2012年2月アーカイブ

Perfumeが2012年の四大発表

Perfumeが、2012年の四大発表をこの度行った。今年初となる新曲の今春リリースが決定した。新曲タイトルは「Spring of Life」。この新曲の着うた®は、2012年2月29日から配信がスタートする。

そして、二つ目は、この新曲が、彼女たち出演する、キリンチューハイ 氷結「氷結 MAGICAL MUSIC」篇CMソングとして、お茶の間に登場するというもの。このCMは、メンバー初となる海外撮影TVCMとなる、キリンチューハイ 氷結CM「氷結 MAGICAL MUSIC」篇。2月29日からオンエアスタートされるこのTVCMは、アメリカ・ロサンゼルス撮影。海外ならではの圧倒的な解放感の中、CMのテーマ“セカイガ キラキラ ハジケル”を具現化する絶好のロケーションにより撮影が行われ、新曲「Spring of Life」とのコラボレーションも相まって最高の仕上がりとなった。

三つ目は、ついに海外進出を視野に入れた活動をスタートするというもの。初の海外展開として、昨年リリースしたアルバム「JPN」の音源を2012年3月6日より配信サイトiTunesより世界50ヶ国に対して同時配信をスタートすることが決定した。海外では音楽配信が中心であることを考慮し、今回のリリースはまずiTunesで開始する。Perfumeは、サウンド・ビジュアル・作品の世界観が海外で高く評価されており、2011年にはディズニー/ピクサー映画「カーズ2」挿入歌として「ポリリズム」が起用されるという夢のコラボレーションが既に実現されている。

そして、四つ目の発表は、新曲「Spring of Life」が、ユニバーサルミュージックから発売されるというもの。日本での精力的な活動をより一層パワーアップさせながら、今後の世界進出を睨むPerfumeが、マーケットシェア世界最大シェアを誇り、世界77ヶ国に展開するユニバーサルミュージックでいよいよ世界へと羽ばたくことは間違いない。

また、2月29日には、海外ファン向けのPerfumeグローバルホームページが立ち上げられる他、オフィシャルYouTubeも開設される。2012年、さらなる飛躍を遂げるPerfumeから、ますます目が離せない。

【Perfumeメンバーコメント】
私たちのニューシングル「Spring of Life」が今春リリースする事が決定しました!!
この曲はキリンさんの氷結のCM曲にもなっています。
とてもダンサンブルでキャッチーな、Perfumeらしいナンバーです!
そして今回からユニバーサルミュージックさんで新曲をお届けしていくことになりました。
これまでも、次の夢は世界!!と、

ものすごいBIGな夢ですが、言霊の力を信じて想って口にしてきましたが、

いよいよ本当にスタートできる準備が整ってきました!
私たちPerfumeは、日本の事が大好きです。

みんながいろんな事を考えた2011年、アルバム「JPN」は、

Perfumeの願いと、共に世界中のみなさんに、この「JPN」を聞いてもらって、

知ってもらって、私達を通して日本をもっと好きになってもらいたいという思いで出したアルバムです。
それが今回そのまま世界で聴いていただけることになり、

また一つ夢が叶えられそうで、とても嬉しいです。本当にみなさまのおかげです。
この「JPN」のタイトルのごとく、日本代表!

くらいの思いで、いつもの崖っぷちPerfume発動させます!!(笑)
Perfumeは3人だけじゃなく、みなさんと一緒に築いてきたものなので、
今一度、このチャンスを、みんなでつかんで行きたいです。
Perfumeをもっともっと楽しんで活動できて、
みなさまにももっともっとドキドキワクワクしていただけるように

しっかり努めていきたいと思っています。
がんばるけん、みんな見とってね♪

YouTube Perfume Official Channel
http://www.youtube.com/perfume/
Perfume Offical site  
http://www.perfume-web.jp
Perfumeグローバルホームページ  
www.perfume-global.com

岐阜県飛騨高山出身のシンガー・ソングライター・たむらぱんが2月25日、こくふ交流センターさくらホール (高山市国府町)で凱旋(がいせん)コンサートを行った。
「こくふ交流センター」は、昨年7月1日、たむらぱんの地元国府町に、文化ホールや図書館、支所機能などを備えオープンしたばかり。地元からの熱いリクエストに応え、J-POPのジャンルとしては初めてとなる、たむらぱんの凱旋コンサートが実現した。
 
「地元でちゃんとライブをやるのは初めて」と話す彼女だが、コンサートのチケットは大人気で、発売すると同時に完売。当日は、この日を心待ちにしていたファン600人以上が大自然あふれる彼女のふるさとに詰め掛けた。
 
「ただいま~!」――ライブ冒頭、観客席からの「おかえり!」という呼び掛けに応え、会場は大きな拍手に包まれた。
コンサートは、途中に15分の休憩を挟んだアコースティック・スタイルの2部構成。オープニングは、メジャーデビュー前、「たむらぱん」として2曲目に作り、「上京する時の見送られる瞬間を歌った」という幻の曲「アイノウ」から始まるという意外な展開。現在入手不可能なインディーズ時代のアルバムからの楽曲の披露に、東北や九州からも集まったという熱心な
ファンは歓喜した。本人も「ステージに立った瞬間、うれしくてグッときてしまった。(客席に)知っている人がたくさんいて何かすごく不思議な気分」だったという。
 
故郷を思わせる選曲が多く、卒業をテーマにした代表曲「ちゃりんこ」や、故郷を想いながら作ったという未発表の新曲などを披露すると、会場はじんわりとした暖かい感動に包まれる。
また、たむらぱんの出身高校が「白線流し」(毎年、卒業式の日に卒業生たちが学帽の白線とセーラー服のスカーフを一本に結びつけ川に流す行事)の舞台であることに触れ、90年代にテレビドラマ化され、主題歌として大ヒットしたスピッツの「空も飛べるはず」のカバーを披露。地元の頃からスピッツの大ファンだったという彼女は、昨年、念願叶って彼らと共演できたことについて、「これまで続けてきて本当に良かったと感じた瞬間」と漏らす。

 

 

コンサートのハイライトは、セカンドシングル「ゼロ」。
地元中学校の女子生徒らのコーラスをバックに、「そうさ僕らはいつもスタート地点 見失ってもまた戻ればいい」と歌うという心憎い演出で、故郷に錦を飾った。
 
「18歳で地元を勢いで出てきた反面、『出たなりの事をしなければ帰れない』と、ずっと『地元』というハードルが高かった」というたむらぱん。
「すれ違う人に『おめでとう』と言われ、『ありがとうございます』…って何か私が結婚するみたい(笑)」と照れながらステージ上で話す姿が印象的だった。
 
コンサートは全15曲、アンコールも含めて約90分をじっくりと行って終了した。
ライブを終えた彼女、「後半に進むにつれて『地元でやっているんだ』という感触がじわじわと強くなっていき、中学の生徒たちと歌いながら、『あー、私もこんな感じだったな』と思い出してました」
「まだまだ道の途中だけど、途中なりに(地元ライブという)目標が一つ達成できてうれしい。次に地元に来る時は、さらに成長した自分を見せたいという新たな目標ができました」と
笑顔を見せた。
 
たむらぱんは今年1月には自身4枚目となるアルバム「mitaina(ミタイナ)」を発売し、3月後半には東名阪でバンド編成によるワンマンライブも控えている。そのほかにも近いうちに何らかのうれしい発表があるということなので、楽しみに待ちたい。

2月29日発売の雑誌『anan』で雑誌史上初の試み、福山雅治とドラえもんに登場したアニメキャラクター・福山雅秋が、表紙で夢のコラボレーションしている。

アニメキャラクターと実在の著名人がコラボレーションし、『anan』の表紙を飾ることに加えて、それが、福山雅治と、あの国民的人気アニメ「ドラえもん」に“ある日登場した、福山雅治的”なキャラクター・福山雅秋ということで、大きな話題を呼んでいる。

ananの誌面ではメガネ姿も初披露。また福山自身がテレビで見て驚いて、その後に声や歌まで担当することになったいきさつや、雅秋の魅力を語ったり、今後へのエールも贈っている必見の内容だ。

そして3月3日に公開される「映画ドラえもん のび太と奇跡の島~アニマルアドベンチャー~」の主題歌は福山雅治が担当しているが、この新曲「生きてる生きてく」が、ファンからCD化要望が殺到したことを受け、急遽3月28日にシングルとして発売されることも決定した。

さらに、この度、福山が動画配信サービスUstream内で、テレビ局を開設することも合わせて発表された。「BROS.TV」と題されたこのテレビ局は、福山雅治のファンクラブ限定のコンテンツ。3月21日が福山のデビュー日に当たるため、開局は3月20日23時55分を予定。内容に関して福山は「内容はまだ固まってませんが、僕がずっと出てます」とコメントしている。今後は毎月のメモリアルな日に配信されるというから、ファンにはたまらない時間となりそうだ。2月6日で43歳になった福山が進化していく姿には目が離せない。

【anan 編集者コメント】
福山雅治さんには、毎年表紙にご登場いただき読者に高い支持を得ています。今回はアニメのキャラクターとのコラボレーションという初めての試みでしたので、福山雅治さんに是非ご登場いただきたかったです。
【福山雅治 コメント】
福山雅秋について,本人は「これどう見てみても俺だろ? びっくりしたけど、もちろん嬉しかったです。ししずかちゃんの憧れの設定についても、この世界に入って2番目に嬉しかったです。」(ちなみに1番は ビヨンセに「I LIKE FUKUYAMA!」と言われたこと)

福山雅治 オフィシャルサイト
http://www.fukuyamamasaharu.com/
「映画ドラえもん のび太と奇跡の島~アニマルアドベンチャー~」 
オフィシャルサイト
http://doraeiga.com/2012/

デビュー10 周年記念10 ヶ月連続配信企画第3 弾は、作詞家 阿久悠の未発表作品にマリアンヌ東雲(キノコホテル)が作曲・編曲を担当,一青窈が歌う新曲「パラソル哀歌」に決定した。

被災地や自身のツアーで歌い続けた中島みゆき「時代」カバーバージョンを第1 弾、そして岡村靖幸との異色コラボ作品「Lesson」を第2 弾として配信してきた一青窈。

第3弾配信曲は、昭和を代表する作詞家として日本歌謡史に大きな足跡を残した阿久悠の未発表作品「パラソル哀歌」に、人工的未来感覚と昭和元禄的狂騒が絶妙に入り混じった不思議なロックンロールサウンドで人気爆発中のキノコホテルのマリアンヌ東雲が作曲・編曲を担当。演奏もキノコホテルがバンド全員で担当している。

阿久悠の亡き後、新歌謡/進化窈というテーマでシングル3 枚、アルバム1 枚を発売してきた一青窈。幼少期に最も影響を受けた阿久の未発表作品「パラソル哀歌」にキノコホテルの独特な世界観でサウンドメイクされた曲は、懐かしさもありながら新鮮な作品となり、一青の歌がその魅力を更に引き上げ珠玉の楽曲に完成した。

<一青窈コメント>
敬愛する阿久悠さんの
歌詞をうたわせていただける光栄に預かりました。
あちらへよろけ
こちらへよろけながら
恋に憧れて恋をし
キノコホテルの支配人に出逢いました。
わたくしたちが奏でる愛のメロでぃーをご堪能あれ。

<マリアンヌ東雲(キノコホテル)コメント>
阿久悠先生の詩の世界を大切に、

キノコホテルとはちょっと気分を変えて作った楽曲です。
窈さんの情緒豊かな歌唱との素敵な化学反応により、

今まで有りそうで無かった独特の仕
上がりになったんじゃないかしら。

ワタクシにとっても忘れられない一曲となることでしょう。

10 周年イヤーの最初のCDリリースは自身初となる昭和歌謡カバーアルバム。タイトルが「歌窈曲」に決定し4 月18 日に発売される。初ドラマ出演したNHK土曜ドラマ「それからの海」は3 月3 日に放送予定。4 月から放送されるTVアニメーション「ZETMAN」のオープニング、エンディングテーマも担当。さらに全国ツアー「一青窈Tour2011“瞬き”」が好評につき2012 年5 月下旬から追加公演も行われ.2 年ぶりのオリジナルアルバムの発売も決定した。今年は更に精力的に活動していく。

レコチョク
http://recochoku.com/hitotoyo/

全国16都市を周る『運命なんて変えろ!ツアー』をスタートさせたSISTER JET。その初日となる千葉 LIVE SPOT LOOKのライブで4月に「17 (Seventeen)」、5月に「しろくま」を2ヶ月連続でリリースすることを発表した。

「17 (Seventeen)」、「しろくま」共に、最近のライブでは既にキラーチューンとしてオーディエンスを熱くさせている。また「17 (Seventeen)」は一般公募で集められた17歳の写真で構成したミュージックビデオもYouTubeにて公開された。中にはメンバーはもちろん、あっと驚く人の写真も隠れているのでじっくりチェックしたいビデオとなっている。

今回の発表は作品タイトルのみで詳しい発売日、販売形態などは後日発表される。

 『運命なんて変えろ!』ツアー 追加公演 福生UZUも決定したSISTER JET、春風に乗って怒涛のリリースラッシュがスタート。追加公演として福生UZU公演が3月25日に決定した。福生UZUはSISTER JETが生まれ育ち、音楽の腕を磨いたホームグラウンド的LIVE HOUSE

「17 (Seventeen)」MV
http://www.youtube.com/watch?v=22CvHGKTFUM&list=UUtNaE5E4av3Geq-aQPeJn0g&index=1&feature=plcp
公式HP
http://www.sisterjet.com


『運命なんて変えろ!ツアー』追加公演 IN 福生UZU
日程:3月25日(日)
会場:福生UZU ※ワンマン公演
開場:15:30/開演:16:00
前売:¥3.000(税込み・ドリンク代別途)
プレイガイド ぴあ(Pコード 164-594)/ローソンチケット(Lコード 71504)/e+
一般発売:3/3(土)
公演に関するお問い合わせ VINTAGE ROCK 03-3770-6900


 

第4回CDショップ大賞2012の授賞式が、2月27日、東京SHIBUYA BOXXにて開催された。
大賞を受賞したのはももいろクローバーZの『バトルアンドロマンス』。授賞式にはメンバー全員で登場。海賊をモチーフにした衣装を身に纏ったももクロメンバーは、3月7日にリリースされるニューシングル「猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」」を披露し、受賞を喜んだ。

 

今回の受賞に際し、CDショップ店員からは、「ももクロの曲にはアイドルに興味のなかった大人までをも夢中にさせる不思議なパワーがある」「数々のロック男子女子をも虜にする超個性派新鋭アイドルだ!」という熱いコメントが寄せられた。

アイドルという枠では推し量れない彼女たちの個性的な魅力が今回の受賞に繋がったのだろう。

 

準大賞には、星野源『エピソード』、その他、Foster The People、Fear,and Loathing in Las Vegas、YeYe、山下達郎、モーモールルギャバン、「マル・マル・モリ・モリ!」が各賞を受賞した。


第4回CDショップ大賞 受賞作品
【大賞】
ももいろクローバーZ『バトル・アンド・ロマンス』

 

【準大賞】
星野源『エピソード』

 

【洋楽賞】
Foster The People『Torches』

 

【ニューブラッド賞】
Fear,and Loathing in Las Vegas『NEXTREME』

YeYe『朝を開けだして、夜をとじるまで』

 

【マエストロ賞】
山下達郎『Ray Of Hope』

 

【ライブパフォーマンス賞】
モーモールルギャバン

【特別賞】
薫と友樹、たまにムック。「マル・マル・モリ・モリ!」

今年夏に行われるサマーソニックの第2弾追加アーティストが発表された。

 

まずはサマソニ初登場の大物2組。ひとつめはジャミロクワイ。90年代のアシッド・ジャズブームに始まり、ソウルファンクワールドミュージックなどあらゆるャンルを身軽にクロスオーヴァさせ、日本でも絶大な人気を誇るジェイ・ケイ率いるジャミロクワイ。世界的にみてもフェスへの出演はあまりないという彼ら、大注目のステージとなる。

 

そしてもうひとつは、現在のUKシーンの最重要バンド、日本でもおなじみのフランツ・フェルディナンド。今年新作のリリースを控える彼ら、こちらも注目のステージとなる。

 

ほかに、ラッパーのピットブル、先日、初公演を成功させたUSの新人、フォスター・ザ・ピープル、UKのホープ、ザ・ヴァクシーズ、これもUKの新人、カインドネスが加わった。

 

現時点での参加アーティスト(赤字は今回決まったアーティスト):

GREEN DAY、RIHANNA、JAMIROQUAI、SIGUR RÓS、NEW ORDERFRANZ FERDINANDPITBULL、ADAM LAMBERT、DEATH CAB FOR CUTIE
FOSTER THE PEOPLE、THE CARDIGANS、PASSION PIT、GYM CLASS HEROESTHE VACCINES、GROUPLOVE、SBTRKT、THE KNUX、ICEAGE、KINDNESS…and more!!

 

SUMMER SONIC 2012

8.18(sat),8.19(sun)

東京:QVCマリンフィールドマリンフィールドマリンフィールド&幕張メッセ
大阪:舞洲サマーソニック特設会場

東京会場
<開場・演>
OPEN 9:00am/START 11:00am
<TICKETS>
入場券
1日券¥15,000-(税込)
2日券¥7,000-(税込)
★先行情報
クリエイティブマン3A会員先行
3/1(木)(木)15:00~3/10(土)18:00
★一般発売日:6月2日(土)10:00~

www.summersonic.com

サマーソニック事務局:0180-993-030

 

谷山浩子が、デビュー40周年を迎える4月25日に本人選曲によるファン待望のベストアルバム『花とゆめ』を発売する。

2005年に発売し、今もなおロングセールスを記録しているベストアルバム『白と黒』のコンセプトに続き、本作は現実を見据えた作品を集めた「花」盤と、メルヘンの世界を携えて個性豊かな彩りの楽曲を集めた「ゆめ」盤からなる高音質CD2枚組。

コンセプトに倣い初期のアルバムから最新アルバムまで、数多いラインナップの中から本人が選曲。ロマン派の極みとして君臨する谷山浩子の奥深い内面に足を踏み入れることの出来るアルバムだ。

あわせて、4月上旬にニコニコ生放送特別番組「谷山浩子・デビュー40周年直前スペシャル ニコの森には帰れニコ vol.2」の放送が決定した。昨年秋にも放送され話題になった番組が装いを新たに再登場する。詳細は後日オフィシャルホームページで発表される。

現在ホームページ上では、4月25日にむけたカウントダウンがはじまっており、同ページ上では重大発表もあるとの噂。


【リリース情報】
『花とゆめ』
2012年4月25日発売
発売元:ヤマハミュージックコミュニケーションズ
品番:YCCW-10171~2
価格:3,675円(Blu-spec CD2枚組・税込)
全33曲収録予定

DISC-1「花」盤 収録予定曲
1.さよならのかわりに
2.約束
3.地上の星座
4.うさぎ
5.あたしの恋人
6.よその子
7.真夜中の太陽
8.すずかけ通り三丁目
9.NANUK
10.ピエレット
11.あかり
12.DESERT MOON
13.僕は帰る きっと帰る
14.しっぽのきもち
15.催眠レインコート
16.すばらしき紅マグロの世界
17.お昼寝宮・お散歩宮

DISC-2「ゆめ」盤 収録予定曲
1.まもるくん
2.満月ポトフー
3.冷たい水の中をきみと歩いていく
4.森へおいで
5.風のたてがみ
6.さよならDINO
7.第2の夢・骨の駅
8.鳥籠姫
9.電波塔の少年
10.終電座
11.テングサの歌
12.かおのえき
13.時の少女
14.カイの迷宮
15.おやすみ
16.テルーの唄

公式HP
http://www.taniyamahiroko.com/
谷山浩子スタッフtwiiter
http://twitter.com/#!/taniyama_staff

 

きゃりーぱみゅぱみゅのセカンドシングルが、4 月4 日にリリースされることが決まった。タイトルは「CANDYCANDY」。サウンドプロデュースはcapsule の中田ヤスタカ。前作同様きゃりーぱみゅぱみゅワールドが大爆発している。

この曲は、2月28 日(火)からリ江崎グリコ株式会社よりニューアル発売される口中ケアタブレット「BREO(ブレオ)」タイアップ曲となる。

そのきゃりーぱみゅぱみゅは、2月25日、初の単独ライブ『もしもしクワトロ』を渋谷クラブクアトロを敢行した。

このライブのチケットは一般発売後30 秒にて売り切れしたという、まさにプレミアムライブ。約800 人の観客の熱気で溢れかえった会場にセットされた白い幕にきゃりーぱみゅぱみゅのオープニング映像が映し出されるやいなや会場からは「かわいいー!」「きゃりー!」など、きゃりーの登場に待ちきれない観客から歓声の声があがった。オープニング映像が終わると同時に幕が下がり、「PONPONPON」曲と共に同曲のプロモーションビデオと同じ衣装で4 人のダンサーを引き連れたきゃりーぱみゅぱみゅが登場。舞台セットはベットや木馬、ケーキやぬいぐるみなどで溢れかえり、きゃりーの部屋を意識したという、まさに「PONPONPON」のミュージックビデオの世界が会場に演出されていた。

オープニングの演出に歓声が沸き、既に観客のテンションはMAX に。8/17 発売の「もしもし原宿」に収録する楽曲や、この日のために中田ヤスタカが制作した楽曲を4 回衣装チェンジを交えながら披露、盛り上がりは最高潮を迎えた。ライブの終盤、「今日の最後の曲になります。」と1/11 に発売された「つけまつける」を紹介、会場から「えええ~」との声に「まだ曲が少ないんですよ~(涙)。これからいっぱい曲を出してきます!」と抱負を語った。鳴り止まないアンコールの声援のあと、新曲「CANDY CANDY」の衣装で登場。今回の衣装もきゃりーとスタイリストさんで一緒にデザインしたというスパンコールのセーラー服にウレタンで作成したスカートという、この衣装のことをきゃりーは「オシャレでおっちょこちょいな魔女っ娘アイドル風の衣装です!」と紹介、「かわいい~!」と声援をあびながらの新曲初披露となった。

会場に集まった約800 人の大歓声を浴びながら全13 曲を歌い上げ、大成功で幕を閉じた。初の単独公演ということもあり、今までのライブパフォーマンスよりも、さらにスケール感と壮大感が増し、華やかなライブとなった。

【曲目】


M1:PONPONPON
M2:チェリーボンボン
MC
M3:スキ過ぎてキレそう
M4:Jelly(capsule カヴァー)
MC
M5:きゃりーのマーチ
M6:ピンポンがなんない
MC
M7: RGB(capsule カヴァー)
M8:ちょうどいいの
M9:でもでもまだまだ
M10:きゃりーanan
MC
M11:つけまつける
アンコール
MC
M12:CANDY CANDY
M13:PONPONPON

 

【リリース情報】

セカンドシングル
『CANDY CANDY
ワーナー
初回限定フォトブック仕様:WPCL-11071
¥1,800(tax in.)
通常盤:WPCL-11072
¥1,200
初回プレス分のみ「きゃりーステッカー」3 種類の内1 種をランダム封入04.04 ON SALE!


 
http://kyary.asobisystem.com/

 

<VERSUS=対戦型による即興演奏>というコンセプトのもと、2006年にリリースされた音楽ドキュメンタリー作品『BOYCOTT RHYTHM MACHINE II VERSUS』。
以降は2009年には六本木スーパーデラックス、2010年には夜の国立科学博物館を舞台に、ライブ・ヴァーションとして熱きVERSUSが繰り広げられてきた。

そんなライブイベント『BOYCOTT RHYTHM MACHINE VERSUS LIVE』が今年も開催される。
今回の舞台はなんと、 "格闘技のメッカ" と呼ばれ、二十数年ぶりの音楽ライブ開催となる東京・後楽園ホール。そのセンターステージに世界中から愛されている日本人音楽家が集い、リハーサル無しの真剣勝負に挑むという。
瞬間瞬間に生まれ広がるたった一度きりの贅沢な交わり。一夜限りの圧倒的空間を是非体感してほしい。

MUSICSHELFでは、「Jazzy Bound」でお馴染みのライター・中林直樹氏がこのイベントを記念して制作したスペシャルプレイリストをご紹介!

1×1の神秘?

3月21日に開催されるイヴェント『ボイコット・リズム・マシン・ヴァーサス・ライブ 2012』。活躍するフィールドの異なる2組のアーティストが、一切の打ち合わせなしでセッションするという試みである。音楽家のセンスとテクニック、そして心意気が真っ向からぶつかり合う、一夜限りのプレミアムなライヴ。会場は後楽園ホール。言わずと知れた格闘技の聖地である。音楽という平和的な手段による戦いを、耳と目で堪能してほしい。 そこで、このプレイリストは、このイヴェントの開催を勝手に記念して、二人のミュージシャンが対峙して作り上げた作品を紹介したい。取り上げた基準は、二人の名前が同列で並ぶものであること、あくまで二人が奏でる音色だけが収録されていること(たとえば、スタン・ゲッツ&ジョアン・ジルベルト『ゲッツ/ジルベルト』は、二人の名義だが、他にヴォーカルやリズム隊がはいるので除外、というふうに)、音源として比較的手に入やすそうなもの、である。たった二人で創出する世界。そこに音楽の根源や深淵を覗き見る。それは1×1だからもたらされる神秘ともいえるかもしれない。では、以下。並びは、一般的にとっつきにくいと思われるもの順!

 

 

 

BOYCOTT RHYTHM MACHINE VERSUS LIVE 2012
3/21(水)後楽園ホール
開場 18:45 開演 19:30

 

チケット
グランドフロア席 5,800円 -SOLDOUT!-
一般席 4,800円 (ぴあ/ LAWSON / e+ 各プレイガイドにて発売中)
立見学割 2,900円 (学生に限る・HPにてメール受付中)
当日 5,500円
(入場料収入の一部は被災地支援として寄付されます)

ホームページアドレス
http://www.vinylsoyuz.net

 

 

【出演者プロフィール】
坂本龍一 Ryuichi Sakamoto
52年東京生まれ。78年『千のナイフ』でデビュー、同年YMOに参加。YMO散開後、数々の映画音楽を手がけ作曲家としてアカデミー賞を受賞するなど世界的な評価を得ながら、常に革新的なサウンドを追求し続けている。99年制作のオペラ『LIFE』以降、環境・平和・社会問題に言及することも多く、自然エネルギー利用促進を提唱するアーティスト団体「artists power」を創始。06年には新たな音楽コミュニティの創出を目指し 「commmons」を設立。森林保全団体「moreTrees」代表理事。「kizunaworld.org」発起人。現在NY在住。
http://www.sitesakamoto.com

大友良英 Otomo Yoshihide
ギタリスト/ターンテーブル奏者/作曲家/映画音楽家/プロデューサー。59年横浜市生まれ。十代を福島市で過ごす。常に同時進行かつインディペンデントに多種多様な作品をつくり続け、複数のバンドを率い、数多くのバンドやプロジェクトに参加。その活動範囲は世界中におよぶ。近年は「アンサンブルズ」の名のもと展示する音楽作品や特殊形態のコンサートを手がけると同時に、障害のある子どもたちとの音楽ワークショップや一般参加型のプロジェクトにも力をいれている。「プロジェクトFUKUSHIMA!」実行委員会代表。
http://d.hatena.ne.jp/otomojamjam

いとうせいこう

61年東京都生まれ。早稲田大学法学部卒業。編集者を経て、作家/クリエーターとして、活字・映像・音楽・舞台など、多方面で活躍。著書に小説『ノーライフキング』『見仏記』(みうらじゅんと共著)など。また、近年の音楽活動ではロロロへの加入や、コクーン歌舞伎「佐倉義民傅」のラップ歌詞などがある。テレビのレギュラー出演に「シルシルミシルさんデー」(テレビ朝日)「ビットワールド」(Eテレ)などがある。「したまちコメディ映画祭in台東」では総合プロデューサーを務め、浅草・上野を拠点に今年で5回目を迎える。
http://www.cubeinc.co.jp/ito

Shing02 シンゴツー
カリフォルニアを拠点に活動するMC/プロデューサー。これまでに『絵夢詩ノススメ』『緑黄色人種』『400』『歪曲』を発表し、発案したfaderboardを取り入れたKosmic Renaissanceなど、国内外のコラボレーションをこなす。アルバムを発表する毎に初期のサンプリングスタイルから脱却し、ライブミュージシャンとの競演を重ねながら、現代音楽としてのヒップホップを体現する。2012年上半期はミックスCD『FTTB3』と、英語アルバム『ASDR』をプルックリンを拠点とするバンド、Chimp Beamsとリリース予定。
http://e22.com/shing02

DJ KENTARO
ターンテーブリストであり、サウンドクリエイターである日本のDJ。 世界最大のDJ BATTLE「DMC 2002」において大会史上最高得点というギネスを残し、 アジアから初の世界チャンピオンになる。 06年Ninja Tuneとアーティスト契約を交わし、 1stソロアルバム『ENTER』が世界リリース。オリコンインディーズチャート1位、i-Tunesダンスチャートアルバム/シングル共に1位を獲得。 現在も地球上をジャンルレスな音楽観と共に飛び回るターンテーブル・マエストロ。New Albumの発表が待たれるなか、ニューシングル『Step In』がNinjaTuneから3月にドロップされる。
http://www.djkentaro.jp

Open Reel Ensemble オープン・リール・アンサンブル
09年より活動開始。時代の表舞台から姿を消した旧式のオープンリール式磁気録音機を現代のコンピュータとドッキングさせ「楽器」として駆使して演奏するプロジェクト。その場で声や音をテープに録音、リールの回転や動作をコンピュータで制御したり、人力で操作することでオープンリールを演奏する。メンバー:和田永(Reel&Concept) 佐藤公俊(Reel) 吉田悠(Reel&Perc.) 難波卓己(Reel&Vln.) 吉田匡(Bass)。11年にはスペイン・SONAR BARCELONA、オーストリア・ARS Electronicaにも出演、世界から注目を集めている。

http://www.steamblue.net

写真:杉田真

2月25日、日本武道館にてオフィス オーガスタ所属アーティストの山崎まさよし、スキマスイッチ、秦 基博が音楽家の服部隆之氏指揮のストリングスとともに一夜限りのスペシャル・ライブを開催した。

オフィス オーガスタが2012年に設立20周年のアニバーサリー・イヤーを迎えるにあたり、2月22日オフィスオーガスタ20年の軌跡を福耳と各アーティストの代表曲全28曲でたどるベストアルバム、福耳+All Stars「All Songs Must Pass-Office Augusta 20th Anniversary BEST-」をリリースしたばかりだが、同ライブは、それに続くアニバーサリー・イヤーに企画されたプレミアム・イベントだ。

9000人が見守る中ライブがスタート、服部隆之氏の指揮の下25名のストリングスにリズム隊と総勢29名が音を奏でるオープニングの「Overture」の演奏後、スキマスイッチが登場「藍」のパフォーマンスへと続いた。

写真:杉田真

スキマスイッチは現在、アルバム「musium」(2011年10月発売)を引っ提げての全国29カ所33公演に及ぶ「スキマスイッチTOUR2012“musium”」を絶賛敢行中だが、そのツアーとは一味違った壮大なサウンドの「さいごのひ」や「全力少年」を披露した。

来年2013年のデビュー10周年アニバーサリーイヤーに向け、現在2012年夏に発売のセルフカバーベストアルバムの収録曲投票を実施している。3月18日まで。

 

http://www.office-augusta.com/sukimaswitch/10th/vote/

写真:杉田真

続いて登場したのは秦 基博。秦 基博がストリングス隊とライブをするのは初の試みであり、華やかなストリングスサウンドが加わり新たに生まれ変わった「鱗(うろこ)」やオリコンウィークリーシングルランキング9位(2/20付)にランクインを果たした最新EP「エンドロール」などをパフォーマンス。「エンドロール」は今の季節にぴったりのウィンターバラードで、ストリングスと混ざりあった秦の温かくも力強い歌声が会場に響き渡った。

ストリングスサウンドでオーディエンスを魅了した秦 基博だが、毎年恒例の「みどりの日」を起点に実施されるアコースティック・ライブ「GREEN MIND」が決まっている。今年の「GREEN MIND 2012」は、5月4日(金・祝) 島根県民会館を皮切りに全国4か所5公演、これまでにワンマン公演を行ったことのない県での開催となる。

写真:杉田真

スキマスイッチ、秦 基博のステージのあとは、満を持して山崎まさよしが登場。「元気ですか!?」と客席に呼びかけ、服部氏とのMCで会場を和ませる。2011年春のLive at Suntory Hall以来のストリングスとのセッション1曲目は、「僕と君の最小公倍数」からスタートした。2011年から2012年にかけて、「ユニクロ」や「グリコ」のTVCMでメディアに登場している山崎が次に演奏するのは、レコーディングでも服部氏と競演した「水のない水槽」。「I’m sorry」では、イントロからハーモニーとストリングスが会場を煽り、場内のテンションは最高潮に達した。間奏では再びスキマスイッチと秦 基博も登場し、4人と服部氏でボックスダンスを披露する一幕も。ラストは最新シングル「花火」をしっとり聴かせ、圧巻のステージは終了した。

鳴り止まない拍手の中、山崎の呼びかけでもう一度全員が登場。山崎も「この4人は珍しい!!」と、心底楽しんでいる様子だ。そして今日は、スキマスイッチ 常田真太郎の誕生日ということもあり、サプライズでステージ上にケーキが登場。9000人の歌うバースデーソングで34歳の誕生日を祝う。ラストに山崎まさよしの「セロリ」を全員でセッション、大盛り上がりで駆け抜け一夜限りのスペシャルなステージは幕を閉じた。

オフィスオーガスタ20周年にあたっては、このあともスペシャルイベントが発表されている。8月4、5日には、横浜赤レンガパークにて毎年恒例のオーガスタキャンプを開催。この日は所属アーティスト全員が出演し、2日間に分かれて内容の違うパフォーマンスを披露する。また、初の試みとして高知と奄美でも開催も決定している。

【イベント概要】
■「Office Augusta 20th Anniversary Special 山崎まさよし スキマスイッチ 秦 基博
A Night With Strings ~Featuring 服部隆之~」
日時:2012年2月25日(土) OPEN:16:00/START:17:00
会場:日本武道館
出演:山崎まさよし、スキマスイッチ、秦 基博
収客:9000人
セットリスト:
M1. OVER TURE
■スキマスイッチ
M2.
M3.view
M4.さいごのひ
M5.Crazy Love(カバー)
M6.SL9
M7.全力少年
■秦 基博
M8.アイ
M9.水無月
M10.鱗(うろこ)
M11.Over the Rainbow(カバー)
M12.エンドロール
M13.メトロ・フィルム
■山崎まさよし
M14.僕と君の最小公倍数
M15.水のない水槽
M16.月明かりに照らされて
M17.Georgia on My Mind(カバー)
M18.I’m sorry
M19.花火
EN1.セロリ

※指揮:服部隆之
※ピアノ、キーボード:紺野紗衣
※ドラム:江川ゲンタ
※ベース:中村キタロー
※ストリングス:RUSH STRINGS

 

【LIVE概要】

Office Augusta 20th Anniversary「Augusta Camp 2012 in YOKOHAMA

公演日程:8月4日(土)、5日(日) OPEN12:00-START14:00-FINISH20:30(予定)

会場:横浜赤レンガパーク 野外特設ステージ

料金/席種:8月4日 Day-1 全席指定¥7,350(税込) 8月5日 Day-2 全席指定¥7,350(税込)

http://www.office-augusta.com/ac2012/

※8/4 Day-1と8/5 Day-2では、公演内容が異なります。

※未就学児童のご入場は、同行の保護者の方の座席の範囲内で、周りのお客様のご迷惑にならないようにご覧いただくことを大前提とさせていただきます。小学生以上の方はチケットが必要となります。

チケット発売日:6月16日(土)10:00~

※雨天決行・荒天中止

※イベント専用駐車場はございません。公共の交通機関を御利用下さい。

※テント、傘の持込みは出来ません。

※会場内は所定の場所を除き全て禁煙です。

※会場内はコインロッカー及びクロークはありません。荷物の管理は各自で行って下さい。

※ペット類、自転車などの持込みは出来ません。

※ゴミは、各自でのお持ち帰りとなりますのでご協力下さい。

■Office Augusta 20th Anniversary Augusta Camp 2012 in KOCHI More Information Comeing Soon!

■Office Augusta 20th Anniversary Augusta Camp 2012 in AMAMI More Information Comeing Soon!

 

【リリース情報】

設立20周年豪華コンピレーション
『ALL SONGS MUST PASS-Office Augusta 20th Anniversary BEST-』
アリオラ
初回生産限定盤:特典DVD付 (2CD+DVD):AUCL-7274
通常盤:(2CD) AUCL-7576
初回生産限定盤:\3,900(税込)
通常盤:3,000(税込)
02.22 ON SALE!


★初回盤~初回生産限定盤 豪華特典付!~
1.「Augusta Camp 2012」バックステージへ抽選で20組40名様をご招待!応募券封入
(応募締切 2012年2月29日 当日消印有効)
2.福耳 ミュージックビデオを網羅した特典DVD付
3. Office Augusta代表森川欣信ロングインタビュー&Augusta20年表掲載、スペシャルブックレット付
4.「Augusta Camp 2012」 先行予約情報封入(受付締切2012年3月11日18時まで )
★通常盤(初回生産分)
「Augusta Camp 2012」 先行予約情報封入(受付締切2012年3月11日18時まで )

YouTube「AUGUSTA CHANNELhttp://jp.youtube.com/user/officeaugusta

Ariola Japan Official Web Site http://www.ariola.jp

OFFICE AUGUSTA Official Web Site http://www.office-augusta.com

叙情的な世界観でここ日本でも高い人気を誇る、UKはレスターシャー出身のバンド、カイトと、デビュー・アルバム『トゥー・ザ・ツリートップス!』が話題の北欧ノルウェー出身男女混合バンド、チーム・ミー。そんな2組による夢のカップリング公演が決定した。

どちらもドリーミーで叙情的な世界観が印象的な彼ら。カイトは2008年に初めて行われた日本ツアーが全公演ソールド・アウトになるなど高い人気を確立しており、一方今月デビュー・アルバムをリリースしたチーム・ミーも外資系CDショップを中心にヒットを記録するなど、来日が待望視されていた。

カイトは現在ニュー・アルバムを制作中とのことで、この公演では一足早く新曲を聴ける可能性も。

ticket boardでは今週土曜日の2/25 午前10時~先行販売を行い、先行販売の購入者特典ではチケット価格5%割引や、当日のセットリストと、ライヴ写真の配信、更に抽選で本公演に出演する2組のバンドのミート&グリート参加申込券などお得な特典が付く。

 

【公演情報】
Hostess Club presents
KYTE / TEAM ME
2012/5/9(水) 恵比寿リキッドルーム
Open/Start : 18:30/19:30
Ticket : ADV¥5,500(ドリンク代別)
※東京公演は本公演のみ。

 

 

【リリース情報】

ノルウェー出身有望バンド
『To The Treetops!』
Hostess Entertainment
HSE-60093
¥2,200(tax in.)
ON SALE!
※日本盤は日本独自ジャケット・アートワーク、ボーナストラック5曲、歌詞対訳、ライナーノーツ 付


日本公式サイト:www.hostess.co.jp/teamme

Rakeが2月22日、仙台市にて「フタリヒトツ」着うたフル®配信記念アンプラグド生歌プレミアムLIVE」を実施した。

 

「~好きな人に贈ると恋が叶う。~」。昨年2011年“告うた”として大ヒットし150万ダウンロードを記録した『100万回の「I love you」』に続く、待望の告うた第2弾『フタリヒトツ』(3月7日発売)のリリースに先駆けて、レコチョクで先行配信をスタートさせた記念に行われたスペシャル・イベント。

 

DAMカラオケでRakeの「100万回の「I love you」」を歌い、応募した中から当選した2組のカップルが参加。その2組4名が見守る中、Rakeがマイクもアンプも使わずに完前アンプラグドで生歌を2曲披露。参加した2組の幸運なカップルは大興奮な夜を過ごした。

 

「素敵な時間を過ごしましょう!!」と挨拶をし、まずは大ヒット曲『100万回の「I love you」』を熱唱。続いて、この日シングル発売に先駆けてレコチョクで配信がスタートした新曲「フタリヒトツ」も披露。2曲ともマイクもアンプも通さず2組のカップルの為だけに完前アンプラグドで生歌&生演奏が届けられた。参加した2組の当選者は「感動しました、忘れられない思い出になります!」とその興奮を言葉にした。

 

イベントの最後には、2組それぞれと記念撮影を行い、「『フタリヒトツ』着うたフル配信記念「アンプラグド生歌プレミアムLIVE」は大盛況に幕を閉じた。

 

また、先日行われたイベントで披露された世界初とされているチョコレート製レコード“ChocoRake”ができるまでを追いかけたドキュメント映像の完全盤となる『ChocoRakeができるまで~完成編~』もWebで公開。

詳しくはYouTubeソニーミュージック公式チャンネルで。

http://www.youtube.com/sonymusicnetwork

 

【リリース情報】

大ヒット「100万回の「I love you」」に続く第2弾
『フタリヒトツ』
アリオラ
DVD付初回盤:BVCL-311~312
¥1,575(tax in.)
03.07 ON SALE!
通常盤:BVCL-313 1,223円(税込)


オフィシャルサイト:http://www.rake.jp
レコード会社オフィシャル:http://www.sonymusic.co.jp/Music/Arch/ARI/Rake
アリオラジャパン:http://www.ariola.jp



綾瀬はるか、新垣結衣ら、豪華な女優陣が微笑みとともに髪の輝きを届ける姿が印象的なP&G パンテーンTVCM。このCMで流れている、18歳、高校生シンガーソングライター井手綾香が書き下ろした「ヒカリ」に多くの問い合わせが寄せられている。

このCMは、出演している女優によるナレーションがメインだが、その背後に流れる「ヒカリ」は、井手綾香がこのCMのために作詞・作曲を手がけた新曲。「きらめいて 笑顔見せて 輝いて ココロまで」という歌詞にもあるように、明るく生命力に溢れた歌声&メロディが、一足先に春を感じさせるような軽やかな映像とも非常にマッチ。

 

楽曲名は一切なく、“井手綾香”とアーティスト名だけクレジット表記されているため、問い合わせが数多く寄せられているとのことで、CMの放送が開始された先週から何度も検索急上昇ワードランキングのTOP 10内に記録されている。

この「ヒカリ」は、本日2月22日にレコチョクをはじめ音楽配信サイトにて着うた(R)の先行配信がスタート。3月21日に発売される井手綾香の2ndシングルの表題曲に決まっており、この3月に地元・宮崎の高校を卒業する彼女が、「ヒカリの種を撒いて輝く花を咲かせよう」という前向きな気持ちを込め、高校生からひとりのアーティストとして踏み出す自分を歌った楽曲でもあるとのこと。シングルには「ヒカリ」に加え、代々木ゼミナール 2012 CMソング「風をつかまえて」を含む全3曲が収録される。

「ヒカリ」: http://www.youtube.com/watch?v=V2yMA8hkVmk

 

【リリース情報】

セカンドシングル
『ヒカリ』
ビクター
VICL-36693
¥1200(tax in.)
03.21 ON SALE!


 
オフィシャルホームページ http://jvcmusic.co.jp/ideayaka/
Facebook http://www.facebook.com/ideayaka/
Twitter ide_ayaka
Youtube 井手綾香 オフィシャルチャンネル
http://www.youtube.com/ideayakachan/

 

3月21日(水)にアルバム「Lounge H The first impression」で本格的に日本上陸する、チャン・グンソクとサウンドプロデューサーBIG BROTHERによるユニット、TEAM H(チームエイチ)が、日本デビューを前にファンクラブ会員限定無料招待のニューイヤーパーティーを2月20日(月)と2月21日(火)に東京・Zepp Tokyoで開催した。
突然のサプライズパーティーとなった今回の【2012 Lounge H 突然新年パーティー![We Are TEAM H]】には、定員4,000名に対し、約50,000人の応募が殺到。

今回、日本限定スペシャル盤にのみ収録の「チャムルマンクムチャマッソ -JPN ver.-」「SHAKE IT -JPN ver.-」など、3月に日本初発売のアルバムからの楽曲が披露され、無料招待されたファンはパフォーマンスに酔いしれた。
特にキャッチーなメロディーとガラゲッチャダンスですでに大人気曲となっている「GOTTA GETCHA」で、会場のテンションはピークに達し、TEAM Hならではの熱いステージに。

2日目のライブはニコニコ生放送で生中継され、約23万人の来場者数を記録するなどニコニコ生放送の中でも歴史に残る放送になった。
日本限定スペシャル盤となる今作「Lounge H The first impression」は全10曲収録。さらにジャケットやブックレットも新たに撮影されたものになっている。
ライブでも大きな盛り上がりを見せた「GOTTA GETCHA」のミュージックビデオは YouTubeのPONY CANYONオフィシャルチャンネルでも公開中だ。

【リリース情報】
TEAM H 1st Album
(日本限定スペシャル盤)
「Lounge H The first impression」

2012.3.21 ON SALE
PCCY-1950 / ¥2,800(tax in)

 

 

「GOTTA GETCHA」MV視聴
http://youtu.be/IlOhdM82b2M

Lounge H特設ページ
http://a.ponycanyon.co.jp/lounge_h/

1976年に「どうぞこのまま」の大ヒットで知られる女性シンガー・ソングライターの草分け的存在、丸山圭子。今年デビュー40周年を記念して、キングレコードに残したオリジナルアルバム5タイトルが、紙ジャケ+高音質CDで本日リイシューされた。

丸山圭子はシティ・ポップのアーティストとして紹介されることが多いが、フォーキーでメロウな楽曲群は荒井由実的な独自な世界を創出していて、近年再評価の動きが高まっている。また代表曲の「どうぞこのまま」は他のシティ・ポップ系アーティストにはない、色気のある歌謡曲に仕上がっていて、彼女の才能の豊かさを物語っている。ちなみに「どうぞこのまま」は椎名林檎が初期ライヴでカヴァーしたことでも若い世代に知られることになった。

『黄昏めもりい』(1976年発表)
大ヒット曲「どうぞこのまま」(オリコン最高位5位52万枚)収録。コーラスにシュガー・ベイブ他が参加、コーラス・アレンジを山下達郎がする等'70年代和製ポップスの名盤。

『春しぐれ』(1976年発表)
デビュー通算3枚目。このアルバムから「あなたにつつまれて」がシングル・カットされ、スマッシュヒット。前作に続くメロウでフォーキーなサウンドがより深く響く名作。

『MY POINT OF VIEW』(1977年発表)初CD化
村上秀一、後藤次利など豪華ミュージシャンでバックを編成し、シティ・ポップ度が強まってくる時期の作品。全編曲を担当した佐藤準と丸山の共同制作で、二人のセンスが光る名盤。

『裸足で誘って』(1978年発表)
ハリウッドのA&Mスタジオで、スコット・エドワーズ、ジェリー・ドナヒュー等海外トップ・ミュージシャンを招いてレコーディングされた、丸山圭子初の海外録音盤。

『KEIKO~丸山圭子ベスト・アルバム』(1978年発表)初CD化
前作から5ヶ月足らずで発売した初のベスト・アルバムで、キング在籍中最後の作品。オリジナル4作品からシングル曲、アルバム収録曲で構成。

また、丸山圭子は山口百恵・岩崎宏美・桜田淳子・谷村有美など他のアーティストへの楽曲提供も多い。後進の育成にも積極的に取り組んでおり、現在では洗足学園音楽大学客員教授も務めている。

丸山圭子オフィシャルサイト
http://www.keikomaruyama.net/

 

【リリース情報】

『黄昏めもりい』
NOW ON SALE!
KICS-91750 / ¥2,500円 (tax in)



『春しぐれ』
NOW ON SALE!
KICS-91751 / ¥2,500円 (tax in)



『MY POINT OF VIEW』
NOW ON SALE!
KICS-91752 / ¥2,500円 (tax in)



『裸足で誘って』
NOW ON SALE!
KICS-91753 / ¥2,500円 (tax in)



『KEIKO~丸山圭子ベスト・アルバム』
NOW ON SALE!
KICS-91754 / ¥2,500円 (tax in)


学ラン姿でダンス・映像・コントなどを展開するダンスカンパニー、コンドルズ。
3月23日より、世田谷パブリックシアターで、コンドルズtour 2012春「狼たちの午後」を上演する。
今回の作品は、世田谷パブリックシアターが1997年の会場以来、こどもたちにとって身近な劇場、遊べる劇場、楽しい劇場となることを目的に、良質の舞台作品を制作・上演してきた「こどもの劇場」シリーズの一環として上演。
2010年3月にコンドルズがはじめてそのシリーズとして手掛けた舞台『狼たちの午後』は、「赤ずきんちゃん」や「三匹の子豚」をモチーフに、ダンスはもちろん生演奏、人形劇、映像、コントを織り交ぜて、子どもから大人まで誰もが楽める作品として、大好評を博した。

そして今回更にパワーアップして2年ぶりに、『狼たちの午後』 東京公演を開催!!

世田谷パブリックシアター
こどもの劇場2012『狼たちの午後~Hungry Like a Wolf~』

【日程】 2010年3月23日(金)~27日(火)
開演時間 :23日、26日、27日:19:00 / 24日、25日:14:00
※開場は開演の30分前

【会場】 世田谷パブリックシアター

【チケット料金(全席指定/税込)】
一般:S席4,500円 / A席3,000円
4歳~高校生:一般料金の半額(当日要年齢確認)

世田谷区民:S席4,200円(前売のみ)
U24:一般料金の半額(枚数限定・要事前登録)

※4歳未満の方のご入場はご遠慮ください。
※託児サービス、車椅子スペースあり。

【構成・映像・振付】近藤良平
【出演】青田潤一/石渕聡/オクダサトシ/勝山康晴/鎌倉道彦/ぎたろー/古賀剛/小林顕作/スズキ拓朗/田中たつろう/橋爪利博/平原慎太郎/藤田善宏/山本光二郎/近藤良平

【スペシャルゲスト】
23日(金)白井晃  24日(土)/25日(日)安田美沙子
※そのほか決定次第、劇場HPにて発表   

詳しくはオフィシャルページまで

3月7日にアルバム先行シングル「Rock you! / おんなじキモチ -YMCK REMIX-」、3月14日(水)に2ndアルバム『Limited addiction』をリリースする5人組ガールズグループ“東京女子流”。

勢いづく彼女たちの待望の2ndライブツアー「東京女子流 2nd JAPAN TOUR 2012~Limited addiction~」が、全国6ヶ所、ツアーファイナルは日比谷野外音楽堂と昨年末の中野サンプラザよりもさらに大きな会場で開催される。

今まで彼女たちが訪れたことのなかった、北海道・札幌を皮切りにスタートする全国ツアーは、4月30日(月・祝)札幌、5月4日(金・祝)大阪、5月6日(日)仙台、5月12日(土)名古屋、5月13日(日)福岡と行い、最終日となる5月20日(日)東京・日比谷野外音楽堂のみ、「CONCERT*03『Rock you!』」というタイトルが付いており、ライブハウスツアーとは違ったコンサート扱いで開催される。

「CONCERT*01『銀河劇場』」、「CONCERT*02『中野サンプラザ』」に続く流れということで、過去2回のコンサートで生バンドが登場した東京女子流コンサートへの期待は高まるばかり。そのツアーの先行チケット予約が無料のファンクラブ「アスタライト*」でスタート。

そして、待望のアルバムのジャケット写真が解禁!ロイヤルブルーに黒のコルセットで、東京女子流らしい人形っぽい衣装が特徴的な可愛いジャケットに仕上がっている。収録曲も「Limited addiction」や「Liar」、バニラビーンズをfeat.した「眩暈」ほか、先行シングル「Rock you!」含め注目曲が満載。

【ライヴ情報】
東京女子流 2nd JAPAN TOUR 2012~Limited addiction~
4月30日(月・祝) 札幌 cube garden
5月4日(金・祝) 大阪 梅田クラブクアトロ
5月6日(日) 仙台 RENSA
5月12日(土) 名古屋 E.L.L
5月13日(日) 福岡 BEAT STATION

東京女子流 2nd JAPAN TOUR 2012~Limited addiction~
CONCERT*03 『Rock you! 』
5月20日(日) 東京 日比谷野外音楽堂

 

 

【リリース情報】

大注目の2ndアルバム
『Limited addiction』
エイベックス
【初回限定盤(+DVD)】:AVCD38435/B
¥4,200(tax in.)
※(+DVD):AVCD38436/B ¥3,990
通常盤:AVCD38437 ¥3,150
03.14 ON SALE!



東京女子流オフィシャルサイト
http://tokyogirlsstyle.jp/index.html

現在発売中のセカンドシングル「フィルム」がオリコンウィークリーチャート初登場4位を記録するなど話題となっている星野源の新曲が資生堂アネッサ2012 CMソングに決定した。

同CMには、これまでBONNIE PINKやケツメイシ、土屋アンナなどのアーティストが起用され、数々のヒットを生み出してきた。テレビCMは4月下旬から放送を予定しており、昨年に引き続き蒼井優が出演している。

現時点で楽曲のリリースは未定。

資生堂アネッサHP  http://www.shiseido.co.jp/anessa/
アーティストHP http://hoshinogen.com/
SPEEDSTAR RECORDS HP

http://www.jvcmusic.co.jp/speedstar/-/Artist/A023121.html

SISTER JET、JET ROCK RADIO開局

SISTER JETがニコニコチャンネルでJET ROCK RADIOを開設。眠れないROCK KIDSの為のJET ROCK RADIO開局する。

この番組はSISTER JETメンバーが自ら企画制作を行い、眠れないROCK KIDSの為に毎週不定期に生配信する予定。リアル書き込みをもとに即興曲作り、チャレンジ企画、 彼らの音楽以外の魅力も面白可笑しく放送する予定。初回配信は2月24日。

 

初回放送では、先日までSISTER JET OFFICIAL HPでリスナーからの17歳写真を募集し構成した新曲「17(Seventeen)」MVを初公開。番組内でメンバーから㊙発表もある。

 

限りなくブルーに近い透明なJET ROCK RADIO
初回配信日時:2/24(金)21:00~
 http://ch.nicovideo.jp/channel/felicity
 

SISTER JET
<運命なんて変えろ!ツアー >

2/27(月)千葉 LIVE SPOT LOOK
3/1(木)札幌BESSIE HALL
3/2(金)旭川CASINO DRIVE
3/4(日)浜松MESCALIN DRIVE
3/6(火)横浜Club Lizard
3/9(金)福岡DRUM SON
3/10(土)長崎DRUM Be-7
3/11(日)熊本 DRUM Be-9 V2
3/13(火)心斎橋 Live House Pangea
3/14(水)神戸 太陽と虎
3/15(木)岡山 CRAZY MAMA 2nd Room
3/18(日)京都MOJO
3/20(火・祝)名古屋 CLUB ROCK'NROLL
3/22(木)盛岡Club Change
3/23(金)仙台PARK SQUARE

<DJサーキット>
3月9日(金)福岡 KIETH FLACK
OPEN 18:00 / CLOSE 1:00
ADV:1500yen/1drink order,DAY:2000yen/1drink order
※先着30名様にドリンクチケットプレゼント!!
GUEST DJ:SISTER JET/CHIKI CHIKI BROTHERSTSUBASA
DJ:SHOTA-LOW/DANAHA/KAZUKI/GUNK/KOSEI/YUMA
KIETH FLACK 092-762-7733 http://www.kiethflack.ne
3月13日(火)大阪@CLUB STOMP
『HONEY BEE PARTY
OPEN/START:21:00
TICKET:¥12.00+1drink¥500
GUEST DJ:SISTER JET
DJ:Yugo Fujita & Ryuichi Akamine,/erimews,/ ONU
GUEST  LIVE
negy(band)
3月16日(金)岡山@CAFÉ MUSIQA
『LIVE A LIVE Vo.1』
OPEN/START 21:00
TICKET:¥1500(1Drink)
GUEST DJ:SISTER JET
DJ:長門有希宏(fromシリカ)/CHIBAKENKNDOetc...
3月23日 (金)仙台 @DINING BASE fam
『tiny boredom EXTRA
OPEN & START 22:00
ADV:¥2,000/1drink
GUEST DJs from TOKYO:SISTER JET/加藤 直樹
[DJs]:稲葉 達哉/IPPEI/SASADA/carl/sakko/山内 健/KUMA

 

SISTERJETのそれ行け!カバーボーイ

/blog/coverboy/

公式HP

http://www.sisterjet.com/

 

 

 

先日12年ぶりのリリースとなるニューシングルを発表することがわかったLUNA SEA。その楽曲タイトル、ジャケット写真、その楽曲を5.1chでどこよりも早く堪能できるイベントの開催が発表された。これは先日、新曲リリースの発表も行われたLUNA SEAのオフィシャルサイトで21日の午前0時にサイトのリニューアルと共に告知された内容で、同サイトではリリース発表後にカウントダウンが再び始まっていたが、そのゼロカウントがこのタイミングだった。

そうしたカウントダウンもありファン注視の中で発表された楽曲タイトルは「THE ONE - crash to create - 」。そしてすでに発表されていた形態ごとのジャケット写真も同時に発表され、それは宇宙空間をバックに燦然と輝く満月を模したものですべての形態がほぼ同様の図案となっている。

さらに、壮大なスケールで構築された22分以上の作品で、5.1chのミックスが施されているという今作をどこよりも早くフルスペックで堪能できる試聴会イベントが3月8日に東京・豊洲のユナイテッド・シネマ豊洲にて開催されることも発表された。「FULL MOON CONTACT “THE ONE”」と題されたこのイベント。わずか30人の抽選招待制なので高倍率は必死のイベントとなりそうだ。

しかしうれしいことにこの試聴会が同時にニコニコ動画・USTREAMでも完全生中継されるということで、2ch環境下とは言え、このイベントに参加できなくとも同タイミングでこのケタ外れのシングル曲を堪能できるということだ。3月8日は満月の夜。この日は日本中、いや世界中でLUNA SEA の新たな旋律が注目される夜となりそうだ。ニコニコ動画ではこのイベントをラストのパートとする22時間の大型特番の放送も決定している。

いよいよ発売日まで1ヶ月となったLUNA SEAの新曲「THE ONE - crash to create - 」。その全貌は3月8日に初めてお披露目されるが、この後も発売日までにうれしい発表が続きそうだ。

 

【リリース情報】
 

New Single

「THE ONE - crash to create - 」

2012.3.21 ON SALE!

・ノーマルCDバージョン
【CD】YICQ-10229 ¥1,260 (tax in)
・ハイ・クオリティCDバージョン (高音質ステレオ音源)
【HQCD】YICQ-10228 ¥1,575 (tax in)
※通常のCDプレーヤーで再生可能です。
・5.1chサラウンドCDバージョン (高音質5.1chサラウンド音源)
【SACD-Hybrid】YICQ-10227 ¥1,890 (tax in)
※5.1chサラウンド音源の再生にはSACDプレーヤーが必要です。
※通常のCDプレーヤーでも再生可能です。
・アナログ盤サイズ 豪華パッケージバージョン
【全バージョン(CD+HQCD+SACD-Hybrid)入り3枚組】YIZQ-10224~6/B ¥8,800 (tax in)
[封入特典] 歌詞入りクリアボード / 5.1chサラウンド音源DVD
※数量限定盤 / アナログ盤サイズ豪華パッケージ
※5.1chサラウンド音源DVDは動画ではなく静止画の音源のみの収録となります。

 

【イベント情報】
LUNA SEA「THE ONE-crash to create-」特別試聴会開催決定!!
FULL MOON CONTACT“THE ONE”


完全抽選限定30人ご招待!!!
日時 :3月8日 21時より予定 場所 : ユナイテッド・シネマ豊洲(東京)
唯一映画館の5.1chの環境で試聴できるチャンス!!

【応募方法】
郵便はがきに住所・氏名・年齢・電話番号を明記の上、注意文をお読みになった上で、2月28日必着にて以下にご応募ください。追って事務局より、当選者の方にのみ、はがきの発送をもってご案内をお送りさせていただきます。
【ご注意】
※お預かりした個人情報につきましては賞品の抽選・発送・ご当選の連絡にのみ使用いたします。お客様の個人情報を、お客様の同意なしに業務委託先以外の第三者に開示・提供することはございません(法令等により開示を求められた場合を除く)。お客様の個人情報はエイベックス・エンタテインメント株式会社にて適切に管理させていただきます。
※ご当選の権利はご当選者様本人に限り、他人への譲渡、現金へのお引き換え、返品はお受けできません。
※当日会場までの交通費、宿泊費などは全てご当選者様のご負担となります。
※イベント終了時間は22時頃を予定しております。
【応募先】
〒107-0062 東京都港区南青山 3-1-30
エイベックス・エンタテインメント株式会社  LUNA SEA試聴会係
(問)エイベックス・マーケティング株式会社  0120-85-0095(平日11:00~18:00)

 

LUNA SEA オフィシャルサイト
http://www.lunasea.jp/

先日、斉藤和義がこれまでにライブやレコーディングで愛用してきたギターをオークションにかけ、その落札金でなるべく多くのアコースティック・ギターを新たに購入し、被災地の小・中学校へ届けようというギターオークションプロジェクトが発表となったが、そのオフィシャルサイトが正式に立ち上がりオークションの開催期間など詳細が明らかになった。

斉藤和義が立ち上げたギターオークションプロジェクトのオフィシャルサイトが正式にオープンし、その詳細が明らかになった。

タイトルは昨年4月に一ヶ月かけて毎週金曜日に計5回行った『斉藤和義 on USTREAM “空に星が綺麗”』にちなんでいる。このUSTREAM生ライブは被災地へ義援金を募ることを目的としたチャリティーライブで、この際の義援金については、斉藤和義とも大変縁も深い、伊坂幸太郎原作『フィッシュストーリー』『ゴールデンスランバー』『ポテチ』などの映画化を手がけた制作会社ダブ、さらには気鋭クリエーター箭内道彦氏が福島民報社と立ち上げたWEBと活字で福島を支援するプロジェクト“THE HUMAN BEATS”を通じ被災地へ届けられている。

また、オークションの開催期間については、2/26(日)からの1週間と3/11(日)からの1週間の計2回に分けて実施。斉藤自身がライブやレコーディングで愛用してきたギター12本以外にも、昨年実施されたUSTREAMライブで本人が着用した衣装や、アルバムプロモーション用に制作された未発売の直筆サイン入りTシャツ、また斉藤が音楽で深く関わった映画「ゴールデンスランバー」や「フィッシュストーリー」の台本に中村義弘監督と斉藤の直筆サインが入れたものなども出品される。

斉藤和義『空に星が綺麗』ギターオークション~被災地の学校へギターを~
http://www.jvcmusic.co.jp/saito/guitar/

今年デビュー10周年のアニバーサリーイヤーを迎え、国内での音楽活動再開とレコード会社の移籍を先日発表し、大きな話題を集めているMEG。活動再開第一弾として4月25日にリリースするアルバムの詳細が明らかになった。

今作は、フランスでのリリース曲(日本国内未発表曲)に、新録曲を加えた全10曲を収録。日本とフランスを結ぶ曲をテーマに、新旧アニメーションソングを中心に収録したコンセプトアルバムとなる。

昨年、国内での音楽活動を休止し、日本とフランスを行き来しながら、ファッションと音楽の面でフランスでの活動を中心に行なっていたMEG。「実際に何度もイベントに参加してみて、ステージをみるというよりは、一緒に歌ってたのしみたい、というお客さんが多いように感じました。はじめましてのお客さんともいきなりライブをたのしめることをテーマに」という想いから制作していた、と今回の選曲についてコメントしている。

6ヶ月連続でリリースされてきた楽曲は、フランス国内でしか購入できないことから、日本のファンからもリリースを求める声が多く寄せられ、その反応を受け、スネオヘアーやももいろクローバーZなどが所属する大手レコードレーベル・スターチャイルドが名乗りを挙げ、移籍とともに今回のリリースが急遽実現したかたちとなった。

タイトルは「LA JAPONAISE」。水樹奈々の「DISCOTHEQUE (from“ロザリオとバンパイア”) 」や、荒井由実の「ルージュの伝言 (from“魔女の宅急便”)」、TOM★CATの「TOUGH BOY (from“北斗の拳2”)」 など全10曲を収録。中田ヤスタカ、小西康陽、小室哲哉、the telephones など、MEGならではの豪華なコラボレーションが実現している。

 

本コンセプトアルバムリリースの後は、5月23日に待望のオリジナル楽曲となるニューシングル、そして、6月23日には初のワンマンパーティーを開催した会場 渋谷AXにて、10周年イヤーの幕開けを記念した1夜限りのスペシャルライブパーティーを開催することが決定している。MEGのワンマンパーティーでは毎回恒例となっているスペシャル特典付き「VIPチケット(FIRST CLASS PASS / BUSINESS CLASS PASS / 各2万円)」はファンクラブ・オフィシャルサイトのみの限定として抽選受付を行なったところ、設定されている枚数に対し応募が殺到し、当選倍率は、以前の33倍を上回る42倍と、まさにスーパープレミアムチケットとなっている。

 

リリース、そしてライブと続き、国内での久しぶりの音楽活動再開に、大きな注目が集まる。

 


Release Info
MEG コンセプトアルバム
「LA JAPONAISE
2012.4.25 ON SALE
価格:2,500円(税込)
品番:KICS-1763
【収録楽曲】
「ルージュの伝言」(“魔女の宅急便”)荒井由実
Produced by 小西康陽 
「Still Love Her (失われた風景)」(“CITY HUNTER 2”)TM NETWORK
Produced by 小室哲哉 
「Wind」(“NARUTO –ナルト-“)Akeboshi
Produced by The Shanghai Restoration Project 
「DISCOTHEQUE」(“ロザリオとバンパイア”)水樹奈々
Produced by 田中ユウスケ
「バナナの涙」(“ハイスクール!奇面組”)うしろゆびさされ組
Produced by 田中ユウスケ
「TOUGH BOY」(“北斗の拳 2”)TOM★CAT
Produced by the telephones
「もってけ!セーラーふく」(“らき☆すた”)
泉こなた(平野綾)、柊かがみ(加藤英美里)、柊つかさ(福原香織)、高良みゆき(遠藤綾)
Produced by 2 ANIMEny DJs (ミト from クラムボン&牛尾憲輔from agraph/LAMA )
「黒ネコのタンゴ(原題:VOLEVO UN GATTO NERO)」(“ノラゲキ!”)
Produced by 中田ヤスタカ(capsule)
「BELIEVE」(“ONE PIECE”)Folder 5
Produced by THE LOWBROWS
*参加プロデューサー五十音順
ボーナス・トラック
「Comment te dire adieu」Françoise Hardy
Produced by 曽我部恵一

MEG NEW SINGLE
2012.5.23 ON SALE

Live Info
MEG「10TH ANNIVERSARY PARTY "Arrivée"」
2012年6月23日(土)
SHIBUYA-AX
OPEN 17:00 / START 18:00
チケット料金:
FIRST CLASS PASS:20,000円 (1階最前列スタンディング・1D別・税込)
BUSINESS CLASS PASS:20,000円 (2階最前列指定席・1D別・税込)
PREMIUM STANDARD PASS:10,000円 (1階スタンディング・2階指定席 / 会場限定Tシャツ付・1D別・税込)
STANDARD PASS:5,000円 (1階スタンディング・2階指定席 / 1D別・税込)
※「FIRST CLASS PASS」「BUSINESS CLASS PASS」はすでに完売しています。
チケット一般発売日:2012年5月19日(土)
問)DISK GARAGE 03-5436-9600(weekday12:00~19:00)
【備考】
※ドレスコード有:モノトーン

MEG WEB : http://megweb.jp/
スターチャイルドHP:http://www.starchild.co.jp/artist/meg/

 

「EMI ROCKS 2012」盛況

一昨年の2010年11月にEMIミュージック・ジャパン設立50周年を記念して行われた「EMI ROCKS」の第2回目が2月19日にさいたまスーパーアリーナにて、1万6000人を集めて開催された。

出演アーティストは、赤い公園、ACIDMAN、9mm Parabellum Bullet、清 竜人、The SALOVERS、James Iha、ストレイテナー、the telephones、東京事変、Base Ball Bear、雅-MIYAVI-、吉井和哉、H ZETT M、KREVA、片平実(DJ)、Riceball 改め the peggies (REVOLUTION ROCK vol.2 グランプリ受賞)の16組。

多くの話題に富んだイベントとなった。元Smashing Pumpkins のJames Ihaが、「EMI ROCKS」に初めての海外アーティストとして出演、ソロとして初のライブを日本で披露。彼は3月14日にセカンドアルバム『Look To The Sky』をリリースする。また、雅-MIYAVI-のステージに、EMI以外のレーベルから初出演となるKREVAとH ZETT Mがシークレットゲストとして登場。昨年10月にMIYAVI vs KREVA名義でシングル「STRONG」をリリースしたが、今回のステージで初共演となった。

東京事変は、今年2012年2月開催のアリーナツアー(2/14,15 横浜アリーナ、2/21,22 大阪城ホール、2/28,29 日本武道館)をもって解散することを発表しており、バンドとしてのイベント参加は今回が最後であった。

吉井和哉は、9mm Parabellum Bulletとの「EMI ROCKS」限定のスペシャル・コラボレーションで出演。EMI所属であったBOφWYの楽曲のメドレーなど、もう観ることができないであろう特別なセットリストを披露し、会場を盛り上げた。

EMI ROCKS Sessionとして、The Beatlesの楽曲「ALL YOU NEED IS LOVE」を9mm Parabellum Bulletの演奏で、赤い公園、ACIDMAN、The SALOVERS、ストレイテナー、the telephones、東京事変、雅-MIYAVI-、吉井和哉らが参加し、9時間に及ぶイベント「EMI ROCKS 2012」のフィナーレを飾った。

レコード会社単独で行うロックフェスとしては最大級となる「EMI ROCKS 2012」は二度目となる今回も大盛況となり、今後にも期待をもたせるものとなった。

 

 

EMI_ROCKSmain.jpg

「EMI ROCKS」
2012年2月19日(日)

さいたまスーパーアリーナ
主催:EMIミュージック・ジャパン

出演アーティスト(16組)
赤い公園、ACIDMAN、9mm Parabellum Bullet、清 竜人、The SALOVERS、James Iha、ストレイテナー、the telephones、東京事変、Base Ball Bear、雅-MIYAVI-、吉井和哉、H ZETT M、KREVA、片平実(DJ)、Riceball 改め the peggies (REVOLUTION ROCK vol.2 グランプリ受賞)

今年のグラミー賞にて、初ノミネートにして主要部門である最優秀新人賞を含む2冠を勝ち取り、現在大きな話題となっているボン・イヴェール。

世界中から熱い注目が集まる中、最新のスタジオ・ライヴ映像が公開された。これはボン・イヴェールの所属レーベルである米Jagjaguwarと英4ADのコラボレーションによって制作されたスタジオ・ライヴ。

アルフレッド・ウォーターハウス(ロンドン自然史博物館の設計者)によって1880年に教会として設計された建物を改装した、ロンドンAIRスタジオのリンドハースト・ホールにて収録され、“Jagjaguwar/4AD session from AIRstudios”とタイトルされた。

通常は11人編成で行われるツアーでのライヴと大きく異なり、今回はボン・イヴェールことジャスティン・ヴァーノンと、ボン・イヴェールのドラマーであるシンガーソングライターのショーン・キャリーのふたりが、向かい合う2台のグランドピアノでセッションするというユニークな編成で行われたこのスタジオ・ライヴ。アルバム『ボン・イヴェール』からの楽曲はもちろん、「Blood Bank」EPからのトラックやボニー・レイット「I Can’t Make You Love Me」のカバーなど、粒ぞろいの名曲5曲を、ピアノとヴォーカルのみという、シンプルながら力強いアレンジメントで披露している。

グラミー賞最優秀新人賞を受賞し、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いのボン・イヴェール。初の来日公演が待ち望まれるなか、まずはこちらの映像で、世界が絶賛するボン・イヴェールによる唯一無二の世界観を堪能したい。

Jagjaguwar/4AD session from AIR studios
http://www.youtube.com/boniver

トラックリスト
1. Hinnom, TX
2. Wash.
3. I Can't Make You Love Me
4. Babys
5. Beth/Rest

Director: Iain Forsyth & Jane Pollard
Recording and Mixing: Jake Jackson with Brian Joseph, Air Studios

 

【リリース情報】
最優秀オルタナティヴミュージック・アルバム賞受賞
『ボン・イヴェール(デラックス・エディション)』
Jagjaguwar / Hostess
JAG135J (流通品番:HSE-60067)
¥2,200(tax in.)
ON SALE!


http://hostess.co.jp/boniver

マニック・ストリート・プリーチャーズが結成から20年の軌跡をセットリストで再現するライブを日本で行う。


昨年リリースされたコンプリート・シングル集『National Treasures/ナショナル・トレジャーズ』に収録されている(日本盤ボーナス・トラックを除く)全楽曲38曲を2夜に分けたスペシャルなステージ。イギリス以外でこのショウを見れるのは現時点で日本のみ。日本のファンのために用意された。

 

5月17日(木)と18(金)の 新木場スタジオコースト。全マニックスファン必見の内容となる。


1st Night 5月17日(木) 新木場スタジオコースト
*予定セットリスト

1.Motown Junk - (Heavenly) 1990

2.Stay Beautiful - Generation Terrorists 1991

3.Love's Sweet Exile - Generation Terrorists 1991

4.You Love Us - Generation Terrorists 1992

5.Slash 'N' Burn - Generation Terrorists 1992

6.Motorcycle Emptiness - Generation Terrorists 1992

7.Suicide Is Painless - Theme From M*A*S*H 1992

8.Little Baby Nothing - Generation Terrorists 1992

9.From Despair To Where - Gold Against The Soul 1993

10.La Tristesse Durera (Scream To A Sigh) - Gold Against The Soul 1993

11.Roses In The Hospital - Gold Against The Soul 1993

12.Life Becoming A Landslide - Gold Against The Soul 1993

13.Faster - The Holy Bible 1994

14.Revol - The Holy Bible 1994

15.She Is Suffering - The Holy Bible 1994

16.A Design For Life - Everything Must Go 1996

17.Everything Must Go - Everything Must Go 1996

18.Kevin Carter - Everything Must Go 1996

19.Australia - Everything Must Go 1996


2nd Night 5月18日(金)新木場スタジオコースト
*予定セットリスト

20.If You Tolerate This Your Children Will Be Next - This Is My Truth Tell Me Yours 1998

21.The Everlasting - This Is My Truth Tell Me Yours 1998

22.You Stole The Sun From My Heart - This Is My Truth Tell Me Yours 1998

23.Tsunami - This Is My Truth Tell Me Yours 1998

24.The Masses - Against The Classes 2000

25.So Why So Sad - Know Your Enemy 2001

26.Found That Soul - Know Your Enemy 2001

27.Ocean Spray - Know Your Enemy 2001

28.Let Robeson Sing - Know Your Enemy 2001

29.There By The Grace Of God - Forever Delayed 2002

30.The Love Of Richard Nixon - Lifeblood 2004

31.Empty Souls - Lifeblood 2004

32.Your Love Alone Is Not Enough - Send Away The Tigers 2007

33.Autumnsong - Send Away The Tigers 2007

34.Indian Summer - Send Away The Tigers 2007

35.(It's Not War) Just The End Of Love - Postcards From A Young Man 2010

36.Some Kind Of Nothingness - Postcards From A Young Man 2010

37.Postcards From A Young Man - Postcards From A Young Man 2010

38.This Is The Day - 2011 (cover song of The The)


Open18:00/Start19:00
チケット|1day ticket \7,000(税込・オールスタンディング/別途1ドリンク)
2day ticket(限定枚数) \12,500(税込・オールスタンディング/別途1ドリンク)
チケット一般発売日:3/10(土)~
<問>クリエイティブマン Tel: 03-3462-6969
企画・制作・運営・招聘:クリエイティブマンプロダクション

http://www.creativeman.co.jp/artist/2012/05manics/

Administrator 解散を発表

2008年に結成にされた4人組ビジュアル系ロックバンドAdministratorが解散とラストワンマンライヴの開催を発表した。

今回の解散発表に当たり、オフィシャルサイトにてメンバーからのメッセージが公開されている。
最後となるワンマンライヴは5月4日(金)高田馬場AREAにて行われる。
タイトルは「trident in the Ace act ZERO」。
彼らが見せる全力の、そして最後のAdministratorを見届けて欲しい。


【ライブ情報】
Administrator Last Oneman Live
「trident in the Ace act ZERO」

5/4(金・祝)高田馬場AREA
時間:OPEN 16:30 / START 17:30
料金:前売3,000円(D代別)/当日3,500円(D代別)
チケット:2月25日(土)発売
ローソンチケット http://l-tike.com (Lコード:未定)
問い合わせ:高田馬場AREA 03-3361-1069

Administrator オフィシャルサイト 
http://administrator-web.com/

 

栗山千明が14日、東京・渋谷のタワーレコード渋谷店B1「STAGE ONE」で、1月11日に発売されたアルバム『CIRCUS Deluxe Edition』(デフスターレコーズ)の発売を記念して、「バレンタインプレミアムライブ」を行った。アルバム購入者を対象にした限定150人を招待してのプレミアムライブ。

 「『コールドフィンガーガール』と『おいしい季節』のカッコいいイメージと、可愛いイメージのいいとこどり」をしたという、黒いノースリーブのベストに黒い羽根のついたスカートで登場した栗山は、『ルーレットでくちづけを』でライブをスタート。自然と、観客がライブハウスのようなタテノリになってくると、本人も、体をスゥイングさせたりなどノリノリ。途中、「ちあきー」と声がかかるなどの大声援もあり、終始大盛り上がりのLIVEとなった。

途中のMCでは、ファンから「バレンタインの思い出」を聞かれ、バレンタインデーの思い出は、「小さいときにお兄ちゃんにチョコあげるのをドキドキしてました」と、照れながら言うと、会場から、「可愛いー」と、いう声が上がった。

2011年11月23日に発売された椎名林檎作詞・作曲・プロデュース第2弾の5thシングル『月夜の肖像』などを中心に計6曲を熱唱し、最後には、「今年も歌う機会を作っていきたい。皆様の力でツアー出来たら」と、意欲的に語った。

ライブ後の感想は、「今回6曲歌ってみて、今まで(2曲ほどしか)歌う機会がなかったので、とても緊張しました。終わってみると、もっと歌いたかった。もっと歌える。ちょっと名残惜しいですね」と、本人的には、次への意欲を引き出すライブとなった。

また、ニューアルバムについては、「このアルバムを聴いてもらえれば、今まで私の音楽活動を知ってもらえます、いろいろなアーティストの方々にプロデュースして頂き、参加して頂いているので、そこを楽しんでいただきたい」、また今後の音楽活動については、「ライブが楽しかったので、曲を出しつつ、ライブに力いれていきたい」と語った。

女優としても、「毎回、ちゃんとしたハードルをいただけているし、それをこなして成長していっているところをみていただきたいです」と述べ、今後も歌手活動と女優活動の両方に力を入れていくようだ。

【セットリスト】
ルーレットでくちづけを
月夜の肖像
MC
コールドフィンガーガール
口にしたLOVE
MC
青春の瞬き
MC
おいしい季節

 

 

http://www.chiakikuriyama.net/

SMAPの新曲「さかさまの空」が、2012年4月2日よりスタートするNHK朝の連続テレビドラマ小説「梅ちゃん先生」の主題歌に決定した。

このドラマは、堀北真希演じる下村梅子が、町医者として戦後の激動の中を生き抜いていくストーリーとなっている。

立ち止まることなく前へと進み続けるSMAPは、2011年9月9日に西武園イベントでデビュー20周年を迎えたあとも、北京工人体育場にてSMAPとして初の海外公演、さらに斉藤和義作詞・作曲による46枚目のシングル「僕の半分」リリースと国内外を問わず精力的な音楽活動を続けてきた。

一方で東日本大震災の復興支援にも積極的にとりくむ姿勢をみせるなど、一つとして手を抜くことなく懸命に取り組み活動してた。また、その模様を密着取材したNHKドキュメンタリー番組「プロフェッショナル 仕事の流儀 挑み続ける5人の全て」が番組歴代最高視聴率を記録し、年末に改めて拡大版が放映されるなど大きな反響を呼んでいる。

そんなSMAPが2012年最初に世に送り出す新曲「さかさまの空」は、麻生哲朗作詞、菅野よう子作曲・編曲による朝に相応しい爽やかなナンバー。躓いても前を向いて立ちあがろうとする女性を応援する曲となっている。この楽曲が朝の連続テレビ小説「梅ちゃん先生」の主題歌として起用される事が決定。朝の連続テレビ小説の主題歌は、SMAP初となる。

楽曲起用についてNHK番組プロデューサーの岩谷可奈子さんは、「連続テレビ小説『梅ちゃん先生』の主題歌を、SMAPのみなさんが歌います。デビューから20年、日本のエンターテインメント界を牽引し、多くのファンを笑顔にしてきた彼らの歌声が、一日のスタートを笑顔にしてくれると確信し、お願いすることになりました。周りの人々に支えられながら、医師となり地域医療を目指していくヒロイン・梅子を、そしてドラマをご覧いただいている全ての方への応援歌になっています。「一歩ずつ」未来へ進んでいく梅子とともに、この歌が半年間、番組をご覧いただくみなさんの力に少しでもなれたらと願っています。」
とコメント。

また、SMAPメンバー木村拓哉さんは、「さかさまの空」が連続テレビ小説の主題歌に起用される事を受け、「今回、『主題歌』と言う形で参加出来て嬉しいです。沢山の方達の朝のひと時が少しでも温かい気持ちになって頂けたらと思います。」とコメントしている。

ドラマの世界ともシンクロしたSMAPの新曲「さかさまの空」が、NHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」と共に日本を応援する。

【新曲情報】
タイトル「さかさまの空」
作詞:麻生哲朗
作曲・編曲:菅野よう子

昨年5月から日本テレビ「NEWS ZERO」のテーマソングとしてオンエアーされている「IF YOU WANT」が、3月14日(水)にシングルリリースされる。

同曲は氷室が「NEWS ZERO」の為に書き下ろした楽曲で、そのレコーディングの最中に活動拠点であるロサンゼルスのスタジオで震災のニュースを見て愕然とし、自らが出来る事として、被災地をはじめ今の日本に捧げる歌として急遽歌詞を書き換えて完成させた。実に14年振りに作詞を行った氷室曰く、「逆境があってもそれを乗り越える強さをこの曲に込めた」と語っている。

カップリングにはアコースティック・ギター・プレーヤーとして名高い押尾コータロー氏を迎え、「IF YOU WANT」のアコースティック・バージョンを収録。押尾氏の繊細なアコースティック・ギターの音色に新たにレコーディングされた氷室の歌声は、オリジナル・バージョンとはまた趣の違う響き方で、歌詞に込められたメッセージが聴くものの心に優しくも深く沁み込むアレンジとなっている。

そして、さらにスペシャルトラックとして、昨年6月に東京ドームで行われた「東日本大震災復興支援チャリティライブ KYOSUKE HIMURO GIG at TOKYO DOME "We Are Down But Never Give Up!!」より、「ON MY BEAT」のライブ音源を収録。「心まで潰されちゃたまんねーぞ!!」という力強いメッセージから始まるこのライブトラックで、「IF YOU WANT」と同じく「逆境があっても(自分を信じて)それを乗り越える強さ」を感じて欲しいということからスペシャルトラックとして収録が決定した。また初回生産分に限り、「IF YOU WANT」のスペシャルMOVIEをWEBストリーミング視聴できる【URL&パスワード】が封入されている。こちらも是非チェックして頂きたい。(スペシャルMOVIE視聴期間〜2012年3月31日まで)

尚、本作品の販売により発生する氷室京介本人の著作権料は全額、著作権管理団体JASRACが行っている【東日本大震災復興支援基金「こころ音」基金】に拠出されることが決まっている。


【リリース情報】

日本テレビ「NEWS ZERO」テーマソング
『IF YOU WANT
ワーナー
WPCL-11077
¥1,200(tax in.)
03.14 ON SALE!



ワーナーミュージック・ジャパン
http://wmg.jp/artist/himurokyosuke/
オフィシャルWEBサイト:
WWW.HIMURO.COM
YOUTUBE HIMURO OFFICIAL CHANNEL
http://www.youtube.com/user/HIMUROTV
HIMURO.COM TWITTER
http://twitter.com/#!/HIMURO_COM
Facebook himuro.comページ:
http://www.facebook.com/himurocom

デビュー10周年を迎えた中川翔子が、自身初のアジアツアーを開催する事が決定した。

 

日本で歌手、タレント、女優、コメンテーター、ブランドプロデュースなどマルチに活躍する中川翔子。同時にアニメや漫画、コスプレ、インターネットなどに精通する“ヲタク”でもある。そんな彼女が、日本の“ヲタク文化”を世界に発信し、日本だけでなく世界を元気にすべく初の海外ツアーを行う。

 

2011年12月に中野サンプラザで行った自身のワンマンライブでは、ロックやバラード、アニソンなど2日間で100曲を超すステージを披露。また同月末に幕張メッセで行われた「COUNTDOWN JAPAN 11/12」では開催4日間中一番の入場規制がかかるほどに熱いステージ展開。ファンの客層は男女、年齢、国籍を問わず幅広く、圧巻のライブパフォーマンスは海外にも高い評価を受けていた。そして実現したアジアツアーを皮切るに、アジアのみならず、世界へ向けて日本カルチャーを発信していく意気込みだ。今回はバンドを引き連れて、大好きな香港を含めアジア5カ所6公演を巡る。また、4月には香港政府観光局より「香港観光親善大使」に任命されることも内定した。

<中川翔子コメント>
なんとまさかの地球規模!10周年、ド派手にいくぜ!大好きな香港を始めアジアで、
自分のオリジナルソングはもちろんアニソンも歌いまくり、
歌は世界をつなぐと信じて笑顔で地球を歌い駆け巡ります!!
日本は今頑張って進んでいかなければならない状況だから、
中川翔子としてできること「歌うこと」で世界に日本をアピールできるようあばれてきます!

【公演タイトル】
大家好,我係中川翔子亞洲演唱會―(・∀・)―!!!
日程・開催都市
7/7(土)&8(日) 香港
7/22(日) 台北
8/5(日) シンガポール
8/31(金) 上海
9/2(日) 広州
www.puffinent.com/shoko/

 

 

 

デビュー10周年を迎える熊木杏里が、来週2月22日にアルバム『光の通り道』をリリース。そして、3月には、2012年の“桜”を代表するシングルとなるべく「Love letter ~桜~/桜(コブクロ楽曲のカバー)」をリリースする。そのカップリング楽曲「桜」(コブクロ楽曲「桜」カバー)のプロモーションビデオが完成した。

そのPVの撮影は、日本で最初に桜が咲くのは沖縄の桜の名所今帰仁城址で行われた。沖縄の桜は緋寒桜というピンクの色の濃い種類の桜。曇天だったため、桜の色がさらにきれいに引き立っている。コブクロの名曲「桜」を女性が歌ったときの“やさしさ”に加え、歌の“力強さ”を伝えようと、カット数をできる限り抑えて作った力作となった。

全国の桜の開花に合わせて、熊木杏里が3月7日発売の新曲「Love letter ~桜~」とカップリング「桜」(コブクロカバー)を全国各所に歌いにいく。まずは、スタートとして2月頭に沖縄にいき、プロモーションビデオの撮影と共に、美ら海水族館で開催される花まつりでパフォーマンスを行った。今後、3月は福岡、そして関西~名古屋~関東、そして4月には東北に楽曲「桜」を届けるべく、キャンペーンやイベントを行う予定。そして、全国の開花情報を、熊木杏里のHPなどでも定期的に伝えていき、その地区の名所での桜の模様も実況中継する。
詳細 ⇒ http://kumakianri.jp/sakura/

熊木杏里「桜」(コブクロ「桜」カバー)に関するコメント

昨年の地震後、春。
桜を愛でたりお花見をしたりということが心の自粛によって出来なかった方が日本全国に多くいたと思います。
空を眺めるのも忘れてたとつぶやく人もいました。
私が願うことは歌がいい想い出や未来の景色を胸に咲かせる手助けになること。
そんなことを考えながら「Love letter ~桜~」のレコーディング後、ふとコブクロさんの「桜」を、口ずさんだ自分がいました。
桜を歌で届けたい。 ~花びらの数と同じだけ生きてゆく強さを感じる~
歌いながら歌詞が響いた。
今年の桜が希望になってみんなに届くように一緒に頑張りたいです。

MUSICSHELF 熊木杏里ロングインタビュー&プレイリストを近々公開予定。

 

【リリース情報】

2012年の“桜”ソング決定!
『Love letter ~桜~/桜』
初回限定盤 :WPCL11073
ワーナー
¥1,200(税込)
03.07 ON SALE!



最新アルバム『ボン・イヴェール』が世界各地で絶賛を浴び、一躍現在のアメリカ音楽界を代表するシンガーソングライターとしての人気と評価を確立したボン・イヴェールことジャスティン・ヴァーノン。

本日行われた第54回グラミー賞授賞式にて、ボン・イヴェールが主要部門の一つである最優秀新人賞を受賞しました!加えて最優秀オルタナティヴミュージック・アルバム賞も受賞し、初ノミネートにして主要部門を含む、見事2冠の快挙を成し遂げた。

新鋭独立系レーベル“Jagjaguwar”に所属するインディペンデント・アーティストであるボン・イヴェールによる、この主要部門の受賞は、インディ出身アーティスト花盛りの米音楽界を象徴する、グラミー新時代の幕開けを告げる画期的な出来事として大きな話題を呼んでいる。

最優秀新人賞受賞を受けたスピーチにて、ジャスティン・ヴァーノン本人は以下のように語っている。

「この賞を受け取ることは凄く難しいよ。この会場とステージには、才能溢れるミュージシャンがたくさんいる。そして、今夜ここにはいないミュージシャンのなかにも、本当に素晴らしい才能を持ってる人たちが多くいるからね。僕が曲を作り始めたのは、単に曲を作ることが好きだからだ。だからこの賞を受け取って、ここに立っているのはちょっと気まずい気がするんだよ。
ただ一方で、感謝の意を表したいと思う。ノミネートされた全てのミュージシャン、そしてノミネートはされず、今までこの場所に立ったことがなく、これからも立つことはないだろう全てのミュージシャンに、感謝します。」

「It's really hard to accept this award. Well, there's so much talent out here, like on this stage. There's a lot of talent that's not here tonight.It's also hard to accept because when I started to make songs I did it for the inherent reward of making songs, so I'm a little bit uncomfortable up here.
But with that discomfort I do have a sense of gratitude. I want to say thank
you to all the nominees, all the non-nominees that have never been here and
never will be here.」

ノミネート前の取材にてグラミー賞へ批判的な意見を表明していたことや、他アーティストとのコラボレーションを強要されたくないという理由で、授賞式での演奏を拒否したことも、話題になったボン・イヴェール。「ロックンロールは、スーツを着たヤツらに決められるべきものじゃない」と言っていた彼ですが、見事主要部門を受賞するという快挙を成し遂げた今も、その姿勢に変わりはないようだ。

 

■ バイオグラフィー

米ウィスコンシン州出身のシンガー・ソングライター=ジャスティン・ヴァーノンのソロ・プロジェクトとしてスタート。08年に発表したデビュー・アルバム『フォー・エマ・フォーエヴァー・アゴー』が音楽メディアを中心に話題となり、ロング・ヒットとなる。また、多くのアーティストからも絶賛され、後にカニエ・ウェストがボン・イヴェールの楽曲をサンプリングし話題となった。2011年セカンド・アルバム『ボン・イヴェール』を発表、全米チャート初登場第二位を皮切りに、世界各地で大ヒットを記録する。このアルバムは、各主要メディアに大絶賛をもって迎えられ、年間ベストに軒並みランクイン。そしてついにはアデルやブルーノ・マーズと並んで、第54回グラミー賞にて主要3部門を含む全4部門ノミネートされ、見事最優秀新人賞と最優秀オルタナティヴミュージック・アルバム賞を勝ち取った。

 

 

【リリース情報】
最優秀オルタナティヴミュージック・アルバム賞受賞
『ボン・イヴェール(デラックス・エディション)』
Jagjaguwar / Hostess
JAG135J (流通品番:HSE-60067)
¥2,200(tax in.)
ON SALE!


http://hostess.co.jp/boniver

現在、全国43ヶ所を巡るホールツアー「KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2011-2012“45 STONES”」を行っている斉藤和義が、これまでにライブやレコーディングで愛用してきたギターをオークションにかけ、その落札金でアコースティック・ギターを新たに購入し、被災地の小・中学校へ届けようというギターオークションプロジェクトを立ち上げた。オークションに出品されるギターなどがWEBサイトで発表になった。

 

ニューアルバム『45 STONES』の一番最後のトラックに収録されている『ギター』で斉藤和義は歌う。

 

“淋しい時にはギターを弾こうよ 下手でもいいから 願いを込めて

悔しい涙も 虚しい怒りも 冷たい嘘も 忘れてしまうから”

 

2月11日(土)、12日(日)には3度目にして、自身初となる日本武道館での2DAYS公演を無事に終えたばかりの斉藤はこの武道館でも「ギター」を歌った。

 

ギターを弾くことは決して難しくない。譜面なんて気にしなくていい。自分流でいいのだ。この後も3月31日の故郷栃木・宇都宮市文化会館までまだまだ全国各地を駆け巡る日々だが、引き続き、各ライブ会場でも斉藤和義はこのことを伝えていく。

 

世にもっとギターを、幼い頃から広めたい。そう考える斉藤和義は、これまでに行われてきたライブやレコーディングなどで愛用してきたギター12本をオークションにかけ、その落札金で新たにアコースティックギターを購入し、被災地の小・中学校などへ届ける。

 

現在はプレオープンというこのサイトにて出品されるギター12本の詳細がチェック出来る。実際のオークション開始については、Yahooオークションにて2月末から実施となる。

 

更なる情報などは2月17日(金)に正式オープンの際、発表となる。今後のプロジェクトについてもこのサイトを通じて随時報告されていく。

 

『斉藤和義ギターオークション』オフィシャルサイト

http://www.jvcmusic.co.jp/saito/guitar/

 

吉井和哉の2012年リリース第2弾、年末の武道館LIVEを完全収録した3枚組SPECIAL PACKAGEが急遽4月4日にリリースされることが決定した。

 

昨年11月16日にミニアルバム「After The Apples」をリリースした後、春のツアーで中止となってしまった場所を中心に全9公演を行ったツアー「Flowers & Powerlight Tour 2011 〜born-again〜」も大盛況のうちに終了。自身最多リリース、最長ツアーと吉井和哉の活動的な2011年を12月28日武道館で締めくくった。

 

2012年第1弾、すでにTV-CMで話題になっているPlayStation®3用/Xbox 360®用ゲームソフト「バイナリー ドメイン」テーマソング、「煩悩コントロール」の今週2月15日 配信限定リリースに続き、第2弾リリースとして、この年末ツアーファイナルである12月28日 日本武道館の模様を完全収録された3枚組SPACIAL PACKAGEが完全受注生産限定にて4月4日に緊急リリースされることが発表された。

 

現在判明している内容は次の通りで、完全受注生産限定盤。元々リリース予定ではなかったが、たくさんの評価、ご要望に応えてのリリースとなる。

 

 

【リリース情報】
LIVE DVD+CD

『BLUE APPLES 〜born-again〜』

2012.4.4 RELEASE
DISC1:「Flowers & Powerlight Tour 2011 born-again〜」
(2011.12.28 日本武道館)全21曲完全収録    
DISC2:Video Clip「母いすゞ」「マサユメ」
特典映像(吉井和哉・バンドメンバーのオフ会、2011.12.23 大阪城ホールほか)
DISC3:Bonus Track「Born(OUTTAKE Ver.)-2011.1.13」※スタジオ録音を含む、  ライブ音源(2011.12.28 日本武道館)全9曲収録。
完全受注生産限定盤 2DVD+CD(3枚組):TOBF-5734 ¥6,300(tax in)

※この商品は完全受注生産限定のため、確実に入手するには2012年3月28日(水)までにご予約されることをお勧めします。2012年のツアースケジュールが発表されるフォトカレンダー付。完全受注生産限定スペシャルBOX仕様。

LATEST RELEASE
配信限定シングル「煩悩コントロール」2012.2.15 RELEASE
着うたフル®、着うたフルプラス®、PC配信
PlayStation®3用 / Xbox 360®用ゲームソフト「バイナリー ドメイン」テーマソング
着うた®:2012.1.13 先行配信

FES.
2月19日(日)「EMI ROCKS 2012」さいたまスーパーアリーナ
3月18日(日)「GO! FES 2012」幕張メッセ国際展示場9・10・11ホール

OFFICIAL WEB SITE http://www.yoshiikazuya.com/pc/
EMIミュージック・ジャパン http://www.emimusic.jp/artist/yoshii/

3月28日に発売される安藤裕子の6枚目のアルバム『勘違い』のジャケット写真が公開された。

今回もデザインは本人が手掛け、初めにスタッフに伝えられたイメージは、「(映画の)ブラックスワンみたいな感じ」。水に浮かぶ姿をスポットライトで浮かび上がらせた写真に、本人が蝶の刺繍等の細かいコラージュを施した手の込んだジャケットで、「勘違い」という意味深なタイトルと相まって、新しい世界の始まりを予感させる美しい作品に仕上がっている。水しぶきをあげ、蝶に手を伸ばす、幻想的でミステリアスな安藤の姿も新鮮で必見。

初回限定盤にはスペシャルパッケージ仕様のスリーブが付く事になっている。更に、この公開に合わせ、当初10曲予定だった収録曲数が11曲に増やされることも発表された。

これは、レコーディングは終わっていたもののアルバムでの並びを考え外されていた曲が、オランダから送られてきたベニー・シングスによるMIXで、予想外に全体でのはまりが良い仕上がりとなり、急遽曲順決めの構想に入ってきたためということだ。

 

<ライヴ情報>
安藤裕子 LIVE 2012 「勘違い」
4月30日(月祝) 東京国際フォーラム ホールA
5月5日(土) オリックス劇場(旧 大阪厚生年金会館)

 

 

【リリース情報】

6th ALBUM
『勘違い』
エイベックス
CTCR-14760
¥3,000(tax in.)
03.28 ON SALE!


 
http://www.ando-yuko.com/

ユニコーンの川西幸一(Dr)、手島いさむ(G)、EBI (B)の3人が新たにバンドを発足!

その名も「電大」



3人が広島電機大学(当時の名称)出身(中退含む)という事で付けられたバンド名。

オフィシャルサイトにも (見切り発車!!) と書かれているが
5月下旬にミニアルバムの発売を予定しており
6月~7月にはライヴハウスツアーを10ヶ所12公演行う事が決定している。

いったいどんなぶっちゃけを見せてくれるのか楽しみな3ピースロックバンドだ。

Official Website
http://den-dai.com


2/14 19:00~ USTREAM ゲスト出演!
『TESAGURI SMAバレンタイン15分拡大SP!!』

http://www.ustream.tv/channel/tesaguri-sma

【ツアー情報】

電大 TOUR"DD00"

6月7日(木) 神戸 Star-Club
開場/開演  18:00/19:00
問合せ  Star-Club Tel : 078-221-6328


6月8日(金)  広島 ナミキジャンクション 
開場/開演  18:30/19:00
問合せ  ナミキジャンクション Tel : 082-249-7363


6月10日(日)  福岡 DRUM SON
開場/開演  17:00/17:30
問合せ  DRUM SON Tel : 092-737-5777


6月12日(火)  大阪 Music Club JANUS
開場/開演 18:30/19:00
問合せ  Music Club JANUS  Tel : 06-6214-7255


6月16日(土)  札幌 COLONY
開場/開演  17:30/18:00

6月17日(日)  札幌 COLONY
開場/開演  17:00/17:30
問合せ  COLONY  Tel : 011-532-3329


6月20日(水)  名古屋 ell.FITS ALL
開場/開演  18:30/19:00
問合せ  ell.FITS ALL  Tel : 052-211-3123


6月21日(木)  松本 ALECX
開場/開演 18:30/19:00
問合せ  ALECX  Tel : 0263-38-0050


6月30日(土)  宇都宮 HEAVEN'S ROCK
開場/開演 17:30/18:00
問合せ  HEAVEN'S ROCK  Tel : 028-639-0111


7月1日(日)  仙台 LIVE HOUSE enn 2nd
開場/開演 17:30/18:00
問合せ  LIVE HOUSE enn 2nd  Tel : 022-212-2678


7月5日(木)  新代田 FEVER
開場/開演 18:30/19:00

7月6日(金)  新代田 FEVER
開場/開演 18:30/19:00
問合せ  FEVER  Tel : 03-6304-7899


チケット:スタンディング 前売¥3,800 / 当日¥4,300(税込・ドリンク代別)
小学生以下入場ご遠慮ください

<オフィシャルHP先行受付>
受付期間:2/14(火) 21:00 ~ 2/20(月) 23:59
当選発表:2/24(金) 13:00~
受付URL:http://eplus.jp/dendai-hp/
※PC/携帯共通

 

2月13日(US現地時間2月12日)に開催された、第54回グラミー賞授賞式にて、アデルが主要3部門独占、最多6部門で受賞した。

アデルの受賞リストは以下のとおり。
最優秀レコード賞:「Rolling in the Deep」、最優秀アルバム賞:『21』、最優秀楽曲賞:「Rolling in the Deep」、最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス:「Someone Like You」、最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム:『21』、最優秀短編音楽ビデオ:「Rolling In The Deep」

主要3部門(最優秀レコード賞、最優秀アルバム賞、最優秀楽曲賞)の独占は2003年のノラ・ジョーンズ以来、9年振りの快挙達成。目下、アルバムの世界売上は一位を独走中のアデルですが、世界で最も権威ある音楽賞を独占し、名実ともに世界の音楽シーンの顔となった。

アルバム『21』は、現在までに世界中で1700万枚以上を売り上げ、全米19週1位、全英20週1位を始め、全世界20ヶ国以上で1位を獲得。アルバムからのシングルは3曲全て全米チャート1位を記録している(「ローリング・イン・ザ・ディープ」7週1位、「サムワン・ライク・ユー」5週1位、「セット・ファイア・トゥ・ザ・レイン」2週1位)。

また、そんなアデルがグラミー賞授賞式直前に行った超貴重なインタビューを、明日14日(火)の「スッキリ!!」(日本テレビ系、午前8:00~10:25)で独占放送することも決定。世界の顔となったアデルが、遂に日本の地上波TVに初登場(※番組は生放送の為、予定は変更になる可能性があります。ご了承下さい)。

 

 

【リリース情報】

2011年最高売上アルバム
『21』
XL Recordings / Hostess
BGJ-10107 (オリジナル品番: XLCD520J)
¥2,490(tax in.)
NOW ON SALE!
ボーナストラック4曲、歌詞対訳、ライナーノーツ付



アデル日本特設サイト: www.hostess.co.jp/adele

2012年4月で設立20周年を迎えるキューンレコードがLIQUIDROOMにて20公演にわたり開催する「キューン20 イヤーズ&デイズ」の日割り、出演アーティストが追加発表された。

 

今回発表されたのはユニコーン、スチャダラパー、Chara、THE★米騒動、Dr.DOWNER 、0.8秒と衝撃。。

 

所属アーティストを含むキューンレコードにゆかりのある計6組。全20公演のうち16公演がこれで明らかになったことになる。

 

4月8日、4月20日の無料公演以外のチケットは3月17日よりイープラス、チケットぴあ、ローソンチケットにて発売。なお、一般発売に先駆けて本日2月10日より、イベントオフィシャルホームページにて抽選先行チケット受付が行われる。どの公演も非常に貴重なものになりそうだ。

『キューン20 イヤーズ&デイズ』
開催日程:2012年4月7日(土)~4月29日(日) ※期間中計20日間(休演日未定)
会場: LIQUIDROOM

 

出演者(2012年2月10日現在)

4月7日
真心ブラザーズ / ゴスペラーズ       
4月8日
キューン20イヤーズオーディション
ファイナルイベント (入場無料)

4月9日
グループ魂 / THE★米騒動(オープニングアクト)
4月10日
POLYSICS / 0.8秒と衝撃。
4月13日
RHYMESTER / ねごと
4月14日
FLOW / DOES
4月18日
シド
4月19日
TETSUYA  / 井上ジョー / ピコ
4月20日
L'Arc~en~Ciel
(2月8日発売の新アルバム「BUTTERFLY」購入者を対象に抽選で無料招待)
4月21日
LAMA / Chara 
4月22日
PUSHIM
4月24日
PUFFY / スチャダラパー(ゲスト)
4月25日
ユニコーン / TOTALFAT                      
4月26日
チャットモンチー / NICO Touches the Walls
4月28日
HOME MADE 家族 with Featuring Artists / Sunya
4月29日
ASIAN KUNG-FU GENERATION / Dr.DOWNER supported by only in dreams
(オープニングアクト:キューン20イヤーズオーディション グランプリ受賞者)

※既に出演が発表になっている住岡梨奈、Prague、Hemenway、および今後追加となる出演アーティストの日割りにつきましては、2月下旬以降に発表となる予定。

 

キューン20 イヤーズ&デイズ オフィシャルホームページ

http://www.kioon.com/20

 

 

今週2月12日に、なんと放送1000回を迎える国民的人気アニメ「ちびまる子ちゃん」のエンディングテーマをこの4月より桑田佳祐が担当することが決定した。

 

桑田佳祐、そしてちびまる子ちゃん、国民的人気者どうしの、まさに奇跡のコラボレーションが実現、放送1000回という記念すべきタイミングで発表された。

これまでも実は、桑田ファンであるというさくらももこから、テーマ曲のオファーはあったが、なかなかお互いのタイミングが合わずこれまで実現には至らずじまいだった。今回、さくら本人から、すでにできあがった歌詞とともに改めてエンディングテーマを依頼があった。世界中の幸せを願うその内容に桑田が共感したことに加え、アニメ放送1000回を迎えるという記念の時期であるということも手伝い、ついにこの奇跡のコラボが実現する運びとなった。

曲のタイトルは『100万年の幸せ!!』。現在、絶賛レコーディング中だが、春っぽい軽快なテンポで、ちびまる子ちゃんのイメージや歌詞のテーマにピッタリの、聴くものの気持ちを温かくしてくれるような曲に仕上がりそうだとのこと。桑田は以前、日本文学の名作10作品の詩や文章の抜粋に曲を書き下ろして歌うという『声に出して歌いたい日本文学』という一大組曲を作ったことがあるが、それ以外で人が書いた詞が先にあってそれに対して曲を書いたことは今までにない。そんな極めて珍しい試みであるということも含め、一体どんな曲の仕上がりになるのか、とても楽しみなところである。

また、放送では、曲に合わせた新たなアニメーションも制作される。ここにも、桑田がキャラクターとして登場するとのこと。ちびまる子ちゃんの世界に入り込んだ桑田がどんな表情を見せてくれるのか?

さくらももこコメント
「ちびまる子ちゃんのアニメ1000回記念という節目の年に、大好きな桑田さんにテーマソングを歌っていただけるという喜びは言葉にできません。全ての流れが奇跡だと感じています。世界中が幸せになりますようにと祈りを込めて詞を書かせていただきました。桑田さんの手で素晴らしい曲に仕上がり、多くの皆様の心に届く日を楽しみにしております」

ちびまる子ちゃん担当 フジテレビ水野プロデューサーコメント
「どなたに曲を作っていただくか、というお話をアニメチームで話している時に全員が一番最初にお名前を挙げたのが桑田さんでした。が、あくまで「夢」としてであって、本当に実現してしまうとは思いませんでした。さくら先生の書かれたとても綺麗な歌詞を先日いただき、この綺麗な詩に桑田さんの曲と声が乗っかるとどのようになるのだろう、と楽しみにしております。「ちびまる子ちゃん」をいつも見てくださっている皆さんが温かい気持ちになるエンディングが完成すると思います!」

 

桑田がCM楽曲を担当する、三井住友フィナンシャルグループの新しいバージョンのCM「新天地での出会い」篇も2月22日から放送される。

 

http://www.sas-fan.net/

今年夏に行われる「サマーソニック2012」の第1弾アーティストが発表された。


まずはグリーン・デイ。2004年以来、8年振りにサマソニ出演。世界最強のライヴ・バンドとして、常にロックシーンを牽引し続けるリーダーとしてどんなライヴを見せつけてくれるのか期待が高まる。そして、アメリカ本国、ヨーロッパ各国ではスタジアム/アリーナクラスの会場を何日間も即完させる、現在のミュージックシーンにおける最高のポップ・スーパースター、リアーナがサマソニに初登場。世界レヴェルのステージをようやく日本で観る事ができる。また、現在のロック/エレクトロミュージックに絶大な影響を及ぼしたマンチェスターの生きる伝説、ニュー・オーダーも初出演。

 

さらにバンドとして再始動を表明し、新作のリリースも噂されるシガー・ロス。世界で今最も過激な貴公子、アダム・ランバート。昨年の新作発表以降、来日が待たれていたUSインディの雄、デスキャブ・フォー・キューティー。2006年以来となるスウェディッシュ・ポップの先駆者、カーディガンズ。エレクトロ・インディ・ポップの最前線を走るパッション・ピット、最新ハイブリッドミクスチャーサウンドを奏でるジム・クラス・ヒーローズ。独特の感性でポスト・ダブステップシーンにおいて脚光を浴びるSBTRKT(サブトラクト)。昨年欧米のフェスに引っ張りだこだった注目新人グループラヴ。新世代HIP HOPデュオ、THE KNUX。先日の初来日公演で衝撃の日本デビューを果たしたデンマーク出身のハードコア・パンクバンド、アイスエイジも決定した。

 

いよいよ動き出したサマーソニック2012、今後の発表に期待したい。

 

SUMMER SONIC 2012

TOKYO & OSAKA
8.18(sat)/8.19(sun)
東京:QVCマリンフィールド&幕張メッセ
大阪:舞洲サマーソニック大阪特設会場
第1弾アーティスト発表!!
GREEN DAY / RIHANNA
SIGUR RÓS / NEW ORDER
ADAM LAMBERT/DEATH CAB FOR CUTIE THE CARDIGANS/PASSION PIT/GYM CLASS HEROES GROUPLOVE/SBTRKT/THE KNUX/ICEAGE…and more!!

 

TICKETS:東京 1日券\15,000-/2日券\27,000-(税込・ブロック指定)
OPEN 9:00am/START 11:00am
TICKETS:大阪 1日券\12,500-/2日券\22,500-(税込)
OPEN 10:00am/START 11:00am
www.summersonic.com
サマーソニック事務局:0180-993-030

写真=柴田恵理

ザ・クロマニヨンズの全国ツアー【ザ・クロマニヨンズ TOUR  ACE ROCKER  2012】が2月9日鹿児島CAPARVOホールよりスタートした。

昨年2011年の4月に終了した「ザ・クロマニヨンズ2010-2011 ウンボボ月へ行く」が実に59公演を数え、ライブバンドとしてのパワーを改めて見せつけた彼らが、2012年新たにスタートさせた全国ツアーは、各所で高評価を得ている1月発売のニュー・アルバム「ACE ROCKER」を携えての強力なツアー。本公演は約5ヶ月にわたり全57公演を行うことになる。

初日となった2月9日は桜島がくっきりと浮かび上がるほど晴れ渡った鹿児島、CAPARVOホールでの公演。完売となったプレミア・チケットを握り締めた幸運な約500名で会場は超満員となった。ツアー初日のなんとも言えない緊張感が漂うなか、開演時間19時きっかりに始まったステージは、冒頭からロックンロールの応酬。ザ・クロマニヨンズと観客とのコールアンドレスポンスが炸裂する「ゴー ゲバ ゴー」や、観客もザ・クロマニヨンズに負けじと一緒に歌いあげる「ハル」や「雷雨決行」など、ニュー・アルバム「ACE ROCKER」からの楽曲を中心に一気に駆け抜ける。まさに鬼気迫るという言葉がぴったりとくるライブだ。

それでいてロックンロールの楽しさがこれほどまでに伝わるバンドもそうはいない。「ナンバーワン野郎!」で満面の笑顔で叫ぶ観客をみていると、それが手に取るように感じられる。2012年6月30日まで5ヶ月間にも及ぶロングラン。まだ始まったばかりの全国ツアー、冬から始まり春・夏と季節と共に見せ方を変えていくであろう後のステージも見逃せない。

 

写真=柴田恵理
【リリース情報】

6枚目のオリジナルアルバム
『ACE ROCKER
アリオラ
(初回生産限定盤)(DVD付):BVCL20037
¥ 3,675 (tax in.)
01.18 ON SALE!




オフィシャルサイト http://www.cro-magnons.net
アリオラジャパン/Sony Music オフィシャルサイト
http://www.sonymusic.co.jp/Music/Arch/ARI/cromagnons/

2月開催のアリーナ・ツアーをもっての解散を発表した東京事変。そのツアー最終日、2月29日19時より行われる日本武道館公演の模様が、国内外の映画館にて同時生中継されることが決定した。 

「最期の生実演会」として、2月14日の横浜アリーナを皮切りに、大阪城ホール、日本武道館にて計6公演〈東京事変 live tour 2012 Domestique Bon Voyage〉が開催されるが、すでに全国から66万枚を超える申し込みが殺到し、チケットは即日完売している。 

そのツアー最終日、2月29日19時より行われる日本武道館公演の模様が、日本全国107箇所の劇場に加え、香港、台湾、シンガポールのアジア各国でも上映が決定、ライブの同時中継としては、史上最大級の規模での開催となる。


ライブシネマ「東京事変Live Tour 2012Domestique Bon Voyage」
日程:2月29日(水)19:00開演   ※開場時間は各劇場で異なります。 
場所:日本全国の映画館(全国107館 )、アジア(香港、台湾、シンガポール)の映画館
出演者:東京事変
チケット料金:3,500円(税込み)
購入方法
ライブシネマ・プレリザーブ 2月11日(土) 11:00~2月22日(水)11:00  
一般発売 チケットぴあ   2月25日(土) 10:00~27日(月)24:00(Web販売のみ)  
各劇場販売  2月25日(土) 0:00~当日 (各劇場Web販売、劇場窓口販売は各劇場の営業時間)
<チケットに関するお問い合わせ>チケットぴあ TEL:0570-02-9111
公開情報:2月29日(水)19時より東京事変「最期の生実演会」を全国映画館で生中継!
企画/制作:EMI Music Japan、kronekodow  企画協力:Dream Factory World Wide
配給:MMW株式会社
問い合わせ:ライブシネマ事務局 TEL:03-5256-6070  (10:00〜18:00) 
http://tokyojihenlive.jp

 

 

【リリース情報】

LIVE BEST SELECTION ALBUM
『東京コレクション』
EMI
TOCT-28045
¥2,800(tax in.)
02.15 ON SALE!


 
http://www.kronekodow.com
http://www.tokyojihen.com

ニューシングル「片想い」が好調な現役大学生シンガーソングライターmiwaが、待望のセカンドアルバム『guitarium(ギタリウム)』を3月14日に発売する。

2011年4月に発売されたファーストアルバム『guitarissimo』はウィークリーチャート初登場1位を記録。あれから1年を経て大きく成長したアーティストmiwaの渾身の1枚に仕上がった。初回生産限定盤のみについているDVDには、2011年12月24日にZEPP TOKYOにて行われたライブの模様が収録されており、ファンならずとも必見の内容になっている。

10日にはテレビ朝日「MUSIC STATION」の出演、11日にはフジテレビ「MUSIC FAIR」にも出演が決まっている。


また、2012年のツアー「miwa concert tour 2012 “guitarium”」も同時に発表された。miwa初のホールツアーとなる。

【リリース情報】
『guitarium』
2012.03.14発売
初回生産限定盤:SRCL-7890~1 \3500(tax in)
※DVD付き(miwa-39live-“miwanissimo”より約30分のライブ映像収録)
カラー28P豪華ブックレット、三方背ケース入り、封入チラシ(2012年ツアーチケットアルバム先行予約/スペシャルプレゼント企画<シリアルナンバー②入り>)
通常盤:SRCL-7892 \3059(tax in)

「片想い」YouTube
http://youtu.be/gLWWXhMVuQs
オフィシャルHP
http://www.miwa-web.com/

2002年2月6日「ワダツミの木」でデビューした元ちとせ。その後、100年に一人の声と称されるその歌声で活動を続けた彼女が、今年2012年2月6日に10周年を迎えた。

そのアニバーサリーイヤーにあたる今年、デビュー曲であり、元ちとせの存在を多くの人に知らせることとなった名曲「ワダツミの木」に世界的プロデユーサーチームにより新たな息吹がもたらされた。

原曲にあるレゲエテイストに着目した元ちとせのプロデューサーのアイデアで、1970年代前半から現在に至るまで、常にレゲエシーンの最前線で活躍しているジャマイカが世界に誇るサウンド・プロデュースチーム“スライ&ロビー”にリプロダクトを依頼。彼らがそのオファーを快諾したのは、元ちとせの声の魅力であることは他でもない。こうして夢のコラボレーションは現実となった。

スライ&ロビーはグラミー賞の常連アーティストであり、自らの名義で発売したアルバム 「FRIENDS」 は第41回 「ベスト・レゲエ・アルバム賞」 を受賞、そして彼らがプロデユースを手掛けたノー・ダウトのシングル曲が第45回&46回と続けてグラミーの 「ベスト・ポップ・グループ賞」 を受賞。

更に2006年、2007年に発売したスライ&ロビー名義のアルバムが「ベスト・レゲエ・アルバム」 (第49回、第50回) にノミネートされるなど数々のヒットチューンを生み出し、世界的なトップ・プロデューサーとしての地位を築いてきた。過去にローリングストーンズやボブ・ディラン、スティング、ミック・ジャガーなど錚々たる顔ぶれとも共演を果たしている。

元ちとせは昨夏ジャマイカの首都キングストンを訪れ、レゲエのビートを現地で体験しながらスライ&ロビーとレコーディングし、ミックスまでのすべての行程をジャマイカで行った。

【リリース情報】
「ワダツミの木 with SLY&ROBBIE」                                                                                       
作詞・作曲:上田現  編曲:スライ&ロビー
2012年2月8日 着うた®(イントロバージョン,サビバージョン),  RBT配信リリース
www.hajimechitose.com
 
http://www.office-augusta.com/hajime/

矢沢永吉が、キャロルデビューから40周年となる節目の今年の秋、大型のライヴを実施することを発表した。

 

これは2月6日掲載の朝日新聞のインタビューに答える形で明らかになったもの。詳細は後日発表としており、日程・場所などは一切明らかにされていないが、インタビューの中で矢沢は、「大きなサンキューの気持ちを込める」と語り、そのライヴが大規模、且つ特別なものになることを示唆している。

また同日、オフィシャルホームページに「矢沢永吉40周年 今秋、その幕が上がる―」というコピーと、矢沢のシンボルともいえる白いマイクスタンドがアップされ、何かの始まりを予感させる内容となっている。

インタビューでは大型ライヴ計画発表と同時に、2棟目となるリハーサル用スタジオの建設に着手していることに触れている。若いヤツらが練習できる場所、音楽シーンを底上げして元気にしたい、との思いからその計画はすでに始まっているとのこと。

武道館の発言から沈黙を守っていた矢沢永吉。自身の言葉で発表された大型ライヴがいったいどんなものになるのか、注目。

オフィシャルホームページ:http://www.eikichiyazawa.com/
携帯公式サイト(スマートフォン対応):http://sp.e-yazawa.com/

今年、生誕70 周年、ビートルズのデビュー50 周年というアニバーサリー・イヤーを迎えた、ロック・レジェンドのポール・マッカートニー。かねてから話題を呼んでいる、初のスタンダード・アルバム『キス・オン・ザ・ボトム』が、いよいよ明日8日にリリースされる。

子供のころに父親の弾くピアノで覚えた、古き良きアメリカのスタンダード・ソングのカヴァーを中心に、書き下ろしの新曲2曲も収録。ジャズ界の女王ダイアナ・クラールと彼女のバンドが全面バックアップし、エリック・クラプトンとスティーヴィー・ワンダーがゲスト参加した、実に豪華な作品となっている。かの大御所プロデューサーのクインシー・ジョーンズも、「ポールがこのアルバムを作ってくれたことをとても嬉しく思います。このアルバムに収録されているスタンダード・ソングをカヴァーしたレコードはこれまで沢山聴いてきましたが、今回のポールの作品ほど信頼できる作品はありません。」と太鼓判を押している。


そして、発売直後のポールはビッグ・イベントが目白押し。まず、新作のレコーディングを行ったハリウッドのキャピトル・スタジオにて、ダイアナ・クラールのバンドとともにスタジオ・ライヴを行うことが急遽決定。しかも、そのパフォーマンス映像のライヴ中継は、なんと、無料でパソコン(Mac/Windows PC)のiTunes Store にて誰でもチェック可能。中継は日本時間の2月10日(金)正午スタート予定。www.itunes.com/paulmccartney

 

尚、ライヴ中継の映像は後日ビデオ・ストリーミングとしてもiTunes Store にて無料で視聴可能で、ライヴ音源も後日iTunes Store で配信される予定。

 

さらに、2月12日にロサンジェルスで開催される第54回グラミー賞の授賞式で、演奏を披露することが既に発表されている。ポールはこれまでにグラミーを14回獲得しており、今回も『バンド・オン・ザ・ラン』の再発盤が【最優秀ヒストリカル・アルバム部門】にノミネートされている。

 

さらにさらに、世界のエンターテイメント界で活躍した人物の名前が彫られた星型のプレートが埋め込まれた歩道「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム」に、満を持してポールが登録されることが決定した。ポールの星型プレートは、既に登録されているビートルズの仲間たち(ジョン、ジョージ、リンゴ)と並んで埋め込まれる予定。世界中のビートルズ・ファンにとって新たな観光名所になることは間違いない。

 

この夏開催のロンドン・オリンピックでも演奏を披露するのでは?との噂が既に駆け巡っているほか、日本のTV番組のインタビューで「10年ぶりの来日公演実現に向けて現在交渉中」と語っていたポール。70歳を迎えても依然アグレッシヴに活動を続けるポールに目が離せない。

 

【リリース情報】

米スタンダードのカヴァーを中心にした構成
『キス・オン・ザ・ボトム』
ユニバーサル
通常盤:UCCO-3038
¥2,600(tax in.)
02.08 ON SALE!


 
オフィシャルサイト
http://www.universal-music.co.jp/jazz/artist/paul_mccartney/index.html
オフィシャルサイト(英語)
http://www.paulmccartney.com/web/guest;jsessionid=6C6A183CFDC1EA7AB002654476AD5967.lr1PR#
YouTube公式チャンネル
http://www.youtube.com/paulmccartney

今年4月1日に開局40周年を迎えるtvkの“ジモトLOVEソング”を真心ブラザーズが担する。

 

タイトルは「カモン!カナガワン」(作詞/作曲:桜井秀俊)。曲を書き下ろした桜井は「小中高と県内の学校に通い、現在も横浜市内在住で、育ててくれた街なので、こんな嬉しいお話をいただきまして… 地元への想いを込めて作った曲です。」とコメントしている。

この曲には、振付師 南流石さんの楽しい振り付けも付き、tvkエリアの老若男女の心と体に届く、歌って踊れる作品になるはずである。

また、真心ブラザーズは、今年の4月にニューアルバム「Keep on traveling」とライブDVD「真心道中歌栗毛 2011 ~逆に最後が日本橋~」を同時発売することを発表している。

【リリース情報】
ニューアルバム「Keep on traveling」
ライブDVD「真心道中歌栗毛 2011 ~逆に最後が日本橋~」
2012年4月リリース!

【ツアー情報】
『Keep on traveling』
5月25日(金)仙台 Rensa
5月27日(日)札幌 PENNY LANE 24
6月2日(土)福岡 イムズホール
6月3日(日)岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
6月9日(土)大阪 Zepp Namba OSAKA
6月16日(土)名古屋 クラブダイアモンドホール
6月23日(土)東京 Zepp DiverCity TOKYO
6月24日(日)東京 Zepp DiverCity TOKYO

『続・真心道中歌栗毛』
5月26日(土)小樽 北一ホール
6月8日(金)高松 市立玉藻公園 披雲閣
6月10日(日)京都 磔磔
6月17日(日)名古屋 ボトムライン

http://www.magokorobros.com/

SUMMER SONIC 2011で入場規制となるほどの観客動員を記録してから半年、最強無敵のロック・プリンセス、アヴリル・ラヴィーンが、アルバム『グッバイ・ララバイ』を携えた“The Black Star Tour”で日本に帰ってきた。そのツアー初日。会場は約1万5000人のファンでギッシリ。ツアー名にちなんで販売されている星形ライトが人気のようで、アリーナ全体がまばゆいグリーンの光できらめいている。

そこにフレンドリーな笑顔で登場したのが、オープニング・アクトを務めた阿部真央。まずは彼女の堂々たるステージに拍手を送りたい。ハートフルにしてロックな気概を伝える見事なパフォーマンスで、巨大な会場の温度を一気に上げてくれた。そして悲鳴のような大歓声が巻き起こる中、いよいよアヴリルの登場だ。この日は、Abbey Dawnの黒のタンクトップに、黒のスキニーなパンツ、スタッズがあしらわれた黒のロング・ブーツというスタイル。ロックです。クールです。

ツアーはまだ続くので、セット・リストの詳細を明かすことは避けるが、ライヴ本編は大きく分けると、シング・アロング&ジャンプで会場がひとつになって盛り上がるアッパーなセットと、対照的にじっくりしっとり聴かせるバラード・セット、その両極端な楽曲を交互に繰り出し、ジェットコースターのように感情を揺さぶるトドメの(!?)セットの3部構成。『グッバイ・ララバイ』の楽曲を軸に、過去作の代表曲、さらにはカヴァー曲が絶妙に織り交ぜられていて、攻撃モードのアヴリル、ハッピーなアヴリル、切ないアヴリル、恋焦がれるアヴリル……と、彼女のアーティストとして、またいち女性としてのあらゆる魅力がたっぷりと堪能できた。

加えてこの初日は、ビッグなサプライズが用意されていた。大ヒット曲「ワット・ザ・ヘル」を、アヴリルは日本が誇る和太鼓パフォーマンス集団、“無限-MUGEN-”の演奏に乗せて歌ったのだ。前日にTV番組の企画で、“無限-MUGEN-”の指導のもと和太鼓に挑戦し、その勇壮な響きに魅了されたアヴリルが、自ら交渉して実現したのだとか。“「ワット・ザ・ヘル」に和太鼓?” と思うかもしれないが、これが何とも素晴らしいマッチングで、ちょっと泣きそうになってしまった。アンコールでは、アヴリルが「緊張するなあ」と言ってアカペラを披露し、ファンもアカペラの大合唱で応える感動的なシーンも。そして最後にはなんと、アヴリルが客席に降り、次々にファンと握手しながら歌うという、さらなる感動が待っていたのだった。日本語MCもすっかり上手になったアヴリルだが、英語でも日本語でも、日本のファンを愛する気持ちと、熱いサポートに対する感謝の気持ちを、何度も何度も口にしていたのが印象的だった。
とりわけ、「シーッ!」と言って会場が静寂に包まれる中、わざとマイクから離れて大声(日本語)で「ミンナサイコー!」と叫んだ場面には、彼女の文字通りの真心が込められていたように思う。

あっという間の90分。デビューから10年間の軌跡がギュッと凝縮された、観ごたえのある濃密なライヴだった。美しい進化を遂げ続けてきたアヴリル・ラヴィーンが、次にどういう姿で日本に戻ってきてくれるのか、早くも楽しみで仕方がない。(TEXT:鈴木宏和)

【THE BLACK STAR TOUR
2012年2月6日(月)日本ガイシホール
2012年2月8日(水)マリンメッセ福岡
2012年2月9日(木)大阪城ホール
TOTAL INFO:CREATIVEMAN 03-3462-6969  
http://www.creativeman.co.jp/artist/2011/05avril/

 

1981年よりスタートし、今年32回目を迎えたSURF&SNOW in Naeba。女性ソロシンガーが同一の場所で行うライブとしては前人未到の記録を更新中であり、今年7月にはデビュー40周年という記念すべきアニバーサリーイヤー、活動の第一弾となる本公演のテーマは“客船”。

今年は2000年以来のセンターステージで会場全体が、まさに豪華客船のボールルームのよう。 数々のLIVEでセンターステージを行ってきたユーミンだが、1994年の苗場が自身のキャリア最初のセンターステージ。波の音や汽笛が会場に流れ始めユーミンが登場すると外の寒さとは対象に会場全体の温度は急上昇。セットリストには海にまつわるユーミンの楽曲も披露され、雪の苗場を大海原への航海へと導き 「雪に閉ざされた世界を、海にたとえてみました」と今回のテーマを語るユーミン。

さらに苗場では初の試みとして、カバー曲を披露、ピアノ弾き語りで自身のルーツとも言える「Pilgrim’s Progress」、「青い影」を熱唱。 LIVE後半には、3月14日に発売されるニューシングル「恋をリリース」(東海テレビ/フジテレビ系全国放送 昼ドラ「鈴子の恋」主題歌)を本邦初披露!ピンクのスパンコールの衣装に身を包み軽快なステップを踏みながら歌う姿は、まさに“ソウルシスターユーミン” 。会場全体がダンスフロアさながらの熱気に包まれた。

今年も、セットリストは2バージョンを用意、恒例のリクエストコーナー有りという豪華な内容になっている。

そして、3月14日(水)に約2年ぶり通算41枚目となるニューシングル「恋をリリース」が発売される。脚本:大石静、主題歌:松任谷由実、出演:浅野ゆう子・片岡鶴太郎と今までの昼ドラのイメージに革命を起こす豪華キャストで話題の昼ドラ「鈴子の恋」(1/5スタート)の主題歌として現在OA中。ミヤコ蝶々の生涯を描いたこのドラマにユーミンが書き下ろした新曲は、モータウンサウンドを彷彿させる元気で明るいサウンドとメロディーに前向きなメッセージが込められた歌詞が現在の日本に勇気を与えそうだ。 また、昨年開催したコンサートツアー「YUMI MATSUTOYA  CONCERT  TOUR 2011 Road Show」が映像作品として久しぶりに発売が決定。あの感動のショーが自宅で蘇る!映像作品は2008年3月発売の「YUMING SPECTACLE SHANGRILA Ⅲ」以来約4年ぶり。

最後に、2012年10月「演劇の殿堂」として101周年を迎えた、新世紀の帝国劇場にユーミンが初登場することが決まった。“演劇×ユーミン”という新しい試みは、ただの芝居じゃない。ミュージカルじゃない。そしてコンサートでもない。ユーミンの楽曲と融合した物語を独特の世界観で描き出す、新たなエンターテインメント。脚本・演出を松任谷正隆氏が手掛ける新しい形のエンターテインメントショーのコンセプトは“純愛物語 meets YUMING”。松任谷正隆氏が紡ぐ純愛物語の各シーンにおいてユーミンの楽曲がユーミンの歌声で披露され、さらにユーミン自身が影の登場人物になって純愛物語”にも参加する。

タイトル:「夏休みの最後の日(仮題)」
脚本・演出:松任谷正隆
出演:松任谷由実、貫地谷しほり  ほか
2012年10月演劇の殿堂・帝国劇場にて開幕!(約1カ月間にわたる長期公演)


【リリース情報】
NEW SINGLE
「恋をリリース」 
2012年3月14日発売
c/w「夜明けの雲」  TOCT-40395 ¥1.100(tax in)
2012年話題の昼ドラ「鈴子の恋」(東海テレビ/フジテレビ系全国放送)主題歌「恋をリリース」、カップリングには昨年12月全国ロードショーされた映画「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」主題歌「夜明けの雲」が収録された豪華盤。
DVD&ブルーレイディスク
「YUMI MATSUTOYA CONCERT TOUR 2011 Road Show」
2012年3月14日発売
DVDTOBF-5732 ¥5.800(tax in) BD: TOXF-5732 ¥6.800 (tax in)
2011年4月15日から始まった全国ツアー「YUMI MATSUTOYA CONCERT TOUR 2011 Road Show」を収録。

オフィシャルホームページ
http://yuming.co.jp/
EMIミュージック・ジャパン アーティストページ
http://www.emimusic.jp/artist/yuming/

宮崎県在住の高校生シンガーソングライター井手綾香が、自身の高校卒業式を前に、北海道の北見藤女子高等学校の卒業式でスペシャルライブを行った。

ロングヒット中の「雲の向こう」は、昨年のメジャーデビュー決定後に、井手綾香自身が、これから待ち受ける想像のできないことへの不安と期待を胸に、地元宮崎から東京へ向かう飛行機の中で書き下ろした楽曲。飛行機の窓からキラキラ輝く太陽を見て「これから苦労や困難が数多く待ち受けているとは思うけれど、雲を明るく照らすあの太陽のようにキラキラ輝きたい!」と自分自身への応援歌という想いを込めて作られた。

この想いは宮崎から遠く離れた北海道まで届き、井手綾香の曲に共感した北見藤女子高等学校の生徒たちが「私たちも、同じ気持ちで高校を卒業して次の道へ進みたい。もし叶うならば卒業式で歌ってほしい!」と同校の先生に告げたところ、彼女たちの想いを強く感じた先生たちが卒業式での演奏をオファー。自身も3月1日に卒業式を控えた井手綾香は、宮崎から遠く離れた北海道の同じ高校生にまで自分の歌が届いていることに感動し、すぐに快諾。今回の卒業式スペシャルライブが実現することになった。

2月4日(土)、最低気温がマイナス20度近い北海道北見の北見芸術文化ホールに到着した井手綾香は、「私も来月卒業式ですけど、一足はやく北海道の同じ歳の人たちの卒業式でライブができて嬉しいです。宮崎で活動している私の曲が北海道まで届いているなんて、こんなに素敵なことはないです!」とコメント。

北見藤女子高等学校は今年75名が卒業。卒業式は約130名の1、2年生と共に行われ、式事の後、井手綾香の名前が呼ばれると歓声があがり、スペシャルライブの冒頭を飾った「雲の向こう」では会場の生徒たちが一緒に口ずさむ姿も。続いて井手綾香が中学3年生の卒業式に、同級生と共に先生方へ歌った思い出の楽曲「ありがとう」を披露。また、先月リリースされた1stシングル「きっと、ずっと」では、『家族・友達・恋人など自分を支えてくれる大切な人への想いをつづった曲です。卒業を迎えた今日、大切な友人や家族を想って聴いてもらえると嬉しいです。』とメッセージを送り、その歌声に会場は涙であふれた。

そして、18歳が感じた始まったばかりの恋愛を描いた「君からのメッセージ」、最後に彼女が中学2年生の時に生まれて初めて制作した「未来への扉」を演奏。この楽曲は、彼女のデビューのきっかけとなった曲で、初めてこの曲を聴いた母は涙を流し、その後知人の音楽関係者にデモテープを渡したという。「ここから新たな道へ進む気持ち」を歌った、まさに旅立ちのときにふさわしい楽曲で、いつの間にか手拍子が生まれ、会場が一体となりスペシャルライブは終了した。

「いつの間にか、演奏しながら私自身の卒業を感じてしまって。こうして同じ気持ちを共有している人たちの前でライブができて、私も高校を卒業して、これから一人の歌手として歩んでいく気持ちがより現実的に感じました」。そう語った井手綾香は、自身の高校卒業直後のシングルとして、3月21日に「ヒカリ」をリリースすることを発表。表題曲「ヒカリ」は、高校生からひとりのアーティストとして踏み出す自分を歌った楽曲で、「ヒカリの種を撒いて輝く花を咲かせよう」という前向きな気持ちを込めている。この「ヒカリ」は綾瀬はるか他出演のP&Gパンテーン 2012春TVCMイメージソングに採用され、2月末より全国で放送がスタート。

 

また、カップリングの「風をつかまえて」は、高校生の自分がこれから立ち向かうであろう向かい風をはねのけて前に進もうという曲で、代々木ゼミナール 2012 CMソングとして2月末より各地で放送される。シングルは上記の2曲を含む全3曲収録が予定されている。

発売に先駆けて、「ヒカリ」のミュージックビデオの視聴がYouTubeオフィシャルチャンネルにてスタート。あわせて「風をつかまえて」をアカペラで披露した動画も公開された。

「ヒカリ」: http://www.youtube.com/watch?v=V2yMA8hkVmk
「風をつかまえて」:http://www.youtube.com/watch?v=9eEV7srSYZY

 

 

【リリース情報】

P&G パンテーン2012春 TVCMイメージソング
『ヒカリ』
ビクター
VICL-36693
03.21 ON SALE!


 
公式ホームページ http://jvcmusic.co.jp/ideayaka/
井手綾香Facebook http://www.facebook.com/ideayaka/
Twitterアカウント ide_ayaka
YouTube 井手綾香 オフィシャルチャンネル http://www.youtube.com/ideayakachan/

2012年2月3日、DANGER CRUEが満を持して仕掛ける新たなイベントが、新宿LOFTにて産声を上げた。
「華麗なる激情」と名付けられたこのイベントには、激しいサウンドと華麗なステージングを見せつける新進気鋭のバンドが集まった。第一回目の出演者は、Administrator、ALSDEAD、Para:noir、カメレオ、そしてギルガメッシュである。
今回参加したバンドは、ハードコアメタルなどのハードかつテクニカルな側面を始め、多種多様な音楽的要素を取り入れた新進のネオ・ヴィジュアル系バンドであり、そのシーンの中核にまさにこれから飛び出していく存在である。そんな期待渦巻く会場を埋め尽くすファンとともに、新たなイベントの幕が切って落とされた。

 

華やかなSEと共に登場したトップバッターはカメレオ。揃いの衣装に身を包み、電飾をあしらったポップな出で立ち。その演奏も華やかである。Vo.HIKARU.は観客をあおり、独創的な歌詞をメロディアスに歌い上げる。Gt.Daisukeと Takashが彩り鮮やかなバッキングとメロディを奏で、Ba.Kouichiと Dr.Takeshiはハネるリズムを会場に届け、観客もそれに応えてジャンプ、ヘッドバンギングと全開で楽しんでいる。
華やかなカメレオ・ワールドを展開して、最後の曲はなんと「吉開学17歳(無職)」! 初期のシドの楽曲のカヴァーである。カヴァーを持ってきたことにも驚いたが、この曲が聴けるとは、デンクルファンにとっては予想外の嬉しさだっただろう。
わかりやすいメロディの中に潜む「華」と「毒」。先鋭的で、かつ「面白い事」を追求していくと語るカメレオ。これからどんなことを見せてくれるのか、楽しみである。

 

 

興奮冷めやらぬ中、続いて登場したのは ALSDEAD。これまで米国のライヴイベントにも参加してきた彼らもまた、経験豊富なライヴバンドである。その演奏はシンプルかつストレート。Vo.MAKIは、歌い上げるメロディから攻撃的なシャウトまでをシームレスに使いこなす。Gt.沁はシンプルなリフで曲のグルーヴを作り出し、Ba.陽佑がガッチリと重いリズムを刻む。そして、Dr.刹亞の気持ちあふれるアグレッシブなドラミングが印象的だった。
中盤で披露したのはムックのカヴァーで「流星」! 会場にからも大きなどよめきが。このイベントでは、それぞれのバンドが先輩アーティストの曲をカヴァーするという、楽しく嬉しい展開を見せてくれると言う。
ALSDEADのサウンドは、ヘヴィかつタイトな演奏に、印象的なメロディを展開する心地よいロックチューン。ファンと一緒に最高の空間を作りたいと語る彼ら。ALSDEADの新しい音、そして活動に期待が高まる。

 

 

イベントはまだまだ続く。次に登場したのは Administrator。多くのライヴを精力的にこなす彼らにとって、ライブハウスはその本領を発揮できる場所である。そのサウンドは、ハードなヴィジュアル系サウンドと共に、メロディアスなフレーズが印象的な上質のロックチューン。Ba.Takuyaと Dr.龍が要となるリズムを作り出し、Vo.芥はある時は伸びやかなメロディを、ある時は攻撃的なシャウトを聴かせてくれる。そして、所狭しとアクションを見せる Gt.公佑がステージに華を添えていた。
観客との掛け合いを楽しみながら、ステージを進める彼ら。中盤、「ノッてない奴はケツを蹴り上げるぜ!」と叫んで始まったのは 44MAGNUMのカヴァー「STREET ROCK'N ROLLER」! JACK IN THE BOXでもおなじみのこの曲を、アグレッシブに演奏する彼らの姿は活き活きとしていた。
終盤、定番の楽曲に合わせて会場でアクションを楽しむファン。そしてそれに一緒に楽しむ彼ら。ファンはこのバンドを一緒に発想していくメンバーだということを感じて欲しいと語る彼ら。ファンと一緒に成長して行く彼らは、どんな進化を見せてくれるのか、今後が楽しみである。

 

 

新進のバンドとしては最後に登場した Para:noir。先日のワンマンライヴで、4月での活動終了を発表した彼ら。Vo.茜は、「お前らにきちんと話さないといけないと思った。でも、しめっぽくなんか行かないし、お前らもそうだろ!」  その言葉通り、ステージは Para:noirの世界が全開であった。Ba.相沢翔と Gt.暁-satoshi-が作り出す圧倒的なサウンドと音圧、そこに絡んで行く Gt.悠哉の華やかなサウンドワーク。そして、感情が擦り切れるほどのシャウトを叩きつける Vo.茜。全員が「今」の Para:noirを全力で表現していた。
中盤、Para:noirはどんなハードなカヴァーを見せてくれるのか、と思う気持ちを見事に裏切るように選んだのはシドのカヴァー「紫陽花」!  しかし、この曲でヴォーカリストとしての茜の実力を見せ付けることになったのはさすがである。そして今の Para:noirをよく表している「Amaryllis」と続く。
そして 最後の曲「 $how time in the [xxx]」でファンと一緒に見せたパフォーマンスはまさに「圧巻」の一言であった。誰も言葉にはしない、いや、言葉にはできない思いをこの瞬間にぶつけ合っていたように思う。
Para:noirのライヴは、4月30日 SHIBUYA O-WESTでのワンマンライヴを含めてあと数回である。「今」の Para:noirを、そして彼らにしか表現できないステージを見届けて欲しい。

 

 

そして最後に登場したのは、もはやこのシーンでは貫禄も漂うギルガメッシュ。昨年末の  JACK IN THE BOX 2011では、全曲を新曲で構成し、また、この2月から3月にかけて、「東京Sadistic〜ぶっとおし13days〜」という 13日間連続公演を仕掛け全日程完売させるなど、自他共に認めるサディスティックなバンド・ギルガメッシュ。
そのステージはさすがであった。登場前の大歓声。そして1曲目にミドルテンポの曲を持って来るのも余裕のなせる技か。徐々にハイテンポに持っていくギルガメッシュのステージに、ファンもしっかりと掛け合いで応え、会場の一体感は完璧であった。
「いつも後輩みたいだったギルガメッシュも、今日は先輩としてブチかましてやるぜ!」と叫ぶ Vo.左迅は圧倒的なシャウトで、文字通りサディスティックに攻める攻める。Gt.弐はテクニカルなリフを一心不乱にステージから届け続ける。Ba.愁は身体全身に届く重低音を響かせ、Dr.Яyoがにこやかに、しかし全体を引っ張るビートを叩き出す。国外でも活躍して経験を積むギルガメッシュのステージは、今日出演したバンドに刺激となったに違いない。それほど迫力あるステージであった。

 

 

ギルガメッシュのアグレッシブなステージで締め、「華麗なる激情」は幕を閉じた、かに見えた。もちろんかかるアンコールの大歓声。まず左迅が一人登場し、最後はセッションで締めると言う! 最後のセッションは、ギルガメッシュの代表曲「evolution」を、Vo.左迅、Gt.公佑、Gt.沁、Ba.相沢 翔、Dr.Takeshiと、出演バンド全てからメンバーが参加してセッションを行うという心憎い演出である。会場のファン全員がメンバーと一緒に叫び、飛び跳ね、この最後のステージに熱狂していた。この時、会場のあらゆるところから感じられたのが「期待」、「これから」、「未来」という思いだった。この日集まったファンも、何かの始まりに参加した、そんな感覚を味わい、楽しんだことだろう。

こうして第1回目の「華麗なる激情」は幕を閉じた。イベント全体の姿から「DANGER CRUEが仕掛ける新たなイベント」の意味が見えたような気がした。若手バンドによる先輩アーティストのカヴァー、予想できない組み合わせによるセッションなど、JACK IN THE BOX、そして天嘉(DANGER)を思い起こさせる。新たなシーン、新進のバンドを育て、ファンと一緒にシーンを作りあげていく、そんな DANGER CRUEの原点を感じることができた。
そして終演後、早くも「華麗なる激情」の第2回、第3回の開催が発表された。第2回は4/13(金) 新宿LOFT、第3回は 7/28(土) 恵比寿LIQUIDROOMで開催される。
今回参加したバンドが見せるであろう驚くべき成長と、ファンとシーンに新たなメッセージを送る DANGER CRUEのイベント「華麗なる激情」の今後に注目して欲しい。そこには、初期衝動と熱い息吹が渦巻いていることだろう。

 

 

<文 /  大泉 繁  写真 / HAYATO>

 

J-ROCK EXPLOSION 2012
華麗なる激情
-Splendid Violent Emotion-

2012年2月3日(金) SHINJUKU LOFT

カメレオ    
Vo.HIKARU. Gt.Daisuke Gt.Takashi Ba.Kouichi Dr.Takeshi    
1. 評論家的ダンスナンバー
2. 疑似コミュニケーション
3. 21世紀マン
4. ニート姫
5. 吉開学17歳(無職)(シド カヴァー)

ALSDEAD    
Vo.MAKI Gt.沁 Ba.陽佑 Dr.刹亞    
1. Into The Void
2. 乖離
  MC
3. 流星(ムック カヴァー)
4. FRAGILE
5. CYNICAL

Administrator    
Vo.芥 Gt.公佑 Ba.Takuya Dr.龍    
  SE
1. Shining!
2. Liberation
  MC
3. STREET ROCK'N ROLLER(44MAGNUM カヴァー)
4. 朧
5. テクノブレイク

Para:noir    
Vo.茜 Gt.暁-satoshi- Gt.悠哉 Ba.相沢 翔    
  SE Jane Doe
1. ANTI+CHRIST anthem
2. I want to die
  MC
3. 紫陽花(シド カヴァー)
4. Amaryllis
5. $how time in the [xxx]

ギルガメッシュ    
Vo.左迅 Gt.弐 Ba.愁 Dr.Яyo    
  SE-CRASH-
1. patchwork
2. bit crash
3. stupid
  MC
4. 新曲
5. driving time
6. Break Down

DCR ALL STARS SESSION    
1. evolution
MEMBER    
Vo.   左迅(ギルガメッシュ)
Gt.   公佑(Administrator)
Gt.   沁(ALSDEAD)
Ba.   相沢 翔(Para:noir)
Dr.   Takeshi(カメレオ)

J-ROCK EXPLOSION 2012
華麗なる激情 -Splendid Violent Emotion- 
オフィシャルサイト
http://www.jrockx.jp/


2月2日、SISTER JETが東京・新代田FEVERにて『SISTER JET presents “our world”』を行った。

 

同イベントは、彼らが長年に渡り開催し続けている自主企画。この日はDJにカジヒデキとSUMIRE(TWEEGRRRLS CLUB)、そしてメンバーのショウサカベとケンスケアオキによるCHIKI CHIKI BROTHERSが出演した。共演は8人の男女からなるバンドMAHOΩ。ポップながら独特な世界観で会場を盛り上げた。レーベルメイトでもあるカジヒデキのDJで会場がヒートアップしたあとにメインのSISTER JETが登場。

 

この日は1曲目から新曲を演奏するなど新曲も多く披露された。本編最後も熱いサウンドとメッセージが突き刺さる新曲「しろくま」が演奏され、春からのツアー、そして新作と新たなSISTER JETの幕開けをしっかりと感じさせるライブとなった。アンコールにはカジヒデキ、MAHOΩも参加してのツイスト&シャウト、そしてまた3人に戻ってのLa La Danceで笑顔の終幕を迎えた。

現在オフィシャルHPにROUGH MIX MVがUPされている新曲「17(Seventeen)」も演奏すると、メンバーからこの楽曲の完成版MUSIC VIDEOはリスナーの17歳の写真を公募して制作することが発表された。

【SISTER JETが新曲「17(Seventeen)」MUSIC VIDEO用にファンの写真を大募集!】

 

メンバーの17歳の当時の写真を使った新曲「17(Seventeen)」の途中経過music videoが好評のSISTER JET。17歳のキラキラした瞬間を大切に生きるという思いのこの新曲のイメージを皆と一緒に感じたいとの理由でファンの写真を大募集。17歳の写真、元17歳の写真でも可。完成版MUSIC VIDEOはファンの写真で構成される。

※注意事項

放送、WEBでの配信などされる可能性がありますので、公表しても良い写真をお送りください。尚、写真はお送り頂いたもの全て使用することを目標としますが、応募多数の場合は先着順とさせて頂きます。あらかじめご了承下さい。またお1人様につき1点のみのエントリーとさせて頂きます。発送費用はお客様のご負担となりますのでご了承の上お送り頂きますようお願い致します。尚、お送り頂きました写真につきましては、ご返却致しませんのでこちらもご了承の上、お送り頂きますようお願い致します。
受付期間:2月2日(木)22:00~ 2月15日(水)21:00

DATAでの送付は下記のメールアドレスまで。

info.sisterjet@gmail.com

 

郵送の場合(郵送の場合は2月15日(水)消印有)

〒150-0045

東京都渋谷区神泉町8-16
渋谷ファーストプレイス
パルコ エンタテインメント事業部
SISTER JET『17 Seventeen』写真係

2/2 SISTER JET presents “our world”
<SISTER JET セットリスト>
Dear My Friends ※新曲/仮タイトル
Young Pretender
8ビートはパンク少年のもの
hellogoodbye days
恋してクレイジー
幸せのレシピ ※新曲/仮タイトル
キャラメルフレーバー
さよならポケット
I Wonder ※新曲/仮タイトル
17(Seventeen) ※新曲/仮タイトル
SAY YES
ラブコメ
MR.LONELY
しろくま ※新曲/仮タイトル
-----------------------------------------------------
(アンコール)
ツイスト&シャウト(w/カジヒデキ、MAHOΩ)
La La Dance


由紀さおり「夜明けのスキャット」ギリシャremixが世界50ヵ国以上で配信されることが決定した。

 

2011年10月に発売された由紀さおりとピンク・マルティーニとのコラボによるアルバム『1969』。1曲以外は全て日本語で歌われたこのアルバムは、現在までに世界50カ国以上でCDやデジタルで発売・配信され、世界各国で大きな反響を呼んでいるのは承知のとおり。

なかでもギリシャでは、発売直後からCDチャート上位にランクイン、「IFPIアルバムチャート」最高位6位を獲得(2011/43週)。発売元であるEMI Music Greece (以下EMIギリシャ)では、マーケティング担当者自身が由紀さおりの声の美しさに興味を持ち、とりわけ収録楽曲の「夜明けのスキャット」のメロディに魅かれ、日本に同曲のリミックスの制作を打診。

この、予想もしていなかった反応と、なぜ、ギリシャで?という日本側の困惑をよそに、EMIギリシャの担当者がギリシャ・テッサロニキ出身のエレクトロ・ポップ・デュオMarsheaux(マルソー)に「夜明けのスキャット」を聴かせたところ、彼女たちもこの楽曲の魅力にはまり、今回のリミックスが誕生した。

当初、EMIギリシャが国内のラジオ局でオンエアしてもらうためのプロモーション目的で制作されたこの「夜明けのスキャット(Marsheaux remix)」だが、この楽曲の新たな魅力を紹介すべく、世界50ヶ国以上での配信が決定した。ギリシャでは2月20日から、日本でも2月22日より、主要配信サイトでの配信がスタートする。

実は、由紀さおりとギリシャには不思議な縁がある。1969年3月に「夜明けのスキャット」でデビュー後、同じ年の6月29日にギリシャの首都アテネの「アテネ・スタジアム」で開催された歌の国際フェスティバル「第2回 歌のオリンピアード」に日本代表として出場、2枚目のシングルとなる「天使のスキャット」を歌い、最優秀歌唱賞を受賞していた。当時、由紀さおりは「シンプルで覚えやすい点が受けたようです」。この43年ぶりのギリシャとの不思議な縁に、関係者も驚く。

そんな「1969年」をもう一度ふりかえってみようと、本日より、由紀さおりオフィシャルサイトで「みんなの音楽1969」ニュース(約6分)を公開。これは、ロングヒット中のアルバム『1969』をモチーフに制作した、“見るラジオ番組”です。音源制作には「夜ジャズ」シリーズで著名な須永辰雄氏、ナレーションには当時から活躍されていた中川五郎氏を起用。『1969/由紀さおり&ピンク・マルティーニ』の世界と楽曲がこの時代の貴重な写真やアルバム制作時の写真とともに楽める。後半では「夜明けのスキャット(Marsheaux remix)」も流れる。

また、由紀さおりは、本日2月3日(金)にTBS系列『金スマ』(21:00~21:54)に出演予定。今後もテレビ番組の出演をはじめ、さまざまな活動が予定されている。

ギリシャの関係者は、この楽曲の魅力や、リミックス制作に至った経緯を次のように語る。
【EMIギリシャのマーケティング担当:Angela Kollia】
「ピンク・マルティーニとの『1969』を通じて由紀さんの歌に初めて触れました。その後、彼女自身の作品集を聴かせてもらう中で、彼女の声や楽曲のアレンジに、新しさと熟成の両方を感じ、由紀さんの音楽は、若者も含めたギリシャのオーディエンスに広く伝わると確信しました。その上で、何か新しい要素を加えたいと考え、独特な味のあるMarsheauxというエレクトロ・デュオにリミックスの制作を依頼したのです。彼女たちなら、楽曲へのリスペクトを保ちながら、スタイリッシュで新鮮なアイディアを注いでくれると思ったからです。やはりいい音楽が全てです」
【リミックスを手がけたMarsheaux(マルソー)】
「EMIからこの曲を初めて聴かせてもらった時、スタヴロス・サルカコス(Stavros Xarchakos)の音楽、映画『汚れなき旅情』、女優エレーナ・ナサナエル、60年代のモノクロ映画の数々などの記憶が私たちの中に蘇りました。そこでこれらのイメージを大切にしながら、普段の私たちのシンセ・ポップとは一味違うリミックスを作ってみました。初めて知る歌手の作品を手掛けるのは未知の体験でしたが、とても楽しめました。自分たちが持つイメージや経験を活かす自由度が高いですし、私たちの思い出や美意識を投影することもできました。このリミックスには、そんな私たちの思いが表れていると思いますし、これを受け容れて下さった由紀さんに感謝します」
【「Pepper Radio」のプログラム・ディレクター:George Mouhtarides】
 「新たな夜明けを彩るメロディの中で、昨日のSaori Yukiと今日のMarsheauxが出会った!」
【ジャーナリスト/ラジオDJ:Yiannis Nenes】
由紀さおりとMarsheauxが出会う場所。歌手として、女優として、素晴らしい経歴を持つディーヴァ、由紀さおり。「夜明けのスキャット」は、そのメロディと穏やかな調和の美しさから、日本のボーカル・シーンの中で傑出しており、象徴的な作品の一つに挙げられます。Marsheauxの二人によるエレクトロな味付けは、まるで冬の終わりの日本庭園のような、甘美なエレガンスを感じさせます。さらに素晴らしいのは、このリミックスの奥底に、Marsheauxが持つギリシャのニュー・ウェーヴの曲の記憶がもたらしたと思われる、涼しげな夏の空気が流れていることです。今年は様々な場面でこの曲を聴くことになるでしょう!

【「夜明けのスキャット (Marsheaux remix)」配信情報】
ギリシャ配信日: 2012年2月20日(月)
日本配信日:2012年2月22日(水)    
配信予定国(2012年2月3日現在、51ヶ国)
日本、アイルランド、アメリカ、アルゼンチン、イギリス、イタリア、エクアドル、エストニア、エルサルバドル、オーストラリア、オーストリア、オランダ、カナダ、キプロス、ギリシャ、グアテマラ、コスタリカ、コロンビア、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、チェコ、チリ、デンマーク、ドイツ、ドミニカ共和国、ニカラグア、ニュージーランド、ノルウェー、パナマ、パラグアイ、ハンガリー、フィンランド、ブラジル、フランス、ブルガリア、ベネズエラ、ペルー、ベルギー、ポーランド、ボリビア、ポルトガル、ホンジュラス、マルタ、メキシコ、ラトビア、リトアニア、ルーマニア、ルクセンブルグ

Marsheaux(マルソー):

Marianthi MelitsiとSophie Sarigiannidouからなる、ギリシャ・テッサロニキ出身のエレクトロ・ポップ・デュオ。ユニット名は、二人の名前の頭をそれぞれ合わせたもの。Depeche Mode、The Human League、OMD、Duran Duran、Soft Cell、New Order、Sparksなどに影響を受け、シンセ・サウンドやダンスに目覚める。「ポップコーン」をカバーした2003年のデビュー・シングルがヒットし、ギリシャおよびヨーロッパで有名に。これまで3枚のアルバムを発表。Katy Perry、Kylie Minogue、Moby、Depeche Modeなどのリミックスも手掛ける。

【「みんなの音楽1969」ニュースについて】
由紀さおりオフィシャルサイトで公開 http://www.emimusic.jp/pmsy1969/html/movie.html
Youtube http://www.youtube.com/watch?v=uTeImMjlgQc

由紀さおりオフィシャルサイト http://www.emimusic.jp/pmsy1969/
EMI Music Japan アーティストサイト http://www.emimusic.jp/artist/yuki-yasuda/

 

【リリース情報】

由紀さおり×ピンク・マルティーニ コラボアルバム
『1969』
EMI
TOCT-27098
¥3000(tax in.)
10.12 ON SALE!


 

昨年末にリリースした最新アルバム『BLACK WORLD / WHITE HEAT』を引っさげ、2月25日から始まるZeebraの全国5都市でのライブツアー「THE LIVE ANIMAL 2012 "BLACK WORLD / WHITE HEAT"」に、伝説のヒップホップグループ、キングギドラのK DUB SHINE & DJ OASISと、本作「Fighters Anthem」にも客演参加しているANARCHYのツアー帯同が決定した。

また、3月16日(金)東京・赤坂BLITZのゲストアーティストの参加も発表された。これは、2月2日(木)に放送された日本テレビ「TOKYOヒットガールズ」に、Zeebraがゲスト出演した際に発表されたもので、KGDR(ex.キングギドラ)のツアー帯同決定により、Zeebraのソロライブの他にもKGDRとしてのライブも見られるようだ。

KGDRは2011年の大震災を受け開催したチャリティーライブ「KGDR "アポカリプスナウ" in TOKYO」と、Hi-STANDARD主催の「AIR JAM 2011」以来の復活であり、見逃したギドラファンには大きなプレゼントとなる。

The Live Animal 2012 ツアー帯同メンバー
Zeebra / K DUB SHINE & DJ OASIS from KGDR / ANARCHY
(※2月25日@福岡は除く)

The Live Animal 2012 東京・赤坂BLITZ
Zeebra / K DUB SHINE & DJ OASIS from KGDR / ANARCHY
AI / COMA-CHI / DAG FORCE / Mummy-D / NaNa / and more Special guest!!

【ツアー詳細】
Zeebra LIVE TOUR THE LIVE ANIMAL 2012
“BLACK WORLD/WHITE HEAT
2月25日(土)福岡DRUM LOGOS
3月2日(金)名古屋DIAMOND HALL
3月6日(火)大阪BIG CAT
3月10日(土)仙台Rensa
3月16日(金)赤坂BLITZ
総合問い合わせ(SKY VISION 03-3410-5451)

 

オフィシャルホームページ
www.zeebra.jp
MUSICSHELF最新インタビュー
/blog/vab/zeebra-page1.html

布袋寅泰の30周年アニバーサリー・イヤーのフィナーレであり、自身50歳の誕生日を記念したライブ「30th ANNIVERSARY 第四弾 HOTEI THE ANTHOLOGY "最終章" WE ARE DREAMER ~50th BIRTHDAY SPECIAL CELEBRATION GIG~」が2012年2月1日(水)にさいたまスーパーアリーナで開催された。

布袋寅泰自身の49歳の誕生日である2011年2月1日、日本武道館でのライブを皮切りに幕を開けたアーティスト活動30周年アニバーサリー・イヤー。その後は5月20日に国立代々木競技場 第一体育館、5月22日に大阪城ホールでのライブを開催し、夏にはCOMPLEXでの東京ドーム2Days公演や全国各地のイベントに出演。秋からは全国ツアーを実施する等、一年を通じて精力的な活動を行ってきた。

この日を待ちわびていた超満員12,000人のファンの大歓声の中、布袋が登場。オープニングナンバー「B・BLUE」が演奏されると、会場のボルテージは一気に最高潮に達する。「スリル」、「バンビーナ」、「恋をとめないで」などファンにはたまらない名曲が次々と披露される。途中、センターステージや150メートル以上もあるサイドウォークでのパフォーマンスを披露し、最後は「IDENTITY」で本編の幕は閉じる。そして、アンコールでは、BOØWY最後のライブとなったLAST GIGSから24年ぶりとなるドラマー・高橋まこととの共演が実現。「JUSTY」、「NO.NEW YORK」などを共に演奏。アーティスト活動30周年アニバーサリー・イヤーのフィナーレにふさわしい、感動的なライブとなった。アンコールを含めた全27曲を熱演。30年間の歴史の中から選りすぐられた、集大成と呼ぶにふさわしい選曲で、ファンにとってはまさに夢のようなスペシャルなライブであり、最高の一夜となった。

同日には、アーティスト活動30周年を記念したSpecial Package 「HOTEI MEMORIAL SUPER BOX」が発売となった。LP6枚+CD21枚+DVD2枚+100ページ豪華ハードカバーブックという全30アイテムを収録した日本ROCK界最重量級、完全生産限定のメモリアル BOX。未発表曲、初CD化曲、最新ライブ音源などを網羅した全396曲収録という30年アニバーサリーにふさわしい空前絶後の内容となっている。

また、先日スタートした日中韓3カ国共同製作連続ドラマ「Strangers 6」のメインテーマ、「Strangers 6 Theme」が2月15日から着うた®、2月22日から着うたフル®、PCで配信されることが発表された。世界中に愛されている「BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY」(映画「KILL BILL」のテーマ)を彷彿とさせる、壮大でスリリングなインスト・ナンバーとなっている。


【INFORMATION】
テレビ放送決定!
2012年4月8日(日)
【BS】BSスカパー!Ch.241(スカパー!e2)
【CS】スカチャン5 HD Ch.585(スカパー!HD)/スカチャン5 Ch.185(スカパー!)
19時00分より放送
※全国の映画館に同時生中継するライブ・ビューイングを実施!

 


布袋寅泰official HP http://www.hotei.com/
EMI Music Japan アーティストサイト http://www.emimusic.jp/artist/hotei/

1月30日よりオンエアされている多部未華子が出演の日産「マーチ」新CM、「ちゃっかりさん出会い」篇で流れる曲のヴォーカルにフルカワミキが起用されている。

BIKKE(TOKYO No.1 SOUL SET)のナレーションとともにホンワカとした雰囲気を醸し出している「ちゃっちゃっかり~」な楽曲は、CMオリジナル曲で、タイトルはそのままズバリ「ちゃっかりさん」。

 

フルカワミキのヴォーカルがCMを華やかに盛り上げている。

http://www.furukawamiki.jp/

MEG が 内容からデザインまでトータルで開発をした 新コスメティックブランド "baw (バウ)"がデビューした。

 

若い年齢からのきちんとしたアンチエイジングをメインテーマに、この先のお肌のことを考えた 3種類のスキンケアライン。年齢や性別を問わない エイジレス化粧品です。毎日つかうものだから、もちろん置いたときのデザインにもしっかりとこだわった彼女らしい見た目も美しいラインナップ。ブランド名の由来は…ロゴを逆さにしてみたらわかるとのこと。詳しい情報はbaw (バウ)のHP でチェックできる。

http://baws.jp/

また、2010年秋、2デイズのバースデーライブをもって、国内の音楽活動休止を発表したMEGが、デビュー10周年を迎え国内での音楽活動の再開を発表した。

レコード会社をキングレコードへ移籍し、4月25日にカバーアルバム、5月23日にニューシングルを発売する。6月23日には、SHIBUYA-AXでの10周年記念スペシャルライブを開催することも決定した。

MEGは2002年からこれまでに8枚のアルバムをリリース。国内でのワンマンライブツアーの他、フランス・パリで開催された「JAPAN EXPO」や「SUMMER SONIC」にも08年、09年と2年連続出演。2010年秋、ベスト盤のリリースと、サンリオピューロランドを貸し切っての2デイズのバースデーライブをもって、海外での活動開始に専念したいとの理由で、国内から海外(主にフランス)に活動拠点を移し、国内での音楽活動休止を発表。

 

その後、19万人が来場する「JAPAN EXPO Paris」をはじめ、音楽やファッションに関するゲストなど、定期的にフランスでのイベントに出演。フランス iTunes Store限定では新曲が6ヶ月連続リリースされ、フランス国内で大きな話題を集めるとともに、日本国内でもリリースを求める声が殺到していた。

 

現在は日本とフランスを行き来する中、2012年、デビュー10周年を迎え、待望の日本国内での音楽活動を再開することを発表。

4月25日に発売となるカバーアルバムは、フランス限定配信曲の日本国内でのリリースを求めるリクエストに応え、フランスiTunes Store限定配信楽曲を含む、豪華プロデューサー陣が制作を手掛ける全10曲を収録予定。タイトル/内容など詳細は追って発表とのこと。

 

今回の日本国内での音楽活動再開に際し、MEGからは以下のコメントが届いた。

 

「ちょうど今、新曲をレコーディングしています。カバーアルバムは、Twitter などを通じて、フランスだけでなく 日本での発売のリクエストを沢山いただいていたので、今回、それがやっと、新しいレーベルさんの協力により実現する形となり、私もとても嬉しいです。フランスでは、初めましての方ともいきなりライブを楽しめる事をテーマにリリースを続けてきたので、日本の皆さんにもポピュラーな曲ばかりだと思います。」

 

2012年、日本国内での久しぶりの音楽活動の再開に注目が集まる。

 

Release Info
MEG アニメ主題歌 カバーアルバム(タイトル/内容未定)
2012.4.25 ON SALE
MEG NEW SINGLE
2012.5.23 ON SALE

Live Info
MEG「10TH ANNIVERSARY PARTY
"Arrivée"」
日程:2012年6月23日(土)
会場:SHIBUYA-AX
OPEN 17:00 / START 18:00
チケット一般発売日:2012年5月19日(土)
問合せ:DISK GARAGE 03-5436-9600(weekday12:00~19:00)
【モバイル会員先行/オフィシャルサイト先行有り】
モバイル会員先行(2012年2月3日18:00~2012年2月9日23:00)                                                                                 オフィシャルサイト先行(2012年2月12日 18:00~2月18日23:59) 
http://megweb.jp/

デビュー10周年、そして2月22日にアルバム『光の通り道』をリリースする熊木杏里。そのアルバムに収録されている「Love letter ~桜~」が3月7日(水)にアレンジを変えてシングルとしてリリースされる。そのカップリングにコブクロ「桜」のカバーが収録される。

日本らしい“桜”そして、“春”の季節感を十分に感じて頂き、日本の季節の素晴らしさを、この楽曲と熊木杏里の世界観で伝えていく事が出来ればとの思いで、企画されたという。

この曲のリリースを記念して、熊木杏里は全国の桜の開花に合わせて、「Love letter ~桜~」を歌いにいくという。その名も、「熊木杏里「Love letter ~桜~」 桜前線北上企画!!」。まずは沖縄。沖縄は緋寒桜がもう咲き始めたとのことで、2月3日(金)に、沖縄へ行き、新曲を初披露。美ら海水族館で開催される花まつりでパフォーマンスする。この模様は、FM沖縄の番組でも生放送される。

今後は、全国の開花情報を、熊木杏里のHPなどでも定期的に伝えていき、その地区の名所での桜の模様も実況中継。九州、関西、東海、関東、長野、東北(福島や仙台を予定)、札幌を予定している。

熊木杏里コメント

昨年の地震後、春。
桜を愛でたりお花見をしたりということが心の自粛によって出来なかった方が日本全国に多くいたと思います。
空を眺めるのも忘れてたとつぶやく人もいました。
私が願うことは歌がいい想い出や未来の景色を胸に咲かせる手助けになること。
そんなことを考えながら「Love letter ~桜~」のレコーディング後、

ふとコブクロさんの「桜」を、口ずさんだ自分がいました。
桜を歌で届けたい。 ~花びらの数と同じだけ生きてゆく強さを感じる~
歌いながら歌詞が響いた。
今年の桜が希望になってみんなに届くように一緒に頑張りたいです。

 

 

【リリース情報】

2012年の“桜”ソング決定!
『Love letter ~桜~/桜』
ワーナー
03.07 ON SALE!




kya1.jpg

きゃりーぱみゅぱみゅ自身初主催イベント『ひっちゃかめっちゃか~きゃりーぱみゅぱみゅ19才スペシャル~』が1月29日に渋谷WWWにて開催された。

 

このイベントは彼女の19歳の誕生日を祝うためかねてより交流のあるアーティストが集まり、チケットは即日SOLD OUT。先行予約には約6000通の応募が殺到し、まさにプレミアムライブとなった。

ライブ登場のSEでもある「きゃりーのマーチ」が鳴り始めると、大きな拍手と歓声が上がった。下手から4人のきゃりーコスプレをしたダンサーを引き連れきゃりー登場。会場のテンションは一気にMAXに。

 

注目のきゃりーの衣装は、彼女の大好きなブランドでもある「Candy Stripper(キャンディーストリッパー)」のデザインナーと相談しながらデザインしたという、レインボーのパステルカラーを基調としたチュールのスカートにお尻部分にはチュールを重ねたバッスルを身に着け、いつもより一段とお姫さまスタイルのドレスになっていた。

合間MCでは進路に迷っていた高校3年生から、まさかの歌手デビュー、そしてLAでのライブを振り返り、18歳を夢みたなひっちゃかめっちゃかな1年と表現。さらに、16歳から19歳まで年々良い年になる一方なのでこれからもさらに楽しい1年にしたい!と意気込んだ。

そして最後の歌唱曲「つけまつける」の振り付けをファンに自らレクチャーした後、曲フリしたにもかかわらず、イントロが流れず不穏な空気を感じ取るが、実はこれは会場にいるファンとスタッフで仕込んだサプライズ。事前にスタッフより仕込まれていたクラッカーが鳴り、当日DJで参加していたエレキコミックやついいちろう氏と日頃から親交のあるモデル達がケーキを持って登場し、きゃりーの誕生日をお祝いするサプライズも!

 

「19歳は曲をいっぱいリリースして、国内のツアーや海外にもいっぱいライブに行きたい!」と抱負を語った。

誕生日イベントということもあり、いままでで一番長いパフォーマンス。会場に集まった約450人の大歓声を浴びながら全7曲を歌い上げ、大成功で幕を閉じた。

 

【セットリスト】
M1きゃりーのマーチ
M2チェリーボンボン
MC
M3ちょどいいの
M4ピンポンがなんない
MC
M5きゃりーANAN
M6PONPONPON
MC
M7つけまつける

 

【リリース情報】

1stシングル
『つけまつける』
ワーナーミュージック
初回限定フォトブック仕様:WPCL-11018
¥1,800(tax.in)
通常盤WPCL-11019 ¥1,200(tax.in)
※「きゃりーステッカー」3種類の内1種をランダム封入
2012.01.11 ON SALE!






昨年末に発売されたレコードジャケット本『昭和のレコードデザイン集』(P-VINE BOOKS)。同書に収載された味わい深い貴重なジャケットを中心に、著者・山口‘Gucci’佳宏氏、鈴木啓之氏の秘蔵のグッズなどが東京・大田区久が原の昭和のくらし博物館で展示される。入場料500円。

 

会場の昭和のくらし博物館は、昭和26年築の住宅と家財を当時のまま残す木造住宅。国指定文化財に指定されている貴重な家屋。

 

2月19日には著者によるトーク&レコード鑑賞会を、一家団欒のお茶の間にて開催される。

 

『昭和のレコード デザイン集』刊行記念展示

昭和のレコードデザイン展

開館時間:10:00~17:00 休館日:月曜日

入館料 : 大人500円 小学生~高校生・友の会会員300円

主  催:昭和のくらし博物館、P-Vine Books、金羊社

お問い合わせ:03-3750-1808

 

【イベントINFORMATION】

 

『昭和のレコード デザイン集』の音を聴く夕べ。

2012 年2月5日(日)17:00~19:00

場所:下北沢ブラウンズブックス&カフェ

http://brownsbooks.jp/booksandcafe/

出演:山口‘Gucci’佳宏、鈴木啓之、

山崎二郎(バァフアウト!編集長)

料金:無料(ドリンク1 オーダー制)

 

『昭和のレコード デザイン集』の音を聴く夕べ。

2012 年2月19日(日)15:00~17:00

場所:昭和のくらし博物館

出演:山口‘Gucci’佳宏、鈴木啓之、

稲葉将樹(P-Vine Books 編集者)

料金:800 円(お茶菓子付き、入館料500 円含む)

※予約制(20名):tel:03-3750-1808

ザ・スミスのボーカリストとしてデビューして以来、ヴォーカリスト、ソングライターとして常にミュージック・シーンのカリスマとして君臨するモリッシーの10年振りの来日決定した。


1991年、1995年、2002年に続いて4度目の来日。2002年はサマーソニック・フェスティバルでの来日であった。

 

現在、精力的にワールドツアーを行っているモリッシー。その内容は自身のキャリアを総括するステージ。そファン必見のライブをここ日本で披露する。

 

<ツアー・スケジュール>
4月19日(木) 仙台 Zepp Sendai
4月21日(土) 川崎 Club Citta’
4月23日(月) 東京 Zepp Tokyo
4月24日(火) 東京 Zepp Tokyo
4月26日(木) 福岡 Zepp Fukuoka
4月27日(金) 広島 Blue live
大阪公演日程調整中
5月2日(水) 名古屋 Zepp Nagoya
企画・制作・運営・招聘:クリエイティブマンプロダクション

 

DaizyStripper、約5ヶ月振りのワンマンライブが1月21日、横浜BLITZで行われた。奇しくも天候は雨。雪になりかねないほどの寒さだったが、会場はそんな寒さを感じさせないくらい、5人を待ちわびたファンの熱気に溢れていた。

「KAMAKURA」をSEにまゆ、なお、Rei、風弥が登場。1曲目は「Dictator」。曲の始まりと同時にドラムセットの後ろにそびえ立つように現れた夕霧が印象的。ド頭から激しく頭を振り乱しながらダークサイドのDaizyStripperを見せつけると風弥のシンバル音をきっかけに強いストロボの光が蠢き出す。「Screaming Husky」だ。「会いたかったぞー!横浜BLITZ!」と夕霧が叫ぶと、オーディエンスも熱く応え、さらに激しく頭を振り乱す。そこから畳み掛けるように「Zero Crysis」へ。“ブラックデイジー”とでも称するべきか、この日の5人は一切攻撃の手を緩めることがない。『SIREN』収録のナンバーが中心だったことも大きな要因だが、「Become A Beast」ではサビの「FxxK it」に合わせ夕霧が中指を立て煽ったり、「PSYCHEDEDLIC HEAVEN」では激しいモッシュが起きたりと、どこまでもクレイジーにライブを展開する。

シングル曲「月に銃声」を挟み、披露された「砂上の楼閣」ではそれまでと違った柔らかい夕霧の声がとても印象に残っている。MCでの「喜怒哀楽、全部出していこうぜ!」という言葉のとおり、音に感情をぶつけながらとことんエモーショナルに魅せていく姿はとても頼もしい。
ガラッと空気を変えたのは、風弥のピアノソロによる「Twilight」、そして続く「夜想曲」だ。繊細な鍵盤からジャジーな雰囲気に飲み込まれた会場。まゆの奏でるアコースティックギターもスパイスとなって独特の空気感を演出していた。

「みんな、大なり小なり夢があるでしょ?俺たちにも夢があるんだ。そんな夢を持つみんなにこの曲を送りたいと思います」と夕霧が告げ始まった「切望のフリージア」。キャッチ―なメロディに乗せ熱いメッセージを伝えると、「Sunday Driver」ではまゆの疾走感たっぷり、さわやかなギターリフが弾け、なおのギターソロも、Reiのベースも、味わい豊かにポップな楽曲を盛り上げる。
「KISS YOU」の大合唱で会場が一つになり、愛情溢れた空間に酔いしれているとメンバーのMCタイムがスタート。なおの質疑応答タイムやまゆの天然全開のMCなどで場が和む。そして本ライブのタイトルにもなっている「5×STARZ」を披露すると、同様にタイトルに合わせた5色の光が降り注ぎ、ステージを色鮮やかに彩った。「BLACK DROPPer」、「Know Future」とオーディエンスを煽り倒して終了した本編は力強く感情的で、昨年8月に行われたポップさ重視の可愛さのあるライブとは明らかに違った。


メンバーが去りステージが暗転すると、フロアから自然発生した「KISS YOU」の大合唱。優しい歌声にメンバーもにこやかに微笑みながらステージに再登場。アンコールでまず披露されたのはこの日のために用意されたスペシャルメドレー。「もしかしたら間違えちゃうかも」と笑いながらも、伸びやかな声で「ダンデライオン」「星空と君の手」「ジュリエットのナイフ」「リリカルナイト」「Trigger」「春めく僕ら」「色彩ヴィヴィッド」「Dearest」とディスコグラフィーを振り返るような、まさにおいしいとこどりの特別なパフォーマンスを見せてくれた。

MCを挟み披露された「aquarium」。タイトル通りのふわふわと漂うようなナンバーに合わせ、レーザーが作り出す水色の水面。その水面に頭からすっぽりと包み込まれるとまるで水槽を泳ぐ魚になった気分で、非常に心地良い。続く「36.5℃」は、「あなたたちに出会えてよかった。また生まれ変わっても一緒に歌おうね」と告げスタート。後半で5人を照らす5色の光はとても美しく、“DaizyStripperという5つの光がこれからもみんなを照らしていけますように”という願いが込められているように思えた。

止まないアンコールに呼び戻され、ダブルアンコールで披露されたのは「decade」、そして「STAY GOLD」。「STAY GOLD」で全開の照明がフロアを照らすとそこにはたくさんの笑顔が咲き乱れていた。
すべてを出し切ったという表情で、ステージに倒れ込むなおとまゆ。そして満面の笑みを浮かべている、夕霧、Rei、風弥。満足そうな5人への歓声が止むことはなかった。

緩急のついたパワフルな演奏と芯の揺るがない屈強な歌声。たった5ヶ月でこんなにも力をつけたことには、感服せざるを得ない。この“ライブ力の向上”は、制作に費やした多くの時間がもたらした一つの成果なのだろう。そしてこの7ヶ月の間にリリースされた約40曲の新曲たち。まだまだライブで披露されていない曲が多いだけに、今後のライブでどのように魅せてくれるか非常に楽しみだ。4月からスタートするツアー「DaizyStripper 5th Anniversary ONE-MAN Tour "DREAMER"」、そしてこの日に発表となった渋谷公会堂でのファイナル公演で、さらなる成長を遂げた5人が見られることは間違いないだろう。

 

<取材・文 / なるまゆか  写真 /NORI>

 

 

YOKOHAMA BLITZ ONE-MAN LIVE

「5×STARZ ATTACK~奏で合うのさ5色音~」 セットリスト
SE~KAMAKURA~
1.Dictator
2.Screaming Husky
3.Zero Crysis
4.AWAKE ME!
5.Become A Beast
6.PSYCHEDEDLIC HEAVEN
7.月に銃声
8.砂上の楼閣
9.Twilight
10.夜想曲
11.切望のフリージア
12.Sunday Driver
13.KISS YOU
14.5×STARZ
15.BLACK DROPPer
16.Know Future

En1.DaizyStripperスペシャルメドレー
ダンデライオン
星空と君の手
ジュリエットのナイフ
リリカルナイト
Trigger
春めく僕ら
色彩ヴィヴィッド
Dearest
En2.罪な罰
En3.aquarium
En4.36.5℃『SIREN』

WEn1.decade
WEn2.STAY GOLD