2012年5月アーカイブ

 

5月29日(火)に26歳の誕生日を迎えたYU-Aが、その当日、『YU-A My Family Birthday Party 2012』を開催した。
会場の六本木BeeHiveは、YU-Aの誕生日を祝おうという100人のファンで満席。開演時刻とともに現れたのはなんと吉本興業のピン芸人、エハラマサヒロ。本日のMCを担当するとのこと。客席からは歓声とともに「お誕生日、おめでとう!」の声。奇遇にも、エハラも同じ5月29日生まれ(30才)だったのだ。

エハラの呼び込みにより、ひときわ大きな歓声とともにステージへ登場したYU-A。YU-Aはエハラへの誕生日プレゼント(名前入りのボールペン)を用意してきたとのことで、受け取ったエハラは「みなさんの笑顔120円~!」とCMでお馴染みの美声で喜びを爆発させた。

YU-Aが「私たちの誕生日に、こうしてみなさんと過ごせてうれしいです。カンパーイ!」と乾杯の音頭を取り、会場全体で乾杯。ここからYU-Aとエハラによるトークコーナーが設けられ、来場者に事前に配布された本人企画のBEAUTY MARKシール(ホクロシール)をエハラの顔に貼ったり、来場者全員がYU-Aの右目の下にあるホクロと同じ場所に貼って、ムービーカメラで客席を撮影したりと大盛り上がり。
会場に集まった女性ファンの多さに「同性に支持されるってすごいです」とエハラも感心しきり。また、京都、福岡から訪れたファンもいることを知ると、「なんで私なんかのために…ありがとうございます」と恐縮しながらも喜んでいるYU-Aが印象的。

 


2人によるミニセッションでは、『ごめんね、ママ』、『あなたの笑顔』の2曲の一部をエハラと共に披露。エハラの見事なハモリ、そして即興ラップにまたまた会場は大盛上がり。エハラと「『誕生日が一緒』っていう曲を作りたい!」と、夢の(?)ユニット誕生を予感させる発言もYU-Aから飛び出した。

ライブコーナーは、ギターとキーボードを従えたYU-Aによるアコースティックライブがスタート。『忘れられない恋』から始まり、『逢いたい…』『DREAM』『鍵』『誓い』と、しっとりと歌いあげ、ラストの『TELL ME TELL ME』では、スタンディングとコールアンドレスポンスの連続で、会場のボルテージは最高潮に。

バースデーケーキが壇上に運ばれ、さらに客席からは花束と「Happy Birthday to You」の合唱というサプライズもあり、あまりの驚きで、感極まるYU-A。同じ誕生日のエハラとともに、ローソクに火を吹き消すと、「ありがとうとしか言えないんですけど、私も死ぬ気で夢を掴みにいきたいなと思っているので、26歳のYU-Aもよろしくお願いします。ありがとう、またね!」と、強いメッセージを残してステージを後にした。

この他にも質問コーナーやプレゼント抽選会もあり、終始笑顔の絶えない素敵な一夜となった。


【リリース情報】
3rd Album
『DREAM』

2012.5.23 ON SALE!

 

【初回限定盤】

YRCN-95179 / ¥3,000(tax in)


【通常盤】

YRCN-95180 / ¥2,500(tax in)

 

【ライブ情報】
『YU-A DREAM Live Tour PERFORMANCE 2012』
9/8(土)大阪 BIG CAT
9/14(金)名古屋 ELL
9/21(金)札幌 Sound Lab mole
9/28(金)福岡 Beat Station
10/5(金)東京 SHIBUYA-AX

オフィシャルサイト
http://www.yu-a.fm/

 

中村一義の約10年振りとなるニューアルバム『対音楽』が7月11日発売されることgが決定した。


今年2月にリリースされたシングル『運命/ウソを暴け!』が現代のアンセムとの呼び声が高い中、ついに約10年振りとなるオリジナルアルバムが届けられる。

このたび、ついにこのソロ名義5枚目のアルバムの詳細が明らかとなった。7月11日に発売が決定したアルバムのタイトルは『対音楽』(たいおんがく)。シンプルかつ唯一無二な表題は、ソロ名義での活動を再始動するにあたり、自身の音楽的ルーツともいえるベートーベンと徹底的に向き合い名付けられたものだ。

 

また、各楽曲には、ベートーベンの交響曲第一番から第九番までのフレーズが曲順に沿って融合され、『中村一義 対 ベートーベン』という、前代未聞の時空を超えた奇跡の競演に各方面から大きな注目が集まっている。

この『対音楽』を語る上で欠かせない最大の特徴は、収録される全楽曲を、作詞作曲のみならず、アレンジからプロデュース、全楽器演奏まで、すべて中村一義本人のみで創り上げていることだ。そして約1年という制作期間をかけて綿密に構築された、これまでの全音楽キャリアを凌駕する、中村一義史上、最重要マスターピース『対音楽』が今、ここに誕生した。

 

【中村一義 デビュー15周年記念ライブ】
9/29(土)  大阪 なんばHatch
9/30(日)  大阪 なんばHatch
10/19(金) 名古屋 クラブダイアモンドホール
10/20(土) 名古屋 クラブダイアモンドホール
12/21(金) 東京 日本武道館

 

ニューアルバム
『対音楽』
2012年7月11日(水)発売


【CD+DVD】VFCV-00096/B 3,800円(税込)
【CD】VFCV-00097 3,150円(税込)

※DVD付初回盤スリーブ仕様
※シングル・アルバム連動特典あり
※アルバム購入者対象ライブチケット先行予約あり

【収録曲】
1. ウソを暴け! -Album ver.- (対 ベートーベン交響曲第一番)
2. 黒男 (対 ベートーベン交響曲第二番)
3. きみてらす (対 ベートーベン交響曲第三番「英雄」)
4. おまじない (対 ベートーベン交響曲第四番)
5. 運命 -Album ver.- (対 ベートーベン交響曲第五番「運命」)
6. 流れるものに -Album ver.- (対 ベートーベン交響曲第六番「田園」)
7. 銀河鉄道より (対 ベートーベン交響曲第七番)
8. 愛すべき天使たちへ(対 ベートーベン交響曲第八番)
9. 歓喜のうた(対 ベートーベン交響曲第九番)
Bonus Track 僕らにできて、したいこと - Live at 100st. 2011/06/23 -
(対 ベートーベンピアノソナタ第八番「悲愴」)

中村一義 コンセプトサイトKIKA:GAKU http://kikagaku.com/
オフィシャルサイト http://avexnet.or.jp/nakamurakazuyoshi/

 

LUNA SEAが、この年末、12月23日に大阪城ホールで、そして2013年1月には、日本武道館で6日間にわたってライヴを開催する。

彼らの武道館公演は2000年5月の『PREMIRE OF LUNACY 2000』、そして大阪城ホール公演は、同年8月に『LUNA SEA CONCERT TOUR 2000 BRAND NEW CHAOS』の一環として行なわれた二夜公演以来、約12年以上振り。
特に日本武道館においては、1993年に嵐で順延した初武道館公演や、アルバムLUNACY発売前に収録曲を全曲ライブで披露した『PREMIRE OF LUNACY 2000』など、ファンの間では伝説的に語り継がれている公演が行なわれてきた特別な場所であり、いうなれば東京ドームに匹敵するLUNA SEAの聖地。その場所で、2013年1月、その武道館伝説にまた新たな1ページが刻まれることになる。

そしてこれら計7本の公演には『LIVE 2012-2013 The End of the Dream』という意味深長なタイトルが冠せられている。直訳すれば“夢の終焉”ということになるこの言葉に込められた真意は、今のところ、メンバーたちの口からは語られていない。現時点においてたったひとつ明らかなのは、彼らが年末から年始にかけての時期にLUNA SEAとして最新の“今”をステージ上で披露してくれるという事実のみである。

かねてからオフィシャル・サイトにおいては“謎のカウント・ダウン”が始まり、ファンの間ではさまざまな憶測が飛び交っていたが、それがゼロを迎えた瞬間に解禁を迎えたのがこの情報だ。まずはこのライブのさらなる詳報情報を待とう。

また、WOWOWにて、LUNA SEA特番のオンエアも決定。7月8日(日) 20:00から放送される、日曜スーパーライブ「WOWOW Presents  LUNA SEA TV SPECIAL -The End of the Dream- 」は、今年メジャーデビュー20周年を迎えるLUNA SEAが、実に約12年ぶりにテレビ番組でパフォーマンス。「LUNA SEAによる、今まで見たことのないライブ番組」をコンセプトに、「観客のいないライブ収録」を決行し、関東近郊の某会場をこの番組のためだけに貸り切り、観客を1人も入れずにメンバーだけでセッションライブを行う予定だ。
当日は、過去にリリースされたアルバムから厳選されたセットリストで収録を予定。また、テレビ番組での完全オンエアが非常に困難と思われる、12年ぶりの大作シングル「THE ONE ― crash to create ―」のパフォーマンスも予定され、こちらの初披露も番組の大きな見どころの一つと言えるだろう。


【ライブ情報】
『LIVE 2012-2013 The End of the Dream』
2012年12月23日(日)

大阪城ホール
2013年1月11日(金)12日(土)13日(日)18日(金)19日(土)20日(日)
日本武道館


【番組情報】
日曜スーパーライブ
「WOWOW Presents  LUNA SEA TV SPECIAL
-The End of the Dream- 」

7月8日(日) 20:00~

番組特設サイト
http://www.wowow.co.jp/lunasea

LUNA SEA オフィシャルサイト
http://www.lunasea.jp

今年、結成10周年を迎えたメレンゲ。ニューアルバム『ミュージックシーン』を5月30日にリリースし、6月2日には初の日比谷野外音楽堂単独公演を行う彼らだが、この野音ライブで、メレンゲの10年間を閉じ込めた“メレンゲ・スペシャル・タブロイド”が発売されることが決定した。

“メレンゲ・スペシャル・タブロイド”は、ニューアルバム『ミュージックシーン』に込めた思いはもちろんのこと、紆余曲折、様々なことがあったこの10年のメレンゲヒストリーを辿る特別インタビューを掲載。
価格は¥100と格安なので是非とも会場で手に取ってほしい。
販売時間などの詳細はオフィシャルサイトにてチェック!

 

 

メレンゲ・スペシャル・タブロイド


販売価格¥100


詳しくはオフィシャルサイトへ

http://www.merengue.jp/

 

【リリース情報】

3rd Album
『ミュージックシーン』

2012.5.30 ON SALE!
WPCL-11080 / ¥3,150(tax in)

 

 

 

2011年7月にアルバム「BELAKISS」で、世界に先駆け日本先行デビューを果たしたUKロックバンドBELAKISSが今夏行われる「サマーソニック 2012」(8月19日(日)東京QVCマリンフィールド&幕張メッセ)に出演することが決定した。それに合わせて、来日記念盤がリリースされる。

ザ・ビートルズのリンゴ・スターを祖父(父はザック・スターキー/ザ・フー、元オアシスのドラマー)に持つターシャ(Ba&Cho)と、元クリフ・リチャード&ザ・シャドウズのドラマー、故トニー・ミーハンを父に持つルアリー(Vo&Gt)が在籍するというトピックスを始め、2011年の『FUJI ROCK FESTIVAL '11』への電撃参戦、そしてそのライブでの新人離れしたパフォーマンスが洋楽ファンの間で話題となっていた彼ら。

今年2012年1月にはKASABIANの日本ツアーのサポートアクトに大抜擢され、その後もKASABIANのラブコールによりヨーロッパツアーにも同行するなど、本国イギリスはもとより、ヨーロッパの音楽シーンに置いてもその存在感を増している。そんな中、今回の「サマーソニック 2012」出演が決定。再来日を待ち望んでいたファンにとって嬉しいニュースとなった。

来日記念盤にも収録されている「ONLY YOU (ACOUSTIC)」が若松孝二の監督作品、『11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち』(主演:井浦新(ARATA) 6月2日~ 東京テアトル新宿、他にて全国、順次公開)主題歌への起用が決定。今作品は、第65回カンヌ国際映画祭「ある視点部門」に正式出品され、話題となっている。

2011年の日本先行デビューから、KASABIANヨーロッパツアーでのサポートアクトなどワールドワイドな展開を経て、今年のサマーソニック2012への出演、来日記念盤のリリース、映画主題歌の決定と、ビッグ・ニュースが続くBELAKISS。今年も彼らの更なる飛躍に期待したい。

【リリース情報】
「BELAKISS ~来日記念スペシャル・エディション~」
2012年8月22日(水)発売!
http://www.office-augusta.com/belakiss/

【ライブ情報】
「サマーソニック 2012」
(8/19(日)東京QVCマリンフィールド&幕張メッセ)出演決定!
http://www.summersonic.com/2012/tickets/

【タイアップ情報】
映画『11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち』
主題歌:「ONLY YOU (ACOUSTIC)」
若松孝二(キャタピラー)監督作品、『11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち』 主演:井浦新(ARATA) 6/2~ 東京テアトル新宿、他にて全国、順次公開。
http://www.wakamatsukoji.org/11.25/

オフィシャル・ホームページ 
http://www.office-augusta.com/belakiss/
MUSICSHELF INTERVIEW
/blog/selector/2012/02/belakiss-special-interview.html

拓郎×陽水、15年ぶり共演

6月20日に3年ぶりにオリジナル・アルバム「午後の天気」をリリースする吉田拓郎と、井上陽水が6月11日にオンエアされるニッポン放送「坂崎幸之助と吉田拓郎 オールナイトニッポンGOLD」(月曜日後10時~)にて共演することがわかった。

1997年に同局「吉田拓郎のオールナイトニッポンDX」に陽水がゲスト出演して以来、吉田拓郎と15年ぶりの共演となる。

1970年代のフォーク全盛期を支えた2人。拓郎はデビュー後に陽水と東京・原宿のバーで初めて会ったときのエピソードを「彼は当時お酒をあんまり飲まなくて。たぶん彼も同じだと思うけどあんまり気が合わなかったんだよね」と告白。現在はプライベートで将棋を指す仲といい、「陽水にやってもらいたいことをリスナーのみんなから募集してみよう。昔はよく、結婚式でビートルズを一緒に歌ったから歌ってくれるかもね」と放送でのセッションも期待。THE ALFEEの坂崎幸之助とともに、共演を心待ちにしている。

 

 

【リリース情報】

3年ぶりオリジナル・アルバム
『午後の天気』
エイベックス
AVCD38488
¥3150(tax in.)
06.20 ON SALE!



オフィシャルサイト
http://avexnet.or.jp/takuro/

 

5月26日~27日、“20th L'Anniversary WORLD TOUR 2012 THE FINAL”の追加公演が、東京 国立競技場で開催された。ここは1958年、東京オリンピックのために設立された歴史の深いスタジアムであり、ライヴで同会場が使用されるのは史上4組目、バンドとしては初の快挙となる。2日間で計11万人もの観衆が、日本を代表する国際的なスポーツの聖地に動員されることとなった。

逆ピラミッド型やキューブ型のLED、球体のオブジェが配置された巨大なステージ上。フィールドの左右いっぱいにまで伸びた花道は、100m以上はあろうかという特大スケール。ステージを見ただけで、いかにこの凱旋公演が破格の規模で行われているかがわかる。  

開演時間を少し過ぎた頃、突如LEDスクリーンに映し出されたのは『LCN』ワールドニュースなる報道番組だった。「UFOの目撃情報は止まるところを知りません」。ニュースキャスターは、3月3日、香港に初めて出現した逆ピラミッド型の未確認飛行物体が、その後、世界各国で目撃されていることを伝える。「まるで世界をツアーしているかのようです」とアナウンスしたところで、「東京代々木上空でUFOが確認された!」との速報が飛び込んだ。その模様を中継するヘリ。現場レポーターがUFOに浮かび上がる文字を1つ1つ読み上げる。

「L、A、R、C……L'Arc~en~Ciel!?」

直後、逆ピラミッド型UFOがステージ上に降臨。会場上空にはレポーターが乗っていると思われるヘリも通過。これには客席も大声援で応える。激しい雷鳴が場内に轟き、花火が打ち上がると、マーチングバンドとチアリーディングに続いて、フロートに乗ったメンバーが登場。さながらオリンピックの開幕を思わせるような一大パレードはフィールド外周を行進、アリーナ後方で停止した。同時に、スタンド最上段の聖火台に火が灯される。聖火台の横にはツアーで訪れた世界各国の国旗と並んで、“20th L'Anniversary WORLD TOUR 2012”のフラッグが高々と掲揚されていた。

オープニングからして、スペクタクル巨編と呼びたいほどのセレモニーが繰り広げられた国立競技場。ワールドツアーのファイナルにして、アニバーサリーイヤーを締めくくるステージが、いったいどんなものになるのか。もはや先の読めない展開と、なにが起こるかわからない緊張感に、場内は暴発寸前。  
「ARE YOU FUCKIN’ READY?」

この言葉を合図に、スタジアム中から歓声が一斉にステージへ流れ出した。それをはじき飛ばすようにyukihiroのビートが加速する。1曲目は「READY STEADY GO」だ。のっけからkenとtetsuyaは左右の花道へ踊り出て、客席を煽る。「GOOD LUCK MY WAY」「REVELATION」「HEAVEN'S DRIVE」「Vivid Colors」と、アッパーチューンを連発。新宿の高層ビル群を臨む、高く広く組まれたステージセットを飛ぶように駆けるhydeの歌声。上空に際限のない空間は、4人が放射する強いエネルギーで一気に熱帯と化したようだった。  

「ただいま東京! 今日はめっちゃ楽しみにしてた。だってパーティーだからね。20年歩んできた(アニバーサリーイヤーの)最後を、みんなで一緒にパッと盛り上げようぜ!」hydeのMC通り、ここはまさに盛大なパーティー会場。続くナンバーは、コアファンにはたまらない「In the Air」「風の行方」だった。この日のライヴは、誰もが盛り上がらずにはいられない集大成的な選曲。

「Driver's  High」「Caress of Venus」といった華やかなナンバーでは、特大花火の連発や前述のチアリーディングがステージをカラフルに彩る。その直後、チアリーダー(世界2位の実力者たち!)が周囲を取り囲んで行われたkenのMCは、「SEVENTH HEAVEN」イントロのリズムに乗せたラップ調の語り&煽りで、会場全体が大いに沸いた。

迎えたライヴ後半、tetsuyaのベースソロが鳴り響く。となればあの曲が続く……と思いきや、演奏されたのは「C'est La Vie」だった。予期せぬ展開に客席からは悲鳴にも似た叫声が聞こえる。そして会場内の気温が一気に高まるほどの火柱が上がった「Shout at the Devil」。そのエンディングでは、yukihiroのクールさと過激さを合わせたドラムソロが会場の熱気をさらに上昇させた。  

場内の照明が落とされたインターバルでは、客席一面のサイリュームが星空を描く中、アリーナ最後方で突然数台のカメラのフラッシュが一斉に焚かれる。するとそこにメンバーが突然姿を現すサプライズが! 設営されたサブステージに上がったhydeは、「あなたたちキレイよ。そんな感じの曲、やっちゃっていいかな」と、「Pieces」を披露。サイリュームの星空シチュエーションと、メインステージのミラーボールが幾重にも光を放ち、楽曲をより感動的でドラマティックなものにした。

何本ものレーザー光線が夜空に広がった「NEO UNIVERSE」、LEDスクリーンの映像や照明の豪華絢爛な演出が楽曲の持つハイブリッドなスピード感を増幅させた「CHASE」などが続けざまに演奏された怒濤のステージ。ラストナンバーの「虹」を前に、「自由気ままなバンドなんでね。難しいバンドだと思うんですけど、ここまで来れたっていうのは、きっと、これが正しいんじゃないかと僕は思うんですよね。ありがとう!」と語ったhyde。LEDスクリーンには球状の虹模様が映し出され、エンディングには虹色の花火を連発。盛大で壮大な初日の幕を閉じた。  

そして2日目。会場は、大きな期待感で熱を帯び、その熱気は野外ながらもライヴハウスと同等の濃度の高さで、いやがおうにも興奮を煽る。全世界45万人を動員した大規模ツアーとなっても、L'Arc~en~Cielが作る空間はドラマティックに、刺激的に、1人1人の心を揺さぶり、その核にはいつでも楽曲がある。初日のレポートで記したように、満場の大観衆をワクワクさせるアミューズメントパークのような一大エンターテイメントショウは、4人のコンポーザーが作り出すバラエティに富んだ楽曲の数々があってこそ初めて成せる演出である、ということができるのではないだろうか。  
たとえば、両日共に披露された「MY HEART DRAWS A DREAM」の導入部ではkenのギターソロがクローズアップされる。深く悲しみを帯びた音色は、やがて全てを浄化するように輝かしい同曲のテーマフレーズへと移り変わる。LEDスクリーンの映像はそれとリンクして、荒廃した大地に満開の花を咲かせる、復興の物語が描かれていた。また、真っ暗なステージにかがり火が焚かれた「いばらの涙」。その小さな火の中で、祈りにも似た渾身の熱演が繰り広げられる……といった具合に、華やかさを演出するド派手な特殊効果とはまた違った、心の奥底に訴えかけるような楽曲と演出が、驚嘆の溜息と感動を叫ばせるのだ。

もちろん、この日のライヴも序盤からアクセル全開。初日に演奏された過去の人気曲は、「flower」「夏の憂鬱[time to say good-bye]」「the Fourth Avenue Cafe」といったナンバーが新たに選曲されて、二日間通して参加したファンには嬉しいセットリストとなっていた。

最初のMCで、客席と息の合ったコール&レスポンスをみせたhyde。

「とうとう今日っていう日が来ちゃった。今日は最後の最後なので、思いっ切りいっちゃって。今日は祭りやから、パッと行こうぜ!」と、アニバーサリーイヤーのファイナルを盛り上げた。また、初日にラップ調のMCを披露したkenは、この日はバージョンチェンジ。「ずいぶんギターを弾きました。みんなも随分曲を聴きましたね。そろそろ踊れる?踊れんのか国立!」と、ステージ上、一直線に並んだチアリーダーに混じって、一糸乱れぬダンスを披露するという場面も!  

そしてやはり、バンドの演奏力は圧巻のひとことに尽きる。hydeがギターを手にした「HONEY」では強烈にドライヴするバンドサウンドがこの上ない高揚感を築き、静かに淡々と、しかし壮大に展開する「In the Air」ようなナンバーでは一点の曇りもないサウンドが眩しい輝きを放つ。サブステージで披露された「あなた」「winter fall」は初日同様、感動が場内いっぱいに広がる演奏。スタンド席からは、yukihiroのプレイをセットの内側から見ることができたという、レア体験があったことを書き加えておこう。さらには「NEO UNIVERSE」。kenはギターをピッキングしないシンセ的なアプローチ、yukihiroはビートの要であるスネアを最後の一発しか叩かないリズムを構築、tetsuyaは6弦ベースでメロディーを縦横無尽に奏でるといった、列記するだけでもアクロバットなアンサンブルを実にさりげなくポップに響かせるあたりは、L'Arc~en~Cielだからこそ成せる業なのである。  

夜空に月が煌々と輝く頃、この夜のテンションも最高潮を迎えた。ラストナンバーは「虹」。その前にhydeはこう話した。「世界中を廻って感じたのは、人種も宗教も違うんですけど、みんな表情は同じなんですよね。嬉しくて泣いてる子もいるし、笑顔の子もいる、今日のみんなも一緒なんですよ。スタッフとかすごく大変だったと思うけど、世界中のみんなの心に残るライヴができたんじゃないかなと思います。これからまだ続くと思うんで、L'Arc~en~Cielを応援してください。また遊ぼうぜ!」。  

1年間にわたる“20th L'Anniversary”は、“20th L'Anniversary LIVE”(味の素スタジアム2Days)と全国5都市のアリーナ/ドームを廻った国内ツアー“20th L’Anniversary TOUR”を間に挟んで、3枚のシングル、1枚のフルアルバムをリリース。そして、全10カ国14都市17公演を廻った“20th L'Anniversary WORLD TOUR”は5月31日のハワイ ホノルルを最終公演に大団円を迎える。空前絶後のスケールで、あまりにも刺激的に駆け抜けたアニバーサリーイヤー。全ての演奏が終了した後、大空へ放たれた50,000個の虹色バルーンと1,000発もの虹色花火は、それを祝福するようにどこまでも高く舞い上がる。そしていつまでも鳴り止まぬ拍手の中、L'Arc~en~Cielは、この1年の旅を終えた。「20年経って、ワールドツアーとかやってみて、自分たちにとってもすごく歴史に刻まれる一年になったと思います」とはhydeの弁。日本の音楽史、そしてあなたの心にも鮮烈な記憶として残ることだろう。  

最後に、巨大スクリーンに映し出されたのはL'Arc~en~Cielの今後。この2日間の公演の模様が、7月22日(日)21:00~ WOWOWにて独占放送されることが決定した。また6月9日~7月8日までの1ヶ月間、“L'Arc~en~Ciel 20th L'Anniversary EXHIBITION”と題した美術展が、横須賀美術館で開催される。  
さらには、すでに発表されているように東京 国立競技場公演の開演前SEとして流れていた『L'Arc~en~Ciel Tribute』を6月13日にリリース。このアルバムは世界各国から豪華アーティストが集結。ボーナストラックとして、日本人アーティストも参加している。そして同日、これまでのライヴアクトの中から20曲を厳選した初のライヴベストDVD『LIVE TWENITY』も発表される。

なお、『NEXT WORLD TOUR』なるVoter Registration企画が発表された。これはL'Arc~en~Cielの次なるワールドツアー開催都市を投票で決定するというもの。ハワイ公演終了後、オフィシャルサイトでスタートする!

 

5月18日よりAngelo Tour 2012 「The outer wall of brilliant colors」(全13公演)が香港・台湾からスタートし、国内のみならず海外も視野に入れ始めたAngelo。
このツアーの国内最初のステージが、横浜BLITZで25日・26日の2DAYSでスタートした。二日間ともに満員で包まれた会場で、両日全22曲を演奏、6月27日に発売予定のDouble A-Side Single「RIP/MOMENT」より「RIP」も初披露され、ファンには堪らない二日間となった。

25日にはボーカルを務めるキリトより、Angelo初の主催イベントを開催することが発表され、満員に包まれた会場からは喜びの歓声が湧き起こった。そのイベントタイトルは「- Angelo Presents -THE INTERSECTION OF DOGMA」。このイベントは、キリトが希望し声をかけた4バンドが集結する対バンイベント。 Angelo / ギルガメッシュ / lynch. / MERRY / Sadie というAngelo主催だからこそ実現した豪華なラインナップ。2012年8月17日にSHIBUYA-AXで開催。これはファンにとっても見逃せない一夜になること間違いない。
 
そして、6月27日に発売予定のDouble A-Side Single「RIP/MOMENT」には、Angeloらしいファンにはスペシャルな購入特典が盛り沢山である。「Double A-Side Single トリプル購入者特典募集」があり、初回限定盤A、初回限定盤B、通常盤、それぞれに封入されている応募券を3枚1口としてご応募いただくと以下の映像作品がもれなく当たる。
 
■第1プレゼント
初回盤A、B、通常盤に封入されている応募券①を、3枚1口として応募いただくと、抽選で1,000名様に、Double A-Side Single「RIP / MOMENT」の楽曲に共通するメッセージの謎を紐解くアンサーDVDをプレゼント。
 
■第2プレゼント
初回盤A、B、通常盤に封入されている応募券②を、3枚1口を6月30日(土)に行われるAngelo Tour 2012 「The outer wall of brilliant colors」追加公演のNHKホール会場内にて配布される応募用紙に貼付し応募いただくと、NHKホール公演で初演奏される新曲「CONVICTION」のミュージックライブDVDを応募者全員にプレゼント!!
 
ファンにとって6月30日のNHKホールは見逃せないLIVEになり、Angeloならではの計らいにDouble A-Side Single「RIP/MOMENT」の発売が待ち遠しい内容になっている。


【ライブ情報】
 - Angelo Presents -
THE INTERSECTION OF DOGMA

8/17(金)SHIBUYA-AX
[出演]
Angelo、ギルガメッシュ、lynch.、MERRY、Sadie

INTER PLAY MEMBERS PRESENTS '12
DOGMATIC PARTY case of Angelo

8/18(土) SHIBUYA-AX
8/19(日) SHIBUYA-AX
 
Angelo Tour 2012 「The outer wall of brilliant colors」
6/1(金) 広島CLUB QUATTRO
6/2(土) 福岡DRUM LOGOS
6/6(水) 札幌PENNY LANE 24
6/8(金) 仙台darwin
6/9(土) 仙台darwin
6/13(水) 名古屋ダイアモンドホール
6/14(木)  大阪なんばHatch
6/16(土) 金沢EIGHT HALL

Angelo Tour 2012 「The outer wall of brilliant colors」追加公演
6/30(土) NHKホール

 

 

【リリース情報】

Double A-Side Single
「RIP/MOMENT」

2012.6.27 ON SALE!
 
【初回限定盤A】
IKCB-95517~95518 / ¥1,890(tax in)
【初回限定盤B】
IKCB-95519~95520 / ¥1,890(tax in)
【通常盤】
IKCB-95521 / ¥1,260(tax in)

オフィシャルサイト
http://angeloweb.jp/

5月31日に開催される『TO GOTHICS』の2周年パーティーで、ハウス界の超人気DJ『DAISHI DANCE』と、今年15周年を迎えたバンド『ムック』の逹瑯(ヴォーカル)&ミヤ(ギター)による『プレミアムセッション』が行われることが明らかになった。
昨年リリースされたムックのシングル『アルカディア featuring DAISHI DANCE』でコラボレーションしたこの2組が、実際に共演するのは今回が初となり、どのような形での『プレミアムセッション』となるのかに期待が高まる。

『TO GOTHICS』は2010年よりスタートしたクラブイベントで、平日に脅威の動員数で話題となり、アンダーとオーバーグラウンドの共存を目的としたその内容は、海外メディアなどにも取り上げられている。

更に、ミヤとのDJユニット『GIZMO KILLED THE STRIPES』でも活動するARATA NAKAMURAの他、アニメ『BRAVE10』のエンディングテーマで話題を集めた『ADAPTER。』のDJ名義『DJ-ADAPTER。』や、アニメ『家庭教師ヒットマンREBORN!』のリボーン役の声優でありモデルなどもこなす『NEEKO』など、個性的なDJ陣が出演し、麻布十番WAREHOUSE702の一夜を彩る。
予約メールの受付は5月29日の22時まで。限定300枚なので、気になる人はお早めに。

また、既にソールドアウトしている6月9日(土)深夜、キリストンカフェ東京で開催する
ムック幕張メッセ公演のオフィシャルアフターパーティーの当日券情報も明らかになった。アフターパーティー当日券販売は、2012年6月9日(土)幕張メッセ国際展示場ホール1~3にて、若干数(前売券キャンセル分の数十枚程度)限定で行われる予定。
購入対象となるのは、6月9日(土)幕張メッセ公演-MUCC 15th Anniversary year Live-
「MUCC vs ムック vs MUCC」のチケット(前売券・当日券)を持っている人限定とのこと。こちらもプレミアムチケットとなること間違いない。


ムック  オフィシャルサイト
http://www.55-69.com

DAISHI DANCE オフィシャルサイト
http://www.daishidance.jp

 

 

4月にリリースされたセカンドフルアルバム『101』を引っさげ、全国ワンマンツアー「狂犬病-2012-Spring」を敢行したDOG inTheパラレルワールドオーケストラ。5月26日には過去最大のキャパシティとなるSHIBUYA-AXでのライブも成功させ、9月5日にニューシングル「BIBLATION-χ」をリリースすることを発表した。

翌5月27日にはSHIBUYA-AX来場者から抽選で101人を招待し、2009年6月に初ワンマンを行なった神楽坂EXPLOSIONにて『CALL nUmbEr-119- 0stGIG Re:Pray』を行なうなど、人気が爆発してからもあいかわらず予測不可能かつ自由奔放な活動で魅了してくれている。

そして、またまた仰天ライブ企画が決定。なんと0stGIG 神楽坂EXPROSIONに続き、これまでワンマンライブを行なってきた会場で『Re:Prayシリーズワンマン』を開催するという。
ヴォーカルの春はRe:Prayシリーズワンマンについて、
「メンバーミーティング中にポロっと出たアイディア(笑)。とんでもない企画だけど、今のDOGがやったら最高に楽しいライブになるはずだし、やるならメンバー自身も思いっきり楽しみたい!ということで開催を決定しました。しかも、まだヒミツの計画もさらにあるのでお楽しみに!」と語っている。


【リリース情報】
New Single
「BIBLATION-χ」

2012.9.5 ON SALE!

【初回限定盤】
RSCD-081~82  / ¥1,890(tax in)
【通常盤】
RSCD-083 / ¥1,260(tax in)


【ライブ情報】
『Re:Prayシリーズワンマン』開催決定!
 『OPEN THE【DOOR】2』
8/12(日)目黒鹿鳴館
【昼の部】開場 12:30 / 開演 13:00 前売2,500円(D代別)
【夜の部】セットリストリクエスト公演 開場 17:30 / 開演 18:00 前売 3,500円(D代別)

『犬コレ。-DOG COLLECTION-2』
8/19(日)原宿アストロホール
【昼の部】開場 12:30 / 開演 13:00 前売2,500円(D代別)
【夜の部】セットリストリクエスト公演 開場 17:30 / 開演 18:00 チケット前売 3,500円(D代別)

『青空ROCKET2』
9/15(土)渋谷WOMB
開場 15:30 / 開演 16:00 前売 3,500円(D代別)

チケット先行販売受付第一弾5月27日(日)より開始!
(8/12 目黒鹿鳴館 / 8/19 原宿アストロホール / 9/15 渋谷WOMB)
チケット先行販売
イープラスプレオーダー
受付URL:http://eplus.jp/dipwo/
受付期間:5/27(日)~6/17(日)
入金期間:6/19(火)~7/1(月)

チケット一般販売7月7日(土)~
ローソンチケット
(問)フリップサイド 03-3466-1100


『犬交パーティー2』
11/1(木)Shibuya O-WEST 
開場 17:30 / 開演 18:30 前売 3,800円(D代別)

『犬NIGHTカーニバル2』
11/18(日)新宿BLAZE 
開場 15:00 / 開演 16:00 前売 3,800円(D代別)

チケット先行販売受付第二弾6月18日(月)より開始!
(11/1 Shibuya O-WEST / 11/18新宿BLAZE)
チケット先行販売
イープラスプレオーダー
受付URL:http://eplus.jp/dipwo/
受付期間:6月18日(月)~7月22日(日)
入金期間:7月24日(火)~8月1日(水)

チケット一般販売8月4日(土)~
ローソンチケット
(問)フリップサイド 03-3466-1100


DOG inTheパラレルワールドオーケストラ オフィシャルサイト
http://www.inu-para.com/

 

5月23日(水)に発売したきゃりーぱみゅぱみゅの1stアルバム『ぱみゅぱみゅレボリューション』が同日付オリコンデイリーチャートで1位を獲得し、アメリカ、フランス、ベルギーのiTunesエレクトロニックチャートでもトップを独占するなど、カナダでもTOP10内にチャートインするなど音楽とファッションの両面で、原宿を象徴するカルチャー・アイコンの地位を確立。日本の“KAWAII”代表として国内のみならず世界中の若者から大きな支持を獲得している。

そんなきゃりーぱみゅぱみゅは、国内外の注目を集める一大音楽イベントのステージであるミュージックビデオの国際的授賞式「MTV VMAJ 2012」とヨーロッパ最大の日本文化とエンターテイメントの祭典「Japan Expo」への出演が決定した。

世界に向けてオリジナリティあふれるパフォーマンスを披露する予定となっている。

6月2日からは日本で、初のワンマンライブツアーも行われる。ツアーはチケット即完につき、7月1、2日にはSHIBUYA AXでの追加公演も決定している。

【開催概要】
「MTV VMAJ 2012」
2012年6月23日(土)
幕張メッセ・幕張イベントホール
16:30イベントホール開場/18:00開演/20:30終演予定

「Japan Expo」
7月7日(土)
J.E. LIVE HOUSE(JAPAN EXPO
17:30〜

「HARAJUKU KAWAii!!!! in Paris」
7月8日(日)
メインステージ(JAPAN EXPO
ファッションショー+きゃりーぱみゅぱみゅライブ

 

 

【リリース情報】
きゃりーぱみゅぱみゅ革命
『ぱみゅぱみゅレボリューション』
ワーナー
初回限定フォトブック仕様WPZL-30376/7
¥3,800(tax in.)
05.23 ON SALE!
特典①DVD付き ②豪華フォトブック仕様 ③購入者応募施策きゃりーのウェイウェイキャンペーン応募シリアルコート封入

※通常盤
WPCL-11079税込:¥3,150

http://kyary.asobisystem.com/
http://wmg.jp/artist/kyary/

カメラマン(C)菊地英二

5月26日(土)横浜 赤レンガパーク 特設野外ステージにて、小田和正の全国ツアー「明治安田生命Presents  KAZUMASA ODA TOUR 2011-2012“どーもどーも” その日がくるまで」のファイナルが行われた。

同ツアーは、2011年5月7日(土)長野BIG HATを皮切りに、5大ドーム8公演(札・東・名・大・福)、東北10公演(秋田・宮城・青森・岩手・福島)、そしてファイナルの横浜公演を含む1年がかりの全国ツアー(全国31会場59公演)だ。

カメラマン(C)菊地英二

今回のツアーで、自身最大の53万人を動員した『TOUR 2008 "今日もどこかで"』を遙かに超える74万人を動員し、日本の男性ソロアーティスト歴代最多動員数と最年長記録を更新する快挙を成し遂げた。

2011年3月26日(土)から予定していたこのツアーは、 震災の影響により、やむなく5月7日迄スタートを延期し、10月26日横浜アリーナにて一旦終了。 そしてこの春、東北公演の再調整し、5会場10公演(5万4000キャパ)を実施した。

当日は快晴の空の下、小田和正の「横浜に戻って参りました!!」の掛け声とともに、この横浜公演のみ設置された小田和正初となる360度回転のセンターステージで「グッバイ」からスタートした。「どうもありがとう!!“その日がくるまで”と掲げて昨年5月からスタートしたツアーは、あれから1年あまり経ち、先日福島でファイナルを迎えました。東北の人たちは予想していた以上に温かく、熱く、迎えてくれました。いつかきっと“その日が来る”と心から信じて、ここからまた応援していきたいと思います。そして地元横浜、ファイナルに向かって思い切り盛り上げていきたいと思います。宜しくお願い致します!!」。

オーディエンスの大歓声の中「ラブ・ストーリーは突然に」や「こころ」では、センターステージから伸びている全長150メートル花道や客席を自由に歌いながら移動した。続いて“野外にふさわしい曲”として、選んだという「Re」や「青い空」「たしかなこと」を含む5曲をパフォーマンス、そして新曲「その日が来るまで」(発売未定)へ。

後半戦は、「僕らの街で」「愛を止めないで」「the flag」のメドレーでオーディエンスを盛り上げ、会場を埋め尽くすたくさんのシャボン玉が空へ昇る中での「やさしい雨」、特大の特効で盛り上がった「Yes-No」、センターステージを挟んでトータル150メートルの花道を自転車で駆け抜けた「キラキラ」など野外ならではの演出を盛り込み会場を盛り上げた。

会場と大合唱の「今日も どこかで」、や小田の地元横浜をうたったmy home town」を歌唱し、
「今回のツアーは自分にとっても今までで一番意味深い大きなツアーだったと思います。ありがとう。
今日集まってくれたみんな、うちのスタッフ、各地イベンターが支えてくれたおかげです。全国各地できっとまた戻ってくる事を約束しましたので新しい曲を携えて出来るだけ早くみんなの所へ行けたらと思います。本当にありがとう!」と語り「hello hello」で本編は終了した。

アンコールでは「ダイジョウブ」「言葉にできない」、「生まれ来る子供たちのために」を含む7曲を披露し
小田和正史上最多の74万人の動員記録した「明治安田生命Presents  KAZUMASA ODA TOUR 2011-2012“どーもどーも” その日がくるまで」は大盛況に幕を閉じた。

カメラマン(C)菊地英二



【横浜公演詳細】
明治安田生命Presents  
KAZUMASA ODA TOUR 2011-2012
“どーもどーも” その日がくるまで
5月26日(土)横浜 赤レンガパーク 特設野外ステージ 
開場16:00 / 開演 17:00 終演 
◆セットリスト
M1 グッバイ
M2 ラブ・ストーリーは突然に
M3 こころ
M4 正義は勝つ
M5 Re
M6 青い空
M7 たしかなこと
M8 緑の街
M9 たそがれ
M10 その日が来るまで(新曲)
M11 Medley
(1) 僕らの街で
(2) 愛を止めないで
(3) the flag
M12 やさしい雨
M13 Yes-No
M14 キラキラ
M15 伝えたいことがあるんだ ~19の頃
M16 今日もどこかで
M17 東京の空
M18 my home town
M19 hello hello
ENCORE
EN1 またたく星に願いを
EN2 ダイジョウブ(HALF ver.)
EN3 言葉にできない
EN4 YES-YES-YES
EN5 その日が来るまで(新曲)
EN6 生まれ来る子供たちのために
EN7 その日が来るまで(新曲)

【2012年 東北ツアー詳細】
「明治安田生命Presents  KAZUMASA ODA TOUR 2011-2012“どーもどーも” その日がくるまで」
秋田県立体育館
4月14日(土)  
4月15日(日) 
セキスイハイムスーパーアリーナ(グランディ・21)
4月21日(土) 
4月2日(日)
サンワアリーナ青森(青森県営スケート場)
4月28日(土)
4月29日(日)
岩手産業文化センター・アピオ 
5月12日(土)
5月13日(日)
あづま総合体育館{福島}
5月19日(土)
5月20日(日)

【オンエア情報】
情熱大陸700回記念『第一弾!女優井上真央が撮るアーティスト・小田和正』が、6月10日(日)17日(日) 23時より、MBS・TBS系列にて前後編の2回に分けて放映。井上真央曰く、「小田さんのイメージは『走り続ける人』」。40年以上第一線で活躍を続ける小田のように、自らも女優という仕事をずっと続けて行きたいと考えている彼女は、小田を取材することで『続ける』ことへの自分なりの『答え』を見つけ出そうとする。悩み苦しみながらも初のディレクター挑戦で、人間としても大きく成長しようとする井上の姿も合わせて追っていく。この放送は、6月10日(日)17日(日) 23時より、MBS・TBS系列にて前後編の2回に分けて放映されることが決定した。

『小田和正コンサートツアー“どーもどーも”~その日が来るまで』が6月24日(日)夜9:00~WOWOWにてO.A決定。2008年以来の全国ツアーとなった小田和正の最新ライブの模様をWOWOWで放送。現在展開中の、小田自身初、さらに史上最年長での5大ドーム公演を含む31カ所59回にわたるロングランの中から、昨年9月28日、29日に行なわれたステージの模様を放送する。

【タイアップ情報】
「グスコーブドリの伝記」
7月7日(土)、全国ロードショー公開される映画主題歌に「生まれ来る子供たちのために」が決定。
原作:宮沢賢治 監督・脚本:杉井ギサブロー(「銀河鉄道の夜」) キャラクター原案:ますむら・ひろし 

【LINK】
K.ODA  TOUR 2011特設サイト http://www.k-oda2011.com/
オフィシャルサイト:http://www.fareastcafe.co.jp/
レコード会社:http://www.sonymusic.co.jp/bv/oda/

 

 

森高千里が今年デビュー25周年を迎える。それを記念した様々な企画が、彼女のデビュー日である5月25日から始動する。YouTube公式チャンネルでのセルフカバー企画、楽曲配信スタート、さらに25周年記念ベストやボックスセットのリリースが発表された。

YouTube公式チャンネルでは、200曲セルフ・カヴァー企画を目玉に、新旧ミュージック・ビデオ、ライヴ映像、様々なコメントやオリジナル映像などを順次アップ予定。貴重映像から最新情報まで、コンスタントに発信していくという。

 

 

すでに第1弾映像は「渡良瀬橋」企画 が決まっており、約17年ぶりに、歌詞のモチーフになった栃木県足利市の渡良瀬橋を訪れ、歌詞に登場する場所をめぐる映像を随時公開していく。

200曲セルフ・カヴァー企画は、彼女がデビューした1987年から1999年までに、リリースしたシングル40枚、オリジナル・アルバム13枚のほぼ全曲(インストゥルメンタルと洋楽カヴァーをのぞく)200曲をセルフ・カヴァーし、随時公式チャンネルに発表していくというもの。25周年だから実現した、前代未聞の驚天企画といえる。ライヴではもちろん、いままで一度も再現されたことのないアルバム曲やシングル・カップリング曲、CM曲なども初めて披露。動画サイトの人気コンテンツ「歌ってみた」のように、自由な発想・様々なシチュエーションで収録、7月下旬から1年間かけて次々とアップしていく予定。

YouTube公式チャンネル →

http://www.youtube.com/user/moritakachannel

また、5/25(金)よりレコチョクにて、今まで未配信だった楽曲「17才」「雨」「私がオバさんになっても」、そして「渡良瀬橋」「私の夏」「気分爽快」など、すべてのシングル曲の「着うたフル®」等がデビュー25周年を記念する期間限定特別価格にて先行配信される。また同社のサイトにおいて同日より森高千里人気曲ランキング投票企画も実施。これを皮切りに、今まで未配信だったアルバム曲やビデオクリップ等の配信も次々とスタートしていく。

8月8日にはシングル・コレクション『ザ・シングルス』が発売。1987年から1999年までに発表された40枚すべてのシングルA面曲、「NEW SEASON」から「一度遊びに来てよ’99」までの全45曲(両A面曲、5曲を含む)を収録する。この作品は森高千里の全シングルが初めてレーベルの垣根を越えて1つの作品(3枚組)にまとめられたもの。初回生産限定仕様として、未発表カットを含む豪華フォト・ブックレット封入の特別パッケージも同時発売される。

『ザ・シングルス』 ワーナーミュージック・ジャパン作品ページ
http://wmg.jp/moritakachisato/

今後の予定として、デビューから現在までの25年間の軌跡を辿り、数々の名曲が誕生した背景をインタビューをもとに解き明かしていく、オフィシャル評論集(小貫信昭氏著・幻冬舎刊)が今秋発売予定。デビュー(1987年)から1999年までに発表されたアルバムをリマスタリング、ボーナス・ディスクも加えたアルバム・ボックスを、限定生産で2012年末に発売予定。デビュー(1987年)から1999年までに発表された映像作品をBlu-ray化、ボーナス・ディスクを加えたBlu-rayボックスを、限定生産で2013年5月までに発売予定。

Facebookページ →

https://www.facebook.com/chisatomoritaka

 

 

森高千里『ザ・シングルス』作品情報
☆デビュー25周年記念企画 ☆
『ザ・シングルス』
2012年8月8日(水)発売予定
仕様 : 3CD
※初回生産限定仕様 :¥4,280(税込)、WPCL-11128/30
※通常仕様: ¥3,980(税込)、WPCL-11131/33
<CD3枚組/シングルA面・全45曲収録/2012年最新デジタル・リマスター>


Disc-1
01. NEW SEASON
02. オーバーヒート・ナイト
03. GET SMILE
04. ザ・ミーハー
05. ALONE
06. ザ・ストレス
07. 17才
08. だいて
09. 道
10. 青春
11. 臭いものにはフタをしろ!!
12. 雨
13. 勉強の歌
14. この街 (HOME MIX)
15. 八月の恋

Disc-2
01. ファイト!!
02. コンサートの夜
03. 私がオバさんになっても
04. 渡良瀬橋
05. ライター志望
06. 私の夏
07. ハエ男
08. Memories
09. 風に吹かれて
10. ロックン・オムレツ
11. 気分爽快
12. 夏の日
13. 素敵な誕生日
14. 私の大事な人
(シングル・ヴァージョン)
15. 二人は恋人

Disc-3
01. 休みの午後
02. ジン ジン ジングルベル
03. SO BLUE
04. ララ サンシャイン
05. 銀色の夢
06. Let's Go!
07. SWEET CANDY
08. ミラクルライト
09. SNOW AGAIN
10. 電話
11. 海まで5分
12. 冷たい月
13. 私のように
14. まひるの星
15. 一度遊びに来てよ'99

※初回生産限定仕様、未発表カットを含む豪華フォト・ブックレット封入
☆レーベルの垣根を越えてシングルA面・全45曲を初めてコンプリートするシングル・コレクション。
☆3CD仕様の充実のヴォリューム感でお求めやすい価格の決定盤!

2012年再結成を発表したプリンセス プリンセスが年末に予定されている自身の仙台サンプラザホール、日本武道館、東京ドーム公演に先駆け、今年の夏、各地で開催されるミュージックフェスに参加する。

今回参加が決定したのは、九州・海の中道海浜公園野外劇場にて行われる“HIGHER GROUND 2012 -FINAL-”、北海道・石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージにて行われる“RISING SUN ROCK FESTIVAL 2012 In EZO”、大阪・舞州サマーソニック大阪特設会場にて行われる“サマーソニック 2012”の3か所。彼女たちにとってフェスへの参戦は初となる。

全国にプリンセス プリンセスのサウンドを届けるべく真夏の空の下で、彼女達が熱いライブを披露する。

復興支援の為に16年ぶりに復活したプリンセス プリンセスの仙台公演と武道館公演は即日完売。追加公演として、最後のクリスマスプレゼントとなる東京ドーム2daysも決定している。

6月27日(水)には、全33曲が収録される予定の、初の2枚組ベスト「THE REBIRTH BEST~再会~」が発売となる。


<参加予定夏フェス概要>
HIGHER GROUND 2012 -FINAL-
会場:九州・海の中道海浜公園野外劇場
日程:7月28日(土)

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2012 In EZO
会場:北海道・石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ
日程:8月11日(土)

サマーソニック 2012
会場:大阪・舞州サマーソニック大阪特設会場
日程:8月18日(土)

【プリンセス プリンセスリリース情報】
6月27日(水)2枚組ベスト「THE REBIRTH BEST~再会~」発売決定!


プリンセス プリンセスオフィシャルホームページ
http://www.princess2.net
オフィシャルfacebookページ
http://www.facebook.com/PrincessPrincessOfficial

Photo credit : Mitch Ikeda

ノエル・ギャラガーが、ソロ・プロジェクト=ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズとして、オアシス以来14年ぶりとなる5 月23 日(水)に日本武道館でのライヴを行った。
1万人が総立ち、割れんばかりの大合唱で、そのライヴ・パフォーマーとしての貫録と才能を改めて見せつけた圧巻のライヴとなった!



Photo credit : Mitch Ikeda

4か月ぶりという短いスパンでの再来日にはなったけれど、前回のTOKYO DOME CITY HALLと今回の日本武道館では大きく異なる、変わった点が見られたと言っていい。ステージと観客が近いTOKYO DOME CITY HALLではその臨場感をたっぷりと味わえたし、何よりもソロになって初の日本公演ということへの期待感も渦巻いていた。一方、ステージ後方や最上階まで360°ぎっしりと観客で埋まった武道館では音楽の聖地というスペシャルな雰囲気と、約1万人のファンによる熱い連帯感に包まれていた。しかし、ノエルのソロという見方、受け止め方が強かった1月の公演と決定的に違っていたのは、ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズというバンドがそこにいて演奏していたということだ。昨年10月からほぼ休むことなく世界中でライヴを行なってきた彼らの演奏が生み出す一体感、緩急がつけられた巧みな表現力、そしてノエルを引き立てるのではなくバンドとしていかに聴かせるかという姿勢が武道館のステージでは感じられ、わずか4か月ではあるけれど、その間のバンドの充実ぶりが伝わってくるような演奏を見せつけてくれた。

不動のオープニング・ナンバー「トゥ・ビー・フリー」も音の厚みが増したようで、武道館の丸くて広い空間をどんどんと埋め尽くし、続く「マッキー・フィンガーズ」での煽るようなギター・リフとドラムが観客の興奮に火を付けていく。5人の息の合ったプレイでじっくりと聴かせる「イフ・アイ・ハッド・ア・ガン」から、軽快な「ザ・グッド・レベル」をはさんで、再びメランコリックな「ザ・デス・オブ・ユー・アンド・ミー」への流れも良く、安定感さえ漂う雰囲気の中、ノエルはアコースティック・ギターを手にした。ドラムとキーボードだけを従えて、ギターを鳴らそうとする前にノエルが「この曲をここにいる親友のアラン・マッギーに捧げる」と語り、「スーパーソニック」へ。そう、この曲はオアシスのデビュー曲であり、所属していたクリエイション・レコーズのオーナーで、ちょうど来日していたアランを前にしてアコースティック・タッチで聴かせてくれた。ノエルの心意気も感じさせる瞬間だった。

前回とセットリストはほぼ変わらず。しかし、曲への入り込み具合というか、深みがさらに加わったようで、それが伝統ある武道館によく似合い、まさに立つべくしてこのステージに立っているような印象を抱かせた。こんなにも早く日本に戻ってきたのは、そんな自分たちの進化を見せつけたいがためというような気さえしてしまうほどで、その強固な演奏を緩めることなくラストまで一気に畳み掛けていった。

アンコールでは前回日本のファンのためにツアーでは初めて演奏された「ホワットエヴァー」を再び武道館でも披露。ピアノタッチのキーボードからヴィンテージ風のオルガン調に変わり、躍動感が加わったアレンジに。軽やかで楽しそうに演奏し終えて、1曲挟んだ後に、「ごめん、あともう1曲しか演奏する時間がないんだ。またすぐに会えるからさ」とノエルが告げるやいなや、キーボードからあの調べが流れ出した。「ドント・ルック・バック・イン・アンガー」だ。1万人が総立ちになり、最初のフレーズからシンガロングが巻き起こる。そして、サビでは割れんばかりの大合唱が。何度となくこの心が震える瞬間を経験しているが、15年ぶりとなる武道館での感動はやはり特別なもの。後々までに語り継ぐような一夜だった。きっと名古屋、大阪でも同じように誰かに伝えたくなるようなステージになるはず。こうしてノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズは、さらなる高みへと羽ばたいていくのだろう。(油納将志)

 

【テレビ出演情報】

5月25日(金)放送の「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)にノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズが出演決定!

 

【リリース情報】

来日記念盤
『ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ来日記念盤』
ソニー
SICP3488~9
¥3,780 (tax in.)
05.16 ON SALE!




日本オフィシャルサイト http://www.sonymusic.co.jp/noel
海外オフィシャルサイト http://www.noelgallagher.com/
日本オフィシャルツイッター http://twitter.com/#!/NoelGallagherJp

さかいゆう待望の2ndアルバム『How’s it going?』のリリース日である5月23日に、名古屋アポロシアターを皮切りに全国バンドツアー「さかいゆうTOUR 2012 “How’s it going?”」(全7公演)がスタートした。

初日にあたる名古屋公演は、「Are you ready?Are you ready?名古屋!!Yeah!!」というさかいゆうの掛け声からスタート。アルバム楽曲を中心のセットリストでオーディエンスを瞬く間にさかいゆうワールドへと惹きこんでいった。

「僕が音楽を始めたきっかけが僕の親友の死です。皮肉なことに彼の死をきっかけに僕は自分の天職につくことになりました。彼に捧げた曲を聴いて下さい。」さかいゆうの実体験をもとに書かれ、全国各地のリスナーの共感を呼んだ「君と僕の挽歌」では渾身のパフォーマンスを魅せた。

ギターレスのトリオ編成で見事なまでにアルバム「How’s it going?」の世界観を表現した今回のツアー、初日は無事大盛況にて幕を閉じた。同ツアーは6月6日(水)札幌・cube gardenで最終日を迎える。

全国ツアー後にはさかいゆう作詞・作曲・プロデュースの福耳ニュー・シングル「LOVE & LIVE LETTER」(6月13日発売)の発売も決まっている。

 

MUSICSHELF さかいゆうインタビュー

/blog/selector/2012/05/sakaiyu-special-interview-part1.html

 

きゃりーぱみゅぱみゅが5月23日(水)発売の1stアルバム「ぱみゅぱみゅレボリューション」発売、本日発表されたオリコンデイリーチャートでも1位、iTunes Store®の総合チャート1位を記録した。

それだけではなく、世界のiTunes Store®でもアメメリカエレクトロニックチャート1位、フランスエレクトロニックチャート1位、ベルギーエレクトロニックチャート1位を獲得するなど、「きゃりーぱみゅぱみゅ」は世界で話題沸騰中となっている。

そして発売日である5月23日(水)に1stアルバム「ぱみゅぱみゅレボリューション」発売記念きゃりーぱみゅぱみゅ革命イベント ぱみゅぱみゅ革命 in ラフォーレ原宿を行った。WEBサイトやラジオ、テレビなど、6000通の応募の中から抽選で選ばれたラッキーなファン500名を招待して行われた。

今回のイベントのステージセットも、YouTubeで合計5000万回以上再生されているPVのセットを手掛けた6%DOKIDOKIの増田セバスチャンさんが手掛けた。「つけまつける」の伝説の剣や、「PONPONPON」で使われていた壁や一輪車など、いままでのPVで使われたセットの集大成ともいえるカラフルなセットとなっていた。

ルービックキューブ人間がテーマの衣装を身にまとったきゃりーぱみゅぱみゅが「ぱみゅぱみゅレボリューション」にあわせて登場すると、会場中から歓声があがった。「みなさんこんにちは!!きゃりーぱみゅぱみゅです。いろんな人種の方たちがいますねー!コスプレしてきてくれてありがとうございます!」との言葉通り、今回のイベントはあなたらしいきゃりーコスでの来場がドレスコードとなっていたため、抽選で招待されたファンは思い思いのきゃりーらしい格好でイベントに参加していた。

大ヒットとなった「PONPONPON」や「つけまつける」、アルバムからの新曲でKFC「Krushers」CMソングとなっている「おねだり44℃」など、6曲披露された。「今回のアルバムは遊園地・きゃりーぱみゅぱみゅランドがテーマになっています!開園から閉園の曲まであって、まるごと遊園地みたいなアルバムに
なっています。遠くの遊園地より、目を閉じて『ぱみゅぱみゅレボリューション』を聞いてみたら遊園地に行った気分になれますよ♪」とアルバムにこめた想いを話した。

ライブにつづいて行われたのは、きゃりーコスグランプリの発表。イベントのドレスコードとしていた自分なりのきゃりーぱみゅぱみゅコスプレのグランプリを決めるというもの。「本当にみなさん素敵な格好をしてきてくださって、選ぶのが大変でした」とのきゃりーの言葉通り、かなりの強者揃いとなった。そんな強者揃いの中から、アルバム「もしもし原宿」のジャケット写真のメイクを施した男性が革命賞、きゃりー自身もやっているベジータみたいな前髪をしてきた女の子がぷちぱみゅ賞、きゃりーが実際持っているアイテムをたくさん身につけていた女の子がぱみゅぱみゅ賞、小さいながらきゃりーらしい格好できてくれた女の子がきゃりー賞、そしてグランプリには「つけまつける」のPVで身につけた衣装と豆しぱみゅぱみゅのぬいぐるみを自分で作って参加してくれた女子が選ばれた。

受賞者はステージできゃりーグッズや、きゃりー自身が選んだきゃりーになりきれる衣装などがプレゼントされ、うれしさのあまり泣き出すファンも。さらには、本日から配信開始されたアメリカ、フランス、ベルギーの3か国のiTunes Storeのエレクトロニックチャートで1位となり、日本でのオリコンアルバムデイリーチャートでも1位を獲得した。

「最高の発売日になりました!おうちに帰って『ぱみゅぱみゅレボリューション』きいてね」とのメッセージで、イベントは幕を閉じた。

6月2日からは初のワンマンライブツアーも行われる。ツアーはチケット即完につき、7月1、2日にはSHIBUYA AXでの追加公演も決定している。

 

【リリース情報】
きゃりーぱみゅぱみゅ革命
『ぱみゅぱみゅレボリューション』
ワーナー
初回限定フォトブック仕様WPZL-30376/7
¥3,800(tax in.)
05.23 ON SALE!
特典①DVD付き ②豪華フォトブック仕様 ③購入者応募施策きゃりーのウェイウェイキャンペーン応募シリアルコート封入

※通常盤
WPCL-11079税込:¥3,150

http://kyary.asobisystem.com/
http://wmg.jp/artist/kyary/

「エバラ焼肉のたれ」「カップスター」「オノデン坊や」など、800曲のCMソングを歌った伝説のCMソング女王、のこいのこ。

2006年6月、初のベストアルバム「のこいのこ大全」の発売が発表されるや、たちまち予約チャートを駆け上がり、瞬く間に並み居る人気アーティストをおさえて堂々一位の座に輝き、連日、テレビ、ラジオや新聞、雑誌などに出演。さらには初のインストアイベントも実施。その結果、同種のCDにしては異例ともいえる3万枚を越える売り上げを記録した。

その前作から丸6年、満を持して登場したのが本作『のこいのこ大全リターンズ』。前作制作時に素材の所在が判らずに収録出来なかったCM曲の他、『ひらけ!ポンキッキ』のオープニング曲「青い空白い雲」、『アンデルセン物語』のエンディング曲「キャンティのうた」、ポンキッキソング「もものハート」「ヤセタンとコロンタン」「パタパタママ」の2012年版セルフカバー、企画アルバム『チェブラーシカ 東京の休日』から、小西康陽が手がけた「シャパクリャクの歌」、伊藤アキラ+桜井順コンビによる新曲「のこいのこ新発売!」、高浪慶太郎による新曲「よそ見ばっかり」など、前作にも劣らないバラエティに富んだ42曲を収録。「笑うように歌う」と言われる、のこいのこ独特の歌声がたっぷり楽しめるアルバムとなっている。

また、本アルバムの発売を記念して、CD購入者の中から抽選で1名様に、「のこいのこが、あなたのオリジナルCMソングを歌います!」企画が実施される。伝説のCMソング女王があなたのCMソングを歌うという、要チェックだ。

のこいのこ プロフィール
1948年、神奈川県横浜市出身。高校生の頃からフォークソングを歌い、中津川フォークジャンボリーに出演。CMソングの女王と呼ばれ、今までに800曲以上を歌う。また、「パタパタママ」「はたらくくるま」など『ひらけ!ポンキッキ』の楽曲も多数録音。2006年6月21日に、初のベストアルバム『のこいのこ大全』を発売、累計で3万枚以上を売り上げている。

 

 

【リリース情報】

伝説のCMソング女王大全集第二弾
『のこいのこ大全リターンズ』
ビクター
VICL-63893
¥2,300(tax in.)
06.20 ON SALE!


 

OKAMOTO’S が約10ヶ月ぶり、2012年第1弾となる両A面シングル「マジメになったら涙が出るぜ/青い天国」(7月18日発売) のリリースをバンド自身による声明文付きで発表した。

2010年5月のメジャー移籍後、わずか一年半で三枚のアルバムを立て続けに発表。ライヴも国内外で年間100本を超えるという怒涛の活動を展開してきたOKAMOTO’Sだが両A面となる本作はM-1「マジメになったら涙が出るぜ」ではいしわたり淳治氏、M-2「青い天国」ではBASE BALL BEARの小出祐介氏とそれぞれ歌詞を共作し、注目のコラボレーションも実現した。リリース情報と共に発表されたOKAMOTO’S自身による声明文ではこの新作が生まれるまでのストーリーや心境が綴られている。

【OKAMOTO’Sによる声明文】

“マジメになったら涙が出るぜ”“まさかのやれちゃう感じ?”
2012年初夏、オカモトズ流ご機嫌で意味深なメッセージ。

“世界制覇するしかねぇ!”


これがオレらのバンド結成の根源。そして2010年メジャーレーベルへ移籍。感覚だけでモノを捉えていたオレらは、その感性のまま、この二年間がむしゃらに突っ走ってきました。“とにかく休みなんていらない!もっとライヴやってもっとレコーディングしてぇ!”って具合に。


『10’S』『オカモトズに夢中』『欲望』とわずか一年半で三枚のアルバムを出して、ライヴは年間約100本、多いときはひと月に15本もライヴをやった。国内はもちろんアメリカやオーストラリアでもツアーをし、ベトナム、香港、台湾公演など積極的に海外にも突進した。岡本太郎生誕100周年もお祝できて、最高に忙しい、最高に詰まっているルーキー時代。普通では考えられない経験ばかりで、素晴らしい出来事の連続だったと感じています。

 

“さあ、それも今では過去の話。次はどうする?”
“新しい一歩は、どこに向かって踏み出そうか?”

 

少なくとも次に出す作品ではOKAMOTO'Sが明らかに進化した感じを出さなきゃいけないと思ったし、そうしないとオレらの音楽がもっと沢山の人に広まっていくことはないだろう。そう、世界制覇には文句ナシのヒット曲が必要だから!

 

そこから(昨年秋にツアーを終えた頃)はひたすらに楽曲と向かい合う日々。メンバー全員で100曲以上は曲を書き、そこから40曲ほどのバンドアレンジをし、歌詞もたくさん書き殴った。どれもいい感じにはなったものの、前作三枚の延長線上にあるもので、あきらかに突き抜けたなと実感できるものではなかった。“やりたかった音楽ってなにか”“伝えたい事なんてないんじゃないか”という、バンドにとって、実に根本的な壁にぶち当たったことも事実。とはいえ、前に進むしかない。

 

新たな一歩を踏み出したかったオレらは、Base Ball Bearの小出君、そしていしわたり淳治さんと歌詞を共作するという一歩を踏み出してみた。メンバー以外で制作をしたことがなかったから、それはそれはとても新鮮。

 

小出君と作り上げた「青い天国」は、オレらが醸し出す独特のおバカ・イメージを“まさかのやれちゃう感じ?”って最高にイカしたフレーズに込め、ディスコビートに乗せて、ライヴハウスをダンスフロアに変えていく共振性を備えた新しいキラーチューンが完成した。

 

そして「マジメになったら涙が出るぜ」はいしわたり淳司さんへメンバーそれぞれが詞を書いて提出するという、これまた新たな試みとなるバンド内コンペを実施。ミーティングを何度も繰り返し、オレらの唄うべき姿がより鮮明に感じることができる大事な時間を持てた。“カッコいいとこ見せたい”“いい事言いたい”なんて、みんな思うこと。だけど、音楽で生きる、バンドが人生になるということはきっと、生きてりゃしょうもないことも起こるし、朝うまいコーヒーを淹れられたことにその日一番の喜びを感じることもある。そういうことを素直に歌にできることなんじゃないかと感じた。そういう歌を唄えるのってカッコいいと思ったんです。

 

結果、より自分たちに対して正直になって制作を進めていく中でこの曲が誕生しました。“マジメになったら涙が出るぜ マジメになったら死にそうだぜ―けどこのままじゃダメだって誰か叱ってくれないか”前だったら“叱って欲しいなんて情けねぇ!”と唄わなかったでしょう。だけど、日常の感情そのままが、こんなドラマチックなんだ。こんなに突き刺さるんだ。そう感じたんです。オレらにとって大きな一歩を踏み出した大事な曲ができました。

Buddy Hollyは飛行機事故に遭い、22歳という若さで亡くなりました。

 

オレらも今年で22歳になります。同い年の奴がビートルズやストーンズに影響を与えてるっていうのにオレらときたら…悔しいばかり。こんな状態で死ねるわけありません。てか絶対死なねぇけど。いや、逆にいつ死んでも恥ずかしくないように名曲を残しておきたい。今はそれが全てです、そこに向かって走っています。

OKAMOTO’S 


初回限定盤の特典DVDには両A面となる2曲「マジメになったら涙が出るぜ」、「青い天国」のミュージックビデオが収録される。このミュージックビデオはサカナクションやPerfumeをはじめ、数々のミュージックビデオを手がけているクリエイティブチーム“トリプルオー”が制作。視覚的にも進化を感じさせる強力な新作となっている。

また、毎月1回「タワーのおかず」と題して制作されるフリーペーパーのVol.2が5月25日より全国のタワーレコード店頭で配布される。タワーレコードはこれまでにも、毛皮のマリーズや怒髪天などのコラボフリーペーパーを制作してきており、今年はOKAMOTO’Sが持ち前のセンスを注ぎ込んだフリーペーパーを毎月1回、1年間(2013年3月まで)に渡り発行していく。


第二号は「怪奇!!オカモトレイジの素顔に迫る!!!」と題したドラマーのオカモトレイジ特集号。オカモトレイジ以外のメンバーが普段あまりしられることのない素顔のオカモトレイジを斬る欠席裁判や、母親や妹からの直筆の手紙も公開される。他にも創刊号から続く、オカモトレイジによって綴られたOKAMOTO’Sメンバーの出会いからメジャー移籍に至るまでのエピソードや秘話が満載の長編OKAMOTO’Sヒストリーの中編、月替わりでメンバーそれぞれが極めて個人的な音楽のツボを告白する“今月のズリネタ”コーナーなど盛りだくさんの内容となっている。

 

 

【新作リリース情報】
OKAMOTO’S 
2012年第1弾 Double A Side NEW SINGLE
「マジメになったら涙が出るぜ/青い天国」
2012年7月18日発売
DVD付き初回限定盤:BVCL-353/354 ¥1.575(税込)
通常盤:BVCL-355 ¥1,200(税込)

1.マジメになったら涙が出るぜ
2.青い天国  ※TBS系フライデードラマNEO「白戸修の事件簿」主題歌
3.ミスターファンタジスタ

初回盤特典DVD:
「マジメになったら涙が出るぜ」 MUSIC VIDEO
「青い天国」 MUSIC VIDEO

【東京・大阪ワンマンLIVE】
6月24日(日)
大阪・梅田CLUB QUATTRO「Two Much Monkey Science in Osaka」
OPEN/START 17:00/18:00
6月27日(水)
東京・渋谷CLUB QUATTRO「Two Much Monkey Science in Tokyo」
OPEN/START 18:00/19:00
チケット料金¥3,150(Drink別) 

 http://www.okamotos.net

3月に初の日本武道館ワンマンライブを開催したSCANDALが、武道館後初の全国ツアー『SCANDAL 「LIVE IDO LIVETOUR 2012』を5月19日(土)鹿児島CAPARVO HALLからスタートさせた。

約一ヶ月で17公演という、まさにタイトル通りLIVEと移動との繰り返しのツアー行程になる。日本武道館LIVEの大成功を受けて、今回のツアーは各地一般発売と同時に完売公演が続出。初日の鹿児島公演は発売から20分で完売。会場には初の鹿児島でのLIVEを心待ちにしていた地元のファンが大勢集まった。

ステージには日本地図と今回のツアー行程が書き込まれたフラッグが掲示され、3月に発売したベストアルバム「SCANDAL SHOW」にも収録されたヒット曲を演奏し会場を沸かせた。MCではHARUNAが「今回はステージ上にはタネもしかけもありません。純粋に音楽を楽しんで、素直に暴れて、GWの休みボケなんかぶっ飛ばして、最高の夜にしようね!」と煽った。

そして、7月11日に発売するORANGE RANGE・NAOTOプロデュースの新曲「太陽スキャンダラス」も初披露。初めて聞く楽曲でありながらもファンは一斉に踊り出し、この夏の定番ソング期待へと高まる。

衣装でも注目を集めるSCANDALだが、今回のLIVE衣装は袖無しのGジャンを衣装風に加工したもの。観客から「スギちゃんみたい!」と声が上がるとTOMOMI(Ba)は「ワイルドだろ~?」とスギちゃんのモノマネで会場を沸かせた。

SCANDALは今年の夏は、九州HIGHER GROUNDや、広島サウンドマリーナ、滋賀イナズマロックフェス2012、MTV ZUSHI Fesなど国内の大型野外フェスへの出演が決定している。

また、先日発表された「第三回SCANDALコピーバンドコンテスト」の開催も大きな話題となっており、更に幅広く活躍するSCANDALに注目が集まる。


【リリース情報】
2012年7月11日
13 th SG『太陽スキャンダラス』

【LIVE情報】
■SCANDAL 「LIVE IDO LIVETOUR 2012
5月19日(土)      鹿児島CAPARVO HALL (完売)
5月20日(日)      熊本DRUM Be-9 V1 (完売)
5月22日(火)      長崎DRUM Be-7
5月25日 (金)     広島club Quattro (完売)
5月26日 (土)     岡山CRAZY MAMA KINGDOM (完売)
5月28日 (月)     高松DIME (完売)
5月29日 (火)     徳島club GRINDHOUSE
6月2日 (土)      Zepp Nagoya (完売)
6月3日 (日)      Zepp Namba (完売)
6月5日 (火)      和歌山GATE (完売)
6月6日 (水)      京都MUSE (完売)
6月8日 (金)      Zepp Tokyo (完売)
6月11日 (月)     長野JUNK BOX
6月13日(水)      新潟LOTS
6月14日(木)      仙台RENSA
6月16日(土)      札幌PENNY LANE24
6月17日(日)      札幌PENNY LANE24 (完売)

SCANDAL公式HP
http://www.scandal-4.com

 

WEAVERのライブツアー、全国31箇所33公演行われたWEAVER Live House TOUR 2012 「Piano Trio Philosophy ~do YOU ride on No.66?~」が、5月17日、渋谷CLUB QUATTROにてファイナルを迎えた。

本ツアーは、ホール会場でのワンマンライヴが当たり前となってきた彼らが、改めて自分たちの原点を見つめ直したいと、ライヴハウスで3人だけの音を鳴らすことにこだわって行われたもの。いつもより狭いステージに河邉 徹(Dr & Cho)、奥野 翔太(B & Cho)、杉本 雄治(P& Vo)が現れると、観客から大きな拍手と歓声が上がる。

1曲目「トキドキセカイ」から、河邉はドラムから離れステージを走り、奥野もステージ際まで歩み出て観客を煽る。さらに、4曲目「つよがりバンビ」では、杉本が台に昇って足でピアノを鳴らすなど、前半から飛ばしまくる。最初のMCで「全力で届ける」(杉本)と宣言していたが、その通りの展開だ。また中盤では、ピアノロックバンドとしての多彩な表現力も発揮。打楽器としてのピアノの一面も感じられた未発表の新曲「ひとつの人生」や、情熱的でドラマティックな展開を見せる「ネバーランド」など、クラシックの王道であるピアノが、ロックでも王道の音を奏でることを実感させてくれる。

後半は、その前に行われたゆるめ(笑)のMCでさらに近寄った観客との距離を楽曲へと還元させていく。サビの大合唱となった「Shine」、会場が揺れるほど観客がジャンプし手を振り上げて歌った「管制塔」。そして、本編最後となった本ツアーのテーマ曲とも言える初期の楽曲「66番目の汽車に乗って」では、気付くともうステージと客席の境など感じられない一体感が生まれていた。

この日のステージの模様は、フジテレビNEXTにて、5月29日に放送されるほか、音源はiTunes Store限定で5月18日から配信される。CDとは違うアレンジがされている楽曲はもちろん、ライヴならではのグルーヴ感や音の厚みなどが堪能できる。

<iTunes Live>
5月17日(木)渋谷クアトロライブ音源を配信中!
http://itunes.apple.com/jp/album/itunes-live/id528330453?uo=4
過去曲もiTunesにて配信スタート!
http://itunes.apple.com/jp/artist/weaver/id524560711?uo=4

aikoの通算10枚目となる、待望のニューアルバムのタイトルが『時のシルエット』であることが発表された。

発売は6月20日。昨年、初のベストアルバム「まとめⅠ」「まとめⅡ」をリリースしたaikoだが、オリジナルアルバムとしては、「BABY」以来、約2年3ヶ月ぶりとなる。

毎日は少しずつ変化していて、その時その時の形がある。そんな変わっていく日々のシルエットを刻んだ1曲1曲を集めたアル バムになれば、という気持ちをこめて、aikoは今作のタイトルを「時のシルエット」にしたそう。

気になる収録楽曲は、現在、伊藤園 カテキンジャスミン茶CMソングとしても話題の新曲「くちびる」をはじめ、映画『阪急電車 片道15分の 奇跡』の主題歌となった「ホーム」など、話題のシングル曲4曲を含む、全13曲を収録予定。
今回も、初回限定仕様盤はカラートレイ&初回限定 ブックレットになるとのこと。毎回アルバムのイメージに合わせたカラートレイで楽しませてくれるaikoですが、今回は何色になるのか。

その他の収録楽曲含め、アルバムの詳細は後日発表。また、このアルバムを引っさげて行われる7月からの全国ツアー 「Love Like Pop vol.15」の開催も決定している。

 

aiko
『時のシルエット』
2012年6月20日(水)
PCCA-05515
価格:¥3,059[tax in]
<収録楽曲>
くちびる、向かいあわせ、恋のスーパーボール、ホーム、ずっと、ほか全13曲収録予定
初回限定仕様盤: カラートレイ&初回限定ブックレット
http://aiko.can-d.com

 

人気バンド、ナイトメアとバロックによる異色の2マンツアーが、この夏、東名阪にて開催されることが決定した。これは5月18日にZepp Tokyoで行なわれたナイトメアの「NIGHTMARE Tour 2012 To Mimic The Past」ツアー最終日にて発表されたもの。

結成12周年を迎え、今年3月には4度目となる日本武道館公演を成功させたナイトメア。昨年7年ぶりに復活を果たし、今年1月の復活シングル3枚がオリコン週間ランキングの3位から5位に同時ランクインという快挙を成し遂げたバロック。シーンにおいて独自の存在感を放つ両バンドの共演は、意外な組み合わせにも思えるが、今後、両バンドの知られざる共通点や交流関係は、徐々に明らかになっていくはずだ。

ツアータイトルは「ナイトメア vs バロック NATURAL BORN ERRORS」。
“生まれながらにしてダメなやつら”という自嘲とも不敵ともとれるタイトルも彼ららしい。現在、イープラスにてチケットの先行受付が行なわれている。

 

【ライブ情報】

ナイトメア vs バロック
NATURAL BORN ERRORS
7/31(火)名古屋クラブダイアモンドホール
8/1(水)なんばHatch
8/4(土)日比谷野外音楽堂

チケット オフィシャルHP先行抽選予約受付
http://eplus.jp/brq-ntm-hpo/
枚数制限:お1人様1公演につき4枚まで
受付期間:5/18(金)21:00~5/27(日)23:00
当落確認:5/30(水)13:00~6/1(金)18:00
入金期間:5/30(水)13:00~6/2(土)21:00
[チケット一般発売日] 6/30(土)


ナイトメア オフィシャルサイト
http://www.nightmare-web.com/
バロック オフィシャルサイト
http://www.pigmy.jp/

全国6都市のツアー「東京女子流 2nd JAPAN TOUR 2012~Limited addiction~」を行っている東京女子流。


5月13日の、地方ライブハウス公演ラストとなった福岡公演では、衣装チェンジの際に録音されたメンバーの音声が流れ、「TGS23」が以前も東京女子流がカバーしたことがあるエイベックスの先輩グループ・SweetSの楽曲「LolitA☆Strawberry in summer」の東京女子流アレンジバージョンであることが突如発表された。

この楽曲は来週5月23日発売の10thシングル「追憶 / 大切な言葉」のType-Cに「TGS23 -先行音源-」として収録されている。ラストのMCではなんと「LolitA☆Strawberry in summer」をツアーファイナル日比谷野外大音楽堂にて初披露するということが庄司芽生から発表された。原曲に比べかなりロックテイストにリアレンジされており、日比谷野音ファイナルのタイトル「CONCERT*03 Rock you!」の名の通り、熱いロックなステージが展開されることとなりそうだ。

さらにコンサート名義となっている、5月20日の日比谷野外第音楽堂は、噂の通り生バンドで行われることが公式Twitterで判明。すでにチケットは完売だが、現在、立見席を追加で発売中。

今夏には「Tokyo Idol Festival」「a-nation musicweek Charge Go! ウイダーinゼリー」と東京女子流のステージを見ることができそうだが、生バンドでワンマンのステージはここだけとなる。

東京女子流オフィシャルサイト
http://tokyogirlsstyle.jp/index.html
東京女子流USTREAM
http://www.ustream.tv/channel/tokyoGirlsStyle
東京女子流 / 追憶  (YouTube)
http://www.youtube.com/watch?v=DgIw6pDMpK8

 

 

【リリース情報】

10thシングル
『追憶  / 大切な言葉』
エイベックス
【Type-A】[CD+DVD] AVCD-48381
¥1890(tax in.)
【Type-B】[CD+DVD] AVCD-48382/B
1890円(税込)
【Type-C】[CD](CD-EXTRA仕様) AVCD-48383
1260円(税込)
05.23 ON SALE!

東京女子流YouTube
http://www.youtube.com/user/TokyoGirlsStyle
東京女子流オフィシャルサイト
http://tokyogirlsstyle.jp/index.html

YouTubeから話題となり、謎多きシンガーとして巷で大きな話題を呼んでいる“GILLE”。

先日、世界デビューを飾ることが早くも決定したばかりの彼女が、ヒルクライムのカバー曲「春夏秋冬(English Ver.)」に続き、デジタル・シングル第2弾として斉藤和義の英語カバー曲「やさしくなりたい(English Ver.)」を、いよいよ5月16日から配信スタートする。

「家政婦のミタ」主題歌として大ヒットしたばかりの同曲。この人気楽曲をいち早くGILLEがカバーしたということで、YouTubeではさらなる評判となっている。 

本人の表立った活動や、国籍などの情報が全くない中、とてつもないスピードで展開を見せるGILLE。果たして彼女は誰なのか!歌声だけで聴く者を引きつける彼女から今後も目が離せない。

 

 

YouTube : http://www.youtube.com/user/GILLEsound
http://www.youtube.com/user/GILLEsounds
facebook : http://www.facebook.com/GILLEsound
twitter : http://twitter.com/#!/GILLEsound
ユニバーサルミュージックHP : http://beta.universal-music.co.jp/gille

 

Mr.Children のデビュー20 周年記念日にあたる5 月10 日(木)に2作同時で発売されたベストアルバム「Mr.Children 2005-2010<macro>」と「Mr.Children 2001-2005 <micro>」が、通常の新譜より対象期間が1日少ない5 日間で73.2 万枚、71.6 万枚を売上げ、5/21 付オリコン週間アルバムランキングで1 位、2 位を独占した。


売上は2 作品合計で144.7 万枚に達し、初週でミリオンの売上を記録。また、今週は2001 年7 月発売のベストアルバム「Mr.Children 1992-1995」が前週の55 位から9 位に順位を上げ、2001/10/1 付で10 位を記録して以来10 年7 ヵ月ぶりのTOP10 入り。同時発売の「Mr.Children 1996-2000」も59位から12 位と大幅に順位を上げた。

首位を獲得した「Mr.Children 2005-2010 <macro>」には2005 年発売のアルバム「I ♥ U」以降に発売された「しるし」「GIFT」「HANABI」など全14 曲、2 位を獲得した「Mr.Children 2001-2005 <micro>」には、シングル「優しい歌」から「四次元 Four Dimensions」までに発売された「HERO」「くるみ」「Sign」など全15 曲が収録。初回限定盤はアルバム収録曲のMUSIC VIDEO 付き。

先日、4/23 付オリコン週間ランキングにて、3 つのランキングで初登場1 位となる史上初の三冠を獲得したNew Single「祈り ~涙の軌道 / End of the day / pieces」、LIVE DVD&Blu-ray Disc「Mr.Children STADIUM TOUR 2011 SENSE -in the field-」も、シングルランキング:5 位・DVD ランキング3 位・Blu-ray ランキング3 位とロングヒットを続けている。

デビュー20 周年のアニバーサリーイヤーを迎えたMr.Children は、 現在6 大ドームツアー「MR.CHILDREN TOUR POPSAURUS 2012」(55万人動員 ) を開催。4/14( 土) 大阪を皮切りにスタート。埼玉・福岡、そしてデビュー20 周年を迎えた5/10( 木) は京セラドーム大阪でのライブを敢行。以降、北海道・東京(5/23,25,26 @ 東京ドーム)・名古屋と6 月上旬まで 6 会場 14 公演の全国ツアーを開催中。

日本先行で4月26日に通算5枚目となるオリジナル・アルバム『リトル・ブロークン・ハーツ』を発売したノラ・ジョーンズ。

このアルバムは現在までにオリコン最高位で5位を記録(CDアルバム週間ランキング 5/14付)、洋楽チャートでは2週連続で1位を記録し圧倒的な強さで制覇した。iTunesでは総合アルバムチャートにて1位を獲得、全米チャートでも初登場2位を記録するなど、各所で好調なチャートアクションをみせている。

その彼女がこのアルバムを引っ提げ、7年ぶりとなるジャパン・ツアーが決定した。

アルバム発売の度にプロモーション来日はしているが、来日公演としては05年4月以来となる。7年前の前回のツアーでは日本武道館を含む関東4公演のチケットが全てソールド・アウト。バンド・メンバーも前回から全員チェンジしており、近年は音楽性もより幅広い面を見せているノラがどんなライブを見せてくれるかがファンならずとも非常に気になるところだ。

ノラ自身は今回の来日決定に関して、『日本に行ける事になって本当にうれしいわ。みなさんがハッピーになれるようにツアーで会えるのを楽しみにしているわ!』と語っている。

ノラ・ジョーンズは5月25日にフランス・パリでワールド・ツアーをスタートし、初夏から秋にかけて全米、ヨーロッパ各国を回った後の11月に日本にやってくる。

【ノラ・ジョーンズ ジャパン・ツアー2012日程】
11/4(日)名古屋:愛知県体育館
11/5(月)大阪:グランキューブ大阪
11/6(火)金沢:本多の森ホール
11/8(木)東京:日本武道館
11/10(土)大阪:梅田芸術劇場メインホール
11/12(月)広島:広島市文化交流会館
11/14(水)札幌:ニトリ文化ホール
来日公演の詳細はこちら:ウドー音楽事務所
http://udo.jp/Artists/NorahJones/

<ノラ・ジョーンズの過去ジャパン・ツアー>
2002年9月 初のジャパン・ツアー:東京(東京国際フォーラムC、2日間)、大阪、名古屋、福岡、広島。全公演ソールド・アウト。
2005年4月 ジャパン・ツアー(2ndアルバム『フィールズ・ライク・ホーム』ツアー):全10公演。東京公演(東京国際フォーラムA、2日間&日本武道館、1日)、横浜公演(パシフィコ横浜)ソールド・アウト。

 

 

【リリース情報】

デビューから10周年のノラ最新作
『リトル・ブロークン・ハーツ』
EMI
TOCP71280
¥2,300 (tax in.)
ON SALE!


 
ノラ・ジョーンズ日本公式サイト
http://emij.jp/norah/

今年1月から全国11ヵ所22公演、延べ20万人を動員したPerfume史上最大規模で初のアリーナツアー「Perfume 3rd Tour JPN」の日本武道館4Days最終追加公演が、5月12日(土)、開催された。武道館公演としては3年6ヶ月振り。

この日は、開演前から武道館全体がライブハウスのような熱気に包まれた。オープニングから「レーザービーム」での圧倒的なパフォーマンスで幕を開け、いきなり観客を魅了。オープニングでは、「武道館!最終日!大事な土曜日を私たちのために使ってくれてありがとう! JPNツアーの集大成だからみんなでいい時間を味わいたいと思います。 最終日だから熱いライブにしていきましょう!」とコメントし、客席が大きく沸いた。

今回のアリーナツアーでは、「スパイス」、「ポリリズム」、そして最新シングルの「Spring of Life」を含め、これまでリリースしたシングルからアルバムまでを網羅したファン垂涎の楽曲たち、メドレーを含め計21曲を披露し、武道館を揺らした。Perfumeと観客が一体となった光景はまさに圧巻だった。

鳴り止まぬアンコールに応え再び登場した3人は、ツアー中にリリースした最新シングル「Spring of Life」をフルバージョンで披露。そしてこちらも初披露となるサプライズとして、ミュージックビデオでメンバーがアンドロイドを演じた際の光る衣装をまとい、登場。音とダンスに合わせてプログラミングされた衣装が輝く大仕掛けを駆使した圧巻のステージングで、ファンを興奮の渦に巻き込んだ。

アンコール前のMCでメンバーそれぞれに「昔からライブをずっとやって来ましたがこんなに多くの人が好きでいてくれるなんて会場を何度みても信じられないです。 幸せな時間を過ごさせてもらえてありがとう!」(あ~ちゃん)「皆さんと今日も凄く仲良くなれた!これからも仲良くしてください。このツアー終わってもずっと!」(のっち)「1月からのツアーで積み上げてきたみんなとの想い出がいっぱいつくれたし、今日だけの特別な想い出もつくれて本当に嬉しかった。このツアーに来てくれた1人ひとりと想い出を作れて本当に幸せです。」(かしゆか)と語り、「残念ながら今日のチケットがとれずにせめて音だけでも聞きたいと集まってくれた人達が外にたくさんいるそうです。そんなにも観たいと思ってくれる人がいるのは本当に嬉しい!」(あ~ちゃん)最後は3人で大きな声で「外のみんなありがとう!」と叫ぶと客席からは大きな拍手が起こり、さらに会場の外でも拍手が沸きあがった。

「かねてからの夢だった世界の皆さんにJPNを聴いて欲しいという夢が叶いました。芋っこ3人でもホンマに夢は叶うんじゃ。身をもって経験しているので皆も信じて欲しい。みんなも大変なこと慣れない事もあるかもしれないけど、私たちも、叶わないかもしれない夢をもっと叶えていくけん! みんなと世界に行きたいです! Perfumeの夢はみんなの夢、一生懸命走っていきます。これからも応援宜しくお願いします」と語った。

それぞれに、自身最大規模となった初のアリーナツアーの感想を語ったPerfume。“いま、私たちにできること”を、という純粋かつ真っすぐな想いで日本中を駆け巡った彼女たちに相応しい、武道館公演の締めくくりとなった。

日本での活動に加え今後、世界での活動にも大きな期待が寄せられているPerfume。飛躍し続ける彼女たちから目が離せない。

【5月27日(日)夜8:00~WOWOWで「JPN」ツアーの放送が決定!!】
4月1日に行われたPerfumeの地元・広島での念願のアリーナ公演を放送

Perfumeオフィシャルホームページ
http://www.perfume-web.jp
オフィシャルYOUTUBEチャンネル
http://www.youtube.com/perfume/
Perfumeグローバルホームページ
www.perfume-global.com

10th Anniversary FINAL @ Zepp Tokyo
~Beautiful Freaks A GO GO~

 

 

4月30日、MERRYがワンマンでは初となるZepp Tokyoのステージに立った。
アニバーサリーイヤーの締め括りとなる本ライヴは豪華二部構成。第1部はアルバム『Beautiful Freaks』完結編、そして第2部はファンからの投票を元にセットリストが組まれたリクエストライブ。昨年の夏に行われた「Beautiful Freaks TOUR」と、11月に行われたMERRY 10th Anniversary NEW LEGEND OF HIGH COLOR「6DAYS」のファイナルともいえるボリュームたっぷりな内容だ。

暗転と同時にフロアから立ち上るファンの熱気と、まだメンバーが出てきていないにも関わらずストロボの点滅に合わせ轟く歓声。オーディエンスのとてつもないパワーにまず驚かされた。こんなにも多くのファンに支えられているMERRYは幸せだと思わずにいられないほどに逞しく力強い声。メンバーがステージに現れるとさらに声は大きくなり、豪快なパワーを発していた。
そんなファンの想いに応えるように、ド頭の「finale」から音の勢いが凄まじい。「東京行くぞー!」と叫ぶガラ。気合いはもちろんのこと、自分たちが歩んできた10年という月日を見せつけてやるという覚悟に満ちた堂々とした姿は圧巻。「モノクローム」でさらにスピードを上げて加速すると「ロストジェネレーション-replay-」では全員がドラム台に集まってスタート。力の籠った迫力のドラミング。結生、テツのコーラスも満ち満ちた気合いが感じられ、健一も結生とタイミングを合わせてピョンピョン跳ねながら楽しそうにプレイし、グッとオーディエンスの心を引き寄せた。

「ザァーザァー」、「 Fleeting Prayer」、「クライシスモメント」の哀愁ゾーンの流れがとても秀逸で、MERRYの世界に飲み込まれた。「 Fleeting Prayer」では、ガラの鬼気迫る叫び声と真っ赤な照明が相まって、観客に鈍痛を与える。
このアニバーサリーイヤーで自分たちの10年を振り返った結果、MERRYとしての確たる自信が自然とプレイに現れるようになったのではないだろうか。「スカル」で、「羊が1匹、羊が2匹…」とカウントするガラの妖しいオーラも、「絶望」で、机に正座しながらマイクで頭を叩くガラのクレイジーなパフォーマンスも、これぞMERRYのあるべき姿だと感じさせられた。

昨年、『Beautiful Freaks』のインタビューの際、ガラが「披露する場所と時は選びたい」と言っていた「SWAN」。アルバムリリースから約9ヶ月一度も披露されることはなかったこの曲が満を持して初披露された。「アイデンティティー」が終わり訪れた静寂を破るカウント。ガラの高音が非常に美しく、ギュッと心を締め付けてくる。ステージからもフロアからも今までに感じたことのない緊張が伝わってきて、呼吸をすることさえ忘れてしまう。特別な日に演奏された特別な1曲。ガラはマイクを置いて深く一礼し、ステージを去った。

 

 

 

第2部は、スタート直前にネロの影アナが入り、それが終わるとステージ前方に敷き詰められた48灯のパーライトが一気に点灯、ステージを煌びやかに染め上げる。ステージに現れた5人はMERRYの正装ともいえる黒のスーツ姿。ビシッと決まった姿に、6DAYSで覚えた高揚感を再び感じた。
オーディエンスの声も衰えを知らない。ミラーボールが場内を煌めかせると「六本木ジャジー喫茶」がスタート。足元に設置されたストロボが激しく点滅を繰り返すと、リクエスト第一位となった「愛国行進曲」が演奏された。さすがに一位に選ばれただけはある。会場の一体感が素晴らしい。続く「頭がザクロ」でガラがジャケットを脱ぎネクタイを外し、思いっきり頭を振って、“動”と“静”の“動”をフルスピードで見せつけると、「高層ビルの上でラストダンス」から “静”である、哀愁漂う歌モノゾーンへ突入。緩急をつけた理想的な展開でライヴを進めていく。
「死んでくれ」というガラの呟きが印象的な「心切ループ」に続いて演奏されたのは「Arry」。ゆっくりと一灯の白熱灯が天井から降りてきた。6DAYSの「ビニ本2丁目八千代館」や「薔薇と片隅のブルース」と同じ演出。一気にあの時間へとトリップした。
ガラ、結生、健一の3人で披露した「Fleeting Prayer」のアコースティックバージョンも1部で披露されたものとは違う面持ちで切に心に訴えかけてくる。本編終盤、MERRYの代表曲で楽しそうに暴れるオーディエンス。ガラもニヤリと笑みを浮かべ、その表情が何とも言えず幸せそうだった。

アンコールはニューシングル「群青」の会場限定盤に収録されている「Carnival」でスタート。ネロが、手拍子とタオルを使って盛り上げてくれ、と説明をすると初めて披露する曲にも関わらずオーディエンスはすんなりと曲のノリを掴み、まるで定番曲のように盛り上がった。飲み込みが早いというより、MERRYのノリが体に染みついているのだろう。
そしてライヴ定番曲「T.O.P」、「ジャパニーズモダニスト」、「バイオレットハレンチ」と続き、ガラの習字タイムへ。ガラが書いたのは「君」「羊」「青」。ニューシングル「群青」を分解したこの3文字は「群青」のタイトルに込めた、「君=ファンがいて、羊=MERRYがいて、そしてそれが青春だ」というガラの想いだ。6DAYSの延長ともいえるリクエストライブのラストは、これからのMERRYの第一歩となる「群青」で締めくくられた。

『Beautiful Freaks』、そして6DAYS、MERRYの10周年を象徴する2つを融合させたスペシャルなライヴは、ファンへの感謝の時間でもあった。ネロがファンに向けて言う「6人目のメンバー」という言葉は、オーディエンスの声に支えられ、見事に初のZepp Tokyoワンマンを完遂した姿に集約されていたような気がする。
10周年のアニバーサリーイヤーは幕を閉じた。懐古だけではなく、未来へ向かうための自分たちの在り方を再確認し、MERRYはさらなる高みへ歩き始めている。

 

 

<取材・文 / なるまゆか  写真 / 畔柳ユキ>

 

10th Anniversary FINAL @ Zepp Tokyo
~Beautiful Freaks A GO GO~  セットリスト


第1部
1. -choral-
2. finale
3. モノクローム
4. ロストジェネレーション-replay-
5. ザァーザァー
6. Fleeting Prayer
7. クライシスモメント
8. -sabbat-
9. 不均衡キネマ
10. 絶望
11. スカル
12. 夜光
13. The Cry Against ME
14. ハーメルン
15. 消毒
16. アイデンティティー
17. SWAN
18. -dawn-


第2部
1. 六本木ジャジー喫茶
2. 愛国行進曲
3. 頭がザクロ
4. 青春ノイローゼ
5. 高層ビルの上でラストダンス
6. 琥珀色のバラード
7. 伊勢佐木町ブルース
8. 心切ループ
9. Arry
10. Fleeting Prayer(アコースティック)
ネロリズム(Drum solo)
11. やさしさ・キッド
12. オリエンタルBLサーカス
13. 溺愛の水槽
14. イエローガール
15. 陽の当たらない場所

EN1. Carnival
EN2. T.O.P
EN3. ジャパニーズモダニスト
EN4. バイオレットハレンチ
EN5. 群青

miwaの初の全国ホールツアー「miwa concert tour 2012 “guitarium”」が5月12日のかつしかシンフォニーヒルズからスタートした。

デビュー3年目での初のホールツアーとなったギタリウムツアーは、3月にリリースしたアルバム「guitarium」収録曲を中心に、過去シングル曲など、約2時間のステージとなっている。

「早くみんなに会いたかったよ! 今日は思いっきり楽しんでいきましょう!!」そんなmiwaの言葉に答えるように、観客はmiwaと一緒にタオルを振り回したり、ジャンプしたり、叫んだりと、ステージと一体となって盛り上がりを見せた。miwaは、アコギ、エレキに加え、ピアノ弾き語りもライブ初披露している。このツアーから、根岸孝旨(ベース)を新たにバンドメンバーに迎え、さらに強力になったバンドがmiwaサウンドをさらに熱くしている。

<miwaコメント>
初のホールツアーということで、今まで以上に準備に時間をかけ、バンドメンバー、スタッフ一丸となって臨んでいます。見に来てくれた方がみんな楽しんでくれて、笑顔で家に帰っていく・・・、そんなライブになれたらと思っています。とにかく全力でがんばっていきますので、期待していて下さいね。

「miwa concert tour 2012 “guitarium”」
5/12(土)東京 かつしかシンフォニーヒルズ 
5/13(日)大阪 オリックス劇場 
5/18(金)札幌 Zepp Sapporo   
5/19(土)札幌 Zepp Sapporo   
5/25(金)広島 広島アステールプラザ 大ホール 
5/26(土)高松 アルファあなぶきホール・小 
6/2 (土)新潟 新潟市民芸術文化会館・劇場 
6/3 (日)大阪 オリックス劇場 
6/9 (土)仙台 Zepp Sendai  
6/16(土)名古屋 中京大学文化市民会館オーロラホール 
6/17(日)福岡 福岡市民会館  
6/23(土)東京 東京ドームシティホール 
6/24(日)東京 渋谷公会堂  

<リリース情報>
6月6日:初のビデオクリップ集「miwa clips vol.1」リリース

miwaオフィシャルHP
http://www.miwa-web.com/

 

きゃりーぱみゅぱみゅの1stアルバム「ぱみゅぱみゅレボリューション」が5月23日(水)発売される。

そのアルバムの発売を記念し、5月20日から1週間ラフォーレ原宿のシリンダー広告に巨大きゃりーぱみゅぱみゅが登場、さらに原宿の街中にぱみゅぱみゅレボリューションポスターがファッションの聖地原宿に
溢れかえる予定だ。

さらに、5月23日のアルバム発売日にはラフォーレ原宿館内にある、ラフォーレミュージアムにて超革命的なフリーライブも決定した。このライブへはきゃりーぱみゅぱみゅ公式ファンサイトや、スペースシャワーTV、着うた配信サイト、web、ラジオなど日頃きゃりーぱみゅぱみゅが登場する様々なメディアにて募集、合計250組500名様がご招待される。

また応募資格には、「自分なりのきゃりーぱみゅぱみゅコスプレで会場に来れる方」というドレスコードが付いており、きゃりーぱみゅぱみゅのコスプレ№1をきめる「きゃりーコスプレグランプリ」も実施される。さらには、審査員長にはきゃりーぱみゅぱみゅ自身が務め、グランプリ受賞者には本人公認の「きゃりーぱみゅぱみゅ影武者になれる権利」と豪華なプレゼントも贈呈される予定だ。

また、イベントの様子は全てYouTubeで生中継される予定となっている。

【イベント概要】
きゃりーぱみゅぱみゅ1stアルバム発売記念
ぱみゅぱみゅ革命 in ラフォーレ原宿

日時:2012年5月23日(水)
16:00 開場
17:00 開演
18:00終演予定
会場:ラフォーレミュージアム(ラフォーレ原宿6F)
〒150-0001  東京都渋谷区神宮前1-11-6
<イベント内容>
きゃりーぱみゅぱみゅスペシャルライブ
きゃりーぱみゅぱみゅコスプレグランプリ
※当日、素敵なきゃりーぱみゅぱみゅファッションでご来場いただいた方をスタッフが厳選し、スナップ撮影をさせて頂きます。もちろん自らカメラマンに声を掛けて頂いても構いません!! ぜひ、あなたが思うきゃりーぱみゅぱみゅファッションやポーズを自由に表現してください。撮影させて頂いた写真は後日、きゃりーぱみゅぱみゅコスプレグランプリ特設ページに掲載させて頂きます。

募集場所は以下のリンクよりご確認を。
ワーナーミュージック・ジャパン OFFICIAL HP
http://wmg.jp/kyary/

 

【リリース情報】
きゃりーぱみゅぱみゅ革命
『ぱみゅぱみゅレボリューション』
ワーナー
初回限定フォトブック仕様WPZL-30376/7
¥3,800(tax in.)
05.23 ON SALE!
特典①DVD付き ②豪華フォトブック仕様 ③購入者応募施策きゃりーのウェイウェイキャンペーン応募シリアルコート封入

※通常盤
WPCL-11079税込:¥3,150

http://kyary.asobisystem.com/
http://wmg.jp/artist/kyary/

今年、4月4日に5周年を迎えたSuperflyと5月13日でウルフルズのデビューから20周年を迎えるトータス松本のコラボレーションが実現、デュエットソングをリリースする事を発表した。そしてその楽曲が「フジテレビ系 ロンドン五輪(オリンピック)テーマソング」に起用される事となった。

この強力コラボレーションの経緯は、以前からトータス松本と一緒に歌ってみたいと思っていたSuperfly志帆が、2年位前、トータス松本に会った際に「いつか一緒に歌いたい!」と伝えており、トータス松本も「いつかね!」と話をしていた。

 

そんな中、今年に入ってから、トータス松本がフジテレビからオリンピックテーマソングのオファーを受ける。トータス松本が気持ちよくシャウトできる歌、誰かと一緒に歌える歌(デュエットソング)を作ろうか…と楽曲の方向性を考え始めた頃、以前、一緒に歌おうと話していた志帆の歌声を思い出して、あの話を実現してみない?と連絡。もちろん志帆は快諾し、制作をスタートさせたという経緯である。

まずはトータス松本のイメージしたものを形にしていき、志帆のアイデアもとり入れながら楽曲が完成。やりとりを重ねる中で、トータス松本は、昨年ゴスペルツアーを行い、Superflyも昨年のアリーナツアーでゴスペルパートを設けるなど、ゴスペルという共通点を持った2人の間で楽曲の方向性が固まっていった。

アレンジとプロデュースには「タマシイレボリューション」などでSuperflyのアレンジ、プロデュースもしている蔦谷好位置を迎え最強の楽曲が完成。

そしていざ、レコーディングをスタートさせると、2人のボーカルのぶつかり合いはまさに圧巻。二人はお互いが見えるボーカルブースに入り、2人同時に一発録りで歌入れを行ったが、まさに‘最強ボーカリスト対決’と言わんばかりのパフォーマンスを見せつけた。その歌声にはスタジオにいたスタッフ全員が興奮し、感動するほどのパワーがみなぎっていた。

「普遍的な愛」、そういう想いが込められたこの楽曲は2012年、新しい形のデュエットソング、そして人の心に元気を与える楽曲となるであろう。

【Superflyコメント】
声チカラのいっぱい詰まった作品だと思います。絶対一人では生み出せない、普段の何倍ものパワーを注ぐ事ができました。思わず笑顔になれる、思わずチカラが涌いてくるそんな曲だと思います。選手のみなさん、そしてこの曲を聴いてくれた方にパワーが届きますように。

【トータス松本コメント】
男と女が歌っています。それだけでも熱いのに、これは熱い男と女が歌っています。声をそろえて歌っています。身振り激しく歌っています。こんな歌は、なかなかないと思います。

【蔦谷好位置(作曲家・音楽プロデューサー)コメント】
トータスさんから初めて曲を聞かせてもらったときに、これはすごい輝きを放つ曲になるだろうと確信しました。Superflyとトータスさんの声の相性もバッチリで、お互いの魅力を引き出し合う素晴らしいデュエットに仕上がりました。レコーディングでは一番の兄さんであるトータスさんがスタッフ全てに対して安心できる明るい雰囲気を作ってくれたので、Superflyも堂々とした歌を披露してくれました。

【プロデューサーコメント】
四年に一度の“熱い夏”を“熱いお二人”と共に盛り上げていくことができて、本当に嬉しく思っています。トータス松本さんとSuperfly志帆さんの力強さや熱さ、そしてかっこよさが、今回のロンドン五輪に挑む選手たちのイメージと重なり、また男性女性ボーカルのコラボレーションでテーマソングを作りたい!という想いから、お二人にお願いすることになりました。この一曲で選手の皆さんが、テレビの前の皆さんが、そして日本中が熱くなり、みんなの心に「ロンドン五輪=STARS」と刻まれる一曲になると信じています! 岡 泰二 (フジテレビスポーツ局プロデューサー)

 

2012.7.25(水)Release!!
Superfly & トータス松本
『STARS』

初回限定盤(デジパック仕様)WPZL-30401/2
¥1,500(tax-in)CDS+DVD(「STARS」他、収録曲未定)
<初回限定盤DVD内容>
STARS Music Video/STARS Music Videoメイキング/Superfly、トータス松本インタビュー映像Superfly & トータス松本制作ドキュメント映像(収録予定)
通常盤WPCL-11112 ¥1,000(tax-in)CDS(「STARS」他、収録曲未定)
CD発売に先駆けて、5/11(金)より着うた®の先行配信スタート
Superfly&トータス松本「STARS」着うた®
5/11(金)レコチョク、フジメロ
5/16(水)その他配信サイト

2012.7.25(水)Release!!
Superfly & トータス松本
『STARS』
初回限定盤(デジパック仕様)WPZL-30401/2
¥1,500(tax-in)CDS+DVD(「STARS」他、収録曲未定)
<初回限定盤DVD内容>STARS Music Video/STARS Music Videoメイキング/Superfly、トータス松本インタビュー映像Superfly & トータス松本制作ドキュメント映像(収録予定)

通常盤WPCL-11112
¥1,000(tax-in)CDS(「STARS」他、収録曲未定)
CD発売に先駆けて、5/11(金)より着うた®の先行配信スタート

Superfly&トータス松本「STARS」着うた®
5/11(金)レコチョク、フジメロ
5/16(水)その他配信サイト

ブラーの21枚組の豪華版ボックス・セット『BLUR 21 BOX(ブラー・トゥエンティワン・ボックス)』が8月に発売される。

これは、ブラーのデビュー・アルバム『レジャー』のリリースから21年、今年“成人式”(※英国では伝統的に21歳が成年とされた)を迎える、その節目を祝い、行われる『BLUR 21』の一環。今回発売される『BLUR 21 BOX』はバンド自身がコンパイルした21枚組の豪華版ボックス・セットで、貴重な音源や映像が一挙に収録される。

『BLUR 21 BOX』の概要は次の通り。
5時間半以上分の未発売音源・映像を含む、全21枚組。スタジオ・アルバム全7枚(うち1~5作目は初のリマスター盤)+ボーナス・ディスク7枚。レア音源を収録したボーナスCD 4枚。ボックスセット限定として、貴重なライヴ・パフォーマンスとレア映像を収録したボーナスDVD 3枚や「シーモア」時代の未発表ライヴを収録した7インチ・アナログ・シングル、希少写真とメンバー最新インタビューを収めたハード・カバーのブラー本、さらには全音源を高音質mp3でダウンロードできるダウンロード・カードが入る。

このボックスの制作にあたり、プロデューサー、スティーヴン・ストリート監修のもと、フランク・アークライト(ザ・スミス、アーケイド・ファイア、ニュー・オーダー、ジョイ・ディヴィジョン)が、ブラーの1〜5作目をリマスター化。また全7作が、同時期のシングルB面曲や隠れた名曲、別ミックス、ライヴ・ヴァージョン、デモ、レア音源、アコースティック・ヴァージョン、ファンクラブ・シングル、未音源化のラジオ・セッションなどを収録した、内容豊富なボーナス盤の付いた2枚組となっている。

65曲の未リリース・トラック(合計3時間半超)を含む、ボックス限定のレア音源集CD4枚は、ブラーの貴重品保管室やメンバーの所蔵ファイルから選り抜いた、お宝いっぱいの楽曲集。「フォー・トゥモロウ」「ビートルバム」といった名曲のデモ、未発表曲「サタデイ・モーニング」「ホープ・ユー・ファインド・サバーブズ」。

そして日の目を見ることの無かったビル・ラズウェルとのセッションや、XTCのアンディ・パートリッジとの伝説のセッションなど。他にも、「ドント・ボム・ホエン・ユア・ザ・ボム」「ザ・ワッセイリング・ソング」「フールズ・デイ」といったCD化されていない楽曲の初CD化もある。

DVDには1994年にアレクサンドラ・パレスで行ったライヴや1999年にウェンブリーで行われた「シングルズ・ナイト」でのライヴ、さらには日本向けの「イット・クドゥ・ビー・ユー」プロモ映像といったレア映像等が収録されている。  

この21枚のディスクが収められた豪華ボックス・セットに加え、全7作に及ぶスタジオ・アルバムも、『BLUR 21シリーズ』としてそれぞれのボーナス・ディスクを加えた2枚組CDとしてボックスと同時にリリースされる。『BLUR21シリーズ』は、リフト・トップ・ボックスの豪華外箱仕様。このスペシャル・エディション限定特典となるブラーのアートワーク・ボストカード4枚と、メンバーの最新インタビューに基づくライナーノーツや未公開フォトが掲載された内容充実のブックレットが封入される。

『BLUR 21 BOX』 『BLUR 21シリーズ』はいずれも世界的に初回限定生産。

日本公式サイト
http://emij.jp/blur/


【商品概要】


BLUR 21 BOX (ブラー・トゥエンティワン・ボックス) TOCP-71350~67
予価:24,800 yen (tax in.)

BLUR 21シリーズ (ブラー・トゥエンティワン・シリーズ)
ボーナス・ディスク付き CD 2枚組 : 各予価3,200 yen (tax in.)
『レジャー (初回限定生産2CD)(デジタル・リマスター盤)』
『モダン・ライフ・イズ・ラビッシュ (初回限定生産2CD)(デジタル・リマスター盤)』
『パークライフ (初回限定生産2CD)(デジタル・リマスター盤)』
『ザ・グレイト・エスケープ (初回限定生産2CD)(デジタル・リマスター盤)』
『blur (初回限定生産2CD)(デジタル・リマスター盤)』
『13 (初回限定生産2CD)』
『シンク・タンク (初回限定生産2CD)』

 

6月18日に、初の世界版ベスト・アルバム6バージョンを発売することが発表されたゴールデンボンバーだが、5月8日深夜に行われた彼らのニコニコ生放送でのレギュラー番組の中で、6バージョン全てが輸入盤として日本国内でも発売されることがメンバーから発表された。
発売日の6月18日は、3月から行われている全国ツアーの最終日となる横浜アリーナ公演(追加公演:6月26日郡山市民文化センター大ホール、7月28日沖縄 宜野湾海浜公園野外劇場)となっている。
横浜アリーナ、大阪城ホール2デイズなども完売し、全公演SOLD OUTと、プレミア・チケット・アーティストの上位となっている金爆の世界進出に注目である。

なお世界版ベスト・アルバムは、ワーナーミュージック・グループのアトランティック・レーベルからリリースされる。
国内での発売開始は、翌6月19日(火)で決定した。なお世界初CD化音源である”女々しくて”各国語バージョンが収録される。

【リリース情報】
「The Golden Best」

2012.6.19 ON SALE!
オープンプライス
(輸入盤のため、販売される店舗によって価格が異なります)
アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、韓国、台湾の6バージョン
(収録曲 は、各国バージョンで異なります)
紙ジャケット/エンハンスドCD仕様

(「女々しくて」の各国語VersionのMUSIC VIDEOと各国用のMessage Video収録)。

 

 

 

オフィシャルサイト

http://sound.jp/g_b/

2003年9月10日にデビューし、9月9日に誕生日を迎える大塚 愛が、デビュー9周年と誕生日を記念して2年ぶりにアニバーサリーライブ「大塚 愛 LOVE IS BORN ~9th Anniversary 2012~」を開催する。

2010年9月、横浜みなとみらいをバックに幻想的なムードの中行われた、横浜赤レンガ倉庫での7th AnniversaryLIVEから早2年。シンガーソングライターのみならず、絵本作家など多方面で幅広い活動を行ってきた大塚 愛が魅せる想像力溢れるバースデーアニバーサリーライブを行う。

大塚 愛本人も
「『LOVE IS BORN ~9th ANNIVERSARY 2012~』を開催することを決めましたぁぁぁぁぁぁぁあ! 久しぶりのライブだーっ 私もみんなも、体力大丈夫かー! 集合!全員集合です!!」と、自身のサイトで意気込みをコメントしている。

【公演スケジュール】
9月9日(日)東京:日比谷野外大音楽堂
9月16日(日)兵庫:神戸国際会館 こくさいホール
9月29日(土)愛知:名古屋国際会議場 センチュリーホール
※開場/開演時間は変更になる可能性があります。

大塚 愛オフィシャルHP
http://www.avexnet.or.jp/ai/
オフィシャルファンクラブ
http://love9cube.com/
オフィシャルサイト
http://www.avexnet.or.jp/ai/index.html

佐野元春と雪村いづみによる豪華なコラボレーションが実現した。
曲のタイトルは、「トーキョー・シック」。今回のレコーディングのために佐野元春が書きおろしたダンサブルなスウィングナンバーだ。

去る4月、東京アバコ・スタジオで、佐野元春プロデュースによる雪村いづみとのレコーディング・セッションが行われた。編曲と指揮は、佐野の指名により、日本のビッグバンド・ジャズ界のベテラン、前田憲男。レコーディング・エンジニアは、東芝EMIの元チーフレコーディングエンジニア、行方洋一が担当。参加ミュージシャンは、Alto Sax=平原 まこと、Tenor Sax=アンディ・ウルフ、Baritone Sax=原田 忠幸、Trp=数原 晋、Bass=斉藤 誠、Dr.=稲垣 貴庸、Gui=中牟礼 貞則など、日本のジャズシーンを牽引してきた歴史的なミュージシャンたち。

'50年代中盤から歌手として、映画スターとして活躍する雪村いづみは、来年、デビュー60周年を迎える。「戦後モダニズムの精神を最も純粋なかたちで生き抜いた女性」と佐野は、雪村いづみを評してそう語る。

ここ最近、佐野は自らのラジオ番組で、戦後から昭和30年代のジャパニーズ・ポップスの特集を組むなど、当時の音楽にリスペクトを表明しており、楽曲「トーキョー・シック」について、
「両親が若かった頃や、雪村いづみさんが登場した時代に想いを馳せて書いた。戦後の復興期にあたって、人々を元気づけたのはこんな曲だったのではないか」と佐野は語る。

楽曲では、生粋の東京生まれである佐野元春と雪村いづみが、年の差を超えて、みごとなデュエットを聴かせ、雪村いづみのボーカルは、70代とは思えない活気に満ちて、佐野の楽曲に彩りを添えている。
音源は、50年代の雰囲気を再現しようというこだわりから、ステレオ・ミックスだけでなく、モノラル・ミックスも用意。オリジナル、モノ、インストルメンタルの3バージョンが、5月9日、アイチューンズ・ストアにて配信される。

【リリース情報】

 

「トーキョー・シック」
2012.5.9 ON SALE!
iTunes Storeにて発売
¥200/曲

 

 

 

【ライブ情報】
佐野元春 佐野元春 and The Hobo King Band「Smoke & Blue」
特別ゲスト: 雪村いづみ

ビルボード・ライブ 東京
5/9(水) 1st.Show : 17:30開場/19:00開演 2nd.Show : 20:45開場/21:30開演
5/10(木)1st.Show : 17:30開場/19:00開演 2nd.Show : 20:45開場/21:30開演
ビルボード・ライブ 大阪
5/15(火) 1st.Show : 17:30開場/18:30開演 2nd.Show : 20:30開場/21:30開演
5/16(水) 1st.Show : 17:30開場/18:30開演 2nd.Show : 20:30開場/21:30開演

※ 大阪公演の雪村いづみゲスト出演は、5月16日(水)のみとなります。

佐野元春オフィシャルサイト
http://www.moto.co.jp/

桑田佳祐の、新作を含むソロ名義作品を集めたスペシャルアルバム『I LOVE YOU –now & forever-』が7月18日に発売される。

そのスペシャルアルバム『I LOVE YOU –now & forever-』は2枚組というボリュームたっぷりの作品であることが発表された。

すでに発表されている収録曲は、まだ発売されていない新曲『幸せのラストダンス』(三井住友フィナンシャルグループ CMソング)、『100万年の幸せ!!』(フジテレビ系アニメ「ちびまる子ちゃん」エンディングテーマ)、「CAFÉ BLEU」(森永乳業「マウントレーニア ダブル」CMソング)の3曲に加え、「波乗りジョニー」「ROCK AND ROLL HERO」「明日晴れるかな」「Let’s try again ~kuwata keisuke ver.~」といった名曲・大ヒット曲たち。

他の収録曲については現在鋭意選曲中であるとともに、新曲もさらに準備しているとのこと。2枚組というからには、相当数の楽曲が収録されるはず。しかも、初回の完全生産限定盤については、さらにスペシャルなボーナスディスクがついて3枚組になるとのこと。詳細発表を待ちたい。

そんなスペシャルアルバムから「幸せのラストダンス」のミュージックビデオ(MV)が完成。このビデオ、すでにその一部が公開されていたが、本日よりサザンオールスターズオフィシャルサイト「sas-fan.net」内の特設ページにて完全版での試聴がスタート。

sas-fan.net
http://www.sas-fan.net/kuwata2012/special/

ウェディングドレスを着た花嫁が教会へと走っていくシーンが印象的なこのビデオ、桑田の妻役として女優の高橋惠子が出演。桑田と仲睦まじい夫婦を演ずる姿がなんとも微笑ましく温かい気持ちにさせてくれる。最後まで見た人には「なるほど!」と思っていただける結末が用意している。

また、9月からの全国ツアーのタイトルと各会場の開場/開演時間も発表となった。ツアータイトルはスペシャルアルバムに合わせて「桑田佳祐 LIVE TOUR 2012  I LOVE YOU –now & forever-」。全国津々浦々の“YOU”に桑田佳祐が歌を届けに行く。

 

 

Special Album
「I LOVE YOU -now & forever-」
2012年7月18日(水)リリース

完全生産限定盤:3枚組 \3,600(税込) VIZL-640
※完全生産限定盤には数量に限りがございます
通常盤:2枚組 \3,300(税込) VICL-64000~1
http://www.sas-fan.net/kuwata2012/album/

「桑田佳祐 LIVE TOUR 2012 I LOVE YOU –now & forever-」
9.15(土)、16(日) 宮城 セキスイハイムスーパーアリーナ
9.29(土)、30(日) 北海道立総合体育センター 北海きたえーる
10.6(土)、7(日) サンドーム福井
10.24(水)、25(木) 愛媛県武道館
11.7(水)、8(木) 広島グリーンアリーナ
11.14(水)、15(木) さいたまスーパーアリーナ
11.28(水)、29(木) マリンメッセ福岡
12.5(水)、6(木) 日本ガイシホール
12.12(水)、13(木) 大阪城ホール
12.27(木)、28(金) 横浜アリーナ
12.30(日) 横浜アリーナ
12.31(月) 横浜アリーナ
http://www.sas-fan.net/kuwata2012/tour/

ソロ初となる東京ドーム公演「YUKI LIVE“SOUNDS OF TEN”」が5月6日に開催され、大成功を収めた。

 


同公演のチケットは発売後、即ソールドアウトとなり、話題となったが、そのチケットを手にした5万人のファンが東京ドームに集結した。

開演時間の5時過ぎに、白のミニワンピースの衣装をまとったYUKIが登場、大きな拍手と歓声につつまれたなかで、本編の1曲目、2002年発売のソロデビューシングル「the end of shite」を演奏した。以降、3時間半にわたり、計29曲を歌唱した。

東京ドームのど真ん中にセットされた花道はなんと異例の100メートル。スコアボードからホームベースまで全速力で駆け抜け、ファンを圧倒し、近くで見れるYUKIの姿にファンからは、喜びの歓声が上がった。

MCでは「バンドとソロの両方で東京ドーム公演をした女性アーティストとして、‘史上初’いただきました!! 今日は歴史に残るライブ、皆さんと一緒に史上初の史上最強のライブにしようね!10年間の感謝の気持ちを込めて歌いたいと思います。」と、5万人のファンに向けソロ活動10周年の感謝の気持ちを贈った。

アンコールでは、今日の東京ドーム公演を記念し制作した先日5月2日にリリースされたばかりの新曲「プレイボール」を初披露。ソロ10周年の記念すべきステージは大成功のうちに終了した。

 

 

YUKI LIVE " SOUNDS OF TEN "

2012.5.6 (Sun) @東京ドーム

 

M-01:the end of shite・・・2002. 2.6 1st Single

M-02 :惑星に乗れ・・・2002. 3.27 1st Album「PRISMIC」収録

M-03 :泣きそうだ・・・2003. 3.26 2nd Album「commune」収録

M-04 :ふがいないや・・・2006.8.9 14th Single

M-05 :ハミングバード・・・2003. 3.19 6th Single

M-06 :愛に生きて・・・2002. 3.27 1st Album「PRISMIC」収録

M-07 :ファンキーフルーツ・・・2003. 3.26 2nd Album「commune」収録

M-08 :WAGON・・・2005.2.23 3rd Album「joy」収録

M-09:Rainbow st. ・・・2002. 3.27 1st Album「PRISMIC」収録

M-10 :舞い上がれ・・・2005.2.23 3rd Album「joy」収録

M-11 :ヘイ!ユー!・・・2006.9.6 4th Album「Wave」収録

M-12 :ビスケット・・・2007.10.3 Single Collection「five-star」収録

M-13:66db・・・2002. 3.27 1st Album「PRISMIC」収録

M-14 :うれしくって抱きあうよ・・・2010. 2.17 20th Single

M-15 :Home Sweet Home・・・2004. 8.18 7th Single

M-16 :COSMIC BOX・・・2009.11.18 19th Single

M-17 :恋愛模様・・・2010.3.10 5th Album「うれしくって抱きあうよ」収録

M-18 :ティンカーベル・・・2005.2.23 3rd Album「joy」収録

M-19 :歓びの種・・・2005. 9. 7 12th Single

M-20 :長い夢・・・2005.4.27 10th Single

M-21 :鳴いてる怪獣・・・2011.8.24 6th Album「megaphonic」収録

M-22 :ランデヴー・・・2009.3. 4 18th Single

M-23 :揺れるスカート・・・2011.8.24 6th Album「megaphonic」収録

M-24 :ワンダーライン・・・2007.12.12 16th Single

M-25 :JOY・・・2005.1.19 9th Single

 

 

【リリース情報】
両A面シングル
『プレイボール/坂道のメロディ』
エピックレコード
05.02 ON SALE!

【初回限定盤】
ESCL3895-3896 
¥1,500(tax in.)

【通常盤】
ESCL3897
¥1,020(tax in.)

www.yukiweb.net
www.yuki10.net

ビースティ・ボーイズのMCAことアダム・ヤウクが5月4日、亡くなった。

 

ヒップホップ史に残るパイオニアとして、名門Def Jamレーベル最初期の所属アーティストでもあったビースティ・ボーイズ。そのDef Jam創始者のラッセル・シモンズがヒップホップ・サイトGrobalGrind.comでMCAの死を公表。米時間の5月4日金曜日、ガンのために47歳の若さで亡くなったという。

MCAは2009年に耳下腺に腫瘍があることが判明。これを公表し、予定されていたリリースやライブ・ツアーも休止して治療にあたった。その後、2011年には“Hot Sauce Committee Pt. 2”を発表しファンを喜ばせたが、先月にはグループとして「ロックの殿堂」入りを果たしたにもかかわらず、授賞式を欠席したことで病状が悪化しているのではと心配されていた。

MCAはビースティ・ボーイズの一員として『License to Ill』『Ill Communication』などの大ヒットを連発しただけでなくファッションやビジュアルなど様々なカルチャーを刺激し続け、ヒップホップを世界に知らしめる大きな役割を果たしてきた。

5月2日にベストアルバム『しょこたん☆べすと--(°∀°)--!!』をリリースし、オリコンデイリー初登場2位を記録した中川翔子が、自身初となる東京・日比谷野外音楽堂にてのライブ「10元突破!SHOKO NAKAGAWA LV UP LIVE 超☆野音祭」を自身の誕生日である5月5日に開催した。

自他共に認める雨女で、大阪のライブでは1曲目に雨が降り出したという中川翔子だが、この日は25度を超える好天に恵まれ、ライブでは「脱引きこもりでネガティブではなく、ドSで貪欲な中川翔子を見せたい」と語ったようにスタートから、気合の入ったパフォーマンスを見せ、思い思いのコスチュームを着て集まった3,100人の観客たちもそれぞれのスタイルでそれに応えた。

ライブは本人が「レベル27」の誕生日を迎え、代表曲「空色デイズ」など、アンコール含めて27曲を演奏。
全国の映画館と香港と台湾の映画館合わせて39か所と、ニコニコ生放送でもライブの模様が中継され、ソールドアウトとなって会場に来ることができなかったファンも一緒に記念すべきライブを満喫できるような試みも実施された。


中川翔子は5月20日には北京で開催される世界最大級規模の芸術祭典にてライブを行い、7月には初の単独アジアツアーも決まっているなど、活躍の場を世界へ広げていく。

☆初のアジアツアー開催決定!
「大家好,我係中川翔子亞洲演唱會―(・∀・)―!!!」
7/7(土)&8(日)香港 7/22(日)台北 8/4(土)シンガポール 8/31(金)上海 9/2(日)広州
(※ツアータイトルは訳すと「はじめまして中川翔子です。 アジアツア―(・∀・)―!!!」)

第12回~北京で会いましょう~(5月20日)
http://www.watanabepro.co.jp/info/2012/04/post_222.html

 

 

【商品概要】
中川翔子
『しょこたん☆べすと――(°∀°) ――!!』

2012年5月2日リリース
【DVD付初回生産限定盤(2CD+DVD)】
オリジナルべストCD*しょこ☆かばべストCD*ライブDVD*フォトブック ¥7,000-(税込)
【DVD付通常盤(2CD+DVD)】
オリジナルべストCD*しょこ☆かばべストCD*ライブDVD ¥6,000-(税込)
【non stop CD付盤(3CD)】
オリジナルべストCD*しょこ☆かばべストCD*ノンストップMIX CD ¥5,000-(税込)
【通常盤(2CD)】オリジナルべストCD*しょこ☆かばべストCD ¥4,000-(税込)

Disc.1 <<オリジナルべスト>> 
M-1. 空色デイズ (3rd Single)
M-2. 午前六時 (9th Single c/w)
M-3. フライングヒューマノイド  (12th Single)
M-4. 桜色 (13th Single)
M-5. ホロスコープ (15th Single)
M-6. Brilliant dream (1st Single)
M-7. Shiny GATE (5th Single)
M-8. つよがり (14th Single)
M-9. ストロベリMelody (2nd Single)
M-10. 心のアンテナ (8th Single)
M-11. 綺麗ア・ラ・モード (7th Single)
M-12. snow tears (4th Single)
M-13. 「ありがとうの笑顔」 (10th Single)
M-14. 涙の種、笑顔の花  (9th Single)
M-15. 続く世界 (6th Single)
M-16. RAY OF LIGHT (11th Single)

Disc.2 <<カバーべスト+新曲>> ※☆は新録。
M-1. はんぶん不思議・・・しょこたん☆かばー4-1~しょこ☆ドル篇~
M-2. 1/2・・・しょこたん☆かばー×2 ~アニソンに愛を込めて!!~
M-3. God Knows・・・しょこたん☆かばー 3 ~アニソンは人類をつなぐ~
M-4. 恋心・・・しょこたん☆かばー4-2~しょこ☆ロック篇~
M-5. 残酷な天使のテーゼ・・・しょこたん☆かばー ~アニソンに恋をして。~
M-6. 魂のルフラン・・・しょこたん☆かばー 3 ~アニソンは人類をつなぐ~
M-7. eternal wind・・・しょこたん☆かばー×2 ~アニソンに愛を込めて!!~
M-8. ゆずれない願い・・・しょこたん☆かばー 3 ~アニソンは人類をつなぐ~
M-9. 輪舞-revolution-・・・しょこたん☆かばー×2 ~アニソンに愛を込めて!!~
M-10. 星間飛行・・・しょこたん☆かばー 3 ~アニソンは人類をつなぐ~
M-11. Diamonds・・・しょこたん☆かばー4-2~しょこ☆ロック篇~
M-12. 蒼いフォトグラフ・・・しょこたん☆かばー4-1~しょこ☆ドル篇~
M-13. ロマンティックあげるよ・・・しょこたん☆かばー ~アニソンに恋をして。~
☆M-14. 空色デイズ –北京語ver.- 訳詞:卓 伸頴
☆M-15. ホリゾント 作詞 岩里祐穂 作曲 fireworks 編曲 川口圭太
☆M-16. apple universe 作詞meg rock 作曲・編曲 神前暁 
☆M-17. soufflé secret 作詞・曲yoffy 編曲 大石憲一郎


【non stop CD付盤】のみ
Disc.3 <<中川翔子ノンストップ貪欲MIX!! by DJ和>>
【DVD付初回生産限定盤】と【DVD付通常盤】のみ
Disc.3 <<Shoko☆Cover Fes.2011 NAKAGAWA BROADWAY>> ※収録分数約74分

中川翔子オフィシャルHP
http://www.nakagawashoko.com/
レーベルオフィシャルTwitter
https://twitter.com/SMR_info

1982年5月1日にシングル「スローモーション」でデビューしてから、30周年を迎える中森明菜。その30周年を記念したベスト・アルバム『ベスト・コレクション ~ラブ・ソングス&ポップ・ソングス~』が発売されることがわかった。

このアルバムは、中森明菜が魅せる「静」と「動」の2つの側面をコンセプトにして、2枚のディスクに代表曲の数々が網羅されるほか、2枚組で¥2,500(税込)という30周年記念生産限定特別価格で発売される。

「静」をコンセプトにしたディスク1はラブ・ソングス編として、まだ幼さの残る記念すべきデビュー曲「スローモーション」、初の1位獲得曲にしてロングセールスを記録した名曲「セカンド・ラブ」、歌の世界観を視覚化するような唯一無二の歌唱で聴かせる「難破船」などを収録。

また、「動」をコンセプトにしたディスク2のポップ・ソングス編には、2作目のシングルでのツッパリ路線のアプローチで衝撃を与えた「少女A」や、「北ウイング」などの初期代表曲、アイドルからアーティストへの成長の転機となった井上陽水作曲の「飾りじゃないのよ涙は」、日本レコード大賞を受賞した「ミ・アモーレ」(1985年)、「DESIRE-情熱-」(1986年)、そして、スイング・ジャズを取り入れた斬新なサウンドと魅力的な衣装で魅了した「TATTOO」など、全34曲が収録される。

実に、21曲ものナンバーワンヒットが収録されたこの作品を聴けば、当時の記憶が甦る、口ずさめる、歌いたくなる。そんな懐かしの名曲が勢揃いした、30周年記念のリリースにふさわしい永久保存盤。

さらに、腕利きのエンジニアによって音源も丁寧にブラッシュアップされるという。中森明菜のヴォーカルの魅力がより一層引き出されるであろうサウンドにも注目が集まりそうだ。

 

『ベスト・コレクション ~ ラブ・ソングス & ポップ・ソングス ~』
2012年7月11日(水)発売予定
30周年記念 生産限定特別価格

価格 : ¥2,500(税込)
品番 : WPCL-11117/8
Disc-1 <ラブ・ソングス>
01.スローモーション
02.セカンド・ラブ
03.目をとじて小旅行(イクスカーション)
04.トワイライト―夕暮れ便り―
05.SAND BEIGE -砂漠へ-
06.SOLITUDE
07.ジプシー・クイーン
08.Fin
09.駅
10.BLONDE
11.難破船
12.恋路
13.AL-MAUJ (アルマージ)
14.LIAR
15.乱火
16.水に挿した花
17.忘れて...

Disc-2 <ポップ・ソングス>
01.少女A
02.1/2の神話
03.禁区
04.北ウイング
05.サザン・ウインド
06.十戒(1984)
07.飾りじゃないのよ涙は
08.ミ・アモーレ[Meu amor e...]
09.DESIRE -情熱-
10.LA BOHEME
11.危ないMON AMOUR
12.ノンフィクション エクスタシー
13.TANGO NOIR
14.TATTOO
15.I MISSED "THE SHOCK"
16.Dear Friend
17.二人静 - 「天河伝説殺人事件」より
<全34曲収録>

ワーナーミュージック・ジャパン作品ページ
http://wmg.jp/artist/akina/WPCL000011117.html

マニック・ストリート・プリーチャーズが、昨年リリースしたコンプリート・ベスト・アルバム『ナショナル・トレジャーズ』収録全曲を2夜に分けて披露するというスペシャル・ライヴをまもなく日本で行うが、その来日時に日本のファンへ超スペシャルなプレゼントを行うことを発表した。

「君にとって“宝物”なマニックスの1曲は?」と題して『ナショナル・トレジャーズ』アルバム収録曲の中から、一番好きな曲とその理由を応募した方の中から、最優秀コメントに輝いた方(お一人)に、ライヴ当日会場にて、なんとメンバーから直接ギターをプレゼント。

彼らの20年の軌跡を一番身近で支え、そして彼らの琴線に触れるメロディーを共に生み出してきたギターは、まさにこの世に1つしか存在しない超スペシャルなもの。ベストアルバムのタイトルとなっている「National Treasures=国宝」にひっかけた、日本のファンへのなんとも粋なサプライズである。

スペシャルな一夜が、貴方にとってさらに“超”スペシャルなものになること必至だ。またこの他にも、メンバーとミート&グリートできる企画も同時開催する。詳細は以下HPでご確認を。

【ギター・プレゼント応募方法】
タイトル:君にとって“宝物”なマニックスの1曲は?
www.sonymusic.co.jp/manics

(5/2(水) 正午に開設予定 / webのみ)

応募方法:
『ナショナル・トレジャーズ』アルバムの中で、貴方が「一番好きな曲」とその「理由」を教えてください。
最優秀コメントに輝いた方(お一人)には、ライヴ当日に会場にて、なんとメンバーから直接ギターをプレゼント。
*公演チケットをお持ちの方で、公演前後にお時間に余裕のある方のみ/会場までの交通費は自己負担となります。
*最優秀コメントに選ばれた方がお持ちのチケット公演日に実施いたします。
*応募〆切: 2012年5月13日(日) 24:00まで
*当選者には5/15(火)に、応募時に入力されたメール・アドレスへご連絡いたします。

【ミート&グリート応募方法】
以下twitterサイトをフォローしていただいた後、「ミート&グリート」告知のつぶやきをRTした方の中から抽選で各日10名様をミート・グリートにご招待!
クリエイティブマン (5/17):https://twitter.com/#!/cmp_official
ソニー・ミュージック(5/18): https://twitter.com/#!/INTSonyMusicJP
*公演チケットをお持ちの方で、公演前後にお時間に余裕のある方のみ/会場までの交通費は自己負担となります。
*それぞれのtwitterでご招待日が変わりますので、ご注意ください。
*当選者には5/15(火)にtwitterからのダイレクト・メールにてご連絡いたします。

Photo by Mitch Ikeda

【来日情報】
MANIC STREET PREACHERS  Japan tour 2012
5/17(木) 東京:スタジオコースト
5/18(金) 東京:スタジオコースト
http://www.creativeman.co.jp/artist/2012/05manics/

日本オフィシャル・サイト: 
http://www.sonymusic.co.jp/manics

 

開催まで残り3ヶ月を切ったフジロック・フェスティバル。出演日別ラインナップが発表された。また16 組の新たな出演者も決定した。

再結成ライブが待ち遠しいザ・ストーン・ローゼズをヘッドライナーに迎える金曜日。そんな彼らを愛してやまないビーディ・アイ、見事ブリット・アウォード2冠のエド・シーラン、ポスト・ダブステップの寵児ジェイムス・ブレイクなどの英国勢から、女王ベス・ディトー率いるゴシップ、ライブ力は天下一品のロス・ロンリー・ボーイズ、哀愁と甘酸っぱいさわやかさを奏でるアウル・シティ、とアメリカ組は色豊か。
日本からは、ザ・バースデー、ブンブンサテライツの強力な2組を筆頭に、美しく切ないメロディーで聴かせてくれるキャラバン、スペシャル・コラボ・パフォーマンスを披露してくれるハンバートハンバート×クール・ワイズ・マン、超絶ターンテーブル・テクなDJKENTARO、ヨーロッパツアーを大成功させたマウス・オン・ザ・キーズなどが並ぶ。

土曜日には、御年75 歳バディ・ガイ、エルヴィン・ビショップ、元祖2トーンスカのザ・スペシャルズ、レイ・デイヴィス、トゥーツ・アンド・ザ・メイタルズとレジェンドが大集結。そんな先達をリスペクトすべく、ザ・ディー・オー・ティー、電気グルーヴ、サカナクション、スピリチュアライズドがそれぞれのアプローチで盛り上げてくれることでしょう。この日、新たに決定したのは、エネルギッシュな日本のロックバンド、アシッドマン、根強い人気を誇るフロンティア・バックヤード、サケロックのリーダー星野 源、カリスマ的な存在の伊藤ふみお、アフロビートの若き貴公子シェウン・クティの5
組。

フジ初登場となるレディオヘッドを迎える日曜日。再結成のアット・ザ・ドライブ・インにリフューズド、ベテランのエルヴィス・コステロ、ソロ名義での始動直後の登場、期待大のジャック・ホワイト、永らく待たれていたアルバムも大好評のジェームス・イハ、加藤登紀子、また新たに決定した ア 100% ソーラーズ、ALT+J(アルト・ジェイ)、セロ、CHTHONIC(ソニック)、ロコフランクなどが苗場の最終日を飾る。

今回の発表で、現在93 アーティスト。今後も出演者が発表されていくという。

■7/27(金)
THE STONE ROSES
ARAAB MUZIK / THE BACK HORN / BEADY EYE / The Birthday / BOOM BOOM
SATELLITES / Caravan / チャットモンチー / COBRA / DJANGO DJANGO / ED
SHEERAN / eli walks / ERNEST RANGLIN / FACTORY FLOOR / THE FIELD / GOSSIP /HIROMI THE TRIO PROJECT featuring Anthony Jackson & Simon Phillips / ハンバートハンバート×COOL WISE MAN / JAMES BLAKE / DJ KENTARO / THE KOOKS /LOS LONELY BOYS / MIMI MAURA feat. 石川道久セッション / MORITZ VON OSWALD TRIO / mouse on the keys / OWL CITY / THA BLUE HERB / THE TROJANS

■7/28(土)
ACIDMAN / AGORIA / ANTHONY JOSEPH & THE SPASM BAND / BUDDY GUY / BUSYP / CARIBOU / CHE SUDAKA / THE D.O.T. / 電気グルーヴ / ELVIN BISHOP /FRONTIER BACKYARD / THE HEARTBREAKS / 星野 源 / 伊藤ふみお / JUSTICE /完熟トリオ(小坂忠/鈴木茂/中野督夫)/ KID MASSIVE / 麗蘭 / LINDIGO / MOUNTAINMOCHA KILIMANJARO / MY BEST FIEND / OL Killer / ONDA VAGA / RAY DAVIES &BAND / SAKANACTION / SEUN KUTI & EGYPT 80 / SPECIAL OTHERS / THE SPECIALS / SPIRITUALIZED / STEVE KIMOCK / SWISS LIPS / TOOTS AND THE MAYTALS

■7/29(日)
RADIOHEAD/A 100% SOLARS / a flood of circle / ALT-J / ANNIE MAC / AT THE DRIVE – IN /cero “rookie a go-go” selected / CHTHONIC / THE DIRTY DOZEN BRASS BAND/DUMPSTAPHUNK / ELVIS COSTELLO AND THE IMPOSTERS / EXPLOSIONS IN THE SKY FUCKED UP / GALACTIC with Special Guests Corey Glover (of Living Colour), and Corey Henry(Rebirth Brass Band) / ゴジラ・放射能・ヒカシュー / group_inou / HOWLER / JACK WHITE / JAMES IHA / 加藤登紀子 / locofrank / LOSTAGE / M.WARD / MICHAEL KIWANUKA / MOP OF HEAD / NEW COOL COLLECTIVE / OCEAN COLOUR SCENE/ORQUESTA LIBRE with おおはた雄一 / quasimode / REFUSED / 渋さ知らズオーケストラ/ THE SHINS / YAEL NAIM


and more artists to be announced


FUJI ROCK FESTIVAL '12
2012年 7月27日(金)28日(土)29日(日)

新潟県 湯沢町 苗場スキー場
販売チケット
入場券 ・3日通し券: ¥42,800

・1日券: ¥17,800

JR越後湯沢駅から会場までの無料往復シャトルバスがご利用になれます
小学生以下は保護者の同伴に限り入場無料となります
 
駐車券  ¥3,000(1日1台)
2名様より受付になります
駐車券のみの受付はできません 入場券と併せて購入してください
キャンプサイト券  ¥3,000(1名 / 開催期間中有効)
キャンプサイト券のみの受付はできません 入場券と併せて購入してください
ムーンキャラバン
チケット 専用駐車券¥12,000(1台)+専用キャンプサイト券¥3,000(1名様)+ 3日通し券¥39,800

(1名様・先行期間特別価格)
2名様より受付になります
専用の駐車券と専用のキャンプサイト券に入場券を併せたセット販売です
単体での取り扱いはございません
※料金はすべて税込み
受付 3/3(土)10:00~5/18(金)23:00
ローソンチケット
http://l-tike.com/frf2012/
入場券、キャンプサイト券はローソン店頭でも購入できます
その際はLコードが必要になります Lコード:79000
イープラス http://eplus.jp/frf (PCサイト、携帯サイト)
入場券、キャンプサイト券はファミリーマート店頭 Famiポートでも購入できます
FRFオフィシャルショップ岩盤
http://www.ganban.net
店頭でも購入できます
渋谷PARCO PART3 B1F(10:00~21:00)
03-3477-5701
チケットをお申し込みの際は、オフィシャルサイトの注意事項を必ずお読みください。

FUJI ROCK FESTIVAL オフィシャルサイト 
http://www.fujirockfestival.com

湘南・葉山マリーナでの野外ジャズ・フェスティヴァル
『真夏の夜のJAZZ in HAYAMA2012』
7月27日、28日の2日間で開催!


ユニバーサル ミュージックは、7月27日(金)、28日(土) に湘南の葉山マリーナで、ジャズ界の一流プレイヤーとスペシャル・ゲスト・ヴォーカリストとのコラボレーションによるプレミア野外ジャズ・フェスティヴァル『真夏の夜のJAZZ in HAYAMA2012』 を開催する事を発表した。

『真夏の夜のJAZZ』は、1958年に米国で開催された「第5回ニューポート・ジャズ・フェスティヴァル」 の模様を捉えた伝説のドキュメンタリー映画 『真夏の夜のジャズ』 を、日本でのヨットの発祥の地であり、“日本のニューポート”といえる湘南・葉山マリーナにスペシャル・ステージを設置し復活! あの「真夏の夜のジャズ」の熱狂と興奮を蘇らせる試み。

昨年、小曽根真をはじめ、山中千尋、大西順子、ハクエイ・キムといったミュージシャンに加え、稲垣潤一、青山テルマ、Crystal Kay、ジェシー・ハリス等豪華なゲスト陣とのコラボレーションも話題となった。そして今年は「Friday Crossover Night」、「Saturday Jazz Night」と題してジャズとフュージョン界の一流プレイヤーとスペシャル・ゲスト・ヴォーカリストが2日間に渡ってスペシャル・コラボレーション・ライヴを行う事が決定した。

また、本フェスティヴァルでの電力はすべて自家発電による運営・開催を予定しているという
昨日から先行予約がスタートしている。


 


真夏の夜のJAZZ in HAYAMA2012

<日時>
7月27日(金)  ~Friday Crossover Night~
7月28日(土)  ~Saturday Jazz Night~
15:00開場/16:00開演 ~ 20:00終了(予定)
<会場>
葉山マリーナ特設ステージ
<主催>
HAYAMAJAZZ実行委員会
<協賛> : ファミリーマート
<協力> : ユニバーサル ミュージック
湘南ビーチFM78.9 京急グループ
<後援> : tvk
<チケット>
5月27日(日) 一般発売 
※5月1日(火)~15日(火)ファミリーマートにて独占先行予約
<出演アーティスト>
★7/27(金)
シャカタク、村上“ポンタ”秀一、高中正義、斉藤ノヴ、レ・フレール、斎藤圭土、樹里からん、サラ オレイン
★7/28(土)
山中千尋、稲垣潤一、PONTA BOX、ハクエイ・キム、Crystal Kay、他

詳細は公式サイトへ
http://www.universal-music.co.jp/jazz/jazz2012/index.html

昨年の模様をダイジェストで動画配信中
http://www.youtube.com/watch?v=ciN5uvTGsTg&feature=player_embedded

 

Photo=Ryo Nakajima

4月4日にメジャー・デビュー・アルバム「スペクタクル オーケストラ」をリリースしたApplicat Spectraが、4月30日にメジャーデビュー後、初となるワンマンライブ「SPECTACLE ORCHESTRA」を渋谷WWWにて行った。

地元大阪では昨年11月にワンマンライブが行われたものの、東京では初めてのワンマンライブという事もあって、チケットは早々にソールドアウト。初ワンマンを体験しようとする熱心なファンで会場は満員となった。SEが流れ、ステージ上の幕が開くと、無数のレーザービームが密生した樹木のごとく張り巡らされた奇抜な演出。湧き上がる歓声の中、ライブは「アルペジオ」からスタート。ライブではお馴染のナンバーで、自己紹介をするかのように、二つの楽器をサラッと弾きこなすナカノ、ナカオ、イシカワの3人。そのパフォーマンスにオーディエンスの目は釘付けに。

2曲目は新曲「スターノート」。独自な世界観の歌詞とアプリらしい美学で構築されたダンサブルな楽曲で、今後の彼らの代表曲になりそうな1曲だ。続くMCでナカノが「Applicat Spectraです。聞きたい人は聞いてもらって、踊りたい人は踊ってもらっていいです。僕らも一生懸命やるので、僕らの事を好きだって事を一生懸命伝えてください。今日は最後までよろしくお願いします」と挨拶するとオーディエンスが温かい拍手で応えた。

ライブはアルバム「スペクタクル オーケストラ」の収録曲を中心に新曲も交えて展開。複数の楽器を駆使したメンバーの力強い演奏に加え、映像や照明、レーザーといったワンマンライブならではの演出を駆使し、楽曲のメッセージや世界観を伝えるステージングは圧巻で、まさに“スペクタクル”なライブとなった。アンコールでは「四人で初めて作った曲」だという「スターライト」を披露。オーディエンスと一体となって楽しそうに演奏するメンバーの笑顔が印象的だった。

5月12日には大阪MUSEでもワンマンライブを行う予定。また、この日、7月5日に行われるスペースシャワーTV「スペースシャワー列伝~第九十巻 灼熱(しゃくねつ)の宴」への出演が発表となった。

 

 

【リリース情報】

新世代バンド、デビュー盤
『スペクタクル オーケストラ』
A-Sketch
AZCS1018
¥1,680 (tax in.)
ON SALE!


 

米米CLUBの、2年半ぶりとなるツアー「天然~NATURAL~」(全国8カ所8公演)が29日渋谷公会堂でファイナルを迎えた。

全公演即日ソールドアウトとなった今回のツアーの中でも、1986年以来となる渋谷公会堂では、派手にコスプレした多数のファンも交え、デビュー当時のサブカル/アングラ色の強いステージとカールスモーキー石井の軽妙なトークで集まった約2000人のファンを熱狂させた。

今回のツアー直前に、「職業性ジストニア」という難病でサックスを吹けない事を告白したフラッシュ金子のメンバー紹介の際には、ひときわ大きな拍手が起こり、金子もキーボードを中心に熱いプレイで応えた。

アンコールの「Shake Hip!」では、今回ツアーに参加出来なかったサポートメンバーであるコータロー(ダンサー)とMATARO(パーカッション)もサプライズで登場、渋谷公会堂はさながらバブル時代のダンスフロアと化した盛り上がりを見せた。

今回のツアーの模様を収録したライブDVDを、メンバーが“米米CLUBの日”と呼ぶ“8月8日”にリリースする事が発表された。


2012年4月29日
渋谷公会堂 セットリスト

M-1  今夜はフル回転
M-2  愛は不思議さ
M-3  ふりむかないで
M-4  WE ARE MUSIC!
M-5  日常の私
M-6  chu chu chu
M-7  愛してバタフライ
M-8  濃い恋をしたい
M-9  STYLISH WOMAN
M-10 ROPPONGI- 雨
M-11 IMITATION GUY
M-12 東京 Bay Side Club
M-13 JO 登場のテーマ ~ OH! 米GOD!!
M-14 紅い人
M-15 あ! あぶない!
M-16 COME ON!
M-17 Primitive Love
M-18 天然の微 (新曲)
M-19 グラデーション・グラス
M-20 SO COOL
M-21 JO 再登場のテーマ
M-22 どうにも止まらない~狂わせたいの~狙い撃ち~じんじんさせて
M-23 I'M A SOUL MAN
M-24 つ・よ・が・り(Pf Ver)

< ENCORE 1 >
EC-1 We are 米米CLUB
EC-2 上を向いて歩こう~上を向いて唄おう
EC-3 嗚呼! 浪漫飛行
< ENCORE 2 >
EC-4 Shake Hip!
EC-5 愛knowマジック

米米CLUB Official Site
http://www.komekomeclub.net/

 

大ヒットドラマ&映画『モテキ』コンビ!(森山未來×大根仁)が再びタッグを組んだ、話題のロック・ミュージカル『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』に、森山ヘドウィグ相方イツァーク役として、後藤まりこ(元ロックバンド「ミドリ」Vo. & Gt.)が舞台に初挑戦する。
 
舞台「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」は、1997年よりオフ・ブロードウェイで初上演されロングランを記録し、その後イギリス、カナダ、ドイツなど世界各地で上演、また2001年には映画化され、サンダンス映画祭観客賞、監督賞など数々の賞を受賞している傑作。マドンナやデヴィッド・ボウイなど数々のセレブリティ達も熱狂し、舞台・映画共に世界中に一大ブームを巻き起こした。

日本語版公演では、三上博史主演で2004年と2005年にPARCO劇場他で上演され、 2007年と2008年、2009年には山本耕史主演で上演され、国内でも人気を博しているロック・ミュージカル。――そして2012年、ヘドウィグ役に舞台・映画・ドラマに大活躍の脅威の身体能力を備え持つ俳優・森山未來を新たに起用し、若者のリアルを鮮明に描きヒット作を生み出す大根仁演出、さらに!森山ヘドウィグ相方イツアーク役として、2010年12月突如解散してしまった伝説的ロックバンド「ミドリ」ヴォーカル・後藤まりこ(舞台初挑戦)を迎え、新たなヘドウィグ・ワールドが誕生する!
 
【出演者コメント】
「このライブがあなたの写し鏡の一つになれば幸いです。

そして、同じように私も皆さんを通して我を知るでしょう」(森山未來)
「『モテキ』に引き続き森山未來と仕事をできる悦びを感じつつ、新たな森山未來、

新たなヘドウィグ、観たことのないエンタテイメントを目指すべく、

熱い熱い夏にしたいと思っております」(大根仁)
「一緒に、遊ぼう。あなた方が飽きるまで、一緒に遊ぼう。かっとばします」(後藤まりこ)
 
【公演概要】 
HEDWIG AND THE ANGRY INCH ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ
作:ジョン・キャメロン・ミッチェル/作詞・作曲:スティーヴン・トラスク/
上演台本・演出:大根仁/音楽監督:岩崎太整/
キャスト:ヘドウィグ:森山未來、イツアーク:後藤まりこ
公演日:東京公演 Shibuya O-east  8月29日(水)~9月10日(月) 16回公演
地方公演:

大阪公演(ZEPP OSAKA)、名古屋公演(ZEPP NAGOYA)、福岡公演(ZEPP FUKUOKA)予定  
主催・企画:ニッポン放送/制作:クオーレ/運営:サンライズプロモーション東京 
www.hedwig2012.jp

後藤まりこ オフィシャルサイト
http://gotomariko.com/