情報】

『PARADISE / CRAZY IN LOVE 』
NAYUTAWAVE RECORDS
NOW ON SALE!
UPCH-80133
¥1,100(tax in.)

『BERRY JAM PARADISE mixed by DJ MAYUMI』
NAYUTAWAVE RECORDS
NOW ON SALE!
UPCH-20162
¥2,600(tax in.)


8月5日に2ndシングル「貴方の恋人になりたいのです」をリリースする19歳のシンガーソングライター阿部真央。
このシングルの発売を今週に控えた8月4日(火)、7月度有線問い合わせチャートで1位が発表された。

有線お問い合わせチャートは全国規模で展開される有線放送の、ユーザーからのお問い合わせの数を集計したチャートで、ネクストブレイクチューンの最も信頼度の高いチャートとして各業界から注目を集めている。
この「貴方の恋人になりたいのです」は年齢・性別を問わず、誰もが経験のある片思いの切なさを等身大のコトバで綴ったストレートな歌詞がその柔らかな歌声とともに、大手携帯歌詞検索サイトUta-Netモバイル、うたまっぷ、デジ歌詞JOYSOUNDなどで爆発的にブレイクしており、以下の通り発売目前に週間チャートの記録をそれぞれさらに更新、「共感した!」「感動した!」というコメントが女子中高生を中心に殺到している。
CD発売を前にして盛り上がりをみせる阿部真央。チェックするなら今!


「Uta-Netモバイル」
2週連続週間アクセスランキング1位(7/27、8/3付)、7月度月間アクセスランキング2位
「うたまっぷモバイル」デイリーアクセスランキング1位(8/3付)
「デジ歌詞JOYSOUND」週間アクサセスランキング4位(7/27付)
「有線問い合わせランキング」:http://ranking.cansystem.info/?k=ij

オフィシャルHP:http://abemao.com/
オフィシャルMySpace(試聴&ブログ):http://www.myspace.com/abemao

【リリース情報】
ジャケットは初回盤 「貴方の恋人になりたいのです」
2009.8.5 ON SALE!
ポニーキャニオン
【初回盤】
PCCA-02952 / ¥1,575(tax in.)

【通常盤】
PCCA-02953 / ¥1,260(tax in.)

※初回限定盤の特典DVDには「貴方の恋人になりたいのです」のMUSIC CLIPを収録。

8/30に開催される、「@peps!ミュージック」主催の初の夏フェス「@peps!ミュージック1周年記念"夏祭り'09"」に、シングル「For You」が上半期USENリクエストランキング第1位を獲得の快挙を成し遂げ、今大きな注目を集めているlecca(レッカ)の出演が決定したことが分かった。なお、同イベントは8/1から一般発売も開始されている。
今年3月に発売したシングル「For You」が、上半期USENリクエストランキング第1位、レコチョク クラブ・うた上半期ランキング1位と、各チャートを席捲するlecca。leccaは、7/15にリリースされたばかりの4枚目のアルバム『BIG POPPER』も、オリコンデイリーチャート5位と、自身初のTOP5入りを果たすなど絶好調中で、そのステージを生で見られる貴重なチャンスとなりそうだ。

同イベントには、先日、9/2にニューアルバムがリリースされることが発表されたET-KINGや、サッカーの中村俊輔選手が出演し大きな話題となっている、大塚製薬「ポカリスエット」のCMソングを歌うHi-Fi CAMP、その他にも、Iyse木下航志Glean Piece菅原紗由理傳田真央BAKIヒルクライムMay J.といった、他では見られない豪華な顔ぶれが顔を揃える。

@peps!ミュージックは、女子中高生を中心に370万以上のアカウントを持つ国内最大規模の無料ホムペ作成サイト「@peps!」の1コンテンツとしてスタートしたが、新人アーティストを応援することを大きなコンセプトとして掲げており、まだ広く世間に知られる前から応援する姿勢を貫いている。
そして、開設1周年にして早くも@peps!ミュージック発のブレイクアーティストが多数輩出されていることから、このような夢の競演が実現した。

また、司会には、@peps!ミュージックRADIOのパーソナリティ光邦と今話題のIMALUが登場するというから、これまた@peps!ミュージックのイベントならではのスペシャルな顔合わせと言えるだろう。
これからも、随時追加アーティストが発表されていく「@peps!ミュージック1周年記念"夏祭り'09"」。
更なるビッグネームの参加も予定されているとのことなので、動向を逐一特設ページでチェックしよう!

 

【イベント情報】

モバイル最強の音楽サイト「@peps!ミュージック」主催の夏フェス
「@peps!ミュージック1周年記念"夏祭り'09"」

司会 : 光邦/IMALU
出演者 : Iyse、ET-KING、木下航志、Glean Piece、菅原紗由理、傳田真央、Hi-Fi CAMP、BAKI、ヒルクライム、May J.他...
※追加出演者随時発表
日時:8月30日(日)開場15:00 / 開演 15:30
場所:川崎CLUB CITTA'
料金:¥3,000 (ドリンク代¥500別)

@peps!
http://peps.jp/

イベント特設ページ(PC,MOBILE観覧可能)
http://music.peps.jp/info/sp.php?seq=163

キリンジ 配信SG&DVD発売

キリンジ、約1年半ぶりに待望のニューシングルの配信リリースが決定!

キリンジが約1年半ぶりとなるニューシングルを音楽配信限定シングルとして8月5日にiTunes Storeをはじめとしたサイトでリリースされる。

曲名は「セレーネのセレナーデ」

(作詞/作曲:堀込高樹、Produced & Arranged:キリンジ)

キリンジのコメント

『真夏の夜に体感温度を下げるような、涼しげで浮遊感のある曲にしようと思って作りました。曲の構成は大きく三つに分かれています。パートごとに雲から顔を出したり隠れたりする月、砂に覆われた月面を浮遊しているイメージなど、聴く人がそれぞれに情景を思い浮かべながら楽しんでいただけたらと思います。イントロの口笛はより良い音で鳴るようにサラダ油を唇に塗って録音に臨みました。田村玄一さんのペダルスティールも最高のムードを醸してくれています。「セレーネのセレナーデ」の“セレーネ”は日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発した月探査機から採りました。語源はギリシャ語で月の女神を意味するそうです。“セレナーデ”は夕暮れに恋人に向けて演奏される曲のこと。日本語では小夜曲と表しますが、これではあまりにもキザなのでやめました。』


また、シングル発売日には、昨年暮れに行われた10周年イヤー最終章のプレミアムライブ(ビルボードライブ東京)の模様をDVD+CDで同時リリース!!

 

【リリース情報】
昨年の10周年イヤー最終章となるプレミアムライブをDVD化
『KIRINJI 10th ANNIVERSARY
SPECIAL SHOWCASE FINAL
@ Billboard Live TOKYO

Columbia Music Entertainment
COZA-394~5
¥4,200(tax in.)
2009.8.5 ON SALE!








普段のライブとは異なり、ラグジュアリーな空間で披露された至福のひと時の模様を豪華盤、LIVE DVD+CD で御届けします。音楽ファンには堪らないキリンジの極上ライブをなんと5.1chサラウンドで収録。ファンには待ち遠しい!

“20億円の超イケメン新人“として人気のスティーヴ・アップルトンが先週リリースしたデビュー・アルバム『ザ・サン・カムズ・アップ』が、オリコン洋楽アルバムランキングで堂々の8位初登場(8月10日付)、mora洋楽アルバムチャートでは1位を獲得するなど現在大ヒット中。
  そんな中、『音霊』出演(8月14日)とアルバム・プロモーションのために、アップルトンがいよいよ来日。そして音霊の主催者でもあるキマグレンとスティーヴ・アップルトンが、8月13日(木)に原宿に出現することが決定した。原宿アメーバ・スタジオの生公開番組の超スペシャル特番に、2組がそろって出演し奇跡のトーク・セッションが開催されるという。今回の『音霊』出演も、キマグレンのクレイがインターネットサイト上で偶然アップルトンを発見したことがきっかけ。夏の海が似合うその独特の音楽性に惹かれアプローチしたところ、6月上旬、アップルトンの初来日中に運命の出会いを果たし意気投合した。

アップルトンの『音霊』でのライヴ・パフォーマンスへの期待が高まるのはもちろんだが、その前日に東京・原宿で行われるこの奇跡のトーク・セッションで、日英代表の夏男たちの間でどんなトークが飛び出すのかも大いに注目するところ。 また10月に単独来日公演が決定しているアップルトンだが、8月来日中に生アップルトンに会える超スペシャルなアコースティック・イベントが大阪と名古屋で開催が決定しており、オフィシャル・サイトでも大好評につき緊急で参加募集がスタートしている。

MUSICSHELFでも近々インタビューとプレイリストを掲載します。お楽しみに!

■オフィシャル・サイト
www.sonymusic.co.jp/appleton
■アップルトンのアメブロ
http://ameblo.jp/steve-appleton

【リリース情報】

20億円の超イケメン新人デビュー盤
『ザ・サン・カムズ・アップ』
BMG
07.29 ON SALE!
BVCP 40054
¥1,995(tax in.)




KICK THE CAN CREW 一夜限りの

8/2、「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2009」(@国営ひたち海浜公園)のステージで、KICK THE CAN CREWが、今年も再結集した。
昨年、「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」のKREVAのステージで、突然一夜限りの復活を果たしたKICK THE CAN CREWが、 今年は、偶然にも3人とも8/2にそれぞれソロとして出演し、三種三様にブランニューな姿を披露。
とはいっても、ただじゃ終わらない面々だけに、KICK THE CAN CREWがなんと一夜限りの復活を果たした。

 

 


そんな貴重な復活を見れたファンにも見れなかったファンにも朗報が!
8/5から、遂にKICK THE CAN CREWの、未配信だったアルバム音源の着うた(R)(着うたフル(R)、RBT etc)配信がスタート。
2001年から、活動休止となった2004年までのアルバムの中から、「BEST ALBUM 2001-2003」収録の「アンバランス」「イツナロウバ」「マルシェ」などの人気楽曲14曲、KREVA、LITTLE、MCUバージョンを含む5種類の着うた(R)全70バージョンを皮切りに、順次配信。
8/12からは携帯とPCにて、上記に加えオリジナル・アルバム収録曲の配信も決定している。

KICK THE CAN CREWの復活はこの日限り。
これからも3人それぞれのソロでの新たな動きに注目したい。

アルバム「HOCUS POCUS」も好調、先日の5周年記念ライブも2万2000人の動員を記録するなど、この夏絶好調の木村カエラがデジタル配信で2つの記録を達成した。

まず、4月からゼクシィのCMでオンエアされているアルバム収録曲の「Butterfly」が配信からわずか2ヶ月で100万ダウンロードを突破した。6月1日から配信を開始すると同時にデジタル配信のチャートを賑わせ、「着うたフル(R)」ではレコチョクフルデイリーチャート3日連続1位を獲得。親友の結婚式のために書き下ろした歌詞が幅広い層の共感を得た。
また、スヌーピーやピーナッツに登場する女の子のキャラクターと木村カエラがバンドを組んだことでも話題になった、ホットペッパーのCMソング「ホットペッパーの唄」を7月1日から「着うた(R)」として配信したところ、配信初日から長期間にわたりダウンロードが殺到し、「レコチョクうた」サイトでの7月度「着うた(R)」月間ランキングで1位を獲得した。アーティストのオリジナルシングル、アルバム曲以外で月間ランキング1位を獲得した唯一の作品となった。 いわゆる“CMソング”が月間1位になったのは、企画とキャラクターから生まれた非常に珍しいケース。

その他にもmusic.jpでの7月度月間「着うた(R)」ランキング1位の獲得など各サイトのランキング1位を独占するなど累計45万DLを記録。 「Butterfly」と共に大きな話題となった。また、この面白い歌詞も話題となりユーザーからの問い合わせが殺到したため、携帯歌詞サイトにて7/28から歌詞を公開したところ、早速「デジ歌詞JOYSOUND」では閲覧ランキングで早くも1位を獲得した。

■オフィシャルサイト
http://columbia.jp/kaela/
http://kaela-web.com/index.html

■MUSICSHELF インタビュー
/?mode=static&html=series_b101/index

元ちとせと坂本龍一のコラボレーションで届ける平和への祈り。反戦歌「死んだ女の子」が今年も期間限定で配信される。

反戦歌「死んだ女の子」は、トルコの社会派詩人=ナジム・ヒクメットの詩を、ロシア文学者=中本信幸氏が日本語に訳し、その訳詩を読んだ日本を代表する作曲家=外山雄三氏が作曲した名曲。原爆の悲惨さと戦争に反対する切なる気持ちを、原爆の火に焼かれてしまった女の子に成り代わって歌った作品だ。元ちとせは、デビュー前のデモテープ制作時からこの曲を歌いはじめ、その真摯かつ重いテーマを表現することに4年の歳月をかけ取り組んできた。そして、プロデューサー森川欣信と元ちとせの熱いオファーを受け、坂本龍一氏がアレンジ・プロデュースを快諾。NYでのレコーディングを経て、2005年から毎年8月に期間限定で配信リリースされている。

そして今年も、世界に大きな変化が起こっている2009年にこそ、この曲の強いメッセージが多くの人々に届くよう今年も期間限定で楽曲配信。同時に元ちとせのホームページで、この「死んだ女の子」のライブパフォーマンスの模様がフル試聴できる。

■元ちとせ「死んだ女の子」特別動画試聴
http://www.hajimechitose.com/

■元ちとせ今後の予定
「出雲大社奉納公演 元ちとせコンサート~ハイヌミカゼ 黄昏の国より~」
日時:2009年9月27日(日)
会場:出雲大社 東神苑特設会場
時間:OPEN 17:00 / START 17:30
「Augusta Camp 2009」
鳥取東郷湖サマーフェス2009 Augusta Camp 2009~Extra~
8月29日(土)
会場:鳥取県・湯梨浜町 ハワイ夢広場 出演:山崎まさよし、mi-gu、秦 基博、さかいゆう(Newcomer Act) ※元ちとせゲストボーカル
「Augusta Camp 2009~Extra~」
9月12日(土)
会場:三重県・ナガシマスパーランド芝生広場 特設会場 出演:スガ シカオ、元ちとせ、スキマスイッチ、さかいゆう(Newcomer Act)
「Augusta Camp 2009~Extra~」
10月24日(土)
会場:埼玉県・さいたまスーパーアリーナ
出演:杏子、元ちとせ、スキマスイッチ、秦 基博、さかいゆう(Newcomer Act)

■オフィシャルサイト
http://www.office-augusta.com/hajime/
http://www.hajimechitose.com/

 

BONNIE PINKツアー大団円

BONNIE PINKの "ONE"ツアーのファイナル公演が7月31日、赤坂BLITZにて行われた。

最新アルバム『ONE』からのロックナンバー「Rock Ypu Till the Dawn」で幕を開けたライブ。「今日は最後なので全部出し切って、ひとつになれたらいいなと思います。攻めてくので、みんなついてきてください!」のMCに会場は大盛り上がり。

ライブ中盤では、大好きだったというマイケル・ジャクソンのメドレーを披露(「Black or White」~「Billie Jean」~「Rock With You」)。この曲のためにスタイリストに作ってもらったというスパンコールの手袋をしながらマイケル・ポーズを決めた。続けて、「A Perfect Sky」「鐘を鳴らして」といったヒット曲も演奏し、本編最後には「みんな一緒に歌ってくれますか?」と「Happy Ending」を男女のパートに分け、会場を大合唱。ハンドクラップのコール・アンド・レスポンスも行い、会場を盛り上げた。アンコールでは「Heaven's Kitchen」「Tonight ,the Night」のほか、最終日は「Last Kiss」も演奏した。

今年9月に15周年を迎えるBONNIE PINK、ツアー最終日は大盛り上がりで終了した。

 

■MUSICSHELF インタビューとプレイリスト

/?mode=static&html=series_b98/index

/playlist/889372

佐野元春&THE COYOTE BANDによる全国ライブハウスツアー「COYOTE」、東京での最終公演となるパフォーマンスが、7月26日 ZEPP TOKYOにて行われた。

 

2009年夏、7月中に全国10箇所のライブハウスを巡るとてもレアなアピアランス、初日の赤坂BLITZに次ぐ東京ファイナルのステージに、猛暑のお台場には2,500人の佐野元春ファンが集まった。開場後の会場では、今春から復活を果たした「元春レイディオショー」が流れ、開演寸前に「君が気高い孤独なら」がかかると、大きな歓声と拍手が起こり、パフォーマンスを待ちきれない会場のファンは、手拍子とともにステップを刻み、これから始まるアクトに心を躍らせた。

そして、開演。スモークから射すブルーのバックライトの中、佐野元春と5人のTHE COYOTE BANDがステージに登場。アルバム『COYOTE』のファーストトラック「星の下 路の上」のドライブする演奏での幕開けに、ファンはこれからの時間が記憶に残るステージになることを確信した。3曲目「君が気高い孤独なら」で“Sweet Soul, Blue Beat”と歌うファンとバンドの一体感に会場は一瞬にして解き放たれ、早くも最初のピークを迎えた。ここで、今日のパフォーマンスが、レコーディング・セッション・メンバーであるTHE COYOTE BANDとともに、アルバム『COYOTE』を全曲演奏することが佐野から告げられた。『COYOTE』発売前に同メンバーによりリリースした『3track EP』に収録された「ヒナギク月に照らされて」「裸の瞳」を加えた全14曲が、『COYOTE』がコンセプト・アルバムであることを裏付けるように、収録曲順通りに演奏された。

ライブメンバーとして初めてのツアーでの演奏となるTHE COYOTE BAND。佐野自身が10年近くレコードやライブでミュージシャンとしての活躍を見続け、直接オファーをすることにより集まったという、深沼元昭(ギター、MellowHead)、高桑圭(ベース、Great3)、小松シゲル(ドラムス、NonaReeves)に加え、渡辺シュンスケ(キーボード)、大井"スパム"洋輔(パーカッション)による演奏は、佐野を中心とするも、お互いを尊重しあい『COYOTE』に込められた想いを全体として表現することに注力した素晴らしいものとなった。“スタジオセッションの中で生まれたハッピーソングです”(「夜空の果てまで」)、“「佐野さん、その曲、佐野元春っぽくない」と言われた(笑)”(「世界は誰の為に」)といったMCでのエピソードからも、佐野がバンドに対して確かな手応えを抱いていることが伝わり、そのソリッドな演奏によるグルーヴからも、会場のファンはバンドの持つ信頼力を感じそれを共有することができた。

終盤、波音のS.E.とともに佐野のピアノ弾き語りで始まる「コヨーテ、海へ」が演奏されると、会場は開放的な静けさに包まれ、全体がひとつとなる今夜のハイライトとなった。そして、アルバム『COYOTE』を締めくくる「黄金色の天使」で、本編のパフォーマンスは幕を閉じた。“『COYOTE』に込められた想いを伝えるには、ライブハウスという空間が最適だと思った”と佐野が思いを懸けた通りの、ダイレクトで一体感のある素晴らしい時間となった。

会場を覆う拍手の嵐と2階席でのスタンディングオベーションの中、メンバー紹介とともにアンコール・アクトがスタートした。“新しいバンドによる80年代の曲で、みんなで一緒にタイプスリップしようじゃないか!”という佐野の掛け声とともに、歓喜の声と大合唱の渦の中、最高潮の盛り上がりをみせた。さらに、2回目のアンコール。80年代の佐野を想い起こす赤いストラトキャスタを携えて歌う「約束の橋」「アンジェリーナ」の大合唱で、会場のファンは佐野元春クラシックスを存分に満喫した。その後、あまりにも鳴り止まない拍手と熱気の中、佐野は急遽バンドメンバーをステージ中央に集め話し合い、「星の下 路の上」を再演した。

来年デビュー30周年を迎える佐野元春。
“ぼくのアニバーサリーというよりは、ファンのみんなのアニバーサリーにしたいと思う。ドカン!とやるよ。今回のツアーで、何か素晴らしい、何か大きなものをもらった気がしている。バンドも同じ気持ちだと思う”
これまで何よりもファンを大切にし、誰よりも自分を信じ続けることを伝えてきた佐野の30周年への向けての言葉は、この日集まった会場のすべてのファンに等しく正しく深く届いていた。


佐野元春&THE COYOTE BANDライブハウスツアー2009
「COYOTE」 2009年7月26日(日)ZEPP TOKYO
1. 星の下 路の上(『COYOTE』#1)
2. 荒地の何処かで(『COYOTE』#2)
3. 君が気高い孤独なら(『COYOTE』#3)
4. ヒナギク月に照らされて(『3track EP』#1)
5. 裸の瞳(『3track EP』#2)
6. 折れた翼(『COYOTE』#4)
7. 呼吸(『COYOTE』#5)
8. ラジオ・デイズ(『COYOTE』#6)
9. Us(『COYOTE』#7)
10. 夜空の果てまで(『COYOTE』#8)
11. 壊れた振り子(『COYOTE』#9)
12. 世界は誰の為に(『COYOTE』#10)
13. コヨーテ、海へ(『COYOTE』#11)
14. 黄金色の天使(『COYOTE』#12)
EN1. ぼくは大人になった(『タイム・アウト!』#1)
EN2. ヤングブラッズ(Sg「ヤングブラッズ」A1)
EN3. ダウンタウンボーイ(『サムデイ』#3)
EN4. 約束の橋(『ナポレオンフィッシュと泳ぐ日』#8)
EN5. アンジェリーナ(『バック・トゥ・ザ・ストリート』#6)
EN6. 星の下 路の上(『COYOTE』#1)

★これまでのインタビュー&プレイリスト★

~特集 佐野元春~
「ロックを口ずさむコヨーテ、海へ」

プレイリスト
「佐野元春オールタイム・ベスト」