2009年9月アーカイブ

BUMP OF CHICKENがシングルとしては約2年ぶりの、そして待望のニューシングルをDouble A Side singleとして11/25にリリースすることが決定した。

タイトルは、「R.I.P/Merry Christmas」。
1曲目のの『R.I.P』は、、BUMP OF CHICKENならではの疾走感溢れるバンドサウンドが聴く人の感性を激しく揺さぶる、まさに真骨頂のロック・ナンバー。
『R.I.P』とは、欧米の墓碑に刻まれる文字です。ラテン語“Requiescat in Pace”の頭文字を取ったもので、英語では“Rest in Peace”「安らかに眠れ」という意味。

2曲目の『Merry Christmas』は、BUMP OF CHICKENからの珠玉のクリスマス・ソング。
クリスマスの情景と人々(自分自身)の心情を、藤原基央ならではの独特の視点で描き出したこの楽曲は、2009年末を代表するクリスマス・ソングとして、多くのリスナーにとっての掛替えの無いクリスマス・プレゼントになることだろう。
今回、『Merry Christmas』のPVは、メンバーがアイリッシュトラッドのような衣装を着ての、クリスマスならではの世界観を堪能できる映像作品に仕上がる予定。

 

【リリース情報】

約2年振りのNew Single
「R.I.P/Merry Christmas」

2009.11.25 ON SALE
TOY'S FACTORY
TFCC-89289 / ¥1,050


オフィシャルサイト
http://www.bumpofchicken.com/
http://www.toysfactory.co.jp/bump/


9月23日にCDシングルとして発売されたTOKYO No.1 SOUL SET+HALCALI(トーキョー・ナンバー・ワン・ソウル・セット・プラス・ハルカリ)による「今夜はブギーバック」が、10月5日付オリコン週間シングル・ランキングにて10位を記録。好調なチャート・アクションを見せている。

「今夜はブギーバック」は、スチャダラパーと小沢健二により1994年3月リリースされ50万枚を超えるヒットを記録。様々なアーティストによって歌い継がれているコラボレーションの先駆けとして名高い作品だ。今回、日産自動車 新型「キューブ」の新テレビCM をきっかけにTOKYO No.1 SOUL SETとHALCALIというコラボレーションが実現。TV CMがスタートするやいなや関係者が戸惑うほどの問い合わせが各所に殺到したことでCD発売が決定したというが、「当初はCMに足りうるサイズしか制作していなかった」という。

CD発売に先駆けスタートした同曲のモバイル配信では、レコチョク週間ランキングにおいて着うた(R)が初登場6位、着うたフル(R)が初登場4位をそれぞれマーク。さらにPC配信においてもiTunes Storeトップチャートにて、9月24日~29日にかけて、連日1位を獲得するなど各チャートを席捲。今後の更なる大ブレイクが予想される、初リリースから15年を経過した「今夜はブギーバック」。今からでも要チェックだ。


【LINK】
TOKYO No.1 SOUL SETオフィシャルサイト http://www.t1ss.net/
HALCALIオフィシャルサイト http://www.halcali.com/

日産自動車「キューブ」オフィシャルサイト
(WEB限定60秒CM公開中)
http://www2.nissan.co.jp/CUBE/

【リリース情報】
TOKYO No.1 SOUL SET+HALCALI
『今夜はブギーバック』
tearbridge
NFCD-27169
¥1,050(tax in.)
NOW ON SALE!

 

TOKYO No.1 SOUL SET インタビュー


GIRL's STYLE Vol.11 - HALCALI


豪華プロデューサー陣を迎えて、HALCALIの新たな出発を告げる新作


20歳の米人女性ヴォーカリスト・BECCA(ベッカ)を新たに迎え、11月4日に1stシングル「Dreamer」をリリースすることを発表したBENNIE BECCA。
ついに、その注目の新ビジュアルがベールを脱いだ!

HIP HOP、R&Bをルーツにジャンルレスなサウンドで、オリジナリティ溢れるミクスチャースタイルを築いてきたBENNIE Kと、10歳からギターを手に取り、THE TUESDAYというガールズ・ロック・バンドに憧れたのをきかっけにその音楽的な才能を開花させてきたBECCA。
最新のアーティスト写真は、そんな両者の高密度なブレンドからなるBENNIE BECCAにふさわしく、ROCKとHIP HOPが出会いセンセーショナルな化学反応を起こした『Walk This Way』(RUN DMC+エアロスミス)へのオマージュとなっている。

異なる国籍や生い立ち、そして音楽的ルーツを持つBENNIE BECCAの3人は、これからどんな化学反応を起こしていくのか。心してリリース日を待とう。

【リリース情報】
BENNIE BECCA
『Dreamer』
FOR LIFE MUSIC
11.04 ON SALE!
【初回限定盤】
FLCF-4301 / ¥1,200(tax in.)


【通常盤】
FLCF-4302 / ¥1,500(tax in.)


 

【LINK】
BENNIE BECCA Official Web Site:http://www.bennie-becca.jp/
BECCA Official Web Site : http://beccachan.com/
BECCA Official MySpace : http://www.myspace.com/beccachanofficial
BENNIE K Official Web Site : http://www.benniek.jp/
BENNIE K Official MySpace : http://www.myspace.com/benniek
FOR LIFE MUSIC ENTERTAINMENT : http://www.forlife.co.jp/

9月23日にリリースされた絢香が初のベストアルバム『 ayaka's History 2006-2009』が10/5付オリコンアルバムランキングで1位を獲得した。売り上げ枚数は70万枚を突破。絢香にとって首位獲得は、2006/11/13付チャートで1位を獲得した1stアルバム『First Message』以来、約3年ぶり。また、今作の初動(発売1週目)の売上34.8万枚は、今年1月発売の倖田來未『TRICK』が記録した25.3万枚を上回る、09年女性アーティストの最高記録となった。
2006年2月のデビュー以来、絢香はこれまで10作のシングルと3作のアルバムをリリース。その内、首位は2006年9月発売のシングル「三日月」と、上述のアルバム2作『ayaka's History 2006-2009』の計3作で獲得。ミリオンは、アルバム『First Message』(累計120.2万枚)の1作で達成している。

『ayaka's History 2006-2009』には、2006年2月発売のデビューシングルで、初登場3位を記録した「I Believe」から今年7月発売の「みんな空の下」までの全シングルに、コブクロとのコラボ曲「WINDING ROAD」「あなたと」と配信限定曲「For today」を加えた全16曲を収録。通常盤のほか、「フォトブック」「ヒストリーDVD」のいずれかが付いた初回完全生産限定盤2種類の計3種類が発売されている。

<絢香 本人コメント>
「初のベストアルバムが1位になったということ、これからの自分にとって前に進んで行くパワーになりました。
感謝の気持ちでいっぱいです。
この作品が、受け取ってくれた人にとって、心に残る1枚になることを願っています。」

なお、11月18日(水)には大阪城ホールにて無期限活動休止前のラストライブが行われることも決定している。このラストライブは、完全無料招待のイベントとなっており、応募券は、初回生産分のCDにのみ(通常盤/完全生産限定盤2種(DVD付、Photobook付))封入されている。
応募の〆切は、10月2日(金)必着分。

更に、ベストアルバム『ayaka's History 2006-2009』発売を記念して、ケータイ用きせかえも販売されている。きせかえとはケータイの待受画面、メインメニュー、電話発着信画面、メール送受信画面などを一括で変更できるダウンロード商品。
WAMO、VIBE MIXXX、きせかえドワンゴ、music.jpフル、HAPPY!きせかえ、アーティスト♪きせかえで9/24より販売開始!!
価格:525円(税込)
※対応機種はサイトにてご確認ください。

■ワーナーミュージック公式ケータイサイトWAMO!絢香のページ
http://wmg.jp/ayaka/

【リリース情報】
初のベストアルバム
『ayaka's History 2006-2009』
ワーナー
09.23 ON SALE!

【DVD付き限定盤】
WPZL30160
¥4,500 (tax in.)

【通常盤】
WPCL10744
¥3,150(tax in.)

10月28日(水)より2週間限定で世界同時公開する映画「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」の前売券を9月28日(月)(日本時間)から全世界で同時発売開始した結果、日本ではオンラインチケット独占発売のローソンチケット、プレイガイド、劇場など全国でそれぞれ驚異的な売上げを記録した。

ローソンチケットでは、前売鑑賞券初日発売枚数の歴代1位となる56,746枚(9月28日現在)を 記録。劇場では、東京の新宿ピカデリーを筆頭に(先着300人限定でUS版ポスター付の前売鑑賞券を発売。500人以上のファンが、早朝から劇場に駆けつけ長蛇の列を作った)全国296館の劇場では30,176枚(9月28日現在)の売上げを記録し、合計約8万7000枚という記録的な数字を叩き出し、マイケルに対する関心の高さとファンの熱狂ぶりが感じられる結果となった。

世界でも前売りが同時発売されており、全世界でセールス枚数の記録を樹立しているが、日本の87,000枚(約127万ドル)はインターナショナルではTHIS IS ITコンサート開催地であったイギリスの3万枚を抜いてトップのセールスだという。

また、同作は10月28日(水)の初回上映時間を19時からとし、全国劇場で解禁、公開することが決定。同作のプレミアは、LA現地時間10月27日(火)18時にワールドプレミア、日本では28日(水)18時にジャパンプレミアが開催されるほか、世界25カ国以上で実施。初日初回解禁時間は、LAのワールドプレミアの3時間後に一般公開が開始されるほぼ同時刻に設定されている。世界的に解禁時間を合わせることで、今回の前売り発売と同様、世界的大イベントのエンタテインメント感と興奮は、映画、音楽のジャンルを超えて、世界が同時に体感、遭遇する一大イベントとなる。

『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
10月28日(水)より丸の内ピカデリー他全世界同時公開!
http://www.sonypictures.jp/movies/michaeljacksonthisisit

この夏、地元・長崎に1万人を集め開催された主催イベント<MUSIC LIFE 09>を成功させた九州男が、ついに11月11日、待望の2ndフルアルバム『®』(読み:マルアール)を発売することが決まった。

20万枚を超えるセールスを記録した1stアルバム「HB」から、約1年ぶりに発売されれる「®」は、この春の桜ソングとして話題を集めたシングル「桜道」、「手紙。。feat.hiroko (mihimaru GT)」(album version)のほか、新曲「地球の歩き方」、「約束。。feat.HOME MADE 家族」を含む 全14曲を収録した、
これからの季節をホットに過ごすためのラブソングがぎっしり詰まった1枚に仕上がった。

そして、本作では九州男としては初となる、ミュージックビデオを収録したDVD付き初回限定盤もあわせて発売されるとのことで、その詳細も気になるところ。

まずは、ニューアルバム『®』から「地球の歩き方」着うたが10月14日よりレコチョクにて独占先行配信されるので、チェックしてみよう。

九州男オフィシャル: http://kusuo.info/
九州男メーカーオフィシャル: http://www.crownrecord.co.jp/artist/kusuo/whats.html

【リリース情報】
2nd Full Album
『®』
日本クラウン
11.11 ON SALE!

【初回限定盤】
CRCP-40259
¥3,000(tax in.)

【通常盤】
CRCP-40260
¥2,500(tax in.)

9月16日にアルバム「Destiny」をリリースしたばかりのタイナカ サチが、9/27(日)東京・渋谷CLUB QUATTROにてワンマンライブを開催した。

10ヶ月ぶりとなるワンマンライブを心待ちにしたファン600人が会場を埋め尽くすなか、大きな声援に迎えられたタイナカは、8月に発表した新曲「運命人」とニューアルバム「Destiny」にちなんで、「今日という日が来るのをずっとずっとワクワクしながら待っていました!こんなにたくさんの『運命人』に来てもらって本当に嬉しいです!今日はぜひ『運命』的な時間にしたいと思います!」とコメント。客席からは、割れんばかりの拍手が巻き起こっていた。

ライブは、ダンスあり、アゲアゲチューンあり、しっとり聴かせるバラードありと、実にバラエティに富んだ内容。「It's my life」では、ステージと一緒になって観客全員が振り付けを楽しみ、その様子に感動したタイナカが「みんな、サイコー!!」と何度も繰り返す場面もあった。この日、タイナカはニューアルバムの曲を中心に、シングル曲「運命人」や「もうキスされちゃった」など計17曲を熱唱。その伸びやかで澄んだハイトーンボイスは訪れたファンたち一様に魅了していた。

そしてライブの最後には、客席に向かって何度も深々と頭を下げ、感謝の意を表していたタイナカ サチが感動のあまり涙ぐむ姿も見られ、観客からはより一層大きな声援が贈られていた。この日は、デビュー4年目にして自身初となるファンクラブの発足が発表された。「イベントをいっぱいやっていきたい!!クリスマスとかにイベントをして、一番大好きなみんなと一緒にいれたら、(私が)寂しくないなぁって(笑)」と本人が語る通り、タイナカ サチと触れ合えるチャンスが盛りだくさんのファンクラブとなる予定だ。詳細が決定次第、オフィシャルサイトにて発表されるという。

■オフィシャルサイト
http://www.tainakasachi.jp/
■オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/tainakasachi/

■MUSICSHELF 最新インタビュー
/blog/selector/2009/09/-special-interview-4.html

 

元ガンズ・アンド・ローゼズのギタリスト、スラッシュがソロとしての活動を9年ぶりに再開することになった。来年2010年2月予定でソロ・アルバムをリリースすることとなり、そこには米国を中心に各国ミュージシャンが集結する。

参加予定アーティストは、ファーギー、オジー・オズボーン、アダム・レヴィーン(マルーン5)、サイプレス・ヒル、アリス・クーパー、キッド・ロック、M.シャドウズ(アヴェンジド・セヴンフォールド)、イギー・ポップといった米国勢、イアン・アシュベリー(ザ・カルト)ら英国勢、日本からはB’zの稲葉浩志が予定されている。さらにはロン・ウッド(ザ・ローリング・ストーンズ)、ダフ・マッケイガン(元ガンズ・アンド・ローゼズ)、フリー(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)、デイヴ・グロール(フー・ファイターズ)らの参加の可能性がありそうだ。

スラッシュと稲葉浩志のコラボの経緯については以下のとおり。共通の知人を介してスラッシュと稲葉浩志が知り合い、スラッシュのアルバム作成にあたりヴォーカル参加を快諾、今回のコラボ実現に至っている。アルバムに先駆けて09年11月11日にはシングルをリリースすることも決まり、稲葉浩志が競演する「サハラ~feat.稲葉浩志」、及びファーギーが競演する「パラダイス・シティ~feat.ファーギー&サイプレス・ヒル」といった楽曲になる。「サハラ~feat.稲葉浩志」は、この夏に米LAでレコーディングされ、CDリリースと同時に11月11日予定で着うた・着うたフルを配信。「パラダイス・シティ~feat.ファーギー&サイプレス・ヒル」は、スラッシュが在籍していたガンズ・アンド・ローゼズのヒット曲のカバーで、CD発売は11月11日を予定、着うた・着うたフルの配信は11月18日を予定。

■公式HP
http://www.universal-music.co.jp/u-pop/artist/slash/

【リリース情報】
話題作からの先行シングル
『SAHARA~feat.稲葉浩志/
パラダイス・シティ~feat.ファーギー&サイプレス・ヒル』

ユニバーサル
11.11 ON SALE!
UICV-5006
¥1,260(tax in.)




ニュー・シングル「ストレート・スルー・マイ・ハート」が、オリコン(シングルランキング[洋楽部門])、着うた及び着うたフル(いずれもレコチョク洋楽ランキング)、USEN、ラジオの全てで1位を獲得するヒットを記録し、人気の高さをみせつけているバックストリート・ボーイズ。

9/30に発売を迎えるニュー・アルバム『ディス・イズ・アス』のプロモーションのため昨日夕方に日本入り。成田空港にはその到着を一目見ようとファン300人が殺到した。メンバーも日本のファンの温かい出迎えに笑顔でこたえ、「日本のファンはいつも最高のサポートをしてくれるので来日はいつも楽しみにしているよ。今回は短い滞在だけど、みんなと一緒に満喫しようと思っているんだ。」とコメント。来日中は大型TV番組などへの出演の他、10/1(木)にはスペシャル・イベントを行うが、これまでの完全招待制ではなく、今回は「1人でも多くの人に見てもらいたい」というメンバー自身の強い希望から、その会場・時間を公表。当日は、日本公演だけでも通算動員60万人を誇り、これまでに世界中のアリーナやドーム級の会場を満員にし魅了してきたパフォーマンスを、最新ヒットを含む複数曲披露する他、メンバー本人たちからとっておきの重大発表も予定しているとのこと。


BACKSTREET BOYS Premium Event in Japan
日時: 10月1日(木) 18:00
会場: ラゾーナ川崎プラザ ルーファ広場 グランドステージ
神奈川県川崎市幸区堀川町72-1  www.lazona-kawasaki.com

■公式HP
www.sonymusic.co.jp/bsb

【リリース情報】
通算7枚目のニュー・アルバム
『ディス・イズ・アス』
BMG
09.30 ON SALE!



【初回限定盤】

BVCP 40098-9
¥¥3,360(tax in.)


【通常盤】

BVCP 40100
¥2,520(tax in.)

10月末に発売される初のソロアルバム『フレイゼズ・フォア・ザ・ヤング』の完成記念として「全世界初」となる単独ソロ来日公演を東京で行ったザ・ストロークスのフロント・マン、ジュリアン・カサブランカス。


このライヴはアルバム発売前にもかかわらず3000人以上の予約が殺到、チケットは発売と同時に即完売する等、日本における人気の高さがうかがえる一件となったが、そんな日本の熱いファンにまた一つ要注目のニュースが到着。アルバムの発売に先駆け、世界最速のアルバム試聴会及びレビューコンテストの開催が決定した。本日よりMySpace上にて、このコンテストへの参加者募集が開始される(詳細は下記参照)。

注目のアルバムの内容は、9月28日から全国一斉オンエアとなった1stシングル「イレヴンス・ディメンション」が象徴するように、ザ・ストロークスでは聴くことの無かったシンセサイザーが多様される等、ストロークスらしいメロディと全く異なったサウンドが絶妙に合わさったものになっている様子。「バンドとソロはそれぞれ違う良さがあって好きだ」とジュリアン本人も語るように、ザ・ストロークスでは見せなかったもう一つの“顔”が現れた注目作だ。

■オフィシャルHP
www.sonymusic.co.jp/juliancasablancas

【MySpace 世界最速試聴会&レビューコンテスト】
世界最速試聴会に参加して、アルバムのレビューを書こう!
優秀者にはスペシャルグッズをプレゼント!
日時:09年10月10日(土) 午後2時~
会場:都内某所 *当選者の方にのみお知らせいたします。
応募方法・詳細は、ジュリアン・カサブランカスMySpaseプロフィールページをご覧ください。
http://www.myspace.com/juliancasablancasjp

【リリース情報】
ジュリアン・カサブランカス初のソロ作品
『フレイゼズ・フォア・ザ・ヤング』
BMG
10月下旬発売予定
BVCP- 40087
¥2520(tax in.)




 

今年アメリカでデビューをした歌手BoAが2009年9月26日に行なわれた東京ゲームショウ2009(幕張メッセ)にサプライズ登場した。トレードマークのロングヘアをバッサリ切ってショートカットに。

シリーズ累計1,200万本を超える大人気RPG「テイルズ オブ」シリーズ、最新作Wii用ソフト「テイルズ オブ グレイセス」のテーマソングにBoAの「まもりたい 〜White Wishes〜 」(今冬発売予定)に決定したことを報告。

10月28日には日本で約8ヶ月ぶりの新曲「BUMP BUMP feat. VERBAL(m-flo)」をリリース。10月末には「まもりたい 〜White Wishes〜 」の着うた(R)も超先行配信予定。


【リリース情報】
New Single
「BUMP BUMP feat. VERBAL(m-flo)」

2009.10.28 ON SALE
*サウンドプロデュースに"VVERBAL(m-flo)"を迎えた、超Upper Dance Tune!!
(DVDには、脅威のダンススキルを存分に堪能できるMUSIC VIDEOを収録!!)
music.jp / mu-mo / レコチョク等 大手配信サイトにて着うた(R)好評配信中!

12月発売予定
New Single
「まもりたい 〜White Wishes〜」

※10月末より着うた(R)先行配信予定

【ライブ情報】
日本で一番早いクリスマス・ライブイベント
「Disney's クリスマス・キャロル 公開記念
“M-ON! Presents THE BASIC'S Special Live -Christmas Songs-
ジュジュ 苑×MUSIC ON! TV”」

10月10日(土)  東京国際フォーラム ホールA
出演:JUJU、BONNIE PINK、JAY'ED、BoA

また、2年ぶりのBoA THE LIVE X'mas開催決定!
12/4(金)東京国際フォーラム ホールA
12/5(土)東京国際フォーラム ホールA
12/8(火)大阪国際会議場メインホール

 

オフィシャルHP
http://www.avexnet.or.jp/boa/


2009年の活動を“総攻撃”と銘打ち、メジャーセカンドアルバム『mar maroon』のリリース、渋谷AXでのワンマンライブ、真夏の12DAYSライブを成功させてきた12012(イチニーゼロイチニ)。
10月7日に待望のニューシングル「薄紅と雨」のリリースを目前に控える中、新たなニュースが届いた。

毎年“イチニーの日”と称し、12月12日のライブが恒例となっている彼ら。
今年の“イチニーの日”は渋谷C.C.Lemonホールでの開催が決定。
そして本公演はなんと入場無料のフリーライブになる事も明らかにされた。
計3回の入場チャンスを逃さぬよう、詳細をオフィシャルサイトでぜひチェックしてほしい!

 

【ライブ情報】

12012フリーライブ
「無法地帯」

12月12日(土)渋谷C.C.Lemonホール
OPEN 18:00 / START 18:30


「TOUR -薄紅と雨-」
10月11日(日)目黒鹿鳴館 [12012 ON LINE会員限定LIVE]
10月17日(土)名古屋E.L.L.
10月23日(金)仙台MACANA
10月25日(日)HEAVEN'S ROCK熊谷 VJ-1
10月31日(土)岡山IMAGE
11月1日(日)松山サロンキティ
11月3日(火・祝)福岡Live House CB
11月5日(木)OSAKA MUSE

【リリース情報】

New Single
「薄紅と雨」

2009.10.7 ON SALE
NAYUTAWAVE RECORDS

【初回限定盤A】
UPCH-89059 ¥1,500(tax in.)


【初回限定盤B】
UPCH-89060 ¥1,200(tax in.)


【通常盤】
UPCH-80146 ¥1,000 (tax in.)



オフィシャルサイト
http://www.12012.jp/

遊助(上地雄輔)の3rdシングル『いちょう』(11/4発売)を記念して、『ひまわり祭』(と題したファン感謝イベント)が、彼の地元でもある横須賀市内の「ソレイユの丘」(野外公園)にて行われた。会場には、「上地雄輔モバイル」(オフィシャルファンクラブ)から抽選で選ばれた一万人が、北は北海道、南は沖縄、海外は韓国からもファンが駆けつけていた。

前回6/21は、同場所(ソレイユの丘)にて、降水確率100パーセントの中、奇跡的に晴れの中イベントが行われたが、今回は絶好の行楽日和。またもや『晴れ男』のパワー全開。
しかし、遊助は、
『現在ドラマで医者役をしてるから、日焼けするとヤバイんだよな~怒られちゃうな~(汗)。』
とコメントした。

今回はブログでも呼び掛けた関係もあって、ドレスコードは『浴衣』。
遊助本人も、染色からオーダーメイドの紺地に、遊助自身が描いた『ひまわり』(1stシングル)・『たんぽぽ』(2ndシングル)・『いちょう』(3rdシングル)の刺繍入りのオリジナル浴衣で登場。
高さ6.6メートルの櫓の上から11/4発売の3rdシングル『いちょう』を初パフォーマンス。
他にも『ひまわり』など、全6曲をパフォーマンスした。

また、『さくら物語』(デビューシングルカップリング曲)を皆で「盆踊りバージョン」で踊りながらレコーディング。同バージョンは「着うた」として後日配信予定。

遊助『こんなに大勢(一万人)の人が同時に盆踊りしてるの初めて見た。凄いな~。みんなオッケー!』
とコメントしたが、遊助が太鼓を叩くのを失念し、アンコールのタイミングで「テイク2」としてレコーディングし直す一面も。

 

JASMINE NE-YO LIVEのゲストに

6/24にシングル『SAD TO SAY』でデビューしたシンガーソングライター JASMINEが、NE-YOのジャパンツアーでゲストアクトとしてメジャーデビュー後初の記念すべきライブを披露することが決定した。

しかも今回名古屋・大阪公演も追加決定し、3日間のデビューライブ大ツアーに格上げ!NE-YOといえば数々の大ヒットを生み出し今年のグラミー賞も受賞した、U.S.R&B界で最も重要なアーティストの一人。もちろんJASMINEも敬愛するアーティストであり、同じ舞台に立てる事に喜びと興奮とプレッシャーを感じつつも、最高のステージにするべくJASMINE&スペシャルバンドのリハが連日行われている。

JASMINE初のオフィシャル且つプレミアムなライブとなる大注目の3日間、NE-YO共々見逃せない!

【リリース情報】
JASMINE Debut Single
『SAD TO SAY』
SMA
AICL-2017
¥1,223(tax in.)
NOW ON SALE!






JASMINE Profile
生年月日:1989年5月19日 年齢:20歳
家族の影響で幼い頃から音楽に慣れ親しみ、13歳の時、米軍横田基地の一般解放日にゴスペルクワイアのライブを初体験。その魅力に取り付かれたジャスミンは、すぐさまゴスペルクワイアに入門する。その非凡なヴォーカルは当然のごとくクワイア内でも大評判になり15才の時、所属クワイアのアメリカ遠征に参加。現地の教会でその声を響かせた。この体験から、ゴスペルを通してブラックミュージックという音楽と出会い、ジャスミンが本格的にシンガーになる事を強く決意することになる。17歳になった頃から本格的にシンガー活動をスタートさせた彼女は、その年齢では考えられない驚異的なヴォーカルパフォーマンスと、10代の気持ち・感情を見事に表現した歌詞ですぐにその名がウワサになり、歌いだしてわずか1年あまりでメジャー契約を結ぶ事に。本人の作詞作曲で作り出される楽曲群は、ポップスとして驚愕のクオリティーとストリートR&Bのエッセンスが見事に融合し、歌詞の鋭い言葉選びも含め、今までとは全く違う新たな世代の登場を実感させる。弱冠20歳にして、間違いなく時代を変える驚異の存在。
デビュー前にして、4月からJ-WAVEでの1時間レギュラー番組オンエア中!
J-WAVE「MUSIC WONDERLAND」 毎週木曜 26:00~27:00

オフィシャルサイト:http://www.jasmine-world.net
アメブロ"Jasmine's blog":http://ameblo.jp/jasmine-world/

今世紀最大の“アイコン”=ブリトニー・スピアーズのデビュー10周年を記念し、デビューから現在に至るまでの歴代シングルを完全網羅するベストアルバム『コンプリート・ヒット・シングルズ』が、11月25日に緊急発売される。

 去年12月にリリースした最新アルバム『サーカス』が全米・日本を始め各国で1位を獲得。同アルバムからのシングル「ウーマナイザー」も(当時の)全米史上新記録となるジャンプアップで全米シングル・チャート1位を獲得するなど世界中で大ヒットとなり、アルバムは全世界セールス400万枚、日本でも15万枚を突破。さらにデビュー10周年を迎えた今年3月からスタートさせたワールド・ツアーでもすでに世界で100万人以上を動員するなど、完全復活を果たした。

今回発売されるベスト盤は、デビュー・アルバム『ベイビー・ワン・モア・タイム』から、最近の2作品『ブラックアウト』『サーカス』までの全オリジナル6作品(そのうち5枚は全米No.1アルバム)からの歴代ヒット・シングルを完全網羅。さらに新曲「3」(原題)も収録されることが発表され、来月にはミュージックビデオも撮影される予定だ。デビューから10年のこの輝かしい歴史を象徴するこのオールタイム・ヒッツ完全盤は、初回限定ボーナスDVD付デラックス・ヴァージョンも同時発売が決定。ブリトニーファン、全ポップ・ミュージック・ファンの新たなマスト・アイテムとなること間違いない。

『コンプリート・ヒット・シングルズ』
11月25日発売
ボーナスDVD付デラック・スエディション SICP-2460~2461 ¥3200(税込)
CD SICP‐2459 ¥2310(税込)
1.3 (新曲/原題)
2.…Baby One More Time (1998)/ベイビー・ワン・モア・タイム
3.(You Drive Me) Crazy (The Stop Remix (1999)/ユー・ドライヴ・ミー・クレイジ-(THE STOP REMIX!)
4.Born To Make You Happy (2000)/ボーン・トゥ・メイク・ユー・ハッピー
5.Oops! I Did It Again (2000)/ウップス!... アイ・ディド・イット・アゲイン
6.Stronger (2000)/ストロンガー
7.I’m A Slave 4 U (2001)/アイム・ア・スレイヴ・フォー・ユー
8.I’m Not A Girl, Not Yet A Woman (2002)/ノット・ア・ガール
9.Boys (The Co-Ed Remix) f. Pharell Williams (2002)/ボーイズ(THE CO-ED REMIX) FEATURING PHARRELL WILLIAMAS
10.Me Against The Music f. Madonna (2003)/ミー・アゲインスト・ザ・ミュージック FEATURING マドンナ
11.Toxic (2004)/トキシック
12.Everytime (2004)/エヴリタイム
13.Gimme More (2007)/ギミ・モア
14.Piece Of Me (2008)/ピース・オブ・ミー
15.Womanizer (2008)/ウーマナイザー
16.Circus (2009)/サーカス
17.If You Seek Amy (2009)/イフ・ユー・シーク・エイミー

ヴィダルサスーン・キャンペーン“Fashion×Music×Vidal Sassoon”の第4弾の内容が遂に発表された。

安室奈美恵がオーランド・ピタ(ヘアスタイリスト)とパトリシア・フィールド(スタイリスト)とともにする今回のCMは、シャンプー・コンディショナーCMとスタイリングシリーズの2部作連続のCM展開となり、10月1日(木)より“プレミアム ヴィダルサスーン シャンプー・コンディショナー”CM「リボーン」篇(30秒/15秒)、10月15日(木)より“ヴィダルサスーンスタイリングシリーズ”CM「アムロード」篇(30秒/15秒)の2バージョンを全国でオンエア開始する。

「リボーン」篇は、安室奈美恵が宇宙で生まれ変わり、地球へ舞い降りるまでを描いたストーリー。宇宙を舞台にしたキラキラ衣装に、安室奈美恵のトレードマークでもあるしなやかな美髪を披露している。スタイリングシリーズのCM「アムロード」篇は、地球に舞い降りた後を描いたストーリー。トレンドの発信地であるロンドン、ロシア、ロサンゼルスの要素を盛り込み、安室奈美恵が3スタイル(アムロンドン、アムロシア、アムロサンゼルス)を披露。ロンドンスタイルでは、本人も「チョココロネっぽい」とお気に入りだったリーゼント風のスタイリッシュなヘアスタイルでキメて、ロシアスタイルでは、女性の強さを感じるまとめ髪にこの秋大注目のミリタリージャケットを着て登場、また、ロサンゼルススタイルではふんわりウェーブヘアで誰もが振り返り声をかけたくなるような明るくキュートな女の子を表現。

CMキャンペーン・ソングには、それぞれ安室奈美恵の新曲「MY LOVE」「COPY THAT」が使われ、この新曲は、年末発売予定のアルバムに収録予定となっている。

※ヴィダルサスーンオフィシャルサイトでは、CM撮影の様子やweb限定60秒CMが見れるスペシャルコンテンツを9月25日(金)より公開。

■ヴィダルサスーンオフィシャルサイト
http://vidal.jp
■安室奈美恵 LIVE DVD SPECIAL SITE(PC/モバイル共通)
http://sp.avex.jp/amuro
■VISION FACTORYホームページ
http://www.visionfactory.jp/
■安室奈美恵オフィシャルHP
http://www.avexnet.or.jp/amuro/index.html

 

【リリース情報】

BEST FICTION TOURを収録
『namie amuro BEST FICTION TOUR 2008-2009』
エイベックス
09.09 ON SALE!
AVBD91736
¥5,229(tax in.)




絢香が生まれ育ったゆかりの地である大阪で、デビュー前からサポートしてきたMTV とタッグを組んだ完全無料招待制ライブ「MTV Unplugged」を実施することが決定した。

「MTV Unplugged」とは、世界中で行われてきた、ビッグアーティストのみに許された、伝統ある格式高いアコースティック形式のライブ。
今までに、オアシス、エリック・クラプトン、マライア・キャリー、ジョージ・マイケル、宇多田ヒカル、平井堅など、100組以上の豪華なアーティストがこのライブを実施。
会場はかつて小学5年生だった絢香が生まれて初めてライヴ(ジャネット・ジャクソン)を観た場所であり、その時のジャネットのパフォーマンスに感銘を受け、アーティストを目指すきっかけとなったという、絢香にとって“音楽の原点”と呼べる大切な場所、大阪城ホール。
動員1万人規模での開催は20年という長い「MTV Unplugged」史上初。

このライブは、絢香の“無期限活動休止前ラストワンマンライブ”。
「MTV Unplugged ayaka」 優先応募券が9/23発売のベストアルバム 「ayaka’s History 2006-2009」 【初回完全生産限定盤(Photo Book 付、History DVD付)、通常盤の3種類】の初回出荷分にのみ封入されており、こちらの詳しい応募方法はhttp://www.ayaka.tvをチェックして欲しい。
(応募締め切り:10月2日(金)必着)

<絢香コメント>
Unpluggedは、憧れていていつか出られたらいいなと思っていたので、本当に嬉しいです。
私にとって特別な場所である大阪城ホールで出来ることはとても嬉しいし、地元なので緊張はありますが、 今までの感謝の気持ちを精一杯歌で届けられたらいいなと思っています。
活動をお休みする前のラストライブになるので、自分自身色々な感情がきっと湧き上ると思います。
今の私にできる最高のパフォーマンスをして、ファンの方と一緒に楽しめる1日にしたいです。

 

【ライブ情報】

『MTV Unplugged ayaka』
11月18日(水)大阪城ホール

オフィシャルサイト
http://www.ayaka.tv/index.php

★絢香 過去のインタビューはこちら★
「今の私だからこそ、歌える歌がある」2008.6.25公開

去る9月15日、東京・新木場STUDIO COASTでの公演をもって終了に至った『TOUR09 ALL VISIBLE THINGS』。その終演と同時に表題曲のタイトルと発売日のみが発表されていた、DIR EN GREYのニュー・シングルに関する詳細がついに判明した。

まず情報を整理しておくと、「激しさと、この胸の中で絡み付いた灼熱の闇」と題されたこの作品は、2008年11月に発売された現時点での最新アルバム、『UROBOROS』以来初の真新しい音源であり、シングルとしては「GLASS SKIN」以来、実に15ヵ月ぶりのリリースとなるもの。
発売日は12月2日に決定している。

肝心の収録曲についてだが、まず表題曲は、やはりそのタイトル自体からは想像不能であるばかりでなく、端的に形容すること自体が難しいと言わざるを得ない楽曲。
なかにはバラードを想定していた読者もいるかもしれないが、ここではバラードであるか否かを明言するよりも「常に予想を裏切るのがDIR EN GREYだ」と答えるにとどめておくべきだろう。
とにかくファースト・インプレッションの強烈なこの楽曲について、いくつかヒントを提示しておくとすれば、“情報量の多さ”と“意外なほどのキャッチーさ”ということになるかもしれない。
ただし、もちろん“キャッチー”という言葉が意味するのは、世間にありがちなポップ・ソング的ということではない。“一度でも耳に絡み付いたら離れない”ということである。

そして同時収録されているのが、なんと「残」「蝕紅 (Shot In One Take)」
どちらも最近のライヴで披露され、客席に大きな衝撃とどよめきをもたらした楽曲だが、1999年1月に3作同時リリースされたメジャー・デビュー・シングルのうちの1曲である「残」は、新旧を問わずあらゆるファンから特に“復活”を望まれていたナンバーだと言っていいだろう。
これまでにも“過去の楽曲を現在形にリニューアルする”という作業については、かならずしも否定的ではなかった彼らではある。
が、禁断のチューンともいうべきこの「残」の蘇生は、彼らを支持する人たちの多くにとって“願ってはいても、叶わないこと”と信じられていたに違いないし、ここでこうして新たなカタチで蘇生させることを5人が決意するに至ったのは、まさに現在のこのバンドにとって“否定すべき過去”が何ひとつ存在しないことの証しと言っていいはずだ。

もう1曲の「蝕紅 (Shot In One Take)」は、そもそも『VULGAR』(2003年発表)に収録されていた楽曲だが、こちらに関してはタイトル中の英語表記部分が物語っているように、いわゆるワン・テイク、一発録りによる音源となっている。
『TOUR09 ALL VISIBLE THINGS』では、『UROBOROS』収録の「凱歌、沈黙が眠る頃」などとともに“鍵”を握っていたともいえるこの楽曲。
『VULGAR』自体、DIR EN GREYが現在のスタイルに至るうえでの重要な分起点となった作品といえるが、その収録曲である「蝕紅」が“現在の5人の等身大の音”で、必要以上に手を加えられていない状態のまま我々の耳に届けられることになるわけだ。

もうひとつ補足しておくと、その「蝕紅 (Shot In One Take)」を除く2曲については、スウェーデンが誇る孤高のへヴィ・ロック・バンド、OPETH(オーペス)との仕事で知られているイェンス・ボグレンがミキシングを担当。
ボグレンの名前は同バンドの『GHOST REVERIES(ゴースト・レヴァリーズ)』(2005年)、『WATERSHED(ウォーターシェッド)』(2008年)といった作品において、共同プロデューサー及びエンジニアとしてクレジットされている。
さらにこの音源は、最終的にはニューヨークのスターリング・サウンド・スタジオにおいて、テッド・ジェンセンによるマスタリングを経て完成へと至らしめられている。マスタリングの達人として広く世界的に認知されている彼の名前は、言うまでもなく『UROBOROS』のクレジットのなかにも見つけることができる。

いわば日本で録られ、スウェーデンで研ぎ澄まされ、アメリカはニューヨークで最終着地点へと到達したこのシングル。
今回はふたつのフォーマットでのリリースが予定されているが、2枚組仕様で発売される初回生産限定盤のDVDには、レコーディング風景などもふんだんに収録されているとのこと。

さまざまな意味で画期的というべきこのシングルの登場を経た先に見えてくるのは、2010年1月の日本武道館二夜公演ということになるが、順当に考えれば、そのときに初めて「激しさと、この胸の中で絡み付いた灼熱の闇」がステージ上で披露されることになるのだろう。
しかし、前にも記したとおり、常に予測を裏切るのがDIR EN GREYというバンドでもある。果たして“次”は何が起こるのか? シングルの具体的な像が明らかになるその瞬間と、続報到着とをお待ちいただきたいところだ。


文:増田勇一

 

【リリース情報】

New Single
「激しさと、この胸の中で絡み付いた灼熱の闇」
Fire Wall Division
12.2 ON SALE!

MUSIC CLIP COLLECTION
「AVERAGE BLASPHEMY」
Fire Wall Division
SFBD-21
¥ 5,775(tax in.)
10.28 ON SALE!


収録曲
1.VINUSHKA (Restricted Ver.)
2.DOZING GREEN
3.GLASS SKIN
4.冷血なりせば
5.Agitated Screams of Maggots (Restricted Ver.)
6.GRIEF
7.凌辱の雨
8.CLEVER SLEAZOID
9.RED SOIL
10.VINUSHKA (Promotion Edit Ver.)
11.CLEVER SLEAZOID -『DESPAIR IN THE WOMB』Ver.-
12.AGITATED SCREAMS OF MAGGOTS -『DESPAIR IN THE WOMB』Ver.-
13.CONCEIVED SORROW -『IN WEAL OR WOE』Ver.-



【ライブ情報】

『UROBOROS -with the proof in the name of living...- 』
2010/1/9(土)日本武道館
2010/1/10(日)日本武道館

チケット料金:¥6,000(tax in)
席種:アリーナスタンディング(ブロック指定・整理番号付き)/スタンド指定席
総合問合せ:フリップサイド 03-3466-1100
チケット一般発売日:10/31(土)

オフィシャルサイト
http://www.direngrey.co.jp/

10月7日に野音ライブを収録したLIVE DVD『初体験』をリリースするミドリ
リリース直後にスタートする「初体験 VS ツアー」の東名阪公演が決定した。
ミドリでしかできない豪華対バンツアー。
東名阪はタテタカコメリー、そして9mmが顔を揃えた。
9月28日(月)より先行予約が開始するので、オフィシャルサイトをチェックして欲しい。

 

【ライブ情報】

『初体験 VS ツアー』

■10月 9日(金) HEAVEN'S RCOK さいたま新都心VJ-3
VS カジヒデキ
■10月12日(月・祝) 清水 JAM JAM JAM
VS DALLAX
■10月15日(木) 金沢 vanvan V4
VS ジッタリン・ジン
■10月17日(土) 滋賀 B-FLAT
VS KING BROTHERS
■11月 1月(日) 秋田 Club SWINDLE
VS 嘘つきバービー
■11月 3日(火・祝) 盛岡 CLUB CHANGE WAVE
VS MO'SOME TONEBENDER
■11月 4日(水) 郡山 CLUB#9
VS MO'SOME TONEBENDER
■11月12日(木) 水戸 LIGHT HOUSE
VS SCOOBIE DO
■11月20日(金) 神戸 STAR CLUB
VS 黒猫チェルシー
■11月22日(日) 鹿児島 SR HALL
VS GENERAL HEAD MOUNTAIN
■11月23日(月・祝) 宮崎 SR BOX
VS GENERAL HEAD MOUNTAIN
■11月27日(金) 広島 CLUB QUATTRO
VS 発表は追って!
■11月28日(土) 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
VS 発表は追って!
■12月1日(火)大阪 umeda AKASO
VS タテタカコ
■12月3日(木)名古屋 BOTTOM LINE
VS メリー
■12月9日(水) 東京 SHIBUYA-AX
VS 9mm Parabellum Bullet

【リリース情報】

NEW LIVE DVD
『初体験』
SMA
AIBL-9179
¥3,200(tax in.)
2009.10.7 ON SALE!


収録曲
1.都会のにおい。
2.うわさのあの子
3.ゆきこさん
4.ハウリング地獄
5.エゾシカ・ダンス!!
6.あかん!!
7.朽ちては果てぬ
8.声を聞きたいのですが、聞こえないのです
9.愛って悲しいね
10.お猿
11.さよなら、パーフェクトワールド。【新曲】
12.愛のうた
13.獄衣deサンバ
14.あんたは誰や
15.swing

【おまけの特典】
副音声:コメンタリー『ミドリの野音反省会。』


オフィシャルサイト
http://www.midori072.com

バックストリート・ボーイズが2年ぶりのニューアルバム『ディス・イズ・アス』を9月30日にリリースする。

ファースト・シングルを手がけたRedOne、マックス・マーティン(BSB「アイ・ウォント・イット・ザット・ウェイ」「シェイプ・オブ・マイ・ハート」他)、クロード・ケリー(ケリー・クラークソン、ブリトニー、レオナ・ルイス他)、ソウルショック&カーリン(アッシャー、ホイットニー他)や、グラミー受賞歴もあるジム・ジョンソン(ビヨンセ他)、シングル・アルバム共に全米No.1 歴も誇るT-Pain など、今作にも強力なヒット・メイカー陣が数多く参加し、ヒット確実のアルバムになっている。

今これらのホットなクリエイターを集めることができるのは、バックストリート・ボーイズならではのポイント。ハウイーは、「今作では単なる原点回帰じゃなく、新しいことに挑戦して自分たちの境界を広げたいという狙いもあったんだ。だからメンバー全員が大ファンのプロデューサー、T-ペインや、ソウルジャ・ボーイの「キス・ミー・スルー・ザ・フォン」がヒット中のジム・ジョンソン、そしてブリトニーの『サーカス』やケリー・クラークソンの「ウィズアウト・ユー」を書いたクロード・ケリー…現在のポップ・ラジオで成功しているプロデューサーに積極的に声をかけたんだ」と語る。
「ここ数年、シーンがエレクトロ/ダンス傾向にシフトしてきて、音楽もファッションと同じで周期があるのを実感したね。グループとしても、このあたりで従来のダンス/ポップの路線に立ち返ってみようと。それでベストな自分たちが出せるのもわかっていたからね」とブライアン。また、AJは「前作のツアー中に、どんなサウンドにしたいのか、どんな方向性にしたいのかについて話し合った。意見のまとまったところで一緒に組みたい人材をリストアップして、結果的にほぼ実現できたんだ。おかげで最高の作品を作ることができたよ」と続ける。

2年前に、自然発生的に新作へ向けたアクションを起こし、結果的に “これがオレたちなんだ”と正面から訴えかけたこのアルバムには、グループのすべてが集約されているという。「ツアー中には、マンチェスターで最初のレコーディングをしたよ。ライアン・テダー(レオナ・ルイス「ブリーディング・ラヴ」)の「アンダン」なんだけど、メロディとサウンドの対比やファルセットのサビがクールな曲だよ」(ブライアン)
「タイトル曲の「ディス・イズ・アス」のプロデュースは、オレたちが一緒に仕事をしたかったリストの筆頭にいたジム・ジョンソン。マイアミ・ベースのクラブのヴァイブを出してくれるんだ。レコーディング中には、ワイクリフ・ジョンがスタジオに入って来たんだけど、この曲を大絶賛してくれたよ。オレたち最大のヒットソングになればいいなって思ってる」(ニック)
豪華ライター陣とともに完成を目指した『ディス・イズ・アス』。聴くだけでテンションが上がるサウンドと、時代にフィットするスタイリッシュなビートで、バックストリート・ボーイズは2009年型のポップスを表現したといえる。そして今作の成功を決定付ける楽曲が、先行シングルの「ストレート・スルー・マイ・ハート」。同曲は、アルバム制作の最終局面で届けられたサプライズナンバーだという。手がけたのは、レディー・ガガやショーン・キングストンでおなじみのRedOne。「彼の表現するヨーロピアン・ダンスのテイストが大好きなんだ。そして世界に通用するビートもね。本当にうまい」(ニック)
「彼は僕たちと一緒に仕事をする機会を待ち望んでいたと言ってくれた。実際、届いたデモを聴いた瞬間、僕たちのヴォーカルが入っている様子が容易に想像できて。さすが! と思ったね。彼のセンスを僕たちの歌声と見事にブレンドしてくれていると感じたし、素晴らしい曲にめぐり合えたよ」(ブライアン)

シーンのトレンドやヒットの傾向がめまぐるしく移り変わるポップスシーンにおいて、存続し続けることは容易ではない。ことボーイズグループにおいては、マーケットの存在さえ確認することが難しいような、寂しい現状も。そんな中、例外的に元気な状態をキープしているのが、バックストリート・ボーイズ。9月でデビュー15年目に突入した彼らの2年ぶりの新作『ディス・イズ・アス』は、キャリア史上、最高値を叩き出す勢いだ。

その証拠に、ニューアルバム発売前に日本の各チャートで1位を獲得。
①オリコン調査:女性が選んだ「今一番会いたい」洋楽男性アーティスト1位!
※    オリコン・リサーチ株式会社が行った『今一番会いたい洋楽男性アーティスト』の20代~40代の女性を対象にした調査。
そのほか、新曲「ストレート・スルー・マイ・ハート」が下記チャートで1位を獲得している。②9/8付オリコン・デイリーシングルランキング(洋楽部門) で1位③9/9付レコチョク着うたフル®デイリー洋楽ランキングで初登場1位④9/2付U SEN洋楽総合チャート⑤9/9付全国総合(洋楽/邦楽)ラジオ・オンエア・チャート(8/31~9/6/プランテック調べ)で1位

日本に公式ファンクラブを持っている洋楽アーティストはバックストリート・ボーイズだけで、その会員数は10000人を超えるという。ニューアルバム『ディス・イズ・アス』で新しい時代の到来を告げるヒットを記録しそうだ。

【リリース情報】
通算7枚目のニュー・アルバム
『ディス・イズ・アス』
BMG
09.30 ON SALE!

【初回限定盤】

BVCP 40098-9
¥¥3,360(tax in.)


【通常盤】

BVCP 40100
¥2,520(tax in.)

2009年9月19日、20日、T.M.Revolution西川貴教が、故郷である滋賀県で大型野外ロックフェス「INAZUMA ROCK FES. 2009」を行った。
これは、昨年「滋賀ふるさと観光大使」に就任した西川が「音楽を通じて地元に恩返しがしたい。」と提案し、滋賀県嘉田知事の全面バックアップのもとに実現したもので、初日1万5千人、2日目も同じく1万5千人、合計3万人が参加した巨大イベントとなった。

イベント1日目となる19日は午後1時に会場がオープン、関西圏各地のFM局によるラジオショーが観客をあたため、オープ二ングアクトをつとめたのは、昨年メジャーデビューしたUNISON SQUARE GARDEN。「初日のトップバッター、めちゃめちゃ光栄です」と、堂々としたステージングで客席を盛り上げた。

続いて、滋賀県嘉田知事による挨拶。大きな拍手で迎えられた知事は笑顔で「こんなにたくさんのみなさんが、琵琶湖のほとりに集まってくださって、感激で胸がいっぱい」と語り、「イナズマロックフェス2009、スタートです!」と開会宣言をした。

そして登場したのは175R。「イナズマロックフェスティバルに呼んでいただいて嬉しい。今日はみんなで楽しんでいきたいと思います!」とヒット曲を連発するパワフルなステージングで会場全体を揺らす。
続いての登場は風味堂。ほんわかした歌声で、大空のもとで音楽を聴くことの気持ちよさを改めて感じさせてくれる。
そして、メンバーのMICROがabingdon boys schoolとコラボしたことでもおなじみ、HOME MADE 家族の登場。
大ヒットシングル「サンキュー」「サルビアのつぼみ」などヒット曲を披露し、客席が一体となって手を振る。

続いて、UVERworldがステージに。「儚くも永久のカナシ」の途中でTAKUYA∞が言った「俺たちが生まれた滋賀県です。ようこそ」。
そう、UVERworldは10年前、滋賀県で誕生したバンドである。
「俺たちはこの曲から始まったと言っても過言ではない」という2ndシングル「CHANCE!」も披露。客席もますますヒートアップしていく。

大トリは、西川貴教がヴォーカルをつとめるバンド、abingdon boys school
バンド紹介前にもかかわらず、客席からは自然と手拍子が沸き起こる。
空はすっかり夜。星がキレイに輝いている。湖の向こう側には、夜景も見える。
そんな滋賀県、琵琶湖畔の会場に登場したabingdon boys schoolは大歓声で迎えられ、「STRENGTH.」「HOWLING」「JAP」などのシングル曲を中心に演奏。
また、MICROとのコラボ「LOST REASON-feat.MICRO」、UVERworld・TAKUYA∞とのコラボによる新曲「蒼焔-SOUEN-feat.TAKUYA∞」も披露された。
そして本編のラストを飾ったのが最新シングル「キミノウタ」。これは西川が、自分の想う人に気落ちを伝えることの大切さを描いた曲。 若い頃、地元がイヤで飛び出して、音楽で必死にやってきた西川が、「大嫌いだった街で、大好きなおまえらと、今、この時がある」と自身を振り返る。
「今回のフェスが開催できたのは、県知事、滋賀県民、スタッフなど、みんなの協力のおかげ。滋賀県のみなさんに、改めて感謝します!」と締めくくった。また、初日であるこの日、9月19日は西川の39歳の誕生日。客席から沸き起こったバースデーソングを聞き、 「39歳(サンキュー)の年の通り、みんなに感謝しながら、伝えたい気持ちを言葉や音楽に変えていきたいと思います」と抱負を語った。 アンコールでは、そんな気持ちを込めた新曲「From Dusk Till Dawn」も初披露された。

 

 


イベント2日目となる20日、オープニングアクトをつとめた369に続き、草津市橋川市長の挨拶、そして開会宣言。
ジャケットを脱ぐと、下に着ていたのは「イナズマロックフェス」のTシャツ。それを見た客席からは大きな歓声が上がった。

本編のトップバッターとして登場したのは今年デビュー20周年を迎え、期間限定で復活したLINDBERG。1曲目に大ヒットシングル「今すぐKiss Me」をプレイすると客席は一気にヒートアップ。
「BELIEVE IN LOVE」などヒットナンバーを連発して盛り上げ、満面の笑みで「楽しかった!」とステージを後にした。

続いては愛知県出身のラッパーSEAMO。白いガウンをまとって登場すると「今日は盛り上げるためにシーモネータースタイルでいきます!名古屋から正装で来させていただきました!」と、水色の海水パンツに、股間に天 狗のお面をつけた格好も披露。
DJによるスクラッチパフォーマンスをはさんで衣装もチェンジ、「マタアイマショウ」「不景気なんてぶっとばせ!!」など、客席と一体になったステージングで盛り上げた。
そして、L’Arc~en~Cielのベーシストtetsuがソロアーティストとして登場。
琵琶湖が見えるステージを「ええとこやで」と絶賛、シングル「wonderful world」「lonley girl」などを演奏した。
さらに「Roulette」ではレコード会社の後輩であるHOME MADE 家族のMICROも参加して、ラップを披露。西川とは20年来の友人であるtetsuが、イベントをよりいっそう盛り上げてくれた。

続くBUCK-TICKとは、2007年にBUCK-TICKが主催するロックフェスにabingdon boys schoolが出演して以来、久々の共演。
その時とは逆で、西川が先輩であるBUCK-TICKを自らのイベントに招待する形となった。
薄暗くなる中、メンバーがステージに登場。演奏する前にドラムスティックを投げたり、客席に投げキッスをしたり、客席の写真を撮るメンバーもいて、圧倒的な存在感を醸し出している。
「HEAVEN」「GALAXY」などをプレイ、会場に独特の雰囲気を持つ空間を作り出した。
そして、「今日はみんなありがとう。呼んでくれた滋賀のみなさんと西川くんに感謝します」と言ってラストナンバー「極東より愛を込めて」で締めくくった。

 

 2日間に渡ったフェスの大トリは、今年春の全国ツアー以来半年ぶりとなるT.M.Revolutionのライブ。
ブルーを基調にしたライダースジャケットにゴールドのスタッズがびっしりついた現代風の鎧のような衣装に身を包み登場すると、客席からは悲鳴に近い歓声が上がる。
「HIGH PRESSURE」「HOT LIMIT」「WILD RUSH」などを熱唱した後、腰回りの鎧を脱ぎ捨て太ももがあらわなホットパンツスタイルになる。
「帰ってきたぜ、イナズマー!」と感慨深げに叫んだ後、「地元に帰ってきて、この景色の中でライブしてるんやなぁって、改めて実感しました。ありがとう」と素直な気持ちを話す。
「WHITE BREATH」では親友であるtetsuも飛び入り参加して、二人で掛け合いながら歌うシーンも。さらに、1年以上ぶりとなる新曲「Naked arms」も初披露された。大地を揺らすほどに客席のファンが飛び跳ねて盛り上がったライブ、そのアンコールにはサプライズゲストとして明石家さんまが登場。
普段から西川と交流のある明石家さんまが、「イベントが実現したら絶対に駆けつける」と言った約束を、さんまがしっかりと守った形となった。
そして二人で「HIGH PRESSURE」を一緒に歌い踊って盛り上がると「ちょっとだけ(の出演)でも楽しかった!  俺、来年はバンドで出るから」という、さんまの出演宣言も飛び出した。

西川にとっての「滋賀県、琵琶湖」とは、小さな日本の中でも琵琶湖を指差せば「自分はここの出身だ」とすぐに示せる「しるし」のようなものだと言う。
そんな滋賀という生まれ育った土地、そこに集まった人、出演者やスタッフに感謝の言葉を述べ、最後の曲「HEART OF SWORD」を歌う西川の目には涙があふれていた。
そして、「今の段階でいい加減なことは言えないけど、必ずやるよ、ここで!」という、今後もイベントが続くことを期待させる言葉を残して、2009年の「イナズマロックフェスティバル」は幕を下ろした。

 

ディスクガレージ30周年公演<サンキュー!サンジュー!ディスクガレージ~MUSIC PARTY~>がJCBホールで行われ、初日の9月22日(火)、吉川晃司と氣志團の世紀のガチンコ対マン(対バン)した。即日完売したプレミアチケットを手に入れた3,000人のファンが会場に詰めかけた。

まずは氣志團が登場。「吉川のアニキと対マンができて今日は最高の一日です!みんなで楽しもう」と「キラ キラ!」「One Night Carnivel」など全11曲を披露した。吉川晃司のことを「ロック中学の2年先輩」と言い、会場から「コウジ~」と叫ばれると、「綾小路の「コウジ」だよな。こんな呼ばれ方したのは初めてだけど。今日はWコウジだよ」と会場を盛り上げた。

続いて吉川晃司が登場。「モニカ」のイントロが流れると会場を一気にヒートアップ、おなじみのシンバルキックで会場をわかせると「2コ下の氣志團は、なかなかよかったね。ああいう男くさいやつらはやっぱり好きですね」と応えた。

ライブ途中で楽器が壊れてしまうハプニングもあり、「25年やってるけどこんなの初めてかも」と言いながら、急遽アカペラを披露する場面も。「せつなさを殺せない」「傷だらけのダイヤモンド」「恋をとめないで」など全10曲を熱唱した。

アンコールでは吉川晃司と氣志團で「BE MY BABY」を披露。氣志團メンバーもシンバルキックに挑戦するなど会場は最高潮に盛り上がり世紀のガチンコ対マンは終了した。


■YouTube - KTube
http://www.youtube.com/ktube

■公式ホームページ
http://www.kikkawa.com/
http://www.universal-music.co.jp/kk

 

 

 

下北沢のライブハウスCLUB Queが2009年10月1日で15周年を迎える。

そこで<CLUB Que15th ANNIVERSARY SEASON3~Que OPEN DAY SPECIAL"下北沢セッションズ!"~>と題して、シーナ&ロケッツが豪華な3daysのアニバーサリーライブを繰り広げる。
9月29日は怒髪天、30日はTHE PRIVATESとザ・ジェッジジョンソン、10月1日は曽我部恵一BANDと渡辺シュンスケという何とも豪華な共演も決定!
1994年のスタートから、まさにシーナ&ロケッツと歩んできた15年間と言っても過言ではないCLUB Queで、彼らをリスペクトする豪華なメンツと毎日どんなセッションを繰り広げるのか、想像しただけでも鳥肌モノだ!

チケットはCLUB Que店頭をはじめ、各プレイガイドにて既に発売中なので、ファンはもちろんの事、この貴重なライブを体験したい人は1日でも早くチケットをゲットする事をおススメする!

【ライブ情報】

CLUB Que15th ANNIVERSARY SEASON3
~Que OPEN DAY SPECIAL"下北沢セッションズ!



◆ 2009.9.29(火曜日) OPEN 18:00 / START 18:30

(出演) シーナ&ロケッツ、怒髪天
※opening The COMMONS

2009.9.30(水曜日) OPEN 18:30 / START 19:00

(出演) シーナ&ロケッツ、ザ・ジェッジジョンソン、延原達治&手塚稔(THE PRIVATES)

2009.10.1(木曜日) OPEN 18:30 / START 19:00

(出演) シーナ&ロケッツ、曽我部恵一BAND、渡辺シュンスケ


(チケット)
前売:¥3,500(1D別 ¥500)  当日:¥4,000(1D別 ¥500)
3日間通し券:¥9,000(1D別 ¥500)
※通し券は店頭でのみ発売。予定枚数に達し次第終了。

(発売) CLUB Que店頭、各プレイガイド
(問合せ) CLUB Que 03-3412-9979



伝説を見逃すな!!

今月23日に、実に1年5ヶ月ぶりとなるニューシングル「CANDY」をリリースする平井堅
一聴するとちょっとHな歌ながらも、実は切ない恋心を歌った青春ラブソングで平井堅の真骨頂ともいえる軽快なアップテンポナンバーとなった新曲「CANDY」だが、今作で実に通算30枚目のシングルとなる。

このシングル発売30枚達成を記念して、このたび平井堅のオフィシャルサイト(http://www.kenhirai.net)でスペシャルな企画が予定されているという。

“堅ちゃんQUIZ30”(略称:KQ30)と題された本企画は、平井堅に関する30のクイズに答えるとシングル30枚にちなんだコンテンツがゲットできるというもの。
シングル発売週の9月21日正午から26日までの6日間開催され、毎日5問ずつ出題される。
ゲットできるコンテンツも毎回変わるということなので、連日KQ30をチェックしてほしい。

平井堅は来月10月21日には31枚目のシングル「僕は君に恋をする」のリリースを控えている。
10月24日公開映画「僕の初恋をキミに捧ぐ」の主題歌とだけあって、こちらも注目だ。
2ヶ月連続のシングルリリースということで年末は平井堅の歌で盛り上がりそうだ。

【リリース情報】

New single
「CANDY」

2009.9.23 ON SALE
Def Star Records
DFCL-1600 / ¥1,223(tax in.)







ラウド・ロックを愛するキッズ達から今最もアツい関心を集めるUZUMAKIのニュー・シングル「RUSH」のMUSIC VIDEOにフィーチャリング・アーティストであるRIZEのJESSEが参加!
PV撮影では、長年の付き合いであるUZUMAKIとJESSE(RIZE)ならではの勢いのある、スピード感あふれるMUSIC VIDEOになっている。

UZUMAKIは1998年の結成以来、Dragon Ashや山嵐などとの共演を重ねたことで名を広め、LIMP BIZKITやLINKIN PARKのオープニング・アクトを務めたことから、シーンの先駆者としてその地位を不動のものとした5ピースのデジタル・ラウド・ロック・バンド。
そのUZUMAKIのキャリア初となる今回の2作連続の豪華コラボレーションとして、10-FEETのTAKUMA(ボーカル&ギター)をフィーチャリングに迎えた「EXTINCT FREEDOM」に続き、来たる10月7日にCDリリースされる第2弾がRIZEのJESSEが参加した「RUSH」だ。

レコチョクロックうた週間ランキングで2位をマークした「EXTINCT FREEDOM」と同日に着うたがスタートした同曲は、スピード感そしてグルーブ感溢れるラウド・ロックのアンセムに相応しいナンバー。
「EXTINCT FREEDOM」同様、やはりレコチョクロックうた週間ランキングで最高位として5位を記録していることからも、このコラボレーションに対する期待の大きさが伺える。

UZUMAKIは現在各地のイベントに参戦中。
今後10月12日の滋賀県希望が丘文化公園特設会場でのロットングラフティー等が出演する「BIWAKO BEAT WAVE2009」をはじめ、湘南乃風、山嵐等が顔を揃えるZEPP OSAKAでの「SAIKOH!!~大阪編~」に出演。
アメリカやオーストラリアツアーで培ったハズレなしの定評あるLIVEパフォーマンスは、ラウド・ロック・シーンに新たな旋風を巻き起こすに違いない。

 

【リリース情報】

初回限定盤New Single
「RUSH」 feat. JESSE(RIZE)

Tearbridge Records
2009.10.7 ON SALE

【初回限定盤 CD+DVD】
NFCD-27223/B / ¥1,500(tax in.)

【通常盤】
NFCD-27224 / ¥1,000(tax in.)


【ライブ情報】

「THRASHER NIGHT 09 OSAKA」
9/21(月・祝) 心斎橋CLUB DROP
出演: UZMAKI・MARSAS SOUND MACHINE・THE CHERRY COKE etc.

「BIWAKO BEAT WAVE 2009」
10/12(月) 滋賀県希望が丘文化公園特設会場
出演: UZUMAKI・ロットングラフティー・UNCHAIN etc.

「SAIKOH!!~大阪編~」
10/17(土) ZEPP OSAKA 
出演: UZUMAKI・湘南乃風・山嵐・Infinity16 etc.

「立命館アジア太平洋大学学園祭」
10/25(日)立命館アジア太平洋大学

「LAFSTYLE Vol.6」
10/31(土) 渋谷CLUB QUATTRO
出演: UZUMAKI・B-DASH・dustbox・BOMB FACTORY・LAST ALLIANCE etc.

「激ロックFES.Feat.Hurley-SCREAM REAL LOUD Vol70」
11/14(土) 心斎橋CLUB DROP
出演: UZUMAKI・HOPES DIE LAST・Supe・crossfaith・fade etc.


UZUMAKI Official Web Site
http://www.uzmk.com

菅原紗由理のニューシングル「あの日の約束」が、9月16日(水)のレコチョク着うた(R)ランキングにて、ひしめく強豪アーティストをおさえ初登場第3位を獲得した。
また、大手歌詞サイト「歌ネットモバイル」で公開初日にしてアクセスランキングが首位を記録するなど、CDリリースの2週間前にして早くも大きな注目を集めている。

「レコチョク うた」が8月21日~9月2日にユーザー投票を行った「アナタが選ぶ☆片想いソングTOP10」では、加藤ミリヤ、YUI、東方神起に続き、菅原紗由理が4位を獲得。
歌詞への共感が殺到していることを改めて見せつけたほか、前作の着うたフル(R)が26位まで再浮上するなど、ブレイク間近であることを予感させている。

あの日の約束」は、日本テレビ系「音楽戦士 MUSIC FIGHTER」9-10月POWER PLAYとして現在好評オンエア中。
初回生産分CDには限定特典として、11月6日(金)に都内某所で行われるスペシャルライブへの応募が可能となっており、抽選で200組400名が招待される。

 

【リリース情報】

1st Single
「あの日の約束」

2009.9.30 ON SALE
FOR LIFE
FLCF–7172 / ¥1,000(tax in.)




オフィシャルサイト
http://sugawarasayuri.jp/

8月19日にリリースされた1stアルバム「1st BEST」がオリコン初登場8位にランクイン、 出荷もすでに50000枚を超えたHi-Fi CAMP
新作「一瞬の想いを」が、 NHKロボコン2009テーマ曲に決定した。
9月16日からレコチョクにて着うた(R)の配信がスタートした。

NHKロボコンは、1988年からスタート、すでに20年以上の歴史がある。
全国の高等専門学校を対象にスタートしたロボコンは、国内の大学、そしてアジア、太平洋の国や地域の大学にまでその対象を大きく拡げてきている。
Hi-Fi CAMPは、参加した多くの学生たちに熱きエールを送るかの如く、夢に敗れた学生にも、そしてまさに夢を掴もうとしている学生にも、不安の中にある一筋の道は自分だけのもの、明日に続く道を駆け抜ける事が自分のストーリーを創りだす、と唄う。
番組のオンエア日程は下記の通り。「一瞬の想いを」がテーマ曲として放送される。

9月21日(月)(※20日深夜)01:20~01:59(NHK総合TV)
「波乱続出 激闘!ロボット魂~決定・ロボコン日本代表~全試合試合版~」

9月21日(月)19:30~20:43(NHK総合TV)
「ロボコン純情物語inTOKYO~汗と涙と友情の世界大会~」

 

【ライブ情報】

Hi-Fi CAMP待望の1st TOURが決定!!
「1st BEST TOUR ~大変恐縮です...~」
12月2日(水) 大阪BIG CAT
12月3日(木) 名古屋CLUB QUATTRO
12月5日(土) 赤坂BLITZ
12月6日(日) 仙台darwin

【チケット料金】
オールスタンディング
¥3,800(税込・ドリンク代別途必要)

Hi-Fi CAMP オフィシャルサイト
http://www.hi-ficamp.com/


★Hi-Fi CAMP過去のインタビューはこちら★
「すべての人々に見せたい、雲の向こうの大きな青空」2009.5.20公開

ブラック・アイド・ピーズの最新アルバム『The E.N.D.』のワールド・ツアーが日本からスタート。9月17日の浜松アリーナにて幕を開けた。

今回のアルバムのコンセプトは「パーティーは終わらない」だが、このツアーはその言葉にふさわしくアリーナが巨大クラブ化しており、もはやレイブの域。超巨大スクリーンが設置されたなか、ウィルのDJでは驚きのステージ・セットも登場する。もちろんヒット曲は完全網羅しているほか、それぞれのメンバーのソロ・パートもあり、ファーギーはソロの曲も披露。 “サイバーファーギー”となって、ステージで熱唱する彼女は、このツアーの見所の一つになっている。目まぐるしく変わるステージ・セットやメンバーの衣装チェンジもあり、ライブはトータルで2時間に及ぶ。

ジャパン・ツアーの日程は、9月18日(金)名古屋 日本ガイシホール、19日(土)幕張メッセ、21日(月・祝)大阪城ホール、22日(火・祝)神戸ワールド記念ホール、そしてツアーの締めくくりは9月23日(水・祝)さいたまスーパーアリーナ。
問い合わせ:クリエイティブマン
http://www.creativeman.co.jp/

■公式ホームページ
http://www.universal-music.co.jp/u-pop/artist/bep/

安室奈美恵ライブDVD新記録

9月9日に発売された安室奈美恵のライブDVD「namie amuro BEST FICTION TOUR 2008-2009」9月9日発売)がオリコンDVDランキングで総合首位を獲得、初動売上記録でじゃ、9年振りに歴代新記録を樹立した。

「namie amuro BEST FICTION TOUR 2008-2009」の初動売り上げ枚数は、15.5万枚。この記録は、倉木麻衣『FIRST CUT』(2000/11/08発売)が持つ女性アーティスト歴代DVD初動売上記録の9.9万枚を8年10ヶ月振りに更新したことになる。同時発売したBlu-ray盤も1.4万枚を売り上げ、ミュージックBlu-rayランキングで総合首位を獲得。こちらは、水樹奈々『NANA MIZUKI LIVE  FIGHTER BLUE×RED SIDE 』(2008/12/25発売)が持つ歴代売り上げ枚数1.2万枚を超えて、男女アーティスト問わず歴代最高初動&累積売上記録をともに更新した。DVD盤とBlu-ray盤の2部門での同時ランキング制覇はアーティスト史上初。

「namie amuro BEST FICTION TOUR 2008-2009」は、2008年10月から始まり、追加公演の後に再追加公演、更に再々追加公演まで発表し、国内23会場60公演(アジア公演を含めると25会場64公演)を完走。今回のアリーナツアーでは、ミリオンヒットとなった『BEST FICTION』の世界感をステージで表現し、MC は一切なく、ノンストップで自身最多の30 曲( アンコール含む) を歌い上げた。圧倒的な歌とダンスのパフォーマンスはもちろん、セット/ 映像/ 演出全てにおいて“BEST FICTION” にこだわったステージとなっていて、女性ソロアーティスト最多動員数(約50万人)を記録したツアー。

このライブDVD&Blu-ray「namie amuro BEST FICTION TOUR 2008-2009」は、その台北アリーナ(台湾)公演を収録したもので、特典映像としてはアジア特有の“空港パニック映像”や安室本人カメラによるオフショットやインタビュー等々、貴重な映像も収録。DVDの発売を機に特設されたスペシャルサイトでは、海外からの書き込みも殺到する等、発売前から注目を浴びていた。

■安室奈美恵 LIVE DVD SPECIAL SITE
http://sp.avex.jp/amuro
■VISION FACTORYホームページ
http://www.visionfactory.jp/
■安室奈美恵オフィシャルHP
http://www.avexnet.or.jp/amuro/index.html

 

【リリース情報】

BEST FICTION TOURを収録
『namie amuro BEST FICTION TOUR 2008-2009』
エイベックス
09.09 ON SALE!
AVBD91736
¥5,229(tax in.)




「激しさと、この胸の中で絡み付いた灼熱の闇」
これが12月2日に発売を迎えるDIR EN GREYのニュー・シングルのタイトルである。先頃から展開されてきた今年二度目の国内ツアー、『TOUR09 ALL VISIBLE THINGS』も9月14日と15日の両日に行なわれた東京・新木場STUDIO COASTでの公演をもって終了を迎えたが、現時点で明らかにされているのは、この表題曲が純然たる未公開の新曲であり、同楽曲をはじめとする今作の収録曲群が「6月末の欧州ツアー終了から今回のツアー開始までの間にレコーディングされていた」というシンプルな事実のみ。
カップリング曲を含む各楽曲の素性についてはまったく不明の状態にある。

純粋な新音源としては2008年11月12日発売の『UROBOROS』以来のものとなる今作は、シングルとしては同年9月10日にリリースされた「GLASS SKIN」以来のものとなる。
一瞬、目を疑うような長さのタイトルからは、激しさと静寂、光と闇の双方が連想可能なところがあるが、実際にこの楽曲がどういった性質のものであるかは、ごく近いうちに、さまざまな周辺情報とともにお伝えできる見通しだ。

来たる2010年1月には『UROBOROS -with the proof in the name of living…-』と銘打たれた東京・日本武道館での二夜公演も決まっているが、現状からすれば、この「激しさと、この胸の中で絡み付いた灼熱の闇」が初めてステージ上で披露される機会が武道館公演ということになるのかもしれない。
もちろん断定的なことは言えないが、『UROBOROS』に伴う世界規模のツアーの“完結編”といったニュアンスを感じさせるこの公演、そしてDIR EN GREYのこれからを解くうえで、このシングルが重要な意味を持つことになるのはほぼ間違いないと見ていいだろう。

さらに10月28日には『AVERAGE BLASPHEMY』と題された映像作品集の発売も決まっており、ちょっとしたリリース・ラッシュを迎えることになるDIR EN GREY。
季節はすでに夏を通り越し、秋本番へと向かいつつあるが、このバンドの周辺は今回のツアー終了後もしばらく“灼熱”状態が続くことになりそうだ。まずはあれこれと想像力を働かせながら、続報をお待ちいただきたい。


文:増田勇一

 

【リリース情報】

New Single
「激しさと、この胸の中で絡み付いた灼熱の闇」
Fire Wall Division
12.2 ON SALE!


MUSIC CLIP COLLECTION
「AVERAGE BLASPHEMY」
Fire Wall Division
SFBD-21
¥ 5,775(tax in.)
10.28 ON SALE!


収録曲
1.VINUSHKA (Restricted Ver.)
2.DOZING GREEN
3.GLASS SKIN
4.冷血なりせば
5.Agitated Screams of Maggots (Restricted Ver.)
6.GRIEF
7.凌辱の雨
8.CLEVER SLEAZOID
9.RED SOIL
10.VINUSHKA (Promotion Edit Ver.)
11.CLEVER SLEAZOID -『DESPAIR IN THE WOMB』Ver.-
12.AGITATED SCREAMS OF MAGGOTS -『DESPAIR IN THE WOMB』Ver.-
13.CONCEIVED SORROW -『IN WEAL OR WOE』Ver.-


【ライブ情報】

『UROBOROS -with the proof in the name of living...- 』
2010/1/9(土)日本武道館
2010/1/10(日)日本武道館

チケット料金:¥6,000(tax in)
席種:アリーナスタンディング(ブロック指定・整理番号付き)/スタンド指定席
総合問合せ:フリップサイド 03-3466-1100
チケット一般発売日:10/31(土)

オフィシャルサイト
http://www.direngrey.co.jp/
シェルフィーです。

MUSICSHELFでお馴染みの怪しいおじさんキャラ。
それまではスタッフ内では”シェルフおじさん”とテキトーに呼んでいましたが、この度ようやくキャラクターの正式名称が決定

名前は ”シェルフィー”

名付け親は今年5月インタビュー特集を掲載したBONNIE PINKさん。
きっかけは取材が終了後の些細な会話からだった。


BONNIE PINK:このおもしろいキャラクターはMUSICSHELFさんの?
編集部:そうなんですよ。
BONNIE PINK:お名前は?
編集部:実は未だ名無しなんですよ。良さそうな名前ありますかね〜?
BONNIE PINK:・・・・シェルフィーちゃん。
編集部:エッ?
BONNIE PINK:シェルフィーちゃんてどうですか?

いままでキャラクターの名前は何度も聞かれましたが、その場で考えてくれた方はBONNIE PINKさんが初めてでしたので、驚きと同時に、爽やかな名前に相反したおっさんキャラのギャップがあまりにも面白く、即決したのであります。
その後、ライブ終演後にあらためて、使用のご許可を頂き、
本日から、シェルフィーさんとしてスタートします。

 

(C)Sean Murphy

前作『ザ・レッド・アルバム』からわずか1年、今年7月末のフジロックに参戦したばかりのウィーザーが10月にニューアルバムを緊急リリースする。

タイトルは『ラディテュード』(Raditude)。これは造語で、意味はRad(=俗語で“過激”、“素晴らしい”という意味)と、Attitude(=“態度”)の掛け合わせとのこと。ちなみに、"Rad"は"Nerd(オタク)"の対語。"Nerd"と言えば、ウィーザーの代名詞と言われる中、これはウィーザーの“脱・オタク”宣言とも読み取れる。

アルバム・タイトルの考案をしたのは、アメリカの人気コメディ・ドラマ、"The Office"でDwight Schrute役(理不尽な上司にイジめられる役)に扮する、人気コメディアン、レイン・ウィルソンから提案されたとのこと。最近リヴァースはレインと仲が良いらしく、リヴァースが“究極”のアルバムのタイトルのアイデアをレイン氏に聞いたところ、このタイトルが出てきたそう。

リヴァースは新作について、「楽しくて、エネルギー溢れるポップ・ロック満載の作品だよ!」とコメントしており、ウィーザーらしいギター・リフに少しエレクトロの影響を受けた作品になるそう。プロデューサーは前作でもシングル「ポーク・アンド・ビーンズ」、「トラブルメイカー」のプロデュースに参加したジャック・ナイフ・リーに加え、ブッチ・ウォーカーが参加している。

アルバム・ジャケットは、写真家のジェイソン・ニーリィ氏が撮影し、ナショナル・ジオグラフィック誌に投稿した写真をたまたまそれをリヴァースが見て、バンドが直接連絡を取ったという。ちなみにこの犬はシドニーという名前で、ウィーザーの大ファンだそう。

■公式サイト
http://www.universal-music.co.jp/u-pop/artist/weezer/

【リリース情報】

7作目の新作
『ラディテュード』
ユニバーサル
10.21 ON SALE!
UICF-1117
¥2500(tax in.)




仙台在住にして、全国そして世界を舞台に活躍するHIP HOPグループ、GAGLE(ガグル)。 彼らのKnife Edgeレーベル移籍第一弾となるフル・アルバム「Slow But Steady」が遂に9月16日リリース! フル・アルバムとしては、2007年にリリースされた3rdアルバム「3PEAT」以来実に2年半ぶりで、日本語ラップ・ファンが待ち望んでいた新作が遂に到着。

参加アーティストは、BONNIE PINK、椎名純平、そして地元仙台からKGM、Mahito(skidaround)といった面々。BONNIE PINKが参加した号泣必至の名曲「コロナ&ライム」を筆頭に、アルバム全体を通して、HIP HOPリスナーをがっちり掴みながら、確実にそれ以外のリスナーに対しても突き刺さる、GAGLE史上最もポピュラリティのある作品になっている。
既に新たな日本語HIP HOPのクラシックの誕生とも噂されるほどのクオリティー、ぜひその耳で確かめてみてほしい。

MUSICSHELFでは彼らのお気に入りプレイリストを掲載中。
第1弾はGAGLEのトラックメイカーDJ MITSU THE BEATSが登場!

★DJ MITSU THE BEATS'sプレイリスト★
「ヨーロッパで困らない為に…」


9月24日にはHUNGERMu-Rのプレイリスト、そしてスペシャルインタビューも掲載予定。こちらもお楽しみに!

 

【リリース情報】

移籍第一弾アルバム
『Slow But Steady』

2009.9.16 ON SALE
Knife Edge / PONY CANYON
PCCA-03005 / ¥2,625(tax in)








【ライブ情報】

『GAGLE "SLOW BUT STEADY" リリースツアー』


9月20日(日) 宇都宮 PLANET
9月21日(月) 松本りんご祭り@ 松本市アルプス公園
9月21日(月) 代官山 unite "nbsa "
10月16日(金) 浜松FORCE
10月24日(土) 岩手北上@BLAST
11月2日(月) 名古屋WALL
11月13日(金) 秋田STUDIO BAR YOKKE
11月14日(土) 青森SPACE FOUR
11月27日(金) 京都 River Side Lounge
11月28日(土) 神戸クラブ月世界
12月11日(金) 仙台ADD "sound maneuvers "
12月19日(土) 奈良NEVERLAND
12月20日(日) 大阪Triangle
12月22日(火) 山形Sandinista



オフィシャルサイト
http://www.gagle.jp/

MySpace
http://www.myspace.com/gaglemusic

今年頭に行われたホールライブツアー"WE ARE KAZEYOMI!"の大成功が記憶に新しい坂本真綾が、 2010年、CDデビュー15周年を記念し、誕生日の3月31日(水)に、一夜だけ行われるSPECIAL LIVEが日本武道館で決定した。

そして、記念すべき15周年に向けての序章として、キラキラ度満点のニューシングル「マジックナンバー」を11月11日にリリースを行う。20代最後となる本作は、坂本真綾らしいく、可愛くて、ひたすらまっすぐなナンバーに仕上がった。
カップリングには、中村タイチ(g, arr)と、100s(ヒャクシキ)の玉田豊夢(ds)&山口寛雄(b)を迎え、3ピースバンドによる骨太でスピード感あふれるゴキゲンな小悪魔系ロックナンバーになっている。

また、マジックナンバーの初回盤には、
1、「プレミアムイベント」ご招待、抽選応募葉書
イベント内容:初演奏曲含むピアノLIVE&トーク(2010年2月実施予定)
2、武道館公演 チケット先行予約情報(シングル購入者専用)   
の二大特典が同梱される。

15周年記念に向け精力的に活動する坂本真綾に是非注目していきたい。


坂本真綾オフィシャルホームページ
http://www.jvcmusic.co.jp/maaya/

坂本真綾スペシャルインタビュー
/?mode=static&html=series_b77/index
/?mode=static&html=special_a13/index

 

ヴィジュアル系ロックバンドのヴィドールが全国20ヵ所を巡った『VIDOLL TOUR 2009 ~20 flight of stairs~』のファイナルを11日SHIBUYA-AXで迎えた。

漆黒の闇のステージが一転、松明の燃えるステージにボーカルジュイが現れると会場からは大きな歓声が沸き起こり、最新シングル「Focus」を含む、全23曲を披露。
ファンと一体となったステージでAXを揺るがせた。

ヴィドール史上最長となった全国ツアーを成功させたボーカルジュイは
「今までで一番のロングツアー、始まる前から楽しみだったけど、本当に20本いけるのかな、と不安に思ったこともあった。だけど、全国各地のファンのみんなの笑顔でファイナルを迎える事ができた。本当にありがとう!」
と全国のヴィドールファンに向けて感謝の思いを話していた。

また、鳴り止まない拍手の中アンコールに登場すると、12月2日に待望のニューシングルがリリース、年明け1月23日には渋谷C.C.レモンホールでのワンマンライブを告知。
会場は歓喜の渦に包まれた。

この秋には、幕張メッセで開催されるヴィジュアルバンド界最大の祭典〈V-ROCK FESTIVAL’09〉にも出演が決定するなど、ますますヴィドールの活躍から目が離せない。

 

 

オフィシャルサイト
http://www.vidoll.jp/

 

★ヴィドール・ラメのお気に入りプレイリストはこちら★
「嫌な事を忘れさせてくれるバンド」

ノラ・ジョーンズが2年10ヶ月ぶりにリリースする4枚目のアルバムの全貌が明らかになってきた。過去3作でトータル3,600万枚の世界セールスを記録し、今や世界NO.1女性シンガーとなった彼女、注目のニュー・アルバムのタイトルは『ザ・フォール』。公開されたばかりのアルバム・ジャケット(添付)は正面を向いて微笑むノラと、足元に座るセント・バーナードが写る非常に印象的なもの。この写真は様々なプロモーション・ビデオの監督としても活躍している写真家、オータム・デ・ワイルドによって撮影された。

ノラは『ザ・フォール』で新しい方向を目指しており、全てがノラ・ジョーンズの作、またはノラと他アーティストの共作となっている。キング・オブ・レオンやトム・ウェイツのプロデューサー/エンジニアとして名高いジャクワイア・キングを初めて起用し、新しいサウンドに挑戦。ライアン・アダムス、オッケルヴィル・リヴァーのウィル・シェフ、そして以前もノラとタッグを組んだジェシー・ハリス(「ドント・ノー・ホワイ」の作者としても有名)などと共作した。バンド・ミュージシャンも全て新メンバーで録音。ドラマーにはジョーイ・ワロンカー(ベック、R.E.M.などのアルバムに参加)とジェイムス・ギャドソン(ビル・ウィザースなど)、キーボーディストはジェイムス・ポイザー(エリカ・バドゥ、アル・グリーンなど)、ギタリストはマーク・リボー (トム・ウェイツ、エルヴィス・コステロなど)とスモーキー・ホーメル(ジョニー・キャッシュ、ジョー・ストラマーなど)等 の、錚々たるメンバーがアルバムに参加している。

9月9日、ノラはサンフランシスコで開催されたアップルの“イッツ・オンリー・ロックンロール”プレス・コンファレンスにサプライズ・ゲストとして出演。アップルのCEOスティーヴ・ジョブズに紹介を受けた後、「カム・アウェイ・ウィズ・ミー」と『ザ・フォール』からの新曲「young blood」を初披露した。彼女のデビュー・アルバム『ノラ・ジョーンズ』(原題:カム・アウェイ・ウィズ・ミー)はスタートしたばかりのiTunes LPの初リリース作品のうちの1枚。iTunes LPでは、iTunes 9の新しい機能により、アルバム音源と同時に、ライブ・ビデオや歌詞、アートワーク、ライナーノーツ、インタビュー、写真、クレジットなどのヴィジュアル要素が付加。『ノラ・ジョーンズ』のiTunes LPでもアルバム音源の他に、クレジットと2曲のビデオ映像を楽しむことができる。

ノラ・ジョーンズの“新章のはじまり”を告げるニュー・アルバム『ザ・フォール』は11月11日に日本発売される予定(海外:11月17日)。

■ノラ・ジョーンズ日本版公式サイト
http://emij.jp/norah/

 

ノラ・ジョーンズ(NORAH JONES)
4thアルバム『ザ・フォール』(原題:THE FALL
2009年11月11日発売 TOCP-80830  ¥2,500(税込)
全13曲+日本盤のみボーナストラック1曲収録予定。
『ザ・フォール』収録曲(日本盤ボーナス・トラックは詳細未定)

SOIL,ニューアルバム『6』

林檎、DJ KENTARO参加に続き、UKのトップスター"ジェイミー・カラム”参加決定!
そして、年間FREE PASSが当たる、「ロト"PIMP"6」実施決定!


9月16日リリースSOIL&“PIMP”SESSIONSのニューアルバム「6」に、すでに発表されていた椎名林檎、DJ KENTAROの参加に続いて、イギリス出身の世界的トップアーティスト、ジェイミー・カラムが参加することが公式に発表された。

イギリス国営放送BBCのイベントElectric Proms 07"(Paul McCartney,Daft Punk,らも参加の大イベント)に、SOIL&"PIMP"SESSIONS with Jamie Cullumとして出演。
そこで音楽的に共鳴し、その勢いのままに日本でも競演。その際セッションした名曲「STOLEN MOMENT」があまりにかっこよく、その場でレコーディングを約束。夢のコラボレーションが実現した。

豪華なゲストが参加する今作のタイトル「6」は、6人のメンバーによる"6"枚目のアルバム、そしてメンバーの出会いが"六"本木"6"丁目のだったとい う裏の意味もあるみたいだ。その"6"にちなんで、アルバム購入者にむけてのスペシャル企画『ロト"PIMP"6』(数字選択式宝くじ)の実施が決定した!

この気になる施策の内容は、TOWER RECORDS、HMV、TSUTAYAで「6」購入者に、配布する特製ステッカーに明記されたアドレスに携帯電話からアクセス。アルバム「6」の13曲 収録にちなんだ、01~13の数字の中から選んだ異なる6個のエントリー数字と、抽選された数字とが一致している個数によって1等から4等までの当選が決 定するソイル版ロトくじ!!

登録した数字6個全部一致した1等当選者には、なんと「SOIL &"PIMP"SESSIONS年間FREE PASS(※ワンマンライブ限定。1年間有効)」を当選数無制限でプレゼント!!
他にも、激レアアグッズなど多数の豪華商品が用意されている。

当選発表は、発売日翌日9/17(木)に、早くもリリース記念抽選が行われ、6週連続で毎週木曜日に抽選会が行われる。抽選の模様はYouTubeのSOIL&”PIMP”SESSIONS Ch.で公開。
登録したナンバーは、一度登録すれば、外れても自動的に繰り越しになるので、早めのエントリーでチャンスが増える仕組み。詳細は、オフィシャルHPでチェックしてみよう!

国外の音楽ファンも巻き込み世界を席捲中の"6"人が、今度は国内外の大物アーティストをも巻き込んで放つ"6"枚目のアルバム「6」を聴いて「ロト"PIMP"6」で夢をつかもう!

New album
『6』
VICL63376
¥2,800(tax in.)
2009.9.16 ON SALE!








SOIL&"PIMP"SESSIONS WORLD TOUR 2009

11/06(金)新潟 CLUB RIVERST 
11/08(日)松本 ALECX 
11/10(火)金沢 eighthall 
11/12(木)高崎 Club FLEEZ 
11/19(木)仙台 darwin 
11/20(金)盛岡 Club Change WAVE
11/22(日)札幌 PENNY LANE 24 
11/24(火)名古屋 CLUB QUATTRO 
11/26(木)大阪 BIGCAT 
11/27(金)浜松 Live House窓枠 
12/01(火)東京 SHIBUYA-AX 
12/06(日)岡山 CRAZYMAMA KINGDOM 
12/07(月)松山 サロンキティ 
12/09(水)広島 CLUB QUATTRO 
12/10(木)福岡 DRUM LOGOS 

OFFICIAL HP

SOIL&“PIMP”SESSIONS オフィシャル
http://www.soilpimp.com/

YouTube SOIL&“PIMP”SESSIONS ch.
http://www.youtube.com/soilpimp6

今年4月発売のシングル「ジェイソン」のリリースで新生カーネーションとしてのスタートを切ったカーネーションが3年ぶり、通算14枚目のオリジナル・ニュー・アルバムを11月25日に発売することが決定した。タイトルは未定。本作はP-VINE RECORDSと自身のレーベルCosmic Sea Recordsとの共同リリースとなる。

トリオ編成期には3ピースバンドとしてのオリジナリティを昇華させてきたカーネーションだが、このドラマー矢部脱退後初のニュー・アルバムには、直枝&大田の鉄壁コンビに多彩(&多才)なミュージシャンが参加。曲ごとにミュージシャンが入れ替わり、洋楽的な旨味まで絶妙に施したサウンド・メイキングはカーネーション史上最高に自由度が高くバリエーション豊かなものになっているという。

直枝政広は、このアルバムについて下記のように語る。
録音ボタンを押した瞬間に世界が一変しました。
眼前に広がった新たなる音楽的風景は予想もつかないほどの絶景でした。
このアルバムがカーネーションの新たなる金字塔となります。
とてつもなく眩しい夜明けに包まれながら今、ぼくはこれを書いています。
このマジカルな音の衝撃をはやくみなさんに伝えたくてうずうずしています。

参加アーティストは、中原由貴(タマコウォルズ)、宮田繁男、大野由美子(Buffalo Daughter)、奥野真哉(ソウル・フラワー・ユニオン)、渡辺シュンスケ、西村哲也。

また、本作と同時に長らく廃盤となっていたコロムビア時代のオリジナル・アルバム7作品が11月25日、12月9日に各2枚組デラックス・エディションで再発される。5人組時代の黄金期ともいえるコロムビア在籍時(1994~2000)のオリジナル・アルバム7タイトル(うち1枚はライブ盤)を、貴重なデモ音源・アウトテイク・入手困難となったシングルC/W曲・未発表ライブ等を収録したボーナス・ディスク付2枚組エディションとなる予定。全タイトル2009年最新リマスタリング。こちらはコロムビアミュージックエンタテインメントより発売。

11/25 発売予定……「EDO RIVER (Deluxe Edition)」「a Beautiful Day (Deluxe Edition)」
「GIRL FRIEND ARMY (Deluxe Edition)」
12/9 発売予定…「booby (Deluxe Edition)」「Parakeet & Ghost (Deluxe Edition)」「LOVE SCULPTURE (Deluxe Edition)」「WACKY PACKAGES (Deluxe Edition)」
■コロムビアミュージックエンタテインメント:カーネーション
http://columbia.jp/artist-info/carnation/

同時に、カーネーションの前身となるアヴァン・ポップ・バンド、耳鼻咽喉科「偉大(はずかしく)なる2年 Anthology 1981-1983」完全限定生産ボックス(2CD+1DVD)が11月25日店頭販売開始。この商品は現在、カーネーションのオンラインショップ、ライヴ会場で先行発売中だが、ニュー・アルバムと同時に店頭発売される。
耳鼻咽喉科は、直枝政広(当時は政太郎)がカーネーション結成以前に在籍していたアヴァン・ポップ・バンド。これは耳鼻咽喉科解散直後に直枝自身が編集した自主(非公開)盤『偉大(はずかしく) なる2年』の完全復刻に加え、スタジオ録音楽曲などレア音源から選りすぐった楽曲をボーナス・トラックとして収録している。収録曲の中には、カーネーションの代表曲でもあり、森高千里がカヴァーして話題となった「夜の煙突」の初演、カーネーションのバンド名の由来となった「花の運河で溺れたい」も収録。
DVDには奇跡的に保存されていた'82年6月の耳鼻咽喉科デビューライヴ、'82年11月の立川38avenueでのライヴ映像を収録。さらに当時のライヴ写真やフライヤー、耳鼻咽喉科メンバーへのインタビューなどの資料を掲載した豪華ブックレット付き。音源、映像とも全て本邦初公開、カーネーション前夜を物語る貴重なアンソロジー・ボックスである。
■ボックスの詳細はこちら
http://www.carnation-web.com/news/2009/08/jibi-box.html

そして、アルバム発売記念ツアーとして、12月に大阪、京都、東京公演決定。
12月11日(金):大阪 シャングリラ
12月12日(土):京都 拾得
12月23日(水・祝):東京 O-WEST
■カーネーション OFFICIAL WEB SITE
http://www.carnation-web.com/

アルバムのリリースを控えたカーネーションはこの秋、各種イベントに参加する。9月12日(土)には、LIQUIDROOM 5th ANNIVERSARY「Eternal September」に、スネオヘアーともに出演。10月2日(金)には札幌 PENNY LANE24の「WE! GO LIVE!」(共演はsleepy.abほか)、10月27日(火)には、新宿ロフトのDRIVE TO 2010シリーズの中の「革命の煙突」に出演。頭脳警察や突然段ボールなどと共演する。そして、11月14日(土)&15日(日)にはsimokita round up 2にも出演予定。

キャリア26年、多くの音楽ファンの支持を受けるほか、常に新世代のファンを獲得し続けるカーネーション。この秋、その盛り上がりが最高潮に達しそうだ。

今春リリースしたメジャー・ファースト・アルバム『THIS IS MY STORY』と今夏に参加したロック・フェスティバルで、日本のロック・シーンに新たな旋風を巻き起こしたTHE BAWDIESが11月4日にメジャー・ファースト・シングル「IT’S TOO LATE」をリリースする。

この夏の彼らは全国各地で大暴れ。7月18日青森/つがる地球村円形劇場にて行われた“夏の魔物AOMORI ROCK FESTIVAL”を皮切りに、7月26日広島で行われた“SET STOCK 09”、8月2日の“ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2009”、8月7日の“SUMMER SONIC 09”、8月15日の“RISING SUN FESTIVAL in EZO”、そして8月29日に行われた“SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2009”と全国各地の夏フェスを制覇した。

11月4日にリリースされるメジャー・ファースト・シングル「IT’S TOO LATE」は、前作に続きNAOKI (LOVE PSYCHEDELICO) プロデュースによる渾身のロックンロール。トラック2には、7 月11 日渋谷CLUB QUATTRO で行われたライブ音源を9曲メドレーで収録。「THIS IS MY STORY」から4曲、インディーズ盤から3曲、そして結成当初からのライブ定番曲でありRAY CHARLES のカバー「WHAT'D I SAY」の初音源化、更にはSEX PISTOLS の「PRETTY VACANT」のカバーと盛りだくさん。

11 月20 日から「IT’S TOO LATE」を引っ提げ、初ワンマンツアー“THE BAWDIES ONE MAN TOUR 2009”を敢行。12月4日まで約2週間にわたって、全国主要7都市を行脚する。

OFFICIAL HP
■THE BAWDIES オフィシャルサイト 
http://thebawdies.com/
■ビクターエンタテインメントTHE BAWDIES
http://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A022100.html
■myspace
http://www.myspace.com/SEEZRECORDS

■THE BAWDIES PLAYLIST
/selector/90742

ジャズの名門レーベル、ブルーノートとウィスキーの老舗ブランド、ニッカウヰスキーがブルーノート70周年記念特別企画「ブルーノート ベスト&モア」シリーズの第2弾全50タイトルが9月16日発売されるのを記念してコラボレーション・イベント第2弾を開催する。

9月25日(金)、東京港区青山にあるニッカウヰスキー直営のBAR、ブレンダーズバーで行われるイベントの今回のテーマはジャズとウィスキーの“セッション”。ゲストに日本のジャズ評論界の第一人者である岩浪洋三氏とニッカウヰスキーのブレンダー山下英俊氏を迎え、ジャズとウィスキーにまつわるとっておきのお話を披露する。更に岩浪氏お勧めの名曲に耳を傾けながら、そのイメージにあったウィスキーを無料で堪能できる贅沢なイベント。

ブルーノート・レーベルを扱うEMIミュージック・ジャパンとニッカウヰスキーでは、この洗練された“大人のイベント”に抽選で計10組20名様をご招待。応募に関する詳細はEMIのブルーノート70周年記念特設サイトまで。

■応募方法などの詳細
http://emij.jp/bn70th/

■ブルーノート創立70周年記念特別企画
「ブルーノート ベスト&モア」シリーズ全50タイトル
9月16日発売 限定盤各1,100円(税込)
ブルーノート70周年を記念して、『アリゲーター・ブーガルー』(ルー・ドナルドソン)、『アット・ザ・ファイヴ・スポット・カフェ』(ケニー・バレル)、『バック・トゥ・ザ・トラックス』(ティナ・ブルックス)など、ブルーノートの歴史的名盤からマニアック盤までを、ブルーノート史上最安値の超特価1,100円で限定販売。6月の全50タイトルに続き、9月16日全50タイトルを一挙リリース。

■ブルーノート ベスト&モアシリーズ第2弾発売記念イベント
「ジャズとウィスキーの“セッション”」に抽選で合計10 組20名様をご招待
日時:9月25日(金) 20:00~21:00
場所:ブレンダーズ・バー(東京都港区南青山5-4-31 ニッカウヰスキー本社ビルB1)
http://www.nikka.com/start/shop/index.html
応募方法などの詳細は:http://emij.jp/bn70th/ <PC/携帯>
応募締切り:9月14日(月)正午 
*本イベントは酒類を伴うイベントですので、二十歳未満の方のご応募、またお車での ご来場やイベント終了後の運転はご遠慮下さい。
(年齢確認をさせていただく場合がございます)
*イベントは完全無料ですが、現地までの往復の交通費は当選者のご負担となります
*この時間帯の店舗は貸切営業となりますので、当選者以外のご入場はできません。

2009年9月9日、奇跡の「9」揃いのこの日、9mm Parabellum Bulletが日本武道館でプレミアムライブ「999(アット ブドウカン)」を行った。2007年10月10日のデビューから、わずか2年足らずで武道館公演を迎える事となった9mm。
当日、武道館へ来場した人が世界で一番最初に聴く事ができる新曲のCDが付いている“CD付きチケット“は発売開始と共に即完。
前売り価格は4,999円と、こちらも「9」揃いのプレミアムチケットを手にする事のできた約1,1000人が武道館へ集結した。
会場の外では、記念グッズ販売&この日限定のお祭り企画、オリジナル・グッズが当たる、「999」記念コイン付きスクラッチ抽選会なども行われ、ライブスタート前から既にお祭り気分に。

ステージには巨大なアンプの壁と「999」とだけ書かれた幕が張られており、開演を今か今かと待つ客席の熱気が充満していた。
図らずも19時9分にメンバーがステージに登場し、「(teenage)Disaster」でライブがスタート。
イントロが始まると同時に轟音と共に幕が落ち、彼らがライブでいつも使用しているフラッグが姿を現した。
立て続けに4曲を演奏した後も、菅原(Vo/Gt)の「今日はたっぷりやるので、のんびり行きましょう」というMCとは裏腹に「We are Innocent」「Psychopolis」「Hide & Seek」と得意の高速曲を、次々と叩きつけていく。
そして、この日が初披露となる、シークレットシングルに収録されている新曲「Cold Edge」が早くも演奏され、その後も「野音では音が出ていなかった」(菅原)というアコースティックギターによる曲や、更なる新曲、「くるり」と「メタリカ」のカバーなど普段のライブでは聴くことのできない曲が次々と演奏された。
ライブ終盤、「バンドの名前が9mm Parabellum Bulletじゃなかったら、9月9日に武道館でライブをやろうなんて思わなかったし、そもそもこのバンドをやっていなかったらこの場所に立てなかった。みんな本当にありがとう」という菅原のMCに、会場は温かい拍手と歓声に包まれた。

アンコール含め全29曲、2時間以上にわたる圧巻のライブは大盛況の中、幕を閉じた。
この日初披露された新曲「Cold Edge」と、カップリングに「999(アット ブドウカン)」ライブ音源を収録し、僅か3週間後の9月30日に3rd EP 「Cold Edge e.p.」として緊急発売される事がライブ中に発表。
さらに、この日演奏された新曲「Cold Edge」のライブ音源の着うたフル(R)がなんと、ライブ当日の9月9日24時より、「Cold Edge(Live Track From “999” 09.09.09 At Budokan)」として、レコチョクにて緊急配信されることも同時に明らかになったほか、ライブチケットについていた「シークレット・シングル」を999枚限定で、こちらも9日夜24時から残響onlineでの発売が決定するなど、非常にサプライズな発表もあった。

9mmファンに取って、正に金字塔的なプレミアムライブとなった「999」。
09年は10もの主要夏フェスに出演するなど、正にバースト寸前の熱気を放っている9mm。
武道館公演を終えた後も、「Cold Edge e.p.」のリリースやイベントライブへの出演等、その勢いをますます加速させている彼らから決して目を離すことができない。

 

【リリース情報】
9mm Parabellum Bullet 3rd EP
「Cold Edge e.p.」

2009.9.30 ON SALE
TOCT-26889 / ¥1,500(tax in.)

収録曲
1. Cold Edge
2. Live Track From "999" 09.09.09 At Budokan

初回限定:“オリジナル・ジャケットデコレーション・ステッカーキット”付!
初回限定特典として、青色・赤色・黄色・緑色の色違い"オリジナル・ジャケットデコレーション・ステッカーキット"4種をランダムに封入!「999(アット ブドウカン)」にて手にしたCDのジャケットを自由にデコレーション出来たり、お手持ちの小物にデコレーションで来たりする、ステッカー!どれが当たるかはお楽しみ。


オフィシャルサイト
http://9mm.jp/

キリンジのメインボーカル堀込泰行ソロプロジェクト=「馬の骨」が4年振りに放つ、待望のセカンドアルバム『River』が遂に完成した。
気心しれたミュージシャン達とのスタジオレコーディングをベーシックに、その他全ての演奏は自らプライベートスタジオ"N/M/S"で録音したというちょっとDIYで、メロディアスで、ほっこり甘い香り漂う10の物語。
4年の歳月を経て、再び、馬の骨/堀込泰行の「声」と「メロディ」が、ストイックな泣きの世界へと誘う極上の仕上がり。

今作、全10曲は
「前作はファーストという事もあり、どちらかと言えばクールさ漂う作品であったけど、今回は人間臭さや”ほっこり”とした温度感を醸し出した作品にしたかった」
と本人が言うように、シンガーソングライター堀込泰行=「馬の骨」のネクストステージとしてまた新たな魅力が詰まった「詩」と「曲」と「歌」のスタンダードな作品集となった。
先行配信シングル「クモと蝶」は9月9日よりiTunes Store他で配信スタートしている。

 

2nd ALBUM
『River』

2009.10.21 ON SALE
コロムビアミュージック

【初回盤】CD+DVD
COZP-409~10 ¥3,465(tax in.)

【通常盤】CD
COCP-35763 ¥3,150(tax in.)


オフィシャルサイト
http://naturalize.jp/
http://columbia.jp/umanohone/

野狐禅 LAST LIVE DVD試聴開始

2009年5月9日に、4月26日札幌KRAPS HALLのライブを以て解散したことを発表した野狐禅
最後のライブの模様を完全収録したDVD「野狐禅LAST LIVE at 札幌KRAPS HALL DVD」が9月21日に発売されるが、発売に先駆けてYouTubeにて「自殺志願者が線路に飛び込むスピード」「ぐるぐる」の2曲の映像が公開されている。

野狐禅はボーカル・アコースティックギターの竹原ピストルと鍵盤・コーラスの濱埜宏哉の二人で「生きてもないのに、死んでたまるか。」と1999年9月21日に結成。
2003年にはメジャーデビュー、約9年半にわたる活動の中で700本以上にのぼる精力的なライブ活動を行ってきたが、今年5月9日に4枚目のアルバム「野狐禅」をたずさえての全国ツアー41公演の最終日4月26日を以て約10年間の活動に終止符を打ったことを発表した。
激しい曲でも静かな曲でも必死に命を燃やすような野狐禅のライブパフォーマンスには熱狂的なファンも多い。何度もノンプロモーションで全国ツアーを行ってきた彼らの集大成となった解散ライブの映像とあって、その迫力に見入ってしまう。
完全収録されたDVDと同時に、14曲入りのCD「野狐禅LAST LIVE at 札幌KRAPS HALL CD」も発売される。 CDの初回限定盤特典DVDには同ツアーの東京公演の映像を収録。

★試聴はこちらへ★
「自殺志願者が線路に飛び込むスピード」
http://www.youtube.com/watch?v=w7oolpJe5YY&feature=channel_page
「ぐるぐる」
http://www.youtube.com/watch?v=Rdc1BTVx45c&feature=channel

 

【リリース情報】
NEW LIVE DVD
『野狐禅 LAST LIVE at 札幌KRAPS HALL DVD』
Atsugua Records
ATS-21
¥4,200(tax in.)
2009.9.21 ON SALE!

収録曲
1. あじさい
2. 日々、割れた日々
3. 青春ゴーズ・オン
4. 東京紅葉
5. スタンド・バイ・ミー
6. ならば、友よ
7. カモメ 8. さらば、生かねばならぬ
9. トレインとレイン
10.じゅうじか
11.フライング蝉
12.桜
13.えいえいおーと泣くのです
14.鈍色の青春
15.ローアンドロー
16.札幌処刑台
17.よう挑んだ
18.東雲
19.泪橋
20.ぐるぐる
21.自殺志願者が線路に飛び込むスピード

NEW LIVE CD
『野狐禅 LAST LIVE at 札幌KRAPS HALL CD』
Atsugua Records
ATS-20
¥2,800(tax in.)
2009.9.21 ON SALE!

収録曲
1. あじさい
2. 青春ゴーズ・オン
3. 東京紅葉
4. ならば、友よ
5. カモメ
6. さらば、生かねばならぬ
7. トレインとレイン
8. じゅうじか
9. 桜
10.鈍色の青春
11.札幌処刑台
12.東雲
13.ぐるぐる
14.自殺志願者が線路に飛び込むスピード


野狐禅 オフィシャルサイト
http://www.yakozen.net/
アツガレコード オフィシャルサイト
http://www.office-augusta.com/atsugua/

MICRON' STUFF PVにあの芸人が

9月9日に約1年ぶりのニューアルバム「AMAJOR」(アマジョール)をリリースするMICRON' STUFFの新作ミュージックビデオ「step to the NEXT」に2009年R-1グランプリの決勝で2位に輝いた話題のピン芸人、エハラマサヒロ氏が友情出演、見事なダンスを披露している。

MICRON' STUFFは昨年、オフィスオーガスタのスペシャルユニット福耳の「夏はこれからだ!」に秦 基博、スキマスイッチ大橋卓弥、元ちとせのボーカル陣に加わってラップで参加し話題となった5人組ダンスロックバンド。
ロックとHIP-HOPカルチャーの醍醐味をサラリと消化し生み出されるマイクロンサウンドはニューアルバム「AMAJOR」でも健在。
リード・トラック「step to the NEXT」は80年代洋楽のテイストを彼らなりにアレンジして表現したダンス・チューン。
このミュージックビデオは“ダンス”を中心に据えて80年代の洋楽、邦楽ロックへのオマージュがふんだんに盛り込まれており、メンバーも全編にわたって80年代風のコスプレで登場する。

エハラマサヒロ氏は芸人デビュー前、MICRON' STUFFが定期的に開催していたオールナイトクラブイベントに客として来場、舞台に飛び入り参加したことからメンバーと友人同士に。
その後エハラ氏のデビュー後も友情は続いており、今回はMICRON' STUFFのメンバーから直接「ダンスPVを作るならエハラ君に出てほしい」とオファー、多忙ななか友情出演が実現した。
エハラ氏はこれがミュージックビデオ初出演、本格的なダンス・シーンは初披露となる。
過密スケジュールのなか6回の衣装替えもなんのその、たった数時間で取り終えたというミュージックビデオ「step to the NEXT」は現在YouTubeで公開中!
注目のダンスは見逃せない!!元ネタを知らない世代は、その映像を探してみるのも面白いかも?!
なお、映像加工を新進気鋭のVJ、DJ Codomoが手掛けていることにも要注目。

ミュージックビデオ試聴はこちら
http://www.youtube.com/watch?v=0VA-n5X8MAs&feature=PlayList&p=340DA54B69200795&index=6


MUSICSHELFでは本日よりMICRON' STUFFのインタビュー&プレイリストを掲載中!こちらも要チェック!
★スペシャルインタビュー★
「しなやかな感性でジャンルの壁を突き破った新世代ポップの傑作」

★スペシャルプレイリスト★
「旅のオトモ」

 

NICO ドラマ主題歌に抜擢!

 

8/12に「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」オープニング・テーマ「ホログラム」を発売し、オリコンチャートでも自己最高位を更新、着うた(R)も好調なNICO Touches the Walls
夏フェスを無事に終え、早くも新作完成。
「ホログラム」に続くシングルリリースが11/4に決定した。

ニューシングルは、日本テレビ系列全国ネットドラマ「傍聴マニア09」(毎週木曜23:58~ 10/22より放送開始)の主題歌。
このドラマは、週刊コミックバンチで連載中の「裁判長!ここは懲役4年で、どうすか?」が原作。
8月には今年施行された裁判員制度の最初の公判も行われたことから、裁判に対する関心度は高まっている。
そんなドラマの中でNICO Touches the Wallsの楽曲はどのような表情を見せてくれるのだろうか。
秋にぴったりのミディアムナンバーということだが、続報を待って欲しい。

 

 

【ライブ情報】

『NICO Touches the Walls TOUR2009~2010「& Auroras」』
12/23(水)Zepp Osaka
12/27(日)Zepp Tokyo
1/22(金)千葉LOOK
1/28(木)京都磔磔
1/30(土)金沢AZホール
2/5(金)札幌ペニーレーン24
2/7(日)仙台darwin
2/11(木)高松DIME
2/13(土)広島CLUB QUATTRO
2/14(日)福岡DRUM LOGOS
2/20(土)Zepp Nagoya

オフィシャルサイト
http://www.nicotouchesthewalls.net
http://www.senha.jp/nico/

今年、電撃復活を遂げ、シングル・アルバム発売、全国ツアー開催、そしてこの夏は各所の夏フェスに出演し、積極的に活動を行っているユニコーン
先ごろ発売が決定した復活後第2弾シングル「半世紀少年」の内容が明らかになった。

今作は、メンバー川西幸一の50歳を記念した、生誕50周年記念シングルとなっており、10月開催のイベント、「川西幸一 50歳記念チョットオンチー栄光の50年」に合わせてのリリースとなる。
曲はというと、今回の主役・川西幸一がラップを担当!幅広い交友関係の中からその道の先輩に指南を受けながら完成に至ったようだ。
サビではもちろんユニコーン節炸裂の美メロも披露し、唯一無二のポップソングに仕上がっている。
そしてカップリングは「川西五〇数え唄」。
阿部、奥田、EBI、手島のメンバー4人が、川西幸一の半生をアカペラで数え上げる身内ネタ満載の一曲。
初回盤は今回も特典DVD付き。内容はというと、川西が故郷・広島の呉を散歩する「こーいちい散歩」。笑いあり、涙ありの思い出巡りは必見。

 

また、復活後のユニコーンでお馴染みなのがメンバー揃ってのコスプレ。
ライブも含め、様々な揃いの衣装を披露してきたが、今回は“モーツァルト”!
果たしてこの衣装でのパフォーマンスが見られるかは疑問だが、インパクト大のビジュアルにも注目だ。

また、「川西幸一 50歳記念 チョットオンチー栄光の50年」に出演するゲスト・アーティストも決定。
10月6日・7日開催の東京公演には、髭(HiGE)(6日のみ)とくるり(7日のみ)が、10月19日・20日開催の大阪公演には、RIP SLYME(19日のみ)とBEAT CRUSADERS(20日のみ)が出演する。

本日から着うた(R)の配信もスタート!10月のイベントに参加する人はこれで予習を!

 

【リリース情報】
New Single
『半世紀少年』
2009.10.7 ON SALE!
Ki/oon Records

【初回生産限定盤】
KSCL1462-63
¥1,400(tax in.)


【通常盤】
KSCL-1464
¥1,020(tax in.)


【アナログ盤】
KSJL-6151
¥1,575(tax in.)
※アナログ盤のみ2009.10.14 ON SALE


収録曲
<DISC1:CD>
M1. 半世紀少年
M2. 川西五〇数え唄
M3. 半世紀少年(カラオケ/長髪残し)

※初回限定盤のみ収録
<DISC2:DVD>
特典映像DVD MOVIE13
「こーいちい散歩 呉編」

【ライブ情報】

『川西幸一 50歳記念 チョットオンチー栄光の50年』
2009年10月6日・7日 日本武道館
出演:ユニコーン / PUFFY / BLACK BORDERS / ゲスト:髭(HiGE)(6日のみ)、くるり(7日のみ)

2009年10月19日・20日 大阪城ホール
出演:ユニコーン / PUFFY / BLACK BORDERS / ゲスト:RIP SLYME(19日のみ)、BEAT CRUSADERS(20日のみ)

オフィシャルサイト
http://www.unicorn.jp/
川西幸一 50歳記念サイト
http://www.kawanishi50.jp/

9月14日、渋谷C.C.Lemonホールにて全世界対応 のファンクラブ「C.W.I.F.」(Co-miyavi- Worldwide International Family)発足記念イベントライブを行った後、世界20ヶ国51公演という空前の規模の世界ツアーへと旅立つ雅-miyavi-から、しばらく彼と会うことの出来ない日本のファンに朗報が届いた。

今まで海外でしか手に入れることの出来なかったレア・グッズを含む貴重な商品をmu-moショップ限定(http://mu-mo.net/shop/)で発売開始。
ラインナップはTシャツ、タンクトップ、フェイスタオル、リストバンドの全4種で、どれも限定数だけに争奪戦となることも予想される。
世界中のファンから以前に も増して熱狂的に支持され、新事務所「J-glam」の立ち上げを期により一層グローバルでアグレッシブな活躍を繰り広げる「新世代型サムライギタリスト」 雅-miyavi-の動きに要注目だ。


オフィシャルサイト
http://www.o-re-sa-ma.com/

mu-moショップ(PC・ モバイル共通)
http://sp.mu-mo.net/shop/r/miyavi

 

世界が認める若手女性NO.1ピアニスト“上原ひろみ”。
今年7月に日本人として初の5年連続NYブルーノート一週間公演を行い、歴史的快挙を次々と成し遂げ、国内でも「DREAMS COME TRUE20周年スペシャル・ライヴ」や絢香との共演でも話題をさらった彼女が、今月5日初のソロ・ピアノ・アルバム『プレイス・トゥ・ビー』をリリースする。ニューヨーク、フランス、シチリアなど、彼女が訪れた世界中の土地からインスパイアされたものを音にしたという非常に興味深い作品となっている。

このアルバム発売を記念して、スペシャルなフリーライブが都内で開催される事が決定した。

 


【イベント情報】

上原ひろみ SPECIAL LIVE

日時 : 2009年9月8日(火曜日)18時~ ※約30分の予定
場所 : 表参道ヒルズ


※入場無料のフリーイベントとなります。

詳しくはオフィシャルサイトへ



【リリース情報】
世界をめぐるピアノとの旅。
上原ひろみ、待望の初ソロ・ピアノ作品。
『PLACE TO BE』
2009.9.5 ON SALE!

【初回盤(CD+DVD)】
UCCT-9012 / ¥3,000(tax in.)

【通常盤】
UCCT-1218 / ¥2,500(tax in.)


現在MUSICSHELFでは上原ひろみのスペシャルインタビューに加えて、彼女の貴重な10曲のプレイリストを紹介している。 是非チェックして頂きたい

 

上原ひろみ スペシャルインタビュー&プレイリストはこちらから

 

Superfly 2作連続首位獲得!

Superflyの1年3ヵ月ぶり通算2枚目のアルバム『Box Emotions』が発売1週目で21.4万枚を売り上げ、9/14付アルバムランキングの首位に初登場。
Superflyにとってアルバムの首位獲得は、2週連続首位のヒットとなった昨年5月発売の1stアルバム『Superfly』に続き2作連続。 1stから2作連続でのアルバム首位獲得は、2007/11/19付のNEWS以来1年10ヵ月ぶりで、女性アーティストとしては、グループも含め、2003/9/15付の元ちとせ以来6年ぶりの快挙となった。

また、今回の初動売上21.4万枚は、Superflyにとって1stアルバム『Superfly』で記録した初動売上12.3万枚を大きく上回る、2007年4月のデビュー以来の最高記録。
09年女性アーティストとしては、1月発売の倖田來未『TRICK』(初動25.3万枚)、3月発売の浜崎あゆみ『NEXT LEVEL』(初動24.1万枚)に続く3番目の好スタートとなった。

本作『Box Emotions』には、フジテレビ系ドラマ『BOSS』主題歌の「My Best Of My Life」、初のCD収録となる同ドラマのオープニングテーマ「Alright!!」、フジテレビ系『めざましテレビ』テーマソングの「やさしい気持ちで」を始めとする全13 曲を収録。CD のみの通常盤と、シングル5曲のPVが付いたDVD、全13楽曲のイメージポストカード13枚が付いた紙ジャケBox仕様の初回盤の2種類が発売されている。

<Superfly 志帆、本人コメント>

『私の心の中を描ききれたこのアルバムは、今後のSuperflyにとって本当に意味のある作品となると思います。そんな作品を沢山の方に評価していただき、とても嬉しく思います。これからは、新しく生まれた13曲たちを大切に大切に歌い続けていきます。
Superflyを応援してくださっている皆さん、本当にありがとうございます。これからも応援よろしくお願い致します!』

 

【リリース情報】

2nd Album
『Box Emotions』
2009.9.2 ON SALE!
WARNER MUSIC JAPAN
【初回限定盤】
WPZL-30158/9
¥3,500(tax in.)


【通常盤】
WPCL-10740
¥3,150(tax in.)


収録曲
1.Alright!!
2.How Do I Survive?
3.Searching
4.My Best Of My Life
5.恋する瞳は美しい
6.やさしい気持ちで
7.Bad Girl
8.アイデンティティの行方
9.誕生
10.See You
11.春のまぼろし
12.Hanky Panky
13.愛に抱かれて


オフィシャルサイト
http://www.superfly-web.com/index.html

インディーズで旋風を巻き起こしたR&B歌姫“EMI MARIA(エミマリア)”が10月7日のメジャーデビューに向けていよいよ始動し始めた。


EMI MARIAは、iTunesのフリーダウンロード2008年度第1位を獲得。
音楽関係者約100人が投票する、2009年最も活躍が期待されるアーティストのひとりとして【iTunes Sound Of Japan2009】にも選出。これだけの実績を残しながら、まだ弱冠22歳という最も注目されているR&Bシンガーソングライター。そんな彼女のメジャーデビューに先立ち、自身のインディーズ期の人気曲を繋いだベスト盤的“着MIX”が9月9日にリリースされることが決定した!

“着MIX”とは、EMI MARIAの人気楽曲の“オイシイ”ところをDJがMIXして1トラックに繋ぎ、着うたフルで配信してしまおうというもの。まさにインディーズ期のベスト盤的な内容になっており、これだけでお手軽に予習ができてしまうという、お得な内容になっている。

タイトルは「2007~2008 works EMI MARIA MIX mixed by DJ NAOtheLAIZA」
アッパーな “Keep Going”MIXと、バラードを中心とした“Fallin' Love”MIXの2バージョンがiTUNESと着うたフル(R)にて配信される。 それぞれのミックスのラストにはデビュー曲である「One Way Love」を想起させるギミックも仕掛けられており、今までインディーズで積み上げてきた集大成であるとともに、ついにメジャーに向けて動き出した彼女の“宣戦布告”とも言えるような内容に!!

そして、気になるメジャーデビュー曲「One Way Love」は着うた(R)は9月23日より、着うたフル(R)は10月7日より、レコチョクにて独占先行配信されることが決定!

 

【配信情報】
メジャーデビュー曲
『One Way Love』
JPVI00933890

【着うたフル(R)】
VE6EG-38223 ¥420(tax in.)
2009.10.7 ON SALE! レコチョク先行配信

【着うた(R)】
VE1EN-38236 ¥105(tax in.)
2009.9.23 ON SALE! レコチョク先行配信


ベスト的”着MIX”
『2007~2008 works EMI MARIA MIX mixed by DJ NAOtheLAIZA』
“Keep Going”mix
●iTunes¥200(tax in) ●Mobile¥420(tax in)

“Fallin' Love”mix
●iTunes¥200(tax in) ●Mobile¥420(tax in)

【リンク】
オフィシャルページ

http://emimaria.com/

オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/emimaria/

2009年9月6日(日)。福岡県芥屋海岸で行われたSUNSET LIVE 2009は夕暮れ時を迎え、ただならぬ雰囲気に包まれていた。
今年17回目を迎える同フェスは、夏の終わりとは思えない熱気に、誰もが酔いしれているようだ。

そして18時30分。超満員のBLAVO PARM STAGEに突如巻き起こる「しげる!!」コール。
見ると、スペースを埋め尽くしているのは男女半々くらい。いずれも20代から30代前半とおぼしき血気盛んなオーディエンスだ。
声を涸らしながら泉谷しげるの登場を告げるMCスマイリー原島に、やおら水を浴びせかけ殴りかかる泉谷。
その暴挙を目にしたオーディエンスはいきなり沸点に達した。
「サンセットーーー」との叫びと共に、即興で「サンセットのテーマ」を絶叫する泉谷。
「俺をここに呼んだことを後悔させてやる!!」 全員拳を振り上げ、熱狂がビーチにこだまする。
続いて最新アルバムの表題曲である「すべて時代のせいにして」を披露。
「お前ら、手拍子するんじゃないぞ」 という定番のトークに続き、歴史的名曲「春夏秋冬」を歌うと、そのゆるやかなリズムに揺れながら、客席は大合唱。
間髪入れず続いて「雨上がりの夜空に」の イントロが流れると、誰もが絶叫し、興奮はピークに達した。
「あいつは死んじゃいないんだ!!」の叫びに呼応して、天をつく勢いで両手を挙げるオーディエンス。
ラストの「野性のバラッド」が始まるやいなや、ステージ前に押し寄せる人、人、人。セキュリティは休む間もない。

その興奮にいてもたってもいられなくなったか、乱入した曽我部恵一は泉谷が手放したアコースティックギターを素早く掴んだ。
「何てお前に伝えよう。騒ぎの好きな俺について・・・」たて続けにジャンプするオーディエンスから大きな砂塵が巻き起こった。
突如、ステージ上で腕立て伏せをしたと思いきや、2mのステージからダイブした泉谷は客席に突入。
もみくちゃになりながら、興奮したオーディエンスに頬をひっぱたかれながら、なお叫び続ける。
ライブが終わった頃、辺りはすっかり夕闇に包まれ、誰もが心からの笑顔になっていた。

 

 

 

そんな泉谷しげるが、2008年10月に発表したアルバム「すべて時代のせいにして」に続いくオリジナルニューアルバムを12月2日に発売することが決定。詳細は追って発表される。
1970年初頭のフォークから、1980年代のロック、そして現在へと、すべての音楽史を現役で生き抜き、61歳にして衰えることを知らない泉谷しげるが渾身の力を込めて贈る、苦悩する時代へのレクイエム、歴史的大作になることは間違いないだろう。

オフィシャルサイト
http://www.wagasha.co.jp/

★泉谷しげる過去のインタビューはこちら★
「特集 泉谷しげる」2009.6.12公開

スピードスターレコーズとノイズマッカートニーレコードがタッグを組んでおくるスペシャルアイテムに、松任谷由実、矢野顕子、奥田民生、木村カエラ、9mm Parabellum Bullet、他、超豪華アーティストが集結!!!

 

1998年10月21日に、シングル「東京」でデビューしたくるり。メジャーデビュー10周年を大々的にアピールしてこなかった彼らですが、デビュー11周年直前、最後の最後にスペシャルアイテム「くるり鶏びゅ~と/ V.A.」のリリースが決定! 

くるりを敬愛するアーティストが集結し、くるりの大ヒット曲から、隠れた人気のアルバム収録曲までを、超豪華にカバーしたトリビュート盤!
くるりファンならずとも必聴です!!

今年出演した夏FESですでに「ばらの花」を披露し、9/22に行われる「京都音楽博覧会IN 梅小路公園2009」にも参加が決まっている奥田民生。自身のFM番組で「気になるアーティスト」としてくるりを紹介し、その後、2005年にオンエアされたCX「オールナイトニッポンTV」で共演した松任谷由実。2006年にリリースされたアルバム「Circle」に岸田が楽曲「Dancing Now」を提供、くるり主催のイベント、対バンツアー等にも参加してくれている木村カエラ。公私ともに親交がある矢野顕子など豪華メンバーが参加している。

この豪華アーティスト参加のトリビュート作品に対して、くるり岸田は、
自分たちが自宅の農園で作り続けて来た野菜を使って、いろんな料理人が素晴らしい料理を作ってくれたかのような、そんな素晴らしい作品になりました。アーティストの皆さんに心からリスペクトと感謝しております。
とコメントしている。

9月22日に行われる「京都音楽博覧会」から約1ヶ月後にリリースされる、くるりファンのみならず、音楽ファンにはたまらないプレゼントといえるこの作品をチェックしよう!

【参加アーティストコメント】

アノニマスメンバー内で長期に渡る冷戦がついに終結。
流血をまねくほどの乱闘の末、Vo.神田智子が脱退!
「赤い電車」はさらに赤く染まった!?尚、今後のバンド活動は未定です。
権藤知彦(anonymass)

ロックンロールは電話料金の請求書からおおいぬ座VYまですべてを突き破る。
そして世界を祝福する。誰の心にも枯れないばらの花がある。
造花でもいい。くるりが好きだ!
小山田壮平(andymori)

カープがんばれ。
奥田民生

コミューンでくるりやチェインズやママスタに出会えてなかったら、たぶん人生変わってた思います。その頃から好きやった曲やらせてもらいました。また遊ぼう~!
辻村豪文(キセル)

「言葉はさんかく こころは四角」は、すばらしい曲なのでイメージを崩さないように頑張ってみました。くるり、大好き!
木村カエラ

『東京』を歌う僕の、言葉の向こうに広がる心の核みたいな風景が、丸裸で好きだ。
そんな“僕”を探っていたら、自分に辿り着いた。
世武裕子

生きている曲だった。
曽我部恵一

くるり10周年おめでとう!
これからもしぶとく頑固にくるりらしくいてください。
高野寛

初夏の夕暮れ。ギター片手に川へ行っては、この曲を歌っていました。
あのね。どこの川にもこの風景がはまったの。
それを伝えたかったのでした。歌わせてくれてありがとう!
二階堂和美

僕が思いつきで、家で録りたいと言ったがために、6月の大雨の日に、メンバー、スタッフ、子どもに、猫までもが、冷房もつけず締め切った我が家の居間に集結し、なかなか思い出深い録音になりました。
佐藤良成(ハンバートハンバート)

京都の後輩=くるりの、世紀の大名曲をリミックスする機会を与えてもらえたことを大変光栄に思います。唄とコーラスを活かしたシンプルで踊れるトラックに仕上げました!
田中知之 (Fantastic Plastic Machine)

大好きです。愛しています。いつも、ほんまに、ありがとう。
宮本菜津子(MASS OF THE FERMENTING DREGS)

トリビュートという初めてだらけのなかで、手探りで、ギターを弾く立場として色々考えました。行き着いたのは、想いを演奏に込めるということでした。
いつもみたいに自分の感情や風景やイメージや色ではなく、誰かのことを想いながらの録音は初めてじゃないかと思います。くるりのことをたくさん想いながら演奏しました。
石本知恵美(MASS OF THE FERMENTING DREGS)

くるり独特の質感の秘密が、歌ってみて少しだけわかった気がした。
ますます目が離せない。
松任谷由実

くるりにはいい曲がたくさんありすぎます。
ちょっと分けてもらいたいです。
矢野顕子

くるりの皆様、笑ってくれたら本望です。
そして、くるりファンの皆様、寛大な心で聞いて下さい。
岸田君、今度飲みに行きましょう。おごるから!
鈴木正人(LITTLE CREATURES)

出来るだけ本家に忠実に、細部のニュアンスにまでこだわり、かつ自分達の味を出すために、麺からこだわりました。だしはとりがらベース。ご賞味ください。
9mm Parabellum Bullet


 

【リリース情報】
『くるり鶏びゅ~と/ V.A.』
BNCL-40
¥3,000(tax in.)
2009.10.21 ON SALE!

①くるり10周年記念スペシャルパッケージ仕様
②くるり10周年記念グッズプレゼント応募ハガキ封入

全16曲収録予定/曲順未定(アイウエオ順)
1. anonymass「赤い電車」
2. andymori「ロックンロール」
3. 奥田民生「ばらの花」
4. キセル「Old-fashioned」
5. 木村カエラ「言葉はさんかく こころは四角」
6. 世武裕子「東京」
7. 曽我部恵一「さよならストレンジャー」
8. 高野寛「ワンダーフォーゲル」
9. 二階堂和美「宿はなし」
10. ハンバートハンバート「虹」
11. Fantastic Plastic Machine「ワールズエンド・スーパーノヴァ」
12. MASS OF THE FERMENTING DREGS「飴色の部屋」
13. 松任谷由実「春風」
14. 矢野顕子「Baby I love you」
15. Little Creatures「ハイウェイ」
16. 9mm Parabellum Bullet「青い空」

【その他のトピック】

①京都限定、くるりiTunesカードを9/10に数量限定配布

9/22(火・祝)に音博を控えたくるりが京都で「iTunesカード」を数量限定配布することが決定。カードには先日武道館で行われたライブにて演奏された「愉快なピーナッツ」の音源をダウンロードできるコードが印字されており、9/10より京都市営地下鉄の京都駅・四条駅コンコース内にiTunesカードが貼り付けられた大型ポスターが設置される。アルバム「魂のゆくえ」リリース時にもApple Storeでの配布で話題を呼んだカード配布第2弾、プレミア必至です!

②くるり×細野晴臣「風をあつめて」収録!! 
京都音博×iTunesによる音博コンピレーションが今年も発売決定!!


3年目を迎える京都音楽博覧会をより楽しむための音博コンピレーションが発売!!
くるりはもちろん、矢野顕子から石川さゆりまでの多彩な顔ぶれに加え、さらに今年はアルバム購入の特典として、昨年の京都音楽博覧会のクライマックスとなった京都音楽博覧会08オールスターズによる「風をあつめて」を収録!!
予習、復習にぴったりのマストバイアイテム!!

【配信情報】
『京都音博コンピレーション09』
iTunes Store
アルバム¥1200(tax in.)  単曲¥200(tax in.)
(「風をあつめて」はアルバムのみの配信)
2009.9.2 ON SALE!

1.愉快なピーナッツ / くるり
2.フロシキ仮面 / ふちがみとふなと
3.Fight / Ben Kweller
4.変わるし / 矢野顕子
5.ダイナマイトに火をつけろ / BO GUMBOS
6.朝花 / 石川さゆり
7.太陽のブルース / くるり
8.風をあつめて / 京都音楽博覧会08オールスターズ(くるり・細野晴臣・土岐麻子・佐橋佳幸・佐藤良成・内橋和久・三柴理・bobo)

③くるり×「謎の板」、クライマックスは京都音博で!!

6/10に発売されたアルバム「魂のゆくえ」初回盤に封入されていた「謎の板」。これを謎解きすると、アクセスすることができるスペシャルサイトでは、およそ3ヶ月の間、物語は更新されつづけてきたが、この度、9/22(火・祝)開催の京都音楽博覧会(くるり主催)でフィナーレを迎えることが明らかになった。これにともない、くるりonWEB上で展開されている「謎の板」特設開設サイトもリニューアルし、これまでの経緯や、物語を確認できるようになっている。

【特設サイトの概要】
webサイトで展開されている「物語」は夜空を走る汽車が舞台。この「物語」は、自分のことをまったく知らない主人公が、汽車の中で車掌や運転手と出会い、自分が誰なのか、乗っている汽車はどこに向かうのか、といったことを明らかにしていく、というもの。

この物語を読み進めて行くには、途中で用意されたいくつもの「クエスト」を解いていかねばならない。ただし、この「クエスト」は到底1人では解けない難問揃いなので、用意されたBBSなどを利用し、くるりファンなどと協力して問題を解いていく必要がある。

このクエストは6月から始まり、9月の京都音博にゴールを迎えることになる。
「謎の板」を持っていなくとも、物語を楽しむことは今からでも十分可能なので、くるり×「謎の板」サイトにぜひアクセスを!!

→魂のゆくえ 「くるり×謎の板」サイト
http://www.q-help.net/

→魂のゆくえ 「くるり×謎の板」解説サイト
http://www.quruli.net/nazonoita/

PUSHIM 横浜レゲエ祭 2009

9月5日(土)に横浜スタジアムで行われた「横浜レゲエ祭 2009」に「クィーン・オブ・ジャパニーズ・レゲエ」こと、PUSHIMが出演した。

150人のライブハウスから始まった「横浜レゲエ祭」は今年で15回目。
15年分の力をぶつけたまさに集大成となるイベントとなった。
横浜レゲエ祭を仕切っているのはレゲエ好きなら誰もがご存知、「MIGHTY CROWN」。
そんな彼もリスペクトするPUSHIMだが、参加アーティストで唯一の女性レゲエシンガーだ。

 PUSHIMがステージに立った瞬間、横浜スタジアムからは30000人の歓声轟き、総立ちになるが、彼女の力強い歌声はその歓声に勝るほど、力強く横浜の空に響いた。
20分間という短いステージだったのにもかかわらず、彼女の代表曲「FOREVER」「I pray」を始めとする7曲を披露し、最後の曲となる「RAINBOW」では30000人の大熱唱。
PUSHIMの歌声に横浜スタジアムは酔いしれた。

PUSHIMは今年でメジャーデビュー10周年。
そんなPUSHIMが9月23日に新曲「My Endless Love」をリリースする。
楽曲は、この秋一番の切ないハートブレイク・ソング、切ない別れをテーマしながらもポジティヴな気持ちにもさせてくれる、「ツヨがり女子☆必聴」なアイテムになっている。
「My Endless Love」の着うた(R)が8月26日~各着うた配信サイトで先行配信されたが、『レコチョク』ではデイリー最高8位を獲得するなど、たちまちランキングを賑わせた。
「My Endless Love」の着うたフル(R)は9月16日~追って先行配信される。

また、9月23日の「My Endless Love」と同時発売でPUSHIM本人による選曲によるコンピレーションアルバム「My Town Top Rankin‘~Pushim's Favorite Reggae Classics~」も発売になる。
レゲエ好きの人はもちろん、これからレゲエを聴きはじめたい人もぜひチェックしてほしい。

 

 

【リリース情報】

New Single 
「My Endless Love」

2009.9.23 ON SALE
Ki/oon Records
KSCL-1476 ¥1,223(tax in)



オフィシャルサイト
http://www.pushim.com/







★PUSHIM過去のインタビューはこちら★
「真のレゲエが詰まった誇り高き最高傑作」2008.12.12公開

 

岩下優介(B & Vo.)、千布寿也(G)、豊田茂(Dr.)からなるスリーピース・バンド嘘つきバービーが初の公式シングルを9月9日にリリースする。

「バビブベ以外人間 / ねこ子」という何とも彼ららしいユニークなタイトルとなっているが、バビブベとは以前岩下が飼っていた犬のニックネームで、彼の犬と現メンバーが組んだバンド名が「バビブベ以外人間」だったらしい。

 

さて、そんな「犬」と「猫」を歌う(?)今回の作品だが、彼らの特徴として忘れてはいけないのがCDジャケットのアートワークだ。

今作ももちろんのこと、過去の作品を含めて、バンドの世界感を象徴するジャケットについてベース&ボーカルの岩下優介に語ってもらった。

【岩下優介(B & Vo.) ショートインタビュー】


--これまでの作品を含めてアートワークを担当しているイラストレーターさんがいらっしゃるとか。


僕が「ナカオさん」と呼んでいる男子にあーだこーだ言って描いてもろてます。



 

--嘘つきバービーのCDジャケットも、中身の楽曲に負けないくらい特徴的ですよね。この辺のこだわりについて教えてください。


設定をふざけて、ストーリーを切なくですかね。


--シンプルな答えですか、深いですね~。

 では今回のシングルのジャケットのこだわりポイントがあったら教えてください。

 

 

NEW SINGLE
「バビブベ以外人間/ねこ子」

Kowalski
KWLSK-6 / ¥ 1,200(tax in.)

2009.9.9 ON SALE!

 


女子のアイドルと中年の疲れのギャップ。でも、他のに比べてあんま意味を持たせすぎんようにしました。PVがついとるので。


--なるほど、という事は初回盤特典のDVDは要チェック!!ですね。

 



現在、MUSICSHELFではメンバーを代表して岩下優介がお気に入りのプレイリストを紹介してくれた。独特の世界を表現する彼らの一面が明らかに?!

要チェックです!!


嘘つきバービープレイリスト
『一連の妄想をしながらきく5曲』 selected by 岩下優介

 


the GazettE ファイナルに2万人

7月15日(水)発売のアルバム『DIM』を引っ提げて全国ツアーを敢行していたthe GazettEが、9月5日(土)さいたまスーパーアリーナにて【the GazettE TOUR09 -DIM SCENE-】ファイナル公演を行った。

ここ数日季節の移り変わりと共に気温の変化が激しくなっているものの、当日は朝から快晴。この日を待ちわびた大勢のファンが詰め掛けた。

 17時にSEが流れ、アルバムの表題曲である「THE INVISIBLE WALL」によりスタート。
昨年11月にリリースされオリコン・ウィークリーチャート2位になった「LEECH」や2009年最初のシングルでもある「DISTRESS AND COMA」など、様々な楽曲が繰り出される中、極上のバラードと称されロングヒットとなった「紅蓮」が終わるとボーカルのルキが
「やっとツアーファイナルとして”さいたまスーパーアリーナ”に来ました。ただ緊張する事なく出来ていると思います。」
と語りかけると観客も拍手で応えた。

その後もルキの掛け声により後半戦がスタート。
「Filth in the beauty」や「DISCHARGE」によってファンと一体となり、伝えるべきものは全て曲に詰まっていると言わんばかりにアンコールを含め24曲3時間に及ぶ怒涛のライブが終了した。
公演終了後には10月7日(水)リリースのNEW SINGLE『BEFORE I DECAY』のPVがフルサイズで初公開。
さらに本公演のDVDが12月16日(水)に発売される事や、12月24日(木)には東京ビッグサイトにて2009年の締めくくりともなるLive『the GazettE live09「A HYMN OF THE CRUCIFIXION」』が発表されるなどツアーファイナルにふさわしく様々なプレゼントも用意されファンには溜まらない一日となった。

 

 

 

 

【リリース情報】
New Single
『BEFORE I DECAY』
Peace&Smile music
2009.10.7 ON SALE!

【初回限定盤】
KICM-91290
¥1,785(tax in.)

【通常盤】
KICM-1290
¥1,050(tax in.)


【ライブ情報】

the GazettE live09
「A HYMN OF THE CRUCIFIXION」

12/24(火)東京ビッグサイト 東棟屋内展示場
OPEN 17:00 / START 18:00
全席指定 前売6,800 / 当日7,300(税込)
2009年11月28日(土)全国一斉発売

オフィシャルサイト
http://www.pscompany.co.jp/gazette/

 

人気バンド仙台貨物が9/5(土)に東京・新宿で新曲発表&重大発表を行い10/28にリリースされるニューアルバム「凸~デコ~」から新曲を含む3曲を披露し、11/5の日本武道館公演をもっての活動休止を発表した。

突然の活動休止の発表だった。
14:00に新宿のビジョンに仙台貨物ヒストリーが流され、続いてボーカル千葉がビジョンから集まった3000人のファンに挨拶、そして大歓声の中メンバーがステージに登場。
いつも通り「おまえら、いげんのか?」の掛け声でライブがスタート。
ニューアルバム「凸~デコ~」からの新曲「腐況の風」「俺ら東京さ行ぐだ」の2曲を披露した後のMCだった。突然、千葉が
「仙台貨物は11/5の日本武道館で倒産します。日本武道館が最後の晴れ舞台になります。」と発表。
突然の発表に中には泣き出すファンも。
最終はヒット曲「神様もう少しだけ」で締め、アンコールの大合唱が鳴り止まない中、イベントは終了した。
イベント終了後には活動休止の号外フライヤーが配られたが、号外を食い入るように見入るファンやステージ前からなかなか立ち去らないファンも数多くおり、突然の活動休止の発表の衝撃を物語っていた。

仙台貨物はこの後、10/28に最後のアルバム「凸~デコ~」をリリースし、10/31 仙台イズミティ21のライブを経て11/5の日本武道館で最後のライブを行う。
ラストにどんな勇姿を見せてくれるのか。
また、関係者によるとアルバムの発売に合わせイベントも検討されているという。
活動休止まで2ケ月、仙台貨物からますます目が離せない。

 

【リリース情報】

NEW ALBUM
「凸~デコ~」

2009.10.28 ON SALE
VAP

【初回限定盤】CD+「腐況の風 」PV DVD
VPCC-80644 ¥3,500(TAX IN)


【通常盤】CD ONLY
VPCC-81649 ¥3,000(TAX IN)


NEW LIVE DVD
ライブ2008「絶黄門」

2009.10.28 ON SALE
VAP
VPBQ-19062 ¥5,000(TAX IN)


LIVE DVD
ライブ&フィルムトゥアー 2008「うまなみで。」

2009.9.9 ON SALE
VAP VPBQ-19061 ¥5,000(tax in)



【ライブ情報】

トゥアー2009 「腐況の風~仙台貨物 FOREVER~」
10月31日(土)仙台イズミティ21
OPEN 17:30/ START 18:00
キョードー東北 022-217-7788

11月5日(木)日本武道館
OPEN 17:30/ START 18:30
ディスクガレージ 03-5436-9600
チケット料金 ¥6,300(tax in)仙台貨物タオル付き
※3歳以上有料、3歳未満入場不可

一般発売日 10月17日(土)

オフィシャルサイト
http://www.sendaikamotsu.net/

「さよならをキミに… feat. Sponatania」でメジャーデビューを果たした歌姫Tiaraが、9月5日、ゲストにSpontaniaを迎えてデビュー後初となるライブを都内・レコチョクプラザで行った。

Tiaraは、これまでケツメイシの「さくら」、「君にBUMP」などのバックコーラスを務めてきた、今最も注目される新世代ディーヴァの1人。「さよならをキミに… feat. Spontania」は、レコチョクにて独占先行配信されていた着うたフルが、9/2付レコチョク着うたフル週間ランキング初登場4位、同じく、9/2付のレコチョククラブフル週間ランキングでは初登場1位を獲得するなど、デビュー前からティーンや20代女性を中心に支持を集めていた。

レコチョクライブは、デビュー曲「さよならをキミに… feat. Spontania」の着うたをレコチョクでダウンロードしたユーザーを対象とした限定ライブで、1000名の応募から選ばれた100名を前に、デビュー曲を含む4曲を披露。
Tiaraは、「デビュー曲は、昨年8月に大切な人と別れて、その時の思いを大切に曲を作りました。この楽曲を聞いて、泣いて、いっぱい涙を流して、また明日に向かって頑張って行こう!と思ってもらえたら嬉しいです。」と自らの実話をもとに楽曲が作られた制作秘話を明かし、「Bメロで男女の感情を掛け合う部分があるんですが、Spontaniaの2人とリアルに詞をぶつけあって作りました。」と、これまでアルバムにコーラス参加したり、ツアーを一緒に回ったりと深い交流のあるSpontaniaがフィーチャリングだったからこその、エピソードなども明かした。

 

【リリース情報】
New single
『さよならをキミに...feat.Spontania 』
日本クラウン
CRCP10228
¥1,200(tax in.)
2009.9.2 ON SALE!

1. さよならをキミに... feat. Spontania
2. さあいこう!! feat. Spntania
3. そのままで
4. さよならをキミに... feat. Spontania(inst)

【Link】
オフィシャルサイト
http://www.tiaraweb.com/

AYUSE KOZUE、9/16SG発売!

 

作詞、作曲、アレンジ、プログラミングまで、持ち前のDIYスピリットで音楽をクリエイトする才女、AYUSE KOZUEが9月16日に久々のニューシングルをリリース。

表題曲「Don’t let you down」は、彼女の得意とする、クラブミュージック直系のセンスが光るアレンジに、心地よいヴォーカルが絡む良質な曲に仕上がっている。比較的ライトな歌が多いAYUSE KOZUEとしてはとても珍しく、メッセージ性の高いリリックに仕上がっているのが今回の楽曲の特徴。「凹んでいたり、ちょっと元気を失っている人に向かって、おまえ、がんばれよ!!って、押し付けがましく語りかけるより、そっとそばに居てあげているような、そんな優しいテンションで、ちょっぴり前向きになれるような曲になればいいな、と思って制作しました」と語っているように、耳心地の良さと、心にスッとしみ込むメッセージが両立した、AYUSE KOZUEらしい楽曲だ。

また、c/wの「material girl」もメッセージ性の高いスローテンポな曲。「今って、洋服とか買い物とか、モノがいっぱいありすぎて、、、そういう情報とかに振り回されちゃっているのって、何か違うな、買わされちゃってるな、という気がして、でも、私も買い物とか洋服とか好きだし・・・そんな気分を曲にしてみました」と語るとおり、キュートでありながら、リアリティのある楽曲に仕上がっている。

そしてAYUSE KOZUEは、MTVの”MTV colors”で9月度木曜担当マンスリーアーティストに決定!!そして、日本テレビ系「音楽戦士 MUSIC FIGHTER」にてMUSIC VIDEOが9月度POWER PLAYに決定し、テレビでお目にかかる機会も多くなりそうだ。また、Myspace、YOU TUBEでは、早くも楽曲とMUSIC VIDEOの試聴が可能となっている!

セカンドアルバムの制作も進んでいるというAYUSE KOZUE、さらに磨きのかかった彼女の音楽世界には、今後も注目だ。

 

 

【リリース情報】

New single

『Don't let you down』
TOY'S FACTORY
TFCC89286
¥1,000(tax in.)
2009.9.16 ON SALE!

収録曲
1. Don't let you down
2. material girl
3. Don't let you down(instrumental)
4. material gir(l instrumental)



【オンエア情報】
MTV colors AYUSE KOZUE
オンエア日程(毎週木曜、全4回):9月3日、11日、18日、25日
オンエア時間:7:00AM~7:30AM(初回放送) 14:30PM~15:00PM
26:00AM~26:30AM
日本テレビ系「音楽戦士 MUSIC FIGHTER」
オンエア日程 毎週金曜
オンエア時間 24:55~25:50

【Link】

http://www.ayusekozue.com (オフィシャルweb)
http://www.myspace.com/ayusekozue (オフィシャルmyspace)
http://www.youtube.com/AYUSEKOZUETV (オフィシャル TV)

AYUSE KOZUEリリーススペシャルコメント映像

先日、ミュージック・ステーションにて初のバラード「YOU」(9月9日リリース)を披露して、配信チャートを席捲中のMiChiがいよいよファースト・フル・アルバムをリリースする。

MiChiは昨年10月シングル「PROMiSE」でメジャーデビュー。
いきなり配信で70万ダウンロードを記録する大ヒットを記録。
「エレクトロ」という世界的に沸騰しつつあるジャンルの旗手として一気に音楽シーンの注目を集め、年末・年始のメディアで「2009年最もブレイクしそうなアーティスト」として各所で取上げられた。
今年の2月には2枚目のシングルでドラマ主題歌の「ChaNge the WoRLd」をリリース。
さらにJ-WAVE、春のキャンペーンソング「WoNDeRLaND?」を発表。
そして5月には自身も出演して話題となった、Volvic FruitKissのCMソング「KiSS KiSS xxx」をリリース。
その間にもUNIQLOの世界キャンペーンのキャラクターに選ばれ、ファッション誌などにも多数登場。

そんな中、彼女の新たな一面を垣間見せる初のバラード「YOU」を8月に配信先行で発表。 いきなりTOP10に飛び込む好調なチャート・アクションを記録する中、先週冒頭でも触れたとおりミュージック・ステーションに登場してTV初披露。大きな反響を呼んだ!!

「YOU」を発表した後から、Michiのまわりは大きく動き出していた。
まず、新曲「Rain」が9月1日から放送が開始されたNHK-BS2 海外ドラマ「ダメージ2」のエンディングテーマになることを8月に発表。
更に新曲「Something Missing」が2009年下半期注目のビッグタイトルとして、国内外からその発売を待ち望まれている次世代アクション超大作(∞(ノンストップ)クライマックス・アクション)ゲームソフト「BAYONETTA(ベヨネッタ)」のCMソングになることも発表。
引き続き、彼女がCMやドラマなどのクリエイターから大きな支持を受けていることを決定づける様なニュースが出回っていた。

そもそも、彼女はインディーズ時代にiTunesダンスチャート1・2・3位独占、アルバム総合チャート1位、年間アルバムチャート19位など、東京のクラブシーンから出てきて話題を集め、iTunesを経由して人気が爆発した、リアルなアンダーグランドシーンから登場してきたシンガー。
それが、前記した昨年10月のデビュー以来、オーバーグランドに飛び出した瞬間から、ノンストップでシーンの中を駆け上がってきた。
彼女のもう一つの真骨頂でもあるライブも出身の西麻布YELLOWから、この夏はとうとうサマーソニック09まで上り詰め、いよいよアルバムリリース後の11月には待望の全国ツアーも行われる。

いよいよ真価を問われるアルバムのリリース。そして、そのアルバムの評価は評論家・CDショップ・媒体筋からは既に「傑作」の評価を得つつあり。特にCDショップの反響は大きく、各ショップが発行するフリーペーパーの表紙も軒並み彼女が飾ることになるという。果たして、その“噂”は本物なのか?それとも、単なる“噂倒れ”なのか?それは、リリースされる9月30日いよいよハッキリすることになる!!!

 

 

【リリース情報】

◆2009.09.30 Release!

Michi 1st FULL ALBUM
『UP TO YOU』

【初回生産限定盤】
AICL-2053/2054 ¥3,300(tax in)


【通常盤】
AICL-2055 ¥3,000(tax in)

[収録曲]
1. MadNesS Vol.1
2. PROMiSE
3. ChaNge the WoRLd
4. Why oh Why 
5. HEy GirL
6. KiSS KiSS xxx
7. RaiN )
8. Oh Oh…
9. Something Missing 
10. One of a Kind
11. WoNDeRLaND?
12. Shibuya de Punch
13. YOU
14. UP TO YOU

 

2009.09.09 Release!
Michi 4th single
『YOU』

AICL- 2042  ¥1,200(tax in)
完全生産限定盤/直筆メッセーシ゛入り


【ライブ情報】
◆MiChiワンマンツアー'09 開催決定!!!!
11/18 名古屋@名古屋クアトロ
11/26 東京@渋谷クアトロ
11/27 大阪@心斎橋クアトロ


【LINK】
Michi オフィシャルサイト
http://www.michiness.com/

Michi オフィシャルブログ
http://6109.jp/michi/

 

着うた(R)でヒットを連発し、最新シングル『ずっと二人で』も着うた(R)週間ランキングやケータイ歌詞検索ランキングで第1位を獲得。アルバムから先行配信した『抱きしめて feat.童子-T』でも着うた(R)ランキング&歌詞検索ランキング第1位と、まさに配信ランキングを席捲中のBENIが、待望のアルバム『Bitter & Sweet』をリリースした。
数々の着うた(R)ヒット曲を網羅、恋する女の子のリアルな気持ちを歌ったラブソングが満載のアルバム『Bitter & Sweet』は9/2付オリコンデイリーランキングで第5位にランクイン!いよいよ本格ブレイク確実なBENIが9月3日、渋谷109前でアルバム発売記念スペシャルイベントを開催した。

渋谷109前には開演前から女の子を中心に大勢のファンが集まり、BENIが登場すると大きな歓声が湧き起こった。トークではアルバムへの思いを語り、多くの女の子たちの共感を呼んでいるラブソングについて「歌詞は実体験や自分のリアルな気持ちをもとに書いたり、恋バナをいろんな人としてる中で生まれることもあります」と話した。

そして、BENIが「今一番恋バナしてみたい人」という南海キャンディーズのしずちゃんがゲストとして登場!「アルバムで特に気に入ってる曲は『Kiss Kiss Kiss』。友だちだけど想いを伝えることでくずれるんじゃないかという乙女心ってありますよね」とBENIとのガールズ恋愛トークに花を咲かせた。「過去の恋愛はBitterとSweetのどちらが多かった?」という質問には2人とも「Bitter」、今のキモチについては2人とも「Sweetです!」。

さらにサプライズでBENIがライブ披露!『もう二度と…』、『ずっと二人で』、しずちゃんもお気に入りの『Kiss Kiss Kiss』と、いずれも着うた(R)No.1獲得ソングばかり3曲を歌い、渋谷に集まった1500人がその歌声に聴き入った。

Bitterな恋もSweetな恋も、ガールズ共感度120%のラブソングが詰まったアルバム『Bitter & Sweet』、初回盤はPV6曲が収録されたDVD付きの2枚組となるが、早くも品切れ店も続出中とのこと、是非早めにゲットしよう!

 

 

【リリース情報】
new album
『Bitter & Sweet』
2009.09.02  ON SALE!

【初回限定盤】
[CD+DVD] UPCH-29033
¥3,200(tax in.)

【通常盤】
[CD] UPCH-20167
¥2,600(tax in.)

[収録曲]
1. Bitter & Sweet Intro
2. Kiss Kiss Kiss
3. ずっと二人で
4. 恋焦がれて
5. 抱きしめて feat.童子-T
6. Anything Goes!!
7. stardust
8. KIRA☆ KIRA☆
9. GO ON
10. 信じさせて
11. nice & slow
12. STAY
13. Beautiful World
14. もう二度と・・・
15. Kiss Kiss Kiss DJ HASEBE REMIX (Bonus Track)

[初回盤DVD収録曲]
1. もう二度と・・・
2. Kiss Kiss Kiss
3. 恋焦がれて
4. ずっと二人で
5. SUPERSTAR
6. The Boy Is Mine feat. Tynisha Keli

【LINK】
BENI オフィシャルサイト
http://www.universal-music.co.jp/beni/

BENI オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/beni-official/

コーネリアス、salyu、くるり、スガシカオ等を始めとした多数のアーティスト達のレコーディングセッションやライブに参加しているドラマー、あらきゆうこがソロユニット”mi-gu”名義で9月8日(火)に東京代官山UNITにて”mi-gu night”を開催する。

今年5月、3年ぶりとなり3rdアルバム「pulling from above」をcommmonsよりリリースしたあと、この夏には「WORLD HAPPINESS2009」「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2009 in EZO」に出演し、活動が盛んになっているが、9月8日(火)に東京では久々のイベント”を開催する。

このイベント過去にはコーネリアス、レイ・ハラカミ、ASA-CHANG&巡礼や、DJとしてはくるりや、HARCO、本田ゆかなども参加している音楽好きには垂涎もののラインナップが魅力のイベントで前回は地元鳥取県境港で行われている。そして今回mi-guの他には、「いつか自分のイベントに出てほしかった。」とあらきが語るBuffalo Daughter、また「昔から仲が良く、最近は私もサポートしてます。」というOLAibiが参加。最高の顔ぶれが揃った。またゲストにMike Watt(from USA)の参加も決定している。

「今年の夏は、”今のmi-guの音”を表現できる4人のメンバー(あらきゆうこ、清水ひろたか、名越由貴夫、細海魚)でワールドハピネスやライジングサンに出演して、すごく自分たちに勢いを感じでいます! ミグナイトでは仲良しのマイクワットをゲストに迎え、力強い音を届けます!」とあらきゆうこは語る。

■公演概要
mi-gu night 2009 ~pulling from above~
日程:2009年9月8日(火)
会場:代官山UNIT http://www.unit-tokyo.com/
時間:18:30開場/19:00開演
出演:mi-gu、Buffalo Daughter、OLAibi
Guest:Mike Watt(from USA)
問)SOGO
http://www.sogopr.co.jp
■オフィシャルサイト
http://www.office-augusta.com/araki/
■MUSICSHELFのmi-guインタビュー
/blog/selector/2009/05/post-68.html

 

FNSの日26時間テレビ2009のテーマソング「泣いてもいいですか」の作曲者で知られるRYOEI。
メジャーデビューシングル「ひらり」を引っさげ全国津々浦々、大好評のミニライブイベントが緊急決定致した。
今回は、イベントの聖地東京池袋「サンシャインシティ噴水広場」、観覧は無料なので、興味のある方はRYOEIの唄声を聴きに立ち寄ってみては如何だろうか。

 

【ひらり】発売記念ミニライブ&サイン会
8月26日「ひらり」でデビューしたRYOEIの発売記念ミニライブ+サイン会が決定いたしました!!また、特典としてポスターをプレゼント!!
9月5日(土)(1)14:00start  (2)16:00start
■会場:池袋サンシャインシティ噴水広場 (東京都豊島区) 
■アクセス:http://www.sunshinecity.co.jp/sunshine/info/access_train.html
●会場にて購入された方先着でサイン会参加券をお渡し致します。
●本券は紛失・盗難などによる再発行はできません。大切に保管下さい。
●サインはCDジャケットとさせていただきますのでイベント当日忘れずにお持ちください。
●録音・録画機器の持ち込みはご遠慮ください。
●当日は混雑等、状況により内容を変更する場合がございます。あらかじめご了承下さい。
●トラブルやアーティストの都合によりやむ得ず中止、または内容の変更がある場合がございます。ご了承下さい。
御来場を心よりお持ちしております。

【お問い合わせ先】
よしもとアール・アンド・シー
0120-600-316
(営業時間11:00〜18:00 土日祝日除く)

 

 

 

【リリース情報】
メジャーデビューシングル
『ひらり』
よしもとアール・アンド・シー
YRCN-90075
¥1,050(tax in.)
NOW ON SALE!
 
<収録曲>
1:ひらり
2:泣いてもいいですか
3:ひらり(Instrumental)
4:泣いてもいいですか(Instrumental)

氷室京介が、米人気ロック・バンド、AFI(エー・エフ・アイ)の新アルバム「クラッシュ・ラヴ」(09年9月23日発売)に参加する。参加楽曲は元々AFIの楽曲である「ミス・マーダー」。

日米のスーパースターが夢のコラボレーションをするに至った経緯は以下の通り。06年にAFIがリリースした2作目のアルバム『ディセンバーアンダーグラウンド』が全米ナンバー1を記録。同アルバムに収録されている「ミス・マーダー」が、LAの人気ロック・ラジオ・ステーションKROQのヘビー・リスナーである氷室京介の耳に止まり、同年2006年末にリリースした同氏のアルバム『IN THE MOOD』にカバー収録された。
そして、AFIが3年ぶりのアルバムの全世界に向けてのリリースに際して、「それならばライブに一緒に出ないか?」と氷室側から持ちかけたことによって実現したのが、来る9月に行われるAFIの「WaterAid」出演だ。さらにこのライブへの出演が決定すると共に、ライブ出演を持ちかけてくれた氷室京介へのリスペクト、そして日本のファンへの感謝の気持ちから実現したのが今回の「ミス・マーダーDuet featuring氷室京介」という夢の共演になる。
AFIのヴォーカリスト、デイヴィー・ハヴォックは、「氷室の「ミス・マーダー」を始めて聞いたとき、俺達の「ミス・マーダー」以上のものを感じた。だから、今回のアルバムで、氷室をDuet Featuringとして迎えることができたのを非常に光栄に思ってる。彼は素晴らしい人だし、アート・センスも最高だ!Water Aidでは氷室をサポートできることを楽しみにしているし、彼のファンのためにも、自分達をずっとサポートし続けてくれているファンのためにもエネルギーの全てをつぎ込むよ!」とコメント。
一方氷室京介は「リスペクトするバンドのアルバムに参加出来てとても嬉しい」と力強くコメント。この「ミス・マーダーDuet featuring氷室京介」は、9月23日に日本先行発売されるAFIのニュー・アルバム『クラッシュ・ラヴ』に日本盤ボーナス・トラックとして収録される。

氷室京介オフィシャル・サイトhttp://www.himuro.com/jpn/
AFIオフィシャル・サイト:http://www.universal-music.co.jp/u-pop/artist/afi/

【リリース情報】

氷室京介参加盤
『クラッシュ・ラヴ』
ユニバーサル
09.23 ON SALE!
UICS-1188
¥2,200(tax in.)




2009年7月2日からスタートした、岡平健治(19、3B LAB.☆S)自らが車を運転し、日本全国にソロ弾語りで歌を届ける、過酷かつも壮大なプロジェクトが8月30日Zepp Sendaiにて、大好評のうち全公演を終了した。
総自走距離10,141km。
日本とニュージーランドまでの距離と同じ超長距離を2ヶ月で、しかも自らの運転で走り抜けた岡平健治の夏はファン家族(健治は自らのファンを愛を込めてこう呼ぶ)の 「夢」を運んだ夏だった。

 

開演の5分前、客席から自然発生的に「健治コール」が起こり、健治の登場前にも関わらず会場内は一気にヒートアップ。
そんな熱気の中、満を持して健治登場。客席は一気に興奮の坩堝(るつぼ)と化した。
健治の目には大粒の涙が溢れ、無事ファイナルのステージに立てた喜びに満ちていた。

そして1曲目。すでに定番となった「PunkFolk~夢のつづきを~」サポートギターとしてTOURに参加している千葉貴俊(3B LAB.☆S)も登場。会場全体がものすごいグルーヴに包まれた。
LIVEでは、ソロ楽曲以外にも、「以心伝心」「ベーゴマ」「伝えたい音」「音楽(コトバ)」「瞬間概念」「たいせつなひと」「ガソリン」等の19の楽曲をはじめ、「一期一会」「人生旅行記」等の3B LAB.☆Sの楽曲、さらには未発表楽曲も惜しげもなく披露し、健治の音楽を余すところ無く楽しめる内容となった。

アンコールでは、弾語り自走TOURでファン家族の中で自然発生し恒例となった、ファン家族から健治に送られた、熱いメッセージが寄せ書きされてある各会場のフラッグを披露し、さらに会場内が一丸となりヒートアップ。
アンコールの最後では、ファイナルに参戦したファン家族から贈られた幅6mもの大型フラッグを掲げ、無事完走をLIVEに参戦したファンと共に祝福した。

しかし、それでもファイナルは終わらなかった。
健治がステージから去り、エンドBGMが鳴っているにも関わらず、会場内のアンコールが止まなかったのだ。
そのファン家族の熱い想いに押されて健治が再度登場。
ツアーファイナルにして、初のダブルアンコールとなった。
まさに愛と涙が溢れる2時間40分のファイナルだった。

 


この感動のTOURファイナルの模様や、ファン家族から寄せられたたくさんのメッセージやアルバムなどは、オフィシャルブログ「健治日記」に写真付きでアップされているので是非チェックしていただきたい。
http://www.okahirakenji.com/diary.php

 

【リリース情報】
2nd Album
『純粋』
Victor
2009.09.23 ON SALE!

【初回限定盤】
VIZL-348
¥3,675(tax in.)

【通常盤】
VICL-63381
¥3,045(tax in.)

Superflyフリーライヴに4000人

昨日、9月2日にセカンド・アルバム『Box Emotions』をリリースしたSuperflyが、六本木ヒルズアリーナでフリーライヴを開催した。前日の9月1日に急遽ライブ開催が発表されたにもかかわらず、4000人のファンが会場に集まった。

バックスクリーンにカウントダウンが表示され、観客が手拍子する中オープニングを飾ったのは、アルバム1曲目に収録されている「Alright!!」。派手なライトをバックにSuperflyが登場し、会場は一気にヒートアップ!勢いそのままに2曲目には「How Do I Survive?」を熱唱。

「こんなにたくさんの人が集まってくれて嬉しいです! 『Box Emotions』がオリコンデイリーチャート1位でした! バンザイ!! 今日は最後まで楽しいライヴにしたいです!」というMCのあと披露したのは「やさしい気持ちで」。この日はスペシャルゲストとして、プロデューサーの蔦谷好位置も登場。「愛を込めて花束を」のイントロが流れると大きな歓声があがり、志帆ののびやかな歌声が会場を包んだ。続いて披露された「恋する瞳は美しい」で、会場は一気にダンスフロアに様変わりした。

「今回のアルバムは私の喜怒哀楽の感情を詰め込んだアルバムで、今後の自分にも残る大好きな作品ができました。ぜひじっくり時間をかけて聴いてください!」とMC。さらに12月14日に初の武道館公演が決定したことに触れると、会場から「おめでとう!!」の歓声が上がった。

最後に披露されたのは、歌うたびに好きになる曲だという「My Best Of My Life」。結局、この日は6曲を披露し、アルバム『Box Emotions』の発売日を盛り上げた。

【リリース情報】

2nd Album
『Box Emotions』
2009.9.2 ON SALE!
WARNER MUSIC JAPAN
【初回限定盤】
WPZL-30158/9
¥3,500(tax in.)


【通常盤】
WPCL-10740
¥3,150(tax in.)


収録曲
1.Alright!!
2.How Do I Survive?
3.Searching
4.My Best Of My Life
5.恋する瞳は美しい
6.やさしい気持ちで
7.Bad Girl
8.アイデンティティの行方
9.誕生
10.See You
11.春のまぼろし
12.Hanky Panky
13.愛に抱かれて


オフィシャルサイト
http://www.superfly-web.com/index.html

INORAN 会場限定でリリース

INORANがニューシングル「時化 -Elements of Foundation Limited Edition-」を9月17日にリリースすることが決定した。
このシングルは9月17日から行われるINORANの全国ツアー「LIVE TOUR 2009 Elements of Foundation」会場のみの販売&数量限定発売の超レアアイテム。

また、このシングル曲「時化」は、数多くのアーティストや芸能人に支持されているファッションブランド、Roenとの全面コラボレーション。
Roenを主宰しているHIROMU TAKAHARA氏がこの「時化」のビデオクリップで初の監督を務め、パッケージデザイも含めてトータルプロデュース。
以前から交友のあったHIROMU TAKAHARA氏に、INORANが今回のシングルの企画としてアプローチ。
楽曲の曲調や世界観がRoenのイメージに合致しているということで企画が実現した。
過去にもINORAN自身が使用するギターのデザインを手がけ、コラボしている。

 

【リリース情報】

「時化 -Elements of Foundation Limited Edition-」
2009.9.17 ON SALE
※「LIVE TOUR 2009 Elements of Foundation」会場のみの販売になります

【ライブ情報】

LIVE TOUR 2009
「Elements of Foundation」

9/17 (火) LIQUIDROOM ebisu
9/21 (月・祝)名古屋 BOTTOM LINE
9/22 (火)なんばHatch
9/24 (木) 福岡 DRUM Be-1
9/29 (火)渋谷 C.C.Lemon Hall
10/9 (金)仙台darwin

オフィシャルサイト
http://inoran.org

DIR EN GREY 武道館2days決定!

現在、『TOUR09 ALL VISIBLE THINGS』と題された今年二度目の国内ツアーを展開中のDIR EN GREY
連夜、各会場のオーディエンスを熱狂させているが、そのツアー終了を待たずして、早くも年明けのライヴが決定した。『UROBOROS -with the proof in the name of living…-』と銘打たれたもので、開催は2010年1月9日と10日の両日。会場は、東京・日本武道館である。

DIR EN GREYはメジャー・デビュー以前にあたる1998年11月に初めて武道館のステージに立っており、2001年4月には再臨を果たしている。
さらに2006年夏、今回と同様に二夜にわたって同会場で公演を行なった際には、両日分のチケットが45分間で完全ソールド・アウトに至るという快挙を成し遂げている。
過去に数えきれないほどのドラマを生んできたこの“聖地”について語るとき、多くのバンドやミュージシャンたちは「到達すること以上に、そこにふたたび戻ることが難しい」ということを異口同音に認めるが、少なくともDIR EN GREYに限っては、機会を重ねるごとに確実に大きな飛躍をその場で見せつけてきたと言っていい。

もちろん今回決定した1月の両公演についても同じことが言えるはずだ。
その内容や意味合いといったものについては、今のところメンバーたちの口からは何ひとつ語られていない。
が、まず公演タイトルを一見しただけでも明らかなのは、この公演が現時点での最新アルバムにあたる『UROBOROS』(2008年11月発売)の完成を起点とする大きな流れにおける重要な節目であるはずだということ。
2008年12月29日に行なわれた大阪城ホールでの『UROBOROS -breathing-』と題されたライヴでは、まさにこの作品の世界観を徹底的に追求/体現していた彼らだが、同公演が『UROBOROS』という怪物が“産み落とされ、最初に呼吸した瞬間”を象徴するものだったとすれば、今回の両公演は、進化を遂げたその怪物が、改めて存在理由を証明する場となるのではないだろうか。

また、このバンドの動向を常日頃から追っている読者であればすでに把握しているはずだが、現在進行中の『TOUR09 ALL VISIBLE THINGS』の全行程が終了する9月15日以降、この武道館公演に至るまでのDIR EN GREYの活動内容については、現在のところ、まったく具体的には明かされていない。
もちろん待望の新音源にまつわる作業もその時間経過のなかで確実に進められることになるはずだが、あの5人がそれだけに終始するとも考えがたい。
その期間中に彼らのなかから生まれたものも、彼らが新たに吸収することになる刺激も、どちらもこの『UROBOROS -with the proof in the name of living…-』に反映されることになるのだろう。

また、昨今のライヴでは、1999年1月発表のメジャー・デビュー・シングル、「アクロの丘」を約5年ぶりに披露するなど、まさに自分たちの歴史のなかに否定すべきものが皆無であることを無言で訴えるかのような掟破り的選曲でファンを驚かせている彼らだが、それどころではない次元の驚きが待ち受けていることも確実と言っていいだろう。
そしてもうひとつ蛇足を承知で言えば、そこがライヴハウスだろうと武道館だろうと、DIR EN GREYが二夜連続で同じライヴを繰り返すことなど考えられるはずもない。
どちらか一方の夜を観損ねるようなことがあれば、それはほぼ間違いなく、後悔へと繋がることになるだろう。

とにかく確実なのは、この武道館二夜公演が、これまでDIR EN GREYを追い続けてきた人たちにも、『UROBOROS』を機に彼らの世界に足を踏み入れた人たちにも、そしてまだこのバンドに対する自分自身の気持ちを確認しきれずにいる人たちにとっても、必見だということ。
最狂バンドの“終わりなき探求”は、果たしてこのまま永遠に続くのか?
それとも5人は、新たな局面を迎えることになるのか?
DIR EN GREYの“明日”を解く鍵が、きっとそこで提示されることになるに違いない。


文●増田勇一

 

【ライブ情報】

『UROBOROS -with the proof in the name of living...- 』
2010/1/09(土)日本武道館
2010/1/10(日)日本武道館

チケット料金:¥6,000(tax in)
席種:アリーナスタンディング(ブロック指定・整理番号付き)/スタンド指定席
総合問合せ:フリップサイド 03-3466-1100
チケット一般発売日:10/31(土)

オフィシャルサイト
http://www.direngrey.co.jp/

(C)2009「笑う警官」製作委員会

9月16日に約7年振り、キャリア7作目となるニュー・アルバム『I  Look To You(ア> イ・ルック・トゥ・ユー)』をリリースするホイットニー・ヒューストン。アルバム収録曲「夢をとりもどすまで」が11月14日に公開となる映画『笑う警官』の主題歌に決定した。

小説・映画・音楽の融合を原点とする角川春樹監督が今回『笑う警官』を手がけるにあたり主題歌はホイットニー・ヒューストンしかいないと考え、アーティスト側に打診。監督の映画への情熱に共感したホイットニー側もそれを快諾し、映画『アルマゲドン』の主題歌を手がけたことでも知られる、世界トップクラスのソングライター、ダイアン・ウォーレンが書き下ろしたこの「夢をとりもどすまで」をレコーディング。稀代のフィルムメイカーと世界の歌姫の夢の共演が実現した。

ホイットニー・ヒューストンのコメント
「映画界を代表する偉大なクリエイター、角川春樹氏と仕事をする機会に恵まれたことを光栄に思います。「夢をとりもどすまで」、そして『笑う警官』が伝えたいメッセージのひとつは“信じることの大切さ”であると考えています。世界中のより多くの人々に私達の作品が届きますように」

主題歌 「夢をとりもどすまで」
「夢をとりもどすまで」の作詞作曲を担当するのは世紀のソングライター、ダイアン・ウォーレン。今日までに手がけた全米No.1シングルは30曲以上、全米シングル・チャートTOP10に自身が手がける計7作品を同時ランクインさせるという史上初の快挙を成し遂げたことでも知られる。これまでに映画で使用された楽曲は100曲以上と映画との結びつきも強く、映画『アルマゲドン』の主題歌、エアロスミス「ミス・ア・シング」は彼女の代表作品のひとつ。他代表作品はセリーヌ・ディオン「ビコーズ・ユー・ラヴド・ミー」、トニ・ブラクストン「アンブレイク・マイ・ハート」、作品を提供したアーティストはエルトン・ジョン、ティナ・ターナー、アレサ・フランクリン、エリック・クラプトン、ブリトニー・スピアーズ、クリスティーナ・アギレラなど多数。
さらにプロデュースにクレジットされるのはデイヴィッド・フォスター、かつて映画『ボディガード』サウンドトラックに収録された「アイ・ハヴ・ナッシング」を手がけ、グラミー賞、アカデミー賞両方でノミネートされたことでも知られる、大御所プロデューサーだ。手がけた主なアーティストはマイケル・ジャクソン、マドンナ、マライア・キャリー、ジャネット他多数。

■ 映画 『笑う警官』 
2009年11月14日(土)公開
原作はシリーズ累計100万部を売上げ、北海道警を舞台にした人気「道警シリーズ」の第1弾『笑う警官』。本作は原作者の佐々木譲が02年に実際に起こった北海道警察による組織ぐるみの汚職事件をヒントに書き下ろした渾身作である。監督は『REX』以来、15年ぶりに満を持してメガホンを取った角川春樹。脚本、製作総指揮と一人三役をこなし、本作に全身全霊をかけ、スタイリッシュな世界観を持った緊迫のタイムリミットサスペンスとして創り上げた。
出演:大森南朋、松雪泰子。宮迫博之。忍成修吾、螢雪次朗、野村祐人、伊藤明賢、大友康平、矢島健一、鹿賀丈史
http://www.warau-keikan.com/

【リリース情報】

7年振り、7作目ニュー・アルバム
『アイ・ルック・トゥ・ユー』
BMG
09.16 ON SALE!
BVCP-40096
¥2520(tax in.)




10月10日「JUJUの日」に、日本で一番早いクリスマス・ライブイベント「Disney's クリスマス・キャロル 公開記念 “M-ON! Presents THE BASIC'S Special Live -Christmas Songs- ジュジュ苑×MUSIC ON! TV”」 を開催することが決定した。
11月に公開するディズニー映画「クリスマス・キャロル」とコラボレーションし、クリスマスソングをテーマにした「ジュジュ苑」特別編となる予定だ。

 

「Disney's クリスマス・キャロル 公開記念
M-ON! Presents THE BASIC'S Special Live -Christmas Songs-
ジュジュ苑×MUSIC ON! TV」


2009年10月10日(土)東京国際フォーラム ホールA
【出演】JUJU 【第1弾ゲストアーティスト】BONNIE PINK ほか
【チケット】 5,500円(税込) (全席指定)
*未就学のお子様はご入場いただけません
先行予約 9月5日(土) 午前10時~
一般発売 9月12日(土) 午前10時~

monobright、14,000人が熱狂!!

 



10/7リリース新曲披露で、富士山もビッグバン!
SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2009にて、14,000人の大観衆を前にmonobrightが衝撃ライブ!
先日、ニューシングル「JOYJOYエクスペリエンス」のリリース詳細を発表したばかりのmonobright。

そんな彼等が、山中湖交流プラザきららで行われた「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2009」に出演!
富士山も噴火しそうなほど衝撃的なライブパフォーマンスで14,000人のオーディエンスを湧かした!!

monobrightの登場とともにざわめく観客をよそに、monobrightファンの間ではすっかりお馴染みとなった、 桃野陽介(Vo&Gt)の「おはようございます!monobrightです!!」の絶叫と共に「紅色ver.2」からスタート。
音楽的エンターテインメント性が強靭さを増し、ステージサイズに負けない堂々たるパフォーマンスを披露。

中でも最も観客を沸かせたのが、新曲「JOYJOYエクスペリエンス」!!
「新曲っちゅうことで、みんな知らないと思うけど、知らない曲でも踊ってくれるかい?!」という桃野陽介の呼びかけから繰り出された、男の煩悩を濃縮したダンス・ロックチューンは、新曲にして、すでに彼らのライヴ・アンセムと言っても過言ではないほどのグルーヴを生み出した!

そんなmonobrightの新曲「JOYJOYエクスペリエンス」が、9月1日のオフィシャル・ウェブサイトのリニューアルとともに先行試聴スタート!あわせて「JOYJOYエクスペリエンス」のパフォーマンス映像が、SPACE SHOWER TVオンリーエディションとして同じく本日9月1日よりオンエアされることも判明した!!
「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2009」に参戦出来た人も、出来なかった人も、是非この機会にチェックしてもらいたい。

さらに、“ROCKで踊れ!!”のキャッチフレーズで話題となったロックミックスCD「ROCK THE MIX」の第2弾(9月30日発売)に、monobrightの「デイドリームネイション」が抜擢されたことも判明!

ニューシングル「JOYJOYエクスペリエンス」のリリースと過去最大規模のワンマンライブ「BRIGHTEST HOPE」に向け、monobrightへの期待値は富士山を超える勢いで高まっている。
monobrightを見逃すな!


■「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2009」monobright セットリスト

M1 紅色ver.2
M2 踊る脳
M3 夏メロマンティック
M4 涙色フラストレーション
M5 JOYJOYエクスペリエンス(新曲)
M6 頭の中のSOS
M7 SGS
M8 アナタMAGIC

 

【リリース情報】

New Single
『JOYJOYエクスペリエンス』
レコード会社
【初回生産限定盤】
DFCL-1594 ¥1,223(tax in)

【通常盤】
DFCL-1595 ¥1,020(tax in)

収録曲
M-1.「JOYJOYエクスペリエンス」
M-2.「STEREO FREAKS」
※M-2はFM802レギュラー番組「MUSIC FREAKS」で、リスナーと共に制作したRADIO SONG!
※初回生産限定盤のみ、ライブ音源3曲収録&<JOYJOYステッカード>封入

【ライブ情報】

「OTODAMA'09 ~音泉魂~」
9/5(土) 大阪 泉大津フェニックス(客席芝生)

RADIO BERRY「ベリテンライブ2009」
9/10(木)宇都宮 Heaven's Rock Utsunomiya

monobright ONE MAN LIVE 2009「BRIGHTEST HOPE」
10/12(月・祝) 大阪・なんばHatch
10/18(日)東京・日比谷野外大音楽堂


【オフィシャルサイト】
http://www.monobright.net

オアシスのリーダーのノエル・ギャラガーが正式にバンドを脱退した。これにより、現在最新作『DIG OUT YOUR SOUL』を引っさげて行ってきたワールドツアーの最終の地フランスでの公演は、全てキャンセルとなった。今後バンドがノエルなしで続けていくか否かは不明です。オアシスの解散宣言はされていない。

「少し悲しいが、何よりほっとしてる。俺は今夜OASISをやめる。みんな言いたいように言い書きたいように書くだろうが、もうこれ以上リアムとはやっていけない。パリ、コンスタンツ、ミランのチケットを買ってくれたみんなには悪く思ってる」

これまでの動きをまとめると、8月25日にリアムが喉頭炎のため、V ROCK FESTIVAL(地元イギリス最終公演)をキャンセル。8月28日、パリで行われたRock en Seineで、OASISが直前になって「ギャラガー兄弟の喧嘩」のためにキャンセル。そのあとでノエルがバンドから脱退するとのステイトメントを公式HPにて発表。そこでノエルは「少し悲しいが、何よりほっとしてる。俺は今夜OASISをやめる。みんな言いたいように言い書きたいように書くだろうが、もうこれ以上リアムとはやっていけない。パリ、コンスタンツ、ミランのチケットを買ってくれたみんなには悪く思ってる」とコメント。この言葉どおり、その後の公演は全てキャンセルになった。8月29日はコンスタンツでの公演、8月30日はミランでフェスに参加することになっていた。

そして昨日、オフィシャルサイトに、ノエルのコメントが掲載された。
大切なファンのみんな、今朝、このことを君達に伝えるのは、心が重いし、とても悲しい。先週金曜の8月28日、俺はマンチェスターのロックンロールバンドOASISを辞めざるを得なくなった。細かい理由はそう重要じゃないし、挙げるとしたらいくらでもある。でも、君達は知る権利があると思う。俺や俺の家族、友人、仲間に対する言葉の、または暴力的な脅かしが耐えられないほどになってきたということをね。それにマネジメントやバンドメンバー達の理解が欠けていたから、新しい活動の場を探す以外に選択肢はなくなってしまった。
何より先に、ギグの日を待ち続けたのにまたバンドにがっかりするに終わったパリのファン達に謝りたい。謝るだけじゃ足りないよな、わかってる、でも俺が出来るのはそれだけなんだ。そして、V Festivalで同じ思いをした人たちにも謝る。やっぱり、謝ることしかできない - どうしてだかわからない、俺のせいじゃないのに。俺の調子は完璧だったし素晴らしいギグを見せる準備も万全だった。悲しいことに、他のメンバー達が乗り気じゃなかったのさ。
最後に、世界中の、全てのOASISファンへお礼を言いたい。この18年間は本当に、本当に素晴らしいものだった(この言葉は嫌いなんだが、今日だけはふさわしいと思う)。夢は叶う。この輝かしい思い出と共に生きていくよ。では、すまないけど、俺には家族とフットボールチームを世話しないとならないので。また他の機会に会おう。楽しかったぜ。
本当にありがとう。さようなら。
NG.

【海外オアシス公式サイト】
http://www.oasisinet.com/NewsArticle.aspx?n=773

9/30にリリースされるヒルクライムの2ndシングル「春夏秋冬」の着うた(R)がレコチョクの8/27・28付けのランキングで第3位を獲得、また歌詞検索サイト「歌ネットモバイル」と「@peps!ミュージック」で公開されている「春夏秋冬」の歌詞をモチーフにしたケータイ小説が、「歌ネットモバイル」の8/27付けのアクセスランキングにて第1位に輝いたことが分かった。

「セツナ系」ラップユニットとして、デビュー曲「純也と真菜美」が高い評価を受けたヒルクライム。そのメロディーはもちろんだが、特に人気を集めているのは、その「歌詞」であり、今回のケータイ小説の人気の高さはそれを証明した形となった。また、その高い評価が着うた(R)の上位ランクインにも繋がっていると言えるだろう。

ヒルクライムが、メジャー第2弾シングルとして発表する「春夏秋冬」は、日本の四季をテーマに、大切な人と過ごす時間の喜びを、率直な言葉で描いた感動のバラードナンバー。既に何度かライブ等で披露された際には、ファンから問い合わせが殺到したという。

大注目のナンバーであるヒルクライムの2ndシングル「春夏秋冬」は、9/30にリリースされるが、その前にぜひ着うた(R)とケータイ小説をチェックしてみては?

 

 

【リリース情報】

2nd Single
「春夏秋冬」
2009.9.30 ON SALE!
ユニバーサルJ
【初回盤】
UPCH-9511 / ¥1,500(tax in.)

【通常盤】
UPCH-5623 / ¥1,000(tax in.)





現在MUSICSHELFではヒルクライムのプレイリストを紹介中!!

ヒルクライムプレイリスト

『男友達とドライブ中に聴きたい音楽』

 

 

先日開催されたSUMMER SONIC 09’(大阪会場のみ)で自主制作盤しか音源がないにもかかわらず、出演を勝ち取った“WEAVER(ウィーバー)”というバンドがいる。

 

神戸を活動拠点に置くWEAVER は、杉本雄治(Vocal&Piano)、河邉 徹(Drum&Chorus)、奥野翔太(Bass&Chorus)の3人からからなる若きギターレスピアノトリオバンドで、04年に高校の同級生でバンド活動を開始、 07年に現在の編成になる。

 

これまでにも京都学生音楽コンテストで3位入賞、自主制作盤を2作発表するなど、精力的な活動を行ってきた。
また今年3月にはホームグラウンドである神戸VARITにて初ワンマンライヴを成功や、5月にはflumpool、GOING UNDER GROUND、NICO Touches The Wallsらメジャーアーティストが出演したイベントで無名ながらオープニングアクトを飾り、ライブイベント終了後のCD販売には長蛇の列が出来るなど、早耳リスナーの中では確実に知名度が上がっている。
その美しく切ないメロディーとロックサウンドを追求したこれまでのギターレスバンドにない音楽は地元を中心に評価が高まっている。
そして、SUMMER SONIC 09’では、初登場とは思えないほどのパワフルなステージングで、観客を魅了し、オーディエンスを集めた。

 


今後の新たな音楽シーンを担うバンドとしての輝きを見せはじめた彼らの今後の活動に期待しよう!


<オフィシャル MySpace>
http://www.myspace.com/weaverjapan

 

待望の2ndアルバム「Box Emotions」(ボックス・エモーションズ)のリリースを控えたSuperflyがアルバム発売日となる明日9月2日(水)、急遽六本木ヒルズアリーナにてにフリーライブを開催することが決定した。
昨年の1stアルバム発売日に行った代々木公園フリーライブは7000人を集めたSuperflyだけに、明日の六本木ヒルズアリーナでのライブも期待が高まる。
整理券の配布方法等、フリーライブの詳細はSuperflyオフィシャルサイトへ。

また、Superflyの勢いは止まることを知らず、12月14日(月)には初の武道館公演も決定。
10月1日から始まる「Box Emotions Tour 2009」とは内容も異なる、スペシャルな内容になる予定。

 

【ライブ情報】

『Superfly 「Box Emotions」発売記念フリーライブ』
9月2日(水)六本木ヒルズアリーナ
OPEN 18:00 / START 19:00 ※雨天決行

初の武道館公演決定
『Superfly 2009 Dancing at Budokan!!』

12月14日(月)日本武道館
OPEN 18:00 / START 19:00



【リリース情報】


2nd Album
『Box Emotions』
2009.9.2 ON SALE!
WARNER MUSIC JAPAN
【初回限定盤】
WPZL-30158/9
¥3,500(tax in.)


【通常盤】
WPCL-10740
¥3,150(tax in.)


収録曲
1.Alright!!
2.How Do I Survive?
3.Searching
4.My Best Of My Life
5.恋する瞳は美しい
6.やさしい気持ちで
7.Bad Girl
8.アイデンティティの行方
9.誕生
10.See You
11.春のまぼろし
12.Hanky Panky
13.愛に抱かれて


オフィシャルサイト
http://www.superfly-web.com/index.html

「追加」「再追加」「再々追加」と“3度”もの追加公演を発表し、約50万人という驚愕の動員数を記録した「namie amuro BEST FICTION TOUR 2008-2009」
日本公演以上といえる盛り上がりを見せた海外公演が、遂に9月9日にLIVE DVD &Blu-rayで発売される。

このアリーナツアーは、“女性ソロアーティスト史上最多動員数”を記録し、まさに“安室奈美恵、自身最大規模”。さらに、“海外公演を初映像化”ということもあり、DVD「namie amuro BEST FICTION TOUR 2008-2009」の予約数は急上昇している。
そんな中、ライブDVD & Blu-rayの発売に先駆けてスペシャルサイトが開設。

安室奈美恵 LIVE DVD SPECIAL SITE
http://sp.avex.jp/amuro/

早くも海外公演のダイジェスト映像が公開される他、ライブに行ったファンやDVDを購入したファンが感想を書き込んで楽しめるページも設置されていることから、多くのアクセスが集中しそうだ。

「namie amuro BEST FICTION TOUR 2008-2009」は、170万枚を越える大ヒットとなったベストアルバム『BEST FICTION』の世界感をステージで表現、MCは一切無し、ノンストップの全30曲。
各方面のメディアがこぞって取り上げるほど、その完成度は高い。
ツアーチケットは入手困難な状態が続き、遂には、全国60本に加え台湾と上海でもそれぞれ2公演を決定。
アリーナツアーという規模にも関わらず64本約50万人を動員するに至った。
今回発表されたLIVE DVDには、『BEST NON FICTON』と題して、貴重なオフショット映像が収録。
今までカメラが潜入したことのないシーンまで追いかけた話題必至のものばかりで、アジア特有の“空港パニック”映像や、安室本人カメラによるオフショット、さらにはステージでは伝えられなかったライブへの想い・・・等々。
多くを語らない“安室奈美恵”だけに、このDVDは貴重なプレミア映像となることは間違いない。

 

【リリース情報】

LIVE DVD & Blu-ray
『namie amuro BEST FICTION TOUR 2008-2009』

2009.9.9 ON SALE
avex trax

【DVD】 AVBD-91736 / ¥5,229


【Blu-ray】 AVXD-91606 / ¥6,279






安室奈美恵 LIVE DVD SPECIAL SITE(PC/モバイル共通)
http://sp.avex.jp/amuro

VISION FACTORYホームページ
http://www.visionfactory.jp/

安室奈美恵オフィシャルHP
http://www.avexnet.or.jp/amuro/index.html