2009年10月アーカイブ



DOUBLEと清水翔太による世代を超えたコラボレーションが実現し誕生した、史上最高美のR&Bデュエット『おやすみのキスを~Good Night My Love』。
11月11日(水)のシングルリリースに先駆け、DOUBLEと清水翔太が初共演したミュージックビデオが解禁された。

DOUBLEの2009年を締めくくるニューシングルは、若き天才肌シンガーソングライター清水翔太とのデュエットソング『おやすみのキスを~Good Night My Love』。切なく響くメロディー、互いの道を歩んでいく男女の恋愛が描かれたリリック、切なくも美しい壮大な世界観が心に沁みる、至高のR&Bバラードだ。
ミュージックビデオでは、映像ディレクター・久保茂昭氏による上品で落ち着いたトーンの映像美が、この奇跡のR&Bデュエットの魅力を何倍にも引き立たせている。
粉雪が舞い降るセピア色の世界の中で、2人が美しくも儚いメロディーを紡いでいくシーンが印象的に描写され、マイクスタンドを挟んで二人が共に歌うシーンでは、レコーディング風景を彷彿とさせる甘くソウルフルな極上のハーモニーが表現され、別れをテーマにした楽曲にも関わらず不思議と聴く人の心を温かく包み込む仕上がりになっている。
※監督を務めた久保茂昭氏は、「BLACK DIAMOND」「Let it go」などのDOUBLE作品をはじめ、加藤ミリヤやYUIのミュージックビデオを手掛けるなど活躍する映像ディレクター。

★MUSIC VIDEOについてのコメント

清水翔太
この曲の雰囲気をしっかりと表現できるようなビデオになる予感がしていて撮っていてとても楽しかったです。完成が楽しみです。
今回タイトルが「おやすみのキスを」というタイトルですが、基本的にはお互いの事を想い合っていて、それでも互いの道に進む為に、いまは別々の道を歩こうというような楽曲で、やさしさと寂しさと切なさと、色々なものが入り交じった一曲なので、そういったものを表現するビデオになればいいなと思っています。
今回、雪の中だったり部屋のシーンだったり、色んなシーンがあってそのひとつひとつがしっかり意味を持っていて、色々なものを表現していると思います。

DOUBLE
今回も久保監督にお願いしています。どんなビデオにしたいか打ち合わせを重ねました。
二人で歌うシーンなんかは素敵に撮れているような気がするのでまさにデュエットという雰囲気が撮れたんじゃないかなと思いますね。
二人で一本のマイクで歌いたいっていうアイデアは私の方から監督にリクエストしました。
二人の距離感がうまく表現できるビデオになるといいなと思っています。


「おやすみのキスを~Good Night My Love」は、日本テレビ系「スッキリ!!」11月テーマソングに決定したほか、レコチョクTV-CFソングとしてもオンエアされていく。
なお、10月21日(水)からはレコチョクにて着うた(R)の独占先行配信がスタートし、初登場4位を記録するなど、好調な滑り出しを見せている。(添付QRコード参照)

抜群の歌唱力を持つ二人が織り成す甘く切ないソウルフルなハーモニーと、儚くも美しいスロートラックがマッチングした今作は、R&Bファンはもちろん、すべての音楽ファン必聴間違いなし。なお、期間限定プライス盤が500円(税込)という破格で発売されるのも要チェックだ。


YouTube - 【PV】 DOUBLE&清水翔太『おやすみのキスを~Good Night My Love』
http://www.youtube.com/watch?v=7fAVF-qgJUw

清水翔太 Official Site:http://www.shimizushota.com/
DOUBLE GROOVE SITE:http://www.forlife.co.jp/double/

【リリース情報】
DOUBLE&清水翔太
『おやすみのキスを
   ~Good Night My Love』

フォーライフミュージックエンタテインメント
11.11 ON SALE!
【期間限定プライス盤】
FLCF-7174 / ¥500(tax in.)

【通常盤】
FLCF-7175 / ¥1,050(tax in.)

 


the HIATUS は、11月18日(水)に1st EP「Insomnia」をリリースすることを発表し、オフィシャルサイトにて、ジャケットのアート・ワークと最新のアーティスト写真を公開した。

the HIATUSの1st EPには、3曲「Insomnia」「Curse Of Mine」「Antibiotic」が収録される。
ジャケットのアートワークは、ベルギーで活躍するアーティスト・Admir Jahicが手掛けた。
制作は、1stアルバム「Trash We'd Love」のレコーディング・アーティストであるVo.細美武士、Gt.masasucks、Ba.ウエノコウジ、Dr.柏倉隆史、Key.堀江博久に加え、1stアルバム発売後のツアーやフェスに参加するDr.一瀬正和、Key.伊澤一葉の7人で行われた。

1st EPのリリース日となる11月18日(水)からは、Vo.細美武士、Gt.masasucks、Ba.ウエノコウジ、Dr.一瀬正和、Key.堀江博久というツアー・アーティストで、ストレイテナーとの2マンツアー「BRAIN ECLIPSE TOUR」が行われる。


the HIATUS オフィシャルサイト
http://thehiatus.com/index.html

細美武士 オフィシャルサイト
http://takeshihosomi.com/index.html

【リリース情報】
the HIATUS 1st EP
『Insomnia』
フォーライフミュージックエンタテインメント
FLCF-4309
¥1,260(tax in.)
11.18 ON SALE!

収録曲
1, Insomnia
2, Curse Of Mine
3, Antibiotic


ストレイテナー / the HIATUS 「BRAIN ECLIPSE TOUR」

11月18日(水) 横浜BLITZ
11月20日(金) Zepp Fukuoka
11月21日(土) Zepp Osaka
11月26日(木) Zepp Nagoya
12月2日(水) Zepp Sendai
12月4日(金) Zepp Sapporo
12月12日(土) 新木場STUDIO COAST

詳しくはオフィシャルサイトで
JAY'EDが、待望の1stアルバム「MUSICATION」のリリースを記念して、そして日ごろ応援してくれているファンへの感謝の気持ちを直接伝えたい!ということで、10月28日のアルバム発売日に握手会を開催した。

JAY'ED 1stアルバム「MUSICATION」を発売するに当たり、『スタッフの一人に「ツアー楽しみですね~当日、LIVE終わってから、お客さんの前に出て行って話したりしていいんですか?」と聞いたら、「それはパニックになるからマズイでしょー」と言われたので、僕のファン(ミュージケーター)の皆さんと直に会って、話がしたい!』ということで、アルバムを購入してくれたファンの人たちに出来るだけ握手をして御礼をするという握手会イベントを思いつき、開催することとなったそう。

会場にはたくさんのミュージケーター(音楽を通して、人とコミュニケーション・繋がりをもとうとするJAY'EDの提案に賛同してくれた人達)が集まり、いよいよ握手会が始まると、一人ひとりとしっかりと握手を交わしながら会話を交わしていくJAY'ED。
少ない時間でのミュージケーターとのコミュニケーションも惜しまれながら終了すると、先着50名限定でのミニライブがスタート。
改めてJAY'EDから「今回の企画は僕が思いついたのですが、自信作のアルバムが出て、来週からツアーが始まるのですが、ツアーが始まるその前に、みんなと話をする機会が欲しくて、スタッフにお願いしたんです」と今回の企画に対する思いを話し、「今日、お店を何店舗か見てきたんですが、どこも大きく展開してくれていて本当に感謝してます。それから、奇しくも尊敬するマイケル・ジャクソンのCDも同じ発売日で...買いたかったんですけど、我慢しました(笑)」と複雑な想いを伝えた。
「今日はアルバムを購入していただいて、ここに集まってくれてありがとう」とミニライブをスタートさせた。



「ずっと一緒」、「最後の優しさ」と続きしっとりした雰囲気の中、最新シングル「Everybody」について、「この曲は音楽によって人との繋がりが出来た、ということを歌いたくて、アルバムのタイトル"MUSICATION"の意味にも繋がってくるんです。今までいろんなことが長くは続かなかったけど、音楽の世界に入って苦しいこともたくさんあるけど、音楽によっていろんな人たちと出会い、いろんな仲間、いろんなアーティストと繋がっていって、音楽だけは続けたいと思ったんです。それで、こうやって皆さんとも出会えて、ライブなどで会話をしてすごくパワーをもらっているので、これからもみなさんミュージケーターと音楽を通して繋がっていきたいです。」と、アルバムに込めた思いをしっかりと話し、最後の曲であることを告げると会場からは、残念がる声が大きく上がり「もう少し聴きたいですか?いいですかね?」とスタッフに確認しOKをもらい、これまで座っていたお客さんを立たせると、「Everybody」を会場全体が熱く盛り上がり、予定にはなかった久保田利伸の「Missing」を歌いきると会場からは盛大な拍手が巻き起こり、イベントは終了。

JAY'EDの歌声や感性はもちろんだが、音楽に対する想いや自身に関わる人たちへの感謝の気持ちと行動を忘れないという、真摯な姿勢に更にアーティスト"JAY'ED"への期待感が高まる一夜となった。


JAY'ED オフィシャルサイト:http://www.jayed.jp

JAY'ED スペシャルプレイリスト
『ウォーキングに連れていきたい10曲 』

ゆらゆら帝国YO LA TENGO共演

11月に東名阪で開催されるワンマンライブ「ゆらゆら帝国LIVE2009.WINTER」を控えたゆらゆら帝国が、今年9月にアメリカのバーリントンとボストンでも共演した盟友YO LA TENGOと日本で共演することが決定した。

これは9月に3年ぶりの新作『Popular Songs』をリリースし、ワールドツアーを行っているYO LA TENGOの来日追加公演で共演するというもの。国内では初、待望の共演となる。

■ライブ詳細
YO LA TENGO×ゆらゆら帝国
日時:2009年12月16日(水)
会場:SHIBUYA O-EAST
開場/開演:18:00/ 19:00
料金:¥6,000(ドリンク別途)
【問い合わせ】
SMASH:03-3444-6751
smash-jpn.com / smash-mobile.com/

■ゆらゆら帝国LIVE2009.WINTER

11月19日(木)大阪・なんばHatch
GREENS:http://www.greens-corp.co.jp
11月20日(金)京都・MUSE
GREENS:http://www.greens-corp.co.jp
11月26日(木):新木場STUDIO COAST
【SOLD OUT
HOT STUFF:http://www.red-hot.ne.jp/

■YO LA TENGO 来日公演
12月14日(月)大阪・心斎橋CLUB QUATTRO
12月15日(火):名古屋CLUB QUATTRO
12月17日(木)東京・SHINAGAWA PRINCE STELLAR BALL
【問い合わせ】
SMASH:03-3444-6751
smash-jpn.com / smash-mobile.com/

◆ゆらゆら帝国オフィシャルサイト
http://www.yurayurateikoku.com/
◆YO LA TENGO オフィシャルサイト
http://www.yolatengo.com/

キャリア26年ながらも常に新世代のファンを獲得し続ける、カーネーションのニューアルバム『Velvet Velvet』が11月25日に発売される。今年4月にシングル「ジェイソン」がリリースされ、新生カーネーションとしてのスタートが切られたが、いよいよニュー・アルバムリリースされ、本格始動となる。本作は2006年の「WILD FANTASY」以来約3年ぶり、14枚目のオリジナル・アルバムとなる。P-VINE RECORDSと自身のレーベルCosmic Sea Recordsとの共同リリース。
「録音ボタンを押した瞬間に世界が一変しました。眼前に広がった音楽的風景は予想もつかないほどの絶景でした。このアルバムがカーネーションの新たなる金字塔となります。とてつもなく眩しい夜明けに包まれながら今、ぼくはこれを書いています。このマジカルな音の衝撃をはやくみなさんに伝えたくてうずうずしています」(直枝政広)

■カーネーション OFFICIAL WEB SITE
http://www.carnation-web.com/

また、同時に、カーネーションのコロムビア時代の作品が再発され、まず11月25日発売の3タイトルがリリースされる。5人組時代の黄金期ともいえるコロムビア在籍時(1994~2000)のオリジナル・アルバム7タイトル(うち1枚はライブ盤)を、貴重なデモ音源・アウトテイク・入手困難となったシングルC/W曲・未発表ライブ等を収録したボーナス・ディスク付2枚組エディションとしてリイシュー。全タイトル2009年最新リマスタリングとなる。

11/25 発売
「EDO RIVER (Deluxe Edition)」
「a Beautiful Day (Deluxe Edition)」
「GIRL FRIEND ARMY (Deluxe Edition)」
12/9 発売予定
「booby (Deluxe Edition)」
「Parakeet & Ghost (Deluxe Edition)」
「LOVE SCULPTURE (Deluxe Edition)」
「WACKY PACKAGES (Deluxe Edition)」

■コロムビアミュージックエンタテインメント:カーネーション
http://columbia.jp/artist-info/carnation/

そして、アルバムのリリース後には発売記念ツアーが決定、12月に大阪、京都、東京の3公演が行われる。CARNATION tour 2009 "Velvet Velvet"と題されたツアーは、
サポートメンバーに、ドラムの中原由貴(タマコウォルズ)とキーボードの渡辺シュンスケを加えて行われる。

大阪公演
12月11日(金)
会場:大阪 Shangri-La
京都公演
12月12日(土)
会場:京都 拾得
東京公演
12月23日(水・祝)
会場:東京 渋谷O-WEST

■カーネーション OFFICIAL WEB SITE
http://www.carnation-web.com/

【リリース情報】
約3年ぶり、14枚目のオリジナル・アルバム
『Velvet Velvet』
ブルースインターアクションズ
11.25 ON SALE!

【初回限定盤】
PECF-9001 
¥3900(tax in.)


【通常盤】
PECF-3003 
¥2800(tax in.)

ついに全世界同時公開となる映画『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』の日本公開に先駆け、ジャパンプレミアが開催された。ムービー30台、スチール70名のマスコミが駆けつけ、1000人の観客が待ち受けるレッドカーペットにはCrystal Kay、CHEMISTRY、ZEEBRA、AI、黒木メイサなど、マイケル・ジャクソンをリスペクトする日本人アーティストが続々と登場。会場のボルテージが急上昇するなか、レッドカーペットイベントを締めくくる最後のトリとして、マイケル・ジャクソンの盟友、ライオネル・リッチーが登場した。ライオネル・リッチーといえば、マイケル・ジャクソンと共作した「ウィ・アー・ザ・ワールド」はあまりにも有名で、マイケルとの深い親交もよく知られており、突然の世界的スターの登場に、会場の興奮は一気に頂点へと達した。
「彼が10歳のときから知っているんだ。スーパースターになっていく姿を見てきたけれど、僕にとってマイケルはいくつになっても子供の頃のイタズラ好きなイメージなんだ。この映画では素顔のマイケルを観られると思う。彼はハードワーカーで、仕事に真剣に取り組む人だけど、普段はイタズラ好きで楽しい人。大好きだよ」とライオネル・リッチー。

そのほか、『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』のジャパンプレミアには、Crystal Kay、CHEMISTRY、加藤 ミリヤ、清水 翔太、伊藤 由奈、西野 カナ、JUJU、HOME MADE 家族、松下 奈緒、石黒 賢、デーブ・スペクター、おすぎ、曙、ZEEBRA、AI、黒木 メイサといった有名人が駆けつけた。

映画を見終えた彼らは以下のように感想を述べた。

CHEMISTRY 堂珍
「感動しました。圧倒されました。マイケルの包み込むようなハッピーなやさしさと、信念を貫き通す姿に心うたれた。マイケルのファンはもちろん、マイケルを知らない人にとっても、マイケルのことがよくわかる作品。自分を信じること、そして生きることの素晴らしさがこの映画にはあふれている」
CHEMISTRY 川畑
「子供のようにはしゃぐ素のマイケルが見れてうれしかった。リハーサルというよりも、まさにライブそのもの。1曲終わるたびに手をたたきそうになった。マイケルとコンサートスタッフとの間に一体感が生まれていて、みんなでこのコンサートを成功させようという熱い思いが伝わってきた。自分も音楽をやっている一人として、いろんなことを教えてもらった」

ZEEBRA
「なんでこのコンサートが見れなかったのか残念。スリラーみたいに墓から出てきてほしい。エンターテイナーとして輝きを放っているのは大前提としてあって、だけどすごくシンプルで、ピュアで、スタッフと接しているところを見てもおごってなくて、ものすごく真面目。マイケルは素晴らしい」

AI
「感動でヤバかった。ステージ上でマイケルと女性ダンサーが絡むパフォーマンスがあったけど、あの女性ダンサーに私がなりたかった。マイケルがこのコンサートで伝えたかったメッセージが本当に素晴らしい。明日、明後日もまた映画を観にいきます。マイケルからパワーをもらった。私も彼に近づけるようにがんばりたい」


『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』
丸の内ピカデリーほか全国にて大ヒット公開中
ThisIsIt-Movie.jp

デビュー25周年、洞口依子映画祭開催!

11月7日(土)から東京シネマヴェーラ渋谷にて、「洞口依子映画祭」が開催される。本映画祭は、女優・洞口依子の映画デビュー25周年を記念して、まわりの仲間やスタッフの協力のもと企画され、デビュー作『ドレミファ娘の血は騒ぐ』はじめ代表的な出演映画全12作品が上映される。また、映画上映と同時に、豪華ゲストとのトークショーやミニライブが予定されており、洞口依子の多彩な活動にスポットを当てたスペシャル・イベントも注目されている。

初日7日(土)は、洞口依子メディアデビューともなった「週刊朝日」表紙撮影を行った写真家・篠山紀信との対談、15~44歳までの篠山氏とのフォトセッションを集約した最新「digi-KISHIN」の特別上映がある。翌8日(日)には、現在劇場公開中で洞口依子も出演している『パンドラの匣』映画監督・冨永昌敬との対談、そして「地獄先生」のプロモーション・ビデオで洞口依子をフィーチャーした相対性理論やくしまるえつこをゲストに迎えた、とても貴重なミニライブが予定されている。

翌週13日(金)は、1999年夏に洞口依子が映像作家・石田英範と結成したウクレレ・ユニット“Paititi(パイティティ)”の初のドキュメンタリー映像の上映とミニライブ、本作品を監督した原口智生を交えたトークショー。14日(土)は、デビュー作から洞口依子を数多くの作品で起用し、女優・洞口依子のいちばんの理解者でもある映画監督・黒沢清との対談がある(本映画祭で黒沢監督作品4本を上映)。イベント最終回となる15日(日)は、近年子宮がんを患った経験を基に綴った手記『子宮会議』を本人が朗読するリーディングセッションが行われる。

そして、「洞口依子映画祭」公式サイトでは、女優・洞口依子への数多くのコメントが寄せられていて、こちらも必見である。

http://yoriko25ans.com/yoriko25ans/Comments.htm


<上映作品>

ドレミファ娘の血は騒ぐ(1985年 黒沢清監督)
君は裸足の神を見たか(1986年 金秀吉監督)
マルサの女2(1988年 伊丹十三監督)
ミカドロイド(1991年 原口智生監督)
パイナップル・ツアーズ(1992年 當間早志監督)
部屋 THE ROOM(1993年 園子温監督)
危ない話(1989年 黒沢清監督)
CURE キュア(1997年 黒沢清監督)
カリスマ(2000年 黒沢清監督)
富江 tomie(1999年 及川中監督)
探偵事務所5 <マクガフィン>(2006年 當間早志監督)
一万年、後....。(2007年 沖島勲監督)
※特別無料上映
芸術家の食卓(26分 1989年 宮田吉雄演出)
陰翳礼讃(52分 1990年 宮田吉雄演出)
・上映スケジュールは以下の通り。
http://www.cinemavera.com/timetable.html?no=63

<Special Event(開催日順)>
◆写真家・篠山紀信 × 洞口依子
11月7日(土)17:50~
「digi-KISHIN」洞口依子篇(15分)上映、トークショー
http://shinoyama.net/douguchi/
※映画チケットをお持ちの方は、どなたでも無料でご覧いただけます。

◆映画監督・冨永昌敬 × 洞口依子
<ゲスト:やくしまるえつこ>
11月8日(日)20:40~
相対性理論PV「地獄先生」上映、トークショー、ミニライブ(予定)
※当日10:30より、劇場窓口で販売する映画チケットをご購入された方に、イベントの整理券を配布致します。

◆『Paititi The Movie(仮題)』プレミアム上映
11月13日(金)20:05~
<出演:映画監督・原口智生、パイティティ(洞口依子、石田英範)>
パイティティ・ドキュメンタリー上映、トークショー、ミニライブ
※有料イベントになります。
一般:1,200円 会員・シニア・学生:1,000円

◆映画監督・黒沢清 × 洞口依子
11月14日(土)17:35~
トークショー
※映画チケットをお持ちの方は、どなたでも無料でご覧いただけます。

◆『子宮会議』リーディングセッション
11月15日(日)14:00~
2007年に出版された洞口依子の著書「子宮会議」を、ギタリスト・ファルコンによる演奏とのコラボレーションで、本人が朗読
※映画チケットをお持ちの方は、どなたでも無料でご覧いただけます。


<関連リンク>

「洞口依子映画祭」公式サイト
http://yoriko25ans.com
「洞口依子映画祭」ブログ
http://yoriko25.exblog.jp/
劇場:シネマヴェーラ渋谷
http://www.cinemavera.com/info.html?mode=detail&no=111

【Paititi スペシャルインタビュー】

 

MUSICSHELFでお馴染みのアンソロジスト/ライターの濱田高志氏が

昨日、東京モーターショーの会場内にあるTOKYO FM特設スタジオにゲストとして登場。 「昭和の車のコマーシャルソング」について語った。

 

 

 


今回TOKYO FM『WONDERFUL WORLD』内の「Nobody Knows Lounge」というコーナーにゲスト出演しパーソナリティの小山ジャネット愛子さんと昭和の車コマソンについて、車のコマソン事情についてのトークを展開。放送内では「世界の恋人 / シンガーズ・スリー」や「スプリンター=HandsomeWorld= / トップギャラン」などレアな楽曲も紹介された。


そんな濱田氏、MUSICSHELF内では『TVAGE』『音楽職人』といった連載コーナーでも活躍中だが、11月には池袋で開催される公開講座に講師として登場する。
『TV AGE "発掘と選曲" アンソロジーCDの作り方』というタイトルで、音源発掘・調査・資料収集のコツとCD編集など、濱田氏のこれまでのノウハウを鼎談形式で紹介。また、昭和歌謡や映画音楽、ムード音楽など様々な音楽の魅力に迫る内容になっており、専門家やマニアだけではなく、最近物足りなさを感じる音楽ファンには持って来いの企画となっているので一度チェックをしてみては。

TV AGE公開講座
2009年11月28日(土)18:30~20:30
『TV AGE "発掘と選曲" アンソロジーCDの作り方』
池袋コミュニティ・カレッジ
(豊島区南池袋 1-28-1 西武池袋本店別館 8・9階)

* 講師:濱田高志(ゲスト:鈴木啓之/前園直樹)
* 料金:会員¥1,995/一般¥2,100(別途、資料代として教材費¥50)
* 受講お申し込みに関する詳細はこちらまで(http://www.7cn.co.jp/cc/)

お問合せ:03-5949-5494(池袋コミュニティ・カレッジ)

 

 

 

 

『WONDERFUL WORLD』

TOKYO FM 80.0MHz
月-木 16:00-18:55
パーソナリティ : 小山ジャネット愛子

史上初!デヴィッド・ボウイの高音質SHM-CD登場
~SHM-CD紙ジャケット・コレクション全17タイトルを10月から3ヶ月連続で発売~

永遠のロック・スター、デヴィッド・ボウイ。ロック史上永遠に輝き続ける彼の黄金期(1969年~1989年)のオリジナル・アルバム全17タイトルが、世界で初めて高音質のSHM-CD(*)仕様で登場、更にジャケットもオリジナルLPを忠実に再現した紙ジャケットで、10月28日から3ヶ月連続で発売される。

10月28日に発売される第1弾は、『スペース・オディティ』、『世界を売った男』、『ハンキー・ドリー』、『ジギー・スターダスト』、『アラジン・セイン』、『ピンナップス』の全6タイトル。初のSHM-CDで、当時のLPレコード・ジャケットを忠実に再現した紙ジャケット仕様、更にCD帯もオリジナルLP発売当時の帯デザインを復刻しており、デヴィッド・ボウイのファンにはたまらない内容だ。

第2弾は11月25日発売で『ダイアモンドの犬』から『ロジャー』までの6タイトル。そして第3弾は12月23日に発売、『スケアリー・モンスターズ』から『ティン・マシーン』までの5タイトル。
全て完全生産限定なので、ファンは早めのゲットをおススメですよ~!

詳細はEMIミュージック・ジャパン、紙ジャケット・ミュージアムへ
http://emij.jp/kami/ (PC/携帯)

(*)SHM-CDとは、
SHM-CD(Super HighMaterial CD)とは、全てのCDプレーヤーで再生可能な高音質CD。通常のCDとは別種の液晶パネル用ポリカーボネート樹脂を使用することにより素材の透明性をアップ、マスター・クオリティに限りなく近づいた高音質CD。

 

【リリース情報】

完全生産限定・SHM-CD紙ジャケット・コレクション
全17タイトル  各¥2,800(tax in)


 2009.10.28 ON SALE!


『スペース・オディティ』(1969年)
TOCP-95041

『世界を売った男』 (英1971年)
TOCP-95042

『ハンキー・ドリー』(1971年)
TOCP-95043

『ジギー・スターダスト』(1972年)
TOCP-95044

『アラジン・セイン』(1973年)
TOCP-95045

『ピンナップス』(1973年)
TOCP-95046



2009.11.25 ON SALE!


『ダイアモンドの犬』
(1974年)
TOCP-95047

『ヤング・アメリカンズ』(1975年)
TOCP-95048

『ステイョン・トゥ・ステイション』(1976年)
TOCP-95049

『ロウ』(1977年)
TOCP-95050

『ヒーローズ』(1977年)
TOCP-95051

『ロジャー』(1979年)
TOCP-95052


2009.12.23 ON SALE!

『スケアリー・モンスターズ』(1980年)
TOCP-95053

『レッツ・ダンス』(1983年)
TOCP-95054

『トゥナイト』(1984年)
TOCP-95055

『ネヴァー・レット・ミー・ダウン』(1987年)
TOCP-95056

『ティン・マシーン』(1989年)
TOCP-95057

カップリングも「ネイティブダンサー」Rei Harakamiリミックスや、3曲分をシームレスに楽しめる

LIVE音源「“FISH ALIVE chapter2”」など超豪華!!

 

 


今月、韓国の野外フェスで大観衆を圧倒して帰国したばかりのサカナクションが、遂に1年ぶりの新作を2010年1月13日(予定)にリリースすることを発表した。
2009年1月にリリースした3rdアルバム「シンシロ」がオリコン最高8位を記録し、今夏の大型FESでは各地のステージでトリも務めるほどの成長を見せた。
パフォーマンスの安定感はさらに増し、フェスで観覧したファンからの支持も急増している。
アルバム「シンシロ」から約1年振りの2ndマキシシングルとなる新曲、「アルクアラウンド」は、80’sダンスミュージックを彷彿させる高濃度なサウンド・コンセプトに繊細に紡ぎ出させれた山口一郎の朴訥とした詞が乗り、サビでは強い意志が込められたパッセージが繰り返される渾身の楽曲。ダンスミュージック、ロックミュージック、エレクトロミュージックというサカナクション・サウンドを構成するエレメンツが凝縮されたこの楽曲、今後のミュージックシーンを牽引するような、新しいアイディアに満ち溢れたサカナクション史上最高のハイパーチューンとなっている。その他収録曲には、サカナクションの原点であるフォークソング+エレクトロがコンセプトの「スプーンと汗」、またアルバム「シンシロ」でミュージックビデオの斬新さも高い評価と支持を集めた「ネイティブダンサー」が、なんと!Rei Harakami氏によるリミックスとして収録。さらに初回盤限定では、iTunes限定で今夏デジタルリリースされた「FISH ALIVE」の続編ともいえるLIVE3曲がシームレスに繋がった「“FISH ALIVE chapter2”」を収録。最高マックスボリュームになった、この1枚を引っ提げてサカナクションの2010年幕開けとなる。

 

【リリース情報】
MAXI SINGLE
「アルクアラウンド」
2010.1.13 ON SALE!
ビクターエンタテインメント
【初回盤(4Track収録)】
VICL-36553 / ¥1,000(tax in.)

【通常盤(3Track)】
VICL-36554 / ¥1,000(tax in.)

収録曲
1. アルクアラウンド
2. スプーンと汗
3. ネイティブダンサー Rei Harakami remix
4. “FISH ALIVE chapter2”
(1 sequence by 3 songs)
SAKANAQUARIUM 2009 @SAPPORO
※初回盤のみM-4収録

【LIVE情報】
11/08(日)「NEXUS “NO GIRL,NO BASSIST”
~女性ベーシストバンドのNEXUS~」
@新木場STUDIO COAST
w / GO!GO!7188 / BaseBallBear / bonobos / mere mortals(fromL.A.)

12/04(金)「Original Evolution ♯1」@仙台darwin
w / NICO Touches Walls / monobright / SISTER JET (フロントアクト)

12/06(日)「NEXSUS "NO GIRL,NO BASSIST" @OSAKA~女性ベーシストバンドのNEXSUS~」@なんばHatch
w / MASS OF THE FERMENTING DREGS/凛として時雨/鹿野淳(DJ)

12/30(水)「rockin‘on presents COUNTDOWN JAPAN09/10」 @幕張メッセ国際展示場 1~8ホール、イベントホール


【OFFICIAL HP】
http://sakanaction.jp/
http://jvcmusic.co.jp/sakanaction/

今年の夏、ロンドンのO2アリーナで開催されるはずだったコンサート"THIS IS IT"。 2009年4月から6月までの時間の流れを追いつつ、百時間以上にも及ぶリハーサルと舞台裏の貴重な映像から構成される「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」。本作の前売券の売り上げが日米で大フィーバーしている。

日本での前売発売開始は9月28日からで、発売初日にはオンラインチケット独占販売のローソンチケットで歴代1位の5万6746枚を記録。劇場では3万176枚を記録し、合計で8万6922枚という数字を叩き出した。この数字はアメリカを除く海外ではTHIS IS ITコンサートの開催地であったイギリスの3万枚を抜いてトップのセールスとなった。そして、公開までいよいよとなった10月19日までに、さらにその記録は伸びておりローソンチケットでは9万5341枚、劇場窓口7万3245枚、プレイガイドその他5314枚をあわせると合計17万3900枚を記録した。

この数字を今年の洋画興行収入TOP10に入っている「天使と悪魔」と「ターミネーター4」の劇場窓口、コンビニ、プレイガイド他の最終売上げ枚数で比較してみると「天使と悪魔」56,870枚(興収33,5億円)、「ターミネーター4」70,113枚(33,1億円)となっており、本作は公開まであと10日あるにも関わらず驚異の数字をたたきだしていると言える。

米、大手オンラインチケットサービスであるファンタンゴでは公開2週間前の10月13日(北米時間)までに、1600スクリーン以上が完売し、この成績は北米オンライン・チケットセールス、Fandangoでは、10月16日―18日の週公開新作のあらゆる成績を超え、またコンサート・フィルムで歴代1位の成績を誇る「ハンナ・モンタナ コンサート3D」、「ハリー・ポッターと謎のプリンス」、「トランスフォーマー2」、「スタートレック」の同時点成績を超えた。

またもう一方の米オンライン・チケットサービス、MOVIETICKET.COMは、本作の前売券セールスが歴代TOP23に、公開2週前で早くもランクインした。この成績は「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズ1作目、「007/慰めの報酬」、「ディパーティッド」の最終的なセールスを超えるもので、コンサート・フィルムとしては歴代1位「ハンナ・モンタナ/ザ・コンサート3D」の公開2週前の数字を超えていることから、最終的にコンサート・フィルムとして本作が歴代1位になるであろうと予測。

また世界での公開規模のレベルもフィーバーしている。北米では5,000プリントを3,000館に送りこむ予定。北米以外の海外では8500プリントを用意し、75カ国で10月28日より全世界同時公開。結果、合計全世界では13、500プリントを用意することになり、これは「ハリーポッター」シリーズの公開規模と同等と言える。日本では現在315館での上映を予定している。

■オフィシャルHP
http://www.sonypictures.jp/movies/michaeljacksonthisisit/

初のオリジナル・ソロアルバム『FIRST』(7/15発売、オリコンウィークリーチャート初登場9位)を引っ提げ、9月19日の埼玉を皮切りに11都市14公演を回ったトータス松本(42)のソロツアーが、10月26日(月)渋谷C.C.Lemonホールでツアーファイナルを迎えた。

ウルフルズの活動休止を発表後、初のソロツアー。活動休止発表後に丸めた坊主頭がトータス松本の気合を感じさせた。オープニングの「はじめに」から、「明星」のイントロが流れると、2000人の観客は早くも総立ちに!トータス松本は「初ソロツアーで最終日が渋谷で飾れて幸せです。ありがとう!最高の時間をみんなで作ろう。最後までよろしく!!」と話した。

オリジナルアルバムをリリースしてのソロツアーは自身初のことであり、今回のツアーで彼は新しいバンドを結成。「僕の思い通りの音を奏でてくれる面々」と、語るそのバンド名は「トータス松本&His Jukebox(トータス松本と彼のジュークボックス)」。バンドとの息もぴったりで、一緒に演奏するのが嬉しくて仕方ないというのがトータス松本の表情からも伝わる。シングルとしてリリースされた「涙をとどけて」はしっとりと歌い上げ、「みいつけた!」では会場にカラフルな風船が溢れる演出で曲ごとにがらっとライヴの雰囲気が変わる。「ソロツアーをまわって腹がすわった。オレはこれからも歌を作って、歌って、みんなを巻き込んでいきたい。オレが幸せになればなるほど、みんなも幸せになれる。オレがみんなを幸せにするんだ!もっともっといいものを絶対みんなにかえす。本当にありがとう!これからもよろしく!!」とトータス松本が語ると、会場からは割れんばかりの拍手が湧き起こった。2ndシングル「僕がついてる」を温かく、力強い声で歌った後、本編ラストには彼の音楽への思いが全て込められた、決意表明ともいえる「ミュージック」をまさに魂の熱唱。

アンコールではソウルの名曲のカヴァー3曲を演奏。「胸いっぱいや。オレは今日の事を一生忘れへんと思う。最高の夜です。みんなもそう思ってくれたらいいな。」と語ったあと披露したのは「夢ならさめないで」。本編、アンコールで全18曲を歌い上げたトータス松本は、ステージから去るのが名残惜しいかのように笑顔で手を振り、深深とお辞儀をして初のソロツアーを締めくくった。

◆トータス松本 SPECIAL SITE
http://www.wmg.jp/tortoise/

 

藤井フミヤの全国ツアー「F’s CINEMA」が10月24日、千葉県市川市文化会館にてスタートした。これまでもツアーごとにユニークな演出テーマを設定し、ファンを惹きつけてきた藤井フミヤ2009年のツアーは、9月30日にリリースされた最新アルバム『F’s シネマ』と同様、”CINEMA”(=映画)をキーワードとして構築、アルバム制作時から思い描いていた「レトロ感のあるフィルム映像と楽曲とのコラボレーション」というイメージを形にすべく、フミヤ自ら企画・主演した初のショートフィルムをツアー上映のためにオリジナルで撮りおろす、という新しい試みに挑戦している。

このショートフィルムは、ステージ後方の巨大なスクリーンにて曲間に断片的に上映され、ライブとリンクしながら進行していく構成で、フミヤ演じる主人公「FF」の元に、突如転がり込んできた見知らぬ幼い少女、このふたりの奇妙な関係を軸に展開していくショートストーリー。『F’s シネマ』のCDジャケットともリンクしたシーンやロケーションが多々登場するのも見どころのひとつだ。フミヤが冒頭のMCで「今日は映画を見たような、ライブを見たような、そういう感覚のライブをやりたいと思います」と語ったように、まるで映画館の中で同作品のサウンドトラックの生演奏を聴いているようなユニークな演出で、会場を埋め尽くした2000人の観衆を大いに魅了した。フミヤがメインキャストを演じるのは『天使が消えた街』(2000年4月~6月/ 日本テレビ系列にてオンエア)以来9年ぶりのこと。このショートフィルム完全版(本編約35分+メイキング)は、DVDパンフレットとして全国のツアー会場限定で販売され、ストーリーの全貌をひとつの映像作品として楽しむことも出来る仕掛けになっている。

公演では最新アルバム『F's シネマ』の楽曲を中心に、「TRUE LOVE」などおなじみの楽曲も織り交ぜ、全22曲を演奏。2時間を超える見ごたえのあるステージとなった。2006年リリースのアルバム『WITH THE RAWGUNS』をきっかけに結成されたスーパーバンド、RAWGUNS(佐橋佳幸(G)、屋敷豪太(Ds)、有賀啓雄(B)、斎藤有太(Key))がツアーでは2年半ぶりに復活、鉄壁のアンサンブルが振れ幅の大きな作品群をしっかりとまとめ、フミヤの伸びのあるボーカルを引き立たせている。
「F's CINEMA」ツアーは、この日の市川市文化会館を皮切りに、12月30日の日本武道館まで、全国15ヶ所18公演を回り、計約45000人を動員予定。

【リリース情報】
豪華コラボ・アルバム第2弾!
『F's シネマ』
ソニー・アソシエイテッド
9.30 ON SALE!

【初回限定盤】
AICL2046
¥3500(tax in.)


【通常盤】
AICL2048
¥3059(tax in.)

10月24日、中川翔子が2006年7月のデビュー以来、初の日本武道館ライブを行った。
開演前、1万人の観客が振るサイリウムが武道館いっぱいに輝く。
ステージの特大ビジョンに写ったオープニング映像では、中川翔子の過去のビデオクリップがフラッシュで流れ、今回の武道館ライブがデビューから3年を超える集大成であることを示している。

 

そして人差し指を高々と突き上げた中川がビジョンに映り、その映像が消えると、本人が同じポーズでステージに登場!割れんばかりの歓声がこだまする。
1曲目の「空色デイズ」を熱唱。会場は地鳴りを起こす。
直後2曲目「We can do it!」ではダンサー6人を従え、デビュー当時最も苦手だった踊りを見事に披露し、成長を伺わせた。

最初のMCでは、お決まりのしょこたん語での掛け声「ギザー、ギガント、マミタス、バッカルコーン」をファンと貪欲に行い、
「超☆貪欲まつりにようこそ。夢じゃない。夢じゃないんだ、来ちゃったぜ、日本武道館!信じられない、鳥肌がとまらない。全身ガクガクブルブル、みんな~。すごいです!いきなり『貪欲座』を作ってしまった。最高に(サイリウムで)キラキラしてる。ここが今宇宙で一番キラキラしてる。1万人の貪欲なみんなが終結してる!カワユスなー」とテンション高く話し、
「2年前の10月20日に初めてC.C.Lemonホールでライブを行って、それが一番私の人生を変えた局面で、この2年間でみんなと出会い、ここ武道館がみんなとの、そして大事な人との約束の場所です。人生の一番貪欲な時間になると思う。」と決意を述べた。

 

その後、本人が選曲・演出した「超☆貪欲メドレー」(小泉今日子「なんてったってアイドル」や松田聖子「赤いスイートピー」などアイドルカバーから、アニメソング・戦隊ヒーローソングまで15曲に及ぶ。)や、地上10mのブランコに乗って登場した「心のアンテナ」、炎の演出で本人いわく『玉ねぎが丸焦げだ~』と語った「続く世界」、10月14日にリリースとなりオリコンランキング6位となった最新シングル「ありがとうの笑顔」など合計17曲を本人がデザイン提案した5パターンの衣装をまとい熱唱。

 

本人が作詞を共作し、感謝の気持ちを込めた「ありがとうの笑顔」を歌う前には、感極まって泣き出すシーンも。
これには1万人のファンが声援で後押しし、会場が一体化した。
涙を浮かべながら「生きていてくれて、笑顔でいてくれて、ありがとう」と感謝の気持ちを述べていた。
最後まで歓声のやまない文字通り「超☆貪欲」な最高の武道館ライブとなった。

 

2日間にわたって総勢50以上もの国内外アーティストが出演した、史上初のヴィジュアル系大型フェス“V-ROCK FESTIVAL‘09”が、千葉・幕張メッセにて10月24日、25日の2日間に渡って開催された。

欧米やアジアでも一大ムーブメントとなっている日本のヴィジュアル系シーンだが、これほど多くのアーティストが一堂に介するイベントは世界初ということもあり、今年が初の開催ながら、2日間で延べ約3万人の観客が詰め掛ける巨大イベントとなった。

出演アーティストは総勢50組以上という他に類を見ない規模で、多くのアーティストがリスペクトするマリリン・ マンソンを始め、the GazettE、メリー、Versailles、摩天楼オペラ、彩冷える、D、Alice Nine、ヴィドールのほか、土屋アンナ、THE ALFEEの高見沢俊彦、西川貴教率いるabingdon boys schoolやALI PROJECTといったヴィジュアル系以外のアーティストも幅広く出演。どのアーティストも会場を興奮の渦に巻き込んでいた。

1日目には、2006年に解散し、このライブで再結成を果たしたLa'cryma Christiが出演。
2005年に脱退したKOJI(Gt)を加え、約4年半ぶりとなるメンバー5人揃ってのステージを繰り広げた。
「未来航路」「With-you」など往年のファンにはたまらない選曲だけでなく、来年1月に5人でライブツアーを開催することも発表され、嬉しさで涙するファンも見受けられた。

 

(C) V-ROCK FESTIVAL '09

 


1日目のラストを飾ったマリリン・ マンソンは、「ROCK IS DEAD」や「THE BEAUTIFUL PEOPLE」などお馴染みの楽曲から、5月に発売されたアルバム『THE HIGH AND OF LOW』の収録曲も披露。
先だって行われたジャパンツアーに引けを取らない内容。その圧倒的なステージパフォーマンスで観客をノックアウトした。

 

(C) V-ROCK FESTIVAL '09

 


2日間のフェスのトリを務めたのは、現在人気絶頂を誇るthe GazettE
ステージ上に彼らが姿を見せると、会場のテンションは最高潮に。
観客達は最後まで踊り、首を振り、歌い、the GazettEの世界に酔いしれていた。

 

(C) V-ROCK FESTIVAL '09

 


会場では、外国人の観客の姿が数多く見られたほか、世界各国からメディアの取材や商談も殺到。
このフェスのみならず、日本のヴィジュアル系シーンが日本を代表するひとつの“文化”として海外からも大きく注目されていることを証明したといえるだろう。

 

V-ROCK FESTIVAL'09 オフィシャルサイト
http://v-rockfes.com/

「装苑」次号表紙にUA登場

10月28日に発売されるファッション誌「装苑」12月号に、UAが登場する。UAが「装苑」へモデルとして出演するのは、1998年9月号以来11年ぶり2度目。

表紙に起用した文化出版局「装苑」の片岡朋子編集長は、次のように語っている。「UAさんには、広い意味でのmotherなものを感じます。と同時に、ある会場でお見かけしたときのUAさんの、何ともしなやかで流れる水のような風情が忘れられません。第二子の出産を経験なさって、来年2010年にはデビュー15周年という節目を迎える彼女の姿を、「装苑」に残しておきたい!と感じてのオファーでした。お会いしてなおさらに、強さと清らかさの両方を感じました。そんな気持ちを反映できたと感じています」          
1995年6月21日にシングル「HORIZON」でメジャーデビューしたUAは、2010年にデビュー15周年を迎える。歌手としてだけでなく、1人の女性としても際立つ存在感を放ち、今後も輝きを増していく。

■UA official HP 
http://www.uauaua.jp/
■UA(SPEEDSTAR RECORDS) 
http://www.jvcmusic.co.jp/speedstar/-/Artist/A008352.html
■文化出版局 
http://fashionjp.net/

 

【リリース情報】

UAが紡ぐ奇跡のドラマ
『ATTA』
ビクター
ON SALE!
VICL63363
¥3045(tax in.)




10月24日に日本大学・生物資源科学部「藤桜祭」で行われたコンサートに、一青窈が出演した。初の学園祭ライブを前に彼女は「私も大学生の時に実行委員会で、ミスコンとか企画していました。今日は学生時代とは逆の立場で、自分がステージに上がれて光栄です!」と語り、意気込みを見せていた。

この日のステージは、デビュー曲の「もらい泣き」からスタート。そして、ダンスシーンを見せたミュージックビデオが話題になった新歌謡(進化窈)三部作の第一弾シングル「ユア メディスン~私があなたの薬になってあげる」をアコースティックバージョンで披露した。本編全13曲を熱唱したあと、アンコールでは新歌謡(進化窈)三部作の第二弾シングル「うんと幸せ」を熱唱。この曲は、一青 窈から亡くなった両親への最後の手紙であり、これからは今を生きている人達へ、歌を伝えたいという思いで作った曲。また、若くして自らの命を絶った知人に対して、自分の無力さを知ると同時に、どんな言葉が歌えるのだろうかと、考えて生まれたものだ。
この歌を歌う前には本人から「私の知人の娘さんが、18歳で自殺をされて。(私は)聴いてくれる人や、身近な人たちへも元気になってほしいという想いで歌を歌っているので、彼女に届かなかったことがとても悲しかった。(彼女は、)きっと、小さな幸せが見えなくて悩んでいたのだと思います。悩むこと、辛いことは誰にでもあけれど、生きるのを諦めないでほしい。幸せになるために生きるのではなく、小さな幸せを見つけてください。」というメッセージが伝えられた。学生のなかには、号泣する女子大生も多く見られた。

終演後、サプライズで学園祭実行委員会の学生のためだけに、再度ステージにあがり「うんと幸せ」を感謝の意味を込めて熱唱。
思いがけないサプライズで、実行委員の学生たちの目から涙がこぼれ、学生生活の素敵な思い出が心に刻まれた。

【リリース情報】

『私の中のあなた』日本版イメージソング
『うんと幸せ』
フォーライフ
11.4 ON SALE!
FLCF-4299
¥1200(tax in.)




ヴィジュアル系ロックバンドのヴィドールが、10月25日、幕張メッセで開催されたヴィジュアルバンド界最大の祭典〈V-ROCK FESTIVAL’09〉のステージで、12月2日発売のニューシングル「EVE」を初ライブ披露した。

「EVE」は、"別れ"をテーマに「神様お願いあと少しだけこの人と幸せでいていいですか?」と歌い上げられた、切なすぎるも最高のラブソングに仕上がっている。
現在、シングルリリースに先駆け、レコチョクにて着うた独占先行配信がスタートしており、10月21日付のレコチョクロックうたデイリーランキングでは初登場2位を記録し、早くも注目を集めている。

なお、ヴィドールは年明け1月23日に渋谷・C.C.レモンホールにてワンマンライブ〈Monadism〉の開催を発表しており、もちろんここでも披露されるであろう、切なすぎるV系バラードの真骨頂「EVE」を今からチェックしておこう。

 

【リリース情報】

New Single
「EVE」

2009.12.2 ON SALE
日本クラウン
初回限定盤A(CD+DVD)
CRCP-10234 / ¥1,800(tax in)


初回限定盤B(CD+BOOK)
CRCP-10235 / ¥1,800(tax in)


通常盤(CD3曲)
CRCP-10236 / ¥1,260(tax in )



オフィシャルサイト
http://www.vidoll.jp/

昨年10月にリリースしたデビューシングル「DOLL」が40を超えるパワープレイを獲得し、6月に発売された3rd シングル「少女S」がオリコンウィークリーランキング初登場6位、総配信DL数30万を突破するなど、その動向が注目されるガールズロックバンドSCANDAL。

10月14日リリースの4thシングル「夢見るつばさ」がオリコンデイリーチャート最高
位9位獲得と、ブレイク中のSCANDALが、記念すべきデビュー・アルバム「BEST★SCANDAL」リリース日に母校凱旋ライブを行った。10月21日リリースの「BEST★SCANDAL」は、リリース形態が3種類あり、話題の驚愕の284ページサプライズフォトブック付完全生産限定盤は、元々5000枚販売で予定していたが、事前予約で売り切れ状態となったため急遽増刷の1万枚販売となった。またアルバムにも収録された、先行シングル「夢見るつばさ」のPV監督を品川ヒロシが3rdシングル「少女S」に引き続いて担当し、品川ヒロシ自身も同PVに出演している。

そんなSCANDALが凱旋ライブを行った堺女子高等学校は、SCANDALドラムRINAの母校。彼女たちは大阪にあるダンス&ヴォーカルスクールで結成された大阪発のガールズロックバンドで、メンバーはそれぞれ、ボーカルHARUNAとギターMAMIは名古屋出身、ベースのTOMOMIが兵庫県出身、ドラムのRINAが奈良県出身。RINAは2008年夏にSCANDALの活動に集中するため、夢と希望と決意を持って東京の高校に転校したが、堺女子高等学校は1年~2年生を過ごした思い出の場所だ。その場所でデビュー1周年前日であり記念すべきデビュー・アルバム「BEST★SCANDAL」リリース日に凱旋ライブを実施した。

ホームならではのウェルカムムードの中、最新シングル「夢見るつばさ」や「少女S」「夢見るつばさ」、アルバム収録の「SCANDAL BABY」などを披露。アンコールでは、RINAの「アルバム「BEST★SCANDAL」の最後のページ、見てみてな? スペシャルサンクスで『サカジョの皆』って書いたんだよ。本当にいつも感謝しています」というMCに元同級生が涙する場面も。またメンバーにはサプライズで、、メンバーの元同級生が結成したバンドがSCANDAL「カゲロウ」のコピーを披露してメンバーを迎えるという企画もあった。

久しぶりの同級生や恩師との再会にRINAは「東京の家に戻ったらホームシックで今日は大泣きすると思います(笑)」、HARUNAは「みんなのRINAを見る目がすごくキラキラしていて、泣きそうになりました。デビュー1周年を迎える私達ですがこれからも一層頑張っていきたいと思います」と語っていた。アルバムのリリースで多忙な日々を送るSCANDALのメンバーにとっての束の間の帰省は何よりも元気と勇気の充電になった。

そんなアルバム「BEST★SCANDAL」はオリコンデイリーチャート3位を記録。新人のオリジナルアルバムのトップ3入りは快挙達成といえる。

【リリース情報】
デビュー・アルバム
『BEST★SCANDAL』
エピック
10.21 ON SALE!


【初回生産限定盤(CD + DVD)】

ESCL3316~3317
¥3500(tax in.)


【通常盤】

ESCL3318
¥3059(tax in.)

先行配信中の着うたが配信開始以来14日間で30万ダウンロードを突破し、話題のアフラックCMソング「まねきねこダックの歌」を歌う年齢差31才ユニット"たつやくんとマユミーヌ"が、CDデビューを前に、10月30日テレビ朝日系「ミュージックステーション」に急遽生出演することがわかった。

「まねきねこダックの歌」は、11月7日よりレコチョクにて着うたの先行配信をスタートしたところ、14日間で30万ダウンロードを突破、10月21日付のレコチョク着うた週間ランキングでは2週連続の1位に輝いた。

今回の生出演について、
たつやくんは「いつも見ている憧れの番組ですのですごくうれしいです。」、
マユミーヌは「緊張します。たつやくんに迷惑かけないようにがんばります。」と話している。

なお、同楽曲は11月4日のCD発売に先駆け、現在、レコチョクにて着うたフル先行配信をスタートさせており、11月20日までのダウンロード特典として「まねきねこダック・オリジナル待受Flash」がプレゼントされる。

 

【リリース情報】

幸せソングの決定版!
『まねきねこダックの歌』
日本クラウン
11.04 ON SALE!

 


【初回限定盤】
CRCP-10238
¥1,600(tax in.)

【通常盤】
CRCP-10237
¥1,200(tax in.)

森 晴義(Vo.Key)、中村 博(G.Cho)、笹原翔太(Vo.G)の3人から為る、ツインヴォーカルユニットのabsorb(アブゾーブ)のオフィシャルサイト内に、彼らの11月4日ニューシングル「最後の鍵」の発売も記念して、音楽業界初のネット内ヴァーチャル学園祭“桜ノ雨学園祭”が出現することが分かった。

これは、第3回高校生映画コンクール「映画甲子園2008」のグランプリを制した慶應義塾高校の映画サークル「TETRA FILM STUDIO」が、高校卒業を目前にし揺れ動く学生たちを主題に制作した青春インディーズ映画「桜ノ雨」が今秋にようやく完成。
absorbがこの映画に音楽協力、エンディングにも「桜ノ雨」がテーマで使用されている。
この事から、absorbとTETRA FILM STUDIO、そしてインターネットを通じてabsorbの「桜ノ雨」が今春全国119の中高校の卒業ソングとして合唱される社会現象を支援した“桜ノ雨プロジェクト”のメンバーが、来春までに、この映画「桜ノ雨」を全国の中高校で上映したいという想いからヴァーチャル学園祭“桜ノ雨学園祭”を開催し、WEB上でダイジェストを公開することになった。

映画「桜ノ雨」は10月31日、11月1日と慶應義塾高校日吉祭で初お披露目、11月23日には早稲田大学井深大記念ホールにて、スタッフキャストによる舞台挨拶ありの完成披露試写会が行われ、その後、全国学校でも上映キャラバンが実現する。

なお、桜ノ雨学園祭サイトは、absorbオフィシャルWEB内に、11月4日アップ予定。
映画「桜ノ雨」の上映キャラバンと並行して、“桜ノ雨プロジェクト”のメンバーからの提言もあり、楽曲「桜ノ雨」合唱+ブラス合奏したものを“祝奏歌”と題し、来春の卒業シーズンまでに全国の中高校で演奏してもらおう、という動きも起こり始めており、祝校歌実施校公募もこのサイトから可能になる。
この他、桜ノ雨学園祭ではネットを駆使した様々なコンテンツが準備されるとのことで、その詳細発表が気になるところ。

absorbは、11月4日のニューシングル「最後の鍵」発売に先駆けて、現在、レコチョクにて着うた先行配信がスタート。
そして、ワンマンツアー「alib vol.8」が12月11日名古屋、12月22日仙台、1月14,15,16日東京・目黒で決定している。

 

 

【リリース情報】

3rd Maxi Single
「最後の鍵」

2009.11.4 ON SALE
CROWN GOLD
CRCP-10233 / ¥1,200(tax in)



オフィシャルサイト
http://www.absorb.asia/

安室奈美恵の2年半ぶりのオリジナルアルバムが12月16日にリリースされる。170万枚を超えるセールスを記録したベストアルバム『BEST FICTION』を経て、新たな気持ちで望む待望のオリジナルアルバム、タイトルはまだ未定とのことだが、発売日が12月16日に決定した。

このアルバムは、今話題のヴィダルサスーンCMソングの「MY LOVE」「COPY THAT」他、最新ダンスナンバーから久しぶりのバラード曲まで、シングル曲「WILD」「Dr.」を含む全12曲を収録予定。「全てを空にして新しいスタートをきりたい」と決意する、まさに安室奈美恵“最新”作と言える内容となっている。

今作では新たに4曲のミュージック・ビデオ(以下MV)を撮影する予定で、発売中の「WILD」「Dr.」のMVを含め、なんと6曲のMVを収録するという。音楽性のみならず、映像のクオリティでも多大なる評価を得ている安室奈美恵だが、オリジナルアルバムにMVを6曲も収録することは初。今年も安室奈美恵が音楽&映像マーケットで、快進撃を続けそうだ。

■VISION FACTORYホームページ
http://www.visionfactory.jp
■安室奈美恵オフィシャルHP
http://www.avexnet.or.jp/amuro

10月21日にカジヒデキのアルバム『ストロベリーズ・アンド・クリーム』が発売されます。それを記念して、10月29日に東京・大崎のフットボール・パブFooTNiK大崎店でFISH AND CHIPS PARTYが行われます。

カジ君が大好きなサッカーとイギリス風の雰囲気のなか、好物のフィッシュ・アンド・チップスを食べながら、ライブを行おうとい主旨で企画されたイベントです。当日はアコースティック・ライブとトークでニューアルバムのリリースを盛り上げます。

MUSICSHELFではそのイベントに2組4名様を招待いたします。公式ホームページでの申し込みのみのプレミア・イベントです。ふるってご応募ください。

応募はこちらから。
(受付は終了しました。沢山のご応募有り難うございます)

【イベント概要】
カジヒデキ FISH AND CHIPS PARTY
日時:10月29日(木)
場所:東京・大崎FooTNiK
http://www.footnik.net
19:00 open / 19:30 start
※飲食代は自身でご負担ください。
■公式ホームページ
http://www.hidekikaji.net/

V-ROCK FES 遂に今週末開催!

日本での熱狂的な支持はもちろんのこと、今やヨーロッパ、アメリカなど世界各地でムーヴメントを引き起こす「ジャパン・カルチャー」の中心にあるヴィジュアルロック。
その祭典とも言える、世界初のヴィジュアルロックフェスティバル「V-ROCK FESTIVAL'09」が、ロックの聖地・幕張メッセにて、10/24と25の2日間に渡り開催される。

今回、初の開催となる同フェス。
現在絶大なる人気を誇るthe GazettEやこのフェスにて待望の再結成を果たすLa'cryma Christi、海外から参戦するMarilyn Mansonなど、まさにヴィジュアルロックシーンのビッグネームたちが顔を揃える。
また、妊娠5ヶ月となる土屋アンナやBREAKERZ、高見沢俊彦、今後が期待されるニューアーティストも登場するバラエティに富んだラインナップだ。
国内外から総勢50以上のアーティストの参加が決定しており、まさしくファン垂涎の2日間になるだろう。

会場は“フェスティバルの聖地”として名高い幕張メッセ。
当日はステージが4つ用意され、自由に行き来可能な複数のステージで、熱いライヴが繰り広げられる。
また、当日はステージ以外のスペースも充実!ロビーでは、アーティスト参加のイベントや撮影会等が開催され、会場でしか買えないイベントのオリジナル・グッズやアーティスト・グッズ、アパレルとのコラボ商品等も数多く用意される。

また、この「V-ROCK FESTIVAL'09」の模様は、インターネットで世界同時無料生中継され、世界中の誰もが観覧可能というから驚きだ。当日残念ながら足を運べないという人も、世紀のフェスを体験できるチャンスなので、V-ROCK FESオフィシャルサイトにぜひアクセスして欲しい。

 

【イベント情報】

「V-ROCK FESTIVAL'09」
2009年10月24日(土)、25日(日)幕張メッセ国際展示場9・10・11
開場9:30/開演11:00/終演21:00(予定)
1日券 ¥12,000(税込)+DRINK¥500
2日通し券 ¥20,000(税込)+DRINK ¥1,000
特別指定席 ¥16,000(税込)+DRINK ¥500

お問合せ:V-ROCK FESTIVAL '09 実行委員会
TEL : 0180-993-996(24時間テープ対応/一部携帯・PHS不可)

◆出演アーティスト(順不同)

10/24
abingdon boys school・Alice Nine・ALI PROJECT・Angelo・BOUNTY・BREAKERZ・D・D'ERLANGER・D’espairsRay・ドレミ團・イロクイ・jealkb・Kra・Moi dix Mois・ベルベット・ニンジャマンジャパン・アヲイ・PENICILLIN・SEX MACHINEGUNS・SOHODOLLS・SuG・トゥーン工場・ViViD・メガマソ・Plastic Tree・La'cryma Christi(このイベントにて再結成)・Marilyn Manson 

10/25
彩冷える・アンド・Aoi・CASCADE・DaizyStripper・ダウト・DuelJewel・exist†trace・-OZ-・heidi.・GRANRODEO・Kagrra,・LM.C・【_Vani;lla】・LOVEX・摩天楼オペラ・メリー・NEGATIVE・Sadie SCREW・高見沢俊彦(BAND MEMBER:Gt ルーク篁/ANCHANG/KOJI)・ヴィドール・the Underneath・INORAN・Loveless(北出菜奈)・Versailles・土屋アンナ・the GazettE

V-ROCK FESTIVAL'09 オフィシャルサイト
http://v-rockfes.com/

12月に公開となる映画、劇場版「仮面ライダー×仮面ライダーW&ディケイド MOVIE大作戦2010」の主題歌をGACKTが歌うことに決定した。
タイトルは 「Stay the Decade Alive 」。年明け、2010年1月1日にリリースされる。

GACKTは、2009年1月からテレビ放送した「仮面ライダーディケイド」の主題歌「Journey through the Decade」で、アーティストとしては初の仮面ライダー出演の「ミュージックビデオ」を撮影。
8月に公開した劇場版では、主題歌を務めながら「ライダーマン/結城丈二」として映画に出演するなど、今までの仮面ライダーシリーズでは出来なかった規格外のスケールのコラボレーションをしてきた。

仮面ライダーディケイドとのコラボレーションは今作で3作目で、第1弾「Journey through the Decade」のテーマは「旅」、第2作「The Next Decade」のテーマは「戦」、そして今回の「Stay the Decade Alive 」テーマは「永遠」。
壮大なバラードでその物語のフィナーレを華々しく演出し、『GACKT×仮面ライダーディケイド』の仮面ライダーシリーズ最高のコラボレーションが堂々完結する。

 

オフィシャルサイト
http://gackt.com/

「クノール(R)カップスープ」のCMで小栗旬と共演中で、10月24日公開映画「携帯彼氏」の主演を務め、今最も注目の若手女優“川島海荷”、Perfumeあ~ちゃんの妹でソロプロジェクト「Ordinary Venus」としても活躍中の“西脇彩華”、講談社ミスマガジン2009「読者特別賞」を受賞し人気急上昇中の“佐武宇綺”、姉の三浦葵との姉妹ユニット「三浦家」でも活躍中の“三浦萌”、元おはガールでドラマ「四つの嘘」でも好演をみせた“下垣真香”と様々な業界で活躍する5人が集まるガールズユニット「9nine」。

その9nineから川島海荷が19日、「国際ドラマアウォード」で、ドラマ「アイシテル~海容~」の活躍から新人賞を受賞した。
昨年新設された同アウォードは“世界に見せたいドラマがある。”をキャッチフレーズに設立された栄誉ある賞で、川島海荷の注目度がさらに高まっていきそうだ。

その川島海荷の勢いにのり、9nineは21日にニューシングル「Smile Again」をリリース。
発売にあわせて「Smile Again」「突然のラブコール」の着うたフルの配信や、メンバーの笑顔が印象的な「Smile Again」のビデオクリップもフルバージョンで配信される。いままで公開されていなかった、気になるP.V後半も楽しめる内容になっている。
http://recochoku.jp/9nine/

また 「Smile Again」ビデオクリップの一部はYouTubeで公開されているのでチェックしてみては如何だろうか。
http://www.youtube.com/watch?v=oXjNV3t7tWo

 
9nineオフィシャルサイト
http://9nine.fc.yahoo.co.jp/
 
9nineレーベルサイト
 http://jvcmusic.co.jp/nine/

 

【リリース情報】
New Single
『Smile Again』
Victor/BabeStar Label
10.21 ON SALE!

【初回盤A】
VICB-35019
¥999(tax in.)

1.Smile Again
2.突然のラブコール
3.アンバランス
4.Smile Again(instrumental)

【初回盤B】
VICB-35020
¥999(tax in.)

1.Smile Again
2.突然のラブコール
3.サクラプレリュード
4.突然のラブコール(instrumental)

シーナ&ロケッツ アルバムBOX2タイトル同時発売決定!


31年目を迎えた日本のロックアイコン“シナロケ”が1984年からのアルバムを紙ジャケ仕様BOXセットとして12月16日に2タイトル同時発売する。今回『WHITE BOX』、『BLACK BOX』と2種類のリリースとなるが『WHITE BOX』は中期シナロケ8作品に加え、あの!『レモンティー』12inchの初CD化、『BLACK BOX』は『FAMILY DANCING』から『JAPANIK』までの7タイトルを収録。さらに当時のプロモーションビデオを収録した限定特典DVDが両方に付属されるとの事でファンにとってはレアアイテム化必至だ。
また、初回生産限定ということで購入希望者は今すぐチェックを!

 

【リリース情報】

『WHITE BOX -INVITATION YEARS-』

9CD(8作品)+1DVD 初回生産限定
VIZL-361 / ¥16,400(tax in)


あの!『レモンティー』12inchの初CD化を含む、ファン垂涎の中期シナロケ8作品!BOX特典として、当時のプロモーションビデオを収録したDVDを含むマストバイアイテム

5th Album『NEW HIPPIES』<1984年リリース作品>
6th Album『MAIN SONGS』<1985年リリース作品>
Mini Album『LEMON TEA 12"』<1985年リリース作品>
7th Album『GATHERED』<1986年リリース作品>
8th Album『Captain Guitar and Baby Rock』<1987年リリース作品>
9th Album『#9』<1987年リリース作品>
10th『HAPPY HOUSE』<1988年リリース作品>
11th『DRAM+REVOLT』<1989年リリース作品>
★BOX限定特典DVD
当時のプロモーションビデオを完全収録!
「スイート・インスピレーション」、「今夜はたっぷり」、「どうしても逢いたい」、「ハッピー・ハウス」「パーマネント・ハネムーン」


『BLACK BOX -SPEEDSTAR YEARS-』


7CD+1DVD 初回生産限定
VIZL-362 / ¥14,200(tax in)


CFソング「じゆう」収録の名盤『FAMILY DANCING』から最新アルバム『JAPANIK』までの7タイトルに加えBOX限定のスペシャル特典として、当時のプロモーションビデオを収録したDVDを含む超豪華セット

Mini Album + Rare Live Tracks『FAMILY DANCING』<1990年リリース作品>
12th Album『(HA! HA! HA!)HARD DRUG』<1992年リリース作品>
13th Album『ROCK ON BABY』<1994年リリース作品>
14th Album『@HEART』<1997年リリース作品>
15th Album『ROCK THE ROCK』<2000年リリース作品>
16th Album『爆音ミックス~19 LIVES~』<2001年リリース作品>
17th Album『JAPANIK』<2001年リリース作品>
★BOX限定特典DVD
当時のプロモーションビデオを完全収録!
「(ハ!ハ!ハ!)ハード・ドラッグ」、「ロックの好きなベイビー抱いて」「インターネット・キス」、「ジャングル・オブ・ラブ」「ジャパニック」、「レモンティー」、「スティフ・リップス」



詳細はコチラ!
http://www.jvcmusic.co.jp/speedstar/-/Information/A000232.html




シーナ&ロケッツのインタビューとプレイリストはこちら

A Great four eyes〜めがね野郎のロックンロール(2006.9)
/?mode=static&html=special15/index

インディーズ時代より海外公演を成功させ、外資系チャートで1位を獲得するなど常にスキャンダラスな存在として注目を浴び続けてきたガールズロックバンドSCANDAL
待望の1stアルバム『BEST★SCANDAL』を10/21にリリースし、オリコンデイリーチャートで初登場3位にランクインする大ヒットを記録した。
1位はGLAYのベスト、2位はヘキサゴン・オールスターズによるベスト、さらに4位がAqua Timezのベスト、5位が絢香のベスト、とベストアルバムがランクインする中、新人の1stオリジナルアルバムとしては、まさしく快挙達成といえる。

風とロックの箭内道彦プロデュースによる驚愕の284ページにもわたるサプライズフォトブック付完全生産限定盤は1万枚が既に予約だけで完売状態。
DVD付の初回限定盤も店着日から各地で品切状態に落ちいり、さらに12月に開催される東名阪のクアトロワンマンツアーは先行予約だけでパンク状態になるなど、まさしく今のSCANDALの勢いを感じさせる状況に、各メディアでもSCANDAL特集が続々と組まれるほど。

SCANDALは、デビュー丸1周年を迎える10/22(木)には、全世界生配信となるインターネットスペシャル特番『SCANDALサミット』を20:00より開催。
海外とも中継をつなげる他、様々な企画が準備されているとのこと。
視聴方法の詳細などは、SCANDALのオフィシャルHPをチェックして欲しい。

また、SCANDALは、『BEST★SCANDAL』のリリースを記念して、10/24(土)には名古屋パルコにて13:00より、 同じく24日、大阪タワーレコード梅田NU茶屋町店にて18:30より、さらに10/25(日)にはお台場メディアージュ1Fアトリウムにて14:30からと17:30から、それぞれ入場無料のミニライブを含むスペシャルイベントを開催する。

 

【リリース情報】
初回生産限定盤 DEBUT ALBUM
『BEST★SCANDAL』
EPIC
2009.10.21 ON SALE!

【初回生産限定盤(CD+DVD)】
ESCL3316~7 / ¥3,500(tax in.)

【通常盤】
ESCL3318 / ¥3,059(tax in.)


【完全生産限定盤】
CD+Surprise Photo Book
ESCL3319~20 / ¥4,500(tax in.)


【ライブ情報】

『ファーストワンマンライブツアー~BEST★TOKYO~』
12/4(金)名古屋CLUB QUATTRO
12/5(土)心斎橋CLUB QUATTRO
12/12(土)渋谷CLUB QUATTRO

オフィシャルサイト
http://www.scandal-4.com/

☆SCANDAL Special Interview☆
「Girl's STYLE Vol.24 SCANDAL」


 

 

集英社「週刊少年ジャンプ」の中で、連載開始から絶大な人気を誇り今年12周年となる「ワンピース」。累計発行部数は1億7000万部超え(コミックス累計発行部数日本NO.1)、コミックスの初版発行部数日本新記録(263万部)を保持するなど、幅広い層に人気を誇る本作だが、今回、映画10作目「ワンピース フィルム ストロングワールド」(境宗久監督、12月12日公開)の主題歌を、Mr.Childrenがアニメ映画としては初めて主題歌を担当することが決まった。

「ルフィの体みたいに好奇心と探究心、そして無邪気さとをグングン、グングン伸ばして出来上がった曲。さらにグングン伸びて映画を観た人、音楽を聴いた人に届くと良いなぁ」桜井和寿(Mr.Children)
とコメントを残し、映画のイメージを強く受け作り上げられた作品だということが伺える。

原作者 尾田栄一郎氏の熱烈なラブコールに、Mr.Childrenも「ワンピース」のファンであったことから実現した今作、アニメ界と音楽界のビッグネームコラボレーション作品に期待が高まる。

楽曲概要
タイトル:fanfare
アーティスト名:Mr.Children
作詞:桜井和寿 作曲:桜井和寿 編曲:小林武史&Mr.Children
着うた:11月16日(月)、着うたフル:12月2日(水)より配信

オフィシャルホームページ
http://www.mrchildren.jp/

the pillows待望のオリジナル・ニュー・アルバム『OOPARTS』が10月26日付のオリコン週間アルバムランキングで7位を記録。
快調な滑り出しを見せると同時にシングルからアルバム、DVDを通しパッケージ6作連続のTOP10入りを果たした。

アニバーサリー・イヤーである2009年はthe pillowsにとってライブとリリースを例年にも増して精力的に行ってきた1年。
衰えを知らない勢いの中、発売されるやいなやオリコンデイリーアルバムランキングの3位に登場、その後も順調に好調をキープし、オリジナル・アルバムの自己最高位記録を更新した作品が“ 時代にそぐわない遺物”という意味である”Out of Place Artifacts”から「OOPARTS」と名づけられたオリジナル・ニュー・アルバムだ。

今作『OOPARTS』は先のヒット・シングル「雨上がりの幻」をはじめ、“ 好きな音を鳴らして、音楽と呼べばいい”(YOUR ORDER)、“ 取って置きのロックンロールを、くたばる前に届けたくて”(Primer Beat)、“ 時を超えて響くだろう、キミの胸に”(Dance with God)、“ 果てしない道を行こう、坂道も凸凹も楽しめるんだ”(メロディー)など、自分たちの音楽を研ぎ澄まし、守り続けてきたthe pillowsだからこそリアリティーを持って伝わってくる10曲が収録されている。

現在、プロモーションで全国を飛び回っているthe pillowsは、息つく間もなく来月11月27日より全国26ヶ所27公演に及ぶ待望の全国ツアー「the pillows OOPARTS TOUR」をスタート。
結成20周年目にして新たな足跡を刻み続けることで「音楽界の奇跡」を体現する「バンドの中のバンド」によるソールド・アウト必至のライブ・ツアー。ステージ・パフォーマンスでキャリアを築き上げてきたthe pillowsは、この冬さらに注目を集めるに違いない。

 

【リリース情報】
New Album
『OOPARTS』
avex
2009.10.14 ON SALE!

【初回盤】CD+DVD
AVCD-23938/B
¥3,300(tax in.)


【通常盤】CDのみ
AVCD-23939
¥3,000(tax in.)




【ライブ情報】

『the pillows OOPARTS TOUR』


2009年
11月27日(金) 水戸・LIGHT HOUSE
11月29日(日) 宇都宮・HEAVEN'S ROCK VJ-2
12月2日(水) 東京・Shibuya O-EAST
12月6日(日) 高崎・club FLEEZ
12月9日(水) 名古屋・CLUB DIAMOND HALL
12月11日(金) 高知・X-pt.
12月13日(日) 広島・CLUB QUATTRO
12月15日(火) 大阪・Zepp Osaka
12月17日(木) 金沢・AZ
12月19日(土) 新潟・LOTS
12月22日(火) 東京・Zepp Tokyo

2010年
1月11日(月) 札幌・Zepp Sapporo
1月13日(水) 青森・Quarter
1月15日(金) 盛岡・CHANGE WAVE
1月17日(日) 仙台・Zepp Sendai
1月20日(水) 東京・SHIBUYA-AX
1月25日(月) 高松・DIME
1月27日(水) 松山・SALON KITTY
1月29日(金) 福岡・Zepp Fukuoka
1月31日(日) 沖縄・Sakurzaka Central
2月2日(火) 岡山・CRAZYMAMA KINGDOM
2月4日(木) 米子・BELIER
2月6日(土) 大阪・Namba Hatch
2月7日(日) 大阪・Namba Hatch
2月11日(木) 長野・CLUB JUNK BOX
2月13日(土) 名古屋・Zepp Nagoya
2月19日(金) 東京・Zepp Tokyo
2月21日(日) 東京・JCB HALL

オフィシャルサイト
http://www.pillows.jp/p/

10月14日に「フレイム」をリリースしたばかりのflumpoolが、早くも新曲「見つめていたい」を11月18日にダウンロードシングルとしてリリースすることが決定した。

「見つめていたい」は10月30日から1月6日までKDDIが実施する「LISMO!で恋するキャンペーン」のタイアップソングとして抜擢され、10月30日から着うた(R)が配信スタートとなる。
なお、flumpoolとしては昨年に引き続き2度目のau「LISMO」CMソング起用となる。
「LISMO!で恋するキャンペーン」では北川悦吏子が原作、岩井俊二がプロデュースする携帯ドラマ「恋ばな~スイカと絆創膏~」をau限定で映像配信され、こちらの主題歌でも「見つめていたい」が使用されることとなる。

10月22日、23日には初の武道館2Days公演を行い、さらに勢いが加速するflumpoolから目が離せない。

 

【リリース情報】

Download Single
「見つめていたい」
au「LISMO」CMソング
2009.11.18 ON SALE

※10/30~着うた(R)、
11/18~着うたフル(R)


オフィシャルサイト
http://www.flumpool.jp

 

日テレ系「傍聴マニア09~裁判長!ここは懲役4年でどうすか~」(木曜・午後11時58分、22日よりスタート)の主題歌をNICO Touches the Walls「かけら ―総べての想いたちへ―」が担当することとなったが、なんとそのジャケットとPVに同ドラマ主演の人気上昇中の俳優・向井理(27)が参加することとなった。

PV撮影では向井とニコの対面も実現し、健闘を誓い合った。向井は実際にバンドを組んだ経験はないそうだが「撮影で歌うために30回くらいこの曲を聴いて練習しました」。
また、同曲を作ったバンドのボーカル・光村龍哉(24)は「『人らしさってなんだろう』なんて電車に乗って人間ウオッチングしたりしながら考えていました」。

同曲のシングルCDジャケットは裁判にちなんで白と黒の2バージョンが制作された。

注目度急上昇のNICOと向井理、共に今後の動きに注目したい。

 

 

 

【リリース情報】

New Single
「かけらー総べての想いたちへー」
レコード会社
KSCL1469
¥1,020(tax in.)
2009.11.4 ON SALE!

収録曲
1.かけらー総べての想いたちへー
2.Aurora(Prelude)

*bonus track
ホログラム live ver. 2009/06/20@日比谷野外大音楽堂収録曲

※「初回出荷限定黒ジャケット」通常出荷は「白ジャケット」となります。
11月25日は「いいニコの日」。1125(いいニコ)キャンペーン第一弾!
「かけらー総べての想いたちへー」購入者限定1125(いいニコ)チャンス!
(A)1125名様をご招待!1125前夜シークレットライヴ!サプライズ発表あり!
11月24日(火)都内某所で開催される『いいニコ前夜』に抽選で1125名様をご招待
(B)全員視聴できる!シークレットライヴストリーミング

詳細はオフィシャルサイトへ
http://www.senha.jp/nico/

GLAY YOSHIKIと奇跡の対談

6月に、第1弾ベストアルバムとして2001年から2009年までの作品に新曲8曲を収録した「THE GREAT VACATION VOL.1~SUPER BEST OF GLAY~」を発売。10月21日に「THE GREAT VACATION VOL.2~SUPER BEST OF GLAY~」は、1994年のデビュー曲「RAIN」から、2000年までに発表した、「HOWEVER」「グロリアス」「Winter,again」等、ミリオンを記録したシングル11曲を含む、数々の大ヒット曲に新曲11曲を収録したベストアルバムをリリースしたGLAY

10月21日、放送のNHK総合「SONGS」では、15周年のこの機に、デビュー時の原点を振り返るべく、デビュー曲「RAIN」を15年振りにテレビで披露。
この曲はTAKUROがアマチュア時代に作詞作曲した「Julia」(ジュリア)という曲が原曲で、当時、ライブハウスで活動をしていたGLAYに、YOSHIKI氏(X JAPAN)が目を掛け、YOSHIKI氏のプロデュースのもと、「RAIN」でメジャーデビューの夢を果たした運命的な楽曲。
演奏楽曲もさる事ながら、ドキュメンタリー部分では、その原点に立ち返り、夢のはじまりの場所・ロサンゼルスにTERU(Vo.)とTAKURO(G)がYOSHIKI氏を訪ね、奇跡の再会、対談が実現。
日本のエンターテイメントにロックバンドとして数々の国民的大ヒット曲を放ち、多くの成功を残してきたGLAY。その物語の始まりを運命づけたYOSHIKI氏との再会は、GLAY史上、ロック史上に新たな歴史を刻んだ。

 



NHK総合「SONGS」
[放送予定]
総合 10月21日(水)午後11:00-11:29
BS2 10月26日(月)午後5:30-5:59(再)
総合 10月27日(火)午後3:15-3:44(再)
演奏楽曲:「BE WITH YOU」/「RAIN」/「HOWEVER」/「GREAT VACATION」

 

 

【リリース情報】

デビュー15周年ベストアルバム
『THE GREAT VACATION VOL.2~SUPER BEST OF GLAY~』


【初回限定盤A】3CD+2DVD DVD:MUSIC VIDEO集
TOCT-26900~2 / ¥6,800(tax in)

『THE GREAT VACATION VOL.2』収録曲より24曲のMUSIC VIDEOを収録。(2枚組/24曲収録)

【初回限定盤B】3CD+2DVD DVD:GLAY 15years BEST LIVE 集
TOCT-26903~5 / ¥6,800(tax in)

1994年デビューから2009年までの15年間に行われたライブより、ファンからのリクエストを元に選曲されたベストライブ映像集。2009年に行われたDVD未発売のライブからも収録。更に副音声にて、メンバーが各々のライブを振り返る“オーディオコメンタリー”を収録。(2枚組/27曲収録)

【通 常 盤】3CD 完全期間限定15th ANNIVERSARY PRICE
TOCT-26906A~8A / ¥3,900(tax in)


【ライブ情報】

全国8ヶ所全14公演のアリーナツアーが決定!!
『GLAY ARENA TOUR 2009 THE GREAT VACATION』

11/21(土)マリンメッセ福岡
11/22(日)マリンメッセ福岡
11/25(水)大阪城ホール
11/26(木)大阪城ホール
11/29(日)サンドーム福井
12/5 (土)アスティとくしま
12/11(金)日本武道館
12/12(土)日本武道館
12/18(金)日本ガイシホール
12/19(土)日本ガイシホール
12/23(水/祝)北海道立総合体育センター きたえーる
12/24(木)北海道立総合体育センター きたえーる
12/30(水)幕張メッセ国際展示場9・10・11ホール
12/31(木)幕張メッセ国際展示場9・10・11ホール

オフィシャルサイト
http://www.glay.co.jp/

レオナ・ルイス
全米・全英を始め世界12ヶ国でNo.1 / 600万枚を超える大ブレイクを果たしたデビュー作に続くニュー・アルバム 『エコー』 日本発売正式決定!
レオナから世界中の女性に贈る究極のハッピー・ソング!
ニュー・シングル 「ハッピー」着うた 発売中

2008年最大の新人として大ブレイクを果たした“20年に1度の奇跡”=レオナ・ルイス。06年、英人気オーディション番組『X-ファクター』において、その5オクターブの声域をもつ類稀なる才能と並々ならぬスター性で英国中を魅了し、圧倒的強さで優勝。翌07年から08年にかけて、シングル「ブリーディング・ラヴ」・アルバム『スピリット』が、イギリスのみならずアメリカや日本を含め世界中で空前の大ヒットを記録。この『スピリット』に続くニュー・アルバム『エコー』の日本発売日が11月25日に正式決定。また、同作からの1stシングル「ハッピー」が現在モバイル・PCで一斉配信中で、11月11日にはCDシングルでも発売する。
「ハッピー」は、レオナ自身のソングライティングによる究極の応援ソングであり、感動的なバラード。既に世界中で好調にオンエアがスタートし、間もなくビデオ・クリップも解禁。アルバム『エコー』には、「ブリーディング・ラヴ」を手がけたライアン・テダー、これまでにバックストリート・ボーイズ、ブリトニー・スピアーズ、ボン・ジョヴィなど数多くの著名アーティストのヒット曲を量産してきたマックス・マーティン、グラミー受賞歴も誇るジョン・シャンクスなどが参加し、ジャスティン・ティンバーレイクやノエル・ギャラガーも楽曲を提供。さらなる成長を遂げたレオナのボーカル/表現力と共に、世界中で大ヒットした前作をも凌ぐ内容。
11月2日はレオナの地元であるイースト・ロンドン/ハックニーにある、1901年にオープンし、かつてチャップリンもパフォーマンスした由緒あるミュージック・ホール「ハックニー・エンパイア」にて全世界向け発売記念イベントを開催し、これまでで最大の約10曲をフル・パフォーマンス。来月下旬に世界中で新作『エコー』を発売し、2010年には初のワールド・ツアーも予定している。

レオナ・ルイスオフィシャルサイト
http://www.sonymusic.co.jp/leonalewis

 

 

【リリース情報】
New Album
『ECHO』
Sony Music Japan International
2009.11.25 ON SALE!
【初回生産限定デラックス盤(CD+DVD)】
SICP-2466-7 / ¥3,360(tax in.)

【通常盤】
SICP-2465 / ¥2,300(tax in.)


『ザ・ビートルズMONO BOX』アンコール・プレス決定!12月16日発売!
現在大ヒット中のザ・ビートルズ最新リマスター作品。中でも発売直後から入手困難となり問い合わせが殺到した「完全初回生産限定盤」の『ザ・ビートルズMONO BOX』がアンコール・プレスされ12月16日に発売されることが分かった。

 

『ザ・ビートルズMONO BOX』は、オリジナル盤モノラル・ミックス・アルバム10タイトルにシングル、EP曲等 オリジナル・アルバム未収録曲を集めた新編成盤モノ・マスターズをセットにしたもので、完全初回生産限定盤ということもあり発売直後からファンが殺到。たちまち入手困難となり、追加生産を望む声が多数寄せられていた。そんなファンのリクエストに応え、一度限りのアンコール・プレスの実施が決定した。また今回アンコール・プレスされる『ザ・ビートルズMONO BOX』は商品の帯の色が白から黒に新たにリニューアルされる予定で、こちらもファンの間では話題となりそうだ。

また12月17日には、一連のザ・ビートルズ作品の大ヒットを記念したイベント「From Me To You ~ビートルズ感謝祭~」の開催が決定。最新リマスターCDが発売された9月9日には12時間のイベント「カウントダウン ザ・ビートルズ 213」が赤坂BLITZで開催され、のべ約3,000人のファンやマスコミが訪れているだけに、今回開催されるイベントも大注目だ。イベント詳細は近日発表の予定。2009年の最後もザ・ビートルズで締めくくろう。

◆ザ・ビートルズ公式ホームページ(PC・携帯)
http://emij.jp/beatles/

 

【リリース情報】
 アンコール・プレス!
『ザ・ビートルズMONO BOX』
EMIミュージック・ジャパン
TOCP-71041 / ¥39,800(tax in.)
2009.12.16 ON SALE!

※品番、価格、商品内容の変更はありません。
※オビのみの変更となります。
①表記を「完全初回生産限定盤」から「アンコール・プレス」に変更します。
②オビの色を白ベースから黒ベースに変更します。

【イベント情報】
「From Me To You ~ビートルズ感謝祭~」
開催決定!
日時:2009年12月17日(木)
会場:赤坂BLITZ詳細は公式ホームページにて近日発表となります。

 

特集:
MEET THE JACKET ART OF BEATLES
-ビートルズのアルバム・ジャケット・アートの魅力-

岩本晃市郎(ストレンジ・デイズ編集長)
×藤本国彦(CDジャーナル編集長)
/?mode=static&html=special54/index

 

 

島田紳助氏の地元・京都の観光人気を復活させたいという思いから、日本テレビ系列「人生が変わる1分間の深イイ話」内でスタートした“平成の新選組プロジェクト”「新選組リアン」。

そして10月14日に発売されたデビューシングル「男道」が早くもオリコンウィークリーチャートで初登場3位を記録した。(10月26日付け)

デビュー当日の世界遺産「東寺」でのイベントをはじめ、全国各地でイベントを開催しデビュー初週だけで全国で20000人を動員するなど、京都発信のイケメン現役大学生ユニット、平成の新選組こと「新選組リアン」に注目が集まっている。


【メンバー構成】
森公平 21歳 大阪国際大学/特技:モノマネ・人間観察
榊原徹士 19歳 京都外国語大学/特技:ストリートバスケット
山口純 19歳 立命館大学/特技:英会話
関義哉 20歳 滋賀大学/特技:ボイスパーカッション
國定拓弥 21歳 大手前大学/特技:トランプ手品

 

 

【リリース情報】
平成の新選組プロジェクト
『男道』
よしもとアール・アンド・シー
YRCN-90076
¥1,260(tax in.)
NOW ON SALE!
 

10月7日にシングル「It's all too much/Never say die」をリリースし、女性シンガーソングライターとしては、松任谷由実、宇多田ヒカルに続くオリコン史上3人目となるシングル3作連続首位を獲得したYUIが、早くも新作に関する発表を行った。

今回の楽曲は、株式会社ベネッセコーポレーション(本社:岡山市)の高校生向け通信講座「進研ゼミ高校講座」の、高校生への応援キャンペーンの一環によるもので、高校生から、自らの将来に向けた「攻めの宣誓」を募集し、それを意識した“高校生への応援ソング”として、2010年1月の完成に向けてYUIが楽曲を手がける。(CD発売日は未定)
完成した楽曲は同1月から放映される「進研ゼミ高校講座」の新CMに使用される。

12月10日(木)までに応募のあった宣誓について、YUIの楽曲制作に反映される予定。
なお、宣誓については、3月12日(金)まで募集し、応募者の中から抽選で3万名に着うた としてプレゼントされる予定。

詳細は「攻める宣誓キャンペーンサイト」をチェック
webサイト :http://www.benesse.co.jp/zemi/seme/
モバイルサイト: http://www.jadm.jp/seme/index.php

 

YUIのコメント


みなさんと一緒に初心を忘れない。

そんな歌にしたいと思います。

誰でも辛くて苦しくて

諦めそうになる時はあると思います。

そういう気持ちを受け止めながら

進んで来ました。

心から、応援しています。

一緒に、進んでいきましょう!

吉田拓郎ライブアルバム発売

吉田拓郎が今年7月4日に東京国際フォーラムA公演で行ったライブが11月11日にCDとして発売される。

今年6月から”最後の全国ツアー”と称して全国ツアーを行ったものの、ツアー途中の7月8日、グランキューブ大阪でのリハーサル中に体調不良を訴え公演中止を決定。さらに、その後再開が期待された伝説の”つま恋”の7月25日公演でも、「慢性気管支炎」が完治に至っておらず、自宅療養が必要とされ中止、その後に追加されていたNHKホールの8月3日公演も相次ぐ体調不良により、中止することを余儀なくされた。

結果的に今ツアーの最終公演となってしまった7月4日の東京国際フォーラムA公演でのライブ音源が、11月11日にCDとして発売されることが決定した。それに先駆け、昨夜放送されたニッポン放送の「吉田拓郎のオールナイト・ニッポンGOLD」では、本人が出演し、今回のツアーに込めた思いや現在の心境などを語りながら、その最終公演のライブ音源がオンエアされた。

<吉田拓郎Q&A>

・特典DVDに収録されている2曲を選曲された理由は?
 今季のツアーが順調であれば「つま恋ライブ」だけ特別に「この2曲」を追加する予定でした。

・レコーディングその他制作業務には立ち会われたのでしょうか?
 今回のライブCDについては「全行程に」たずさわりました。

・体調はいかがでしょうか?
 ツアー中止を決定した当時からすれば、考えられないほど回復しました。現在は元気だった時と変わらない日常を送っています。

・外出とかはされてますか?
 ツアー中止で「思いのほか、騒ぎが大きくなり」当初は気分的にも外へは「出にくい」状況が続いていましたが、この頃は妻と良く出かけます。

・今回のリリースに関してのコメントや思いは?
  「東京フォーラムのライブ音が収録してある」と言う事をエイベックス社から知らされて(僕は知りませんでした)ためしに聴いているうちに、「もしオープニングからアンコールまでMCさえも一切をカットしない!」のであれば「これは是非ファンの方々にも届けたい楽しい一夜の夢だ」と思い発売を決めました。おまけにツアーでやっていたオープニング前のサプライズライブまで収録されています。コンサート会場では、こういう風にして時間が流れていくのだ!と言う2時間半あまりを楽しんで欲しいです。

■イベント情報(※本人の稼働はございません)
ブルボンPresents TAKURO YOSHIDA ARTIST GALLERY TAKURONICLE1970
-Just now (40年の秘蔵・伝説写真展示、映像、衣装展示、CD&グッズ販売)
11/23(月祝)~12/13(日) FM FUKUOKA GAYA(イムズ8F)
12/17(木)~12/27(日) そごう広島店
1/2(土)~1/11(月祝) 西武百貨店 池袋店
1/13(水)~1/19(火) 松坂屋 名古屋本店
4/1(木)~4/7(水) 東急百貨店 札幌店
(問)TYインフォメーション 
http://www.ty-information.com/

■吉田拓郎オフィシャルHP
http://www.avexnet.or.jp/takuro/

【リリース情報】

CD3枚+DVD
『18時開演~TAKURO YOSHIDA LIVE at TOKYO INTERNATIONAL FORUM
エイベックス
11.11 ON SALE!
AVCD-23990~2/B
¥5,250(tax in.)




10月5日付オリコン週間シングル・ランキングにて10位を記録、約15年振りのリバイバル・ヒットとなった「今夜はブギー・バック」。日産自動車 新型「キューブ」の新テレビCM をきっかけにTOKYO No.1 SOUL SET+HALCALI(トーキョー・ナンバー・ワン・ソウル・セット・プラス・ハルカリ)で甦った。その名曲が、さらなるロング・ヒットの兆しを見せている。

CD発売に先駆けスタートした同曲のモバイル配信では、レコチョク週間ランキングにおいて着うたⓇが初登場6位、着うたフルⓇが初登場4位をそれぞれマーク。さらにPC配信においてもiTunes Storeトップチャートにて、9月24日~29日にかけて、連日1位を獲得するなど各チャートを席捲したことは記憶に新しいが、CDリリース以降もそのイキオイは留まらず、着うたⓇでは20万DL、着うたフルⓇは10万DL、PC配信でも5万DLをそれぞれ突破。それに伴いTV地上波の大型音楽番組への出演も続々決定している。

そして次にブームの兆しが見られるのがHALCALIによる最高にカワイイ振り付けだ。残念ながら今まではショートverと、テレビ出演時の動画しか見ることが出来なかったが、10/16(金)より遂に振り付け全編が見れるライブ映像(@LIQUIDROOM 5TH ANNIVERSARY)がYouTube内エイベックス・チャンネル上で公開される。

既にYouTube上に公開されている関連動画が65万PVを突破、ブログでも「振り付け最高にカワイイ」「覚えたい!」等のコメントが多数寄せられており、この振り付けが話題になることは間違いなさそう。

TOKYO No.1 SOUL SETオフィシャルサイト
http://www.t1ss.net/
HALCALIオフィシャルサイト 
http://www.halcali.com/
■YouTube avex channel 
http://www.youtube.com/user/avexnetwork
■ 日産自動車「キューブ」オフィシャルサイト
 (WEB限定60秒CM公開中) 
http://www2.nissan.co.jp/CUBE/

【リリース情報】

日産自動車 新型「キューブ」テレビCM曲
『今夜はブギー・バック』
ティアブリッジ
ON SALE!
NFCD-27169
¥1,050(tax in.)




東京事変2009始動!!

 

昨年夏のライジング・サン・ロック・フェス出演や自ら主催するライブ・イベントの開催など、以降、沈黙を保っていた東京事変が遂に4枚目となるアルバム制作の新プロダクツをスタート。
前作では各メンバーが楽曲を持ち寄り、椎名林檎は作詞と歌唱に徹するという大胆なシステムチェンジを行い、驚きと共に新たな熱い支持を得た彼らは、昨年から今年に掛け、椎名林檎10周年&ソロ・リリース展開やメンバー各々も精力的なソロ活動を展開するなど、約2年のインターバルを経て、集結。
そして、その新プロダクツから、約2年ぶりとなる東京事変のニュー・シングル『能動的三分間』が12月2日にリリースされる。

そして、2年ぶりとなる年末恒例のロック・フェス「COUNTDOWN JAPAN 09/10」(2009.12.28-31@幕張メッセ国際展示場)の出演が決定した。
東京事変の出演は12月30日(水)。
新曲リリース、ニューアルバム制作中の彼らをいち早く生で体感できるロック・フェス出演になる。

さらに、来春には全国ツアーを敢行することも決定。
ツアー詳細は下記オフィシャル・サイトにて10月23日12:00~公開予定。
オフィシャルサイトを要チェック!

 

【リリース情報】

New Singele
「能動的三分間」

2009.12.2 ON SALE
TOCT-40280 / ¥1,000(tax in) 

※初回生産分のみ「2010年 東京事変 全国ツアー」チケット先行抽選予約案内封入

【ライブ情報】

『COUNTDOWN JAPAN09/10』
2009年12月28日(月)・29日(火)・30日(水)・31日(木)
会場:幕張メッセ国際展示場1~8ホール、イベントホール
※東京事変の出演は、12月30日(水)のみ
CDJオフィシャルサイト
http://www.rijfes.co.jp/countdownjapan/


黒猫堂オフィシャルサイト[SR猫柳本線]
http://www.kronekodow.com

東京事変オフィシャルサイト
http://www.tokyojihen.com

テクノという音楽ジャンルの発展に絶大な影響を与え、今なお日本及び世界中のアーティストやファンから支持され続けているドイツのエレクトロ・グループ、クラフトワーク。今年2009年、遂に彼らのアルバムが生まれ変わって新登場する!最新デジタル・リマスタリングを施され、11月4日に一斉発売されるのだ!!クラフトワークの作品がデジタル・リマスターされるのは今回が初めてで、更にこのリリースに合わせて、ジャケットのデザインも一新される。

今回新登場するのは、1974年の『アウトバーン』から2003年の『ツール・ド・フランス』までの全8タイトル。どれもが歴史に残る名作ばかりだ。

1974年に発売された『アウトバーン』は、アメリカのアルバム・チャートにランクイン、“エレクトリック・サウンド”を初めて世界的にヒットさせた記念碑的なアルバムだ。その後、1975年にリリースされた『放射能』、1977年の『ヨーロッパ特急』は、一つのテーマで統一されたコンセプト・アルバム。次いで1978年に発売された『人間解体』では、シングル・カットされた「ザ・モデル」がドイツのバンドとしては史上初のイギリス・シングル・チャート1位に輝いている。そして1981年発売の『コンピューター・ワールド』では現在を見越したかのように、コンピューター社会をテーマとした内容になっている。

更に、1986年発売の『テクノ・ポップ』。これは’86年の発売当時は『エレクトリック・カフェ』と呼ばれていたアルバムだ。それと、1991年発売の『THE MIX』、こちらはそれまで発売されたアルバムの中からセレクトされた11曲を新しいアレンジで1991年に再録音した作品。そして、2003年にツール・ド・フランス100年を記念して制作された『ツール・ド・フランス』。これら全8タイトルが11月4日に一斉発売される。価格は各2,500円(税込)。また、12月16日には、これら8タイトルが1つに収録された『ザ・カタログ(ボックス・セット)』も発売。こちらは20,000円(税込)で発売される。
初のデジタル・リマスターで生まれ変わったクラフトワークの名作の数々。全ての音楽ファンは要チェックだ。

【リリース情報】
初のリマスター盤全8タイトル
11月4日発売 税込み各2,500円

【発売作品(カッコ内はオリジナルの発売年)】
1.アウトバーン(1974)


2.放射能(1975)


3.ヨーロッパ特急(1977)


4.人間解体(1978)


5.コンピューター・ワールド(1981)


6.テクノ・ポップ(1986)


7.THE MIX(1991)


8.ツール・ド・フランス(2003)


上記8タイトルが1つに収録された『ザ・カタログ(ボックス・セット)』も
12月16日発売(税込20,000円。)

クラフトワークのリリースに関する詳細はこちら
http://emij.jp/kraftwerk/

 

ニューアルバム「THIS IS US」が大ヒットを飛ばし、つい先日も、来年2月に計8万人を動員する来日公演も発表したバックストリート・ボーイズ。常に話題に絶えないBSBが、またしても特大ニュースを発表した。メンバー、AJの初のソロ・アルバムがエイベックスよりリリースされるのだ。

それに合わせて、エイベックスによるオフィシャルサイトもオープン。アルバム発売日は2010年1月27日を予定しており、日本先行発売とのこと。サイトにはAJ本人による動画コメントのほか、応援メッセージを送ることができるコンテンツを用意している。BSBとしてのヨーロッパ・ツアーが開始間近という忙しい日程の合間を縫って、レコーディングが行われているとのこと。

アルバムの詳細が未定だが、関係者いわく「BSBに比べ、AJ自身のパーソナルな面を打ち出したものになる」とのこと。AJのソロ活動については、2008年9月に東京、大阪、名古屋でソロ来日公演を行う予定だったが、アーティスト側の都合で延期となってしまったこともあり、まさにファン待望の作品といえる。

■AJオフィシャルサイト
http://avexnet.or.jp/aj/

Prague(プラハ)が12月9日に「銀魂」新オープニングテーマ曲をリリース!


注目の新人バンド、Prague(プラハ)が、現在オンエア中のテレビ東京系アニメ「銀魂」の新オープニングテーマ「Light Infection」を12月9日にリリースすることがわかった。

 

 


デビューシングル「Slow Down」から一転、荒々しいサウンドを奏でるセカンドシングル「Light Infection」。既にオンエアされているオープニングをドラマチックに盛り上げ、視聴者からの大きな反響を受けている。「銀魂」と言えば、過去にも勢いのあるロックバンドが名前を連ね、大ヒットを記録しているだけに会心の一撃になりそうだ。初回生産限定盤には「Light Infection 」Music Clip付。初回生産限定盤、通常盤初回仕様にはテレビアニメ「銀魂」特製アナザージャケット付。
そして、本日、10/14(水)より各配信サイトにて着うた(R)「銀魂サビver.」含む4ヴァージョンを配信スタートする。

 

【リリース情報】

「銀魂」新オープニングテーマ曲
「Light Infection 」
2009.12.9 ON SALE!
Ki/oon Records
【初回盤】
KSCL-1516~1517
¥1,300(tax in.)

【初回生産限定盤、通常盤初回仕様】
KSCL-1516~1517
¥1,020(tax in.)
テレビアニメ「銀魂」特製アナザージャケット付き

<収録曲>
1. Light Infection
※テレビ東京系アニメ「銀魂」オープニングテーマ
2. 枕風

CMでオンエアーされ話題となっている「Everybody」を歌う、シンガーソングライターのJAY’EDがシングルリリースを記念して、発売日の10月14日にHMV渋谷店にてインストアライブを行った。

新曲「Everybody」は新人ブレイクの登竜門とされるCM「au by KDDI」のCMタイアップソングとして8月30日より大量オンエアーされ、またCMのオンエアーと共にスタートした着うた(R)配信で連日4桁のDL数を記録(9/30付けマンスリー12位、デイリー最高7位)するなど各方面のチャートで好順位を記録中。

 

 そんな話題沸騰中のJAY’EDのニューシングル「Everybody」発売を記念して行われたインストアライブでは、着うたチャート・iTunesチャートでヒット中の「ずっと一緒」と新曲「Everybody」を披露すると、「今日はCDの発売日でスペシャルな日なので、インディーズ時代からとてもお世話になっているスペシャルなゲストに来ていただいています、DJ KAORI!」とJAY’EDの紹介と共に会場から歓声が大きく上がり、以前より「彼の時代が来る」と公言し何度もJAY’EDとのコラボレーションをしているDJ KAORIが登場し、「Everybody、とてもいい曲だからみんな、応援して!」とコメントし「You’re The Only One」(10月28日発売 JAY’ED 1st ALBUM『MUSICATION』に収録)を披露した。

そして更に司会者から「今日はスペシャルな日ということで、もう一人スペシャルゲストに来ていただきました、映画の主題歌でも共演したJUJUさんです!」という紹介と共に会場には再び歓声が広がり、JUJUが登場。 JAY’EDにCD発売おめでとうと、花束を渡し、「(Everybodyは)すごい好きな曲です、いい曲なので、ここにいる皆さんはイベントが終わったら友人5人にこの曲のよさをメールで伝えてくださいね」とコメントし、JAY’EDからの「せっかくなので、一緒に『明日がくるなら』を歌っていただけますか?」との問いに「JAY’EDのお願いであれば喜んで」とJUJU。
途中機材のトラブルなどもあったが、「今年この歌を歌わせていただけて、光栄に思っていますと」JAY’EDのコメントと共に、大ヒット中のシングル「明日がくるなら」を2人で披露した。

イベントの最後にはCDを購入しイベントに参加した約300人のファンと共に写真撮影をし、握手会を開催、最後の一人まで丁寧に握手をして、「今日は本当に集まっていただいて、ありがとうございました、これからアルバムも出ますし、ツアーもありますので是非またきてください」とイベントを締めくくった。
ミュージシャンズ・ミュージシャンとして多くのアーティストから絶大な信頼と客演のオファーをもらい続けるJAY’ED。
まだ10月28日に1stアルバムのリリースと初のワンマンツアーを控えているので、是非一度彼の歌声に振れてみて欲しい。

演奏曲
1.ずっと一緒
2.Everybody
3.You’re The Only One (DJ KAORI with JAY’ED)
4.明日がくるなら(JUJU with JAY’ED)

 

【リリース情報】
New Single
「Everybody」

2009.10.14 ON SALE
TOY'S FACTORY
TFCC-89287 / ¥1,000(tax in)








New Album
「MUSICATION」

2009.10.28 ON SALE
TOY'S FACTORY
TFCC-86311 / ¥3,000(tax in)








【ライブ情報】

「JAY’ED 1st TOUR 2009 “MUSICATION”」
11/2(月)心斎橋CLUB QUATTRO ※SOLD OUT
11/3(火)名古屋CLUB QUATTRO
11/6(金)渋谷CLUB QUATTRO ※SOLD OUT

追加公演
11/11(水)心斎橋CLUB QUATTRO
11/13 (金)渋谷Duo Music Exchange

オフィシャルサイト
htttp://www.jayed.jp

Manami 世界23カ国同時配信デビュー記者発表
でデビュー曲を生歌初披露!!

先日、世界的な音楽プロデューサーであるPharrell WilliamsとA BATHING APE®のプロデューサーであり、自身もアーティストとして活躍するNIGO®の最強タッグによって世界23カ国同時配信デビューが発表されたばかりの、シンガーManami(=マナミ、23歳)が、翌日に日本のみデビュー曲のフリーダウンロードの実施を控えた、10月13日にApple Store 銀座にて記者発表を行い、デビュー曲「Back Of My Mind」をこの日限りのアコースティックバージョンで初披露された。
   
2008年にNIGO®(=ニゴー/A BATHING APE®プロデューサー)が、盟友であり全米No.1 音楽プロデューサーであるPharrell Williams(=ファレル・ウイリアムス/ The Neptunes)の発案に意気投合し、『日本、アジア、そして世界で活躍できるDIVA・歌姫』を基準にした女性HIPHOP/R&B アーティスト・オーディション「STAR BAPE® SEARCH( スター・ベイプ・サーチ)」 を開催した。そのオーディションには日本のみならず世界中から約2000人の応募が殺到。そして同年8月13日に代官山UNIT にて行われた「STAR BAPE®SEARCH FINAL STAGE」の舞台で、Pharrell、NIGO®ら立会いのもと、栄光のWINNER に輝いたのがManamiです。NIGO®とPharrell Williams (The Neptunes)によるトータルプロデュースのシンガーはアジア初、そしてオーディションを主催して見出したシンガーとしては世界初となる。

記者発表では、J-WAVEのラジオDJとしておなじみの“DJ TARO”が司会を務め、LAでのレコーディング風景とともにデビュー曲「Back Of My Mind(Produced by The Neptunes)」の初試聴が行われ、Pharellや現地のスタッフとの制作をリラックスした様子で作業する様子が映し出された。またプロデューサーの一人であるNIGO®氏も登場し、Manamiの魅力について語った。
そして、この日限りのアコースティックバージョンとして、キーボードの演奏のみでデビュー曲が披露されたが、曲はもちろんのこと、彼女の声の心地よさがよりわかり易く伝わり、NIGO®氏やPharrellが彼女をオーディションで選んだ理由が納得できるパフォーマンスを披露。

10月21日の世界同時配信デビューに先駆け、10月14日より日本のみiTunesの今週のシングルからフリーダウンロードが実施されるので、是非一度、これから世界を唸らせるであろう歌声と曲をチェックしてみて欲しい。


<リリース情報>  
10/14~20 「Back Of My Mind(Produced by The Neptunes) 」
日本のみiTunesで今週のシングルからフリーダウンロード
10/21 「Back Of My Mind(Produced by The Neptunes) 」、
「Back Of My Mind-Japanese ver.-(Produced by The Neptunes) 」を世界23カ国同時配信デビュー

※23カ国:アイルランド/アメリカ/イギリス/イタリア/オーストリア/オーストラリア/オランダ/カナダ/ギリシャ/スイス/スウェーデン/スペイン/デンマーク/ドイツ/ニュージーランド/ノルウェー/フランス/フィンランド/ベルギー/ポルトガル/メキシコ/ルクセンブルグ/日本

SPEED,6年ぶりの全国ツアー、日本武道館で最高のパフォーマンスを披露!!!

 

SPEED(島袋寛子、今井絵理子、上原多香子、新垣仁絵)が9月5日の名古屋市総合体育館日本ガイシホールを皮切りに「FamilyMart presents SPEED LIVE 2009 --Welcome to SPEEDLAND-」として、2003年以来6年ぶりの全国ツアーをスタートさせ、10月13・14日の2Days日本武道館にて開催、アンコール含め全26曲を熱唱した。
会場には多くののファンが集まり、ライブでの久しぶりの再会と、SPEEDの生のボーカル、演出、ダンス、MCなどに酔いしれていた。メンバー全員、会場にいるファンに向けて感謝の言葉を何度もを述べていた。

1996年8月5日「Body&Soul」で鮮烈なデビューを飾りミリオンヒットを連発、2年連続史上最年少全国4大ドーム公演を成し遂げるなど、不動の地位を築き、昨年の夏に本格的に活動をスタートさせ、新曲「あしたの空」(2008/11/12発売)、第2弾シングル「S.P.D.」(2009/05/27発売)を発表。最新シングル「S.P.D.」では初の海外作曲家陣を迎え、また斬新的なサウンド、スタイル、ダンスなど取り入れ、「SPEED」というブランドの振り幅と、より一層のレベルアップを図りつつも、あえて1996年のデビュー日である8月5日にベストRe Trackアルバム「SPEEDLAND」-The Premium Best Re Tracks-を発売。SPEEDの真骨頂楽曲の数々に今だからこそ表現できる世界観を演出した作品を発表している。それを持っての全国ツアー、今後は10月17日(土)、18日(日)鹿児島市民文化ホール第1、10月25日(日)新潟県民会館、11月1日(日)金沢歌劇座にて開催する。また11月18日には今回の全国ツアーの模様やオフショット等を撮影した写真集「SPEED welcome to SPEEDLAND」が発売される予定。12月末にはライブ全編を収録したDVDも発売予定である。

また今後、更なるSPEEDの活躍が期待される。


SPEED OFFICIAL WEB SITE
http://www.avexnet.or.jp/speed

11月11日にノラ・ジョーンズの4作目のニュー・アルバム『ザ・フォール』がリリースされる。2年10ヶ月ぶりとなる待望の新作リリースにさきがけ、EMIミュージック・ジャパンのノラ・ジョーンズ日本公式サイトでは、「ノラTV」がスタートした。

ノラの最新映像をお届けするこの「ノラTV」(http://emij.jp/norah/)、第1回目では新しい制作メンバーについて語っている。 今作のプロデューサー、ジャクワイア・キングに関しては、「彼はすごく気のおけない感じで、素晴らしかったわ。しかも、いいアイディアをいっぱい持ち合わせいて。そしてとても興味深い人たちをいっぱい連れてきてくれた。第一に、彼はエンジニアなの。すばらしいエンジニアよ。 サウンド的に、レコーディングとかミキシングが、まったく違った視点からのものだった」と絶賛。

先週末公開の第2回目は、先月末に収録したばかりの「チェイシング・パイレーツ」のプロモーション・ビデオ予告映像が登場。ビデオ本編はまだ編集中だが、その内容は海賊に扮したノラが、マンハッタンの街中を船になったビルの舵を取って進む…、というものらしい。

ノラの近況を一つ。今作『ザ・フォール』のジャケットでは、犬と一緒のノラの写真が使われているが、実はノラ、ずっと念願だった犬をようやく飼い始めたらしい。今作アルバムを作る前のオフの間は、犬の世話で忙しかったという。「去年犬を飼いはじめたんだけど、まだ、子犬だったからトレーニングしたり、結構大変だったの。子犬のケアは時間がかかるものだった。楽しかったし、いい子なのよ」とのこと。
しかしながらジャケットに写っているセント・バーナードはノラの愛犬ではなく、カメラマンのオータム・デ・ワイルドが連れてきた犬の中の1匹という。

撮影のときは実はたくさんの犬が連れてこられていたらしく、シングルのジャケットや、アルバムの中の別写真では、いろんな種類の犬たちに囲まれているノラの姿を見ることが出来る。

■ノラ・ジョーンズ日本版公式サイト
http://emij.jp/norah

【リリース情報】

4作目となるニュー・アルバム
『ザ・フォール』
EMI
11.11 ON SALE!
TOCP-70830
¥2,300(tax in.)




鈴木雅之デビュー30周年を記念して
2010年2月25日シャネルズ・ラッツ&スター超限定!
初のBOX発売決定!!

 

1980年からシャネルズ・ラッツ&スターとして活動をし、その後、ソロアーティストとしてラヴソングを歌い続けて四半世紀、まさにワン&オンリーの存在=ヴォーカリスト鈴木雅之。30周年を記念して2010年2月25日(木)、超限定!初のシャネルズ・ラッツ&スターのBOX発売。現在では入手困難なレアトラックから、超レア特典などファンならずとも垂涎の超限定BOXだ!!

 

【リリース情報】
nowprinting.jpg 完全生産限定盤
『The Complete
~ History of RATS & STAR ~』

EPICレコードジャパン
ESCL3500~3512
¥35,000(tax in.)
2010.2.25 ON SALE!


シャネルズとラッツ&スターのオリジナルアルバム計9枚(12cm復刻紙ジャケット)とシングルB面集、レアトラックス、ビデオクリップ集+レア映像を収録した、CD11枚+DVD1枚収録。特典としてオリジナル“衣装プリントTシャツ”、豪華スペシャルブックレット付き。



【MUSICSHELF】鈴木雅之のプレイリストはこちら

/playlist/790966

レディー・ガガが、ニュー・アルバム『ザ・モンスター』を発売!


いまや世界のトップ・スターとなったレディー・ガガが早くもNEWアルバムを完成! 今年5月にリリースしたデビュー・アルバム『ザ・フェイム』はここ日本でも25万枚を越える大ヒットを記録。そんなレディー・ガガがニュー・アルバムをリリース! 11月18日発売の『ザ・モンスター』は新曲8曲を収録したニュー・アルバムになんと『ザ・フェイム』が付いて2枚組みで2,500円(税込)というお買い得で登場。


このアルバムについてレディー・ガガからコメントが到着。

「本作では『ザ・フェイム』では書かなかったようなことを取り上げたわ。2年も世界中を旅して回った結果、いくつもの内なる魔物に会ったの。それら"セックス"、"アルコール"、"愛"、"死"、そして"孤独"という魔物たちへの恐れが、それぞれの曲に反映されている。私は長い間、東ヨーロッパに滞在していた。だから、ポップにインダストリアル/ゴス・ビートを合わせる実験的な作品になっている。'90年代のダンス・メロディ、'80年代のメランコリック・ポップの素晴らしい歌詞も意識したわ。また、アルバムには自分の父親について書いた「スピーチレス」というバラードがあって、自分の作品の中で最も好きな曲。今回はすべての曲を、ツアー中に書いたの。だから、お金に関する曲や、名声に関する曲はないわ。すべての曲を、私のファンのために書いたのよ。」

 

【リリース情報】
ザ・モンスター』
ユニバーサル インターナショナル
UICS-9113/4
¥2,500(tax in.)
2009.11.18 日本先行発売!

 

 

BENNIE Kが新プロジェクト「BK Project」の名のもとに20歳の実力派米人女性ヴォーカリスト・BECCA(ベッカ)を新たに迎え、11月4日に1stシングル「Dreamer」をリリースすることを発表したBENNIE BECCA

『Walk This Way』(RUN DMC+エアロスミス)へのオマージュを重ねた新ビジュアルの公開に続き、初のミュージックビデオが完成!CICOとBECCAはもちろん、プロデューサーに専念することを発表したYUKI a.k.a Jolly Rogerも覆面出演している。
このミュージックビデオは、オフィシャルMySpaceYouTubeにて公開される。
また、14日(水)より、レコチョクにて着うた(R)が独占先行配信を開始しているのでこちらもチェックして欲しい。

 

【リリース情報】
1st Single
『Dreamer』
2009.11.4 ON SALE!
FOR LIFE
【初回生産限定盤(CD+DVD)】
FLCF-4301 / ¥1,200(tax in)

【通常盤 (CD+DVD)】
FLCF-4302 / \1,500(tax in)

収録曲
1. Dreamer 
2. So Bad
3. Dreamer (80kidz remix)
DVD:「Dreamer」Music Video収録
封入特典:オリジナルスペシャルステッカー

※収録内容は初回限定盤・通常盤ともに同じです。
※初回生産限定盤のみスペシャル価格!



BENNIE BECCA Official Web Site
http://www.bennie-becca.jp/

QUEEN自らが選曲したオール・タイム・ベスト発売が決定!

日本でも絶大な人気を誇るスーパー・ロックバンド、QUEENのデビュー以来初となる1CDベスト・アルバム『伝説のチャンピオン ~アブソリュート・グレイテスト~』が11月11日に発売になることが分かった。

73年のデビュー以来世界統一のQUEENベスト・アルバムは年代順に編集された『グレイテスト・ヒッツ』『グレイテスト・ヒッツII』『グレイテスト・ヒッツIII』の3枚とされ世界中で驚異的な売上げを記録。この最新ベスト・アルバムはそれらのヒット曲の中から更に20の名曲をQUEEN自らが厳選した究極のベスト・アルバム。伝説のヴォーカリスト、フレディ・マーキュリーが他界した後も世代を超えて世界中で愛され続けるQUEEN。その理由がこの1枚にぎっしりと詰まっている。

また、昨年7月に上映され大反響を呼んだ「Queen Rock Montreal cine sound Ver.」がファンの熱い要望により11月23日より新宿バルト9、梅田ブルク7ほかで再上映されることが決定。さらに11月24日(フレディ・マーキュリー命日)には、ベスト盤発売記念として“伝説のチャンピオン スペシャル・メモリアル・イベント”も実施されることが決定した。

「Queen Rock Montreal」ライブ映像は、Queenの1981年カナダモントリオールでのライブを35mmフィルムで中継撮影が行なわれたものだったが、幸運にも原版フィルムが保存されており、それをギターで工学知識のあるブライアン・メイが最先端のデジタル技術者達を先導してフィルムの映像と音声を丁寧にデジタルリマスタリングして完成させて脅威の映像と音響が甦った。昨年7月の上映終了後にも長く寄せられた“再上映リクエストの要望に応え、今回の異例づくめの再上映が決定。シネコンの最高音響システムで楽しみたいという音楽ファンからの要望で始まった、cine sound ver.(シネサウンド・バージョン)での上映となる。

◆QUEEN日本公式サイト(PC・携帯)
http://emij.jp/queen/

 

【リリース情報】
QUEEN ABSOLUTE GREATEST
『伝説のチャンピオン ~アブソリュート・グレイテスト』
EMIミュージック・ジャパン
TOCP-70810 / ¥1,980(tax in.)
※初回限定スペシャルプライス
2009.11.11 ON SALE!(日本先行発売)




加藤和彦、逝去

加藤和彦が10月17日午前、長野県軽井沢町のホテルで首をつって亡くなっているのが発見された。部屋にはパソコンで打った遺書のようなメモがあり、遺体の状態などから軽井沢署は自殺と見ている。死因は窒息死。

長野県警軽井沢署によると、ホテルから午前8時30分ごろ「客室にいるはずの男性と連絡がとれない」と通報があり、署員とホテル従業員が部屋に入ると、浴室内で首をつって死亡している加藤さんをみつけた。

関係者によると、加藤さんは最近、仕事に行き詰まりを感じていたようで「死にたい」などと周囲にもらしていたという。16日から連絡が取れない状態になり、心配した知人が、各所に連絡していた。部屋からは、関係者に宛(あ)てた遺書らしきメモが見つかっている。

加藤和彦は1947年京都府生まれ。1960年代よりザ・フォーク・クルセダーズで活動し「帰って来たヨッパライ」などのヒット曲を発表。その1年の活動の後、ソロ活動を経て、1972年にはサディスティック・ミカ・バンドを結成し、海外へ進出。その後も、数多くのアーティストへの楽曲提供やプロデュースなど、多岐にわたる活動で音楽シーンのみならず各方面に多大な影響を与えた。

今年は、小原礼、土屋昌巳、屋敷豪太とのバンド・VITAMIN-Q、坂崎幸之助とのユニット・和幸として音楽活動を行い、公演も行っていた。

享年62。数々の功敬意を表すとともに、謹んでご冥福をお祈りいたします。

■MUSICSHELF INTERVIEW
SMB再結成で改めて気づいたロック・マインドとブリティッシュ・スタイル
/?mode=static&html=special39/index
■加藤和彦 PLAY LIST
あの素晴らしい音楽をもう一度
/playlist/751957

1993年に始まった、エイズ知識についての啓発活動を行っているAAA。開始よりさまざまな形でこの活動に携わってきている桑田佳祐が、今年も11/30、12/1、12/2の三日間にわたって、パシフィコ横浜でAAAコンサートを開催する。

スタンダード・ジャズ、エリック・クラプトン、ビートルズ、ブリティッシュ・ロック、アメリカンポップ・ロックミュージックから昨年の「ひとり紅白歌合戦」に至るまで、毎年趣向を凝らした企画と最高のエンタテイメントを通して、継続的にAIDSの啓発活動に取り組んできた桑田佳祐。近年はこのAAAコンサートのテーマがどんなものになるかということ自体も音楽ファンや関係者らの間での年末の関心事になってきている。

そんな中、今年は「映画音楽」に挑戦する。映画といえば、音楽と並んで、ポップカルチャーを代表するエンタテイメントのジャンルのひとつ。名画といわれる作品には、必ずと言っていいほどすばらしい音楽が流れ、映像と相俟って人々の感動を呼び起こすもの。そんなスクリーンを彩るすばらしい映画音楽の数々の中から、厳選された選曲で今年のAAAコンサートは繰り広げられる。現在選曲の作業を始めているところだが、邦画からは『蒲田行進曲』、洋画からは『慕情』などが候補として上がっているという。桑田本人も、普段からさまざまな映画を見ていることもあり、洋邦問わず、あらゆる時代、ジャンルの作品が含まれてくるのではないかと予想される。時代を超えた国際映画祭のような趣となるに違いない。

また舞台演出のクォリティの高さにも定評があるAAAコンサート、映画音楽がテーマである今年は、より一層ドラマチックな演出が施されることが予想される。

【イベント概要】
桑田佳祐Act Against AIDS 2009 
映画音楽寅さん  
チャラン・ポランスキー 監督・脚本・主演「男はしたいよ」
日時:
11月30日(月) open 18:00 start 19:00
12月1 日(火)  open 18:00 start 19:00
12月2日(水) open 18:00 start 19:00  
※12月2日の模様がWOWOWにて生中継されます。
会場:
パシフィコ横浜 国立大ホール
問)キョードー横浜 045-671-9911  
http://www.kyodoyokohama.com

【AAAの趣旨、今までの活動】
AAA(Act Against AIDS)は日本の音楽業界やTVゲーム業界など、エンターテインメントに関わる方々より支援を受け、1993年より、エイズ知識の啓発活動を行っているNGOで活動17年目を迎えた。多くのアーティスト、俳優から小・中・高校生や大学生の参加のもと、学校や保健所などとの相互協力の輪を広げ、活動は全国規模となり、また、海外の感染児支援等も継続して行っている。日本のエイズは、残念ながら年間報告の新規感染者、患者数が毎年過去最高を更新し続けており、昨年も1,500件を超しています。特に、感染の低年齢化、発症して気づく30~40代、(特に男性)の増加などの傾向は変わっておらず、日本のエイズは危機的状況にあり、啓発活動の重要性がますます高まっています。日本全体、そして生活圏においてのエイズの現状を病気の特徴、治療の現状とともに正確に伝えて行くこと。この使命を、AAAは日本で最大の啓発活動として進めています。12月1日の世界エイズデーには、東京、名古屋、大阪など全国でアーティストのボランティア参加による「AAAコンサート」が毎年開催され、ステージからエイズへの関心喚起を訴えています。コンサートの収益は、感染者、患者への支援に役立てられているほか、啓発パンフレットやパネルとなり、全国各地の中学校、高校、保健所でエイズ教育や、地域イベントに毎年活用されています。
■APIネット検索のデータ
http://api-net.jfap.or.jp

話題のBeeTVにアントニオ猪木の番組が登場

今年5月に開局したエイベックス通信放送(株)が運営する携帯電話専門放送局 BeeTV(ビーティービー)。
ドラマ、音楽、お笑い、アニメ、教育系など、地上波並みの豊富な番組を取り揃え、最近では安室奈美恵やマドンナライブ映像独占配信でも話題となっている。
これまでの携帯動画配信とはちょっと訳が違うぞと当編集部でも動向を注目していましたが、今回なんと!アントニオ猪木が自身初となる冠番組「アントニオ猪木のビンタカメラ!!」(10/20 5:00配信スタート)をBeeTVでスタートすると情報をキャッチし、早速記者発表を兼ねた公開収録に行ってまいりました。

今回の会場はアントニオ猪木酒場(新宿店)。ファンならずとも一度は行ってみたい店内テーマパークばりにアントニオ猪木一色の居酒屋で、我々が会場に到着すると、既にかなりの数の報道陣が集まっており注目度の高さを感じました。

新番組「アントニオ猪木のビンタカメラ!!」は、世界で一番気になる男・アントニオ猪木のこれまで見ることのできなかった日常へカメラを向けた動画日記。ときに、猪木自身がカメラを手に持ち、視聴者を闘魂・猪木のリアルな生活の中へと案内していくという番組で、今回は”ビンタで闘魂注入!!アントニオ猪木のビンタ相談所”という事で不況にあえぐサラリーマンや迷える現代の若者たちの相談にのると言う企画。

予定時刻を少し過ぎて猪木が登場。現れた瞬間我々記者も思わず「イーノーキー!」と叫んでしまいそうな位、ヒートアップ!



「元気ですかー!!」

いつもの第一声が聞かれたのもつかの間、なんと前日まで持病の腰の手術を行い、3週間入院していたという衝撃的な報告から始まった。

そして相談がスタート。

「あんまり悩み相談はした事がないけどね。だいたいオレの(アドバイス)は意表を突くというか、期待している応えは出しませんけど。フッフッフッ。」


一人目は20代の男性(番組AD)で、彼女ができない悩みをとつとつ打ち明けたが、

「だいたい、話が長いんだよ!」

「まずは事業で成功するんだな!」

と往年の猪木の試合を彷彿とさせる奇襲攻撃に会場は大爆笑


「一押し二押し三に押し。」

「当たって砕けろ。一歩踏み出せ!」

「それでもダメならもう一度来い!」

と最後はしっかりと締めた。

この後、いつもなら恒例のビンタに移るが、今回は秘策としてニューアイテム”ビンタ棒”が披露され、そのビンタ棒での闘魂注入となった。

最後に


「やっぱり元気をテーマにね、

みんなに元気を与えていきたい」


「オレが言いたいことをみんなに伝えていきたい。」

と締めくくり、収録が終了。

 

 

 

「アントニオ猪木のビンタカメラ!!」は10月20日(火)5:00からスタートし、毎週火曜日/土曜日更新の全28話の配信となる。

”カリスマ”アントニオ猪木を起用し、着実に視聴層を拡大していく今後のBeeTVにも要注目だ!
(福)

 

 

 

10月8日(木)新木場スタジオ・コーストにて、初のワンマンツアー「Ghost In The Rain Tour 2009」の追加公演ファイナルを終えたばかりのthe HIATUS
11月18日(水)に1st EPをリリースすることが決定した。

「Ghost In The Rain Tour 2009」は、オリコンアルバムチャート1位を記録した1stアルバム「Trash We'd Love」発売後に初めて行われたワンマンツアー。
9月2日(水)Zepp Tokyoを皮切りに、追加公演を合わせ全国6都市14公演。
ツアーの初日から新曲を披露しながら、制作も並行して行われた。

1stアルバム「Trash We'd Love」から約半年ぶりのリリースとなる1st EPは、新曲3曲を収録。
EPは、「Trash We'd Love」のレコーディング・アーティストであるVo.細美武士、Gt.masasucks、Ba.ウエノコウジ、Dr.柏倉隆史、Key.堀江博久に加え、1stアルバム発売後のツアーやフェスに参加するDr.一瀬正和、Key.伊澤一葉の7人で曲作りを始めた。
ライブ活動のないところからスタートしたthe HIATUSだが、このEPは全国ツアーを2回経験し、刺激し合い、共有し合った7人で、作りはじめた作品。より深化した音像で、the HIATUSの今の世界観を表現している。

リリース日となる11月18日(水)からは、Vo.細美武士、Gt.masasucks、Ba.ウエノコウジ、Dr.一瀬正和、Key.堀江博久というツアー・アーティストで、ストレイテナーとの2マンツアー「BRAIN ECLIPSE TOUR」が行われる。

 

【リリース情報】

「the HIATUS 1st EP」
2009.11.18 ON SALE
FOR LIFE

【ライブ情報】
ストレイテナー / the HIATUS
「BRAIN ECLIPSE TOUR」


11月18日(水) 横浜BLITZ
11月20日(金) Zepp Fukuoka
11月21日(土) Zepp Osaka
11月26日(木) Zepp Nagoya
12月2日(水) Zepp Sendai
12月4日(金) Zepp Sapporo
12月12日(土) 新木場STUDIO COAST

オフィシャルサイト
http://www.thehiatus.com

今年大注目のバンド・シドのツアーファイナルが10月11日(日)・12日(月・祝)に代々木第一体育館にて大成功を収めた。
全26公演76,135人動員のツアー「SID TOUR 2009 hikari」は7月1日にリリースされたメジャー後初のアルバム「hikari」を引っさげての全国ツアーとなったが、ファイナルの代々木公演は2万6千人のチケットが即完するなど、今のシドの勢いをまさに象徴する盛り上がりとなった。

ライブでは11月11日に発売されるニューシングル「one way」も披露された。
11日の歌詞解禁と同時に、当日の歌詞サイトアクセスランキング1位を獲得したこの曲は、これまでのメジャー後にリリースしたシングル曲とも、また雰囲気が異なるスピード感あふれるポジティブ・ナンバーで、シドの新たなアプローチとなる1曲となっている。

ファイナル終演後には来年3月からスタートする、全国ライブハウスツアーを発表。
今回のホールツアーに比べ、グッとメンバーを近くに感じられる会場ばかり。今や、武道館や代々木2DAYSも即完する彼ら。プレミアムチケット必至だ。
新曲「one way」の着うたをレコチョクでダウンロードした人に3月からのライブハウスツアーチケットの応募抽選企画が20日24時まで行われているので、オフィシャルサイトをチェック。

 

【ライブ情報】

シド ライブハウスツアー「いちばん好きな場所 2010」

3/12(金) Zepp Tokyo
3/14(日) 甲府CONVICTION
3/18(木) 帯広MEGA STONE
3/20(土) 旭川CASINO DRIVE
3/22(月) Zepp Sapporo
3/25(木) 仙台CLUB JUNK BOX
3/26(金) Zepp Sendai
3/28(日) 秋田Club SWINDLE
3/30(火) 山形ミュージック昭和Session
4/4(日) 松江グルーヴマシン
4/6(火) 高松オリーブホール
4/8(木) 徳島JITTERBUG
4/10(土) HOLIDAY OSAKA
4/11(日) Zepp Osaka
4/13(火) 和歌山CLUB GATE
4/14(水) 松坂M'AXA
4/16(金) 名古屋MUSIC FARM
4/17(土) Zepp Nagoya
4/21(水) 長崎DRUM Be-7
4/23(金) 福岡DRUM SON
4/24(土) Zepp Fukuoka
4/26(月) 佐賀GEILS
4/28(水) 宮崎WEATHERKING

OPEN 18:30(Zepp公演のみ18:00)START 19:00
料金 ¥5,800-(税込、ドリンク代別)
一般発売 2010年1月9日(土)

オフィシャルサイト
http://www.sid-web.info/

ボン・ジョヴィ、約2年半ぶりのニュー・アルバム『ザ・サークル』完成!

さらに『ファイナルファンタジー(r)・クリスタルクロニクル(r) クリスタルベアラー(r)』TVCMタイアップ決定!

 

 


 

1984年のデビュー以来、世界を代表するロック・バンドとして音楽シーンに君臨するボン・ジョヴィが、25周年のメモリアル・イヤーを飾るニュー・アルバムを完成させた。
『ザ・サークル』と銘打たれた新作は、このモンスター・バンドにとっての11作目のオリジナル・アルバムとなり、11月4日に発売される。これまでのアルバム総売り上げ枚数1億2千万枚を誇るボン・ジョヴィにとって、新たな歴史の1ページを飾ることは間違いない。さらにアルバムのプロモーションのために、来る10月26日~30日にかけて来日することも決定した。来日は、前作『ロスト・ハイウェイ』のワールド・ツアーの一環として以来(2008年1月)およそ1年9ヶ月ぶりのことで、日本のメディアを再び賑やかすことになるであろう。オリコンのアルバムランキングで、洋楽バンドとしてはビートルズやベイ・シティ・ローラーズを抑えて、通算1位獲得アルバム数4作は単独トップの成績であり、さらにその記録を伸ばすことが期待される。一方、10月21日に発売する先行シングル“ウィー・ワーント・ボーン・トゥ・フォロー”が11月12日に発売する『ファイナルファンタジー(r)・クリスタルクロニクル(r) クリスタルベアラー(r)』TVCMタイアップに決定した。ジョン・ボン・ジョヴィは「新アルバムは渾身の出来になってるし、新曲は素晴らしいタイアップが実現してエキサイティングだ。日本のファンにもうすぐ会えるのを楽しみにしている」とコメントした。

 

 

【リリース情報】

約2年半ぶりとなるニューアルバム
『ザ・サークル』
2009.11.4 ON SALE!
UNIVERSAL INTERNATIONAL
【初回盤(SHM-CD + DVD)】
UICL-9080 / ¥3,900(tax in.)

【通常盤】
UICL-1092 / ¥2,500(tax in.)

11月11日(水)にラブソング・ベスト・アルバム『LOVE is BEST』を発売する大塚 愛。収録曲の全15曲中、4曲がリアレンジなど新録が行われているが、そのうちの1曲「aisu×time」は、デビュー7年目の記念すべき初コラボとして、彼女自身が大ファンのRIP SLYMEのメンバーがSU(RIP SLYME)を迎えてのコラボ作品に仕上がっている。

名義は大塚 愛×SU from RIP SLYME)。この楽曲は、POND'S ポアホワイト TV-CF ソングとしてヒットした「One×Time」のリアレンジ楽曲。「aisu×time」は、ai+SUと「愛す」のダブルミーニングとなる。新境地を魅せる楽曲は、セクシーさや妖艶さといった大人のエロがテーマのミディアムナンバー。
 
本日から、レコチョク、music.jp、mu-moで着うた®配信スタート。

■大塚 愛 Official WebSite
http://avex.jp/ai/

 

【リリース情報】
ラブソング・ベスト・アルバム
『LOVE is BEST
エイベックス
11.11 ON SALE!


【初回限定盤】

AVCD-23920/B
¥3,800(tax in.)


【通常盤】

AVCD-23921
¥3,059円(tax in.)

今年4月にリリースしたアルバム『palette』が好評の大貫妙子が、11月1日東京・JCBホールで「Pure Acoustic」コンサートを行う。

「Pure Acoustic」は、22年間毎年開催してきたアコースティック・コンサートで、彼女の歌声のピュアな魅力をアコースティックで堪能できるとして人気を博していたが、この日が一応の区切りのコンサートになるという。

ここ7年はメンバーを固定してコンサートを行ってきたが、メンバーの移住や来年の活動予定などから一旦区切りをつけることとしたという

メンバーは、フェビアン・レザ・パネ(ピアノ)、吉野弘志(ベース)、林立夫(ドラムス)、ASKAストリングスというおなじみの顔ぶれに加え小倉博和(ギター)が参加。極上のアンサンブルを奏でる。

【コンサート概要】
大貫妙子 Pure Acoustic 2009
11月1日(日)JCBホール
大貫妙子 Pure Acoustic 2009
全席指定 \7,000
出演:大貫妙子(vo) フェビアン・レザ・パネ(pf)/ 吉野弘志(b)/ 林立夫(ds)/ 小倉博和(g)/ASKAストリングス[金子飛鳥(Vn)・相磯優子(Vn)・志賀惠子(Vla)・木村隆哉(Vc)]

問合せ先
ディスクガレージ 03-5436-9600(平日12:00-19:00)
http://www.diskgarage.com

■MUSICSHELF INTERVIEW
/?mode=static&html=special48/index

SMEレコーズより、アコースティック・ギターインストゥルメンタルによる「機動戦士ガンダム」のカヴァーコンピレーションアルバム『GUNDAM UNPLUGGED 〜アコギ de ガンダム A.C.2009〜』が12月9日に発売が決定した。

2009年は「機動戦士ガンダム」のテレビ版放送開始から30周年を迎える記念の年となっており、その記念イベントの一環として、お台場・潮風公園に出現した1/1スケールガンダムをシンボルとする「GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト」が開催され、のべ415万人にも上る人々が訪れた。そして「GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト」のオフィシャルテーマソングとし、DEPAPEPEが「翔べ!ガンダム」をアコースティック・ギターインストゥルメンタルでカヴァーし話題を呼んでいる。

今回のトリビュートはDEPAPEPEとも親交の深い押尾コータローを中心に「GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト」の趣旨に様々なアーティストが賛同、「エコロジーな音楽」をコンセプトにアコースティック・ギターインストゥルメンタルによるカヴァーコンピレーションアルバム『GUNDAM UNPLUGGED 〜アコギ de ガンダム A.C.2009〜』の制作がスタートした。

本作品は、高いサウンドクオリティで制作されることは勿論だが、「環境保護」「エコロジー」をパッケージにも反映し、CDジャケットは再生紙を使用や低公害インクを使用する予定になっている。

<参加アーティスト&カヴァー楽曲>
■DEPAPEPE
「翔べ!ガンダム」 (TV版『機動戦士ガンダム』オープニングテーマ)
■押尾コータロー
「哀 戦士」 (劇場版『機動戦士ガンダムII 哀 戦士編』主題歌)
「永遠にアムロ」 (TV版『機動戦士ガンダム』エンディングテーマ)
■マーティ・フリードマン
「めぐりあい」 (劇場版『機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編』主題歌)
■田川伸治 (DEEN)
「シャアが来る」 (TV版『機動戦士ガンダム』劇中歌)
■山本恭司 (BOWWOW)
「いまはおやすみ」 (TV版『機動戦士ガンダム』劇中歌)
■手島いさむ (ユニコーン)
「砂の十字架」 (劇場版『機動戦士ガンダム』主題歌)
■SUGIZO (LUNA SEA/X JAPAN/JUNOREACTOR)
「ビギニング」 (劇場版『機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編』挿入歌)
■DAITA (ex. SIAM SHADE/BINECKS)
「風にひとりで」 (劇場版『機動戦士ガンダムII 哀 戦士編』挿入歌)
■冨田勇樹 (SunSet Swish)
「きらめきのララァ」 (TV版『機動戦士ガンダム』劇中歌)
■小沼ようすけ
「スターチルドレン」 (劇場版『機動戦士ガンダム』挿入歌)
■鈴木Daichi秀行
「永い眠り」、「戦いへの恐怖」等、TVシリーズでお馴染みのBGM

(順不同)

<参加アーティストコメント>
■DEPAPEPE
お台場ガンダムと僕らのコラボがきっかけで、こんなアルバムにまで発展するなんて、大感激です!ガンダムは世代を超えて愛されている名作。僕らが演奏した「翔べ!ガンダム」も、このアルバムもそんな風にたくさんの人々に聴いてもらえれば、嬉しいです。

■押尾コータロー
かなりコアなアルバムですね。オール・ギターインストのガンダムコンピなんて聴いた事がなかった。ほんとにステキなアルバムです。このアルバムに参加できたことに感謝します。

■マーティ・フリードマン
正直、このアルバムをやるまでガンダムって、そんなに深くは知らなかった。でも、友達に「ガンダムって何?」と聞いたらあまりに熱い説明をしてもらって、アルバムに超参加したくなった。

■田川伸治
ガンプラが入手困難になるという異常現象を目の当たりにしてから30年。ガンダム・プロジェクトにまさか自分が参加させていただく日が訪れようとは夢にも思いませんでした。

■山本恭司
今だに多くの人達を魅了し続け、更にニュータイプなファンを増やし続けているガンダム。30周年というこのタイミングにこんな素晴らしい企画に参加出来てとても嬉しいです。

■手島いさむ
今回はアコギ縛りという珍しい体験で、かなり楽しかったです。ガンダムの音楽が広がりを見せるといいなぁと思います。

■SUGIZO
GUNDAMは10代になったばかりの俺に最も大きな衝撃と影響を与えてくれた本当にかけがえのない存在。あの頃から30年。日本が誇る最重要カルチャー、GUNDAMの記念すべき年をこういうカタチで共に祝えるなんて、最高に光栄です。心からありがとう。

■DAITA
愛するカンダムの、それも最もリスペクトする永遠の名曲をギターでカヴァーし、30周年を共にお祝いできた事!とても光栄に思っています。一生【G-ISM】で応援していまーす☆

■冨田勇樹
世代を越えて多くの人に愛されるガンダム!記念すべき30周年にこのようなコンピレーションアルバムが発売される事を嬉しく思います。そしてまさか自分が参加できるなんて!?精一杯ララァに捧げたいと思います!

■小沼ようすけ
ガンダムは僕らの世代にとっては象徴的な存在。そんなガンダムに、アコースティックをキーワードにギタリストが集まったコンピレーションなんて面白いですね。参加しているアーティストも素晴らしいアーティストばかり。そんな彼らと同じアルバムに参加できて光栄です。

■鈴木Daichi秀行
この記念すべきアルバムに参加出来てとても感激です。ギターインストで楽曲を表現するのは大変でしたが、納得出来る作品に仕上りました。ガンダムファンの方にも、ガンダムをあまり知らないという方にも楽しんでもらえると思います。


「GUNDAM UNPLUGGED 〜アコギ de ガンダム A.C. 2009〜」オフィシャルホームページ
http://www.sonymusic.co.jp/GundamUnplugged

 

女優としてドラマや映画に多々出演し、シンガーとしても精力的に活動する清浦夏実がニューシングル『悲しいほど青く/虹色ポケット』を10月21日リリースする。

今回の新譜は、ピアノに清浦夏実の存在感のある声が重なる「すぐそこにみえるもの」から始まり、清浦本人が作詞を行いドラマティックなナンバーに仕上がった「悲しいほど青く」へと続く。
また、キュートさ全快で歌い、さらにフルートも本人が演奏するポップナンバー「虹色ポケット」も収録している。

様々な表情をみせる清浦夏実ならではのラインナップがつまった『悲しいほど青く/虹色ポケット』、ファンならずともチェックしてみては如何だろうか。


オフィシャルホームページ
http://www.jvcmusic.co.jp/kiyoura723/
(「悲しいほど青く」のMUSIC VIDEO公開中!)

オフィシャルブログ
http://n-kiyoura.jugem.jp/

 

 

【リリース情報】
青春の光と影を描いた待望のニューシングル
『悲しいほど青く/虹色ポケット』
FlyingDOG
VTCL-35076
¥1,260(tax in.)
10.21 ON SALE!
 
<収録曲>
1.すぐそこにみえるもの
2.悲しいほど青く(TVアニメ「ささめきこと」オープニングテーマ) 
3.虹色ポケット(TVアニメ「ささめきこと」エンディングテーマ) 
4.悲しいほど青く -without natsumi-
5.虹色ポケット -without natsumi-
6.すぐそこにみえるもの -piano solo-

YUIの今年6月の復帰作「again」に続く第2弾シングル「It's all too much/Never say die」が、先週7日(水)に発売され、1週目で7.5万枚を売上げ、10/19付シングルランキングの首位に初登場。
女性シンガーソングライターとしては、松任谷由実、宇多田ヒカルに続くオリコン史上3人目となるシングル3作連続首位を獲得した。

YUIのシングルの連続首位は、休養前の昨年7月にリリースした「SUMMER SONG」、今年6月の復帰作「again」に続き3作連続(通算5作目)となり、2005年2月のデビュー以来の自身の連続首位記録を更新。
女性シンガーソングライターの3作連続でのシングル首位獲得は、2002/5/20付に「SAKURAドロップス/Letters」で達成した宇多田ヒカル以来7年5ヵ月ぶりの快挙となった。


-YUIコメント-
「すごく嬉しいです!いつも暖かく支えてくれるファンの皆さんに、心から、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます! 初心を忘れず、これからも音楽を大切に進んで行きたいと思います。応援、本当にありがとうございました!」

 

【リリース情報】

New Single
『It's all too much/Never say die』
Sony Music Records
2009.10.7 ON SALE!


【初回限定盤】
SRCL-7132
¥1,575(tax in.)


【通常盤】
SRCL-7134
¥1,223(tax in.)

中島美嘉の2002年以来の学園祭への出演が決定した。
しかも舞台は日本最大規模の学祭、早稲田祭。
一般発売に先立って行われた早稲田大学での学内販売は発売日に即完売。今年行われた全国36公演のツアーが全てソールドアウトになった彼女ならではの人気の高さを見せつけた。
一般販売は10月10日(土)よりスタートするが、こちらも即ソールドアウトは間違い無さそうだ。

中島は先日、「Candy Girl」のリリースから間髪を空けずに、11月4日リリースの新曲「流れ星」をインフォメーションしたばかり。
こちらは昨年、昨年ヒットした「ORION」に続く“星バラード”として、デビュー曲「STARS」、一つ代表曲の「WILL」、前述の「ORION」に続いてヒット確実との呼び声高い名曲。年明けには話題の映画の主題歌も担当することが決定しており、秋から年末・更には年明けまで彼女の動向から目が離せなそうだ。
尚、新曲「流れ星」は彼女のオフィシャルサイトにて試聴できる。

 

【リリース情報】

New Single
「流れ星」

2009.11.4 ON SALE
SMA
AICL-2069 / ¥1,223




オフィシャルサイト
http://www.mikanakashima.com



2009年9月9日の9並びの日に「999(アット ブドウカン)」と銘打った日本武道館でのワンマンライブを大成功させた、9mm Parabellum Bullet。
その日本武道館でも演奏された新曲「命ノゼンマイ」が、2010年1月9日から新宿バルト9ほか全国で公開される映画「彼岸島」の主題歌に抜擢された。

原作は、講談社刊「ヤングマガジン」で連載300回を突破した松本光司の人気漫画「彼岸島」。監督は、『火山高』『オオカミの誘惑』『Crossing』(第81回米アカデミー賞外国部門 韓国出品作品)で世界的に評価の高いキム・テギュン。脚本は大ヒット作『デスノート』シリーズの大石哲也。出演は、行方不明の兄を探す弟・明を石黒英雄(『ごくせん』シリーズ)と、弟想いの兄・篤を渡辺大(『ラストゲーム 最後の早慶戦』)が演じるほか、水川あさみ、山本耕史の若手実力派が名を連ねる。

原作を読んだ9mmメンバーが作品の持つ世界観に共鳴、映画の世界観に非常にマッチした「命ノゼンマイ」を書き下ろした。

【LINK】
9mm Parabellum Bullet オフィシャルサイト http://9mm.jp
映画『彼岸島』公式サイト http://www.higanjima.jp


【リリース情報】

New Single
『Cold Edge e.p.』
EMIミュージックジャパン
TOCT-26889 / ¥1,500(tax in.)
NOW ON SALE!



最高に"踊れるROCK"をプレイし続けるTRICERATOPSが、ニュー・シングルを10月7日にドロップ。11月より全国ツアーの開催も決定された。

アルバム『MADE IN LOVE』から約1年振りとなるシングル・アイテム「I GO WILD」はオレンジ色をベースにした鹿が印象的なパッケージ。キャッチーなメロディ、ダイナミクス溢れるバンドサウンド、ロマンチックな歌詞が三位一体となったトライセラならではのこの新曲は、夏のツアー時から着うた(R)配信を開始。レコチョク ロックうたではデイリーランキングで2位を記録した注目のアップ・チューン。また、カップリングにはRAM RIDERによる「LOONY'S ANTHEM」「FUTURE FOLDER」「FOREVER」をネタにしたEXTENDED REMIXを収録。初回特典DVDには、先のWILD SUMMER TOUR から川崎 CLUB CITTA'の完全密着映像、そしてメンバーの意外なキャラや貴重なLIVE映像が見られるオリジナル動画コンテンツ「トライセラTV~WE ARE ONE!!!~」が収録されるなど、現在のトライセラが詰まったマスト・バイなコンテンツとなっている。

そして気になる秋のツアーは、11月29日(日)の横浜Bay Hallを皮切りに全国7ヶ所で開催。見るものを惹きつけてやまない圧倒的な彼らのパフォーマンスを、前回のツアーに足を運べなかったファンはもちろん、未体験の音楽ファンにも是非体験して欲しい。

さらに、12月9日にリリースされる『THIS IS FOR YOU~THE YELLOW MONKEY TRIBUTE ALBUM』への、かの名曲「JAM」での参加(ドラムの吉田佳史は吉井和哉のツアー・サポートとしても活躍)や、藤井フミヤへの楽曲提供と共演も決定。
加えてa flood of circle、音速ライン、tacicaのそれぞれが企画/主催するイベントや年末のCOUNTDOWN JAPAN 09/10への出演など、バンドを取り巻く話題は盛りだくさん。

3ピースバンドの最高峰として各方面からオファーが殺到中のTRICERATOPS、このシングル・リリースに始まる一連のアクションから次にどんなうねりが生まれるのか、注目だ。


TRICERATOPS Official Site http://www.triceratops.net/

特集:MADE IN LOVE


特集:今夜はトーク・イット ~マイケル・ラヴァーズのドント・ストップ対談~


特集:家で聴く音、車で聴く音


【リリース情報】
NEW SINGLE
『I GO WILD』
tearbridge
NOW ON SALE!

【初回受注限定生産盤】
NFCD-27225/B / ¥1,800(tax in.)

【通常盤】
NFCD-27226 / ¥1,000(tax in.)



【ライブ情報】
『TRICERATOPS 3000WATTS TOUR 2009』
11月29日(日) 横浜 BayHall
11月30日(月) 名古屋 BOTTOM LINE
12月3日(木) 広島CLUB QUATTRO
12月5日(土) 仙台 darwin
12月6日(日) 東京 SHIBUYA AX
12月10日(木) 大阪 BIG CAT
12月12日(土) 福岡 IMS HALL

【イベント出演情報】
<a flood of circle presents "What's Going On Tour '09">
2009年10月27日(火)渋谷 CLUB QUATTRO
 
<音速ラインpresents 「ビール☆ナイト」2009 ~スージューケーオツ~>
2009年11月8日(日) SHIBUYA O-EAST

<三大博物館 新館特別展~華麗なる偉人伝~>
2009年12月13日(日) Zepp Tokyo

<COUNTDOWN JAPAN 09/10>
2009年12月28日(月)幕張メッセ国際展示場1~8ホール、イベントホール

<BSフジ開局10周年 BS☆フジイ SPECIAL LIVE>
2009年12月31日(木) 日本武道館

詳しくはオフィシャルサイトで!
「~ねことアヒルが力をあわせてみんなのしあわせをー~」で話題のアフラックCMソングを歌う、謎の少年たつやくん(9)と、知る人ぞ知るCM女王マユミーヌ(40)の、年齢差31才ユニット"たつやくんとマユミーヌ"が、11月4日に、同CM楽曲「まねきねこダックの歌」(全3曲収録)でメジャーデビューすることが決定した。

この歌は、替え歌を作って贈れるサイト「まねきねこダックの歌」のために作られたもので、すでに9万曲以上の替え歌が集まっている。たつやくんとマユミーヌがそれぞれ、ねことアヒルになって誰かのしあわせを祈る、という歌で、ほのぼのとあたたかい気分に満たされる。
10月7日から楽曲の先行配信が開始されると、10/7付けのレコチョク着うたデイリーランキングで1位を獲得するなど、人気が高まっている。

歌唱している謎の少年たつやくんは、現状顔出しNGとのことで謎のベールにつつまれたままだが、今回ユニットを組むマユミーヌは、同じくアフラックのCMソング「アヒルのワルツ」やムーニーCMソング「ほしのかずだけ」、TOYOTA「PASSO」等、数十社に及ぶ有名CM楽曲を歌唱しており、知る人ぞ知るCM女王である。

今回のメジャーデビューに関し、マユミーヌは「"アヒルのワルツ"に引き続き、可愛い曲を、可愛い相棒とともに歌うことができて嬉しいです。ねことアヒルと一緒に、皆さんに幸せを届けたいです。」とコメントしており、少年たつやくんは、「お世話になってる人たちにCDをあげたいので、僕もCDをいっぱい買います。」とコメントしている。


【リリース情報】
幸せソングの決定版!
『まねきねこダックの歌』
日本クラウン
11.04 ON SALE!

【初回限定盤】
CRCP-10238
¥1,600(tax in.)

【通常盤】
CRCP-10237
¥1,200(tax in.)

人気急上昇のロックンロール・バンド、THE BAWDIESのメジャー1stシングル「IT’S TOO LATE」が11月4日に発売される。その完全限定生盤は、メンバーが直に全部シリアルナンバーを刻印するという、まさにプレミアムな仕様となっている。

先日、THE BAWDIESのメンバーは都内某所で限定生産シングル「IT'S TOO LATE」に刻まれるシリアルナンバーを直接刻印。4人で1万枚を目標に作業を進め、4人はジャケットとCD封入のカードの2カ所にシリアルナンバーをスタンプしていった。作業が終ったのは23時半過ぎ。前代未聞の枚数への刻印は、THE BAWDIESと一緒に楽しもうというライブを表現した彼らの魂そのものだ。

現在のTHE BAWDIESの魅力を詰め込んだ新曲と、彼らの魅力が凝縮された30分以上ものライブトラックが収録されたこのシングル「IT’S TOO LATE」。カップリングには、今年7月に行われた「THIS IS MY STORY」ツアーファイナルのライブ音源9曲のメドレーが収録されており、ボリューム満点の内容となっている。「THE BAWDIESの今を凝縮した1枚」といえる、プレミアムなシングル。バンドにとっても、リスナーにとっても大切な1枚になる。

始めたばかりのtwitterではメンバーの違う側面が垣間見えると評判でファンが増えてきている。

OFFICIAL HP
■THE BAWDIES OFFICIAL http://thebawdies.com/
■ビクターエンタテインメント http://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A022100.html
■my spacehttp://www.myspace.com/SEEZRECORDS

 

■THE BAWDIES PLAYLIST
/selector/90742

【リリース情報】
メジャー1stシングル
『IT’S TOO LATE
ビクター
11.4 ON SALE!
VICL36544
¥1500(tax in.)




ニューアルバム『メモワール』を10月3日に発売したマライア・キャリーの来日が急遽決定。マライアが「日本のファンに会いたい!」というリクエストから10月15日(木)、ファン・ミーティングを開催することになった。

しかもこのイベントは、ファンが主役という内容。「こんなお宝グッズを持ってる」「世界のライヴ会場におっかけしました」「マライアのためにこんなもの作りました!」「私エアー・マライアができちゃうんです! 振り付けバッチリです!」等々。

マライアへの思いをファンがマライア本人にアピールできる場となり、ファンがマライアを身近に感じるチャンスとなる。

<概要>
イベント開催日時:10月15日(木) 19:00集合 19:30イベント開催予定
場所:台場(場所の詳細はご当選者のみにお知らせ)
ご招待:ペアでご招待(抽選にて)
応募締め切り:10月13日(火) am7:00
厳正な抽選の上当選者を決定し、当選の案内をもって発表にかえさせていただきます。

■応募ページ(応募の詳細含む)
http://www.musicreg.net/checkform?force_form=1&form_id=7090
■オフィシャルページ
http://www.universal-music.co.jp/u-pop/artist/mariah/

【リリース情報】
通算12作目のスタジオ・レコーディング・アルバム
『メモワール』
ユニバーサル会社
ON SALE!

【初回限定盤】
UICL-9079 
¥1980(tax in.)

【通常盤】
UICL-1091
¥2500(tax in.)

一昨年、公開され大ヒットを記録した映画「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」。その主演を務めたオダギリジョー、父親役を演じた小林薫、そして監督の松岡錠司が再び顔を合わせた話題ドラマ「深夜食堂」(МBS/TBS系ドラマ)が10月14日よりスタートする(関西地区のみ9日)。


「深夜食堂」の原作は小学館「ビックコミックオリジナル」にて好評連載中の同名人気コミック(原作/安倍夜郎)。小林薫扮するマスターが切り盛りする深夜0時に開店の食堂を舞台に、そこで繰り広げられる、ユーモラスで時にビターな人間模様が要注目のドラマだ。オダギリは個性的ファッションに身を包んだ謎の常連客、カタギリを演じている。

そんな要注目のドラマの主題歌「Believe in Paradaise」を歌うのが、話題のサイケデリック・ポップユニット、MAGIC PARTY。「深夜食堂=都会のオアシス」というキーワードを元に、希望に溢れたナンバーを書き下ろした。「涙の海の向こうにきっとパラダイスがあるんだ」と歌われる歌詞の通り、日常の中で誰もが探し続けるパラダイスはまさに深夜食堂のイメージにぴったり。コミック×ドラマ×音楽の異色コラボの実現といっていいだろう。

11月11日にこの楽曲でメジャーデビューを飾る彼らだが、東京でのドラマ初回オンエアにあわせ、10/14から先行着うたとドラマフル着うたも配信開始される。


■ドラマ概要
「深夜食堂」
(c)2009安倍夜郎・小学館/「深夜食堂」製作委員会連続ドラマ(全10話)
OA局一覧
TBS 10/14スタート 水24:34-25:04

(初回10/14は25:04-25:34)
MBS 10/9スタート  金24:29-24:59

(2話目は24:44-25:14)
RKB 10/27スタート 火24:59-25:30 
ATV 10/19スタート 月24:00-24:30
RSK 10/15スタート 木23:59-24:29
NBC 10/27スタート 火 24:50-25:20
■「深夜食堂」公式サイト
http://www.meshiya.tv/

■MAGIC PARTY公式サイト
http://www.magicparty.jp/
www.myspace.com/magicmusicparty

MAGIC PARTYプロフィール
MAGIC PARTYは、女性ヴォーカルのAIRIとベース兼コンポーザーの本田光史郎によるユニットで2008年春結成。9月16日にリリースされたインディーデビューシングルが日本テレビ系「音楽戦士~MUSIC FIGHTER」の9月度POWER PLAYに選ばれ話題に。AIRIが歌うリリカルな感性で綴られる歌詞世界と、ヴィヴィッドで時にエモーショナルなサウンドが注目を集め、11月11日リリースのメジャーデビューシングル「Believe in Paradise」がMBS/TBS系ドラマ「深夜食堂」の主題歌に大抜擢された。

 

【リリース情報】

「深夜食堂」主題歌
『Believe in Paradaise』
アミューズソフト
11.11 ON SALE!
ASCM-6077
¥1,000(tax in.)




DOUBLE清水翔太が、世代を超えた奇跡のR&Bコラボレーションを実現させた。
11月11日にニューシングル「おやすみのキスを~Good Night My Love」をリリースする。

日本のR&Bシーンを牽引し、“Queen Of R&B” として圧倒的な存在感を放ってきたDOUBLEは、これまでに安室奈美恵、ZEEBRA、m-flo、KREVA、AIなどのトップアーティストたちに加え、Nelly、Lupe Fiascoなどの海外ビッグアーティストたちと、DOUBLEにしか成し得ないスーパーコラボを重ねてきた。
そんなDOUBLEの2009年を締めくくるニューシングルとなるのは、若き天才肌シンガーソングライター清水翔太とのデュエットソング「おやすみのキスを~Good Night My Love」。切なく響くメロディー、互いの道を歩んでいく男女の恋愛が描かれたリリック、切なくも美しい壮大な世界観が心に沁みるバラードがここに完成した。

清水翔太は、ゴスペルとソウルミュージックをルーツに持ち、作詞・作曲、そしてアレンジまでこなす天才肌のシンガーソングライター。時に力強く、時に儚く歌い上げ、感情豊かな歌唱からラップまでこなせる日本では稀有なマルチな存在だ。
NYの音楽の殿堂『アポロシアター』のステージに平成生まれの日本人として初めて出演し、地元の新聞から「100万人に1人の生まれながらにしてのソウルシンガー」と絶賛された実力派でもある。

抜群の歌唱力を持つ二人が織り成す甘く切ないソウルフルなハーモニーと、儚くも美しいスロートラックがマッチングした「おやすみのキスを~Good Night My Love」はR&Bファンはもちろん、すべての音楽ファン必聴間違いなし。なお、期間限定プライス盤が500円(税込)という破格で発売されるのも要チェックだ。

 



【DOUBLE & 清水翔太コメント】

DOUBLE
翔太くんは、日本版NE-YOじゃないですけれど歌の上手さに非常に感動しましたね。
元々はラジオで翔太くんがラジオ出演したのを聴いて、これは!と思ってオファーしてそれで実現したコラボレーションです。
年齢差はあるけれども、実際は制作するにあたってはそういったものは関係なくアーティスト同士という感じで一緒に作っていけた感じです。
翔太くんは歌にソウルがあると感じましたね。
ソウルフルな楽曲になったと思っているので、是非そこを感じとってもらえたらなと思います。

清水翔太
すごく大先輩ですし、日本のR&Bの歴史を作ってきた方だと思います。
やっぱり自分の音楽のルーツにR&Bもある中で、DOUBLEさんは外せない存在でずっと聴いてきた方だったので、今回お声掛け頂いて一緒に楽曲を作ることができ、刺激的でしたしとても光栄でした。
制作は、初めはDOUBLEさんが作っていく物に沿っていくという気持ちでいいのかなと思ってたんですけど、実際現場に入ると、どういうふうに作っていこうとか、いろんな事を試行錯誤させて頂けるだけの空白を用意してくださったというか、そのおかげで『清水翔太』というものを、すごくこの一曲の中で表現できた気がします。
すごく温かくて、やさしい方でした。いろんな事をさせていただけて嬉しかったです!勉強になりました。ありがとうございました。
いまのR&B好きな人達や、お互いのファンのみなさんや本当に多くの方々にこの曲を聴いてもらえたらいいなと思います。
すごく自信のある作品ができたので、是非ともチェックしてください。

 

【リリース情報】

DOUBLE&清水翔太
「おやすみのキスを~Good Night My Love」
2009.11.11 ON SALE
FOR LIFE

【期間限定プライス盤】
FLCF-7174 / ¥500(tax in)

【通常盤】
FLCF-7175 / ¥1,050(tax in)

DOUBLE GROOVE SITE
http://www.forlife.co.jp/double/

清水翔太 Official Site
http://www.shimizushota.com/

1年半ぶりとなるRIZEのニューシングル「ZERO」のミュージックビデオに元サッカー日本代表の中田英寿が出演している。
「ZERO」は7月29日よりオンエアされている中田英寿出演のCM「Coca-Cola zero ワイルドボクササイズ篇」に起用されているが、この度ミュージックビデオでもコラボが実現。中田英寿がミュージックビデオに初出演となった。


昔描いていた夢に対してその一歩を踏み出せるようにという、熱い想いで作られた、このビデオは、CMと同じ場所、同じスタッフで撮影され、RIZEの演奏と中田英寿のキックボクシングが連動し、CMには使用されていない中田英寿の貴重な映像も収録されている。スーパースローカメラ「ファントム」を使用した見応えのあるウォーターシーンも必見。

10月7日よりユニバーサルミュージックの公式YouTubeチャンネルにて公開がスタートしている。

また、今作はTSUTAYAプレミア CMソングにもなっておりJESSEのナレーションが入ったバージョンで全国にて放映中。着うた・着うたフルも10/7より独占配信開始となっている。

RIZEは現在、「RIZE x Paymoney To my Pain Tour」の真っ最中。月9の高視聴率ドラマ「ブザービート」に出演して注目を浴びるドラムの金子ノブアキは、10月から始まる日本テレビ系「サムライハイスクール」にも出演が決定。

■YouTube RIZE「ZERO」
http://www.youtube.com/watch?v=aNDIZgSimWw&feature=player_profilepage
■公式HP
http://www.triberize.net

【リリース情報】

Coca-Cola Zero ワイルドボクササイズ篇CMソング
『ZERO』
ファー・イースタン・トライブ・レコーズ
10.28 ON SALE!
UMCF-5047
¥1000(tax in.)




インディー界では九州を中心に話題が沸騰、噂の宮崎発3ピースバンド、GENERALHEAD MOUNTAIN
来る11/4ついにメジャーデビューが決定した。

4曲入りのメジャーデビューシングル「羽」は、繊細でありながらもほとばしる躍動感、疾走感を内包し、新たなる新境地を開拓。
1曲目に収録の表題曲「羽」は、木村カエラの「リルラリルハ」などでお馴染みの會田茂一氏(FOE/HONESTY)プロデュースで、GENERAL HEAD MOUNTAINの満ち溢れる感情音に、さらに勢いを与えている。
同曲はテレビ東京系「やりすぎコージー」エンディングテーマにも大決定。
また、CDジャケットは早乙女太一の着物デザイナーとしても有名な筒井はじめ氏が手がけている。

そんな話題満載、勢いの波に乗っているGENERAL HEAD MOUNTAINだが、11/4のデビューに向け、カウントダウン特設サイトをOPEN。
この特設サイトではオリジナルTシャツデザインコンテストや、ここでしか見れない限定コンテンツなど様々な企画が盛りだくさん。
11/4デビュー日にはこの特設サイトでサプライズも!?

また、デビューシングルリリースに先駆け、「羽」に収録されている4曲すべて着うた(R)先行配信決定。
10/5配信の「羽」を皮切りに、毎週月曜日に「レコチョク」「SMA☆アーティスト」他にて順次配信していく。
配信情報の詳しい内容はGENERAL HEAD MOUNTAIN特設サイトへ。

 

【リリース情報】

メジャーデビューシングル
「羽」
2009.11.4 ON SALE!
コロムビアミュージック
COCA-16300
¥1,050(tax in.)






【ライブ情報】

GENERAL HEAD MOUNTAIN TOUR2009「晩秋編」

11/17(火)山口LIVE rise SHUNAN
11/18(水)神戸STAR CLUB
11/19 (木)滋賀B-FLAT
11/22 (日)鹿児島 SR HALL
11/23 (月)宮崎SR BOX
11/27 (金)福岡DRUM Be-1
12/5 (土)長崎Studio Do!
12/10 (木)名古屋APOLLO THEATER
12/12 (土)大阪心斎橋DROP
12/13 (日)東京 *会場後日発表


オフィシャルサイト
http://www.generalheadmountain.com/
斉藤和義のライブツアー"月が昇れば"は、10月3日の中秋の名月の夜、戸田市文化会館で幕を開けた。
期間的にも本数的にも過去最長となるツアーの初日。
独得の緊張感が漂い、期待感が高まる中、印象的で勢いのあるギターのリフでライブはスタートした。
バックを固めるのは、ここ数年ずっと一緒にやってきている4人のメンバー。演奏はタイトかつ自由で、ほぼ総立ちだった客席はリズムに合わせて一気に揺れ始めた。

時折、ツアー初日のちょっとした感慨めいたものや、曲が増えるとライブの選曲が難しくなるという話などを交えながら、斉藤はライブを進めていった。
最新アルバム『月が昇れば』の楽曲をたっぷり聴かせたのはもちろん、ほぼ10年ぶりにステージで演奏するという曲やピアノの弾き語りも。
中盤、バラードやゆったり目の曲をじっくりと聴かせたあとは、テンポの速い曲を畳み掛けるように演奏。
身体が思わず動き出してしまう楽曲ばかりで、会場の空気の温度と密度は急上昇していった。
演奏に必要なもの以外は何も置かれていないすっきりとしたステージから放たれる豊かで厚い音のうねりが、客席を満たしていった。
一体化しそうなくらいに無心にギターを弾き、歌う斉藤は、音楽そのものになっているようにも見えた。

この夜、ライブ本編で演奏されたのは20曲以上。
内容の濃い2時間の演奏を終え、アンコールで登場した斉藤は、「本番は今日が初めてだったけど、(この内容は)なかなか体力が要りますね~」と苦笑し、冗談っぽく今後のセットリストの変更もほのめかした。
今回のツアーではライブハウスや大阪城ホールでの公演も行われる。
ホールではフルバンドだが、ライブハウスではトリオで、大阪城ホールでは1人弾き語りライブを行う。

「ツアーが終わって初めてアルバムは完成する」と以前、斉藤は話していた。

これから約半年、いろんな形態で演奏しながらライブを重ねることで楽曲がどう育ち、ステージがどう変化していくかが、今回のツアー全体の見所でもある。(文・木村由利江)

●公演詳細
公演名: 斉藤和義「LIVE TOUR 2009≫2010 "月が昇れば"」
公演日: 2009年10月3日(土)
会場: 戸田市文化会館(埼玉)
開場/開演: 16:30/17:00
会場キャパ:1300名(即日ソールドアウト)

斉藤和義オフィシャルサイト:http://www.jvcmusic.co.jp/saito/

特集:爆音でドライブ


【リリース情報】
New Album
『月が昇れば』
ビクターエンタテインメント
NOW ON SALE!

【初回限定盤】
VICL-63400 / ¥3,150(tax in.)

【通常盤】
VICL-63401 / ¥3,150(tax in.)


全国ツアーLIVE TOUR 2009≫2010 "月が昇れば"
10.09(金)@金沢市文化ホール
10.11(日)@新潟市音楽文化会館
10.17(土)@東御市文化会館サンテラスホール
10.22(木)@神戸国際会館こくさいホール
10.24(土)@サンポートホール高松
10.25(日)@京都会館 第一ホール
11.06(金)@米子市公会堂
11.08(日)@山口市民会館
11.13(金)@岩手教育会館
11.14(土)@仙台サンプラザホール
11.21(土)@郡山Hip Shot Japan
11.22(日)@水戸ライトハウス
11.28(土)@北海道厚生年金会館
11.29(日)@帯広MEGA STONE
12.08(火)@高知BAY5 SQUARE
12.09(水)@松山市総合コミュニティセンターキャメリアホール
12.11(金)@岡山市民会館
12.13(日)@広島ALSOKホール
12.17(木)@三重県文化会館中ホール
12.19(土)@長良川国際会議場メインホール
2010.01.09(土)@栃木県総合文化センター
2010.01.15(金)@富山club MAIRO
2010.01.16(土)@福井CHOP
2010.01.18(月)@滋賀U☆STONE
2010.01.23(土)@福岡サンパレスホテル&ホール
2010.01.24(日)@長崎市公会堂
2010.01.29(金)@神奈川県立県民ホール
2010.02.05(金)@中京大学文化市民会館オーロラホール
2010.02.06(土)@静岡市民文化会館中ホール
2010.02.11(木)@高崎club FLEEZ
2010.02.19(金)@鹿児島市民文化ホール第二
2010.02.21(日)@熊本県立劇場演劇ホール
~2010年、春まで順次発表予定

斉藤"弾き語り"和義 ライブツアー2009>>2010 十二月 in 大阪城ホール
月が昇れば 弾き語る~

2009.12.26(土)@大阪城ホール


11月4日にLIVE DVD「GO! 5! KAELAND」がリリースされる木村カエラだが、今年も「木村カエラ presents オンナク祭オトコク祭 2009」の開催が決定した。

今回はSHIBUYA-AXで、12月18日(金)と12月19日(土)の2日間行われることとなっており、12月18日は木村カエラ、ASPARAGUS、kowloon、toe、BRAZILIANSIZE。12月19日は木村カエラ、AI、Perfumeが出演する。

今年も来場者にはX'masプレゼントが用意されている。

また、現在コロムビアミュージックのHPでは9月16日ZEPP TOKYTOでのライブ写真が公開されているのでそちらもチェックしよう。


木村カエラ公式HP『KAELA WEB』http://www.kaela-web.com/

コロムビアHP http://columbia.jp/kaela/

特集:Five Years Anniversary, What A Surprise!カエラのココロ


特集:GIRL's STYLE Vol.6 - 木村カエラ


【リリース情報】
【DVD】
【Blu-ray Disc】
LIVE DVD
『GO! 5! KAELAND』
コロムビアミュージックエンタテインメント
11.04 ON SALE!

【DVD】
COBA-4829 / ¥4,500(tax in.)


【Blu-ray Disc】
COXA-1002 / ¥5,500(tax in.)


7月11日にデビュー5周年を記念した初の野外ライブイベント"GO!5!KAELAND"を 横浜・赤レンガパーク野外特設ステージにて、22,000人のファンを前に開催。
今作は"GO!5!KAELAND"を余すところなく収録。
ロック・パンク・メロコアなどを軸にジャズやソウルなどのブラック・ミュージックのエッセンスを絶妙にブレンドした、心地よいミクスチャー・ロックを鳴らす京都出身の4人組、UNCHAIN。今年、赤坂BLITZでのワンマン公演を成功させ、ロック・イン・ジャパンやライジング・サンなどの大型フェスへも参戦、さらなる注目を集めている彼らが、10月14日にニュー・シングル「Gravity」を9ヶ月ぶりにリリースする。初回盤には今春行ったツアー・ファイナルのライブ音源が5曲ボーナス・トラックとして収録され、シングルながら全8曲という、アルバム級の豪華なボリュームとなっている。

このシングルのリード曲のPVの、最後に出てくる「落ち」がミュージックビデオを観たファンの間で話題になっている。楽曲自体はヘヴィなギター・リフと叙情的なピアノのフレーズが印象的な、疾走感あるエモーショナル・ナンバー。ミュージックビデオも始まりからずっと、アーティスト写真の雰囲気そのままに、クールかつ熱い演奏シーンが続くのだが、最後の最後にドリフ的な落ちで衝撃的に幕を閉じ、呆気に取られてしまう。

この演出がギャグなのか何なのか、映像を見る限りその意図はくみ取りづらいが、関西出身の彼らだけに大マジメにくだらないことをすることに無上の喜びを感じているのかもしれない。

MySpaceでは10月7日~10月14日までの限定期間、このミュージックビデオのフル視聴を行っているので、笑撃の「落ち」を是非チェックしてみてはいかがでしょうか。


オフィシャルサイト:http://www.fluctus.jp/unchain/
MySpace:http://www.myspace.com/unchainjp

特集:これからの新しいソウルミュージックを目指して



【リリース情報】
New Single
『Gravity』
fluctus
10.14 ON SALE!

【初回限定盤】
RZCF-77013
¥1,575(tax in.)

【通常盤】
RZCF-77014
¥1,260(tax in.)


日本テレビ系「人生が変わる1分間の深イイ話」の平成の新選組プロジェクトより2518名の中から選ばれた5人によるユニット「新選組リアン」が、デビューシングル「男道」を10月14日に発売することとなった。
それを記念し、デビュー当日である同14日、京都の世界遺産「東寺」にてフリーイベントを実施。MCに同番組にて共演している京都出身のお笑いコンビ「チュートリアル」を迎え、デビュー曲「男道」を熱唱する。島田紳助作詞による同曲は「誠」の旗の物一途に生きた男たちへの賛美歌になっている。
かつての京都に覇を唱えた「誠」の精神がやどる“平成の新選組”を応援に駆けつけてみては如何だろうか。

新選組リアンデビュー記念イベント in世界遺産“東寺”
日程 : 10月14日(水)
時間 : 18時30分開場/19時30分開演 予定
場所 : 京都「東寺」
MC : チュートリアル
※入場無料
事前にご応募いただいた方にはイベント限定プレミアムグッズ付優先入場招待券を抽選で500名様にプレゼント!
<応募期間 : 9月20日(日)~10月6日(火)>
応募は日本テレビ「人生が変わる1分間の深イイ話」公式サイトより
http://www.ntv.co.jp/fukaii/


新選組リアン公式ブログがOPENしました!
http://shinsengumilien.seesaa.net/

 

【リリース情報】
平成の新選組プロジェクト
『男道』
よしもとアール・アンド・シー
YRCN-90076
¥1,260(tax in.)
10.14 ON SALE!
 

財津和夫のオリジナル・アルバムとしては、実に8年ぶりとなる財津和夫ニュー・アルバム『ふたりが眺めた窓の向こう』が10月28日に発売される。

今回の作品は、ASKA、小田和正、平原綾香、富田京子などの豪華アーティストとの曲コラボレーションを含む、キャリア集大成作品となった。

1985年のナンバー・ワン・ヒット「今だから」(作詞・作曲:小田和正・松任谷由実・財津和夫、編曲:坂本龍一)以来のタッグとなる小田和正との共演のいきさつは、昨年7月に京都での宿泊先が偶然同じホテルとなったことから。お互い別仕事での滞在にて直接顔を合わすことはなかったが、財津が小田宛に手紙を書きフロントに預けたところ、翌日フロントに小田より返事の手紙が届いており、「また、一緒に何かしたいですね」と書かれていたという。元々、昨年60歳を迎えて「やりたいことをやれる時にやろう」と思い始めた財津。その企画のひとつとして持っていた、「今まで楽曲提供する側として数々の曲を他アーティストに作ってきたが、楽曲提供されたり共作したり、気の合う仲間たちとそんな作品が作りたい…」その企画を立ち上げるべく、今年に入った2月のある日、小田氏を訪れ楽曲を書いてもらうことを依頼。そして、快諾を得た。当初タイトルの決まっていなかった、そんな小田作詞作曲の楽曲は先日財津のレコーディング終了を受けて、音源を聴いた小田氏が「手紙にかえて」というタイトルをつけたのだという。

また、同郷・福岡出身のASKAが参加したいきさつは、2003年8月9日富士急ハイランドで行われたサウンドコニファーに小田和正・CHAGE and ASKA・財津和夫の3組で出演し、その際にお互いに「またいつか一緒に何かやろう」と話したことが、今回の楽曲依頼となっているという。作曲だけではなく、財津の声かけでコーラスやハーモニカでの参加にまで発展した。
他には、平原綾香や富田京子(元プリンセス・プリンセス)なども参加している。

◆財津和夫アルバム・コメント
「今回の作品は、手作り感のあるアルバムというテーマに加えて、自分の楽曲以外に他アーティストとのコラボレーションという、以前からやりたかった事をいよいよ実現することが出来たアルバムだ。
小田氏とは、去年偶然にも京都の同じホテルに同じ時に宿泊していることが分って、
お互い仕事で行ってたんですれ違いだったけどフロントを介して手紙で「一緒にやりたいね」ってやり取りをしたり。
ASKA氏とも以前ある野外ライブで一緒した際に、「何かやろうよ」って話をしてたり。
そんな"繋がり"が実現したことが、手作り感あふれる今回の作品全体のテーマにもつながっていると思う」

このアルバムの制作過程を追った密着ドキュメントが、NHK「SONGS」にて10月28日、11月4日の2週にわたってオンエアされることも決定した。参加アーティストとの制作に至る過程や、レコーディング現場でのセッションなどの貴重な映像も公開される。そして来年は全国ツアーも予定されている。

■公式ホームページ
http://jvcmusic.co.jp/zaitsu/
http://www.zaitsukazuo.com/

【リリース情報】
8年ぶりオリジナルアルバムリリース
『ふたりが眺めた窓の向こう』
ビクター
10.28 ON SALE!
VICL-63406
¥3,150 (tax in.)




2010年1月1日より全タイトルの権利がソニー・ミュージックへ移行する。ソニー・ミュージックエンタテインメント(米)とエクスペリエンス・ヘンドリックス社が提携し、ジミ・ヘンドリックス・カタログのライセンス権に関する独占契約を締結した。

それに伴い、ソニー・ミュージックエンタテインメントは2010年、ロック史に輝くジミヘン作品の再発プロジェクトを開始。オリジナル・アルバムのデラックス版のほか、未発表スタジオ音源や名曲の別テイク、比類なきステージ・パフォーマンスの映像などを発売する。

生前に残した『Are You Experienced』『Electric Ladyland』(いずれもグラミーの殿堂入りアルバム)『Axis: Bold As Love』『Band of Gypsys』のデラックス・エディションを発売予定。さらに彼の死後、エクスペリエンス・ヘンドリックス社が制作したコンピレーション盤もリリース。

2003年のローリング・ストーン誌では<歴史上最も偉大なギタリスト>の第1位に選ばれるなど、最高のロックギタリストとして評価されている。
「ジミは、作品も考え方も独創的でした。その唯一無二の才能を伝えるのに、彼の遺産以上のものはありません。まさに史上最高のギタリストだったのです」
「今回の提携で愛する兄の遺産が正当に評価され、彼が発した“愛のメッセージ”が世界中に届くと確信しています。ソニー・ミュージックとクリエイティヴな関係を築き、画期的な作品を送り出して、世代を越えた多くのファンにジミの音楽を伝えていけるものと期待しています」
と、エクスペリエンス・ヘンドリックスの社長兼CEOジャニー・ヘンドリックスは語る。

エクスペリエンス・ヘンドリックス社とは、ジミ・ヘンドリックスの父ジェイムズ“アル”ヘンドリックスが1995年に設立したファミリー会社。社員はすべてアルが社長時代に厳選したヘンドリックス家の一員で、主な業務はヘンドリックスの音楽、名前、肖像などの使用権の管理。オフィシャル・オンラインストア、オーセンティック・ヘンドリックスとともに、永遠に色褪せることのないジミ・ヘンドリックスの遺産を世界規模で管理している。

原田知世が、10月21日にニューアルバム『eyja』(エイヤ)をリリースし、それに伴うコンサート・ツアーを2010年2月から4月にかけて行う事が決定した。

2年振りとなるニューアルバムは、前作「music& me」で彼女独自の自然体で瑞々しい大人の魅力を存分に引き出した伊藤ゴローを再びプロデューサーに迎え、細野晴臣や大貫妙子、ムーム(アイスランドのエレクトロニカ系ユニット)らが楽曲を提供。アイスランドにてムームや現地のミュージシャンと共に録音された本作は、厳しく豊かな自然、音楽をこよなく愛する国としても有名なアイスランドで、その自然や人々と響き合うような美しくかつメロディアスな楽曲が収録されている。

コンサート・ツアーでは、そうした今回のアルバムの世界観を、原田のボーカル、伊藤ゴローのギターを中心に、アコースティックな編成でステージ上に再現されるほか、今回ジャケットデザインやミュージック・ビデオの演出を担当するアーティスト エドツワキが、コンサート演出までトータルに手掛ける予定なので、POPでクラシカル、華やかで大人っぽい、アーティスティックなステージとなることだろう。
現在、山口県、沖縄県、東京都(スペシャルライブ)でもライブ開催を調整中とのこと。またこのツアー発表に際し、10月5日より原田知世のオフィシャルMySpaceではエドツワキ監督によりアイスランドで撮影された「FINE」のミュージック・ビデオが期間限定で先行フル視聴されている。

■原田知世 オフィシャルサイト
http://haradatomoyo.com/news/
■原田知世 オフィシャル Myspace   
http://www.myspace.com/haradatomoyo
※限定先行配信期間は10月9日まで
■原田知世 EMI ミュージック ジャパン オフィシャルサイト
http://www.emimusic.jp/artist/tomoyo/?id=55066

■ライブ info
仙台公演
2010年2月11日(木・祝) 仙台市民会館 小ホール
問合せ:GIP tel. 022-222-9999 http://www.gip-web.co.jp/
大阪公演
2010年2月27日(土) サンケイホールブリーゼ
問合せ:グリーンズ tel. 06-6882-1224 http://www.greens-corp.co.jp/
東京公演
2010年4月開催決定!詳細は追って発表。

【リリース情報】

2年振りとなるニューアルバム
『eyja』
EMI
10.21 ON SALE!
TOCT-26860
¥3000(tax in.)



今年ブランド設立40周年を迎えたGAPが“GAP 40TH ANNIVERSARY”を展開。国内外の数々の有名ミュージシャンを起用した広告キャンペーンを展開してきた“Gap”にとって、「音楽」はブランドを構成する大きな要因のひとつだが、今回のキャンペーンでは、現在の音楽シーンを牽引するミュージシャンをキャラクターに起用し、今もなお音楽とファッションという要素を通じて、カルチャーを創造していることを表現していく。

8月21日(金)にスタートしたFALLキャンペーンに続き、10月6日(火)からはHOLIDAYキャンペーンをとして、くるりと松任谷由実によるプロモーションを展開。くるり×松任谷由実 HOLIDAYオリジナルキャンペーンソング「シャツを洗えば」が完成した。くるりに打診したところ、ユーミンとぜひ共演したいということでオファー。元々ユーミンもくるりの音楽性に共感しコンサートに足を運んだり、一緒にお食事をするなど親交があったこともあり快諾、今回のコラボレーションが実現した。

【MUSIC CAMPAIGN
HOLIDAYキャンペーン(10月6〜日11月10日)中、Gapストアで4,000円以上お買い上げいただいたお客様を対象に、シリアルナンバーが記載されたキャンペーンカードを進呈。モバイルのキャンペーンサイトへアクセスし、シリアルナンバーを入力して応募すると、40周年記念ライブイベント『GAP 40TH ANNIVERSARY ICONIC MUSIC LIVE』に抽選で750組1,500名様(2シーズン合計)をご招待、さらに、くるり×松任谷由実HOLIDAYオリジナルキャンペーンソング『シャツを洗えば』着うた®を対象者全員にプレゼント。

参加条件: 期間中、対象店舗にてレジでの1回のお会計で4,000円(税込)以上商品をお買い上げいただいた方にお渡しするシリアルNo.カードで、キャンペーンモバイルサイトにアクセスの上、応募。
対象店舗: 全国のGapストア(アウトレット、The Gap Generation除く)
期間: HOLIDAYキャンペーン:¬ 10月6〜日(火) 10月20日(火)
¬10月21〜日(水) 11月12日(木) ¬カードの配布は11月10日(火)まで

賞品:
『GAP 40TH ANNIVERSARY ICONIC MUSIC LIVE』へのご招待
FALL / HOLIDAY両シーズンを通して、750組1,500名様をご招待
(FALL : 350組700名様 / HOLIDAY : 400組800名様)
『ICONIC MUSIC LIVE』にご応募された方へは、各応募受付期間の終了後に厳正なる抽選を行い、1週間程度でメールにて当落のご連絡を差し上げます。当選された方には、12月初旬にキャンペーン事務局より別途郵送。

楽曲ダウンロード
HOLIDAYキャンペーン:
GAP 40TH ANNIVERSARY HOLIDAY キャンペーンソング、くるり × 松任谷由実HOLIDAYオリジナルキャンペーンソング『シャツを洗えば』着うた®を対象者全員にプレゼント。

9月19日に20年ぶり、且つ還暦となり初めての東京ドーム公演を大成功させた矢沢永吉が、その熱い公演の模様を完全ノーカット収録したDVDをリリースする。

「60歳で現役ロックやっているやつがいないなら、俺やる。」と宣言したあの夜――――デビュー以来毎年続けていたライブツアーを、昨年37年目にして初めて封印していたが、その復活第一弾の場所に選んだ東京ドームで、こう宣言した矢沢。そのライブの模様が、完全ノーカット版でDVDリリースされる。

本公演は、60歳という年齢を微塵も感じさせない熱いパフォーマンスで5万人を圧倒し、さらにゲストには氷室京介(元BOφWY)、甲本ヒロト・真島昌利(ともに元THE BLUE HAERTS)、the generousとして活動する自身の愛娘yokoとのデュエット共演なども大きな話題を呼んだ。昨日10月4日(日)にNHK総合テレビでも公演の模様が一部放送された。
完全ノーカット版ということ以外、詳細は未定だが、リリースは今年12月上旬となる予定。

■オフィシャルサイト
「YAZAWA'S DOOR
http://www.eikichiyazawa.com/index.html
■オフィシャル携帯サイト
「E.YAZAWA」
http://m.e-yazawa.com/
■着ムービー・うたサイト
「矢沢永吉 e-channnel」
http://3m.e-yazawa.com

【リリース情報】
矢沢永吉「ROCK’ N’ROLL IN TOKYO DOME」(仮タイトル)
2009年12月上旬リリース予定 / 価格未定(DVD)

2000年代のヴィジュアル系シーンを代表する名曲、baroque「あなくろフィルム」と蜉蝣「夕暮れの謝罪」がまだ無名の新人アーティストにカヴァーされることが決定した。
baroque、蜉蝣、活動を止めた今もその名をシーンに残している彼らの楽曲をカヴァーするのは、一体どんなバンドなのだろうか。

 

この名曲をカヴァーする事が許されたのは4人組ロックバンド、“DOG inTheパラレルワールドオーケストラ”(ドッグ インザパラレルワールドオーケストラ)。
そのやたら長いバンド名と、4人4様のカラフルなヴィジュアルがインパクト大のバンドだが、今年の元旦に産声を上げたばかりの新人である。

一度見たら病み付きになると口コミで広がったファン一体型のライヴで、人気は急上昇中。
すでにワンマンライヴや限定販売のCDがソールドアウトするなど、期待大の活躍ぶり。
彼らのbaroqueと蜉蝣に対する熱いリスペクトに、両バンドのメンバーもカヴァーを快く承諾したそうだ。

「あなくろフィルム」「夕暮れの謝罪」はバンド名にちなんで11月11日(ワンワン!ワンワン!)にリリースされるファースト・シングル『ハルシオン飴缶』に収録される。

12/6には『ハルシオン飴缶』購入者を対象に行なわれるの無料ワンマンLIVEも決定。
期待の新種犬、音源で彼らの世界に足を踏み込んだら、ぜひ無料ワンマンライヴでその姿を目撃してほしい。

 

【リリース情報】

1st Single
「ハルシオン飴缶」

2009.11.11 ON SALE
Resistar Records
RSCD-002 / ¥1,575(tax in.)


1st Mini Album
「メルトトルカカトル」

2009.11.11 ON SALE
Resistar Records
RSCD-001 / ¥2,520(tax in.)


【ライブ情報】

ファーストシングル「ハルシオン飴缶」購入者対象無料LIVE
2009.12.6(日) SHIBUYA BOXX

主催イベント in 渋谷WOMB
2010.1.16(土) 渋谷WOMB
出演:DOGinTheパラレルワールドオーケストラ、シリアル⇔NUMBER、amber gris 他シークレットバンド有り

主催イベント in 渋谷WOMB
2010.2.20(土) 渋谷WOMB
出演:DOGinTheパラレルワールドオーケストラ、vistlip、アンド  他シークレットバンド有り

オフィシャルサイト
http://www.inu-para.com/

2009年10月3日(土)、9月30日付オリコンデイリーランキング4位を記録したニューアルバムSTAY~夜明けのSoul~』の発売を記念して、GARNET CROWがラゾーナ川崎で初のフリーライブを行った。会場には5000人という大勢の観客が集まる中、GARNET CROWが遂にステージに姿を表し、場内は一気に歓声に包まれた。

 

「ラゾーナ川崎にお越しの皆さん!はじめましてGARNET CROWです!」と登場同時に流れ出したのは、大人気アニメ“名探偵コナン”のテーマソングとして彼ら最大のヒットを記録した「夢みたあとで」。
この日はボーカル中村由利とギターの岡本仁志というユニット編成でLIVEを敢行。
普段はステージ中央で歌うボーカル中村由利がキーボードを弾き語りを披露し、ファンには感涙ものの演出となった。

続いて最新シングル「花は咲いて ただ揺れて」、を同じく弾き語りで披露した後、遂に中村由利がステージ中央に登場。歓声が大きく響く中、ニューアルバムからの表題曲「Stay」を披露。
GARNET CROW流のソウルフレーバーを注ぎ込み、新たな一面を見せたこの楽曲は既に話題騒然ということもあり、更に観客を魅了。
しっとりとしたバラードが2曲続き、秋空に溶け込むGARNET CROWワールドに浸っている間もなく、最後の曲は来年3月29日にデビュー10周年を迎える彼らのデビュー曲である「Mysterious Eyes」を軽快なアレンジに乗せ、披露。
さらにアンコールを求める拍手に答え、ライブでも盛り上がるという「今宵エデンの片隅で」をファンと共に歌った。
全編に渡り、この日の為に特別にアコースティックにアレンジされた楽曲は、現在開催されている全国ツアー“GARNET CROW livescope 2009”とは一味違う雰囲気の中、会場の雰囲気は一気に最高潮に達した。

 

 

【リリース情報】

「STAY~夜明けのSoul~」
2009.9.30 ON SALE
GIZA

初回盤A(5曲のPV収録DVD付)
GZCA-5196 / ¥3,500(tax in)


初回盤B(AL収録曲別Arr.音源収録CD付)
GZCA-5197 / ¥3,300(tax in)


通常盤
GZCA-5198 / ¥3,059(tax in)



【ライブ情報】

全国ツアー「livescope 2009  STAY~夜明けのSoul~ 」

10月12日(月・祝)横浜BLITZ(横浜)SOLD OUT
10月18日(日)Zepp FUKUOKA(福岡)
10月22日(木)なんばHATCH(大阪)
10月23日(金)なんばHATCH(大阪)SOLD OUT
10月30日(金)Zepp SAPPORO(札幌)
11月7日(土)Zepp SENDAI(仙台)
11月24日(火)赤坂BLITZ(東京)
11月25日(水)赤坂BLITZ(東京)SOLD OUT

初のカウントダウンLIVE開催決定!
2009年12月31日(木)大阪・NHK大阪ホール

オフィシャルサイト
http://www.garnetcrow.com/

 

 

メジャー1stアルバム『THIS IS MY STORY』で日本のロックシーンに新たな旋風を巻き起こしたTHE BAWDIES(ザ・ボゥディーズ)。
各地の夏フェスでの活躍がまだ記憶に新しいところ。そんな勢いに乗っているTHE BAWDIESが先日、メジャー・ファースト・シングル「IT’S TOO LATE」を11月4日にリリースすることを発表しているが、「IT’S TOO LATE」を引っ提げての更にパワーアップしたワンマンツアーのチケットも9月27日に一般発売されるや否や、即日ソールドアウトしてしまった地域が続出。

11月20日(金) 札幌 BESSIE HALL、11月22日(日) 仙台 MA.CA.NA、11月26日(木) 心斎橋 CLUB QUATTRO、 11月28日(土) 福岡 DRUM Be-1、12月4日(金) 恵比寿 LIQUIDROOMと、早くも5つの地域のチケットが即日完売。
11月30日(月) 広島 NAMIKI JUNCTIONと12月2日(水) 名古屋 CLUB QUATTROの2箇所のチケットも残すところあと僅か。

そして、最新作「IT’S TOO LATE」にもう一つ注目すべきポイントは、“完全限定生産盤”であること。
その証拠に、シリアルナンバーが刻印されている。
しかも、そのシリアルナンバーはTHE BAWDIESのメンバー4人が1枚1枚直接刻印するという前代未聞な内容。
シリアルナンバーを使って、何やら豪華特典が当たる企画も思案中とのことなので、これからの情報に注目して欲しい。

そしてそして、現在WEB上で話題沸騰中の「twitter(ツイッター)」にて、THE BAWDIESのアカウントが登場。
下記アドレスを要チェック。
THE BAWDIESアカウント
http://twitter.com/THE_BAWDIES

 

【リリース情報】

Major 1st Single
「IT’S TOO LATE」

VICL-36544 / ¥1,500 (tax in)


オフィシャルサイト
http://thebawdies.com/index.html






★THE BAWDIES 最新プレイリストはこちら★
「音楽の素晴らしさ、喜びを感じる曲」


京浜ロックフェスティバル'09
2009年10月12日(祝日)
開場/12:00 開演/13:00~20:00 ※雨天決行
会場:川崎市 東扇島 東公園特設会場
前売¥5,000円 当日¥6,000円

<出演>
細野晴臣 / あがた森魚 / The SUZUKI(鈴木慶一&鈴木博文 with 武川雅寛) / 友部正人 / 内田勘太郎 / オレンジ・カウンティー・ブラザーズ / 東京ローカル・ホンク / キセル / グッドラックヘイワ / 音羽信~有馬忍 with 藤田“洋麻”洋介+恩蔵隆 / スカンク兄弟 / KAZZ and more...
総合プロデューサー:久保田麻琴

 

京浜ロックフェスティバル'09は今年で第二回目を迎えるロック・イベントだ。
実験的に無料で行われた第一回目は、久保田麻琴と夕焼け楽団の奇跡的なリユニオンが行われ、日本のロック・イベントの歴史にその足跡を残した。今年、第二回。一回目の奇跡、それからもっと新たなこと、素晴らしいことができるのではないかという地元スタッフの熱い思いから始まった。そして昨年と同じ10月12日に、それこそ70年代に金沢で行われていた日本の伝説的ロックフェスティバル「夕焼け祭り」に大きく関わっていた久保田麻琴をプロデューサーとして迎え、より充実した音、内容として開催されることとなった。

日本の夏、津津うらうらで行われるロックフェスとは一味違うものを、聴き手も作り手も共にある、もっと根源的なフェスティバルを自分たちの手で運営開催する……そんな思いの中、発表された出演者は、細野晴臣を始めとする音楽ファンがより音楽的であると信頼しているロック・ミュージシャンが一同に会することになった。

例えば、オレンジ・カウンティ・ブラザーズのようなテックス・メックスなサウンドが他のフェスで聴けるであろうか。そんな出演者の顔ぶれからも、細野晴臣がこの数年、カントリー・スウィング的なサウンドや、ザ・バンドのような土臭いロックを自身の日本語詞をつけて歌うといった試みが、この京浜ロックの中ではとても自然なものと思えるのである。つまり、日本のロック音楽として、とても根源的なものがここにはあるのではないだろうか。

その細野晴臣の出演はトリではなく、フェスの中盤、みんながリラックスしてゆるやかに聴ける海の風を感じる夕闇の落ちる直前に、“音楽を愛する一人の音楽家”としての登場が予定されているそうだ。この構成をとっても、京浜ロックのおもしろさ、音楽がある。そこには、日本のロックの創生期からその音楽を見続け、自身もその中で作品を生み出し続け、世界の音楽と関わり作り続けてきた現役のミュージシャン、久保田麻琴というプロデューサーならではの視点、手腕が感じられる。

けっして懐古というのではなく、創生期から続けている音楽家たちの「今」、そしてこれまでの実績をどう見せ、聴かせていくのか。

東京ローカルホンクの登場の仕方にも注目が集まっている。彼らは、決して器用ではないが、自分たちの音と音楽を持ち、長い時間をかけてライブでの評価を得てきているバンドである。そのホンクと共に、友部正人、あがた森魚がステージに登場するようだ。友部正人は、若手のバンドやアーティストからその「言葉」において、あるいは音楽的姿勢において常に一目置かれる存在である。ホンクとも現在レコーディング中という話もあり、新たな友部正人の音楽が期待される。あがた森魚は、70年代には、現在ムーンライダーズの鈴木慶一や武川雅寛らが結成していた<はちみつぱい>とともに活動をしており、バンドと共にステージに登場するあがた森魚に期待を馳せる音楽ファンも多いのではないだろうか。さらには、その盟友であった鈴木慶一と武川雅寛、それに鈴木博文というハーフ・ムーンライダーズともいえる3人もまた、ホンクと共にステージに登場する。この10月、9枚組となる70年代当時のライブ音源を集めた『THE FINAL TAPES はちみつぱいLIVE BOX 1972-1974』が発売されることもあり、ホンクとのこの3人の組み合わせの中、バンドとしての3人の音楽、そして新しい何かを感じることは音楽ファンとしては必至のものではないだろうか。

京浜ロックの舞台セットでの特徴のひとつが、大型トラックの側面が開いてそのままステージなるいわゆるトラック・ステージだ。これは70年代のローリング・ストーンズやグレイトフル・デッドがこういったステージとともに長いツアーをしていた(機材の不十分な時代、こうして機材ごとステージを持って旅をした)、それを踏襲して日本でも生み出されたものだ。今回は、トラック・ステージが2台。ムダな転換時間を無くし、常に会場には音楽が演奏されている。そして、そのすべての出演者が、プロデューサー久保田麻琴を始めとしたスタッフが自信を持ってオススメしたい音楽を奏でる人たちなのである。そう、10月12日、この日は1日、京浜ロックで音楽三昧の日、そして新しい音楽を見つけられる日、となるにちがいない。

 

■京浜ロックフェスティバル'09 公式サイト
http://krock.jp/
■細野晴臣、あがた森魚、鈴木慶一ほか出演
京浜ロックフェスティバル'09 CMムービー
http://www.youtube.com/watch?v=LhGNmjeJBQs


<開催概要>
京浜ロックフェスティバル'09
日時:2009年10月12日(祝日)
時間:開場/12:00 開演/13:00~20:00 ※雨天決行
会場:川崎市 東扇島 東公園特設会場
料金:前売¥5,000円 当日¥6,000円 ※小学生以下、無料 

<出演者>
細野晴臣
あがた森魚
The SUZUKI(鈴木慶一鈴木博文 with 武川雅寛)
友部正人
内田勘太郎
オレンジ・カウンティー・ブラザーズ
東京ローカル・ホンク
キセル
グッドラックヘイワ
音羽信有馬忍 with 藤田“洋麻”洋介+恩蔵隆
スカンク兄弟
KAZZ
and more...
総合プロデューサー:久保田麻琴

<チケット・インフォメーション>
イープラスにて9月5日より一般チケット発売開始!
詳しくは、こちら

2008年にNIGO®(A BATHING APE®プロデューサー)の盟友であり、全米No.1 音楽プロデューサーであるPharrell Williams(=ファレル・ウイリアムス/ The Neptunes)の発案に意気投合し、女性HIPHOP/R&B アーティスト・オーディション「STAR BAPE® SEARCH( スター・ベイプ・サーチ)」 を開催。
『日本、アジア、そして世界で活躍できるDIVA・歌姫』を基準にアーティストを選出し、選ばれたアーティストはPharrell Williams (The Neptunes)とNIGO® の全面プロデュースでSTAR TRAK/(B)APE SOUNDS™ レーベルからデビュー!!という触れ込みに、全国のみならず海外からもシンガー志望の女性の応募が殺到。そして同年8月13日に代官山UNIT にて行われた「STAR BAPE®SEARCH FINAL STAGE」の舞台で、Pharrell、NIGO®ら立会いのもと、栄光のWINNER に輝いたのが、“Manami”(=マナミ)。
そのManamiが10月21日に世界23カ国同時にiTunesでの配信シングルのリリースが決定し、いよいよ世界デビューすることが発表され、またそれに先駆けて、10月14日~10月20日まで日本のみiTunesでのフリーダウンロードが実施されることも決定した。
NIGO®とPharrell Williams (The Neptunes)によるトータルプロデュースのシンガーはアジア初、そしてオーディションを主催して見出したシンガーとしては世界初となる。

Manamiは沖縄県出身。中学時代から音楽の魅力にひかれていき、大学時代はダンス部に所属しながら歌も自己流で本格的に学ぶようになり、STAR BAPE® SEARCH AUDTIONで見事グランプリに輝いた。ソウル・ゴスペルミュージックをこよなく愛しているそう。

10月21日から世界23カ国同時配信されるメジャー・ファースト・ダウンロード・シングルとなる「Back Of My Mind(Produced by The Neptunes)」は、Pharrell自身が作詞作曲を手掛けた全編英語詞の楽曲で、Pharrellならではの印象的なリズムとメロディー、そして絶妙なグルーヴとウィットに富んだ“Manami”の声が一度聴いたら忘れられない、耳障りのいいポップチューン。また、日本を除く22カ国ではManami自身が日本語の歌詞を書き、Pharrellが日本語の響きに絶賛したという「Back Of My Mind-Japanese Ver.-(Produced by The Neptunes)」も配信される。

<作品情報>
Manami
Major First Download Single
「Back Of My Mind(Produced by The Neptunes)」 ※世界23カ国同時配信
「Back Of My Mind-Japanese Ver.- (Produced by The Neptunes)」 ※日本を除く22カ国同時配信
2009.10.21 世界23カ国同時デビュー

※    10月14日~10月20日まで日本のみフリーダウンロードを実施。
オフィシャルmyspace  http://www.myspace.com/manamiofficial

10月21日にメジャーデビュー第1弾ダウンロードシングル「白朝夢」をリリースするWEAVER
メジャー・デビュー前にも関わらず「SUMMER SONIC 09」出演、デビュー翌日の10月22日(木)、23日(金)にはflumpoolのライヴのオープニング・アクトとして日本武道館のステージに立つことが決定しているなど話題が高まっている。

レコチョクロックサイトで9月19日より期間限定配信された「白朝夢」の着うたフル(R) Short verが、2週連続ウィークリーランキング1位を獲得。
携帯サイト「魔法のiらんど」では「白朝夢」が再生ランキング1位にランクイン、各音楽専門誌でもWEAVERが大注目されるなど早くもポテンシャルの高さを印象付けている。

そんなWEAVERにさらなるビッグニュース。
10月3日から日本テレビでスタートする新しい音楽番組「音龍門」の栄えある最初の『DRAGON PUSH ARTIST♯1』に決定。
WEAVERは5週に渡って毎回約10分のコーナーが放送される。 「音龍門」はメジャーデビューを迎える注目のアーティストにスポットライトを当て、その舞台裏を追ったドキュメンタリーチックなこれまでにない新しい音楽番組で、メジャーデビューするWEAVERのリアルな過程を視聴者もリアルタイムで体感できる。
オンエアは関東エリアのみだが、番組終了後にオフィシャルサイトでもダイジェスト動画も配信される予定なので、オンエアエリア以外の人もチェックしておこう。

日テレ新番組 「音龍門」
10月3日(土)スタート
毎週土曜日25時20分~25時50分オンエア
※第2回目以降の放送は番組表をチェック

WEAVERオフィシャルサイト
http://www.weavermusic.jp
WEAVERオフィシャルMySpace
http://www.myspace.com/weaverjapan

 

2009年8月にリリースした2ndシングル「あなたの恋人になりたいのです」が同世代の女性を中心にカリスマ的な人気を集めている19歳のシンガーソングライター阿部真央
そんな彼女の2010年第1弾となるシングル「いつの日も」が2010年1月6日(水)にリリースされることが決定した。

この曲はフジテレビ系「エチカの鏡 ココロにキクTV」のエンディングテーマとして10月11日(日)21時~よりオンエアされることが決定。
「ココロをリセットして、また一週間がんばろう!」という気にさせるのがコンセプトの同番組に、彼女のストレートな詞がどう絡んで、活きてくるか非常に楽しみなところ。

さらに大阪地区ではこの番組の初回放送の直後に、FM802で彼女の初レギュラー・パーソナリティーの初回放送の第1声を聴けるというベストなタイミング。
そしてそんなラジオにも新情報。
同じく10月よりFM802のレギュラー・パーソナリティーの他にJFN系のラジオ局にて阿部真央の冠プログラム「阿部真央のあべまおらじお」がスタートすることが決定。
全国18局をネットして10月1日(水)より全国各地にて放送される。
放送地区は、以下の通り。(9月18日現在)
【ネット局一覧】FM青森・FM秋田・FM山形・FMぐんま・FM栃木・FMとやま・FM石川・岐阜FM・HIROSHIMA FM・FM山陰・FM徳島・FM高知・FM佐賀・FM長崎・FM熊本・FM大分・FM宮崎・FM沖縄

 

【リリース情報】

New Single
「いつの日も」

2010.1.6 ON SALE
PONY CANYON

【初回限定盤 CD+DVD】
PCCA-03064 / ¥1,575(tax in)


【通常盤 CD ONLY】
PCCA-03065 / ¥1,260(tax in)]


オフィシャルサイト
http://abemao.com/

2000年代も終盤に差し掛かった10月1日に、音楽業界を大きく揺るがすビックニュースが届いた。ヒット・プロデューサーとして知られる小林武史と大沢伸一が新ユニットを結成するという。
小林武史は、音楽プロデューサー、キーボーディストで、Mr.Childrenをはじめ、サザンオールスターズ、レミオロメン、Salyuなど、数多くのアーティストのレコーディング、プロデュース、ライブ演出などを手がける。大沢伸一は、音楽家、DJ、ミュージシャン、プロデューサー。ワールドリリースされる革新的な作品をリリースし続ける一方、国内外のアーティストのプロデュース、リミックスを数多く手掛ける。また、DJとしても国内屈指の動員数を誇る。
日本が誇る2大プロデューサーによるユニット名はBradberry Orchestra。

記念すべき1stソング「Lucky」はボーカルにSalyu×エリイを迎えた超絶エレクトロ・ロックチューンとなる。この楽曲は先日、2009年9月5日に国立代々木第一体育館にて開催された、史上最大級のファッションフェスタ『第9回東京ガールズコレクション/AW』で披露され、会場に来ていたファッションリーダー達の間で話題となっていた楽曲。

いよいよベールを脱ぐと共に、10月1日よりOORONG-SHA MOBILE・レコチョクを始めとした音楽配信サイトにて無料配信も開始となっている。

■BRADBERRY ORCHESTRA オフィシャルサイト
http://www.bbo-a.jp/

ユニコーン CX「HEY!HEY!HEY!」出演決定!

約20年ぶりにダウンタウンと共演!!

10月7日に、復活第2弾シングル「半世紀少年」をリリースするユニコーン。
ドラマー川西幸一の50歳を記念して、10月6日、7日には日本武道館にて、10月19日、20日には大阪城ホールにて記念イベントを行う彼らだが、このたび10月19日(月)放送のフジテレビ「HEY!HEY!HEY!」への出演が決定した!
ユニコーンの「働く男」「スターな男」もオープニング曲として使用された伝説のバラエティ番組『夢で逢えたら - A SWEET NIGHTMARE -』以来、約20年ぶりにダウンタウンとの共演を果たすことになった。ユニコーン解散後の奥田民生とも交流の深いダウンタウンとのトークは期待大!今回のシングルタイミングでは唯一の歌番組ゲストとなるため、見逃しは禁物だ。果たしてどのようなコスプレで登場するのか?乞うご期待!!


そして10月7日のシングルリリースに先駆けて、着うたフル(R)の配信がスタート!

 

 

【リリース情報】
New Single
『半世紀少年』
2009.10.7 ON SALE!
Ki/oon Records

【初回生産限定盤】
KSCL1462-63
¥1,400(tax in.)


【通常盤】
KSCL-1464
¥1,020(tax in.)


【アナログ盤】
KSJL-6151
¥1,575(tax in.)
※アナログ盤のみ
2009.10.14 ON SALE


収録曲
<DISC1:CD>
M1. 半世紀少年
M2. 川西五〇数え唄
M3. 半世紀少年(カラオケ/長髪残し)

※初回限定盤のみ収録
<DISC2:DVD>
特典映像DVD MOVIE13
「こーいちい散歩 呉編」


【ライブ情報】

『川西幸一 50歳記念 チョットオンチー栄光の50年』
2009年10月6日・7日 日本武道館
出演:ユニコーン / PUFFY / BLACK BORDERS
/ ゲスト:髭(HiGE)(6日のみ)、くるり(7日のみ)

2009年10月19日・20日 大阪城ホール
出演:ユニコーン / PUFFY / BLACK BORDERS
/ ゲスト:RIP SLYME(19日のみ)、BEAT CRUSADERS(20日のみ)

『川西幸一50年記念 チョットオンチー栄光の50年 -番外編-』
"なんちゃってGROUND 2009"

2009年10月14日(水)
出演:ユニコーン / BLACK BORDERS / 川西幸一と愉快な仲間たち
会場:DRUM LOGOS / DRUM Be-1 / DRUM SON
※各会場ごとの出演者、及び公演詳細は10月1日以下のHPにて発表!


オフィシャルサイト
http://www.unicorn.jp/
川西幸一 50歳記念サイト
http://www.kawanishi50.jp/


MUSICSHELF ユニコーン ツアーレポート 『ユニコーンの旅』