PICKUP!!

Applicat Spectra、都内初ワンマン盛況

Photo=Ryo Nakajima

4月4日にメジャー・デビュー・アルバム「スペクタクル オーケストラ」をリリースしたApplicat Spectraが、4月30日にメジャーデビュー後、初となるワンマンライブ「SPECTACLE ORCHESTRA」を渋谷WWWにて行った。

地元大阪では昨年11月にワンマンライブが行われたものの、東京では初めてのワンマンライブという事もあって、チケットは早々にソールドアウト。初ワンマンを体験しようとする熱心なファンで会場は満員となった。SEが流れ、ステージ上の幕が開くと、無数のレーザービームが密生した樹木のごとく張り巡らされた奇抜な演出。湧き上がる歓声の中、ライブは「アルペジオ」からスタート。ライブではお馴染のナンバーで、自己紹介をするかのように、二つの楽器をサラッと弾きこなすナカノ、ナカオ、イシカワの3人。そのパフォーマンスにオーディエンスの目は釘付けに。

2曲目は新曲「スターノート」。独自な世界観の歌詞とアプリらしい美学で構築されたダンサブルな楽曲で、今後の彼らの代表曲になりそうな1曲だ。続くMCでナカノが「Applicat Spectraです。聞きたい人は聞いてもらって、踊りたい人は踊ってもらっていいです。僕らも一生懸命やるので、僕らの事を好きだって事を一生懸命伝えてください。今日は最後までよろしくお願いします」と挨拶するとオーディエンスが温かい拍手で応えた。

ライブはアルバム「スペクタクル オーケストラ」の収録曲を中心に新曲も交えて展開。複数の楽器を駆使したメンバーの力強い演奏に加え、映像や照明、レーザーといったワンマンライブならではの演出を駆使し、楽曲のメッセージや世界観を伝えるステージングは圧巻で、まさに“スペクタクル”なライブとなった。アンコールでは「四人で初めて作った曲」だという「スターライト」を披露。オーディエンスと一体となって楽しそうに演奏するメンバーの笑顔が印象的だった。

5月12日には大阪MUSEでもワンマンライブを行う予定。また、この日、7月5日に行われるスペースシャワーTV「スペースシャワー列伝~第九十巻 灼熱(しゃくねつ)の宴」への出演が発表となった。

 

 

【リリース情報】

新世代バンド、デビュー盤
『スペクタクル オーケストラ』
A-Sketch
AZCS1018
¥1,680 (tax in.)
ON SALE!


 

最新コラム