2011年4月アーカイブ

吉川晃司と布袋寅泰による伝説のユニット、COMPLEXが、7月30日(土)に東京ドームにて東日本大震災の復興支援を目的としたチャリティーライブを行う。COMPLEXは、1988年12月10日に、突如として結成が発表され、たった2年弱という短い活動期間の中で数々のヒット曲とライブ活動を行ったバンド。今なお伝説として語り継がれている。

彼らがこの度、3月11日に発生した東日本大震災の被災地への支援はもちろんのこと、被災地以外の方々が、もっと元気になって支えていくことが必要と考え、その活力を与える力に今こそなれると信じ、東京ドームでのライブが実現する運びとなった。

ライブタイトルは「日本一心」。

これは、書家の紫舟氏が震災後の3月20日に自身のサイトで発表した作品で、『“多くの人たちが心を一つにすること”ができれば、きっと日本は成し遂げられる』という意思が込められている。
 
1990年11月8日、東京ドームでのライブをもって活動休止していたCOMPLEXが、約21年の時を経た今「日本一心」を掲げ再び東京ドームのステージに立つ。

【公演概要】
公演日:2011年7月30日(土)
会場:東京ドーム
開場/開演 16:00/18:00
料金:全席指定¥7,800(税込)
一般発売日:6/18(土)
http://www.diskgarage.com/sp/complex/

【COMPLEX Profile】
1988年12月10日    吉川晃司と布袋寅泰によるロックユニット結成。
1989年4月8日        シングル「BE MY BABY」で衝撃デビュー。
1989年4月26日    アルバム「COMPLEX」
1989年5月10日~     ツアー“COMPLEX Tour 1989” (全国44公演)
1990年3月14日    シングル「1990」
1990年4月18日    アルバム「ROMANTIC 1990」
1990年5月9日~     ツアー“COMPLEX ROMANTIC 1990”(全国33公演)
全ての作品でオリコンチャート1位を獲得。
1990年11月8日    東京ドーム公演を最後に活動を休止する。
 
吉川晃司オフィシャルサイト:   http://www.kikkawa.com/
吉川晃司コメント:  http://www.kikkawa.com/document/
 
布袋寅泰オフィシャルサイト:   http://www.hotei.com/
布袋寅泰コメント:  http://www.hotei.com/blog/

ワーナーミュージック・ジャパンのレーベル『unBORDE(アンボルデ)』が東日本大震災チャリティープロジェクトをスタートさせた。所属アーティストのサイン入りフリスビーや、サイン入りレアアイテムがチャリティーオークションとして出品されるほか、unBORDE×世界的クリエイターとのコラボレーションによるチャリティーグッズの受注販売を行う。

チャリティーオークション参加アーティストは、androp、Q;indivi+、近藤夏子、神聖かまってちゃん、高橋優、MEG、RIP SLYME(五十音順)。

チャリティーグッズ第1弾は、unBORDE×Eric Haze コラボレーション Tシャツ。グラフィティシーンのカリスマ、エリック・ヘイズが、今回のためにロゴデザインを手掛けた。チャリティーグッズ販売は、第2弾以降も随時実施される。

 

なお、チャリティーオークションは落札金額全額を、チャリティーグッズ販売は収益金全額を、 東日本大震災義援金として、ワーナーミュージック・ジャパンを通じて、日本赤十字社に寄付する。

 

http://unborde.com/news/charity.php

小田和正の4月20日に発売したアルバム『どーも』がオリコン週間アルバムランキング(5/2付)で首位を獲得し、新たに3記録を更新した。

同作品は2005年6月15日発売の『そうかな』以来約6年ぶり8作目のオリジナル・アルバム。

 

TBS系ドラマ日曜劇場「獣医ドリトル」主題歌として起用された最新シングル「グッバイ」、関西テレビ放送開局50周年記念ドラマ「トライアングル」主題歌の「さよならは 言わない」、フジテレビ系「めざましテレビ」テーマソングとして話題となった「今日も どこかで」そして、2011年2月5日公開の映画『ジーン・ワルツ』主題歌「こたえ」などなど全10曲収録の話題曲満載の作品だ。

今回更新した記録は、初週で8.1万枚の売り上げを記録し5月2日付のオリコン週間アルバムランキングで首位に初登場を果たした。ソロとしては、2001年5月発売のセルフカバーアルバム『LOOKING BACK 2』から5作連続、通算9作目のアルバム首位となる。

オフコースの一員としてデビューした1970年4月から歌手生活41年1ヵ月での首位は、ジャクソン5でデビューしたマイケル・ジャクソンさんの40年(最新首位タイトル:2009/11/9付『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』)を上回る最長キャリア(グループも含む)での獲得となった。

さらに今回、小田はシングル・アルバムを通じての最年長首位記録も樹立。自身の持つ『最年長アルバム首位記録』である60歳3ヵ月(達成タイトル:2007/12/10付『自己ベスト-2』)、そして秋元順子の持つ『シングル・アルバムを通じての最年長記録』である61歳7ヵ月(達成タイトル:2009/1/26付「愛のままで…」)を塗り替えた。

そして5月7日より長野BIG HATを皮切りに5大ドーム8公演(札幌・東京・名古屋・大阪・福岡)を含む全国25会場48公演の全国ツアーがスタートする。当時男性ソロアーティストとして最大約53万人を動員した「Kazumasa Oda tour 2008 “今日も どこかで”」以来、約2年5ヶ月ぶりとなる。63歳8ヶ月でのドームツアーは単独アーティストとしては国内外問わず最年長、自身のもつ最年長記録。小田和正にとって史上最大規模の動員を記録するツアーであり、既に一部の公演のチケットは完売となっている。

【小田和正の更新記録一覧】

 

1、史上最長キャリア首位(41年1ヶ月)

オフコースの一員としてデビューした1970年4月から歌手生活41年1ヵ月での首位は、ジャクソン5でデビューしたマイケル・ジャクソンの40年(最新首位タイトル:2009/11/9付『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』)を上回る最長キャリア(グループも含む)での獲得。

2、史上最年長首位(63歳7ヶ月)
シングル・アルバムを通じての最年長首位記録も樹立。自身の持つ『最年長アルバム首位記録』である60歳3ヵ月(達成タイトル:2007/12/10付『自己ベスト-2』)、そして秋元順子の持つ『シングル・アルバムを通じての最年長記録』である61歳7ヵ月(達成タイトル:2009/1/26付「愛のままで…」)を塗り替えた。

3、ソロアルバム5作連続首位、通算9作品
2001年5月発売の『LOOKING BACK 2』から5作連続、通算9作目の首位を獲得。
2001年5月16日             『LOOKING BACK 2』
2002年4月24日             『自己ベスト』
2005年6月15日             『そうかな』
2007年11月28日           『自己ベスト-2』
2011年4月20日             『どーも』

以下1位獲得アルバム
1990年5月9日    『Far East Cafe』(FHCL-9501 )     初回1位(85,750)
1991年5月18日 『Oh! Yeah!』(FHCL-1002)        初回1位(546,970)    
1992年1月25日 『sometime somewhere』(FHCL-1003)  初回1位(205,700)
1996年2月1日    『LOOKING BACK』(FHCL-2003)          初回1位(114,230) 
2001年5月16日 『LOOKING BACK 2』(FHCL-2018)       初回1位(120,490) 
2002年4月24日 『自己ベスト』(FHCL-2020)                  初回1位(431,250) 
2005年6月15日 『そうかな』(FHCL-2023)                     初回1位(171,026)
2007年11月27日 『自己ベスト-2』(FHCL-2024)             初回1位(175,970) 
2011年4月20日 『どーも』(FHCL-3002)                        初回1位(81,088)
※オリコン調べ

 

 

【リリース情報】

約6年振りのオリジナルアルバム
『どーも』
アリオラジャパン
04.20 ON SALE!
FHCL-3002 
¥3,059(tax in.)


http://www.fareastcafe.co.jp/
http://www.sonymusic.co.jp/bv/oda/

NANO-MUGEN 第2弾出演者発表

今年の夏、7月16日(土)と17日(日)の2日間にわたって横浜アリーナで行われるASIAN KUNG-FU GENERATION主催のロックフェスティバル『NANO-MUGEN FES.2011』の出演アーティスト第2弾が発表された。

第2弾に発表された出演アーティストは、アッシュ、BOOM BOOM SATELLITES、元ウィーザーのマット・シャープ率いるザ・レンタルズの3組。16日の出演がアッシュ、17日の出演がBOOM BOOM SATELLITES、アコースティックステージになるザ・レンタルズは両日の出演となる。

今回のアッシュのステージには、メンバーのティムからの誘いで、アジカンの喜多建介が参加することが決定。すでに、ティムから候補のセットリストが送られ、「今からワクワクして楽しみだよ!」とメッセージも届いているという。

これで第1弾でアナウンスされたウィーザー、マニック・ストリート・プリーチャーズ、the HIATUSらと6組と合わせて計9組の出演が決まった。

チケットの先行抽選予約は、『NANO-MUGEN FES.2011』のオフィシャル・サイトにて本日4月27日(水)10:00~5月5日(木)23:00の期間で実施。
一般発売は6月5日(日)10:00よりスタートする。

『ASIAN KUNG-FU GENERATION presents NANO-MUGEN FES.2011
日時:7月16日(土)17日(日)
会場:横浜アリーナ
出演者:
7月16日(土)ASIAN KUNG-FU GENERATION / THE RENTALS / ASH / WEEZER / the HIATUS / ねごと ほか
7月17日(日)ASIAN KUNG-FU GENERATION / THE RENTALS / MANIC STREET PREACHERS / ストレイテナー / BOOM BOOM SATELLITES ほか

http://www.nano-mugen.com/


4月26日、さかいゆうが渋谷「Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて、全国ツアー「さかいゆうTOUR 2011”ONLY YU”#1」のファイナル公演を行った。

今ツアーは、今年3月にリリースされたミニ・アルバム『ONLY YU』を引っ提げ、3月20日の広島県・広島café jiveからスタートし、全国8ヶ所9公演が行われた。当初、3月13日に同所でスタートするはずだったが、東日本大震災の影響でやむなく延期となり、初日の振替公演:4月26日(火)の同公演がツアー・ファイナルとなった(※4/3に実施を予定していた仙台公演も急遽中止となった)。

ツアーと連動したアルバム『ONLY YU』はタイトル通り、作詞、作曲、アレンジはもちろん、すべての楽器を一人で演奏したという“一人多重奏(ソロ・ケストラ)”による完全ハンドメイド・アルバム。シンプルでダイレクトな弾き語りから、重厚なバンドサウンド(あくまで一人多重奏)まで、シンガー・ソングライター“さかいゆう”の独自のポジションを確立したまさにオンリーワンな作品となった。

“一人多重奏(ソロ・ケストラ)”による作品の世界観をどの様に表現していくのか期待と注目が集まる中、ツアー・ファイナルが幕を開けた。ライブは、キーボードやループマシーンを器用に使いこなし、その場で即興的に声を重ねて作っていく~ONLY YU theme~からスタート。徐々に曲を作り上げていく脅威的なパフォーマンスにオーディエンスはくぎ付けに。「さかいゆうTOUR2011 “ONLY YU”♯1 ファイナル始めるぞ!!」という掛け声と共にアルバム楽曲「AHEAD」「ケセラセLife」「ソングライダー」と続けて披露、早くも会場は一人多重奏(ソロ・ケストラ)ワールド全開になった。

「今日は事実上ファイナルということで、たくさんの友人やお客さんに来て頂いて……。皆さんお忙しい中 こうして遊びに来てくれて本当にありがとう」と会場に呼びかけると、さかいゆうの音楽人生の中で影響を受けた人の一人である山下達郎氏の楽曲「FUTARI」を落ち込んでいる時に助けられた曲であり、その曲を演奏する事が出来き本当に幸せだと述べ、しっとりと披露した。

ファーストアルバム『Yes!!』に収録の「ウシミツビト」やインディーズ時代からの名曲「無言の月」で会場は幻想的な空間へと変わっていくと、続く「週末モーニン」では打って変わってアップテンポのナンバーへ。オーディエンスからはクラップが沸き起こった。煽りながらもトラックを完成させた「SHIBUYA NIGHT」ではコール&レスポンスで会場を盛り上げた。

「勝てないことやどうにもならない事ってありますけど、負けたくないですよね。負けないコツって知ってますか? 諦めないことです。長い旅になるかもしれないですけど、僕も含めて皆で日本を取り戻しましょう!! 次の曲は世界平和も大切ですが、『自分の周りの人を大切にしましょう』というマザーテレサさんの言葉からインスピレーションを受けて作った曲です」と「It’s YOU」をパフォーマンス。

人気楽曲「train」や、さかいゆうのデビュー曲「ストーリー」で本編は終了した。アンコールでは、「BEAT CONECCTION 2010」出演時に伝説の名パフォーマンスとして話題となった「Rock With You」や「夏のラフマニノフ」、そして4月27日よりオーガスタサウンドにて配信が決定している童謡のカバー「ふるさと」を披露。

全14曲全てを一人多重奏(ソロ・ケストラ)で演奏し、さかいゆうのその唯一無二の存在を存分に魅せた「さかいゆうTOUR 2011 “ONLY YU”#1」はオーディンエンスの大歓声と拍手の中、は大盛況に幕を閉じた。

 

 

【リリース情報】
完全ハンドメイド・アルバム
『ONLY YU』
アリオラジャパン
03.09 ON SALE!


【初回限定盤】
AUCL-55
¥2,000(tax in.)

【通常盤】
AUCL- 56
¥1,890(tax in.)

カイリー・ミノーグが20年ぶりとなる来日公演を23日(土)、24日(日)に千葉、幕張メッセ・イベントホールで行い、ボーカリスト、エンターテイナーとして“本物”を感じさせるステージを見せた。両日とも大成功に終えた。


昨日は初日同様、VERBAL(m-flo)&MADEMOISELLE YULIAによるDJタイムからスタート。「Hello Tokyo!」の声と共に黄金の大きな貝殻のオブジェが登場、そこにギリシャ神話で愛と美を司る女神・アフロディーテに扮した、白いドレープが美しいDOLCE&GABBANAの超ミニ・ドレスに身を包んだカイリーが現れるやいなや会場中から大きな歓声があがった。


アンコールでは、セクシーすぎるビデオとして話題になった「オール・ザ・ラヴァーズ」のビデオを再現して、ステージ階段中央に半裸のダンサーたちが現れてカイリーを囲むセクシーな演出もあり、全24曲を可憐な歌声の圧倒的な歌唱力、セクシーな衣装と完璧なダンス・パフォーマンスで、来場の聴衆を魅了した。


ゲストDJとして出演したVERBALとカイリー・ミノーグは、兼ねてから親交が深く、日本復興支援について両者で参画し、急遽制作された楽曲”We Are One“が本日YouTubeで公開された。


同曲は東北地方全ての方々への思いを込めてYouTubeを通じて発表、全世界からこの先につながる希望と未来に向けて義援金を募り、被災地に送ることを目的としている。

カイリーのコメントは下記のとおり。

「こんにちは、カイリー・ミノーグです。東京に来ています。
先月東北で起こった震災は私の想像を超えたものでした。
この悲劇で被災された全ての方々に、世界中の人々とともに、愛を送りたいと思っています。
被災された全ての皆さんに私の愛が届きますように。
愛してる。日本。」

Kylie Minogue × VERBAL "We Are One"は以下で聴くことが出来る。
http://www.youtube.com/user/weareoneproject

【リリース情報】

日本独自企画の来日記念ベスト
『ラヴ・カイリー〜ベスト・オブ・カイリー・ミノーグ DVDエディション』
EMI
TOCP-66995
¥3,800(tax in.)
03.16 ON SALE!


http://emij.jp/kylie/

北海道最大の野外フェスティバル『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2011 in EZO』が今年の夏も8月12日、13日に北海道の石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージにて開催される。

 

日本初の本格的オールナイト野外ロックフェスティバルとして1999年よりスタートした同フェスは、今年で13回目を迎える。昨年は山下達郎が初めてフェスに出演したことで話題を呼んだ。

 

その出演者第1弾が発表された。今回発表されたのは19年ぶりに再始動することを発表したB.B.クイーンズや、23年ぶりに活動を再開させた子供バンドのほか、31組。

【第1弾出演アーティスト】
androp/ent/氣志團/KIMONOS/Caravan/くるり/ザ・クロマニヨンズ/子供ばんど/サカナクション/女王蜂/ストレイテナー/SPECIAL OTHERS/So many tears/dustbox/鶴/the telephones/10-FEET/怒髪天/back number/ハナレグミ/the band apart/B.B.クィーンズ/BIGMAMA/the pillows/Predawn/モーモールルギャバン/THE MODS/Laika Came Back/LITTLE CREATURES/ONE OK ROCK

また、この10年間、石狩の夜を彩り、盛り上げ続けて来た石野卓球率いる“LOOPA NIGHT”が今年から新しく“TONE PARK”として生まれ変わる。

 

【開催概要】

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2011 in EZO
8月12日(金)〈雨天決行〉、

8月13日(土)〈雨天決行・オールナイト開催〉
石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ

(住所:小樽市銭函5丁目)

 

12日 OPEN 11:00 LIVE START 15:00 

LIVE END midnight
13日 LIVE START 12:30 

LIVE END 05:30(14日)予定

公式HP

htte://rsr.wess.co.jp

清木場俊介が昨年11月にリリースしたアルバム『ROCK&SOUL』を受けての全国ツアー「ROCK&SOUL 2010-2011」の日本武道館2デイズ公演を4月23日 (土)と24日 (日)に行った。初日となる23日から、武道館ライブは最高傑作と呼ぶにふさわしいパフォーマンスを見せた。

30ヶ所に及ぶツアーがスタートしたのは12月18日。ツアー終盤に差し掛かった3月11日に未曾有の大震災が起き、いくつかの公演が中止・延期となり、ツアーの続行が危ぶまれた時期もあったという。

「多くの仲間たちが震災で苦しんでいる中、唄い続けることが本当に良いことなのだろか?」。

 

そんな葛藤とたたかう中で、「唄い屋」としての活動を通し、少しでも多くの人を「心元気にする」ことを決意。4月上旬に再開したツアーでは、再開への意気込みにも比例するかのように各地で素晴らしいパフォーマンスを生み出していった。

そして迎えた日本武道館2デイズ。武道館は清木場にとって特別な場所であるとともに、全国各地から駆けつけた8,000人のファン~仲間たち~もその思いは同じ。定番となった開演前の清木場コールが巻き起こる中、この日のために制作されたオープニング映像が流れた。清木場が今回の武道館公演にかける思いや心の葛藤を克明に描いたその映像に、開演を待つファンの目には涙が滲む。

そして映像が終わると、「魔法の言葉」の鋭いギターリフが観客を煽り、清木場俊介が登場。会場に集まった仲間たちは熱い声援で清木場を迎えた。武道館ならではの豪華な演出、所狭ましと駆け回る清木場の熱いパフォーマンスに客席も自然と気持ちが高ぶっていく。絶妙なバランスで組み立てられたセットリストにより、激しいロックサウンドから清木場の唄ヂカラが堪能できるバラードまで、心地よいダイナミクスが会場を包む。

アルバム『ROCK&SOUL』により清木場の真骨頂であるライブ・パフォーマンスは新たなフェイズに突入したようだ。最高傑作のアルバムが最高傑作のライブを生み出した。

今回の武道館ライブの模様は7月27日にライブDVDとして商品化される。清木場俊介という人間の生き様に焦点を当てたDVD『宇部三部作 完全版』(5月25日発売)、全国各地のツアーを収録した2枚組ライブアルバム(6月29日発売)、そしてこのライブDVDを合わせた3作品により、アルバム『ROCK&SOUL』に関連する作品群が全て完成。3ヶ月連続でリリースされるこれらの作品は“ROCK&SOUL~三種の神器~”とされ、これらを堪能することで、アルバム『ROCK&SOUL』も更に深く理解し、楽しむことが出来る。

アンコール後のMCの中で、「今回のツアーでは自分自身、多くの新しい発見があった」と語った清木場。「30代を迎え、多くの仲間と『唄』を介して分かち合える喜びとともに葛藤も多い。ただ仲間たちと分かち合う喜びがある限り、唄い続ける。僕にはやりたいことが山ほどある。弱音を言っている暇など無い」と、新たな決意を語った。

 

【リリース情報】

“ROCK&SOUL~三種の神器~”
◎その壱
5月25日・DVD『宇部三部作 完全版』/VIBL-609/\5,250 (tax in)
※初回限定:コレクターズBOX仕様 (“ROCK&SOUL~三種の神器~”を収納できます)
◎ その弐
6月29日・2枚組・ライブCD 『タイトル未定』/オールカラー24Pフォトブックレット封入
※ 初回限定:トールケース仕様 (コレクターズBOXに収納できます)
◎その参
7月27日・武道館ライブDVD 『タイトル未定』


【「ROCK&SOUL 2010-2011」振り替え公演日】
5月13日 (金):なら100年会館 大ホール
5月16日 (月):グランキューブ大阪
5月17日 (火):グランキューブ大阪

オフィシャルサイト
http://www.kiyokiba.net
スピードスターレコーズ オフィシャルサイト
http://speedstarrecords.com

MUSICSHELFインタビュー

/?mode=static&html=special78/index

 

第53回グラミー賞において最優秀コンテンポラリー・ジャズ・アルバム賞を受賞した上原ひろみに浜松市から「浜松市文化芸術特別賞」が授与された。

同賞は、彼女が初の受賞者となる。写真は4月20日に浜松市役所にて行われた授賞式。浜松市長鈴木康友より「浜松市文化芸術特別賞」が授与された。

同賞は、文化・芸術の面で特に優れた功績を挙げた浜松市民及び出身者に贈られるもの。受賞者には、賞状と記念品を贈られる。

上原ひろみ コメント
「グラミー賞受賞という、大変栄誉ある賞をいただき誇りに思っています。スタンリー・クラークには、感謝の気持ちがいっぱいです。また、大好きな浜松市から浜松市文化芸術特別賞を受賞できたことも本当うれしく思っています。今後は、この賞にふさわしいミュージシャンにならないといけないと思っています」

浜松市長鈴木康友 コメント
「浜松市からは、これまでにも数々の有名な音楽家を輩出してきましたが、上原さんは、まさにその代表格。また、現在、浜松市では、音楽分野でユネスコ創造都市ネットワーク※の加盟を目指しています。今年の3月に本部(フランス・パリ)に加盟申請しました。加盟が認められればアジア初。上原さんには、今後も、音楽の都を目指す浜松を代表するミュージシャンとして活躍していただきたい」

 

 

【リリース情報】
1年半ぶりの上原ひろみ名義のアルバム
『VOICE』
ユニバーサル
NOW ON SALE!


【初回限定盤】
UCCT-9015 / ¥3,000(tax in.)

【通常盤】
UCCT-1227  / ¥2,500 (tax in.)
http://www.universal-music.co.jp/jazz/j_jazz/hiromi/index.html

5月に国内8公演のFC限定ツアー、8月にはドイツが誇る世界最大のメタル・フェス『Wacken Open Air』への4年ぶりの出演を含む欧州ツアーが控えているDIR EN GREYから、待望の新作リリース情報が届いた。すでに昨今のメンバー自身の発言などからも、『UROBOROS』以来となるオリジナル・ニュー・アルバムが完成間近であることを察知しているファンも少なくないはずだが、今回はそれに先駆け、去る1月にリリースされた「LOTUS」に続くニュー・シングルが発表されることになったもの。表題曲は「DIFFERENT SENSE」と銘打たれており、発売日は6月22日に確定している。

この「DIFFERENT SENSE」なる楽曲の素性がいかなるものかは現状では明かされていないが、前作「LOTUS」に同時収録されていたライヴ音源のミックスを手掛けていたチュー・マッドセン(SUICIDE SILENCE、AUGUST BURNS RED、THE HAUNTED等との仕事で知られる)が起用され、同じく前作におけるマスタリングを担当していたアラン・ドーチェス(HATEBREEDやTHE BLACK DAHLIA MURDER等の作品に関与)の手により完成に至らしめられている事実については確認がとれている。カップリング収録される楽曲や、初回生産限定盤に付随するDVDの内容についても不明だが、近くそれらに関しての詳細も判明する見通しだ。

「DIFFERENT SENSE」というシンプルなタイトルは、直訳すれば“異なった感覚”といった意味合いになる。果たしてこの言葉が示唆するDIR EN GREYのネクスト・ステージとは、どのようなものなのか? 想像力と妄想力を駆使しながら、新たな情報の到着をお待ちいただきたいところである。

 

 

<文:増田勇一>

 

【リリース情報】

New Single
「DIFFERENT SENSE」

2011.6.22 ON SALE!


【初回生産限定盤】
SFCD-0084~85 / ¥1,890 (tax in)

【通常盤】
SFCD-0086 / ¥1,260 (tax in)

 

【ライブ情報】
 DIR EN GREY
「a knot」only TOUR2011 THE DECOMPOSITION OF THE MOON

5/14(土)  Zepp Osaka
5/15(日)  Zepp Osaka
5/18(水)  Zepp Tokyo
5/19(木)  Zepp Tokyo
5/22(日) 名古屋ダイアモンドホール
5/23(月) 名古屋ダイアモンドホール
5/25(水) 京都FANJ
5/26(木) 京都FANJ

 

『Wacken Open Air』
8/6(土) Wacken / Germany
http://www.wacken.com/

 

DIR EN GREY オフィシャルサイト
http://www.direngrey.co.jp/

 

人気ヴィジュアル系バンド、ヴィドールの解散ライブを5月7日に控え、、いち早くソロ活動を開始したヴォーカルの樹威(ジュイ)。

 

自身初となるソロアルバム「ⅩⅠ」(エルフ)をリリースし、そのリリースを記念して4月21日、目黒BLUES ALLEY JAPANにてスペシャルライブ「Club Jui」を開催した。

 

この日のライブは、1stアルバム「ⅩⅠ」(エルフ)収録曲から中心に、ヴィドールの曲を一切封印、いつもの激しいバンドサウンドとは一変したピアノ、バイオリン、アコースティックギターといったアンプラグドな雰囲気の中、アンコール含め全11曲を熱唱した。

 

本編のラストでは、「いつだってそばにいるよ。という気持ちを込めて歌います。」とMCの後、アルバム収録の新曲「I'll always be wiz u」が歌われると、会場に集まったファンは、樹威の透き通るような歌声に聴き入っていた。

4月20日にリリースした1stアルバム「ⅩⅠ」(エルフ)を以て、本格的にソロ活動をスタートさせた樹威の今後に期待が高まる。

 

【リリース情報】

 New Album

 『XI(エルフ)』

2011.4.20 ON SALE!

【初回限定盤】

【通常盤】

 

 

オフィシャルサイト

http://www.crownrecord.co.jp/artist/jui/whats.html

 

観月ありさが、歌手デビュー20 周年を記念して2011年5月25日にニューアルバム『SpeciAlisa』をリリースする。

本作品は全13曲収録で、テーマには”絆”が掲げられている。今まで築いてきた絆、これから築く絆の為に彼女のリスペクトアーティストや友人たちに観月ありさが自ら直接オファー。1年をかけて究極のコラボレーションが実現した。

デビュー曲「伝説の少女」を作曲した尾崎亜美、「TOO SHY SHY BOY!」を作曲した小室哲哉、「エデンの都市(まち)」を作曲した岸谷香、公私ともに20年来の付き合いのある小泉今日子、吉田美和・中村正人(DREAMS COME TRUE)、Micro from Def Tech、lecca、BONNIE PINK、369、JIN、川村結花、綾小路 翔(氣志團)、WISE & Tarantula from スポンテニア、大橋トリオなど錚々たるアーティスト陣が彼女のために詞や曲を提供。20周年に相応しい豪華アルバムが完成した。

また、5月15日のデビュー日に、リリースに先駆け、リリースイベントを開催。場所は観月ありさが初めてライブを行った場所“渋谷eggman”。そして、6月5日には約 7年ぶりとなる1日限りのプレミアムライブを開催する。

観月ありさコメント
「歌手デビュー20 周年をお祝いして頂き、

参加アーティストの皆様から素敵な楽曲を頂きました。

皆様の愛が詰まっているなあと感じながらレコーディングができました。
ホントに色んなジャンルが詰まったスペシャルなアルバムが完成しました!
懐かしい観月ありさ、そして新しい観月ありさの世界を楽しんで頂ければと思います」

【商品情報】
20周年Anniversary Album
『SpeciAlisa』
5月25日発売 \3,150(税込)

【ライブ情報】
20周年 Anniversary Album リリースイベント
日時:5月15日(日)
場所:渋谷eggman
時間:OPEN 14:30  START 15:00
ご招待人数:50名
(お一人様あたり二名分までご応募可能)    
応募方法:観月ありさ avex official hpまで
http://avexnet.or.jp/alisa/index.html
応募期間:4/22~5/8
※当選者発表:5/9以降メールにて当選者のみの御案内。
※当日は5曲の歌唱と握手会を行う予定。

観月ありさ20周年記念!1日限りのプレミアムライブ
公演日:2011年6月5日(日)
会場:赤坂BLITZ
時間:15:00開場/15:30開演   18:30開場/19:00開演 (2公演)

オフィシャルサイト
http://avexnet.or.jp/alisa/index.html
http://m.visionfactory.jp/alisa/

昨日、38年振りとなる全曲ボーカルアルバム「HoSoNoVa」をリリースしたばかりの細野晴臣が5月29日放送(予定)のNHK教育テレビ『ETV特集』で、細野晴臣の特集が放送される。

番組では、細野晴臣本人へのインタビュー、新作「HoSoNoVa」の制作ドキュメント映像、東京・青山で定期的に行っているプライベートライブの模様をオンエアするほか、様々な企画で細野の音楽活動の軌跡を振り返る。

細野と共に時代を走ってきた松本隆、松任谷由実、坂本龍一、高橋幸宏、中沢新一が、その時代を振り返り、細野の功績を証言する企画や、小山田圭吾(コーネリアス)、岸田繁(くるり)との対談、また、現在の東京の街を、番組ナレーションも担当する原田知世と歩きながら、街と音楽の関係を探ってゆく。

細野晴臣は20日、38年振りとなる全曲ボーカルアルバム「HoSoNoVa」をリリース。一部レコード店の店頭では、細野晴臣自らが制作を手掛けた「悲しみのラッキースター」のミュージックビデオを見ることができる。

 

【番組情報】

NHK教育テレビ『ETV特集 細野晴臣』

5月29日(日)22:00-22:59(予定)

 

【リリース情報】

38年振りとなる全曲ボーカルアルバム
『HoSoNoVa』
ビクター
VICL-63777
¥3,150(tax in.)
04.20 ON SALE!

アーティストサイト http://hosonoharuomi.com/
レーベルサイト http://www.jvcmusic.co.jp/speedstar/-/Artist/A019206.html

昨年12月1日にシングル「春夏秋冬」でデビューした女性シンガー・ソングライターのNIKKIE。同曲は全国42のFM局でパワープレイを獲得し、女性歌手史上最多パワープレイを記録するなど、今年最っとも注目を集めているアーティストのひとりの彼女が、本日4月20日に、早くも3枚目のシングル「紫陽花」をリリースした。

同曲はデビュー前からあたためていたキラーチューンで、当初5月25日にCDでの発売が予定されていたが、3月11日の東日本大震災を受け、形態、時期、価格を見直し、すべて「無料」でのリリースに切り替えた。無料配信は6月30日まで行う予定。

今回の決断は、NIKIIE自身が今回被災した茨城県北部の出身ということもあり、ミュージシャンとして今の自分に何ができるかと考えてのもの。

「紫陽花」は、本日4月20日より、日本コロムビアが契約する携帯「着うた®」サイト、iTunes Storeに代表されるPC配信サイトでそれぞれ無料で配信が開始されている。また、配信にあわせ動画配信サイト「You Tube」を初め、各動画配信サイトでフルサイズでのストリーミング視聴も開始している。当初、CD発売予定日であった5月25日からは、今回のリリース主旨に賛同したCDショップでの無料配布が決定している。

また、今週金曜(22日)にオンエアする自身がパーソナリティを務めるJ-WAVE TOKYO REAL-EYES「SPEAK OUT!」(毎週金曜日24:00-28:00)では、「紫陽花」無料発売記念FREE RADIO LIVEとして、全編をライブで放送。「紫陽花」も演奏し、積極的に歌を届ける。

NIKIIE
「紫陽花は”貴方に初めて手紙書きます”という歌詞から始まります。
何かを伝えたいと願うだけでなく、

ちゃんと思いを真っすぐに伝えられる人になりたい。

そんな気持ちを忘れないように手紙を書くように書いた曲です。
思いを言葉にするということ。

言葉が思いを繋いでいくということ。
そして思いはその言葉以上だということ。
そのことを私は音楽を通して人と出会う中で知ることができました。
今この時、音楽を通して私は何ができるか、

私は何を伝えることができるか、本当に悩みました。真剣に考えました。

悩んで考えて沢山の話し合いをして、

大切にあたためてきた「紫陽花」を

今回このような形でリリースすることに決めました。
一人のミュージシャンとして、

一人の人間として私の歌や行動はあまりにも

非力かも知れませんが、かけがえのない大切な人を想い歌うこの歌が

ほんの一握りでも希望や夢、勇気や光を生む力になってくれればと思っています」
と語っている。

震災当日、翌日に予定されていた「HIDE&SEEK」発売記念インストアミニライヴも、各地で振替公演を行うことが発表されている。

【NIKIIE今後の予定】
4/21(木)
「HIDE&SEEK」発売記念プレミアムライブ
@KRAPS HALL
NIKIIE'S SECOND BITE
開場18:30 / 開演19:00
(チケット受付終了済)
4/23(土)
FM802 SPECIAL LIVE HIRO T'S MORNING JAM
presents
NEW brEEZE
@大阪城音楽堂
open 12:00 / start 13:00 ※雨天決行
4/29(祝・金)
FMヨコハマ「E-ne!~good for you~」公開生放送
HAND IN HAND ~同じ空の下~
@横浜赤レンガ倉庫 二棟間広場
放送時間 / 13:00~17:00
5/1(日)
RADIO BERRY 公開録音ライブ@
おやまゆうえんハーヴェストウォーク
15:00 start ※入場無料
5/06(金)
Live Dragon VOL.4
@渋谷O-Crest
open 18:30 / start 19:00
※TOKYO FM「RADIO DRAGON」主催のチャリテイライブ。
100組200名完全招待制ライブ。

【「HIDE&SEEK」発売記念インストアミニライヴ振替公演】
5/15(日) 15:00start
タワーレコード名古屋パルコ店 店内イベントスペース
5/26(木) 19:00 start 
タワーレコード 新宿店 7Fイベントスペース
5/29(日) 14:00start
タワーレコード梅田NU茶屋町店 6Fイベントスペース

 

【リリース情報】

女性シンガー・ソングライターのNIKKIE、3枚目のシングル
『紫陽花』
日本コロムビア


 


フルカワミキが手掛けるブランド『Gainan』(ガイナン)が、この春デビューすることになった。

 

“流されることなく、着る人の個性を引き立てる服” がコンセプトのGainan は、価値観を持つ自立した女性に向けて発信する。デビューに先駆け、BEAMS とZOZO TOWN 限定での先行販売が決定。また『Gainan』のスペシャルアイテムも販売される。さらに、渋谷の「ビームス タイム」では、『Gainan』の期間限定SHOP がオープンする。

フルカワミキは1997 年に、スーパーカーでメジャーデビューして以来、その存在感が常にフィーチャーされてきた。活動は音楽的フィールドに止まらず、CM やアート、ファッションの分野にまで至り、業界の垣根を越えて注目されていた。

 

公式HP

http://www.gainan.jp/

Photo By hachi

ジョン・レジェンドが約2年振りとなる来日を果たし、4月18日に東京・SHIBUYA-AXにて一夜限りのスペシャル・ライヴを開催。ほぼ満員のオーディエンスがつめかける中、ファースト・アルバム~最新作『ウェイク・アップ!』までのヒット曲を90分以上に渡って披露した。

総勢7名のバンド(キーボード/ギター/ベース/ドラム各1名、コーラス3名)が

ステージに登場、イントロを弾き始めるとステージ後方からブラック・スタイルで統一したジョンが登場。会場はこの日を、この瞬間を待っていたといわんばかりの大歓声と興奮に包まれた。

Photo By hachi

オープニングに用意されたのは先日ネットを通じて発表され、大きな話題となったアデルのヒット曲「ローリング・イン・ザ・ディープ」のカバー。ここから「ハード・タイムス」「ユースト・トゥ・ラヴ・ユー」とアップテンポで一気に観客を巻きこむあたりは、さすが世界のレジェンド、といいたくもなる巧さ。「イッツ・オーヴァー」~「リメンバー・ザ・タイム」(マイケル・ジャクソンのカバー)という粋な選曲で会場を沸かせた後、ようやくジョンが観客に語りかける。

「今夜このステージに立てることを本当にうれしく思う。デビュー以来、僕を一貫してサポートしてくれた東京には思い入れがある。“まだ日本に行くのは早すぎる”っていう人もいたけれど、今まで東京が僕をサポートしてくれたのと同じように、僕も東京をサポートしなければと思った」。そして『ウェイク・アップ!』のタイトル曲「ウェイク・アップ・エヴリバディ」へ。

言葉をひとつひとつ噛みしめるかのような、誠実なヴォーカルが印象的。会場のラッキーな女性をひとり、ステージへ“特別招待”する定番コーナー「スロー・ダンス」から始まった後半は「PDA」「ナンバー・ワン」「セイヴ・ルーム」とジョンらしいエレガント&ポップなラヴソングを次々披露していった。

「エヴリバディ・ノウズ」、エンディングの「グリーン・ライト」も素晴らしかったが、公演のハイライトはアンコールの「オーディナリー・ピープル」と「ステイ・ウィズ・ユー」。弾き語りになると際立つその歌声はたぶんジョン自身と同じように優しくも、強い。ライヴ前のインタビューで来日公演を予定通り開催するに至った経緯を聞かれたジョンは「公演はキャンセルしない主義なんだ」と静かにほほ笑んだが、コンサート制作という大規模プロジェクトのリーダーとして開催を決意、SHIBUYA-AXのステージに降り立ち、鮮やかに歌い、日本への思いを行動で示してくれた。

なおこの来日公演の模様はWOWOWで独占放送されることが決定している(7月放送予定)。

 

【リリース情報】

ジョン・レジェンド&ザ・ルーツ

 『ウェイク・アップ!』
ソニー
ON SALE!
SICP-2839
¥2,310(tax in.)



www.sonymusic.co.jp/johnandtheroots

4月7日の発表以来、各方面で話題となり、先週末に桑田佳祐のレギュラーラジオ番組等でもオンエアがされたことでさらに注目が高まっている、震災復興のためのスペシャルプロジェクト“チーム・アミューズ!!”によるチャリティーソング「Let’s try again」。

震災復興支援、ならびに日本中に明るさと元気の素を振り撒こうという主旨のもと発表されるスペシャルチャリティーソング「Let’s try again」は、当初なるべく早くお届けするべく、配信という形で発売することだったがが、発表と同時に「CDとしてのリリースはないのか?」「ぜひCD化もしてほしい!」といった要望が、アミューズ、参加した各アーティストのファンクラブ、さらには各々のアーティストが所属するレコード会社にまで、非常に多数寄せられ、この度、CD化が決定した。

数多くの声を耳にした各参加アーティスト、およびスタッフも、配信だけでなくCDという形でも発売することで、より多くの方々に『Let’s try again』を聴いていただくことができ、そのことでさらに復興支援の力も大きくなるのであればぜひ実現させようということで、改めてプロジェクト発表以降すぐにCD化を調整。4月20日の配信開始を前にして、CD化の発表をすることが可能となった。

リリース日は、生産工程の最短スケジュールをとり、5月25日。CDだけでなく、すでにその撮影場面がテレビ等で紹介されこちらも非常に話題になっている「Let’s try again」のミュージックビデオを収めたDVDつきでの発売となる。

 

【配信開始日】
2011年4月20日(水)


【「チーム・アミューズ!! 」参加メンバー(五十音順)】
板谷由夏、上野樹里、岡田義徳、小倉久寛、加藤貴子、神木隆之介、岸谷五朗、桑田佳祐(サザンオールスターズ)、小出恵介、小松彩夏、佐藤健、サンプラザ中野くん、Skoop On Somebody、須藤理彩、関口和之(サザンオールスターズ)、高橋優、寺脇康文、富田靖子、仲里依紗、野沢秀行(サザンオールスターズ)、原由子(サザンオールスターズ)、パッパラー河合、Perfume、BEGIN、平岡祐太、福山雅治、FLOW、ポルノグラフィティ、MIHIRO~マイロ~、松田弘(サザンオールスターズ)、三浦春馬、三宅裕司、村川絵梨、MONOBRIGHT、森雪之丞、吉高由里子、ONE OK ROCK、(37組54名)
※4/7発表時より、板谷由夏、神木隆之介、吉高由里子の3名が追加。

【☆配信形態 (価格は税込)】
●モバイル配信 (主要モバイル配信サイトにて配信)
着うた(R) \157、着うたフル(R) \420、
ビデオクリップ前編(4分12秒)  315円  
ビデオクリップ後編(5分13秒)  315円

【PC配信 (moraにて配信)】
オーディオ \420、morawinビデオ(フルサイズ) \525 
※Android端末への配信について
レコチョクアプリfor Android、mora touchオーディオのみ\420

【モバイル配信サイト】
アミュモバ☆DX、レコチョク、music.jp、mu-mo、dwango.jp、オリコンスタイルフル
アーティスト公式サウンドフル、MUSICO、JOYSOUND[フル×歌詞]、MySoundフル
DAM★フル、着信★うたフル♪、GIGAッchうたフル、うたJETS!!フル、ベストヒットJ-POPフル

【PC配信サイト】
mora

※本楽曲から生じる収益のすべては、アミューズ募金を通じて日本赤十字社に寄付され、被災者救済のための救援活動及び復興支援活動等の資金として使われます。

 

【リリース情報】

チーム・アミューズ!!のチャリティー曲
『Let's try again』
アミューズ
05.25 ON SALE!


※価格等、詳細につきましては、後日特設ホームページにて発表。
http://www.amuse.co.jp/teamamuse/

Salyuが今年1月から新しく立ち上げたプロジェクト“salyu×salyu”(サリュ バイ サリュ)の初ライブ「s(o)un(d)beams special event」が渋谷WWWで行われた。

salyu×salyuは、その第1弾として共同プロデュースにCorneliusこと小山田圭吾を迎え、「クロッシング・ハーモニー」をテーマに、最大で8声のハーモニーを聴かせるという試みをしたアルバム「s(o)un(d)beams」(サウンドビームス)をリリースしたばかり。かねてからボーカリストであることにこだわりを持っていたSalyuが声と言う楽器を使い、小山田圭吾の多重録音で作り上げるポップサウンドと見事に融合し実現したもので、ファンのみならず音楽ユーザーの注目度が高いコラボレーションとなった。

この日限りのアルバムリリース記念イベントには、豪華なゲストも参加。最初に作詞で参加していた七尾旅人が登場し、温かくも強い歌声と言葉で観客を魅了し、途中にはSalyuも参加してセッションを繰り広げた。

次にsalyu×salyuのライブが始まると、衣装と髪型をそろえたSalyu含む4人のコーラス隊が登場し、Google Chrome Music Mixerでのミュージックビデオでも話題となっていた「ただのともだち」からスタート。音源とは違ったコーラスワークでアクロバティックなハーモニーを繰り広げる。途中、プロデューサーの小山田圭吾も参加し「Mirror Neurotic」などグル―ビーな楽曲で会場のテンションを一気に上げていった。

アンコールでは、Salyuが東日本大震災を受けてこの歌を歌い、沢山の方に聴いてもらいたいという想いから自身の「to U」を歌いあげ、会場内が一気に温かな空気に包まれた。

クロッシング・ハーモニーを生かした絶妙なコーラスワークで展開されるsalyu×salyuのライブは、4月21日の横浜BayHallを皮切りにツアーが行われ、またGREENROOM FESTIVALなどのイベントにも参加する。

 

 

【リリース情報】

プロデューサーはCORNELIUS=小山田圭吾
『s(o)un(d)beams』
トイズファクトリー
TFCC-86345
¥3,000(tax in.)
ON SALE!



http://www.salyu.jp/salyuxsalyu

直木賞作家・角田光代原作の話題の映画「八日目の蟬」が4月29日より全国公開になる。

 

4月18日に行われた舞台挨拶付の完成披露試写では井上真央、永作博美、森口瑤子、成島出監督、そして中島美嘉さんが登壇。そのなかで中島美嘉が主題歌「Dear」を生歌で披露した。

不実な男を愛し子を宿すが、母となることが叶わない絶望の中で、男と彼の妻との間に生まれた赤ん坊を連れ去る女、野々宮希和子(永作博美)と、その誘拐犯に愛情いっぱいに4歳まで育てられるも、その数奇な生い立ちから、心を閉ざしたまま大学生になった女、秋山恵理菜(井上真央)。様々な愛の形を描き、誰もが心揺さぶられるストーリーをもとに書き下ろされた主題歌「Dear」を中島美嘉が熱唱し、キャスト・監督などが感涙した。

歌唱後のトークでは、井上真央さんが涙を流しながら「映画の事を色々と思い出してしまいました」と語った。

デビュー10年目に突入した昨年、活動を休止していた中島美嘉が放つ復帰第一作目となる今作は、映画「八日目の蟬」の主題歌。4月1日にテレビ朝日系「ミュージックステーション」出演後、大反響を呼び、着うたが、いきものがかり、KARAなどの強豪アーティストを抑え初日初週ともに堂々の1位を記録。

本作について「どうして、わたしがこんな思いをするの?」というフレーズが活動休止時の“自分の心境”と重なり合い、不思議な縁を感じたと本人は語っている。彼女の”今の想い“が感じられる、これぞ「中島的王道バラード」は聴く人全ての人の心に刺さる代表的1作、そして大ヒットになる事必至の要注目プロダクツだ。

カップリングには耳の不調によりキャンセルを余儀なくされた昨年のアニバーサリーライブにて、直接お詫びをしに会場へ訪れた際、集まったファンが歌ってくれた「A MIRACLE FOR YOU」をリアレンジし収録。

 

【映画】
「八日目の蝉」
http://www.youkame.com/index.html

 

 

【リリース情報】

映画『八日目の蝉』主題歌
『Dear』
ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ
AICL2247
¥1,200(tax in.)
04.27 ON SALE!




www.mikanakashima.com

今年デビュー10周年を迎えた神田沙也加。歌手・女優、そしてミュージカルと、あらゆるジャンルで活躍する彼女の10周年を記念して、神田沙也加名義では初となるアルバムを4月20日(水)に発売する。

 

デビュー曲の「ever since」、お気に入りのミュージカルナンバー、そして新録J-POP4曲を含む全10曲入りのアルバム。新しくレコーディングした曲の中でもリード楽曲の「流星」は、4月からよみうりテレビ・日本テレビ系『情報ライブ ミヤネ屋』のエンディングテーマとしてオンエア中だ。あらゆるジャンルを行き交う自由「LIBERTY」をテーマにシンガー・神田沙也加が、今までの10年、そしてこれからを彩るすべての魅力をコンパイルしている。

「10周年を迎えた今、支え続けてくれたファンに向けてのメッセージソングの意もあり、それまでのSAYAKA作品の内省的な歌詞とは雰囲気 が異なり、より「第三者へのメッセージ」感の強い言葉で構成されています。「流星」のミュージックビデオも、その想いと連動したストーリーに なっているので、併せて観て頂きたいです」とコメント。

アルバムのリリースを記念して、東名阪にて「神田沙也加「LIBERTY」発売記念ミニライヴ&サイン会」を開催する。

 

 

【リリース情報】

デビュー10周年記念アルバム
『LIBERTY』
ポニーキャニオン
PCCA-03385
¥2,500(tax in.)
04.20 ON SALE!



オフィシャルHP: http://www.sayaka-kanda.net/
オフィシャルブログ: http://ameblo.jp/sayaka-kanda

氷室京介が6月11日に、東京ドームで、東日本大震災の震災被災地復興支援を目的とするチャリティ公演を行う。

当初、同日同会場で、50歳のアニバーサリーとしての公演を予定し、3月14日に発表をする準備をしていたが、その直前に震災が起こった為、発表を見送り、公演自体を見直していた。東京ドームという場所柄、電力消費の問題もあるが、可能な限り節電に配慮し、最小限の電力、機材で行うほか、このライブの収益金の全てを復興義援金として寄付する主旨で行う事を決定した。

氷室自身、L.A.を拠点に活動している為、震災時は、日本にいなかったが、CNNなどを通じて震災の被害の映像を見て愕然とし、自身が行える支援の方法を考えた結果、今回の公演の開催となった。

被災地に収益金を寄付する目的と同時に、今だなお、日本のロック史上最大の伝説のバンドとして多くの支持を得ているBOφWYの楽曲を、ボーカリストである氷室が、今歌う事で、ライブに参加したそれぞれの人のエネルギーになればと考え、今回は全曲BOφWY楽曲で構成したライブとなる予定。

氷室自身ソロ23年、バンド時代6年の約30年のキャリアの中で、幾度となく全国ツアーやライブイベントで岩手、宮城、福島を訪れている。また宮城県で行われていた、現在のロックフェスの先駆けとも言える、ロックンロールオリンピックには、85年、86年、87年(BOφWYで出演)、90年(sp≒eed名義でシークレット出演)と4回出演している。そして今年1月にも盛岡、仙台、郡山に自身の全国ツアーで訪れたばかりである。いわば氷室にとって宮城を中心とした東北地方は縁の深い地のひとつである。

氷室自身、BOφWYの解散ライブLAST GIGSを含め、東京ドームでの公演は7年振り、7度目。2004年に“21st Century Boφwys VS HIMURO”と銘打ったライブを東京ドームで行っているが、全曲がBOφWYの楽曲で構成されるライブは今回が初めてとなる。解散以降、23年間、これまで歌う事のなかった楽曲も披露する予定。

【本人コメント】

互いの気持ちと力を合わせて支え合う運命の時
微力ではあるけれど俺なりに
過酷な状況下でいまも闘っている皆さんを応援したいと思います
We are down but never give up !
氷室京介

【ライブinfo】
東日本大震災復興支援チャリティライブ                            
KYOSUKE HIMURO GIG at TOKYO DOME

"We Are Down But Never Give Up!!"
日時:6月11日(土)
会場:東京ドーム
開場/開演:16:00/18:00
チケット料金:7,800円

オフィシャルホームページ http://www.himuro.com
EMI Music Japan ページ http://www.emimusic.jp/artist/himuro/

安藤裕子が、5月7日から始まるアコースティックツアー会場および、自身のオフィシャルHPの通販限定で、東日本大震災の被災者に義援金を送るため、チャリティCDシングル 「地平線まで」 を発売することになった。

この曲は、ある企業からの依頼を受け、新作TVCM用に描き下ろされ、先に予定されているアルバムに収録すべく作業を進めていた曲だったが、現在の本人の心情が強く表れているということで、急遽レコーディング、CD化ということになった。

被災者支援に役立てるべく、プレスコストを差し引いた収益全額が、ツアー終了後の7月に必要機関を通じ寄付される。販売価格は1000円を予定。 HPには、本人からのビデオメッセージとともに、楽曲試聴、歌詞閲覧ページも設けている。

<以下HPより本人コメント>

本当にたくさんの人々の手から大切なものがすり抜けていってしまった。
あまりにも多くだ。
被災していない我々も、今まで通りの暮らしを続けられるはずがないんだろう。
この小さな島国で起きている事なのだから。
時間を掛けて、体感していく事になるんだろう。
それでも始めなきゃって。
何をしたら良いんだろうって考えてみる。
一歩一歩、再生の道を歩むしかないんだ。
私の中で流れ続けていた曲があります。
震災の直後、息を切らして取材に眈々と応える男性が居ました。
話の最後にご家族は?と聞かれた彼は
「長女と妻が、僕と手を繋いでいたんだけど、流れて行ってしまって。」
そう答えていました。
視線はただ前方を眺めている。
こんな酷い話あるんだろうか?
感傷と言われるだろうが、涙が止まらなかった。
こんな酷い話が、あの日、一瞬で何万と刻まれてしまった。
今までと同じでなんかいられるわけがない。
それでもようやく春が来て、暖かい陽射しが我々を包み始めた。
少しでも彼らの心を、身体を温められたらいいのにと思う。
そんな事を願って口ずさんでいた曲。
今、沢山の人々が復興に向けて働いています。
私も彼らのお手伝いが出来たらと考えています。
私は歌を歌う人間だから、この歌を何かの形に出来ないかと周りの人間に相談しました。
義援金だとか募金だとかそんな言葉は使いたくないです。
本当に危ういのは、私達自身の明日だと思うから。
私達全員が明日に向けて立ち上がらなきゃいけない側の人間だと思うからです。
家を無くし、家族を失った多くの人々に、先ずは暮らしをお返ししなきゃいけない。
親を失った多くの幼き人が、逞しく育ち、いつか家族を作って故郷に帰れる日まで。
そんな日が訪れるまで、
復興という働きかけを私達もしていかなきゃいけないんだと思うのです。
まずは皆に協力してもらい、
もっさんと一斉のせで歌を録音しました。
CDとして販売し、その売り上げを皆さんの明日に役立てて貰えたらと思います。
想いの端っこも上手く文章には出来ません。
それでも、読んでくれてありがとうございます。

安藤裕子

オフィシャルサイト
http://www.ando-yuko.com

松任谷由実がニューアルバム『ROAD SHOW』を引っさげ、本日のよこすか芸術劇場公演を皮切りに10月28日の東京国際フォーラムまで38都市70公演と半年以上に及ぶロングランツアースタートさせる。震災により一時はツアー開催自体危ぶまれたものの、予定通りツアーを開催することになった。

ツアーに先だち昨日、よこすか芸術劇場にて公開リハーサルを開催。22曲が演奏された。

 

ライブMCでは、「今回、ツアーに出るかどうか、やっぱり悩みました。こんなときに、こんなことをすることが果たしていいことなんだろうか・・・・自分にとって、足を運ぶ人たちにとって、いや日本中の人にとって・・・・でも、やっぱりやってよかった。この先、予期せぬ出来事がどんなに待ち受けていたとしても、走り続けようと思いました。走り続けられる限り・・・。今日は本当に勇気をありがとう。必ずお返しします。だから皆さんも、それぞれの道を走り続けてください」と語った。

ツアーパンフレットの巻頭にも震災に関してのユーミンのコメントが書かれている。


2011年3月11日午後2時46分  羽田空港国際ターミナル
日本が変わろうとしている、
日本が変わる瞬間、
私は、おすぎさんと一緒だった
スタッフの1人が一番最初に揺れに気づき、続いてほかのスタッフもザワザワしだした
なぜか、冷静にその状況を傍観しているわたしが、そこにいた
おすぎさんが指にはめていたダイヤの指輪が キラキラ光っていて
その光が何かの節目の警告のように見えた
その光の中に、切なさと儚さをずっと見ていたように思う・・・

日本は変わろうとしている、
団塊の世代と言われた私たちは、豊かに暮らしてきた
モノにあふれ、ぜいたくを普遍的に感じてきた私たちは
本当のぜいたくを学ばなければならない
物質は貧しくなっても、精神が豊かであれば、生きていける
だから私はたゆまず進むだけ
しなやかに強くあり続ける、
そう決めたから、歌をつくり続け、それをみんなに届けに行きます
待ってろよ
みんなにファンタジーを届けに必ず行く
「Road Show」は、みんなの憧れ・・・
私たちが作り上げたファンタジーで、みんなを主役にしてあげる
ショーが始まる前も、始まってからも、終って普段の生活に戻ってからも・・・
キラキラした生活が待っていることを約束します。

 

また、彼女は代表曲「春よ、来い」のコーラスに多くの方に参加してもらい、元気になる新バージョンを制作する。「変わろうとする強さと、変わらない強さを」と言うメッセージを最初に発信し、次にそのことを行動に示すため、小学校の教科書にも載っていた代表曲「春よ、来い」を新録音するこのプロジェクトは、今も続く深刻な現実と向き合ったとき、松任谷由実として今何をするべきか、何が出来るのだろうか。様々な事をプロデューサーでもある松任谷正隆、スタッフらと共に会議を重ねて生まれたものという。

制作にあたっては、連続テレビ小説の主題歌で縁が深いNHKと一緒に、来年までの長期にわたり楽曲を作っていく。そして、出来上がった楽曲を全世界に向けてインターネットで有料配信し、その収益を全額被災地に寄付する。チャリティーとしての取り組みは松任谷由実としては初の試みとなる。

この「春よ、来い」には、世界中の皆さんが、日本の復興を願う気持ちを込めて歌ってもらった声が、組み合わせられる。歌ってもらうのは、コーラス・パートである童謡「春よこい、はやく来い」の部分。楽曲を共同制作するNHK「SONGS」では、投稿動画サイトをインターネット上に開設し、「歌声」の募集を4月15日(金)から行うという。

また、この企画に賛同した著名人から歌声をもらい、その声と募集してくれる皆さんの声とで第一弾を制作。著名人の「春よ来い、はやく来い」という部分を歌っていただいている様子と被災地へのメッセージは、NHKSONGSホームページ内の「春よ、来い」プロジェクトで見ることができる。

主な参加者(あいうえお順 敬称略)
いとうあさこ、角田信朗、木村佳乃、サンドウィッチマン、ミッツ・マングローブ、パパイヤ鈴木、ビビる大木、ベッキー、安田成美、YOU

このプロジェクトの模様は4月20日(夜22:55~23:24)に放送予定のSONGSでも紹介され、何バージョンもの「春よ、来い」を制作・配信される。今回の著名人も参加した「春よ、来い」新バージョンをベースに、第一弾を5/18(水)iTunes Music Store他の販売サイトで配信開始する。この売り上げは「NHK」を通じて「中央共同募金会」に託し、東日本大震災の被災者へ全額寄付される。

http://www.nhk.or.jp/songs/yuming/index.html

桑田佳祐を中心としたアミューズ所属の数々のアーティストが“チーム・アミューズ!!”として結集し、東日本大震災による被災者支援と被災地復興へのチャリティーとして配信されることになった「Let’s try again」。そのレコーディングとミュージックビデオの撮影が、このほど完了した。

ミュージシャン、俳優、タレントなど各ジャンルで活躍するアーティスト、総勢37組54名が青山のビクタースタジオ401stに大集結し、感動的な大合唱部分のレコーディング、および同シーンのビデオ撮影などが行われた。

ミュージックビデオの収録に際しては、全員が集まって大団円の合唱部分はもちろん、全員そろって息のあったパラパラ風の振付を踊る場面の収録もされ、各アーティストの気持ちの入ったパフォーマンスに、現場に居合わせたスタッフからはカットのたびに自然と拍手喝采が繰り返されました。その他にも、原 由子とPerfumeが一緒に「私はピアノ」を歌う場面、サンプラザ中野くんと三浦春馬、佐藤健、仲里依紗が一緒に「Runner」を歌う場面、三宅裕司、小倉久寛、岸谷五朗、寺脇康文の4人がAKB48を思わせるかのような振り付けを踊る場面などなど、今回の企画ならではの、盛り沢山なスペシャルなコラボシーンの撮影も次々と敢行された。映像とともに、曲中に登場する各アーティストの代表曲(全14曲)は以下の通り。
「勝手にシンドバッド」 (サザンオールスターズ)
「サウダ―ジ」 (ポルノグラフィティ)
「島人ぬ宝」(BEGIN)
「桜坂」(福山雅治)
「ポリリズム」 (Perfume)
「LOVE AFFAIR~秘密のデート~」 (サザンオールスターズ)
「大きな玉ねぎの下で」 (爆風スランプ)
「アゲハ蝶」(ポルノグラフィティ)
「IT’S ONLY LOVE」 (福山雅治)
「涙そうそう」(BEGIN)
「私はピアノ」 (サザンオールスターズ)
「Runner」 (爆風スランプ)
「マンピーのG★スポット」 (サザンオールスターズ)
「希望の轍」 (サザンオールスターズ)

楽曲はその後すでに完成し、明日(4月16日)のTOKYO FM系全国38局ネット「桑田佳祐のやさしい夜遊び」(23:00~23:55)、およびニッポン放送「福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル“魂のラジオ”」(23:30~25:00)で先行オンエアされる(一般ラジオオンエア解禁は4月20日となります)。また、ミュージッククリップもまもなく完成。配信がスタートする4月20日にはテレビやオフィシャルサイトで公開される予定。

<リリース情報>

「Let’s try again」
配信開始日:4月20日(水)
「チーム・アミューズ!! 」参加メンバー(五十音順)
板谷由夏、上野樹里、岡田義徳、小倉久寛、加藤貴子、神木隆之介、岸谷五朗、桑田佳祐(サザンオールスターズ)、小出恵介、小松彩夏、佐藤健、サンプラザ中野くん、Skoop on somebody、須藤理彩、関口和之(サザンオールスターズ)、高橋優、寺脇康文、富田靖子、仲里依紗、野沢秀行(サザンオールスターズ)、原由子(サザンオールスターズ)、パッパラー河合、Perfume、BEGIN、平岡祐太、福山雅治、FLOW、ポルノグラフィティ、MIHIRO~マイロ~、松田弘(サザンオールスターズ)、三浦春馬、三宅裕司、村川絵梨、MONOBRIGHT、森雪之丞、吉高由里子、ONE OK ROCK (37組54名)

配信形態 (価格は税込)
モバイル配信 (主要モバイル配信サイトにて配信)
着うた® \157、着うたフル® \420
ビデオクリップ前編  315円 、ビデオクリップ後編  315円
※Android端末への配信について・・・オーディオのみ\420
レコチョクアプリfor Android、mora touch

PC配信 (moraにて配信)
オーディオ \420、morawinビデオ(PVフルサイズ) \525 

モバイル配信サイト
アミュモバ☆DX、レコチョク、music.jp、mu-mo、dwango.jp、オリコンスタイルフル
アーティスト公式サウンドフル、MUSICO、JOYSOUND[フル×歌詞]、MySoundフル、HAPPY★うたフル、DAMうた★フル、着信★うたフル♪、GIGAッchうたフル、うたJETS!!フル、ベストヒットJ-POPフル

PC配信サイト
mora

※本楽曲から生じる収益のすべては、アミューズ募金を通じて日本赤十字社に寄付され、被災者救済のための救援活動及び復興支援活動等の資金として使われます。

 

特設サイトURL
http://www.amuse.co.jp/teamamuse/

 

Perfumeが5月18日に昨年11月の「ねぇ」以来となる新曲「レーザービーム/微かなカオリ」をリリースする。

そのための新しいアーティスト写真と初回限定盤と通常盤のジャケット写真が公開となった。同シングルには、キリン「氷結」のCMソングとしてオンエア中の「レーザービーム」と「微かなカオリ」が収録される。

初回限定盤には、「レーザービーム」のショートバージョンのビデオ・クリップと、ジャケット写真撮影時メイキング映像が収録されたDVDが封入される。特製スリーブケース仕様。

このシングルの収益の一部は、被災者への義援金として寄付されるという。

 

 

【リリース情報】
今年初シングル
『レーザービーム/微かなカオリ』
徳間ジャパン
05.18 ON SALE!


【初回限定盤】
TKCA-73650
¥1,500 (tax in.)

【通常盤】
TKCA73655
¥1,000 (tax in.)
http://www.perfume-web.jp/

レディオヘッドの新作『ザ・キング・オブ・リムス』が最新のオリコン・ウィークリー・チャート(4月18日付)で洋楽部門1位、総合でも3位にランクインした。これは前作『イン・レインボウズ』の最高順位11位(総合)を大幅に上回る大ヒット。

そんなレディオヘッドから、さらにに耳よりなサプライズ・リリースが届けられた。インディペンデントなレコード・ショップをサポートする目的で2007年に発足した「レコード・ストア・デイ」が4月16日(土)に世界各国で開催されるが、彼らはそのために未発表楽曲2曲を収録した限定12インチ・アナログ盤をリリースすることになった。更に、この限定アナログが若干枚数だけ、日本のレコード・ショップでも販売となることが決定した。店舗での入荷に関しては、各レコード店にお問い合わせを。

 

 

「Supercollider」と「The Butcher」というタイトル曲が収録されたこの12インチ・アナログ。「Supercollider」は過去にライヴでは何度か披露されたこともあり、ファンの間では音源化が切望されていた楽曲。一方の「The Butcher」は全くの未発表曲。一体どんな楽曲なのか気になるところ。「Supercollider」のライヴ音源はこちらで試聴できる。
www.youtube.com/watch?v=6M-g6i5NM48

また、先週末より日本でも配布となった新聞「THE UNIVERSAL SIGH」。この日本公式サイトでは、新聞内に記載されたパスワードを入力することで、全国のレディオヘッド・ファンのコメントが日本地図上に表示される、ファンマップに参加することができます。ファンマップに参加すると、今後レディオヘッドに関するお知らせメールが届く予定です。ファンマップ参加の〆切は今週4月15日(金)23:59まで。

新聞「THE UNIVERSAL SIGH」日本公式サイト
www.theuniversalsigh.jp

 

【リリース情報】

世界で最も革新的なロック・バンド
『ザ・キング・オブ・リムス』
Hostess Entertainment
流通品番: HSE-60064 (オリジナル品番: TICK001CDJ)
¥2,490(tax in.)
04.06 ON SALE!



※日本盤はBlu-spec CD™仕様、日本語対訳歌詞、ライナーノーツ、12ページ・オリジナル・ブックレット付

<デジタル・リリース情報>
税込価格:MP3 1,200円、 WAV 1,500円
レディオヘッド日本公式サイトにて発売中!
www.hostess.co.jp/radiohead

BUMP OF CHICKENが 5月11日に発売する新曲「Smile」で漫画家の井上雄彦とコラボレーションし、東北地方太平洋沖地震の復興支援ポータルサイトのテレビCMを制作。4月15日より全国でオンエアされる。

このポータルサイトは、ソフトバンクモバイルが賛同し、「みんなでがんばろう日本」プロジェクトを推進している「避難者支援プラットフォーム準備室」の活動の一環として運営されているもので、今回の震災における被災者と支援者にとって必要な情報を集めているサイトとなっている。今回、このサイトの認知を目的として「Smile」篇と「ONE」篇(各30秒)という2種類のテレビCMが制作された。

新CMには、「みんなでがんばろう日本」プロジェクトを応援したいという気持ちに賛同した漫画家の井上雄彦氏が、被災地の方に一日も早く笑顔が戻りますようにという願いを込めて発表した「Smile」シリーズのイラストを提供し、楽曲は、BUMP OF CHICKENが新曲「Smile」を提供した。モノクロで描かれる子どもたちやお年寄りのさまざまな表情・姿のイラストに、BUMP OF CHICKENの優しい歌声が重なる。

映像に使用される井上雄彦のイラストは、CMのオンエアスタートと同じく4月15日(金)よりポストカード集として全国書店にて販売。また、すでに全国のBEAMS、およびオンラインショップでは「BEAMS T」とのコラボ作となる「Smile」のチャリティー・Tシャツ、ポータルサイト「エキサイト」では「Smile」のチャリティー壁紙の販売も行われている。

BUMP OF CHICKENの「Smile」も4月27日に着うた(R)、5月11日には着うたフル(R)、ビデオクリップ配信に加え、CD+DVDのフィジカ ル・リリースが決定。これらの収益は、すべて東北地方太平洋沖地震の義援金として日本赤十字社を通じ、被災地に寄付される。

【BUMP OF CHICKENのメッセージ】

今回僕たちの楽曲がSoftBank復興支援ポータルサイトのCMとして流れることになりました。

このCMでは漫画家の井上雄彦さんの「Smile」という絵が映像として使われ、僕らの『Smile』という楽曲が音楽として使われています。

とにかく早く「Smile」のCMを届けたいということで、まず最初は井上さんから電話を頂いて、電話での打合せということになりまして、その電話で井上さんのCMに対するコンセプト、想い、それから「Smile」という企画自体に対する想い、そういうものを教えていただいて、それは僕ら4人がずっと震災の日から話し合っていた想いと凄く重なる所がありましたので楽曲の制作を引き受けさせていただくことになりました。

電話の打合せの2日後には、曲を書き上げて、そのままその当日に、スタジオに入って、音源を完成させました。

そのレコーディングの当日に井上さんもスタジオの方に来てくださって、楽曲を聞いてくださって、その場でOKを頂くことができました。

出来上がったCMですけれども、井上さんの想い、それから僕ら4人の想いが深いところで結びついた作品になったと思います。このCMをひとりでも多くの人に見ていただきたいと思います。

 

 

【情報】
<井上雄彦>

下記の収益は、全て東日本大震災の義援金として寄付されます。
◇「Smile」のイラストが描かれたポストカード集「Smiles」
・発売日 :2011年4月15日(金)
・発売場所 :全国の書店、文具店など
・内容:ポストカード各16枚セット3種類
・価格:各900円(本体価格858円+税)
◇“Smile”チャリティーTシャツ(「BEAMS T」とのコラボ商品)
・発売日:2011年3月29日(火)
・発売場所:全国のBEAMS店舗(一部アウトレット店舗含む)及び自社オンラインショッ
・内容:“Smile”チャリティーTシャツ
・価格:2,940円(本体価格2800円+税)
◇「Smile」シリーズ チャリティー壁紙
・発売場所:インターネットポータルサイト「エキサイト」
・内容:“Smile”シリーズ チャリティー壁紙
・価格:500円/1口(最大200口10万円分まで)

<BUMP OF CHICKEN>                                               
下記の収益は、全て東日本大震災の義援金として日本赤十字社を通じて被災地へ寄付されます。
◇新曲「Smile」
・4月27日(水):着うた(CM ver.) 配信スタート
・5月11日(水):CD+DVD リリース
・5月11日(水):着うたフル 配信スタート
・5月11日(水):ビデオクリップ 配信スタート

待望のニュー・アルバム『ボーン・ディス・ウェイ』が5月23日に全世界同時発売となるレディー・ガガが6月25日に幕張メッセで行われる「MTV VIDEO MUSIC AID JAPAN」に出演する。
 
MTVが開催する「MTV VIDEO MUSIC AID JAPAN(以下、VMAJ)」は国内外のアーティストの協力のもと、音楽の力で被災地の方へ勇気と希望を届けるとともに、MTVのグローバルなネットワークを通じて、日本から世界に向けて広く復興へのメッセージを呼びかけることを目的としたイベント。MTVが所属する世界的メディア・グループ「バイアコム」社は、震災発生後、国際赤十字・赤新月社連盟、日本赤十字社を通じた募金活動を開始しており、このたびのVMAJは、バイアコムが行う震災救援活動の中心的な役割を担っている。
 
今回、同イベントの趣旨に強く賛同したレディー・ガガの出演が決定。現代最高のポップ・アイコンの一人であるレディー・ガガは東日本大震災発生直後に被災者救援のためにリストバンドを製作し、その収益金150万ドル(約1億2000万円)と自身からも同じく150万ドルを寄付。また、日本へ向けたビデオメッセージもすぐに収録するなど、日本への高い関心と惜しみない支援を送ってきた彼女が、VMAJのライブ・パフォーマンスにいち早く決定した。
 
オフィシャル・サイト
http://www.universal-music.co.jp/u-pop/artist/lady_gaga/index.html
 
<MTV VIDEO MUSIC AID JAPAN概要>
日時:6月25日(土) 18:00~20:00
※電力供給などの諸事情により、開演時間は変更となる場合あり。
会場:幕張メッセ・幕張イベントホール(千葉県千葉市美浜区中瀬2-1)
※VMAJ は、上記の日程で日本およびアジア地域に向けて生中継。
国内においては、MTV に未加入でも視聴できるよう、一部のケーブルテレビおよびスカパー!にて、生中継時間帯をノースクランブル無料放送。
本イベントは無料招待制。視聴者、一般の方からの観覧ご応募の詳細は近日中に発表。
vmaj.jp

 

 

【リリース情報】

アルバム先行シングル
『ボーン・ディス・ウェイ』
ユニバーサル
03.16 ON SALE!
UICS-5050
¥1,000(tax in.)

世界初"人間1人とパンダ1頭による音楽ユニット"のPANDA 1/2が、4月1日から上野動物園のジャイアントパンダ公開を記念して、「PANDA! PANDA! PANDA!~上野パンダ公開記念バージョン~」を4月27日より配信リリースする。

「うえのパンダ応援ソング」として、2月に上野動物園で開かれたうえのパンダ歓迎大使任命式にも使われたこの「PANDA! PANDA! PANDA!」は、既に3月に配信リリースされているが、今回はオリジナルバージョンの持つロック色をよりポップにリアレンジしたバージョン。公開が延期されていた上野パンダを今一度応援すべく新バージョンを発表する事となった。ジャケットもオリジナルバージョンとは別テイクを使用。楽曲同様ポップ色を増したキュートなジャケに仕上がっている。

なお、PANDA 1/2のボーカル藤岡みなみは、4月1日の上野動物園パンダ公開時に前日昼から20時間も動物園正門前で待ち続け、公開直前までに並んだ約3,000人もの長蛇の列の先頭に立ち、上野パンダ観覧1番乗りも果たしたことにより、巷で話題を呼んだ。

上の写真は藤岡みなみが「うえのパンダ歓迎大使任命式」出席したときのもの。任命式は2月26日に上野動物園にて開かれた。

<Information>

「PANDA! PANDA! PANDA!~上野パンダ公開記念バージョン~」
4月27日配信リリース 

「PANDA! PANDA! PANDA!」
オリジナルバージョンは3/16より好評配信中
http://recochoku.com/panda/

USTREAM番組「PAKU PAKU –The Pandaman Show-」 
http://www.ustream.tv/channel/paku2
 

PANDA 1/2 http://jvcmusic.co.jp/panda/

 

 


4月2日に福岡・マリンメッセ福岡で東日本大震災により延期されていた全国アリーナツアーをスタートさせたゆず。

今回のライブは今回の震災を受けて、当初予定していた内容をもう一度見直し、照明や映像、ステージセットなどをシンプルな物に変更し、可能な限りエネルギー消費を押さえ、ゆず二人だけで表現出来るパフォーマンスにもより重点を置き、ツアータイトルも「YUZU ARENA TOUR 2011 2-NI-」から「YUZU ARENA TOUR 2011 2-NI- × FUTARI」へと改めた。派手な照明や、豪華なセットをやめ、路上ライブ魂で一人一人の心に届くように、願いと祈りを込めて全国を廻っているツアーだ。

2日の福岡・マリンメッセ福岡にて歌唱した「Hey和」のライブヴァージョンが、4月13日(水)より、レコチョクから着うたフル(R)の配信がスタートした。「Hey和(Live ver.)」は既にゆずMobile 、iTunes Storeからは配信されており、収益金の全額を被災地への義援金として日本赤十字社を通じ、寄付することが決定している。

公式サイト
http://www.senha-yuzu.jp/

 

【リリース情報】
1年4カ月ぶり、10作目となるアルバム
『2 -NI-』
セーニャ・アンド・カンパニー
ON SALE!


【初回限定盤】
SNCC-86921
¥3,675(tax in.)

【通常盤】
SNCC-86922
¥2,940(tax in.)
http://www.senha-yuzu.jp/
http://www.toysfactory.co.jp/yuzu/

東京事変が昭和歌謡の名曲「夜明けのうた」をカバーし、YouTubeとEMI TVで公開している。今回公開された「夜明けのうた」は、作詞岩谷時子、作曲いずみたくによって作られ、岸洋子の歌唱による、昭和39年(1964年)に リリースされた曲。当時大ヒットし、その後幾度となくカバーされ、時代を超えて受け継がれている。

同曲について、メンバーの椎名林檎は、次のように寄せている。

 

昭和53年生まれのわたしの耳へ、この作品が“肉声のうたとして鳴った”ことなど一度としてございませんでした。ただ、幼いころ繰り返し眺めた唄 本のなかにこの譜面があったのです。うちでは、楽器を鳴らせる時間を短く限られて居りましたから、無言で音符を眺める時間のほうが遥かに長かったもので す。こうして秘密裏に記憶された作品が思い出されるまでに、わたしは或る大きな悲しみを味わうのでした。

さっき、いつもの仲間と一緒に演奏しました。だけ ど“大勢のかたにいまいちど口ずさんで戴きたい”と言うほうが、いまのほんとうです。突然の災いに生命を落とされた方々のご冥福をお祈り申し上げて。それ でも生きている今日のわたしたちに、 こっそり贈り物をくださっていた作家のお二人へ胸一杯の敬意を込めて。

 

2011年卯月の初めに 椎名林檎

 

EMIミュージック・ジャパン オフィシャルYouTubeチャンネル
http://www.youtube.com/user/EMIMusicJapan?v=Qj_OGCbqplU
YouTubeモバイル

http://www.youtube.com/watch?v=Qj_OGCbqplU

EMITV

http://emitv.jp/900586523001
EMI アーティストページ

http://emimusic.jp/artist/tokyojihen/

椎名林檎が主宰するバンド、東京事変の演奏による「夜明けのうた」がYouTube、EMI TVで公開!

このたび公開された「夜明けのうた」は、作詞:岩谷時子、作曲:いずみたく、そして岸洋子の歌で昭和39年(1964年)にレコード発売され大ヒットし、その後幾度となくカヴァーされ時代を超えて受け継がれている名曲。

同曲に込めた想いについて椎名林檎は、「昭和53年生まれのわたしの耳へ、この作品が“肉声のうたとして鳴った”ことなど一度としてございませんでした。ただ、幼いころ繰り返し眺めた唄本のなかにこの譜面があったのです。うちでは、楽器を鳴らせる時間を短く限られて居りましたから、無言で音符を眺める時間のほうが遥かに長かったものです。こうして秘密裏に記憶された作品が思い出されるまでに、わたしは或る大きな悲しみを味わうのでした。さっき、いつもの仲間と一緒に演奏しました。だけど“大勢のかたにいまいちど口ずさんで戴きたい”と言うほうが、いまのほんとうです。突然の災いに生命を落とされた方々のご冥福をお祈り申し上げて。それでも生きている今日のわたしたちに、 こっそり贈り物をくださっていた作家のお二人へ胸一杯の敬意を込めて」と、コメントを寄せています。

20歳のシンガー・ソングライターmiwaのファーストアルバム『guitarissimo』が4月18日付オリコン週間アルバムランキングで首位に初登場した。昨年3月のデビュー以来初の首位を獲得。

これは、平成生まれのソロ歌手による1stアルバムの首位は史上初の快挙。シンガー・ソングライターによる1stアルバムでの首位は、2004年6月21日付の森山直太朗『新たなる香辛料を求めて』以来6年10ヵ月ぶりの記録で、女性シンガーソングライターとしては、2001年3月19日付の鬼束ちひろ『インソムニア』以来10年1ヵ月ぶりとなった。

<miwaコメント>
想像もしてなかった事でビックリしてますが、一生懸命作ったアルバムなのでたくさんの方に応援していただけたのがとてもうれしいです。
これからも聴いてくれる人が少しでも元気になれるような歌を作っていきたいです。

 

【リリース情報】
ファーストアルバム
『guitarissimo』
ソニー
03.30 ON SALE!


【初回限定盤】
SRCL-7597
¥3500(tax in.)

【通常盤】
SRCL-7599
¥3059(tax in.)

http://www.miwa-web.com/

星野源が、4月12日発売の女性誌「GINZA」5月号(マガジンハウス)から、エッセイ連載「銀座鉄道の夜」をスタートする。

エッセイは、仕事や生活など、星野源の周りで起きた事に対して真夜中のテンションで哲学するという内容。

イラストを担当するのは、漫画家の花沢健吾。これは、マンガ好きの星野のラブコールによって実現した組み合わせ。

星野は今回の新連載のほか、「TVBros」 での細野晴臣との対談連載『地平線の相談』、「POPEYE」での映画エッセイ『ひざの上の映画館』をそれぞれ連載中。

アーティストサイト
http://hoshinogen.com/
レーベルサイト
http://labels-united.jp/
http://www.jvcmusic.co.jp/speedstar/-/Artist/A023121.html

ジェロが4月8日(日本時間の9日)、カリフォルニア大学バークレー校日本学研究所より「第2回バークレー日本ニュー・ビジョン賞」を授与された。

「バークレー日本ニュー・ビジョン賞」は、近年において日本に対する視点、視座を劇的に転換させた個人を賞するものとして2009年に創設され、第一回の「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」で太平洋戦争における激戦を日米双方の視点から描いたクリント・イーストウッド監督に次いでの受賞となった。

17時よりキャンパス内 Doe Library Morrison Roomにて授賞式が行われ、黒のスーツ姿のジェロは「このような栄誉ある賞をいただけて大変うれしい」と緊張の面持ちで挨拶をした。また同夜20時からは Wheeler Hallにてミニライブが行われたが、ジェロ本人の強い要望と同校関係者の協力により、この度の日本で起きた東日本大震災の被災者を支援するためのチャリティーとして開催された。

約700名の観客の入場料は無料で行われたが、会場ではジェロが日本から送ったキャラクターグッズが販売され、その収益のすべてがチャリティーとして寄付される他、募金箱が設置されジェロ自ら義援金への協力を呼びかけた。

ミニライブではヒット曲「海雪」、「晴れ舞台」等を披露、そしてラストにジェロが「日本への応援の気持ちをたくさん込めて皆さんで一緒に歌いましょう!」と「上を向いて歩こう」を精一杯の気持ちを込めて熱唱した。会場はスタンディングオベーションに包まれ、しばらくの間やむことはなかった。

授賞式の映像はこちら→http://www.youtube.com/watch?v=dga8RsJmiY0

*このイベントで集められた収益はすべて、米国のアーティストやクリエーターによるチャリティー活動 Artist Help Japan <http://artistshelpjapan.blogspot.com/> の協力のもと、「Give2Asia」と「Mercy Corps」のNGO2団体に寄付され、「Give2Asia」はアジア財団の東京事務所、「Mercy Corps」は日本のNGOパートナーである「ピースウィンズ・ジャパン」を通じて被災者救援のために活用される。

MISIAが全国ライヴツアー「OCN Presents THE TOUR OF MISIA JAPAN SOUL QUEST」の東京公演を4月8日(金)、9日(土)NHKホールにて実施。復興応援メッセージソング「明日へ」を披露した。同ツアーは東日本大震災という未曾有の事態で一時中断していたが、4月1日(金)の広島公演よりツアー再開となっている。

このツアー「OCN Presents THE TOUR OF MISIA JAPAN SOUL QUEST」は、全国で観客動員数10万人を超える規模をほこり2012年の2月まで続くロングラン公演。MISIA自身が「みなさんとたくさんのソウルを見つけて行く、そんなライヴにしたい」と語り始まったこのライヴ。現在制作中だというアルバムの収録予定曲もお披露目しつつ、そのパワフルな歌声を存分に炸裂させる内容となっている。

ダンサーを交えた演出がおなじみのMISIAだが、今回は新進気鋭なダンサーMIKEYの主宰する「Vanilla Grotesque」というダンスパフォーマンス集団を大々的にフィーチャー。またヒット曲「MAWARE MAWARE」のソングライター、プロデューサーでもあるJPがバンドメンバーとして参加している。

4月8日(金)のLIVE序盤のMCで「自粛が拡まる中でのツアー開催にとても悩みました。 でもいま日本中へ心の栄養を歌と音楽で伝えたい、届けたいと思いました。そしてその歌が届けられるまで歌い続けたいという気持ちです」と決意を語ったMISIA。

「このツアー再開までの間、たくさんの願いを込めて詩をかきました。そのメッセージをのせた歌を、平和都市の広島より歌わせていただきました。日々報道をみる中で、これからの将来どうなるのか…と不安で夜も眠れない方が多いと聞きました。そのような不安をかかえている方へ、少しでもいい安らぎの瞬間を…願って歌っています。明日へ向かって一緒に生きていきましょう。 私も明日へ明日へ向かって歌っていきます…というその気持ちを伝えたくてこの詩をかきました。この歌はまだレコーディングされておりませんが、この場で録音しライヴヴァージョンをチャリティーソングとして配信させていただけたらと思っています」と語り、今回披露した復興応援メッセージソング「明日へ」を急遽配信限定でリリースすることを発表した。

幅広い年齢層が集まった会場は、MISIAのMCに感動した観客からの鳴りやまない拍手に包まれた。5月25日発売のニューシングル「記憶」も含め新曲を多く発表するなど、観客は終始スタンディングという盛り上がり。随所でその強力な歌声を響かせ、会場全体を震わせるほどの圧巻のパフォーマンスで、NHK公演は終了した。

なお、復興応援メッセージソング「明日へ」は4月8日(金)東京 NHKホールにて行われたライヴを収録し、そのライヴ音源を配信限定で4月27日(水)にリリースする予定。また売上金の一部を復興支援のための寄付金として、一般財団法人mudefが主催する復興支援プロジェクト「HOPE FOR JAPAN」を通じ、被災地および被災者の支援活動団体に寄付される。

 

【リリース情報】
テレビ朝日系ドラマ『遺留捜査』主題歌
『記憶』
アリオラジャパン
05.25 ON SALE!


【初回限定盤】
BVCL226
¥1,300(tax in.)

【通常盤】
BVCL227
¥1,223(tax in.)
4/13 「記憶」 着うたR / RBT 配信スタート
5/25 「記憶」 着うたフルR/ PC 配信スタート
http://www.misia.jp

「モテキ」現象とでも言うべきムーヴメントを巻き起こした、久保ミツロウ原作の人気漫画「モテキ」(講談社刊)を原作とするテレビ東京系深夜ドラマ「モテキ」(2010年7月~10月にドラマ24枠にて放送)が先日「イブニング」誌上にて、森山未來主演、大根仁監督・脚本で遂に映画化、今秋公開されることが発表された。

三十路目前の冴えない派遣社員・藤本幸世がさまざまな女性と繰り広げる恋愛模様に、J-ROCK、J-POPの名曲が交錯しドラマティックに物語を演出していくストーリーが話題となり音楽ファンの共感を呼んだ同作。昨年12月3日に開催された「モテキナイト」の第2弾となる、音楽とドラマの世界が融合した「モテキナイト2~アゲイン!!~」を恵比寿リキッドルームにて開催される。これは先日、3月18日(金)に開催予定だった「モテキナイト2」の振替公演。

出演はスチャダラパー、フラワーカンパニーズ、曽我部恵一BAND、マキタスポーツ、DJやついいちろう、というまさに「モテキ」的世界観を体現する素晴らしいアーティスト&DJに加え、ドラマ「モテキ」ワールドを彩るスタッフ&キャスト陣からDJ MAHO!さらにスペシャルゲストとして主演の森山未來の参加が決定。

コミック&音楽&ドラマ、そしてカルチャー&サブカルチャーが渾然と同居する、まさにゼロ年代以降のシーンを象徴する「モテキ」の世界が、ここに再現される。

「モテキナイト2~アゲイン!!~」◆
2011年5月2日(月) 開場/開演 18:00
会場:東京・恵比寿LIQUIDROOM
出演:
LIVE:スチャダラパー、フラワーカンパニーズ、曽我部恵一BAND、マキタスポーツ
DJ:DJやついいちろう、DJ MAHO(The Others)
Special Guest:森山未來
チケット:前売4,000円(税込)、当日4,500円(税込) 
※ドリンク代別500円、オールスタンディング
一般チケット発売日:4月12日(火)
プレイガイド:
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:137-286)
ローソンチケット 0570-084-003(Lコード:75278)
イープラス、LIQUIDROOM店頭
お問い合わせ:LIQUIDROOM 03-5464-0800

http://www.liquidroom.net

「モテキ」映画化決定! 
2011年秋公開予定
主演 森山未來、脚本・監督 大根 仁
公式HP
http://www.tv-tokyo.co.jp/moteki/
公式Twitter
https://twitter.com/TVTOKYO_moteki

東京スカパラダイスオーケストラが長年オファーを受けていた中南米最大のフェス「Vive Latio」に出演した。

スカパラには同フェス含めて、メキシコでのライブ、イベントに長年熱烈なオファーが届いていたが、今回初の出演を果たすこととなった。アメリカ、ヨーロッパ、アジア等各国でライブを行っているが、南米では初ライブ。またVive Latinoには日本のバンドとしてスカパラが初めての出演となった。

ライブ前には、東北太平洋沖地震の報道もあり、スカパラが本当にメキシコにくるのかどうか、ライブ前からメキシコのファンからはtwitterやFacebookを通じて500件近くも問い合わせがあったという。また、会場のまわりでは海賊版CDやTシャツ・グッズが大量に販売されるなど、現地でのスカパラ人気の高さが伺えた。

そんななか、現地時間4月8日17:25頃(日本時間9日7:27頃)強い日差しが徐々に夕方に向かって行くころ、まだまだ熱い会場フォロ・ソルのメインステージにスカパラが登場するや否や、会場のお客さんも一気にステージに集まり、大声援で迎えられた。

1曲目からインスト楽曲にもかかわらず、お客さんもメロディーを大合唱し、大熱狂でライブはスタート。ライブの途中では谷中敦がスペイン語で「日本のために祈ってください!日本はとても大変な事になっています。みんなで応援しましょう!」とMCで会場に呼びかけ、メキシコから日本へエールを送った。

会場には日の丸を掲げるファンもおり、今回スカパラ初の南米でのライブを盛り上げてくれるとともに、東北太平洋沖地震への関心の高さ、応援の気持ちがメンバーにも届いた。

2002年日韓ワールドカップ時の非公式応援ソング「Down Beat Stomp」や世界でも放送され絶大な人気を誇るアニメ「ルパン3世」の「ルパン3世’78」のカバー、メキシコのファンからメールやtwitterで要望の多かった「SKA ME CRAZY」、ロシア民謡で世界中で「テトリスソング」として愛されている「ペドラーズ」など全10曲を披露。50分に渡る圧倒的なパフォーマンスと演奏を見せつけ、南米最大のフェスティバルVive Latioの当日いちばんの盛り上がりで現地の人々を熱狂させた。

【中南米最大のフェス「Vive Latino」の規模】
メキシコで毎年10万人以上の動員を誇る、中南米最大級のロックフェスティバル。毎年、ラテン系アーティストを中心に南米、アメリカ、スペイン等世界各国から多くのアーティストが参加する。また、標高2,300メートルと高地にある世界で最も標高の高い場所で行なわれるフェスである。2011年のVive Latinoのヘッドライナーはケミカルブラザースが務める。会場のFORO SOL(フォロ・ソル)は、メキシコの首都メキシコシティ東部にある屋外コンサート会場兼野球場。野球場として使用されるようになったのは2000年からのことで、2009年3月開催の第2回ワールド・ベースボール・クラシックでは、1次リーグ・プールBの会場として、地元メキシコ、前回大会準優勝のキューバ、オーストラリア、南アフリカの4チームがこの球場で試合を行った。海外アーティストがメキシコでライブを行う際ローリング・ストーンズ、デペッシュ・モード、U2、マドンナ、ブリトニー・スピアーズ、シャキーラ、コーン、マリリン・マンソンらが当会場でコンサートを開催したことがある。

 

オフィシャルサイト
http://tokyoska.net/index.html

細野晴臣が4月20日放送の「徹子の部屋」(テレビ朝日系)に出演する。細野が番組に登場するのは、イエロー・マジック・オーケストラとして活動していた1981年1月8日の放送以来、実に30年振り。番組では、タイタニック号に乗船していた唯一の日本人船客であり生還者である祖父・細野正文氏のエピソードなども披露される。

また現在、特設サイト「hosonoharuomi.com」にて、4月20日発売の38年振りの全曲ボーカル・アルバムとなる新作 『HoSoNoVa』の試聴が開始されている。

今後、細野晴臣はリリースを記念した「『HoSoNoVa』コンサートを5月1日に東京日比谷公会堂で行うほか、イベント「Springfields ‘11」の東京・名古屋・大阪・福岡の全4公演への参加が決定している。

公式サイト
http://hosonoharuomi.com/
 
【番組情報】
テレビ朝日系「徹子の部屋」
2011年4月20日13:20-13:55

【作品詳細】
細野晴臣 「HoSoNoVa」
4月20日(水)発売
VICL-63777 ¥3,150(税込)
01.ラモナ
02.スマイル

03.悲しみのラッキースター

04.ローズマリー、ティートゥリー

05.ただいま

06.ロンサム・ロードムービー
07.ウォーカーズ・ブルース

08.バナナ追分

09.レイジーボーン

10.デザート・ブルース

11.カモナ・ガール

12.ラヴ・ミー

【公演詳細】
細野晴臣「HoSoNoVa」コンサート
5月1日(日) 開場/開演:16:30/17:30
東京日比谷公会堂
出演:細野晴臣(Vo., G.)
     コシミハル(Key.), 高田漣(Pedal Steel, Mandolin),伊賀航(B.), 伊藤大地(Dr.)
ゲスト:鈴木茂(G.), 林立夫(Dr.), 佐藤博(Key.),
スペシャル・ゲストアクト: 矢野顕子
チケット料金:8,400円(全席指定/税込) SOLD OUT

「Springfields ‘11大阪場所」
大阪・大阪城音楽堂
5月28日(土) 開場/開演:13:30/14:30(終演予定19:00)
出演:SPECIAL OTHERS, 細野晴臣, 向井秀徳アコースティック&エレクトリック, LITTLE CREATURES
チケット料金:前売り¥5,800(自由席) 発売中
問い合わせ:清水音泉 06-6357-3666

「Springfields ‘11名古屋出張 -in The HOUSE-」Labels UNITED SHOWCASE
名古屋クラブクアトロ
5月30日(月) 開場/開演:18:30/19:00
出演:星野源, 細野晴臣, LITTLE CREATURES
チケット料金:前売り¥4,900(全自由・整理番号付・ドリンク代別) 発売中
問い合わせ:ジェイルハウス 052-936-6041

「Springfields ‘11九州場所 -in The HOUSE-」Labels UNITED SHOWCASE
会場:福岡・DRUM LOGOS
6月4日(土) 開場/開演:17:00/18:00
出演:星野源, 細野晴臣, LITTLE CREATURES
チケット料金:前売り¥4,900(オールスタンディング・整理番号付・ドリンク代別) 発売中
問い合わせ:BEA 092-712-4221

「Springfields ‘11東京場所」
東京・日比谷野外大音楽堂
2011年6月11日(土) 開場/開演:15:30/16:15(終演予定20:30)
出演:渋さ知らズオーケストラ, pupa, 細野晴臣, LITTLE CREATURES
チケット料金:前売り¥5,800(自由席) チケット一般発売日:4/30(土)
お問い合わせ:サンライズプロモーション東京 0570-00-3337

Springfields ‘11 Information
http://www.springfields.jp/

4月5日の開催が予定されていた「大滝詠一/A LONG VACATION 30th Edition」×「サウンド・クリエーターのための、最新版デジタル・オーディオの全知識」発売記念の、イベントが5月24日に開催される。

最新デジタル・オーディオによる「大滝詠一/A LONG VACATION 30th Edition」公開試聴会。歴代、各年代「A LONG VACATION」一挙聴き較べも行われる。

このイベントに参加するには、予約者優先でタワーレコード渋谷店にて、アルバム「大滝詠一/A LONG VACATION 30th Edition」と、書籍「柿崎景二/サウンド・クリエーターのための、最新版デジタル・オーディオ全知識」との2点を同時にご購入の方に先着で入場券を配布。商品1セットにつき1枚の入場券、商品は一度に2セットまでご購入できる。

【イベント】
「大滝詠一/A LONG VACATION 30th Edition」×「サウンド・クリエーターのための、最新版デジタル・オーディオの全知識」発売記念イベント!

日時:5月24日(火)19:00~
場所:タワーレコード渋谷店B1「STAGE ONE
出演:和田博巳(オーディオ評論家)、武田昭彦(ビート・サウンド編集長)、柿崎景二(パーシモンミュージック代表・エンジニア)、湯浅学(音楽評論家)
協力:ハーマン・インターナショナル
http://tower.jp/store/event/3781

 

【リリース情報】
 


【CD】
大滝詠一
『A LONG VACATION 30th Edition』
ソニーレコード
SRCL8000
¥2,625(tax in.)

【書籍】
サウンド・クリエイターのための、最新版デジタル・オーディオの全知識
柿崎 景二 (著)
白夜書房
¥2,940(tax in.)

3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震と津波による被災者の方々を支援するため、英EMI MusicとEMI Music PublishingのEMIファミリーのアーティストとソングライターが私物や記念の品を提供する世界規模のチャリティー・オークションを開催。

http://www.ebay.com/EMIfamily4Japan/

全収益は赤十字社の東日本大震災救援活動へ寄付される。

このチャリティー・オークションはeBay (http://www.ebay.com/)によって運営され、コールドプレイ、ノラ・ジョーンズ、ケイティ・ペリー、ゴリラズ、アイアン・メイデン、ジェーン・バーキン、ビーチ・ボーイズ、デヴィット・ゲッタ、レディ・アンテベラム、ケミカル・ブラザーズ、ケルティック・ウーマン、ダフト・パンク、グッド・シャーロット、ザ・ビートルズなど多くの世界的に著名なアーティストが出品している。

チャリティーの全収益は日本赤十字社を通じて今回の震災と津波で被災された方々への救援活動のために義援金として寄付され、緊急支援および被災された方々の復興支援などに充てられるという。また、EMIグループは、このオークションの全収益と同額(最大100万ユーロ、日本円にして約1億1000万円)を、を寄付することを決定している。

オークションの第1弾は4月5日から4月15日まで開催され、200点以上のmoney-can't-buy(お金では買えない)アイテムが出品されています。第2弾は、4月11日から21日を予定しています。

オークション第1弾として、コールドプレイのリード・シンガー、クリス・マーティンが2010年Viva La Vidaワールドツアーで着用したジャケット、ジェーン・バーキン所有のエルメスのハンドバック「バーキン」、アビー・ロード・スタジオの著名な 「Studio 3」のビンテージ・スピーカー1組、ビースティ・ボーイズのサイン入りMTV Japanのトロフィー・BAPEの人形、デペッシュ・モードのサイン入り限定リトグラフなどが出品されています。
第二弾では、ダフト・パンクの映画「Electroma」で使用された1987年型フェラーリ412、ケイティ・ペリーのCalifornia Dreamsワールドツアーで使用されたカップケーキ型のトランポリン、ザ・ビートルズの ‘Yellow Submarine Schwinn bicycle、ノラ・ジョーンズのサイン入りギター、ブライアン・ウィルソンの手書きの歌詞、タイニー・テンパーがPV「Frisky」で着用したピンクのブレザー、ゴリラズの限定版リトグラフなどが出品。

グラミー賞を複数部門受賞しているシンガーソングライター、ノラ・ジョーンズは、「私にとって日本はいつも訪れるのを楽しみにしている国であり、今回の震災で被害に遭われた方々に想いを寄せています。EMIファミリーとともに義援金活動に携わることができ、感謝の気持ちでいっぱいです」とコメントしている。

Brit Awardを受賞したタイニー・テンパーは、「日本の方々が受けた地震とその甚大な被害に大変ショックを受けました。私の想いは皆様とともにあります。私はEMIファミリーとともにこの義援金活動の一助となれることを光栄に思います」とコメント。

また、アーティスト以外にも、アビイ・ロード・スタジオからも、3つのアイテム、一般公開されていない場所をも含むスタジオ見学ツアー、「Abbey Road Studio 3」のQuested Q412 スピーカー、システム、アンプ、crossovers(1987年製)、クローズした「Olympic Studio」から1921年製Steinwayのグランドピアノと、それを演奏するBonoの写真のセットが出品。そして、これらのアイテムに加えて、チャリティー・オークションでは、US版ヒットコンピレーション「NOW」シリーズの全37作品、Jane's Addiction, Robbie Williams, John Lennon, David Bowie, Radiohead, Pink Floyd, The Bandなど多くのアーティストのサイン入りCD,BOXセット、ポスター等のアイテムも出品されている。

桑田佳祐や福山雅治、BEGIN、ポルノグラフィティ、Perfume、サザンオールスターズ等々のアミューズ事務所に所属するアーティストや俳優たちが、桑田佳祐を中心にプロジェクト「チーム・アミューズ!!」を結成。東日本大震災の被災地復興を願い、チャリティソング「Let's try again」を4月20日に配信限定でリリースする。

「チーム・アミューズ!!」には前述アーティストのほか、三浦春馬、上野樹里、岸谷五朗、三宅裕司といった俳優たちも参加している。

その曲「Let's try again」は桑田佳祐が書き下ろしたテーマ箇所を中心に、サザンオールスターズの「勝手にシンドバッド」や「希望の轍」、福山雅治の「桜坂」、ポルノグラフィティの「サウダ―ジ」、BEGINの「涙そうそう」、Perfumeの「ポリリズム」など、プロジェクト参加アーティストの代表曲がメドレーで展開されるもの。

「Let's try again」は主要サイトにて着うたおよび着うたフルで配信されるほか、moraでは楽曲とビデオクリップの配信が予定されている。収益金は、アミューズ募金を通じて日本赤十字社に寄付され、被災者救済や復興支援活動などの資金に充てられる。

桑田佳祐コメント

過日の東日本大震災によりお亡くなりになった方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被害を受けられた皆様とそのご家族に、心からお見舞いを申し上げます。また、現場に向かわれ、命がけで救援、支援活動をされている皆様もどうかご自愛ください。

この大震災に際し私なりに考えた結果、微力ではございますが、皆様の気持ちが明るくなっていただけるような音楽を作ることで、少しでも被災された方々のお役に立てればと思いました。そしてこの度、同じ思いをもつ、私の所属事務所でありますアミューズの仲間たちが数多く参加してくれたことで、とても力強い音楽を完成させることができました。被災地の皆様のもとに私どもの気持ちをお届けするとともに、厳しい状況の中ですが、音楽が少しでも気晴らしになり、皆様の元気のもとになればと思っております。寒く厳しい冬のあとには必ず暖かい春がやってくる、そう信じて、まだまだ困難な生活を強いられている皆様のご無事と一日も早い復興が実現することを心よりお祈り申し上げます。

「チーム・アミューズ!! 」参加メンバー

上野樹里 / 岡田義徳 / 小倉久寛 / 加藤貴子 / 岸谷五朗 / 桑田佳祐(サザンオールスターズ) / 小出恵介 / 小松彩夏 / 佐藤健 / サンプラザ中野くん / Skoop on somebody / 須藤理彩 / 関口和之(サザンオールスターズ) / 高橋優 / 寺脇康文 / 富田靖子 / 仲里依紗 / 野沢秀行(サザンオールスターズ) / 原由子(サザンオールスターズ) / パッパラー河合 / Perfume / BEGIN / 平岡祐太 / 福山雅治 / FLOW / ポルノグラフィティ / MIHIRO~マイロ~ / 松田弘(サザンオールスターズ) / 三浦春馬 / 三宅裕司 / 村川絵梨 / MONOBRIGHT / 森雪之丞 / ONE OK ROCK

 

特設サイト   
http://www.amuse.co.jp/teamamuse/

山崎まさよしが4月5日に『YAMAZAKI MASAYOSHI Concert at Suntory Hall』を行った。

東日本大震災、計画停電の影響を考え、公演を中止にするか協議されていたが、山崎まさよし本人、そして全スタッフの意思のもと、被災者支援のチャリティー公演として実施されることになった。

昨年デビュー15周年を迎えた山崎まさよしの記念プロジェクトとして、クラシックホールの名門・サントリーホールを舞台に、服部隆之氏率いるRush Stringsを迎えて行われた、スペシャルコンサート。

当日は、来場者の安全面や電力供給の状況を考慮し、舞台演出は使用電力を可能な限り削減、会場となったサントリーホールでは安全性が確保できる範囲で館内の節電を実施した上での開催となった。

そして、東日本大震災の復興支援としてロビーには山崎の発案によるギターケースの募金箱が置かれた。「そしてこのギターケースは私と一緒に旅を回ります。」そこに添えられたメッセージは、募金をしてもらうのは自分が歌う場所だ、という山崎本人の意思表示である。ギターケースは震災後も続けてきた全国ツアーの沖縄・四国公演から、山崎と共に旅をしてきた。

山崎は東日本大震災の影響により、昨年から開催されていた全国ツアー「ONE KNIGHT STAND TOUR 2010-2011」のファイナルとなるはずだった東北公演を現地の状況を考えやむなく中止にした。しかし復興の際にはいち早く東北公演を開催するべく、舞台セットはそのままの状態で保管されているという。

「今、自分にできる事。やっぱりそれは歌を届けること。」
「音楽もある意味救援物資です。俺の音楽が役に立つ日が来たら改めて東北を回りたいと思っています。それまで今できる事をやります。がんばりましょう。」
日本を元気にするために“歌うこと”を選んだ山崎。東北でライブを開催するその日まで、山崎は歌い続ける。

なお、コンサート会場での募金及び公演の収益の一部は、一般社団法人音楽制作者連盟を通じて義援金として被災地へ寄付される。

(※服部隆之氏の「隆」は正しくは旧字体。)

【公演概要】
『YAMAZAKI MASAYOSHI Concert at Suntory Hall』
日時:4月5日(火)・6日(水) 18:00開場 19:00開演
会場:サントリーホール 大ホール

公式サイト
http://www.office-augusta.com/yama/

 

 

 

渋谷にあるライブハウスeggmanの30周年を記念して配布されているmonthly shibuya eggman4・5月号表紙にて、現在「カノジョは嘘を愛しすぎてる」で大人気の漫画家・青木琴美と4月6日にファーストアルバム『guitarissimo』をリリースするmiwaのスペシャルなコラボ企画が決定した。青木氏がmiwaのイラストを描き下ろし、そのイラストが表紙に。そして、イラストの元となったmiwaの写真が裏表紙となっている。

miwaがデビューシングルの発売日だった2010年3月3日にスペシャルライブをeggmanで行った縁もあり、eggmanから表紙の話が持ち込まれた。通常できないようなスペシャルな表紙にしたいとのmiwaの希望で、大ファンでもあり、昨年8月にタワーレコード渋谷店にて行われた「カノジョは嘘を愛しすぎてる」夏フェスで対談を行った、青木氏に表紙のイラストを依頼したところ、二つ返事でこのコラボが実現したという。

monthly shibuya eggmanの配布場所は、全国主要・関東全タワーレコード店舗、各ライブハウス、スタジオ、服飾ブランドなど。期間は2011年4月8日~5月末日まで約2ヶ月。

青木琴美オフィシャルサイト 
http://www.aokikotomi.com/
渋谷エッグマンオフィシャルサイト
http://eggman.jp/

 

【リリース情報】
ファーストアルバム
『guitarissimo』
ソニー
03.30 ON SALE!



【初回限定盤】
SRCL-7597
¥3500(tax in.)

【通常盤】
SRCL-7599
¥3059(tax in.)

http://www.miwa-web.com/

地下潜伏期間の続いているDIR EN GREYから新たな情報が届いた。この8月にドイツで行なわれる巨大フェス、『Wacken Open Air(ヴァッケン・オープン・エアー/以下W.O.A.)』への出演が決定したのだ。この『W.O.A.』は、20年を超える歴史を持つ世界最大のヘヴィ・メタル・フェスで、開催国ドイツのみならず、世界各国の熱心なメタル・ファンが集結することでも知られている。8月4日から6日にかけて行なわれる本年度も、まだ開催まで約4ヵ月の猶予があるというのに、すでにチケットは完売に至っているという。

DIR EN GREYの『W.O.A.』登場は、今回が初ではない。彼らは2007年8月、同フェスへの初参戦を果たしており、メイン・ステージのひとつであるブラック・ステージに出演。CANNIBAL CORPSEやDESTRUCTION、IN FLAMESらと共に大観衆を熱狂させている。本年度に関しては、出演ステージ等についてはいまだ公表されていないものの、彼らの出演日がフェス最終日にあたる8月6日であることが判明している。今回もそうそうたる顔ぶれが名を連ねており、すでにOZZY OSBOURNE、JUDAS PRIEST、CHILDREN OF BODOM、MOTORHEAD、HELLOWEEN、TRIVIUM、DEVILDRIVERといったところの出演が確定。さらには昨年の夏、彼らと全米ツアーの日々を共にしたフィンランドの異端的バンド、APOCALYPTICAの出場も決定している。

DIR EN GREYは、この5月には国内全8公演のFC会員限定ツアーを実施。徐々に騒がしさを増してきたこのバンドの“次”のアクションを、心して待ちたいところである。

 

 

<文:増田勇一>

 

 

【ライブ情報】
『Wacken Open Air』
8/6(土) Wacken / Germany
http://www.wacken.com/

DIR EN GREY
「a knot」only TOUR2011 THE DECOMPOSITION OF THE MOON

5/14(土)  Zepp Osaka
5/15(日)  Zepp Osaka
5/18(水)  Zepp Tokyo
5/19(木)  Zepp Tokyo
5/22(日) 名古屋ダイアモンドホール
5/23(月) 名古屋ダイアモンドホール
5/25(水) 京都FANJ
5/26(木) 京都FANJ


DIR EN GREY オフィシャルサイト
http://www.direngrey.co.jp/

キノコホテルのニューアルバム『マリアンヌの恍惚』が4月6日に発売される。それに合わせ、タワーレコード新宿店でマリアンヌ東雲が着用していた過去の制服展&パネル展が開催(パネル展はタワーレコード札幌ピヴォ店でも同時開催)。「制服展」は、タワーレコードのあるFlagsビルの6Fから7Fへ上がるエスカレーター脇に展示される。

タワーレコード新宿店にて展示されるパネルは、タワーレコード新宿店・渋谷店で「マリアンヌの恍惚」を購入すると、希望のパネルを応募抽選でプレゼントされるという。 また、タワーレコード渋谷店では4月16日にキノコホテル初のインストアイベントを開催。入場整理券はタワーレコード渋谷店、新宿店にて「マリアンヌの恍惚」購入者に先着で配布される(予約者優先)。

すでに『マリアンヌの恍惚』収録の「非情なる夜明け」のビデオ・クリップが解禁となっており、ここで観られるのはオンエア用バージョン。実はこのビデオにはもうひとつ、「子供は見ちゃダメ編」と名づけられたディレクターズカット・ヴァージョンがあり、こちらはペキンパーやタランティーノばりのヴィザールなバイオレンス・アクション仕立て。キノコホテル・ワールドが炸裂する内容となっているという。CD盤にボーナスとしてのみ収録。
http://www.youtube.com/user/TOKUMAJAPAN?feature=mhum#p/f/1/86MQpbtawAE

・パネル展
タワーレコード札幌ピヴォ店
・制服展&パネル展
タワーレコード新宿店(6F-7F上りエスカレーター脇)
【期間】4/5(火)~ (2週間前後予定)
※開催期間は予告無く変更になる場合がございますのでご了承ください
・インストアイベント<アルバム発売記念~恍惚の夕べ>
4月16日(土)18:00~
@タワーレコード渋谷店B1「STAGE ONE
http://tower.jp/store/event/3682
※詳細につきましては各店舗にお問い合わせください。

 

【リリース情報】

悶絶の大傑作フルアルバム
『タイトル』
徳間ジャパンコミュニケーションズ
TKCA73633
¥2800(tax in.)
04.06 ON SALE!

 

公式HP
http://www.kinocohotel.com/

東日本大震災の影響により公演が延期となっていたMERRYの“MERRY 10th Anniversary 【freak show】”、ならびに“裏【freak show】”の振替公演が決定した。
メンバーからコメントも到着している。

 

 

【freak show】ツアー再開にあたり、メンバー、スタッフとたくさん話し合いました。
今、MERRYとして何が出来るか?正直、正解も不正解もない話し合いの中、最後はメンバー5人でツアー再開を決めました。

まだ、普段通りとは決して言えない生活や不安な日々が続く中、
みんなが今できることをやっている。MERRYもMERRYなりに出来ることをやろうと思います。

何が出来て何が出来ないとかじゃなく、何をすべきか。

一人でも多くの人に、1曲でも多く、1秒でも長くステージからその想いを届けたいと思います。

ガラ 結生 健一 テツ ネロ



このツアーでは新曲「ハーメルン」が、会場限定CDとして発売される。会場ごとに色が異なるというMERRYらしいこだわりの仕様になっており、CDは6月4日(土)新宿BLAZE公演より発売となる。


【ライブ情報】
MERRY 10th Anniversary 裏【freak show】CORE PREMIUM GIGS
3/19(土) → 6/4(土) 新宿BLAZE (CORE限定) 18:15/19:00

MERRY 10th Anniversary 【freak show】
3/26(土) → 6/9(木) 柏Thumb Up 18:30/19:00
3/29(火) → 6/10(金) HEAVEN'S ROCK熊谷 18:30/19:00
3/31(木) → 6/14(火) 名古屋OZON 18:15/19:00
4/1(金) → 6/16(木) 岡山IMAGE 18:30/19:00
4/3(日) → 6/17(金) 大阪umeda AKASO 18:15/19:00※
4/8(金) → 6/19(日) 赤坂BLITZ 17:15/18:00※
※大阪・赤坂公演に関しては、
日程・曜日の変更に伴い、開場・開演時間の変更あり。

3月24日(木)仙台HooK公演は、引き続き調整中です。
その他、チケットに関する注意事項、詳細はMERRYオフィシャルサイトにてご確認ください。
http://merryweb.jp/

 

5月11日にリリースされる、のあのわのニューシングル「Have a Good Day!」のジャケットに蒼井優が登場する。

同曲は資生堂アネッサ2011CMソングに決まっており、4月下旬から放送されるTVCMには昨年に引き続き蒼井優が出演。ボーカルYukkoは、「蒼井優さんのような爽やかさが宿るように」と作詞にあたって心がけたという。爽快感抜群のメロディに乗せて女性の“夏”を応援するポジティブな詞世界が描かれており、聴き手を勇気づける楽曲となっている。そんな楽曲に相応しい、爽やかでエネルギッシュなジャケットが完成した。

同時に、カップリング曲として新曲「いいよ」の収録が決定。この曲は先の見えぬ恋に心揺れ動く女性の気持ちを綴ったラブソングで、Yukkoがボーカルとチェロだけでなく、ギター、ピアノ、オルガン、ベース、ドラムの全楽器を一人で演奏。M-1「Have a Good Day !」に続き、女性ならではの繊細さと大胆さで、揺れる恋心を表現した名曲となっている。

資生堂アネッサ オフィシャルHP
http://www.shiseido.co.jp/anessa/

のあのわ ライブ情報
ワンマンライブ『のあのわpresents"のあのわ×のあのわ"』
5/13(金)  18:45 OPEN / 19:30 START
渋谷DUO Music Exchange
問)ホットスタッフプロモーションまで
☎03-5720-9999 (平日15:00~18:00)
http://www.red-hot.ne.jp/

 

 

【リリース情報】

資生堂アネッサ2011CMソング
『Have a Good Day!』
ビクター
VICL-36637
¥500(tax in.)
05.11 ON SALE!



オフィシャルHP
http://www.noanowa.jp/
http://www.jvcmusic.co.jp/speedstar/-/Artist/A021451.html

元オアシスのリアム・ギャラガー率いる新バンド「ビーディ・アイ」が“古くからの友人である日本のために”と発起人となって実現した、錚々たるUKアーティストによる日本支援チャリティ・イベント「ジャパン・ディザスター・ベネフィット」が現地イギリス時間4月3日にブリクストン・アカデミーにて開催された。

ライブ当日、ビーディ・アイはライヴの冒頭とラストでステージ後方のスクリーンに日の丸を掲げながらパフォーマンス、計11曲を披露した。イベント最後となるビーディ・アイのラスト・ナンバーに選ばれたのは、彼らとしては初披露となるビートルズのカヴァー曲「アクロス・ザ・ユニバース」。オリジナルではジョン・レノンがヴォーカルをとるこの楽曲は「なにも自分の世界を変えることはできない」というメロディーが印象的なもので、まさにビーディ・アイから日本へ向けられた応援ソングといえるだろう。

チケットは3月25日朝9:00に売りだされ、約5,000枚のチケットは即日ソールドアウト。出演したアーティストだけでなく、クルーまでもが無料奉仕したというこのチャリティ・イベントの収益金(約16万ポンド、約2200万円)はイギリス赤十字社を通じて、被災地で被害者の対応にあたっている日本赤十字社に寄付される。

オアシス時代からツアーで何度も日本を訪れているビーディ・アイは、「古くからの友人である日本のために何かしたかった」と、地震発生からわずか10日後の3月22日にこのチャリティー・イベントを発表、さらに12日後にはイベント実施と、まさに異例のスピードで開催にまで至った。

ビーディ・アイの趣旨に賛同し、このイベントに参加した他アーティストは、ポール・ウェラー、プライマル・スクリーム、リチャード・アシュクロフト(ザ・ヴァーヴのシンガー)、グレアム・コクソン(ブラ―のギタリスト)、ケリー・ジョーンズ(ステレオフォニックスのシンガー)、ザ・コーラル。

「日本で地震が起きた頃、俺たちはちょうどヨーロッパ・ツアー中だった。確かパリだったかな?ずっとTVを見てたよ。すぐに何かしないといけないと思ってポール・ウェラーに電話したら、大至急OKしてくれた。その後ポールも多くの友人に電話して、あっという間にみんなが賛同してくれて、気づいたらこんなに集まってくれた」(リアム・ギャラガー)。「出演者はもちろん、ライヴ会場、会場で働いている人も全て無償で協力してくれたんだ」アンディ・ベル。

その他、当日の詳細なイベント・レポートは以下のとおり。
**********************************

4月3日、東北地方太平洋沖地震の被災者を支援するため、リアム・ギャラガー(ビーディ・アイ)の呼びかけによりUKロック界の大御所が集結したチャリティー・コンサート『JAPAN DISASTER BENEFIT』 コンサートが、ロンドンのブリクストン・アカデミーで開かれた。

購入に枚数制限があったにもかかわらず約5,000枚のチケットが瞬く間にソールドアウトしたこのスペシャル・ギグは、ロック・ファンのみならずミュージシャンからも厚い信頼を獲得しているザ・コーラルのパフォーマンスでスタート。「Good Bye」「Dreaming Of You」といったヒット曲のほか、ビートルズのカヴァー「Ticket To Ride」など7曲をプレイした。期待を裏切らない、彼ららしい実直でストレートなプレイでオーディエンスの心を掴み、この特別な夜の幕を切って落とした。

続いて、「日本の映像を見てショックを受けていたときにポール・ウェラーから電話をもらい、すぐに出演を了承した」というグレアム・コクソンが、ステージに上がった。オープニングで新曲「Advice」を披露。自身を含め2ギター体制のフル・バンドで、「Don’t Let Ya Man Know」「Standing On My Own Again」「I Can’t Look At Your Skin」など6枚目のソロ・アルバム『Love Travels At Illegal Speeds』(2006年)のトラックを中心に8曲をプレイ。バック・ヴォーカルの女性2人もギターを手にし、ギタリストが総計4人になる場面も見られた。何層にもうねる、ダークで複雑なパフォーマンスを展開した後、グレアムは、シャイな彼らしく最後にぽつりと「日本のために」との言葉を残しステージを後にした。

そして早くも3番手にUKロック界の親分的存在ポール・ウェラーが登場し、会場を揺るがせた。「30年間、日本のファンから多くのサポートをもらってきた。今度は俺たちがそれを返す番だ」との嬉しい言葉を発してくれたウェラーは、「Whirlpools End」「Start!」「Eton Rifles」など13曲を熱演。オーディエンスを大合唱させた。また、ラストでは、ステレオフォニックスのケリー・ジョーンズがジョインし、ビートルズの「Come Together」を一緒にプレイした。

続いては、そのケリー・ジョーンズがアコースティック・パフォーマンスを披露。3曲と短いセットながら、「Local Boy In The Photograph」「Maybe Tomorrow」「Dakota」といったヒット曲の連打により会場は大合唱。ギター1本で5,000人を制覇した見事なパフォーマンスだった。

そして、プライマル・スクリームの登場に、会場はいままでの盛り上がりとはまたべつの、激しいグルーヴの嵐にヒットされた。不在のマニの代わりに元セックス・ピストルズのグレン・マトロックをベースに、「Accelerator」「Movin On Up」「I wish You Would」「Loaded」「Country Girl」「Rocks」というグレイテスト・ヒッツ的なセットリストで、オーディエンスを総立ちにさせた。フロントマンのボビー・ギレスピーは、「このコンサートでプレイできて光栄に思っている。被害に遭った人たちを助けることができたら嬉しい」と話した。

続いて、リチャード・アシュクロフトがアコースティック・パフォーマンスを展開。ザ・ヴァーヴの「Sonnet」「Lucky Man」でまたもやオーディエンスを大合唱させた後、「このイベントに参加してくれてありがとう。日本の友人、日本のみんなにはいまそれが必要なんだ」と述べ、ラストに新曲を披露した。

そしていよいよ、この素晴らしいコンサートを開催してくれたビーディ・アイの出番となった。リアムはコンサート前、「日本からの悲惨な映像を見てショックを受けた。それで何かできないかとみんなに連絡を取ったんだ。ポール・ウェラーはすぐに返事をくれた。プライマルもそうだ。それからさらに広がり、とんとん拍子で話が進んだ」と同公演が実現した経緯を説明している。

「日本にはたくさんいい思い出がある」「日本の人は俺たちにいつもよくしてくれた」と日本や日本人に対し深い想いを持つメンバーは、スクリーンに大きく映し出された日の丸をバックに登場。オーディエンスは総立ちの大喝采で彼らを迎えた。すでに熱くなっている会場の温度がさらに上がったような熱狂ぶりだった。

バンドは、デビュー・アルバム『DIFFERENT GEAR STILL SPEADING』のオープニング・トラックでもある「Four Letter Word」でパフォーマンスをスタート。その後、「Beatles And Stones」「Millionaire」など次々と熱いロックンロール・ナンバーをプレイ。彼らの実力と底力を実感させる、エネルギッシュでスピーディー、激しく骨太のパフォーマンスを見せてくれた。なかでも「The Roller」は、この夜のクライマックスの1つとなった。

そして、ショウの半ばで「日本のために」と「Kill For A Dream」を捧げてくれたほか、終盤の「Sons Of The Stage」「Across The Universe」は再び、日本の国旗をバックに熱演。「信じて頑張ってくれ」というメンバーの想いが込められた、スペシャルなパフォーマンスだった。

リアムはショウの最後、ステージからピッチに下りファンと接触。オーディエンスだけでなく、この夜の彼の興奮が伝わる一瞬でもあった。

総勢7組のアーティストが出演し、そのパフォーマンスは5時間にもおよんだ。出演したアーティストだけでなく、クルーまでもが無料奉仕したというこのコンサートの収益金(約16万ポンド)は、日本赤十字社に寄付される。また、アーティストだけでなく観客の対応も温かく、日本人だとわかると「大丈夫?」「日本が立ち直ることを信じている」などと声をかけてくれる人も少なくなく、温かく強く励まされる一夜だった。(by Ako Suzuki)

【ビーディ・アイ: セット・リスト】
1.Four Letter Word
2.Beatles And Stones
3.Millionaire
4.The Roller
5.Bring The Light
6.Standing On The Edge Of The Noise
7.Kill For A Dream
8.Man Of Misery
9.The Morning Son
10.Sons Of The Stage (ワールド・オブ・ツイストのカヴァー曲)
11.Across The Universe(ビートルズのカヴァー曲)

 

 

日本オフィシャル・サイト
http://www.sonymusic.co.jp/beadyeye

3月の東日本大震災の発生を受け、レディオヘッドのオフィシャルサイトにトム・ヨークがメッセージを掲載された。以下のメッセージは、4月3日にバンドの公式サイト内のブログに掲載された原文及び日本語訳。
http://www.radiohead.com/deadairspace/


---------------------
日本について

ここしばらく、ファンのみんなに向けて何か書かなければと思っていたんです。僕は日本のことがとても好きだし、あの地震と津波以来、日本で起きていることを知り、辛い気持ちで一杯です。

東京の友人から、東京でも大幅な電力削減が行われたり、街自体は機能してはいるものの、様々な見直しが行われている、と聞きました。光とエネルギー溢れる東京の姿は、今はもう違ったものになっている、と。原発の放射能問題も心配だけれど、そもそもあれだけハイペースでエネルギッシュな場所が、こんな風に打ちのめされた、ということ自体に僕は衝撃を受けています。

自然災害によってもたらされたこれほどの惨状と、多くの犠牲者を目にして、日本のみんながどんな気持ちでいるのか、僕には想像することさえ難しい。僕は、これから日本がどのように国を再建してゆくのだろうか、と考えています。その為に、どれだけの努力と覚悟が必要とされるのだろうか、と。

聞くところによれば、被災地以外の場所では、ほぼいつも通りの生活が戻ってきたものの、失われたものを取り戻すまでの道のりは、大変なものになるという話です。今までに僕らが出会った日本のみんなが、落ち着いて過ごしていることを願っているし、日本がこの危機を乗り越えてゆくその姿が、僕らみんなにとってインスピレーションとなるだろうと信じています。


Japan

for a while I have felt the need to write something for our fans, I am very fond of japan and feel awful seeing what has happened since the earthquake and tsunami...

my friends in Tokyo tell me there are now big powercuts and though the city is still functioning there is a lot of re-evaluating going on.
Tokyo the temple to light and power is something different now.
that such a fast paced hyperkinetic place can be brought to it's knees is shocking even before the worries over radiation from the reactors.
it is hard to imagine how it must feel
to have witnessed such devastation by mother nature and so many dead ..
and. I think a lot about the rest of japan and how it will rebuild itself. how much of a struggle and a leap of faith the Japanese will have to make.

I'm told that in the rest of japan life is carrying on almost normally but rebuilding what has been lost is going to be a massive job.
I hope that the Japanese people we have met over the years are not freaking out, and I like to think the way japan comes out of this will be an inspiration to us all.

Thom

オフィシャルサイト
http://www.radiohead.com/deadairspace/
オフィシャルツイッター
http://twitter.com/radiohead

「2000年代のロックシーン最大の事件」とも言われ、歴史的名盤『イズ・ディス・イット』から続く計3作によって2000年代に「新たな基準」と「時代」をつくったザ・ストロークスが、5年ぶりにシーンへ本格復帰を果たす。

第2章の幕開けを飾る新作『アングルズ』の発売とともにライブ活動も再開し、4月1日(金)に地元NYマジソン・スクエア・ガーデンにおいて、新作同様5年振りながら過去最大規模での単独公演を行った。

全20曲約1時間20分、過去3作からの代表曲すべてに新たなアレンジを加え、そこにさらなる進化を遂げた新作『アングルズ』収録曲が紛れもなくザ・ストロークスによるものであることを実証するかのごとく溶け込んでさらなる幅とアクセントを放つ新たな構成に5人全員の今最大の情熱を注ぎ込んだリアルタイムのザ・ストロークスとその本格復帰に、貴重なチケットをゲットした2万人のファンが歓喜、熱狂を繰り返した。

この日はオープニング・アクトであったデヴェンドラ・バンハートに続き、なんとエルヴィス・コステロが突然登場して3曲を披露。ザ・ストロークス本編でも、ジュリアンが「エルヴィス・コステロを意識してつくった」という新作『アングルズ』収録曲「テイクン・フォー・ア・フール」で再登場してステージ上での競演も実現。エルヴィス・コステロもザ・ストロークスのシーン本格復帰を祝い、ファンにとってもエイプリル・フールに最高のサプライズとなった。

新作『アングルズ』はアメリカ、イギリス、オーストラリアなど各国でトップ5ヒットを記録し、今週6日(水)に日本でも発売を迎える。マジソン・スクエア・ガーデンでのセットリストは以下の通り。ヘッドライナーとしての参戦が決定しているサマーソニックではいかなるサプライズを魅せてくれるのか。早くも夏が待ち遠しい限りだ。

~セットリスト~
* (  )内は収録アルバム
1.イズ・ディス・イット (『イズ・ディス・イット』)
2.レプティリア (『ルーム・オン・ファイア)
3.アンダー・カヴァー・オブ・ダークネス (『アングルズ』)
4.ハード・トゥ・エクスプレイン (『イズ・ディス・イット』)
5.ラスト・ナイト (『イズ・ディス・イット)
6.ライフ・イズ・シンプル・イン・ザ・ムーンライト (『アングルズ』)
7.ジュース・ボックス (『ファースト・インプレッションズ・オブ・アース』)
8.サムディ (『イズ・ディス・イット』)
9.ユーアー・ソー・ライト (『アングルズ』)
10.アンダー・コントロール (『ルーム・オン・ファイア』)
11.ユー・オンリー・リヴ・ワンスY (『ファースト・インプレッションズ・オブ・アース』)
12.ニューヨーク・シティ・コップス (『イズ・ディス・イット』)
13.ゲームズ (『アングルズ』)
14.ホワット・エヴァー・ハプンド? (『ルーム・オン・ファイア』)
15.テイクン・フォー・ア・フール (『アングルズ』)
[アンコール]
16.コール・ミー・バック (『アングルズ』)
17.ザ・モダン・エイジ (『イズ・ディス・イット』)
18.グレイティスファクション (『アングルズ』)
19.アイ・キャント・ウィン (『ルーム・オン・ファイア』)
20.テイク・イット・オア・リーヴ・イット(『イズ・ディス・イット』)

 

 

【リリース情報】

約 5年振り全世界待望の新作
『アングルズ』
ソニー
04.06 ON SALE!
SICP-3046
スペシャル・プライス¥2310(tax in.)



オフィシャル・サイト www.sonymusic.co.jp/thestrokes
オフィシャル・ツイッター
www.twitter.com/INTSonymusicJP/#strokesJP

WEAVERが4月1日(月)NHK大阪ホール、4日(日)渋谷C.C.Lemonホールにて初のホールワンマンライブFirst HALL Live 2011「Spring Field Forever~『あ』『い』のあふれる場所~」を開催した。

今回の公演は、WEAVER自身何度も話し合いを重ねた結果の開催だったという。WEAVERのメンバー自身も16年前に神戸に住んでおり阪神淡路大震災を経験。その時、彼ら自身もたくさんの方々から様々なかたちで力や希望を貰い、その中のひとつが「音楽」だったという。本公演の中で杉本(Vo.)は「今度は僕達が「音楽」を通して希望を届けることができればと思っています。」と力強く語った。

そんな思いのなか開催した今回のライブは、春色のピンク色のスーツ姿で登場。アンコールを含む全18曲を披露しオーディエンスを熱狂の渦に巻き込んだ。「トキドキセカイ」で幕を開けたライブは、「僕らの永遠~何度生まれ変わっても、手を繋ぎたいだけの愛だから~」「Hard to say I love you 〜言い出せなくて〜」などヒット曲を連発。

また、現在東京三菱UFJ銀行のフレッシャーズキャンペーンテーマソングとなっている新曲「春色グラフィティー」をライブで初披露。MCでは奥野(Ba.)はこの楽曲に対して「新生活を応援する曲になっています。新しいものにどんどん出会って欲しい!」と言い、この時期にピッタリな歌詞とメロディで会場を盛り上げた。「キミノトモダチ」(第89回全国高校サッカー選手権大会応援歌)、「『あ』『い』をあつめて」を立て続けに披露し、場内の熱気はピークに達した。尚、この2曲は配信のみの楽曲だったが、CD化の要望を多数受け、現在、レンタル限定シングルとしてリリースされているので、是非チェックしよう。

そして、アンコールでは、WEAVERがこの震災後に書き下ろした新曲も初披露。その力強い歌詞とメロディに会場では泣き出す観客が続出した。

会場には、今回の東日本大震災への義援金箱が設けられており、公演の最後には杉本(Vo.)が、「“音楽”以外に僕達ができることとして、みんなの力をかりて被災地の方々に義援金を届ければと思っています。是非、みなさんご協力お願いします。」と呼びかけた。尚、この義援金は全額、「アミューズ募金」を通じて日本赤十字社へ寄付されることが既に発表されている。

渋谷C.C.Lemonホールでのライブの模様は、来月5月20日(金)18:30~からWOWOWにて放送される。

公式サイト

http://www.weavermusic.jp/
MySpace
http://www.myspace.com/weaverjapan
スタッフTwitter
https://twitter.com/WEAVER_STAFF

今年の夏、7月29日(金)から7月31日(日)にかけて、新潟・苗場スキー場にて開催される〈FUJI ROCK FESTIVAL '11〉の出演アーティスト第3弾が発表された。

がんばろうニッポン! 日本を勇気づけるロックな国内アーティストが続々決定した。 これまで発表された出演者の中で、国内アーティストはYELLOW MAGIC ORCHESTRA のみだったが、今回追加されたラインナップでは、日本人アーティストがとフィーチャー。激しいロックやパンク・サウンドを聴かせる、即戦力型・ライブバンドが並んだ。

ザ・バースデイ、イースタンユース、モーサム・トーンベンダーと言ったフジロックにはお馴染みの顔ぶれのほか、活動休止中のELLEGARDENの細美武士のプロジェクト、ザ・ハイエイタス、ZAZEN BOYS の向井秀徳がLEO 今井とタッグを組んだ新ユニット、キモノズが初参戦。

海外勢では、アメリカで絶大な人気を誇るジャムロック界のワイドスプレッド・パニック。イギリスからは最強インスト・ファンクバンド、ザ・ニュー・マスターサウンズが3年ぶりに苗場に帰ってくる。ダンス勢は、ジュラシック5のメンバーにして、孤高のターンテーブリスト、DJヌマーク、ドイツ・ハンブルグからはディスコ/ハウス界の新世代プロデューサー、テンスネイクが参加。期待が膨らむ12組が新たに決定した。 これで4月1日現在、50組のアーティストの参加が決定したことになる。


新規で決まったアーティスト……AMADOU&MARIAM / The Birthday / BRITISH SEA POWER/ eastern youth / the HIATUS / KIMONOS / MO’SOME TONEBENDER / THE NEW MASTERSOUNDS / DJ NU-MARK (JURASSIC 5) / 10-FEET / TENSNAKE / WIDESPREAD PANIC

 

公式サイト

http://www.fujirockfestival.com/

 

また、SMASHでは、この度の東北地方太平洋沖地震の被災者へ寄せられた多数のアーティストからのメッセージを掲載するウェブサイトを立ち上げた。

Benefit For Nippon

今回の地震、津波等の震災で亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。
ご遺族の皆様、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
また現地でヴォランティア活動に参加されている皆様、

現地復興に向けて日夜励んでおられる皆様に感謝いたします。

このウエッブサイトは海外、国内の音楽アーティストから
日本の皆さんに寄せられた励ましのメッセージや支援活動を

掲載するサイトです。
タイトルは上記にある Benefit For Nippon 。
このプロジェクトは基金活動、チャリティコンサート等を
ヴォランティア活動を通じて行います。
4月3日ロンドンで行われるチャリティコンサート

"Japan Disaster Benefit"とも連携しています。

今後の活動はこのウエッブサイトでお知らせします。
そして皆さんの暖かい励ましのメッセージを待っています。

SMASH 日高正博

Benefit For Nippon
http://smash-jpn.com/nippon

ピンク・レディーの「解散やめ!」宣言から再始動後、初めてのイベント「初陣式」が昨日3月31日赤坂BLITZで開催された。

「日本中が悲しみと不安に覆われている今、立ち止まることなく積極的に行動しようと考えました。私たちにできることは、ピンク・レディーとしてステージに立ち、このライブで皆さん一人ひとりが心の底から元気になって、その元気の輪が日本中に広がることを願って」開催に踏み切ったという。

「初陣式」は東日本大震災チャリティーイベントを兼ねる形で行われ、ヒット曲「ペッパー警部」「UFO」ほか全11曲をおなじみの振り付けで歌いきったほかチャリティーコーナーを設け、被災者の方々へのコメントとサインを入れた非売品のスタッフTシャツやステージ衣装をオークションにかけて義援金を募った。また、終演後には自ら出口に立ち、ファンらに募金を呼びかけ長蛇の列となった。このLIVEの収益やグッズの売上は、会場で集められた義援金とともに被災地に届けられる。

舞台演出では、LED光源の照明機材を多用することにより、通常のライブ電力の約1/10に抑えるほか、会場ロビーの照明も抑えた節電仕様で実施された。

イベントは震災の影響で来場できないファンに向けUstreemで生配信されたが、被災地に向けて、客席をバックに会場全員が手を繋ぎ「私たちも応援しまーす」とメッセージを送った。
 
ピンク・レディーは5月よりコンサートツアー『ピンク・レディー ConcertTour2011"INNOVATION"』を実施予定。

ピンク・レディー公式サイト
http://pinklady2011.com
未唯mieオフィシャルサイト 
http://www.web-mie.com/
増田惠子オフィシャルサイト 
http://www.kei-office.net/