2011年5月アーカイブ

5月28日より初の全国ワンマンツアーをスタートさせた高橋優が6月29日に新シングル「誰がために鐘は鳴る」をリリース。そのミュージックビデオがこの度完成し、5月30日17時半から渋谷駅前交差点の三面ビジョンで先行シンクロ放送された。

今回のPV解禁が渋谷のビジョンになったかとのは、撮影が行われたのが渋谷駅前のスクランブル交差点で、早朝4時から夜の20時まで、約16時間に及び高橋優が交差点を歩きながらひたすら歌うという作品になったから。

 

近隣ビルの15階や屋上などカメラ6台で撮影され、縦横無尽に歩く人ごみを掻き分け歌う高橋優がどこで歌っているのか?を探す、まさにウォーリーを探せPVとなっている。監督はプロデューサーである箭内道彦、撮影はデビッドボウイなどを撮りおろしてきたロック界の巨匠鋤田正義。

このPVは明日5月31日よりスペースシャワーTVで1週間先行でオンエアがスタート、また着うた(R)配信も同日より各サイトでスタート、さらにこの「誰がために鐘は鳴る」が主題歌となっているNHKドラマ『下流の宴』も同日22時より始まる。

またすでに全会場ソールドアウトとなっている高橋優初の全国ライブツアー~唄う門にも福来る2011の追加公演が7月7日東京恵比寿リキッドルームに決定、6月4日に一般発売される。

 

 

【リリース情報】

初のトリプルタイアップとなる4thシングル
『誰がために鐘は鳴る』
ワーナーミュージック
06.29 ON SALE!
WPCL-10979
¥1,200(tax in.)


公式ホームページ http://www.takahashiyu.com/

ワーナーミュージックの洋楽名盤シリーズ「フォーエバー・ヤング・シリーズ」と日経BP社の人気の季刊雑誌「大人のロック!」が完全なコラボレーションした「名盤ガイド(Forever YOUNG編)」が来月6月からスタートするフォーエバー・ヤング・シリーズ2011年度のキャンペーンにあわせて刊行される。

この書籍は「フォーエバー・ヤング・シリーズ」全555タイトルを完全網羅した内容でさらに、アーティストの名鑑やロックの歴史を掲載した“保存版”ガイドとなっている。また、紹介されている洋楽名盤フォーエバー・ヤング・シリーズは、継続した安定製造により、現在でも全ての作品が入手可能なため、書籍を見て気になった作品が必ず手に入るというファンには嬉しい『名盤ガイド』となる。

レコード会社が発売しているCDのシリーズと完全にタイアップした書籍の大規模な発売は、過去にもほとんど例がなく、音楽業界と出版業界が、業界を越えて手を組んだコラボレーションとなっている。

今回のコラボレーションには、特に日本の経済を支えている(働きざかりの)世代に多いといわれる洋楽ファン、音楽ファンに、「あのころ夢中で聴いた名盤」をもう一度、この機会に手にとって頂き、未来への活力に繋がるひとつのきっかけになれば、という願いも込められているという。

なお、書籍は、電子書籍としても発売される上、無料で読める20ページのLite版も発行となる。

【フォーエバー・ヤング・シリーズ】
フォーエバー・ヤング・シリーズは、2005年より、ワーナーミュージック・ジャパンが、取り組みを始めた洋楽名盤カタログ作品を低価格で安定供給を続けるシリーズで、レッド・ツェッペリン、ディープ・パープル、イーグルス、エリック・クラプトンなど人気のロック人気作品から貴重な洋楽名盤までを豊富に揃えた充実のラインナップ。7月発売分で555タイトルという、業界でも類を見ない膨大な名盤作品群となっている。価格はCD1,800円/2CD2,800円(一部作品はCD2,000円/2枚組3,000円)というお手ごろ価格だが、さらに6月1日より7月31日までの期間限定で、PC・携帯で応募可能な「CD1枚買ってもう1枚当たる!更に3回以上応募すると、もれなくもらえる!!」オトクなキャンペーンを予定。
http://ent.nikkeibp.co.jp/ent/rock/

【大人のロック!名盤ガイド】
2004年に発売がスタートした60年代~80年代を中心にした洋楽ロック・ファンに向けた、季刊の音楽雑誌でレッド・ツェッペリンやイーグルスなど毎回人気のアーティストをフィーチャーしている「大人のロック!」(日経BP社)が初めて発売する名盤ガイド。フルカラー180ページでロック黄金期に活躍したクローズ・アップしたアーティストの名鑑とフォーエバー・ヤング・シリーズの名盤555タイトルを完全解説した内容となっている定価:980円。また、日経BPストアでは、話題の電子書籍も5月31日に発売となり(価格:900円)、あわせて無料で読めるダイジェスト「名盤ガイドLite版」も用意されている。
http://wmg.jp/foreveryoung/

世界的ファッション誌やスーパー・モデル、セレブリティ、アーティストを起用した広告、CDジャケットの撮影で知られるシンガポール生まれの世界的フォトグラファー、レスリー・キー。

その彼が活動の拠点とする“第二の祖国、大好きな日本”に“愛と希望”のメッセージを届けたいという強い衝動から、超豪華チャリティ写真集の刊行を企画。発売を記念して、この写真展が5月27日(金)~5月31日(火)まで表参道ヒルズ地下3Fスペースオーで開催(入場無料)されている。

 

初日の5月27日(金)に オープニング レセプション ではモデル、ファッション関係者、セレブリティなど総勢1,200名が駆けつけた。

レスリー自身から「来てくれた皆さんに感謝します。この写真集は震災を忘れないように作った。日本がグレイになっているのを自分が色、カラーをつけられたらいいな、と思った。僕はシンガポール人だけど、日本が大好きでここで頑張っていこうと思っている。今、日本はリセットの時期のように映る。日本が昔大切にしてきたものを思い出したいし、」思いかえしたいとも思う」とコメント。

この写真集の制作を全面的にバックアップした、ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク社長ステファン・ラフェイ氏からは、この壮大な企画実現に至る世界200人美女の賛同までの経緯や、「建て直すというのは長期的な事。この作品があることによって、世界中のみなさんの胸に刻まれ、ずっと心から日本の
復興を願いたい」と、メッセージが贈られた。

そしてイベントの後半は杏里がサプライズ・ゲストで登場、自身のバンドを従え「Move Me」「Field of Lights」 「悲しみがとまらない」 「CAT’S EYE」 「オリビアを聴きながら」など5曲を披露、会場は一体感に包まれた。

二人の接点は、レスリーが祖国シンガポールで日本のヒット・ポップスの代表として、少年時代から口ずさむほど杏里ソングに慣れ親しみ大好きだったという点、杏里自身も本拠地LAにて数年前から“クールな写真家”とレスリーに注目、2008年以降自身のCDジャケット撮影はレスリーを起用、今夏7月6日に発売されるアルバム『Heart to Heart ~with you~』のジャケットも東京でレスリーが撮り終えたばかりで、彼のチャリティのアイデイアに深く共感した杏里自身が急遽参加となった。

「レスリーのまっすぐな熱意に打たれました。ワールドワイドな行動力に脱帽。NY,東京など異国で生活や仕事をしていくのは、まさに人とのコミュニケーションがすべて。誠意に打たれたり、チャレンジ精神や勇気を持ってコミュニケーションを重ねながら、ひとつひとつ良い関係を築いて根を広げていく。その苦労や素晴らしさは、私もLAで生活しているので、共感するのかもしれません。どの国にいようと人が人を元気にするのは愛と希望。私が協力できるベストな形はいつものスタイルで歌う事。レスリー、今回賛同した全ての女性、実現に関りバックアップした全ての人を讃えます。そして世界の200人のひとりに選ばれて光栄です。」と杏里。

この写真集「TIFFANY supports “LOVE & HOPE” by Leslie Kee F」はレスリーの熱い想いに賛同した「世界32カ国200人におよぶ女性セレブリティのポートレイト」を1冊に集大成したもの。NY在住時代から過去7年にわたりレスリーが撮りおろした彼の作品集で、その被写体は超豪華な世界的セレブ達がラインナップ。

 

レディ・ガガ、ビヨンセ、ジェニファー・ロペス、ヒラリー・ダフ、ナオミ・キャンベル、シンディ・クロフォード、デボン青木、パリス・ヒルトン、チャン・ツィー、フェイ・ウォンをはじめ、国内では松任谷由実、安室奈美恵、倖田來未、写真集の表紙も飾った浜崎あゆみ、菊池凛子、黒木メイサ、香里奈、広末涼子、桃井かおり、寺島しのぶ、檀れい、黒木瞳、そして杏里など、アメリカ、イギリス、アフリカ、ロシア、スイス、フランス、ブラジル、日本、中国など32カ国の美女が参加、まさに世界中の「美」を結集した写真集のオリンピックといった内容になっている。

 

「TIFFANY supports “LOVE & HOPE” by Leslie Kee F」(発売:2011年6月1日、B4変型、全252ページ、定価 5,250円)は世界発売され、その売り上げは全額、日本赤十字を通じて被災地に寄付される。

レスリー・キー プロフィール公式サイト
www.lesliekeesuper.com

杏里公式サイト
http://anribox.com/

 

 

どれだけ多くの人がL'Arc~en~Cielを待ち望んでいたかということは、10万枚のチケットの瞬時ソールドアウト!という事実に表れている。5月28日~29日の2daysで開催された“20th L'Anniversary Live”。1日目は1stアルバム『DUNE』~『HEART』の楽曲中心、2日目は『ark』『ray』~『KISS』の楽曲中心に構成されることが事前発表されていた。全45曲、全曲かぶりなし。バンドの結成20周年を完全網羅した、ベストとも、ヒストリーともよべるステージ。どんなナンバーを演奏してくれるのか? 多くのファンは期待に胸ときめかせていたに違いない。

会場は、東京・味の素スタジアム。サッカースタジアムとして機能する巨大施設はこの日、約5万人がL'Arc~en~Cielの20周年を祝福するサンクチュアリとなっていた。午後5時、キックオフの瞬間がついに訪れる。雷鳴のような音が場内に轟くと、L'Arc~en~Cielの楽曲をアレンジしたトラックをBGMに、過去からのドキュメンタリー写真の数々が巨大ヴィジョンに映し出された。その音はやがて鐘の音に代わり、客席最後方に着けられた黒塗りのハマーリムジンからメンバーが登場。場内左右に突然現れたレッドカーペット上を一歩一歩踏みしめるようにステージへ。

オープニングは「In the Air」だった。tetsuyaのベースフレーズが奏でられると、hyde、ken、yukihiroが徐々に演奏に加わる、ゆったりと静かに、しかしMAXまで高揚していくドラマティックな幕開け。続く「Caress of Venus」「Vivid Colors」といった華やかな楽曲で、早くも会場のヴォルテージが最高潮に達したかのような盛り上がりをみせた。

「L'Anniversaryへようこそ! 今日の雨は演出なんで。最後に虹がかかるようになってますから」というhydeの第一声。続いて、「今までみなさんはL'Arc~en~Cielと共に過ごしてきたんでしょう? 曲を聴くといろんな"想い出"を思い出すんでしょう?」と問い掛ける。

前述したように、この日は1stアルバム『DUNE』から『HEART』('98年発表)の楽曲が中心。演奏された全22曲は、シングルヒット曲から、コアに愛され続ける名曲まで、ライヴでやったら盛り上がらずにはいられないナンバーの揃い踏み。とりわけ、中盤に披露された「As if in a dream」「Floods of tears」などは、実に十数年ぶり。yukihiro加入後のステージで初めて演奏されることになったこれらナンバーは、hyde曰く「今日はかなりコアな5万人が集まってるってことですね。すみずみまでマニア(の顔)が見えます」という、超満員の客席からの大声援で迎えられた。

また、L'Arc~en~Cielらしい華々しくユーモラスな演出もそこかしこに。たとえば「winter fall」演奏後のインターバルでは、各著名人(!)参加による同曲のリレー歌唱映像がヴィジョンに映し出されるという、趣向を凝らした祝福場面も。そして、この日のハイライトは最後に演奏された「虹」。その前にhydeはこう語った。

「このライヴの収益は全額義援金として被災者に送られます。メンバーで話し合いをして、意見を交換して出した結果です。とてもL'Arc~en~Cielらしくていい決断だと思いました。メンバーがカッコいいなと思いました」と改めてファンに報告。そして、「今日という日を迎えられて本当にうれしいです。希望が見えづらくなっているから、みんなで前に行けたらなと思って、今日を迎えました。ありがとう。…止まない雨はない。最後に「虹」を聴いてください」

これには客席から大きな祝福が感動の拍手としてステージに注がれた、それも雨が一時的な弱まりをみせるという天候の奇跡も味方につけて。半円状のトラスが幾重にも弧を描くステージセットには“虹”が浮かび上がり、力強くも優しいサウンドが会場いっぱいに溢れる。hydeの瞳に虹の欠片が光ると、ライヴ初日の幕は下りた。

そして2日目。L'Arc~en~Cielにちなんだメニューが人気の恒例企画「L'Arcafe」、メンバーの待ち受け画像がダウンロードできるサービス等、20周年を祝う周辺の賑わいを抜けて、会場へ。

結論から言えば、この日、ステージ上の4人がはじき出す演奏に改めて圧倒された。巨大野外スタジアムに加えて豪雨という、音響面での難しさがつきもののシチュエーションにもかかわらず、身体がビリビリ震えるほどすさまじいサウンドに圧倒される。これは、ただ単に音がデカいとかそういう類のものではない。音の分離が良く、その1つ1つに威力があるのだ。結成から20年を迎える今年、音的に、精神的に育まれた彼らが打ち出したものは、やはり正真正銘のバンドサウンドだった。

ライヴのスタートは昨日同様の轟音。スクリーンに映し出されたドキュメンタリー写真は『ark』『ray』以降のものとなっていた。そして、ステージ袖からyukihiroが登場。客席へ大きく手をかざすと、疾走する8ビートを刻みつつメンバーの登場を待ち受ける。「READY STEADY GO」で幕を開けたステージは、予告通り『ark』『ray』~『KISS』の楽曲中心に構成されていた。2日目ものっけからアクセル全開。花道を含めて左右幅100mはあろうかというステージの端まで、ワイドに展開されるパフォーマンスに場内も大きな盛り上がりをみせる。

「成人式へようこそ! 二十歳になりました。オトナになったんで、自分の責任で今まで以上に暴れたいと思います。一緒にいこうぜ!」とhydeまた世界の劇場で開催されたライヴ・ビューイングinシアターへ向けては、かけていたサングラスを上げて、「ハロー、アンニョハセヨ、ボンジュール。ニイハオ。あと、コンニチハね」と各国の言葉でご挨拶する場面も。

プレイ的な圧巻は、hydeとkenが刻むユニゾンリフがヘヴィに響く「HEAVEN'S DRIVE」。スピード感があってスリリングなインターは、一朝一夕には成し得ないバンドグルーヴの成せるわざ。プレイヤー個々の高度な技術がそれを裏打ちしていた。また、オープニングナンバーの「READY STEADY GO」ではyukihiroの疾走する正確無比なリズムを際立たせる楽曲アレンジが施されていたように、各メンバーのサウンド&プレイスタイルが大きくクローズアップされる場面が随所に見受けられた。「叙情詩」のイントロでは、その豊かな表現力に場内が思わず息を飲んだhydeの独唱、「STAY AWAY」のオープニングでは深く歪んだサウンドを駆使したエモーショナルなtetsuyaのベースソロ、「MY HEART DRAWS A DREAM」のオープニングでは透き通るようなサウンドが上空高く突き抜けるkenのギターソロなど、それらもこの日のハイライトの1つだったと言って過言でないだろう。

さらに言えば、“20th L'Anniversary Live”は、これまでの楽曲が再生されることの喜びに加えて、"現在"、そして"これから"のL'Arc~en~Cielサウンドを映し出していた。今後発表される新曲「GOOD LUCK MY WAY」のオフィシャルインタビューでも述べられていることだが、テクニック面も含めたhydeの歌唱法、kenのギターイクイップメント、yukihiroのプレイスタイル…これらの意図的な変化に加えて、tetsuyaのバンドに対する使命感や責任感が、強い意志としてL'Arc~en~Cielを加速させている。今なお進化を遂げる新しい4人のサウンドに気づいたファンも多いのではないだろうか。その事実を裏付けるように、6月29日にリリースされる結成20周年第一弾シングル「GOOD LUCK MY WAY」は、これまでの色彩感豊かなサウンドに加えて、2011年版L'Arc~en~Cielの新機軸が確実に刻み込まれているのだ。

もちろんこの日もユニークな演出があった。再び各著名人参加による「HONEY」の歌唱リレーは客席から感嘆と笑いが巻き起こる。その直後にL'Arc~en~Ciel版の「HONEY」が演奏されて、会場を大いに盛り上げた。

長いインターバルを挟んで、白塗りのハマーリムジン(初日は黒塗り)でメンバーが再登場した。会場最後方からレッドカーペットを歩んだ後、場内が暗転。スクリーンにL'Arc~en~Cielからのメッセージが映し出された。

「ありがとう 
我々は新たな未来へ向かいます 
次の一歩を踏み出します
みんな一緒に行こう 
そして
今日ココへ来れなかった人の想いも
連れて行きます 
共に乗り超えよう 
これからも一緒
I love you」

直後に披露されたのは「forbidden lover」だった。“崩れゆく舟に命つかまれ/瓦礫に築く楽園/叫ぶ 神の名を…”祈りにも似たこの楽曲が、今、演奏された意味はとてつもなく深い。続く「MY HEART DRAWS A DREAM」では会場の5万人が“夢を描くよ”と、大合唱。魂を吹き込まれた言葉が、希望の光のように優しく響き渡る。さらに“新しい旅が始まる”と告げた「GOOD LUCK MY WAY」。…この一連の流れは、メンバーからの"願い"だったのではないだろうか。ライヴ演奏というメッセージ。会場のファンはもちろん、いつかL'Arc~en~Cielのライヴへ行くことを夢見る人を優しく励ましてくれるような…。彼らの音楽を糧に、今日という日を前向きに生きていける、そう思えてならなかった。

「L'Arc~en~Cielはたくさんの人が関わって、巨大な舟になったなと思ってるんです。何度も暗礁に乗り上げて、その度、メンバーとスタッフが一緒になって乗り越えてきました。今日は来てくれて本当にありがとう。みんな口ベタなので、演奏で気持ちを伝えたいと思います」というhydeのMCで始まった「BLESS」。5万人の味の素スタジアム、そして世界各地のライヴ・ビューイングinシアターに集まった人々、さらには観たくても観られなかった1人1人の心に歌いかけるような4人の姿には、どんな言葉も陳腐に色褪せてしまう包容力があった。すべての演奏終了後、巨大スクリーンに映し出されたのは、2011年~2012年、彼らの新たな未来。

まず、“TOUR 2008 L'7~Trans ASIA via PARIS~”以来、約3年ぶりとなるツアーが決定した。開催は2011年秋。その名も“20th L'Anniversary Tour”。9月10日(土)~11日(日)のさいたまスーパーアリーナ公演を皮切りに、12月03(土)~04日(日)の京セラドーム大阪まで、全国5大都市のアリーナ会場を廻る。

さらには、2012年にWorld Circuitも決定。発表された海外都市は、HONG KONG、SHANGHAI、TAIPEI、BANGKOK、NEW YORK、LONDON、PARIS。それに加えて、TOKYO。また現在のところ “and more!!”と表記されている…ということは、今後の追加発表が期待されるところだ。

最後に、世界各地で開催されたライヴ・ビューイングinシアターの模様も記しておこう。このライヴは海外6都市(パリ、ロンドン、ニューヨーク、台湾、香港、ソウル)9ヶ所の劇場および日本国内の映画館(40劇場)に同時生中継され、日本そして各国のファンがライヴ・ビューイング体験に酔いしれることとなった。また、劇場チケットを求め、発売前夜から劇場に並ぶ徹夜組を含む長蛇の列も。結果、チケットは発売からわずか1時間あまりで完売。それを受けて急遽上演スクリーンを追加したほどの盛況ぶりをみせた。ライヴ当日、大スクリーンに会場の模様が映し出されると、館内は大歓声と拍手が! 海外でも日本語で一緒に歌うファン、立ち上がってノリノリになるファンが続出。劇場は、味の素スタジアムに負けない盛り上がりと熱気に包まれた。その動員は20,000人を越える驚くべき数字を記録した。

さて、リーダーのtetsuya曰く「明日、5月30日は20歳の誕生日。大阪のロケッツっていう小さなライヴハウスで初めてのライヴをやったんですよ」。つまりこの“20th L'Anniversary Live”は、その生誕前夜祭。満二十歳を迎え、今後、ますます加速度をつけていく彼らの姿が目に浮かぶ。

 

 

 

【ライブ情報】
“TOUR 2008 L’7~Trans ASIA via PARIS~”以来、約3年ぶりとなるツアー決定!
2011 “20th L’Anniversary Tour”
9月10日(土)11日(日)さいたまスーパーアリーナ
9月17日(土)18日(日)福岡マリンメッセ福岡
10月1日(土)2日(日)札幌札幌きたえーる
11月2日(水)3日(木・祝)名古屋日本ガイシホール
12月3日(土)4日(日)大阪京セラドーム大阪

2012年World Circuitも決定!

【リリース情報】
結成20周年第一弾シングル!
「GOOD LUCK MY WAY」

2011.6.29 ON SALE!

【初回限定盤】

【通常盤】

 

オフィシャルサイト
http:www.larc-en-ciel.com/jp

COMPLEX追加公演決定

2011年7月30日(土)に東京ドームにて東日本大震災の復興支援を目的としたチャリティーライブを行う事を発表したばかりのCOMPLEXが31日(日)に追加公演を行うことが決定した。

1990年11月8日、東京ドームでのライブをもって活動休止していたCOMPLEXが、約21年の時を経た今「日本一心」を掲げ2日間、東京ドームのステージに立つ。

 

 

「彼がギターを弾き、俺が歌う。ただそれだけのこと。されどそれだけのこと。」(吉川晃司)
「願いは一つ。心は一つ。答えは一つ。」(布袋寅泰)

[追加公演]
公演日   2011年7月30 (土) 、31日(日)
開場/開演 16:00/18:00 15:00/17:00
会場:東京ドーム
料金:全席指定¥7,800(税込)
一般発売日: 6/18(土)発売

 

吉川晃司オフィシャルサイト:http://www.kikkawa.com/
吉川晃司コメント:http://www.kikkawa.com/document/

布袋寅泰オフィシャルサイト:http://www.hotei.com/
布袋寅泰コメント:http://www.hotei.com/blog/

ユニコーン 2年ぶりの全国ツアースタート!

Photo by TEPPEI



年明けから、LAにてレコーディングに取りかかっていたアルバムが遂に完成!!
16年ぶりの復活作「シャンブル」の大成功から2年、周囲の大きな期待を軽々超える珠玉の名曲揃い!
歌えて、踊れて、笑えて、しんみりできて、感動して・・・。ユニコーンにしか作りえない最高傑作誕生!!
そんなニューアルバム『Z』を引っ提げてのツアーが昨日からスタートした!

ユニコーンツアー2011  ユニコーンがやって来る zzz…

初日は5/26(木)埼玉・三郷市文化会館で行われた。
会場に集まった1300人のファンは待ちに待ったユニコーンの姿に大歓声。
直近シングル「デジタルスープ」、大ヒット曲「WAO!」を含む名曲を披露し、圧巻のパフォーマンスを魅せた。
今回のツアーは仕掛けがいっぱい!ライブに来た人しか味わえない感動が待っている。

この後は10/19(水)大阪城ホールまで、全国24ヶ所41公演を予定している。

すでにチケットがSOLD OUTになっている公演もあるが
追加公演となるアリーナ公演が発表となったばかり。
残りわずかのチケットをゲットして、ぜひ会場に足を運んでほしい。

【リリース情報】


ニューアルバム 『Z』
NOW ON SALE
<初回生産限定盤(CD+DVD)>
KSCL 1796-97 / ¥3,570(tax in)
購入はこちら ⇒ 
<通常盤>
KSCL-1798 / ¥3,059(tax in)
購入はこちら⇒ 
<Blu-spec CD>
KSCL-20011 / ¥3,200(tax in)
購入はこちら ⇒ 
<アナログ盤>
KSJL-6159~60 / ¥3,500(tax in)
購入はこちら ⇒ 



【ライブ情報】

こちらも2年ぶり、待望のツアー開催!
2011/5/26(木)を皮切りに全41公演の全国ツアー
「ユニコーンツアー2011 ユニコーンがやって来る zzz...」
追加公演が大決定!
そして!一般発売に先駆けて、追加公演・アリーナツアーの「特別抽選受付」を
アルバム「Z」購入者を対象に実施!

【追加公演日程】
9/16(金) 名古屋 日本ガイシホール  OPEN17:30/START18:30
9/17(土) 名古屋 日本ガイシホール  OPEN16:30/START17:30
問い合わせ:JAILHOUSE 052-936-6041

10/8(土) さいたまスーパーアリーナ  OPEN16:00/START17:00
10/9(日) さいたまスーパーアリーナ  OPEN15:00/START16:00
問い合わせ:ディスクガレージ 03-5436-9600(Weekday 12:00~19:00)

10/18(火) 大阪城ホール  OPEN18:00/START19:00
10/19(水) 大阪城ホール  OPEN18:00/START19:00
問い合わせ:清水音泉 06-6357-3666

【アルバム「Z」購入特典 特別抽選受付】
受付期間:5/25(水)12:00~6/5(日)23:59
詳しくはアルバム「Z」に封入されている案内をチェック!


~ ユニコーンツアー2011  ユニコーンがやって来る zzz…

5/26(木) 埼玉 三郷市文化会館
5/30(月) 神奈川 神奈川県民ホール 大ホール
5/31(火) 神奈川 神奈川県民ホール 大ホール
6/3(金) 福岡 福岡サンパレス
6/4(土) 福岡 福岡サンパレス
6/6(月) 滋賀 滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホール
6/7(火) 兵庫 神戸国際会館こくさいホール
6/9(木) 広島 ふくやま芸術文化ホール リーデンローズ
6/13(月) 北海道 帯広市民文化ホール
6/15(水) 北海道 ニトリ文化ホール(さっぽろ芸術文化の館)
6/16(木) 北海道 ニトリ文化ホール(さっぽろ芸術文化の館)
6/18(土) 北海道 岩見沢市民会館
6/19(日) 北海道 苫小牧市民会館
6/24(金) 山形 山形県県民会館
6/25(土) 山形 山形県県民会館
6/27(月) 宮城 仙台サンプラザホール

6/27 仙台サンプラザホール公演延期のお知らせ
6/27@仙台サンプラザホール公演は8/30,31@Zepp Sendai公演に振替になりました。

6/29(水) 長野 ホクト文化ホール 大ホール
6/30(木) 新潟 新潟県民会館
7/2(土) 群馬 ベイシア文化ホール
7/4(月) 大分 iichikoグランシアタ
7/5(火) 長崎 長崎市公会堂
7/7(木) 大阪 グランキューブ大阪
7/8(金) 大阪 グランキューブ大阪
7/11(月) 愛媛 松山市民会館
7/15(金) 三重 四日市市文化会館 第1ホール
7/16(土) 静岡 静岡市民文化会館 大ホール
7/18(月・祝) 福井 福井フェニックスプラザ
7/20(水) 千葉 森のホール21
7/21(木) 千葉 森のホール21
7/26(火) 岩手 北上市文化交流センター さくらホール
7/27(水) 青森 青森市文化会館
8/30(火) 宮城 Zepp Sendai ※振替公演
8/31(水) 宮城 Zepp Sendai ※振替公演
9/5(月) 東京 日本武道館
9/6(火) 東京 日本武道館
9/16(金) 名古屋 名古屋日本ガイシホール
9/17(土) 名古屋 名古屋日本ガイシホール
10/8(土) 埼玉 さいたまスーパーアリーナ
10/9(日) 埼玉 さいたまスーパーアリーナ
10/15(土) 広島 グリーンアリーナ
10/18(火) 大阪 大阪城ホール
10/19(水) 大阪 大阪城ホール

ユニコーンオフィシャルHP : www.unicorn.jp

 

Photo by TEPPEI

 

5月23日に世界同時発売となったレディー・ガガ最新アルバム『ボーン・ディス・ウェイ』が発売直後より全世界でヒットを飛ばし、早くも500万枚を突破。本国アメリカでは250万枚を突破し、日本でも発売翌日に50万枚超えを記録した。

震災支援活動のかいがあり、日本がUKを抜いて売上げ世界第2位。5月23日付 オリコン・デイリー・アルバム・ランキングでは初登場1位を記録した。

同チャートにおいてはさらに『ザ・モンスター』が10位、『ザ・フェイム』が19位となんとTOP20 に返り咲きの偉業を達成。デジタルの世界でもガガ旋風が巻き起こっており、『ボーン・ディス・ウェイ』は21カ国のiTunesストアで1位となった。ここ日本のiTunesストアでもスペシャル・エディション、通常盤で1位、2位を独占。
 
そんなレディー・ガガが東日本大震災発生直後にオンライン上で販売を開始し、大きな寄付金を集めたことで話題となったレディー・ガガ公式チャリティ・リストバンドが日本で販売されることが決定。5月25日より全国書店及びコンビニエンスストアなどで発売。本体価格は800円(1個あたり約5ドル以上の寄付金)。販売は7月下旬までを予定しており、日本での発売収益はすべてレディー・ガガを通して、Tsunami Relief Effortsへ寄付される。

 

 

【リリース情報】
全世界的にも鬼売れ中
『ボーン・ディス・ウェイ』
ユニバーサル
05.23ON SALE!
UICS-12289.jpg
【スペシャル・エディション】
UICS-1228/9
¥2,980(tax in.)
UICS-12289_2.jpg
【初回限定版】
UICS-9125
 ¥1,980(tax in.)
【レディー・ガガ オフィシャルサイト】
ladygaga.jp

 

今年2枚目のシングル「DIFFERENT SENSE」の発売を6/22に控えているDIR EN GREY。「DIFFERENT SENSE」に続き、かねてより制作が進行中と伝えられてきたニュー・アルバムが8/3に発売される。

 

『UROBOROS』以来2年9ヵ月ぶり、通算8作目となる今作のタイトルは、『DUM SPIRO SPERO』。国外でも同時期に欧米諸国をはじめ、計20ヵ国での正式発売が決まっており、彼らの作品としては過去最大規模でのワールドワイド・リリースを迎えることになっている。具体的な収録曲については今のところ未公表だが、「激しさと、この胸の中で絡み付いた灼熱の闇」、「LOTUS」、そして「DIFFERENT SENSE」という3曲の先行シングルを含む全14曲、総収録時間が約70分間と発表されている。また、今作は完全生産限定盤と通常盤というふたつの形態での発売となっており、完全生産限定盤では「CD2枚、DVD1枚、LP2枚」という特別仕様となっている。

5/26には国内でのFC会員限定ツアーも終了となり、8月のアルバム発売直後からは『TOUR2011 PARADOX OF RETALIATION』と銘打たれたヨーロッパ・ツアーも予定されている。

 

<文 / 増田勇一>

 

 

 

【リリース情報】
New Album

DUM SPIRO SPERO
FIREWALL DIV.
【完全生産限定盤】

SFCD-0092~96

¥12,600 (tax in)

【通常盤】 SFCD-0097

¥3,150 (tax in)
 2011/8/3 ON SALE!

 

New Single
『DIFFERENT SENSE』

FIREWALL DIV.

2011.6.22 ON SALE!

【初回生産限定盤】
SFCD-0084~85
¥1,890(tax in.)

【通常盤】

SFCD-0086

¥1,260(tax in.)



【ライブ情報】

<TOUR2011 PARADOX OF RETALIATION>
8月07日(日) オランダ/ユトレヒト/Tivoli
8月09日(火) フランス/パリ/Divan du Monde
8月10日(水) フランス/パリ/Divan du Monde
8月12日(金) イギリス/ロンドン/Koko
8月13日(土) ドイツ/ボーフム/Zeche Bochum
8月16日(火) イタリア/リミニ/Velvet
8月18日(木) ハンガリー/ブダペスト/Club 202
8月20日(土) ポーランド/クラクフ/Klub Studio
8月21日(日) ドイツ/ベルリン/Columbia Club
8月23日(火) フィンランド/ヘルシンキ/Nosturi
8月25日(木) ロシア/モスクワ/Milk Club

www.twisted-talent.com/

<Wacken Open Air>
8月6日(土) ドイツ/ヴァッケン/ヴァッケン
 www.wacken.com/



DIR EN GREY OFFICIAL SITE
http://www.direngrey.co.jp/
 
DIR EN GREY OFFICIAL Twitter
@DIRENGREY_JP

 

 

東日本大震災の影響で延期になっていた“MERRY 10th Anniversary 【freak show】 振替公演”の開始が目前に迫ったMERRYから、7月27日に2年半ぶりとなる待望のニュー・アルバム発売の情報が到着した。


通算7枚目、結成10周年目のアニヴァーサリー・イヤーに産み落とされるフル・アルバムのタイトルは『Beautiful Freaks』。全16曲を収録というボリュームで、パンクから歌謡曲までさまざまなジャンルを大胆にクロスオーバーさせ、唯一無二の“レトロック”を進化させてきたMERRYの集大成であると同時に、今後のMERRYの進化を占う重要な一枚になっているとのこと。

DVD付きの2枚組仕様となる【初回生産限定盤】にはAとBの2タイプがあり、昨年12月29日にSHIBUYA-AXで行なわれたスペシャル・ライヴ“MERRY SONIC 10 WINTER ~Special 2night [白い羊] [黒い羊]~”から、Aにはライヴ感の溢れる[黒い羊]、Bにはじっくりと聴かせる[白い羊]の模様が、それぞれ見ごたえのあるボリュームで収録されている。


またアルバム発売直後には2年ぶりとなる全国ツアーも決定。このツアーは、「Beautiful Day」と「Freaks Day」に分かれており、それぞれ異なったコンセプトのライヴが行なわれる点にも注目したい。

さらにYouTubeではMERRY official Channel(http://www.youtube.com/MERRYOfficial)もスタートしており、ここでしか見ることのできない最新インタビュー動画が公開されている。開始直前のツアー【freak show】への抱負、会場限定CD「ハーメルン」の制作秘話、アルバムや今後の展望をメンバー自らが語っている。

 

バンドが満10歳を迎える11月に向けて、今後さまざまな情報が明らかになっていくはずだが、その前に見逃せないのが“MERRY 10th Anniversary 【freak show】 振替公演”である。新曲「ハーメルン」の披露も予告されており、“freak”という共通キーワードで結ばれていることからも、ニュー・アルバム『Beautiful Freaks』を紐解く重要なヒントが隠されたツアーになるはずだ。

【リリース情報】
New Album
『Beautiful Freaks』

2011.7.27 ON SALE!

【初回生産限定盤A】
SFCD-0087~88 ¥5,250 (tax in)

【初回生産限定盤B】
SFCD-0089~90 ¥5,250 (tax in)

【通常盤】
SFCD-0091 ¥3,360 (tax in)

<ディスク1 / AUDIO>16曲収録
※初回生産限定盤A、初回生産限定盤B、通常盤共通

<ディスク2 / DVD>収録曲数未定
*MERRY SONIC 10 WINTER ~Special 2night [白い羊] [黒い羊]~ *at SHIBUYA-AX 20101229より、初回生産限定盤Aには[黒い羊]、初回生産限定盤Bには[白い羊]の模様を収録


【ライブ情報】
MERRY 10th Anniversary TOUR 2011 Beautiful Freaks
「Beautiful Day」

7/29(金) F.A.D YOKOHAMA(CORE Limited)
8/4(木) 静岡SUNASH
8/7(日) 金沢AZ
8/11(木) 札幌cube garden
8/16(火) HEAVEN’S ROCK宇都宮 VJ-2
8/21(日) 岡山CRAZY MAMA KINGDOM
8/23(火) 福岡DRUM Be-1
8/26(金) 大阪umeda AKASO

「Freaks Day」
8/2(火) HEAVEN’S ROCKさいたま新都心 VJ-3(CORE Limited)
8/5(金) KYOTO MUSE
8/9(火) 新潟CLUB RIVERST
8/14(日) 仙台HooK
8/17(水) 高崎Club FLEEZ
8/20(土) 神戸VARIT.
8/24(水) 松山サロンキティ
8/28(日) 名古屋OZON

[チケット料金] 前売 ¥4,200 ※ドリンク代別
[一般発売日] 7/9(土)

[CORE Limited公演 チケット料金] 前売 ¥4,000 ※ドリンク代別
※CORE Limited公演の一般発売はございません。


MERRY 10th Anniversary 【freak show】 振替公演
6/6(月) 仙台HooK
6/9(木) 柏Thumb Up
6/10(金) HEAVEN'S ROCK熊谷
6/14(火) 名古屋OZON
6/16(木) 岡山IMAGE
6/17(金) 大阪umeda AKASO
6/19(日) 赤坂BLITZ

MERRY 10th Anniversary 裏【freak show】 CORE PREMIUM GIGS 振替公演
6/4(土) 新宿BLAZE


MERRY Official Website
http://merryweb.jp/

MERRY official Channel
http://www.youtube.com/MERRYOfficial

 

今年2月にセカンド・フルアルバム『I Wanna Go To Hawaii.』をリリースしROCK IN JAPAN FESTIVAL 2011への出演も決定している[Champagne]。早くも7/20にニューシングル「言え」のリリースが決定した。タイトル曲の「言え」はシンプルながら、川上洋平(Vo,G)らしい表現をグルーヴ感溢れるバンドサウンドに乗せた、爽やかなサマーチューンに仕上がっている。

 

「最近つぶやくという行為が流行っていて、自分もその流れに乗っかっている。でも少し深い話はメールにする。何で、そんなまどろっこしい事するんだろう?何で直接言えないんだろう?フィルターが無いと繋がれないのだろうか?言えない事はたくさんあるけど、だからこそ大事な事は大声で言いたい。」 と川上。

 

また、カップリングの「Grand Daddy」はギターの白井眞輝が初の作曲を手がけるナンバーとなっている。

 

「Grand Daddy」に関して川上は「爺さんになっても、うちらはロックンロールしていたい。そんな歌です。龍の様なギタープレイが音から伝わってくるはずです。」と語った。

 

 

【リリース情報】

New Single
『言え』

RX-RECORDS
RX-051 / ¥1.050(tax in.)
 2011.7.20 ON SALE!
 

 

[Champagne] OFFICIAL WEB SITE

http://champagne.vc/

 

2010年10月30日。彼らは1年7ヶ月ぶりとなるアルバム『カルマ』を引っさげ、日比谷野外音楽堂を皮切りに全国ツアー『Chemical Parade』をスタートさせた。
初日は各地でイベントや試合が中止になったほどの大型の台風14号が関東地方を直撃する中で行なわれたのだが、暴風雨で警報が出ている中、その悪天候を逆手に取った最高の景色を見せてくれたのだった。 
そして。最悪な条件の中での最高のライヴから幕を開けることになった『Chemical Parade』は、日本全国とヨーロッパとアジアをまわり、約半年後日本武道館という地でファイナルを迎えたのだ。
彼らはツアーの最終地点を武道館に置き、2DAYSに定めると、1日目を『TOUR“Chemical Parade”FINAL』、2日目を『MUCC history GIGS 97~11』と題し、ツアーファイナルと結成から現在までの14年間を凝縮した、まったく違った見せ方で“現在(いま)”のムックを届けてくれた。

5月21日。この日のライヴはまさに、“ディスコサウンドとデジタルサウンドとヘヴィロックの融合”を実にムックらしく表現した現在のムックと、ツアーで得た成長という変化を感じさせてくれたモノだった。
彼らは初日の日比谷野外音楽堂でも、『カルマ』の流れの中にいきなり旧曲である「スイミン」を投入した予期せぬ展開で楽しませてくれたのだが、「フォーリングダウン」から派手やかにスタートさせたこの日も、途中で「恋人」や「断絶」「名も無き夢」が差し込まれる形で届けられたのだ。
デジタル色の強い『カルマ』の世界観と、そことは対照的な表現方法である旧曲とのバランスは実に面白くもあり、大きく振り切られる対極の世界観を楽しむことが出来た。この振り幅を迷うことなく届けられる彼らに、ムックという絶対的な自信を感じた。

そして。ラストに、3月11日に起きた東北地方太平洋沖地震を受け、“自分たちに出来ることは曲を作り演奏し歌を唄うことだ。今、自分たちに出来ることを”という想いを込めて作られた新曲「暁」を届けたのだった。

それは、彼らが『カルマ』で見せた世界とは異なる飾りのいっさいない想いだった。
彼らはこの曲を日本武道館2DAYSの会場限定販売とし、その収益金全額を寄付したのだ。震源地に近い茨城を地元とする彼らの想いが詰め込まれた楽曲は、同期のない生のバンドサウンド。柔らかなメロディ。涙が出るほどあたたかな言葉。彼らの音楽は飾りではなく、昔から唱え続けている心、人間の根本である“業”に繋がるモノであることをこの「暁」に見た気がした。
彼らはこの日、間違いなく最高の形で『TOUR“Chemical Parade”FINAL』を結んだ。

5月22日。始まりは「アカ」。武道館は照明によって深い朱に染め上げられると、轟音のような歓声が彼らを包み込んだ。前日から時代がタイムトリップしたかのように時代が過去へと移ったその場所は、現在のムックを形成した内面が露になった特別な時間となったのだ。
バックの巨大なスクリーンも、前日は視覚を刺激する電飾として使用されていたが、この日は、派手な見せ方ではなく、大きな映画館の中でポツリとライヴをしているような空虚感をも感じさせた空間を演出するモノに印象を変えていた。同じセットをここまで違った印象に見せていたのもとても興味深かった。

朱色の振り袖を羽織り中央に立つ逹瑯。その絶対的な存在感は、単に昔をなぞっただけのモノではなかった。この日、ここで演奏された過去曲たちは、紛れも無く彼らを形成してきた真実であったのだが、当時を懐かしく振り返るだけのモノでは決してなかった。そこには、そこから14年という歳月を生きてきた彼らの人生と感情の変化が詰め込まれた“現在(いま)”があった。
「盲目であるが故の疎外感」。深い闇を想わすミヤのギターに、SATOちの力強いドラムが絡んでいく。リズミックに転がる上モノとどっしりと構える低音をしっかりと繋ぐ重要な位置を守るYUKKEのベース。太くなったサウンドは当時と明らかに景色を変えていた。「君に幸あれ」「我、在ルベキ場所」「商業思想狂時代考偲曲」、そしてこの日の本編ラストでスクリーンに歌詞が綴られていく中で歌われた「9月3日の刻印」など、葛藤と鬱血した感情が吐き出された唄も、当時とは明らかに景色を変えていたのである。
彼らが吐き出していた感情は、当時も今もリアルに胸に突き刺さってくるのだが、まだ人生を知り尽くしていなかった故のリアルな感情は、彼らの精神的な成長によって、より深い意味を宿した感情へと変化していたのだ。蒼い感情は現実という渦に巻かれ、時代とともに形を変え、流れる時間の中でより核心に迫るメッセージとなっていった。

この日は、イントロが奏でられるごとにフロアから大きな歓声が上がっていたのがとても印象的だった。“昔”のムックの音と唄を愛したムッカーたちにとっては、自分たちが過ごしてきた思い出と人生が詰まっているのだ。
そこに自分たちの鬱血した想いを重ねてきた彼ら彼女らにとっては、そこに忘れたくない忘れてはならないと想う景色があったのだろう。純粋にサウンドとしてだけでなく、ムックというバンドが提示してきた“生きることの意味”と、それを求め、そこに救われてきた彼ら彼女たちの深い想いをそこに感じた。

成長という名の過ぎ去っていく過去に消されていってしまう感情は、ちゃんと形としてここに残されている。彼らのサウンドが変化しようとも、景色を変えようとも、永遠に変わり続けることなく生き続けるのだと教えられた気がした。
この先何年月日を重ねようとも、彼らが過去の曲を封印し歌わなくなることはない。しかし、彼らはきっとその度に、現在の姿で過去の自分たちを唄うことだろう。すばらしく人間らしい生き方だと感じた。

この日聴いたアンコールで届けられた「謡声(ウタゴエ)」「流星」「フライト」は、過去と現在を結ぶ子供から大人への大きな成長を意味する曲たちであったように感じられた。
6月9日に新木場スタジオコーストにて見せてくれるという『Maniac Parade 97~11』。3時間半というムックの歴史と現在が詰め込まれた21日のライヴを成し遂げた彼らが、次に見せてくれるのは、いったいどんな景色なのだろう?
そして。5月21日のラストで発表された今年の秋からソニー・ミュージック アソシエイテッドレコーズへの移籍からはどんなムックを見せてくれようとしているのだろう?

14年前。『カルマ』の世界を届けることになろう現在のムックを誰が想像出来ただろう?毎回想像を絶する発想と予想のつかない進化を見せてくれる彼ら。そんな彼らへの期待と彼らにかける熱は、まだおさまりそうにない。ムック。彼らは最高にカッコイイバンドだと思う。



<取材・文 / 武市尚子、写真 / 緒車寿一、畔柳ユキ>


2011年5月21日(土)日本武道館
TOUR "Chemical Parade" FINAL

1.フォーリングダウン
2.零色
3.塗り潰すなら臙脂
4.ケミカルパレードブルーデイ
5.ファズ
6.サーカス
7.堕落
8.アゲハ
9.恋人
10.アイアムコンピュータ
11.ポラリス
12.断絶
13.約束
14.夕紅
15.名も無き夢
16.咆哮
17.ライオン

En1. 大嫌い
En2. 蘭鋳
En3. 暁
End. 業

  2011年5月22 日(日)日本武道館
MUCC history GIGS 97~11

1. アカ
2. 絶望
3. 最終列車
4. 盲目であるが故の疎外感
5. 君に幸あれ
6. 我、在ルベキ場所
7. メディアの銃声
8. ママ
9. 25時の憂鬱
10. モノクロの景色
11. ココロノナイマチ
12. 雨のオーケストラ
13. 2.07
14. 茫然自失
15. 梟の揺り篭
16. 路地裏僕と君へ
17. 志恩
18. 商業思想狂時代考偲曲
19. およげ!たいやきくん
20. 娼婦
21. スイミン
22. 9月3日の刻印

En1. 謡声(ウタゴエ)
En2. 流星
En3. フライト
En4. ロバートのテーマ
En5. 夢の街
En6. 優しい歌
En7. 暁



【チャリティーソング「暁」を5/23(月)より1か月の期間限定で配信開始】
日本武道館公演の会場限定チャリティーCDとして発売され、ソールドアウトした「暁」を『FMP MUSIC POWER AID』(音楽を通じた被災者支援のための基金)の賛同サイト、及びiTunesにて本日より配信を開始。(※本楽曲での収益に関しましては全て『FMP MUSIC POWER AID』を通じて被災地へ寄付させていただきます。)

配信サイト:レコチョク フル、レコチョク ロック・フル、ARTIST DELI フル、セガカラMelody、ちゃくステージ、music.jp、dwango.jp、GIGAッch、ベストヒットJ-POPフル、オリコンスタイルフル、オリコンインディーズフル、オリコン☆ベストヒットフル、JOYSOUND、(後日配信:TOKYO FM♪フル)
iTunes Store
http://itunes.apple.com/jp/album/id43670767
iTunes Store U.S.
http://itunes.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewAlbum?id=436960538&s=143441

【ライブ情報】
「ムックの日」“Maniac Parade 97~11”
2011年6月9日(木)新木場STUDIO COAST
前売り券 ¥5,800(税込) 当日券 ¥6,300(税込) ドリンク代別 ¥500  
チケット一般発売日:5月29日(日)

ムック オフィシャルサイト
http://www.55-69.com/

今年、芸能界デビュー10周年を迎え、4月20日(水)に10周年記念アルバム『LIBERTY』をリリースした神田沙也加が初のソロコンサートを行う。

初のソロコンサートのタイトルは “SAYAKA KANDA 1st.LIVE ALIVE 2011 「Sweet Liberty」”。本人もブログで「初のワンマンライブ! 私には機会がない気がしていましたが、今回アルバム発売をきっかけに、ファンの皆さん、事務所、レコード会社さんの お力添えがあり、このライブが実現しました。この場を借りまして、改めましてありがとうございました。ここから真剣な話。私自身、発展途上で 本当に無力ですが、いくらそれを悲観しても、例え寝ずに考えたとしても、明日急に何かが変わる訳じゃないから。今出来る事を、今の自分を、信 じてやるしかないから。だから皆さん、私に、力を貸して下さい。きっと、遅くなっても、必ず必ず返すから。約束します。もう何回も出来る事 じゃないと思うから。最初で最後だと思って、私は歌います。どうぞ宜しくお願いします!」と初のワンマンライブへ思いを語っている。

そのコンサートの演出・構成を松田聖子が担当することが決定。彼女の芸能活動10年間が詰まった母娘で作るライブ、どのようなライブになるのか、期待される。

公演名: SAYAKA KANDA 1st.LIVE ALIVE 2011 「Sweet Liberty」
日時:2011年6月30日(木) 開場18:00 開演19:00
会場:赤坂BLITZ
演出・構成:松田聖子
企画・制作:ファンティック/オフィスプロペラ
後援:ポニーキャニオン
料金:全席5,250円(指定席・スタンディング・税込)
一般発売日:6月12日(土)
一般問合せ:フリーギア 03-6804-3355
 《オフィシャルHP・ブログ先行受付》
受付期間:5/24(火)12:00~5/31(火)23:59
受付URL:http://pia.jp/v/sayaka11/

 

 

【リリース情報】

デビュー10周年記念アルバム
『LIBERTY』
ポニーキャニオン
PCCA-03385
¥2,500(tax in.)
04.20 ON SALE!



オフィシャルHP: http://www.sayaka-kanda.net/
オフィシャルブログ: http://ameblo.jp/sayaka-kanda

日米文化交流イベント「Japan Day@セントラルパーク2011」が現地時間5月22日にニューヨーク・セントラルパークにて開催され、ふくい舞がライヴパフォーマンスを披露した。
「Japan Day@セントラルパーク」は日米市民の交流や日系コミュニティーの連帯強化などを目的に2007年から開催されている日米文化交流イベント。5回目となる今回は、東日本大震災の深刻な現状を受け全力で復興に取り組む日本を、ニューヨークから少しでも元気づけることができればとの願いを込め「頑張れ!JAPAN!」のコンセプトにて開催され約3万人を動員した。

中学生の頃に好きになった洋楽アーティストが世界中をツアーで回る映像を見て、「言葉や文化が異なっても音楽で一つになれる」と感動したことをきっかけにアーティストになることを志したふくい舞。今でも夢は「世界に自分の歌を届けること」と答える彼女にとって今回のJapan Dayへの参加は夢への第一歩となった。日米文化の交流を目的とした主催者側も、日本文化を象徴する「櫻」をテーマとした「いくたびの櫻」を歌うふくい舞の参加は、イベントコンセプトに合致すると判断し出演が決定した。

なお、3月中旬の出演エントリーから3月末の出演決定に至るまで、スタッフは本人に一切Japan Dayのことを伝えなかった。出演が最終決定になった後「New YorkのJapanDayというイベントに参加することになった」という朗報を聞いたふくい舞は涙を流して喜んだという。

出演前のふくい舞は「アメリカで開催されるこんな素晴らしいチャリティー・イベントに参加できて、本当に感謝しています。アメリカの音楽は私に沢山の夢をあたえてくれました。今日は日本代表のつもりで、ニューヨークの皆さんに「希望」「愛」そして「再生」の歌を届けたいと思っています。デビュー直前に病気で亡くなった大親友と病床で一緒に歌った「翼をください」を、セントラル・パークで歌うなんて、とても不思議な縁を感じています。そして、その「翼をください」を作詞した山上路夫先生に書いていただいた「いくたびの櫻」を、1日でも早く皆さんの顔に安心した笑顔が戻るように、「再生」の祈り を込めて一生懸命歌いたいと思います。」と意気込んだ。

そしてRumsey Playfield(ステージ)にて和太鼓・空手・書道などのパフォーマンスが行われる中、ふくい舞は「希望のうた」「アイのうた」「いくたびの櫻」のライヴパフォーマンスを、16歳の時のオハイオ州留学で習得した英語でのMCを交えつつ披露し大観衆を沸かせた。イベントのフィナーレでは共演者の大江千里、サーカス、松居慶子、AISHA feat. DMC & BDCらと「翼をください」を合唱し幕を閉じた。

なお、「Japan Day@セントラルパーク2011」イベント公式ホームページ、ミニマラソン「Japan Run」およびイベント会場にて義援金の受付がおこなわれ、集った全額は東日本大震災の復興支援団体へ寄付。イベント当日に寄付をいただいた方には、JapanDayオリジナルのチャリテリィーグッズがプレゼントされた。

今後、ふくい舞は震災により開催見合わせとなった桜の開花に合わせて全国を回る「櫻前線北上ツアー」にかわる、新たなツアー「いくたびの櫻 アコースティック・ライブ・ツアー」を6月からスタート予定。アコースティック編成によるシンプルなスタイルで、「再生」の祈りを込めた「いくたびの櫻」を全国に届けていく。



【リリース情報】
New Single
「いくたびの櫻 Special Edition
~PRAY FOR ETERNAL LIFE~」

2011.6.15 ON SALE!
YICD-70083/B / ¥1,890

 

 

 

オフィシャルサイト

http://fukuimai.net/index.html

 

6/22にリリースを控えているDIR EN GREYのニュー・シングル、「DIFFERENT SENSE」に関する詳細が発表された。収録曲は表題曲の「DIFFERENT SENSE」に加えて、「罪と規制」、そして「RED SOIL(LIVE)」という計3曲。

 

「罪と規制」は、1999年発表のメジャー1stアルバム、『GAUZE』 に収録されていた「蜜と唾」(この表記で「罪と罰」と読む)が、今現在のDIR EN GREYらしいアプローチで再構築されたもの。そして「RED SOIL」のライヴ音源は、2010年11月9日、大阪・なんばHatchでの公演の際に収録されたものである。

 

新たに生まれ変わった「蜜と唾」が「罪と規制」という意味深長なタイトル表記になっている理由については現在のところ公表されていない。さらに、今作の初回生産限定盤はCDとDVDによる2枚組仕様となっており、DVDにはレコーディング現場の生々しいドキュメンタリー映像が密封されている。当然ながらそこには今作の制作背景のみならず、前作『UROBOROS』に続くニュー・アルバムに関するヒントも隠されているはずである。

 

<文 / 増田勇一>

 

 

【リリース情報】
New Single
『DIFFERENT SENSE』

FIREWALL DIV.

2011.6.22 ON SALE!

【初回生産限定盤】
SFCD-0084~85
¥1,890(tax in.)

【通常盤】

SFCD-0086

¥1,260(tax in.)



【ライブ情報】

<TOUR2011 PARADOX OF RETALIATION>
8月07日(日) オランダ/ユトレヒト/Tivoli
8月09日(火) フランス/パリ/Divan du Monde
8月10日(水) フランス/パリ/Divan du Monde
8月12日(金) イギリス/ロンドン/Koko
8月13日(土) ドイツ/ボーフム/Zeche Bochum
8月16日(火) イタリア/リミニ/Velvet
8月18日(木) ハンガリー/ブダペスト/Club 202
8月20日(土) ポーランド/クラクフ/Klub Studio
8月21日(日) ドイツ/ベルリン/Columbia Club
8月23日(火) フィンランド/ヘルシンキ/Nosturi
8月25日(木) ロシア/モスクワ/Milk Club

www.twisted-talent.com/

<Wacken Open Air>
8月6日(土) ドイツ/ヴァッケン/ヴァッケン
 www.wacken.com/



DIR EN GREY OFFICIAL SITE
http://www.direngrey.co.jp/
 
DIR EN GREY OFFICIAL Twitter
@DIRENGREY_JP

ユニコーン New Album「Z」でAR三兄弟とコラボ!
特典満載ディスクを発売!!


明日5/25(水)発売となるユニコーン待望のニューアルバム「Z」。
この作品で話題のクリエイターAR三兄弟とのコラボが実現!



パソコンのWEBカメラにCDの印刷面をかざすと、「Z」収録楽曲の世界とつながるAR体験ができる。今回、ARコンテンツが制作されている楽曲は「Z LIFE」 「デジタルスープ」 「AGONY」 「SAMURAI 5」 「明日」 「いい雨」 の6曲。それぞれ、“動作検知AR”“デジタライズ系AR”“痛覚の拡張”“ミュージックビデオ制御系AR”“天気予報系AR”など、バラエティに富みながら、ユーザーが簡単に楽しく参加できる工夫が盛りだくさんな内容になっている。
特設サイトは本日24:00にオープン。
CDを購入して、http://unicorn-z.ar3.jpにアクセス!

さらに、アルバム購入者を対象に、先ごろ発表された全国ツアーの追加公演(アリーナツアー)のチケット一般発売に先駆けた「特別抽選受付」も実施!特典盛りだくさんの豪華ディスクとなっているので要チェック!!



【リリース情報】

 


ユニコーン ニューアルバム 『Z』
2011年5月25日(水) 発売

<初回生産限定盤(CD+DVD)>
KSCL 1796-97 / ¥3,570(tax in)
購入はこちら


<通常盤>
KSCL-1798 / ¥3,059(tax in)
購入はこちら


<Blu-spec CD>
KSCL-20011 / ¥3,200(tax in)
購入はこちら


<アナログ盤>
KSJL-6159~60 / ¥3,500(tax in)
購入はこちら



[収録内容]
-CD-
01. 頼みたいぜ
02. Z LIFE
03. デジタルスープ
04. 手島いさむ物語
05. AGONY
06. SAMURAI 5
07. 明日
08. ゆめみら
09. ウルトラヘブン スーパーマイルド
10. オレンジジュース
11. いい雨
12. ライジングボール
13. さらばビッチ
14. 裸の太陽


(初回盤DVD)
1. 裸の太陽
2. 与える男
3. WAO!|SMA|WAO!
4. 大迷惑
2010.10.17 ベストヒット☆SMA @渋谷C.C.LemonHall
★UcGoes To Hollywood Part2


【ライブ情報】

こちらも2年ぶり、待望のツアー開催!
2011/5/26(木)を皮切りに全41公演の全国ツアー
「ユニコーンツアー2011 ユニコーンがやって来る zzz...」
追加公演が大決定!
そして!一般発売に先駆けて、追加公演・アリーナツアーの「特別抽選受付」をアルバム「Z」購入者を対象に実施!

【追加公演日程】
9/16(金) 名古屋 日本ガイシホール  OPEN17:30/START18:30
9/17(土) 名古屋 日本ガイシホール  OPEN16:30/START17:30
問い合わせ:JAILHOUSE 052-936-6041

10/8(土) さいたまスーパーアリーナ  OPEN16:00/START17:00
10/9(日) さいたまスーパーアリーナ  OPEN15:00/START16:00
問い合わせ:ディスクガレージ 03-5436-9600(Weekday 12:00~19:00)

10/18(火) 大阪城ホール  OPEN18:00/START19:00
10/19(水) 大阪城ホール  OPEN18:00/START19:00
問い合わせ:清水音泉 06-6357-3666

【アルバム「Z」購入特典 特別抽選受付】
受付期間:5/25(水)12:00~6/5(日)23:59
詳しくはアルバム「Z」に封入されている案内をチェック!

ユニコーンオフィシャルHP : www.unicorn.jp

 

Photo  by Yuki Kuroyanagi

先週5月19日(木)、ジャスティン・ビーバーの来日公演が日本武道館にて行われた。自身のワールド・ツアーの最終公演となった本公演はもちろんソールド・アウト。10代の女子中心に熱狂的なファン約10,000人が武道館を埋め尽くした。
 
オープニングDJの後に登場したビーバーは、フルバンド(ドラム、ベース、キーボード、DJ、ギター2人、コーラス4人、ダンサー4人)を率い、17歳にして世界で最も注目される男(ツイッターのフォロワー数全世界2位。男性としては世界一)を感じさせる堂々としたパフォーマンスを披露。集まったファンは、ビーバーがサングラスを取ったり、上着を脱いだり、ちょっと左右に動くだけで、ビーバーのボーカルが聞こえなくなるほどの大絶叫。ビーバーも負けじと、マイケル・ジャクソンばりのマイクスタンド・パフォーマンスを披露し、日本語で「ニホンダイスキ!」や「アイシテマス!」と話すと、ファンは絶叫する光景が見られた。
 
「ラヴ・ミー」から始まり、自身のドキュメンタリー映画のテーマともなった「ネヴァー・セイ・ネヴァー」や「サムバディー・トゥ・ラヴ」、「ワン・タイム」などヒット曲を連発。途中、「ワン・レス・ロンリー・ガール」では恒例(各会場で行っている)のご当地の女性ファンをステージ上へ上げる企画も実施。今回ビーバーがステージ上へ上げたのは、前日、米国大使公邸で交流した被災地の少女。この模様に観客の女子達も自身と重ね合わせてか大興奮。ビーバーがステージ上の少女に近づいたり、触れたりするだけで武道館が割れんばかりの大絶叫。その後、キング・オブ・ポップへのリスペクトももちろん忘れず、「Wanna Be Startin Somethin」をカヴァー。エアロ・スミスの「Walk This Way」では自慢のドラムソロも披露した。
 
ビーバーは最後の曲を披露する前に「最後にいいたいのは、被災地の人には少ししか会えなかったけど、ここにくることが大切だと思った。日本に招いてくれてどうもありがとう。」とコメント
 
最後の楽曲はもちろん大ヒット曲「ベイビー」。ビーバーの看板曲だけあって、またもやビーバーのボーカルが聞こえなくなるほどの武道館が一体となった大合唱となった。計14曲を披露し、ジャスティン・ビーバーの初来日公演にして、初の武道館公演は大盛況のうちの終了した。
 
ビーバーはその後、「日本のみんな、ありがとう。ここに来れて本当に光栄に思いました。これが最後の公演だったなんて凄いよね。ツアーの最後にふさわしい終わり方だった。日本で最後が迎えられて良かったと思ってるよ。みんな、ありがとう」とツイートしていた。

 

Photo  by Yuki Kuroyanagi

 

【リリース情報】
映画公開記念盤
『ネヴァー・セイ・ネヴァー~映画公開記念盤』
ユニバーサル インターナショナル
NOW ON SALE!



 

【クリアファイル・ジャケット盤】
UICL-9099
¥1,800(tax in.)

 

【完全限定盤】
UICL-9099
¥1,500(tax in.)

 

 


【映画情報】
『ジャスティン・ビーバー ネヴァー・セイ・ネヴァー』
監督:ジョン・M・チュウ 
製作・出演:ジャスティン・ビーバー
出演:ボーイズⅡメン、マイリー・サイラス、
ジェイデン・スミス、アッシャー、スヌープ・ドッグ 他 
TOHOシネマズ六本木ヒルズ、梅田他3D限定絶賛公開中!
JUSTINBIEBER-MOVIE.JP
【ジャスティン・ビーバー オフィシャルサイト】
justin-bieber.jp

 

今年で13回目の開催となるRISING SUN ROCK FESTIVALの第二弾出演アーティストが発表された。

 

毎年北海道石狩湾で行われるRISING SUN ROCK FESTIVALは、日本初の本格的オールナイト野外ロックフェスティバルとして知られ、全国から多くの人が足を運び、前年度は61,000人の総入場者数を記録、総出演アーティスト数も全110組にのぼった。

 

第二弾出演アーティストは下記のとおり。

【第2弾出演アーティスト】
アブラーズ/稲川淳二/oh sunshine/group_inou/斉藤和義/SCOOBIE DO/3G(仲井戸麗市・村上秀一・吉田建)/Nothing's Carved In Stone/→Pia-no-jaC←/FUNKIST/Fried Pride/MONGOL800

国内のロックフェス初登場となる超実力派ジャズアーティストのFried Prideをはじめ、怪談でお馴染みの稲川淳二など、今回も幅の広いラインナップが短い北海道の夏を熱く燃やす。


【開催概要】
RISING SUN ROCK FESTIVAL 2011 in EZO
8/12(金)〈雨天決行〉、
8/13(土)〈雨天決行・オールナイト開催〉
石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ
(住所:小樽市銭函5丁目)

 

 

12日 OPEN 11:00 LIVE START 15:00 

LIVE END midnight
13日 LIVE START 12:30 

LIVE END 05:30(14日)予定

 

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2011 OFFICIAL SITE
http://rsr.wess.co.jp

現在、国内での音楽活動を休止し、フランスを始めとした海外での活動を中心に、声優業など新たなフィールドに挑戦しているMEGが来月6月30日から7月1日にかけて、パリで行われる「JAPAN EXPO」に、2009年に続き出演が決定した。

7月1日(金)のLIVE HOUSE STAGEにて16時45分より、様々な形で日本の音楽、アニメ、カルチャーが空前の盛り上がりを見せるパリで、日本代表の一人として出演する。

JAPAN EXPOとは、漫画・アニメ・ゲーム・音楽・モードなどのポップカルチャーと書道・武道・茶道・折り紙などの伝統文化を含む日本の文化をテーマとして2000年からフランス・パリ郊外で開催されている博覧会。フランス人だけではなくヨーロッパ全土を含む、世界中の「日本好き」が集まる一大イベント。年々来場者も急増しており、2000のスタート当初は来場者3000人のイベントが、昨年2010年時点で18万人以上の集客がある超巨大イベント。

JAPAN EXPOオフィシャル・サイト
http://www.japan-expo.com
MEG Official HP
http://megweb.jp/
Official Blog
http://people.zozo.jp/meg/
Official Twitter
http://twitter.com/_x_MEG_x_
所属レーベルサイト
http://unborde.com/artist/meg.php

井上陽水の全国ツアー「Tour 2011 Powder」が、19日の東京オーチャード・ホールで無事ファイナルを迎えた。

 

昨年、約4年振りのオリジナル・アルバム「魔力」をリリースした井上陽水。アルバムのリリースを挟む形でTour 2010 Powderを全20公演行ったが、各地からの熱い要望に応えて2月から再スタート、当初全18公演を予定していたが、震災の影響のため3公演は中止。

 

19日(木)にツアー・ファイナルとなる振替公演を東京オーチャード・ホールを行った。本人の記憶によると長いキャリアの中で自身の公演が延期や中止になったのは初のことらしい。

 

今回のツアーは、ベースレス、ドラムレスと言う珍しい編成。「リバーサイド ホテル」からはじまり、ニュー・アルバムから「覚めない夢」を披露。中盤では震災当日に福岡で急遽、演奏した「最後のニュース」を歌った。アンコールの最後は「結詞」。全21曲を終え「どうぞ、お体に気を付けて、お元気で」と暖かい言葉で締めくくった。


現在、「新しいラプソディー」がサッポロビール 企業CMとして使用されているが、この曲は、過去に4度CMソングとして起用されているという。

 

 

【リリース情報】

4年ぶりオリジナルフルアルバム
『魔力』
フォーライフ
11.17 ON SALE!
FLCF4358
¥2,800(tax in.)



井上陽水オフィシャルサイト http://www.y-inoue.com/

 

 

 

 

8/27(土)横浜アリーナにて開催されるWIRE11のラインナップが決定した。
オーガナイザーの石野卓球を始め、WIRE07以来の出演となるWESTBAMなどが顔を揃える。

そして今年は、DUBFIREをはじめ初出演が計10アクトとなる予定。

また、サードエリア出演権をかけたオーディションの詳細も発表されている。
プロアマ関係なく、MySpaceにアーティストプロフィールを持っていれば応募できる。
募集期間は5/20(金)から6/10日(金)。
詳細はMySpace特設ページより確認を。
http://jp.myspace.com/wire_entry

 

 

 

WIRE11 キャスト一覧

DJs:
AGORIA(LYON)、BEN KLOCK(BERLIN)、DANIEL STEINBERG(BERLIN)、
DJ SODEYAMA(TOKYO)、DJ TASAKA(TOKYO)、DUBFIRE(WASHINGTON, D.C.)、
FUMIYA TANAKA(BERLIN)、LEN FAKI(BERLIN)、MARK BROOM(LONDON)、
RADIO SLAVE(BRIGHTON)、SHIN NISHIMURA(TOKYO)、TAKAAKI ITOH(MIYAGI)、
TAKKYU ISHINO(TOKYO)、WESTBAM(BERLIN)

LIVE acts:
BEROSHIMA(BERLIN)、dOP(PARIS)、Dr. SHINGO(TOKYO)、KEN ISHII(TOKYO)、
RAINBOW ARABIA(LOS ANGELES)、SNUFF CREW(KOLN/BERLIN)
 
VJs:
DEVICEGIRLS (TOKYO)
 DOMMUNE VIDEO SYNDICATE(UKAWA NAOHIRO+HEART BOMB+KRAK)(TOKYO)

【イベント情報】
WIRE11(ワイアーイレブン)
2011/8/27(土) 横浜アリーナ
開場/開演:18:00(オールナイト)    

【チケット情報】
6月25日(土)チケット一般発売に先駆け、2種類の先行割引チケットを販売中。
特割チケット:¥11,550 ⇒ ¥11,000
ペア割チケット<2枚組>:¥23,100 ⇒ ¥20,000

前売チケット:¥11,550(オールスタンディング)
チケット一般発売:6/25(土)
全国プレイガイドおよびWIRE11オフィシャルサイト他にて一斉発売
取り扱いプレイガイド:チケットぴあ/e+(イープラス)/ローソンチケット/CNプレイガイド/セブンチケット他

 

お問合わせ

WIRE事務局:0570-069-111(24hテープ対応)

 

 

 

WIRE11 OFFICIAL HP : http://www.WIREWEB.jp

FaceBook : http://www.facebook.com/WireOfficial
twitter : http://twitter.com/wire_staff
myspace : http://www.myspace.com/wireweb

5月5日
1.break
2.PYROMANIA
3.Twisted dreams
4.speed
5.Vida Rosa
6.I HATE YOU
7.LIE-LIE-LIE
8.TOMORROW
9.go crazy
10.Drivin'Now
11.Go Charge
12.BURN OUT

EN1.Feel Your Blaze


5月6日
1.OVER DRIVE
2.No time to lose
3.Sixteen
4.go crazy
5.Vida Rosa
6.RECKLESS
7.BUT YOU SAID I'M USELESS
8.PYROMANIA
9.So High
10.NOWHERE
11.Feel Your Blaze

EN1.BURN OUT


5月7日
1.Gabriel
2.Go with the Devil
3.Die for you
4.speed
5.Vida Rosa
6.SUICIDE DREAM
7.PYROMANIA
8.CRUSH
9.Feel Your Blaze
10.break
11.Go Charge

EN1.RECKLESS


5月8日
1.Die for you
2.go crazy
3.addiction
4.RECKLESS
5.ray of light
6.PYROMANIA
7.BURN OUT
8.Death Valley
9.speed
10.Vida Rosa
11.Gabriel

EN1.Feel Your Blaze


5月9日
1.Resist bullet
2.Vida Rosa
3.break
4.PYROMANIA
5.OVER DRIVE
6.SQUALL
7.ray of light
8.RECKLESS
9.Twisted dreams

~Dr solo~

10.BUT YOU SAID I'M USELESS
11.go crazy
12.NOWHERE
13.Die for you
14.CHAMPAGNE GOLD SUPER MARKET

EN1.ACROSS THE NIGHT
EN2.Feel Your Blaze
EN3.BURN OUT

EN4.Evoke the World

 

6月29日にリリースされるニューシングル「しんぱい」のリードトラックとなる同タイトルのミュージックビデオが完成した。
今回ミュージックビデオの監督を手掛けるのは、今回で3度目のタッグとなる島田大介。
前回の「ラフ」のミュージックビデオでは、たむらぱんが持つ独自の世界観を島田監督シュールに映像化することに成功している。
各所で高い評価を得たが、今回の「しんぱい」では、たむらぱん自身がミュージカル仕立てのダンスに初挑戦し、楽曲の持つポップなテイストに合わせたさまざまなポーズの振り付けを見事に踊りこなすという、これまでのたむらぱんを知るファンに大きな衝撃を与える内容に仕上がっている。
なお、「ラフ」で登場していた摩訶不思議な生き物や人物が今回のビデオにも一部登場しており、そちらもチェックしてみるのも楽しいだろう。
今回、この仕上がったばかりのミュージックビデオををいち早く観てもらうため、たむらぱんのオフィシャルサイトでフルバージョンを5月の週末限定で公開する。
視聴可能な期間は、5/20(金)21:00~5/23(月)の6:00までと、5/27(金)21:00~
5/30(月)6:00までの2回となっている。
いち早くフルバージョンを観れるチャンス!!お見逃しのないように!
こちらのURLから視聴可能
http://www.tamurapan.com/movie.html
「しんぱい」は、TBS系テレビ全国ネット「CDTV」6月度エンディングテーマに決定しており、6月4日(土)からオンエア。
また、シングルの初回盤パッケージに特典DVDとしてミュージックビデオが収録されることになっている。
たむらぱん Major 7th Single
「しんぱい」 2011年6月29日発売
初回盤 COZA-581/2 「しんぱい」PV DVD付 ¥1,575(tax in)
通常盤 COCA-16500 ¥1,260(tax in)
1、「しんぱい」 TBS系テレビ全国ネット「CDTV」6月度エンディングテーマ
2、「WARAW」 ウィンクル「それぞれのHAPPY PHOTOS」篇 CMソング
-Bonus Track-
ワンマンライブ “パンダフルツアー” @Liquidroom 2011.03.06
3、「ラフ」(Live Version)
4、「バンブー」(Live Version)
5、「フレフレ」(Live Version)
6、「ゼロ」(Live Version)
【ライヴイベント】
2011.05.28(土) 東京 shimokitazawa GARDEN
“Focus #1 ~Special two sets that blooms in shimokitazawa~”
出演:たむらぱん/HALCALI 18:00open / 19:00start
【ワンマンライヴ】
2011/07/01(金) 東京 恵比寿Liquidroom 18:30open / 19:30start
※チケット一般発売: 5/28(土)午前10:00~

たむらぱんの6月29日にリリースされるニューシングル、「しんぱい」のリードトラックとなる同タイトル曲のミュージックビデオが完成した。

 

今回ミュージックビデオの監督を手掛けるのは、今回で3度目のタッグとなる島田大介。

島田監督は前回の「ラフ」のミュージックビデオで、たむらぱんが持つ独自の世界観をシュールに映像化することに成功している。

 

今回の「しんぱい」では、たむらぱん自身がミュージカル仕立てのダンスに初挑戦し、楽曲の持つポップなテイストに合わせたさまざまなポーズの振り付けを見事に踊りこなし、これまでのたむらぱんを知るファンに大きな衝撃を与える内容に仕上がっている。

 

なお、「ラフ」で登場していた摩訶不思議な生き物や人物が今回のビデオにも一部登場しており、そちらも併せてチェックしてみるのも楽しいだろう。

 

今回、この仕上がったばかりのミュージックビデオををいち早く観てもらうため、たむらぱんのオフィシャルサイトでフルバージョンを5月の週末限定で公開する。

 

視聴可能な期間は、5/20(金)21:00~5/23(月)の6:00までと、

5/27(金)21:00~5/30(月)6:00までの2回となっている。

 

こちらのURLから視聴可能

http://www.tamurapan.com/movie.html

 

「しんぱい」は、TBS系テレビ全国ネット「CDTV」6月度エンディングテーマに決定しており、6/4(土)からオンエア。

また、シングルの初回盤パッケージに特典DVDとしてミュージックビデオが収録されることになっている。

 

【リリース情報】


New Single
『しんぱい』
コロムビアミュージック

2011.6.29 ON SALE!

【初回盤】

 COZA-581/2
¥1,575(tax in.)

 

【通常盤】

COCA-16500
¥1,260(tax in.)
  

 

 

【イベント情報】

“Focus #1 ~Special two sets that blooms in shimokitazawa~”

2011/05/28(土)

東京 shimokitazawa GARDEN

18:00open / 19:00start

出演:たむらぱん/HALCALI 

 

【ライブ情報】

たむらぱん ワンマンライブ

2011/07/01(金)

東京 恵比寿Liquidroom

18:30open / 19:30start

※チケット一般発売: 5/28(土)午前10:00~

 

たむらぱん OFFICIAL WEBSITE
http://www.tamurapan.com/

キノコホテルのアルバム『マリアンヌの恍惚』発売記念ツアー「恍惚の逃避行」の初日が、15日に札幌moleで開催された。

超満員の中、ライジングサンロックフェスティバルを思わせる異常な盛り上がりの中、支配人マリアンヌの客席ダイブもあった。

東京では、6月4日5日と新宿ロフトで二日間開催。各日メニューを変えながらも、これまでの集大成のようなステージになるというから両日とも必見。さらに、6月25日には下北沢にて、女性限定の単独実演会が決定。これは昨年12月に開催され大好評だった企画で、衣装や演目など、通常とは大きく異なる特別な内容になる。
 
支配人のtwitterでは最近の実演会写真も見ることができる。
http://twitpic.com/4yua2k
http://twitpic.com/4yuoj3
 
【サロン・ド・キノコ~恍惚の逃避行・新宿編】
6月4日(土)開場18:00・開演19:00 
6月5日(日)開場17:00・開演18:00 
会場:新宿ロフト
各日・前売2500円

<サロン・ド・キノコ~白百合の園>
6月25日(土)
出演:キノコホテル
*女性限定の単独公演です
18:30開場/19:00開演
前売2000円/当日2500(ドリンク別)
 会場:下北沢CLUB Que
CLUB Que&プレイガイド販売:5月21日

 

【リリース情報】

悶絶の大傑作フルアルバム
マリアンヌの恍惚
徳間ジャパンコミュニケーションズ
TKCA73633
¥2800(tax in.)
04.06 ON SALE!

 

公式HP
http://www.kinocohotel.com/

「今まで打ち出してきた音楽性の幅をもっと広く、そして深く、進化させたいという思いの中、今もまた新しい進化の真っ只中にあり、今回のMini Albumはその進化のひとつとして今までにない新しいSPIV STATESの音楽が詰まっている最高の作品になりました。」
そう言葉にし、結成当時の“ゲストプレーヤー参加型”という形態に戻し、新しいスタートを発表したSPIV STATES(スピッブステイツ)。
2nd MiniAlbumとなる『フタリノホシ』は、新たな一面として打ち出した 「どこをとっても“V-POP”」“全曲A面”と豪語する渾身の一作となった。

 

レコーディングにはBUGのBa.TAKASHI、sads・黒夢のサポートを努めるDr.GOを始めとした豪華なゲストプレーヤー達を迎え、得意とするPOWER POPでフレッシュなギターサウンドの「フタリノホシ」「HEART」は勿論、 「Charon-カロン-」「ラバーズフィルム」は初のミドルバラードの“セツナ系”にも挑戦。 「Always」は神戸出身のJUNが今回の震災の直後から制作を開始。「-for Japan-」は日本に向けて、「-for the world-」は世界に向けてのメッセージソングとなっており、英訳の歌詞にも挑戦した。

また8月13日には渋谷タワーレコードにてレコーディングメンバーでの一夜限りのスペシャルミニライヴを開催。
更にHPにて『フタリノホシ』の視聴がスタート。新境地“V-POP”を切り開くSPIV STATESの今後の展開にますます期待が出来る。

 

【リリース情報】

2nd MiniAlbum

『フタリノホシ』
2011.7.13 ON SALE!

【初回生産限定盤】

CLUD-0013〜0014 / ¥2,100(tax in)

 

【通常盤】

CLUD-0015 / ¥1,680(tax in)


“フタリノホシ"発売記念@渋谷タワーレコード
一夜限りのスペシャルミニライヴ『naked HEART』

8月13日(土)19:00〜 タワーレコード渋谷店 B1『STAGE ONE』
※タワーレコード渋谷店、新宿店で「フタリノホシ」をお買い上げの方先着で入場券を配布。
入場券1枚に付き2名まで入場可。
(問)タワーレコード渋谷店  03-3496-3661


オフィシャルサイト

http://spivstates.com/

『MUSICMAN』の大ヒットから早3ヶ月。次なる活動が心待ちにされていた桑田佳祐の最新情報が明らかになった。

桑田佳祐は、新曲とともに、2011年度のドコモ夏キャンペーンのCMに登場する。まずティザーとして「桑田さん登場篇」が来月6月4日(土)から全国順次オンエア開始。その後もいくつかバージョンが予定されている。

今回のキャンペーンは、「walk with you 2011 SUMMER」をキャンペーンタイトルとした、NTTドコモの夏のキャンペーン。「桑田佳祐×ドコモ始まる。新しい未来に向けた一歩へ」という掛け声のもと、「人々の心を動かし、つないでいくチカラで日本を元気に。そんな夏にしたい。」という思いがこめられたキャンペーンとなっている。

「人々の心を動かし、つないでいくチカラ」。まさに現在の日本においてもっとも必要とされているもののひとつだが、それを体現するのに最もふさわしい人物が選ばれたといってよいだろう。

一方、気になるCMで流れる新曲についても、テーマにピッタリのすばらしい曲が完成しつつある。2本のアコースティックギターとフリューゲルホーンでつむがれていくこの曲は、しっとりとした雰囲気の中に郷愁が漂いながらも、明日への希望へとつながっていく。一度聴いたら忘れられない明るいメロディが、心の奥底まで染み渡ってくるような味わいを持つ曲という。

桑田はアルバム『MUSICMAN』リリース以降は、東日本大震災にともない、「チーム・アミューズ!!」によるスペシャルチャリティソング『Let’s try again』(5月25日CD発売) を手がけるなどしていたが、アルバム以降、そして震災以降の本格的な活動は今回のこの新曲、そしてCM出演をもって開始ということになる。この新曲のリリースやその他の桑田の活動については現状未定。なお、CM出演は大塚製薬ウルオス以来約1年半ぶりのこととなる。既にティザーの「桑田さん登場篇」とそれに続く第一弾の撮影は完了しているとのこと。

ドコモ店頭では、「walk with you 2011 SUMMER」キャンペーンを6月10日(金)から8月31日(水)まで実施。抽選で「KUWATA×DOCOMO コラボTシャツ」をはじめとした「ともに、あしたへ。 MADE IN 東北」グッズ等が合計10万名様に当たる。

 

公式サイト
http://sas-fan.net/

00年代に多くのヒット曲を生み出し、05年4月1日、人気絶頂時に日本武道館でラストライブを行い解散したガールズバンドZONEが、今年8月に1カ月期間限定で再結成する。

 

彼女たちの名曲「secret base~君がくれたもの~」のサビの歌詞には、「10年後の八月また出会えると信じて……」とあり、今年の8月が、ちょうどCDリリースから10年目に あたり、ネット上では、「今年が10年後の八月だよね!再結成するのでは」「ZONE復活希望!」など復活説と復活待望論が多数寄せられていたという。なお、今回の再結成メンバーはMIYU、MAIKO、TOMOKAのフロント3人。ドラムのMIZUHOは現在芸能活動を行っていないため、今回は不参加。

 

8月14(日)と15(月)に2005年の解散以来となるライブを赤坂BLITZにて復活ライブを行うほか、8月10日にはZONEの名曲をガールズアーティストがカバーする『ZONEトリビュート~君がくれたもの~』のリリースを予定しており、期間生産限定盤には、現在の彼女たちが歌う「secret base~君がくれたもの~」の10年後の世界観を歌ったアンサーソングが収録される予定。

 

カバーアルバムに参加するアーティストはまだ発表されていないが、ZONE世代のガールズアーティストが
多数参加する模様。解散当時メンバー最年少のMIYUが17歳だったので、J-POPの歴史上トリビュートされるアーティストとしては、間違いなく史上最年少と思われる。

 

以下、メンバーからもコメントが届いた。

 

【MAIKOコメント】
この度、私達ZONEは復活をすることになりました。
今年が10年目という事もありますが…今回東日本大震災が起き、いてもたってもいられず私達に何か出来る事はないだろうか?と話し合った結果、音楽を通して少しでも傷ついた方々の力になれればと思い復活を決めました。「secret base」の歌詞の通り、10年後の8月に皆さんとお会いするために・・・

【MIYUコメント】
今回の震災で被災地の現状を目にする度、辛い気持ちになり今歌を歌い続けることが正しいのか?と自問自答する時期もありましたが、こんな時だからこそ歌を1人でも多くの方に届けようと決意しました。今年は「secret base」の歌詞にある「10年後の8月」にもあたり、この巡り合わせも何か意味があるものなのではないか・・・そう思い再結成を決めました。私達をずっと応援してくださった皆様にこれまでのお礼が出来る様、精一杯活動をして行きたいと思います。音楽には言葉よりも特別なパワーがあると信じて。

【TOMOKAコメント】
10年後の8月…そして今回の大震災…今だからこそ私達に出来る事は何かと考えた時に少しでも誰かの、何かの支えになりたいと思いました。私達の思いを”歌”という形で1人でも多くの方に届けたいと思います。ZONE再結成という形で様々な場面で皆さんにお会い出来る事を楽しみにしています。

【商品概要】
『ZONEトリビュート~君がくれたもの~』

8月10日2形態にてリリース


<期間限定生産限定、超豪華CD2枚組>】
SRCL- 7680~81 ¥3,990(tax in)

※8月末までの期間限定生産
<Disc.1>  ZONE世代のガールズアーティストによるカバーアルバム。
<Disc.2>  ZONEメンバー自らリ・セレクトしたオリジナル楽曲のべストと、
「secret base~君がくれたもの~」のアンサーソング(新曲)をZONE自らが歌う!!

<通常盤>

SRCL- 7682 ¥3,059(tax in)
<Disc>  ZONE世代のガールズアーティストによるカバーアルバム。

【メンバープロフィール】

※写真上、右より
MIYU 、1988年5月20日(23歳) ボーカル&ギター担当
MAIKO、1986年7月24日 (24歳)ボーカル&ベース担当
TOMOKA、1986年9月19日 (24歳)ボーカル&ギター担当

 

Jが5月5日から5日間に渡り、SHIBUYA-AXでスペシャルライブ「J 14th ANNIVERSARY SPECIAL LIVE Set FIRE Get HIGHER -FIRE HIGHER 2011-」を開催した。
2002年に初めて開催されたこのAX 5days。過去にはPOLISICS、9mm Parabellum Bullet、LUNKHEAD、MERRY、ROTTENGRAFFTYなど、ジャンルを問わずゲストに迎え、熱いライブを繰り広げてきたこのイベントも今回で4回目。前回、2007年にソロ活動10周年を記念して行われたときには「もうこれが最後かもしれない」とJ本人が言っていたが、J独特の“14周年”を記念し、再度5daysの開催となった。

今回のゲストは、
5月5日、MASS OF THE FERMENTING DREGS / Northern19 / 石鹸屋
5月6日、Nothing's Carved In Stone / The Telephones
5月7日、avengers in sci-fi / Fear, and Loathing in Las Vegas / 女王蜂
5月8日、a flood of circle / the HIATUS / Pay money To my Pain

 

各アーティストの写真はこちら

 

とまさに異種格闘技。一本芯の通った、熱い奴らとでも言うべきか。「音楽にジャンルなんて関係ない」というJの持論そのままの熱いバンドたちが集結した。
1月30日のAX公演以来約3ヶ月振りのライブ。会場にはこの日を待ちわびた血気盛んなオーディエンスが集まり、ダイブにモッシュにとライブを盛り上げる。
「俺のライブはケガさえしなきゃルールはないから。やりたい放題暴れてみろ!」
というJの言葉にフロアはさらにヒートアップした。

初日、Jは3月に起こった震災についてMCで触れ、
「震災で今日ここに来れなくなってしまった人もいる。だから夏は仙台からツアーを始めようと思っています」と夏のツアーを告知。その後披露された「Tomorrow」はJの秀逸バラード。久々の演奏にオーディエンスからも驚愕のどよめきが起こり、涙を流す姿も見られた。
5daysは通常のツアーと違って普段あまり聴けない曲を聴くことができるライブでもあり、「Tomorrow」、「I HATE YOU」、「Drivin'Now」、「Death Valley」、「Squall」「ACROSS THE NIGHT」、「CHAMPAGNE GOLD SUPER MARKET」など、Jはファンが喜ぶものをよく知っているなと感心するほどに今回もファンを満たす選曲が多かった。

 

 

2009年までJバンドで活躍したmasasucksが在籍するバンド、the HIATUSが登場した4日目はそれまでの3日間以上に大盛り上がり。masasucksも久しぶりに対面するJのファンを目の前に当時と変わらないパワフルなギタープレイを披露。
そしてこの日のアンコール。Jが「今日はゲストがいます」とmasasucksを呼び込むと悲鳴のような大歓声。一夜限り、1曲限りではあったが、masasucks がJバンドに復活を遂げた。「おかえり」と言うように両手を広げてmasasucksを見て微笑むJは、可愛い弟を見るような優しい目をしていてとても暖かい気持ちになった。

最終日はJのワンマンライブ。開始前から異常な熱気。どこまでも貪欲なJと似ているのか、ファンも貪欲にJを求め、客電が落ちる前から盛大なJコールが響き渡った。
5日間歌い通してきたJの声は少し枯れていた。それがとても生々しく、この5日間の凄まじさを物語っているようで、改めてJの凄さを目の当たりにした。
5日間通して演奏された「PYROMANIA」で灯すライターの炎はこの日も美しく、炎を見つめるJの目も輝いていた。

 


「たくさんのゲストバンドに俺の14周年を祝ってもらえて、俺を見てバンド始めたとか、刺激を貰ったっていう人がたくさんいて、そういうみんなと同じステージに立てて嬉しく思います。気付けば俺の人生の半分、バンドをやってロックしてます。冗談みたいな人生だよな(笑)。でも、こんな冗談みたいな人生をこれからも貫き通していこうと思います。冗談も続けていけばマジになるんだって実感してるし、ベースを始めたときに俺がなりたいと思ってたベーシストに今近づけてる気がします。何もなかった俺に勇気と希望を与えてくれた音楽、バンド、ベース、ライブ、そしてみんなに感謝してます。本当にありがとう」

そう14年分の感謝を告げたJ。ただ、Jにとってこれは通過点であり、新たなスタート。もちろん14周年のアニバーサリーイヤーはまだまだ続く。この5daysで得た熱は夏のツアーへと続いていくことだろう。「夏には新曲が披露できるはず」、とオーディエンスと約束しステージを後にした。

常に貪欲に登りつめてきたJ。MCの言葉の通り、Jに影響を受けたアーティストは山のようにいて、今はそんな彼らがJに刺激を与えているのかもしれない。そう思わせてくれたAX 5days。Jのライブは見た者に熱を与え、火を灯す。やはりJは“PYROMANIA”だ。これからも多くの人の心に火を灯し続け、勇気と希望を与えてくれることだろう。

 

 

<取材・文 / なるまゆか  写真 / MASA>

 

 

J 14th ANNIVERSARY SPECIAL LIVE Set FIRE Get HIGHER -FIRE HIGHER 2011- セットリストはこちら

 

【ライブ情報】
J 14TH ANNIVERSARY SUMMER TOUR 2011
- THE FOURTEEN - - with Our Light of Hope -

7/22(金)仙台darwin
7/23(土)仙台darwin
7/30(土)福岡DRUM LOGOS
7/31(日)高松DIME
8/11(木)赤坂BLITZ
8/12(金)赤坂BLITZ(FC ONLY)
8/19(金)札幌PENNY LANE24
8/21(日)新潟LOTS
8/26(金)名古屋BOTTOM LINE
8/27(土)大阪BIG CAT
8/28(日)大阪BIG CAT
9/4(日)新木場STUDIO COAST

 

オフィシャルサイト

http://www.j-wumf.com/

柴咲コウのニューアルバム『CIRCLECYCLE』が5月18日に発売される。

近年は、ハリウッド映画「47 RONIN」への出演発表など、日本屈指の女優として活躍する一方で、音楽活動においても、本格派志向の強い音楽性に注目が集まっており、4月に発売されたシングル「wish」(花王アジエンスCM ソング)は、前作「無形スピリット」に続き、iTunes ロックチャート1 位を獲得し話題を呼んだ。

そんな彼女の"今"を詰め込んだ待望の新作となる。更に9月からは初の武道館公演含む全国ツアーが決定した。


アルバムリリースに先駆けて、Ustream・ニコニコ生放送で同時配信されたアルバム全曲試聴番組「柴咲無形魂 CIRCLE CYCLE編」では、初公開の映像や多彩なゲストトークだけでなく、ロンドンからSkypeのTV電話で柴咲本人が登場という、うれしいサプライズもあった。

 

そして今回、同番組の中継会場内に掲示され視聴者の目を釘付けにした、ニューアルバムのアーティスト写真展覧会の開催が決定した。写真展覧会は東京都港区六本木のHEARTLANDにて、5/18(水)~6/30(火)までの期間限定開催となる。

 
【KOU SHIBASAKI・PHOTO EXHIBITION・CIRCLE CYCLE
開催期間:5/18(水)~6/30(火)
会場:HEARTLAND
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウェストウォーク1F
営業時間 [年中無休]
5/18(水)~5/31(火) 17:00-23:00
6/1(水)~6/30(火) 17:00-翌4:00
http://www.heartland.jp/conceptbar/index.html
※会場で掲示されている写真を使用した、
柴咲コウ オリジナル チャリティーTシャツは、下記サイトで限定販売中!
http://www.hmv.co.jp/pr/shibasakikou/

【リリース情報】
彼女の"今"を詰め込んだ新作
『CIRCLE CYCLE
ユニバーサルミュージック
05.18 ON SALE!
siba1.jpg
【初回限定盤】
UPCH-29069
¥3500(tax in.)
shiba2.jpg
【通常盤】
UPCH-20245
¥3000(tax in.)

 

ヘヴィ・ロックとヒップホップを融合させたミクスチャー・サウンドで90年代後半から00年代前半にかけて大ヒットを飛ばしていたリンプ・ビズキットが6年ぶりに復活し、ニュー・アルバムをリリースする。

 

ボーカリスト、フレッド・ダーストが自身のtwitter上で「空白を埋める時が来た。代替は不要だ」とつぶやき、ファンの間でウワサになっていたが、いよいよ正式に発表され、始動する。

 

前作「『真実への逃避…』~ザ・アンクエスチョナブル・トゥルース(第一幕)」以来6年ぶり、通算6作目のオリジナル・アルバム『ゴールド・コブラ』は6月29日に発売される。


先行シングル「ショットガン」の配信はiTunes、moraにて本日スタートする。

 

【リリース情報】 


『ゴールド・コブラ』
UICS-231 /  2,500(tax in.)
2011.6.29 ON SALE!

 

 

 

 

 

リンプ・ビズキット OFFICIAL WEB SITE
http://www.universal-music.co.jp/u-pop/artist/limp/index.html

6月15日に発売されるSuperflyのニューアルバム『Mind Travel』に収録されている「Rollin’ Days」がアルバム・リリースより1ヶ月も早く、着うたフル(R)、ビデオクリップ、iTunes等で配信シングルとして5月18日(水)に先行リリースされる。

 

同曲は、フジテレビ系ドラマ「BOSS」の主題歌で話題となり、着うた(R)も大ヒット記録中だが、ドラマオンエア直後から早期リリースのリクエストが殺到していたため、このたびの措置がとられた。

 

「Rollin’ Days」はアルバムのオープニングに相応しい明快なロックンロールで、ど頭から鳴るキース・リチャーズ直系のギター・リフが印象的。ちなみに、このリフは作曲者のSuperfly元メンバー多保孝一が弾いたものだが、ギター・リフで幕を開けるアルバムは意外にもSuperflyとして初めてのことだという。

待望の3rdアルバム『Mind Travel』は6月15日にリリースされる。

 

【リリース情報】

 

<BOSS主題歌 「Rollin' Days」着うた、4月15日(金)より主要サイトにて配信中!>

New Album
『Mind Travel』
2011.6.15 ON SALE!

【初回生産限定盤】

(CD+DVD) ※デジパック仕様

WPZL-30278/79
¥3.800(tax in.)

 

【通常盤】

WPCL-10952
¥3.150(tax in.)

 

【ツアー情報】
Superfly Tour 2011"Mind Traveler"
6月25日 (土) 戸田市文化会館
6月28日 (火) 静岡市民文化会館 大ホール
6月30日 (木) 広島市文化交流会館
7月02日 (土) 島根県民会館
7月04日 (月) 倉敷市民会館
7月07日 (木) 三重県文化会館 大ホール
7月09日 (土) 名古屋センチュリーホール
7月11日 (月) 神戸国際会館こくさいホール
7月13日 (水) 大阪国際会議場メインホール
7月14日 (木) 大阪国際会議場メインホール
7月19日 (火) 京都会館第一ホール
7月21日 (木) 富山県民会館
7月22日 (金) 石川県・本多の森ホール
8月04日 (木) 東京国際フォーラム ホールA
8月05日 (金) 東京国際フォーラム ホールA
8月10日 (水) 新潟県民会館 大ホール
8月12日 (金) 福岡サンパレス
8月14日 (日) 鹿児島市民文化ホール第一
8月16日 (火) 熊本市民会館 大ホール
8月17日 (水) 宮崎市民文化ホール
8月27日 (土) 宇都宮市文化会館 大ホール
8月29日 (月) 神奈川県民ホール
9月01日 (木) 北海道・ニトリ文化ホール
9月02日 (金) 北海道・ニトリ文化ホール
9月04日 (日) 釧路市民文化会館 大ホール
9月07日 (水) 青森市文化会館 大ホール
9月09日 (金) 盛岡市民文化ホール
9月11日 (日) 山形県県民会館
9月13日 (火) 仙台サンプラザホール
9月15日 (木) 長野・ホクト文化会館 大ホール
9月18日 (日) 徳島市立文化センター
9月19日 (月) 香川・アルファあなぶきホール
9月21日 (水) 高知県立県民文化ホール
9月23日 (金) 愛媛・ひめぎんホール メインホール
10月2日 (日) 沖縄コンベンションセンター劇場


Superfly OFFICIAL WEBSITE
http://www.superfly-web.com/

長澤まさみ出演、中島哲也が監督を手がけたことで話題のCM、エスエス製薬 ハイチオールCプラスの新CMで流れている曲に注目が集まっている。

 

画面いっぱいに涙を落とす長澤まさみの泣き顔、そして最後に広がる笑顔が印象的なCMで流れている楽曲は、17歳の女子高生シンガーソングライター、井手綾香の「雲の向こう」。

ピアノと歌声だけでシンプルに表現されたこの曲は、「太陽の光のようにどこまでも光り続けたい~Oh 眩しいほどに世界中に輝きを与えたい~♪」という歌詞の通り、どんな時でも前向きに輝いていこうとする気持ちが歌われており、4月10日のオンエア開始以降、問い合わせが殺到している。

井手綾香は3月にメジャーデビューをしたばかりの新人。CMにはアーティスト名、井手綾香とだけ表示されているものの、情報は少なく、「CMの曲を歌っているアーティストはどんな人ですか?」「CMでオンエアされている楽曲はどこかで購入することができますか?」「CMを観て元気がでました!」などの反響が多数寄せられたという。

CMソングにデビューしたばかりのアーティストが起用されることは稀なことだが、その経緯は、CMに関わっているスタッフが邦楽・洋楽・インストゥルメンタル問わず、デビュー前の新人から誰もが知っている有名アーティストまで、全413曲の候補の中から探し当てたとのこと。

413曲目にしてCMの世界観に合致する曲にめぐり合ったという、井手綾香の「雲の向こう」は、彼女が3月にリリースしたメジャー・ファーストミニアルバム『Portrait』に収録されていた曲だ。CMを手掛けた中島哲也監督も「このCMのために作ったみたいだ」と驚いていたという。

反響を受け、井手綾香が所属するビクターレコーズは、急遽「雲の向こう」CMバージョン着うた(R)を5月18日よりレコチョクなどの音楽配信サイトにて配信開始。着うたフル(R)はすでに配信中。

また、6月22日には「雲の向こう」シングルCDとDVD(「雲の向こう」、メジャー・ファーストミニアルバム『Portrait』に収録されていた「あのね」の2曲のMUSIC VIDEOを収録)がセットになったスペシャル・パッケージを1,000円(税込)で初回生産限定販売する。

CMをきっかけに名前が広く知られることになると思われる井手綾香。これから活躍に期待がかかる。

 

 

【リリース情報】

エスエス製薬 ハイチオールCプラス CM曲
『雲の向こう』
ビクター
06.22 ON SALE!
VIZL-423
¥1,000(tax in.)



公式サイト:http://www.ideayaka.com
「雲の向こう」PV:http://www.youtube.com/watch?v=hCrTzoXeY7I
「あのね」PV:http://www.youtube.com/watch?v=KmEXI5tJdI0

新ベーシスト加入の新生ザ・たこさん、2011年初の東京公演迫る

 

MUSICSHELFが応援する関西ソウル/ブルース/ファンク界の宝!ザ・たこさん。昨年末にベース脇本 総一郎(仮名)が脱退し、新ベーシスト、オカウチ・ポテトが加入してから初となる東京でのライブが20日、21日に行われる。

 

既に地元大阪では新編成後、数多くのライブをこなしており、”悲しき怪人”ボーカル安藤八主博とオカウチとの新たな絡み(抗争?)にも期待がかかる。東京のたこさんファンにとっては待ちきれない瞬間、満を持しての登場となる。

 

 


会いに行けるFUNK feat : ザ・たこさん × ズクナシ
5月20日(金) OPEN 18:30 / START 19:00
会場:LOOP (東京・代官山)
出演:ザ・たこさん / ズクナシ
Opening act:  the star spangled burner
DJ : KANEKO HIDESHI(☆)

チケット: 前売¥2,800 / 当日¥3,300
※入場時にドリンク代が別途必要となります。

LOOP
http://www.live-loop.com/live.html
会場へのアクセス
〒150-0035 東京都渋谷区鉢山町13-12 B1
TEL 03-6277-5032
主催 / 企画制作: SLD Entertainment. Inc / 代官山 LOOP
お問い合わせ:
SLD Entertainment. Inc Tel : 03-6277-5032 [月-土 12:00-19:00]


5月21日(土)20時開演
会場:地球屋 (東京・国立)
出演: ザ・たこさん / rainman
チケット: ¥1,500


地球屋(http://www.chikyuya.info/
会場へのアクセス
東京都国立市東1-16-13-B1
TEL 042-572-5851

 


5月14日、『「a knot」only TOUR2011 THE DECOMPOSITION OF THE MOON』と銘打たれたDIR EN GREYの新規ツアーが大阪で幕を開けた。

去る1月上旬に終了した『THE UNWAVERING FACT OF TOMORROW TOUR2010-2011』以来となる今回のツアーは、彼らのオフィシャル・ファンクラブである「a knot」の会員のみを対象としたもの。

これから5月26日の最終日までの間に東京、名古屋、京都での公演が行なわれることになっており、チケットは当然ながらすべてソールド・アウトとなっている。

ツアー初日、会場となったZepp Osakaには、過去数ヵ月の間に飢餓感を募らせてきた筋金入りのコア・ファンたちが集結した。機材トラブルのために開演が20分以上遅れ、さらにアンコール時には照明卓の異状によりステージ上が一瞬、暗闇になるというアクシデントもあり、加えてメンバーたちの演奏ぶりにもツアー初日ならではのある種の堅さが感じられる部分があったが、激しい起伏を伴った濃密で刺激的なライヴだったことは言うまでもない。

 

詳しい演奏内容については、FC限定公演ということもあるので必要以上には触れずにおきたいところだが、耳慣れないオープニングSEに乗って登場した5人が最初に演奏したのが、意表を突く「激しさと、この胸の中で絡み付いた灼熱の闇」だったことは記しておきたい。

 

そして新旧を織り交ぜつつの演奏メニューが進むなか、ライヴ本編の終盤に、「LOTUS」から続けざまに初披露の楽曲が登場。

それが6月22日に発売を控えているニュー・シングル、「DIFFERENT SENSE」だった。

タイトルからだけでは音楽的方向性を察知しがたいところがあるはずだが、獰猛さと優美さ、残忍さとせつなさとを併せ持った場面転換豊富なこの楽曲の素性に、誰よりも早く触れることになった大阪のオーディエンスは、怒濤のごとき展開に唖然としつつも激しくヘッド・バンギングし続けた。

また、彼らの楽曲にしてはめずらしくギター・ソロがフィーチュアされている点に新鮮さを感じた観客も少なくないだろう。

当然ながら今後、毎公演で確実にこの「DIFFERENT SENSE」が披露されるとは限らないが、少なくともこのツアーが終わる頃までに、この曲がライヴにおける最大のハイライトのひとつになっていくことは間違いない。

このシングルの先には当然ながら、2008年11月発売の『UROBOROS』以来となるニュー・アルバムも控えているわけだが、まずはこのツアーの動向を見守りつつ、「DIFFERENT SENSE」の発売を心待ちにしながら、“最強にして最狂”と広く認められた『UROBOROS』に続く作品の像を思い描きたいところである。

 

 

<文:増田勇一>

 

【リリース情報】

New Single
「DIFFERENT SENSE」

2011.6.22 ON SALE!


【初回生産限定盤】
SFCD-0084~85 / ¥1,890 (tax in)

【通常盤】
SFCD-0086 / ¥1,260 (tax in)

 

【ライブ情報】

<TOUR2011 PARADOX OF RETALIATION>
8月07日(日) オランダ/ユトレヒト/Tivoli
8月09日(火) フランス/パリ/Divan du Monde
8月10日(水) フランス/パリ/Divan du Monde
8月12日(金) イギリス/ロンドン/Koko
8月13日(土) ドイツ/ボーフム/Zeche Bochum
8月16日(火) イタリア/リミニ/Velvet
8月18日(木) ハンガリー/ブダペスト/Club 202
8月20日(土) ポーランド/クラクフ/Klub Studio
8月21日(日) ドイツ/ベルリン/Columbia Club
8月23日(火) フィンランド/ヘルシンキ/Nosturi
8月25日(木) ロシア/モスクワ/Milk Club

www.twisted-talent.com/

<Wacken Open Air>
8月6日(土) ドイツ/ヴァッケン/ヴァッケン
 www.wacken.com/

<「a knot」only TOUR2011 THE DECOMPOSITION OF THE MOON>
5/14(土) Zepp Osaka
5/15(日) Zepp Osaka
5/18(水) Zepp Tokyo
5/19(木) Zepp Tokyo
5/22(日) 名古屋ダイアモンドホール
5/23(月) 名古屋ダイアモンドホール
5/25(水) 京都FANJ
5/26(木) 京都FANJ

DIR EN GREY OFFICIAL SITE
http://www.direngrey.co.jp/

DIR EN GREY OFFICIAL Twitter
@DIRENGREY_JP

佐々木希の新曲「non×non!! -2011 spring edition-」が5月16日(水)より配信限定でフルバージョンがリリースされる。

雑誌「non・no」の誌面で読者から大募集した「ありえないメンズエピソード」がふんだんに盛り込まれた同曲。その配信開始を記念して期間限定特設サイトにて、ツイッターを絡めた施策がスタートした。

施策の内容は、この楽曲のテーマにのっとり、期間限定特設サイトで“あなたのまわりの「ありえない話」”を大募集するツイッター企画。「ありえない男」「ありえない女」「ありえない上司」「ありえないオカン」など、お題は何でもOKで、とにかく「ありえなーい!」とみんなで叫びたくなるようなエピソードを、「#arienai」というハッシュタグをつけてツイートしてもらおうというもの。

投稿は佐々木希本人がチェック。最も「ありえなーい!」と思ったエピソードを投稿した人には、佐々木希直筆「ありえなーい!」サイン入りフォトカードというプレゼントも用意されている。

【リリース情報】
配信限定曲
「non×non!! ~2011 spring edition~」
「non・no」CMソング               
着うたフル®/PCフル配信 5月18日(水)より配信スタート!!
着うた®好評配信中!!

オフィシャルサイト
http://s-nozomi.com
「希佐々木のありえない話」特設サイト
http://www.s-nozomi.com/arienai/

 

 

7月16日から3日間にわたって静岡県掛川市つま恋で開催されるap bank fes。毎年、開催意義を議論したうえで行われてきた同フェスだが、今年は東日本大震災という、この国で暮らす誰しもが無視することのできない大きな出来事を踏まえ、「復興支援」というテーマで挑むことになった。フェスでの収益はグッズ販売等も含め、すべて復興支援金に充当される。

 

その出演者第2弾が発表された。これまで出演してきたアーティストを中心に、「ひとつになろう」という思いを持ったアーティストが集まっている。

 

16日(土)
<Bank Band with Great Artists>

スガシカオ/秦基博/一青窈/真心ブラザーズ

<Band Act>

Mr.Children

17日(日)

<Bank Band with Great Artists>

Salyu/ナオト・インティライミ/BONNIE PINK

<Band Act>

Mr.Children


18日(月・祝)

<Bank Band with Great Artists>

加藤登紀子/KAN/My Little lover/RHYMESTER

<Band Act>

Mr.Children


【開催概要】
ap bank fes '11 Fund for Japan
7月16日(土)
7月17日(日)
7月18日(月・祝)
つま恋
(住所:静岡県掛川市満水2000番地)

 

開園  8:00 
会場  9:00
閉演 22:00

ap bank fes '11 Found for Japan
http://fes.apbank.jp/top/index.php

2009年1月、東京都世田谷区下北沢に突如現れた音楽集団「THEラブ人間」。今まで全国リリースされる音源が無いながら、シーンで圧倒的な盛り上がりを見せてきた彼らが、満を持して5月11日(水)、初の全国流通盤となる両A面シングル「砂男・東京」をリリースした。

発売日当日に行われたタワーレコード新宿店でのインストアライブにて2つの重大発表がされた。ひとつが初ワンマン公演「THEラブ人間の単独演奏会~はじめてのラブレター~」が、渋谷クラブクアトロで開催。そして、8月に新しい音源がメジャーからリリースされることが発表された。

発売日当日のタワーレコード新宿店でのフリーライブは、20分前からフロアはパンパンの満員状態で、始まる直前には通路まで溢れかえる盛況ぶり。シングルの2曲「砂男」「東京」を含む5曲を約40分間、ライブハウスと変わらず圧倒的なパフォーマンスを披露した。

終盤のMCで、7月15日に渋谷クアトロでの初ワンマン、そして「8月ビクター音楽産業よりリリースします!」と予告されていた重大発表があり、どっと拍手と歓声が起こった。本編最後の「砂男」では、アーティスト、お客さん、タワレコのスタッフが涙する一幕もあり、新たなスタートを切ったTHEラブ人間に対する喜びが溢れた素晴らしいライブとなった。

アンコール1曲目では、タワーレコード新宿店のために書き下ろされた「東南口の恋」を披露。タワーレコード新宿店に通うバンドマンの一風景を切り取った、楽しい楽曲になっている。5月16日までタワーレコード新宿店の閉店間際に流れるという。

5月13日(金)から、大阪を皮切りに「砂男・東京」レコ発ツアーがスタートしていく。

【ライブ詳細】
<邂逅ツアーファイナル>
THEラブ人間の単独演奏会~はじめてのラブレター~
渋谷CLUB QUATTRO
2010.07.15  
OPEN 18:30 / START 19:30 
TICKET¥2,500(ドリンク代別)

 

 

【リリース情報】

名刺代わりの2曲入りシングル
『砂男』
喫茶恋愛至上主義 (PTA/SOLID BOND)
PTA-0001
¥500(tax in.)
05.11 ON SALE!



 

 

5月13日(金)にのあのわのワンマンライブ『のあのわpresents “のあのわ×のあのわ”』が渋谷DUO Music Exchangeで行われた。

 

5月11日に発売された彼らの最新シングル「Have a Good Day !」は現在、資生堂アネッサ 2011CMソングとして、テレで大量オンエア中、そして東北の全FM局のパワープレイ制覇と話題沸騰中。会場は話題沸騰中のバンドを一目見ようと集まった人々の熱気で充ち溢れていた。


今回のワンマンライブはバンドの”陰”と”陽”の2面性を表現する2部構成で行われ、1部の”陰”サイトでは、ボーカルYukkoは真っ赤なワンピースで登場した。インディーズ時代の楽曲「静かな歌」ではYukkoが久々にギターボーカル姿を見せたり、世界最大級の水族館・海遊館の2011春TV-CMソングとして関西地区でオンエア中の新曲「Calling」を初披露するなど、全7曲を演奏し、静寂の中に激しさを織り交ぜていくバンドの“深淵さ”を示した。
 

15分間の休憩をはさみ、行われた”陽”サイドの2部では、Yukkoは本人が”ポンピー”と名付けたカラフルな衣装で登場し、「SPECTACLE」やNHK『トップランナー』2010年度テーマ曲の「もぐらは鳥になる」などを演奏。そんな中、新曲『Have a Good Day !』を演奏すると、イントロが始まった瞬間から、手拍子が始まり、会場の盛り上がりは最高潮へ。期待感溢れる中でバンドの新しい代表曲の都内初披露となった。


その後、過去のシングル曲「ループ、ループ」や「Sweet Sweet」など計9曲を演奏。1部とは打って変わって、バンドが持つ”陽”の強い輝きを会場中に解き放った。
 
アンコールではYukkoが”今日が少しでもいい日になりますように”と願いを込め「good day」、最後はメジャーデビュー曲「ゆめの在りか」を演奏し、圧倒的な歓喜に充ち溢れる中、公演を終了した。

 

 

『Have a Good Day ! (MUSIC VIDEO SHORT)』

 

 

【リリース情報】


New Single
『Have a Good Day !』
スピードスターレコーズ
VICL-36637
スペシャルプライス¥500(tax in.)
2011.5.11 ON SALE!

 

【ライブ情報】
6/04(土) SAKAE SP-RING 2011 @名古屋CLUB QUATTRO
6/18(土) 夢チカLIVE VOL.70 supported by オトキタ @札幌KRAPS HALL
7/10(日) Easy Do Dance!vol.2 @Shibuya WWW
8/13(土) MTV ZUSHI FES 11 supported by RIVIERA

 

【リリース記念イベント情報】
5/21(土) タワーレコード名古屋パルコ店
5/22(日) NU Chayamachi 1Fコリドール特設会場
〃        タワーレコード梅田NU茶屋町店6Fイベントスペース
6/24(金) LIVE GATE(@TOKYO EBISU)

 

のあのわ オフィシャルHP

www.noanowa.jp
http://www.jvcmusic.co.jp/speedstar/-/Artist/A021451.html

J SHIBUYA-AX 5days photo

5月5日

 

MASS OF THE FERMENTING DREGS

 

Northern19

 

石鹸屋

 

 

5月6日

 

Nothing's Carved In Stone

 

 

The Telephones

 

 

5月7日

 

avengers in sci-fi

 

Fear, and Loathing in Las Vegas

 

女王蜂

 

5月8日

 

a flood of circle

 

the HIATUS

 

Pay money To my Pain




レポートページに戻る

THE BAWDIESメジャー3作目となるニューアルバム『LIVE THE LIFE I LOVE』が6月8日にリリースされる。

今作は、ファースト・アルバム『THIS IS MY STORY』のルーツ感、セカンド・アルバム『THERE’S NO TURNING BACK』から滲み出たオリジナリティー、そして今まで吸収してきたブラックミュージックへの敬意を表したオマージュとも感じ取れるメロディーの数々で構成された作品群となっており、間違いなくTHE BAWDIESの最高傑作と言える作品となった。

5月15日には、下北沢シェルターにて、前日の女子限定ライブに続きバンドとして初となる、男性限定ライブ“I’m A Man”が開催された。

男性限定ということで非常に熱いステージが繰り広げられたわけだが、会場の熱をさらにヒートアップさせる重大発表がバンドから告げられた。アンコールのタイミングで告げられたその内容とは、11月27日(日)に、日本武道館での初のワンマンライブを行うというもの。

メジャーデビューから今年で3年目、現在までに2枚のアルバムをリリースしている彼らが夢にまで見た日本武道館のステージに立つことが決定した。その他、9月以降のツアー追加情報も発表された。

こちらのチケットは、6月8日に発売されるサードアルバム『LIVE THE LIFE I LOVE』の初回盤に封入されるチケット先行抽選予約シリアルナンバーを使ってWEB上で先行抽選予約のエントリーが可能。その他、アルバム購入特典として「当たり付スペシャルソウル汁(シール)」を封入する。

 

 

 

 

【リリース情報】

メジャー3作目
『LIVE THE LIFE I LOVE
ビクター
2011.6.8 ON SALE!
VICL-63746
¥2,800(tax in.)



ニューアルバム特設サイト
http://thebawdies.com/livethelifeilove/index.html

デビュー20周年を迎えた観月ありさが5月15日に渋谷egg manでアニバーサリーライブを開催した。


ライブが行われた渋谷egg manは観月ありさが20年前の今日、初めてデビューライブを行った思い出の場所。会場には3000通の応募から当選した50名が招待され、「TOO SHY SHY BOY!」や「エデンの都市」など懐かしい曲に盛り上がった。


デビュー曲の「伝説の少女」では、スペシャルゲストとして作者の尾崎亜美が登場し、、尾崎のキーボード1本で観月が歌い上げ、20年ぶりのスペシャルなセッションを披露した。


20周年を迎えた観月は「20年ぶりにこのステージに立てて嬉しかった。7年ぶりのLIVEとあって終止緊張して、最後の歌の時には感極まって、涙がこぼれそうなのを我慢しながら笑顔で歌いました。感謝の気持ちで一杯です」と20年分の思いを伝えた。

 

5月25日にはデビュー20周年を記念してアルバム『SpeciAlisa』が発売。収録曲は全て、彼女のリスペクトアーティストや友人たちに観月ありさ自らが直接楽曲の制作をオファー。DREAMS COME TRUE、小室哲哉、尾崎亜美、綾小路翔(氣志團) 、小泉今日子、大橋トリオなど豪華なラインナップとなっている。


アルバム発売に先駆けて5月16日よりレコチョクにて「Will Love」(lecca作詞作曲)、「ALISA IN WONDERLAND」(作詞作曲Micro from DefTech)、そしてDREAMS COME TRUEの吉田美和作詞・中村正人作曲の豪華コラボ曲「あなたが笑えば」の配信スタートする。

 

 

 

【商品情報】
「SpeciAlisa」
5月25日発売 3,150円(税込)

 

【公演情報】
観月ありさ20周年記念!1日限りのプレミアムライブ
公演日:2011年6月5日(日)
会場:赤坂BLITZ
時間:15:00開場/15:30開演  18:30開場/19:00開演 (2公演)

 

オフィシャルサイト
http://avexnet.or.jp/alisa/index.html
http://m.visionfactory.jp/alisa/



大盛況となった4月30日の東京・渋谷C.C.Lemonホール単独公演(「星下り 20110430」)を経て、6月17日の仙台公演より、全国9カ所9公演のツアー『「アポリア」TOUR in 2011』を発表している、メレンゲ。

最新ミニ・アルバム『アポリア』収録曲「旅人」が、5月19日から行われる劇団・キャラメルボックスの公演『ヒア・カムズ・ザ・サン』のテーマソングに決定した。

同公演は一時間の演目を二本続けて行う「ハーフタイム・シアター」というスタイル。もう一方の『水平線の歩き方』(2008年に行われた演目の再演)では、2005年のアルバム『星の出来事』から「君に春を思う」も使用される。

キャラメルボックス劇団プロデューサー加藤昌史氏が言う、「エンターテインメント・ファンタジー」、「日常の中で非日常的なことが起こるのがキャラメルボックス作品」(キャラメルボックス公式ホームページより)を特徴とする、劇団キャラメルボックスとメレンゲのコラボレーションが楽しみ。

【公演概要】
キャラメルボックス 2011 ハーフタイムシアター
『水平線の歩き方/ヒア・カムズ・ザ・サン』
脚本・演出 成井 豊
大阪公演 5月19日(木)〜5月22日(日) 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ
東京公演 6月2日(木)〜6月19日(日) 池袋 サンシャイン劇場
http://www.caramelbox.com/

メレンゲ公式HP
www.merengue.jp

MUSICSHELF SPECIAL INTERVIEW

/blog/selector/2011/04/special-interview-part1-1.html

 

 



 2009年結成以降、驚異的な速度でライブ動員数を増やしている5人組ロックバンド「ViViD」が15日(日)、日比谷野外大音楽堂にて行われたViViD ONEMAN LIVE TOUR 2011『 Dear...ViViD COLORS』を行った。

 

集まった3,000人の前でパフォーマンスを披露し、2012年1月7日(土)日本武道館での単独公演を発表した。

今回のライブチケットも即完するなど、7月13日(水)の2nd single「BLUE」リリースを控えて最高の状態であるViViD。
音玉と共にViViDの中でもハードなナンバーである『Across The Border』で幕が開いた。ボーカルのシンは「今日はみんな,関係者も家族も最高の笑顔にできればと思います。」と呼びかけ、彼らのポップチューンである『PRECIOUS』や、オリコンウィークリーチャート6位となったメジャーデビューシングル『「夢」~ムゲンノカナタ~』などを披露し本編が終了した。
アンコールによって呼び戻されたメンバーであったが、ここでボーカルのシンが『今まで生きてきた中で一番最高の日です。今日はワンマンツアー初日だけど、全国のみんなにも人生で俺らのライブが一番笑顔になれたって言えるようにします』と語り、新曲『BLUE』をツアー初披露し、会場中が大興奮状態に。

最後は会場全員が合唱となる『Dear』にて計23曲、約2時間半の公演が終了。
尚、公演後には2nd single『BLUE』のPVもフル尺にて初披露された後、2012年1月7日に実施されるViViD LIVE2012 「TAKEOFF~Birth to the NEW WORLD~」日本武道館公演を発表した。
直後、会場は歓声と熱気に包まれ、ファンには最高の公演となった。
なお今世紀デビューしたロックバンドとしては結成日から最速での武道館公演到達となっている。
ボーカルのシンは武道館公演に向けて「俺たちはここからが本当のスタートだと思っています。迷うことなくViViDを信じてついてきてもらえれば、必ず音楽業界の頂点を獲って、最高の景色を見せることを約束します」と語っていた。
今後もViViDからは目が離せない。

 

【リリース情報】
New Single
『BLUE』
EPIC
2011.7.13 ON SALE!

 

【仕様・特典】

<初回生産限定盤A・B> CD+DVD

 

<スペシャルボーナストラック盤 初回仕様> CDのみ

『BLEACH』オリジナルスペシャルアナザージャケット&スペシャルトレーディングカード

(6種のうち1種をランダム封入)

 

初回生産限定盤A・B、スペシャルボーナストラック盤 初回仕様 共通封入
ViViD×『SPECIAL FORCE』コラボアイテム シリアルコード封入
(※形態ごとにコラボアイテムは異なります。)

※ジャケットの絵柄は全て異なります。

 

【 ライブ情報 】
ViViD ONEMAN LIVE TOUR 2011『 Dear...ViViD COLORS 』

5/17(火)  福岡DRUM Be-1
5/18(水)  OSAKA MUSE                             
5/20(金)  SUNPHONIX HALL in YOKOHAMA ARENA   
5/24(火)  名古屋Electric LadyLand      
5/26(木)  金沢AZ                                
5/27(金)  長野CLUB JUNK BOX
5/30(月)  札幌cube garden
6/02(木)  仙台darwin

 

 

T.M.Revolution 西川貴教が5月13日にサンリオピューロランドで5000人のファンを集めて全館貸し切りのコラボイベントを行った。

 

5月13日にデビュー15周年を迎えたT.M.Revolution 西川貴教。そして、昨年末オープン20周年を迎えたサンリオピューロランド(東京・多摩市)。その両者の記念のコラボレーションイベント「Thousands Morning Refrain~僕らの夜明け~」。このイベントではサンリオキャラクターも出演するショーのほか、オリジナルグッズやメニューの販売、衣装展示、スペシャル映像の放映などを実施。チケットは即日ソールドアウトし、会場には約5000人のファンがつめかけ、T.M.Revolutionの記念日を盛大に祝った。

 

スペシャルショーではT.M.Revolutionとハローキティやディアダニエル、マイメロディなどのサンリオキャラクターとの共演が実現。


ピューロランド20周年のテーマである「これからもずっとnakayoku!」をコンセプトに、T.M.Revolutionが15年間の感謝の想いを伝える物語を30分間のショーに仕立て上演した。


T.M.Revolution 西川貴教扮する「TAKANORI」が「夜の女王(風花 舞)」に攫われたキティを助け出す様子を描いたストーリー。全編を通してT.M.Revolutionの楽曲で構成され、ピューロランド20周年イメージソング「Thousands Morning Refrain」をはじめとする全6曲を披露した。

 

TAKANORIがゴンドラで地上に降り立つと、会場からは「おめでとう!」と歓声があがり、夜の女王の魔術にかけられ「悪」の心に侵されたシーンでは、観客が一丸となって「TAKANORI」コールを起こすなど、大きな盛り上がりを見せた。

 

両者のコラボレーションは、2005年にT.M.Revolutionが株式会社サンリオと協力してグッズを制作したことをきっかけとして、その後サンリオピューロランド20周年イメージソングがT.M.Revolutionによる書き下ろし曲「Thousands Morning Refrain」に決定した。

 

また、3月からスタートした新アトラクション「The Next Hello Kitty~伝説の聖杖(キティステッキ)を手に入れろ!!~」のスペシャルサポーターに就任した。

 

スペシャルサポーターとしての応援メッセージムービーの放映や、記念写真用スペシャルフォトフレームの登場、西川貴教自身のキャラクターである「タボくん」と「クイーンキティ」のグッズ販売を行うなど、T.M.Revolutionとのコラボレーションは様々な広がりを見せている。


現在T.M.Revolutionは、約6年振りとなるオリジナルアルバムを抱えた全国ツアーを開催中。6月22日には通算25枚目となるニューシングル「FLAGS」をリリースする予定だ。

 

【T.M.Revolution 西川貴教 イベント後のインタビュー】

 

1.ピューロランドで節目のイベントを実施しようと思ったきっかけはなんだったのでしょうか?
A: キティちゃんとは約6年前に僕のラジオ番組でコラボグッズを作ったのが始まりだったと思います。
去年は僕が主催する滋賀県で実施するイナズマロックフェスにも出演してもらいました。そのつながりの中で、お互い15周年と20周年、記念の年を迎えるということでスペシャルな大きなパーティを開きたい、また多くの人に笑顔になってもらえることがしたいと思い実現させました。

2.このイベントを通して表現したかったことなどをお教えいただけますか。
A: ここまで頑張ってこれたのは、これまで支えてくれたみなさんのおかげ。その“感謝の”気持ちを表現したかったです。

3.今回のイベントで西川さんが一番思い入れのあるシーンなどありましたら、教えてください。
A: 夜の女王にTAKANORIが「お前はもう大人だろ」と言われるシーンですね。確かに僕は大人で、当たり前なんですけど…。
でもピューロランドにいると人として本当に大切なものは何なのかをもう一度ちゃんと確かめられるのではないかと思います。
女王とTAKANORIのやり取りは、そういった再確認できるシーンが多いのでとても思い入れ深いです。

4.コラボレーションイベント以外にもピューロランドの新アトラクション「ザ ネクスト ハローキティ」のスペシャルサポーターも務めてらっしゃるんですよね。おすすめポイントなどを教えてていただけますか。

A: 意外と体力を使う、体験すると元気になるアトラクションなので、ぜひみなさんにもチャレンジしていただきたいです。

5.15周年イヤーということで、今後の活動予定などをお願いいたします。
A: 今年はドラマやツアー、イナズマロックフェスなど様々な活動に挑戦しています。自分をもっと追い込んでいきたいですね。秋には主演ミュージカル“ROCK OF AGES”を行います。すごく面白い作品で、演技する姿も楽しんで欲しいですね。

 

 

【ライブ情報】
■T.M.R. LIVE REVOLUTION '11
T.M.R.デビュー15周年アニバーサリー・ロングツアー!

http://www.tmrv.net/

 

■イナズマロック フェス 2011
日程:2011年9月17日(土)、18日(日)
会場:滋賀県草津市 烏丸半島芝生広場 (滋賀県琵琶湖博物館西隣 多目的広場)
お問い合わせ:キョードーインフォメーション 06-7732-8888 (10:00-19:00)
http://inazumarock.com/

 

【西川貴教、主演ミュージカル「ROCK OF AGES」決定!】
BON JOVI、JOURNEY、Europe... 永遠のロックナンバーが西川貴教の歌声で甦る!
全米ロック史上最強のミュージカルが日本初上陸!!
オールナイトニッポン45周年記念公演ブロードウェイミュージカル「ROCK OF AGES」
主演:西川貴教
日程:2011年10月28日(金)~11月6日(日)
会場:東京国際フォーラム・ホールC ※各地方公演も開催予定
※詳細は後日発表!

 

【リリース情報】

New Single
『FLAGS』
EPICレコードジャパン
【初回盤:CD+DVD】
ESCL-3701~2
¥1,575(tax in.)

 

【通常盤: CD】 ESCL-3703
¥1,020(tax in.)
2011.06.22 ON SALE!

 

【T.M.Revolutionオフィシャルホームページ】
http://www.tm-revolution.com/


 

毎回20%を超える視聴率を記録している大人気ドラマ『JIN-仁-』主題歌「いとしき日々よ」が話題となっている平井堅だが、
ニュー・アルバム『JAPANESE SINGER』完成&発売の発表を行い、10年ぶりとなるインストア・イベントを開催した。

昨年も京セラドーム大阪で約4万人を集めてライヴを行うなど、ドーム・アリーナでのライヴが多い平井堅。
そんな中、昨日は応募1万通から抽選された70人限定のプレミアムな招待制イベントが行われた。
会場はデビュー15周年の平井と同じく開店15周年のタワーレコード渋谷店。

しかも開催日12日はデビュー15周年の最終日。

 

お祝いムードと何が起こるか分からないというソワソワ感に包まれていた。
アルバム・ジャケットで平井堅が抱える”赤いボール”を配したステージを前に、観客は興奮を隠せない様子だった。

平井堅の登場を今か今かと待ちわびる会場でまずアナウンスされたのは、“アルバム『JAPANESE SINGER』のフル試聴会”!
出来たてホヤホヤのアルバム音源がフルで披露されるということで会場は驚きと喜びでざわめきたった。

 

今作『JAPANESE SINGER』は平井堅のここ6作の歴代作品と比べても最多の新録8曲を収録。
ファースト・アルバム以来となるカップリング曲未収録、まだ聴いたことのない曲の数々が聴けるということで会場の期待は更に膨らんだ。

10年ぶりとなる松尾潔とのタッグで作り上げた今作。
同じくH&Mコンビで発表したミリオンアルバム2作『THE CHANGING SAME』(2000年6月)『gaining through losing』(2001年7月)では、
R&Bを始め、ソウル・ゴスペル・ファンク・ラテン・ハウス、そしてもちろんバラードと、ジャンルを超えたシンガー・ソングライター平井堅流“J-POP”の熟成と進化を見せた。

世界で初めて『JAPANESE SINGER』を聴き、“日本の歌バカ”の歌声に酔いしれた招待者は既に満足そうな表情を浮かべていたが、ここで平井堅が登場!

このアルバムに関するトークで会場を更に沸かせた後、世界初となるアルバム収録楽曲のライヴを敢行した。
楽曲は前述の「いとしき日々よ」と、アルバムのラストを飾るライフ・ソング「あなたと」。

 既にドラマの主題歌としてオンエアされ、シングルも発売されている「いとしき日々よ」だが、この日は初となるピアノ伴奏のみでの歌唱。
「あなたと」はアルバムと同じピアニストの伴奏、アレンジで披露された。
どちらも人間ひとりひとりが持つ孤独とその先にある希望を歌った曲だ。

「あなたと」歌唱前のMCでこの度の震災についても触れた平井堅。

震災以来混沌としていた自分の気持ちを真っ直ぐに込めたこの曲を今回のイベントのラストに選んだ。

出来る限り音を削ぎ落したアレンジ、更に物理的な距離の近さも相まって、

よりストレートに“歌ぢから”とメッセージが伝わったようで、招待者の中には涙を流す人も多数いた。

 また、リアルタイムにこのイベントのライヴ部分の模様を自身初となるUstream(ナタリーTV http://natalie.mu/)で生配信していたが、
ドラマ「JIN-仁-」が世界80カ国(今後放映予定の国も含む)で放送されていることもあり、海外からの視聴者も多く世界中で同時多発の涙を誘うこととなった。

 

アルバム『JAPANESE SINGER』の発売まで約1ヶ月。

日本が世界に誇るべきシンガー・ソングライター、そしていち人間である“平井堅”の今を、更に音楽の喜びを求める“日本”の今を切り取ったこのアルバムを楽しみにしよう。

 

 

【リリース情報】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平井堅OFFICIAL SITE

http://www.pinups.co.jp/hirai/

 New Album
『JAPANESE SINGER』
デフスターレコーズ
06.08 ON SALE!


【初回限定盤 A】
DFCL-1782~3
¥4,800(tax in.)

【初回限定盤 B】
DFCL-1784~5
¥3,750(tax in.)

【通常版】
DFCL-1786
¥3,059(tax in.)

 

今年の夏、8月6日に葉山マリーナでジャズ界の一流アーティストとスペシャル・ゲスト参加による野外ライヴ「真夏の夜のJAZZ in HAYAMA~Tribute To Bill Evans」を開催される。

「真夏の夜のJAZZ」は、1958年にアメリカで開催された「第5回ニューポート・ジャズ・フェスティバル」の模様を捉えた、名作ドキュメンタリー映画「真夏の夜のジャズ」にちなんでいる。

ニューポートはニューヨーク州南東部に位置するロングアイランド島の街で、海沿いの特設ステージで繰り広げられるミュージシャンの熱演もさることながら観客のスタイリッシュな装いや、ヨット・レースなどの風景も盛り込んだ斬新な映像が大きな話題を呼びました。今回のフェスティバルの舞台となる場所は“日本のニューポート”といえる湘南・葉山。葉山マリーナに、たった一日のみのスペシャル・ステージを設置し、『真夏の夜のジャズ』の熱狂と興奮を約半世紀の時を経て蘇らせる。

フェスティバルのテーマは伝説のピアニスト、ビル・エヴァンス。彼の最高傑作で、あらゆるジャズの名盤の中で最高の人気を誇るアルバム『ワルツ・フォー・デビイ』の録音50周年を記念し、出演する各ピアニストが1曲ずつビル・エヴァンスに捧げるパフォーマンスを披露。さらには一夜限りのスペシャル・ゲストたちによる貴重なコラボレーションも予定している。

また、本イベントでの電力は震災や節電を考慮し全て自家発電による運営・開催される。

『真夏の夜のJAZZ in HAYAMA~Tribute to Bill Evans 』
8月6日(土) 
15:00開場/16:00開演(予定)
【雨天決行】
葉山マリーナ特設ステージ
http://www.hayamamarina.com/

チケット:ベンチ席 ¥8,500/BOX席 ¥9,800【全席指定】

問い合わせ:eプラス

0570-06-9911(10:00 - 18:00)

http://eplus.jp/u-hayama/


出演アーティスト:

小曽根真 featuring NO NAME HORSES with Special Guests 青山テルマ・Crystal Kay、

山中千尋with Special Guest稲垣潤一、

大西順子オールスター・セクステット、

ハクエイ・キムwith WINTERPLAY

アマンダ・ブレッカーwithジェシー・ハリス

(順不同)
http://um-jazzfes.jp

来月6月11日に東京ドームで行われる氷室京介の東日本大震災復興支援チャリティーライブの追加公演が発表された。

当初、6月11日、1日限りの公演だったが、全編BOØWYの楽曲で公演を行うことを先月4月18日に発表し、同日よりチケットの抽選先行受付を行ったところ、締め切りの5月8日までに、約30万枚を超える応募数となったという。

今回のチャリティーという主旨に、これだけ多くの方が賛同してくれるのであれば、出来る限り多くの座席を用意し、より多くの方に参加してほしい、という思いから、翌日12日を追加公演にすることを決定した。ステージセットを最小限に設定し、各日5万5000人、2日間の総動員数は約11万人を予定している。

また、5月5日に日本テレビで放送となった「NEWS ZERO特別版 氷室京介密着!250日」がオンエアー後、多くの反響を呼び福島地区含む下記3局で放送が決定。

内容は昨年8月から250日間密着取材を行い、今回の震災を受けて書き下ろした新曲「IF YOU WANT」へ込めた思い、そして6月11日に行う東京ドームでのライブについて語った、氷室京介の“今”をとらえた完全独占ドキュメンタリー。

【INFORMATION】
東日本大震災復興支援チャリティーライブ                        
KYOSUKE HIMURO GIG at TOKYO DOME

"We Are Down But Never Give Up!!"
会場:東京ドーム
公演日/開場開演:6月11日(土)/開場16:00 開演18:00
6月12日(日)/開場15:00 開演17:00
チケット料金:7,800円
公演についてのお問合せ先 [ディスクガレージ]03-5436-9600

「NEWS ZERO特別版 氷室京介密着!250日」
テレビ大分     5/13(金)24:58-
山形放送       5/28(土)16::00-
福島中央テレビ  6/6(月)25:04-

オフィシャルホームページ 
http://www.himuro.com


(C)Storm Thorgerson

今年の9月からピンク・フロイドの大規模リリースキャンペーンを実施される。リリースはEMIより、9月、11月、そして2012年2月の3回に分けて実施され、様々なアルバムが登場する。

その中でもメインになるのは9月にリリースされるオリジナル・スタジオ・アルバムの最新リマスターシリーズ。

『夜明けの口笛吹き』(1967)、『神秘』(1968)、『モア』(1969)、『ウマグマ』(1969)、『原子心母』(1970)、『おせっかい』(1971)、『雲の影』(1972)、『狂気』(1973)、『炎~あなたがここにいてほしい』(1975)、『アニマルズ』(1977)、『ザ・ウォール』(1979)、『ファイナル・カット』(1983)、『モメンタリー・ラプス・オブ・リーズン』(1987)、『対』(1994)<*カッコ内はオリジナル発売年>の全14作品が最新リマスターを施され新登場する。2000年代に入ってからリマスターされた『夜明けの口笛吹き』、『狂気』以外の全ては10数年ぶりとなるリマスター。

リマスタリングを行ったのはピンク・フロイドではお馴染みの米のエンジニア、ジェイムス・ガスリー。CDのブックレットなども、長年ピンク・フロイドのアート・ディレクターを務めているストーム・トーガソン監修の元、デザインが一新され、歴史的名盤が新しい音とビジュアルでよみがえることとなった。

これら全作品はアルバム単体として、また全てのアルバムにフォトブックが付属したボックスセットとして、アナログLP、デジタル・リリースとして、様々なフォーマットでリリースされる。

また『狂気』、『炎~あなたがここにいてほしい』、『ザ・ウォール』に関しては通常盤以外にも、未発表音源を含むボーナストラック入りのデラックス・エディション、更には未発表音源、貴重なライブ音源・映像、その他の豪華特典を含むコレクターズ・ボックス・セットとしてもリリース、その一方で新編成のベスト・アルバム『A Foot In The Door-The Best Of Pink Floyd』をリリースするなど、コアなファンから初めてピンク・フロイドに接する音楽ファンまで、幅広いリスナーに訴えられる様々なアイテムを予定している。

今回の一連のプロジェクトに関し、EMIグループのCEO、ロジャー・ファクソンは「これは歴史上最も創造的で影響を与えたバンドの1つとEMIのユニークなコラボレーションである。このリリースには1年以上の歳月を費やし、ピンク・フロイドを現代音楽において最も刺激的なバンドにしたすべての要素が含まれている。」と語っている。

ピンク・フロイドは、イギリス出身のシド・バレット、ロジャー・ウォーターズ、ニック・メイスン、リチャード・ライトの4人により1967年に最初のアルバム『夜明けの口笛吹き』をリリース。翌68年にはシド・ヴァレットが抜けデヴィッド・ギルモアが加入、プログレッシヴ・ロックを代表する歴史的な傑作アルバムを多数リリースしてきた。2006年にシド・バレット、2008年にはリチャード・ライトが他界するも、彼らの音楽はいまだ聴き継がれ、アルバム・トータルセールスは世界で2億枚を超えている。

オフィシャル・ウェブサイト、には今だに毎日多数のファンが訪れ、FaceBookには現在1100万人のフォロアーを擁する。今回の大規模リリースキャンペーンはポピュラー音楽史に残る非常に大きな事件になる。

【第1弾リリース(2011年9月28日予定)】
1.『夜明けの口笛吹き』(1967)
2.『神秘』(1968)
3.『モア』(1969)
4.『ウマグマ』(1969)*2CD
5.『原子心母』(1970)
6.『おせっかい』(1971)
7.『雲の影』(1972)
8.『狂気』(1973)
9.『炎~あなたがここにいてほしい』(1975) 
10.『アニマルズ』(1977)
11.『ザ・ウォール』(1979)*2CD
12.『ファイナル・カット』(1983)
13.『モメンタリー・ラプス・オブ・リーズン』(1987)
14.『対』(1994)
(カッコ内はオリジナル発売年)
*全14作品にフォトブックを追加収録したボックス・セット
*上記アルバム単体及び、ボックスセットのデジタル・リリース
*『狂気』の6枚組コレクターズ・ボックスと2枚組デラックス・エディション、アナログLP、デジタル・リリース 

【第2弾リリース(2011年11月上旬予定)】
*新編成のベストアルバム『A Foot In The Door – The Best Of Pink Floyd』
*『炎~あなたがここにいてほしい』の5枚組コレクターズ・ボックスと2枚組デラックス・エディション、アナログLP、デジタル・リリース

【第3弾リリース(2012年2月下旬予定)】
*『ザ・ウォール』の7枚組コレクターズ・ボックスと3枚組デラックス・ディション、アナログLP、デジタル・リリース

公式サイト  
http://emij.jp/pinkfloyd/

www.pinkfloyd.com

西野カナ、HIROKO(mihimaruGT)と豪華コラボレーション楽曲を2ヵ月連続でリリース、「By your side feat. 西野カナ」がレコチョクにて4冠達成するなど話題を巻き起こしてきたWISE。

そのWISEのコラボレーションベストアルバム『Heart Connection ~BEST COLLABOLATIONS~』が5/11、遂にリリースされた。

 

福山雅治、BoA、Def Tech、西野カナ他50曲を超える数々のビッグアーティストとの珠玉のコラボレーションの中から厳選した16曲をコンパイルしたマストバイな1枚となっている。

また初回盤には、西野カナ、川口春奈が出演する「By your side feat. 西野カナ」とHIROKO、村上美沙子が出演する「I loved you feat. HIROKO」のPVが収録される豪華DVD特典付き!

 

さらに、4月27日にリリースされた「I loved you feat. HIROKO」の特別企画として、ユーザーから募集された失恋エピソードを原案にしたコミックも5/11より@peps!ミュージックにて公開されている。

これは、今作にも収録される「I loved you feat. HIROKO」のリリースに際して、@peps!ミュージックでユーザーから失恋エピソードを募集し、その中からWISEが厳選したエピソードをコミック化したもの。

どの様な作品に仕上がっているのか要チェックだ。

 

豪華アイテムを次々にリリース、話題席巻中のWISEから目が離せない。

MUSICSHELFでは近日WISEのインタビューを掲載予定です!

 

【リリース情報】

NEW ALBUM

『Heart Connection ~BEST COLLABOLATIONS~』

2011.5.11 ON SALE!


【DVD付初回盤】
UMCK-9428(DVD付)/¥3,300(tax in.)

 

【CDのみ通常盤】

UMCK-1391 /¥2,800(tax in.)
 

 

 

WISE OFFICIAL SITE

http://www.universal-music.co.jp/wise/

 

WISE OFFICIAL BLOG

http://ameblo.jp/worldwidewise/

 

@peps!ミュージック WISE特設ページ

http://music.peps.jp/info/sp.php?seq=484

 

 

テイ・トウワ話題の6thアルバム「SUNNY」が 5/11 ついに店頭発売。

エクスクルーシヴ・トラック収録のアナログ・カットも実現!!

5/12 はDOMMUNE[ドミューン]スタジオをジャック、俊英ヴィジュアル作家たちとのトークイベントを生配信!!

 

-----

先行配信曲「THE BURNING PLAIN/ with 高橋幸宏&水原希子」のオンエアも絶好調、同曲PV もYouTube でアクセスが殺到しているテイ・トウワの2年ぶり6枚目のアルバム「SUNNY」がついに5/11 CD店頭発売、iTunes ほかでの一般配信も開始される。

 

また、現場重視のテイらしく、「SUNNY」からのアナログ・カットがリリースされることも発表。

 

テイ自身のデザインによる超コレクタブルなピクチャースリーヴ付き12"は、「THE BURNING PLAIN」はもちろん、ヨーロッパを中心に活躍するマルチ・クリエイターTaprikk Sweezeeをフィーチャーしたエレクトロ・ファンクの「ALPHA」、Chaz Janckelのダンクラ人気曲「GET MYSELF TOGETHER」のキラー・カヴァーや、ガールズ・ユニットBakubakudokinのヴォーカルを加えた「UPLOAD」などCD「SUNNY」未収録トラックも含む全6トラックを収録。

(6月中旬リリースの為、現在予約受付中)

http://www.jetsetrecords.net/jp/TOWA-TEI-SUNNY-EP/product/814004064482

 

発売日の翌日5/12(木)には、テイと交流の深い同世代の俊英ヴィジュアル作家たちが一同に会してライブストリーミングスタジオ「DOMMUNE [ドミューン]」にてトークイベントを開催。題して「" SUNNY" 解体新書 with Graphickers 」。

こちらはUstream上でLIVE BROADCAST される。

http://www.dommune.com/

 

そして5/13(金)にはfai aoyamaにて 「SUNNY Release Party vol 2 」を

開催。INO hidefumi TWILIGHT GROUP small set

-によるライブセットやDJ HICO等、豪華ゲスト陣が参加し花を添える。

 

自ら始めた電子セレクトショップ "MACH"[マッハ] のカタログも極秘裏に増殖しているらしく引き続き、テイ・トウワから目が離せない。

http://www.machbeat.com/

 

【DOMMUNE詳細】

5/12(木)19:00~

出演者:TOWA TEI 、TYCOON GRAPHICS、ヒロ杉山(ENLIGHTENMENT)

中村 剛(CAVIAR)、谷田一郎(JJD) MC:ミズモトアキラ

http://www.dommune.com/

 

【イベント情報】

* SUNNY Release Party vol 2

2011年5月13日(金)東京都 fai aoyama

出演

-RESIDENT SELECTOR-


TOWA TEI



-SPECIAL LIVE-
INO hidefumi TWILIGHT GROUP small set

-

GUESTSELECTOR-

UICHI YAMAMOTO


YASUMASA YONEHARA


TETSUYA SUZUKI


DJ HICO

http://www.fai-aoyama.com/

昨年7月に急逝したV系シーンのカリスマ、大佑。
4月20日にリリースされた大佑と黒の隠者達の1st ALBUM『漆黒の光』も好評で、命日にあたる7月15日には「追悼ライブ」が行なわれることも既に発表されていたが、ライブの詳細が発表となった。

タイトルは“大佑 一周忌追悼公演「漆黒の光」”で、会場は新木場STUDIO COASTに決定。
出演アーティストにMERRY、ギルガメッシュ、12012、boogiemanの名が上がっているが、今後さらに出演アーティストの追加があるようだ。
最新情報は http://www.daisuke-official.com を!

【ライブ情報】
大佑 一周忌追悼公演「漆黒の光」
7/15(金) 新木場STUDIO COAST
開場 12:30 / 開演 13:30
出演アーティスト:MERRY / ギルガメッシュ / 12012 / boogieman / and more…

 

 

チケット料金:1Fスタンディング・2F指定 ¥7,800(税込み・ドリンク代別途)
チケット発売日:2011年5月29日(日)
発売プレイガイド:
【発売初日特電受付・5/29のみ】
チケットぴあ・発売初日特電 0570-02-9535(Pコード不要)
【5/29~販売】
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:139-611)
ローソンチケット 0570-084-003(Lコード:78581)
イープラス http://eplus.jp
問い合わせ:フリップサイド 03-3466-1100

Metis「人間失格」全国の心に響いた!
有線・問い合わせダントツの2ヶ月連続1位獲得!!


「涙を忘れていませんか?大事な事から逃げてませんか?
自分に嘘をついてませんか?諦める事に慣れ過ぎてませんか?」


3月2日に発売されたMetis「人間失格」が7分28秒にわたる、その鮮烈で圧倒的な歌詞の世界観で5/1付 CAN有線4月度問い合わせチャートで1位を獲得し、3月度と2ヶ月連続で1位を獲得した。これはヒルクライムの「春夏秋冬」にならぶ記録となり、今まさに大注目を浴びている。

CAN有線によると、「人間失格」のリクエスト数はヒルクライムの大ヒット曲「春夏秋冬」を越え、他の楽曲を圧倒する問い合わせ数で、特に震災後の西日本地方からの問い合わせが多いという。地震による甚大な被害を目の当たりにし、ふと耳にした「人間失格」が人生や自分についてもう一度考えるきっかけとなり、多くの問い合わせが入ったのでは?とCAN有線の担当者は分析している。問い合わせの中には「中島みゆきさんのような、問いかける歌詞の曲はなんですか?」という質問も多く寄せられたという。

Metis自身は
これも皆さんのお陰です。
ありがとうございます。
大地震の影響があって、私も自分自身を見つめなおしました。
誰もが自分自身の生き方を見直して向き合って欲しいです。
そしてもっともっと自分自身を大切にしていって欲しいです。
これからじわじわともっともっとみんなの耳にこの曲を届けていきたいと思います。
自分に正直にウソをつかずに生きて行ってください。

とコメントを寄せている。

Metisは現在、自身のツアー「Metis LIVE TOUR 2011~みんなで来んさい!Metisの音楽食堂2011~supported by Love in Action」で全国をまっている。
ライブ情報はコチラ

今後ともこの曲とMetisの動向に目が離せないくなりそうだ。


【リリース情報】

「人間失格」

UPCI-5090 予価¥1,000(tax in)


<収録曲>
01.人間失格
02.生きる事選びました




【リンク情報】

Metis Official Website
http://www.metis-web.jp/
Metis UNIVERSAL MUSIC OFFICIAL SITE
http://www.universal-music.co.jp/metis/
Metisオフィシャルブログ「みんなに ONE LOVE じゃ~」Powered by Ameba
http://ameblo.jp/metis-jp/
YouTube『人間失格』
http://www.youtube.com/watch?v=U6xxhzR8Zfg

 

アニメーション史上No.1の全世界興行収入をあげた『トイ・ストーリー3』のスタッフが贈るディズニー/ピクサー最新作『カーズ2』にPerfumeの楽曲が挿入歌として使用される。

『カーズ2』は“クルマの世界”を舞台に天才レーサー“マックィーン”とおんぼろレッカー車“メーター”が、ホームグランウドのラジエーター・スプリングを飛び出し、世界を舞台に“友情”を武器に巨大な陰謀に立ち向かうアクション・アドベンチャーだが、今回の舞台は日本。

そこで、ワールド・グランプリ・レース前夜のパーティー会場のシーンでPerfumeの「ポリリズム」が流れるという。眩いばかりのハイテクと格式高い伝統が融合する摩訶不思議なニッポンを象徴するシーンとなっている。

きっかけは、Perfumeファンのピクサースタッフ。日本でのパーティーシーンの為に日本人アーティストの楽曲を探していたところ、このスタッフの推薦により仮で「ポリリズム」をあてたところ、ポップでキュートな曲調を監督のジョン・ラセターが大絶賛。この夏全世界で公開される「カーズ2」の挿入歌に正式決定。ディズニー/ピクサー&Perfumeの夢のコラボが実現した。

これまでにも、ハリウッド映画の日本公開用バージョンに日本人アーティストの楽曲が挿入されたことはあったが、今回のように、アメリカはじめ世界中で公開されるバージョンで楽曲使用されるのは稀なこと。まさに、主人公のマックィーンとメーター同様、『カーズ2』と共に“友情”を武器に日本から世界へ飛び出すこととなった 。


『カーズ2』は、6月24日(金)より全米公開。日本での公開は、7月30日(土)からとなる。

 

『カーズ2』
7月30日(土)全国公開
ディズニーデジタル3DTM 一部劇場にて2D公開
監督:ジョン・ラセター 共同監督:ブラッド・ルイス 
音楽:マイケル・ジアッチーノ
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
http://www.disney.co.jp/cars/

話題の女性シンガーソングライター「NIKIIE」が、4月20日より、期間限定で無料配信としてリリースした3rdシングル「紫陽花」のダウンロード数が、配信から約2週間で10万ダウンロードを突破するヒットとなっている。

この「紫陽花」は彼女がデビュー前からあたためていた作品で、本格ブレイクに向けたキラーチューンとして5月25日にCD発売が予定されていたが、3月11日に発生した東日本大震災を受けて、形態、時期、価格を見直し、少量の電力と電波があれば音楽を受け取ることができる方法として、すべて「無料」での配信リリースに切り替えた。また、彼女自身が茨城県北部の出身ということもあり、ミュージシャンとして今の自分に何ができるかと考えて今回の決断となった。

 

NIKKIは次のように語る。「それぞれがそれぞれの思いを抱えている中、伝えることの大切さを謳う「紫陽花」という歌が、 それぞれの形で光を生む力になってくれればと願っています。音楽で表現する事を選択して生きている人間として精一杯この感謝の思いを未来に繋いでいきます」。

 

4月20日より、日本コロムビアが契約する携帯「着うたフル®」サイト、iTunes Storeに代表されるPC配信サイトで無料配信が開始されており、6月30日までそれぞれ行う予定。

「紫陽花」は、無料配信リリースながら、楽曲に対する非常に高い評価から、tvk(テレビ神奈川)「saku saku」5月度エンディングテーマにとりあげられたのを始めとして、各ラジオ局でのオンエアが相次ぎ、各雑誌でも取材が掲載されるなど、極めて異例の状況になっており、ダウンロード数の急激な増加の原因はこういったところで楽曲の存在を知った人も多い。

さらに、もともとのCD発売予定日であった5月25日からは、今回のリリース主旨に賛同したCDショップでの無料配布が決定している。配布CDショップの詳細や、ダウンロード可能な各音楽サイトの詳細一覧については、オフィシャルサイトにて掲載中。

 

 紫陽花無料リリースに際してのNIKIIEコメント


「紫陽花は”貴方に初めて手紙書きます”という歌詞から始まります。

何かを伝えたいと願うだけでなく、

ちゃんと思いを真っすぐに伝えられる人になりたい。

そんな気持ちを忘れないように手紙を書くように書いた曲です。
思いを言葉にするということ。言葉が思いを繋いでいくということ。
そして思いはその言葉以上だということ。
そのことを私は音楽を通して人と出会う中で知ることができました。
今この時、音楽を通して私は何ができるか、

私は何を伝えることができるか、本当に悩みました。真剣に考えました。

悩んで考えて沢山の話し合いをして、

大切にあたためてきた「紫陽花」を

今回このような形でリリースすることに決めました。
一人のミュージシャンとして、

一人の人間として私の歌や行動はあまりにも非力かも知れませんが、

かけがえのない大切な人を想い歌うこの歌がほんの一握りでも

希望や夢、勇気や光を生む力になってくれればと思っています」

NIKIIEは今後、5月6日(金)の27時から放送となる、ニッポン放送「オールナイトニッポンR」での初パーソナリティに挑戦するほか、積極的に「紫陽花」を届けるべくライブ活動を展開する。

 

オフィシャルサイト
http://nikiie.com/

 

今週5月11日に待望のニュー・シングル「空が鳴っている/女の子は誰でも」をリリースする東京事変が通算5枚目となるアルバム『大発見』を6月29日に発売する。

CMタイアップ曲「空が鳴っている」「女の子は誰でも」、昨年配信のみでリリースした「天国へようこそ」「ドーパミント!」の新録バージョンを含む全13曲収録予定。タイトル「大発見」を制作コンセプトに個性豊かなメンバー各々が未開の扉を開け、新境地を感じさせる珠玉のニューアルバムという。

その新作を携えた全国ツアー「東京事変Live Tour 2011 Discovery」の開催が決定した。5月11日発売シングルの初回生産分のみの特典として、同ツアーのコンサートチケット先行抽選受付シリアル・ナンバーが付く。

 

5月11日よりオフィシャルHPにて動画コメント&スペシャル・インタビュー記事公開される予定で、ここでは椎名林檎&亀田誠治が新作について語る貴重なオフィシャル動画コメントやスペシャル・インタビュー記事を公開されるもよう。
http://www.tokyojihen.com
また、下記サイトではニューシングルに対する動画コメントと「空が鳴っている」「女の子は誰でも」PV試聴可能となる(動画コメントは5/11am10時公開予定)。
http://www.emimusic.jp/tokyojihen/stream/

そして、メンバー・インタビュー記事&ライナーノーツもこちらで見ることができる(5/11am10時公開予定)。
http://www.emimusic.jp/tokyojihen/disco/

 

【東京事変 Live Tour 2011 Discovery】
9月30日(金)    府中の森芸術劇場
10月2日(日)    静岡市民文化会館
10月10日(月・祝)    ニトリ文化ホール
10月14日(金)    本多の森ホール
10月16日(日)    新潟県民会館
10月19日(水)    大宮ソニックシティ
10月25日(火)    福岡サンパレスホテル&ホール
10月26日(水)    福岡サンパレスホテル&ホール
10月28日(金)    鹿児島市民文化ホール第一
11月3日(木・祝)    神戸国際会館
11月4日(金)    倉敷市民会館
11月6日(日)    広島市文化交流会館
11月12日(土)    名古屋センチュリーホール
11月13日(日)    名古屋センチュリーホール
11月16日(水)    神奈川県民ホール
11月22日(火)    グランキューブ大阪
11月23日(水・祝)    グランキューブ大阪
11月25日(金)    アルファあなぶきホール(香川県県民ホール)
12月1日(木)    東京国際フォーラム A
12月2日(金)    東京国際フォーラム A
 料金:指定席 6,600円(消費税込み)

※未就学児童の入場不可
発売日:2011年8月28日(日) 午前10時より全国一斉発売

 

【リリース情報】

東京事変ニューシングル
『空が鳴っている/女の子は誰でも』
EMI
05.11 ON SALE!
TOCT-40320
¥1,000(tax in.)

2011年リリース第1弾! Wタイアップとなる、グリコ・ウォータリングキスミントガムCM曲「空が鳴っている」、資生堂マキアージュCM曲「女の 子は誰でも」を収録した両A面シングル。
カメラ:菊地英二

小田和正の全国25会場48公演(5大ドーム8公演【札・東・名・大・福】を含む)、総動員数67万人を超える全国ツアー「明治安田生命Presents KAZUMASA ODA TOUR 2011“どーも どーも” その日が来るまで」が5月7日(土)長野BIG HATを皮切りにスタートした。当初3月26日(土)からスタートする予定だったが、震災の影響によりツアー初日が延期となり、スケジュールも当初予定されていた4ヶ所(岩手・盛岡・東北・よこすか)秋田、計7公演が振替及び中止となった。

現在、63歳8ヶ月となる小田和正。この年齢でのドームツアーは、単独アーティストとしては国内外問わず最年長、自身の持つ最年長記録の更新となる。

 

ちなみに、バンド、グループ公演は2006年3月にローリング・ストーンズ(ミック・ジャガーが当時63歳、チャーリー・ワッツが当時65歳)が実施。1999年1月に『ホセ・カレーラス・プラシド・ドミンゴ・ルチアーノ・パヴァロッティ3大テノール(ルチアーノ・パヴァロッティが当時64歳)が、2002年11月にポール・マッカートニーが60歳で実施。最年少記録は2007年12月22日に、Hey! Say! JUMPが平均年齢15歳7ヶ月で公演を行い、SPEEDが持つ最年少記録(平均年齢 15歳8ヶ月)を塗り替えた。小田和正の最年長記録と48歳差。

前回のドーム公演ゲネプロ時、自転車で歌唱中に転倒。足腰に怪我を負い当時のMCで、「皆さんと、この花道を用意してくれたスタッフに申し訳なく、とっても残念に思います。次は目にも止まらぬ早さで走り抜けます!」とリベンジを誓い観客を大いに湧かせたこともあり、今回のツアーは小田もそれらの声に応えるため体調を整え臨むツアーとなった。

小田和正のライヴといえば欠かせないのが“花道”。会場には前回同様、花道が用意されている。「一番遠い客席に対して、できる限り誠意を持って対応したい」という想いから、全国の会場へと「MY花道」を導入した。その長さは各会場によって異なるが、今回の長野BIG HAT公演ではこの花道を駆使して6つのステージを設置、全長220メートルにも及ぶ長さだ。

小田はライブの冒頭で「あの日、ツアーのリハーサルも後半に入って、僕らは通しの練習をしていました。地震は東京でも経験したことないくらい大きくそして長く揺れました。TVに映った被災地のことを思うと、どんな言葉をつくして歌っても励ますことはできない。この状況でツアーをやるには精神的にも物理的にも無理だと思いました。でも時間が経つにつれて、このツアーも絶対に辞めちゃいけない。歌うことがいつか役に立つ時がきっと来ると、そうなるに違いないと思いが変わってきました。のり越えるには長い時間がかかりそうではありますが、いつの日か、このツアーを振り返る時、いつになるかわかりませんが、やって良かった、そして被災地の皆さんが喜んでくれる。その日が来るまで、明るく走り続けていくと決めました。そして今日集まってくれた皆さんと、その第一歩を思い切り大きく楽しく踏み出したと思います」と語った。

ライブパフォーマンスはハイスピードでスタート。 ヒット曲「ラブ・ストーリーは突然に」「こころ」ではハンドマイクを持ち縦横無尽に会場の花道を動き回り、客席にも降り観客にマイクを向け会場は大いに盛り上がった。その後のメドレーではセンターステージに戻り新旧取り混ぜたナンバーを歌いあげ、恒例の“ご当地紀行”へ。

ライブ後半では、「今日も  どこかで」が大合唱となり、メドレーや220メートルにも及ぶ花道を走り回った「キラキラ」、途中涙で歌詞がつまった「hello hello」含む31曲にて本編は終了した。ほかにアンコールで4曲、約3時間のライブとなった。ツアーは10月26日の横浜アリーナまで続く。

 

カメラ:菊地英二

 

 

【リリース情報】

約6年振りのオリジナルアルバム
『どーも』
アリオラジャパン
04.20 ON SALE!
FHCL-3002 
¥3,059(tax in.)


http://www.fareastcafe.co.jp/
http://www.sonymusic.co.jp/bv/oda/

 

5月1日、BugLugの2ndワンマンライブ「絶好NO1ZE」がSHIBUYA BOXXにて行われた。
ストロボの光が点滅し、SEと共にライブがスタート。Ba.燕、Gt.優、Gt.一樹、Vo.一聖の順でステージに出てきて始まったのは4月13日にリリースされたばかりの「絶交悦楽論」。この日の天候は生憎の雨。しかしそんな不機嫌な天気を蹴散らすようにご機嫌な4人は初っ端から熱い攻撃を見せてくれた。

「[AB]Cosmic」では一聖がダイブをしたり、煽り部分では燕がおどけた顔で手招きをしてみたり、本当に楽しそうに自由に動き回る4人が印象的。「メイドインマイン。」でタオルを振り回し一体となって盛り上がったかと思えば、続く「Sleeping Forest」では一転、マイクスタンドを用い、青い光の中しっとりとした空気で歌い上げる。一聖のヴォーカリストとしての成長を感じると共に、BugLugのこれからに対する期待値が高まった。

メンバーやファンから“王子”と称される一樹は極上スマイルと投げキッスを振りまきながらテクニカルなギターを披露、燕はニコニコと可愛い笑顔を見せながら力強く男前なグルーヴを展開。そんな二人とは対照的に優はクールな表情で冷静にライブを組み立てる。本人もMCで「ライブ中はほとんど笑わない」と言うほどにポーカーフェイスを崩さない優だが、ライブ中、一聖と顔を見合わせた瞬間には頬が緩み楽しそうな顔も覗かせ、その一瞬の笑みにとても優しい気持ちになった。

本編後半の「Hu.Mor.Box」ではファンとのコール&レスポンス、ソロパートを披露しながらのメンバー紹介、そして一聖がミッキーの耳を付け「ミッキーマウスマーチ」に繋げるなど、エンターテインメント性の高い演出に会場も笑顔に包まれ大盛り上がり。ラスト「Mr.アリゲイター」まで畳み掛けるように楽しさと激しさを共存させ、一気に駆け抜けた。

この日は本編とアンコール、それぞれで新曲を1曲ずつ披露。「いち早くみんなに聞かせたい」という4人の気持ちが伝わってきた。
ラストはNO1ZE.Verと名付けられた「絶交悦楽論」で、スモークマシンを抱えた一聖がフロアにスモークを撒き散らし、何度も何度もフロアにダイブ。悔いのないようにとことん暴れ倒し、ライブは終了した。

リリースがない期間は多くのライブに出演し、武者修行を続けていた彼ら。「絶交悦楽論」の放つライブ感は確実にこの修行で得たものである。一聖のオーディエンスを先導する姿は頼もしく、ライブを重ねることで得た経験が自信となって演奏に表れていて、相当な力をつけたように思う。
遊び盛り、育ち盛り。「楽しいライブ」から「魅せるライブ」に変貌を遂げる頃、きっとBugLugはもっとおもしろくなる。そんな予感をさせてくれた充実の2時間だった。

 

 

 

<取材・文 / なるまゆか  写真 / 菅沼剛弘>

 

 

BugLug「絶好NO1ZE」2011.5.1@渋谷BOXX  セットリスト
1.絶交悦楽論
2.マイ・プラネット
3.[AB]Cosmic
4.論理パレード
5.新曲
6.メイドインマイン。
7.Sleeping Forest
8.Dream Rush
9.Hu.Mor.Box
10.-7-
11.Y×Y×M×E
12.オオカミボウイ
13.Mr.アリゲイター

EN1.Grazie!!
EN2.MOSHPIT☆LIFE
EN3.新曲
EN4.絶交悦楽論(NO1ZE.Ver)

 

 

 

【リリース情報】
BRAND NEW SINGLE
2011.7.20 ON SALE

【ライブ情報】
Resistar Records PRESENTS 『治外法権』  
7/23(土)仙台HooK
7/30(土)OSAKA MUSE
7/31(日)名古屋ell.FITS ALL
8/6(土)福岡DRUM SON
8/7(日)広島ナミキジャンクション
8/14(日)Shibuya O-WEST

出演: BugLug / DOG inTheパラレルワールドオーケストラ / Blu-BiLLioN /
※各会場セッションあり

 

SPEED DISK PRESENTS 桜華乱舞
5/26(木)高田馬場AREA

ドラマチックパーティーVol.2
6/5(日)高田馬場AREA

Planet CHILD Music presents

お遊戯ゎが魔々団×【PaRADEiS】主催ツアー 『Verno albare』(3/24振替公演)
6/13(月)高田馬場AREA

Planet CHILD Music presents

お遊戯ゎが魔々団×【PaRADEiS】主催イベント

『MASHI ROCK FESTIVAL'2011』
6/20(月)心斎橋soma

enter brain6周年イベント shift side presents[Neo Innovator]
6/24(金)名古屋ell.FITS ALL
6/25(土)大阪RUIDO   
7/1(金)高田馬場AREA

イワイヒロシ生誕祭 『八代目バカタレ部 襲名披露』
7/6(水)高田馬場AREA

 

オフィシャルサイト

http://www.buglug.jp/

ゆずが5月3日に仙台市民広場でフリーライブを開催した。これは、全国ツアー「YUZU ARENA TOUR2011 2-NI-×FUTARI」の仙台公演が震災の影響で中止となったことによる代替イベントとして開催されたもの。

ツアーやキャンペーン等で仙台へ訪れる事が多いゆず。この度の仙台公演の中止の決定で「何か出来ないものか」の思いから、4月下旬北川悠仁はスタッフと共に東北を訪れ、ライブが出来る場所を探した。仙台公演を楽しみにしていてくれたファンと東北地方の方々に少しでも歌が届けたかった。会場となった市民広場だけでなく、野球場や公園も出向いた。「出来る事をひとつずつ」仙台公演を開催する予定だった5月3日に仙台でライブする事となった。

午前中から仙台地区のラジオ番組に数本出演し、フリーライブを行う事を発表。ラジオを通じて開催を発表すると普段はのどかなスペースの市民広場にゆずのライブ目当てとみられる人々が続々と集まりってきた。1 時間もすると会場に入れないファンであふれ、ついに3000人ほどのファンで会場は埋まった。ゆずは会場に到着するや「会いにきたよー」と元気にステージへ。ヒット曲「夏色」「栄光の架橋」最新曲の「Hey和」など全9曲を歌唱し、ときには涙も笑いもありの感動的な1時間のステージとなった。

二人が披露した全9曲は、二人の思いを「歌で伝えたい」と考えに考えた末のライブセットリスト。「伝えたいメッセージがたくさん詰まっている曲が中心です」と北川。音響設備もほとんどない広場で、ストリート出身の二人はアコースティックギター2本と二人の歌声だけ、13年振りのストリートライブを路上魂で歌いあげた。ライブを終えた二人は、「路上の原点に戻った様で、空を仰ぎ歌う。お客様の笑顔が本当に嬉しかった。幸せな時間でした」と語った。

<セットリスト>
1:雨と泪  
2:贈る詩
3:手紙
4:虹
5:友達の唄
6:夏色
7:Hey和
8:栄光の架橋
en 蛍の光~シュビドゥバー

5月3日(火)14時10分~15時15分。仙台市市民広場にて。

 

5月2日(月)に日本武道館で「忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー 日本武道館 Love&Peace」が開催された。

2009年のARABAKI ROCK FEST.(宮城県)やFUJI ROCK FESTIVALなど、これまでにも清志郎をリスペクトするアーティストたちが清志郎の曲を歌うイベントはあったが、東京での開催は今回が初で、最大規模で行われたこの清志郎イベントに錚々たるミュージシャンが集結した。

日本武道館は、RC サクセションとして1981年から10年連続でコンサートを行い、2008年の完全復活祭も行った、忌野清志郎にとって最も思い入れのある場所の一つ。

オープニングで流れたVTRでは、過去映像を使って清志郎が自転車に乗って武道館まで向かい、バックステージにスタンバイするまでのシーンが描かれ、まるで清志郎が本当に武道館にかけつけたかのような演出に観客の歓声があがった。
 
清志郎の「OK!CHABO!!」の掛け声で、仲井戸"CHABO"麗市らをバックバンドに、宮沢和史、ゆず、奥田民生、浜崎貴司、高野寛、斉藤和義、トータス松本が登場、豪華コラボレーションで「雨あがりの夜空に」がスタート。

以降も清志郎をリスペクトする多くの素晴らしいアーティストたちによって名曲が蘇り、集まった1万2000人の観客は久々の清志郎ライブに酔いしれた。

また会場には今回の東日本大震災をうけて募金箱が設置され、募金をした方全員にオリジナルの缶バッヂが配られた。集まった収益は日本赤十字社を通して寄付される。

ライブ当日の5月2日(月)に、長く絶版となっていた1981年12月24日のRC サクセション初の日本武道館ワンマンライブ映像ビデオ「RC SUCCESSION AT BUDOHKAN」が、ファンの熱い待望論を受け、30年ぶりにDVDとして発売される。また5月4日(水)には1984年にVHSで発売された「THE KING OF LIVE」がDVDで再発されることも決定しており、RC サクセション絶頂期の日本武道館ライブ映像が再び蘇ることになる。

≪出演≫
忌野清志郎
≪出演者≫ ※五十音順
泉谷しげる、奥田民生、金子マリ、斉藤和義、ザ・クロマニヨンズ、サンボマスター(アコースティックバージョン)、東京スカパラダイスオーケストラ、トータス松本、仲井戸“CHABO”麗市、ハナレグミ、浜崎貴司+高野寛、原田郁子、細野晴臣、真心ブラザーズ、宮沢和史、矢野顕子、YUKI、ゆず
≪BAND MEMBER
(G)仲井戸麗市、(Dr)新井田耕造、(B)藤井裕、(Key)Dr.kyOn、(A.Sax)梅津和時、(T.Sax) 片山広明、(Cho) Leyona

 

 

 

5月5日、GLAYが自らがパーソナリティを務めるFM 802の協力のもと、『FM 802×GLAY Presents「BUGGY CRASH NIGHT」公開録音“Thank you for your love”』というイベントを大阪城音楽堂で行った。

 

これは「俺たちに出来る事は音楽制作とライブしかない」という思いから、被災地に向けてメッセージや歌を届けるために企画したもの。短期間の中で5万アクセスを超える応募があった中で3,000名が無料で招待された。

TERUの「この空は東北の空に繋がっています。僕らの声を被災地に届けましょう」というエールからイベントがスタート。全9曲を披露した。

 

ライブ中ボーカルのTERUは「東北に元気を届けようと思い、自分達に出来る事を考えました。今日は大阪の皆の最高の笑顔を見せて下さい。その元気を俺たちが東北へ届けたいと思います」と話すシーンも。

 

そして、最後は「この曲でみんなの心を1つにして日本全部を繋げていきたいと思います。みんなとそして僕らの想いで東北の皆さんの心を和らげてあげられたらという気持ちで歌います」と話し、「I’m in Love」を歌い、ミニライブを締めくくった。

 

配信がスタートされた「Thank you for your love」(PC、モバイル)の収益の全てが日本赤十字社を通して義援金として寄付される。

この模様は5/21(土)22:00よりFM 802「BUGGY CRASH NIGHT」でON AIRされる予定。

オフィシャルサイト
Official site http://www.glay.co.jp/
YouTube official channel http://www.youtube.com/user/GLAY
Official twitter http://twitter.com/glay_official
loversoul music&associates http://www.lsma.jp/
フォーライフミュージック オフィシャルサイト
http://www.forlife.co.jp/

 

CDデビュー5周年イヤー真っ只中の歌手でありつつ、25億アクセスを超えるモンスターブロガー、そしてディズニー長編映画「塔の上のラプンツェル」主人公ラプンツェルの日本語版吹き替え声優・漫画家・ゴールデン番組の司会など、ボーダレスに活躍中の「しょこたん」こと中川翔子が、5月5日に26歳の誕生日を迎え、バースデーライブを水道橋TDCホールにて行った。

この日のライブでは4月にリリースした新曲「桜色」、6月8日にリリースとなる次作「つよがり」を含む27曲(メドレー曲もカウント)を熱唱。26歳初めてのライブとあって、オープニングから大興奮で登場。「TDCホールにお越しの皆さん、5月5日スペシャルスペシャル26歳の誕生日ライブにお越し頂き有難う!!」サプライズ企画で、本人がエンディングテーマを担当している人気アニメ「べるぜバブ」の主人公“ べる坊”がバースデーケーキをステージ上に持ってきて、赤ちゃん語(?)でバースデーソングを歌い会場全体でお祝いをした。本人はビックリして「混乱しそう!」と言いつつ「ローソクが26本もあるからすごい事になっていて、ケーキが燃えそう!大好きな後楽園で大好きなみんなとこうして一緒に過ごせるなんてホントに感激です! 有難う!! 優しさと強さと色気をもったロックな女(26なので、ニジュウロック)になります」と興奮気味に言い、26本のローソクを吹き消した。その流れでタイアップ楽曲「つよがり」をべる坊と一緒に手を繋ぎ熱唱した。

ステージ上のセットは、これまで札幌・東京・名古屋・福岡など全国のライブ入場者が東北地方の方への応援コメントを書いているボードで作られており、これを6月8日の仙台ライブで入場者に披露する事になっている。会場のロビーでは東北大地震への募金を集めたり、チャリティTシャツを販売するなど、このツアーを通して義援金活動を行っている。

<セットリスト>
1.続く世界
2.shortcake adventure
3.pretty please chocolate on the top
4.つよがり(新曲・6月8日発売)
5.午前六時
6.マシュマロ(新曲)
7.diamond high
8.ラベンダー(新曲)
9.みつばちのささやき
10.through the looking glass
~メドレー~
11-1.綺麗ア・ラ・モード
11-2.snow tears
11-3.恋の記憶
11-4.Lemonade
12.TYRANT too young
13.calling location
14.フライングヒューマノイド
15.happily ever after
16.Spiral
17.涙の種、笑顔の花
18.空色デイズ
19.桜色(新曲)
EN1.せーので恋しちゃえ♥
~スペシャルアニソンメドレー~
EN2-1.ロマンティックあげるよ
EN2-2.1/2
EN2-3.God Knows…
EN3.rainbow forecast

 

 

SHOKO NAKAGAWA Live Tour 2011

「今こそ団結!~笑顔の輪~」
5月30日(月)Zepp大阪
6月8日(水)Zepp仙台
8月5,6日(金, 土)NHKホール

 

公式サイト

http://www.nakagawashoko.com/
http://www.shokotan.jp/index.php
http://www.sonymusic.co.jp/Music/Arch/SR/ShokoNakagawa/

被災地の女性・妊産婦を守る活動の支援を目的としたチャリティーライブ「MUSIC FOR SMILE」が6月12日(日)東京・日比谷野外大音楽で行われる。

 

主催はホワイトリボン運動を推進するNGOジョイセフとエキサイト株式会社。

現在出演が発表されているは、HOME MADE 家族とMay J.。今後も追加アーティストの発表や、支援活動のレポートなど随時アップされる予定。

チケット収益の全額は、被災地の女性・妊産婦を守る支援活動の支援金として、NGOジョイセフに寄付される。

≪公演概要≫
“MUSIC FOR SMILE
日程:6月12日(日)
開場15:30 / 開演16:15
場所:日比谷野外大音楽堂
新しい自分、新しい未来、新しい世代へ
東日本大震災からの復興をめざし、音楽で夢を届けます。

前売り 指定席 4,000円 (税込)
3歳以上チケット必要
一般販売:2011年5月14日

主催:国際協力NGO ジョイセフ / エキサイト株式会社
企画・制作:エキサイト株式会社 / 株式会社ディスクガレージ
お問い合わせ:株式会社ディスクガレージ
TEL:03-5436-9600 (平日12:00~19:00)
http://ent2.excite.co.jp/music/special/2011/musicforsmile/

エアロスミスのボーカリストのスティーヴン・タイラーが、急遽ソロのシングル「フィールズ・ソー・グッド」を発売する。全米で5月10日、日本では5月25日に配信限定シングルとして発売される。

現在、世界的人気のオーディション番組『アメリカン・アイドル』の審査員をジェニファー・ロペスらとともに務め、そのロック・スターらしい華やかで個性的なキャラクターとユーモア交えた絶妙なコメントで“お茶の間”でもブレイク中のスティーヴン・タイラーだが、現在年内とも噂されるエアロスミスの10年ぶりのニュー・アルバム発売のレコーディング中。それに先駆けてバンドのフロントマンが活発に動き出した。

世界待望の新曲は、曲調はエアロスミスの80年代後半~90年代のヒット曲にも通じる、スティーヴン特有のしゃがれたシャウト・ヴォーカル全開の超ポップで軽快な、タイトル通り“気分は最高!”なロック・チューン。

全米では5月9日に『アメアイ』のホストを務めるライアン・シークレストがDJの朝の人気ラジオ番組で初公開、翌10日から配信限定シングルとして発売。日本では5月25日に配信限定で発売される。ミュージック・ビデオは全米で5月12日、日本では5月22日放送の『アメアイ』で初公開される予定。

また、スティーヴン・タイラーの自伝本“DOES THE NOISE IN MY HEAD BOTHER YOU?”が5月3日に全米発売されるなど、今後の動向にも注目したい。

【リリース情報】
スティーヴン・タイラー 
「フィールズ・ソー・グッド」
2011年5月25日 配信限定発売
www.sonymusic.co.jp/steventyler

www.sonymusic.co.jo/aerosmith

 

6/1に6thアルバムをリリースすることが決定したUVERworld、そのタイトルが「LIFE 6 SENSE」(ライフ・シックス・センス)ということがオフィシャル発表前に、Wikipediaで判明した。

 

同バンドのスタッフがツイッターで「Wikipediaに書かれていたアルバムのタイトルが間違えていたので、直しておきました。まだ公式発表前ですが…」とつぶやいたことから、正式タイトルであることが判明。
「自分たちのメジャー活動が、6年でオリジナルアルバムが6枚目。あとは、インディーズ時代から一緒にやっているマニピュレータ―やサックスのSEIKAも含めて、俺たちは6人で音楽を作っているという意識も強いので、6という数字にはこだわりがありました」TAKUYA∞(Vo)。
UVERworldにとって、活動の中で重要なアルバムになることは間違いないようだ。

 

5/9~5/16にかけては、東京・銀座 ソニービル 8F コミュニケーションゾーン OPUS(オーパス)の200インチのスクリーンにて、5/11にリリースされるCORE PRIDEのミュージックビデオが初公開されるほか、日本初の3Dミュージックビデオとして話題となった「GOLD」なども見られる。さらには、「LIFE 6 SENSE」のジャケット写真に使用された、UVERworldのシンボルマーク(直径約130センチの球体)が展示されることになり、撮影も可能になるようだ。この機会に是非訪れてみたい。

 

 

【リリース情報】

New Album
『LIFE 6 SENSE』

2011.6.1 ON SALE!


【初回生産限定盤】
SRCL-7603~04(DVD付)/¥3,500

【通常盤】
SRCL-7605/¥3,059

 

UVERworld オフィシャルサイト

http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/uverworld

RADWIMPS さいたま公演大盛況


3月9日に、6枚目のアルバム「絶体絶命」をリリースしたRADWIMPS。
約2年ぶりとなる全国ツアー「絶体延命ツアー」を、4月12日からスタート。
4月29日・30日は、満員のさいたまスーパーアリーナで、強烈なライブを繰り広げた。
3月11日の大震災の後、野田洋次郎は支援サイト「糸色 - itoshiki-」を立ち上げ、被災地にエールを送り続けた。

このツアーは、4月1日、福島:郡山 Hip Shot Japanを皮切りに、山形 ミュージック昭和 Session ~ 岩手:盛岡 CLUB CHANGE WAVE~宮城:Zepp Sendai 2DAYSを経て、4月12日に函館公演が行われるはずだった。
震災後、東北ツアー5公演は延期され、函館:金森ホールが初日となった。
函館では、「本当は初日じゃなかった函館。初日にふさわしいライブにしよう。」と、メンバーはコメント。延期になった5公演は、現在日程を調整中。野田洋次郎はラジオに出演した時に、「(東北公演は、)必ずやります。」と発言している。
今回のツアーは、「今まで行けなかった場所にも、出かけて行こう。」と、函館~帯広~札幌2DAYSと、北海道だけでもライブハウスを含む4公演をこなし、アリーナライブ初日をマリンメッセ福岡で迎えた。
今回行われた、さいたまスーパーアリーナ2DAYSは、そんな背景を持つ、アリーナライブの2公演目と3公演目として行われた。

アルバム発売時のインタビューでメンバーは、「レコーディング中に何度も奇跡に出会えた。それはたまたま降って来たものではなくて、ひとつひとつ積み重ねて、4人揃って奇跡を眺められる場所まで来られた。それが何よりも嬉しい。」と語っていた。
4人が新たな「音楽を創造する集合体」として生まれ変わった事を表す、アルバム内容だったが、まさに4人が打ち出したライブは、そんな勢いに充ち満ちていた。
2年前とは段違いの演奏力、表現力。
ニューアルバム「絶体絶命」を軸に、アルバムを、エネルギーを、届けようと言う、強固な意志に支えられたライブは、バンドの勢いが炸裂していた。
まだツアー中のため、本編の内容に触れる事は避けるが、「DUGOUT」「透明人間18号」など、RADWIMPSが発明したと言われる、スリリングでタイトな演奏は、どのバンドでも成し得なかったものだ。アルバムからビデオが制作された曲「君と羊と青」は、高らかなファンファーレのように、会場に鳴り響いていた。
そして2年前のオリジナルアルバム「アルトコロニーの定理」より、アートディレクターとして参加している永戸鉄也が、このツアーからビジュアル面にも参加。演出面においても、日本のロックバンドが新たな「場所」に到達したライブだった。

何万人もの大会場から、何百人のライブハウスまでが、入り乱れるツアー。
RADWIMPSらしく。RADWIMPSにしか出来ない。
汗で上気した観客からは、それを体験した満足が溢れていた。

 

 

【ライブ情報】

RADWIMPS 絶対延命ツアー
5/4    (水・祝)浜松窓枠
5/7    (土)    日本ガイシホール(名古屋)
5/8    (日)    日本ガイシホール(名古屋)
5/12  (木)    岐阜club-G
5/14  (土)    滋賀U★STONE
5/16  (月)    福井響のホール
5/19  (木)    松山市 総合コミュニティセンターキャメリアホール

5/21  (土)    岡山オレンジホール
5/23  (月)    高知BAY5 SQUARE
5/28  (土)    神戸ワールド記念ホール
5/29  (日)    神戸ワールド記念ホール
6/3    (金)    宮崎WEATHER KING
6/5    (日)    大分T.O.P.S Bitts HALL
6/7    (火)    佐賀GEILS
6/9    (木)    海峡メッセ下関 展示見本市会場

6/14  (火)    横浜アリーナ
6/15  (水)    横浜アリーナ
6/19  (日)    広島グリーンアリーナ
6/23  (木)    長野CLUB JUNK BOX
6/25  (土)    新潟LOTS
6/29  (水)    Zepp Tokyo
6/30  (木)    Zepp Tokyo
7/5    (火)    大阪城ホール
7/6    (水)    大阪城ホール
7/19  (火)    沖縄コンベンションセンター 展示場

 

RADWIMPS オフィシャルサイト

http://radwimps.jp/

4月29日より全国公開されている日本初の本格長編3Dオリジナルアニメ映画「豆富小僧」の公開前夜祭が28日に開催され、主題歌・挿入歌を担当するアーティスト4組が渋谷AXに集結した。

 

挿入歌を担当するAquz Timez、HALCALIの他に、去年デビューを果たした新人のLGMonkees/山猿、そして主題歌を担当したSCANDAL。それぞれがヒット曲を中心としたライブパフォーマンスを行い集まった1500人の観客を盛り上げた。

SCANDALのパフォーマンス時には映画「豆富小僧」のトークコーナーが挟まれ、映画プロデューサー小岩井宏悦氏の他に主役「豆富小僧」の声役を担当した深田恭子がサプライズゲストで登場。会場が歓声に包まれた。司会者より映画「豆富小僧」に関して、公開前夜の気分を聞かれると、深田は「このような素晴らしいアーティストの方々の音楽に囲まれた映画なので、是非見ていただきたいと思います。この映画を見た人も勇気を持つことが出来ると思います。」と応えた。

主題歌を担当したSCANDALも映画に関して聞かれるとドラムのRINAは「今携帯の待ち受け画像は豆富小僧です!」と会場を沸かせると、ベースのTOMOMIは「豆富小僧をぬいぐるみにしたら買います!」と、豆富小僧好きをアピール。トークイベント後にパフォーマンスした主題歌「ハルカ」も会場一体となって盛り上がった。

映画「豆富小僧」は日本初の本格長編オリジナル3Dアニメ映画ということでも話題となっており、試写会では感動して涙する親子が続出するという、心温まる内容でも注目を浴びている。

映画主題歌となっているSCANDALの「ハルカ」は5月2日付オリコンウィークリーランキングで初登場3位を記録しており、SCANDAL自身最高位にランクインという好発進。そして、主題歌「ハルカ」のSpecial versionや、挿入歌のAqua Timez「銀河鉄道の夜」、そして一度聴いたら耳から離れない歌詞とメロディーが印象的な主役の深田恭子扮する豆富小僧が歌う「豆富小僧の唄」も収録された映画「豆富小僧」のオリジナル・サウンドトラックも4月27日に発売され、インターネットなどを中心に話題が沸騰している。

映画「豆富小僧」 公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/tofukozo/

 

【リリース情報】

3D長編アニメ映画OST
『映画「豆富小僧」オリジナル・サウンドトラック』
エピック
ESCL-3678
¥2,548(tax in.)
04.27 ON SALE!



現在公開中の話題の映画『劇場版 神聖かまってちゃん/ ロックンロールは鳴り止まないっ』のヒットをうけて『劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ』 サウンドトラックがiTunes限定で5月8日(日)から配信されることが決定した。

全7曲入りで900円。全曲、2011年最新リマスター音源となる。

そして、サウンドトラック配信と同日5月8日(日)のNHK教育『ETV特集』(22時から23時)にて、「神聖かまってちゃん 町に僕のロックは流れますか?~ネット世代のカリスマ“現実”に挑む~」がOAされる。

http://www.nhk.or.jp/etv21c/file/2011/0508.html

【サウンドトラック詳細】
入江悠監督作品
『劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ』
サウンドトラック
 <収録曲>
1.肉魔法(2011 remaster)  限定SG「夕方のピアノ」シークレットトラック 初配信
2.芋虫さん(2011 remaster)  AL「つまんね」収録曲
3.あるてぃめっとレイザー!(2011 remaster)  AL「みんな死ね」収録曲
4.ベイビーレイニーデイリー(2011 remaster)  AL「みんな死ね」収録曲
5.ちりとり(2011 remaster)  AL「友だちを殺してまで」収録曲
6.ロックンロールは鳴り止まないっ(2011 remaster)  AL「友だちを殺してまで」収録曲
7.美ちなる方へ(2011 remaster)  AL「つまんね」収録曲

映画も大ヒットをうけて上映館も続々増大中。詳細は下記サイトにて。

http://www.kamattechan-movie.com/