2010年7月アーカイブ

7月16日からテレビ東京系列でオンエアがスタートした話題のドラマ「モテキ」(毎週金曜日深夜0時12分~)。

一話一話に古今東西のJ-POP、J-ROCKの曲名が冠されているなど、音楽と非常に関係性の深い“モテキ”だがmそこから派生したコンピレーションアルバム「モテキ的音楽のススメ」が9月8日にavex/tearbridge records、Sony Music Associated Recordsのメジャーレーベル2社から同時リリースされる。その注目のコンピレーションのジャケットがついに公開された。

コミックの作者久保ミツロウ氏による描き下ろしジャケットとなり、この2枚のコンピレーションアルバムにはそれぞれサブタイトルとして「中柴いつか・小宮山夏樹盤」「土井亜紀・林田尚子盤」と“モテキ”のストーリーを彩る4人のヒロインの名前がつけられており、ジャケットのイラストでは「この4人がもしもバンドを組んだとしたら?!」という設定のもとにそれぞれの盤のサブタイトルに準じた2名ずつの女性が楽器を演奏&歌う姿が描かれている。

2枚を並べると1つのバンドになる!という「モテキ」ファンにはたまらない演出が施されている。一体どのキャラが何の楽器を担当しているのか、など収録曲同様、このジャケットも「モテキ」ファン、音楽ファンの間で大きな話題を呼びそうだ。

 
【テレビ東京系 ドラマ24 第20弾 特別企画「モテキ」】
毎週金曜 深夜0時12分から放送中
(テレビ大阪は翌月曜深夜0時12分~)
主演 森山未來 脚本&演出 大根仁
■モテキ公式HP:http://www.tv-tokyo.co.jp/moteki/
■モテキ公式Twitter:https://twitter.com/TVTOKYO_moteki

 

【リリース情報】

moteki_avex_S.jpg モテキ”から派生したコンピ
『モテキ的音楽のススメ~中柴いつか・小宮山夏樹盤~』
エイベックス
09.08 ON SALE!
NFCD-27286
¥2,500(tax in.)





【リリース情報】

モテキ”から派生したコンピ
『モテキ的音楽のススメ~土井亜紀・林田尚子盤~』
ソニー
09.08 ON SALE!
AICL-2163
¥2500(tax in.)




昨年夏に公開され大人気を博し、日本アカデミー賞:最優秀アニメーション作品賞を受賞したアニメ映画「サマーウォーズ」。その主題歌だった山下達郎の「僕らの夏の夢」が、上田電鉄別所線・上田駅の発着音になる。

「サマーウォーズ」は信州・上田市を舞台にした映画で、その中で起こった全ての事件は2010年7月29日~8月1日の出来事であり、今年が、映画の設定と同じ“リアル・サマーウォーズの年”となる。7月30日より上田駅では、山下達郎が映画のために書き下ろした主題歌「僕らの夏の夢」が電車の発着音になり、更には山下達郎をモチーフにした特別アバターが上田駅限定の立看板となって登場。訪れる人々を出迎える。

また、この電車発着音は10月31日までの3ヶ月間限定でレコチョク他、主要配信サイトにて着うた(R)配信される。

◎別所線上田駅 「僕らの夏の夢」電車発着音】……2010年7月30日~期間未定
◎電車発着音 着うた配信……2010年7月30日~2010年10月31日
◎仮ケンジ&達郎アバター立看板設置期間……2010年7月30日~2010年10月31日

7月28日に5枚目のアルバム『HEAVEN』をリリースした加藤ミリヤが27日、東京・原宿ラフォーレミュージアムにて、『Miliyah's Collection』(ミリコレ)を開催した。

ファッション誌などでも特集が組まれるほど、若い女性のファッションアイコンとして独自の地位を確立している加藤ミリヤが、今回mixi上で『なりきりミリヤ』(ミリヤー)を大募集。1万人の中から選ばれた50人のミリヤーがファッションショーを行った。ファッションショーでは、全国から集まった1万人の中から選ばれた『なりきりミリヤ』50人が次々とランウェイに登場。ミリヤの私服、CDのジャケット写真、また「男でもミリヤファッションは出来る!」と応募した男性の姿など、思い思いのウォーキングやポージングで会場を沸かせていた。

グランプリに輝いたのは、シングル「Last Love」のジャケット写真を真似た横田美咲さん。ミリヤは「みんなとても頑張ってくれて、選ぶのは涙が出るくらい心苦しかったんです」とコメント。また、最終選考に残った10人も感涙するミリヤーが続出。ミリヤは、そんなファン一人一人に優しく声をかけ続けていた。

そして、イベントの最後には、ミリヤからのプレゼントとして、スペシャルライブが行われ、7月28日にリリースされるアルバム『HEAVEN』から、スピッツの「ロビンソン」をサンプリングした話題曲「X.O.X.O.」を披露。「聴いてもらえれば、絶対1曲は『この曲は自分の曲!』だって思える曲に出会えるはずです」と、ニューアルバム「HEAVEN」の仕上がりについても自信を見せた。

このイベントの様子は、mixi初、ファッションイベントとしても国内初のインターネット動画生配信としてリアルタイムに全国のファンに届けられた。ミリヤはmixi公認アカウント開設直後に1位を獲得して以来一度もトップの座を譲ることなく、現在では約65万人ものマイミクを抱えているだけあって、mixiを通じてこの企画に参加した人は全国で、のべ7万人にも達し、その圧倒的な人気の高さを見せ付けた形となった。

■オフィシャルサイト
http://www.miliyah.com/

 

【リリース情報】
スピッツ「ロビンソン」をサンプリング
『HEAVEN』
ソニー
07.28 ON SALE!


【初回限定盤】
SRCL-7343/4
¥3,675(tax in.)

【通常盤】
SRCL-7345
¥3059(tax in.)

エルヴィス・プレスリーの声を全く新たな方法論(当時のヴォーカルトラックを残しつつ、新たなるサウンドを革新的にクリエイト)でフィーチャーしたエルヴィスのニュー・アルバム『Viva ELVIS – The Album』が今年11月に全世界で発売されることが決定した。

生誕75年となる今年、エルヴィス・プレスリー・エンタープライズとラスヴェガスで行われているシルク・ドゥ・ソレイユの公演『Viva ELVIS』との協力のもと、作られたアルバムで、ラスヴェガス公演で実際に使われている曲およびインスピレーションを得た曲で構成されている。1977年6月にリリースした生前ラスト作品『ムーディ・ブルー』以来、実に33年振りの新録音盤となる。 

『Viva ELVIS – The Album』は、エルヴィス・サウンドの革命的衝撃を推し進めながら、現代的な視点でエルヴィスのスピリットとエッセンスを呼び覚ましているという。ブルース、ロカビリー、ゴスペル、フォークからポップに至るまで、あらゆるジャンルをマスターしていったエルヴィス自身の多才ぶりが映し出されていると同時に、ガレージ・ロック、パンク、アーバン、ヒップホップといった要素までもが取り込まれている作品になっているという。

「もしも今の時代に、エルヴィスが彼の持ち歌を初めて歌うとしたら、どんな感じになっていただろう?」と問いかけるのは、アルバムのプロデューサー兼アレンジャーで、シルク・ドゥ・ソレイユによる『Viva ELVIS』の音楽監督とアレンジャーも務めるエリック・ヴァン・トルノー。「私たちは彼の音楽と未来の世代のファンとをつなぐ架け橋を築きながら、エルヴィス・プレスリーの魂と精神を呼び覚まそうとしたのです」。

『Viva ELVIS』の音楽に取り組む際、ヴァン・トルノーは―アシスタント・プロデューサー兼アシスタント・アレンジャーを務めたヒューゴ・ボンバーディアの協力を得て、エルヴィスが残した無数のアルバム、フィルム、ライヴ録音、インタビュー、ホームレコーディングを、3,000時間以上を費やして聴き直し、見直した。そのプロセスを通じて、彼らはエルヴィスの曲を1万7000以上サンプリング。そして、それがショーの素材となり、この作品へと繋がっていった。ヴァン・トルノーとボンバーディアは、時にはキーやテンポといった細部を変えながら、いくつかのシークエンスやサウンドを同じ一つの曲に織り込むこと行ったが、どの曲においても最終的な目標はオリジナル録音が持つエッセンスに敬意を表し、理解することだったという。

すべての時代のエルヴィスの才能を讃えて、本作には、スターの座に駆け上がった50年代、映画出演とサントラの制作が中心となった60年代、『’68カムバック・スペシャル』でのステージへの輝かしい復帰、そして1970年代、ラスヴェガスでの革新的な登場に至るまでの曲が収録されている。「バーニング・ラヴ」「サスピシャス・マインド」「ブルー・スエード・シューズ」「イッツ・ナウ・オア・ネヴァーといった曲が、『Viva ELVIS – The Album』のために、今までに類のない再創造が行われ、新しい息吹が吹き込まれた。

『Viva ELVIS – The Album』は、ロック界で最初にして最大のスーパースターのために、21世紀に用意された作品として、多くの音楽ファンの心に深く突き刺ささり、後世に語り継がれていくことになる。

【リリース(商品)情報】
『「Viva ELVIS – The Album』
日本盤 2010年11月予定
公式HP・
www.elvispresley.jp

 

4枚目のアルバム『スポーツ』を引提げた全国ツアー「ウルトラC」が各地で絶賛を博した東京事変がドラマ主題歌の新曲『天国へようこそ』(テレビ朝日系金曜ナイトドラマ「熱海の捜査官」7月30日スタート毎金曜23:15~)を配信限定でリリースした。

さらにこの程、もう一曲、新曲のリリースが決定。こちらも配信限定となる「ドーパミント!」を7月28日よりモバイル配信[着うた®、着うたフル®、RBT]&PC配信(iTunesストア他)スタート。「ドーパミント!」は江崎グリコの人気商品「ウォータリングキスミントガム」新TV-CM曲に決定。

昨年末、椎名林檎が初の出演を果たし、CM曲となったシングル「能動的三分間」がチャート1位を獲得したのも記憶に新しい、話題のCMリニューアル第3弾が7月27日よりオンエアされている。

今回、撮り下ろされた椎名出演の新撮映像「ウォーターライン」篇では、とある観光地を訪れた観光客に扮する彼女が派手な噴水マジックを披露するという設定。観光バスから降り立ち、リズミカルに小旗を振りながら歩き出すと、道行く左右から次々と水柱が噴射。たどり着いた広場の噴水前でポーズを決めた瞬間、背後の噴水が空に向かって一斉に噴き上がり、美しい水のストライプを描くという、“うるおい感”を強調した、幻想的かつインパクトあるストーリーが展開。

鮮やかな赤のドレスを着た日焼けした肌にショートヘアという夏を感じるファッションで、前作までとは異なる、新しい椎名の魅力が楽しめ本CM。彼女のキビキビとした動きと美しい水を使った演出の数々、そして、この映像に見事にシンクロしたCM音楽が東京事変の「ドーパミント!」。

このタイアップCMのために、新たに書き下ろされた本作は椎名林檎が作詞、伊澤一葉が作曲を手掛ける。事変メンバーの卓越した演奏が織り成す、突き抜けるグルーヴが痛快な、疾走感あふれるナンバーになっている。

【熱海の捜査官】

テレビ朝日系 金曜ナイトドラマ、7月30日(金)スタート
金曜 23:15~24:15放送

テレビ朝日系列24局ネット(一部放送時間が異なる地域があります)
監督・脚本:三木聡/主演・オダギリ ジョー、栗山千明、他

http://www.tv-asahi.co.jp/atami/

■公式HP

http://www.tokyojihen.com

http://www.kronekodow.com

中川翔子がケータイ音楽ドラマ「DOR@MO(ドラモ)」にて初主演することが決定した。ブログ・声優・タレント・漫画家など活動の領域がボーダレスの中川翔子が、今度はドラマ主役に初挑戦する。

「恋の正しい方法は本にも設計図にも載っていない」は、7月26日から予告編の先行配信スタート。8月8日より「ケータイ音楽ドラマDOR@MO(ドラモ)」として本編第一話の配信がスタートする。期間限定・無料。

今作品は、8月18日にリリースされる両A面シングルに収録されている、新曲「千の言葉と二人の秘密」から生まれた完全オリジナル作品。監督に、「月とキャベツ」「初恋」「命」等、数々の作品を手がける映画監督、篠原哲雄を迎える他、映画界に名を馳せる総々たるスタッフにより制作された、ヒューマンラブストーリー。

■中川翔子本人コメント
「今回初めてドラマの主演させてもらって、いきなりすごい大役を頂き、しかも監督があの“篠原哲雄大監督”と、どうしよう、とドキドキが止まりませんでした。
ただ、実際に演じてみて、図書館のシーンや森でのシーン・夕暮れの景色が素敵なシーンなど様々な場所で撮影していく内に、気付けば完全に「泉」ちゃんモード全開で役に自然になりきっていました(笑)
テレビ番組やCDをリリースする感覚ともまた違った、みんなで作品を作っていく楽しさ、演技にチャレンジする楽しさなど、色々な事を今回学ぶ事が出来ました。
撮影時間があっという間に過ぎて、クランクアップの瞬間は「もっとみんなでやっていたい!6日じゃ足りない」と寂しく思う程。
もし、芸能界に入っていなかったら、きっと私は「泉」ちゃんの様になっていたんだろうな~と思える位、陰に引きこもりがち、異性が苦手で、偏った知識を持っている「泉」ちゃんとの相性は良かったです!
主題歌になっている「千の言葉と二人の秘密」は、撮影後時間が経っていない状態で出来たので、「泉」ちゃんのまま臨めたのですが、自分で歌う時より恥ずかしかったです(笑)なんでだろう? 大事なシーンでかかる予定なので、是非、ドラマと主題歌と両方楽しんでもらえればと思っています」


【作品概要】
タイトル: 「恋の正しい方法は本にも設計図にも載っていない」
主演:中川翔子
出演:鈴木裕樹、金子さやか、遠藤要
監督:篠原哲雄
脚本:正岡謙一郎
制作プロダクション: ドリマックス・テレビジョン
企画・製作: ソニー・ミュージックエンタテインメント / ソニー・ミュージックレコーズ
主題歌: 中川翔子 「千の言葉と二人の秘密」 (ソニー・ミュージックレコーズ)
8月18日リリース「フライングヒューマノイド/千の言葉と二人の秘密」(本人初両A面シングル)
8月11日から「千の言葉と二人の秘密」「着うた®」配信決定
DOR@MO配信期間:2010年8月8日(日)~
配信話数:全10話
期間限定・無料
配信サイト:http://www.doramo.jp/
視聴形式:ストリーミング、または制限付ダウンロード方式

 

【ストーリー】

人と接するのが苦手で、本に囲まれている時が幸せという図書館司書の野田泉(中川翔子)。

ある日、友達の久美子(金子さやか)が人付き合いの悪い泉を心配して開いた合コンで、自分とは正反対なラテン系で建築家の、米谷ネル(鈴木裕樹)と 出会う。出会った翌日から毎日図書館へと押し掛けてくるネルの強引さに、最初は困惑していた泉だが、「図書館を作るのが夢」と語るネルに少しずつ心を開い ていく。

しかし、ネルが近づいて来たのは、実は仲間内のゲームであったという事実を知り、泉は再び自分の殻に閉じこもってしまう。泉が人を遠ざけ、恋に臆病になってしまったのには、ある理由があった。
泉の秘められた過去を久美子から知らされたネルは、自分がどれほど泉を傷つけてしまったかを知り、泉に自分の正直な気持ちを伝えに行くが……。

 

【ケータイ音楽ドラマ「DOR@MO (ドラモ)」】
人気アーティストの楽曲をドラマ化し、モバイルやPCに配信する他、劇場上映なども行う、ソニーミュージックの企画・製作による映像作品。2008年12月にスタートし、現在までに、加藤ミリヤ、JUJU 、清水翔太、ゴスペラーズ、スキマスイッチなど第一線で活躍中のアーティストの楽曲をベースにした9作品を制作、配信した。これらは配信のほか、DVDパッケージ化、新宿バルト9、梅田ブルク7でのスクリーン上映など多面的に展開。2010年6月にはスキマスイッチ「8ミリメートル」がアメリカアカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭「Short Shorts Film Festival & ASIA 2010」の「ミュージックShort PV部門」で、「優秀賞」獲得。DOR@MOとして10作目となる今作は、初のアーティスト主演の作品となる。

 

■公式HP

http://www.nakagawashoko.com

 


【リリース情報】
初両A面シングル
『フライングヒューマノイド/千の言葉と二人の秘密』
ソニー
08.18 ON SALE!


【初回限定盤】
SRCL-7326,7
¥1,575(tax in.)

【通常盤】
SRCL-7328
¥1,223(tax in.)

TBSの「金曜日のスマたちへ」で、7月23日(金)に放送された後藤真希の特集が最高視聴率19.3%を記録し、大きな反響を呼んでいる。

同番組は人気企画「波瀾万丈」で後藤真希を取り上げ、2時間にわたるスペシャル番組として放送。「後藤真希 24歳の告白」の銘打たれたタイトルの通り、後藤は番組中でこれまで知られることの少なかった自らの壮絶な人生を包み隠さず披露した。

13歳で国民的アイドルグループ・モーニング娘。のオーディションで「10年に一人の逸材」としてデビューし、次々とミリオンヒットを飛ばし華々しく活躍した彼女だが、その笑顔の裏にはTVに映る彼女からは想像できない苦悩と葛藤があった。

小学校5年生のときに父親を事故で亡くしていたこと。モーニング娘での成功後、わずか16歳にして家族と同居していた実家を新築してプレゼントしたこと。人気の翳りが囁かれ、アイドルとしての自分に疑問と葛藤を抱きつつも、母の笑顔を見るために歌い続けていたこと。そんななか、かつて芸能活動をしたこともあった実弟が窃盗と傷害の罪で自首し、逮捕されたときの驚きと苦悩。

それを機に芸能界から引退を考えたものの、絶望する家族を支えるため、歌手として再出発する決意をした。そんな彼女に大きな理解と興味を示したavexに完全移籍した後、新たな一歩へ向かって着々と準備が進むなか、最愛の母を突然の転落死で失った。しかも、それは彼女の目の前で起きた悲劇だった。

それゆえ、第一発見としての状況報告を警察に迫られ、病院に搬送された母の最期に立ち会えなかった。母を失い、歌うための目的も失ってしまった。しかし、天国にいる母のため、もう一度マイクを握り、芸能界で生きる決意をする。番組インタビューのラストでは、「芸能界に入って良かったと思えるように、これから頑張りたい」と涙まじりに語った。

それらのひとつひとつを、凛とした表情ながらも堪えきれない涙とともに振り返る彼女の様子は、これまでの「モー娘・ゴマキ」のイメージを大きく覆し、視聴者からも反響を呼んだ。平均視聴率は14.6%。瞬間最大視聴率は19.3%で、後藤が母の居室に立ち、事故の起きた夜について振り返るシーンだった。後藤真希の公式サイトにも、オンエア後3日間で10万PV以上のアクセスが殺到した。その声は、後藤真希公式サイトにて期間限定で開設された投稿コーナーで読むことができる。女子高生から50代の男性まで、幅広い世代からの寄せられた熱いメッセージ。番組オンエア後の3日間で1,000通以上にも及んだ。その大半は、壮絶で過酷な運命を背負いながらも笑顔で歌ってきた彼女を見て、自分たちも勇気をもらったというもの。

また、番組後半にスタジオで歌唱した「華詩 -hanauta-」は、亡き母を思って後藤自身が作詞したバラードで、オンエア当日のレコチョク着うたデイリーチャートでは、前日の20位から4位へ急上昇。

今週水曜日、7/28(水)にリリースされるミニアルバム「ONE」には、その「華詩」をはじめ、バラエティに富んだ楽曲が収録されている。そのどれもが憶えやすいメロディの曲ばかりなのは、「歌が好きだから、たくさんの人に歌ってもらえる音楽がしたい」という彼女の想いによるもの。ビジュアルもサウンドも、成長・進化した“ゴマキ”の魅力に満ちている一枚となった。

元・モーニング娘。のゴマキに貼られた誤解と偏見のレッテルは、彼女の勇気ある告白によって強烈な共感と好感、さらには尊敬に変わりつつある。大きな悲しみと苦しみを乗り越えた者にだけ与えられる彼女の魅力とオーラは、これからどこまで人々を惹きつけていくのか、歌手・後藤真希の再出発に注目だ。

今後の予定は、「華詩」が収録されたミニアルバム「ONE」を7月28日にリリース。大阪・東京・名古屋をキャンペーンでまわったあと、7月31日には東京のららぽーと豊洲で行われるイルミネーション点灯式イベントにゲスト出演し、イルミネーションをバックにした無料ミニLIVEを開催する。8月からはavexの一大イベント「a-nation'10 powered by ウイダーinゼリー」に参加。今年は愛媛(8/7)、名古屋(8/14)、大阪(8/22)、東京(8/29)の全会場に出演する。

■公式サイト
http://makigoto.tv

【リリース情報】
5曲入りミニアルバム
『ONE』
エイベックス
07.28 ON SALE!


【初回限定盤】
AVCD-38120/B
¥2625(tax in.)

【通常盤】
AVCD-38121
¥1,890(tax in.)

この夏注目のドラマ「モテキ」(テレビ東京系ドラマ24 第20弾 特別企画)の主題歌として話題のフジファブリック新曲「夜明けのBEAT」が、各配信サイトで軒並み好結果を残している。主題歌発表のタイミングで実施した24時間限定着うた®先行配信では、レコチョク 着うた®デイリーランキング総合3位、ロックチャート1位を獲得(6月18日付)、さらにロックチャートでは、24時間限定配信にもかかわらず、着うた®上半期ランキングの5位を記録。反響の大きさを実証する形となった。

そして、「夜明けのBEAT」収録のニューアルバム『MUSIC』リリースを翌日に控えた7月27日(火) 0時より、フジファブリックが36時間限定でSony Musicオフィシャルサイトhttp://www.sonymusic.co.jp のサイトジャックを行うことが判明。このタイミングで待望の「夜明けのBEAT」ビデオクリップが初公開となり、期間中のみフルコーラスでのオンデマンド視聴が可能となる。

「夜明けのBEAT」ビデオクリップには、ドラマ「モテキ」にも主演している森山未來が出演。元来ステージ・パフォーマンス出身、タップやクラシック・バレエに端を発しながらまるでコンテンポラリー・ダンスの如き身体表現に定評のある彼が、曲に合わせた衝動的な動きで、寝静まった夜明けの街を踊るように駆け抜ける斬新なクリップを意図。旅のはじまりへの予感と漲る期待感を、疾走するビートとリフに乗せて描き出すこの曲を、そのまま映像化したような躍動感に満ちた映像に仕上がっている。激しい鼓動の中、交錯する森山未來とフジファブリック、そして生まれる新しい夜明け。息もつかせぬ終盤の展開に注目。

クリップの監督には、ドラマ「モテキ」の脚本・監督はもちろん、藤井フミヤ、フラワーカンパニーズなどのミュージックビデオも手掛けている大根仁と、スチャダラパーや木村カエラをはじめ、数多くの音楽CDデザインやミュージックビデオ、舞台映像などで活躍中のクリエイティブチーム、easebackの森諭がタッグを組んで参画。疾走感を重視し、計算され尽くしたカメラワーク、実写を前提とした映像コラージュなど、エッジの効いた映像美が味わえる。

また、このSony Musicオフィシャルサイト 36時間限定サイトジャックでは、7月17日(土)に富士急ハイランド コニファーフォレストで行われたフジファブリックプレゼンツのライブイベント「フジフジ富士Q」から、この日初披露された新曲「会いに」のライブ映像の一部をストリーミング配信。『MUSIC』ジャケット絵柄待ち受け画面プレゼントも実施予定だ。

■Sony Musicオフィシャルサイト
www.sonymusic.co.jp
※フジファブリック36時間限定サイトジャック 7月27日(火)0:00~7月28日(水)12:00迄実施
【サイトジャック期間限定コンテンツ】
・「夜明けのBEAT」ビデオクリップ初公開!フルコーラス視聴
・「フジフジ富士Q」アンコールより、新曲「会いに」ライブ映像の一部をストリーミング配信
・7月28日発売ニューアルバム『MUSIC』ジャケット絵柄待ち受け画面プレゼント

■    公式サイト
フジファブリック オフィシャルサイト:www.fujifabric.com
フジファブリック『MUSIC』スペシャルサイト:www.fujifabric-music.com
公式Twitter:http://twitter.com/Fujifabric_info

 

 

【リリース情報】
4人の総力により結実した、渾身の新作
『MUSIC』
Sony Music Associated
7.28 ON SALE!


【初回仕様盤】
AICL 2155
¥3,059(tax in.)

【期間限定価格盤】
AICL 2424
¥2,424(tax in.)
撮影:矢部志保

7月25日東京エレクトロンホール宮城(宮城県民会館)にてスガ シカオの全国ツアー「SUGA SHIKAO “FUNKASTiC SUMMER 2010”」がファイナルを迎えた。同ツアーは5月に発売された2年振りのNew Album「FUNKASTiC」を引っさげた全国13公演のツアー。

ファイナイル公演は、シャウト全開の「Party People」や先行シングル「サヨナラホームラン」でスタート。「兆し」ではアコースティックギターとキーボードだけでじっくり聴かせた。MCでは「改めてましてこんばんは! スガ シカオです! 今日はツアーファイルになりますが遊びに来てくれてありがとうございます!今日で終わってしまうのが本当に寂しいんですが…。何かね、今回のツアーはずっとやっていたいんですよね(バンドメンバーを振り返りながら)。ファイナルということで自分たちも楽しんでいきたいと思いますので、皆さんも最後まで 楽しんでいって下さい!今回のツアーはアッという間に終わってしまうんで気をつけてね!」とファイナルならではのコメントも飛び出した。

撮影:矢部志保ライブは、スガ シカオの真骨頂とも言える重厚なファンクナンバー「ファンカゲリヲン」、ワウを聴かせたギターサウンドが痛快な「トマトとウソと戦闘機」、映画「スイートリトルライズ」の主題歌となった「雨あがりの朝に」と続き、スガ自身がファンであり約3年に渡りラブ・コールを送り続けようやく実現した、リリース作品史上初の「フィーチャリング作品」となる「はじまりの日feat. Mummy-D」では、エレクトロとロックが融合したエレクトロックなサウンドで会場を大いに盛り上げた。

ちなみに同ツアーでは、ステージのスクリーンに映し出されたMummy-Dとの共演となったが、東京公演、大阪公演のみスペシャルゲストとしてRHYMESTERのMummy-D氏が登場した。

「今回のライブは、お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、アルバムの曲順通りに進んでいます!アルバムの曲順がものすごく良い流れになっているので、そのままの曲順で演奏してみたらどうかと思ってトライしてみました……」と、オープニングから今までのセットリストが全てアルバムの曲順である事を告げた。

アルバムの世界観をそのままに見事にライブ会場に溶け込ませたそのユーモアもある挑戦的な演出は、デビュー13年目にしてのアーティストとしての自信とアルバムのクオリティの高さからなせる技だ。曲順通りにアルバム「FUNKASTiC」のセットリストが終わると、後半戦は「SPIRIT」「奇跡」などアッパーチューンでたたみかけ会場は巨大なダンスホールへ。夏の定番曲である「午後のパレード」で会場に訪れた1,800名のファンと一体となり本編は終了した。

アンコ-ルでは「みんなサイコー!今日は最高のファイナルになりました!」とファンへの感謝を伝えるとともに「ちょっと真面目な話しをすると……今、日本の音楽シーンは、CDが売れなくなってしまったり、違法ダウンロードの問題もあってどんどん厳しい状況になってきていて。でも僕たちミュージシャンが保守的にならずにどんどん新しいものを生み出していかないと日本の音楽シーンの未来は無いと思っています。次のアルバムなのか、次のステージなのかはわかりませんが、この先もアグレッシブに何か新しいものにトライをしてゆく……その基本姿勢だけは変わらずにやっていきたいと思っています。そして、それをやり続けるためには、こうして僕の音楽を支えてくれる皆さんがいないと成り立たないので、これからもどうかよろしくお願いいたします!」と今の音楽シーンと今後の活動への思いも語った。

そして、今月誕生日を迎える本人へサプライズで次の曲が始まると思いきや、突然のバースデーソングのイントロが……。バースデーケーキと会場のお客さんとの大合唱で一足早い誕生日プレゼントも飛び出した。アンコールが終了し、公演終了のアナウンスが流れても鳴りやまない拍手にダブル・アンコールも披露。ライブではお馴染の「Hop Step Dive」、「俺たちファンクファイヤー」の大合唱とともに、ダブル・アンコールを含む全22曲、2時間30分に及ぶツアーファイナルは大盛況にて幕を閉じた。

ホールツアーに並行して恒例の弾き語りツアーも無事ファイナルを終わらせ、夏には多数のフェスへも参戦することが決定している。

<セットリスト>
M1 Party People
M2 91時91分
M3 サヨナラホームラン
M4 兆し
M5 ファンカゲリヲン
M6 トマトとウソと戦闘機
M7 雨あがりの朝に
M8 ドキュメント2010~Singer VS. Rapper~
M9 台風は北北東に進路をかえ…
M10 夏色タイム
M11 軽蔑
M12 はじまりの日(feat.Mummy-D)
M13 月とナイフ
M14 あまい果実
M15 ドキドキしちゃう
M16 SPRIT
M17 奇跡
M18 午後のパレード
Encore
M20 19才
M21 コノユビトマレ

■公式HP
Ariola Japan Official Web Site:http://www.ariola.jp
OFFICE AUGUSTA Official Web Site:http://www.office-augusta.com
YouTube「AUGUSTA CHANNEL」:http://jp.youtube.com/user/officeaugusta
■MUSICSHELF INTERVIEW
/?mode=static&html=series_b119/index

タワーレコードが女性のための“感性orフィーリング重視”なデイリー・サウンド キャンペーン「毎日、女子ジャズ。」キャンペーンを7月27日(火)より開催する。

「毎日、女子ジャズ。」キャンペーン開催は、気軽にジャズを楽しめるように女性目線で分かりやすくCDを紹介した島田奈央子の著書「Something Jazzy」(今年1月 駒草出版から発売)がきっかけ。
タワーレコードも、今年1月から2月にかけて「Something Jazzy」と連動し、書籍で紹介されているCDの店頭展開を行い、好評を博した。そして今回、島田奈央子が選曲・監修を行った書籍と同タイトルのコンピ「Something Jazzy ~毎日、女子ジャズ。」の発売を機に、これまで女性には敷居が高いと思われていたジャズを身近に感じ、生活を少し豊かに楽しく彩る提案として、全店キャンペーンを開催することに。また、女性に圧倒的な支持を得るDEAN & DELUCAにも、この “女性の日常をより豊かにする”というキャンペーンのコンセプトに賛同し、参加が決定。

7月27日(火)から8月29日(日)の期間、「毎日、女子ジャズ。― 生活を色鮮やかに変える、女子のためのデイリー・サウンド。」キャンペーンを実施し、タワーレコードの女性スタッフはじめ、ジャズライターの島田奈央子、シンガーソングライターのアン・サリー、DEAN & DELUCAの女性スタッフが一同に集い、

「心に潤いを与えてくれる恋の様なジャズ」
「晴れた日の朝一番に聴きたくなるジャズ」
「香りと楽しむ静かな夜のジャズ」

など日常の様々なシチュエーションに沿って、女性の視点、感覚で聴きたいジャズ・ボサノバ・ワールドミュージックなどの作品をセレクト。応募抽選で、女性の日常を豊かにするDEAN & DELUCAグッズも当たる。

また、今回このキャンペーン開催に伴い、タワーレコード女性スタッフによる“タワレコ女子ジャズ部”も結成。タワーレコード・オンライン内で女子のための作品の紹介や今後もキャンペーンなどを実施するとの事。

今後、「女子ジャズ」というキーワードは要注目だ。


写真:左からキャンペーン小冊子/DEAN & DELUCA サロンエプロン & モーニングマグセット


「毎日、女子ジャズ。」キャンペーン
http://tower.jp/jazzy

島田奈央子オフィシャルHP
http://naoko-shimada.net/

Something Jazzy
http://something-jazzy.net/index2.html

 

アジア最大級のアニメフェス『第12回ACGHK2010』に3年連続でSCANDALの出演が決定した。同フェスは、7月30日~8月3日に香港で開催され、約62万5000人動員のアニメ、ゲーム、コミックを扱ったアジア最大級のアニメフェス。香港のシンボル的な存在の、「香港コンベンション&エキシビションセンター」にて行われます。

今年はSCANDALと並んでPUFFYやKalafina等出演を予定しており、SCANDALの出演は7月31日。また、翌日8月1日には、過去に青山テルマや伊藤由奈がライブを行った「HITEC(香港国際貿易センター)」でワンマンライブを実施。チケットはSOLD OUTとなっており、アジアでのSCANDAL人気が伺える。

香港初披露となる「瞬間センチメンタル」(現地でも大人気のアニメ「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」エンディングテーマ)や、7月28日リリースの新曲「涙のリグレット」が演奏される予定。ライブ後には、アルバムやグッズ購入者などを対象にした、SCANDALとのスペシャルミーティング&グリート会も行われる。

SCANDAL初のバラードである「涙のリグレット」着うた(R)は先行好評配信中!日本国内のみならず海外でも話題のSCANDAL。香港にも私設のファンクラブがあるなど、香港はじめ、アジア各地でも人気急上昇中だ。約1年ぶりの香港でのワンマンライブに、地元ファンの大熱狂は間違いない。

【オフィシャルHP】

http://www.scandal-4.com/

 

【リリース情報】

7th single
『涙のリグレット』
エピック
07.28 ON SALE!
ESCL3468
¥1,223(tax in.)




8月11日にファーストシングル「TOKYO LADY」をリリースするICONIQが出演する新テレビCMが7月21日からスタートした。

前回から引き続き資生堂「マキアージュ」とウイダーinゼリー a-naiton’10応援CMのふたつのCMに出演し、新曲「TOKYO LADY」が同時に起用される。ウイダーinゼリーは味の素スタジアムで撮影。ベイビーショート(丸刈り)で出演しており、資生堂「マキアージュ」は夜中の丸の内でメーク、ヘアスタイル、登場感にインパクトがあり、以前のベイビーショートからベリーショートに髪の毛が伸びている。

ふたつのCMに起用されている「TOKYO LADY」は8月11日にリリース。ファーストシングルにしてレコチョクTV-CFソングも含めトリプルタイアップ、ワンコイン(税込み、500円)。着うた®、リングバックトーンの配信は7/28からレコチョクで独占先行配信される。

ICONIQは新曲「TOKYO LADY」に関して「初のシングル「TOKYO LADY」は、自分の再出発の地点でもある東京というフレーズをタイトルにして、もう一歩踏み出した時の自分の気持ちだったり、これから踏み出そうとしている女性に向けた応援メッセージを込めました。聴いてくださる 皆さんにもそれぞれ再出発した場所だったり、思い入れのある場所があると思うので、東京というフレーズを自分なりの場所に変えて、聴いてもらえたら嬉しいです」と語る。

■公式HP
http://iconiq.jp/

 

【リリース情報】
トリプルタイアップ曲
『TOKYO LADY
Rhythm Zone
08.11 ON SALE!
RZCD-46613
¥500(tax in.)


8月11日に2年8ヶ月ぶりとなるニューシングル「マーガレット」をリリースする綾瀬はるか。そのプロモーションビデオが遂に解禁となった。

新曲「マーガレット」は、作詞:松本隆、作曲:呉田軽穂(松任谷由実)という、あの名曲「赤いスイートピー」と同じ黄金コンビが24年ぶりにタッグを組んで制作したことでも話題となっており、5月に発売された松本隆40周年記念アルバム「松本隆に捧ぐ -風街DNA-」に、綾瀬はるかが「赤いスイートピー」のカバーで参加したことがきっかけで今回の夢のコラボが実現。CDのカップリングには「木綿のハンカチーフ」「Hello, my friend」という二人の大ヒット曲の綾瀬によるカバーも収録されるなど、スペシャルな内容となっている。

その「マーガレット」のプロモーションビデオの監督を手がけたのは、若木信吾氏。若木氏は、映画『星影のワルツ』が、2008年ロッテルダム国際映画祭タイガー賞にノミネート、シカゴ国際映画祭新人賞にノミネートされるなど幅広い分野で活躍するカメラマン。作詞の松本隆さんは「マーガレット」について「恋愛初期のゆれる感じをイメージしました。赤いスイートピーの続編のようでもあり、華やかで、ちょっと切ない感じが綾瀬はるかにとても似合っていると思います。」と語っているが、今回のプロモーションビデオは、若木氏だからこそ捉えられた綾瀬はるかの表情が十分に感じられる作品となっており、彼女の透明感溢れる歌声と曲、歌詞の世界観が非常にマッチした映像となっている。

さらに、7月21日からは、その「マーガレット」と過去に発売された3枚のシングルのビデオクリップ配信が、携帯、iTunesビデオで一挙にスタート。彼女のビデオクリップ配信は今回が初ということで、CDを待ちきれないファンにとって楽しみなアイテムとなること間違いなし!主演ドラマ「ホタルノヒカリ2」の視聴率も絶好調と女優としてますますその輝きを増している綾瀬はるかだが、歌手としての更なる活動からも目が離せない。


「マーガレット」プロモーションビデオの視聴はコチラ!
■レーベルサイト
http://jvcmusic.co.jp/ayaseharuka/
http://www.youtube.com/watch?v=8yCnz6wfIQs

7/21より初ビデオクリップ配信スタート!(携帯、iTunesビデオにて)
新曲「マーガレット」他、「ピリオド」「交差点days」「飛行機雲」の計4曲
http://jvcmusic.co.jp/marguerite/

 

 

【リリース情報】
2年8ヶ月ぶりニューシングル
『マーガレット』
ビクター
08.11 ON SALE!

ayase_1.jpg
【初回限定盤】
VIZL-39
¥1575(tax in.)
ayase_2.jpg
【通常盤】
VICL-36607
¥1260(tax in.)

木村カエラが8月4日に配信限定シングル「deep beep」をリリースする。今作のプロデュースも前作「Ring a Ding Dong」に引き続き、渡邊忍が担当。ポップな「Ring a Ding Dong」から一転、エッジの効いたギターリフが印象的なイントロから始まるこの楽曲はレコーディングも渡邊忍、4106、柏倉隆史、中村圭作というバンドメンバーで行われ、これまでのカエラの曲の中でもかなりハードな部類に入る。

この曲が今回、カネボウ KATE TV-CMソングとして7月21日からオンエアがスタートしている。このCMには木村カエラ本人も出演しており、「no more rules」をブランドスローガンとする「KATE」のターゲットである10代から20代を中心とした幅広い年代の女性たちから共感を得ているというのが、起用理由だ。

「deep beep」は8月4日から10日までレコチョクで独占配信し、11日から他モバイルサイトやiTunes StoreなどPCサイトでの配信も始まる。また、8月4日限定でコロムビアのHPではカエラの写真が時間ごとに変化する特設サイトも展開予定とのこと。
 
■公式HP
http://columbia.jp/kaela/
http://kaela-web.com/

昨年12月24日に急逝したフジファブリックの志村正彦の意思を継ぎ、予定通り実施することが決定していた『フジファブリックpresents フジフジ富士Q』が7月◎日、富士急ハイランド コニファーフォレストで行われた。

富士急ハイランド コニファーフォレストは、山梨県富士吉田市に生まれ育った志村が、95年8月19日、15歳のときに遭遇した奥田民生のライブに衝撃を受け、そこから音楽の道を志すことになった運命的な場所。彼にとってこのステージに立つことは、ひとつの大きな夢であり、この日はその夢が叶う瞬間になるはずだった。

このイベントを実現するために出演を快諾したのは、奥田民生、斉藤和義、吉井和哉、くるり、氣志團、PUFFY、藤井フミヤなど、15組のアーティスト。フジファブリックとの交流の深いアーティストが集い、バンドと共演する形でフジファブリックにまつわる作品を演奏していく1日限りのプレミアムライブとなった。

イベントは2008年5月に行われた富士五湖文化センターライブ同様、志村の母校・下吉田中学校での卒業記念CD(平成七年度)より志村自身も参加していた合唱曲「大地讃頌」が流れてスタート。志村の希望を汲んだ形で、母校である下吉田中学校、吉田高等学校から在学生30人ずつ60人を「志村シート」に無料招待した。

金澤ダイスケ(Key)、加藤慎一(B)、山内総一郎(G)のメンバーが、サポートドラム刄田綴色(from東京事変)と共にステージに登場すると、1万6000人の観衆からは大歓声と拍手が巻き起こり、待ちに待った夢の舞台のスタートを盛り上げた。

トップバッターは奥田民生。フジファブリックのメジャーデビューシングル曲「桜の季節」を熱唱して、会場のボルテージは冒頭から一気に加速。次に登場した安部コウセイ(HINTO)が「虹」を歌うと、急に雲間から太陽が顔を出す。週末の梅雨明けを宣言するような鮮やかな晴れっぷりを祝しての万歳三唱に続いては、疾走感全開の「モノノケハカランダ」でさらにヒートアップ。続くハナレグミは、2007年の倶楽部AKANEIROでも共演した「ダンス2000」とシングル「Sugar!!」のカップリング「ルーティーン」をアコースティックでしっとりと披露した。

クボケンジ(メレンゲ)は「バウムクーヘン」の後、「志村は本当に大親友でした。いや、大親友です。彼の残したものを少しでも多く表現して、みんなと一緒に今日は楽しんで帰りたいと思います」というMCと共に「赤黄色の金木犀」へ。まるで志村が乗り移ったかのような歌にせつなさを残しつつ、クボがステージを去り、余韻に包まれた中で斉藤和義が登場。フジファブリックの作品の中でもプログレ色の強い展開の「地平線を越えて」を歌い、「志村君の曲、めんどくさい。ギターは難しくて、メロディーはへんてこりんで。なんでメンバー止めなかったの?」とMCで笑いを誘いながら、アコースティックギターに持ち替えて、心に沁みる初期の名曲「笑ってサヨナラ」を。

続いて、POLYSICSバイザーをかけた金澤がビジョンに映し出され、会場は大沸き。気づけばステージ上のメンバー全員がPOLYSICSバイザー(しかも本物を借用!)という演出の中、ハヤシ(POLYSICS)がバイザー+オレンジのツナギといういつものユニフォームで登場した。「TAIFU」など、やんちゃに暴れまわるフジファブリックの魅力全開のパフォーマンスの後、メンバー全員と客席の「トイス!」コールで会場全体がひとつに。志村がお気に入りだったという「トイス!」旋風が一気に吹き抜けた後、一転して呼び込まれたのは藤井フミヤ。珠玉のピアノバラード「タイムマシン」を気持ちを込めてしっとりと歌い上げ、会場の空気をがらりと変えていき、ワンコーラス終えたところで会場からは自然な拍手が湧き起こるほどの素晴らしいパフォーマンス。そして、永遠の名曲「若者のすべて」で前半を締めくくり、しばしの転換休憩へ。

後半最初の氣志團は、フジファブリックメンバーを従えず、自身のバンド編成で登場。「ダンス2000」で一気に氣志團ワールドを作り上げた後、團長こと綾小路翔のMC独壇場へ。「元気―? 氣志團ですよろしくー! ちょっとアツイけど、みんな元気出していこうぜ! フジファブリックのみんな、こんな楽しいイベントに呼んでくれてありがとうございます! 一見、なんでおまえらなんだ!?と思う人もいるかもしれません。私達フジファブリック、というか正彦とは縁が長く、たぶん99年かな、あいつが19歳くらいのとき、俺とギターのトミーとランマと一緒に働いてたライブハウスにかわいい男の子が履歴書持って来て。俺は一緒に早番やることになって、あいつの方がライブハウスに近くて、時々タイムカードとか押してもらってました(笑)。今の『ダンス2000』は、『One Night Carnival』って曲を正彦に聴かせたら「ディスコっていいっすね」って四つ打ちで曲作ってきて、この曲すげーなーって。でも、こんなにも軽快な四つ打ちなのに気が晴れない曲はないってことが今歌ってみてわかりました(笑)…ということでもう一曲やらせてもらいますが、この曲を聴いてあいつは本当に天才だと思って。で、あるときあいつが実家帰ろうか悩んでるときがあって、だったらこの曲くれねーかって本気で言ったら、実家帰るのやめますって言いました。そんな曲です。『茜色の夕日』」。

続いては和田唱(TRICERATOPS)が「Strawberry Shortcakes」「陽炎」を披露。傾いたはずの太陽が再び顔を出し、夏の強い日差しがまた照りつけ、雲に隠れていた富士山も少しずつ山頂部分の姿を見せ始めた。アウトロのキーボードソロ直前に、「キーボード金澤ダイスケ!」と叫ぶ志村のおきまりのセリフをなぞる和田に会場から思わず喝采が。「和田唱!」と返す金澤に応え、和田と山内のギターの応酬で曲を締めくくった。

次のアクトは、真心ブラザーズ。「TEENAGER」で明るく盛り上げた後、スカパラホーンズも加わって、去年の「真心の先輩風でビュービュー!」や「線香花火」を貴重なコラボバージョンで。そして真心ブラザーズがステージを去り、スカパラホーンズがそのまま残って「Surfer King」をホーンズと金澤キーボードをフィーチャーしたインストバージョンとして演奏。

続いては唯一の女性アーティスト、PUFFYが登場し、志村が楽曲提供した曲を披露した。「DOKI DOKI」「Bye Bye」に関しては、まもなく発売となるフジファブリックのニューアルバム『MUSIC』にフジファブリックバージョンが収録されていることに触れ、「うちらちょくちょくそういうことされるんだよねー。本家の方がいいに決まってるじゃん! もうねー、セルフカバー禁止だから」と。さらに、「ラブソングなので、志村君に実体験でしょ?と聞いたら、いやーえっと…とかはぐらかしてたので絶対実体験だと思います」、との暴露話も含めて披露してくれました。

そして、ファースト・アルバム『フジファブリック』のプロデューサーでもある片寄明人がステージへ。1曲目の「花」では全員座りのアコースティックセットで、当時のレコーディングで使用したハープとギターを持って来ての演奏でした。だんだんと茜色に染まる神秘的な空の下、エレキに持ち替え、バンドセットで「サボテンレコード」を。最近、フジファブリックについて一気に何万字も文章を書いてしまい、ブログに載せたというエピソードをMCで披露した。

夕日が沈み、次第に暗くなってくる時間帯に登場したのは吉井和哉。サングラスに黒シャツ、黒いジャケットというスタイルで、「マリアとアマゾネス」を歌い、ロックスターのオーラを炸裂。「何度も富士急には来ているけど、こんなにきれいに富士山が見えるのは初めて」「志村の代わりにはならないけれど、代わりに歌いたいと思います。大好きな曲です」と2曲目の「Anthem」へ。圧倒的なパフォーマンスで締めくくった。

本編最後のゲストアーティストはくるり。「Sunny Morning」では、くるりの要望で、フジファブリックのベース加藤がギターを弾くという変則スタイル。岸田繁と山内の向かい合ってのギタープレイの応酬も印象的でした。「フジファブリックは今、日本一かっこいいバンドですよ。日本一輝いてます」というMCに、ちょっぴり照れたような表情のメンバー。そして、初めてラジオで聴いて、なんてヘンな曲だろうとびっくりしたという曲、「銀河」を披露した。

アンコールでは7月28日に発売されるニューアルバム『MUSIC』から「会いに」を初披露。“会いに行くよ”と志村がデモに残したサビの一節をふくらませる形で加藤慎一が歌詞を書き、山内総一郎がボーカルを担当した曲。新しいフジファブリックの挑戦を、1万6000人の観衆が温かく迎えた。この曲は、7月18日より着うた®先行配信されている。

最後は奥田民生を再びステージに呼び込み、「えー、うちの事務所の稼ぎ頭が今日、ここで大きなコンサートを開きまして、こんなにたくさん集まっていただいてありがとうございます。で、私、事務所の顧問という立場でもあるものですから、本当は最後はイヤなんですけど、やらせていただきたいと思います」というMCの後、アンコールのラストナンバーとして、志村が約10年前、富士吉田から上京して最初に作ったという「茜色の夕日」を披露。奥田民生の力強い歌声とフジファブリックの力強い演奏が、4時間に及んだイベントをしめくくるにふさわしい説得力をもって響きわたった。この曲で山内が弾いていたのは、志村が愛用していたペイルブルーのストラトキャスター。ステージには志村のMATCHLESSアンプも置かれていた。

エンドロールは15組のゲストアーティストとフジファブリックとのこれまでの交流を物語る写真と共に構成された映像が、「若者のすべて」をBGMに上映され、曲が流れ終わると夜空に大輪の花火が打ち上げられた。“最後の花火に今年もなったな、何年経っても思い出してしまうな”という印象的なフレーズと、印象的な花火で、幕を閉じた。

安室奈美恵の新曲「Get Myself Back」が、先週7月14日に着うた(R)が配信された「Get Myself Back」が、レコチョク着うた(R)ウィークリーチャートで発売前にも関わらず1位を獲得した。さらに7/21付けのUSENリクエストチャートでも第1位を獲得。
シングル「Break It/Get Myself Back」(2010/7/28発売)リリースを前に堂々の2冠を達成した。

「Get Myself Back」は、着うた(R)が100万ダウンロードを超えた「Baby Don't Cry / 安室奈美恵」などを手掛けたNao'ymtがプロデュースした楽曲。自分らしさを問いかけるポジティブで美しいメッセージソングで、現在公演中の自身の全国ツアー「namie amuro PAST<FUTURE tour 2010」での先行パフォーマンスも大反響となっている、夏ムード漂う久しぶりのミディアムナンバー。つい先日も“初”の沖縄ロケで制作されたミュージックビデオがニュースとなり、話題となったばかりだった。

さらに、本日より両A面シングル「Break It/Get Myself Back」に1曲目に収録される「Break It」が着うた(R)配信スタートとなる。
「Break It」は安室奈美恵らしいロックなダンスナンバーで、本人出演の“コカ・コーラ ゼロ TVCMソング”。今年2月より大量にオンエアされていた1曲だ。
CMを見て気になっていたユーザーからすれば、5ヶ月を待っての待望の着うた(R)配信となる。
楽曲が完成してから発売されるまで、こんなに時期を置いたのも安室奈美恵の作品では久しぶり。世界の音楽祭典で受賞するなど、より世界レベルに活動の幅を広げる安室奈美恵ならではのダンス曲ということもあり、「Break It」非常に注目されるだろう。

 

 

【リリース情報】
Double A-Side Single
「Break It / Get Myself Back」
2010.7.28 ON SALE!


【初回限定盤】
AVCD-31897/B
¥1,890(tax in.)

【通常盤】
AVCD-31898
¥1,050(tax in.)


安室奈美恵オフィシャルサイト
http://www.avexnet.or.jp/amuro/index.html

妙なインパクトをもった不思議な魅力のCM完成が発表された。
そのCMとは、ヴィジュアル系ロックのカリスマ『theGazettE』が本日リリースするシングル「SHIVER」の発売告知CMだ。
通常のCD発売告知のCMはアーティストのプロモーションビデオを使用することが多いが、今回はなんとアニメの画像を使った“擬似アテレコ風”CMを制作した。
使用されているアニメの絵柄は現在絶賛オンエア中の「黒執事Ⅱ」で、今回the GazettEがオープニングテーマを担当している縁で、このコラボレーションが実現。
このCMは本日(7月21日)深夜のCBC(中部日本放送)のオンエアを皮切りに、各放送地域でたった“一度限り”のレアCMとなっている。

コラボCM放送一覧
CBC(中部日本放送)  7月21日(水)26:10~
MBS(毎日放送)  7月22日(木)25:20~
TBS  7月23日(金)25:55~
静岡放送  7月23日(金)26:10~
東北放送  7月24日(土)26:23~
中国放送  7月24日(土)26:43~
北海道放送  7月25日(日)26:21~
熊本放送  7月25日(日)26:20~
RKB毎日放送  7月26日(月)26:25~
山陽放送  7月26日(月)26:50~

※放送日時は都合により変更になる場合がございます。

黒執事Ⅱオフィシャルサイト
http://www.kuroshitsuji.tv/


【リリース情報】
  New Single
「SHIVER」
2010.7.21 ON SALE!

【初回生産限定盤】
SRCL-7349 / ¥1,785


【通常盤】
SRCL-7351 / ¥1,260



the GazettE オフィシャルサイト
http://www.pscompany.co.jp/gazette/

 

 

祝福の嵐!!
Hilcrhyme デビュー1周年記念イベント開催!!



Hilcrhymeが7月19日に、東京・渋谷WOMBでデビュー1周年記念イベント「亜熱帯」を開催した。



昨年7月15日にシングル「純也と真菜実」でデビューしてから1年。この日のイベントはHilcrhymeのデビュー1周年を記念して開催されたもの。タイトルは「亜熱帯」と銘打たれ、いつものワンマンライブとは違うスタイルで行われた。

チケットが5分でSOLD OUTしたという人気の公演だけあって、会場はパンパンに膨れ上がった状態。背後にTOC直筆の、かなり達筆な毛筆で書かれたイベントタイトル「亜熱帯」が掲げられたステージには、オープニングにDJとしてDJ KATSUが登場。熱気に満ちた会場にDJ KATSUが登場するなり、観客が一気にDJブースに集中した。

まずは、今年デビューした話題の新人・舞花、佐渡出身のシンガーソングライター上松秀実の2組がゲストとして出演し、ファンを盛り上げると、お待ちかねのHilcrhymeが登場。今年発売したヒットシングル「大丈夫」「ルーズリーフ」、1stアルバム「リサイタル」収録曲「RIDERS HIGH」他全14曲をパフォーマンスした。ライブ中は、「1周年おめでとう~!!」とファンの声が飛び交うなど、終始温かい雰囲気に包まれていた。

最後は、CLOSING DJ TIMEにDJとしてTOCが登場。「キャーッ」とDJいう声援と共に、ブースにファンが押し寄せて更に会場はヒートアップ!!大いに盛り上がって幕を閉じた。デビューしてからこれまでの階段を駆け上がってきたHilcrhyme。2年目にむけて良いスタートが切れたようだ。

また、2年目のHilcrhymeにとって初のリリースとも言える、LIVE音源の着うた(R)と着うたフル(R)の配信が8月4日に開始!未CD化音源の「Please Cry」他、TOUR2010「リサイタル」のLIVE音源計8曲がレコチョク先行で配信されるので、要チェックだ。




【配信情報】
8/4(水)レコチョク先行で未CD化楽曲「Please Cry」他TOUR 2010「リサイタル」のLIVE音源8曲の着うた(R)、着うたフル(R)の配信スタート!


【リリース情報】
5thシングル
「ルーズリーフ」
NOW ON SALE!!

 

 [初回限定盤](CD+DVD)
UPCH-5657 / ¥1,500(tax in)
試聴、購入はこちらから

[通常盤](CD)
UPCH-5658 / ¥1,000(tax in)
試聴、購入はこちらから


<収録曲>
01.「ルーズリーフ」
※TBS金曜22時ドラマ「ヤンキー君とメガネちゃん」主題歌
02.「光」
DVD「East Area -Hilcrhyme TOUR 2010「リサイタル」-OFF SHOT-」収録


LIVE DVD
Hilcrhyme TOUR 2010
『リサイタル』



DVD UPBH-1261 / ¥3,800(tax in)
試聴、購入はこちらから




【LINK】
オフィシャルホームページ 
http://hilcrhyme.com

ユニバーサルミュージック ホームページ
http://www.universal-music.co.jp/universalj/top/ (PC)
http://universal-music.co.jp/universalj/m/ (mobile)

 

 

 

昨年ファッション業界から巻き起こった80sブーム、
2010~2011年は80sの名作/ヒット作をリメイクした“ネオ80sムービー”が熱い。
タイタンの戦い(81年)を皮切りにベスト・キッド(84年)、エルム街の悪夢(84年)、プレデター(87年)、特攻野郎Aチーム(84年)、トロン(82年)などのリメイク作が続々公開。その他、ウォール街(87年)、遊星からの物体X(82年)、ロボコップ(87年)、ゴーストバスターズ(84年)など、リメイク/続編の制作・公開が予定されている。
そんな背景を受け、洋画メジャー5社(ソニー・ピクチャーズ/ワーナー・ブラザース/ジェネオン・ユニバーサル/20世紀フォックス/パラマウント)とレコード会社のコラボレーションが実現した。

ソニー・ミュージックジャパンインターナショナルからは、1980年代(1980-1990)に日本で大ヒットを記録した映画の主題歌/メイン・テーマを厳選した『ナンバーワン・エイティーズ ムービー・ヒッツ』を8月4日にリリースする。この作品には、『愛は吐息のように~トップガン・愛のテーマ』、『フラッシュダンス』、『愛と青春の旅立ち』といった、80年代にアカデミー賞ョ最優秀主題歌賞を受賞した5曲の他、『フットルース』、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』、『グーニーズ』、『ネバーエンディング・ストーリー』、『スタンド・バイ・ミー』、『ストリート・オブ・ファイヤー』、『ゴースト ニューヨークの幻』などから、『復活の日』、『里見八犬伝』などの邦画までを含む、「あの頃、隣は、別の人だった。」をキャッチ・コピーに、30代~40代の同世代に共感を呼ぶ大ヒット映画の主題歌/メイン・テーマ全32曲をCD2枚組に収録。
また、CDの発売にあわせ、洋画メジャー5社との強力なコラボレーションも実現 「あの頃アツくなった80sムービー厳選80本!」と銘打ったDVDキャンペーンの全国店頭展開と、6社共同の特設サイト www.80sstreet.jp を中心にした “80sSTREET” キャンペーンを実施する。


【リンク先】
“80s STREET”特設サイト
www.80sstreet.jp


【リリース情報】

CD2枚組全32曲収録
『ナンバーワン・エイティーズ ムービー・ヒッツ-』
2010.8.4 ON SALE
SICP2332-3 / ¥3,150(tax in)
試聴、購入はこちら








<収録曲>
DISC1
01. フットルース / ケニー・ロギンス 『フットルース』より
02. グーニーズはグッド・イナフ / シンディ・ローパー 『グーニーズ』より
03. パワー・オブ・ラヴ / ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』より
04. 007美しき獲物たち / デュラン・デュラン 『007美しき獲物たち』より
05. デンジャー・ゾーン / ケニー・ロギンス 『トップガン』より
06. アイ・オブ・ザ・タイガー / サバイバー 『ロッキー3』より
07. イン・ディス・カントリー(明日への勝利) / ロビン・ザンダー 『オーバー・ザ・トップ』より
08. ゴーストバスターズ / レイ・パーカーJr. 『ゴーストバスターズ』より
09. 今夜は青春 / ファイヤー・インク 『ストリート・オブ・ファイヤー』より
10. ネバーエンディング・ストーリーのテーマ / リマール 『ネバーエンディング・ストーリー』より
11. 里見八犬伝 / ジョン・オバニオン 『里見八犬伝』より
12. ゲット・タフ / ビリー・オーシャン 『ナイルの宝石』より
13. バーニング・ハート / サバイバー 『ロッキー4』より
14. セイ・ユー、セイ・ミー / ライオネル・リッチー 『ホワイト・ナイツ 白夜』より
15. スタンド・バイ・ミー / ベン・E.キング 『スタンド・バイ・ミー』より
16. コブラのテーマ~アメリカズ・サン / ジョン・キャファティー&ザ・ビーバー・ブラウン・バンド
『コブラ』より

DISC2
01. 愛は吐息のように/ベルリン 『トップガン』より
02. プリティ・イン・ピンク / サイケデリック・ファーズ 『プリティ・イン・ピンク 恋人たちの街角』より
03. 愛はとまらない / スターシップ 『マネキン』より
04. ベスト・キッド~ザ・モーメント・オブ・トゥルース / サバイバー 『ベスト・キッド』より
05. タイム・オブ・マイ・ライフ /ビル・メドレー&ジェニファー・ウォーンズ
『ダーティ・ダンシング』より
06. 冬の散歩道 / バングルス 『レス・ザン・ゼロ』より
07. オー、プリティ・ウーマン / ロイ・オービソン 『プリティ・ウーマン』より
08. アンチェインド・メロディー / ライチャス・ブラザース 『ゴーストニューヨークの幻』より
09.  ハートビート / ドン・ジョンソン 『マイアミ・バイス(TV)』より
10. フラッシュダンス…ホワット・ア・フィーリング / アイリーン・キャラ 『フラッシュダンス』より
11. ヒーロー / ボニー・タイラー 『フットルース』より
12. ユー・アー・ラヴ / ジャニス・イアン 『復活の日』より
13. 愛と青春の旅立ち / ジョー・コッカー&ジェニファー・ウォーンズ 『愛と青春の旅立ち』より
14. ココモ / ザ・ビーチ・ボーイズ 『カクテル』より
15. ステイ・ウィズ・ミー / ピーター・セテラ 『竹取物語』より
16. レット・イット・スノウ / ヴォーン・モンロー 『ダイ・ハード』より

ケータイ世代の歌姫『西野カナ』が7月19日(月)、自身が主題歌を担当する『劇場版NARUTO-ナルト-疾風伝 ザ・ロストタワー』の完成披露試写会に出席し、主題歌となっている新曲「if」を初披露した。

当日は、今回の劇場版の同時上映となる短編『劇場版NARUTO-ナルト- そよ風伝 ナルトと魔神と3つのお願いだってばよ!!』に、魔神役で出演する自称“芸能界1のナルト通”キャイ~ンの「天野ひろゆき」も応援に駆けつけ、カリスマ歌姫×芸能界ナルト王の競演が実現。会場に集まった700人のファンを大いに沸かせた。

待望の新曲「if」の着うたは7月21日(水)から、パッケージのリリースは8月4日(水)となっている。西野カナのファンはもちろん、「NARUTO‐ナルト‐」のファンも要注目だ!


【リリース情報】
 New Single
「if」
2010.8.4 ON SALE!
SECL-891 / ¥1,223

※着うた(R)7/21配信開始

 

 

 

 

西野カナ オフィシャルサイト
http://www.nishinokana.com/

7月16日からテレビ東京系列でオンエアがスタートした話題のドラマ「モテキ」(毎週金曜日 深夜0時12分~)。これは、全4巻の累計販売部数が150万部を突破している人気コミック「モテキ」(久保ミツロウ/講談社刊)の実写化となるドラマだが、各話のタイトルに邦楽曲のタイトルが使用されていた原作漫画同様、様々なJ-POP,J-ROCKの名曲の数々がドラマの中で流され、音楽が非常に重要な役割をもった内容となっている。

そんな音楽と関係の深い“モテキ”のコンピレーションアルバムが9月8日にSony Music Associated Records、avex/tearbridge recordsのメジャーレーベル2社から同時リリースされる。タイトルは『モテキ的音楽のススメ~土井亜紀・林田尚子盤~』(from Sony Music Associated Records)、『モテキ的音楽のススメ~中柴いつか・小宮山夏樹盤~』(from avex/tearbridge records)に決定。

原作で使用されていた楽曲や、ドラマのみで使用される楽曲、ドラマ版の主題歌フジファブリック「夜明けのBEAT」、エンディングテーマHalf-Life「J-POP」はもちろんのこと、さらにはドラマ出演者関連の楽曲まで網羅、さらにさらにジャケットは原作者久保ミツロウによる描き下ろし!というまさに“モテキ”の世界が体感できる究極のコンピレーションになっている。

コミック、ドラマ同様、この夏音楽ファンのあいだで話題必至のコンピレーションアルバムの登場だ。

【ドラマ概要】
テレビ東京系 ドラマ24 第20弾 特別企画「モテキ」
毎週金曜 深夜0時12分から放送中
(テレビ大阪は翌月曜深夜0時12分~)
主演 森山未來×脚本&演出 大根 仁
■公式HP:http://www.tv-tokyo.co.jp/moteki/
■公式Twitter:https://twitter.com/TVTOKYO_moteki

【“モテキ”のコンピレーションアルバム】
『モテキ的音楽のススメ~土井亜紀・林田尚子盤~(from Sony Music Associated Records)』
AICL-2163 ¥2,500(税込)
*曲順未定
フジファブリック「夜明けのBEAT」/大江千里「格好悪いふられ方」/フラワーカンパニーズ「深夜高速(2009)」/真心ブラザーズ「サマーヌード」/スチャダラパー「GET UP AND DANCE」/電気グルーヴ「モテたくて…」/岡村靖幸「どぉなっちゃってんだよ」/TOMOVSKY「自分らしさなんて」/Fishmans「いかれたBaby」/ホフディラン「恋はいつも幻のように」/七尾旅人×やけのはら「Rollin’ Rollin’」 /ともさかりえ「カプチーノ」/キリンジ「悪い習慣」/ナンバーガール「TRAMPOLINE GIRL」/森高千里「ザ・ミーハー(スペシャル・ミーハー・ミックス)」

『モテキ的音楽のススメ~中柴いつか・小宮山夏樹盤~」(from avex/tearbridge records)』
NFCD-27286 \2,500(税込)
*曲順未定
Half-Life「J-POP」/神聖かまってちゃん「ロックンロールは鳴り止まないっ」/.TOKYO No.1 SOUL SET「Sunday 2010」/.ECD「CUTTING EDGE<ALBUM VERSION>」/TOKYO MOOD PUNKS「ストロベリー」/在日ファンク「もしも明日」(新録曲)/岡村靖幸「はっきりもっと勇敢になって」/柴田恭兵「RUNNING SHOT」/電気グルーヴ「HAPPY BIRTHDAY」/The ピーズ「好きなコはできた」/ナンバーガール「NUM-AMI-DABUTZ」/Hi-STANDARD「STAY GOLD」/eastern youth「男子畢生危機一髪」/中谷美紀「MIND CIRCUS」 その他

ラジオのオンエアスタートと同時に問い合わせが殺到している新人アーティスト、高橋優のCMナレーションを三宅裕司が手がけた。三宅裕司にとって、これが初の音楽系CMナレーション。

このナレーションを三宅裕司に依頼したのは、高橋優のプロデューサーであり、今回のCM監督・箭内道彦氏。誰もが聞き馴染み、誠実さが伝わる三宅さんの声で、高橋優の楽曲の世界をストレートに伝えられると考えた。

当日の収録では、箭内氏が用意した原稿以外にも三宅氏が楽曲を聴きアドリブでもナレーション、一度収録し終わりスタジオを出てから「思いついた!」と再び戻り追加収録したバージョンも。この初の試みに挑戦した三宅氏は「彼の熱さを沢山の人になんとか伝えたいと自分も熱くなってしまった」と語る。ちなみにナレーションは“彼は絶対来る!”ほかアドリブの“一生懸命歌いすぎなんだよな。でもいいんだよね”など全6バージョンを収録。このCMは7月19日~23日のテレビ朝日「お願い!ランキング」番組内(関東ローカル、19日の放送は休止の場合あり)で6バージョン流れるほか衛星(スペースシャワーTV、MUSIC ON! TV、MTV)各局でも7月いっぱい大量オンエアされる。

高橋優は7月21日発売のデビュー曲「素晴らしき日常」で全国のラジオ局や衛星37局のヘビーローテーションを獲得し、有線チャートではデビュー前新人としては異例の10位を記録(6/30付)。大手配信サイト・レコチョクのロックチャートでは7/12付デイリーチャート2位、また今年の4月より新垣結衣を新キャラクターとして迎え話題となっている東京メトロのCMに「福笑い」という楽曲が大抜擢され注目を集めている。

■公式HP
http://www.takahashiyu.com/
■MUSICSHELF 高橋優 インタビュー
/blog/selector/2010/07/-special-interview-8.html

 

【リリース情報】

2010年大型新人デビュー盤
『素晴らしき日常』
ワーナー
07.21 ON SALE!
WPCL-10828
¥1000(tax in.)



デビュー曲「LIAR」がTBS系人気ドラマ「ハンマーセッション!」の主題歌となっているSPYAIR。
「LIAR」の着うた(R)の配信が7月17日からスタートした。

SPYAIRは、名古屋出身の5人組。既に地元名古屋では、デビュー前からZIP-FMでレギュラーに抜擢され、地元の新聞・TVなどメディア露出も非常に多い知られた存在で、6月に行われた本拠地でもある栄の野外広場でのライブに2000名を動員した大人気バンドだ。
ストリートライブで鍛え抜かれた、超本格派ライブバンドとして知られており、特にVo. IKEの圧倒的な声量と歌唱力、中世的なルックスは、インディーズ時代からカリスマ的な人気を誇っている。

今回、主題歌として書き下ろされた「LIAR」は、豪快な王道のロック・ナンバー。サウンドの激しさと歌詞の世界観は、ドラマにインスパイアーされており、ライブで叩き上げてきた彼らのポリシーを描いたものになっている。また、カップリング曲として収録される「SINGING」はインディーズ時代に配信のみで発表されていたファンに大人気の曲の初CD化。「INCOMPLETE」は書き下ろしで、こちらも彼らのキャッチーで激しいサウンドが反映された楽曲になっている。

そして、主題歌「LIAR」のミュージックビデオには、ドラマとのコラボレーションで、主演の速水もこみち、宮坂絵美里(保健の先生役)、紗綾(女子生徒役)が出演。ドラマのとのリンクも楽しめる内容に仕上がっているこのミュージックビデオはドラマオンエア中の間、“スペシャル・エディション”として各所でオンエアされるのでぜひチェックして欲しい。

 

【リリース情報】
Debut Single
「LIAR」
2010.8.11 ON SALE!

【初回生産限定盤】
AICL-2152~53 / ¥1,500(tax in)


【通常盤】
AICL-2154 / ¥1,200(tax in)

※着うた(R)  7月17日/ 着うたフル(R) 8月4日 配信スタート!


SPYAIR オフィシャルサイト
http://www.spyair.net/

 

9月15日を予定していた山下達郎のニューアルバム『WooHoo』の発売が

制作上の理由により発売延期される事となった。

新たな発売日については、決定次第改めてアナウンスされるとの事。


楽しみに待っていましょう!

7月14日にリリースされたシンガーソングライターYUIの、約2年3か月ぶりとなるニューアルバム『HOLIDAYS IN THE SUN』。
「Please Stay With Me」が、7月19日スタートのフジテレビ系月9ドラマ「夏の恋は虹色に輝く」の挿入歌に抜擢されているほか、収録シングル5作全てがオリコンウィークリーランキング1位を獲得し、いわばモンスターアルバムともいえる内容となっているが、デビュー当時からプロデュースを手がけている音楽プロデューサー近藤ひさし氏が、自身のオフィシャルブログでニューアルバム「HOLIDAYS IN THE SUN」の全曲解説を公開した。

各曲の解説では、作品に込めた想いや楽曲の制作過程など、プロデューサーだからこそ知ることができる秘話が公開されており、さらにアルバム「HOLIDAYS IN THE SUN」の魅力が増す内容となっている。

<近藤ひさしオフィシャルブログから一部抜粋>

タイトルにもなっている
HOLIDAYS IN THE SUNには

ドライヴにでも連れていってほしくなる
そんな、休日を素敵に過ごすための
方法はもちろん

「さらばベルリンの陽」と訳された
あの名曲からのメッセージもよぎるような

ただ陽だまりの中で
佇んでいるだけではなく

やり場のない感情も含めて
休暇中、自分の環境について

真剣に考え直した時期とも
重なりを感じます。

・・・「休日を素敵に過ごす」

それは日常を全力で
取り組んできた結果

得られるのかもしれません。


(中略)


to Mother
作詞/作曲 YUI 編曲 HISASHI KONDO


つらいことがあった時
それが私一人だけの事なら絶対に耐えてみせる。

でも大切な人まで一緒に苦しめてしまうなら
それは我慢出来ない。


優しさって残酷だと思う。


最新シングル曲が1曲目って
気恥ずかしい想いもあるけれど

オープニング的な
意味合いも込めて

今回のアルバムは
to Motherから
始まることになりました。

 

 

詳しくはこちらへ

http://ameblo.jp/hisashikondo/day-20100713.html



【リリース情報】
         New Album
『HOLIDAYS IN THE SUN』
2010.7.14 RELEASE!

【初回生産限定盤】
SRCL-7309~10 / ¥3,750(tax in)

 

【通常盤】
SRCL-7311 /  ¥3,059(tax in)


収録曲
1.to Mother
2.again
3.Parade
4.es.car
5.Shake My Heart
6.GLORIA
7.I do it
8.Please Stay With Me
9.Summer Song
10.Cinnamon
11.Driving Happy Life
12.It's all too much
13.Kiss me

DIR EN GREY 北米ツアー決定!

去る1月に行なわれた日本武道館での二夜公演以来となる国内ツアー、『THE UNWAVERING FACT OF TOMORROW TOUR2010』で各地のファンを熱狂させているDIR EN GREY。同ツアーは7月20日/21日の両日に行なわれる東京・新木場STUDIO COASTでの公演をもって終了することになるが、当然ながら彼らの灼熱の夏はまだまだ始まったばかりだ。既報通り、7月25日には韓国の仁川(インチョン)で行なわれる『PENTAPORT ROCK FESTIVAL』(出演:STEREOPHONICS、HOOBASTANK、IAN BROWN、他)に、8月1日には英国はロンドン郊外にあるネブワース・パークでの巨大フェス、『SONISPHERE 2010』(出演:IRON MAIDEN、RAMMSTEIN、MOTLEY CRUE、他)のステージに立つことになっており、その後には英国とロシアでの計3本の単独公演も控えている。

そして今回お伝えするのは、さらにその先の話。なんと8月下旬から約3週間にわたって、北米ツアーが行なわれることが決定した。8月23日、カナダはトロントでの公演を皮切りに、9月11日のシアトル公演まで全15都市を巡演するもので、しかも、あのAPOCALYPTICA(アポカリプティカ)とのジョイントによるツアーだというから驚きだ。

APOCALYPTICAはフィンランド出身のヘヴィ・メタル・チェロ・ユニット。長髪を振り乱しながらチェロを奏でる激しくも妖しいライヴ・パフォーマンスが人気を集めており、METALLICAの楽曲のカヴァーなどでもお馴染みの存在だ。過去にはコリィ・テイラー(vo:SLIPKNOT、STONE SOUR)やデイヴ・ロンバード(ds:SLAYER)らとの共演による楽曲も発表しており、数多くの強力なゲスト陣がフィーチュアされた最新作『セヴンス・シンフォニー』のリリースも間近に控えている(日本発売は9月予定)。

DIR EN GREYとAPOCALYPTICA、まさに異端的バンド同士のカップリングといえる今回のツアーだが、過去にも欧州で同一のフェスに出演していた事実などはあるものの、直接的な“競演”は当然ながら今回が初。さまざまな組み合わせによるパッケージ・ツアーやフェス・ツアーが同時展開されているこの夏の北米だが、この両者によるツアーも話題を集めることになるに違いない。

さらにこの北米ツアーの翌月、10月16日/17日には、さいたまスーパーアリーナで開催される国内最大級のメタル・フェス、『LOUD PARK 10』への出演も決定(DIR EN GREYの出演は16日公演のみ)。OZZY OSBOURNE、KORN、AVENGED SEVENFOLDをはじめとする強豪たちが集うこのフェスに、DIR EN GREYは2006年以来の帰還を果たすことになる。この先にも続々と届けられるであろうDIR EN GREYの“明日”に関わる情報に、目を凝らしていたいところだ。

 

 

文●増田勇一

 

 

【ライブ情報】

『APOCALYPTICA NORTH AMERICA CO-HEADLINE TOUR』

8/23(月) Sound Academy -Toronto, ON / CANADA-
8/24(火) Nokia Theatre Times Square -New York, NY / U.S.-
8/26(木) Royale Boston -Boston, MA / U.S.-
8/27(金) Rams Head Live -Baltimore, MD / U.S.-
8/28(土) Electric Factory -Philadelphia, PA / U.S.-
8/30(月) Center Stage -Atlanta, GA / U.S.-
8/31(火) The Pageant -St. Louis, MO / U.S.-
9/1(水) House of Blues Chicago -Chicago, IL / U.S.-
9/2(木) First Avenue -Minneapolis, MN / U.S.-
9/4(土) Ogden Theatre -Denver, CO / U.S.-
9/5(日) Sunshine Theater -Albuquerque, NM / U.S.-
9/7(火) House of Blues Las Vegas -Las Vegas, NV / U.S.-
9/8(水) Club Nokia Live -Los Angeles, CA / U.S.-
9/9(木) The Grand Ballroom at the Regency Center -San Francisco, CA / U.S.-
9/11(土) The Showbox SoDo -Seattle, WA / U.S.-


DIR EN GREY オフィシャルサイト
http://www.direngrey.co.jp/

anaH(ハナ) 2010年 美しく切ない失恋バラード 大本命!

New Single「alone in my room」PVには、人気読モ田中里奈が初出演!
7/14~着うた(r)配信・YOU TUBEでのPV視聴スタート!


7/28にシングル発売される、女性シンガーHanaH(ハナ)4枚目のシングル「alone in my room」が7/28にリリースされる。今回失恋をテーマにした楽曲となっており、女子大生を中心とした試聴アンケートでも「今年一番泣ける曲」との回答が多く、今後話題となりそうだ。またPVにはnon-noやminaなど多くの女性誌で活躍する人気読者モデル田中里奈が出演。PV初出演となるが渾身の「泣き」演技を披露している。PVのYoutubeでの視聴に合わせ、7/14~着うた(r)もスタート。

PVの視聴はこちら

2ndシングル「愛されたくて 愛したいだけ」(2010/1/27発売)で全国20局以上のラジオ・CSパワープレイを獲得し、3rdシングル「あいたい気持ち」(2010/4/21発売)はTBS系全国ネット「CDTV」4月度エンディングテーマに。そして今作の4thシングル「alone in my room」から、8/25に待望のファースト・フル・アルバム『i’m not alone』がリリースされる。

マイケル・ジャクソン最後の来日時通訳や、玉置浩二にそのボーカル力を認められ安全地帯NEWアルバムへのfeat.vocal参加(AL(★STARTS★「またね・・・。」)収録の『摩天楼』)など、類まれなる才能に満ちた女性シンガーHanaHの今夏の活躍に注目だ。


 

【リリース情報】


HanaH 4thシングル
「alone in my room」
2010.7.28 ON SALE
UMCC-5024 / ¥1,200(tax in)

試聴、購入はこちら






<収録曲>
M-1 alone in my room (作詞:HanaH, 作曲:HanaH, Shingo.S)
M-2 今夜のサプライズ(作詞:HanaH, 作曲:松本良喜, 編曲:森俊之)
M-3 あの日の詩(うた)(作詞:HanaH, 作曲:HanaH)
M-4 alone in my room (instrumental)

 


【ライブ情報】
8/2(月)Fairly Taleファッションショーゲスト出演@品川ステラボール
8/28(土)Slow Music Slow LIVE ‘10 in 池上本門寺
(Opening Act )14時Open / 15時Start

Albumリリースワンマンライブ決定!
(7/1(木)11:00~7/12(月)23:00 オフィシャルHPにて先行受付中)

10/1(金)duo music exchange(東京・渋谷)
開場18:00 / 開演19:00
料金[一般前売]¥4,000 [学生]¥2,000(限定枚数販売/入場時学生証必要)
(共に税込・1ドリンク別/整理番号付)
お問い合わせ:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-999

10/5(火)Music Club JANUS(ジャニス)(大阪・心斎橋)
開場18:00 / 開演19:00
料金[一般前売]¥4,000  [学生]¥2,000(限定枚数販売/入場時学生証必要)
(共に税込・1ドリンク別/整理番号付)
お問い合わせ:清水音泉 06-6357-3666

詳細はオフィシャルサイトをチェック

【プロフィール】
HanaH
1983年生まれ AB型。ジャズギタリストの父、ジャズシンガーの母の間に生まれ姉弟同士でバンドを組むなど幼少の頃から音楽に囲まれた環境で育つ。10歳の頃から曲作りを始め、高校生の頃からボイストレーナに師事するなど音楽へ取り組み始める。高校時代は数回短期留学で渡米するなど語学もこの頃に習得。卒業後、音楽活動を本格化させ様々なイベントに出演し始める。また渋谷界隈のアンダーグラウンド・シーンのミュージシャンたちとも交流を深め、ゲストボーカルとしてライブやオムニバスCD参加、海外アーティストの来日公演ではオープニングアクトを努めるなど実力派シンガーとして注目を集めるようになる。2008年12月 mini ALBUM「soulflower」をリリース。2009年8月「明日また、笑えるように」でメジャーデビュー。2nd Single「愛されたくて 愛したいだけ」が全国20局以上のラジオ・CSでパワープレイされ、iTunes Music Storeが選ぶブレイク期待アーティスト「iTunes JAPAN SOUND OF 2010」に選ばれるなど注目を集める。その類まれなるボーカルパフォーマンスとリアルな女心を綴ったソングライティングが最大の武器。

オフィシャルサイト

 

http://hanahuta.com/

J-WAVE『MUSIC WONDERLAND』(月曜担当 / 26:00~27:00)好評OA中!

Superflyが10枚目のシングル記念として
超豪華2枚組の作品を9/1にリリースすることが決定した



2010年第一弾シングル+カヴァー・ベスト・アルバムという内容で、タイトルは「Wildflower & Cover Songs:Complete Best 'TRACK 3'」 オリジナルシングル楽曲は4曲全てが超豪華タイアップ楽曲!カヴァー・ベスト・アルバムはタイアップ曲2曲を含む、今までにリリースをしたカヴァー曲全曲+新たにレコーディングをした3曲を加えた全15曲。総楽曲数19曲の超豪華盤となった。

Disc-1の10thシングルはオリジナル4曲、4方向のロック最先端を表現

シングル1曲目はフジテレビドラマ主題歌「Wildflower」。天海祐希主演のフジテレビ系ドラマ『GOLD』(木曜22時)の主題歌のため書き下ろした楽曲。視聴率女王の異名を持つ天海祐希と越智志帆が、ドラマ『BOSS』に続き再びタッグを組んだことでも話題の1曲。

シングル2曲目は2010NHKサッカーテーマソングとして書き下ろした「タマシイレボリューション」。W杯でオンエアされると問い合わせが殺到し、サッカー日本代表がカメルーン戦に勝利した事により更なる反響を受け、予定されていた配信スケジュールを急遽繰り上げ、6/18より着うたフル(R)、iTunes、PC配信したところ各主要サイトにて軒並みチャート1位を獲得した。iTunes Storeの総合シングル・チャートでは配信直後から今現在も首位独走し、サッカー×Rockの融合による新たなサッカーアンセムとして大ヒットを記録している。

シングル3曲目はソニーエリクソンCMソング「Free Planet」。1つのTVCMに2つの楽曲(SuperflyとRIP SLYMEの楽曲)がタイアップという史上初の試みで、同楽曲はそのTVCMのための書き下ろし楽曲。中村達也(ex.Blankey Jet City、LOSALIOS)他、豪華ミュージシャンによってライブ・レコーディングされたSuperfly史上最速のアッパーチューン。
シングル4曲目はフジテレビ「お台場合衆国」テーマソング「Roll Over The Rainbow」。VMAJ 2010に初出演にして大トリ出演を務めた際に初披露をしたSuperfly初の夏ソング!

そしてDisc2のカヴァー・ベスト・アルバムには1stシングルから9thシングルまでに収録してきた洋楽カバーに新録3曲を加えた全15曲を収録。フジテレビドラマ『GOLD』挿入歌「Fooled Around and Fell In Love」、映画『東京島』(8月28日公開)主題歌「Natural Woman」、そして今までにリリースしたカヴァー楽曲に「Bitch」(The Rolling Stonesのカヴァー)といった新しくレコーディングをしたカヴァー曲を加え、全15曲の超豪華カヴァー・ベスト盤がDisc-2に収録される。
※初回限定盤には付属の8cnシングルに「Fooled Around and Fell In Love」のアコースティック・バージョンが収録される。

 


「10枚目のシングルは超豪華盤を作りました!
新曲たちと、過去に収録してきた洋楽カバー集が合体したこの作品は、
今のSuperflyと、今までのSuperfly を楽しんでいただける作品だと思います。
たくさんの方に聞いていただけると嬉しいです。」

Superfly 越智志帆



最新にして最強!Superflyの快進撃がスタートする!
 

【リリース情報】

Superfly 10thシングル
「Wildflower & Cover Songs:
Complete Best 'TRACK 3' 」

2010.9.1 ON SALE!

【初回盤(3CD)】
WPCL-10855/57 / ¥2,900(tax in)

【通常盤(2CD)】
WPCL-10858/59 / ¥2,800(tax in)
 

10thシングル記念 オリジナル&カバーカップリング企画!6大型タイアップ曲収録
2010年第一弾シングル& Cover Songs Complete Best の超豪華2枚組、全19曲
Disc1はオリジナル4曲、4方向のロック最先端
Disc2は1stシングルから9thシングルまでに収録してきた洋楽カバー全15曲収録(新録3曲!)

<収録曲>
(Disc-1)
01.Wildflower <フジテレビドラマ「GOLD」主題歌>
02.タマシイレボリューション <2010NHKサッカーテーマソング>
03.Free Planet <ソニーエリクソンCMタイアップ曲>
04.Roll Over The Rainbow <フジテレビ「お台場合衆国2010」テーマソング>

(Disc-2)
01.Fooled Around and Fell In Love <フジテレビドラマ「GOLD」挿入歌>
02.NATURAL WOMAN <映画「東京島」主題歌>
03.Hot‘N’Nasty
04.(Please Not)One More Time
05.Rhiannon
06.Honky Tonk Women [Live]
07.Bad, Bad Leroy Brown [Live]
08.Heart Of Gold [Live]
09.Desperado [Live]
10.My Brother Jake
11.Rock And Roll Hoochie Koo
<参加アーティスト>
Dr:中村達也(LOSALIOS、ex.Blankey Jet City)、Gt:百々和宏 (MO‘SOME TONEBENDER)、日向秀和(STRAIGHTENER)
12.Late For The Sky
13.Piece Of My Heart [Live]
14.Bitch
<参加アーティスト>
Dr:クハラカズユキ(The Birthday)、Trumpet:タブゾンビ(SOIL & PIMP SESSIONS)、Sax:元晴(SOIL & PIMP SESSIONS)
15.Water is Wide

(Disc-3)
1.Fooled Around and Fell In Love ~acoustic ver.~


オフィシャルHP
http://www.superfly-web.com/

 

 

8年ぶりのソロアルバム発売を前に「四六時中、音楽主義宣言」を高らかに発表し、「音楽で日本を元気にします」と宣言した桑田佳祐。アルバム発売、そしてその後に控える全国五大ドーム&アリーナツアーに先駆けて8月25日にリリースされるニューシングルでもその宣言が本物であることが裏付けられた。

既報の通り、新曲「本当は怖い愛とロマンス」は突然女に切り捨てられた男が女の不可解さを嘆き、唖然としている様子を描いた内容。そんな詩の世界が、軽快なリズム、そして非常にポップでメロディアス、底抜けに明るいのに、その中にそこはかとなく切なさを湛える曲調にのせて歌われる。そんな今回のシングルの収録曲、および仕様がこのたび発表された。

このシングルには8曲もの楽曲が収録されるという。表題曲のほかにフジテレビ系『めざましテレビ』で使用されている「EARLY IN THE MORNING」が収録されるほか、ボーナストラックとして、3月13日に日本武道館で行われたイベントで桑田佳祐が演奏したライブ音源6曲が収録される。その曲目は「今でも君を愛してる」「しゃアない節」「東京」「誰かの風の跡」「ダーリン」「ROCK AND ROLL HERO」。

8曲もの楽曲が桑田佳祐のシングルに収録されるのは初めてのこと。また、ライブ音源がシングルに入るのは「白い恋人達」に「あの素晴らしい愛をもう一度~アミダばばあの唄」がメドレーで収録されたとき以来。サザンオールスターズのディスコグラフィを見渡しても、ここまでのボリュームを持ったシングルは今までにない。不況の日本を「音楽で元気にする」という宣言どおりの内容になっている。

8月25日にリリースされるこのシングル、そして10月20日のニューアルバム、さらにはその後に控える全国ツアーへも期待感が高まる。初回限定盤には、表題曲名にかけて「LOVEバッジ」「ROMANCEバッジ」と名づけられたビッグサイズの缶バッジ「本当に“デカい”缶バッジ」が特典としてつく予定。ファンは「LOVE」か「ROMANCE」かどちらか好きな方を選んで手にすることができるようになっている。

■公式サイト

http://www.sas-fan.net/kuwata2010/index.html

 

【リリース情報】
新曲とライブ音源”がなんと8曲
『本当は怖い愛とロマンス』
ビクター
08.25 ON SALE!


【初回限定盤】
VIZL-550
¥1,700(tax in.)

【通常盤】
VICL-37300
¥1,500(tax in.)

12月11日から全国ロードショー予定の映画『ノルウェイの森』の主題歌に、ザ・ビートルズの演奏による「ノルウェーの森」のオリジナル楽曲が使用されることとなった。全世界に配給される日本映画でビートルズのオリジナル楽曲が主題歌に使用されるのは今回が世界初となる。

 

出版から20年以上の時を経て、2008年7月に映画化が発表されるやいなや世界中からの注目を集めた映画『ノルウェイの森』。原作はもちろん村上春樹の同名小説で、1987年の刊行以来、国内発行総累計部数1,000万部(2010年5月現在)を突破、更には世界をも魅了し、現在までに36言語に翻訳され世界中で愛読されている作品だ。

 

『ノルウェイの森』は主人公ワタナベの喪失と再生を描いた究極の恋愛物語。今まで映像化困難といわれ続けていたが、『青いパパイヤの香り』、『シクロ』、『夏至』などのトラン・アン・ユン監督によってこの度初めて映画化が実現することとなった。

 

そしてこの度、その映画主題歌にザ・ビートルズの「ノルウェーの森」のオリジナル曲が使用されることが決定した。この楽曲「ノルウェーの森」は、ビートルズが1965年に発表したアルバム『ラバー・ソウル』(現在は2009年最新リマスター盤で発売中)に収録されている楽曲。映画の中でも、登場人物の弾き語りなどでも登場するこの名曲は、タイトルの元ともなっており、小説『ノルウェイの森』とは馴染み深い。

 

しかし、映画でビートルズのオリジナル曲の使用許可を得ることは非常に難しく、当初は、映画の小川真司プロデューサーも、主題歌として「ノルウェーの森」のカヴァー曲を検討していたが、監督がビートルズのオリジナル曲を仮あてした編集を見て、やはりビートルズのオリジナル以外にはあり得ないという思いが高まった。その、“ビートルズ演奏によるオリジナル曲の使用はこの作品には不可欠だ”という監督・プロデューサーの思いから、1年以上の交渉を経て、ようやく使用許可を獲得したのだ。ビートルズのカヴァー曲が、映画の主題歌で使用されることは多々あるが、オリジナル楽曲の使用許可がでることは非常に稀だ。今から30年ほど前に映画『悪霊島』に「レット・イット・ビー」が使われたことがある。日本でビートルズのCDを発売するEMIミュージック・ジャパンのビートルズ担当者も「1999年にザ・ビートルズの制作担当になって以来、さまざまなビートルズ楽曲使用に関するオファーをいただきましたが、実現したことも、実現に近づいたことさえもなかったので、今回の主題歌使用に許諾が出たことは、正直大変驚きました。

 

楽曲使用の交渉を始めた時点で、(本国)EMI UKの担当者は既に原作を読んでいたようで、“「ノルウェイの森」は素晴らしい作品だ”とコメントしていたので、村上春樹さん、そして彼の小説の素晴らしさがイギリスでも知られているのだと思ったのを記憶しています。楽曲使用の許諾にもきっと大きな影響があったのではないでしょうか?」と、その驚きを隠せない。

 

現在映画は、昨年2月の撮影、6~8月の撮影を経て、仕上げ作業の真っ最中にある。

 

【作品概要】
『ノルウェイの森』
原作:村上春樹「ノルウェイの森」(講談社刊)
監督:トラン・アン・ユン
主題歌:ザ・ビートルズ「ノルウェーの森」
出演:松山ケンイチ、菊池凛子、水原希子、ほか
2010年12月11日 全国東宝系でロードショー


■映画『ノルウェイの森』公式HP
http://www.norway-mori.com/

■EMI公式HP
http://emij.jp/beatles/

 

【リリース情報】

「ノルウェーの森」収録
『ラバー・ソウル』
EMI
2009.09.09 ON SALE!
TOCP71006
¥2600 (tax in.)



昨年、電撃的にKISSAMAでシーン復帰した宮原学。

今年はソロとしてデビューしてから25周年を迎えるアニバーサリー・イヤー。2月のバースデイには「宮原学XXXXXXXX Vol.1」と題して、幻のバンドORANGE VOXを一夜限り再結成させるなどファンを喜ばせた。
そして、今度の「宮原学XXXXXXX Vol.2」は、ライヴレコーディングされ、秋にリリースが予定されている約11年ぶりのCDに収録される。
CDタイトルは 『[Manabu Miyahara~The Double Clash!]~the 25th Anniversary prologue~ 』 25年間におよぶライヴ・テイク、最新曲、映像ディスクで構成される予定だ。
当日参加したオーディエンスの希望者にはもれなくCDクレジットに名前が表記されるというファンにはこれ以上ないプレミアな内容となっている。

ファンは迷わず観に行こう!


【ライブ情報】

『宮原学xxxxxxx vol.2』
2010年8月1日(日)
open/start 18:30/19:00
会場:Show Boat
TICKET:
前売り¥4000 /
当日¥4500(D別)
発売:Show Boat、e+(イープラス)、
ローソンチケット
(問)ショーボート 03-3337-5745

宮原学オフィシャルサイト
http://www.manabu-miyahara.com/







「これまで25年間、ファンのみんなと歴史を歩んだボクの曲を、みんなと一緒に記録することが25周年の節目にとても意義深いと考えています。もちろん、新作には25年目を迎えた宮原学の最新形もダブルでパッケージするので、今回のライヴ、そして新作ともに期待してください!」by 宮原 学

 

アイアン・メイデン:新曲「ファイナル・フロンティア」のビデオ・プレミア発表!

アイアン・メイデンは海外オフィシャル・サイト www.ironmaiden.comで、ニュー・アルバム『ファイナル・フロンティア』からのタイトル・トラック・ビデオの“ディレクターズ・カット・ヴァージョン”プレミアの実施を発表した。アルバムはイギリスで8月16日リリース(日本は8月18日)だが、このビデオは同アルバムのオープニング曲「サテライト15…ザ・ファイナル・フロンティア」を編集したものだ。

www.ironmaiden.comで現在視聴できるビデオは、数々の賞を授与された制作会社、 ダークサイド・アニメーション・フィルムズ(Darkside Animation Films)によるプロデュース作品だ。ダークサイド社のクリエイティヴ・チームには、映画『ロスト・イン・スペース』、『グラディエイター』、『ブラックホーク・ダウン』等の特殊効果を担当したアニメーターらが所属しており、脚本はBBCラジオ番組『ヒッチハイカーズ・ガイド・トゥ・ザ・ ギャラクシー』(“Hitchhiker’s Guide To The Galaxy”)の監督が手掛け、ライヴのコーディネーションと監督はニック・スコット・スタジオズ(Nick Scott Studios)が担当した。

ダークサイド社のチームは、3ヶ月分のアニメーションをたった8週間で仕上げるために24時間休みなしで仕事を行った上に、アイアン・メイデンのマスコットであるエディを、これまでに見たこともないようなエイリアンとして登場させるために全く新しいテクノロジーを開発した。ライヴ・アク ション、CGI(コンピューターで制作した映像)、3Dアニメーションを統合したこのビデオは、総計141点のショットから成り立っている。上映時 間は5分、使用コマ数は7,000コマ以上で、1コマを仕上げるのに30分かかっている!

興味深いことに、このビデオに使われた映像の一部は、未確認飛行物体が着陸し、説明不可能なライトが目撃されたレンドルシャム・フォレス ト事件(The Rendlesham Forest Incident)で知られるイングランド南部のレンドルシャム・フォレストで撮影された。

以下の10曲が収録され、「エル・ドラド」(6月にフリー・ダウンロードが実施され、世界中を熱狂させたナンバー)も含まれているこのアルバム『ファイナル・フロンティア』は、76分に及ぶ大作である。

EMIが、イギリスで8月16日に発売を決定したこのアルバムは、コレクター向けのユニークな限定版であるメタル缶入り“ミッション・エディション”としてもリリースされる。このエディションには、最新ビデオの“ディレクターズ・カット”ヴァージョン、“ミッション・ディブリーフ(任務報告書)”と呼ばれるバンドのインタビュー、壁紙、写真、他では体験できない“ミッションII: レスキュー&リヴェンジ”というゲームが収録される。また、通常のデジタル・フォーマットの他に、今回初めてボーナス・コンテンツを追加したiTunes LPとしてこのアルバムを発売する。更に、限定盤のダブル・ピクチャー・ディスクも発売される。

アイアン・メイデンは現在北米でソールド・アウトのアリーナ、アンフィシアター・ツアーを行っており、ファンからもマスコミからも絶賛されている。“ザ・ファイナル・フロンティア・ワールド・ツアー”は、北米ツアー25公演の後は、大西洋を横断してヨーロッパに戻り、様々なフェスティヴァル、スタジアムでヘッドラインとしてショウを行う。

【リリース情報】

アイアン・メイデン 最新作

 


『ファイナル・フロンティア』
2010.8.18 ON SALE!!

【完全初回生産限定盤】
(メタル缶仕様ミッション・エディション盤)
TOCP-66966 / ¥3,000 (tax in)
購入、試聴はこちら


スタンダード・エディションと同楽曲収録のCD1枚/16Pオリジナル・カラー・ブックレット/薄型缶ケース入り/海外ボーナス・コンテンツへのリンク
日本盤特典:ジャケット絵柄ステッカー封入/日本のファンへのメッセージ映像リンク情報掲載(予定)/解説(伊藤政則)・歌詞・対訳(Hatsumi Sakoda)

【スタンダード・エディション】
TOCP-66967 / ¥2,500 ( tax in )
日本盤特典:解説(伊藤政則)・歌詞・対訳(Hatsumi Sakoda)
購入、試聴はこちら


<収録曲>
01. サテライト15…ザ・ファイナル・フロンティア
02. エル・ドラド
03. マザー・オブ・マーシー
04. カミング・ホーム
05. ジ・アルケミスト
06. アイル・オブ・アヴァロン
07. スターブラインド
08. ザ・タリスマン
09. ザ・マン・フー・ウッド・ビー・キング
10. ホエン・ザ・ワイルド・ウィンド・ブロウズ

アイアン・メイデン日本オフィシャル・サイト
(PC/携帯共通)
http://emij.jp/maiden/

 

 

 

5/12発売のアルバム「Sex on theBeach」を引っさげたツアー「Sex on the “Japan” tour」を行ったガールズスリーピースバンドつしまみれ。そのツアーファイナルが、7/10に恵比寿リキッドルームにて行われた。

 

 

ツアーファイナルということで、アルバムにもゲスト参加しているウルフルケイスケ氏を迎え、アルバムの中で共演している「パンバスケット」は勿論、レッド・ツェッペリンの「移民の歌」(今回のツアーのオープニングSE)などでもコラボレーションを魅せた。アルバム収録曲は全て披露し、ライブ定番曲もバッチリ演奏し、大盛り上がりのライブとなった。

そしてこの日のライブの最後には、更にスペシャルな発表があった。ダブルアンコールが終わった後、ステージ横のスクリーンにて発表されたのは、

1.Sex on the "Japan"tour番外編として世界初!ソックス付きライブ!!「Socks on the “Japan”」決定
2.「Sex on the “University”」開催決定
3.「Sex on the Beach」全米リリース&「Sex on the “USA” tour」決定

の3つ。どれもこれもつしまみれらしいネーミングセンスで、内容も何やら面白いことになりそうなものばかりだ。その他フェス・イベント出演等も決まっているので、つしまみれの今後の活動も要チェック。

 

 

【リリース情報】

New Album

『Sex on the Beach』
NOW ON SALE!
ビクターエンタテインメント
VICB-60055 / ¥2,800(tax in.)

 

 

 

 

最新インタビューはこちら

先日、新作を再び新聞で無料配布することを発表し話題を呼んだプリンス(Prince)が
今度は「インターネットは終わっている」と発言して波紋を起こしている。



プリンスのニューアルバム 『20Ten』 は、イギリスとベルギーの新聞、ドイツ版Rolling Stone誌に付く形で無料配布される。この新作が付く英Daily Mirror紙での先行インタビューでプリンスは、


「インターネットはもう完全に終わってるね。だから、なぜ僕の新しい音楽をiTunesだとかに提供しろと言われるのか、さっぱりわけが分からない。インターネットはMTVみたいなものだ。一時期はMTVはヒップだったけど、突然ダサくなっただろ」

という独自の見解を述べ、iTunesなどの配信音楽サービスに自身の楽曲を提供する意志がないことを明らかにした。この「インターネットは終わっている」という発言は各メディアで取り上げられ、サックス・プレイヤーのケニー・G(Kenny G)が「インターネットが終わってるんだったら、僕はもうとっくに死んでるね。だって毎日使ってるんだから」と冗談めかして批判するなど、反論が多く巻き起こっている。

なお、 『20Ten』 は現在のところ欧州での無料配布以外のリリース形態の情報はないが、Amazonでは今のところ8月3日発売で「レーベル: Dairy Mirror」という形で予約販売が開始されるなど複雑な事態となっており、デジタル配信もされないとなると配布国以外のファンは入手に手間取りそうだ。(s)


(photo by Micahmedia licensed under the Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0)

ニュース元
http://bmr.jp/news/detail/0000008891.html?date=2010/07/12

8月4日にデビュー10年を記念してベストアルバム「GOOD TIMES」をリリースするRIP SLYMEが、
7月14日から渋谷パルコでスタートする、RIP SLYME大博覧会に一足早く登場した。

“RIP SLYME大博覧会「GOOD TIMES」2001~2010”はRIP SLYMEのデビューから
今までの10年間をギュっとまとめて展示。「STEPPER’S DELIGHT」で着用したオレンジのツナギや、今までのPV撮影で使用されたオブジェ、プロモーション時に関係者に配られたノベルティグッズなどが床一面にカラー別に展示されており、RIP SLYMEのHIP でPOPでARTなこだわりが満載。
一目でRIP SLYMEの10年間を感じることができる。

実際の展示を見てRYO-Zは
「(博覧会ということで)壁に飾ってあるかと思ったら、下に並べてあって押収品みたいですね(笑)、手袋でさわらないといけない感じで。壮観な図です。」
と話し、ILMARIは
「いろんなの作ったなと、懐かしい感じです。(ダンスフロアマッシブでプレゼントとして配布された)ジグソーパズルを途中まで作ったけどギブしました」と、当時の思い出を語った。

RIP SLYME大博覧会は7月14日~8月2日まで渋谷パルコパート1にて開催され、その後名古屋、福岡のパルコでも開催が決定している。
会場でしか買えない大展覧会オリジナルグッズや、ノベルティの復刻グッズも展示販売されており、RIP SLYMEをデビューの時から応援しているファンも、最近RIP SLYMEのファンになった人にも楽しめる大展覧会!まさにRIP SLYMEの10年間を総括した博覧会となっている。

 

 

【リリース情報】

       5年ぶり待望のベスト・アルバム
『GOOD TIMES』
2010.8.4 ON SALE!
【初回限定盤】
WPZL-30203 / ¥3,900

【通常盤】
WPCL-10840 / ¥3,300


RIP SLYME オフィシャルサイト
http://www.ripslyme.com/

ブライアン・フェリー、待望のニュー・アルバムが10月日本先行で発売決定

ロキシー・ミュージックのフロントマンとして活躍し、現在はソロでも活動を続ける「元祖ミスター・ダンディズム」ことブライアン・フェリーの待望のニュー・アルバムが10月20日、日本先行発売されることが発表となった。

2007年にリリースされ、全英5位を記録した全曲ボブ・ディランのカヴァー・アルバム『ディラネスク』から約3年ぶりとなる、
ニュー・アルバム『OLYMPIA』には新曲8曲に加え、Tim Buckleyの「Song To the Siren」とTrafficの「No Face, No Name, No Number」のカヴァーが収録される。
注目は、1973年の『フォー・ユア・プレジャー』以来、37年ぶりにロキシー・ミュージックのメンバー、フィル・マンザネラ、アンディ・マッケイ、そしてブライアン・イーノがこの作品に再集結したこと。また、ロキシー・ミュージックとしては2001年の日本公演以来となる来日をこの夏に果たし、FUJI ROCK FESTIVALの土曜日にヘッドライナーとして出演する。

『OLYMPIA』にはロキシー・ミュージックのメンバー以外にも、ピンク・フロイドのデヴィット・ギルモア、レディオヘッドのジョニー・グリーンウッド、シックのナイル・ロジャース、マニ(ストーン・ローゼス/ブライマル・スクリーム)、フリー(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)、マーカス・ミラーなど超豪華なアーティストが参加している。さらに、シザー・シスターズ、グルーヴ・アルマダとコラボレートした楽曲も収録。

現在ブライアン・フェリーの公式サイトでは、アルバムの予告映像を公開中。
ファースト・シングルの「YOU CAN DANCE」は
本人のYouTubeチャンネルで5種のリミックスが公開されている。


ブライアン・フェリー アーティストページ(PC/携帯共通)
http://www.emimusic.jp/artist/bryanferry/

【リリース情報】

『OLYMPIA』
2010.10.20 日本先行発売予定
(UK 10月25日発売)

アルバム・プロデューサー
Bryan Ferry and Rhett Davies

<収録曲>
01. You Can Dance
02. Alphaville
03. Heartache By Numbers 
04. Me Oh My
05. Shameless
06. Song To The Siren
07. No face, No name, No Number
08. BF Bass (Ode to Olympia)
09. Reason Or Rhyme
10. Tender Is The Night

 

(C)2010「十三人の刺客」製作委員会

本格時代劇の大作として国内外から注目を浴びている映画「十三人の刺客」の「オフィシャル・コンセプトソング」として、70年代ロック・シーンを代表するアーティスト「イーグルス」の名曲「デスペラード」が
世界で初めて正式にタイアップ許諾された。

映画「十三人の刺客」は、『おくりびと』など数々の名作を手掛けた「中沢敏明」と『ラストエンペラー』などを手掛ける国際的プロデューサー「ジェレミー・トーマス」が共同プロデュースを行い、監督は「三池崇史」(「クローズZERO」シリーズ)が担当。キャストも役所広司を筆頭に、山田孝之、伊勢谷友介、伊原剛志、松方弘樹、そして松本幸四郎、稲垣吾郎、市村正親ら、この上ない超豪華な布陣となっている。

同映画では、暴政の限りを尽くす将軍の弟・松平斉韶(なりつぐ)を討つために送り込まれた13人の刺客が、総勢300人超の軍勢に対して壮絶な大殺陣を繰り広げており、命を燃やして己の道を全うした姿を通して、真の男の生き様が描かれているという。

photo:Jim Shea

そこで使用されるイーグルスの「デスペラード」は、世界中で多くのアーティストにカバーをされており、日本でもコブクロが8月25日発売のカバーアルバム『ALL COVERS BEST』で初披露する他、Superflyも過去に作品として発表しているように、日本を代表する旬なアーティスト達も世代を超えてリスペクトを寄せるバラードの名曲である。

映画サイドとしては、単なる「時代劇」という概念を超え、戦う男達の姿を通じて幅広い世代の男性達に熱い気持ちを届けたいという思いから、映画の世界観と合致したイーグルスの名曲「デスペラード」を劇場予告編やテレビCMなどで使用することを希望。「ジェレミー・トーマス」自らも動き、熱烈オファーを出していた。イーグルスは、今まであらゆるCMや映画などのタイアップのオファーを全て断っていたが、映画サイドの熱意と世界観の合致感がイーグルスの心を動かし、世界で初めてタイアップの正式許諾がここに実現。サムライ・スピリッツが再び海を渡り、世界を驚かす結果となった。

「デスペラード」は、楽曲と映画それぞれのコンセプトが合致したことから実現したタイアップであることから、映画「十三人の刺客」の「オフィシャル・コンセプトソング」と銘打ち、掲げられることとなった。

【三池崇史監督コメント】
これは、「この映画の奇跡の始まり」だと感じている。
13人の真の勝負はここから始まる。お見逃しなく。

奇跡のタイアップを実現した大作映画「十三人の刺客」は、9 月25 日より公開。イーグルス「デスペラード」を使用した予告編は、7 月17 日より劇場にて公開される。

 

■イーグルス公式HP

http://www.wmg.jp/artist/eagles/

■十三人の刺客公式HP

http://13assassins.jp/main.html

 

秋元康氏総合プロデュース、名古屋・栄を本拠地に活動するアイドルグループSKE48の3rdシングル「ごめんね、SUMMER」が、7月19日付オリコンシングル週間ランキングで初登場3位にランクインしたことが分かった。
SKE48の(オリコンシングル週間ランキング)ベスト3ランクインは、2ndシングル「青空片想い」の初登場3位に続いて2作連続。

「ごめんね、SUMMER」は、先に開催された第2回AKB48選抜総選挙でも10位、11位にそれぞれ選出され注目を集める松井珠理奈、松井玲奈を含む、SKE48選抜メンバー7人で歌われるキラキラサマーチューン。
2作連続のベスト3入りという快挙を果たしたSKE48から、ダブル松井のコメントが届いた。

松井珠理奈コメント
「応援ありがとうございます!!今回もSKE48と同日にCDを発売される方々が名前を聞けばわかる様な有名な方々ばかりで、その中でSKE48って誰だろうと思う人が多いと思う中で、ベスト3に入れたのはとても嬉しいです。次は1位になれる様に、これからも頑張っていきます。」

松井玲奈コメント
「私たちの新曲「ごめんね、SUMMER」が前回に引き続きオリコン3位にランクイン。たくさんのアーティストさんが居る中でのこの順位・・・改めて私たちは多くの方に応援していただけているのだと実感し、感謝の気持ちでいっぱいです。最初は名古屋の一部だけだった応援も、今では少しずつ全国に広がっているのかもしれません。応援してくださる全ての方に会いに行くことができるよう、これからも初心を忘れずにいきます。」

現在、東海地方では多数のレギュラー番組を持つ彼女ら。7月31日(土)名古屋国際会議場・センチュリホールで開催されるランキング形式のコンサート「SKE48リクエストアワーセットリストベスト30 2010~神曲はどれだ?~」では、用意した3000枚のチケットが即日完売し圧倒的人気を示した。
その人気は東海地区にとどまらず、7月17日(土)にShibuya duo music exchangeで行われるteamS「制服の芽」の東京出張公演でも、5000名もの応募が殺到し、もちろんこちらもチケットは即日完売、いよいよその人気を全国区に拡大している。
なお、3rdシングル「ごめんね、SUMMER」でも全国握手会が開催されるが、7月18日(日)に開催される東京握手会では、アイドルの聖地よみうりランドイーストにシングル歌唱メンバー全41名が初上陸し、SKE48史上最大規模の握手会が開催される。

 

3人組ガールズロックバンドのBLiSTAR(ブリスター)が8月4日に発売するメジャー第1弾シングル「東京稲妻」のミュージックビデオに、VocalのMAYUとかつてウルトラマンコスモスで共演、主人公を演じていた杉浦太陽が友情出演していることが分かった。

ウルトラマンコスモスは2001年に円谷プロダクションが製作した特撮テレビシリーズ及び劇中に登場する巨大変身ヒーローの名前であり、2001年7月7日から2002年9月28日までMBS製作、TBS系で毎週土曜日18:00~18:30に放送された。当時、杉浦太陽は主人公TEAM EYESの隊員春野ムサシ役で、MAYUはオペレーターを担当する女性隊員森本綾乃役で共演していた。今回のミュージックビデオ初共演は、MAYUが杉浦に出演をオファー、杉浦が快諾し実現の運びとなった。「東京稲妻」は彼女がいる男友達に片想いという歌詞の内容で、ミュージックビデオの内容も杉浦とMAYUの切ない情景のカットバックと、BLiSTARの演奏シーンがミックスされた見応えあるものに仕上がっている。

このミュージックビデオでの初共演に関し、杉浦太陽は
「ウルトラマンコスモスのときは僕はドラマ初主演、MAYUもドラマ初出演。お互い十代で一番成長した時期でした。今回声がかかったときに最初は『俺でええの?』という感じだったけど、喜んでOKしました。BLiSTARで稲妻がどかーんと落ちて凄い事になって欲しいですね」。

MAYUは
「太陽くんとはウルトラマンコスモスが終わってからもずっと仲良くさせてもらっていて、また共演出来たこと、しかもBLiSTARのPVに出てもらえたことがとっても嬉しかったです。実際一緒に演技するシーンはなかったんですが、現場ではとても楽しく撮影に臨めました!!演技での共演は久しぶりだし、恋愛関係の役ということもあり、なんだか照れくさかったですね(笑)」。

この杉浦太陽とMAYU共演のミュージックビデオの完全版は日本クラウンのYoutube公式チャンネルで7月13日から観ることも出来る。
「東京稲妻」の着うたもレコチョク他主要着うたサイトで7月14日から配信スタート。


【リリース情報】
   Major Debut Single
「東京稲妻」
2010.8.4 ON SALE!
CRCP-10253 / ¥1,200

 

 

 

 

 

 

株式会社EMIミュージック・ジャパンが今年10月1日に設立50周年を迎えることを記念して開催するオーディション「REVOLUTION ROCK」。このオーディションを運営するEMIの新人発掘部門「Great Hunting」では、9月6日(月)に「公開デモ評議委員会」を開催することを決定した。

これは「Great Hunting」がオーディション公募中に随時実施するイベントで、当日持ち込まれたデモ音源をランダムにピックアップし、会場で試聴した後にゲスト・コメンテーターがその場で直接応募楽曲へコメントするというスペシャルなイベント。当日は「REVOLUTION ROCK」審査委員長であるクリエイティブ・ディレクター箭内道彦氏、審査員・亀田誠治氏(音楽プロデューサー)がゲスト・コメンテーターとして参加。入口で預かったデモテープから無作為で30曲程度を会場で試聴し、二人がコメントしていくというもの。

当日の模様はEMIミュージック・ジャパンのオフィシャルUSTREAMページでも生中継する予定だ。

【応募詳細】
http://www.great-hunting.com

【公開デモ評議委員会 “REVOLUTION ROCK”SPECIAL】
日時:2010年9月6日(月) 開場18:00 開演19:00
会場:Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
http://www.pleasure-pleasure.jp
主催:EMI Music Japan Great Hunting
http://www.great-hunting.com

料金:前売 ¥1,500+1ドリンク / 当日 ¥2,000+1ドリンク
チケット発売日: 7月24日 LAWSON  Lコード:76479 入場整理番号付
*ゲスト・コメンテーター:亀田誠治(音楽プロデューサー)、箭内道彦(クリエイティブ・ディレクター)

■EMI Music Japan 50th Anniversary Audition「REVOLUTION ROCK」
http://www.revolutionrock.jp
■EMI ミュージック・ジャパンのオフィシャルUstreamページ
http://emimusic.jp/ustream/
■「EMI ROCKS」  
http://emirocks.com

8月25日にリリースされる持田香織の2ndアルバム「NIU」の詳細が明らかになった。
昨年発売された1stアルバム「moka」では小野リサ 、 原田郁子 、おおはた雄一 、SAKEROCK、 Bic Runga 、 大橋トリオ、Sean Lennonなど、持田が敬愛するアーティストとのコラボが話題を呼んだが、今作でも持田香織がリスペクトしている様々なアーティストとのコラボレーションが発表された。

映画ACACIA で意気投合し、今作でも半数の楽曲を手がけた“半野喜弘”、相対性理論とのコラボでも注目を浴びた現代音楽家“渋谷慶一郎”、ソロプロジェクトSPENCER も始動したばかりのPolaris “大谷友介” など、彼女がリスペクトする様々なアーティストが名を連ねている。

シンガーソングライター持田香織として、Every Little Thing と はまた違った個性を発揮している。夏のイベント出演も多数予定されている彼女。やわらかく清涼な佇まいと、オーガニックな世界観はますます存在感を増しており、今作でも高い音楽的評価を得られることは間違いないだろう。

また、持田は、アントニオ猪木初主演で話題の映画「ACACIA-アカシア-」(6月12日公開/監督:辻 仁成)でも主題歌「アカシア」も担当しており、この楽曲も各方面で話題を呼んでいる。
8月28日(土)には池上本門寺で開催されるSlow Music Slow LIVE '10 に大橋トリオ、田島貴男らとの出演も決まっており、この夏の持田の活動に注目が集まる。

 

【リリース情報】
2nd Album
NIU
2010.8.25 ON SALE!


【CD+DVD】
AVCD-38132/B / ¥3,800(tax in)   

 

【CD】
AVCD-38133 / ¥3,000(tax in)

 

 

 

 

 

 

【ライブ情報】

持田香織初 となるソロツアーがスタート
〝First Solo Tour 2010〟
9月29日(水)名古屋ダイアモンドホール
9月30日(木)なんばHatch
10月9日(土)恵比寿ザ・ガーデンホール

 
持田香織オフィシャルサイト
http://www.avexnet.or.jp/mochida/index.html

 

今年4月にニューアルバム「花蓮街」をリリースした一青 窈が、7月10日(土)昭和女子大学人見記念講堂にて、全国ツアー「一青 窈 CONCERT TOUR 2010~花蓮街」のファイナル公演を行った。

アルバムジャケットを再現したステージセットと大型ビジョンという豪華なセッティングで、「うんと幸せ」「もらい泣き」「ハナミズキ」など22曲を熱唱。MCではなく“語り”から曲へ進行していく演出なども含め、アルバム「花蓮街」の世界観が色濃く投影されたライブとなった。
今回のツアーは、5月22日(土)神奈川・ハーモニーホール座間から始り、7月10日(土)の東京・昭和女子大学人見記念講堂まで、全国11会場をまわり約3万人を動員した。

また、8月11日(水)には昨年行われた「一青 窈 premium acoustic tour'09 produced & performed by 武部聡志×小林武史」と「一青 窈 with 東京フィルハーモニー交響楽団」の2公演を収録するライブDVD『水蝶花 -2LIVE DVD acoustic & orchestra-』のリリースが決定。シンプルなアコースティック編成、豪華なオーケストラ編成という対照的な二つのライブを通して、一青 窈の様々な表情を堪能することができる貴重な映像になりそうだ。

8月21日(土)より新垣結衣、生田斗真が出演の映画「ハナミズキ」が公開決定。同日より2カ月に渡り、「一青 窈 Tour 2010『おかわりありませんか』」も約30公演予定され、今年もまだまだ精力的に活動を続けて行きそうだ。


 

【リリース情報】
NEW LIVE DVD
『水蝶花 -2LIVE DVD acoustic & orchestra-』
2010.8.11 ON SALE!
FLBF-8105 / ¥5,800(tax in)

 

 

 

2ndアルバム『THERE’S NO TURNING BACK』を引っ提げた全国ツアーも、7月5日@下北沢SHELTERでの公演でひと段落。7月、8月は夏フェスに多数出演する予定のTHE BAWDIES。9月からは「THERE'S NO TURNING BACK」ONE MAN TOUR 2010と銘打ってのワンマンツアーがスタートするが、発売されたチケットが全箇所全て即日ソールドアウトしてしまっている。

そこで、10月11日の渋谷AX公演の2F指定席の追加発売が急遽決定!7月12日より、オフィシャルサイトにてチケット先行予約受付。一般発売は7月24日(土)予定。

受付期間:7/12(月)12:00~7/19(月)18:00
http://thebawdies.com/index.html

7月17日には、10月6日@渋谷AXと9月6日@心斎橋BIG CATで行われる追加公演のチケットも発売予定。10月6日@渋谷AXも2F指定席は発売される。これが本当に最後のチャンス!

 

 

【THE BAWDIES 夏フェス出演スケジュール】
7/17(土)「JOIN ALIVE」@北海 道・いわみざわ公園
7/19(月)「ap bank fes.」@静岡・つま恋
7/25(日)「FM802 MEET THE WORLD BEAT 2010」
@大阪・万博記念公園もみじ川芝生広場
7/30(金)「FUJI ROCK FESTIVAL 2010」@新潟・苗場スキー場
8/1(日)「SETSTOCK'10」@広島・ 国営備北丘陵公園
8/7(土)「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2010」@茨城・国営ひたちなか海浜公園
8/14(土)「J-WAVE LIVE 2000+10」@ 代々木体育館
8/21(土)「MONSTER baSH 2010」@香川・国営讃岐まんのう公園
8/22(日)「Sky Jamboree 2010~愛~」@長崎・稲佐山公園 野外ステージ
8/28(土)「SWEET LOVE SHOWER 2010」@山梨・山中湖交流プラザきらら
9/3(金)「SunSet Live 2010」@ 福岡・芥屋海水浴場
9/4(土)「OTODAMA'10」@ 大阪・泉大津フェニックス
9/11(土)「いしが きMUSIC FESTIVAL 2010」@岩手・盛岡城跡公園
9/12(日)「ベリテンライブ2010」@栃木・ 井頭公園運動広場

『THE BAWDIES 「THERE'S NO TURNING BACK」ONE MAN TOUR 2010』
9/6(月) 心斎橋 BIG CAT
9/16(木) 水戸 LIGHT HOUSE
9/18(土) 札幌 PENNY LANE 24
9/20(月・ 祝) 仙台 CLUB JUNK BOX
9/23(木・祝) 松山 SALONKITTY
9/25(土) 広島 CLUB QUATTRO
9/26(日) 福岡 DRUM LOGOS
9/28(火) 京都 磔磔
9/30(木) 金沢 AZ
10/02(土) 名古屋 BOTTOM LINE
10/03(日) 心斎橋 BIG CAT
10/06(水) 渋谷 AX
10/11(月・祝) 渋谷 AX

THE BAWDIES オフィシャルサイト
http://thebawdies.com/

 

"commmons: schola"
「音楽の学校」夏期特別講座
京都造形芸術大学 提携公演



 



scholaは、坂本龍一教授を中心に、音楽を旧来の枠組みから自由になって考え直し、学び直すという、長期にわたるプロジェクト。
これまでに、「バッハ」、「ドビュッシー」、「ラヴェル」、そして「ジャズ」、「ドラムズ&ベース」のCD&ブックレットがリリースされ、座談会としてNHK-FMでラジオ番組として放送された。また、「バッハ」、「ジャズ」、「ドラムズ & ベース」はNHK-ETVでテレビ番組としても放映された。

そして今度のテーマは「ベートーヴェン」。クラシック音楽の象徴とも言えるベートーヴェンの音楽は、本当に素晴らしいのか? そうだとしたら、どこがどのように素晴らしいのか? 神話化されたベートーヴェン像から遠く離れて、自由に考え直してみましょうというもの。

今回の「特別授業」は、坂本龍一教授と、浅田彰、小沼純一の3人が、そもそもscholaとは何か、そこで音楽の歓びをいかに伝えるかというところから始まり、ベートーヴェンをはじめとするさまざまな音楽のサンプルを聞きながら討論するという形で進む。対象は学生。音楽を専門とする人に限らず、大学生、大学院生を対象にした自由な質疑応答の時間も設ける予定だ。 (※4)。

興味のある学生はいますぐチェックを!!


出演:
坂本龍一(音楽家)
浅田彰(京都造形芸術大学大学院長)
小沼純一(早稲田大学文学学術院教授・音楽評論家)

日時:7月23日18:30開演(17:30開場)※1
場所:京都芸術劇場 春秋座
京都市左京区北白川瓜生山2-116 京都造形芸術大学内
参加対象者:学生(中学生・高校生・大学生・大学院生)※2 ※3
料金:無料 (サイトから応募・予約が必要です。全座席指定席)
特別講座の公募・予約の受付は、下記URLから
PCから http://www.k-pac.org/
携帯から http://www.k-pac.org/theatre/m/m


※1 この公演はNHKの公開収録という形で開催されます。

※2 中学生・高校生は保護者同伴可能。
ただしお一人につき、同伴一名まで。

※3 当日受付の際に学生証の提示が必要となりますので必ずご持参ください。
お忘れになられた場合には、入場をお断りさせていただく事がございます。

※4 特別講座の公募・予約の受付は、下記URLから
京都芸術劇場
PCから http://www.k-pac.org/
携帯から http://www.k-pac.org/theatre/m/m

※4 特別講座では、大学生、大学院生を対象とした質疑応答の時間を設けます。事前にご質問やお聞きになりたい事を募集しております。ご質問と座席番号をご記載のうえ、7月20日(火)までに、下記メールアドレスまでお送りください。

scholakyoto@commmons.com



<PROFILE>

坂本龍一/Ryuichi Sakamoto
音楽家。1952年東京生まれ。78年『千のナイフ』でデビュー、同年YMOに参加。
YMO散開後、 数々の映画音楽を手掛け、88年アカデミー賞作曲賞、他を受賞。
2006年には新たな音楽コミュニティ「commmons」を設立。また07年7月、有限責任中間法人「moreTrees」の設立を発表し、温暖化防止についての啓蒙や植樹活動を行うなど、活動は多岐にわたっている。主な作品に『B-2 UNIT』、『音楽図鑑』、『BEAUTY』、『BTTB』、『LIFE』、『CASA』、『CHASM』、『out of noise』など。90年より米国、ニューヨーク州在住。


浅田彰/Akira Asada
京都造形芸術大学大学院長。1957年兵庫生まれ。83年に『構造と力』を発表以降、経済学、 哲学・思想史、美術、音楽、映画、文学など、様々な方面での執筆・批評活動を行う。その他の著書に、『逃走論』、『ヘルメスの音楽』、『映画の世紀末』、対談集に『天使が通る』、『「歴史の終わり」を超えて』、『20世紀文化の臨界』、編集誌に『Inter Communication』、『批評空間』など。


小沼純一/Jun-ichi Konuma
音楽文化論、早稲田大学文学学術院教授。1959年東京生まれ。98年、第8回出光音楽賞(学術・研究部門)受賞。音楽・文芸批評、翻訳、詩など多分野において創作・執筆活動を行うほか、コンサートやイヴェントのプロデュースも手がける。著書に『武満徹-音・ことば・イメージ』、『魅せられた身体 旅する音楽家コリン・マクフィーとその時代』、『サウンド・エシックス』、『無伴奏-イザイ、バッハ、そしてフィドルの記憶へ』、編著に『武満徹対談選』、『ジョン・ケージ著作選』、 訳書に『廊下で座っているおとこ』(マルグリット・デュラス著)、詩集に『しあわせ』、『サイゴンのシド・チャリシー』など。

先日、先駆けて発表した、“藤井フミヤ” “MayJ.”に次ぎ、“9mm Parabellum Bulletの菅原卓郎(Vo,G)”が、ゲストボーカルとして参加していることを発表。9mmとは、FESなどで親交が深まり、今年3月に行われた、9mmの対バンツアー「命ノゼンマイ大巡業」の名古屋、大阪、広島公演にトライセラが参加するなど、親交が深いことから、今回のコラボ参加が実現した。

音楽に垣根がないといメッセージを伝えてきた、トライセラトップスの10枚目となる今作は、トライセラを中心に、ROCK、R&B、POPSと、ジャンルを超えたコラボレーション曲が収録。トライセラの、音楽に対する、新しい試みに大きな期待が高まる。

そして、今夏、【FUJI ROCK FESTIVAL'10】や【ROCK IN JAPAN FES.2010】などの、大型FESにも多く出演するトライセラ。今後の活動に注目だ。


【リリース情報】

NEW ALBUM

 

『WE ARE ONE』
2010.9.8 ON SALE!

【初回受注限定生産盤(CD+DVD)】
NFCD-27278/B / ¥3,800(tax in)
試聴、購入はこちらから


【通常盤 CD】
NFCD-27279 / ¥2,800(tax in)
試聴、購入はこちらから


<収録曲>
01. あのねBaby
02. Neo Neo Mods
03. I GO WILD
04. Happy Saddy Mountain
05. 爆音Time
06. Invisible ~透明のハグ~
07. ZOMBIES
08. Startin' Lovin'
09. CanとCan'tのパスポート
10. 後ろの君へ
11. 3000ワットのスピーカー
12. GIRLS
13. WE ARE ONE

トライセラトップス 「WE ARE ONE」特設サイト
http://www.triceratops-tb.jp/



【イベントライブ】

『音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2010「響鳴2010」』
2010年7月11日(日) 開場:15:00 / 開演:15:00
音霊 OTODAMA SEA STUDIO (神奈川県/逗子海岸)

出演: 和田唱(TRICERATOPS)/中田裕二(椿屋四重奏)/斎藤宏介(UNISON SQUAREGARDEN)/Riddim Saunter/D.W.ニコルズ
DJ:片平実,神啓文,西村道男(from Getting Better)

チケット料金: 全席指定 3,000円(税込) 立見・drink別・IDチェック有
発売日: 6月5日(土)
チケットぴあ(Pコード:105-364)
ローソンチケット(Lコード:70764)、イープラス
お問合せ: OTODAMA 運営事務局
(11:00~20:00)046-870-6040
info@otodama-beach.com


『フジフジ富士Q』
2010年7月17日(土) 開場:15:00 / 開演:16:00 / 終演:20:00予定
会場:富士急ハイランド・コニファーフォレスト
出演:フジファブリック / 奥田民生 / PUFFY / 藤井フミヤ / スカパラホーンズ/ 氣志團 / 片寄明人(Great3,Chocolat&Akito) / 和田唱(TRICERATOPS) / 安部コウセイ / クボケンジ(メレンゲ) …and more!!
チケット料金:全席指定 5,000円(税込)
発売日:5月29日(土)
お問合せ:DISK GARAGE
03-5436-9600(weekday12:00~19:00)


『FUJI ROCK FESTIVAL'10』
日時: 2010年7月30日(金)31日(土)8月1(日)
開場9:00/開演11:00/終演予定23:00
会場: 新潟県湯沢町苗場スキー場
出演: TRICERATOPS他

チケット料金: 3日通し券:¥39,800(税込)、
1日券:¥16,800(税込)他
発売日: 3月6日(土)10:00~先行発売開始

お問合せ: FUJI ROCK HP
http://www.fujirockfestival.com/


『ROCK IN JAPAN FES.2010』

2010年8月8日(日)開場8:00/開演10:30/終演予定20:30
国営ひたち海浜公園(茨城県ひたちなか市)

出演: TRICERATOPS他

チケット料金: 3日通し券:¥30,000(税込)
1日券:¥11,500(税込)他

発売日: チケットに関してはオフィシャルHPへ
お問合せ: ROCK IN JAPAN FESTIVAL事務局
0180-993-611(24時間テープ対応、PHSからは不可)


『Sky Jamboree 2010 ~ 愛 ~』
2010年8月22日(日)開場10:30 / 開演12:00 / 終演20:30(予定)
会場: 長崎市稲佐山公園野外ステージ

出演: TRICERATOPS/Ken Yokoyama/BEAT CRUSADERS/10-FEET/細美武士&矢野顕子/RADWIMPS/THE BAWDIES/REDEMPTION97/FUNKIST/androp/Flip

チケット料金: 全自由¥6,000(当日¥6,500)・小中学生¥4,000(当日¥4,500)消費税込み
発売日: 7月11日(日)
お問合せ: FM長崎 095-828-2020


 

布袋寅泰が7月9日にZepp Tokyo にて復活ライブを行った。今年1月に「HOTEI 2010 / ROCK A GO! GO! TOUR」と冠したツアーをスタートさせたが、その途中の2月10日に自宅で左腕を痛め、2月14日(日)Zepp Fukuoka、18日(木)Zepp Tokyo にて開催を予定していた追加公演を中止していた。長きリハビリを経てソロのライブとしては2月7日Zepp Sapporo公演以来約5ヶ月ぶりに復活、3ピースの編成で、約2700人の超満員の観客の前で熱演した。

この日のライブは「BEST OF HOTEI」といった新旧織り交ぜた内容。前回の「ROCK A GO! GO! TOUR」のサポートを務めたDr. 中村達也、Key. 小島良喜、B. ナスノミツルが再結集し、お馴染みの「スリル」「BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY」や、怪我を心配してくれた友人やファンのために4月に無料配信した楽曲「THANK YOU」など、全20曲を演奏した。

このライブはUSTREAMにて全世界に生中継され、最大同時視聴者数:約6,100人、トータル視聴者数:約6万1000人、同日の同時視聴者数世界一位を記録した。

また、7月17日にZepp Fukuokaにて「復活祭」を、8月27日に東京LIQUIDROOMにて、「TOMOYASU HOTEI Monthly Live Vol.1」を行う予定。そして、8月4日には、大ヒット漫画「北斗の拳」とのコラボレーションから生まれたニュー・シングル「STILL ALIVE」がリリース。同曲は「北斗の拳」の新しい楽曲イメージを求めていた原作者である原哲夫氏の要望から誕生したもので、今後は「北斗の拳」201Xテーマソングとして様々な関連プロジェクトに使用されてゆく予定。
6月23日よりレコチョクにて着うた先行配信中、8月4日よりiITunes他にてPC配信スタート.

■ 布袋寅泰公式HP
http://emimusic.jp/ustream/
http://www.myspace.com/hotei

9月8日に新作「JAPANESE POP」をリリースする安藤裕子のバンド編成ツアーが決定した。
全10公演、最終日は東京国際フォーラム ホールAにて開催する。

毎回、名うてのバンドメンバーの高い演奏力と パワフルな歌声で魅せる、繊細かつダイナミックなステージで、確実に動員を延ばす中、今回は、おなじみのメンバー(Key.山本隆二、Gt.山本タカシ、Cho.新居昭乃)に加え、Dr.佐野康夫、Ba.三浦謙太郎(BAZRA) といった布陣で、新たな安藤裕子ワールドを展開する。
2年4ヶ月ぶりとなる 5thアルバム「JAPANESE POP」 は、アレンジャーに山本隆二や宮川弾、そして、ヨーロッパで話題のプロデューサー、奇才ベニー・シングスを迎えるなど完成度の高いアルバムになる。

本人出演で話題を呼んだ”サッポロ飲料ゲロルシュタイナー”TVCM曲 「問う てる」やニンテンドーDSソフト「レイトン教授と魔神の笛」エンディングテーマ「Paxmaveitiラフマベティ-君が僕にくれたもの-」も収録。
アルバム作品、ライブ共に今から期待が集まる。

 

 

【ライブ情報】

安藤裕子 LIVE 2010 "JAPANESE POP"
11/3(水・祝)高松オリーブホール
11/5(金)岡山CRAZYMAMA KINGDOM
11/7(日)広島クラブクアトロ
11/12(金)Zepp Sendai
11/14(日)Zepp Sapporo
11/20(土)Zepp Fukuoka
11/23(火・祝)Zepp Nagoya
11/27(土)なんばHach
11/28(日)なんばHach
12/05(日)東京国際フォーラム ホールA

 
安藤裕子 オフィシャルサイト
http://www.ando-yuko.com

 

7月8日(木)、aiko Live Tour「Love Like Pop vol.13とっても嬉しい追加公演。月夜の晩に彼女は現る」最終日、大阪城ホール公演が行われた。
この日のライブをもって、昨年7月から行なわれていた3つのライブツアー「Love Like Rock vol.4」(ライブハウスツアー)「Love Like Pop vol.12」(ホールツアー)「Love like Pop vol.13」(aiko初のアリーナツアー)3部作が全て終了した。

 

 

最終日に選ばれた会場は、aikoの地元大阪、大阪城ホール。梅雨のこの時期に珍しく晴れ渡ったこの日、早くから会場に集まったファンが、今か今かと待ち構える中、いよいよライブがスタート。オープニング、壮大にリアレンジされた「KissHug」のインストのリズムに合わせて舞うaikoの影がステージに掲げられた幕に映し出され、爆発音とともに、Tシャツにおなじみのデニム姿で登場するaiko。
追加公演の1曲目に選んだのはニューアルバムから「夏が帰る」。一昨年の夏に行われたフリーライブ「Love Like Aloha vol.3」に来てくれるファンの皆さんのことを想って作ったという、ライブの幕開けにはぴったりの1曲。

序盤から会場はヒートアップ!152センチという小さな体のaikoが、会場を大きく揺らし、アルバムからの新曲「鏡」「リズム」に続いて演奏された「カブトムシ」。
先日まで行われていた本公演では、曲のアウトロ中に、ステージから約30メートル以上も離れたセンターステージに衣装替えをしたaikoが瞬間移動し、そのマジックの様な演出で観客を驚かせたこの曲。今回は曲の途中で、先程まで演奏していたバンドが突然ステージから消え去り、総勢19名のストリングス隊が現れると言うサプライズ演出で楽曲を盛り上げた。

会場を真っ二つに分ける様にステージから伸びた花道(なんと代々木第一体育館では、このツアー最長の全長74mに渡る花道!)を息切れ一つせず、駆け抜けながら歌い続けるaikoにファンも全力で応え、息つく間もなく始まった恒例のメドレーでは久しぶりの披露となる2nd Singleの「ナキ・ムシ」含む全9曲のおいしいところをぎゅーっと凝縮。aikoはステージの左右からスタンド席の近くまで行けるように作られた道の柵に足をかけ、手を伸ばしファンとタッチ。お客さんとの距離をどんどん縮めていった。

最終日と言うこともあってか、いつにも増してヒートアップする会場のアンコールに応え、ツアーTシャツに着替え、最後の力を振り絞るかのように走りまくりながら「キスが巡る」と最新シングル「向かいあわせ」を披露。最後には大量の金テープが降り注ぎ、感動的なエンディングを迎えた。

aiko Live Tour

「Love Like Pop vol.13 とっても嬉しい追加公演。月夜の晩に彼女は現る」
2010年7月8日(木)@大阪城ホール セットリスト

1.夏が帰る
2.赤いランプ
3.愛の病
4.リップ
5.鏡
6.リズム
7.カブトムシ
8.甘い絨毯
9.花火
10.私生活
11.LLP13.add メドレー
・横顔
・あなたと握手
・陽と陰
・mix juice
・なんて一日
・マント
・前ならえ。
・ナキ・ムシ
・シアワセ
12.beat
13.カケラを残す
14.milk
15.be master of life
16.どろぼう
17.戻れない明日
-アンコール-
18.キスが巡る
19.向かいあわせ
20.えりあし
21.帽子と水着と水平線

 

aiko オフィシャルサイト

http://aiko.can-d.com/home.html

7月28日にメジャーセカンドアルバム「期待CD」をリリースする、アフロックバンド「鶴」。
今年5月6日から27カ所28本に渡る、ライブハウスツアーの真っ最中の彼らのファイナル公演となる7月9日の代官山ユニットでのライヴを、開演から終演までUSTREAMで完全生中継することが決定した。
チケットソールドアウトの公演が見られるチャンス!お楽しみに!

【ライブ情報】

『鶴 生家紀行 第一章~ライブハウスツアー』
7月9日(金)代官山UNIT

中継日時:2010年7月9日 6:50p.m.から終演まで
視聴サイト:Ustream Siteからは
http://www.ustream.tv/channel/afrockmaniatv
鶴公式動画サイト「鶴 生家ツアーレポート」からは
http://www.afrockmania.tv/

【リリース情報】
          New Album
『期待CD』
2010.7.28 ON SALE!

【初回盤】
WPZL-30201~2 / ¥3,300(tax in)

【通常盤】
WPCL-10838 / ¥2,800(tax in)



鶴 オフィシャルサイト
http://afrock.jp

 

デビュー15周年を記念し、全国15ヶ所を巡る当ツアー『Ken Hirai 15th Anniversary Special!! Vol.2 Ken's Bar 2010 Summer』がスタート。初日は、デビュー当時にはラジオのレギュラー番組を担当するなど、ゆかり深い北海道の大地で開催。感謝の熱唱をしました。自身の大ヒット・オリジナル楽曲の数々と、過去にコラボレーションの経験がある美空ひばりさんの「お祭りマンボ」など洋邦楽曲カヴァーの計15曲を披露。会場の”真駒内セキスイハイムアイスアリーナ”(札幌市)に現れた彦星・平井堅の歌声に観客は酔いしれた。

 

今後は、デビュー15周年企画第二弾のこのツアーと企画第三弾のニューヨークでの公演が控えている。

★本人のMC★
札幌の皆さん、ただいま!ごぶさたしてました。私平井堅は、無事デビュー15周年を先日(5/13)迎えました。それを記念してデビュー15周年ツアーを開催することになりました。
本日はその初日でございます。15周年にちなんで全国で15公演おこなうのですが、まだ僕の生の歌声を響かせたことがない県をまわります。その中でも例外中の例外で、特に御世話になっている北海道で、今宵歌わせていただきます。今日は七夕ということで、ロマンチックな日です。1年に一度、彦星と織姫が会うことができるというとてもロマンチックな日に、こうして皆さんとお会いできたわけですから、楽しい時を共に過ごせればと思います。彦星と織姫に負けない、甘く熱い夜にしましょう。

◆Ken’s Barツアー『Ken Hirai 15th Anniversary Special!! Vol.2 Ken's Bar 2010 Summer』詳細

7月7日(水)  真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
7月13日(火) 広島グリーンアリーナ
7月16日(金) 飛騨コンベンションセンター
7月18日(日) 富山テクノホール
7月21日(水) 盛岡市アイスアリーナ
7月23日(金) 山形市総合スポーツセンター
7月27日(火) 三重サンアリーナ
8月2日(月)  国立京都国際会館
8月4日(水)  滋賀県立体育館
8月6日(金)  静岡エコパアリーナ
8月9日(月)  米子コンベンションセンター・BiG SHiP
8月11日(水) 岡山市総合文化体育館
8月13日(金) 松山市民会館
8月17日(火) グランメッセ熊本
8月21日(土) 長野エムウェーブ

【一般発売日】

7月公演分は販売中 / 8月公演分は、07月17日(土)より販売

◆Ken's Bar NY公演

『Ken Hirai 15th Anniversary Special!! Vol.3 Ken's Bar in N.Y.

開催日: 8/25(水)、26(木)
会場: B.B.King Blues Club & Grill
時間: 開場:18:00  開演:20:00(N.Y. TIME)
チケット発売: 6/25(金)~ チケットは会場ボックスオフィス&Ticketmasterにて販売
問)http://bbkingblues.com

■オフィシャルサイト
www.kenhirai.net

安室奈美恵が初めて出身地である沖縄でミュージックビデオの撮影を行った新曲「Get Myself Back」が本日解禁された。

このミュージックビデオは、7月28日に発売する両A面シングル「Break It/Get Myself Back」に収録される「Get Myself Back」のミュージックビデオで、タイトルにもある“自分自身を取り戻そう”というコンセプトにより、安室奈美恵本人の出身地である沖縄で撮影。意外にも、MV撮影を地元沖縄で行うのは“初”のこと。沖縄らしく清々しい青空と海のシーンが印象的で、さらに壮大な草原に囲まれるシーン等、沖縄の美しい自然にうっとりできる作品になっている。また、安室奈美恵のシングル曲としては、久しぶりのミディアムナンバーで、夏楽曲というのも久しぶりだ。

今作は、約7月振りに発売する2010年度シングルで、両A面シングル。M1「Break It」は、安室奈美恵らしいロックなダンスナンバーで、既に大量オンエア中の本人出演“コカ・コーラ ゼロ TVCMソング”。今回MV解禁となるM2「Get Myself Back」は、自分らしさを問いかけるポジティブで美しいメッセージソングで、現在公演中の全国ツアー「namie amuro PAST<FUTURE tour 2010」での先行パフォーマンスも大反響となっている、夏ムード漂う久しぶりのミディアムナンバーだ。

<CD+DVD盤>は、この2曲のMVと更にボーナスコンテンツとしてそれぞれのメイキングも収録される超豪華盤だ。メイキング映像をパッケージ化するのは、なかなか素顔が見ることができない安室奈美恵にとってはとても珍しく、貴重な作品となるだろう。

安室奈美恵は、アルバム『PAST<FUTURE』がアジア地域5カ国でナンバー1を記録。世界160カ国以上で放送され、視聴者数が10億人を超すといわれる世界最大級の音楽祭【WORLD MUSIC AWARDS 2010】にアジア女性アーティストとして初めて出演するなど、近年、世界の舞台での活躍が注目を集めております。2010年には、早くも同アルバムがオリコン上半期アルバムランキングで第1位を獲得するなど、目が離せない状況となっている。

「Get Myself Back」ミュージックビデオは、安室奈美恵オフィシャルサイトでショートバージョンが公開されている。

■オフィシャルホームページ
http://www.avexnet.or.jp/amuro/index.html
http://www.visionfactory.jp/

 

【リリース情報】
Double A-Side Single
『Break It / Get Myself Back』
エイベックス
07.28 ON SALE!


【初回限定盤】
AVCD31897/B
¥1,890(tax in.)

【通常盤】
AVCD31898
¥1,050(tax in.)

中島美嘉がキャリア初めての武道館ライブを発表した。中島にとって今年はデビュー10年目。常にJ-POPシーンで独特の存在感を放ち続ける彼女が意外にも武道館でのライブは初めて。しかも今回発表されたのは2daysの2日連続公演で、合わせて大阪城ホールでの2daysも発表した。

今年は1月に、映画主題歌「ALWAYS」が大ヒット、そしてこの7月から始まる宮藤官九郎脚本/話題のTBS系金曜ドラマ「うぬぼれ刑事」に初の主婦役でメインキャストとして出演が決定。そしてそのドラマの挿入歌にもなっている新曲「一番綺麗な私を」を8月25日にリリースする。
10周年という節目に向けて徐々に活動をペースダウンするか、ベスト盤をリリースしてそれまでの活動を振返るアーティストが多い中、新しい話題を提供し続ける彼女は10周年を迎えて益々精力的。秋以降にも大きな話題を振りまくことだろう。

武道館/大阪城ホールライブはタイトルにも入っている通り、10周年のアニバーサリーライブなだけにデビュー曲にして大ヒット曲「STARS」から、最近の代表作「LIFE」「ORION」「ALWAYS」などの大ヒット曲が次々に飛び出してくることが予想される。今や、日本を代表するシンガーとなった彼女のアニバーサリー・ライブ、相当な盛り上がりになるのは間違いない。

 

【ライブ情報】

MIKA NAKASHIMA 10th ANNIVERSARY'S SPECIAL LIVE
"FANS AND BEST"

10/30(土)大阪城ホール
10/31(日)大阪城ホール
11/5(金)日本武道館
11/6(土)日本武道館


中島美嘉 オフィシャルサイト
http://www.mikanakashima.com

 

5月26日にニューアルバム『10’S』をリリースしたメンバー全員10代のバンドOKAMOTO’S。3月にUSツアーを敢行したばかりの彼らが、2010年2度目の海外公演となるオーストラリアでのライヴを敢行し、3000人を越えるオーディエンスを熱狂させた。

オーストラリア公演が決まった経緯は次のようなもの。今年3月にアメリカ・テキサス州オースティンで開催された音楽フェスティバル“SxSW2010”に日本人全員男子10代としては史上初の出演を果たし、日本人離れしたライヴパフォーマンスで会場を圧倒させた際、偶然そのライヴを観ていたオーストラリアのグラミー賞とも言われているARIAミュージックアワード4部門にノミネートされた人気ロックバンドThirsty Mercのツアーマネージャーの目に留まり、熱烈ラヴコールをうけ実現したものである。

オーストラリアのウロンゴン・ニューキャッスル・シドニーの3都市のオーディエンスの前で、メンバー全員10代のOKAMOTO’Sがニューアルバム『10’S』に収録されている「Run Run Run」「Beek」「スマッシュ」など、熱狂的で躍動感のあるライヴパフォーマンスを披露。さらに、オーストラリアに到着してから完成したという新曲を披露するほか、Thirsty Mercのステージにも飛び入りして即興でセッションを行うなど、なんとも大胆不敵な行動で会場を盛り上げた。

地元オーストラリアのオーディエンスは、この初めて見る日本人10代バンドのライヴパフォーマンスを見るや、体を揺らしコブシを高くあげたり歓声をあげたりと、ライヴが進むごとに会場全体を巻き込んでいき、ライヴ終了後には、握手や記念撮影を求められたりという輪ができた。

また、滞在中はオーストラリアの地元ラジオ局の番組への出演や音楽サイトのインタビューなど、プロモーション活動も英語でこなした。彼らの夢でもあるライヴツアー世界制覇は、実現に向かって動き出している。日本に戻った後も、夏の野外フェス出演、そして全国ライヴサーキットも決定と、日本全国で大暴れすることは間違いない。

■オフィシャル
http://okamotos.net/
http://www.sonymusic.co.jp/Music/Arch/ARI/okamotos/index.html

 

【リリース情報】
2010年注目度ナンバーワン10代バンド
『10’S』
ソニー
05.26 ON SALE!



【初回限定盤】
BVCL-99~100
¥2,800(tax in.)


【通常盤】
BVCL-101
¥2,400価格(tax in.)

今年でデビュー5周年、結成10周年となるUVERworldが、7/4(日)国立代々木競技場第一体育館で、4月から行っていた【LAST tour 2010】がファイナルを迎えた。
ヒット曲「儚くも永久のカナシ」や最新シングル「GOLD」などを披露し、ライブはクライマックスに突入したそのとき、思わぬ告知がTAKUYA∞(Vo)の口から放たれた。

「支えてくれてるみんなに、もっとすげぇ景色見せたい!だから、俺たちは東京ドームライブを決めた!もう、夢を夢のままにするのはいやなんだよ!」。

実は、この発表には布石があったようで、6月下旬から、オフィシャルサイト上で、謎のカウントダウンが始まっており、その日数で計算すると11/27に当たることから、ファンの間では、11/27に解散説などの悲観的な憶測が飛び交ったが、杞憂に終わった。この発表、7/6にオフィシャルサイトでの解禁を予定していたようだが、“ファンに直接伝えたかった”ということだろうか、MCで告げられたその事実に、集まった約12,000人の中には、絶叫、涙するファンもいた。

「東京ドーム終わったすぐあとに、ライブハウスでライブをやってもいいかも」彰(Gt)。また、野球好きで知られる真太郎(Dr)は「とりあえず、グラウンドに入れるのがうれしいです(笑)」とマイペース。
TAKUYA∞「やらないといけない曲、いっぱいありますね。これ聞かないと帰れない!って言われるでしょうし。練習しないと(笑)。ほかにもいろいろ考えたいですね。」と、11/27を特別な夜にする意気込みは十分だ。

すでに、いつものライブとは違う企画をたくさん考えているというが、11/27会場で明らかになるのだろう。UVERworldは、今年9月に公開される、ガンダムシリーズ19年ぶりの劇場作品、【劇場版・機動戦士ガンダム00】の主題歌も担当することが決まっている。


【ライブ情報】
『LAST TOUR FINAL at TOKYO DOME』
11/27(土)東京ドーム

 

UVERworld オフィシャルサイト
http://www.uverworld.com

今年3月東京・恵比寿にあるLIQUIDROOMにて行った結成一周年記念公演をわずか3時間で完売させるなど、日本のインディーズ界において一番勢いがある新人ロックバンドViViDが、フランス・パリにて行われている世界最大のカルチャーイベント<JAPAN EXPO>に出演し、1万人のファンを魅了した。

<JAPAN EXPO>は2000年から毎年7月にパリで行われ、マンガやJ-POPなど日本のポップカルチャーを紹介するヨーロッパ随一の最大ビッグイベントとなっており、毎年フランス国内をはじめ、近隣のヨーロッパ諸国から来場者が訪れるなど(昨年は16万5000人を動員)、ヨーロッパ最大規模のフェスティバルだ。

そんな世界最大のイベントに登場したViViDは『Take-off』や『キミコイ』など披露する中、Vo・シンがフランス語で挨拶しファンとの距離も大切にしつつ、JAPAN EXPO史上最大の盛り上がりを魅せるLiveを繰り広げた。そんな最高のパフォーマンスを終えたViViDのシン(Vo)は『まずは<JAPAN EXPO>と言う世界最大のイベントに出演できた事を感謝いたします。走り始めたばかりの俺たちですが、ViViDにしかない最高の音楽を世界中に伝えていきたいと思います。』とコメントした。

そんな彼らのニューシングル『PRECIOUS』の発売を控え、現在レコチョクなど各配信サイトにおいて着うたを絶賛先行配信中!またシングルリリース日である7月7日(水)には渋谷タワーレコードにてインストアライヴ。
さらに8月8日(日)には東京・渋谷区にあるSHIBUYA-AXでのワンマン公演を控えている。

 

 

【リリース情報】
New Single
『PRECIOUS』
2010.7.7 ON SALE!

【初回盤A】限定:3,000 枚
PSIM-40001・2 / ¥1,890(tax in)


【初回盤B】限定:3,000 枚
PSIM-40003 / ¥1,890(tax in)


【通常盤】
PSIM-40004 / ¥1,575(tax in)




【ライブ情報】
PS COMPANY PRESENTS ViViD 3rd ONEMAN LIVE
『Day of Awaking』

8/8(日)SHIBUYA-AX

 

ViViD オフィシャルサイト
http://www.indie-psc.com/vivid/

「また君に恋してる」が大ヒット中の演歌歌手・坂本冬美が5日、東京・渋谷区のタワーレコード渋谷店1階エントランス特設会場で限定100人のファンたちと握手会を行い、スタッフたちが「また君ちゃん携帯クリーナー」と名付けた携帯ストラップを道行く人たちに2000個配布した。

これは、同曲が異例のロングヒットを続けている原動力となったのが、若い音楽配信ユーザーで、2年前から彼女が取り組んできた「渋谷で演歌」という活動が実を結んだからとして若い音楽ユーザーと渋谷の街に感謝し、同曲の大ヒット御礼として行ったもの。

この握手会に1000通の応募があり、その中から抽選に当たった100人と握手した彼女は「本当に久しぶりの握手会でしたが、今日は蒸し暑い中、しっかりと握手させていただきました。いつもお見かけする(ファンの)方々もいらっしゃいましたが、随分とお若い方もいらっしゃいましたね」と笑顔を見せながら、「渋谷は私の好きな街でして、ふだんも1人でうろうろしたりしています」と話した。

今回配布した「また君ちゃん携帯クリーナー」は、同曲を着うたにすると「恋が叶う」と評判で、さらに「皆さんの恋が叶いますように」と願って作成。「また君に恋してる」と「黄身」をかけ、卵をイメージして誕生した恋愛成就ストラップで、「きっと女子高生の人たちも付けてくれると思います。でも、本人が結婚もしていないので、信憑性がないんじゃないかと言われていますけれども、それはこっちにおいといて…」と、その出来に大満足。

「また君に~」が大ヒット中の状況には「すごいことだと思います。奇跡です。ビリーバンバンさんが快く歌わせてくださって、お2人には心から感謝しています。でも、いつ何が起きるかわからないので、あまり浮かれることなく頑張りたいと思います。演歌というと年配の方が聴く歌というイメージが強いですが、若い方にこうやって支持していただけたので、演歌だから駄目なんだとかじゃなくて、いい歌はきっと世代を超えて伝わるんだなということがわかったのが、一番うれしかったことです」と話していた。

6月末の発表によると、同曲のシングルは38万枚、同曲が収録されているアルバム「Love Songs~また君に恋してる」は30万枚を売り上げ、配信合計では165万ダウンロードを突破。「オリコン」シングル・ウイークリーランキング最高位3位、「レコチョク」着うたフル・ウイークリーランキング最高位1位、レコード協会有料音楽配信認定・着うた、着うたフルでダブル・プラチナ認定など数々の記録を樹立している。

■坂本冬美 オフィシャルサイトHP
http://www.fuyumi-fc.com/
http://www.emimusic.jp/artist/sakamoto/

西野カナが、6月23日にリリースした、2nd Album「to LOVE」のオリコン1位獲得を記念し、神戸、大阪、京都の3都市の「LOVEスポット」を巡るゲリラ企画を行った。

配信トータルダウンロード数が1000万ダウンロードを突破するという、脅威の数字を叩き出すなど快進撃を見せている西野カナ。そんな中、三重県出身でもある西野カナが、地元関西に直接「LOVE」を伝えたい…ということで、「西野カナto LOVE関西」と題し、ラブスポットを自ら巡り、吸収した“いっぱいのLOVE”を最終地点である京都新風館にて3000人のオーディエンスの前でラブソング「Dear…」を披露した。

駆けつけたオーディエンスは『西野カナ』から届けられたLOVEのメッセージに心打たれ、涙を流しながら聴き入るファンも多く見受けられた。

今回西野カナが巡ったラブスポットは以下の3箇所。神戸…北野天満神社「叶い鯉」⇒鯉の像に水をかけて祈願すると、「恋が」叶うと言われている場所。大阪…梅田スカイビル空中庭園⇒40F、地上173mにあるラブスポット。“ハートロック”と言われる、愛する二人の名前が刻んでいるハート型の鍵を、庭園のフェンスにロックすると二人の絆は結ばれると言われている場所。京都…梨木神社「愛の木」⇒ハート型の葉っぱを持つ「愛の木」を撫でながら願い事をすると願いが叶うと言われている場所。

西野カナ「to LOVE」を聴きながらラブスポットを巡り、「LOVE」をより一層感じてみるのも一興。

■西野カナオフィシャルホームページ
http://www.nishinokana.com/

 

【リリース情報】
オリコン1位獲得
『to LOVE
ソニー
06.23 ON SALE!




【初回限定盤】
SECL876
¥3500(tax in.)

【通常盤】
SECL878
¥3059(tax in.)

大学に通いながら音楽活動を行っている女性シンガーソングライターで、3月3日にシングル「don't cry anymore」でデビューしたmiwaが、この夏に公開になる映画「カラフル」に、尾崎豊「僕が僕であるために」イメージソング)とTHE BLUE HEARTS「青空」(エンディングテーマ)という名曲のカバーを提供する。

前者は尾崎豊が10代の時に作った曲で、デビューアルバム『15の夜』に収録されている名曲。くしくもmiwaも10代最後のレコーディング曲となった。後者は今もなお根強い人気を誇るTHE BLUE HEARTSの中でも屈指の名曲とされているナンバーだ。両曲ともに映画の公開に先駆けて8月中旬に配信限定でリリースされる。

映画「カラフル」は、直木賞作家・森 絵都のベストセラー小説をアニメ映画したもの。生きていくことをポジティブに伝えていくこの物語は、主人公と同世代の中高生はもちろん、「かつて中学生だった」大人たちをも爽やかな感動の渦に巻き込んだ。監督は、『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』(01)、『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦』(02)、『河童のクゥと夏休み』(07)等を監督し、日本を代表するアニメーション監督として、不動の地位を築いた原恵一。声優陣として、宮●あおいのほか、冨澤風斗、南明奈、まいける、入江甚儀、中尾明慶、藤原啓治、麻生久美子、高橋克実ら豪華な顔ぶれが出演している。公開は8月21日(土)より全国東宝系にて。miwaの爽やかな歌声とともに、この夏、感動作が日本全土を駆け巡る。

miwaは6月23日に2nd single「リトルガール」をリリース。7月31日にはZepp Tokyoでライブイベント”GIRL ROCK FACTORY”、8/6には茨城・国営ひたちなか海浜公園で実施される ROCK IN JAPAN FESへの出演が決定している。

 

miwa オフィシャルサイト

http://www.miwa-web.com/

 

【リリース情報】
miwaの2ndシングル
『リトルガール』
Sony Music Records
2010.6.23 ON SALE!


【初回限定盤】
SRCL7303
¥1575(tax in.)

【通常盤】
SRCL7305
¥1223(tax in.)

YUKIが7月3日の埼玉県・戸田市文化会館より約2年ぶりとなる待望の全国ホールツアー「YUKI concert tour 2010“うれしくって抱きあうよ”」をスタートさせた。

このツアーは12都市23公演、約3カ月におよぶYUKIソロ史上最大規模というスケールで、チケットは発売と共に全会場ソールドアウト。正にプレミアムチケットとなっていた。

開演時間の17時過ぎにステージにYUKIが登場すると、観客1200人から総立ちの大歓声で迎えられライブがスタート。YUKI本人が「手作り感、手触り感を大切にした」という最新アルバム『うれしくって抱きあうよ』の世界観を表現するにふさわしいステージセットは、温かみに溢れ、どこか懐かしさを感じさせ、まるで”絵本の世界”とでも表現すべきもので、まず驚かされる。これまでのYUKIのライブステージセットとは趣きを変え、テクノロジーに頼らずに、すべてスタッフの人力による演出を施しているという。

ライブ途中、YUKIはMCで「今日も1曲1曲心を込めて大事に歌います。」と語り、「歌を大切に届けたい」という思いを観客に伝え、「うれしくって抱きあうよ」「COSMIC BOX」「ランデヴー」などアルバムからのヒット曲を次々に披露。アンコールでは「とっておきのプレゼントがあります」として、新曲「2人のストーリー」を初披露するという嬉しいサプライズがあった。

この日披露した曲は全20曲、2時間以上に及ぶ圧巻のパフォーマンスを魅せたYUKIに、観客からは惜しみない拍手が贈られた。

ニューシングル「2人のストーリー」では、アルバムからの流れを汲んだ大人のロックサウンドに乗せて、“男性目線”で描かれた同棲するカップルの物語が歌われている。発売は9月15日。全国ツアーを締めくくる作品としても必須アイテムになることは間違い。ツアーがスタートし、夏フェスへの参加も発表、そしてニューシングル発表と、このアクティブな活動に、今年の夏は更なる注目を集めそうだ。

【リリース情報】
YUKI 
「2人のストーリー」
2010.9.15 Release
【初回仕様限定盤】 封入特典予定
ESCL-3469 ¥1,223(税込) \1,165(税抜)

■オフィシャルサイト 
http://www.YUKIweb.net

ひたすらまっすぐでひたむきで無垢なるROCK魂の日vs英対決、サンボマスターとクーラ・シェイカーによる異色コラボ・イベント決定した。

 

ソウルフルで熱いライブパフォーマンスとメッセージ性の高い日本語のロックで人気のサンボマスター。ブリットポップ黎明期にイギリス総合チャート初登場1位で華々しいデビューを飾ったクーラ・シェイカー。同じレーベルに所属するも、一見ナンの接点もなさそうな二組、音楽性もルックスも対極的に位置するイメージだが、その中身は実は大きな共通点で結ばれているようで、約3年前、両者が所属するソニー・ミュージックのオフィスで、偶然会った二組は、言葉の壁をも完全に突き破り、いつの間にか意気投合。すぐに記念撮影まで済ませたのだという。

 

そして今年4月にサンボマスターが5作目となるアルバム『きみのためにつよくなりたい』をサンボマスターが発表すると、6月にはクーラ・シェイカーが4作目のアルバム『ピルグリムス・プログレス』を発表。これを好タイミングとして、ROCK魂をかけ共演することになった。両者とも、愛や生(人生)についてストレートに歌詞に表現しながら、ブルーズやファンクやポップの要素を伴った美しいメロディーに乗せて率直に伝えていこうとする姿勢をもっており、このイベントの盛り上がりは必至だ。

このイベントへの参加希望者は下記公式サイトへ。
http://www.sonymusic.co.jp/sambomaster/KulaShaker/100730/ 

<イベント概要>
日時:2010年7月30日(金)18:00開場/19:00スタート予定
場所:東京都内某所
内容:ライブパフォーマンス、トーク・セッションなどを予定

■公式サイト
サンボマスター
http://www.sambomaster.com
クーラ・シェイカー
http://www.sonymusic.co.jp/KulaShaker

 

【リリース情報】

クーラ・シェイカー、復活第2弾アルバム
『ピルグリムス・プログレス』
ソニー
06.16 ON SALE!
SICP-2673
¥2520(tax in.)

 

【リリース情報】

サンボマスター2年半ぶり、5枚目のアルバム
『きみのためにつよくなりたい』
ソニー
04.21 ON SALE!
SRCL-7270
¥3,059(tax in.)




全公演のチケットが即ソールドアウトとなった全47都道府県ツアーの真っ最中である、いきものがかり。
そんな中、6月30日の秦野市文化会館公演中にいきものがかりから「初のアリーナツアー決定」というビッグニュースが発表となった。


中でも「横浜アリーナ」は神奈川県出身のいきものがかりがずーっと夢見てきた憧れのステージである。
地元・神奈川のストリートから念願の横浜アリーナでライブをするまでに成長を遂げたいきものがかり。
8月4日には話題の日本テレビ系水曜ドラマ「ホタルノヒカリ2」主題歌、「キミがいる」の発売も控えている。

【ライブ情報】

「いきものがかり アリーナツアー2010」
11/11(木) 横浜アリーナ
11/12(金) 横浜アリーナ
11/16(火) 大阪城ホール
11/17(水) 大阪城ホール
12/11(土) 名古屋 日本ガイシホール
12/12(日) 名古屋 日本ガイシホール

詳しくはこちらへ
http://www.ikimonogakari.com/arena2010.html

【リリース情報】
19th Single
「キミがいる」
2010.8.4 ON SALE!
ESCL-3458 / ¥555(tax in)

 

 

 

 

 

いきものがかり オフィシャルサイト
http://www.ikimonogakari.com/

 

EMI ミュージック・ジャパン設立50周年を記念して、11月6日(土)に、ロックイベント「EMI ROCKS」をさいたまスーパーアリーナで開催することが決定した。
EMIが主催する有料ロックイベントとしては、1990年に大阪城野外音楽堂と日比谷野外音楽堂にて行った「ロックの生まれた日」以来、20年振りのイベント開催となる。

気になる出演者は以下の通り。

<出演アーティスト>(五十音順)
ACIDMAN、9mm Parabellum Bullet、清 竜人、ストレイテナー、東京事変、HIFANA、Base Ball Bear、雅 -MIYAVI-、吉井和哉、and more...     
※追加出演アーティストは、決定次第随時発表いたします。

【イベント情報】

『EMI ROCKS』
11/6(土)  さいたまスーパーアリーナ
開場10:30/開演 12:00/終演 20:00(予定)

<料 金>
アリーナ:オールスタンディング(ブロック指定/整理番号付)、スタンド:指定席
共に 6,900円(税込) 

<チケット発売>
7月2日(金) 18:00 ~7月19日(月・祝) 23:00  ホームページ抽選先行予約
9月11日(土) 一般発売

<出演アーティスト>(五十音順)
ACIDMAN、9mm Parabellum Bullet、清 竜人、ストレイテナー、東京事変、HIFANA、Base Ball Bear、雅 -MIYAVI-、吉井和哉、and more...     

※追加出演アーティストは、決定次第随時発表いたします。

※オープニングアクトは、EMIミュージック・ジャパン設立50周年記念オーディション「REVOLUTION ROCK」<審査委員長:箭内道彦氏(クリエイティブ・ディレクター)、審査員:亀田誠治氏(音楽プロデューサー) 他>の最優秀者がつとめます。

「EMI ROCKS」オフィシャルサイト
http://emirocks.com

 

昨年、2009年9月9日には「999(アット ブドウカン)」と銘打った日本武道館ワンマンライブを大成功させた9mm Parabellum Bullet。
今年、2010年9月9日には、初ライブ映像作品「actⅠ」から実に約1年5ヶ月振りとなる、待望のライブ映像作品「actⅡ」「actⅢ」の2タイトルを同時リリースすることが決定。また、初回生産限定盤は超豪華な特典が付いた「actⅡ+Ⅲ(合併号)」となる。

「actⅡ」には日本武道館ワンマン、「actⅢ」には横浜BLITZワンマンという全く異なった会場でのライブ映像を柱に、9mm史上初!!のオフショット満載なライブ映像作品になる予定で、2009年から2010年にかけての9mm自身をあらゆる角度からフルボリュームで体感出来る、前代未聞のLive DVD 2タイトルを同時リリース!という快挙となる。
また、「actⅡ+Ⅲ(合併号)」と銘打たれた初回生産限定盤は、48Pに渡るスペシャル・フォトブックレットが2冊、それぞれにスリーブケース付く上に、更に実際にライブで使用されていた日本武道館、もしくはRevolutionary Tour 2010のスタッフパス、いずれか1種類を封入。その上、たった3名だけに、かみじょう賞として作成された「貫通フリーパス」も封入されているなど、特典満載、見てもビックリ、まさに合併号!なDVDとなりそうだ。

そして、9月9日には9mm Parabellum Bullet presents「カオスの百年 vol.7」を新木場スタジオコーストにて開催。ゲストバンドの発表はまだだが、今年も熱いライブになること間違いない。

 

【リリース情報】

「actⅡ+Ⅲ(合併号)」

2010.9.9 ON SALE!
¥9,999(tax in)
トールケース×2 / 48Pフォトブックレット×2 / スリーブケース×2
※収録内容は、初回生産限定盤・通常盤共通となります。
※封入特典: 「999」もしくは「Revolutionary Tour 2010」 ACCESS ALL AREAラミネートパス、いずれか1種類。さらに、「貫通フリーパス」も全国で3枚のみ封入。

「actⅡ」

2010.9.9 ON SALE!
¥5,000(tax in)
[Disc 1]
09/09/09 『999(アット ブドウカン)』 @ 日本武道館
※本編全25曲完全収録
[Disc 2]
2009年のLIVE&OFFSHOTを可能な限り収録予定
※メンバーによるオーディオコメンタリー付
<ボーナス映像>付き予定

「actⅢ」

2010.9.9 ON SALE!
¥5,000(tax in)
[Disc 1]
10/06/30 『Revolutionary Tour 2010 追加公演』 @ 横浜BLITZ
※本編全20曲完全収録予定
[Disc 2]
アルバム「Revolutionary」に纏わるRECORDING&LIVE&OFFSHOTを可能な限り収録予定
※メンバーによるオーディオコメンタリー付
<ボーナス映像>付き予定

【ライブ情報】
9mm Parabellum Bullet presents
『カオスの百年 vol.7』

9/9(木)新木場STUDIO COAST


9mm Parabelum Bullet オフィシャルサイト
http://9mm.jp/

意外性の連続から垣間見られた「揺るぎない明日」。
そしてツアー終了後に控えた、境界線無用の世界的展開。

 

 

「まさか?」の連続だった。「逆もまた真なり」が随所にちりばめられていた。しかもそうした現実そのものが、結果的にはこのバンドの「揺るぎない明日」を象徴していたように思う。6月29日、東京・新木場STUDIO COASTで幕を開けたDIR EN GREYの新規ツアー第一夜を目撃して、僕が何よりも強く感じさせられたのがそれだった。

『THE UNWAVERING FACT OF TOMORROW TOUR2010』と銘打たれた今回のツアーは、去る1月9/10日に行なわれた日本武道館公演から半年弱を経て開幕に至ったもの。その二夜公演をもって、現時点での最新オリジナル・アルバムにあたる『UROBOROS』(2008年11月リリース)を基軸とする一連の活動が完結に至っていただけに、オーディエンスの興味は当然ながら、彼らがステージ上で披露してくれるはずの“次”に向けてのヒントが何であるかに集中していたに違いない。が、そうした当然の好奇心すらも余分な邪念として蹴散らしてしまうようなすさまじさが、この夜のライヴにはあった。

念のために補足しておくと、ツアーの序盤に組み込まれたこの東京公演(6月29/30日)は、彼らのオフィシャル・ファンクラブ会員のみを対象とした限定ライヴ。この2公演を皮切りに、これから7月21日までの間に計9公演が行なわれることになっているだけに、この時点で具体的な演奏内容について書き記すことには若干の抵抗をおぼえざるを得ない。が、象徴的な事実として明かしてしまうと、この第一夜は「304号室、白死の桜」で幕を開け、最後の最後、アンコールは「CHILD PREY」の余韻のなかで終了した。言うまでもなく前者は1999年発表の1stアルバム、『GAUZE』からの楽曲。2002年に第13作目のシングルとしてリリースされた後者は、オーディエンスに一体感をもたらす必殺曲として長年にわたって定着していたナンバーだが、ここしばらく演奏メニューに名を連ねていなかったものだ。

こうしたある種のサプライズ要素について躊躇なく明かしてしまうことができるのは、驚嘆をもたらす楽曲がそれらばかりではなかったからでもあるし、今回のツアー全体を通じて彼らが「まったく同じライヴ」を重ねることは一度もないはずだと確信できるからに他ならない。「心地好い緊張感」などという表現では生ぬるく感じられるほどのテンションと、きわめて硬質に研ぎ澄まされたサウンド。意外すぎる選曲の連続と、その意外性にこそ「ずっと変わっていない何か」を解き明かす鍵が隠されていたという事実。従来とは異なったポジションで存在感を放つようになった『UROBOROS』の楽曲たち。このバンドにしてはめずらしいほどの光量を伴ったまばゆいステージと、「目もくらむような逆光は、実は闇にも等しい」という真理。この場で書き連ねておきたいことは山ほどあるが、とにかく僕には、冒頭にも記したとおり、時間軸を縦横無尽に飛び越えながら繰り出されたさまざまな楽曲たちが、このバンドの揺るぎなさを無言のうちに実証していたことが印象的だった。もちろんこのツアーの全公演に足を運ぶことなど僕自身には不可能だが、できることならそうしたい。そんな欲求を刺激せずにおかない一夜だった。

DIR EN GREYはこのツアーを終了直後、7月25日には韓国の仁川(インチョン)で行なわれる『PENTAPORT ROCK FESTIVAL』に、STEREOPHONICS、HOOBASTANK、IAN BROWN等と肩を並べて出演することになっている。その後は既報どおりイギリスに飛び、8月1日にはネブワース・パークでの巨大フェス、『SONISPHERE 2010』(3日間にわたって行なわれ、IRON MAIDEN、RAMMSTEINなども出演)の最終日に登場。同3日にはロンドンでの単独公演が行なわれ、さらに8月5日にはモスクワ、同6日にはサンクトペテルブルクにおいての、自己初となるロシア公演も決定している。当然ながらこれらはすべて、日本で幕を開けたばかりの『THE UNWAVERING FACT OF TOMORROW TOUR 2010』の一環としてのものであり、ロシアでの2公演終了後も、このツアーは続行されるものとみられている。

そしてすでにご存知の読者も多いはずだが、10月16/17日にさいたまスーパーアリーナで開催される国内最大級のメタル・フェス、『LOUD PARK 10』への出演も決定。OZZY OSBOURNE、KORN、AVENGED SEVENFOLDをはじめとする強豪たちが集うこのフェスに、DIR EN GREYは2006年以来の帰還を果たすことになる。気の早い話だが、そこで彼らがどのようなステージを披露することになるのかにも、当然ながら興味をおぼえずにはいられない。が、今回のツアー第一夜でも証明された「揺るぎなさ」を、間違いなくその場でも感じさせてくれることだろう。同フェスについては今後、追加出演情報も続々と届くことになるはずなので、そちらもあわせて楽しみにしていたいところだ。もちろん8月のロシア公演終了から10月の『LOUD PARK 10』までの2ヵ月と少々の空白も、ずっと空白のままであろうはずがない。始まったばかりの国内ツアーの動向のみならず、やはりこのバンドの「明日」には常に注意を払っていたいものである。

 

文:増田勇一

 

 

安藤裕子が2年4ヶ月ぶりとなる 5枚目のアルバム『JAPANESE POP』を9月8日にリリースする。

アレンジャーには、これまで通りの山本隆二をはじめ、管、弦のアレンジに定評があり、幅広いフィールドで活躍する宮川弾、そして、ヨーロッパで話題のプロデューサー、奇才ベニー・シングスを迎え、初めて複数のアレンジャーを起用し制作されたアルバムとなっている。

デビュー前20代前半に作られた初期曲「私は雨の日の夕暮れみたいだ」から、昨年亡くなった幼なじみの母親を思って書いた曲 「歩く」まで、シンガーソングライター安藤裕子の変遷を聴く事が出来る、長い年月にわたって作られた曲が収録され、新たなデビューアルバムの様な、初々しく瑞々しい仕上がりになっている。

本人出演の”サッポロ飲料ゲロルシュタイナー”TVCM曲「問うてる」、ニンテンドーDSソフト「レイトン教授と魔神の笛」エンディングテーマ「Paxmaveitiラフマベティ-君が僕にくれたもの-」も収録。

ベスト盤後、初となるアルバムリリースで大胆なビジュアルチェンジをはかった安藤裕子。透明感と柔らかなイメージを持つ彼女だが、今作は、33歳という等身大の女性の魅力を垣間見せ、妖艶な雰囲気すら漂わせている。

そして、現在発売中の「ロッキング・オン・ジャパン」では、巻頭SCENEにて、しなやかな肢体を披露している。アルバムリリース後に、全国バンドツアー LIVE 2010”JAPANESE POP”も決定。また、作品の発表と同時に本人からのコメントも届いている。

「手紙」

お元気ですか?
わたしは日々いろいろ。
なんとかやってます。
 
夏の終わり、秋の始まり、久しぶりに作品を世に出したいと思っています。

クロニクルを作っている頃、私は常に終わりを思っていたと皆に語った。
終わりの波は恐怖でもあったけど、それは常に喜びも私の元に届けてくれました。
 
私はここから何かを始めるんだ。

終わりの後に来る始まりを教えてくれた作品だったと思うのです。

 
あれから2年以上の時間も過ぎたけど、私はずっと曲を作っていたよ。
色んな出逢いもありました。色んな事を知りました。

音楽を初めて13年。
 
ようやく目を見て好きだと言えるようになったんだ。
だから無理強いはしたくない。
あるがまま、側に居れたら良いことだろう。
そう思う。

 
今回のアルバムに私が思うこと。

恒に流るる日々の中、たまに貴方の手を取ろう。
人は流れて散散に、されど貴方の名を呼ぼう。
 
そんな感じの事だろか?
鷲掴みにはできないんだ、性格上ね。
 

音楽っていいものだよ。
どんな貴方だって受け止める。どんな貴方だって赦すんだ。
 
激動の世の中。
緩やかな日向があったっていいんだろう?
皆が走れるわけじゃない。
 

【作品情報】
安藤裕子
5th new album『JAPANESE POP
2010.9.8. on sale
CTCR-14683 ¥3,000(tax in)

■公式HP
http://www.ando-yuko.com

今年4月に華々しくデビューを飾った近藤夏子が、この夏のマルイのゆかたビジュアルに大抜擢された。「近藤夏子×マルイ スペシャルコラボゆかた」をオリジナルで製作し、7/1よりマルイジャム渋谷壁面にて「近藤夏子×マルイ スペシャルコラボゆかた」巨大ヴィジュアルとして登場。コラボゆかたがマルイ全店で、本日より販売開始される。

さらに、人気ブランド「Samantha Vega」とのコラボも決定。ゆかたに合わせてスペシャルコラボバッグをオリジナルで製作。こちらもマルイジャム渋谷壁面巨大ヴィジュアルに登場しています。近日販売予定。

8月4日にリリースされる2枚目のシングル「何年片想い」のCDジャケット・MUSIC VIDEO、夏のライブでも、マルイとのスペシャルコラボゆかた、Samantha Vegaとのスペシャルコラボバッグを愛用して登場する。8月1日には「ニッポンの夏、夏子の夏。」と題して「スペシャルゆかたフリーライブ」をマルイシティ渋谷店頭にて開催。応募受付直後から応募者が殺到中しており、2010年、近藤夏子の“夏”が到来しそうだ。


8月4日にCDリリースされる2ndシングル「何年片想い」は、7/1よりレコチョクにて着うた®独占先行配信が、スタート。心をキャッチして放さないメロディーとストリングスをフィーチャーしたサウンドに乗せて、一途な想いを歌うセツナ告白ラブソングは、ライヴでもお馴染みの夏を彩る名曲となっている。

■公式サイト
http://www.kondonatsuko.com
■レコチョク
http://recochoku.jp/rd/kondonatsuko/
2ndシングル「何年片想い」、着うた®本日よりレコチョクにて独占先行配信中!

 

【リリース情報】
2ndシングル
『何年片想い』
ワーナー
08.04 ON SALE!


【初回限定盤】
品番
¥1,600(tax in.)

【通常盤】
品番
¥1,200(tax in.)

今年生誕70周年を迎えるジョン・レノン。これを記念してオノ・ヨーコとEMI Musicにより、以下の最新リマスター盤、企画商品が10月6日(海外:10月4日予定)に発売されることが決定した。まずはジョンの8枚のソロ・アルバムの最新リマスター盤。今回リリースの音源は、オリジナル・ミックスがデジタルリマスターされる。中でも1980年度のグラミー賞アルバム・オフ・ザ・イヤー受賞作『ダブル・ファンタジー』は、オノ・ヨーコとジャック・ダグラス(このアルバムをジョンと共にプロデュースした人物)によってによって新たにリミックス&プロデュースされた「Stripped Down」ヴァージョンと、ジョンのオリジナル・ミックスをリマスターしたヴァージョンとをペアにし、2枚組で発売される。
リリースされるアルバムは、『ジョンの魂』(オリジナル発売年:1970年)、『イマジン』(1971年)、『サムタイム・イン・ニューヨーク・シティ』(1972年)、『マインド・ゲームス』(1973年)、『愛の壁、心の橋』(1974年)、『ロックン・ロール』(1975年)、『ダブル・ファンタジー』(1980年)、『ミルク・アンド・ハニー』(1984年)の8枚。

二つ目は『パワー・トゥ・ザ・ピープル:ザ・ヒッツ』という新たなベストアルバム。全15曲を収録予定で、通常盤と追加コンテンツを収録したエクスペリエンス・エディションの2種類の形態でリリースされる予定。

続いては、4つのテーマ別に選曲された下記4枚のアルバムをまとめた『ギム・サム・トゥルース』。
「ルーツ」~ジョンが影響を受けたロックンロールのルーツ、「ワーキング・クラス・ヒーロー」~ジョンのポリティカル・ソング、「ウーマン」~ラヴ・ソング、「ボロウド・タイム」~人生についての曲というテーマ別に選曲された下記4枚のアルバムには全72曲を収録。ブックレットにはレア写真なども収録される予定。 

最後は『ジョン・レノン・シグネイチャーBOX』。8枚のソロ・アルバム・リマスター盤に加え、レア音源&未発表音源を収録したディスクとアルバム未収録のEPから構成された11枚組みの豪華コレクターズBOXセット。こちらもレア写真などを含む豪華ブックレットを収納予定。

これら商品は全てCDまたはデジタル・ダウンロードで購入可能。今回のソロアルバム・リマスター盤発売に関してオノ・ヨーコは「私の主人でありライフ・パートナーであるジョンが70歳を迎えるというこの特別な年に、リマスター作品をリリースすることで彼の素晴らしい音楽を新しいオーディエンスに届けることができればと望んでいます。ジョンのソロ・キャリアを見渡すことができる121曲のリマスター音源によって、既にジョンの作品を知っている人々にも彼の作曲家、音楽家そしてヴォーカリストとしての驚くべき才能と人類に対してのコメンテーターとしてのパワーから新しいインスピレーションを再発見して欲しいと願っています」と語り、また、今回のリリースで2枚組となるアルバム『ダブル・ファンタジー』に関しては、「“Stripped Down”ヴァージョンではジョンの素晴らしいヴォーカルを再発見できます。私は新しいテクノロジーを駆使してジョンの素晴らしい楽曲と声を出来るだけシンプルな形にしたかったのです。いくちかのインストルメンタルを剥ぎ取ることで曲のパワーがより鮮明に輝いています。“Stripped Down”ヴァージョンはオリジナル・アルバムと共に2枚組になります。このニュー・ヴァージョンの制作は私にとって最も感慨深いものでした。」
と語っている。

これら商品は10月9日の70歳のバースデーを祝ったものだが、今年は同時に没後30年にもあたる。リリースに加え、世界中で様々なイベントが今後予定されているので、大きなジョン・レノン・ブームが巻き起こりそうだ。

■公式ジョン・レノン・サイト
http://emij.jp/john/

 

キリンジ、約2年半ぶりオリジナルアルバムのリリースが決定!!
期間限定サイトで“アナログつぶやき”スタート!!
さらに、キリンジの魅力を伝えるキャッチコピーを大募集!!



7月7日の七夕に、8曲入りのNEWシングル「夏の光」をリリースするキリンジが
約2年半ぶりに、オリジナル・アルバムを9月1日にリリースすることが決定した。

タイトルは『BUOYANCY』(ボイエンシー)。

先行シングル曲「夏の光」(7/7発売)、配信限定シングル「セレーネのセレナーデ」「小さなおとなたち」を含む、全12曲収録。
キリンジとして前作「7-seven-」以来のオリジナル作品の8作目、まさに待望のNEWアルバムだ。
曲目などは詳細は後日発表される予定。

また、キリンジの期間限定特設サイト『ボイエンシー』がOPEN

【期間限定特設WEBサイト “ボイエンシー” 】
http://columbia.jp/kirinji/

ボイエンシーとは“浮力”という意味がある。
今作をぐぐっと盛り上げる企画が次々とアップされる目白押しのサイトだ。

その第一弾として、キリンジによる“アナログつぶやき”がスタート!


さらに、キリンジの魅力を伝える”キャッチコピーを大募集する。
選ばれた作品に関しては、キリンジの宣伝ツールに使用される予定だそう。
こちらも乞うご期待!

 

【リリース情報】

8thアルバム
『BUOYANCY』(ボイエンシー)
2010.9.1 ON SALE
COCP-35901 / ¥3,150(tax in)


Newシングル
『夏の光』
2010.7.7 ON SALE
COCA-16393 / ¥1,260(tax in)
購入、試聴はこちらから