2011年6月アーカイブ

ザ・ビートルズのあの伝説の来日から今年で45周年。これを記念して、現在は「ザ・ビートルズの日」にも認定されている本日、6月29日(水)19時から東京銀座のApple Store,Ginzaに於いて来日45周年記念スペシャル・イベントが行れた。

イベント会場には満員180名のファンが集い、19時より司会の挨拶に続き、ビデオを上映。現在発売中のDVD『ザ・ビートルズ・アンソロジーDVD』の中からの選りすぐりの映像に加え、「シーズ・ア・ウーマン」の武道館公演のフル映像など、現在では入手困難な来日当時の貴重な映像も公開された。

続いて、ビートルズ来日当時、レコード発売元の東芝音楽工業(株)でビートルズを担当していた高嶋弘之氏と、同じく当時、雑誌「ミュージック・ライフ」編集長として活躍され、ビートルズを単独取材した数少ない日本人である、音楽評論家、星加ルミ子氏をゲストに招いてのトークショーがスタート。ステージ上に登場した両人は、1966年のビートルズ来日当時の様ざまなエピソードを語った。

高嶋氏は、ビートルズが来日した時に、宿泊先の東京ヒルトンホテルに、加山雄三と当時の東芝音楽工業の石坂専務と3人で会いに行った時の話を披露。星加氏は、取材のためホテルに行った時に感じた、当時ビートルズとマネージャーのブライアンの間にあった微妙な雰囲気など、今だから明かせるエピソードを披露した。

2人は当時の雑誌「ミュージック・ライフ」(ビートルズと星加氏が一緒に写っているビートルズ表紙号/星加氏)、来日時に、日本独自のベスト盤として企画されたが、アーティスト側から許諾がおりずお蔵入りとなった幻のレコード(高嶋氏)など、当時のお宝グッズも持参、披露。

そして最後に「ビートルズの曲は本当に素晴らしい。100年経ったらクラシックになる」(高嶋)、「ビートルズの曲はテンポがいい。そのテンポのよさ、彼らの持つ音楽的センスを最近改めて感じてる」(星加)と、ビートルズの素晴らしさを改めて語った。

今回45周年を記念して発売されたコレクターズ・ナンバー入りの17センチ・シングル・アナログ盤「ロック・アンド・ロール・ミュージック/エヴリー・リトル・シング」が二人に贈呈され、イベントを締めくくった。なお、コレクターズ・ナンバー1~4番はザ・ビートルズのメンバー4名に送られることが決まっている。

45年前の6月29日午前3時39分、ビートルズは日航機にて羽田空港に到着、初めて日本の地に降り立った。現在ではこの日は、「日本記念日協会」によりザ・ビートルズの日に認定されている。

 

 

EMIミュージック・ジャパン ザ・ビートルズ公式ホームページ
http://emij.jp/beatles/

昨年4月のメジャーデビュー以来、快進撃を繰り広げてきた毛皮のマリーズ。


スマッシュ・ヒットしたシングル「Mary Lou」に続き、今年1月にリリースされたメジャー2ndアルバム『ティン・パン・アレイ』はオリコンウィークリーチャート初登場6位という過去最大のセールスを記録し、バンドの本格的ブレイクをものにした。


アルバム発売後に行われた全国ツアー、「MARIES MANIA」は、そのアルバムからの楽曲を一切演奏しないという物議を醸すセットリストながら、全国各地でSOLD OUTを連発。ツアーファイナルとして行われた4月23日の東京C.C.Lemonホール公演は、一転して「ティン・パン・アレイ」完全再現公演と銘打ったコンセプチュアルなコンサートを行い、見事即日SOLD OUTを記録し、伝説の一夜となった。


 まさに順風満帆の活動と言えるところだが、4月のツアー終了以降、彼らは突然沈黙。各地イベント出演以外、メディア露出もなく、志磨のブログで時たま知らされるのは、どうやら地下に潜りレコーディングを重ねているということくらい。その間、「海外に行ってくる」と書き残して日本から消えたメンバー達と、オフィシャルホームページのトップにいきなり現れた謎の数字。「一体どうなってるの?」という周囲の心配もまさにピークにさしかかろうとしている今、突如バンドサイドからニュースが届いた。
 
毛皮のマリーズは、先月ロンドンに旅立ち、アビー・ロード・スタジオにて、約10日間にわたりアルバム楽曲のレコーディングを敢行していた。その楽曲を含むオリジナルアルバムを、前作『ティン・パン・アレイ』からわずか8ヶ月、9月7日(水)にリリースする。そのアルバムタイトルは、『毛皮のマリーズのハロー!ロンドン(仮)』と題されている。


作品の内容はベールに覆われており、レコード会社及びマネージメント内部でも、アルバムの全貌を知っている人間はごく僅かしかいないという。前代未聞の状況で、しかもそれらがいつ明らかにされるのかも、いまのところ未定。なお、毛皮のマリーズは、このロンドン滞在中、イーストロンドンの某所でライブも行い、その模様はロンドン在住の伝説のカメラマン、Dennis Morris氏(Bob Marley、Sex Pistols等のオフィシャル写真を撮影)によって収められたという。
 
アルバム発売後、10月8日より、全国19箇所にわたる全国ツアーを敢行する。ツアータイトルは、「TOUR 2011 “Who Killed Marie?”」。ファイナル公演は12月5日(月)、東京・日本武道館にて行われる。


今夏は大型ロックフェスに計12本もの出演を行うという彼ら。8月24日には、今年4月にC.C.LEMONホールにて1夜限りで行われた、2ndアルバム「ティン・パン・アレイ」完全再現ライブのDVDを発売する。




【リリース情報】
New Album
『毛皮のマリーズのハロー!ロンドン(仮)』

2011.9.7 ON SALE!

初回盤(CD+DVD)
COZP-591~2 / ¥3,200(tax in)
通常盤(CD)
COCP-36892 / ¥2,800(tax in) 
 
毛皮のマリーズ LIVE DVD
「CONCERT FOR “TIN PAN ALLEY”」

2011.8.24 ON SALE!
COBA-6059 / ¥3,150(tax in)


【ライブ情報】
毛皮のマリーズ TOUR2011 “Who Killed Marie? ”
10/8(土) 水戸 LIGHTHOUSE
10/10(月・祝) 宇都宮 HEAVEN'S ROCK
10/11(火) 盛岡 Changewave
10/13(木) 札幌 PENNY LANE 24
10/15(土) 仙台 Rensa
10/22(土) 名古屋 ボトムライン
10/23(日) 長野 JUNK BOX
10/27(木) 金沢 van van V4
10/28(金) 新潟 LOTS
11/2(水) 高崎 FLEEZ
11/5(土) 高松 DIME
11/6(日) 広島 CLUB QUATTRO
11/8(火) 高知 X-pt.
11/9(水) 岡山 IMAGE
11/11(金) 福岡 DRUM Be-1
11/12(土) 熊本 DRUM Be-9 V1
11/18(金) 浜松 窓枠
11/20(日) 大阪 なんばHatch
12/05(月) 日本武道館

オフィシャルHP先行 (e+)
7/8(金)19:00~7/18(月)23:00 

その他イベントライブも多数出演!
詳しくはオフィシャルサイトへ。

オフィシャルサイト
http://www.kegawanomaries.jp/

 

 


TOKIE(B)、 青木裕(G)、城戸紘志(Dr)によるインスト・ロック・バンド“unkie”が、今秋2,000枚限定でリリースする3年ぶりの3rdアルバムに向け、 先行ダウンロードなど数々の特典のほか、Twitter、Ustream等を通じて制作過程をリアルタイムに楽しめるCD先行予約企画「Advance Project」を実施している。メンバーによるUstream生放送ネット番組も展開中で、ゲストを迎えたり、レアなライブ映像や新曲の一部もOAされ ており、予約者はこの番組のアーカイブの視聴も可能。この番組では、7/10(日)下北沢CLUBQueでのワンマン
ライブの一部も生放送する予定。

 

そ して、「unkie コピーバンドオーディション」の開催が決定。このオーディションはunkieの楽曲をカバーした録音や映像をYouTubeにアップするなどして応募する と、メンバーが直接審査、優秀賞に選ばれたバンドは、ニューアルバムレコ発ワンマンのオープニングアクトとして出演できる。詳細は特設サイトからチェック を。

 

 

Advance Project 特設サイト

http://www.breast.co.jp/unkie/newalbum2011/

 

unkie OFFICIAL WEB SITE
http://www.breast.co.jp/unkie/


ギルガメッシュは本物だ。
そう胸を張って言える素晴らしいツアーファイナルだった。

WORLD TOUR 2011"Here we go!!"JAPAN TOUR GRAND FINAL@Zepp Tokyo。ヨーロッパ、アメリカ、そして日本と、世界を駆け巡ったギルガメッシュのロングツアーが遂に6月26日のZepp Tokyoにて終幕を迎えた。

「Opening」と共にストロボが点滅しはじめると、オーディエンスの期待値の高さを表すように光の強さはどんどん増し、赤と紫の光がステージを染めると大きな手拍子、そしてはちきれんばかりの歓声が上がった。
枯渇した感情を埋めるようなうねりを感じる熱い叫び。飢餓感たっぷりのオーディエンスが待ち受ける中、まずは弐、愁、Яyoが登場。冷静沈着に持ち場に着く愁、お立ち台に上がって飛び跳ねるЯyo、そしてその後ろに見慣れない姿。弐だ。黒髪ストレートがトレードマークだった弐の髪はエクステンションたっぷりのブレード仕様。この日のための気合いが入った髪型に期待が膨らむ。最後に左迅がステージに現れると最大級の歓声が浴びせられた。

1曲目「destiny」が始まると同時にフロアとステージから湧き上がる渦のような凄まじい熱とエネルギー。エネルギーは物体として目に見えるはずはない。しかしハッキリと「見えた」と言えるほどに、噴き上がるマグマのように会場から起きた熱く人の心を揺さぶる強靭なエネルギー。ゾワっと身震いするほどに力強いパワーを帯びた4人の姿はとても頼もしく、このファイナルが必ずや素晴らしい景色になることを確信させてくれた。
実際、「sunrise」でのコール&レスポンスやタオル回し、「evolution」での大歓声、各所で見られた会場の一体感に感情の高ぶりを感じずにはいられなかった。ギルガメッシュというバンド、そして彼らの生み出した音楽、そしてライヴという空間を共有している人間が1つになるとこんなにもエモーショナルな熱が生まれるということを身を持って体験し、ギルガメッシュの揺るぎない強さを見た。

ニコニコと楽しそうな笑顔を浮かべて叩くЯyoは立ったり座ったり、スティックを回したり鳴らしたり、本当によく動く。その中での安定したスマートなドラミング、そして「DIRTY STORY」のソロなど、ここぞという魅せポイントをしっかりキメる姿には感服せざるをえない。ステージを縦横無尽に動きながらテクニカルな音を操る弐はドラム台に登ったり自由奔放に暴れ回る。「見えない距離」への導入部分の華麗な伸びのあるギターソロはそんな自由にプレイする弐を象徴しているような気がした。一方の愁は刺っぽい重低音を鳴らしながら冷静に周りを見渡しライヴを組み立てる。「drivin time」や「CRAZY-FLAG」など目立つとこはおもいっきり目立ち、引くところはしっかり引いて周りを押し上げる。愁は表にも裏にも立てるマルチプレイヤーだ。
それぞれの魅力をお互いに理解し、最大限に生かすギルガメッシュの楽器陣のバランスは最高だ。そんな楽器陣に支えられた左迅はフロントマンとして堂々としたステージング。激しいシャウトだけではなく、聴かせるヴォーカリストとしての力も存分に発揮してくれた。オーディエンスの煽り方も上手く、ドッシリと構える姿は自信に満ち溢れていた。

今年1月にリリースしたアルバム『GO』はそれまでのギルガメッシュとは一味違った。ラウドなミクスチャーサウンドというバックボーンに、よりキャッチーに仕上がった歌メロ。新たなギルガメッシュの始まりを予感させた今作がラウド色の強い既存曲とどのように融合していくのか非常に楽しみであったわけだが、どちらの良さをも生かした練りに練られたセットリストに心底感動した。
後半の「CRAZY-FLAG」や「bit crash」、「DIRTY STORY」などライヴで育て上げられた曲たちのあとにぶつけられた「MISSION CODE」。愁が“ギルガメッシュのライヴ感が詰め込まれた曲”と称していただけあって、既存曲からの上手い流れを汲んだ秀逸な仕上がり。メンバー全員回しのソロでの盛り上がりは「素晴らしい」の一言。本編ラストの「Never ending story」ではモッシュピットが現れ、幸せそうな笑顔がフロアの至るところに転がっていた。彼らが口を揃えて言う「笑顔で楽しもう」という強い想いが見事に体現された瞬間だった。

アンコールはメンバー全員でのMCタイムからスタート。各メンバーがワールドツアーの思い出を語る。左迅が「海外でたくさんの人に[日本のみんな頑張れ]ってメッセージをもらって、それをこのジャパンツアーで日本のみんなに伝えることができました。ギルガメッシュの曲が世界を繋いだんだという手ごたえを感じてます。全世界のファンのみんなのおかげです。本当にありがとう。今回、世界を旅して生まれた曲を披露しようと思います。この曲には生きることの素晴らしさ、今回のことで感じた全てを詰め込みました」と伝え、「pray」を披露。
ヨーロッパツアー中に起こった日本での震災。彼らは実際に震災を体験することはなかったけれども彼らの心にも大きな影響を与えた。そして生まれた「pray」にはひとつひとつは小さくてもそれが集まれば大きな力になる、みんなで“手を繋ぎ生きてく”というメッセージが込められている。“一人じゃない”と思えることの大切さ、物理的な距離ではなく“傍にいる”ということ。たくさんの想いが詰まったこの曲がギルガメッシュと世界中のファンを繋ぐ“絆”であるように感じた。

 

 

ダブルアンコールに演奏されたのは『GO』収録の至極のバラード、「再会」。余計な照明は使わず最低限の灯りの中、広い会場に響く左迅の声。沁み渡る音。そして曲中のブレイク、真っ暗になるステージ。この数秒の暗闇と静寂を破ったのはマイクレスの左迅の生声だった。
“消えていく小さな思い出達は やがて背中を押して どこまでも続いていくこの道を  歩き僕等は生きてく”
聴く者の心に鋭く刺さる力強い声。胸に込み上げる熱い想い。堪え切れず涙するオーディエンスの姿が今も脳裏に焼き付いている。

「今日でツアーは終わるけど、これからもギルガメッシュは正直に真っ直ぐに音楽と向き合っていくんで、これからも俺たちについてこいよー!!」
ラスト、左迅はそう叫んだ。“正直に真っ直ぐに”決して器用ではない彼らの素直な想い。良い曲を作って、良いライヴをして、みんなで楽しむ。それがギルガメッシュの信念だ。

3月のヨーロッパ、そして4月のアメリカ。世界中からの声を日本に持ち帰り、最高のファイナルステージを見せてくれたギルガメッシュ。こんなにもエネルギーに満ちたライヴができるアーティストはごく少数だ。これだけの熱を持った空間を作り上げるギルガメッシュとオーディエンスに敬意を表したい。
もう一度言う。ギルガメッシュは本物だ。

 

 

 

<取材・文 / なるまゆか  写真 / 平沼久奈>

 

6/26  WORLD TOUR 2011"Here we go!!"JAPAN TOUR
GRAND FINAL@Zepp Tokyo  セットリスト

Opening
1.destiny
2.EXIT
3.sunrise
4.evolution
5.ALIVE
6.Calling
7.driving time
8.イノチノキ
9.見えない距離
10.COLOR
11.Endless wing
12.CRAZY-FLAG
now (intro)
13.bit crash
14.DIRTY STORY
15.MISSION CODE
16.Never ending story

EN1.pray
EN2.arrow
EN3.shining
EN4.Break Down
EN5.再会

 

2011年6月25日、目黒鹿鳴館。44MAGNUMの「POINT IS AREA44」ツアーファイナルが行われた。2月の新宿からスタートしたこのツアー。3月の東日本大震災により、ファイナルを含む2公演が延期されたが、この日 44MAGNUMは鹿鳴館に帰ってきた。鹿鳴館で44MAGNUM。この響きだけで血が騒ぐ人は少なくないだろう。記録によると前回の鹿鳴館ライヴは 1984年12月31日。まさに四半世紀ぶりの登場となる44MAGNUMと会場に集まったファンは、この日ここで何を体験し、何を共有するのか。

 

大きなホールとは違い、ステージは手の届く距離の鹿鳴館。それでも観客は少しでも前で観たい、接したいという思いからか、開場直後から既に満員の観客で埋め尽くされていた。SEが流れ始めると会場は大きな声援と拳を上げ、44MAGNUM登場への渇望を抑えきれない。ついにメンバーが登場。この時点で会場の熱気は急上昇。声援と叫びが会場に充満し、ついに最初の一音が鹿鳴館に響いた。「NO STANDING STILL」JIMMYの攻撃的なギターから始まるイントロが流れた瞬間、観客の渇望は爆発した。PAULと STEVIEのツインヴォーカルも冴え、JOEのツーバスが身体を貫き、RAYは激しく頭を振る。この1曲で、既に鹿鳴館は44MAGNUMの世界に染まった。間髪を入れずに「YOUR HEART」へ。JOEの作り出す心地よいリズムに、JIMMYがクールな出で立ちで激情のギターソロを繰り出す。そして3曲目の「SOULS」、PAULと STEVIEが素晴らしいコンビネーションを魅せる。早くも会場は熱気で覆いつくされ、空気が薄くなりつつあった。ここで PAULがこのライヴ初めてのMC。「久しぶりだな TOKIOーーー! みんな元気でやってたかーーー!」この時、全身に衝撃が走った。昔観ていた、聴いていたあの言葉、あの声そのままだった。記憶が過去に引き戻される。しかし目の前には現在の44MAGNUM。二つの感覚が交錯し、高ぶりを抑えることができなかった。PAULの呼びかけで、震災の被害者のために会場の全員で黙祷し、次の曲へとなだれ込む。

 

ギタリスト・JIMMY。数々のフォロワーを生み出してきたそのロックスター然たる立ち居振る舞いは、全く変わっていない。そして PAULは全身の力を振り絞り、ハイトーンのシャウトをし、頭を振りながら観客と対峙している。しかし、当然ながらそれは苦しんでいるのではなく、それを楽しんでいるであろうことは、その姿から見てとれる。観客もそれが分かるが故に、さらにヒートアップしていく。このすさまじいスパイラルによって、鹿鳴館の酸素は徐々に失われていった。そして2度目のMCで PAULが一言。「楽しいぞこのやろう・・・」ここにいる皆にプレゼント、として始まった「YOU LOVE ME DON'T YOU」では、PAULのソウルフルな歌声が響き、会場も一身にそれを受け止めていた。そしてさらに楽曲をたたみ掛ける44MAGNUM。メンバーも観客も、この瞬間をこの楽しさを一瞬たりとも逃したくない、そんな気持ちが会場中から見てとれた。そしてライヴも終盤、「まだイケるのかーーー!!」と煽り、ハイスピードチューンの「HIGH SCHOOL UPROAR」、「TOO LATE TO HIDE」とステージと会場が一体となり、その瞬間の全てに身体を委ねていた。

 

本編が終了しても、会場の熱気は上がる一方。熱狂とも言えるアンコールに応え、メンバーが登場する。PAULが一言。「懐かしいよな・・・酸欠」 鹿鳴館のライヴで酸欠。久しぶりに味わう懐かしい響き。「酸欠なんて言ってらんねーからな! ぶっとばしていくぞ!」とアンコールに突入する。そして最後の最後、「とっておきのやつ・・・やってないよな!」で始まった「SATISFACTION」。現代のこの日に SATISFACTIONの掛け合いができる。それは44MAGNUMという存在と、それを支えて会場に集まった観客がいてこそ実現できる夢でもある。この日は、鹿鳴館に集結した全員がその夢を体感できた、まさに夢の一夜であった。

 

44MAGNUMは多くの人に記憶を植え付けてきた。それぞれが44MAGNUMに、その楽曲に思いを重ねている。そして彼らは現在もその思いと記憶を創造し続けている。あなたはどんな思いを彼らに重ねているだろうか。それはまぎれもなく、あなたの人生の一部である。そしてそれこそが、44MAGNUMが存在する理由と言っても過言ではないだろう。



<文 / 大泉 繁 写真 / 西槙太一>

 

 

6/25 「POINT IS AREA44」TOUR@目黒鹿鳴館 セットリスト

1.NO STANDING STILL

2.YOUR HEART

3.SOULS

4.STILL ALIVE

5.I GIVE YOU MY LOVE

6.I'M ON FIRE

7.YOU LOVE ME, DON'T YOU?

8.TOO BAD

9.I'M LONELY MAN

10.SURRENDER

11.HIGH SCHOOL UPROAR

12.TOO LATE TO HIDE

 

EN1.IN THE END

EN2.STREET ROCK'N ROLLER

EN3.TAKE ME TO YOUR HEART

EN4.SATISFACTION

安藤裕子の「地平線まで」が東京と日光・鬼怒川方面をつなぐ東武鉄道スペーシアのキャンペーンソングとして起用され、新TVCMが今夏からオンエアされる。

美しい景色と、思いを馳せるような映像に、安藤の歌声がぴったり寄り添うCMに仕上がっており、関東・中部地方では、7月8日より放送予定。東武鉄道のサイト上でも視
聴配信を予定している。

元々、東武鉄道からの依頼を受け描き下ろされた「地平線まで」だったが、震災の被災者支援に役立てるべく各所から協力を得て、TVCM放送に先だち、チャリティCDとしてオフィシャルサイト、ライブ会場で発売していた。
チャリティCDに収録されている、ピアノと歌だけのヴァージョンの他に、ストリングスと管楽器を配した別アレンジの新録もレコーディングが終了しており、この先に予定されているアルバムには、こちらのバーションが収録されることになっている。


オフィシャルサイト
http://www.ando-yuko.com/

サカナクションが6月28日、ZEPP TOKYOで4都市6公演に及ぶツアー「SAKANAQUARIUM 2011 ZEPP ALIVE」のファイナルを迎えた。

全公演チケットソールドアウトしたこのツアーでは7月20日にリリースされる「『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』」や3月にリリースされた「ルーキー」などを演奏。途中、舞台前方にサングラスを被った5人が一列に並び、クラフトワークを彷彿とパフォーマンスを披露。バンドというフォーマットを崩し、ライブハウスをクラブに完全に変えるような演出も盛り込まれた。レーザーやオイルアートのアート性が更に高まり、〝総合芸術としてのサカナクション〝と言われるライブを更に進化させた圧倒的な内容のものとなった。

そして、10月1日からの全国ツアーの詳細も発表され、初の幕張メッセ単独公演を11月6日に行うことが明らかになった。現状で3万5000人以上を動員するツアーでサカナクションの更なる進化が確認できる。

6月29日(水)にはレコチョクにて「『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』」着うた®先行配信がスタートする。

【リリース情報】
New Single
『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』
ビクター
2011.7.20 ON SALE!

【初回限定盤】
VICL-36645
¥1,200(tax in.)

【通常盤】
VICL-36646
¥1,200(tax in.)

【初回限定盤仕様】
①CD-EXTRA仕様:『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』Lyric-motion収録
②10月1日からの全国ツアーチケット先行抽選予約シリアルナンバー封入(※詳細後日発表)
http://sakanaction.jp/
http://jvcmusic.co.jp/sakanaction

9月に公開される映画『監督失格』の公式サイトがリニューアルオープンされた。本予告およびメインビジュアル、音楽を担当している矢野顕子の本作へのコメントなどを追加している。

『監督失格』はロードムービーの名作『由美香』の平野勝之監督の11 年ぶりの最新作、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ総監督の庵野秀明が初めて実写映画をプロデュースした作品ということでも話題になっており、予告がYahoo!映像トピックス(6/27 付)の、人気映像ランキング<映画部門>で1位を獲得、全体では4位に位置している。

映画部門のランキングでは、スティーヴン・スピルバーグ×J.J.エイブラムスによる『スーパー8』や世界的に話題の『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』など超大作の映像をおさえ、アップ後わずか3日間での脅威のアクセス数に、本作への期待値の高さがうかがえる。

『監督失格』は、35 歳の誕生日前日に自宅で急逝した女優・林由美香をめぐる、14 年間に及ぶ美しくも壮絶な愛の記録。大切な人の「喪失」と、それに向き合う人々の「再生」を描いたドキュメントであり、人間賛歌。音楽を担当した矢野顕子は「音楽を作るしかなかったのです。この二人のために」と、主題歌を書きおろした。

 

Yahoo!映像トピックス 人気映像ランキング<映画部門>
http://videotopics.yahoo.co.jp/ranking/videolist/official/movie/


【映画概要】

『何故、ここにカメラがあるのか?』
ロードムービーの名作『由美香』の平野勝之監督、11 年ぶりの最新作。

『監督失格』

9/3(土)より、TOHO シネマズ六本木ヒルズにて独占先行ロードショー

監督/平野勝之 プロデュース/庵野秀明
出演/林由美香 小栗冨美代(由美香ママ) カンパニー松尾
音楽 主題歌/矢野顕子「しあわせなバカタレ」(ヤマハミュージックコミュニケーションズ)
配給/東宝映像事業部 製作/カラー・コイノボリピクチャーズ

『監督失格』公式サイト

http://k-shikkaku.com

 

YUIが6月26日に香港のアジアワールドアリーナにて、初の海外ワンマン公演(キャパ約7500)を大成功させた。

 

今回はなんと日本でいう「武道館クラス」の「初海外ワンマン公演」。YUIの登場から、会場は一気にヒートアップした。本編は、香港用に新しくセットリストを作りこんだ内容で、香港ならではのスペシャルな演出として、『es.car』という曲で、現地の一般のファンをダンサーとして迎えステージで一緒に踊ったり、デビュー曲『feel my soul』の曲中に現地ファンから募った「大切な人の写真」が次々とステージ上のスクリーンに映し出された。

 

また、さらにサプライズで現地の超有名コメディアンが登場するコーナーもあるなど、丁寧にローカライズされた演出が、こと細かくちりばめられていた。

 

そして、アンコールでは、「会場中の足踏み」で客席が、まさに「騒然」とする一幕も。アンコール中のMCでは、YUIから今回の大震災時に香港の皆様からの大きな支援があったことに対して、「日本を助けて頂いてありがとうございました。本当に嬉しかった。」というコメントがあり、会場は暖かい一体感に包まれた。

 

今回のYUIのライブチケットは、現地で、あの「アヴリル・ラヴィーン」よりも早く売れた、と関係者の間で話題になるほどの盛況ぶり。ライブ当日は香港だけでなく、アメリカ、カナダ、シンガポール、香港、台湾、マレーシアなど世界中からファンが訪れ、ライブに熱狂していた。

 

アジアの音楽エンターテインメントに押され気味な、日本の音楽エンターテインメント業界から、YUIがアジアへ進出した。会場の熱気は、特にアジアでのYUIへの熱狂ぶりが、尋常でないほど沸き立っているのが垣間見れた。6月にリリースしたばかりの新曲『HELLO ~Paradise Kiss~』が絶好調のなか、日本を飛び越え、新たな一面をみせたYUIから、目が離せそうにない。

 

キノコホテルが6月25日に下北沢clubQueで単独公演<サロン・ド・キノコ~白百合の園>を開催した。
この日は特別に女性のみが入場可能なイベントで、昨年に続き2回目。

会場はテーマカラーである白を基調に凝った装飾が施され、幅広い年齢層の女性客の中にはお子様の姿もちらほら。いつもの実演会とは全く違う雰囲気に包まれた。

この日のために用意された白いバレリーナの衣装を身にまとった従業員達が登場するや、会場からはかわいい~!との大歓声。

曲にのって一際豪華な衣装で登場したマリアンヌ東雲は「今日は清い身体で貴女がたにお会いしたかったのでお酒を飲んでいないの」とのこと。攻撃的なアクションは控えめに、女性らしい艶やかなステージを展開し観客を魅了した。曲の合間に予め観客に配布された問診表(アンケート)を読むなど、女性同士のコミュニケーションに多くの時間が取られるのも「女子会」ならでは。

会場に届けられた白い薔薇の花を一輪ずつ観客に配りながらマリアンヌ東雲が言った「今まで生きてきた中で一番サービスしてるわ、私」の言葉通り、終演後の観客の表情はみな満足そうであった。

 

【ライブ情報】
<サロン・ド・キノコ~恍惚の逃避行・梅田編>
7月3日(日) 大阪府 梅田Shangri-La
※SOLD OUT

<サロン・ド・キノコ~晩夏のヒメゴト>
8月27日(土) 東京都 渋谷CLUB QUATTRO
OPEN 17:30 / START 18:30
料金:2800円(ドリンク代別)
一般発売:7月2日(土)

<サロン・ド・キノコ~白百合の園・心斎橋編>
10月22日(土) 大阪府 心斎橋 Live House Pangea
OPEN18:30 / START19:00
前売り料金:2300円
問い合わせ:清水音泉


【リリース情報】
悶絶の大傑作フルアルバム
マリアンヌの恍惚
徳間ジャパンコミュニケーションズ
TKCA73633
¥2800(tax in.)
04.06 ON SALE!

 

公式HP
http://www.kinocohotel.com/

今年2月に自身のウェブサイトでアルバム『ザ・キング・オブ・リムス』を発表したレディオヘッド。今月には同作収録曲のリミックス・シリーズを完全生産限定12インチ・アナログと、デジタル・シングルでリリースすることを発表したばかりだが、今度はレディオヘッドの海外公式サイト内ブログ <Dead Air Space>で新曲「ステアケース」を発表した。

スタジオ・ライブの映像としてYoutube上で発表されたこの新曲は、BBC及び世界各地のテレビ局で放送が予定されている『ザ・キング・オブ・リムス』の最新スタジオ・ライブ映像“フロム・ザ・ベースメント”からの一コマ。


同スタジオ・ライブにはポーティスヘッドのライブ・サポートを務めるクレイヴ・ディーマーがパーカッションで参加しており、6人編成で生み出される完成度の高いサウンドになっている。「フロム・ザ・ベースメント」の日本国内での放映は、現時点では未定。

Dead Air Space:www.radiohead.com/deadairspace
新曲「ステアケース」Youtube:http://youtu.be/tFTLxkMmY4M


フィリップ・セルウェイ(Dr)のメッセージ
「これが新曲「ステアケース」だよ。間もなく公開される“フロム・ザ・ベースメント”のセッションからの映像だ。
そして、いや、君が見ているのは錯覚では無いんだよ。分身がいるかのようなドラマー2人は、僕とクレイヴ・ディーマーだ。クレイヴは僕がずっと大好きなドラマーだったから、一緒にプレイ出来てすごくゾクゾクしたよ。僕らのやり遂げた全てを君も気に入ってくれるといいな」

 

【リリース情報】

8枚目のアルバム
『ザ・キング・オブ・リムス』
Hostess Entertainment
流通品番: HSE-60064 (オリジナル品番: TICK001CDJ)
¥2,490(tax in.)
04.06 ON SALE!



※日本盤はBlu-spec CD™仕様、日本語対訳歌詞、ライナーノーツ、12ページ・オリジナル・ブックレット付

<デジタル・リリース情報>
税込価格:MP3 1,200円、 WAV 1,500円
レディオヘッド日本公式サイトにて発売中!
www.hostess.co.jp/radiohead
A19_028.JPG

アヴリル・ラヴィーンが、8月に行われるロック・フェス「サマーソニック2011」に出演することが急遽決定した。

8月13日東京(大阪14日)のマウンテン・ステージのヘッドライナーとして、サマソニでの凱旋ライヴを果たす。延期となっていた「The Black Star Tour」の単独日本公演も2012年2月に行われる。

 現在、通算4作目となる大ヒット中の最新アルバム「グッバイ・ララバイ」を引っ提げて、大規模なワールドワイドツアーで世界中を駆け巡っているアヴリル。世界中で大反響を呼んでいる彼女のパワフルなライヴ・パフォーマンスが、ようやく日本でも体験できる。

「このアルバムでライヴをするのをずっと楽しみにしていたの!今回のアルバムは、私のヴォーカルや生のサウンドをしっかりと聴いてもらえるように仕上げたので、ライヴでも今まで以上にじっくりと私の歌を聞いてもらえるステージになっているの。もちろん私らしい元気いっぱいのロックなパフォーマンスもあるから、100%楽しんで元気になってもらえるはずよ!」とライヴについて語っている。
 
【サマーソニック2011出演情報】
アヴリル・ラヴィーン出演決定!
8月13日(土) 東京 幕張メッセ
8月14日(日) 大阪 舞洲サマーソニック大阪特設会場 
www.summersonic.com
 
【2012年単独公演 THE BLACK STAR TOUR情報】
2012年2月4日(土)さいたまスーパーアリーナ
2012年2月5日(日)さいたまスーパーアリーナ
2012年2月8日(水)マリンメッセ福岡
2012年2月9日(木)大阪城ホール
2012年2月6日(月)日本ガイシホール
*こちらは5月に予定されていた公演の振り替え公演となります。
www.creativeman.co.jp

 

【リリース情報】

最強無敵のロック・プリンセス新作
『グッバイ・ララバイ』
ソニー
ON SALE!
【初回生産限定盤DVD付】 SICP-2821~2
¥2,940(tax in.)



日本オフィシャル・ブログ http://ameblo.jp/avrillavigne-blog                                           日本オフィシャル・サイト  www.sonymusic.co.jp/avril
本国オフィシャル・サイト http://www.avrillavigne.com/jp/
Sony Music Shop  http://www.sonymusicshop.jp/avrillavigne/

3枚目のアルバム『Mind Travel』がオリコンアルバムランキングで1位を記録し、ファースト・アルバムから4作連続でのアルバムランキングで1位となり、宇多田ヒカル以来7年3ヵ月ぶりの快挙を成し遂げたSuperfly。

そのアルバム「Mind Travel」を引っさげてのSuperfly至上過去最大規模、32都市35公演の全国ツアーが25日の戸田市文化会館からスタートした。

SEが流れ、「Superfly!!」「Superfly!!」の掛け声で、早くも会場のファンの熱気はMAXに。ドラマの主題歌でもあり、このアルバムの1曲目を飾る「Rollin’Days」では、イントロのギターリフがなると大きな歓声が。1200人のファンの手拍子の渦に包まれながら、手をつき上げ一緒に踊りまくった。

「リハーサル中から早くみんなに会いたかった!記念すべき今日のこの日を本当に楽しみにしていました。ライブはお客さんと作り上げるものだとつくづく感じていました。今日は一緒に良いライブにしてください!」とこのツアーの意気込みを語った。

アルバムの中でもやはり人気の高い、そして自身の中でも大事にしている曲である「Wildflower」ではパワフルなボーカルを見せ付け、力強く歌いきった。アッパーなロックチューンで魅せたかと思うと、妖艶なパフォーマンスで魅了し、そして「Eyes On Me」のようなしっとりとしたバラードも披露。「Eyes On Me」では志帆の歌声に観客が息をのんで聴き入った。歌い終わった後には、会場には大きな拍手が沸きあがった。

MCでは「パワーをつけるために、私、一人で“とんかつ”を食べに行ってきました(笑)」と会場を笑わせる場面も。

会場には幅広い年齢層のファンが来場。1200人の来場者だったが、なんと応募は10倍の倍率。「今日、来られなかったお客さんの分もいっぱい楽しんでいってください!!」と語った。そして、最後には「みなさんに報告があります!」と初のアリーナツアーを行うこと発表した。

また、新曲も初披露し、会場を沸かせた。会場内には白い布にチャリティーソングとして配信された「You&Me」の文字が。。。「今回、東北の会場も回ることが決定しているので、みなさんにメッセージを書いてもらえたら・・・このメッセージを届けたいと思います」と伝えた。アルバム収録曲を惜しみなく披露し、「Mind Travel」アルバムの世界を再現した、色々な景色をみせたライブとなった。

12/3(土)、4(日) さいたまスーパーアリーナ
12/10(土)、11日(日) 名古屋日本ガイシホール
12/20(火)、21日(水) 大阪城ホール

 

【リリース情報】
オリジナル3rdアルバム
『Mind Travel』
ワーナーミュージックジャパン
06.15 ON SALE!




【初回限定盤】
WPZL30278
¥3,800 (tax in.)

【通常盤】
WPCL10952
¥3,150(tax in.)

7月27日にニューシングル「Hello !」のリリースすることを発表したばかりのYUKIが8月24日に6枚目のオリジナルアルバム『megaphonic』の発売する。

「2人のストーリー」「ひみつ」「Hello !」といったシングル曲を始め、全13曲の収録を予定しており、“最高の音”を意味する「megaphonic」という名の通り2011年夏“最新のYUKI”がお贈りする"最高の音"がギュッと詰まった1枚となる。

収録曲、ジャケット写真は後日YUKIオフィシャルHP、YUKIweb.netで発表される。
 
【リリース情報】
『megaphonic』
2011.8.24 release
DVD付初回生産限定盤 ESCL-3756~3757  ¥3,990(tax in) 
※三方背BOX、紙ジャケット仕様、初回盤DVDにはミュージックビデオを収録予定
通常盤 ESCL-3758  ¥3,059(tax in)
※初回生産限定盤、通常盤初回仕様にはシングル「Hello !」+アルバム「megaphonic」のW購入者対象

YUKIオリジナルグッズプレゼント応募券を封入。
(応募締切:2011年9月22日当日消印有効)

 

【リリース情報】
2011年第2弾シングル
『Hello !』
エピックレコード
07.27 ON SALE!





【初回限定盤】
ESCL-3671
¥1,020(tax in.)

【通常盤】
ESCL-3671
¥1,020(tax in.)

※初回仕様限定盤がなくなり次第、通常盤に切り替わります。
オフィシャルサイト 
http://www.YUKIweb.net/

 

ニューシングル「水無月」をリリースしたばかりの秦基博が俳優の大沢たかおと6/26(日)に東京・昭和女子大学・人見女子記念講堂にて「大沢たかお×秦基博 presents 一期一会×GREEN MIND」という一夜限りのスペシャルライブを実施した。このイベントはタイトル通り、大沢の朗読活劇「一期一会」と秦のアコースティック・ライブ「GREEN MIND」を融合させたスペシャルイベントだ。

 

二人の出会いは、大沢が主演、秦が主題歌を務めた2008年の映画「築地魚河岸三代目」の完成披露試写会に遡る。その後、2010年フジテレビ「僕らの音楽」で秦と大沢が対談、公私ともに交友を続けてきた二人だが、イベントでの顔合わせは今回が初となった。イベントは17:00からスタート。舞台に明かりが灯り、大沢たかおが登場しアレックス・ロビラ『人生の贈り物』を静かに読み上げた。「ご来場ありがとうございます。最後までリラックスして楽しんでいって下さい」と挨拶をすると、谷川俊太郎『生きる』を披露。続いて、秦基博がオリジナル・インストゥルメンタル作品「Theme of GREEN MIND」をアコースティック・ギターで弾き、それに乗せて谷川俊太郎『朝』を朗読した。オーディエンスに秦基博を紹介し大沢たかおが舞台を後にすると、静かなアルペジオが紡がれ「僕らをつなぐもの」が披露された。

 

「ありがとうございます。改めまして秦基博です。ゆっくり、のんびりとこの素敵な時間を過ごして頂ければと思います。」と挨拶をし「やわらかな午後に遅い朝食を」と「鱗(うろこ)」を続けて演奏。秦が舞台を去り、暗転の中、再び大沢たかおが登場し、「深夜特急」の作者である沢木耕太郎と共に「深夜特急15章より“絹と酒 地中海からの手紙”」を朗読。二人の静謐な語りに誘われるように会場は「深夜特急」の世界へと引き込まれていった。およそ30分ほどの世界旅行を読み聞かせ、大沢が沢木を紹介し2人が姿を消すと、SEは都心の雑踏へ。代わって秦基博の弾き語りパートへとバトンが渡される。「メトロ・フィルム」を演奏すると、「ありがとうございます。今回この様なかたちで、このイベントに参加出来まして。大沢さんとの縁が繋がって、今日という日がある気がします。」「僕もこんな風に年を重ねていけたらと思える、尊敬出来る人生の先輩に出会えました。」と語り、大沢たかおとの出会いのきっかけやその後テレビ番組で共演したことを話し会場を沸かせた。続く「今日もきっと」では場内一体となった手拍子と共に盛り上がり、「アイ」では、一転してしっとりと聴かせるパフォーマンスでオーディエンスを魅了。他にも、秦の今の気持ちをありのままに表現した最新シングル「水無月」、そして「朝が来る前に」と、5曲が続けて披露された。

 

ここで、大沢たかおと秦のトークセッション。再登場した大沢が、「改めて、今回「GREEN MIND」と「一期一会」のコラボレーションのイベント「一期一会×GREEN MIND」にお越し頂き本当にありがとうございました。」と感謝の意を伝えた。「今後またやれるかどうかはお客さんの評判次第」と大沢が言えば、盛大な拍手に応え「なかなか評判は良さそうですよ」と返す秦。続いて大沢が、映画「築地魚河岸三代目」での出会いから、何度か仕事をするという縁もあり「何かおもしろいことが出来れば」と以前から考えていたこと。また、このイベントのきっかけが3.11の震災であったと説明、「何かやるというよりも、それがきっかけで、被災地だけでなく日本全国にいる元気や笑顔がほしい人達に自分たちが手作りで出来るイベント」をイメージしたことを明らかにし、会場は大きな拍手に包まれた。

 

本編最後は大沢が数年前に、自分の人生で悩んで苦しんだ時に助けられた楽曲の詩、と前置きをし、秦との出会いのきっかけでもある「築地魚河岸三代目」の主題歌「虹が消えた日」の1番の歌詞を朗読。その途中から秦がギターを合わせ、2番からは秦の歌とギター、そして声は出さずとも一緒に口ずさむ大沢の笑顔に、自然と場内からも熱い手拍子が沸き起こる。静から動へ、語りから歌へとつなげられた「虹が消えた日」はこの日だけの唯一無二のコラボレーションとして本編ラストにふさわしい感動的なシーンとなった。アンコールは、大沢たかおによるノーマ・コーネット・マレック「最後だとわかっていたなら」の朗読で、一夜限りのスペシャル・ライブ「大沢たかお×秦 基博 presents 一期一会×GREEN MIND」は幕を閉じた。尚、今回の公演の収益金は全て東日本大震災義援金として日本赤十字社に寄付される。

 

 

【リリース情報】
NEW SINGLE
水無月
Office Augusta
NOW ON SALE!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【初回限定盤】

AUCL-61~62 ¥2,730(tax in.)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【通常盤】
AUCL-60  ¥1,223(tax in.)

 

【イベント情報】

デビュー5周年記念ライブ

10/28(金) 福岡市民会館
11/5  (土) 日本武道館
11/10(木) 大阪城ホール

 

OFFICIAL WEB SITE

http://www.office-augusta.com/hata/

 

Administratorが6/24(金)池袋Black Holeにて行われたBlackHole presents 『Lovers Night - Special Edition 完全3MAN LIVE - 』に出演した。

去年の勢いそのままに今年に入ってからもシングルのリリースや初のワンマンライヴの開催、また各種イベントにも勢力的に出演するなどバンドとしての純度を高めてきた彼ら。

この日は約1か月ぶりのライヴとあってファンは今か今かと彼らの登場を待ちわびる。暗転と共にメンバーが登場、Vo.芥(あくた)の「その手を上げろ!Black Hole!!」の号令と共に『Shining!』が始まるとメンバーもファンも1か月の鬱憤を全て吐き出すかのようにのっけから全力全開、一瞬にして会場がAdministratorの世界へと変貌する。

その後も「JACK IN THE BOX 2010」でも披露された『手招く太陽』など新旧の楽曲を巧みに織り交ぜ、時に妖しく、時に華やかに、時に切なく様々な一面を短い時間の中に濃縮し、満員に溢れたファンを会場名通り“飲み込んでいた”。

そしてMCでは芥より“良い知らせ”が届けられる。
冬の東名阪ライヴツアー「WINTER CIRCUIT 2011」の開催が発表されると会場はこの日一番の熱気に包まれる。
また先日発表された今秋リリースされる1st ALBUMのレコーディングが順調であることも告げ、Administratorが確かに前進していることをファンに印象づけた。

この日彼らが見せてくれた確かな成長と貫禄にも似たパフォーマンスは秋のアルバム発売から12月10日(土)の原宿アストロホールのワンマン公演にかけて、Administrator旋風の吹き荒れを予感させるものだった。


 

Administrator スペシャルインタビューはこちら

 

 

 

【リリース情報】
待望の1st ALBUM今秋発売決定!!

【ライブ情報】
WINTER CIRCUIT 2011
11/25(金) 名古屋ell.FITS ALL
11/26(土) 心斎橋CLUB DROP
12/10(土) 原宿アストロホール(ワンマン)   

「stylish wave CIRCUIT'11 MAX」全18公演参加決定!!
7/9(土)高田馬場AREA
7/10(日)高崎CLUB FLEEZ
7/16(土)HEAVEN'S ROCK さいたま新都心 VJ-3
7/17(日)柏PALOOZA
7/18(月・祝)新横浜サンフォニックスホール
7/23(土)HEAVEN'S ROCK 宇都宮VJ-2
7/24(日)水戸ライトハウス
7/27(水)仙台darwin
7/29(金)青森QUARTER
8/3(水)新潟GOLDEN PIGS RED STAGE
8/4(木)金沢AZ
8/6(土)名古屋E.L.L
8/7(日)京都MUSE
8/9(火)岡山IMAGE
8/11(木)福岡 DRUM Be-1
8/13(土)大阪BIG CAT
8/14(日)神戸チキンジョージ
8/21(日)CLUB CITTA'川崎

Administratorオフィシャルサイト
http://administrator-web.com/

 

 

 

精力的な活動で着実に頭角をあらわしてきた3ピース・ギター・バンド、秀吉。

 

今月16日に渋谷DUOで開催した自主企画ライブイベント『むだいの音楽会』で8/3にミニアルバムをリリースすることを発表した。「くだらないうた」と題された本作は、ミニアルバムながら前作以上にバラエティーに富んだ全7曲が収録されている。

 

中毒性のあるサビが印象的なリード曲「花かざぐるま」や、彼らならではの疾走感を感じさせる「新しい靴」、スチールギターをフィーチャーしたカントリーチューン「くだらない話」など、彼らの可能性が広がった意欲作だ。リリースにともない9月から全国ツアーも予定されている。

 

 

【リリース情報】

NEW MINIALBUM
『くだらないうた』
ラストラム
LACD-0219 ¥1,785(tax in.)
2011.8.3 ON SALE!

収録曲
1. 花かざぐるま
2. 新しい靴
3. 僕の名前
4. くだらない話
5. あお
6. その声で
7. 夜のうた

 

【イベント情報】

DICE PRAY! #40
6/26(日) 難波ROCKETS

エレキレストラン89

6/27(月) 京都MOJO

Beat Happening!VOL.570
7/15(金) 下北沢BASEMENT BAR

LOST IN TIME TOUR 2010-2011 LOST & FOUND
7/17(日) 高崎Club FLEEZ

Live across the universe vol.1
7/22(金) 新宿MARZ

最上ロックフェスティバル ’11
7/23(土) やまがた赤倉温泉スキー場

「くだらないうた」リリースツアー2011
9/3(土) 高崎Club FLEEZ

 

OFFICIAL WEB SITE

http://www.hideyosea.com/

6/8(水)にサードアルバム『LIVE THE LIFE I LOVE』をリリースし、アルバムを引っ提げた全国ツアー『LIVE THE LIFE I LOVE』TOUR 2011もスタートしたTHE BAWDIES。そんな中6/24発売の「MEN’S FUDGE Vol.35(8月号)」にて、The BirthdayのチバユウスケとROYによる表紙が決定した。もちろん2人による対談も掲載されているのでぜひチェックを。

 

MEN’S FUDGE Vol.35(8月号)

6/24(金) 全国書店にて発売
http://fudge.jp/

 

 

 

 

【イベント情報】
<THE BAWDIES>
QUATTRO MIRAGE VOL.2~MORE ACTION, MORE HOPE.~
07/21(木) 心斎橋 CLUB QUATTRO

「LIVE THE LIFE I LOVE」TOUR 2011
6/24 (金) ZEPP OSAKAからスタート!ファイナルは11/27(日) 日本武道館。
詳細は特設サイトでチェックを。
THE BAWDIES「LIVE THE LIFE I LOVE」特設サイト
http://thebawdies.com/livethelifeilove/index.html

SETSTOCK '11
7/23(土) 国営備北丘陵公園

JOIN ALIVE 2011
7/24(日) 北海道 いわみざわ公園

SOUND SHOOTER Vol.6
7/27(水) 新木場 STUDIO COAST

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2011
8/5(金) 茨城・国営ひたち海浜公園

SUMMER SONIC 2011
8/13(土)14(日) 千葉マリンスタジアム&幕張メッセ/舞洲サマーソニック大阪特設会場

MONSTER baSH 2011
8/20(土) 香川・国営讃岐まんのう公園内芝生広場

Sky Jamboree 2011 ~one pray in nagasaki ~
8/21(日) 長崎市稲佐山公園野外ステージ

Kings Vol.3
8/23(火) 新木場 STUDIO COAST

SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2011
8/27(土)28(日) 山梨・山中湖交流プラザきらら

RADIO BERRY ベリテンライブ2011 Special

9/11(日) 井頭公園 運動広場
 
<The Birthday>
I'M JUST A DOG TOUR '11
9/3(土)横浜BAY HALLからスタート!ファイナルは11/3(木・祝)Zepp Nagoya。
詳細はオフィシャルサイトで確認を。

JOIN ALIVE
7/24 いわみざわ公園

FUJI ROCK FESTIVAL'11
7/29 苗場スキー場

MUSIC ON! TV presents GG11 -10th Anniversary-
9/23 幕張メッセ

【リリース情報】

THE BAWDIES

5th Album
LIVE THE LIFE I LOVE 
ビクターエンタテインメント
 NOW ON SALE!

 

【CD】
VICL-63746 ¥2,800(tax in.)

 

【LP】
SEZ-3019 ¥2,800(tax in.)

 



 

The Birthday

5th Album
I'M JUST A DOG
ユニバーサルミュージック
 NOW ON SALE!

 

【初回限定盤】
UMCK-9432 ¥3,980(tax in.)

 

【通常盤】
UMCK-1396 ¥3,000(tax in.)


THE BAWDIESオフィシャルサイト
http://thebawdies.com/

The Birthdayオフィシャルサイト
http://www.rockin-blues.com/top.html

今年4月6日にリリースされ、渋谷タワーレコードインディーズチャートでウィークリー1位を獲得した長澤知之のファースト・フルアルバム「JUNKLIFE」がiPhone/ iPadアプリとしてもリリースされた。
「JUNKLIFE」収録曲15曲の音源はもちろん、オーディオプレイヤーとしての基本的な機能の他、曲の進行に合わせた歌詞の閲覧機能がついており、ミュージックビデオを2曲とCDジャケットのアウトテイク写真も多数収録。さらにディスコグラフィも内包。楽曲を聴きながらそれらのコンテンツを楽しむことが出来る充実のアプリケーションになっている。
ジャケットや雑誌「MUSICA」で連載していたイラストも人気の長澤知之ならでは、ファンに嬉しいコンテンツがぎっしり詰まったスペシャルなアルバムアプリは、2000円税込でAppストアからリリース。

先日19日(日)にはこのアルバムを引っ提げた全国ツアー「Nagasa・Oneman 6“JUNKLIFE TOUR”」のファイナル@新宿BLAZEで圧巻のステージを見せ、この夏には「FM802 MEET THE WORLD BEAT 2011」、「ARABAKI ROCK FEST.11」などの夏フェスへの出演も続々決定している長澤知之。音源、映像、写真など豊富な情報を収録したCDともDVDとも異なる画期的な次世代型アプリによって表現される彼の表現には今後ますます目が離せない。

長澤知之「JUNKLIFE」アルバムアプリ
 http://itunes.apple.com/jp/app/id444639071?mt=8
 ¥2000
 <アプリ・コンテンツ詳細>
 15曲サウンド&歌詞
 2曲映像 「明日のラストナイト」「俺はグビ」
 Photo ギャラリー
 ディスコグラフィ
 
 収録曲
1.夢先案内人
2.明日のラストナイト
3.THE ROLE
4.JUNKLIFE
5.EXISTAR
6.マンドラゴラの花
7.僕らの輝き( Piano ver.)
8.俺はグビ
9.MEDAMAYAKI
10.はぐれ雲けもの道ひとり旅
11.とても何気ない言葉
12.死神コール
13.P.S.S.O.S.
14.三日月の誓い
15.回送
 
 長澤知之オフィシャルサイト
http://www.office-augusta.com/nagasawa/

MAGIC PARTYはカジヒデキ、ヒダカトオルとのコラボ作品となるシングル「CHEEK & WINK / DIG ME!」を7月20日(水)にTOWER RECORDS限定で発売する。その2人の大先輩からのコメントが到着した。

「彼らのメジャー1stシングルのマンチェ感やブリティッシュ感は、注目に値する物でした。そのグルーヴィーなダンス・ロックでもっと突っ 走って欲しいと、今年の1月に大好きなレコードを一緒に聴いたり、カフェでお茶をしたりしながら出来上がったのが、この曲です。ヒダカ君曲と の相乗効果で、カラフルさが更に倍増です!」(カジヒデキ)

「MAGIC PARTYは久々に観た「横ノリも出来る」ヤング・フレッシュ・ソウルズ! 世代的にはメロコアとかラウドな音楽も通過してるのに、カジくんや俺が提示するグルーヴにグイグイ追いついて来る貪欲さは、将来に対してじゃ つかん懐疑的になってるリスナーの皆さんの心にも、グイグイ刺さってくるはずですニャ☆」
ヒダカトオル(MONOBRIGHT / ex-BEAT CRUSADERS)

この2人とのコラボによって生み出された新生マジパサウンド、ただ今公式サイトに制作現場に潜入した視聴動画が公式サイトにアップされている。

そして、このシングルのリリースを記念したTOWER RECORDSでのインストアイベントの開催も決定。7月23日(土)、東京:新宿店と大阪:梅田NU茶屋町店の2店舗にて、ライヴ&トークイベントを実施する。昼は大阪、夕方は東京と、 1日で大阪&東京の両店舗で行うというもの。このインストアイベントにもカジヒデキとヒダカトオルの参加が決定。

梅田NU茶屋町店ではカジヒデキが、新宿店ではヒダカトオルが、MAGIC PARTYと絡んだ演奏を聴かせる予定。7月23日(土)の大阪と新宿の それぞれが観覧無料。

【インストアイベント情報】
MAGIC PARTY「CHEEK & WINK / DIG ME!」
リリース記念インストアイベント

日時:2011年7月23日(土)13:00~
場所:TOWER RECORDS 梅田NU茶屋町店 6Fイベントスペース
内容:ライヴ&トーク
ゲスト:カジヒデキ
特典:未定

日時:2011年7月23日(土)18:00~
場所:TOWER RECORDS 新宿店 7F
内容:ライヴ&トーク
ゲスト:ヒダカトオル
特典:未定

 

 

【リリース情報】

TOWER RECORDS限定発売商品
『CHEEK & WINK / DIG ME!』
ポニーキャニオン
BRCA-00004 / ¥500(tax in.)
2011.7.20 ON SALE!




オフィシャルサイト
http://www.magicparty.jp/

木村カエラが8月3日にニューシングル「喜怒哀楽 plus 愛」をリリースする。


このシングルは前作「A winter fairy is melting a snowman」から8ヶ月ぶりで、プロデュースは今回も渡邊忍(ASPARAGUS)。「Ring a Ding Dong」、「A winter fairy is melting a snowman」とは全くテイストの違う、ロックナンバーに仕上がった。

また、CD発売日当日には昨年3月の武道館2DAYS以来のワンマンライブ「XYLISH presents Welcome Home Tour 2011」を横浜BLITZで開催。「喜怒哀楽 plus 愛」のロックモードに合わせるように、あえてライブハウスでのライブを選んだという。


木村カエラのオフィシャルファンクラブ『CIRCLE』では、7月11日より、チケット先行予約の受付を開始。また、「着うた(R)」を7/7(木)からレコチョクにて独占先行配信することも決定。本日よりレコチョクでは配信開始決定を記念して3大企画を開始。新曲「喜怒哀楽 plus 愛」の歌詞をレコチョクで独占先行公開し、「着うた(R)」配信時に掲載される楽曲キャッチコピー募集企画などをスタート。その他プレゼント企画もある。

また、今日から木村カエラスタッフによる、official Twitter(@kaela_staff)も開始されている。ハッシュタグ(#kaela_k)をつけてつぶやくと、コロムビアの特設サイトに反映される。

オフィシャルHP:http://kaela-web.com/
コロムビアHP :  http://columbia.jp/kaela/
レコチョクキャンペーンサイト:http://recochoku.com/info/kaela/

 

【リリース情報】

「喜怒哀楽 plus 愛」

2011.8.3 ON SALE!
COCA-16496 / ¥1,050(tax in)

【ライブ情報】
XYLISH presents Welcome Home Tour 2011
8/3(水)横浜BLITZ 
開場:18:00 開演:19:00
チケット料金
・1Fスタンディング 5,000円 未就学児童入場不可
・2F指定 5,500円 4歳以上有料
※プレゼント付き(当日限定商品。非売品)

※入場時に別途1ドリンク代500円必要

昨年12月にシングル「春夏秋冬」でデビューを果たしたNIKIIE。7/13に発売されるファーストアルバム『*(NOTES)』に収録される「NAME」が、TBS系テレビ全国ネット「CDTV」の7月度エンディングテーマに決定した。「NAME」はファーストアルバム「*(NOTES)」の1曲目に収録されている。本人は「NAMEはまだ本名で活動している頃に書いた曲です。目に見える私と、目には見えない私。言葉にできる思いと、言葉にならない思い。表現の狭間で揺れて初めて気付く、私の中に眠らせたままの私。この曲が、聴いた人の中にある新しい扉を開くきっかけになってくれたらと思っています。」と語った。アレンジは「春夏秋冬」と同じく、Cocco、中村中、阿部真央らを手がける根岸孝旨氏が担当した。
さらに、LIVEパフォーマンスを全国、全世界どこにいても楽しめるようにと、7/1(金)に渋谷BOXXで18時より行われる、CD販売店の担当者を対象とした「コンベンションライヴ」をUstreamで生中継することも決定した。本来、業界内の関係者に対して行われるclosedのLIVEがこういった形でオープンに中継されるのは極めて異例なことである。アルバムを引っさげてデビュー後初の8都市をまわる全国ツアーも決定しており、出身地茨城県での公演がファイナルとなる。

【イベント情報】
NIKIIE LIVE TOUR 2011 *(POSTSCRIPT)
9/16(金) 札幌KRAPS HALL
9/18(日) 仙台JUNK BOX
9/25(日) 名古屋BOTTOM LINE
9/29(木) 大阪BIGCAT
9/30(金) 広島ナミキジャンクション
10/7(金) 赤坂BLITZ
10/9(日) 福岡Be-1
10/14(金)水戸club SONIC

viBirth × CINRA presents『exPoP!!!!! volume52』
7/21(木) 渋谷O-NEST

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2011
8/6(土) 国営ひたち海浜公園
               
MTV×三菱東京UFJ銀行 フレッシャーズライブ
8/7(日)恵比寿ザ・ガーデンホール

【リリース情報】
NEW ALBUM
『*(NOTES)』
日本コロムビア
2011.7.13 ON SALE!




 

 

 

 

 

 

【初回限定盤】
COZP-515~516

¥3,200(tax in.)


 

 

 

 

 

 

 

【通常盤】
COCP-36815
¥2,800(tax in.)


OFFICIAL WEB SITE
http://nikiie.com/

 

SISTER JETのニュー・シングル「ロックンロール発電所」が8月10日に発売される。テーマは“ロックで発電する!”。この夏のロック・キッズのハートを熱々にさせてくれそうだ。

本作には、輪番停電の際にロウソクの炎のもと、アコギを弾きながら思いついたという「ジョニー・B.グッド」の日本語カヴァーをはじめ、ラモーンズの大ネタ“電撃”カヴァー「電撃バップ」、さらに新曲「ヤング・プリテンダー」「パイレーツ・ロック」のシビれる全4曲収録。

これに先駆け、明日6月22日(水)20:00より、全世界に向けたUSTREAM配信を行なうことも決定。新曲の全貌が明らかにされる。

【発電シングル USTREAMライブ試聴会】
6月22日(水)20:00~21:00(予定)
配信URL:
http://www.ustream.tv/channel/blues-interactions


【New Single】
 「ロックンロール発電所」
2011.8.10 On Sale
1.ジョニー・B.グッド
2.電撃バップ
3.ヤング・プリテンダー
4.パイレーツ・ロック
PECF-1029 / felicity cap-124
1,300円(tax.in)

MUSICSHELF 連載 最新回掲載!
SISTERJETのそれ行け!カバーボーイ
/blog/coverboy/

公式HP
http://bluesinter.jp/artists/sister-jet
http://www.sisterjet.com
http://www.myspace.com/sisterjet

高橋優が6月18日仙台、19日地元秋田で初の凱旋ワンマンライブを行った。

両日とも東北出身ということで、会場は始まる前から異様な盛り上がり、秒速でチケットが売り切れた地元秋田では高橋が登場すると「おかえり」の大歓声、ファンから秋田弁で声援が送られるなど、地元ならではのシーンも見られた。

また、震災後公演が危ぶまれていた前日の仙台では、高橋は「未曾有の被害に遭われた方々に今よりももっと笑顔でいられる日が増えますようにという願いを込めて歌います」とメッセージを送り、バラード曲などでは、場内からすすり泣く声も聞こえてきた。

初の全国ライブツアー唄う門にも福来る2011も、この東北公演を終了して、折り返し。追加公演を入れて残り4公演となるが、すでにチケットの方は全会場ソールドアウトとなり、早くもプレミアムチケットになっている。

そんな高橋優、6月29日には4枚目のシングル「誰がために鐘は鳴る」をリリース。現在、NHKドラマ10「下流の宴」の主題歌としても話題を呼んでいる同曲、初回限定盤には封入特典も準備されており、詳細は6月26日(日)夜22時にオフィシャルホームページにて発表される。

 

 

【リリース情報】

初のトリプルタイアップとなる4thシングル
『誰がために鐘は鳴る』
ワーナーミュージック
06.29 ON SALE!
WPCL-10979
¥1,200(tax in.)


公式ホームページ http://www.takahashiyu.com/

miwa、SHIBUYA-AX公演大盛況

4月7日に発売されたファースト・アルバム『guitarissimo』が見事チャート1位を獲得したmiwa。そのアルバムを引っ提げてのツアーの東京公演が6月19日、SHIBUYA-AXで行われた。

アンコール含め、約20曲。アルバム『guitarissimo』を中心に、ニューシングル「441」も披露。10代後半から20代前半で埋まった観客は、タオルを振り回したり、「miwaコール」を送ったりと大興奮。バラードからロックなナンバーまで、miwaの歌声に酔いしれた。

6月4日の大阪から、名古屋、福岡、19日の東京公演を終え、今週末の26日の仙台公演からは追加公演となる。仙台公演は、震災後、仙台にもライブに来てほしいという東北地方のファンからの声がたくさん寄せられ、実現した。

このツアーでは、チャリティグッズの販売、募金箱も設置されており、「私一人の力はすごく小さいけれど、みんなの力が集まったら大きなものになるはず」というmiwaの想いが込められている。

来週29日には、待望の6thシングル「441」がリリース。去年のツアーでも披露し、ファンの間でとても人気の高いラブソング。満を持しての発売となる。

「guitarissimo」ツアーのラストは7月10日のSHIBUYA-AX。追加公演も含め、全公演即日ソールドアウトとなっている。そして、ツアーを終えると、この夏は毎週末イベント出演が待っている。

miwa live tour 2011

“guitarissimo”ツアー追加公演
6/26(日) 仙台:darwin
7/3(日)   札幌:PENNY LANE 24
7/10(日) 東京:SHIBUYA-AX

【リリース情報】
6thシングル
『441』
ソニー
06.29 ON SALE!


【初回限定盤】
SRCL-7665~6
¥1,575(tax in.)


【通常盤】
SRCL-7667
¥1,223(tax in.)


official HP
http://www.miwa-web.com/

6月15日リリースの、Superfly通算3枚目のオリジナルアルバム『Mind Travel』が発売1週目で16万6000枚を売上げ、6/27付オリコン週間アルバムランキングで初登場首位を獲得した。

Superflyのアルバムランキングでの首位は、1stアルバム『Superfly』(2008年5月発売)、2ndアルバム『Box Emotions』(2009年9月発売)、シングル「Wildflower」とカバーベストアルバムがセットになった『Wildflower & Cover Songs:Complete Best‘TRACK 3’』(昨年9月発売)に続き通算4作目。

女性アーティストによる1stから4作連続アルバムランキング首位は、2004年4月12日付に『Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.1』で、宇多田ヒカルが記録して以来、7年3ヵ月ぶりの快挙となった。

『Mind Travel』には、天海祐希主演ドラマ『BOSS』(フジテレビ系)主題歌の「Rollin’Days」、品川ヒロシ監督作第二弾『漫才ギャング』主題歌の「Beep!!」、昨年NHKサッカーテーマソングとなった「タマシイレボリューション」の別バージョンなど全14曲を収録している。

アルバムを引っさげた全国ツアーSuperfly Tour 2011“Mind Travel” は6月25日からスタートする。

 

 

【リリース情報】
オリジナル3rdアルバム
『Mind Travel』
ワーナーミュージックジャパン
06.15 ON SALE!


【初回限定盤】
WPZL30278
¥3,800 (tax in.)

【通常盤】
WPCL10952
¥3,150(tax in.)

 

 

恋する女性の代弁者として、女性からの圧倒的な支持を集めるシンガーTiaraの新曲「時をとめて feat. WISE」が、6/15(水)よりレコチョクにて着うた先行配信をスタートした。「時をとめて feat. WISE」は、「あなたと一緒にいられるこの一瞬を大切にしたい」、「大好きな君と離れたくない・・・」、「他には何もいらないから」と、限られた時間の中で二人だけの時を過ごす、遠距離恋愛中のカップルの気持ちをリアルに表現した作品となっている。6/13付のJOYSOUND歌詞デイリーランキングでは初登場1位にランクインし、人気モデルの有末麻祐子が切ない恋心を抱く女性を演じたビデオクリップも話題となっている。これまでのリリース作品でも、女性ならではの視点から、男女の複雑な恋愛模様を独自の表現と世界観で歌い続けてきたTiara。若い女性を中心に人気を集めるモバイルサイトgirlswaker.comのアンケート企画では、恋愛相談したいアーティストの第4位にランクインし、恋をする女性から熱い支持を集めていることもわかった。

 

girlswalker.comでは、「時をとめて feat. WISE」のリリースを記念して、6/15より特集企画「Tiaraが答える遠距離恋愛相談」がスタートした。遠距離恋愛にまつわるエピソードや恋の悩み「彼の気持ちがわからない」、「遠距離ではないけど、彼との距離を感じる」など、恋に悩める女性たちからのリアルなメッセージを募集し、Tiaraが実際にそのお悩みに回答していくというもの。応募期間は6/21まで。そしてなんと、ベスト遠恋カップルに選ばれた1組には、7/6に都内某所にてカップル限定1組のために、Tiaraのスペシャルライブが実施されることも決定した。七夕前夜にロマンチックな思い出を作りたいラブラブなカップル、恋人との心の距離が離れていると感じているマンネリカップル、遠距離恋愛中のすべてのカップルにスペシャルライブ当選の可能性があるとのこと。まずは、7/6のCDシングルリリースに先駆け、着うた先行配信がスタートした「時をとめて feat. WISE」をチェックして、一足早い夏の恋物語を体感してみよう。

 

【リリース情報】

NEW SINGLE
『時をとめて feat. WISE / ホントのキモチ
日本クラウン
CRCP-10269
¥1,200 (tax in)
2011/7/6 ON SALE!

 

レコチョクにて着うた先行配信中!

 

2010年9月にVo,Gt夢人、Gtタケヒト、Baインテツ、Dr KENZOの4人で、新たに『AYABIE』として活動をスタートし、2011年5月にはTOY'S FACTORYからメジャーデビューを果たしたAYABIE。そんな彼らが8/24にメジャー第1弾シングル「流星」を発売することになった。

初回限定盤は2種類で、それぞれ違うプロモーションビデオを収録。また、AYABIE TOUR'11『SUMMER DIVER』が決定しており、7/17には台湾、7/24より日本での公演も予定されている。

 

【リリース情報】

NEW SINGLE
『流星』
TOY'S FACTORY
2011.8.24 ON SALE!

【初回限定盤A】

TFCC-89340
¥1,890(tax in)

 

【初回限定盤B】 
TFCC-89341
¥1,890(tax in)

 

【通常盤】
TFCC-89342
¥1,260(tax in)

 

【イベント情報】

AYABIE TOUR'11 「SUMMER DIVER」

7/24(日)  高田馬場AREA

7/28(木)  横浜F.A.D

8/ 1 (月)  札幌KRAPS HALL

8/ 3 (水)  仙台darwin

8/22(月)  名古屋E.L.L

8/23(火)  梅田AKASO

8/25(木)  博多DRUM Be-1

8/27(土)  岡山IMAGE

8/28(日)  四日市CLUB CHAOS

8/30(火)  赤坂BLITZ

 

AYABIE TOUR'11『SUMMER DIVER』in Taiwan

7/17(日) TheWALL公館

 

OFFICIAL WEB SITE

http://www.d-n-l.jp/

 

7/27に発売を迎えるMERRYのニュー・アルバム、『Beautiful Freaks』に関する詳細が判明した。オリジナル・アルバムとしては通算7枚目となるこの作品は、前作から2年5ヵ月を経てのリリース。この作品に収録されているのは、移籍後の一連のシングル曲も網羅された全16曲。アルバムの表題には美しくもイビツなもの、あるいは異形だからこそ美しいものといった意味合いが込められている。大半の収録曲のミックスを、OPETHやSOILWORK、そしてDIR EN GREYとの仕事歴でも知られるスウェーデン在住のエンジニア、イェンス・ボグレンが手掛けている事実にも注目したいところ。
そしてこのアルバムを携えながらの全国ツアー『MERRY 10th Anniversary TOUR 2011「Beautiful Freaks」』がいよいよ7/29に開幕を迎え、早くもその“次”のツアーが決定した。『激唱FREAKS』と銘打たれたこの三大都市ツアーは、8/17に2ndミニ・アルバム『感傷形成気分はいかが』のリリースを控えている鴉とのカップリングによる“Wレコ発ツアー”ともいうべきもの。また、MERRYのオフィシャル・サイトにて、“『Beautiful Freaks』Twitterハッシュタグ企画”が開始されることになった。文末に“♯Beautiful Freaks”を付けて書き込まれたツイートは、すべて自動的にMERRYオフィシャル・サイト内のアルバム特別サイトに掲載されるようになるのだという。10年目を目前に控えたMERRYから目が離せない。

 

 

<文 / 増田勇一>

 

 

【リリース情報】


NEW ALBUM
Beautiful Freaks
【初回生産限定盤A】
SFCD-0087~88
¥5,250 (tax in)
2011.7.27 ON SALE!


 【初回生産限定盤B】
SFCD-0089~90
¥5,250 (tax in)


【通常盤】
SFCD-0091
¥3,360 (tax in)


【イベント情報】
MERRY 10th Anniversary TOUR 2011「Beautiful Freaks」
「Beautiful Day」
7/29(金) F.A.D YOKOHAMA(CORE Limited)
8/04(木) 静岡SUNASH
8/07(日) 金沢AZ
8/11(木) 札幌cube garden
8/16(火) HEAVEN’S ROCK宇都宮 VJ-2
8/21(日) 岡山CRAZY MAMA KINGDOM
8/23(火) 福岡DRUM Be-1
8/26(金) 大阪umeda AKASO

「Freaks Day」
8/02(火) HEAVEN’S ROCKさいたま新都心 VJ-3(CORE Limited)
8/05(金) KYOTO MUSE
8/09(火) 新潟CLUB RIVERST
8/14(日) 仙台HooK
8/17(水) 高崎Club FLEEZ
8/20(土) 神戸VARIT.
8/24(水) 松山サロンキティ
8/28(日) 名古屋OZON

MERRY×鴉 Wレコ発ツアー 激唱FREAKS
10/1(土) 大阪 ESAKA MUSE
10/2(日) 名古屋ell.FITS ALL
10/9(日) 渋谷CLUB QUATTRO

MERRY OFFICIAL WEB SITE
http://merryweb.jp/

 

アジア太平洋地区を活動拠点とするNPO法人「国連の友Asia-Pacific」が、東日本大震災被災者の心のケアのために開始した “Friend’s Whistle!”(トモダチの笛)プロジェクト。このプロジェクトは、東日本大震災被災者に“Friend‘s Whistle!”を配布、更に「音楽を聴く・奏でる」ためのCDプレーヤー、携帯音楽プレーヤー、楽器などの寄付を募っていく活動だ。4/29にパシ フィコ横浜で行われたキックオフイベントでは、趣旨に賛同したアーティスト達が最高のステージパフォーマンスを披露。更にボランティアとともに募金活動を 展開し、来場者からの楽器などの寄付を通して音楽の力を再認識できるイベントとなった。今回7/18に東京国際フォーラムで行われる第2弾コンサートでは、キックオフにも参加したパク・ジョンミン、小室哲哉の他、moumoon、MEGARYU、TSUYOSHIに加え、韓国からZE:A、JUNO、T-max、SHU-Iの参加も決定。賛同アーティストたちが音楽と

歌の持つ力を信じ、思いをこめたパフォーマンスを披露する。

 

 

 

【イベント情報】
国連UN-OHRLLS・国連の友 Friend’s Whistle!

Act for Tomorrow! Vol.2
7/18(月・祝) 東京国際フォーラム

OFFICIAl WEB SITE
http://www.friends-w.jp/

6月15日に3枚目となるニューアルバム『Mind Travel』をリリースし、同日に横浜赤レンガでフリーライブを実施。約2万人の観客を集め話題となり、現在アルバムが大ヒットしているSuperflyが、6月19日(日)、午後12時からのTOKYO FM『au ON AIR MUSIC CHART』(毎週 日曜日12:00~12:55 全国38局ネット)の渋谷スペイン坂スタジオでの公開生放送に生出演した。

多数応募の中から200名の限定観覧となったこの日のイベント。アルバム『Mind Tarvel』に関するトークの最後には、サプライズでアルバムに収録にされている「Morris」という楽曲を披露。この楽曲は5~6年前からあった楽曲。志帆が上京してすぐに、父が再びギターを弾き始めているという話を家族から聞いて、そんな父への想いを歌詞にのせたという制作秘話も明かした。そんな父への想いを込めて、父の日である今日、この曲をサプライズでスタジオ生演奏した。

レコーディングに参加したミュージシャンのおおはた雄一のギターと共に「Morris」をパフォーマンス。スタジオはやわらかいギターとやわらかい志帆の歌声に包まれた。この「Morris」は父の日(19日)1日限定でwamo!にて着ムービーが無料配信中された。

 

 

【リリース情報】
オリジナル3rdアルバム
『Mind Travel』
ワーナーミュージックジャパン
06.15 ON SALE!



【初回限定盤】
WPZL30278
¥3,800 (tax in.)


【通常盤】
WPCL10952
¥3,150(tax in.)

 

現在「ギルガメッシュ WORLD TOUR 2011 “Here we go!!”」を敢行中のギルガメッシュが18日(土)、仙台darwinにてライヴを行い、東日本大震災をうけて制作した「pray」を仙台のファンに届けた。

3/11、ツアー中で遠く離れたベルリンで震災を知り、帰国後すぐに「自分達に出来る事は何か」を考え制作した「pray」。遠く離れたヨーロッパでの 【祈り】と帰国してからの【願い】を込めた。ワールドツアーでヨーロッパ・アメリカのファンからも沢山の応援の言葉をもらい励まされてきた彼らが、その想 いを仙台のファンに届けた。
ギルガメッシュは想いを胸に26日GRAND FINAL Zepp Tokyo公演に臨む。

 

【ライブ情報】
WORLD TOUR 2011 “Here we go!!”
6/26(日) Zepp Tokyo

 

 

【リリース情報】
チャリティソング「pray」配信中
http://www.girugamesh.jp/pray.php
 
OFFICIAL WEB SITE
http://www.girugamesh.jp/

2007年より行なわれている人気ヴィジュアル系アーティストが多数出演する夏の風物詩的イベント「SCUBER DIVE~渋谷が大変~」。FINALとなる今年は8/1(月)にShibuya O-EASTをはじめ7会場で行われる。

出演アーティスト第1弾は以下の通り。
Art Cube/Administrator/アヲイ/12012/Viru's/vistlip/VIRGENOW/Kαin/我羇道/Quinstet/ケ ミカルピクチャーズ/Called≠Plan/Sadie/Jackman/シンディケイト/SOMATIC GUARDIAN/Dali/DEAR/DIAURA/DISH/DEPAIN/トーマス/ドクターモルモット/DOG inTheパラレルワールドオーケストラ/TRIGGAH/NEGA/NEXX/BugLug/花少年バディーズ/バラッド/針槐/お遊戯ゎが魔々団× 【PaRADEiS】/the bullet/boogieman/Blu-BiLLioN/ベルベット/Megaromania/ユナイト /Luzmelt/REALies/Lycaon/LIPHLICH/リルト/凛/レーヴェルト/レミング/LOGiQ/ワン★スター/他シークレット出演あり

 

 

【イベント情報】
SCUBER DIVE~渋谷が大変~2011~
8/1(月)
Shibuya O-EAST/O-WEST,O-Crest/O-nest/duoMUSICEXCHANGE/clubasia.VUENOS+α

OFFICIAL WEB SITE
http://www.scuberdive.com/
湘南乃風のバックセレクターとしても知られるThe BK Sound が、2ndアルバムを7/6に発売する事を発表した。タイトルは「Two 」。「このアルバムのキーワードはアイランド。島国特有の常夏感や海、そしてパーティーを意識した楽曲集」と本人が語るように、本作は全編を通して夏の匂いが漂う極上のサマーチューンとなっている。そしてまた今回も多彩なアーティストたちがアルバムに集った。注目すべきは湘南乃風のメンバーがそれぞれ異なる曲で参加し、それぞれに魅せる異色のコラボレーションだ。若旦那&キヨサク(MONGOL800 )、HAN-KUN &U-ROY 、SHOCK EYE & BES といった、新鮮なコンビを楽しむことができる。「自分から見る4 人の個性を最大限に引き出したいと思っていた。風一族(湘南乃風のファン)のみんなも絶対に楽しめると思う」と、彼らのバックセレクターを長年務めるBK だからこそ成し得た絶妙なプロデュースワークと言える。

 

その中の注目の1 曲「SAKE ・YO feat.RED RICE (from 湘南乃風)& 綾小路 翔(from 氣志團)」の着うた(R )が、いち早くレコチョクで先行配信されている。湘南乃風一番のパーティルーラーRED RICE と、

稀代のエンターティナー綾小路 翔がタッグを組んだ最強のパーティーチューンとなっている。また、この曲の完成を記念して、7/4 (月)には六本木masurao で行われる購入者限定スペシャルイベント「マスラオ白
書~ザ・グレイテストニッポンの逆襲~」が開催される。


【リリース情報】


NEW ALBUM
『Two』
FLCF-4381
¥2.300(tax in.)
2011.7.6 ON SALE!


※The BK Sound 「SAKE ・YO feat.RED RICE (from 湘南乃風)& 綾小路 翔(from 氣志團)」
レコチョクにて着うた(R )配信中!

 

 

【イベント情報】
レコチョク購入者限定イベント
「マスラオ白書~ザ・グレイテストニッポンの逆襲~」
7/4 (月) masurao (東京都港区六本木)

 

 

The BK Sound OFFICIAL SITE
http://thebksound.com/

SISTER JETはこの夏、「ロックで発電する!」をスローガンにキッズのハートを熱々にさせる発電シングルを8月10日にリリースする。

節電必死のこの夏を乗り切る切り札として、ロックンロール発電所たるSISTER JETが届ける曲は、ボーカルのワタルが輪番停電の時にロウソクの炎の元、アコギを弾きながら思いついたという「ジョニー・B.グッド」の日本語カバーを始め、NYの電撃先輩RAMONESの大ネタカバー「電撃バップ」。さらに新曲「ヤング・プリテンダー」ではバンドの勢い×夏の熱気÷少年の青さを表現、バンド史上最強のビートナンバーに仕上がっている。またドラム健輔の作曲によるグラマラスでデンジャラスな熱々の新曲「パイレーツ・ロック」を含むアルバムを超える勢いの濃度を誇るロックンロール全4曲を収録。

リリースを記念して来週6/22(水)20時~全世界に向けた発電USTREAMを敢行。新曲の全貌をそこで明らかにする。また、7/14に発電シングルリリースの前哨戦イベントを渋谷CLUB QUATTROで行う。

【リリース概要】
「ロックンロール発電所」
2011.8.10 On Sale
PECF-1029 / felicity cap-124
1,300円(tax.in)
全4曲収録予定

【USTREAM イベント内容】
SISTER JET 発電シングル USTREAMライブ試聴会
[USTチャンネル]
USTREAM「Blues Interactions Live チャンネル」
http://www.ustream.tv/channel/blues-interactions
6/22(水) 20:00-21:00(予定)

【Live info】
SISTER JET+1
日程:7/14(木)
会場:渋谷CLUB QUATTRO
開場:18:00 開演:19:00
前売:¥3,000(税込み/整理番号付き/ドリンク代別途)

 

公式サイト

http://www.sisterjet.com/index2.html

 

MEGが日本とフランスを結ぶカバー曲をコンセプトとした新曲を、6月20日から iTunes France 限定で6ヶ月連続リリースする。

現在、国内での音楽活動を休止し、フランスを始めとした海外での活動を中心に、ライブやファッションイベント等に出演、この夏もフランスで行われる「JAPAN EXPO」への出演が決定している

この iTunes内での企画で、第1弾のリリースとなるのは、フランス人にも絶大な人気を誇るテレビアニメ「ロザリオとヴァンパイア」のオープニング・テーマ、水樹奈々の「DISCOTHEQUE」。そして、現地では ”Le Collège fou, fou, fou “ という仏語タイトルで放送されている「ハイスクール奇面組」のエンディングテーマで、MEG本人も公式Twitterなどで "好きな楽曲" と公言しているうしろゆびさされ組「バナナの涙」が決定している。

本人のブログにあるとおり「同じものでワクワクしたり、たのしい時間を 共有できる というのは、なんて素敵なことなんだろう」と渡仏する度に感じているというMEGの希望が叶った形といえる。

現時点での日本でのリリースは予定していないとのことだが、人気の高い楽曲による久々の新譜ということで、今後もMEGの活動が注目される。

尚、今回のフランス・デビューを機に、オフィシャルのFacebookも立ち上がり、今後は海外への情報発信を中心に運営される。

Official Facebook
http://www.facebook.com/meg.official
MEG Official HP
http://megweb.jp
Official Blog
http://people.zozo.jp/meg/
Official Twitter
http://twitter.com/_x_MEG_x_

所属レーベルサイト
http://unborde.com/artist/meg.php

6月15日深夜、いきものがかりがニッポン放送「いきものがかり 吉岡聖恵のオールナイトニッポン」の中で7月20日に新曲をリリースすることを発表した。

約6カ月ぶりとなるメディアでの生放送となった「いきものがかり 吉岡聖恵のオールナイトニッポン」。そこで約11カ月ぶりとなる、20枚目のニューシングル「笑ってたいんだ/NEW WORLD MUSIC」(両A面)を7月20日(水)にリリースすることを発表し、新曲「笑ってたいんだ」を初オンエアした。

新曲「笑ってたいんだ」は、いきものがかりのリーダー水野良樹が日産自動車「日産セレナ」CMソングとして書き下ろした楽曲で、編曲に数々の有名アーティストを手掛け、いきものがかりとの制作作業は約6年ぶりとなる亀田誠治氏を迎え、真夏にぴったりのさわやかなポップチューンに仕上がっている。

新曲「笑ってたいんだ」を使用した、日産自動車「日産セレナ」CMは7月上旬からオンエアとなる予定。また、この日はフジテレビ系「めざましテレビ」テーマソングとしておなじみの「NEW WORLD MUSIC」もラジオ初オンエアした。こちらは今回がいきものがかりと初仕事となる蔦谷好位置氏を編曲に迎え、いきものがかりの新境地を感じさせるアッパーチューンに仕上がっている。

公式ホームページ
www.ikimonogakari.com/

【ニューシングル詳細】
「笑ってたいんだ /NEW WORLD MUSIC
7月20日(水)発売
初回仕様限定盤  ESCL 3720 ¥1,223(税込) 
※初回仕様限定版特典:いきものカード024封入
≪収録曲目≫
M-1「笑ってたいんだ」(6:09) 作詞・作曲:水野良樹 編曲:亀田誠治
※日産自動車「日産セレナ」CMソング
M-2「NEW WORLD MUSIC」(4:30) 作詞・作曲:水野良樹 編曲:蔦谷好位置 
※フジテレビ系「めざましテレビ」テーマソング(2011.4.1~)
M-3「笑ってたいんだ-instrumental-」(6:09) 
M-4「NEW WORLD MUSIC-instrumental-」(4:30)

【ライブ情報】
いきものまつり2011

どなたサマーも楽しみまSHOW!!! ~横浜スタジアム~
[日程]
2011年
7月23日(土)開場15時/開演17時 【SOLD OUT!】
7月24日(日)開場15時/開演17時 【SOLD OUT!】
[会場]横浜スタジアム
[チケット料金]6,300円(税込)

※3歳未満入場不可/小学生以上からチケットが必要です。
[席種]指定席/ファミリーシート ※チケット料金は一律

6月15日にアーティスト、Lena名義でデビューシングル「ヒカリ」をリリースした藤井リナが、サプライズで渋谷、新宿の大手CDショップにサプライズで登場した。

 

この日、「渋谷なうです。これからTSUTAYAへ行きます!」というTwitterが流れると、15時過ぎにTSUTAYAの店員に扮したLenaがSHIBUYA TSUTAYAに登場。お店のレジを担当すると、Lenaに気付いたお客様や、Twitterを見て駆けつけたファンで店内は一時騒然となった。

 

 

その後も、TOWER RECORDS渋谷店、HMV新宿EST店に出没。LenaのCDを持ってレジに並ぶ一人ひとりに「ありがとう」と声をかけるLenaに興奮して号泣するファンの姿もあった。

 

 

この企画は、今回作詞を手がけたLena本人が、自分の音楽が商品になり、手にとっていただくお客様に直接会いたいという思いから実現したもの。

 

デビューシングル「ヒカリ」は、テレビ朝日「フラッシュフォワード」のインスパイアードソングに抜擢され、YouTubeで公開されたミュージックビデオにアクセスが殺到。切ない歌詞が話題を呼び「JOYSOUND歌詞」で2日連続で1位、着うた(R)ではカリスマ・ファッションモデルのデビュー作品としては最高位のレコチョク2位を獲得している。

 

 


【リリース情報】
藤井リナがLena名義でメジャーデビュー
『ヒカリ』
ユニバーサル
06.15 ON SALE!

【初回限定盤】
UMCF-9579
¥1.300(tax in.)

【通常盤】
UMCF-5084
¥1.000(tax in.)

公式サイト
http://www.universal-music.co.jp/lena/
http://www.youtube.com/lenamovie

日本の曲として初めてのビルボード1位を記録(3週連続)するほか、歴史的名曲とされている「上を向いて歩こう」 が、このたび発表から50年を迎えることを記念して、12cmCDシングルおよびカセットテープで4曲入り(+カラオケ1曲)でリリースされる。

中村八大リサイタルで発表されたのは1961年7月21日、その後坂本九が歌い、大ヒットを記録。その評判は日本国内にとどまらず、1963年6月15日には「SUKIYAKI」としてリリースされ、日本の曲としては初めてのビルボード1位を記録するにいたった。先にも後にも日本の曲が全米1位を獲ったのはこの曲のみ。空前絶後の記録となっている。さらに「SUKIYAKI」は世界約70ヵ国で発売され、総売り上げ枚数は1,000万枚を超える世界的大ヒットに。翌1964年5月には、外国人としては初めてとなる全米レコード協会認定のゴールドディスクを受賞した。

そして現在に至るまで、テレビやラジオからさまざまな形でこの曲が流れているほか、世界中のアーティストがレパートリーとして採り上げ、歌い継いでいる。モバイル・PC含む総デジタル・ダウンロードも通算10万DLを突破している。

7月16日 全国東宝系ロードショー スタジオジブリ映画『コクリコ坂より』でも物語の重要な局面において坂本九の歌声による「上を向いて歩こう」が流れるという。

「上を向いて歩こう」はこれまで何度かシングルとしてリリースされてきたものの、CD時代以降は、8cmシングルがリリースされただけで、12cmCDのシングルは発売されておらず、2011年「SUKIYAKI 50」のアニバーサリー・イヤーに、「シングル化」の要望が各所から多く寄せられるようになっていたという。

日本人の魂のよりどころにして世界のスタンダード・ナンバー「上を向いて歩こう」を、このタイミングで以前より要望の高かった12cmCDシングルおよびカセットテープで4曲入り(+カラオケ1曲)でリリース。生きていれば今年70歳を迎えたはずの坂本九の名唱を、じっくり味わえる1枚となった。同時期に日活よりDVD「上を向いて歩こう」、岩波書店より書籍「上を向いて歩こう」(佐藤剛著)も発売される。

【リリース情報】

スタジオジブリ映画「コクリコ坂から」挿入歌
『上を向いて歩こう』
EMI
07.13 ON SALE!
TOCT-22310
¥1,200(tax in.)
※12cmCDシングル & ミュージックテープ同時発売


セックス・ピストルズのヴォーカリストとして活動していたジョニー・ロットンが、セックス・ピストルズを脱退後、ジョン・ライドンと改名し、キース・レヴィン(g)、ジャー・ウーブル(b)らと結成したパブリック・イメージ・リミテッドのカタログが、17年ぶりの再始動、22年ぶりの来日を記念して紙ジャケで再発される。

今回再発されるのは、1978年のデビュー・アルバム『パブリック・イメージ』から1997年発売のジョン・ライドンのソロ・アルバム『サイコパス』までの11枚のアルバム。それらをUKオリジナルLP盤を忠実に復刻した初の紙ジャケット仕様で7月27日に発売される。デジタル・リマスター&SHM-CD仕様、完全生産。また発売当時メタル缶ケースに3枚の12インチが入った初回限定のセカンド・アルバム『メタル・ボックス』も、メタル缶ケースを忠実に再現したレプリカ・ヴァージョン(3CD)で初回限定生産される。

PiL初心者にもうってつけの1990年に発売されたベスト・アルバム『グレイテスト・ヒッツ・ソー・ファー』も ボーナス・トラックを1曲収録し、同日発売。

1992年のアルバム『ザット・ホワット・イズ・ノット』のリリース後、活動を休止していたが突如2009年に17年ぶりに再始動、そして今年の“サマーソニック2011”出演決定、約22年ぶりの来日となる。

パブリック・イメージ・リミテッド日本公式サイト
http://emij.jp/pil/

moumoonが13日、全国ツアー東京公演を2007年のデビュー以来初めてホール、中野サンプラザで行った。

月明かりをイメージしたライトップと月の表面をイメージした純白の布で覆われたステージに二人が登場すると会場は荘厳な雰囲気に包まれ、この日集まった2000人のファンを釘付けにした。

ライブ序盤には「去年、私たちにたくさんの“出会い”をくれた曲です」と演奏された資生堂「アネッサ」のTV CMソングとして大ヒットした「Sunshine Girl」が始まると会場を温かい空気で包み、2011年3月2日にリリースされた2枚目のアルバム『15doors』の収録楽曲から、YUKA自身がCMにも出演するイオン・満月ロゼCMソング「moonlight」など計20曲を熱唱。YUKAの透明感のある透き通る歌声で約2000人のファンを魅了した。

YUKAはMCで「こうやってツアーを再開出来たのも、本当にファンのみんなとメンバーやスタッフのおかげです。本当にみんな大好き!愛してるよー!」と涙で瞳をうるませながらコメントすると、会場のファンからも「大好き!」「愛してるよ!」などの大歓声で迎えられた。

この日ライヴの模様はUstreamとニコニコ動画で完全生中継されニコニコ動画では来場者数約2万5000人が視聴し、会場に来れなかったファンからも多くの応援メッセージが寄せられた。

moumoonのツアーは6月21日(火) 仙台(darwin)でファイナルを向かえ、7月15日吉祥寺シャッフルで行われる「FULLMOON LIVE 2011.July on Ustream」がUstreamで配信決定。

また8月3日にはニューシングル「Chu Chu」がリリースされることが発表。通算9枚目のシングルとなる今作は、既にCMタイアップが決定しているというタイトル曲「Chu Chu」をはじめ、8thシングル曲「moonlight」の英語ヴァージョンや、資生堂アネッサ2010CMソングとしてヒットした「Sunshine Girl」を含むサマーメドレーなど全5曲を収録。2形態でのリリースが決定しており、<ジャケットA>には「Chu Chu」のPVとメイキング映像を収めたDVDが付属される。

 

ツアー会場で今作を予約した人には、各公演ごとに異なる“その日のLIVEの生写真”をプレゼントする企画も用意される。

 

MUSICSHELF INTERVIEW

/blog/selector/2011/03/moumoonspecial-interview.html

公式HP

http://www.moumoon.com/index.html

 

アリーナツアーに夏フェス出演と、ライブ情報を続々と発表しているYUKIが、7月27日にニューシングルをリリースする。

「Hello !」というシンプルでありながらも力強さを持ったこのタイトルチューンは笑顔と愛で人と人とが繋がり、世界が一つになっていく、まるでそんな風景が浮かんでくるような心温まる楽曲。カップリングには、母の日限定ストリーミング配信で話題となった「Dear.ママ」を収録している。アメリカンテイストのPOPなメロディに乗せ、母への感謝の気持ちを届ける。

さらに、YUKIファンにはお馴染み(?)のYUKIweb RADIOのストリーミング配信も決定している。YUKI自らが楽曲制作秘話などを交えて送るweb限定の特別番組。リスナーからのメッセージにYUKIが答えるというプレミアムな企画。

【YUKI web RADIO 「Hello !」 Release Special】
ストリーミング配信日時:2011年7月29日(金)24:00~2011年7月31日(日)24:00まで
YUKIのオフィシャルサイト内【SPECIAL】のコーナーのリンクからアクセス。
www.YUKIweb.net

 

 

【リリース情報】
2011年第2弾シングル
『Hello !』
エピックレコード
07.27 ON SALE!


【初回限定盤】
ESCL-3671
¥1,020(tax in.)

【通常盤】
ESCL-3671
¥1,020(tax in.)

※初回仕様限定盤がなくなり次第、通常盤に切り替わります。
オフィシャルサイト 
http://www.YUKIweb.net/

中川翔子が6月11日(日)にCDデビュー5周年イヤーを締めくくるスペシャルイベントを横浜赤レンガ倉庫広場にて行った。

今回のイベントは、今週8日に発売となった14枚目のシングル「つよがり」と、本人初主演&主題歌を担当した映画DVD「恋の正しい方法は本にも設計図にも載っていない」の発売を記念しておこなわれたもの。

イベント当日は、あいにくの雨にも関わらずファン5000人が集結。「この雨を皆の貪欲汁で吹き飛ばしちゃおう!」と中川翔子が登場すると、会場の熱気は早くも最高潮に。さっそく新曲の「つよがり」を披露すると、ファンが色とりどりの傘を歌に合わせて動かし、雨のイベントならではの光景が広がった。披露後には「強がれば怖いことはない。強がることを覚えさせてくれた皆、ありがとう!」と語った。

映画DVD「恋の正しい方法は本にも設計図にも載っていない」初回盤にのみ収録されている「I'm here」など、全4曲を披露。最後の曲を歌い終わったころにはちょうど雨が止み、「みんなが強がれば、どんな困難も吹き飛ばせる。雨の後には笑顔が咲きます!」とライブを締めくくった。

ライブ終了後は本人が「貪欲汁を交換する会」と語る握手会がおこなわれ、ファンひとりひとりと触れ合った。尚、同日夜には、名古屋・アスナル金山でも同様のイベントが行われた。

 

MUSICSHELF:特集 中川翔子

/?mode=static&html=special89/index

 

 

 

 

6/9、ムックの日に新木場STUDIO COASTにて行われたライヴ「Maniac Parade 97~11」。チケットはわずか6分で完売し、会場は超満員となった。これを受け、今回のライヴの模様は日本をはじめ、アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど世界27カ国にUSTREAMで有料配信された。Maniacと名付けられているとおり、先日行われた武道館2Days「TOUR Chemical Parade FINAL」、「MUCC history GIGS97~11」でも演奏されなかったレアな楽曲がセットリストに組み込まれており、雨にぬれた小鳥の姿と、自らの心を重ね合わせた『五月雨』は、インディーズ時代のシングル収録ナンバーで、ミヤ(G)がイントロを弾いただけで、オーディエンスから大歓声が起きた。しかし、単に昔の曲だけでなく、このライブでは最新アルバム『カルマ』の楽曲を随所に置き、ムックの過去と現在を行き来する。特に中盤の流れは秀逸だった。『カルマ』収録曲であり、制御不能になったコンピューターをモチーフにした『アイアムコンピュータ』。淡々とした曲調とは対照的に、逹瑯(Vo)は激情をたたきつけるように歌う。ミヤとYUKKE(B)も、ステージを縦横無尽に動きながら音を奏でる。

 

続く2004年のアルバム『朽木の灯』収録の『暁闇』は、音の「静と

動」を際立出せ、そのコントラストの美しさを1曲の中で表現してみせた。さらに同アルバム曲『溺れる魚』。冒頭、静かに語りかけるような逹瑯の声に、ミヤのアコギが優しく寄り添う。途中からSATOち(Dr)とYUKKEのリズム隊が加わり、曲が一気に開けていく。過去と現在の曲たちがライヴの中でつながっていき、新たなムックの音楽のストーリーが生まれ、後半は、激しいナンバーが次々に繰り出される。エレクトロニカな『ファズ』では、逹瑯のハーモニカの音に合わせ、オーディエンスは会場が揺れるほどジャンプし、アップテンポな『前へ』に突入すると、フロアの動きが一段と激しくなった。そして本編のラストは『リブラ』。生と死に対する答えを、花に託した楽曲だ。地を這うような逹瑯のダークな声がサビでは一転、凛とした音色に変わり、力強い決意へと向かっていく。アンコールでも、『水槽』や『ジレンマ』といった久々の楽曲を披露し、最後は『カルマ』のラスト曲でもある『フリージア』。過去の旅から現在地に戻り、またここからムックの歩みが始まることを示した。

 

 

 

<文 / 桂泉晴名、写真 / 緒車寿一

 

ムック OFFICIAL WEB SITE

http://www.55-69.com/

氷室京介が6月11日(土)、12日(日)の2日間にわたり、東京ドームで『東日本大震災復興支援チャリティライブ KYOSUKE HIMURO GIG at TOKYO DOME "We Are Down But Never Give Up!!"』と銘打ったチャリティライブを行った。

当初、6月11日、1日限りの公演の予定だったが、多くの賛同が集まり、最終的には50万人を越える応募となった為、12日を追加公演とし、各日5万5000千人、2日間の総動員数は約11万人となった。チャリティライブとしては。国内史上最大規模。東京ドーム1日の動員数としても過去最大。

ライブの内容は、氷室が掲げたチャリティという主旨に賛同してくれたオーディエンスの気持ちに応えるべく、今もなお日本のロック史上最大の伝説のバンドとして多くの支持を得ているBOφWYの楽曲で全編が構成。氷室自身、BOφWYの解散ライブLAST GIGSを含め、東京ドームでの公演は7年振り、7度目。2004年に“21st Century Boφwys VS HIMURO”と銘打ったライブを東京ドームで行っているが、全曲がBOφWYの楽曲で構成されるライブは今回が初めてとなる。

開演直前、場内アナウンスにより、5万5000人のオーディエンスが黙祷を捧げ、その後、ライブがスタート。氷室がステージに登場し、「カモン!東京ドーム!今夜はおまえらが主役だぜ!騒ごうぜ!」と放ち、1曲目「DREAMIN’」の演奏が始まると、会場内は既に最高潮。

 

終始その熱気のまま、本編22曲、アンコール3曲、計25曲を演奏。「B.BLUE」「MARIONETTE」「ONLY YOU」等の代表曲は勿論の事、BOφWY解散以降、歌う事がなかった「BAD FEELING」や、BOφWY活動当時にも数回しか演奏される事のなかった「“16”」等のレアな楽曲も約23年振りに披露した。アンコール含む全編終了後、震災を受けて書き下ろした新曲「IF YOU WANT」(CD発売未定)が、被災地で復興に向けて活動している人々の映像と共に会場内にながれ、その楽曲に込めたメッセージを伝える形で終了した。

チャリティとしてのライブの規模もさながら、復興が遅れている今、震災からちょうど3ヶ月が経過したこの日のライブに集まった全てのオーディエンスが、継続的に支援していく意識を強く心に刻んだチャリティライブとなった。当日、会場にて販売されたグッズ等の利益を含め、本公演における収益金の全てが、東日本大震災の復興支援として被災地における救済活動、復興支援活動を行っている団体へ寄附される。


また、6月17日(金)に日本テレビ系全国ネット「NEWS ZERO」にて特集がオンエアされる。氷室京介×NEWS ZERO特別版「氷室京介 震災復興支援ライブ 11万人の3.11 WE ARE NEVER GIVE UP」として、被災地に向けて、復興支援に向けて、氷室の思いに賛同したスタッフ、オーディエンス11万人の“VOICE”を中心に構成されたライブ&ドキュメンタリー番組となる。6月17日(金)深夜25:53より、日本テレビ(関東ローカル)にてオンエア。


2011年6月11日/12日@東京ドーム
東日本大震災復興支援チャリティライブ 
KYOSUKE HIMURO GIG at TOKYO DOME

"We Are Down But Never Give Up!!"

1. DREAMIN
2. RUNAWAY TRAIN
3. BLUE VACATION
4. ROUGE OF GRAY
5.TO THE HIGHWAY
6. BABY ACTION
7. JUSTY
8. WELCOME TO THE TWILIGHT
9. BAD FEELING
10. “16”
11. LONGER THAN FOREVER
12. MEMORY
13. B・E・L・I・E・V・E
14. 季節が君だけを変える
15. B.BLUE
16. MARIONETTE
17.PLASTIC BOMB
18. DOWN TOWN SHUFFLE
19. BEAT SWEET
20. RENDEZ-VOUS
21. ONLY YOU
22.IMAGE DOWN

Encore
23.ON MY BEAT
24.HONKY TONKY CRAZY
25. NO.NEW YORK

 

オフィシャルサイト
himuro.com

 

Plastic Treeが今月10日、台湾の西門町映画公園にてフリーライブを行った。

日本では4月に発売されたアルバム『アンモナイト』が今月9日、現地にて発売され台湾でのライブ6回目にして初のフリーライブを敢行した。

西門町映画公園でフリーライブを行った日本人アーティストは初めてで、大雨にも関わらずライブを一目見ようと約1000人が集まった。大声援の中「みらいいろ」などヒット曲を中心に30分のステージを成功させ、
Voの竜太朗は「僕たちは日本のバンドなんですが、台湾の皆さんにはとても感謝しています。色々とありがとうございます。」と、今回の大震災への協力に対する感謝も述べていた。


「アンモナイト(大)」ツアーの最終公演は10/8に東京・両国国技館で行われる。

 

 

【イベント情報】
rockin'on presents ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2011

8/7(日)  国営ひたち海浜公園

 

LIVE TOUR2011「アンモナイト(大)」

9/17 (土)  名古屋Club Diamond Hall

9/19 (月)  DRUM LOGOS

9/24 (土)  Zepp OSAKA

10/01 (土)  Zepp SENDAI

10/08 (土)  両国国技館

問:AKATSUKI label 03-5485-5678

 

Plastic Tree OFFICIAL WEB SITE

http://www.plastic-tree.com/pc/


Alice Nineの2011年第1弾シングル「BLUE FLAME」が6/8にリリースされた。疾走感溢れるバンドサウンドに印象的なサビと切ない詞、またメンバーが演技をするミュージッククリップも話題になっている。そんな中、11日(土)に「BLUE FLAME」発売を記念して、購入者対象のスペシャルイベントが東京・有明で行われた。

今回のイベントは「スペシャルスタンプ会」という事で、CD購入者は抽選で当たったメンバー1人から特製スタンプカード用紙に直接スタンプを押してもらうというもの。スタンプはそれぞれメンバーのキャラクターのイラストになっており、ここでしか手に入らないかなりのレアものになっている。複数押されたスタンプのキャラクター次第では、様々な特典が用意されており、メンバーとの2ショットポラ撮影などで会場は多いに盛り上がった。
当日、会場には雨にも関わらず、朝から1,000人ものファンがけつけ、最終的には5,000人のファンが訪れAlice Nineとの楽しい時間を過ごした。

将は「雨の中、沢山のファンの方々に来ていただいて嬉しいです。今年もライブや音源でみんなに僕たちの想いを伝えていきたいと思うのでこれからもAlice Nineについてきてもらいたいし、いい意味でみんなを驚かせるような事もしていきたいと思います。」と語った。

Alice Nineは9/7に早くもニューシングルを発表し、2日後の9/9には結成7周年の記念のワンマンライブ「Alice Nine Live 2011 ”7th THEATER”」を渋谷NHKホールで行う。

 

【イベント情報】

V-Love☆Live Vol.1-Suported by V-ROCK FESTIVAL-
6/18 (土)新木場STUDIO COAST
[出演]Alice Nine、AYABIE、樹威(ex.Vidoll)、摩天楼オペラ、ゴールデンボンバー、Versailles、LOST ASH(OP)、V-last(OP)
http://v-love.info

TRIBAL ARIVALL TOUR 2011
6/25(土) SHIBUYA-AX

 PS COMPANY presentsPeace & Smile Carnival

2011SHIBUYA 7DAYS at C.C.Lemon Hall
8/11(木)~8/17(水)渋谷C.C.Lemon Hall

特設サイト
http://www.pscompany.co.jp/psc/summer/7days/index.html

 


Alice Nine Live 2011"7th TEATER"
9/9(金)NHKホール

 

オフィシャルサイト
http://www.pscompany.co.jp/alicenine/

 

来る6/11(土)、「BEST OF WORST」発売記念の”タワーレコード新宿店ROOFTOP爆音LIVE”が行われる。

その中から新曲を1曲シューティングし、当日の夜20時から24時間限定で公開すことが発表された。

10月の阿鼻叫喚ツアーの第1次HP先行予約も同時に受付。

※イベントが雨天中止になった場合は秘密裏にSPECIALスタジオライブを行いその模様を公開する予定。


 


 

【イベント情報】

阿鼻叫喚ツアー
10/14(金) 仙台某所

10/16(日) 名古屋CLUB QUATTRO

10/21(金) 心斎橋JANUS
10/23(日) 福岡DRUM Be-1

10/29(土) 恵比寿LIQUID ROOM

 

チケット先行情報
受付日程:6/11(土)15:00~6/12(日)23:00
受付URL:(PC・mobile共通)http://l-tike.com/hpmosomelive/
受付電話番号:0570-084-003(Lコード必要)
枚数制限:4枚(複数公演お申込可能)
引取期限:予約日含めず3日間

 

New Audiogram ver.4.2

7/7(木) 渋谷 O-West


QUATTRO MIRAGE VOL.2 ~MORE ACTION, MORE HOPE.~
powered by TOWER RECORDS

7/20(水) 心斎橋CLUB QUATTRO

 

JOIN ALIVE 2011
7/24(日)  いわみざわ公園 (野外音楽堂キタオン&北海道グリーンランド遊園地)

FUJI ROCK FESTIVAL'11

7/31(日)  新潟県湯沢町苗場スキー場

LIQUIDROOM 7TH ANNIVERSARY presents"UNDER THE INFLUENCE"
8/6(土)  LIQUIDROOM EBISU

8otto presents
8/16(火)  新代田FEVER 

LOSTAGE 『CONTEXT TOUR』

8/19(金)  京都 磔磔

Re:mix 2011
8/20(土)21(日) ※出演日未定

名古屋CLUB DIAMOND HALL & APOLLO THEATER

ARABAKI ROCK FEST.11
8/28(日) 宮城 エコキャンプみちのく

 

【リリース情報】


NEW ALBUM
『BEST OF WORST』

NOW ON SALE !

 

【初回盤】

COZP-499-500
¥3,000(税込)

【通常盤】

COCP-36672
¥2,500(税込)

 

 

 

 

オフィシャルサイト

http://www.mosome.com/
オフィシャルレーベルサイト

http://columbia.jp/mosome/

 

 

 

GACKTがボーカルを務めるバンド、YELLOW FRIED CHIKENzが9日、東京都内のホテルで“禁級"来日記者会見を開催。多くのメディアが詰めかけた会場では、YELLOW FRIED CHICKENz(YFC)が新体制となったことを明らかにしたが、興奮したベースのU:ZOがテーブルをひっくり返し、会場から引きずり出されるなど、波乱の幕開けとなった。

新体制はボーカルGACKT、同・JON、ギター・TAKUMI、同YOU、同CHACHAMARU、ベース・U:ZO、ドラム・SHINYAの7人。来日会見とあり受け答えはすべて英語。LUNA SEAとの両立について問われたSHINYAは「Well…」と考え込んだ末、「I Love You,Thank You」と精いっぱいの笑み。これを通訳が「どちらも私にとって大切」と誇張し、険しい表情を見せていた。

ボーカルのJONは、「バンドに加入したつもりはない。今朝寝ていたところを無理やり覆面の男たちに連れてこられたんだ」と仰天発言。通訳はこれを「バンドに加入できて光栄です。今朝寝ていたら覆面の男たちがやってきて、こんな素敵なところに連れてきてくれた。早く故郷のアメリカでライブをやらせてください」と日本語訳。英語が分からない記者からは大きな拍手が沸き起こっていた。

会見中、ソロとして7/13に発売するシングル「Episode.0」について訊ねられたGACKTは、「これはYFCの記者会見で個人の話をする場じゃない。つまらない質問をするな、出て行け!!」とマジ切れ。すごまれた編集者は震え上がっていたが、ここでも通訳は「いい曲なので是非聞いて下さい。YFCのツアーでもやりたい」と前向きな日本語訳をしていた。

またTAKUMIが「新メンバーだからと言って気後れせずにやって行きたい」と回答をする中、突然立ち上がったU:ZOが、意味不明な言葉を口走り興奮。テーブルをひっくり返す剣幕で、CHACHAMARUとYOUに羽交い絞めにされ、会場から引きずり出されていった。

気になる日本公演の開催について訊ねられると、SHINYAは「NO」、JONは「YES」と食い違う場面も。「Maybe…」と含みを残すGACKTに記者陣が詰め寄り、会見は終了。ものものしい雰囲気にJONは「Help Me」と悲痛な表情を見せていた。

 

バンドは7/20の仏パリから「WORLD TOUR“SHOW UR SOUL.I"世壊傷結愛魂祭」と題した欧州ツアーをスタート。ドイツ、英国など9カ国13都市をまわる。日本国内は9/14のZEPP TOKYOを皮切りに11/16の千葉・幕張メッセ公演まで、仙台、札幌、横浜、大阪など9都市19公演をめぐる。このほか11月にアジア、2012年1月に南米、2月に北米ツアーを予定している。

YFCは、「日本に漢(男らしい男)を増やしたい」というテーマの下、2010年3月に始動。日本、欧州でライブを行ってきた。しかし今年3月にあった東日本大震災を経て、「震災孤児の復興支援ができれば」とスタッフらと協議。収益の一部を、義援金として被災地に送ることも決めた。GACKTは「地震を風化させないよう、世界に訴えていく基軸になれば」と話している。SHINYAは「形がどんなであれ、音楽を表現することに変わりはない。その場での完璧を目指したい」と意気込んでいた。

 

GACKT OFFICIAL WEB SITE

http://gackt.com/

リリー・フランキーがEMIミュージック・ジャパンと手を組んで新レーベル“RECORDZとまり木”を設立し、本格的にアーティスト活動をする。

新レーベル“RECORDZとまり木”でのリリーの活動は、フロントマンとして歌うことだけではなく、コンポーザー、アートディレクター、新人発掘まで自ら行なう予定で多方面に及ぶ創作活動の発信基地としても機能していく。

リリーが作詞/作曲(Elvis Woodstock名義)、アートワーク、PVディレクションに至る全てにおいてプロデュースした謎の新人シンガー、ジミ・シジミのデビューシングル「シジミの女」が、“RECORDZとまり木”設立第1弾音源として発売される。このシングルはNEO MOOD歌謡曲”と仕事と疲れた中年男性・女性への“癒し”をコンセプトに制作。

「海に沈むシジミのように、地味で見落としがちでありながらも、なかなかやりおる女がいます。付き合いを重ねるうちに、内臓と郷愁をわしづかみにされるような、女。そしてそんな貝」(リリー・フランキー)。

実は凄いシジミと地味だけど夜も昼も出来る女の生き様を重ね合わせた、癒しを求めるミドルエイジに捧げる新ジャンル“NEO MOOD歌謡曲”の名曲で、カップリングには、FPMと川辺ヒロシ(from Tokyo No.1 Soulset)のリミックスを収録。踊れる“NEO MOOD歌謡曲”も楽しむことができる。

初回限定盤として、ジミ・シジミの色気満載の「シジミの女」ミュージックビデオとここでしか見ることの出来ない「シジミの女」ショートフィルム・バージョンを収録したDVD付も発売。このリリースに合わせて、「シジミの女」の告知ポスター&告知フライヤー入りティッシュを設置してくれるお店、特にNEO MOOD歌謡曲コンセプトとマッチングしたスナック/バーなどお酒が振舞われるお店、を募集する企画がスタートする。

今後も、リリーだから出来る様々なアーティストとコラボレーションを企画制作していく。

RECORDZとまり木 HP
http://www.emimusic.jp/recordztomarigi/
リリー・フランキー オフィシャルHP
http://www.lilyfranky.com

【リリース】
ジミ・シジミ
「シジミの女」
8月17日発売 
<初回限定盤>
CD+DVD TOCT-40347 \1,500(tax in)
1.    シジミの女
2.    私ってなんなんですか
3.    シジミの女 (FPM EVERLUST REMIX)』
remixed by FPM (Tomoyuki Tanaka)
post production for remix : Tomoyuki Tanaka and Yuzuru Tomita
recorded and mixed at Never Ever Recordings (Tokyo, JAPAN)
4. シジミの女(川辺ヒロシ HAMMER BEAT REMIX
remixed by 川辺ヒロシ/HIROSHI KAWANABE(TOKYO No.1 SOUL SET/InK)
recorded and mixed by TOMOTAKA KIUCHI
recorded and mixed at STUDIO em POINT
DVD
1.シジミの女(ミュージックビデオ)
2.シジミの女(ショートフィルム・バージョン)
Directed by リリー・フランキー
■通常盤:CDのみ TOCT-40348 \1,000(tax in)

ザ・ビートルズ来日45周年を記念して、17センチ・アナログ・シングル「ロック・アンド・ロール・ミュージック」(B面:エヴリー・リトル・シング)が日本でのみ限定発売される。

ビートルズの来日当時、日本ではビートルズの様々な楽曲が独自にシングルカットされていたが、この「ロック・アンド・ロール・ミュージック」は当時その中でも最も売れていたシングル。大御所チャック・ベリーのカヴァーであるこの楽曲は1964年発売のアルバム「ビートルズ・フォー・セール」の収録曲で、1966年当時のビートルズのライブでも頻繁に演奏されており、この日本公演でもオープニングを飾っている。

今回復刻される17センチ・アナログ・シングル盤はオリジナルのジャケット・デザインにビートルズのロゴと「45th Anniversary of the Japan Tour」の文字を加えた45周年記念ヴァージョン。完全初回生産限定で、コレクターズナンバーが入っておりファン必携のレア・アイテムだ。

1966年の日本公演の模様は現在CDで発売中の『ザ・ビートルズ・アンソロジー2』、DVDで発売中の『ザ・ビートルズ・アンソロジー DVD BOX』の中でそのほんの一部を垣間見ることが出来る。更に、CD版『ザ・ビートルズ・アンソロジー』はリマスターされて、6月14日からiTunes Store®にてダウンロード販売もスタートする。

45周年を記念して全国主要CDショップにて、期間中ビートルズ商品を購入した方に先着で、来日45周年記念ポスターがもらえるビートルズ・キャンペーンも実施中。

【ザ・ビートルズ来日45周年記念盤 17センチ・アナログ・シングル盤】
「ロック・アンド・ロール・ミュージック/エヴリー・リトル・シング」
6月29日に限定発売  TOJP-40001 ¥1,500(税込)
完全初回生産限定 コレクターズ・ナンバー入り

EMIミュージック・ジャパンのザ・ビートルズ・サイト
http://emij.jp/beatles/

 

2004年12月25日、Zepp Tokyoで行なわれたワンマン・ライブ『baroque last live 無未来-NO FUTURE-』をもって解散した伝説のバンドbaroque(バロック)。
何の前触れもなくオフィシャル・サイト上に謎の「督促状」と、7月17日(日)に横浜赤レンガ倉庫野外特設ステージにてバロック完全無料ライブ『お代は結構要りませんから』を行なうという情報がアップされ、物議を醸している。
なぜ今このタイミングで完全無料ライブなのか!? そして、現時点ではこれが再結成・復活を意味するものなのかはさだかでないが、必見のプレミア・ライブになるのは間違いない。

baroqueは、怜、圭、晃、万作からなる4人組ロックバンド。結成から2年3ヶ月で史上最速となる日本武道館公演を成功させ、クラブ・ミュージックやヒップホップの要素も取り入れたスタイリッシュなミクスチャー・サウンドで後続のバンドに大きな影響を与えた。人気絶頂の2004年に突如解散を発表。3年弱という短い活動期間の中で残した唯一のフル・アルバム『sug life』は、今なお、高い評価を得ている。

6月29日発売「FOOL’S MATE」8月号には7年ぶりとなるメンバー全員の撮り下ろしとインタビューも掲載されることになっており、今後の動向が注目される。

 

バロック完全無料ライブ 『お代は結構要りませんから』
7月17日(日)横浜赤レンガ倉庫野外特設ステージ
OPEN 16:30 / START 17:30
雨天決行・荒天中止
問い合わせ先

FLIP SIDE 03-3466-1100 平日11時~18時

baroque official site
http://www.pigmy.jp/

SCANDALの全国Zeppツアー「Dreamer」最終公演が6月8日にZepp東京で開催された。SCANDALはデビュー3年未満で全国Zeppツアーを開催し、5月3日の福岡から始まった全国ツアーは7公演で約1万5,000人を動員するという偉業を達成した。5月8日にはZepp仙台でも開催し、東北のファンにも直接音楽で元気を届けた。

会場が暗くなり、メンバーが登場すると同時に会場には大きな歓声が起こり1曲目、今年2月にリリースしたシングル「Pride」でライブをスタートさせると、会場のボルテージは一気に上がった。ライブ途中のMCでドラムのRINAは「このツアータイトルの「Dreamer」っていうのは、まだまだ夢の途中の私達の想いを、同じように夢の途中の人にも伝えたいっていう意味を込めて付けました。Zepp仙台でライブをした時には、逆にウチらが元気をもらうくらい元気でした。だから仙台でライブできて本当によかったです」と涙ぐむ場面も。そしてアンコールのMCで新曲「LOVE SURVIVE」、3枚目のアルバム『BABY ACTION』の発売決定もメンバーの口より発表されると、会場はこの日一番の歓声が巻き起こった。

デビュー曲の「DOLL」やオリコンウィークリーランキング3位にも入った最新シングル「ハルカ」を含む全19曲、約2時間のライブは激しいパフォーマンスに観客との掛け合いで終始盛り上がり、幕を閉じた。また、このSCANDAL全国ツアー最終日のオープニングアクトには、今年4月に「フォーリン・ラブ」デビューしたばかりの沖縄の男女混合4ピースバンド、7!!(読み:セブンウップス)が登場し、SCANDALの最終公演に華を添えた。

11枚目のシングル「LOVE SURVIVE」は7月27日に、そしてヒットシングル4枚を含む3枚目のアルバム『BABT ACTION』は8月10日に発売が決定。そして秋には約20箇所を回る初の全国ホールツアーSCANDAL VIRGIN HALL TOUR 2011「BABY ACTION」も決定している。

SCANDAL公式HP
http://www.scandal-4.com
7!! 公式HP
http://7oops.com/

6月8日にニューアルバム『JAPANESE SINGER』をリリースする平井堅からコメントが到着した。

 


 

 

 

また、東京・銀座 ソニービル 8階 コミュニケーションゾーン OPUS(オーパス)にて、平井堅の約3年ぶりのアルバム「JAPANESE SINGER」の発売を記念して、「平井堅 JAPANESE SINGER exhibition 2011 Supported by Sony and DefSTAR Records」が6月13日(月)~6月27日(月)まで開催される。

このイベントでは、平井堅が歌う人気ドラマ『JIN-仁-』・映画『星守る犬』の主題歌のミュージックビデオやそのメイキング映像、デビュー15周年を記念して行われた武道館公演や初のニューヨーク公演“Ken’s Bar in NY” (ダイジェスト版)等の貴重な映像、昨年末行われたフルバンド構成によるライブ映像など、今回のイベントのために特別に編成された映像(※)をOPUSに常設された大迫力の200インチ大画面で楽しむことができる。

ソニービル館内においても本イベントに連動した企画を開催。
2階の“ウォークマン”コーナーでは、未販売の平井堅の「いとしき日々よ アカペラver(30秒)」を御覧頂けるコーナーを設置する他、デビュー15年間分のアルバム、シングルのジャケット展示も行う。
1階エントランスホールでは、平井堅等身大人形や未公開の記念盾なども展示予定とのこと。その他、1階のパブ・カーディナルでもコラボレーションドリンクが味わえ、平井流エンターテインメント・ワールドを存分に体感できるそうだ。


【イベント情報】
「平井堅 JAPANESE SINGER exhibition 2011
Supported by Sony and DefSTAR Records」

 

期間: 6月13日(月)~6月27日(月) 
会場: 東京・銀座 ソニービル
8階  コミュニケーションゾーン OPUS(オーパス) 
他ソニービル館内
時間: 11:00~19:00
※6/19(日)は8階 OPUSのみクローズ
※入場無料・入退場自由
http://www.sonybuilding.jp/event/opus/


【リリース情報】

New Album
『JAPANESE SINGER』

2011.6.8 ON SALE!

【初回生産限定盤A】
DFCL-1782~3 / ¥4,800(tax in) 

【初回生産限定盤B】
DFCL-1784~5 / ¥3,750(tax in)

【通常盤】
DFCL-1786 / ¥3,059(tax in)  


オフィシャルサイト
http://www.kenhirai.net/

GLAYは、東日本大震災後、日本各地から被災地に向けてメッセージや歌を届ける為のイベントを行っているが、このたび5月5日に開催された大阪に続き、北海道・夕張での第2弾公開録音の開催と第3弾東京SHIBUYA-AX公演が決定した。

6月18日に財政破綻以降に毎年訪れている夕張で、TAKUROがパーソナリティーを務めるGLAY mobile内のコンテンツ「TAKURO MOBILE MEETING」とTERUがパーソナリティーを務めるbayfm「TERU ME NIGHT GLAY」の合同公開録音として実現。TERUとTAKUROのアコースティックスタイルとなる。タイトルは「モバミーナイトグレイ公開録音『Thank you for your love』」。夕張市民にも招待枠を設け、GLAY mobileとbayfmにて募集をかける。

そして、6月27日に「GLAY LIVE in “AX” JAPAN × Thank you for your love」と題したSHIBUYA-AX公演はバンドスタイルとして急遽決定した。エントリー受付は6/13(月)18:00~6/22(水)23:59となる。

オフィシャルサイト
http://www.glay.co.jp/

GLAYとしての復興支援楽曲「Thank you for your love」はPC & Mobileにて絶賛配信中。この楽曲配信におけるGLAY の収益の全ては、日本赤十字社を通して義援金として寄付される。当日は、Tシャツ、リストバンド、マフラータオルのチャリティグッズ販売を行います。この商品における収益の全ても、日本赤十字社を通して義援金として寄付される。

【イベント情報】
モバミーナイトグレイ公開録音『Thank you for your love』
6/18 (土) アディーレ会館ゆうばり ( 旧夕張市民会館 )
開場 14:00 / 開演 14:30 / 終演 16:00(予定)
お問い合わせ→ GLAY OFFICIAL MOBILE SITE
http://www.glay.co.jp/
WESS 011-614-9999( 平日11:00〜18:00 )


「GLAY LIVE in “AX” JAPAN ×Thank you for your love」
6/27(月)SHIBUYA-AX
開場 18:00 / 開演 19:00
問)GLAY OFFICIAL MOBILE SITE
http://www.glay.co.jp/

昨年、惜しまれながら終了したニッポン放送の人気番組「いきものがかり 吉岡聖恵のオールナイトニッポン」が一夜限りで復活する。

吉岡聖恵は番組への意気込みを「 久しぶりにオールナイトニッポンで話せる事、リスナーのみなさんとまた一緒にラジオをつくれることが、すごく楽しみです !深夜独特のあの感じを、みんなと一緒にたっぷり味わいながら盛り上がりたいです」と語り、番組内では「ぶってんじゃねぇよ」「ホトケのきよえ」「テンション高田」といった名物コーナーも復活し、さらに吉岡聖恵による生歌もあるかも、とのこと。

また、スペシャルゲストとしていきものがかりの水野良樹と山下穂尊も登場予定。いきものがかり3人がメディアに生出演するのは紅白歌合戦やCDTVスペシャル以来の約半年ぶり。しかも3人から重大発表もあるという。

番組放送は全国ネットで6月15日(水)深夜1:00から。

【番組詳細】
AM1242 ニッポン放送
「いきものがかり 吉岡聖恵のオールナイトニッポン」
放送日時 6月15日(水)25:00~27:00(全国ネット)
パーソナリティ 吉岡聖恵(いきものがかり)
www.ikimonogakari.com/

【ライブ情報】

「いきものまつり2011どなたサマーも楽しみまSHOW!!!

~横浜スタジアム~」

7月23日(土)、7月24日(日)

いずれも開場15時/開演17時

横浜スタジアム

 

[チケット料金]6,300円(税込) 
※3歳未満入場不可/小学生以上からチケットが必要です。
[席種]指定席/ファミリーシート ※チケット料金は一律
[一般発売日]6月4日(土)※SOLD OUTしました
[公演に関するお問い合せ]045-671-9911(キョードー横浜)
※チケットソールドアウトのため、「いきものまつり2011 どなたサマーも楽しみまSHOW!!!~ライブ・ビューイング in シアター~」と題して、7/24(日)2日目の公演限定で、全国の映画館で同時生中継を決定。

上映会場、チケット発売など詳細については、いきものがかりオフィシャルホームページで随時発表。

昨日6月7日、moumoonが東日本大震災の影響で約3ヶ月中断していたツアーを名古屋Electric Lady Landで再開した。

 

オープニングの幕が上がると、現れた2人の姿に会場は熱気の渦に。3月にリリースされた2枚目のフルアルバム『15doors』の収録楽曲はもちろん、昨年夏、資生堂「アネッサ」のTV CMソングとして大ヒットした「Sunshine Girl」を含む計20曲を熱唱。YUKA(Vo.)の透明感のある透き通る歌声で約500人のファンを魅了した。

 

MCでYUKAは「こうやってツアーを再開出来たのも、本当にファンのみんなとメンバーやスタッフのおかげです」という感謝の意を現すとともに、「ライブができて、とにかく嬉しいし、何よりも楽しい」と喜びを隠しきれない様子。会場のファンからも「ありがとう」「待ってたよ」などの大歓声で迎えられた。また8月3日にニューシングル「Chu Chu」がリリースされることが発表。会場は歓喜の声に沸いた。

 

このあとmoumoonは、大阪、東京、仙台とまわり、ツアーのハイライトとなる6月13日には自身初となるホールコンサートを中野サンプラザで公演を行う。

 

オフィシャルサイト
http://www.moumoon.com/

 

4月からスタートしているNHK BS時代劇『新選組血風録』の主題歌「慕情」と、昨年よりオンエアされ今シーズンもオンエア中のニッポン放送「ショウアップナイター」テーマ曲「that‘s it やったね」の書き下ろし新曲2曲が本日6月8日より配信されている。

 

新曲「慕情」はNHKプロデューサーからのオファーにより実現した、NHK BS時代劇『新選組血風録』の主題歌として起用されている。 原作は司馬遼太郎の小説で、幕末の新選組を題材とした連作短編集。1962年に新選組副長土方歳三を主人公とした長編『燃えよ剣』を発表した司馬遼太郎は、同年5月から12月に「小説中央公論」で新選組を題材とした15編の短編を連載したこれが短編集『新選組血風録』としてまとめられた。各話ごとに異なる実在と架空の隊士が主人公となり、主に土方歳三と沖田総司がストーリーの主要登場人物となり構成されている。

 

また、今作はNHKドラマの主題歌としては金曜時代劇「大江戸風雲伝」(1994年)以来17年ぶりとなる武部聡志アレンジによる大きな愛を語った壮大なバラードナンバーになっている。


もう一曲の「that‘s it やったね」はニッポン放送ショウアップナイターテーマ曲となっていて、吉田拓郎自身、現在レギュラー2番組を持つニッポン放送の野球ナイター中継「ショウアップナイター」のために昨年書き下ろし話題となり、今シーズンも引き続きテーマ曲として使用されている。


オフィシャルサイト
http://avexnet.or.jp/takuro/

アルバム『マリアンヌの恍惚』の発売記念ツアー<サロン・ド・キノコ~恍惚の逃避行>を開催中のキノコホテル。6月4日、5日両日ともに新宿ロフトで超満員の実演会2Daysを行った。

今回のツアーのために作ったという、プログレの香りのする「オープニングの曲」から「キノコホテル唱歌II」へと変わったとたん満員の観客は激しく盛り上がる。ガレージでポップなロックンロールを中心にしながらも、10分近いサイケデリック曲「風景」や初期のムーディーな作品など、単独実演会ならではの内容にキノコホテル本来の多面性をうかがわせた。

後半、CD化されていないファンキーなインストゥルメンタル「#84」ではメンバー紹介と共にそれぞれが激しいソロプレイを聞かせ、そのまま「キノコホテル唱歌」になだれ込み観客のモッシュも最高潮に。

キノコホテル支配人・マリアンヌ東雲(歌と電気オルガン)は、8月27日に渋谷クラブクアトロで単独公演を行うことを発表。「社運をかけて、失敗したら廃業を考えているので、わたくしに恥をかかせないでね」とクギを刺した。とはいえ、この日から会場のみで先行販売されたチケットが既に300枚売れており、廃業の心配は無さそうだ。

昨年、カバー曲集「マリアンヌの休日」をリリースするなど積極的にマニアックなカバー曲を披露しているキノコホテルだが、アンコールでは福島原発に対しての彼女達なりのメッセージを込め、公害をテーマにした映画「ゴジラ対ヘドラ」の主題歌「かえせ!太陽を」のカバーを初めて披露した。

女性限定公演を含むツアーを引き続き行い、夏のイベントを挟み、渋谷クアトロまで突っ走る。

<サロン・ド・キノコ~恍惚の逃避行・新宿編 セットリスト>
4日(土)
1.オープニングの曲~キノコホテル唱歌Ⅱ
2.ネオンの泪
3.愛人共犯世界
4.真夜中のエンジェルベイビー
5.謎の女B
6.砂漠
7.荒野へ
8.白い部屋
9.還らざる海
10.風景
11.非情なる夜明け
12.キノコノトリコ
13.#84
14.真っ赤なゼリー
15.キノコホテル唱歌

 

<アンコール>

1.静かな森で
2.もえつきたいの
3.人魚の恋

5日(日)
1.オープニングの曲~キノコホテル唱歌Ⅱ
2.ネオンの泪
3.キノコノトリコ
4.もえつきたいの
5.砂漠
6.危険なうわさ
7.荒野へ
8.人魚の恋
9.夕焼けがしっている
10.白い部屋
11.風景
12.非情なる夜明け
13.愛人共犯世界
14.#84

15.キノコホテル唱歌

<アンコール>
1.帰せ!太陽を
2.あたしのスナイパー
3.真っ赤なゼリー

【サロン・ド・キノコ~白百合の園】

※女性のみが入場できる単独公演です。
6月25日(土)東京都 下北沢 CLUB Que
開場18:30 開演19:00
料金:前売2000円 当日2500円(ドリンク代別)
【サロン・ド・キノコ~恍惚の逃避行・名古屋編】
2011年6月26日(日)愛知県 名古屋CLUB QUATTRO
開場:17:00  開演:18:00
料金:前売 2500円(ドリンク代別)
【サロン・ド・キノコ~恍惚の逃避行・梅田編】
2011年7月3日(日)大阪府 梅田Shangri-La
開場:17:30 開演:18:00
・料金:2500円(ドリンク代別)
【サロン・ド・キノコ~晩夏のヒメゴト】
日時 8月27日(土) 東京都 渋谷クラブクアトロ
開場17:30 開演18:30
料金:前売2800円(ドリンク代別)
チケット発売日 7月2日(土)

 

【リリース情報】

悶絶の大傑作フルアルバム
マリアンヌの恍惚
徳間ジャパンコミュニケーションズ
TKCA73633
¥2800(tax in.)
04.06 ON SALE!

 

公式HP
http://www.kinocohotel.com/
(C)Masanori Naruse

ファットボーイ・スリムが地元ブライトンで25万人ものオーディエンスを熱狂させる伝説のモンスター・ビーチ・フェス「BIG BEACH BOUTIQUE」。その日本版として開催される野外フェスティバル「BIG BEACH FESTIVAL‘11」が先週末6/4(土)に開催された。

東日本大震災の影響により、来日を不安に思うファンも多かったなか、そんな予想をよそに本人は笑顔で来日。「やっぱり日本は最高だね!最初はこのような状況で大型パーティーを行うかは正直迷ったけれど、チャリティーTシャツを販売したり、収益の一部を寄付したりと、たくさんのチャリティーが行われると聞いて、来ようって決めたんだ。みんなにも早く笑顔を取り戻してもらいたいしね!」。
 
今年は2年前とは違い、本物の砂浜でのDJプレイということで、より伝説のモンスター・ビーチ・フェスに近い形で実現。初夏らしい晴天の青空のなか、今年は世界初となるF1が音楽フェス会場を疾走する「Red Bull Energy For Japanチャリティー・ラン」や毎年恒例となっている2機の飛行機による迫力のフォーメーション・フライト「Red Bullフライトパフォーマンス」が会場をあたためた後、今年のヘッドラインで、このビーチ・パーティーのオリジナル企画者であるノーマン・クックことファットボーイ・スリムが登場、2万人の会場からは熱狂の渦へと化し、一気に最高潮へ達した。

大ヒット発売中のベスト盤『ベスト・オブ・アット・ザ・ビーチ』から、代表曲でもある「ウエポン・オブ・チョイス」などをプレイしたファットボーイ・スリム。今年は彼の提案で「EYE PHONE」プロジェクトが実施されました。これはファットボーイ・スリムのDJプレイ中に彼のマッシュアップ曲「Bad Davis Saved My Life」のメロディが聴こえてきたら、会場のみんながiPhoneなど事前にケータイにダウンロードしておいた「EYEアニメーション」をステージに向って空高く一斉に掲げるもので、ノーマンらしい遊び心溢れた楽しい企画に会場のみんなにも笑顔が溢れていた。
 
「ダンス・ミュージックは永遠に消えないよ。どんなにシーンが変わっていっても、若者は人に出会いたいと思う。その出会いのBGMがダンス・ミュージックなんだ」と語っていた。また日本でDJプレイすることを約束し、笑顔のまま次のツアー先へと旅立った。

 

 

(C)Masanori Naruse

 

【リリース情報】

究極のベスト盤
『ベスト・オブ・アット・ザ・ビーチ』
ソニー
05.25 ON SALE!
SICP3158-9
¥3,980(tax in.)



オフィシャルサイト
http://www.sonymusic.co.jp/FatboySlim/
BIG BEACH FESTIVAL’11 H.P.
http://bigbeach-fes.com/

昨年メジャーデビューし2枚のシングル作品をリリースした、ヴォーカルAIRIとコンポーザー本田光史郎からなるユニットMAGIC PARTY

ここ最近は次作に向けた制作活動が進められていた彼らの、2011年第1弾作品の発売が決定した。ついに明かされたその内容とは……。

ネオアコ、渋谷系ムーブメントの礎を築き、近年ではRiddim Saunterとのタッグも話題となった“永遠のブルーボーイ”カジヒデキ。さらに、もはや殿堂入りと言っても過言ではないステージを繰り広げつつ惜しまれながら“散開”したBEAT CRUSADERSのヴォーカル&ギター、現在はMONOBRIGHTのメンバーにしてサウンドプロデューサーとしても栗山千明、GOING UNDER GROUNDらを手掛けるヒダカトオル。この2人の音楽賢者とMAGIC PARTYとのタッグによる楽曲を1曲ずつ収録したシングル「CHEEK & WINK / DIG ME!」が7月20日(水)にTOWER RECORDS限定で発売されることが決定した。

MAGIC PARTYのメジャーデビュー作「今夜はMAGIC BOX」に共感したカジヒデキと意気投合したメンバーとのやり取りから始まったこのプロジェクト。カジヒデキとの「CHEEK &WINK」、ヒダカトオルとの「DIG ME!」ともに、楽曲の制作風景を追った試聴音源付きの動画がMAGIC PARTY公式サイトにアップされている。

【TOWER RECORDS限定発売商品】
MAGIC PARTY
「CHEEK & WINK / DIG ME!」
発売日:2011年7月20日(水)/ PONY CANYON
品番:BRCA-00004 価格:¥500[tax incl.]

 

<収録曲>
M1「CHEEK & WINK」with カジヒデキ
M2「DIG ME!」with ヒダカトオル

公式サイト
http://www.magicparty.jp

 


ギルガメッシュが6月4日(土)広島ナミキジャンクションにて「ギルガメッシュ WORLD TOUR 2011"Here we go!!"」のJAPAN TOURをスタートさせた。

チケットはソールドアウトしているためすし詰め状態で熱気溢れるナミキジャンクション。集まったオーディエンスが待つのはそうギルガメッシュだ。
今年1月にアルバム『GO』をリリースし、2月には地元市川市文化会館にて初のホールライヴを敢行、勢いそのままにワールドツアーに飛び出した彼ら。ヨーロッパ、初のアメリカツアー、そして初の国内フェス「ROCKS TOKYO 2011」を経験し、大きく成長した彼らをまだかまだかと待つファンの前にSE「Opening」が鳴り響く。

早くもテンションMAXといったファンを前に「destiny」「EXIT」「sunrise」と立て続けに披露。ファンも実感したはずだ、「ギルガメッシュのライヴに来たのだな」と。その後も「evolution」「COLOR」「DIRTY STORY」などライヴではお馴染みの曲を次々と披露し、ファンを飽きさせない、休ませない!
あっという間に本編が終了し、アンコール1曲目に披露されたのは、東日本大震災を受けて制作された「pray」。この日が国内での初披露となったこの楽曲だが、すでにファンの頭には曲が染み込み、メンバー、そしてファンが1つになって祈りを捧げているように見えた。

 

「pray」の後はまたガラリと雰囲気を変え、最後までファンを盛り上げ続けたギルガメッシュ。曲調は違えどファンに全力でぶつかり、そのパフォーマンスに全力で応えるファンが作り上げる空間こそがギルガメッシュのライヴなのだと改めて感じた。

どんなに世界で活躍するバンドになっても彼らは何も変わっていなかった。逆に変わらない魅力があるからこそ、海外でも彼らは絶大な支持を得るのだろう。

ギルガメッシュは今後名古屋、大阪、福岡、仙台と巡り、6月26日(日)バンドとして初のZepp Tokyoワンマン公演にて長いワールドツアーを締めくくる。彼らの“凱旋ツアー”はまだまだ始まったばかりだ。

 

オフィシャルサイト

http://www.girugamesh.jp/index.php

 

 

6/29にニューシングル「しんぱい」のリリースを控えているたむらぱん。そんな中、発売を記念して、東京・名古屋・大阪で、日本に現存する貴重な西洋建築を舞台にしたイベントを行うことが公式サイトで発表された。

「たむらぱん プレミアムアコースティックLIVE@重要・有形文化財」と銘打ったこのイベントは、シングル「しんぱい」のタワーレコードでの予約・購入者を対象として、東京・名古屋・大阪で行われる抽選招待制のライブ。

日付順に、7/16(土)「名古屋陶磁器会館」、7/18(祝)東京「自由学園明日館(みょうにちかん)講堂」、7/26(火)「大阪倶楽部」にて、それぞれ行われる。
今回の会場となるこれらの西洋建築物は、全てが100年近い歴史を持つ重要・有形文化財であり、演奏の舞台となるホールも、歴史の積み重ねを感じられる重厚な雰囲気となっている。

このプレミアムライブは、この3会場すべてにグランドピアノを設置し、3人編成のアコースティックライブをじっくりと堪能できるという贅沢なもの。
当日のセットの中には、たむらぱん自身がグランドピアノを弾きながら歌を披露する時間も設けられているという。
下記オフィシャルホームページの説明をよく読んで、このプレミアムライブへの参加をチャレンジしてみよう。

 

 

 

【リリース情報】


New Single
『しんぱい』
コロムビアミュージック

2011.6.29 ON SALE!

【初回盤】

 COZA-581/2
¥1,575(tax in.)

 

【通常盤】

COCA-16500
¥1,260(tax in.)
  

 

 

【イベント情報】

“たむらぱんプレミアム・アコースティックLIVE @ 重要・有形文化財

7/16(土)   名古屋陶磁器会館 2Fホール
7/18(祝・月) 東京会場:自由学園明日館 講堂
7/26(火)   大阪会場:大阪倶楽部 4Fホール

 

【ライブ情報】

たむらぱん ワンマンライブ

07/01(金)

東京 恵比寿Liquidroom

18:30open / 19:30start

※チケット一般発売: 5/28(土)午前10:00~

 

たむらぱん OFFICIAL WEBSITE

http://www.tamurapan.com/news.html

http://www.tamurapan.com/

 

photo by TM & (c) 2011 Twentieth Century Fox. All rights reserved.

全世界で一大ムーブメントを巻き起こし、日本でもシーズン1/DVDが好調なセールスを記録する人気海外ドラマ『glee/グリー』。

 

ドラマ人気の拡大と共にサウンドトラックCDセールスも好調に推移、遂にシーズン1/CD計5タイトルが累計で7万枚を突破する大ヒットを記録。またFOXチャンネルでのシーズン2放送にあわせて配信される登場楽曲のデジタル・セールスも好調(シーズン1はNHK BSプレミアムでもオンエア中)。

 

その番組に登場する生徒役キャストが総出演する全米コンサートツアー「glee live 2011」のロサンゼルス公演(以下LA公演)が先週5月28日(土)に行われた。LA公演の会場となったのはグラミー賞授賞式でも知られるステイプルズ・センター。当日昼・夜と2回に分けて行われた公演4万人分のチケットは完売となった。

 

今年のスーパーボウルにて名誉あるオープニング独唱を務めたリア・ミッチェル(レイチェル役)から、ドラマ初出演にしてゴールデングローブ最優秀助演男優賞受賞を獲得したクリス・コルファー(カート役)まで、今やトップスターに成長したグリー・キャストが迫力のライヴエンターテーメントを披露した。

公演はシーズン1のテーマ曲「ドント・ストップ・ビリーヴィン」(ジャーニー)で華やかに幕開け。続いて「シング」(マイ・ケミカル・ロマンス)ほか、ファンの間でも高い人気を誇るアップテンポ・ナンバーを立て続けに披露。さらにブリトニー・スピアーズ特集で話題となったヘザー・モリス(ブリタニー役)が「アイム・ア・スレイヴ・フォー・ユー」(ブリトニー・スピアーズ)で見事なダンスを見せ観衆をわかせる。また「ファット・ボトムド・ガールズ」(クイーン)ではコリー・モンティース(フィン役)が自らドラムを担当するイケメンバンドと歌唱力抜群のアンバー・ライリー(メルセデス役)が共演。そしてブロードウェイ出身のリア・ミッシェルが登場し、ソロを披露したりとライヴはテンポよく進んでいく。

日本でも高い人気を誇るクリス・コルファー(カート役)は先日発表された米タイム誌「最も影響力のある100人」に選ばれただけあって、その愛くるしさは公演でもひときわ目立つ。「シングル・レディーズ」(ビヨンセ)ではセクシーダンサーを従えてタイツ姿でコミカルなパフォーマンスを見せた。

ハイライトのひとつは、シーズン2から登場したライバル校のグリー部「ダルトン・アカデミー・ウォーブラーズ」。「ティーンエイジ・ドリーム」(ケイティ・ペリー)で、ダレン・クリス(ブレイン役)を中心に15名の男子たちが赤いアクセントが特徴的なネイビージャケットの制服姿で登場すると、熱狂が絶叫に変わるかのように観客のテンションもさらにヒートアップ。人気の凄さを見せつけた。

「ボーン・ディス・ウェイ」(レディー・ガガ)といった全米最新ヒットから誰もが口ずさめる懐かしの名曲まで、グリー・キャストは約1時間半にわたって全25曲を披露。10~20代の女性を中心に、小学生から初老の夫婦まで、グリー・ファン層は実に幅広い。子供連れの家族も「子どもに付き添ってきた」というより、大人も一緒に楽しんでいる姿が印象的で、新世代エンターテイメント「グリー」の魅力を再認識する一夜となった。

※記事内の楽曲タイトルに続くカッコ内には作品のオリジナル・アーティスト名を記載。

リリース情報 
《デジタル》「glee/グリー(シーズン2)」登場楽曲を好評デジタル配信中(FOXチャンネルでの新エピソード初回放送(毎週日曜)にあわせて、毎週土曜日に登場楽曲を配信中)。

公式HP
http://gleek.jp

 

【リリース情報】

全5タイトル発売中
『グリー 踊る♪合唱部!?<シーズン1> Volume 1』
ソニー
SICP2984
¥2,100(tax in.)
ON SALE!



桑田佳祐がNTTドコモの2011年夏のキャンペーン「walk with you 2011 SUMMER」のイメージキャラクターに起用され、テレビCM「walk with you 2011 SUMMER」シリーズに出演、そのCMでは書き下ろしの新曲「明日へのマーチ」が流れる。

CMシリーズの第1弾、「桑田さん登場篇」が本日6月4日(土)から、そしてシリーズ第2弾「とある彼の夏」篇が6月10日(金)から全国で放映される。

CMは、あたたかい歌声とともに、桑田が若者を励ましたり、背中をちょっと押したり、そしていっしょに歩き出す、という心温まる内容。そこで流れる「明日へのマーチ」は郷愁を漂わせながらも、明日への希望を感じさせる心の奥底まで染み渡ってくる味わいをもつ曲で、2本のアコースティックギターとフリューゲルホーンでつむがれた明るいメロディが印象的。一度聴いたら忘れられない名曲となっている。

この「明日へのマーチ」CMオリジナル30秒バージョンが、CMオンエア開始と同時に、sas-fan.net mobileを始めとする主要配信サイトで一斉に着うた®、メロディコール/待ちうたの配信がスタート。sas-fan.net(PC版)では音源の試聴できる。

 

さらに6月22日(水)からドコモマーケット(iモード)MUSICストアでは、同楽曲の着うたフル®を先行配信。6月25日(土)からは、主要配信サイトで、着うたフル®も配信されるほか、同日よりスマートフォン(Android)向けの配信もスタート。桑田佳祐の楽曲が、スマートフォン向けに配信されるのは初。

 

6月25日(土)はサザンオールスターズのデビュー記念日として知られており、この日に合わせてオフィシャルサイト「sas-fan.net」のスマートフォン対応も開始される。

公式アーティスト
http://sas-fan.net/
NTTドコモ「walk with you 2011 SUMMER」 キャンペーンサイト
http://walkwithyou.jp/

韓国で活躍中の9人組ガールズグループAFTERSCHOOLが、2011年8月17日にデビューシングル「Bang!」で日本デビューする。


AFTERSCHOOLは、2009年1月に韓国でデビューし、現在までに4枚のミニアルバム、2曲のデジタルシングル、1枚のフルアルバムをリリース。2010年には、“第19回 Seoul Music Awards 新人賞”を受賞(過去には、少女時代やFTislandなどが受賞)。

 

メンバー全員が167cm以上の身長を誇り、セクシーかつモデル並の抜群なスタイルと、本格的でハイレベルなダンスやパフォーマンスが熱狂的な支持を得ている今話題のガールズグループである。

 

リーダーのカヒは、AFTERSCHOOLとしてデビューする前に、BoA・DJ DOC など韓国有名歌手のダンサーチームや振り付けチームで活躍、ユイは女優としてドラマ(代表作:「美男(イケメン)ですね」)やCMでも活躍中、ナナはスーパーモデル大会に出場し、本線まで選ばれた経歴があるなど、メンバー個人でも大活躍している。

 

最近では安室奈美恵の『Checkmate!』の「make it happen」で安室奈美恵とコラボレーションしており、今アルバム内では唯一のK-POPガールズグループとして参加している。また、日本デビュー前にもかかわらず「Tokyo Girls Collection by girlswalker.com 2011 SUMMER/SPRING」にて約1 万人の前でライブを披露したことでも話題を呼んだ。他にも、日本でブレイク中の俳優チャン・グンソクが出演した超大人気韓国ドラマ「美男(イケメン)ですね」に出演していたユイが所属しているグループとしても知られている。

 

“3S”の由縁は、“SUPER SEXY”“SUPER STYLE”“SUPER SHOW”からきていて、SEXYは女性が憧れるグラマラスなビジュアルにセクシーな衣裳、STYLEはメンバー全員が身長167cm以上というモデル並の体型、SHOWはAFTERSCHOOL最大の特徴でもあるマーチングパフォーマンス(小太鼓を使ったパフォーマンス)やタップダンスを取り入れたパフォーマンス、上記の3つのSが揃ったS級アーティストとして注目を集めている。

 

また彼女たちの歌声は、R&BやHIP-HOPをベースに、エレクトロ・バラード・アコースティックナンバー等、ジャンルにとらわれず様々なタイプの楽曲を歌いこなすことでも定評があり、韓国での最新作「Shampoo」では、日韓両国で人気のトラックメーカーDAISHI DANCEとの競演が話題を呼んだ。ハワイ出身のベカのネイティヴな英語力を活かしたラップ、リーダーのカヒによる作詞等も評価されている。

 

日本デビューシングルは、上記にも記載のあるマーチングパフォーマンスが印象的なAFTERSCHOOLの代表曲「Bang!」を、日本語歌詞&新しいアレンジで8月17日にリリースを予定。

 

マーチングパフォーマンスとは、小太鼓を首から下げて激しく叩くパフォーマンスで、AFTERSCHOOLはマーチングパフォーマンスにダンスも融合させ、斬新かつ華やかなパフォーマンスを披露している。このマーチングパフォーマンスは、リーダーであるカヒの発案により決まったとのことで、1日8時間の練習をほぼ毎日8ヶ月間行うことで完成した渾身のパフォーマンスとのこと。

 

7月17日には赤坂BLITZにて“AFTERSCHOOL JAPAN PREMIUM PARTY ?Bang! Bang! Bang!-”を開催することが決定しており、今ライブはAFTERSCHOOLにとって日韓通じて初のワンマンイベントとのこと。当日はプレミアムグッズのプレゼントやハイタッチ会が既に決定しており、プレミアムなライブになることは間違い。チケットは6月3日(本日)の13時より券売スタートとなる。

 

リーダーのカヒは日本デビューにあたり、「海外初デビューを日本でできることになって本当に光栄だと思います。韓国でのアフタースクールと言えば魅力的なパフォーマンスグループと いうイメージを日本のみなさんにも伝えられるように頑張ります。メンバーも期待していますし、日本のみなさんに会えるのを楽しみに頑張っています。私達の パフォーマンスを思う存分お見せできるよう準備していますので、沢山の期待と応援をよろしくお願いいたします。早く会いたいです!」と意気込みをコメントしている。

 

オフィシャルサイト
http://www.after--school.jp/

【AFTERSCHOOL JAPAN PREMIUM PARTY

-Bang! Bang! Bang!-】
日程:2011年7月17日(日) 2回公演
①開場 14:00 開演 14:30 
②開場 18:00 開演 18:30
会場:赤坂BLITZ
料金:6,000円 (tax in) 1F自由 入場時に1drink\500別
問)DISK GARAGE 03-5436-9600 (平日 12:00~19:00)
先行URL

http://avexlive.jp/afterschool0717
※a-ticket!でチケットのお申込をする際は会員登録が必要になります。登録は無料。
2011年6月3日(金)13:00~6月12日(日)23:59まで
一般発売日:2011年6月25日(土)AM10:00~各プレイガイドにて
※イベント参加者にはプレミアムグッズプレゼント、メンバーとハイタッチ会実施

 

【8月17日デビューシングル商品情報】
「Bang!」
2011年8月17日発売 
初回限定生産盤A CD+DVD \1,890 (tax in)
初回限定生産盤B CD+DVD \1,890 (tax in)
通常盤 CD ONLY \1,050 (tax in)

 

【AFTERSCHOOLプロフィール】
2009 年1 月韓国にてミニアルバム「New Schoolgirl」でデビュー。2009 年4 月にユイ、同年11 月にレイナ、ナナが加入。さらに2010 年3 月にリジ、12 月にイヨンが加入し、現在9 人組のガールズグループ。現在まで4 枚のミニアルバムに、デジタルシングル2 曲、1枚のフルアルバムをリリース。メンバー全員が167cm以上の身長を誇り、セクシーかつモデル並の抜群なスタイルと、本格的でハイレベルなダンスやパフォーマンスが熱狂的な支持を得ている今話題のガールズグループ。
(写真L to R)ベカ、レイナ、ジョンア、ユイ、カヒ、ナナ、リジ、ジュヨン、イヨン

人気ファッションモデルの藤井リナがLena名義でアーティスト活動を行い、デビューシングル「ヒカリ」をリリースすることが決定。

5月31日から着うた(R)を配信したところ、ドラマ「マルモのおきて」の主題歌「マル・マル・モリ・モリ!」に次いで初登場2位を獲得した。カリスマ・ファッションモデルのデビュー作品の初登場ランキングとしては、佐々木希の初登場4位、新垣結衣の初登場6位、山田優の初登場7位などを抜いて最高位。

このデビュー曲「ヒカリ」はテレビ朝日「フラッシュフォワード」のインスパイアードソングに抜擢。本人がドラマを全編見て書いたという切ない歌詞が話題となり、「JOYSOUND歌詞」で歌詞を公開したところ、2日連続で1位を獲得した。

デビューシングル「ヒカリ」はデビューに先駆けて6月8日から先行して着うたフル(R)が配信される。CDは6月15日発売。

 

 

【リリース情報】
藤井リナがLena名義でメジャーデビュー
『ヒカリ』
ユニバーサル
06.15 ON SALE!

【初回限定盤】
UMCF-9579
¥1.300(tax in.)

【通常盤】
UMCF-5084
¥1.000(tax in.)

公式サイト
http://www.universal-music.co.jp/lena/
http://www.youtube.com/lenamovie

6月1日に7枚目のシングル『SINDRA』をリリースした5人組バンドvistlipが、発売日当日の今日、タワーレコード渋谷店にてCD発売記念ミニライブを行った。
既に参加券は予約で即完売しており、超満員のファンに埋め尽くされた会場に登場した智(vo.)は、“また新しい曲をみんなに届けることが出来て本当に嬉しいです!”と約1年ぶりのリリースをファンと共に喜び、ニューシングル『SINDRA』に収録されている新曲「chapter:ask」を熱唱。この日発売のNEW Singleに収録されている「SINDRA」が披露されると、会場のヴォルテージは最高潮に達した。また、7月7日に開催されるワンマンライブツアー[revelation space]のファイナル(Zepp Tokyo)にて、来場者に新曲入りCDが無料配布されるというサプライズの発表に会場は大興奮!!この日のミニライブでは、新曲3曲を含む全5曲を歌い上げ、会場の熱気が冷めやまぬままライブを終えた。
vistlipは、5 月7 日より全国5都市でのワンマンライブツアー[revelation space]を開催中で、今後6月11日に大阪 BIG CAT、6月12日に名古屋 Electric Lady Landと各地をまわり、7月7日にZepp Tokyoでツアーファイナルを迎える予定だ。

 

【リリース情報】
New Single
「SINDRA」

NOW ON SALE!

【初回生産限定盤vister】
MJSS-09017~8 / ¥1,890(tax in)


【初回生産限定盤lipper】
MJSS-09019 / ¥1,890(tax in)


【通常盤】
MJSS-09016 / ¥1,260(tax in)



【ライブ情報】
vistlip oneman live tour[revelation space]
6/11(土)大阪 BIG CAT
6/12(日)名古屋 Electric Lady Land
7/ 7(木)Zepp Tokyo

vistlip オフィシャルサイト
http://www.vistlip.com/

 

昨年11月にiTunes限定で初となる音楽配信を開始し、全世界のiTunesのチャートを席巻したザ・ビートルズ。今回『Anthology』がリマスターされて配信が決定した。

『Anthology』はザ・ビートルズ解散後に制作された2枚組全部で3部作のアルバム。ザ・ビートルズの前身バンドのザ・クオリーメン時代の録音からスタジオアウトテイクやライヴ音源といった数多くのレア音源が収録されている。『Anthology 1』にはジョン・レノンが遺したデモ・テープに残りのメンバーが手を加えた実現した「Let It Be」以来25年ぶりとなるザ・ビートルズの新曲「Free As A Bird」が、『Anthology 2』には同じ形での新曲となる「Real Love」が収録されたことが世界中に話題となった。リリース当時(95~96年)アンソロジーは3つのCD全て全米アルバムチャート1位を記録した。

今回は配信される全ての音源は2009年に発売されたリマスターCDと同じくABBEY ROAD STUDIOにて最新の技術によってリマスタリングされたもの。iTunes Store®では、2枚組みの3部作『Anthology』それぞれの3枚と、今回初めての登場となる『Anthology』の楽曲の全てを収録した『Anthology Box Set』が発売となり、それぞれは写真などが付属されたiTunes LPの形での配信となる。特筆すべきは、こちらも今回の配信で初めての登場となる『Anthology Highlights』。このアルバムは『Anthology』のベスト盤的な内容で選曲されており、初期のライブセッションから解散間近となる時期、そして解散後に発表された「Free As A Bird」で幕を開けて、「Real Love」で幕を閉じる構成となっている。

 

現在iTunes Store®では予約を受け付け中。またiTunes内のザ・ビートルズ特設サイトにて「Anthology」のトレイラー映像も公開されている。

 

『Anthology 2』収録の「Rock And Roll Music」と「She's A Woman」は45年前の1966年6月30日の武道館公演の音源が収録だが、来日公演から45周年を記念して、特別イベントが企画されている。ザ・ビートルズが初めて日本に到着した日の6月29日は、現在日本では「ザ・ビートルズの日」に制定。そして45周年となる今年の6月29日に【「6・29 ザ・ビートルズの日」来日45周年記念スペシャル・イベント】と題したイベントを行う。

 

このイベントでは映像の視聴とともに、ザ・ビートルズ来日当時のディレクターの高嶋弘之氏とザ・ビートルズに直接取材をされた数少ない日本人の音楽評論家の星加ルミ子氏を迎えて45年前の来日の貴重なトークを予定。日本公式サイトではこのイベントの特等席の招待が始まったほか、オリジナル全213曲の楽曲人気投票を行っている。

 

そして45周年という節目の年を記念して、6月29日の「ビートルズの日」(日本記念日協会認定)にアナログ17センチ・シングル「ロック・アンド・ロール・ミュージック」(B面:エヴリー・リトル・シング、TOJP-40001 完全初回生産限定盤 コレクターズ・ナンバー入り ¥1,500(税込) )のリリースが決定。ジャケットは、当時のジャケット・デザインにビートルズのロゴと「45th Anniversary of the Japan Tour」の文字を載せたデザインで、コレクターズ・ナンバー入り。日本でのみ発売許諾がおりた、日本限定発売となる(ジャケットは、アナ ログEPレコード仕様)。

日本で独自にシングル・カットされていたこの曲は、ビートルズ来日当時日本で最も売れていたビートルズのシングルで、 日本公演のオープニングを飾った曲でもあった。

 

【ザ・ビートルズ 日本公式サイト】
「6・29 ザ・ビートルズの日」来日45周年記念
スペシャル・イベント特等席の招待、 オリジナル全213曲の楽曲人気投票受付中
http://emij.jp/beatles/

iTunes The Beatles特集ページ
http://itunes.apple.com/jp/artist/the-beatles/id136975

元ビートルズのリンゴ・スターの孫娘であるターシャ・スターキーとトニー・ミーハン(クリフ・リチャード&ザ・シャドウズ)の息子ルアリー・ミーハン、二人のドラマーのDNAを受け継ぐブリティッシュ・ロック・バンドBELAKISS(ベラキス)が、世界に先駆け日本先行デビューする。

BELAKISSは、ロンドンの4人編成のロック・バンド。2009年より活動をスタート、現在はロンドンのクラブを中心にライブ活動を行っている。このバンドの注目すべき点は、ボーカル&ギターのルアリー・ミーハンがクリフ・リチャード&ザ・シャドウズの元ドラマー、トニー・ミーハンの息子であり、ベース&ボーカルで紅一点のターシャ・スターキーがザ・ビートルズのリンゴ・スターの息子でザ・フーとオアシスのサポート・ドラマーだったザック・スターキーの娘と、音楽史上にのこるドラマー・ファミリーの出身者が二人在籍していること。

また、フロント・ボーカリスト+バンドという形式ではなく、ザ・ビートルズもそうであった様に、60年代のロンドンに多く存在したハーモニーを大切にするロック・バンドであるという事も特筆すべき点だ。ルアリー(Vo&G)のハスキーだが甘い声に、ベン(Vo&G)のしゃがれた声がハモるだけでなく時にクロスし、そこに女性であるターシャ(B&Vo)のボイスが加わると独特のハーモニーが生まれる。そして、アルフィー(Dr)のタイトなドラミングが加わりBELAKISSのサウンドが完成する。

彼らを日本デビューさせるのは、山崎まさよし、スガ シカオらを発掘し世に送り出しているオフィスオーガスタ代表の森川欣信氏。音楽業界屈指のビートルズマニアとしても知られる森川氏は、ある夜ネットサーフを楽しんでいた。ビートルズのレアな情報を求めてインターネットで情報散策をしていたのである。溢れかえる情報の波の中、偶然に、ふと目に耳にとまったイギリス人ロック・バンドが居た。BELAKISSである。すぐさま、森川氏のバンドサイドへのアプローチがスタートした。ロンドンを本拠地として活動している彼らに会うため、渡英。彼らのライブパフォーマンスに感激した森川氏はライブが終わるや否や契約を申し入れたという。ライブ会場でメンバーとコミュニケーションを深めて行くうちに、森川氏はメンバーの女性ベーシストがザ・ビートルズのリンゴ・スターの孫娘であることに気づく、ターシャである。森川氏は、その瞬間、強烈な運命を感じたという。

彼らのサウンド、ルックス、パーソナリティーを瞬時に気に入った森川氏は、初めての試みとして洋楽アーティストを手掛けることを決意した。夏には来日が決まっており、「フジロックフェスティバル '11」「JOIN ALIVE 2011」など大型フェスへの出演も決定している。

 

 

【リリース情報】

リンゴ・スターの孫娘、日本先行デビュー
『BELAKISS』
アリオラジャパン
AUCP-1
¥2,800(tax in.)
07.27 ON SALE!


BELAKISS Official Site
http://www.office-augusta.com/belakiss/

5月11日に発売された新曲「O2 featuring AI」が、現在着うた(R)大ヒット中の歌手・福原美穂が5月31日に行われた雑誌「ELLEgirl」のイベントに出演、新曲を含む全5曲を熱唱し、会場に集まった20代女性150人を魅了した。

このイベントは、人気雑誌「ELLEgirl」主催のもので、マンスリー・イベントの第一回目。その記念すべき第一回目のゲストとして登場した福原美穂。新曲「O2 featuring AI」を歌い出すやいなや満員の会場のボルテージは一気に急上昇。ソウル・シンガーとしての実力をみせつけた。

MCの中で福原は、「6月から1カ月ちょっと、ロサンゼルスに短期留学をしに行きます。学校に通ったり、歌のミックスをしたりしようと思っています。いろんなことを吸収して、行くからにはね、明確に目標をもって行って、また帰ってきてみんなのところに音楽を届けられたらと思っています」と話し、制作も兼ねて6月からロサンゼルスに武者修行をしに行くことを発表。

福原美穂はデビュー前にロサンゼルスの黒人教会を訪れ、実際にそこで歌い、「奇跡の歌声」と絶賛された経験もあるが、より深くソウルミュージックを探求するべく勉強しに行くとのこと。
彼女の次の作品にどんな影響を及ぼすか楽しみだ。

6/1には「O2 featuring AI」の着ムービー配信がスタート。商品化がされていなかった話題作だけに、ファンならずとも待望の配信となる。PVの中での福原美穂とAIという二人のソウル・シンガーの迫力の掛け合いは必見。二人のオリジナルの衣装にも注目。

【リリース情報】
最新EP
『The Soul Extreme EP』
ソニーレコード
05.11 ON SALE!

【初回限定盤】
SRCL7629~7630
¥2,500(tax in.)

【通常盤】
SRCL7631
¥1,680(tax in.)

福原美穂公式サイト
www.fukuharamiho.com

今春で音楽活動36周年を迎えた山下達郎が、前作「SONORITE」(2005年)から6年ぶりとなる待望のオリジナル・アルバムのリリースが決定した。

ソロ名義のオリジナル・アルバムとしては通算13作目となるこのアルバムタイトルは、「Ray(レイ) Of(オブ) Hope(ホープ)」。今回のアルバムに収録される楽曲「希望という名の光」の歌詞に「Ray Of Hope」という言葉が使われているという。昨年から今年にかけて行われた全国ホールツアーでは、この楽曲のMCで、達郎さんは親交ある人々に訪れた厳しい現実に対し、エールを送り、また発売から1年を経過した今でもTV番組で取り上げられ、ラジオでは自然発生的にリクエストが増え、オンエアされ続けている。

また本作品には、そのほかにも月9主題歌として起用された2008年発表の『ずっと一緒さ』から、昨年日本アカデミー賞アニメーション作品賞に輝いた大ヒット映画「サマーウォーズ」の主題歌『僕らの夏の夢』、そして今年発表の最新作『愛してるって言えなくたって』など、近年必ず一度は耳にしたヒットシングルを全て網羅し、さらに未発表の新曲も含め、全11~12曲を収録予定。まさにベストヒットアルバムともいうべき内容となっている。

全国ホールコンサートツアーは今秋スタートに向けて今準備中とのこと。

 

山下達郎
『Ray Of Hope』
2011年8月10日(水)リリース
【収録曲……タイアップ】
「愛してるって言えなくたって」……TBS系ドラマ 日曜劇場「冬のサクラ」主題歌
「街物語(まちものがたり)」……TBS系ドラマ 日曜劇場「新参者」主題歌
「希望という名の光」……映画「てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~」主題歌
「HAPPY GATHERING DAY」……ケンタッキー40周年記念テーマソング
「僕らの夏の夢」……アニメーション映画「サマーウォーズ」主題歌
「ずっと一緒さ」……フジテレビ系ドラマ「薔薇のない花屋」主題歌
「Never Grow Old」……三ツ矢サイダーオールゼロCMソング
他、全11~12曲収録予定

初回限定盤:ボーナスディスク「JOY 1.5」付き。山下達郎のライブの魅力を詰め込んだファン必須ライブアルバム「JOY」から20年。
「JOY-2」発売への期待が高まる中、1985年~1994年までの秘蔵ライブテイク7曲を
収めた「JOY1.5」が付いたスペシャル・パッケージ。 ¥3,500-(税込)
通常盤:¥3150(税込)

<着うた(R)期間限定配信>
4月より朝のテーマ曲として好評オンエア中の新曲「MY MORNING PRAYER」。(日本テレビ系「ZIP!」テーマソング)の着うた(R)を、アルバム発売日発表に合わせて、
1ヶ月間の期間限定配信いたします。(6/1〜30)
<着うた(R)配信サイト>
レコチョク、WAMO(ワーモ)、music.jp、ドワンゴ、着日テレ、ほか

ニューアルバム『Ray Of Hope』スペシャル・サイト 
http://wmg.jp/tatsuro/
全国ホール・ツアー情報はコチラ                         
http://www.tatsuro.co.jp/