2012年10月アーカイブ

チャラン・ポ・ランタン、レコ初ライブ超満員大盛況!
早くも年内のアルバムリリース決定!


9月にリリースした2年ぶりのアルバム『つがいの歯車』がCDショップを中心にビックリ大好評。そして先日よりNHK Eテレ『シャキーン!』に音楽と映像出演で毎朝登場するなど、新たなファンを取り込んでいるチャラン・ポ・ランタンが『つがいの歯車』から1カ月越しとなる、遅すぎるレコ発ライヴを開催。

予約当初は現状のチャランポの集客では少し大き過ぎるのではないか?と心配されていた今回の会場
”青山CAY”。チケット発売当初は100枚に届かなかった売れ行きだったが、フタを開けてビックリ。

7月に開催したワンマンライヴの倍以上の観客が詰め寄せ、開場前から会場前には長蛇の列ができ、超満員。年150本を越えるライヴでファンが着実についていたようだ。

 


ステージには『つがいの歯車』のジャケットキーヴィジュアルとなっているサーカステントなどの美術を配し、開演前から開場は異様な熱気に包まれた。アコーディオン小春(姉・23歳)の幻想的な独奏に続き、ヴォーカルもも(妹・19歳)が登場。動画サイトで高評価を多数獲得している楽曲「空中ブランコ乗りのマリー」を狂気じみた歌唱で披露。その後立て続けに演奏される唯一無二な楽曲で会場の空気をチャランポ色に染めあげた。そんな緊張感溢れる空気の中、小春のMC「オメーら、チケット予約するの遅すぎるんだよ!!」と開口一番に一喝。ドMな観客が集った会場に歓喜の声が響いた。


ももの唄を前面に押し出し、新曲も披露。アコーディオン・ドラム・ベースのシンプルな編成で終えた第一部に、観客は既に恍惚の表情。

「この日集まった幼稚園児~」

80歳の老人までの観客を楽しませる、尖っているが懐の深いチャランポ流エンタテイメントはまだ終わらない。じっくり&しっとりと唄を楽しませた後は、フロアにひかれたレッドカーペットを大道芸さながら、ホーン隊を加えたメンバーを小春が引き連れてが登場。チャラン・ポ・ランタンの魅力の一つである”ブンチャカ・ジプシーサウンド”を予感させる演出に観客はしょっぱなから狂喜乱舞。

インスト曲をサポートバンド”カンカンバルカン”と共にド派手に演奏した後、またもやレッドカーペットを全力疾走してももが登場!

しかもブルマ姿!そういえばこのライヴタイトルは『私立・チャランポ学園の奇々怪CAYな運動CAY』…。運動の秋ということで運動会のスタート!

天然コスプレイヤー・ももがおもむろにくじ引き箱を持ち、運動会の定番曲「クシコスポスト」の生演奏をバックに”ひとり借り物競走”がスタート。”2,000円札””結婚指輪”などのお題をクリアすべく、超満員の客席に飛び込みお目当てのモノを観客からはぎ取り、その物品を身につけ、19歳の生足を惜しげもなく放り出し、異様なヴィジュアルのまま次曲になだれ込んだ。爆笑と歓声により息切れの激しい観客をしり目に、“エンタテイメントの玉手箱”チャランポのサービス精神はとどまることを知らない。10月22日からNHK Eテレの大人気子供番組『シャキーン』で毎朝放送中の話題楽曲「住人十色」(チャランポが編曲・一部歌唱・演奏を担当)を早くも初披露。ライヴをプライベートで観に来ていた番組MC”ナオト”が勢い余ってステージに登場。ももとマイクを奪いあったが、大人げないももはナオトにマイクを渡さず歌唱。キメのセリフを観客が大合唱するなど、番組の浸透具合がうかがえた。

 


揺れるフロアにもうこれ以上の盛り上がりはないかと思われたその時、小春から「12月26日にニューアルバム『たがいの鍵穴』をリリースします!」とのじらしにじらした重大発表が!ももの2013年4月9日の二十歳の誕生日までに3枚のアルバムのリリースを公言していたチャランポ。ファンはうすうすと12月あたりのリリースを予感していたが、そこは分かってらっしゃる方々。必要以上なリアクションで新作の発表を喜んだ。


お祝いに次ぐお祝いで今後のブレイクが予感されるこのライヴの本編は終了。そしてトランス状態に入った観客からは当然のようにアツアツのアンコールが。
ファンと同じ目線で喜びを分かち合いたい。と再度フロアに降りて演奏を始めたチャランポ。アンコールラストにはこの日の為に書いた新曲「今日のさよなら」を
2人きりで披露。

チャランポ流のカーテンコールを終え、ももがレッドカーペットに山口百恵さながらマイクを置きワンマンライヴは終了。

彼女たちのルーツである
“大道芸”と”サーカス”を表現した、「お金をもらうからには常に予想を越える最高のエンターテインメントを披露する」という確固たる意志を感じさせるこの姉妹の姿に涙を流す人も多数。
妥協のない作品とライヴで日々ファンを増やすチャラン・ポ・ランタン。

12月26日発売の『たがいの鍵穴』でその勢いを更に増すことになりそうだ。




MUSICSHELF

チャラン・ポ・ランタン ロングインタビューを掲載中!

 

《リリース情報》
『たがいの鍵穴』
発売日:2012年12月26日
1,680円(税込)


《ライブ情報》
チャラン・ポ・ランタン ワンマンライヴ『崩壊寸前ライヴ』
<日程>11/11(日)
<会場>渋谷 七面鳥
<時間>開場18:30 / 開演19:30
<出演>チャラン・ポ・ランタンと崩壊寸前バンド
<チケット>前売り¥3,000 / 当日¥3,500 +1drink ¥500
チケットはコチラから
http://www.7mentyo.com/

《PROFILE》
“人生をかけたパフォーマンスでお客を感動させてお金をもらう”
そんなエンターテイメントの原点を体現している、ボーカルもも(19)、アコーディオン(23)による姉妹ユニット。2009年から活動を開始。2012年6月にはZAZEN BOYS、group_inouらとカナダツアーを行い、現地のカナダっ子が各会場200人前後のキャパにも関わらず平均60枚のCDを購入。その勢いのままフジロックでのパフォーマンスでは、ももがラジオのかぶりモノをしながらレディオヘッドならぬ「ラジオ頭」の衣装で登場。フジロッカー達の記憶に鮮烈な1ページを刻み、Twitterなどで「ベストアクト」の評価を多数得る。その他、台湾で行われたフェスやイベントなどライブ活動も多数参加。9月には、2年ぶりの“ほぼ”アルバム「つがいの歯車」をリリースし、タワーレコードチャートなどの総合チャート上位にランクイン!2013年4月9日のももの20歳の誕生日までに約半年でアルバム3枚をリリース!とノリで公言し、怒濤のリリースラッシュ&年150本を越えるライヴラッシュで日々音楽を奏でる。

チャラン・ポ・ランタン オフィシャルHP
http://charan-po-rantan.o0o0.jp/

 

 

女性シンガー・ソングライターYUI、自身初のベストアルバム『GREEN GARDEN POP』『ORANGE GARDEN POP』を12月5日に2枚同時リリースすることが発表になった。

2005年2月にデビューしたYUIは活動8年目に突入。日本だけでなく、アジア全域、そして世界中のJ-POPファンから支持される彼女がこれまでにリリースした作品は、全シングル合計300万枚以上、全アルバム合計350万枚以上を世の中に送り出しており、配信では合計1600万DL以上の売り上げを記録している。

この2枚のベストアルバムには、そんな彼女がこれまでに発表した「全21枚のシングル」全曲をはじめ、アルバム人気曲やライブではおなじみの曲まで、計36曲が収録される予定となっており、まさに完全盤となる。

<YUIコメント>
初めてのベストアルバムを
出すことになりました。

選曲しながら、
ほんとに長い間のファンの皆さんに
支えられてきたのだなぁと
感謝の気持ちでいっぱいです。

これまで私が作った大切な楽曲達を
たくさん詰め込んだ「グリーン盤」「オレンジ盤」。

是非、楽しんでもらえたら嬉しいです。

ありがとうございました。

YUI


【リリース情報】
初ベスト2枚同時リリース
ソニー・ミュージックレコーズ
12.05 ON SALE!

『GREEN GARDEN POP
【初回生産限定盤】 SRCL-8195~96 ¥3,300 (tax in)
【通常盤 】SRCL-8197 ¥3,000 (tax in)


『ORANGE GARDEN POP
【初回生産限定盤 】SRCL-8198~99 ¥3,300 (tax in)
【通常盤】 SRCL-8200 ¥3,000 (tax in)


YUIオフィシャルHP
http://www.yui-net.com/
YUIオフィシャルYouTubeチャンネル
http://www.youtube.com/user/yuiSMEJ

7月にリリースされたセカンドアルバム『齊藤ジョニー』が高評価の齊藤ジョニーが、この度都内で初のワンマンライブ「JOHNNY’S ROOM #010 Special ~1st Anniversary!!! ONE MAN LIVE!! In TOKYO~」を10月27日(土)に渋谷 eggmanで開催した。

この日はメジャー・デビュー1周年、そして本人の誕生日ということもあり、熱心なファンたちで満員御礼となった会場は、終始あたたかい空気が流れた。開演を告げるゆったりとしたSEから一転、齊藤ジョニーの持ち味であるブルーグラスに骨太なギターサウンドが融合した「お世話になります」のイントロが鳴り響くと、詰め掛けた観客の熱も一気にあがり、続く「D.P.T.」では序盤にして客席からも大きな合の手が入る一体感を見せつけ、7月にリリースされた自身の名を冠したセカンドアルバム『齊藤ジョニー』からの楽曲をたたみかけた。

ライブ中盤、齊藤ジョニーがエレキギターに持ち替えると、観客からは歓声とどよめきが起こり、「今となっては意外かも知れないですが、実は齊藤ジョニーのギターのルーツはエレキギターです。」と普段はあまり見せない彼のロックな一面も覗かせた。

ステージを盛り上げるサポートメンバーには、お馴染みマンドリン、ウッドベース、フィドルのShoestringsのメンバーに加えて、プロデューサー河合マイケル氏(Per)、アレンジャー高野勲氏(key)の両雄が参加。そこに更にドラムも加わり、音の厚みを増したバンドスタイルから、4人編成のブルーグラススタイル、アコースティックギターでの弾語りまで、ステージ上でところ狭しとパフォーマンススタイルを変えながら、本編のラスト「夏の正体」では清々しく伸びやかな歌声を響かせた。訪れた観客は軽快なブルーグラスやあたたかいアコースティックのサウンドに酔いしれた。

本編終了後、客席の熱いアンコールに応えるべく、再度ステージに戻った彼のもとには、会場からの盛大な“Happy Birthday~Dear JOHNNY~”の歌声とともに、齊藤ジョニープレートを冠した大きなバースデーケーキが届けられ、「去年の誕生日は、カフェでお祝いしてもらいました。デビューして1周年の今年は、こんなにたくさんの人にお祝いしてもらって、人の数ではないけれど、こんなに幸せなことはないです。やっと東京でワンマンライブができました。

でも、ここで満足するんじゃなく、もっともっと大きくなっていきたいと思いますので、皆さん引き続き応援してください!」と、笑顔の中に決意を滲ませた。アンコール含め全17曲、アルバムを引っさげた念願の東京でのワンマンライブという確かな足跡を刻んだ、齊藤ジョニーの次なる一歩にさらに注目したい。

<齊藤ジョニーワンマンライブ@渋谷 eggman>
JOHNNY’S ROOM#010 Special
1st Anniversary!!! ONE MAN LIVE!! In TOKYO
2012.10.27(Sat)

M1.お世話になります
M2.D.P.T.
M3.絶品ガール
M4.Helpless
M5.ぼくの友だち
M6.Eureka
M7.アルマジロ
M8.Family Affair
M9.ハーヴェスト
M10.ハックルベリー・フィン
M11.One More Time
M12.線路際のワイルド
M13.星の終わりのラブソング
M14.Happiness
M15.夏の正体

En1.ラジオスターの悲劇
En2.東京の女の子

 

 

 

【リリース情報】

満を持してのフルアルバム
『齊藤ジョニー』
ユニバーサル
UICV-1020
¥3,000(tax in.)
07.25 ON SALE!


 
オフィシャル・サイト: http://saitojohnny.com/
Facebookページ: https://www.facebook.com/saito.johnny
レーベル・サイト http://www.universal-music.co.jp/saito-johnny/

日頃より当サイト、MUSICSHELFをご覧頂き有り難うございます。
この度、《メンバーコーナー》および《メンバープレイリスト作成機能》を、2012年12月をもって終了する事となりました。サイト開設以来、プレイリストから「音楽でつながる」をテーマに皆さまに可愛がって頂きました《メンバーコーナー》ですが、以下のスケジュールにてサービス終了となりますのでご了承ください。掲載プレイリストの記録等をお手元に残したいメンバーの皆さまはこの期間中にバックアップ(※1)をお願いいたします。

●2012年10月31日(水)正午12時

《メンバーコーナー》内《プレイリスト作成機能》サービスの終了
※プレイリスト作成はできませんが、これまでのメンバー掲載コンテンツは残ります。

●2012年12月20日(木)正午12時
《メンバーコーナー》サービスの終了
※メンバーログインの不可、これまでのメンバー掲載コンテンツは削除されます。

これまでプレイリストコーナーにたくさんの選曲とコメントをお寄せ頂いたメンバーの皆さまには、心より感謝申し上げます。今後も引き続きMUSICSHELFコンテンツ、公式フェイスブック等にてメンバープレイリストに変わる、誰でも気軽に「音楽でつながる」コーナーを予定しておりますので、皆さまには是非ともご参加頂きたく、準備が出来次第、あらためて当サイトにてお知らせいたします。

今後ともMUSICSHELFをよろしくお願いいたします。

MUSICSHELF編集部

※1 専用バックアップツールはご用意しておりません。HTMLをダウンロードするフリーソフトや、コピー&ペースにて保存下さいますようお願いいたします。

坂本冬美が11月26日にファンからリクエストを募った曲を収録したベスト・アルバム「桜~リクエスト・ベスト・アルバム~」を発売する。ファンからのリクエストによるアルバムはデビュー26年目にして初のこと。アルバム・タイトルは坂本冬美の代名詞とも言える“桜”。

これまで彼女が発表してきた作品の数はシングル45枚、アルバム48枚。約300曲がレコーディングされてきたという。リクエストは9月1日より約1ヵ月間に渡りWEB、郵便、明治座公演会場での公募の3通りで募集。
集まったリクエストは延べ約26000に上ったという。

そして、このたび、集計結果がまとまり収録曲が以下の通り決定致した。ベスト・アルバムには上位14曲がランキング順に収録され、ボーナス・トラックとして恩師 二葉百合子先生から受け継いだ“岸壁の母~歌謡浪曲~”(新録)も収録する。また、CDのブックレットには投票いただいたファンの中から抽選でお客様の名前が掲載される。

[リクエスト・ランキング]
1位 また君に恋してる
2位 夜桜お七
3位 あばれ太鼓
4位 祝い酒
5位 ずっとあなたが好きでした
6位 凛として
7位 火の国の女
8位 風に立つ
9位 桜の如く
10位 能登はいらんかいね
11位 アジアの海賊
12位 羅生門
13位 人時(ひととき)
14位 ふたり咲き(ボーカル2012)
※CDにはリクエスト・ランキング順に楽曲を収録。ボーナス・トラックには「岸壁の母~歌謡浪曲~」を収録。

 

【リリース情報】

リクエスト・ベスト・アルバム
『桜~リクエスト・ベスト・アルバム~』
EMI
TOCT-2908
¥3000(tax in.)
11.28 ON SALE!


 
http://fuyumi-fc.com/

1992年にロックレーベルとして産声を上げた、SPEEDSTAR RECORDS。常にやんちゃでROCKな音楽を追及し、世の中に送り続けてきた同レーベルが今年で満20歳、成人を迎えた。

そんな記念すべき年の締めくくりとして、2013年1月18日から20日までの3日間、20周年記念イベント「SPEEDSTAR RECORDS 20th Anniversary Live ~LIVE the SPEEDSTAR 20th~」をZepp DiverCity(TOKYO)で開催する。

そして本日、出演アーティストの第一弾を発表。まずイベントのオープニングを飾る初日18日にはAA=、ORANGE RANGE!そして2日目の19日には斉藤和義、ハナレグミ、星野源といったシンガーソングライターが一挙勢ぞろい。さらに最終日の20日にはくるり、SPECIAL OTHERS、細野晴臣といったバラエティ満載なラインナップ。ありそうでない、メンツが揃った。この先、さらなる追加発表もあるという。

 

<出演アーティスト>  *五十音順
1月18日(金) 
AA= ORANGE RANGE and more!
1月19日(土)
斉藤 和義 ハナレグミ 星野 源 and more!
1月20日(日)
くるり SPECIAL OTHERS 細野 晴臣 and more!

 

チケットは11月1日(木)よりオフィシャルHPでチケット先行受付スタート。

公式サイト
http://www.jvcmusic.co.jp/speedstar-20th/
YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=Vh7igJCBDKE
公式チャンネル
http://www.youtube.com/user/Speedstar20th
twitter      
http://twitter.com/speedstar20th
facebook    
http://www.facebook.com/Speedstar20th/

 

今年デビュー10 周年を迎える一青窈。昭和歌謡カバーアルバム『歌窈曲』がロングセールスを記録しているなか、多彩な作家陣が参加し、豪華な作品となった通算6 枚目のオリジナルアルバム「一青十色」(ひとといろ)を今夏発売。

そのアルバムを引っ提げて「一青 窈 10th Anniversary Tour 2012 ~HOTEL アカシア~」の東京公演が10 月26 日(金) 東京、渋谷公会堂で行なわれた。このツアーはプロデューサーに武部聡志、小林武史迎え、豪華メンバーでバンドも編成。

HOTEL アカシアをイメージしたステージセットの中で、「一青十色」(ひとといろ)の収録曲はもちろん「歌窈曲」の収録曲、そして今まで歌い続けてきた数々の名曲、さらに武部聡志、小林武史の共作の新曲も初披露。まさに10 周年を記念するプレミアムなライブとなった。

「デビュー10 周年を迎えることができました。辛いこと苦しいこといろんなことがあったけど、歌を辞めようと思ったことは一度もありません、それはあなたが居てくれたからです」と会場のファンに感謝の気持ちも伝えた。

一青の歌力が渋谷公会堂の会場中に響き渡り、多くの感動と涙を誘い大盛況に終わった。

このツアーは全国8か所で行われ、11 月10 日に仙台でファイナルを迎えるがWOWOW ライブ「一青 窈 10th Anniversary Tour 2012 ~HOTEL アカシア~」の放送も11 月25 日(日) 23:00~に決定している。

年内は12 月8 日に台湾公演「LIVE 直送 from 東京電台 vol.2 一青窈」をLegacy TAIPEI にて開催、年明けは1 月26 日から全国15 か所のツアー「一青窈 TOUR 2013 (タイトル未定) 」も決定している。

【ツアー情報】
一青 窈 10th Anniversary Tour 2012 ~HOTEL アカシア~
11 月3 日(土) 大阪 大阪国際会議場メインホール
11 月10 日(土) 宮城 仙台市民会館

 

【リリース情報】
昭和歌謡カバーアルバム
『歌窈曲』
フォーライフ
04.18ON SALE!

【初回限定盤】
FLCF-4422
¥3,000(tax in.)


【通常盤】
FLCF-4423
¥2,800(tax in.)


10月17日にシングル「ファッションモンスター」をリリースしたきゃりーぱみゅぱみゅが、原宿表参道にておこなわれたハローハロウィーンパンプキンパレードに参加した。

今回のイベントの衣装のテーマは、ズバリ“蜘蛛の嫁入り”。濃いピンクのウェディングドレス風の衣装に、黒い蜘蛛の巣がはりめぐらせ、その蜘蛛の巣には本物のお菓子が絡まっていて、食べたりプレゼントすることもできる。頭には蜘蛛の形をしたカチューシャ風の飾りが。蜘蛛の花嫁に変身したきゃりーは、「もっとグロいものを考えたんですが、原宿の街のイメージにあわせてかわいくしてみました。ウェディングドレスを着たことがなかったので、こんな風にしてみました!」と仮想にこめた思いを語った。

「ハロウィンは毎年ドラキュラの格好をしてパーティに参加したりプリクラとったりしていたんですが、今年は気合いを入れて楽しい感じにしてみました!子供たちが怖がらない感じにしました。」とハロウィンの思い出も。11月6日の武道館公演について聞かれると、「非現実的な世界がすきなので、夢を与えられるステージにしたいです!」と初の武道館公演への意気込みを話した。

パレードが始まると、なんとそれまで降っていた雨がやむという奇跡が。先頭の車に乗ってパレードを率いるきゃりー。そのあとを仮装をした、地元の招待された子供や親子、サンバ隊、ゆるキャラ、バグパイプ隊など3000人が続いた。歩行者天国となった原宿表参道の通りを1時間ほどパレードした。

続いて代官山UNITで行われたのは、「adidas Originals meets TAKENOKO“HALLOWEEN PARTY”」。原宿での格好とは打って変わって、悲しいネズミをテーマにした真っ青な衣装に身を包んだきゃりーぱみゅぱみゅ。頭にはド派手なたくさんのジェイソンたちがadidasの帽子を身に着けきゃりーの顔の周りを取り囲んでいた。

「adidasブルーを意識して、悲しいネズミをテーマにしました。お友達をいっぱいつれていて、彼らはadidasの帽子をかぶってます。靴は広告でもはいたモデルをはいています!」と衣装のコンセプトを話した。今回WEB広告では原宿を舞台としているが、「高校生の時スナップされたところが原宿です。私の第二の人生のスタート地。お買いものでも、仕事でもよく行きます」と原宿の思い出について語った。

今回はadidas originalsと共同開発したオリジナルデザインスニーカー「SS」をデザインしたきゃりー。「adidasは普段からはくのでめちゃくちゃ気合いを入れて作りました。」というスニーカーは、黒のエナメルをベースに、足から流血したように見えるデザインの流血スニーカー。「血をどろりとした感じにするのが難しかったです。いつもは女の子目線でお洋服などデザインするんですが、今回はスニーカーなので男女兼用ではけるように作りました」とスニーカーへのこだわりものぞかせた。

原宿でのハロウィンパレードのかわいいきゃりーから、DJイベントでの不気味なきゃりー。ハロウィンにひっぱりだこのきゃりーだった。11月6日には初となる武道館公演が、そして来年3月~4月にはZeppツアーが決定している。

 

【リリース情報】

3rdシングル
『ファッションモンスター』
ワーナーミュージック
初回限定フォトブック仕様
WPCL-11227 ¥1,800
通常盤 WPCL-11228 ¥1,200
(きゃりーステッカー3種類のうち1種類をランダム封入)
10.17 ON SALE!


 

10月24日に早くもファースト・アルバム「LEO」をリリースした17歳現役高校生シンガーソングライターの家入レオが、アルバム発売を記念して10月27日(土)にアーバンドック豊洲ららぽーと シーサイドデッキ メインステージにてフリー・ライブ・イベントを開催した。

発売初日(23日入荷日)にオリコン・アルバム・デイリー・チャート1位を、26日にはiTunes アルバム総合ランキング1位を記録するなど、今年2012年最注目新人として快進撃中の家入が、26日にテレビ朝日「MUSIC STATION」で歌唱となったサード・シングル”Bless You”や来週30日にTBS「火曜曲!秋の大歌謡祭3時間生SP」で歌唱予定となるセカンド・シングル”Shine”をはじめ、アルバム「LEO」より初ライブ・パフォーマンスとなる楽曲「Linda」も披露した。

本日のライブは、5月に行われた「Shine」発売記念FREE LIVE TOUR(川崎・福岡・名古屋・大阪・兵庫5会場で開催。10,000人を動員)、9月に行われた「Bless You」FREE LIVE TOUR(東京2会場・札幌・大阪2会場計5会場で開催。15,000人を動員)に続く、観覧無料フリー・ライブとして行われ、約30分のステージと握手会による1時間を越える1会場のみ今日限りのプレミアム・イベントとなった。

家入自身待望のアルバムが発売になったことを受け、レコード店をまわって早速自分の作品をチェック。「13才から曲作りをはじめて長かったような、短かったような、不思議な気持ちで店頭に並んだアルバムを、ぼんやりと見つめてしまいました。あの頃は、寂しくて、やりきれなくて、曲を作っていた。誰も分かってなんてくれないと、諦めながら、期待して、絶望していた。そんな過去の自分に大丈夫だよって伝えたいです。店頭に並んでいたアルバムの横に、店員さんが書いてくれたレビュー板があって私の想いを受け止めて下さっているのが、ひしひしと伝わってきて泣きそうになりました。1st Album「LEO」は私の全て。沢山の方に届いてくれたら嬉しいです」とコメント。

イベントを通してファンへ感謝のパフォーマンスを出来ることを楽しみにこの日を迎えた。終演後に行われた囲み取材では、1st Album「LEO」について、「まっさらな気持ちで聴いてほしいです。“これ私のことを歌っているのかな?”と思ってもらえるような、聴く人それぞれにとっての“自分”のアルバムと思ってもらえたら嬉しいです。歌にウソがないのが自分の強みだと思っています」と力強く述べ、今後の活躍を誓った。

<家入レオ ファースト・アルバム「LEO」発売記念FREE LIVE
1. サブリナ
2. Shine(アコースティック)
3. Bless You(アコースティック)
4. Say Goodbye(アコースティック)
5. Linda

 

 

【リリース情報】

1st ALBUM
『LEO』
ビクター
【初回限定盤】(CD+DVD)VIZL-502 ¥3,500 (tax in)
【通常盤】(CD)VICL-63931 ¥3,000 (tax in)
10.24 ON SALE!

 
HP http://leo-ieiri.com
BLOG http://ameblo.jp/ieirileo
YouTubeチャンネル  http://www.youtube.com/ieirileo/
mixiページ http://p.mixi.jp/leo_ieiri

9月12日リリースされたニューアルバム、「Perfume Global Compilation “LOVE THE WORLD”」がオリコンウイークリーチャートで初登場1位を獲得、4作連続アルバム首位となり、女性グループとして12年9ヵ月ぶりの快挙を達成するなど、まさに不動の人気を誇るPerfume。10月26日(金)に初の海外ツアー「WORLD TOUR 1st」の初日となる台湾公演(会場:台湾NEO STUDIO)を迎え、大盛況のうちにライブを終えた。

前日、メンバーが到着した台北空港では大勢のファンによる温かい出迎えに包まれ、メンバーも喜びと感謝を口にした。遂に世界進出へと活動の場を拡げていく彼女たち、即完した超満員の初日ライブでその1歩を踏み出した。会場内では、待ちきれないファンの大歓声が鳴り響く中、メンバーが登場したのと同時に、一気に会場内のボルテージは沸点状態となった。

日本では5万人規模の会場でのライブも完売させる実力を持つグループだが、このツアーは彼女達の初心ともいえる、スタンディングでのライブハウス公演。デビュー当時からライブ活動を大切にしてきた彼女達が生み出す、ライブならではの一体感は、海外に踏み出すために選んだのがライブハウスである理由を感じさせ、この海外ツアーのために特別に用意されたプログラム、一糸乱れぬダンスパフォーマンス、Perfumeならではの独特の演出などで、観客の心をわしづかみにした。

MCではずっと練習をしてきたという中国語で、自己紹介をしたほか「みなさんようこそ!今日は足を運んで頂いてありがとうございます!最後まで楽しんで行きましょう!」と挨拶。10月15日にアジア各国でCDリリースもされたPerfume Global Compilation“LOVE THE WORLD”に収録された楽曲を意識した選曲で、“レーザービーム” “チョコレイト・ディスコ”や“ポリリズム”などをはじめとする代表曲はもちろん、デビューから最新の楽曲までを織り交ぜたラインナップでのパフォーマンスにより、圧巻のステージを披露した。

また、彼女達のライブのもう一つの魅力は、メンバーと観客とのコミュニケーション。この日を楽しみにしていたメンバーは、「初めての海外ワンマンライブなのに、こんなにもみんなが歌ってくれて、こんなにもみんなが踊ってくれて、盛り上がってくれて、本当に幸せです!」と語り、観客からは応援メッセージが次々に届けられ、メッセージボードで埋め尽くされた会場は、まさに一体となり、そこにいる全員で喜びを共有した。

メンバーは海外ツアー初日のステージに立てている喜びと感謝を何度も口にし、笑顔で無事に初日を終えた。このあと、ツアーは香港、韓国公演と続き、11月24日(土)のシンガポールでツアーのファイナルを締めくくる予定だが、チケットは各国即完が続き、今回のパフォーマンスが話題となることで、更に盛り上がること間違いなしの状態。

このシンガポール公演の模様は、日本国内の映画館へ同時生中継する事が決定しており、日本国内においても、初めての土地で新たな挑戦に挑むPerfumeを映画館のビッグスクリーンでリアルタイムに応援しようと、ファンの期待感が高まっている中、あまりの反響の大きさに、急遽「お台場シネマメディーアジュ」「T・ジョイ大泉」「T・ジョイ蘇我」「T・ジョイ リバーウォーク北九州」の4劇場があらたに追加され、計66館での上映が決まった。

さらには、ライブを終えたばかりの台湾からも最終日の生中継を望む声が多数寄せられ、台北市の「Vie Show Hsin Yi」での生中継も決定。ライブビューイングの詳細は下記サイトまで。常に話題の絶えないPerfumeだが、今後も更に目が離せない。
http://www.liveviewing.jp/perfume/


また、9月12日に国内リリースされたグローバルコンピレーションアルバム、「Perfume Global Compilation “LOVE THE WORLD”」の現地盤CDがアジア6ヶ国(台湾/香港/韓国/シンガポール/マレーシア/タイ)で10月15日にリリースされることが決定した。Perfumeの代表曲とも言える「ポリリズム」、「レーザービーム」、「love the world」はもちろん、新たに中田ヤスタカ氏によるリミックス曲「チョコレイト・ディスコ (2012-Mix)」、「MY COLOR (LTW-Mix)」も収録!!Perfume本来のポップでダンサンブルな楽曲プラス、海外でも受け入れられるビートの効いたエッジーな楽曲をミックスした“海外向けの入門編”とも言える内容。

<収録内容>
[CD]
1.ポリリズム
2.edge (-mix)
3.love the world
4.エレクトロ・ワールド
5.チョコレイト・ディスコ (2012-Mix)
6.SEVENTH HEAVEN
7.GAME
8.シークレットシークレット
9.NIGHT FLIGHT
10.Baby cruising Love
11.Butterfly
12.FAKE IT
13.レーザービーム
14.GLITTER
15.MY COLOR (LTW-Mix)
16.Dream Fighter

【海外公演情報】
10/26(金) 台湾 @Neo Studio
11/07(水) 香港 @Rotunda 3
11/17(土) 韓国 @AX-KOREA
11/24(土) シンガポール @*SCAPE
http://www.perfume-web.jp/cam/WORLD/

【「Perfume WORLD TOUR 1st」シンガポール公演 ライブビューイング】
11月24日(土) 20:00開演 (現地時間19:00開演)
全国の映画館  ※開場時間は劇場によって異なります。
http://www.liveviewing.jp/perfume/
全席指定 ¥3,000(税込)
配給:ライブ・ビューイング・ジャパン
http://www.liveviewing.jp/

文中(※)補足説明
※9/24付オリコン週間アルバムランキング(集計期間:9/10~9/16)で初登場首位を獲得した。アルバム首位は、2nd『GAME』(2008年4月発売)、3rd『⊿』(2009 年7月発売)、4th『JPN』(昨年11月発売)に続き4作連続通算4作目。女性グループによる4作連続アルバム首位は、2000/1/3付『Carry On My Way』(1999年12月発売)で記録したSPEED以来12年9ヵ月ぶりの快挙となった。

 

Perfumeオフィシャルサイト
http://www.perfume-web.jp
YouTube 「Perfume Official Channel」
http://www.youtube.com/perfume/
Perfume Official global website
http://www.perfume-global.com/   

 

 

 

 

今年、デビュー25周年を迎える工藤静香が、10月17日のシングル「キミがくれたもの」に続き、10月31日に15枚組アルバムBOX 『SHIZUKA KUDO ORIGINAL ALBUM COLLECTION』をリリースする。

これは、デビュー20周年でシングル・コレクションをリリースしたのに対し、25周年記念として、1988年の 1stアルバム『ミステリアス』から2005年の『月影』までポニーキャニオンからリリースされたアルバム15作のオリジナル作を集めたもの。約42万枚のヒットとなった3rdアルバム『JOY』まではLPが発売されていたが、今回は15枚すべて紙ジャケットで の復刻で、172Pブックレットも付く。今回のBOXでは、すべて最新リマスタリングが 施されている。


BOXに収録されるアルバムの総売上は、15作合計250万枚以上(オリコン調べ)。1枚あたりのセールスは約17万枚、15作中10作が TOP10入り、うち4作がチャートの1位を獲得など、好成績を収めている。しかも、工藤のアルバムは、15枚のアルバムに収録されている シングル総数は20曲で、アルバム1枚あたりたったの1.3曲。80年代後半から市場全体で、シングルを詰め込んだハーフ・ベスト的なオリジ ナル作が増えていったことと比較すると、シングル・ヒットに頼らずして、アルバム・オリジナル楽曲が評価されてきたと言える。

初期の ライブから定番だった「嵐の夜のセレナーデ」や「証拠をみせて」、また20周年ライブでも反響が大きかった「color」や「BREAK OF STILL」もすべてアルバム収録曲となる。93年の8thアルバム 『Rise me』までの66曲すべてを、稀代のヒット・メーカーである後藤次利が担当。作詞も、松 井五郎、秋元康、三浦徳子、中島みゆき、大貫妙子など錚々たる作家やアーティストが名を連ねている。94年の9thアルバム 『Expose』以降ではセルフ・プロデュースを始め、全74曲中65曲をペンネーム“愛絵理”として工藤静香本人が作詞を担当。作曲には、 シャ乱Qのはたけや、MISIA 「Everything」などで後に脚光を浴びる松本俊明など、こちらも実力ある作家陣が手がけている。

現在、絢香が作詞・作曲・コーラスで参加した25周年記念シングル「キミがくれたもの」が絶賛発売中。アニバーサリー・イヤーで森高千里や中森明菜、小泉今日子などベテランの女性アーティストが再びチャート上昇を見せるなか、工藤静香の新旧の作品も脚光を浴びている。

 

【ライブ情報】
11/4(日)ビルボードライブ東京(with Special Guest: 押尾コータロー)※完売
11/9(金)ビルボードライブ大阪 ※完売

【X'masディナーショー】
12/9(日) 函館 湯の川 温泉 花びしホテル
問) 0138-57-0131
12/16(日) 福井県 ユアーズホテルフクイ 4階 芙蓉の間
問) 0776-24-3200
12/21(金) 大阪府 シェラトン都ホテル大阪 浪速の間
問) 06-6773-8156
12/24(月・祝日) 東京都 京王プラザホテル 本館5階 コンコードボールルーム
問) 03-3344-0251

 

【リリース情報】

25周年記念アルバムBOX
『SHIZUKA KUDO ORIGINAL ALBUM COLLECTION
ポニーキャニオン
PCCA-037
¥30,000円(tax in.)
10.31 ON SALE!


 
http://shizuka.ponycanyon.co.jp

クレイジーケンバンド初となるメンバー全員のインタビューが掲載された『マイ・クレイジーケンバンド』 ただ今全国書店で好評発売中!

先行発売となったツアー初日の福生市民会館では予想をはるかに超える売り上げを記録し、その注目度の高さに関係者はもちろんCKBメンバーも驚く結果となった。

そして、来る10/28、29の会場である東京・渋谷公会堂で開演前と終演後、1階ロビー書籍販売ブースにて共著者であり、「綾小路 翔の六本木バナナボーイズ」の構成、番組出演でもお馴染みの放送作家 大野ケイスケ氏のサイン会が開催される事が急遽決定!!
会場での購入者はもちろん、既に購入した本の持ち込みもOK!
また、会場購入者には引き続きCKBメンバー12人のサイン入り特製しおりをプレゼント!
当日は混み合う事が予想されるため、サイン希望者はお早めの来場をおすすめします。


『マイ・クレイジーケンバンド』



MUSICSHELFでは10月末日にCKBコーナーを再開!!
ページ内ではお買い求めいただいた皆さんから本の感想を募集し、抽選でなんと!メンバー全員の直筆サインの入った特製『マイ・クレイジーケンバンド』をプレゼントするキャンペーンを展開します。

その先行キャンペーン第一弾として
MUSICSHELF 制作のラジオ番組「NO BASEBALL, NO LIFE.」 の10月の放送(2回分)を聴いたリスナーの中から抽選で1名様にメンバー全員の直筆サイン入り特製『マイ・クレイジーケンバンド』をプレゼン ト!番組内で小野瀬さんがキーワードを発表しますのでプレゼントをゲットしたいファンの皆さんは是非ともチェッ クをお願いします。
なお、こちらのラジオプログラムはインターネット環境で全国どこでも聴取可能です!
FMおだわらのサイトの上部にあるリンクから番組をお楽しみください。


FMおだわら
http://fm-odawara.com/


※キャンペーンのキーワード発表は本日10/26が最後となりますが、特別に番組放送時間内限定(深夜1時から2時の間)でMUSICSHELFのツイッターアカウント( @musicshelf ) にて1回目のキーワードを発表!
本日、お聴き頂いたファンのみなさんも応募のチャンスがあります!!


プレゼント応募はこちらから
https://secure.musicshelf.jp/form/present/index.html
「NO BASEBALL, NO LIFE.」
/blog/nbnl/

クレイジーケンバンド 3タイトル同時リリース!

【リリース情報】
DVD
『NAKAYOSHI 2011』
POBD-22060/01 / ¥4,800-(TAX IN)

2011年11月に東京・中野サンプラザで行なわれた「NAKAYOSHI 2011」の模様をLIVE DVD化!!!
おなじみのCKBキラー・チューンの数々、ちょとレアな選曲もあり!!! そしてサプライズゲストに堺正章、RHYMESTERが登場!!! まるで目眩のような白熱時間が炸裂!!!さらにツアー密着ドキュメンタリーまでもが挿入され、これでもか!これでもか!とグイグイ迫りまくる世にも絶倫なLIVE DVDの登場!


MIX CD

『World Standard CRAZY KEN BAND A Tatsuo Sunaga Live Mix』

POCS-22019 / ¥2,800-(TAX IN)

クレイジーケンバンドの歌謡曲~JAZZ的な世界を、MIX CDシリーズ『World Standard』や『須永辰緒の夜ジャズ』シリーズでもおなじみの須永辰緒氏が初めて手がける秀逸なMIX CD!!!

MIX CD

『DIGGIN' CRAZY KEN BAND MIXED BY MURO』
UMCK-1431 / ¥2,800-(TAX IN)

KING OF DIGGIN’ことMURO氏が初めて手がけるクレイジーケンバンドのBLACK MUSICな側面を切り取った上質なMIX CD!!!

【書籍情報】


『マイ・クレイジーケンバンド』
クレイジーケンバンド、大野ケイスケ 著
 A5判 272ページ 並製
2012-09-28 ISBN: 978-4-906700-50-9 / ¥1,890(tax in)

MUSICSHELFで2010年に連載シリーズとして紹介したインタビューがパワーアップしてついに書籍化。これまでメディアに登場する機会が少なかっ た横山剣を支えるクレイジーケンバンドのメンバーひとりひとりの生い立ちからバンド加入までを追ったロングインタビュー集。原典は、2010年 MUSICSHELFで最大アクセス数を記録した、連載インタビュー「13年目のクレイジーケンバンド、12人の12か月」。あれから2年が経過した今の 彼らを紹介する追加インタビューをはじめ、横山剣がバンドをそして11人のメンバーを語る貴重なインタビューも収録。最新の撮りおろしライブ写真も満載! 彼らにとって音楽とは?そしてバンドとは?12通りの人生が1つにつながる奇跡を追った一冊。


【LIVE情報】

秋の全国ツアー
CRAZY KEN BAND TOUR 2012-2013 ITALIAN GARDEN

2012/09/15(土) 福生市民会館
2012/09/28(金) 名古屋市公会堂大ホール
2012/09/30(日) 倉敷市芸文館
2012/10/01(月) BAY5 SQUARE(高知)
2012/10/07(日) T.O.P.S Bitts HALL(大分)
2012/10/08(月) 福岡国際会議場メインホール
2012/10/10(水) CAPARVO HALL(鹿児島)
2012/10/28(日) 渋谷公会堂
2012/10/29(月) 渋谷公会堂
2012/11/01(木) 新潟LOTS
2012/11/02(金) 金沢Eight Hall
2012/11/04(日) BLUE LIVE広島
2012/11/10(土) 岸和田市立浪切ホール
2012/11/11(日) 神戸国際会館こくさいホール
2012/11/21(水) 幕別町百年記念ホール(北海道)
2012/11/22(木) 札幌市教育文化会館
2012/11/24(土) 仙台電力ホール
2012/11/25(日) 三沢市公会堂(青森)
2012/11/30(金) 浦安市文化会館
2012/12/02(日) 神奈川県民ホール大ホール


詳しくはオフィシャルサイトまで
http://www.crazykenband.com/

 

 

輝き続ける“カッコいい女”、夏木マリ
H.I.S.「オトナの海外自由旅行」新作CM発表会で
スーパーミュージシャン達とオトナの生ライブ披露!



「年齢は記号」という持論を体現するかのように、TVドラマ出演やライブ活動など、今年「60(ロクマル)」を迎えてなお一層アグレッシブに活躍する夏木マリ。
10月31日にワーナーミュージック・ジャパンよりリリースされるニューシングル「ALLIANCE」のカップリング曲「キャデラック」が、株式会社エイチ・アイ・エスの「オトナの海外自由旅行」TV-CMに起用され、東京港区の東京アメリカンクラブにてCM発表イベントが行われた。

「キャデラック」は、兼ねてより親交の深い仲井戸麗市さんが今年「60(ロクマル)」を迎えた夏木マリに贈ったもので、仲井戸さん自身が作詞・作曲を手掛けたオトナのロックチューン。
CDリリースにあたり、ベース:後藤次利、パーカッション:斉藤ノヴ、ギター:高中正義、ボーカル&ギター:仲井戸麗市、キーボード:ミッキー吉野、ドラム:村上"PONTA"秀一と、日本の音楽シーンを代表する超一流ミュージシャンが奇跡のコラボレーションを果たしており、音楽ファンの間で早くも話題になっている。

イベントにはこのトップアーティスト達が全員参加し、タイアップ曲「キャデラック」の生演奏を行うということもあり、一般公募で抽選によって選ばれた約100名の音楽ファンと音楽関係者約50名で会場は期待に包まれていた。そしてイベントがスタートすると、会場にキャデラックのエンジン音が鳴り響き、楽曲に参加したトップアーティスト全員がステージに登場!そして最後に夏木マリがステージに颯爽と登場すると、タイアップソング「キャデラック」のライブがスタートした。踊りながら歌う夏木マリにあわせてメンバーも次第に演奏がヒートアップ、シャウトもロックにきめ、豪華メンバーによる貴重なライブとなった。

そして、ライブの興奮が冷めやらぬ中、夏木マリをはじめ参加ミュージシャン全員が出演した「キャデラック」のミュージックビデオとコラボレーションするかたちで制作された、H.I.S.の「おとなの自由旅行」TV-CMが初披露された。新作TV-CMは、“裕福な「バックパッカー」”を指す新語「フラッシュパッカー」をキーワードに、エイジレスなアーティスト達のひたすらカッコいい演奏シーンを通じて、「歳を重ねた分、宿泊先や持っている道具などこだわる部分はお金をかけたとしても、若い頃バックパッカーとして旅をしていたころの気持ちは忘れずに、より一層好奇心を持ち、もう一度アクティブに自由に旅に出よう!」というメッセージを60(ロクマル)世代に向けて発信している。
このCMとミュージックビデオは10月中旬に撮影されたばかりだが、全員が第一線で活躍している超多忙なトップアーティストであることから、スケジュールの調整が困難を極める中で敢行されたという。撮影当日は全国からこの撮影のために集結、あるメンバーは地方でのライブの本番と本番の間をぬって撮影に参加した。通常、半日~1日がかりで撮影されることも珍しくない映像撮影だが、今回は全員そろっての収録時間はわずか2時間と非常にタイトなスケジュールだったという。



続いて行われた記者会見では、楽曲が作られた経緯を 「ノヴさんと60(ロクマル)を迎えるにあたって作品を出したいねって話していて、CHABOさんに曲をかいてくれないかと相談しました。それでこのような夢のようなメンバーが集まって下さって。前々から皆さんのファンでしたので、40年来の夢が叶いました!」 とうれしそうに語る夏木マリ。

楽曲制作を依頼された仲井戸麗市も 「ノヴさんの明確なイメージがあって、マリさんが追及していたジャニス・ジョップリンをイメージしてつくりました。“あいまいなものは捨てたい”という歌詞はマリさんが持つ潔さを表しています」と曲のイメージを語った。

エイチ・アイ・エスとのコラボということで「自身にとっての旅とは?」という質問に対しては、
「大人の旅はゆとりがあっていい!!」(ミッキー吉野)
「旅にいくと計画的になれるのでそんな時間が大事」(後藤次利)
「自宅のある軽井沢の森の中を曲を聴きながら自転車で走ることが最近の旅」
(高中正義)
「人生のとても大きなこと=旅」(仲井戸麗市さん)
「旅は人生の出会いがあって、それが財産になっていく」(村上ポンタ秀一)
「このメンバーで会えたことがこれから新しい旅が始まる感じ」(斉藤ノヴ)
「旅は自分のわがままを直してくれるもの」(夏木マリ)
とそれぞれの旅への思いを語った。

なおこのH.I.S.「おとなの自由旅行」TV CMのオンエアは本日より順次スタート。
タイアップソング「キャデラック」が収録された、夏木マリのニューシングル「ALLIANCE」は10月31日にワーナーミュージック・ジャパンよりリリースされる。

H.I.S.オフィシャルサイト
http://www.his-j.com
ワーナーミュージック・ジャパン公式サイト
http://wmg.jp/artist/natsukimari/
「キャデラック」ミュージックビデオ
http://www.youtube.com/watch?v=MyTCwahqlZc


【CD情報】

夏木マリ Maxi Single
「ALLIANCE」
2012.10.31 Release!
ワーナーミュージック・ジャパン
WPCL-11259 / ¥1,200(tax in)





「ALLIANCE」(POLA「アンチエイジング アライアンス」インスパイアソング)
「キャデラック」(H.I.S.「おとなの自由旅行」TV CMタイアップソング)
「One of Love(acoustic ver.)」、全3曲入り!

 

10月24日(水)にメジャーデビューシングル「ROCK STAR」(初回生産限定盤:DFCL1940-1、通常盤:DFCL-1942)の発売を迎えた国民的美脚ユニット・モデルガールズが、表参道ヒルズ本館吹抜け大階段(東京都・港区)にて、『Debut Sensation』と題したプレミアム・イベント実施、集まったファン及び関係者を前に、同シングル収録の「TIGER LILY」「ROCK STAR」の2曲を披露した。

同プロダクションが、モデル業界60年の集大成として、大手スポーツクラブ「セントラルスポーツ」の協力のもと完成させた“美しい体形と姿勢”を作り上げる秘伝の「モデル体操」が、デビュー前にもかかわらず人気女性誌やTV番組で紹介され、前代未聞の「美脚だけMusic Video」が動画配信サイトで連日1位アクセスを誇るなど、メディアで見ない日はないほどの注目を浴びているモデルガールズ。そんな彼女たちを一目見ようと、平日にもかかわらず表参道ヒルズには多数のファンが駆けつけた。

司会の呼び込みで、色とりどりのカラフルなエナメル衣装を身に付けたメンバーが登場。一人ひとり階段を使ってウォーキングし、踊り場でポーズを決めると、集まった報道陣のフラッシュが飛び交った。一曲目はシングルのカップリング曲「TIGER LILY」でスタート。独創的で官能的なダンスパフォーマンスにのせて妖艶な女性の美を表現すると、続くシングルのタイトルトラック「ROCK STAR」」では、躍動感あふれる強い女性像のイメージを体現。抜群のプロポーションを活かしたスケールの大きなパフォーマンスを魅せつけた。

この日無事デビューを迎えた感想を聞かれると、メンバーは口々に「こんなに素敵な場所で、多くのお客様に集まっていただき本当に嬉しく思います!」と声高に感謝の意を口にし、感極まって声を詰まらせるメンバーも。また、「超えていきたいライバルは?」との質問に「本日発表になったばかりで話題のiPad miniです」「でも、私たちはminiじゃなく、これからもっと大きく活躍していきたいです!」とジョークを交えながら、「クイーン・オブ・ポップのMADONNAさんのように世界的に活躍するアーティストを目指したい」と目標を語った。

デビューシングル「ROCK STAR」は、アメリカやイギリスをはじめ、世界約20カ国で本日から配信開始。

そして本日のスペシャルゲストとして、モデルガールズと同じオスカープロモーション所属の剛力彩芽が、まばゆいばかりの白いワンピースを着て登場すると、大きな歓声が会場を包んだ。デビューのお祝いとして花束をリーダーの中村さくらに手渡した後、剛力は「同じ事務所でレッスンで顔を合わせるメンバーの方々もいるので、是非応援していきたいです。楽曲も一度聴いたら思わず口ずさんじゃいます」とコメント。その後「美」をテーマにステージ上は和やかなガールズトークセッションが行われた。

文字通り“センセーショナル”なデビューとなったモデルガールズは、今週末もTVや都内でのイベント出演を予定している。   

【イベント情報】
10月27日(土)16時開始 渋谷TSUTATA 2F
10月28日(日)14時開始 ダイバーシティ東京プラザ フェスティバル広場
※観覧は無料。
※10月24日(水)、28日(日)はライブパフォーマンス。10月27日(土)は1日店長企画。
※イベント終了後に行われる、メンバー全員との握手会やフォトセッション会の特典参加方法などの詳細は、モデルガールズ Official Web Siteにてご確認を。

 

【リリース情報】

メジャーデビューシングル
『ROCK STAR
DefSTAR RECORDS
初回生産限定盤(CD+DVD)DFCL1940~1941 / \1,890(tax in)
通常盤(CD)DFCL1942 / \1,260(tax in)
10.24 ON SALE!



Official Web Site
http://www.modelgirls.jp/
「ROCK STAR」Music Video
http://youtu.be/o6dYvOLmz78
「モデル体操」映像
http://youtu.be/Utbqso06TdM

10月24日に新しいシングル「Sun shower」がリリースされた木村カエラ。その彼女が主催するイベント「オトコク祭オンナク祭ナニワク祭」のラインナップが発表された。

12月10日のナニワク祭には関西出身のくるりとN’夙川BOYS。12月18日のオンナク祭にはCharaとチャットモンチー。12月19日のオトコク祭は會田茂一、stim、 toe、 BRAZILIANSIZE、 FRONTIER BACKYARDが出演することとなった。
 
また『KAELA WEB TOUR 2012@武道館』×『Sun shower』W購入抽選特典「カエラに会えちゃう!? スペシャルイベント」の開催日程も発表された。全国6大都市で開催される木村カエラ参加のスペシャルイベントの応募には、8/1発売の映像作品『KAELA WEB TOUR 2012@武道館』に封入されている「カエラに会えちゃう!? スペシャルイベント応募券①」と10/24発売シングル『Sun shower』に封入されている同イベント「応募券②」が必要になる。応募方法等詳細については、W購入特典応募サイトで確認を。
http://columbia.jp/kaela2wcampaign/

また、今回のイベント開催を受けて、木村カエラOfficialと HPコロムビア『Sun shower』特設サイトとW購入特典応募サイトで「カエラに会えたら、イベントで何がしたいですか?企画募集!」と題して、つぶやきを募集中。

木村カエラ公式サイト http://kaela-web.com/
コロムビア『Sun shower』特設サイト http://columbia.jp/kaela/
W購入特典応募サイト http://columbia.jp/kaela2wcampaign/
 
「カエラに会えちゃう!? スペシャルイベント」
11/14(水)福岡 (開場:18:30/開演:19:00)
11/19(月)名古屋 (開場:18:30/開演:19:00)       
11/22(木)札幌 (開場:18:00/開演:18:30)
12/6(木)仙台 (開場:18:30/開演:19:00)
12/7(金)東京 (開場:18:30/開演:19:00)
12/11(火)大阪 (開場:18:30/開演:19:00)
http://columbia.jp/kaela2wcampaign/

 

 

【リリース情報】
キヤノン ミラーレスカメラ「EOS M」CM ソング
『Sun shower』
コロムビア
COCA-16639
¥1050(tax in.)
10.24 ON SALE!

「Sun shower」 music videoも必見!! http://www.youtube.com/watch?v=lIt1k9TwtTg

10月20日(土)、21日(日)の2日間にわたり奄美市・大浜海浜公園野外ステージで日本で最後の夏フェス“Setting Sun Sound Festival”と元ちとせの所属事務所の音楽祭“オーガスタキャンプ”が元ちとせの地元、鹿児島県・奄美大島で開催され2日間計、約5,000人を動員し大盛況のうちに幕を閉じた。

20日(土)は、2012年で3回目となる、Setting Sun Sound Festivalが開催され、地元奄美のアーティスト中孝介、カサリンチュ、サーモン&ガーリックそして元ちとせによる「島口ラジオ体操」なるパフォーマンスで幕を開けた。

音楽イベントのオープニングに出演者や観客でラジオ体操をするという“予想外”の幕開けで“最後の夏フェス”はスタート。奄美“素人最強バンド”サーモン&ガーリックは、奄美連合青年団50人を引き連れてのパフォーマンスを披露し、その絶妙なトークと演奏で会場を温めた。

そして、奄美在住の“兼業ミュージシャン”カサリンチュの登場。奄美のアーティストの先輩に対して、リスペクトを込めて元ちとせを目の前にし、「ひかる・かいがら」をカバー。日本で一番美しい夕陽がカサリンチュのパフォーマンスに彩りを添えた。続いて登場した中孝介。元ちとせの存在が、歌を志すきっかけとなったと公言する中孝介は、当日までシークレットにしていた元ちとせの「翡翠」のカバーや代表曲である「花」など全6曲を披露し、美しい歌声が会場中を包みこんだ。

日没後に登場したのは、海が似合うキマグレンが登場。Setting Sun Sound Festivalに3年連続出演で、奄美も地元逗子と同じように愛しおり、元ちとせの10周年にお祝いの言葉を送り、「LIFE」を含む全6曲を披露し、会場を盛り上げた。

そして、25年ぶりの奄美ライヴとなる“ラヴソングの帝王”鈴木雅之が登場。“キングオブソウル”の登場に会場は割れんばかりの大歓声に包まれた。「ちとせから熱烈なオファーがあり、今回初めてコラボレーションすることに。マイソウルシスター!!」と元ちとせを呼び込み、なんと「ロンリーチャップリン」を初コラボレーション。日本を代表するシンガーの初コラボは会場にいる人を全てを魅了した。その余韻も冷める間もなく、最後の夏フェスのトリに元ちとせが登場。

2002年に「ワダツミの木」でセンセーショナルなデビューを飾り今年で10周年。元ちとせ自身も、この曲に出会えたことで多くの色々と出会えたと振り返り、「今はちょっと遠くへ行っている上田現も、今日はきっと聴いてくれているはず。」と大切に力強く「ワダツミの木」を熱唱。会場は歌が終わっても、拍手が鳴りやまなかった。最後は、奄美大島のシマ唄「六調」を全出演者で歌い・踊りフィナーレ。2012年“最後の夏フェス”は笑いや感動とともに、元ちとせのデビュー10周年を盛大に祝って幕を閉じた。

翌21日(日)に開催されたオーガスタキャンプは、2012年で設立20周年を迎える音楽プロダクション、オフィス オーガスタに所属するアーティストが一堂に会して行われ14年目を迎えた夏の定番イベント。プロダクションの20周年と奄美出身の元ちとせがデビュー10周年を迎えたことを記念して今年2012年、奄美大島で初開催となった。出演は杏子、山崎まさよし、COIL、元ちとせ、スキマスイッチ、長澤知之、秦 基博、さかいゆう。元ちとせの10周年を祝福するステージに相応しい豪華アーティストの競演だ。

秦 基博の「アイ」の弾き語りからスタート。新曲「Dear Mr.Tomorrow」も披露し会場をわかせた。続いては杏子が「ねぇ、もっと」を長澤知之と2人きりでパフォーマンス。さっそくオーガスタキャンプならではのコラボレーションで盛り上げる。ソロデビュー20周年を迎えた杏子の見事なまでの完璧なステージングに会場中が魅了された。

息つく間もなく、2ヶ月連続でベストアルバムをリリースするCOILが登場。岡本定義が元ちとせに書き下ろし大ヒットとなった「いつか風になる日」をセルフカバー。海の音と相まって何ともさわやかな空気が会場を包み込んだ。バンドを引き連れて登場した長澤はひときわロック色の強いパフォーマンスで盛り上げる。さかいゆうは、美しい夕暮れのなか渾身のバラード「君と僕の挽歌」をピアノ弾き語りで熱唱し会場を感動の渦に巻き込んだ。

そして、デビュー10周年イヤーのスキマスイッチが登場。大ヒット曲「奏(かなで)」を、2人だけで披露。そのギター&ボーカルとピアノのみのシンプルな構成でしか伝わらない歌声を届けた。続いてはバンドを従えた大ヒット曲「全力少年」など披露し熱いパフォーマンスで会場を盛り上げた。

山崎まさよしは、星空の下、COILの岡本や杏子、長澤を呼び込みセッション。オーガスタキャンプならではスペシャルなステージで会場の一体感はさらに増していく。そしてラストは地元出身の元ちとせ。大きな拍手に迎えられ、デビュー曲にして大ヒット曲「ワダツミの木」を熱唱。“100年に1人”と言われたその声が奄美の海辺に響き渡る。「東京の家族たちと、素敵な音楽を奏でたいと思います」順番に呼び込まれたアーティストが、それぞれの言葉で元ちとせへの祝福とリスペクトを述べつつセッション。会場に和やかな空気が広がっていく。「やわらかなサイクル」では出演者全員による圧巻のパフォーマンスを披露。ここで杏子の合図により10周年を祝うサプライズも。

アンコールの福耳の大ヒット曲「星のかけらを探しに行こう Again」と今年発売の新曲「LOVE & LIVE LETTER」で盛り上がりは最高潮に。最後は恒例となった「お客さーん」のコールと、元ちとせ10周年を記念した1から10までのカウントアップで、2012年のオーガスタキャンプは幕を閉じた。

2日間で約5,000人を動員した群島史上最大規模の夏フェスは、元ちとせがそのホスト役を務めあげ、多くのアーティストによる感動的な歌声と美しい情景の中で幕を閉じた。10周年という一つの大きな節目を迎えたが、その留まる事を知らない彼女の“歌声”は今後、さらに多くの人の心に届いていくことを改めて実感させられた2日間となったことは間違いない。

 

 

【リリース情報】

katarru.jpg ベストアルバム
『語り継ぐこと』
アリオラ
AUCL101-102(初回生産限定盤)3,360円(税込)
AUCL103 (通常盤)3,000円(税込)
10.24 ON SALE!



公式サイト http://www.office-augusta.com/
元ちとせサイト http://www.office-augusta.com/hajime/

東京女子流の11枚目のシングル「ROAD TO BUDOKAN 2012 ~Bad Flower~」が初週2.2万枚を売り上げ、オリコン週間シングルランキング(10/29付)で第4位に初登場。グループとして初のTOP10入りを果たした。

東京女子流は2010年5月にCDデビューしているが、今までの最高位は11位。「もー嬉しすぎて信じられないです!!!夢ですか?感謝のキモチでいっぱいです!(小西彩乃)」「4位めっちゃっ嬉しいです!!興奮しています!武道館頑張ります!(中江友梨)」「めっちゃ嬉しいです!嬉しすぎて、頭が真っ白です。(庄司芽生)」その記念すべき初のTOP10入りが堂々の第4位ということで、東京女子流メンバーもその躍進にびっくりの様子だ。それもそのはず、同日発売は強豪揃い。特に4位以下にはBEAST、ユナク from 超新星、きゃりーぱみゅぱみゅと大混戦となった。

東京女子流はデイリー初日6位スタート。2日目に4位に上昇し、他アーティストより先行したが、その後順位は下がり、僅差でのチャート争いとなっていた。そんな中、東京女子流の粘りのきっかけとなったのは、やはりずっと続けてきたライブだった。最終日となる10月21日に行われたお台場ヴィーナスフォート教会広場のフリーライブにはファンが殺到。入場規制がかかるなど、広場から人が溢れ、奥の通路まで長く観覧スペースが作られるなど約1,000人という大盛況となった。「ステージから見た景色は、後方までお客さんが沢山いました。初めて来たって人もたくさんいて嬉しかったです。(新井ひとみ)」12月22日に行われる日本武道館公演前最後のフリーライブということで、多くのファンが詰めかけ最後接戦を逃げ切る形となった。

今作はロックテイストの林田健司氏作曲のリード曲「Bad Flower」のほか、この夏たくさんパフォーマンスしたという「LolitA☆Strawberry in summer」、現在放送中『超ロボット生命体 トランスフォーマー プライム』のエンディングになっている「ディスコード」の3曲収録のシングル。オリコン初登場4位という結果は、日本武道館公演をいよいよ迎える東京女子流の勢いにさらなる弾みをつけることだろう。

リーダーである山邊未夢は「昔から応援していただいている皆さん、そして最近女子流を好きになってくれた皆さん、本当にみなさん応援ありがとうございます!東京女子流まだまだ頑張りますので、日本武道館、ぜひみなさんに見に来てもらいたいです!(山邊未夢)」と4位という結果を受けて力強いコメントをしている。

まだ幼さ残るデビュー時から3年目。地道なライブ活動からファンを獲得していった、彼女たちに大きな結果が一つできたことに違いない。

 

【ライブ情報】
TOKYO GIRLS′ STYLE『LIVE AT BUDOKAN 2012』
2012年12月22日(土)
17:00 / 開演 18:00
日本武道館
5,800円(税込) 全席指定
問)ソーゴー東京 03-3405-9999
主催:TBS

 

【リリース情報】

11枚目のシングル
『ROAD TO BUDOKAN 2012 ~Bad Flower~』
エイベックス
Type-A AVCD-48483/B 2,100円(税込)
Type-B AVCD-48484/B 1,890円(税込)
Type-C AVCD-48485 1,050円(税込)
※初回限定特典:応募券(帯裏印刷)、ジャケットサイズカードA(全6種類中1種ランダム封入)
10.17 ON SALE!


 
東京女子流 オフィシャルサイト
http://tokyogirlsstyle.jp/index.html
東京女子流 オフィシャルファンクラブ
http://fc.avex.jp/tgs/

浅井健一が、2013年のソロ・プロジェクトのスタートに先駆けて、10月25日(木)新代田FEVERにてライヴを敢行する。

1月発売予定の5枚目となるソロ・アルバムの特典映像&MUSIC VIDEOの撮影のためにおこなわれるパフォーマンス。メンバーは、来年のツアーメンバーである下記の最強の布陣。彼らと、 BLANKEY JET CITYの楽曲をはじめ浅井のキャリアの中からの選曲+新曲を演奏予定とのこと。ソロ・プロジェクトの新たな展開をいち早く体感できる、貴重な機会になりそうだ。
【開催概要】
COLD MINK CLUB PRESENTS 『浅井健一SHOOTING LIVE
10月25日(木)
18:30 OPEN / 19:00 START
新代田 FEVER
TICKET 3,000円(ドリンク代500円別)
VO.G/浅井健一
G.Cho/加藤隆志(東京スカパラダイスオーケストラ、LOSALIOS)
B.Cho/渡辺圭一(JUDE/HEATWAVE)
Dr.Cho/茂木欣一(東京スカパラダイスオーケストラ、FISHMANS)
問)
COLD MINK CLUB TEL.03-5786-0753 http://www.fanclub.co.jp/k_asai/
新代田 FEVER TEL.03-6304-7899 http://www.fever-popo.com
SEXY STONES RECORDSオフィシャル・サイト
http://www.sexystones.com

 

このライブは、1月発売予定の5枚目となるソロ・アルバムの特典映像&MUSIC VIDEOの撮影のためにおこなわれるパフォーマンス。メンバーは、来年のツアーメンバーである下記の最強の布陣。彼らと、 BLANKEY JET CITYの楽曲をはじめ浅井のキャリアの中からの選曲+新曲を演奏予定とのこと。

 

ソロ・プロジェクトの新たな展開をいち早く体感できる、貴重な機会になりそうだ。

 

【開催概要】

COLD MINK CLUB PRESENTS 『浅井健一SHOOTING LIVE

10月25日(木)

18:30 OPEN / 19:00 START

新代田 FEVER

TICKET 3,000円(ドリンク代500円別)

 

VO.G/浅井健一

G.Cho/加藤隆志(東京スカパラダイスオーケストラ、LOSALIOS)

B.Cho/渡辺圭一(JUDE/HEATWAVE)

Dr.Cho/茂木欣一(東京スカパラダイスオーケストラ、FISHMANS)

 

問)

COLD MINK CLUB TEL.03-5786-0753 http://www.fanclub.co.jp/k_asai/

新代田 FEVER TEL.03-6304-7899 http://www.fever-popo.com

 

SEXY STONES RECORDSオフィシャル・サイト

http://www.sexystones.com

 

 

11月28日に今年3枚目となるシングル「知らない」の発売を控え、2012年最も躍進したアーティストと言っても過言ではない星野源が、12月13日(木)に渋谷公会堂で「星野源のSHIWASU」 を行うことを発表した。

昨年同日に東京・LIQUIDROOMで開催した『星野源の別エピソード「部屋(友達編)」』と同様に、ゲストに清水ミチコ、司会として放送作家の寺坂直穀を迎えて行われる。
チケットの一般発売は11月17日(土)。星野源のオフィシャルサイトでは、10月26日(金)よりチケット先行予約がスタートする。
【公演概要】
星野源のSHIWASU
2012年12月13日(木)
渋谷公会堂
18:30 / 19:00
前売 ¥4,500  全席指定
【チケット一般発売日】2012年11月17日(土)
【問い合わせ】 HOT STUFF PROMOTION  
03-5720-9999 / www.doobie-web.com
http://hoshinogen.com/
http://www.jvcmusic.co.jp/speedstar/-/Artist/A023121.html

 

昨年同日に東京・LIQUIDROOMで開催した『星野源の別エピソード「部屋(友達編)」』と同様に、ゲストに清水ミチコ、司会として放送作家の寺坂直穀を迎えて行われる。

 

チケットの一般発売は11月17日(土)。星野源のオフィシャルサイトでは、10月26日(金)よりチケット先行予約がスタートする。

 

【公演概要】

星野源のSHIWASU

2012年12月13日(木)

渋谷公会堂

18:30 / 19:00

前売 ¥4,500  全席指定

【チケット一般発売日】2012年11月17日(土)

【問い合わせ】 HOT STUFF PROMOTION  

03-5720-9999

www.doobie-web.com

 

http://hoshinogen.com/

http://www.jvcmusic.co.jp/speedstar/-/Artist/A023121.html

 

 

 

10月31日にリリースを予定している、THE BAWDIESの最新シングル「LEMONADE」。こちらの楽曲が、デジタル一眼カメラ「PENTAX Q10」のテレビCMのタイアップソングに決定した。

しかも、CMに出演を果たしているのは今年1月~3月に放送されていた人気ドラマ「ハングリー!」(関西テレビ・フジテレビ系)の主演を務めた向井理。「ハングリー!」といえば、THE BAWDIES「ROCK ME BABY」が主題歌となっていた人気連続ドラマだ。つまり、8ヶ月ぶりとなるシングルでも向井理が出演する映像にTHE BAWDIESの音源が使用されることになり、夢のコラボレーションが再び実現されることになる。
CMは、「PENTAX Q10」の特長であるいつも持ち歩いて、思いのままに撮影できる手軽さ、レンズを交換の楽しさ、写真の深みを味わえる高品質を兼ね備えた“「世界最小クラス」×「こだわりの高品質」”という、新しいスタイルのデジタル一眼カメラの楽しみ方を向井理がスタイリッシュにプレゼンテーションしていくというもの。本テレビCMを通じて、コンパクトで本格的なデジタル一眼を手にする喜びや、毎日の生活が楽しくなることを伝えていく映像世界を「LEMONADE」が引き立てる。
テレビCMのオンエアに先駆けて、10月23日(火)午前10時より同製品ホームページにてCMの映像を先行公開予定。
http://www.pentax.jp/japan/products/q10
THE BAWDIES / 「LEMONADE」MUSIC VIDEO & メイキング予告
http://www.youtube.com/watch?v=i--kb0FlMQc

 

しかも、CMに出演を果たしているのは今年1月~3月に放送されていた人気ドラマ「ハングリー!」(関西テレビ・フジテレビ系)の主演を務めた向井理。「ハングリー!」といえば、THE BAWDIES「ROCK ME BABY」が主題歌となっていた人気連続ドラマだ。つまり、8ヶ月ぶりとなるシングルでも向井理が出演する映像にTHE BAWDIESの音源が使用されることになり、夢のコラボレーションが再び実現されることになる。

 

CMは、「PENTAX Q10」の特長であるいつも持ち歩いて、思いのままに撮影できる手軽さ、レンズを交換の楽しさ、写真の深みを味わえる高品質を兼ね備えた“「世界最小クラス」×「こだわりの高品質」”という、新しいスタイルのデジタル一眼カメラの楽しみ方を向井理がスタイリッシュにプレゼンテーションしていくというもの。本テレビCMを通じて、コンパクトで本格的なデジタル一眼を手にする喜びや、毎日の生活が楽しくなることを伝えていく映像世界を「LEMONADE」が引き立てる。

 

テレビCMのオンエアに先駆けて、10月23日(火)午前10時より同製品ホームページにてCMの映像を先行公開予定。

http://www.pentax.jp/japan/products/q10

 

THE BAWDIES / 「LEMONADE」MUSIC VIDEO & メイキング予告

http://www.youtube.com/watch?v=i--kb0FlMQc

 

 

【ライブ出演情報】

<THE BAWDIES×9mm Parabellum Bullet 学園祭ツアー>

10/27 名古屋商科大学「三ヶ峯祭~歌え地獄の数え歌~」

10/28 甲南女子大学「海の見える丘祭~ポップとマァムの恋物語~」

11/1 中央大学「白門祭~ターちゃんのクローン~」

11/3 立正大学「星霜祭~鉄菱~」

11/4 学習院大学「大学祭~ファイヤーガンズ~」

12/8  「Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ 2012」※ROYのみの出演になります。

12/15  「LONDON NITE X'mas Special 2012」

12/28(金)~31(月)  「COUNTDOWN JAPAN 12/13」

 

 

【リリース情報】

「PENTAX Q10」CMタイアップ
『LEMONADE』
ビクター
通常盤CD : VICL-36734 / ¥1,200 (taxin)
初回限定盤 (CD+DVD) : VIZL-505 / ¥1,890 (taxin)
10.31 ON SALE!


 
http://thebawdies.com/
http://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A022100.html

今週10月24日(水)にファースト・アルバム「LEO」をリリースする家入レオの、初となるワンマンライブツアー” 家入レオ 1stワンマンツアー ~LEO~ ”のチケットが10月20日(土)に一般発売となり、2013年1月17日(木)、地元・福岡DRUM Be-1よりスタートする全4公演(1/19@梅田クラブクアトロ、1/20@名古屋クラブクアトロ、1/25@渋谷クラブクアトロ)が即日完売となったため、本日22日(月)に追加公演が開催されることが発表された。

追加公演は3月9日(土)大阪・心斎橋BIGCAT、3月17日(日)東京・赤坂BLITZの2公演。22日(月)12時から、オフィシャル・モバイル・ファンサイトにて最速先行抽選予約が、23日(火)12時よりはファースト・アルバム「LEO」に封入されたシリアルナンバーにて特別先行抽選予約がスタートする。詳しくはオフィシャルHPまたは24日発売のアルバム「LEO」をチェック。

そんな家入レオが、アルバム発売を目前に控えた20日、21日の週末、各種イベントに登場。10月20日(土)は原宿KDDIスタジオにて” うたパス×au Exclusive Live 家入レオ1stアルバム史上最速!全曲試聴会+ミニライブ ”を開催。auアンドロイドスマートフォン向けの音楽配信サービス「うたパス」を利用した、このサービス初となる試みを10月24日発売のファースト・アルバム「LEO」に収録された全13曲試聴会で実施、家入本人と一緒に作品を聞きながらチャットでコミュニケーションを楽しむというイベントが行われ、イベント終盤にはサポート・ギターによるアコースティック・ライブも行われた。

初披露のアルバム収録曲を聴きながら、家入が楽曲への想いを語りつつファンの感想へ応えるという、自身初となるSNSでのコミュニケーションに、会場はもちろん、auアンドロイドスマートフォンでうたパスを利用して全曲試聴会に参加した全国のファンも、非常に濃密な時間を共有した。

翌10月21日(日)には、mixi本社にて” 家入レオ中高生限定ファンミーティング~凛として花一輪~ ”が開催され、配信サイト及び家入レオ公式mixiページにて応募抽選で当選したプレミアムな50名の同年代の中高生がイベントに参加。イベントは、ファースト・アルバム「LEO」についてのみならず、mixiページ上や会場から寄せられた質問や同年代ならではの悩みに家入が答えるというQ&Aコーナーやアコースティック・ライブ、会場に集まった50名との記念撮影など、イベントのタイトルどおり、普段なかなか集まることのない同年代との集いだからこその内容と近い距離でのトークといった、とてもアットホームな空気に包まれた時間となった。
 
本日22日には日本テレビ系「スッキリ!」への出演や24日の発売日当日には、”GyaO!LIVE TALK”、26日にはテレビ朝日系「MUSIC STATION」など大型露出も続く予定。

 

 

【リリース情報】

1st ALBUM
『LEO』
ビクター
【初回限定盤】(CD+DVD)VIZL-502 ¥3,500 (tax in)
【通常盤】(CD)VICL-63931 ¥3,000 (tax in)
10.24 ON SALE!

 
HP http://leo-ieiri.com
BLOG http://ameblo.jp/ieirileo
YouTubeチャンネル  http://www.youtube.com/ieirileo/
mixiページ http://p.mixi.jp/leo_ieiri

10月17日に3枚目のシングル「ファッションモンスター」を発売するきゃりーぱみゅぱみゅ。これまでのミュージックビデオが動画配信サイトYouTubeで合計6000万回再生されたという驚異的な再生数で海外での人気も実証済みだが、さらに、きゃりーぱみゅぱみゅが送り出すジャケット写真はiTunes® Storeで海外へ配信され、ミュージックビデオと共に評価が高く、先日国内でも、レコード協会が主催するミュージックジャケット大賞をデビューミニアルバム「もしもし原宿」が受賞するなど、その不思議な表現力は国内外問わず話題になっている。

そんなきゃりーぱみゅぱみゅは、昨年から活躍の場を拡げ、アルバイト情報誌「an」、ファッションブランド「ジーユー」、「SUZUKI MRワゴン」などの数々のCM起用や関西テレビ・フジテレビ系「キャサリン三世」の司会を務めるなど、各メディアを賑わせている。その人気を裏付けるように、本日10月16日より、きゃりーぱみゅぱみゅを広告に起用した複数企業によりコラボレーションされたきゃりーぱみゅぱみゅトレインが完成した。
10/16(火)~10/31(水)まで期間限定で走行予定。

 


【広告掲出場所】
東京メトロ銀座線、丸ノ内線のうち各1編成に掲出
【参加企業】
インテリジェンス、関西テレビ放送、ジーユー、SUZUKI、豆しぱみゅぱみゅ、ワーナーミュージック・ジャパン
【実施期間】
2012年10月16日(火)~10月31日(水)

 

【リリース情報】

3rdシングル
『ファッションモンスター』
ワーナーミュージック
初回限定フォトブック仕様
WPCL-11227 ¥1,800
通常盤 WPCL-11228 ¥1,200
(きゃりーステッカー3種類のうち1種類をランダム封入)
10.17 ON SALE!


 

リンゴ・スターの18年ぶりの来日公演が決定した。今冬、彼が率いるバンド、RINGO STARR & HIS ALL STARR BANDを率いて日本、ニュージーランド、オーストラリアの環太平洋地域でツアーを行うという。

 

今回のバンドメンバーはバンドメンバーは スティーヴ・ルカサー (Toto)、 リチャード・ペイジ

(Mr.Mister), トッド・ラングレン、 マーク・リヴィエラ、グレッグ・ローリー (Santana & Journey)、グレッグ・ビゾネットの6人。今夏行った北米ツアーと同じラインナップ。

リンゴは「この夏のツアーは素晴らしかった。私はこのバンドと演奏することが大好きだし、また一緒に演奏することが待ちきれないよ。オールスターズとともにまた日本を訪れることを楽しみにしています。もちろんニュージーランドとオーストラリアも。PEACE&LOVE!」とコメント。

これまでRINGO STARR & HIS ALL STARR BANDは1989年と95年に日本公演を行っている。今回のライブでは、「It Don't Come Easy」「Photograph」「Little Help From My Friends」「Yellow Submarine」などの代表曲や、最新作から「Wings」なども演奏する予定。オールスターバンドのメンバーの代表曲「ロザーナ」や「ハロー・イッツ・ミー」なども予定されている。

 

 

【ツアースケジュール】
2013年2月25日(月) ZEPP TOKYO
2013年2月26日(火) ZEPP TOKYO
2013年2月27日(水) ZEPP NAGOYA
2013年3月1日(金) ZEPP NAMBA
企画・制作招聘:クリエイティブマン

 

※チケット発売等の詳細は近日発表される。

 

10月16日(火)、11月21日にリリースされるレッド・ツェッペリン『祭典の日(奇跡のライヴ)』の発売を記念して、 超貴重なプレミア試写、そしてジミー・ペイジの記者会見が行われた。

10月17日から全世界同時上映されるが、それに先行し日本、アメリカ、イギリス、ドイツの4か国のみいち早くこの映画を体験できる超貴重なプレミアムイベント。そしてこの貴重なイベントは、ジミー・ペイジ本人の発案でマスコミに加えて一般のファンの方をご招待して開催された。貴重なイベントに、開場前から多くのお客さんが集まった。

いよいよ試写会スタートというその時、なんとサプライズでジミー・ペイジが登場。びっくりしたお客さんは立ち上がって大盛り上がり。「ライブの時も最高に楽しかったけど、映画を見て楽しんでください!」と挨拶をし、試写の幕が開いた。
迫力満点の試写が終了すると、客席からは興奮の拍手が巻き起こった。そしてジミー・ペイジの記者会見へ。ジミーの登場に再度盛り上がるお客さん。ジミーは「どんなことを聞かれるかドキドキするね!サスペンスだ!」と冗談も。

2007年12月10日に行われたライブのときのことを聞かれると、「全員で数週間前から準備に取り掛かったが、ライブではいい意味でショックを与えたいと思ったんだ。」と当時の素直な気持ちを語った。ライブのDVD化については、「ほっとしているし、とてもうれしい。一度しかやらなかったコンサートだったし、自分たちにとっては本当にいいコンサートあったので、客観的に見てリリースしたいなという時期にきたのでリリースできた。」と話した。

今回リリースの中にブルーレイオーディオがあるが、昔のCDをブルーレイオーディオで出す予定はあるか、については、「MP3に対抗するためにもだしたいね!MP3では本来のダイナミズムや、我々の意図する音が伝わらないから!」、と音へのこだわりも話していた。

「今回のセットリストはリハーサルのときにみんなで話し合って作ったが、レッド・ツェッペリンの歴史を網羅するセットリストを作りたかったんだ。自分たちのカラーや見せられるものを届けたかった。リハーサルの時はお客さんがいないのでわからなかったけど、実際ライブで演奏してみてすごくいい反応だったのでよかった!もっとやりたかったのが本音」とセットリストの秘密についても語ってくれた。

今回先行試写として日本、アメリカ、イギリス、ドイツと世界に先駆けて先行する国に日本を選んでくれたことに対しては、「1971年、72年に来日したときは、それまで本などで知っていた日本に来られて本当にうれしかったんだ!そしてものすごく影響うけた。だからリリースなどがあるときは必ず日本に行きたいと言ってきた」と日本で待つファンにうれしい一幕も。

今回の試写には、レッド・ツェッペリンファンとして、ロックスターの内田裕也、新日本プロレスの真壁刀義、お笑い芸人の椿鬼奴が参加。それぞれツェッペリンとの思い出を以下のように語っていた。

内田裕也
「すごいですね!1971年の来日の時に一緒にツアーをまわったんですが、
それを覚えていてくれました。
彼はジェントルマンで優しい人ですね。次の世代にも紹介できてよかった。
俺のほうが年上だといったら、『ばかやろう、俺のほうが上だ!』と
ふざけて言ってました。
今までにいないバンドですね。ロンドンでいつか再会したい!!」

真壁刀義(新日本プロレス)
「現場で見るよりライブが感じられて、動きたくてしかたなかったよ!!!
周りが静かにしてたから座ってたけど!!
入場テーマは布袋寅泰さんがカバーしている「移民の歌」なんだけど、
米軍基地とかで試合するときはオリジナルのレッド・ツェッペリンの
「移民の歌」を使うとどよめきが
すごいし、自分もノれるし!!
親父と同じくらいの年だからリアルタイムで見たことないけど、実際会ってみたら
自分の世界をもってて、それを魅せつけられる最高のエンターテイナーだと思った!
若さを保つ秘訣はお酒をやめたことらしいから、俺もやめたほうがいいかなと!
ほんとにシビれちまったぜ!!」

椿鬼奴さん
「25才くらいのときに聞いていたので、なつかしくて本当に感動しました。
実際お若くて驚きました!
ライブではアレンジをいろいろされていたのがすばらしかったですし、
ジャムっているのがすごく楽しかったです。
25才の時付き合っていた彼がきいていて、教えてもらってそこからきいています。
『ロックン・ロール』という曲をカバーして配信させてもらっているんですが、
ダブルアンコールで聞くことができてよかったです!
あわよくば共演したいですね!」

『祭典の日(奇跡のライヴ)』は、11月21日にリリースされる。

 

 

【リリース情報】

今、明かされる奇跡の一夜。これが、伝説の証明
『祭典の日(奇跡のライヴ)』』
ワーナー
【国内盤5タイプ 同時発売】
CD2枚組<WPCR-14726>¥2,980(税込)
CD2枚組+DVD<WPZR-30451/3> ¥3,980(税込)
CD2枚組+ブルーレイ<WPCR-30448/50>¥4,980(税込)
CD2枚組+DVD+ボーナスDVD<WPZR-30458/61>¥4,980(税込)
CD2枚組+ブルーレイ+ボーナスDVD<WPZR-30454/7>¥5,980(税込)
11.21 ON SALE!




ビートルズのデビュー・シングル「ラヴ・ミー・ドゥ」のリリース50周年を記念して7インチ・アナログ盤が復刻され、リリースされる。

 

「ラヴ・ミー・ドゥ」は、1962年10月5日にパーロフォンからリリース。B面には「P.S.アイ・ラヴ・ユー」が収録されていた。当時の評価は「リヴァプール・エリアから登場した新人グループ。はじめてのレコードだが、すでに強い支持を得ており、今週ランク入りを逃した曲のなかではもっとも有望だ」--「レコード・リテイラー/(1962年10月4日)」。

 

このイギリスの音楽史における重要な節目を記念して、アップルとEMIは、オリジナルのパーロフォンのジャケットを用いた限定盤のレプリカ・シングルを10月22日にリリースすることになった。記念盤シングルの音源には、最高級のリスニング体験をお届けするために、2009年のモノ・リマスター音源が用いられる。

 

AB面ともオリジナル作品で、音楽業界に最初の一歩を踏み入れようとしているグループからの力強い意思表明となっている。1週間後にこの曲は49位で全英チャートに初登場し、17位まで上昇、チャートには18週ランクインしていた。

 

【リリース情報】

完全初回生産限定盤
『ラヴ・ミー・ドゥ』
EMI
TOJP-40002
¥1000(tax in.)
11.14 ON SALE!


http://emij.jp/beatles/

10/22付オリコン週間アルバムランキング(集計期間:10/8~10/14)において、山下達郎の初のオールタイムベストアルバム『OPUS ~ALL TIME BEST 1975-2012~』(9月26日発売)が先週10/15付の2位から上昇し、10/8付以来2週ぶりに首位を獲得した。

 

59歳8ヵ月での首位返り咲きは史上最年長記録で、1994/8/22付に竹内まりやがベストアルバム『Impressions』(1994年7月発売)で打ち立てた39歳5ヵ月(ソロを対象)を「20歳3ヵ月」、18年2ヵ月ぶりに更新。夫婦で同記録の1位、2位を独占した。

 

アルバムの返り咲き首位は、昨年12/26付で3週ぶりに返り咲いたKARA『スーパーガール』(昨年11月発売)以来で、今年は初。山下達郎としては1986/5/19付で2週ぶりに返り咲いたLP『ポケット・ミュージック』(1986年4月発売)以来26年5ヵ月ぶりとなった。また、累積売上は今週付の売上4.6万枚を加え40.8万枚に達し、発売3週目で40万枚を突破している。

 

 

【リリース情報】

究極のオールタイム・ベスト・アルバム
『OPUS ~ALL TIME BEST 1975-2012~』
ワーナーミュージック
初回限定盤(4CD) WPCL-11201/4
通常盤(3CD) WPCL-11205/7
初回限定盤のみボーナスディスク付きで
お値段据え置きサンキュープライス。¥3,980(税込)
09.06 ON SALE!


 

きゃりーぱみゅぱみゅが“ミュージックジャケット大賞2012”の「大賞」(ミュージック・ジャケット大賞実行委員会主催)した。

対象作品デビューミニアルバム「もしもし原宿」。このジャケットはきゃりーぱみゅぱみゅがアーティストとして、名刺代わりとなった1枚のジャケット写真だ。口裂け女風のビジュアルは、デザインのため後から書き加えられたものではなく、撮影前に顔に施されたペイントメイクになっている。このインパクトあるジャケットは、発表された瞬間から国内だけではなく、海外でも話題を呼び、ミュージックビデオと共に海外人気の要因になったといっても過言ではない。

きゃりーぱみゅぱみゅのもつ独特なジャケットの世界観はほぼ同じスタッフで制作され、常に話題になっている。今月に発売される「ファッションモンスター」もジャケットも、きゃりーぱみゅぱみゅが思うファッションモンスターを表現したビジュアルになっている。

【きゃりーぱみゅぱみゅコメント】
デビューの作品がこんな名誉ある賞をいただけるなんてとってもうれしいです!!
いつもジャケットはカワイイだけじゃなくっておもしろさとか不思議さとかが
出せるようにこだわって作っています。
この作品作りに関わってくださったスタッフのみなさまに感謝して、これからも
みんなでおもしろいものを作り続けていきたいです。

【STEVE NAKAMURAコメント】
「もしもし原宿」のジャケットは、デビューだったので独特なキャラクターを表現できればと思い、表情やメイクで勝負しました。今の世の中には、保守的で一般的な感じよりも、面白いジャケットの方が見た人を元気にできると実感した作品です。

■ミュージック・ジャケット大賞とは、
「ミュージック・ジャケット大賞」は音楽パッケージのジャケットの素晴らしさを多くのユーザーに訴求すると共に、音楽ジャケット文化の継承・発展を目的として2011年に制定された。第2回目となる今回は、2011年4月1日から2012年3月31日の間に日本レコード協会会員社より発売された国内制作の音楽CD作品(洋楽を含む)を対象に、当該年度において最も秀逸なジャケット(パッケージ)・デザインと認められた作品を顕彰する。一次審査では、エントリー作品の中から正会員16社のデザイン業務関係者が、自社タイトル以外で秀逸と思うタイトルを選出し、大賞候補50作品(通常盤)、特別賞候補15作品(限定盤・特殊パッケージを含む)が決定した。続く一般投票による二次審査を経て、大賞1作品、準大賞2作品、特別賞を決定する。

 


一般投票は、7月18日より8月31日まで特設サイトで大賞候補50作品の投票を受け付ける。また、東京(7月19日~24日 会場:新宿高島屋)と大阪(7月27日~8月1日 会場:HEP HALL)で開催される「Music Jacket Gallery 2012」では、大賞候補50作品と特別賞候補15作品のジャケット現物を見ながら投票することができる。これらの大賞候補50作品は、今後もユーザーが店頭で購入できる「通常盤」を対象とし、今回は下記CDショップの店頭でも一般投票に参加出来る様、専用の投票ハガキを配布する。
http://mja.jpn.com

【リリース情報】

3rdシングル
『ファッションモンスター』
ワーナーミュージック
初回限定フォトブック仕様
WPCL-11227 ¥1,800
通常盤 WPCL-11228 ¥1,200
(きゃりーステッカー3種類のうち1種類をランダム封入)
10.17 ON SALE!


 

インディーズデビューから今年で15周年を迎える、兄弟グループ、キリンジ。メンバー堀込泰行(Vo/Gt)が、来春予定しているライブツアー<KIRINJI TOUR2013>の最終日を持って、キリンジから脱退することがオフィシャルサイトにて本日発表された。

さらに堀込高樹(Gt/Vo)は引き続き、来春以降はこのキリンジのネームを継続継承し活動することも発表。
堀込泰行はソロ活動に注力する予定だ。

この件に関して、キリンジからのメッセージはこちら
http://www.natural-llc.com

1996年10月、実兄弟である堀込泰行(VO/Gt)堀込高樹(Gt/Vo)の二人でキリンジを結成。97年インディーズ・デビュー後一躍脚光を浴び、翌98年、メジャー・デビュー。洗練された二人のシンガーソングライターによるグループらしく、上品かつ独創的に紡いだ楽曲群の数々は今や巷でも<キリンジ風>と表現されるほど、唯一無二な存在に。また、そのオリジナリティ豊かで存在感ある詞曲もさることながら美しいコーラスワークと多種多様な音楽的造詣を感じさせるアレンジメントの数々も耳の肥えた多くの音楽ファンを魅了し続けている。ライブの評価も高く、他アーティストへの楽曲提供も多数。まさに、J-POP界の至宝的グループとされている。

キリンジは今後、11月7日に通算9枚目のフルアルバム「SUPER VIEW」リリース、そして<KIRINJI LIVE 2012>として、11月30日(金)のビルボードライブ大阪、12月5日(水)、6日(木)ビルボードライブ東京、12月8日(土)、9日(日)ラフォーレミュージアム六本木2Daysが決定。さらに、来年のライブツアー、及び来春の10thフルアルバムの情報は、11月1日正午にキリンジオフィシャルサイトおよびコロムビアHPにてされる予定となっている。

 

【リリース情報】

9thアルバム
『SUPER VIEW
コロムビア
初回盤:COZP-721~2 ¥3465(tax in)
通常盤:COCP-37593 ¥3150(tax in)
11.07 ON SALE!


 
キリンジ公式サイト
http://www.natural-llc.com
SUPER VIEW特設サイト
http://columbia.jp/kirinji/

10月13日(土)、西野カナが自身初となるアリーナツアーを地元「三重県営サンアリーナ」からスタートさせた。

本ツアーは、先月に発売となり、現在ロングヒット中の最新アルバム「Love Place」を受け、ファイル11月23日・24日のさいたまスーパーアリーナ2DAYS公演まで、全国6会場9公演、のべ10万人規模にのぼる西野カナ初のアリーナツアーとなっている。

ライブ楽曲も、ニューアルバム「Love Place」の中からアンコール含め、20曲以上を披露。「たとえ どんなに…」「君って」「SAKURA, I love you?」「私たち」「GO FOR IT !!」などの最新ヒットシングルはもちろん、地元三重県のことをモチーフに“郷土愛”をうたったバラード「My Place」なども披露し、三重県のファンを沸かせた。

ライブのMC中では、来場した約7,000人のファンからの「おかえりー!」という温かい声援に包まれ、思わず西野カナも「ただいまー!」とレスポンスするなど地元ならではの微笑ましい場面も。

また、毎回のツアーで見どころの一つとなっているライブ衣装もアリーナツアーとあって豪華絢爛。本アリーナツアーを彩る衣装は計11パターン。ベロア素材、ビジュー、スタッズ……といった、今年の秋冬のトレンドを豊富に取り入れたラインナップの他、ショーガールをイメージしたゴージャスなコスチュームに身を包む場面も。目まぐるしく変化していく衣装にも注目。

ちなみに「FANTASY」歌唱時衣装は“ショーガール風コスチューム”輝くシルバーのスパンコールとボリュームのある豪快な羽がポイント。「Always」歌唱時衣装は“パステルオーロラドレス”色とりどりのパステルカラーの生地とオーロラ柄のスパンコールの発色が美しいドレス。

そして、アリーナツアー初日を温かく迎えてくれた地元三重のファンのみんなに西野カナからもサプライズとして11月7日に発売となるニューシングル「Always」を発表。突然のニューシングル発表とその場での生唄披露に、ファンからは歓喜の声があがった。

ニューシングル「Always」はこれまで西野カナが歌ってきた「Love」とはさらに視野を広げた大きな“愛”をテーマにした唄。家族・友人・恋人…全ての人への愛と感謝を歌った温かく壮大なバラードとなっている。

11月7日のCD発売に先駆け、来週10/17から着うた先行配信リリース。来週17日は広島と、年内に全国のアリーナを周る西野カナ。さらに来年1月からは面積を広げ計26公演のホールツアーも既に決定している。

 

【西野カナ・初日三重公演を終えてのコメント】
「初のアリーナツアーを地元三重県からスタートできたことを本当に嬉しく思っています。
来てくれた皆さんに温かく迎えていただいて、故郷の空気を感じながらライブも楽しめました。
これから全国を回りますが、この日を楽しみにしてくれている皆さんと一緒に
思いっきり素敵な時間を過ごしたいと思います」    西野カナ
 
【Honda meets Music 「Kanayan Tour 2012~Arena~」】
10月13日(土)三重県 三重県営サンアリーナ
10月17日(水)広島県 広島グリーンアリーナ
11月1日(木)福岡県 マリンメッセ福岡
11月8日(木)愛知県 名古屋・日本ガイシホール
11月9日(金)愛知県 名古屋・日本ガイシホール
11月13日(火)大阪府 大阪城ホール
11月14日(水)大阪府 大阪城ホール
11月23日(金・祝)埼玉県 さいたまスーパーアリーナ
11月24日(土)埼玉県 さいたまスーパーアリーナ

 

 

【リリース情報】

“愛”をテーマにした新曲
『Always』
SMEレコーズ
SECL-1207
¥1223(tax in.)
11.07 ON SALE!


 
http://www.nishinokana.com/

きゃりーぱみゅぱみゅの3rdシングル「ファッションモンスター」が10月17日にリリースされる。そのシングルの2曲目に収録されている「100%のじぶんに」が現在、SUZUKIのMRワゴン新CMとしてオンエアされている。

きゃりーぱみゅぱみゅとしては初めての自動車のCMとなり、楽曲はプロデューサーの中田ヤスタカ(capsule)が「100%減税」をキーワードに書き下ろした楽曲になっている。さらには、ミュージックビデオ3作連続が動画配信サイトYouTubeにて1000万回再生されている、きゃりーぱみゅぱみゅのクリエイティブチームが集まり制作したCMで、こちらも話題を呼んでいる。

 

このCMで使用されているリトルミイのぬいぐるみ、略して「ミイぐるみ」は、100%オリジナル。CMで披露されたミイの踊りもCGを一切使っておらず、100%実写だという。ミイのダンスは1コマ1コマを約2日半かけて撮影された。MRワゴンスペシャルサイトでは、その振り付けやCMメイキング映像などのコンテンツを順次公開する予定。

 

楽曲はオンエア以降、大好評につき、10月17日より着うたフル®がスタート。SUZUKIのホームページではきゃりーぱみゅぱみゅの壁紙ダウンロードプレゼントも実施されている。

【きゃりーぱみゅぱみゅコメント】
このCMはプロモーションビデオとほぼ同じスタッフで撮影ができたので、
すごくリラックスして撮影できました!!
注目の100%ダンスも必見です!
すごくカワイイCMなのでみなさん楽しんで下さいね!

<CMオンエア概要>
放送開始日:2012年10月4日(木)
放送エリア:全国
出演:きゃりーぱみゅぱみゅ・リトルミイ(ムーミンキャラクター)
TVCM :「100%ダンス」篇(15秒)、「100%ダンス」篇(30秒)、ラジオCM:「100%の新曲」篇(20秒)、「100%ジブンらしく」篇(60秒)、「100%ジブンらしく」篇(60秒)Bタイプ

SUZUKI MRワゴン公式HP
http://www.suzuki.co.jp/mrwagon/mrwagon_eco/

 

 

【リリース情報】

3rdシングル
『ファッションモンスター』
ワーナーミュージック
初回限定フォトブック仕様
WPCL-11227 ¥1,800
通常盤 WPCL-11228 ¥1,200
(きゃりーステッカー3種類のうち1種類をランダム封入)
10.17 ON SALE!


 

結成50周年を迎えたザ・ローリング・ストーンズの新曲がついに解禁、さらに、アルバムのトラックリストも解禁された。

2005年に発表されたアルバム『ア・ビガー・バン』以来7年ぶりとなる新曲「ドゥーム・アンド・グルーム」は11月14日に発売される結成50周年を記念したベスト・アルバム『GRRR!』からのリードトラックで、健在ぶりを示すには十分すぎるエネルギッシュなロック・ナンバーに仕上がっている。セッションに参加したキーボードのチャック・リーヴェルによればミック・ジャガーが主導した曲とのこと(プロデュースはおなじみドン・ウォズ)。

「ドゥーム・アンド・グルーム」は、オフィシャルYouTubeにてUPされている。

http://www.youtube.com/watch?v=rPFGWVKXxm0&feature=plcp

ベスト・アルバム『GRRR!』に収録されるもう1曲はキースが持ち込んだとされる「ワン・モア・ショット」。先のチャック・リーヴェルによればギターリフが炸裂しているとのこと。

ベスト盤『GRRR!』の詳細も明らかになった。50曲入りのスタンダード盤に収録されるのは、10月22日にスタートするフジテレビ系月9ドラマ『PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~』主題歌の「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」ほか、「サティスファクション」「ホンキー・トンク・ウィメン」「ブラウン・シュガー」「悲しみのアンジー」「イッツ・オンリー・ロックン・ロール」「ミス・ユー」「スタート・ミー・アップ」といった超代表曲に加え、ブライアン・ジョーンズのマリンバが個性的な「アンダー・マイ・サム」や、日本ではサントリー"ストーンズバー"のCM曲にもなった「ロックス・オフ」、キース・リチャーズの代名詞的なヴォーカル曲「ハッピー」などの名曲も選ばれたのがファンには嬉しいところ。

最も豪華な『スーパー・デラックス・エディション』に収録されるボーナス・トラックも話題の1つで、特にデビュー前に録音されたストーンズ最古の未発表デモ音源5曲は、50周年を記念した企画としてぴったりの収録。録られたばかりの貫禄あふれる新曲と、デビュー前の初々しいデモを比較すれば、50年という歴史の重みを実感できること間違いなし。

詳しいトラックリストはこちらから
http://www.universal-music.co.jp/rolling-stones/

今後のバンドで気になるのは、2007年以来5年間遠ざかってるステージへの復帰。先の新曲のレコーディングが完了した後も、バンドの面々は引き続きパリのスタジオに入っているとも伝えられており、何らかの形でライヴが行われるのは間違いなさそう。10月18日には結成50周年記念公式ドキュメンタリー『クロスファイア・ハリケーン』のプレミアのため、ロンドン映画祭に全員揃って登場することは既に発表されているが、ここで演奏されることは無いにしても、何らかの発表がなされるのではないかと言う噂は根強い。

7月12日の結成記念日には、ロンドンのサマーセット・ハウスに敷かれたレッド・カーペット上で、日本のカメラに向けて「すぐにでも日本に行きたいよ!」と叫んだミック。今はその言葉を信じて待つしかないところ。

 

 

【商品情報】
ザ・ローリング・ストーンズ 結成50周年ベスト

『GRRR!~ザ・ローリング・ストーンズ・グレイテスト・ヒッツ』


11月14日発売
UICY-10033/5 ¥2,980(込)
※バンド結成50周年を記念した50曲入りオールタイム・ベスト。3CD。新曲2曲収録。
初回特典として、50周年記念ロゴの防水ステッカーを封入。
デラックス・エディション(UICY-91810/2 ¥5,000(込))には36Pハードカバー本、ツアーポスター絵柄のポストカード(5枚)と共にDVDサイズのボックスに封入。
スーパー・デラックス・エディション(UICY-91813 ¥15,000(込))は80曲入り(4CD)で、超豪華スーパー・デラックス・エディション。未発表曲を収録したボーナスCDと7"EP、36Pブックレット、96Pハードカバー本、A2ポスター、ツアーポスター絵柄のポストカード(5枚)と共にA3サイズのボックスに封入。

 

THE YELLOW MONKEYの11年8ヶ月振りのシングル発売日である10/10(水)、渋谷O-EASTにてリリースパーティが行われた。

多数の応募者から選ばれた700人を集めたこのパーティは、ニコニコ動画の同時生中継というスタイルで行われ、10月21日に発売されるDVD「TRUE MIND “NAKED”」の大画面先行上映や、THE YELLOW MONKEYをリスペクトするミュージシャン、中田裕二らをゲストに招いたトーク、ダイノジによるDJタイムなど、さまざまな内容を盛り込み、会場はもちろん、同時生中継を楽しむ全国のファン4万人以上がこのパーティを楽しんだ。

パーティの途中では、ニコニコ動画のTHE YELLOW MONKEYチャンネルで募集していた、「みんなで”Romantist Taste 2012” MVを作ってみた」企画の完成MVも公開された。このMVは、「Romantist Taste」にあわせて投稿されたさまざまな動画を、THE YELLOW MONKEYの多数のMVを手掛けてきた映像監督、高橋栄樹氏が一本の作品としてまとめたもの。多くのファンの想いと、バンドを良く知る監督のコンビネーションで作り上げられた、常識の枠を超えた楽しいMVとなっており、会場は暖かい雰囲気に包まれた。

そして、何といってもこのパーティのハイライトは、元メンバーのサプライズ登場。ダイノジによる熱く感動的なDJで十分温まった会場に、“SPARK”が選曲されると、曲の後半、袖からTHE YELLOW MONKEYのベースである広瀬洋一が登場し場内は一気にヒートアップ。広瀬はそのままDJをプレイ。さらに、たまたま遊びに来ていたギターの菊地英昭(G)も最後にダイノジからステージに連れ出され、会場は興奮の坩堝に。“悲しきASIAN BOY”で大団円のフィナーレを迎えた。

なお、このパーティの途中では、12月3日に新たなDVD作品「RED TAPE “NAKED”」が発売されることも公表された。「RED TAPE」のオリジナルは、1997年に行われたアリーナツアーとスタジアムツアーの模様に、ロンドンでのライヴの模様やオフショットを盛り込んだツアードキュメント作品。10月21日発売の「TRUE MIND “NAKED”」に続き、“NAKED”シリーズとなるこの作品が、どのような内容になるのか非常に楽しみなところだ。

THE YELLOW MONKEY
「みんなで ”Romantist Taste 2012” MVを作ってみた」完成MV
http://www.nicovideo.jp/watch/so19088688

【商品情報】
「RED TAPE “NAKED”」
<初回生産限定盤>
 DVD4枚組+特典盤1枚
発売日:2012年12月3日(月)
品番:XT-3270~73 価格:¥10,500(tax in)
収録内容:
・DVD:RED TAPE “NAKED” -ARENA TOUR ’97 “FIX THE SICKS” at 横浜アリーナ
- (DVD2枚組)
・DVD:RED TAPE “NAKED” -TOUR ’97 ~紫の炎~ at 西宮スタジアム- (DVD2枚
組)
※ボーナスDVD付き、豪華フォトブック付き

【通常盤】
「RED TAPE “NAKED” -ARENA TOUR ’97 “FIX THE SICKS” at 横浜アリーナ-」
発売日:2012年12月3日(月)
品番:COBA-6387~88
価格:¥3,675(tax in)
DVD2枚組
「RED TAPE “NAKED” -TOUR ’97 ~紫の炎~ at 西宮スタジアム-」
発売日:2012年12月3日(月)
品番:COBA-6389~90
価格:¥3,675(tax in)
DVD2枚組

DEBUT 20TH - オフィシャルHP
http://columbia.jp/theyellowmonkey/
Facebook公式ページ
https://www.facebook.com/columbia.yellowmonkey521
Twitter公式アカウント
https://twitter.com/yellowmonkey521

 

 

キリンジが2年2ヶ月ぶりとなる9枚目のアルバム「SUPER VIEW」を11月7日にリリースする。そのアルバムからの新曲「TREKKING SONG」が配信限定で発売スタートした。そのMusic Videoも公開された。

ディレクターはCFからミュージッククリップまで手掛け、「Drifter」「スウィートソウル」「夏の光」などのキリンジのMusicVideoの数々を手がけてきた、映像クリエーターである小島淳二氏。どこまでも心地よく響くキリンジならではのサウンド、歌、そしてハーモニーと、生命力に満ち溢れた自然の数々の映像が相まっている今作。アルバムのタイトルどおり、まさに堀込兄弟が辿り着いた素晴らしい音楽の“絶景”がみえてくる。

「SUPER VIEW」特設サイト
http://columbia.jp/kirinji/
YOUTUBE

 

http://www.youtube.com/watch?v=GO6rh6dOVM0
上記サイトにてショートVerが公開されている。

また、11月7日に発売となるアルバム「SUPER VIEW」の初回盤には、この「TREKKING SONG」を含む、ビデオクリップ4曲などが収録されている。12月8日(土)、9日(日)には<KIRINJI LIVE 2012>として、ラフォーレミュージアム六本木2Daysが決定している。

 

【配信情報】
10月10日発売(配信スタート)
「TREKKING SONG」
*iTunes Storeにて、先行配信シングルリリースに加えて10/10よりアルバムの予約注文をスタート。10/10~11/6の間に予約していただいた方限定でボーナストラックとして「祈れ呪うな」のMusic Videoがダウンロードできます。また、先行リリーストラック「TREKKING SONG」も予約時点でダウンロードできます。
http://itunes.apple.com/jp/album/super-view/id564748411

【公演情報】

<KIRINJI LIVE 2012 BBL PREMIUM>
[ビルボードライブ東京]
12月5日(水)、12月6日(木)
1st OPEN/17:30 START/19:00 
2nd OPEN/20:45 START/21:30
[ビルボードライブ大阪]
11月30日(金)
1st OPEN/17:30 START/18:30 
2nd OPEN/20:30 START/21:30

<KIRINJI LIVE 2012>
12月8日(土)
ラフォーレミュージアム六本木
開場17:00/開演18:00
12月9日(日)
ラフォーレミュージアム六本木
開場16:00/開演17:00

 

【リリース情報】

9thアルバム
『SUPER VIEW
コロムビア
初回盤:COZP-721~2 ¥3465(tax in)
通常盤:COCP-37593 ¥3150(tax in)
11.07 ON SALE!


 
キリンジ公式サイト
http://www.natural-llc.com
SUPER VIEW特設サイト
http://columbia.jp/kirinji/

くるりが、昨年に続き細野晴臣とのカップリングで、東北ツアーがスタートさせた。今回のツアーは石巻、仙台、相馬での合計3公演を行う予定。

初日となった昨日の石巻公演は、震災以降、何度も訪問し、「石巻復興節」を石巻市内とオフィシャルサイトのみでリリースするなど、現地と関わりを深めてきたくるりメンバーにとって、念願のライブであり、その上、会場である石巻La Stradaのキャパシティは80名というまさにプレミアなイベントとなった。

最初に登場するのは細野晴臣。1曲目から細野登場かと思いきや、最初の楽曲はサポートで参加した高田漣の楽曲「AJI」を高田漣(gt)、伊藤大地(drum)の2人編成で演奏。その後、満を持して細野晴臣が登場し、9/22に開催されたくるり主催の野外音楽フェス「京都音楽博覧会」と同じ3人編成バンドでのライブがスタート。

細野自身がベースを演奏しながら歌うこともレアだが、カバー曲を織り交ぜながら「House of blue light」では、世界最高峰とも呼べるトリオのロックバンドの演奏を披露し、会場とステージが一体に。細野晴臣のオリジナル楽曲「Pom Pom Joki」で、会場の盛り上がりも最高潮に。その盛り上がりを受けて、細野自身初めて「Hong Kong Blues」でベースを演奏しながら歌うというサプライズもあり、大歓声の中、ライブが終了。

その会場の熱気もさめやらぬ中、大歓声の中に迎えられながらくるりが登場。新メンバー加入後、初めてサポートドラマー無しでの4人でのライブ。アコースティックを主体にしながら歌の力を強く伝える演奏。そして現在オンエア中のNHKの番組「ファミリー・ヒストリー」のメインテーマとして作った「Remember me」を初めてライブで披露。どこの誰もが感じる日常、家族のつながり、そんなことを歌う岸田繁の歌声に会場が優しく包まれた。

会場の熱気にトドメをさすかのように岸田が「お耳を汚してしまうかもしれませんが」と言いながら、ドラムに移動し、ドラムを演奏しながら「ばらの花」「everybody feels the same」「東京」というくるりの代表曲演奏するというまさにバンド結成以来、初めての試みを披露。会場もステージも大爆発。お客さん、メンバーの笑顔が会場にいっぱいになる。

くるりのライブが終わってもお客さんの興奮はさめない中、くるりのメンバーが再び登場。石巻にてライブをする意味をかみしめながら、「石巻復興節」を録音した時と同じく、細野さんがドラムとして参加しながら、観客みんなと大合唱した。

ミュージシャン、そしてお客さんみんなが音楽の魅力の根源を体験するという最高のライブとなった。本ツアーは本日の仙台公演、12日の相馬公演まで続く。

 

 

10月10日スタートの武井咲主演・日本テレビ新ドラマ「東京全力少女」(水曜=午後10:00)の第1話に、20年ぶりのドラマ出演を果たす中島みゆきによる主題歌「恩知らず」のMVの一部がYouTubeで公開された。

このMVは中島みゆき本人とツアーでもバックをつとめるミュージシャンらが出演するライブ・クリップ形式のもの。これまでの中島のMVはストーリー性を重視したドラマ仕立てになっているものも多かったが、本作では演奏する本人の映像がフィーチャーされたミュージックビデオとなっていて、アップビートな中島みゆき流ロックチューンの魅力をストレートに伝えている。

ドラマ出演のニュースや、すでにテレビで放送された本人出演のMVの話題性もあって、「恩知らず」は現在USENのチャートを急上昇しており、発売前に5位にランクインして週間HITチャンネルの全国パワープレイとなっており、今後さらにランキングの上昇が見込まれている。また、このシングル盤に収録される往年の名曲「時代」は2010年のライブで行われたレアバージョンとなっていて、こちらもカップリング曲としては異例のUSENヒットチャート上昇を見せている。

なお、10月24日には先行シングル『恩知らず』を含む完全書下ろしの新曲12曲を収録する39枚目のアルバム『常夜灯』が発売となる。完全な新曲によるオリジナルアルバムとしては『真夜中の動物園』以来2年ぶりとなる。

中島みゆき「恩知らず」ミュージックビデオ(Short ver.)
http://www.youtube.com/watch?v=kiSWWqvqj9Y

 

 

【リリース情報】

ドラマ「東京全力少女」主題歌
『恩知らず』
ヤマハミュージックコミュニケーションズ
YCCW-30029
¥1050(tax in.)
10.10 ON SALE!


 
中島みゆきオフィシャルサイト
http://www.miyuki.jp/
日本テレビ「東京全力少女」公式サイト
http://www.ntv.co.jp/tokyo/

デビュー40周年を記念して、5年ぶりに全国ツアーをスタートさせたTULIPが先週末、前半戦の天王山となる、東京国際フォーラム ホールAでの2DAYS公演を開催。「心の旅」「虹とスニーカーの頃」等をはじめとする大ヒット曲、名曲の数々をアンコール含め計28曲熱唱した。

オープニング曲「夏色のおもいで」から、彼らの登場を待ちわびていた約5,000人の観客が総立ちという異様な熱気に包まれてスタートしたこの日のライヴ。ボーカルの財津和夫は、「皆さん今日はようこそいらっしゃいました。私たちもいろんなことで歳を重ねました。いつの間にかスカイツリー建ちましたよ。いつの間にかJRに代わっておりました(笑)。そんな私たちですが、(今日は)青春時代に戻っていただいて曲を聴いてください」とMCし、客席を沸かせた。

ギターを手にステージ上を駆け回る姫野達也。安部俊幸のMCに退屈そうにイビキをかいて眠りこける財津。中盤戦は終始、ファンの手拍子と笑いに包まれた。そしていよいよ終盤戦。ヒット・ナンバー「青春の影」が演奏されると、今までとはうって変わり、会場はシーンと静まり返る。真剣に聴き入る客席の中には、感極まって涙ぐむファンの姿も見られた。

そして、いよいよ本編最後の曲。「メンバー一同、青春してしまいました!本当に今日はありがとうございました!」という財津のMCのあと、「心の旅」を演奏。会場の盛り上がりは頂点に達した。また、最後に財津より、来年4月29日に、東京国際フォーラムでの追加公演の開催がサプライズ発表されると、会場からは割れんばかりの拍手が起こった。約2時間半に及ぶファンとの”同窓会ライヴ”は、TULIPメンバーとファンの満面の笑顔と感動の涙とともに終了。メンバー退場後も拍手は長い間鳴り止むことはなかった。

この後も、年末の大阪・オリックス劇場での公演まで、休まず全国各地でファンとの”同窓会”を行うチューリップ。精力的に活動する彼らのメモリアル・イヤーに注目だ。

<公演概要>
TULIP “THE LIVE” 40th memorial tour
東京国際フォーラム ホールA  ※2DAYS/1万人動員
10月7日(日) 16時45分・開場/17時30分・開演
10月8日(月・祝) 15時45分・開場/16時30分・開演
 

 

【リリース情報】

デビュー40周年
『TULIP40~すべてのシングル40曲 デビュー40周年を記念して~』
ビクター
VICL-70096~98
¥4,700(tax in.)
06.06 ON SALE!


 
チューリップ40周年・再集結オフィシャルHP:http://tulip40.com/
レーベルサイト:http://jvcmusic.co.jp/tulip/

今年で音楽活動10周年を迎えた柴咲コウ。これまでに女優としての活動と平行しながら、音楽活動も積極的におこなってきた彼女が、10周年イヤーを締めくくる両A面シングル「My Perfect Blue / ゆくゆくは」を10月31日にリリース。それを記念して10月7日、辻堂で音楽キャリア初のフリーライブをおこなった。

小雨模様の当日の朝から開場を待ちわびるファンで長蛇の列がつくられた会場も開演直前には晴天に恵まれ、ピアノが弾き語られる中ステージに柴咲コウが現れると大歓声が上がり、5,000人を集めた会場は一気に盛り上がりをみせた。最初の曲は劇場版「容疑者Xの献身」の主題歌にもなった「最愛」を披露。「こんなに一杯の人が来てくれるとは思いませんでした!ありがとう!」というMCに会場は大きな拍手に包まれた。続いては、ファンのあいだでも名曲の呼び声も高いバラード「with you」。

「今日のこの空の色は、みんなとこうやって笑顔で会えたことで、私にとってのパーフェクトブルーです」というMCの最後に、10月31日にリリースされるシングル「My Perfect Blue」(10/8スタートTBS 系ドラマ宮部みゆきミステリー「パーフェクト・ブルー」主題歌。「My Perfect Blue / ゆくゆくは」収録)をステージ初披露。“柴咲コウの歌”を堪能できるステージとなった。

なお、10月8日に「My Perfect Blue」が、10月10日には奥田民生とのコラボ曲「ゆくゆくは」(花王アジエンスCMソング)が着うた®で配信される。

11月28日には完全初回限定生産10周年記念プレミアムBOX「Orb -Ko Shibasaki 10th Anniversary Premium Box-」がリリースされる。

 

【リリース情報】

ダブルAサイドシングル
『My Perfect Blue / ゆくゆくは』
ユニバーサルミュージック
【初回限定盤】¥1,680(tax in) UPCH-89123
【通常盤】¥1,260(tax in) UPCH-80287
10.31 ON SALE!


 

MUSICSHELF編集部が、クレイジーケンバンドのインタビュー本「マイ・クレイジーケンバンド」(発売=P-VINE BOOKS)に続いて、「ねこみみ~猫と音楽~」というムック本を作りました。

 

編集名義はMUSICSHELFとデザイナー事務所インシーの共同編集ということで、ねこみみ編集部とクレジットしています。発売はCDジャーナルでお馴染みの音楽出版社。発売は9月22日。すでに店頭に並んでいます。

本誌は"猫好き目線"で切り取ったさまざまな猫ネタ&猫エピソードを満載してお届けする猫と音楽の実用ムック。


猫軸と音楽軸が交わる視点から見える幸せ……が感じられると思います。

 

 

【主な内容】

猫対談 谷山浩子×持田佳織、定番! 猫ジャケ100選、ネコメンド! にゃんこサントラに進路を取れ!、必聴! 猫ソング100選 necoTunes、検証! 猫の好きな音楽とは? 、ぶらり猫散歩~谷根千 嶺川貴子、よりみち 猿山修 猫グッズ紹介、猫とアーティスト/インタビュー:ECD、世界に広げよう! 猫友の輪アンケート:OPQ、コーネリアス、末光篤、遊佐未森、ゴメス・ザ・ヒットマン(山田稔明)、Pierre Barouh他、猫レーベル紹介、コラム「猫は猫だから猫である」(湯浅学)、猫マンガ「ねこすバンド天国」(金子デメリン)、猫エッセイ「MILK 猫と僕と君」イノマー 他


※猫イラストレーター、ルイス・ウェインのエコトートバッグ付き。

【リリース情報】

猫軸と音楽軸が交わる視点から見える幸せ......
『ねこみみ~猫と音楽~』
音楽出版社
¥1,680(tax in.)
ON SALE!






お笑いコンビ「エレキコミック」のやついいちろうが、10月3日(水) 渋谷O-EASTにて、7月に発売したCD『PLATINUM DISC』の RELEASE PARTYを開催した。

やついいちろうは、お笑い芸人としての活動に加え、ロックDJとしても大人気で、ロックフェスでは1万人規模の観客がDJ BOOTHに押し寄せ入場制限になるなど、カリスマ的人気を誇っている。今回は自身の4枚目のMIXCD発売を記念したリリースパーティを開催。曽我部恵一BAND、NONA REEVES、SCOOBIE DO、Negicco、THEポッシボー、エレ片(やついいちろう・今立進[エレキコミック]・片桐仁[ラーメンズ])という、バンドからアイドル、お笑いまで多岐に渡った豪華ゲストが出演。会場を埋め尽くす満員のお客さんと共に大盛況のうちに終了した。

当日はオープニングDJとして登場したやついが、自身のMIXCDにも収録した、いきものがかり「じょいふる」やクリープハイプ「愛の標識」、そして松本伊代とのコラボ曲「センチメンタル・ジャーニー 激ファンMIX」など、ロックからアイドル、POPソングをノンジャンルにかけオープニングから会場全体を盛り上げまくってスタート。その後、登場したSCOOBIE DOのソウルフルでファンキーなステージに最初から会場のテンションはMAXに。続く、THEポッシボーのパワフルでセクシーな歌声とダンス、曽我部恵一BANDの真っ直ぐに熱量のあふれるライブ、Negiccoの清涼感あるキュートなステージ、NONA REEVESの会場全体をダンスパーティにするようなグルーヴ感あふれるパフォーマンスと、豪華なステージが繰り広げられ、ロックファン、アイドルファン、お笑いファンと様々なお客さんが集合した会場全体が盛り上がり続けた。

また、冒頭から最後まで、各ライブの合間に、自身がパーソナリティを務めるラジオのレギュラー番組「エレ片のコント太郎」(TBSラジオ 毎土 25:00~27:00)から生まれたコントを随所にもりこむなど、音楽とお笑いが融合した1本の大型のコントショーのような状態に。さらに相方の今立進を主演にしたエレ片劇団、エレキコミックの名物マネージャーと片桐仁のラップバトル「MC UEVA vs HIDEBU」、女子高生のストリートライブをテーマにしたコント「シトラスラベンダー」など、随所に人気のコントや音楽ネタが盛り込まれ、笑顔と笑いの絶えないイベントとなった。

そして当日イベントの目玉として行われたのは、エレ片扮する「危険日チャレンジガールズ!」とNegiccoによる新曲の発表と初ライブ。危険日チャレンジガールズ!とは、バカリズムが命名した、エレ片の期間限定アイドルユニット。過去にもiTunesのヒップホップチャートで1位を獲得するなど話題のユニットだったが、今回は、ご当地アイドルとしても人気の高いNegiccoとコラボ。楽曲はV6の楽曲「kEEP oN.」など数々の作詞・作曲・プロデュースを担当する西寺郷太(NONA REEVES)とcorin.が制作を担当。初披露された楽曲「ニコらス!」はロックとダンスがミクスチャーされ、お祭り感あふれるコール&レスポンスが満載。メンバーの煽りと息のあったダンスに会場もヒートアップし最高潮に盛り上がった。

イベントの最後にスペシャル企画として用意されていたのが、曽我部恵一作曲による新曲を出演者全員で歌唱しレコーディングするというもの。今回のイベントのエンディングテーマとして、曽我部氏が書き下ろした楽曲を曽我部恵一BANDが演奏。どこか心の奥に懐かしく染み渡るような情景と情感があふれる、美しい歌詞とメロディに、豪華な出演ボーカリストの伸びやかな歌声が乗り、サビでは、「東京の空を見上げる」といった歌詞を、観客含め会場にいる全員が合唱。会場が一体となって感動的な名曲が誕生した。今回、ライブレコーディングされた同曲は今後リリースも検討されているとのこと。今回参加した人もしなかった人も、この名曲の今後に期待してほしい。

最後に、イベントのアンコールでは、重大ニュースとして、来年2013年6月22日(土)にYATSUI FESTIVAL2013を行う事が発表された。今年2月、約3000人を動員し、渋谷初の大型エンタテインメントフェスとして大成功したフェスだったが、今年以上の店舗数で渋谷中のライブハウスをジャックして行われるとのこと。やつい自身も今回イベント終了後、「ここでしか観れない!一度しか観れない!ものをいつも作ろうと思っているのでそれが今回できて良かったなーと思います。来年2回目になる「やついフェス2013」も開催決定したので是非また遊びに来てください。どのイベントもここでしか観れないものになるから安心してください。」とコメント。次なる大型フェスの続報も期待される。

 


公式サイト:http://elecomi.com/
レーベルサイト:http://jvcmusic.co.jp/yatsui/

 

 

 

エレファントカシマシが無期限で活動を休止することが発表された。宮本浩次が突発性難聴と診断され、手術を受けたことが理由。


宮本は左耳が聞こえづらくなったため、9月1日に医師の診察を受けたところ、突発性難聴と診断。診断後すぐに治療を始めたが改善への傾向が見られず、その後、左耳の聴力がほぼ失われる状態まで病状が進行したため、9月5日に手術を受けた。術後の経過は順調で、日常生活を送るうえで支障はないという。

 

しかし、10月のコンサートについては、本人の強い希望により、開催の方向で治療とリハーサルを行ってきたものの、全力の歌唱が出来るまでには回復せず、聴力もかなり不安定な状態な上、充分なリハーサル時間もとれなかったため、コンサート活動 一時休止することになった。

 

10月8日の大阪城野外音楽堂公演、および1990年より毎年開催してきた10月14日の日比谷野外大音楽堂公演を中止。チケットの払い戻しについては、お買い求め頂いた各プレイガイドにて対応。このほか、来年1月に予定していた日本武道館公演を含め今後のコンサート活動についても暫くの間、休止するという。


新曲「ズレてる方がいい」(来月2日公開の映画「のぼうの城」(犬童一心、樋口真嗣監督)が先月31日に発売された。

2012年3月21日に30周年を迎えたBOØWY。彼らのデビュー30年のアニバーサリーを祝し、偉大なバンドのヒストリーを次の世代に伝えるべく、解散宣言から25周年となる12月24日に、これまでの作品を高画質/高音質化し、さらに未発表の映像/音源を追加収録した貴重な作品群の発売が決定した。

Blu-ray BOXは これまでリリースされた6タイトルのDVDのブルーレイを6枚組でリリース。また、このうち「GIGS at BUDOKAN BEAT EMOTION ROCK’N ROLL CIRCUS TOUR」には、過去未発表の、1986年12月10日の武道館の完全版映像・音源を追加収録する。

『ROCK’N ROLL CIRCUS TOUR』は、BOØWYが日本のロックシーンのみならず音楽マーケット全体で頂点を極めた時期の、ファンの間ではBOØWY史上最高と評されていたライブ・ツアーである。アルバム「BEAT EMOTION」がオリコンチャート1位を3週連続で記録するという、日本ロック史に残る偉業を達成した直後、彼らが最も充実していた時のビッグ・ギグの忠実な記録を、高画質Blu-ray Discで堪能できる事となったのだ。
もともとこのツアーでは、武道館で2度GIGが行われており、1987年2月24日の武道館のファイナルと、この12月の武道館をミックスして編集したダイジェスト版がDVD化されていたが、これまで編集の素材としては使われているが、単独では未発表であった1986年12月10日の武道館の“完全版”の音と映像が新たに発掘されたことは、まさに大事件であり、待望の作品となる。

SD画質のBlu-ray化については、現在最高峰の技術レベルを持ち、ハリウッド大作の修復を数多く手掛けたLAの映像プロダクション、リライアンス・メディア・ワークス社が担当する。

また、貴重な写真満載の48ページ予定スペシャル上製本ブックレット付での完全限定版となる。

また、これまでにリリースされた既発CD10タイトルのBlu-spec CD化。そして新たに発掘されたマルチテープをトラックダウンした未発表ライブアルバム1タイトルをBlu-spec CDでリリース。なおファースト・アルバム「MORAL」(Victor)のみSHM-CD 化。以上、全12タイトルの高音質CDの発売となる。

未発表アルバムについては、「“GIGS”JUST A HERO TOUR 1986(武道館)」の完全版。既発売の同名タイトルCDに収録されているのは、セレクトされた12曲(49分)だけだが、このたび、このライブの全曲のマルチテープが発見され、完全版の「“GIGS”JUST A HERO TOUR 1986 NAKED」として新たにリリースすることとなった。「ライブハウス武道館へようこそ!」のMCで余りにも有名なBOØWYの記念すべき初武道館のLIVEの全セットリストが、当日その場で鳴っていた、4人だけの音で蘇る。


【商品情報】

「BOØWY Blu-ray COMPLETE

(未発表ライブ含む6タイトル収録)

<品番TOXF-4011~6>
2012年12月24日発売


「BOØWY VIDEO」 (46分) 
BOØWY初の映像作品で、ビデオシューティングの為に行われた1986年5月1日高崎市文化会館(群馬県)でのライヴ2回分を編集したもの。
※オリジナル発売日 1986/07/02(VHS)

「“GIGS”CASE OF BOØWY  COMPLETE」 (149分)
※オリジナル発売日1987/10/05(VHS)、その後「GIGS BOX」(2007/12/24)収録のDVDにてコンプリート1987年7月31日の神戸ポートピア・ワールド記念ホールと、8月7日の横浜文化体育館
での2日間行われた4時間にも及ぶライブから収録されている。

「SINGLES OF BOØWY」 (45分)
※オリジナル発売日 1991/12/24(VHS)
BOØWYの全てのプロモーションビデオに加え、1986年~87年にかけて行われたツアー「ROCK'N ROLL CIRCUS」のライブ映像も収録した初のPV集。

「“LAST GIGSCOMPLETE」 (103分)
※オリジナル発売日 2001/10/27(DVD)
その後DVD「LAST GIGS COMPLETE」(2008/04/05)にてコンプリート。1988.4.4&5 東京ドームでのラストライブ完全版

「1224」 (100分)
※オリジナル発売日 2001/12/24(DVD)
1987年12月24日、衝撃の解散宣言がなされた渋谷公会堂の映像のDVD化

「“GIGS” at BUDOKAN BEAT EMOTION ROCK'N ROLL CIRCUS TOUR 1986.11.11〜1987.02.24」 
50分+新規映像92分
※オリジナル発売日(既発表部分) 2004/02/24(DVD)

【新規映像・すべて初収録による完全版(1986/12/10武道館収録)92分】
1. THEME OF SABRINA
2. B・BLUE  
3. ハイウェイに乗る前に  
4. BABY ACTION  
5. RUNAWAY TRAIN  
6. BAD FEELING
7. 1994-LABEL OF COMPLEX~DRAMATIC? DRASTIC!  
8. RAIN IN MY HEART
9. CLOUDY HEART
10. わがままジュリエット
11. B・E・L・I・E・V・E
12. SUPER-CALIFRAGILISTIC-EXPIARI-DOCIOUS
13. WORKING MAN
14. DOWN TOWN SHUFFLE
15. JUSTY  
16. NO N.Y  
17. BEAT SWEET  
18. IMAGE DOWN  
19. DREAMIN’  
20. ホンキー・トンキー・クレイジー  
21. BLUE VACATION  
22. ONLY YOU  

【既発売DVD(1986/12/10と1987/02/24の武道館コンサートの映像と音で編集・構成された作品)50分】
1. B・BLUE  
2. ハイウェイに乗る前に  
3. BABY ACTION  
4. RUNAWAY TRAIN  
5. B・E・L・I・E・V・E  
6. WORKING MAN  
7. DOWN TOWN SHUFFLE  
8. NO. NEW Y0RK  
9. BEAT SWEET  
10. IMAGE DOWN  
11. DREAMIN’  
12. BLUE VACATION  
13. ONLY YOU  
★上記6タイトルのボックスセット(48ページ予定スペシャル上製本ブックレット付き、
完全限定生産) 【税込価格:28,000円】

★Blu-ray BOX購入者応募抽選特典あり(詳細後日発表)

リリースアイテム(2)2012年12月24日同時発売12タイトル
既発CD10タイトルのBlu-spec CD化+未発表ライブアルバムのBlu-spec CD+ファースト・アルバム「MORAL」(Victor)のみSHM-CD  の計12タイトル

「BOØWY」        <新品番TOCT-98001>
※オリジナル発売日 1985/06/21(LP)
「JUST A HERO」     <新品番TOCT-98002>
※オリジナル発売日 1986/03/01(LP・CD)
「“GIGS”JUST A HERO TOUR 1986」     <新品番TOCT-98003>
※オリジナル発売日 1986/07/31(LP・CD)
「BEAT EMOTION」     <新品番TOCT-98004>
※オリジナル発売日 1986/11/08(LP・CD)
「PSYCHOPATH」     <新品番TOCT-98005>
※オリジナル発売日 1987/09/05(LP・CD)
「“LAST GIGS”COMPLETE(2枚組)」   <新品番TOCT-98006~07> 
※オリジナル発売日 1988/05/03(LP・CD)、
その後CD「LAST GIGS COMPLETE」(2008/04/05)にてコンプリート
同名のDVDと同内容。
「“SINGLES”」     <新品番TOCT-98008>
※オリジナル発売日 1988/12/24(LP・CD)
「GIGS at BUDOKAN BEAT EMOTION ROCK'N ROLL CIRCUS TOUR 1986.11.11〜1987.02.24(2枚組)     <新品番TOCT-98009~10>
※元々CCCDで限定リリースされたものを、改めて高音質化。
※オリジナル発売日 2004年02月24日(CD)
「“GIGS”CASE OF BOØWY COMPLETE」(2枚組)  <新品番TOCT-98011~12>
※元々の3枚組を、2枚組に組み直し。同名DVDと同内容。(39曲入り)
※オリジナル発売日 2007年12月24日(CD)
「“GIGS”JUST A HERO TOUR 1986 NAKED」   <新品番TOCT-98013>
新規トラックダウン。1986年7月2日の、初の武道館LIVEを完全収録
1.PROLOGUE
2.BAD FEELING
3.ROUGE OF GRAY
4.BLUE VACATION
5.JUSTY
6.BABY ACTION
7.GIVE IT TO ME
8.LIKE A CHILD
9.ホンキー・トンキー・クレイジー
10.わがままジュリエット
11.1994-LABEL OF COMPLEX
12.WELCOME TO THE TWILIGHT
13.DREAMIN'
14.INSTANT LOVE
15.IMAGE DOWN
16.TEENAGE EMOTION
17.JUST A HERO
18.DANCING IN THE PLEASURE LAND
19.NO.NEW YORK

★ 全タイトル購入応募者全員に豪華特典をプレゼント(詳細後日発表)

※【税込価格 1枚もの:2,100円 2枚もの:3,150円】
新規作品である“GIGS”JUST A HERO TOUR 1986 NAKEDについては、
2,600円(税込)
※なお、Victor盤「MORAL」と徳間ジャパン盤「INSTANT LOVE」も、
同じタイミングでの同じ内容でのリイシュー。
 ファースト・アルバム 「MORAL」 (Victor) <新品番 VICL-70099>
※この作品のみ、SHM-CDとなります
※オリジナル発売日 1982/03/21(LP)

セカンド・アルバム 「INSTANT LOVE」 (徳間ジャパン) <新品番TKCA-10071>
※オリジナル発売日 1983/09/25(LP)

公式HP:http://www.boowy30th.com

 

今年デビュー10 周年を迎える一青窈。昭和歌謡カバーアルバム『歌窈曲』がロングセールスを記録しているなか、多彩な作家陣が参加し、豪華な作品となった通算6 枚目のオリジナルアルバム「一青十色」(ひとといろ)を今夏発売。

そのアルバムを引っ提げて「一青 窈 10th Anniversary Tour 2012 ~HOTEL アカシア~」の初日公演が9 月29 日埼玉、和光市民文化センターで行なわれた。このツアーはプロデューサーに武部聡志、小林武史迎え、豪華メンバーでバンドも編成。HOTEL アカシアをイメージしたステージセットの中で、「一青十色」の収録曲はもちろん「歌窈曲」の収録曲、そして今まで歌い続けてきた数々の名曲、さらに武部聡志、小林武史の共作の新曲も初披露。まさに10 周年を記念するプレミアムなライブとなった。

「デビュー10 周年、辛いこと苦しいこといろんなことがあったけど、歌を辞めようと思っ
たことは一度もありません、それはあなたが居てくれたからです」と会場のファンに感謝の気持ちも伝えた。

初日公演は一青の歌力が会場中に響き渡り、多くの感動と涙を誘い大盛況に終わった。このツアーは全国8 か所で行われ、11 月10 日に仙台でファイナルを迎える。そして昨年12 月からスタートしたデビュー10 周年記念10 ヶ月連続配信企画のファイナルとなる第10 弾「道案内(一青 窈Tour 2011 ”瞬き”Live ver.)」の配信も9 月28 日からスタート。アルバム「一青十色」の代表曲のライブバージョンはファンにとっても必聴となるはずだ。

【リリース情報】
デビュー10 周年記念、10 ヶ月連続配信企画
第10 弾「道案内(一青 窈 Tour 2011 "瞬き" Live ver.)」
レコチョク
http://recochoku.com/hitotoyo/michiannai2011live/
HITOTO MO、iTunes 他

【ツアー情報】
The 10th anniversary ORIGINAL ALBUM
一青 窈 10th Anniversary Tour 2012 ~HOTEL アカシア~
10 月14 日(日) 岡山 岡山市民会館
10 月21 日(日) 愛知 中京大学文化市民会館オーロラホール
10 月26 日(金) 東京 渋谷公会堂
11 月3 日(土) 大阪 大阪国際会議場メインホール
11 月10 日(土) 宮城 仙台市民会館

 

 

今年デビュー30周年を迎えた小泉今日子が、10月24日にリリースする待望のニューアルバム「Koizumi Chansonnnier」。このアルバムの初回盤4大特典の目玉、超プレミアムライブ“Koizumi Chansonnnier~新春シャンソンショー”が2013年2月9日に開催されることが決定した。

このライブは初回盤に封入のハガキにて応募し当選した60名を対象とする、完全招待制ライブとなる。ニューアルバム「Koizumi Chansonnnier」の楽曲を中心に、ピアノと唄のみで繰り広げられる小泉流シャンソンショーを予定。定員わずか30名のシャンソニエで1日限り(2ステージ)で行われる超プレミアムライブだ。

そして、既に発表されている参加ミュージシャンに追加で、”WaT”の小池徹平の参加が発表された。コラボ曲は、アルバムラストを飾る「シャンソン」。高田渡氏の詩にフォークシンガー早川義夫が曲を乗せ、’69年に発表されたアルバム「かっこいいことはなんてかっこ悪いんだろう」に収録された楽曲のカバー。“シャンソン”なのに何故かフォークソング。そして“ボクがシャンソンを唄えるように”なるまで“待っておくれ”と歌ってしまう、このどこか肩すかしのユーモア。最後の最後に小泉の希望で急遽収録が決定したというこの曲には、アルバムで表現したかったという“思ってたほど大人じゃない大人”感がどこか集約されているようでもある。小池徹平がアコースティックギターとコーラス、そして編曲を担当し、同時に一発で録音されたという、ピースフルで穏やかな愛情と信頼に満ちたデュエットナンバーに仕上がっている。

ニューアルバム「Koizumi Chansonnnier」は人生の機微、大人の悲哀、愛、別れ、孤独や老いを、訥々と語るように唄うシャンソンというスタイルをあくまでモチーフとしながら、そのエッセンス、精神性を、ユーモアたっぷりに小泉ポップスに見事に昇華させた12曲が並ぶ。もちろんシャンソンには数曲挑戦しているものの、収録される音楽のジャンルはジャズ、R&Bポップス、ボサノヴァ、ムード歌謡、ダブ、演歌、チェンバーエレクトロ、フォーク…と実に多岐にわたる。昔と変わらぬキュートな声が健在なのはもちろん、そこに深みと渋みを増した低音の魅力も加わり、歌い手として、女優として、歳を重ねてますます成熟する小泉今日子の現在の声の魅力が、余す事なく収録されている。

 

【完全招待制プレミアムライブ “Koizumi Chansonnier 〜新春シャンソンショー〜】
ピアノと唄のみで繰り広げられる小泉流シャンソンショー。

定員30名のシャンソニエで1日限り(2ステージ)で行われる超プレミアムライブに抽選で60名様をご招待。
日時:2013年2月9日(土)  会場:東京都内某所
応募締切:2013年1月10日(木)当日消印有効

 

 

【リリース情報】



















4年ぶりとなるオリジナルアルバム
『Koizumi Chansonnier』
ビクター
初回盤[CD2枚組] VIZL-499 ¥3,700(税込)
通常盤[CD] VICL-63932 ¥3,150(税込)
10.24 ON SALE!


 
http://www.koizumix.com/
http://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A000330.html
(c) Lawrence Watson

今月22 日(月)の東京・Zepp Diver City を皮切りに、3 年ぶりとなる来日公演を敢行するポール・ウェラー。それにあわせ、10 月19 日(金)より写真展『Going Underground』が、東京・南青山のVULCANIZE LONDON(ヴァルカナイズ・ロンドン)にて開催される。

会場では、1980 年代後半より彼を撮影し続けている写真家、ローレンス・ワトソン(*1)によるポートレートを展示していると同時に、10 月よりMINI(*2)が発表する、ロンドン市内の駅名からネーミングした3 つのデザイン・パッケージとスペシャル・コラボ。ロンドン一色に染め上げる。

Lawrence Watson……1963 年、ロンドンのハマースミス生まれ。16 歳より撮影技術を学び始め、80年代よりフォトグラファーとしての頭角をあらわす。ポール・ウェラーとの出会いは80 年代後半、スタイル・カウンシルのアルバム『コンフェッション・オブ・ア・ポップ・グループ』のジャケット撮影より。以降、93 年発売のソロアルバム『ワイルド・ウッド』など、多数の彼の姿をとらえている。

 

MINI……MINI のユニークなデザインやコンセプト、「ゴーカート・フィーリング」と評される走りの愉しさは、映画俳優やミュージシャン、デザイナーなどの多くのセレブリティやオピニオンリーダーにも愛され、人気を博した。2012 年10 月MINI は、ロンドン市内の駅名からネーミングした魅力的な3 つのデザイン・パッケージ「Baker Street(ベーカー・ストリート)」、「Bayswater(ベイズ・ウオーター)」、「Highgate(ハイゲート)」を発表。同パッケージに好感を持つポール・ウェラー氏を撮影したローレンス・ワトソン氏の写真展への協賛により、展示場所であるVulcanize をロンドン一色にする。写真展では、デザイン・パッケージの鮮やかさを表現し、かつ専用装備を多く装備した車両“Bayswater“を特別展示する。

MINI デザイン・モデル・スペシャル・キャンペーンサイト
www.mini.jp/design_model/

【公演情報】
PAUL WELLER JAPAN TOUR 2012

10 月22 日(月) Zepp DiverCity
Special Guest:OKAMOTO'S
10 月23 日(火) Zepp DiverCity
Special Guest:the HIATUS
10 月25 日(木)Zepp Nagoya
Special Guest:The Birthday
10 月26 日(金) Zepp Namba
Special Guest:藤巻亮太
10 月27 日(土)Zepp DiverCity
Special Guest:くるり(全席ソールドアウト)
1F 立見・2F 指定席:¥8,000
2F 立見:¥7,000(Zepp DiverCity 公演のみ)

写真展情報】

Going Underground

場所:VULCANIZE LONDON

東京都港区南青山5-8-5

電話番号03-5464-5255
http://www.vulcanize-lon.com
期間:2012 年10 月19 日(金)から10 月28 日(日)まで
営業時間:11:00~20:00(日曜日のみ19:00)まで
入場無料

ステレオポニー解散を発表

沖縄で結成された3ピースガールズロックバンド“ステレオポニー”が解散を発表した。デビューからもうすぐ4年、バンド結成から約6年にわたる活動に終止符を打つ。

2008年に「ヒトヒラのハナビラ」でメジャーデビュー。2nd Single「泪のムコウ」ではオリコンチャート2位を獲得、平成生まれのガールズロックバンドとしては史上初の快挙を達成。その後YUIとのコラボレーションしたシングルなど現在までにシングル11枚、アルバム3枚をリリースし、常にガールズバンドを牽引し、話題の中心となっていった。

国内でも精力的にライブを行う傍ら、10代でアメリカ3大音楽フェスイベント「SXSW」に異例の出演、その後4年連続でアメリカでライブを敢行。また、今年は初のU.S.ツアー実施やアジア初ライブとなるインドネシアライブを行うなど、日本国内だけではなく海外へと活動拠点を向け、さらなる注目を浴びていた。

彼女達をデビューまで支えた、沖縄・あじさい音楽村 創設者“仲宗根 陽”さんが2009年に病気のため他界。デビューから、がむしゃらに突っ走ってきた彼女達は、その頃から各メンバーの音楽に対する思いがより明確になり、方向性の違いが出はじめた。このあじさい音楽村 創設者“仲宗根 陽”さんの生涯を描いた映画「天国からのエール」(2011年公開)では俳優・阿部寛さんが仲宗根さん役を熱演。映画の主題歌をステレオポニーが担当したことから阿部さんとの対面を果たし、「本当の“にいにい”だと感じられた」とメンバーが溢し、渾身の演技に涙を流した。

4年の間、精力的に活動を行ってきた彼女達だが、今年8月にボーカルAIMI喉のポリープ手術のため、ステレオポニーとしては1ケ月の充電期間が設けられた。その期間にドラムSHIHO,ベースNOHANAは共に海外での短期音楽留学を実施。海外での刺激を全身で受けながら「自分」について改めて考える時間となり、ボーカルAIMIもこの期間で“歌う”ということに今まで以上に真剣に向き合った。そしてステレオポニーが再集結した際、各々が今、本当にやりたいこと、進んで行きたい道を話し合い、今回の結果に至った。

そんなステレオポニーとしては最後となるシングルが10月24日に発売される。今作は、アヴィリル・ラヴィーンのプロデューサー兼ギターリストの”Evan Taubenfeld”がタッグを組んだ新バンド「EVANPONY」としての楽曲「Just rock with me」とステレオポニーとしての新曲「涙なんて見してやんない」のダブルA面になっている。

ステレオポニーは解散となるが、ドラムSHIHOとベースNOHANAは引き続き“EVANPONY”としての活動を、ボーカルAIMIも音楽は続けてゆくという。

【ステレオポニー メンバーコメント】


今までステレオポニーを応援してくれた皆さまへ
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
ステレオポニーのギターボーカルで居られた時間は私の宝物になりました。
これからは、それぞれの道に向かって頑張っていきます。
心からありがとうございました。(AIMI)

応援してくれる皆様へ
突然の報告になってしまいごめんなさい。
ステレオポニーは私にたくさんの夢を与えてくれました。
特別で大切で大好きなバンド。
このような形になるのは、やっぱり寂しいとか悔しいとかそうゆう気持ちもあるけど、
それ以上にステレオポニーとしてたくさんの人に出会えたこと、

いろんなことを感じられたこと、ステレオポニーの全てに感謝の気持ちでいっぱいです。

だからこそ、最後まで全力でステレオポニーを届けたい。最後まで私らしく、笑顔で楽しみたいです。
ステレオポニーに関わってくれた全ての皆様、本当にありがとうございました。(NOHANA)

いきなりの解散発表になってしまって本当に申し訳ありません。
いつも支えてくれているファンや関係者の事を想うと、この決断には凄く悩みました。
しかし、音楽と向き合い、自分達と向き合い、考え、悩んだ結果、
これが一番最善の方法だと思い、このような報告になってしまいました。
ステレオポニーが無くなってしまう事は本当に心が苦しくなりますが、
それでも、それぞれがそれぞれの道を真っ直ぐに進んでいくと決意したので、
誠に勝手だとは思いますが、これからも私達を見守って頂けたら幸いです。
ステレオポニーを今まで支えてくれて本当にありがとうございました。(SHIHO)

今年ソロ活動20周年を迎えた杏子。10月1日(月)杏子オフィシャルHPにて、その20周年アニバーサリー・イヤーを飾るスペシャル・シングル「Down Town Christmas(Reprise)」が秦 基博&さかいゆうとのコラボレーションで11月21日(水)に発売されることが発表となった。

今作「Down Town Christmas」は、杏子のソロ1stアルバム「Naked Eyes」(1992.11.1発売)に収録された楽曲で、今回20年の時を経て、記念すべき20周年イヤーに、杏子自身20枚目のシングルとして、秦 基博&さかいゆうとのコラボレーションによりニュー・レコーディングされた。

カップリングには、今年の「Augusta Camp 2012 in YOKOHAMA」より、杏子とオーガスタアーティストのコラボレーションによるライブ音源を収録。更に初回生産限定盤には、今作のレコーディング・ドキュメンタリー映像に加え、山崎まさよし・間宮 工と共に行ったプレミアム・ライブ「青山マンダラーズAgain~杏子 20th Anniversary~」の制作ドキュメンタリー、「Augusta Camp 2012 in YOKOHAMA」の貴重なバック・ステージの模様を収録した特典DVDも付いており、20周年記念アニバーサリー・シングルに相応しい豪華作品となった。

11月3日(土)には渋谷WWWにて20周年記念ライブの開催が決定しており、既にアナウンスされていた秦 基博とさかいゆうの他、BARBEE BOYS時代からの盟友・いまみちともたか、和田 唱(TRICERATOPS)、来門(smorgas)など、話題の面々がゲスト出演することも発表された。

10月3日(水)には20周年記念アルバム「Sky’s My Limit」が発売される。このアルバム「Sky’s My Limit」は、いまみちともたかを始め、ライブイベントでの共演を機に親交の深まったOKAMOTO'SやTRICERATOPS、来門(smorgas)、そしてスペシャル・ユニット福耳として共に活動を続ける山崎まさよしや秦 基博等とのコラボレーションによる新録音源7曲を含む、20周年のキャリアを飾るに相応しい豪華な内容のリアル・ベストアルバムだ。

また、杏子は20周年記念アルバム「Sky’s My Limit」発売日の10月3日(水)にゲートシティ大崎にてアコースティック・ライブを行う。フリー・ライブで昼と夜2回公演行われるので、ライブパフォーマンスにも定評のある杏子のステージを体感して欲しい。今後も20周年アニバーサリー・イヤーならではのスペシャルな企画が発表されてゆく。

 

近々、MUSICSHELFにてロングインタビュー掲載!

 

【NEW RELEASE情報】
~Kyoko 20th Anniversary~ 
杏子with秦 基博&さかいゆう

「Down Town Christmas(Reprise)」
2012年11月21日(水)発売
初回生産限定盤[CD+DVD]:AUCL-107~8 ¥1,680(税込)/¥1,600(税抜)
通常盤[CD]:AUCL-109 ¥1,223(税込)/¥1,165(税抜)
<DISC1(CD)>※初回生産限定盤/通常盤共通
M1.Down Town Christmas(Reprise)
M2.惑星タイマー (Live) with 元ちとせ・スキマスイッチ・さかいゆう
M3.イコール ゼロ (Live) with 岡本定義 from COIL
M4.ねぇ、もっと (Live) with 長澤知之
M5.DISTANCIA~この胸の約束~<20 Years After Ver.> (Live) 
with 山崎まさよし・あらきゆうこ(MI-GU)・秦 基博
M6.Down Town Christmas(Reprise)<backing track>
※M2.~M5.: Live from Augusta Camp 2012 in YOKOHAMA
<DISC2(DVD)>※初回生産限定盤のみ
~SPECIAL DVD
「Down Town Christmas(Reprise)」 Recording Documentary
Documentary of 「青山マンダラーズAgain ~杏子20th Anniversary~」
Backstage of 「Augusta Camp 2012 in YOKOHAMA
Messages from Augusta Artists for Kyoko's 20th Anniversary
☆杏子20th Anniversary Album『Sky’s My Limit』/20th Anniversary Single 杏子with秦 基博 & さかいゆう 『Down Town Christmas(Reprise)』


【LIVE情報】
杏子20th Anniversary Album『Sky’s My Limit』

発売記念アコースティック・ライブ
2012年10月3日(水)12:20~/18:30~(2回公演/観覧無料)
場所:ゲートシティ大崎 アトリウム(地下1階)

 

杏子ソロ活動20周年記念ライブ

「Kyoko 20th Anniversary “Over The Limit”」
日時:2012年11月3日(土、祝)

開場18:00/開演18:30

会場:渋谷 www
出演:杏子 GUEST:いまみちともたか、さかいゆう、秦 基博、来門(smorgas)、和田 唱(TRICERATOPS)

チケット料金:オールスタンディング ¥5,250(税込/整理番号付/ドリンク代別)
チケット一般発売日:10/6(土)10:00~ 各プレイガイドにて

 

杏子20th Anniversary Album『Sky’s My Limit』

発売記念プレミアム・イベント
内容:トーク&アコースティック・ライブ
日程:2012年11月29日(木) 会場:東京都・恵比寿天窓.switch
20th Anniversary Album『Sky’s My Limit』を、山野楽器もしくは新星堂にてお買い上げの方に先着で応募専用ハガキをプレゼントします。専用ハガキでご応募いただいた方の中から抽選で50組100名様をプレミアム・イベントにご招待!


【リリース情報】

ソロデビュー20周年記念アルバム
『Sky’s My Limit』
アリオラ
初回生産限定盤:AUCL-98~99 ¥3,675(税込)
通常盤:AUCL-100 ¥3,059(税込)
10.03 ON SALE!


 
http://www.office-augusta.com/kyoko/

9月5日に発売したニュー・アルバム『MOVE』が、インスト・アルバムとしては異例のオリコン・アルバム・チャート初登場7位を記録した、ピアニストの上原ひろみ。
 
アンソニー・ジャクソン(contrabass guitar)~サイモン・フィリップス(drums)という世界最高峰のプレイヤーとの「ザ・トリオ・プロジェクト」による新作『MOVE』は、現在もジャズ・チャートの首位を独走中である。

また上原は、PARCOの2012秋・冬ファッションキャンペーンのイメージ・キャラクターにも抜擢され、新作のタイトル曲「MOVE」をエネルギッシュに演奏するTVCMが大きな話題を集めている。

そんな中、先週土曜日(9/22)に一般発売となった、11月中旬から開催されるザ・トリオ・プロジェクトの日本ツアーの千秋楽となる、12月8、9日の東京・国際フォーラム・ホールA 2デイズ公演のチケットは、合計1万席が即日完売となった。
 
それを受けて、11月14日(水)に赤坂ブリッツにて追加公演が開催されることが、オフィシャルサイトにて発表。同会場で上原ひろみが公演を行うのは初めて。しかも、上原ひろみにとってはこれが日本で初めてのオールスタンディング公演(2階は指定席)となる。

ザ・トリオ・プロジェクトは、今年のフジロックではオレンジコートの初日ヘッドライナーを務め、詰めかけたロック・ファンを熱狂の渦に巻き込んだのも記憶に新しいだけに、このオールスタンディング公演にも大いに期待が高まる。

【ツアー情報】
「MOVE」 JAPAN TOUR 2012

<追加公演>
11月14日(水) 赤坂ブリッツ
オフィシャルサイト先行予約…10月1日~8日。
www.hiromiuehara.com にて。
一般チケット発売…10月20日(土)
<ツアー日程>
11月28日(水) 福岡国際会議場 メインホール
11月30日(金) 愛知芸術劇場 大ホール
12月1日(土) 富士市文化会館 ロゼシアター 大ホール
12月2日(日) アクトシティ浜松 大ホール
12月4日(火) 仙台 電力ホール
12月6日(木) 大阪 森ノ宮ピロティホール
12月7日(金) 大阪 オリックス劇場
12月8日(土)、9日(日) 東京国際フォーラム ホールA SOLD OUT
11月15日(木) 新潟りゅーとぴあ 劇場
11月16日(金) 群馬音楽センター
11月18日(日) 山口県 防府市公会堂
11月19日(月) 島根県民会館
11月21日(水) 函館市芸術ホール
11月22日(木) 札幌 ニトリ文化ホール
11月25日(日) 沖縄コンベンションセンター
11月27日(火) 岡山 倉敷市芸文館
www.hiromiuehara.com
http://www.hiromiuehara.com/

【リリース情報】


『MOVE』
2012.9.5 On Sale
【初回限定盤 SHM-CD+DVD】
UCCT-9027 / ¥3,200(tax in)

【通常盤 SHM-CD】
UCCT-1240 / ¥2,600(tax in)

【SA-CD~SHM仕様】
UCGT-9001 / ¥4,500(tax in)


今年の2月にリリースした13枚目のアルバム『ITALIAN GARDEN』がオリコンアルバムウィークリーチャート初登場4位を記録するなど、結成15周年を最高の形で迎えたクレイジーケンバンド、現在、秋の全国ツアー真っ最中!!

そして兼ねてより告知してきたクレイジーケンバンド初となるメンバー全員のインタビューが掲載された『マイ・クレイジーケンバンド』がいよいよ全国の書店で発売になりました。

『マイ・クレイジーケンバンド』



横山剣を支えるバンドメンバー11人が様々な人生の紆余曲折を経て、偶然か必然か、クレイジーケンバンドに辿り着く。そんな濃厚なひとりひとりの半生を自らCKB中毒者と語る放送作家大野ケイスケが1年以上かけて彼らにインタビューしたドキュメントに加えて、横山剣がメンバー全員について、そしてクレイジーケンバンドについて語った大変貴重なインタビューも収録されている。

先行発売となったツアー初日の福生市民会館では予想をはるかに超える売り上げを記録し、その注目度の高さに関係者全員が驚く結果となりました。

その反響の高さにお応えして明日の名古屋市公会堂大ホールからの全国ツアー各会場でも書籍購入者特典としてメンバー全員のサインが入った特製栞セットをプレゼントする事が決定!!

さ らに、MUSICSHELFでは近々CKBコーナーを再開し、『マイ・クレイジーケンバンド』特集を掲載します。ページ内ではお買い求めいただいた皆さんから本の感想を募集し、抽選でなんと!メンバー全員の直筆サインの入った特製『マイ・クレイジーケンバンド』をプレゼントするキャンペーンを展開します。

その先行キャンペーン第一弾として
MUSICSHELF 制作のラジオ番組「NO BASEBALL, NO LIFE.」 の10月の放送(2回分)を聴いたリスナーの中から抽選で1名様にメンバー全員の直筆サイン入り特製『マイ・クレイジーケンバンド』をプレゼン トします!10月は2回に渡って小野瀬雅生さんがゲストで登場!番組内で小野瀬さんがキーワードを発表しますのでプレゼントをゲットしたいファンの皆さんは是非ともチェッ クをお願いします。詳細は10/1更新の「NO BASEBALL, NO LIFE.」の番組情報ページをチェックしてください。

「NO BASEBALL, NO LIFE.」
/blog/nbnl/



また、今月は9月12日に3タイトル同時にDVD、CDが発売されているのでそちらもチェックしましょう!
昨年の全国ツアー「NAKAYOSHI 2011」から東京・中野サンプラザで行なわれた模様をDVD化!今回はサプライズゲストとして堺正章、RHYMESTERが登場、更にはツアー密着ド キュメンタリーも収録されており、内容たっぷりでお届け。また、須永辰緒氏とMURO氏による2枚のCKBのMIX CDも現在発売中!あらゆる音楽をのみ込んだCKBサウンドだからこそ実現できるエッジの効いた濃厚な2種類のMIX CDは決してコアファンだけでなく音楽に飢えた若者から不良中年を満足させてくれる作品である事間違いナシ!

クレイジーケンバンド 3タイトル同時リリース!

【リリース情報】
DVD
『NAKAYOSHI 2011』
POBD-22060/01 / ¥4,800-(TAX IN)

2011年11月に東京・中野サンプラザで行なわれた「NAKAYOSHI 2011」の模様をLIVE DVD化!!!
おなじみのCKBキラー・チューンの数々、ちょとレアな選曲もあり!!! そしてサプライズゲストに堺正章、RHYMESTERが登場!!! まるで目眩のような白熱時間が炸裂!!!さらにツアー密着ドキュメンタリーまでもが挿入され、これでもか!これでもか!とグイグイ迫りまくる世にも絶倫なLIVE DVDの登場!


MIX CD

『World Standard CRAZY KEN BAND A Tatsuo Sunaga Live Mix』

POCS-22019 / ¥2,800-(TAX IN)

クレイジーケンバンドの歌謡曲~JAZZ的な世界を、MIX CDシリーズ『World Standard』や『須永辰緒の夜ジャズ』シリーズでもおなじみの須永辰緒氏が初めて手がける秀逸なMIX CD!!!

MIX CD

『DIGGIN' CRAZY KEN BAND MIXED BY MURO』
UMCK-1431 / ¥2,800-(TAX IN)

KING OF DIGGIN’ことMURO氏が初めて手がけるクレイジーケンバンドのBLACK MUSICな側面を切り取った上質なMIX CD!!!

【書籍情報】


『マイ・クレイジーケンバンド』
クレイジーケンバンド、大野ケイスケ 著
 A5判 272ページ 並製
2012-09-28 ISBN: 978-4-906700-50-9 / ¥1,890(tax in)

MUSICSHELFで2010年に連載シリーズとして紹介したインタビューがパワーアップしてついに書籍化。これまでメディアに登場する機会が少なかっ た横山剣を支えるクレイジーケンバンドのメンバーひとりひとりの生い立ちからバンド加入までを追ったロングインタビュー集。原典は、2010年 MUSICSHELFで最大アクセス数を記録した、連載インタビュー「13年目のクレイジーケンバンド、12人の12か月」。あれから2年が経過した今の 彼らを紹介する追加インタビューをはじめ、横山剣がバンドをそして11人のメンバーを語る貴重なインタビューも収録。最新の撮りおろしライブ写真も満載! 彼らにとって音楽とは?そしてバンドとは?12通りの人生が1つにつながる奇跡を追った一冊。


【LIVE情報】

秋の全国ツアー
CRAZY KEN BAND TOUR 2012-2013 ITALIAN GARDEN

2012/09/15(土) 福生市民会館
2012/09/28(金) 名古屋市公会堂大ホール
2012/09/30(日) 倉敷市芸文館
2012/10/01(月) BAY5 SQUARE(高知)
2012/10/07(日) T.O.P.S Bitts HALL(大分)
2012/10/08(月) 福岡国際会議場メインホール
2012/10/10(水) CAPARVO HALL(鹿児島)
2012/10/28(日) 渋谷公会堂
2012/10/29(月) 渋谷公会堂
2012/11/01(木) 新潟LOTS
2012/11/02(金) 金沢Eight Hall
2012/11/04(日) BLUE LIVE広島
2012/11/10(土) 岸和田市立浪切ホール
2012/11/11(日) 神戸国際会館こくさいホール
2012/11/21(水) 幕別町百年記念ホール(北海道)
2012/11/22(木) 札幌市教育文化会館
2012/11/24(土) 仙台電力ホール
2012/11/25(日) 三沢市公会堂(青森)
2012/11/30(金) 浦安市文化会館
2012/12/02(日) 神奈川県民ホール大ホール


詳しくはオフィシャルサイトまで
http://www.crazykenband.com/