2013年4月アーカイブ

OKAMOTO’Sが1月にリリースした最新アルバム「OKAMOTO’S」をひっさげて、全国18か所公演のライヴツアー「OKAMOTO’S TOUR 2013 Sing A Song Together」のファイナル公演を4月27日(土)渋谷O-EASTで開催した。チケットはSOLD OUT、ライヴ会場はOPENとともに超満員となり、春うららかな時期にもかかわらず開演前から観客の熱気で会場が埋め尽くされた。
 
定刻通りメンバーがステージに現れると大歓声がおこりライヴがスタート。ライヴのセットリスト1曲目は、ザ・クロマニヨンズの甲本ヒロト氏を迎えヴィンテージサウンドに徹底的にこだわってレコーディングされ話題を呼んだ「共犯者」。オカモトレイジのドラムとともにハマ・オカモトのベース、オカモトコウキのギター、オカモトショウのブルースハープで「共犯者」のイントロがなると同時に会場は一気に興奮の渦に。その後も観客をあおりながらOKAMOTO’Sのパフォーマンスは勢いを増していった。

「マジメになったら涙が出るぜ」「ラブソング」「Oh! Pretty Baby」「Sing A Song Together」など最新アルバム「OKAMOTO’S」に収録された曲はもちろん、「欲望を叫べ!!!!」「Beek」「まじないの唄」などOKAMOTO’Sおなじみのナンバーもライヴパフォーマンスを展開。本編中盤では、NHK Eテレ「大!天才テレビ君」のエンディングテーマとしてOKAMOTO’Sが楽曲提供をした「告白」のセルフカヴァーを披露。もちろん、OKAMOTO’SらしいMCパートも健在で、トークでもOKAMOTO’Sワールドに会場を引き込んでいった。
 
アンコール冒頭のMCでオカモトショウから、ニューシングルを7月31日(水)にリリースすることを発表されると、ファイナル公演で一番の歓声があがった。ニューシングルの曲タイトルは「JOY JOY JOY」。アンコール1曲目で早速この「JOY JOY JOY」を披露。聴くと思わず体が動き出すOKAMOTO’Sのダンスチューンに、会場も初めて聴く曲にも関わらずOKAMOTO’Sと観客一体となって大いに盛り上がった。ライヴの最後は、オカモトショウが今回のライヴツアーの最後に歌いたいという思いを持って書き下ろしたアルバム「OKAMOTO’S」でも最終トラックに収録されている「Shine Your Light」で大団円を迎えた。

OKAMOTO’Sは、7月31日のシングルリリースはもちろん、くるりとの対バンやイベント・フェスに多数参戦する。


【リリース情報】
2013年7月31日発売予定
収録内容:「JOY JOY JOY」「告白」と「OKAMOTO’S TOUR 2013 Sing A Song Together」のライヴ音源を収録予定
 
 【4月27日渋谷O-EAST公演セットリスト】
「OKAMOTO’S TOUR 2013 Sing A Song Together」

1. 共犯者
2. Give&Take
3. 欲望を叫べ!!!!
4. Beek
5. マジメになったら涙が出るぜ
6. おやすみ君のこと
7. あからさまに恋してる
8. Oh! Pretty Baby
9. 夢DUB
10. 太陽はどこ
11. Are You Happy?
12. 告白
13. 青い天国  
14. 恋をしようよ
15. まじないの唄
16. ラブソング
17. Sing A Song Together
 
【Encore】
1. JOY JOY JOY
2. Shine Your Light
 
www.okamotos.net

 

中川翔子が4月28日に千葉市の幕張メッセで開催されたインターネットサイト「ニコニコ動画」のイベント「ニコニコ超会議2」の企業出展ブースにサプライズで出演し、6月5日発売の新曲「続 混沌」(読み:ぞく こんとん)で、スクウェア・エニックスの新作ブラウザRPG「千年勇者~時渡りのトモシビト~」のイメージソングを務めることが発表された。本楽曲はゲームの世界観にあったロックでカオスな楽曲となっている。

あわせてステージ上で、「続 混沌」に封入されているブックレット写真の1枚が初公開された。黒いリボンに顔を覆われた衝撃的な写真を前に、「人生の最期は土葬かミイラになりたい。できればこんな黒リボンミイラがいい」とコメントし会場を沸かせた。

“しょこたん”はファイナルファンタジーシリーズに登場するキャラクター“セフィロス”のファンだと公言しており「まさかまさかスクエニさんのゲームのイメージソングを歌う日が来るなんて!」と語り、「もっとセフィロス様について語りたかった」と名残惜しそうにステージを去って行った。その後、「ニコニコ超パーティーⅡ」にも出演し、代表曲でもある「空色デイズ」を熱唱し、会場を盛り上げた。

中川翔子が「千年勇者~時渡りのトモシビト~」の装備品をデザイン&プレゼント。プレゼント方法は「千年勇者~時渡りのトモシビト~」公式サイトにて。

 


【リリース情報】
「続 混沌」(読み:ぞく こんとん)
6月5日(水)
1,800(税込)SRCL-8270~8271
仕様・形態:CD+DVD(一形態のみ)、デジパック仕様、封入特典予定(内容未定・初回仕様のみ)
中川翔子オフィシャルHP
http://www.shokotan.jp/
http://www.nakagawashoko.com/

 

12枚目のオリジナルアルバム”Chasing Hope”を引っ提げたツアーから1年。今年も全国ツアー開催が決定した。

BONNIE PINKは1995年のデビュー以降、時代に関係なく聴いてもらえる音楽を志して作詞作曲しアルバムを制作してきている。そしてリリースを重ねるにつれ、これまで自身が生み出した楽曲をもっと聴いて欲しい、1曲1曲をライブでもっと熟成させたいという思いが強くなっていった。

その思いを伝えるべく、楽曲をアコースティックでリアレンジしたセルフリメイクアルバムを2011年に発表、2013年3月には初めてフルオーケストラとのコラボレーションコンサートを開催するなど、活動17年を経た今でも新たな挑戦を続けている。

今ツアーは例年のアルバムを引っ提げたツアーとは異なり、これまで発表してきた170を越える楽曲の中から新旧交えて選曲。また、アコースティック主体の3人編成で魅せる【HEADS】、昨年同様バンドメンバーと5人編成でパワフルにお届けする【TAILS】という2つの異なる編成でツアーを敢行。コインに表と裏があるように、ボニーが2つのスタイルを行き交いながらBONNIE PINKを紡いでいく。

 

<BONNIE PINKコメント>
今までにも色んなメンバー構成でライヴを行ってきましたが、同じツアーで
トリオ編成と5人編成の2パターンに挑戦するのは初めてです。コインが
表裏一体であるように、2つのスタイルのどちらもBONNIE PINK
コインを投げ(TOSS)て表(HEADS)が出るか裏(TAILS)が出るか。
アコースティック主体でよりインティメイトな雰囲気を味わって
いただくHEADS、昨年と同様のバンド編成でパワフルにお届けするTAILS、
お好きな方を選んでお越し下さい。
選べないという方は、両方参加も大歓迎です!

【HEADS】

BONNIE PINK×鈴木正人×八橋義幸
10月11日(金)仙台・Rensa
10月14日(月・祝)東京・日本橋三井ホール
10月17日(木)金沢 21世紀美術館・シアター21
11月1日(金)福岡・イムズホール
11月2日(土)広島・BLUE LIVE 広島
11月17日(日)札幌・JASMAC PLAZA 25th Anniversaryジャスマックプラザ ザナドゥ
【TAILS】

BONNIE PINK×鈴木正人×八橋義幸×奥野真哉×白根賢一
11月8日(金)名古屋・CLUB Diamond Hall
11月28日(木)大阪・なんばHatch

 

チケット料金:全指定席【HEADS】¥4,800(税込) 【TAILS】¥6,000(税込)
*金沢公演以外、別途ドリンク代必要
*未就学児、入場不可
*学割制度あり(¥500キャッシュバック)
【学割詳細】・小学生、中学生、高校生の方が対象となります・
中学生/高校生は学生証を、小学生は年齢を証明できるものをご提示いただければキャッシュバックをいたします・キャッシュバックは、当日会場に来られた方に限ります。ご了承くださいませ。

2013年5月22日に待望のニューシングル「Magic of Love」をリリース予定、また昨年、アジア4か国を席巻した自身初のワールドツアー「Perfume WORLD TOUR 1st」が待望のDVD化、シングルと同日発売されることが発表されたPerfume。

今回そのニューシングル「Magic of Love」の新ビジュアルが初解禁された。お披露目されたCDジャケット写真では、初回盤と通常盤で異なる2つの衣装をそれぞれ身にまとっており、初回盤ではカジュアルなワンピースと髪形と合わせ、レトロな雰囲気を感じさせる暖かいカラフルなビジュアル。一方、それとは対照的に通常盤ではクールでどこかシュールさを感じさせるデザインが印象的だ。

また、先日発表されたドイツ、フランス、イギリスで行われる初ヨーロッパツアーだが、ロンドン会場ではチケット発売するやいなや、わずか2時間程でソールドアウトしたため、当初の会場Islingtonから、倍のキャパシティとなる、老舗のミュージックホールとして知られる会場、O2 Shepherd's Bush Empireへアップグレードすることとなった。日本のみならずヨーロッパでも彼女たちを待ちわびるファン達の熱気と人気の高さがうかがえる。

国内では、カンロ「ピュレグミ」CMソングでも既におなじみの楽曲「Magic of Love」だが、今回更に日本テレビ系 「スッキリ!!」 5月テーマソングとしてダブルタイアップが決定した。ニューシングルリリース後、5月29日からは東京、名古屋、大阪にて自身初の対バンライブハウスツアーの敢行を予定している。

 

【ライブ情報】
「Perfume WORLD TOUR 2nd」 
07/03(水) ケルン(ドイツ) @GLORIA
07/05(金) ロンドン(イギリス) @ O2 Shepherd's Bush Empire
07/07(日) パリ(フランス) @Le Bataclan
http://www.perfume-web.jp/cam/WORLD/

「ずっと好きだったんじゃけぇ~さすらいの麺カタPerfume FES!!」決定!!
05/29(水)、30(木) Zepp DiverCity
出演: Perfume/斉藤和義

06/04(火)、05(水) Zepp Nagoya
出演: Perfume/奥田民生

06/17(月)、18(火) Zepp Namba
出演: Perfume/マキシマム ザ ホルモン

 

【リリース情報】

カンロ「ピュレグミ」のCMソング
『Magic of Love』
ユニバーサル
初回限定盤(CD+DVD)UPCP-9004 ¥1,500 (税込)
通常盤(CD)UPCP-5004 ¥1,000 (税込)
05.22 ON SALE!


 
Perfumeオフィシャルサイト
http://www.perfume-web.jp

小西康陽が伊勢丹新宿店のコンセプトショップ「DECADE」のオープンを記念して制作したオリジナルのショップテーマ曲が7インチレコードとして限定生産される。

「DECADE」は3月6日に伊勢丹新宿店本館2階にオープンした新ショップ。60's~70’sのファッションを時代のミューズたちをテーマに編集して発信。さらに、60's~70’sカルチャーをより深く知り、楽しむために、代官山蔦屋書店とのコラボレーションを実現。代官山蔦屋書店のコンシェルジュがそれぞれのミューズをテーマにセレクトした、音楽、映像、書籍も展開している。

この7インチレコードは、ショップテーマ曲である『ARE YOU LOOKING FOR SOMETHING?』に加えて、B面に新曲『Whereabouts-flight plan at 2:00am(7 inch edit)』を収録し、本キャンペーンのためだけに限定生産された非売品。4月24日(水)より5月12日(日)まで、期間限定でDECADEショップの店頭とISETAN PARK netのSumallyページでお買い上げのお客さまにプレゼントされる(数に限りがあり、なくなり次第終了)。

期間中、DECADEショップでは、60’s~70’sの伝説の航空会社「ブラニフ・インターナショナル」のポップアップストア『VINTAGE TRAVELER -BRANIFF PROMOTION-』を開催。ブラニフ・インターナショナルは、エミリオ・プッチのデザインによる客室乗務員のユニフォームをはじめ、独創的なインテリアの機内やカラフルな機体のデザインで一世を風靡した伝説のエアラインで、今回は、エアラインブームの火付け役ともいわれる柳本浩市氏監修のもと、ブラニフの世界観をDECADEショップに再現。柳本氏のコレクションであるアートピースに加え、Fire-Kingとのコラボレーションマグカップ、TOKYOデザイナー<beautiful people>とのコラボレーションによるTシャツコレクション、<TRAVELER'S FACTORY>のステーショナリーグッズなど、ここでしか買えないブラニフのスペシャルアイテムが多数登場する。

【キャンペーン概要】
VINTAGE TRAVELER BRANIFF PROMOTION
JUKEBOX GIFT ep Present Campaign
4月24日(水) ~ 5月12日(日)
店頭:
期間中、伊勢丹新宿店本館2階DECADEショップで21,000円以上お買い上げのお客さまにプレゼント。
http://isetanparknet.com/news_event/sumally_braniff.html
WEB
ISETAN PARK netのSumallyページでお買い上げのお客さまの中から先着20名さまにプレゼント。 
http://sumally.com/ISETANPARKnet

※ISETAN PARK net (http://isetanparknet.com)とは伊勢丹新宿店に関わるヒト、モノ、コトにフォーカスした、ソーシャル・ファッションサイト。

昨年12月にアルバム『Sync』を昨年12月にリリースし、4年半ぶりとなるホールツアー<シンクロニシティ>を全国17ヶ所19公演、4万人を動員し成功させた木村カエラ。来年2014年のデビュー10周年yearをひかえ、カエラ本人によるプライベートレーベルの設立と、レーベルの代表就任することが決定した。

2004年6月23日に「Level 42」でメジャーデビューした彼女。「Magic Music」「Ring a Ding Dong」「Butterfly」などヒットを立て続けに飛ばし、これまでに7枚のオリジナルアルバムを発表。過去には1970年代伝説のバンドとして名高いサディスティック・ミカ・バンド再結成のボーカルを担当し、重責をまっとう。2万2000人を動員した横浜赤レンガパーク特設ステージでデビュー5周年記念ライブを開催、大成功させるなど、ロックアーティストとして大きな飛躍を遂げた。

一方で映画「嫌われ松子の一生」「パコと魔法の絵本」をはじめドラマや映画、CMへの出演、いまなおカラオケで歌い続けられているゼクシィCMソング「Butterfly」の大ヒットなど、ポップカルチャーでもその存在は欠かせないものに。彼女の絶え間ない挑戦が、いまやロックとポップを縦横無尽に行き来する唯一無二のアーティストとしてその存在をつくりあげたといえる。

そしてこのたび、また新たな挑戦をおこなうことが発表された。ビクターエンタテインメント㈱にてプライベートレーベルを自ら設立。さらに、そのレーベルの代表をカエラ本人が務めることになった。女性アーティストが立ち上げるプライベートレーベルは非常に珍しく、またそのレーベルの代表に就任することは稀。これまで以上に音楽や音楽にとどまらない様々なスタイルの作品プロデュースを実現するため、また来年、2014年に控えるデビュー10周年に向けて、現在構想している自由なアイディアを実現させるため、スタッフと打ち合わせを重ね、自らレーベルを設立、代表を務めるに至った。

プライベートレーベルが設立されるビクターエンタテインメントには、楽曲のプロデュースや互いのライブイベントに出演しあう中であるくるり、N’夙川BOYSなど、親交の厚いアーティストたちも在籍。彼らとの刺激の交換もおこなわれ、新たなフィールドへとその活動の場を広げることになると予想される。

木村カエラのプライベートレーベルの名前をはじめ、様々な詳細については、彼女のデビュー記念日(デビュー9周年)である6月23日に発表させて頂く予定。

ちなみに、アーティスト写真になっているVICTORの文字は本人の手書きによるもの。またデザインに関しても彼女自身からのアイデア。


<木村カエラ コメント>
この度、私、木村カエラはビクターエンタテインメントにて、
プライベートレーベルを立ち上げる機会をいただきました。
 
挑戦するキモチをわすれないこと。
いくつになっても変化をおそれず前に進むこと。
それが私のモットーです。
今まで以上に音楽と向き愛、表現と向き愛、自分と向き愛、
発信し続け、100%木村カエラでいたいと思います。

関係者のみなさまや、
そして何より、応援してくださったファンのみなさまのおかげで、今があります。
私事ではありますが、この新たなるスタートを温かく見守ってください。
これからも、どうぞよろしくお願いします。
 
デビュー9周年を迎える6月23日には、レーベル名を始め、
改めて発表もありますので、どうぞ待っていてください。
 
木村カエラ

ビクターエンタテインメントホームページ

http://www.jvcmusic.co.jp/kaela/
オフィシャルホームページ

http://www.kaela-web.com/
オフィシャルブログ

http://kaela.jugem.jp/

清水ミチコが、テレビやライブでは見ることのできないネタ満載の初めての“作り込みDVD” 『私という他人』を4月24日にソニー・ミュージックダイレクトより発売する。

収録内容は、桃井かおりvs大竹しのぶの一人二役を合成映像で繰り広げたり、今年清水自身がイチ押しという新キャラクター、浅草のスター・轟寿々帆(とどろき すずほ)が登場したり、モノマネ、音楽ネタ、アフレコにコントとまさにやりたい放題。“世にも奇天烈(きてれつ)なDVD”というキャッチコピーも頷ける内容だ。また、今回はスペシャルゲストとして、親交の深い三谷幸喜氏もチラッと登場するなど、見どころたっぷりの盛りだくさんなDVDとなっている。

清水は今日19日、名古屋市芸術創造センターを皮切りに全国ツアー『清水ミチコのお楽しみ会2013 ~清水ミチコ物語~』もスタートする。

 

 

 

【リリース情報】

初の“作り込みDVD”
『私という他人』
ソニー・ミュージックダイレクト
MHBW364
¥4200(tax in.)
04.24 ON SALE!



http://4325.net/



miwaが4月24日にニューシングル「ミラクル」をリリースする。そのCDの収録曲、miwa×ペネロペ コラボレーションソング「スマイル」のミュージックビデオがオフィシャルYouTubeで公開された。

今回のビデオでは、miwa本人は出演せず、ペネロペ初となる全編ストップフレームによるアニメーションで制作されており、主人公のペネロペが、病気の友だちのために花を一生懸命育てる健気なペネロペの姿が愛らしく、心の温まる作品となっている。

このミュージックビデオは5月22日にリリースされるmiwaの3枚目のアルバムに収録される。

<miwaコメント>
絵本を見て感じた“誰かを想う純粋な気持ちで世界がつながっていたらいいな”という気持ちをテーマにして作りました。
小学生の時に初めて食べた給食に感動して、パンをこっそり母に持って帰ったら「おいしいね」と言われて嬉しかった記憶が蘇りました。
どんな時でも一緒に笑う事で幸せの連鎖が拡がればいいなと思います。

<原作者アン・グットマン、ゲオルグ・ハレンスレーベン夫妻のメッセージ>
miwaさんの透き通った声とピュアなイメージが、純真無垢なペネロペのイメージと調和し、とてもかわいいコラボレーションになりそうでうれしいです。
miwaさんとのコラボはペネロペにとって素敵な新しい出会いの機会になったと思います。


「スマイル」ミュージックビデオ
http://youtu.be/I-L6no2g--Q

 

 

【リリース情報】

11枚目のシングルは完全生産限定盤
『ミラクル』
ソニーミュージック
完全生産限定盤(CD+DVD)  SRCL-8267 ¥1575(tax in)
※[DVD]デビュー前の下北沢ロフトでの秘蔵ライブや渋谷エッグマンでのデビューライブを含むmiwaライブヒストリー/キラキラカラートレイ仕様
04.24 ON SALE!


miwa公式サイト:miwa-web.com
ペネロペ公式サイト:penelope.tv

4月20日(土)、21日(日)の2日間に渡って日本のポップカルチャーの祭典「KAWAii MATSURi」が東京体育館で開催された。

20日(土)「KAWAii!! MATSURi/MATSURi DA TOKYO!!」では、T.M.Revolution、May’n、中川翔子、藍井エイル、春奈るなや人気アイドルグループたちが結集し熱気を帯びたステージを繰り広げた。春奈るなは、新曲「君がくれた世界」を国内ライブ初披露。
“カワイイマツリ”にふさわしいウサギ耳を付けたキッズダンサーとともにステージを盛り上げた。

21日(日)「KAWAii!! MATSURi/HARAJUKU KAWAii!!」では、きゃりーぱみゅぱみゅ、SEKAI NO OWARIらのライブに加えて、「CUTiE」「Zipper」など人気ファッション雑誌によるパフォーマンスショーが行われた。中でも異色のステージで注目を集めたのが「KERA」のファッションショー。ゲストにはでんぱ組.incが登場したり、その切なく力強い歌声で会場を魅了した春奈るながロリータファッションに身を包みモデルとして再び登場。観客からはひときわ大きな歓声が沸いた。

春奈るなの新曲「君がくれた世界」は5月15日(水)にリリースされる。発売日当日はJOL原宿でリリース記念イベントが開催される。さらに6月21日(金)に初のワンマンイベント「Lunatic Special Live~君がくれた世界~」の開催も決定。

 

 

【イベント】
「君がくれた世界」リリース記念イベント@JOL原宿開催決定!!
5月15日(水)、記念すべき新曲「君がくれた世界」発売日に、JOL原宿にてリリース記念イベントの開催が決定。4月16日発売の「KERA」(春奈るなが表紙)をご持参頂いた方にはオリジナル特典もプレゼント。
「君がくれた世界」リリース記念イベント開催
5月18日(土)12:00~@アニメイト天王寺店
5月18日(日)17:00~@ゲーマーズなんば店
5月19日(土)14:00~@アニメイト新宿
5月19日(日)17:00~@AKIHABARAゲーマーズ本店

 

春奈るな 初のワンマンイベント
“Lunatic Special Live ~君がくれた世界~”
6月21日(金)19:00 START
場所:都内某所 ※当選通知メールでお伝えします。
内容:LIVE+SPECIAL!!
※メールマガジン “るなティックエクスプレス” にご登録頂いた皆様を対象に春奈るな初となるワンマンイベント“Lunatic Special Live ~君がくれた世界~”に抽選で150名様を無料ご招待。

 

【リリース情報】

3rd SINGLE
『君がくれた世界』
SMEレコーズ
【初回盤(DVD+CD)】¥1,500 SECL 1311~1312
【通常版(CD)】¥1,200 SECL 1313
05.15 ON SALE!


 
公式サイト http://www.harunaluna.jp/
ツイッター http://ameblo.jp/luna-luna-moonrise/
「君がくれた世界」Music Video
http://www.youtube.com/watch?v=sTcD5mcUPQY
Official YouTube Channel
http://www.youtube.com/user/lunaharunaSMEJ?feature=watch
(c)Aki Ishii

Superfly が3月9日の幕張メッセからスタートさせた全9公演のアリーナツアーが4月21日のさいたまスーパーアリーナでファイナルを迎えた。

今回のアリーナツアーは、Superflyデビュー5周年(実際には今月4月4日でまる6周年)を記念したライブ。みんなで一緒にお祝いをするようなライブにしたいという思いからライブが構成された。衣装は“5周年のお祝い”という事で、タキシードをSuperfly流にアレンジ。楽曲はデビューから今までにリリースした4作のアルバムから、選りすぐった楽曲を披露した。今回のアリーナツアーではステージ演出に可動式の大型ビジョンが導入され、よりステージを華やかに演出し、ストリングス6名、ホーン3名、バンド6名という豪華なスペシャルバンドの演奏も見どころのひとつとなった。

おなじみSE、カーティス・メイフィールドの「Superfly」が流れると会場から大歓声が上がり、大型ビジョンには、デビューシングル『ハロー・ハロー』のジャケット写真から今までの作品のジャケット写真やアーティスト写真が年代順に次々に映し出され、その映像が終わるとステージ中央からSuperfly志帆が登場!!大歓声が沸き起こった。

一曲目はデビュー曲の『ハロー・ハロー』、続いてSuperflyのライブでは欠かせない『Hi-Five』で会場の熱気はさらに一気に上昇。ホーンが印象的にアレンジされた『マニフェスト』、『恋する瞳は美しい』とロックナンバーが続き、会場のテンションは上がりっぱなし。

そしてダークな一面も魅せる。中央にT字に伸びたセンターステージでは、『Deep-Sea Fish Orchestra』でストリングス隊と絡んだ激しいパフォーマンスも魅せつけたかと思うと、『My Best Of My Life』ではSuperflyの奥深い世界観も表現。会場全体が息を飲んでSuperflyの声に聴き入り、大きな拍手の渦に包まれると、そこからはアッパーな楽曲を惜しみなく披露。アリーナ会場がLIVEハウスのごとく盛り上がりを見せる。

MCでは、「この五年間振り返って見た時に、幸せなこともたくさんあったけど、苦しいことも悩むこともあった。そのSuperflyの濃厚な5年間を詰め込んだライブにしたいと思います!」と、ライブに込めた想いを語った。

後半はスポーティーな衣装にチェンジしたSuperflyが再度登場、もちろんこの曲『タマシイレボリューション』で、会場全体を揺らした。集まった1万6000人の観客は手を挙げ、声を上げた。ステージ左右から、センターステージまでを四方八方に動き回るパフォーマンスは圧巻。そこから『Alright!!』『Force』まで止まることなく一気に駆け抜けた。「デビューしてすぐはお客さんがなかなか入らなくて、歌いたい気持ちはあるのにどうやって届けたらいいんだろうと悩んだ。でもみんなの支えがあって、みんなからもらう力が何倍ものパワーになることがわかりました。そんなみんなに感謝を伝えたい」と『輝く月のように』を披露、そして『スタンディングオベーション』で締めくくった。

そこからアンコールの大歓声と会場の1万6千人の観客によるウェーブが止まず、アンコールへの期待が否応なしに高まる。ファンの熱気に応えアンコールで登場『Beep!!』で会場を沸かせた。そしてツアーファイナルのゲストとしてプロデューサーである蔦谷好位置をバンドに加え、『愛をこめて花束を』を演奏。ファンも志帆と一緒に歌い、会場は1万6000人が一体となり感動に包まれる。

最後は「皆いろいろあるけど、前に前に転がって素晴らしい明日が続きますように!」と『Rollin’ Days』で会場を盛り上げ、アンコール含め全23曲を歌い切り、幕を閉じた。

 

(c)Aki Ishii
【新作概要】
『Force』
<初回限定盤(CD+特典CD)>
WPCL-11108/9   3,980(税込)
<通常盤(CD)>
WPCL-11110 価格:¥2,980(税込)
<5周年記念生産限定盤(CD+特典CD+LP+5周年記念ポスター)>
WPZL-30396/8
¥5,555(税込)/¥5,290 (税抜)  
 <ローソン限定盤(CD+特典DVD)>
WPZL-30399/400 ¥3,400(税込)
 
http://www.superfly-web.com/

一時はライブ動員が100人規模まで落ち込み、シングルリリースも2年間無いまま解散も噂されたTHE ポッシボー。だが、精力的なライブ活動が実を結び、このところ単独ライブは軒並みソールドアウトを記録。デビュー7年目にして驚異のV字回復を見せる中、4月10日に発売した新曲「全力バンザーイ!My Glory!」が、4月22日付けオリコンチャートで7位を記録した。

リーダーの岡田ロビン翔子は自らのブログで、「結果が全てじゃないけど、まだまだ上はあるけど、私達5人の夢がいつの間にか皆の夢になっていて、皆で勝ち取ったこの数字だと思ってます。ありがとう!」とファンに報告と感謝のコメント。そして、「次の目標は8月11日の横浜BLITZでやる単独ライブをソールドアウトすること!!」と宣言。すでに「8月の東名阪ツアーで合計2222名動員したら中野サンプラザを押さえます!」と単独ライブで発表しており、大きなミッションを自らに課し続けている。

4月からはFM FUJIでの冠ラジオ「夜はまだまだ 全力ラジオ」もスタート、「THE ポッシボーのオールナイトニッポンR」もオンエア、そして5月12日にはユニコーンの手島いさむ、スキップカウズとの異色ジョイントライブも果たすなど、デビュー7年目にして急激な展開を見せる驚異のアイドル、THE ポッシボー。なぜ今ポッシボーなのか要チェック。

近日、MUSICSHELFで大特集掲載!

 

【ライブ】
『ROAD to 50祭』 Hearts 14th Anniversary  POP-OVER
5月12日(日) OPEN17:30/START18:00
西川口・LIVE HOUSE Hearts
出演:手島いさむ、THE ポッシボー、スキップカウズ
前売3,000円/当日3,500円 ※ドリンク代別
http://hearts-web.net/hearts/live-schedule/5-12/

その他詳しいイベント情報はこちらへ
http://www.tnx.cc/possible/event.php?@Page_Status@=none

 

 

【リリース情報】

V字回復でオリコン7位
『全力バンザイ!My Glory!』
ビクター
通常盤(定価1,000円) VICL-36771
各メンバーソロ盤(定価1,200円) 
<タイプAロビン盤><タイプBはしもん盤>
<タイプCあっきゃん盤><タイプDもろりん盤>
<タイプEごとぅー盤>
04.10 ON SALE!


 
オフィシャルHP http://www.tnx.cc/possible/
レーベルHP http://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A024121.html
(C)hajime kamiiisaka

4月13日(土)、14日(日)と西武ドームにて開催された、ももいろクローバーZ「ももクロ春の一大事2013 星を継ぐもも」の14日に松崎しげるが登場し、「愛のメモリー」と今話題の応援ソング「愛のボラーレ(日本語Ver.)」をももクロと観客と一緒に熱く歌った。

今回、共演した「愛のボラーレ(日本語Ver.)」は、2月6日にリリースしたフランスの至宝チコ&ザ・ジプシーズの最新アルバム「愛と情熱のジプシーズ」に収録され、本家ジプシー・バンドと共演した話題曲。今年2月には、松崎しげるがチコ&ザ・ジプシーズのフランス公演にも招待され、現地で度肝を抜いたことで、日本のメディアでも紹介され、話題となった。

そんな松崎しげるが、次は自身初の野外フェスとなるGREEN ROOM Festival ‘13への参加を発表された。GREEN ROOM ‘13のステージでは、自身の生バンドを従えて、今回ももクロと共演した「愛のボラーレ(日本語Ver.)を絶唱予定。2013年、63歳にして、音楽での世界進出、そしてフェスへの参加とますます精力的に活動する松崎しげるに今後も注目。

GREEN ROOM Festival ‘13
http://greenroom.jp/

「愛のボラーレ feat. シゲル・マツザキ」 PV90秒 (YouTube)
http://www.youtube.com/watch?v=IBaocXD-EB0

 

(C)hajime kamiiisaka
【リリース情報】

究極のカバー&デュエット・アルバム
『愛と情熱のジプシーズ』
ビクター
VICP-65103
¥2800(tax in.)
02.06 ON SALE!


 
http://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A024280.html

1973年、ペドロ&カプリシャス2代目ボーカリストとしてシングル「ジョニィへの伝言」でレコードデビューした髙橋真梨子。1978年にシングル「あなたの空を翔びたい」を発表しソロへ転身。迎えた今年2013年。3月10日をもって、いよいよ記念すべき歌手生活40周年に突入し、来る6月5日には40周年を総括する記念作品集「髙橋40年」をリリースすることが決定した。

DISC3枚からなるベスト作品集は、DISC-1が<Premium Disc>と題して、それこそシンガーのスタートとなった「ジョニィへの伝言」や「はがゆい唇」「for you…」「ごめんね…」など、髙橋真梨子を語るのに外すことのできない全16曲を収録。DISC-2は<Mariko’s Disc>と題して、髙橋真梨子自身がセレクトした歌手生活40年の集大成盤となっており、コンサートのラストを飾ることの多い「THANKS」やリレハンメル・オリンピックNHKテーマソング「遥かな人へ」、今現在もCMで放送中の「LIFE」など全16曲が収録される。DISC-3の<Anniversary Disc>では、新曲2曲のほか、「桃色吐息」「五番街のマリーヘ(FIFTH AVENUE)」「陽かげりの街」など、ペドロ&カプリシャス時代からソロ楽曲までを網羅した形での初となるセルフカバー集を収録。

また、期間限定盤にはヒストリー・ライブ映像集やCM集、商品化初となるMusic Video、その他の秘蔵映像などをふんだんに収録したDVDを装備。映像で振り返る髙橋真梨子40年史と言っても過言ではない、ファン待望の映像集となる。

そんな髙橋真梨子は、同9日から恒例の全国コンサート・ツアーを今年も埼玉県川口リリアメインホールよりスタート。ソロに転向した1978年から一度も途切れることなく継続している全国規模のコンサートツアーは、世界的にも稀有な「今年で35年連続37回目」という快挙となり、本年も全42公演が予定されている。64歳の今年も、ディナーショウを合わせ全50本を超える公演を開催することとなる。

【 髙橋真梨子40周年アニバーサリー作品概要】
「髙橋40年」

6月5日発売

【期間限定盤】VIZL-540:CD3枚組全40曲収録+DVD ¥5,000(税抜)
【通常盤】VICL-64021:CD3枚組全40曲収録。 ¥3,800(税抜)

 

40周年を記念して、ペドロ&カプリシャス作品からソロ作品に至るまでの40年史を物語るに十分な髙橋真梨子本人セレクトによる”ベスト作品集”、そして、新録音作品として40年を経た髙橋だからこそ歌い得た・新たな解釈を与え得た”セルフカバー集”(一部新曲も収録)の、3枚組全40曲リリース。

<DISC-1>

【Premium Disc】

髙橋真梨子40年を語るのに外せない、全16曲収録
M-01、ジョニィへの伝言 /1973 (ペドロ&カプリシャス楽曲)
M-02、五番街のマリーへ /1973 (ペドロ&カプリシャス楽曲)
M-03、別れの朝 / 1971 (ペドロ&カプリシャス cover楽曲 2001 recording)
M-04、あなたの空を翔びたい /1978
M-05、アフロディーテ /1980
M-06、for you… /1982
M-07、桃色吐息 /1984
M-08、グランパ /1988
M-09、はがゆい唇 /1992
M-10、Sincerely /1993
M-11、ごめんね… /1996
M-12、海色の風~君住む場所へ~ / 1997
M-13、フレンズ /1998
M-14、連絡 / 2003
M-15、ラストメール / 2003
M-16、The Road /2011

<DISC-2>

【Mariko’s Disc】

髙橋真梨子本人セレクトによる、全16曲収録
M-01、裏窓 /1980
M-02、THANKS /1981
M-03、涙もろいペギー /1982
M-04、STOP MY LOVE /1982
M-05、想い出の”SENZALA” /1985
M-06、ジュン / 1985
M-07、ブルースを聞かせて /1986
M-08、ノスタルジアagain /1990
M-09、EVERYTIME I FEEL YOUR HEART-君と生きたい- /1990
M-10、CHESS /1992
M-11、待ちきれない /1993
M-12、遥かな人へ /1994
M-13、彼女 /1995
M-14、向日葵 / 1999
M-15、say my name / 2002
M-16、LIFE /2011  

<DISC-3>

【Anniversary Disc】

新録音盤(セルフカバー&新曲)/全8曲収録
M-01、五番街のマリーへ(FIFTH AVENUE) / 1973 self-cover (ペドロ&カプリシャス楽曲)
M-02、陽かげりの街 / 1975 self-cover (ペドロ&カプリシャス楽曲)
M-03、桃色吐息 / 1984 self-cover
M-04、ネイチャーBOY / 1987 self-cover
M-05、そっと…Lovin’ you / 1994 self-cover
M-06、心のメッセージ / 1995 self-cover
M-07、メモワール~君がくれた未来 (新曲) / 2013:BS-TBS『謎解き!江戸のススメ』テーマソング
M-08、アナタの横顔 (新曲) / 2013

<期間限定盤DVD>
映像で振り返る髙橋真梨子40年史。
Historyライブ映像集、CM集、Music Video集、秘蔵映像 などを収録。約60分~70分を予定。
MARIKO TAKAHASHI THE ARCHIVE
〜デビュー40周年 プレミアム映像集〜
~収録予定映像~
Chapter-1:Historical Live Collection (1980〜1989)
 01、1980 Monologue より 「あなたの空を翔びたい」
 02、1983 5th LOVE AFFAIR より 「五番街のマリーへ」
 03、1984 Triad より 「Brown joe」
 04、1986 FOREST より 「for you…」
 05、1988 Eternallyより「悲しまないで」
Chapter-2:TV出演秘蔵映像Part.Ⅰ
06、1974 NHK総合「第25回紅白歌合戦」 より ペドロ&カプリシャス「ジョニィへの伝言」
Chapter-3:Historical Live Collection (1990〜1999)
 07、1992 Lady Coast より 「はがゆい唇」
 08、1993 VERSE より 「ランナー」
 09、1994 Couplet より 「遥かな人へ」
 10、1996 RIPPLE より 「ごめんね…」
 11、1999 フレンズまつりat武道館 より 「フレンズ」
Chapter-4:TV CM Collection Part.Ⅰ
 12、グリコ/白鶴/花王
Chapter-5:Video Clip Collection
 13、桃色吐息
 14、背中から撃たないで
 15、心閉ざさないで
Chapter-6:TV CM Collection Part.Ⅱ
 16、国債/SK-Ⅱ/白波
Chapter-7:TV出演秘蔵映像Part.Ⅱ
17、1984 NHK総合「第35回紅白歌合戦」 より 「桃色吐息」
Chapter-8:変化集
 18、「桃色吐息~十一変化~」
 19、「for you…(from 1996 to 2010)」
 20、「ごめんね…(from 1996 to 2010)」
Chapter-9:TV出演秘蔵映像Part.Ⅲ
 21、1982年 第11回東京音楽祭世界大会 より 「for you…」

【最新ライブ作品「LIVE Re:So fine」】
【DVD】VIBL-678:全22曲収録。約90分。 ¥5,600(税抜)
【Blu-ray】VIXL-110:全22曲収録。約90分。 ¥6,000(税抜)

6月5日発売

M-01、You'd be so nice to come home to
M-02、Unforgettable
M-03、Besame Mucho
M-04、桃色吐息
M-05、五番街のマリーへ
M-06、crazy for you-愛しすぎて-
M-07、LIFE
M-08、Come Prima~出逢った頃のように~
M-09、蜃気楼
M-10、EVERYTIME I FEEL YOUR HEART~君と生きたい~
M-11、HENRY BAND PLAY
M-12、In This Life
M-13、Smile
M-14、Oh! Carol
M-15、勝手にしやがれ
M-16、オレンヂ
M-17、Heart Breaker-波紋の渦-
M-18、ワンダフルナイト cinema
M-19、グランパ
M-20、superstar
M-21、ごめんね…
M-22、for you…
※(2012/11/17 Mariko Takahashi Concert Vol.36 2012 Re:So fine at 東京国際フォーラムホールA)

http://the-musix.com/mariko/
http://jvcmusic.co.jp/mariko/

Photo=Aki Ishii

きゃりーぱみゅぱみゅのアメリカ公演の2日目、初のニューヨーク公演が4月14日(日)にBest Buy Theaterで行われた。

 

同会場はBON JOVIやLINKIN PARKなどがライブとしたことで有名なライブハウス。会場には午前中から「PONPONPON」「つけまつける」「ファッションモンスター」などのきゃりーミュージックビデオの衣装をコスプレしたファンで溢れかえっていた。チケットはもちろんSOLD OUT。最終的には2100人観客を集客、開場の前から「キャリー!キャリー!キャリー!!」というライブを心待ちにする観客の声援で溢れ、ファンたちの熱気で溢れかえっていた。

Photo=Aki Ishii

この日のきゃりーはロサンゼルス公演に続いてのアメリカ2日目は、体調も整いリラックスした雰囲気で臨めそうと話していた。この日のライブのオープニングももちろん「ぱみゅぱみゅレボリューション」からスタート。4名のダンサーを引き連れ、「ふりそでーしょん」のミュージックビデオで着用した紅白のドレスで登場した。

MCで「ハロー!!きゃりーぱみゅぱみゅ!!楽しんでますかーエンジョイ!!」という英語での簡単MCで会場を盛り上げ、「短い時間だけどたくさん曲を歌うので楽しんで帰ってね!!」と怒涛のスケジュールにもかかわらず、疲れを全く感じさせないパフォーマンスを披露、唯一無二の世界観が提示された。

ライブ中盤には、ラベンダー色のドレスに衣装チェンジ、昨年5月に発売された「ぱみゅぱみゅレボリューション」のアルバムの中の楽曲を立て続けに披露した後、「まだまだ、元気は残ってますか!!ここでブランニューソングを歌いたいと思います!」と来月5月に発売する「インベーダーインベーダー」を披露。発売前にも関わらず、凄い声援が巻き起こった。マネしやすいキャッチーな振付にファンは大喜び、大声援の中新曲を披露した。

その後、衣装替えを行い、海外で大人気楽曲「ファッションモンスター」「にんじゃりばんばん」などを披露した。会場にいるファンが一体となって日本語の歌詞をきゃりー一緒に熱唱するなど会場の盛り上がりも最高潮に達し、本編が終了した。

ステージを去った後は、恒例のアンコールのきゃりーコールが鳴り止まず、ワールドツアーのTシャルに着替えすさまじい盛り上がりにうれしそうな表情を見せながらステージに戻ってくる。「プリーズ テイク マイ ピクチャー ウィズ ミー? ワン、ツー、スリーでいきますよ!」記念写真を撮影し、「つけまつける」を大合唱した。情熱的なパフォーマンスで観客を魅了。アメリカ公演は大成功のうちに幕を閉じた。

5月15日には、今回のライブで披露されたシングル「インベーダーインベーダー」がリリースされる。

 

Photo=Aki Ishii
【リリース情報】

ジーユーCMソング
『インベーダーインベーダ―』
ワーナー
初回限定フォトブック仕様
WPCL-11417 ¥1,800(taxin)
通常盤 WPCL-11418 ¥1,200(taxin)
(初回プレスきゃりーステッカーランダム封入)
1. インベーダーインベーダー
2. Point of view
3. ファッションモンスター-extended mix-
05.15 ON SALE!


 

1984年9月5日にシングル「Midnight Kids」にてデビュー以後、「翼の折れたエンジェル」「ONE HEART」「BROTHER」等シングル 32 枚、オリジナル・アルバム13枚、べスト盤4枚を含む全25枚のアルバムをリリースしてきた中村あゆみが、ワーナー・ミュージック移籍第1弾、約7年振り14枚目のオリジナル・フルアルバム『AYUMI ON!』のリリースが決定した。発売日は、自身の誕生日(1966年6月28日)目前の6月26日。

ニュー・アルバム『AYUMI ON!』は、幅広い世代の頑張るあなたへ熱きエールを送る人生の応援歌アルバム。坂本冬美に書き下ろしたよさこいソーラン×ロックの人生賛歌の大応援歌「アジアの海賊」の中村あゆみのセルフ・カヴァー・オリジナル・ヴァージョンを収録。この曲は既に、日本各地のライヴやお祭りで歌う度に問い合わせ殺到の人気曲となっている。

また、あるテレビ番組で披露し、各方面から大好評を博した「希望という名の光」(オリジナル・アーティスト:山下達郎)のカヴァーも収録。多くの人々の心に希望を灯す、普遍のスタンダード・ナンバーを、中村あゆみが熱く歌いあげる。

他にも「媚びない ブレない 錆びれない 女でいましょう」と働く女性に向けての応援歌や、歳を重ねたけど「今までの人生を頑張ったね」と心から大切な貴方に送るハッピー・バースデー・ソング、「君が僕の最後の人」とかけがえのない貴方へのLOVE SONG、はたまた浮気を繰り返す「ダ・メ・オ・ト・コ」への応援歌ならぬ叱咤激励ソング(笑)まで、様々な応援ソングを収録。今までにも、2013年1月4日の満員の東京ドームでの熱唱も記憶に新しい、人気プロレスラー:鈴木みのるの応援テーマ曲「風になれ」やプロ野球チーム:千葉ロッテ・マリーンズの公式サポート・ソング「勝利の女神が舞いおりた!!」を歌ったり、「さいたまるしぇ」の応援団長(さいたま市の「食」を通じて、地域の活性化や観光振興を図るブランド化事業)を務めているなど、“応援歌の女王”の名を欲しいままにしている中村あゆみにとって、真骨頂的なアルバムに仕上がっている。

アルバム・タイトルの「AYUMI ON!」は、デビュー30周年目を目前に控え、中村あゆみの新たなる「あゆみ」のスイッチを入れる「ON!」だったり、ずっとずっとこれからも「あゆみ」を止めない意味の「ON!」だったり、力強く地面の上に立ち続ける意味の「ON!」だったり、もちろん中村あゆみのROCKを「ON!」だったりと、様々な「AYUMI ON!」の意味がかけられている。

中村あゆみのコメント
「とにかく気持ちを上げたい人には聴いてほしい1枚なんだよね。
あっ!でも切ないバラードもあるんだよね。」

<ラジオレギュラー番組>
「中村あゆみ Rockin` mama」
毎週土曜午後9:00〜9:30 FM NACK5でオンエア中

 

【リリース情報】

ワーナー・ミュージック移籍第1弾
『AYUMI ON!』
ワーナーミュージック
WPCL-11428
¥3000(tax in.)
06.26 ON SALE!


 
公式HP:http://www.ayumi-nakamura.com/
公式ブログ:http://ameblo.jp/nakamura-ayumi/
公式Twitter:http://twitter.com/ayumi_nakamura

結成17年、兄弟としてのキリンジのTOURファイナルが4月11日、12日にNHKホールにて2日間に渡り開催された。

2月10日の横浜ブリッツ公演を皮切りに、全国14箇所15公演に及ぶロングツアーの最終日となり、チケットは即日SOLD OUT。このツアーをもって、弟の堀込泰行(Vo/Gt)がキリンジを脱退することが発表されており、兄弟揃っての最後のツアーということもあって、惜しまれる気持ちはもちろんでありつつも、それを上回るかのような、「素晴らしい音楽をありがとう」という観客の熱い思いに溢れる歓喜のムードがホール内には終始漂っていた。

サポートメンバー(ドラム、ベース、キーボード、ペダルスティール)4名とともに、幕が降りると同時にステージに姿を現す、堀込泰行(Vo/Gt)と堀込高樹(Gt/Vo)。軽快なリズムに乗せた「グッデイグッバイ」からスタート。今か今と待ちわびたオーディエンスの気持ちが一気に高まる。「懐かしい曲も含めてたくさん用意してあります」といったような泰行の挨拶にもあったように、この日はなんと33曲、4時間弱の長時間にわたるライブとなった。

キリンジの代表曲「エイリアンズ」「Drifter」をはじめ、ロマンティックなムードの「愛のCoda」、ミディアムポップチューン「You&Me」重厚感のあるコーラスで聴かせる「アルカディア」、名曲ナンバー「スウィートソウ
ル」など、初期から中期の人気ナンバーの数々を一つ一つ丁寧に熱演。3月27日にリリースされたばかりのNEWアルバム「Ten」収録のキリンジ流の応援ソング「ナイーヴな人々」まで、新旧織り交ぜたキリンジの世界を、ゆっくり1曲1曲深く噛みしめるように、観客は酔いしれた。

メインボーカルである泰行の美しく伸びやかな声と、高樹によるハーモニー、キリンジ流のサウンドアレンジ。強力なバンドを従え構成された、確信に満ちた独自のワールド。夢見ごこちのスペシャルな空間に、オーディエンスは終始、感動し、歓喜していたに違いない。

「ファンに恵まれたグループだった」「これからもよろしくお願いします」とこれまでのファンへの感謝の挨拶で締めくくった。もはや、誰にも真似することはできない独自のポップスを確立したキリンジ。今後は堀込泰行はソロ活動に専念し、兄の堀込高樹による新生キリンジとしてスタートするが、互いを尊重しあっての前向きなセパレートととらえると、彼らがこれからどんな旅路に立ち、どんな世界を見せてくれるのかが、ただただ楽しみである。

 

写真はNHKホール1日目の様子/カメラマン:柴田恵理

【リリース情報】

10thアルバム
『Ten』
コロムビア
初回盤:COZP-759~760 /¥3,675
通常盤:COCP-37897/¥3,150
03.27 ON SALE!


キリンジ「Ten」特設サイト:http://columbia.jp/kirinji/
キリンジオフィシャルサイト http://www.natural-llc.com
新曲「ナイーヴな人々」MUSIC VIDEO
http://www.youtube.com/watch?v=7M1NLLlsCLA&feature=player_embedded

今夏に歌手デビューする剛力彩芽が14日ZEPP TOKYOにて行われた、「剛力彩芽 meets Seventeen & SCHOOL OF LOCK!「We’re good to Go」にてデビュー楽曲となる「友達より大事な人」を初披露した。

本人自ら「さあ行くぞ!」という意味を込めてイベントタイトルがつけられたこの日のイベント「We’re good to Go」では、6月号(5月1日発売)を持って卒業することが決まっている雑誌「Seventeen」と本人も出演中のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」とのコラボイベントとして開催され、会場には抽選で1000人が招待された。

一生に一度しかない、貴重なデビュー曲初歌唱イベントということで、イベント中も「すごく緊張してます」と語っていた彼女だったが、楽曲が始まると、ダンサー8人とともに息がぴったりとあったキレのあるダンスと歌で会場を魅了。「ありがとうございます!みなさんが応援してくださったので、最後まで泣かずに歌いきれました!」と、歌いきった瞬間に感極まって号泣した彼女にファンからは温かい声援が送られた。

「聴いた人が元気になれるような曲だと思います」と本人が話したように4つ打ちでさわやかな楽曲に仕上がっているデビューシングルは、7月10日にリリースされ、あわせて本人出演中のTVCM「ヤマザキ ランチパックCMソング」に決定したことも発表された。

 


【リリース情報】
「友達より大事な人」

 7月10日リリース
ヤマザキ「ランチパック」CMソング全3曲収録予定
初回生産限定盤 SRCL-8306~7 (CD+DVD) ¥1,500(税込)
通常盤 SRCL-8308(CD only) ¥1,200(税込)

http://www.ayamegoriki.com

斉藤和義がデビュー20 周年第1弾シングルとして「ワンモアタイム」を4月17 日にリリースする。

そこに収録される楽曲「Hello! Everybody!」が牛丼チェーン吉野家のCM ソングとして書き下ろしたものであることを発表。さらに、同楽曲は本日よりTSUTAYA MUSICO で4 月17 日の発売に先がけ、独占先行配信(フル尺)をスタートさせた。

牛丼チェーン吉野家は今年2月の米国産牛肉の輸入規制緩和を受け、吉野家の牛丼に最も適した品質の牛肉の調達が可能になることから、「吉野家史上、最高のうまさへ。」をキャッチコピーに、牛丼(並盛)の価格を販売休止前(2004年)の価格280 円に戻して販売する。それにともない、従来の広告を刷新し、北大路欣也さん、宮川大輔さん、相武紗季さんをイメージキャラクターに起用し、新TV-CM「登場」篇(15秒)を制作。CM の舞台は黒バックのテーブルに、1杯の牛丼が置かれたシンプルな空間。北大路さん、宮川さん、相武さんがそれぞれ牛丼と1 対1で対峙し、夢中でそのうまさを味わう象徴的な表情、アクションを、書き下ろし楽曲「Hello! Everybody!」の骨太なギターサウンドでインパクト抜群のCM に仕上がった。

 

吉野家の牛丼のファンでもある斉藤が今回のCMの為に書き下ろした渾身の1 曲であり、軽快なメロディーとポジティブな歌詞がCMカットを引き立て、思わず牛丼の香りが画面から漂ってくるような雰囲気である。この「登場」篇(15 秒)CMは4月18 日から全国でオンエアされる。

また、デビュー20 周年キャンペーンとして斉藤和義と吉野家が「コラボどんぶり」を製作。シングル「ワンモアタイム」初回プレスにその応募券が封入され、ご応募頂いた中から抽選で1,000名様にこの激レアなコラボどんぶりをプレゼント。締め切りは2013 年4 月22 日(月)消印有効。

応募に関する詳細は本日オープン「斉藤和義 20 周年記念特設サイト」(http://www.ks20.net)にて掲載されている。

【配信情報】
「Hello! Everybody!」は音楽配信サイト「TSUTAYA MUSICO」にて、独占先行配信中!
http://sp.tol-p.jp/music/packages/view/PG000226

【ライブ情報】
斉藤和義 20th Anniversary Live 1993-2013 “20<21”~これからもヨロチクビ ~
8月24日(土) 神戸ワールド記念ホール
8月25日(日) 神戸ワールド記念ホール
9月1日(日) さいたまスーパーアリーナ

 

 

【リリース情報】

デビュー20 周年第1弾シングル
『ワンモアタイム』
ビクター VICL-36820
¥1,260(tax in.) 04.17 ON SALE!
※初回プレス仕様のみ名探偵コナン&斉藤和義コラボアニメブックケース仕様、名探偵コナン&斉藤和義コラボステッカー封入、激レア「斉藤和義×吉野家」コラボどんぶり応募券封入[4/22(月)消印有効]


 
20周年特設サイト http://www.ks20.net
オフィシャルサイト http://www.kazuyoshi-saito.com
無料動画Gyao!にてミュージックビデオ「ワンモアタイム」フル試聴開始!
http://gyao.yahoo.co.jp/player/00091/v07962/v0994000000000542524/

2013年に入り、シングル「未来のミュージアム」をリリース、5月末からは東京、名古屋、大阪にて自身初の対バンライブハウスツアーを敢行予定、国内及び海外イベントの出演なども決定し、既にファン騒然の状態が続いているPerfume。

今回5月22日に、カンロ「ピュレグミ」CMソングでも既におなじみの楽曲「Magic of Love」がニューシングルとして発売されることが決定、また昨年、アジア4か国を席巻した自身初のワールドツアー「Perfume WORLD TOUR 1st」が待望のDVD化、シングルと同日発売されることが発表された。さらに7月、遂にヨーロッパでの初のワンマンツアーが敢行されることもわかった。「Perfume WORLD TOUR 2nd」と題し、ドイツ、イギリス、フランスの3か国を巡るツアーで、Perfumeとしてはヨーロッパ初上陸となる。

昨年、アジア各地で大歓迎を受け、全ての公演でソールドアウトするというワールドワイドな人気ぶりを示した「Perfume WORLD TOUR 1st」以来の大きな海外展開が組まれたことになる。今年に入りワールドファンクラブがオフィシャルで開設され、世界中のファンとのコミュニケーションの場が整えられてきた中、自身初のワールドツアーに1stと名付け、暗に2ndを示唆し、もっと世界の色々な場所でファンの方々とLIVEで触れ合いたい、そんなメンバーの思いが現実のものとなった。

また、その昨年のアジアツアー最終地シンガポール公演は、日本国内でもリアルタイムでライブビューイングが行われ28000人のファンが映画館に詰めかけたことから話題となり、ファンの間でもDVD化を望む声が相次いでいたことから今回リリースに至ることとなった。

日本と海外、彼女たちの快進撃はまさにとどまるところをしらず、日本のみならず世界中からさらなる注目が集まる。

【Perfume WORLD TOUR 2nd】
7月3日(水) ドイツ ケルン GLORIA 
7月5日(金) イギリス ロンドン O2 Academy Islington
7月7日(日) フランス パリ Le Bataclan

http://www.perfume-web.jp/cam/WORLD/

 

【シングル】
18th SINGLE

「Magic of Love」
5月22日
初回限定盤(CD+DVD)UPCP-9004  ¥1,500 (税込)
通常盤(CD)UPCP-5004   ¥1,000 (税込)
【DVD】
LIVE DVD
「Perfume WORLD TOUR 1st」
5月22日
UPBP-1002 価格:¥5,250(税込)

Perfumeオフィシャルサイト
http://www.perfume-web.jp

3 月に行われた東名阪でのカムバック・ライブツアーも全公演売り切れと、順調な滑り出しを見せたSISTER JETが6月16日(日)に90名限定のライブを行う。場所は限りなくアメリカに近いライブハウスの福生UZU。"FAKE L.A. NIGHT FEVER! "と題したライブを開催する。

4月12日19:00から17日(水)の23:00まで、チケット抽選先行も開始。また、5月1日にリリースされる「3-1=2 No Limit e.p.」から「リバティーシティ マシンガン」のMV、ジャケット写真も公開された。

「リバティーシティ マシンガン」ミュージックビデオ
http://youtu.be/GPDSzU1zufU

【ライブ情報】
FAKE L.A. NIGHT FEVER!  
6/16(日)
会場:福生UZU
開場:16:30 / 開演:17:00
チケット前売り:¥3,000
(整理番号付き・オールスタンディング・ドリンク代別途)
抽選先行受付:4/12(金)19:00~4/17(水)23:00
受付URL(PC・mobile共通):
http://l-tike.com/sisterjethpweblive/
当選確認&チケット引き換え期間:4/19(金)15:00~ 4/22(月)23:00
※1申し込み最大4枚までの申し込みとなります。
※チケット代金とは別に1枚105円の先行サービス料がかかります。

 

【リリース情報】

可能性は無限大∞
『3-1=2 / No Limit e.p.』
スペースシャワーネットワーク
PECF-1070
¥1,500(tax in.)
05.01 ON SALE!


 
www.sisterjet.com

キノコホテルが5月1日にミニアルバム『マリアンヌの逆襲』を発売する。

マリアンヌ東雲のプロデュース、エンジニアに中村宗一郎、スタジオもピースミュージックという前作『マリアンヌの誘惑』と同じ制作布陣で完成した本作は、1970年にクニ河内がカルメン・マキに書いた幻のガレージパンク・ナンバー「ノイジー・ベイビー」をはじめ、ゴジラ対ヘドラの主題歌「かえせ!太陽を」、アーント・サリーの「すべて売り物」など、マリアンヌのオリジナル曲はあえて録音せず、キノコホテルがとりあげることにより現代に効力を持った強力な楽曲を発掘。それぞれの作品が生まれた年代はばらばらながら、近年のキノコホテルの実演会でも演奏されているような初期パンク/ニューウェイヴ、アートロック/ガレージロック的な要素が強いアレンジに仕上がっている。    

現在、キノコホテルのオフィシャルHPでは、ジャケット写真、本作の詳しい楽曲解説が掲載されており、収録曲「ノイジー・ベイビー」のPVも近々お披露目される予定。
 
そんな発売までの期待が高まる中、ファン垂涎となる企画が発表された。企画タイトルは、『マリアンニャ様・巨大ぬいぐるみ展「マリアンニャ様の逆襲・タワレコ編」』。既にツイッター等で話題となっているキノコホテルの人気キャラクター(ゆるキャラ)である『マリアンニャ様』の巨大ぬいぐるみをタワーレコード5店舗にて期間限定で展示することが決定。さらに、タワーレコード各店(オンラインショップを含む)で『マリアンヌの逆襲』購入者の中から抽選で3名の方に展示で使用したマリアンニャ様巨大ぬいぐるみが当たる『応募ハガキ』を先着でプレゼント。

キノコホテルは4月7日の沖縄を皮切りに、<サロン・ド・キノコ~淫力魔女の生贄>という凄まじいタイトルのツアーがスタートしている。定期的に開催される札幌、東京、名古屋、大阪、福岡に加えて、今回は、新潟、神戸、沖縄、島根、鹿児島にも上陸する。電気ベースのジュリエッタ霧島加入後、初の大規模なツアーであり、各地、単独公演では新たな仕掛けを準備中。

札幌のみ、<サロン・ド・キノコ~恐怖女子高校・悶絶不良学級>という女性のみが観覧出来る特別企画も開催される。こちらは、通称「女子会」と呼ばれる通常とは異なる内容で、「教育実習生」として、キノコホテルと交流のあるネオ渋谷系シンガー野佐怜奈もゲスト参加する。

5月3日には、ニューヨーク・パンク伝説の超大物、TELEVISONの来日公演にゲスト出演。招聘関係者の話によると、これはTELEVISON側からの指名によるもの。31日には、頭脳警察、外道、灰野敬二、非常階段などと共演というオールナイトイベント<真夜中のヘヴィロック・パーティー>に出演する。

【企画情報】

『マリアンニャ様・巨大ぬいぐるみ展「マリアンニャ様の逆襲・タワレコ編」』
マリアンニャ様巨大ぬいぐるみ展示店舗……タワーレコード新宿店、タワーレコード渋谷店、タワーレコード札幌ピヴォ店、タワーレコード名古屋パルコ店、タワーレコード梅田大阪マルビル店
4月30日(火)~5月13日(月) ※渋谷店のみ5月6日(月)まで。
先着特典:マリアンニャ様巨大ぬいぐるみが当たる「応募ハガキ」対象店舗>
※タワーレコード全店(オンラインショップ含む http://tower.jp/)
プレゼント応募締切 7月31日(水)当日消印有効

 

 

【リリース情報】

極上のミニ・アルバム
『マリアンヌの逆襲』
ヤマハミュージックコミュニケーションズ
YCCW-10197
¥2,100(tax in.)
05.01 ON SALE!



http://www.yamahamusic.co.jp/

ポール・マッカートニーの今年の<ポール・マッカートニー・アーカイヴ・コレクション>はポールがウイングスを率いて1976年に北米を回ったツアーを収めたライヴ・アルバム『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』に決まった。

 

<ポール・マッカートニー・アーカイヴ・コレクション>の一環として、『バンド・オン・ザ・ラン』『マッカートニー』『マッカートニー II』及び『ラム』の再発に続く、第5弾として『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』が選ばれ、6月4日にスーパー・デラックス・エディションと通常盤の2形態でリリースされる。


これまで、ポール自身が監修を務めたこのシリーズのうち、『バンド・オン・ザ・ラン』はグラミー賞最優秀ヒストリカル・アルバム受賞。また2012年に発売された前作『ラム』もグラミー賞最優秀ヒストリカル・アルバム部門にノミネートされた。

この歴史的ライヴ・アルバム『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』のオリジナルは、ポールにとって初のライヴ・アルバムで、1976年12月初頭にリリースされ、全米1位、全英8位を記録。これまで日本では『ウイングス U.S.A. ライヴ!!』の邦題で発売されてきた作品であり、ライヴ・バンドとしてのウイングスを意識した『ヴィーナス・アンド・マース』の全米・全英1位という大ヒットを受けて開催された1976年の初全米ツアーを収録した2枚組(LPは3枚組)。1976年5月3日から6月23日にかけて、約60万人を動員した52日間、21都市・31公演からベスト・テイクを編集したもので、ビートルズ・ナンバー5曲を含めた全28曲を収録。当時バンドとして乗りに乗っていたウイングスの最高の瞬間を捉えた傑作だ。

今回発売される【スーパー・デラックス・エディション】には、ポール・マッカートニーの最新インタビューやレア/未発表写真を含むリンダ・マッカートニーによるツアー生活を記録したフォト・ブック等、4種の超豪華美麗冊子が付属。アビイ・ロード・スタジオでリマスターされたオリジナル・アルバムCD2枚にボーナス・ディスクとして、サンフランシスコのカウ・パレスでライヴ録音された未発表音源のCD1枚、また、75分に及ぶドキュメンタリー映像『ウイングス・オーヴァー・ザ・ワールド』<1979年に米国CBSテレビで放映>や最新フォト・ムービーが収められたボーナスDVD等がついており、ファン垂涎の内容。


早速、こちらのボーナスDVDのティーザー映像が、ポール・マッカートニーの日本公式サイトTOPで公開されている。

また、ポール・マッカートニー&ウイングスの歴史的コンサート・フィルム『ロックショウ』が初DVD/Blu-ray化され、ヤマハミュージックアンドビジュアルズより、5月29日に日本先行発売予定。当時、屋内コンサートの世界新記録となった6万7000人を集めたシアトル・キングドーム公演を中心に収録されたライヴ映像であり、1981年に日本上映された「完全版」として発売される(イギリス、アメリカ等で上映されたものはカットダウンされた短縮バージョンだった)。

 

映像はオリジナルの35mmフィルムからレストアされ、サウンドも5.1ch化リマスターされており、自身の絶頂期のライヴ・ステージを、最高の状態で体験して欲しいというポールの熱いメッセージを感じる作品となっている。さらに『ロックショウ』は、ロンドンを中心に世界各国の劇場で2013年5月15日、プレミア上映イベントを皮切りに、全世界的に劇場公開される。その冒頭ではポール・マッカートニーによる紹介映像が劇場限定で上映され、BAFTA(英国映画テレビ芸術アカデミー)では、ポール本人による舞台挨拶も予定されている。


日本でも『ロックショウ』リリースを記念して、映画館での劇場公開を予定しており、詳細は後日発表予定。

【リリース情報】

ウイングス絶頂期のライブアルバム
『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』
ユニバーサル
<スーパー・デラックス・エディション>
※日本盤3 SHM-CD+1DVD 7000セット完全生産限定盤 ※日本盤SHM-CD仕様SHM-CD仕様
UCCO-90226 ¥18,000(tax in)
<通常盤>
2 SHM-CD ※日本盤SHM-CD仕様
UCCO-3046/7  ¥3,800(tax in)
05.29 ON SALE!


http://www.universal-music.co.jp/paul-mccartney/

昨年12月22日に女性グループ最年少で日本武道館公演を行った東京女子流。その日本武道館公演を収録したBlu-ray/DVD「TOKYO GIRLS' STYLE『LIVE AT BUDOKAN 2012』」が4月10日に発売される。

“音楽の楽しさを歌って踊って伝えたい!”と歌って踊った2時間半。バンドを背負っての音楽にシンプルでガチなステージを展開したパフォーマンスが全曲収録。そんな記念すべき日本武道館公演の商品映像を、映画館で見られるイベント「東京女子流 武道館Blu-ray/DVD発売記念!映画館で武道館ライブを見よう!イベント+新井ひとみ生誕祭」が発売日当日に開催される。

この日はメンバー・新井ひとみの15歳の誕生日ということもあり生誕祭も合わせての開催となる。まだ、若干の当日開演までの申し込みができるとのことで、ぜひ映画館の大スクリーンで東京女子流の武道館ライブを体験しよう。

【イベント情報】
東京女子流 武道館Blu-ray/DVD発売記念!
映画館で武道館ライブを見よう!イベント+新井ひとみ生誕祭
4月10日(水)
開場 18:30 / 開演 19:00
ユナイテッドシネマ豊洲
イベント内容:トーク&上映会
http://tokyogirlsstyle.jp/live/2013-04-10-19-00.html

 

 

【リリース情報】

東京女子流 初の日本武道館公演
『TOKYO GIRLS' STYLE 「LIVE AT BUDOKAN 2012」』
エイベックス
【DVD2枚組】
6,000円(税込) AVBD-92037~8
【Blu-ray Disc】7,200円(税込) AVXD-91676
初回特典:ライブ生写真(全5種類中1種ランダム封入)
04.10 ON SALE!



 
東京女子流オフィシャルサイト
http://tokyogirlsstyle.jp/index.html
東京女子流オフィシャルファンクラブ
http://fc.avex.jp/tgs/

4月17日にシングル「ゆれるユレル」でメジャーデビューする新山詩織。ごく普通の女子高生だからこそ書ける、リアリティ溢れる歌詞に注目が集まっている。

4月1日より先行歌詞掲載を開始している、最大手歌詞サイト「歌ネット」にて、公開初日から2日間連続で、デイリーランキング1位を獲得。歌詞やドキュメンタリーフィルムで映し出される、“光”と“影”が同居するリアルな感情とリアルな姿は、人間関係に翻弄され、気を使いすぎて疲れていると言われている10代のひとりでありながらも、泣いていてばかりではない、前を向いて進もうとしている新山詩織の芯の強さを感じさせる。生身を“覚悟”を以てさらけ出す、ヒロインではない、新しいタイプのアーティストだ。

また、デビューにさきがけて、川口春奈主演の映画「絶叫学級」(6月14日より公開)の主題歌を担当する事が決まった。主題歌は、新山詩織が作詞・作曲の書き下ろしの新曲「Don't Cry」で、今後、リリースされるシングルに収録の予定。また、デビューシングル「ゆれるユレル」も劇中歌として使用される。

<主なランキング>
歌ネットモバイル(携帯)  リアルタイム1位 デイリー1位 ウィークリー初登場2位
歌ネットタッチ(スマホ)  リアルタイム1位 デイリー3位 ウィークリー初登場4位
歌ネット(PC)      リアルタイム1位 デイリー4位 ウィークリー初登場6位

<新山詩織 コメント>
「私は、大勢いる中の、ひとりの女子高生であって、同世代のカリスマやリーダーにはなれないし、なりたいわけでもないです。私の音楽は、辛かったり悲しかったりした時、隣にいてくれているだけで安心するような存在でありたいです。
いままでは、ずっと、自分の為に歌っていました。歌う事で、たまっていた嫌なことを発散していました。部屋の中を飛び出して自分を表現できる場所で、誰かに聞いてほしいと思ってストリートライブを始めて、もがくだけの毎日を過ごしている自分を変えたくてオーディションに応募しました。有名になりたい、とかいう思いはなかったし、まさか、グランプリを獲得できると思っていなかったから、最初は不安でいっぱいでした。
でも、デビューに向けて、レコーディングやライブ活動を通して、誰かの為にも歌いたい、と思うようになったし、私と同じような、苦しい想いをしている同年代の人もたくさんいるんじゃないかと思っています。歌う事で、弱い私も、少しづつ、強くなれてきている様な気がします。今は、デビューが楽しみです」

【映画情報】
「絶叫学級」
原作:いしかわえみ「絶叫学級」 (集英社「りぼん」連載)    
監督:佐藤徹也  脚本:三浦有為子(「明日の記憶」日本アカデミー賞優秀脚本賞受賞)  
撮影:芦澤明子(「贖罪」「わが母の記」) プロデューサー:長澤佳也  
主題歌:「Don’t Cry」 新山詩織
キャスト:川口春奈、広瀬アリス、松岡茉優、栗原類・波瑠・山本美月    
製作:リバプール、集英社、東宝 制作:リアルプロダクツ 配給:東宝映像事業部    
www.zekkyo-movie.com

[概要]
いしかわえみ原作。2008年10月号の「りぼん」で連載スタートしたオムニバス形式のホラー作品。下半身のない少女の幽霊・黄泉(ルビ:よみ)を語り部に、人間の心に潜む悪を描いている。現在コミックス12巻まで刊行されており、シリーズ累計で120万部を売り上げている人気コミック。人間の心の中に潜む“ちょっとした悪”をあぶり出し、読者にまざまざと提示するストーリーは、ホラーというジャンルにとどまらず、高い評価を受けている。
主人公・加奈を演じるのは、「ニコラ」でモデルとしてデビュー後、ドラマ、映画とその活躍の場を広げる、川口春奈。普通の高校生が欲望のまま、急激に変化する姿を見事に演じる。学園のヒロイン“リサ”役に、2009年『ミスセブンティーン』で注目を集めた女優、広瀬アリス。加奈の親友役にはあどけない表情に確実な演技力をもつ、松岡茉優。過去の悲しい過去持ちながら少女たちを見守る先生役に波瑠。またモデルの山本美月が、“黄泉(ルビ:よみ)”という難しい役に挑んだ。さらに、本作で映画初出演となる、栗原類はリサの友人として加奈を陥れる謎めいた役どころを見事に演じる。
 
[あらすじ]
加奈は中高一貫教育の私立女子校に通う女の子。小学校では明るい性格でクラスのアイドルだったが、今では成績も運動神経も家柄も平均的。良くも悪くも目立たない普通の子というのが定位置になっていた。ある日、親友の絵莉花から学校に伝わる都市伝説を聞く。『12年前の事故で亡くなった女の子が黄泉(ルビ:よみ)となって旧校舎に出るらしい…。黄泉(ルビ;よみ)に願い事をすると何でも夢が叶うという。ただそれと引き換えに大事なものも失ってしまう』。それを聞いた加奈は、「じゃあ、誰よりも可愛くなりたい!」と、憧れの学校の人気者リオに思いをはせるのだった。
ある日、軽い気持ちで受けた読者モデルとしての写真が雑誌に取り上げられ、クラスで話題になった。これをきっかけに、リオたちに目をつけられることになってしまった。加奈は〈最低ランク〉へと転落してしまうのだ。なんとか今の状況を変えるため、加奈は立入禁止となっている旧校舎で、黄泉(ルビ:よみ)に禁断の願い事をしてしまうことに…。
欲望にとりつかれた人間の怖さをリアルに描き、学園ホラー史に新たな「絶叫」が刻み込まれる―。

[監督 佐藤徹也氏 コメント]
新山詩織。その余りに高い透明度に、繊細な硝子細工のような危うさを覚えた第一印象。
ギターを握ると一変、エンボス状だった彼女は熱を帯び、透明から鮮明へと激しく変わってゆく姿を目の当たりにする。
その瞬間、映画「絶叫学級」の主人公・荒樹加奈と新山詩織が重なって見えた事を記憶している。
主題歌「Don’t Cry」は脚本の段階からお願いして、この映画のために詩織さんに書き下ろしてもらいました。
「変わりたいよ変われない」「本当の私はどこ?」(デビュー曲「ゆれるユレル」より)
現役女子高生でもある新山詩織さんが描く内向的な詞の世界観と、映画の中で川口春奈さんが演じる荒樹加奈の屈折した感情、思春期特有の「ブレ」や「ゆらぎ」のようなものがリンクする。自分の中の「本当」を探して出口の見えない回廊をさまよう主人公と、その答えを探してもがき続ける17歳・新山詩織のむき出しの感情が劇場でシンクロするのを楽しみにして頂きたい。

[新山詩織 コメント]
この映画の主題歌のお話を頂いたときは本当に嬉しかったです。映画の中だけじゃなく、普通に過ごしてても、その時の「たった一言」で何かが大きく変わってしまうんじゃないか、というのが映像を見させて頂いた時に一番に出てきて、凄く自分自身とリンクする部分でもあったので、この言葉をキーワードにして書きました。1つ1つの言動で人の心は簡単に動いてしまう。この世で何よりも怖いものは「人」なんだと、改めて感じました。

[プロフィール]
新山詩織(にいやま しおり)
1996年2月10日生まれ 埼玉県出身の高校3年生 血液型A型
父親の影響で、音楽はいつも新山詩織のそばにあった。小学校ではピアノを習い、中学入学と同時に軽音部に入部し、エレキギターを手にガールズバンドを結成。高校に入ってから、本格的にギターや歌のレッスンをスタートした。新宿、大宮、池袋、渋谷などでストリートライブを行い、ライブハウスでの活動も。メールマガジン会員に、2013年4月12日までの限定で、オーディションで歌った自身の初オリジナル曲「だからさ~acoustic version~」CDを直筆サイン&宛名入りでプレゼント中。
4月17日・大阪/梅田Shangri-La、4月18日・東京/渋谷WWWでデビューインベント開催。
メールマガジン会員を抽選で招待する。応募締切4/12(金)24:00。

 

【リリース情報】

デビューシングル
『ゆれるユレル』
ビーイング
BCZ6001
¥1050(tax in.)
04.17 ON SALE!


 
公式サイト http://niiyama-shiori.com
公式YouTube Channel http://www.youtube.com/niiyamashiori

恵比寿マスカッツが4月6、7日の両日、千葉舞浜アンフィシアターで解散コンサートを行い5年に渡る活動に終止符を打った。

2月から15カ所、全17公演に渡る全国ツアーを行いそのファイナルとなった7日のコンサートは、「女の花道~卒業式~」とタイ トルがつけられ、前日6日の「~前夜祭~」チケットともにソールドアウトとなり、立見席が追加発売された。これまでの活動の集大成となるラストアルバム「卒業アルバム」も4月3日(水)に発売され、オリコン着日デイリーチャート3位を記録。4/6 デイリーチャートでも7位にランクインし現在ヒット中。

最終日を飾るステージにふさわしく、この日はこれまでグループおよびユニットとして発表した全楽曲をパフォーマンス。アンコール含め30曲を超えるライブで満員の会場を熱く盛り上げた。体調不良でツアーを欠席していた2代目リーダーの麻美ゆまも復帰、活動から遠ざかっていた桜木凛も途中から参加。アンコールでは卒業メンバーの、みひろ、KONAN、かすみりさも登場。オープニングからサプライズが連続してやってくる。

フィナーレでは進行をサポートした大久保佳代子に加え、プレゼンターとしておぎやはぎが登場。メンバー一人ひとりに卒業証書の授与も行われ、まさに涙の卒業式に。ライブ時間はほぼ5時間に渡り、感動のシーンの連続に。ここまで突っ走ってきたメンバーもファンもまさに完全燃焼という圧巻のステージだった。

3代目現リーダーの希志 あいのは「今日は最高の景色を見る事が出来ました。愛、声援、勇気を有難う!」とファンへの感謝の思いを伝え、「グループは解散して、別々の道を進んで行きますが、もとマスカッツとして自分達らしくがむしゃらに突き進んでいこうと思う」と今後の決意を伝えた。最後までマスカッツらしい笑いと涙溢れる、全力のパフォーマンスを見せ、解散卒業式をラストシングル"ABAYO" で締め括った。

 

【リリース情報】

恵比寿マスカッツ、ラストアルバム
『卒業アルバム』
ポニーキャニオン
超豪華盤 [4枚組:3CD+1DVD]
PCCA.03811 ¥10,000(tax in)
豪華盤 [3枚組:2CD+1DVD]
PCCA.03812 ¥3,800(tax in)
通常盤  PCCA.03813 ¥2,500(tax in)

04.03 ON SALE!




3人組グループC@n-dols(読み:キャンドルズ)が、4月4日、後楽園・東京ドームシティ ラクーアガーデンステージにてCDリリースイベントとしてミニライブ&「戦慄のハグリンちょ!会」(ハグ会)を開催した。

C@n-dolsは、キャンディーズのプロデューサー酒井政利50周年企画として昨年7月に行われたオーディション「キャンディーズカーニバル」で、約3000人の中から選ばれた3人組グループ。この日、キャンディーズの代表曲「年下の男の子」カバーでデビューした。

そしてこの日、4月4日はキャンディーズの解散日。この日のイベントは、キャンディーズ解散ライブのスタート時間となった17時17分からスタート。集まったファン300人を前に、「ハートのエースが出てこない」、「あなたに夢中」、「年下の男の子」を含む4曲を披露。ミニライブに続いて、「戦慄のハグリンチョ会」と名付けられたハグ会が開催された。

メンバーの大野愛友佳は「キャンディーズさんはきれいな3声が魅力。私たちも受け継いで行きたいです」。鎌田三由紀は「キャンディーズさんの背中を追って、頑張りたいです」。近藤綾は「キャンドルズとして、新しい伝説を作って行きたいです」とそれぞれ意気込みをコメントした。

 

 

【リリース情報】
デビュー曲
『年下の男の子』
日本クラウン 04.04 ON SALE!

【初回限定盤】
CRCP10286
¥1,700(tax in.)

【通常盤】
CRCP10287
¥1,200(tax in.)

オフィシャルWEB:http://www.newcandies.jp

日本の音楽や演劇の発展に功労のあった人物・団体に贈られる第4回『岩谷時子賞』(岩谷時子音楽文化振興財団主催)が4月4日東京・丸の内のホテルで開かれ、最高賞である『岩谷時子賞』を松任谷由実が受賞。受賞理由は、デビュー以来40年、今日まで、日本の音楽に新しい時代を切りひらき、牽引し続けてきた功績を讃えられ受賞の運びとなった。

 

松任谷由実本人は、受賞の喜びを「もう言葉には出来ないほど、光栄に存じております。日本語をものすごく愛して、挌闘されてきた岩谷先生の足跡を思うと胸が熱くなります。」と述べた。そして、1973年に発売されたデビューアルバム「ひこうき雲」のタイトル曲「ひこうき雲」を、ピアノの弾き語りで披露した。「ひこうき雲」は、今夏公開のスタジオジブリ作品『風立ちぬ』に起用される事が決定している。

 

82年にザ・ スミスのギタリストとしてデビューし、その後のUKロック・シーンに多大な影響を与え続けるカリスマ、ジョニー・マー。彼の30年以上に亘るキャリアの中で、初となる ソロ・アルバム 『ザ・メッセンジャー』のリリースが決定した。

87年にザ・ スミスを脱退した後も、ザ・ザへの加入、バーナード・サムナーとのエレクトロニック、自身 のバンドであるジョニー・マー+ザ・ヒーラーズ、モデスト・マウスへの加入、ザ・クリブスへの 加入と、伝説的なバンドから若手バンドへの加入まで、様々な活動履歴を残しているジョニー・マー。

「自分のソロ・デビューを飾るのに相当時間がかかったと思うけど、今この時点ではもうほかの誰のバンドにもいたくないという心境なんだ。今回は僕のバンドで、フロン トマンはギターもやらなきゃならないということなんだ。だから、僕がどっちもやるんだよ」 と語っているジョニー。実際にアルバムでは、Doviakと の共同プロデュースから、ヴォーカル、キーボード、ギター、ベースの一部まで、ドラム以外のほとんど全てのパートをジョニー・ マー自身が担当しているとのこと。

マンチェスターとベルリンでレコーディングが行なわれ、ロンドンのアビイ・ロード・スタジオでエンジニ アのフランク・アークライト(ジョニー・マー+ザ・ヒーラーズ、コールドプレイ等)がマスタリン グを担当した本作『ザ・メッセンジャー』では、ジョニーによるヴォーカルとギターをたっぷりと堪能することができる。

3月に行われたUKツアーに続き、4月 はコーチェラへの出演を含む全米ツアーを敢行。また6月には、ローリング・ストーンズやアークティック・モンキーズも出演するグラストンベリーへの参加 も発表されている。アルバムリリースにツアーにと、まだまだ精力的に活動する。

「Upstarts」PV
http://youtu.be/LLOlo2zYqt8
「The Messenger」PV
http://youtu.be/d2W8aVDxeBY

 

【リリース情報】

キャリア初のソロアルバム
『ザ・メッセンジャー』
Hostess
HSE-60157
¥2,490(tax in.)
04.24 ON SALE!


 

アイドルグループのTHEポッシボーが、3月30日新宿BLAZEのライブにてtチケット完売の満員御礼、まさにV字回復中を大きくアピールした。

ライブ前半戦 では5人でアカペラを披露するなど、息もピッタリのメンバーの歌声に、観客はド肝を抜かされた。生バンドが入っての後半戦 では、THEポッシボーならではのノンストップアッパー攻撃、そして4月10日リリースの新曲「全力バンザーイ!My Glory!」では、バンザイ応援ソングとあって観客全員で大合唱、V字回復を祝 福し、感涙、感涙、思わず涙を流すファンが続出した。

ライブMCに て夏のツアーも発表、ツアータイトルも『THEポッシボー東阪名ライブツアー2013勝負~合計2222名動員でサンプラ押さえっ!~』 と、今回のライブ大成功をさらに推し進め、さらにパワーアップに、その先の中野サンプラザまでを示唆した。

どこまでもV 字回復ぶりを見せてくれるTHEポッシボーだが、各方面でも勢いは止まらず、今週4月6日(土)には、彼女たち初となるニッポン放送 「THEポッシボーのオールナイトニッポンR」<4月6日27:00~>放送分を務めることになった。

 

【リリース情報】

2013年第一弾シングル
『全力バンザーイ!My Glory!』
ビクター
通常盤(定価1,000円) VICL-36771
各メンバーソ ロ盤(定価1,200円)
タイプAロビン盤、タイプBはしもん盤、タイプCあっきゃん盤、タイプDもろりん盤、タイプEごとぅー盤
04.10 ON SALE!

詳しいイベ ント情報
http://www.tnx.cc/possible/event.php?@Page_Status@=none
つんつべニ コニコ生放送『つんつべ♂番外編バクスタ!』
http://live.nicovideo.jp/watch/lv127910571
オフィシャ ルHP
http://www.tnx.cc/possible/
レーベルHP 
http://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A024121.html

「21世紀最初の純白アイドル」をキャッチフレーズに挙げ、今年1月に岡田有希子のラストシングル「くちびるNetwork」のカバー曲でメジャーデビューを果たしたさんみゅ~の2枚目のシングル「ほほにキスして」が4月24日にリリースされることが発表された。

「正統派」+「純白」+「80年代アイドル創成期の復刻」をテーマに様々な往年のアイドルソングのカバーをライブでも披露してきた彼女たち の2枚目のシングルに選ばれたのは、1979 年にリリースされた水越けいこの「ほほにキスして」。

出会いと別れの入り交じるこの季節にぴったりな、悲しい別れをキレイな思い出にして、新しい出会いへの前向きな気持ちを歌った名曲だが、ファンもさんみゅ~のメンバーも一様に驚いたようで、「全メンバーが生まれる前の楽曲なので、全くこの曲を知りませんでした。でも、原曲を練習をしようと聴いていたら、母が「知ってる!」と私より先に歌っていました(笑)」(西園みすず)「サビがすごく印象的で、「今度会うときは笑顔で」と、今和サヨナラだけど、次会った時は笑顔で会おうという前向きな歌詞がすごく好きです」(木下彩菜)とコメント。

なお、この楽曲はTBS-TV「エン活!」のオープニングテーマとして4月1日よりオンエアがスタート。昨今のアイドル戦国時代において、あえて正統派純血アイドルの路線を提唱し、あえて王道の路線をデビュー以降歩んでいる「さんみゅ~」の温故 知新な魅力に注目が集まっている。


2nd Single「ほほにキスして」
http://youtu.be/ovknUy8u8JM

 

【リリース情報】

セカンドシングル
『ほほにキスして』
ポニーキャニオン
初回盤A【CD+DVD】 PCCA-03824 ¥1,500 [税込]
(写真)
初回盤B【CD+DVD】 PCCA-03825 ¥1,500 [税込]
通常盤【CD ONLY】 PCCA-70370 ¥1,000 [税込]
典通常盤【CD ONLY】 PCCA-70370 ¥1,000 [税込]
04.24 ON SALE!


Official HP  http://sunmyu.com/
Official BLOG http://ameblo.jp/sunmyu/

ミッツ・マングローブ、ギャランティーク和恵、メイリー・ムーの3人による女装歌謡ユニット、星屑スキャットのセカンド・シングル「コスメティック・サイレン」が5月22日に発売になる。

 

昨年の「マグネット・ジョーに気をつけろ」に続くシングルとなる「コスメティック・サイレン」。今回はオリジナルの新曲で、作曲は中塚武が担当。中塚武の作り出すスリリングなサウンドをバックに、星屑スキャット3人の織り成すコーラスワークが冴え渡る注目作に仕上がった。カップリングの「ニュースな夜」と共に星屑ワールドが全開の新曲となっている。ボーナス・トラックには松田聖子が1980年に発売した「青い珊瑚礁」をカバーしている。現在、ミュージックビデオも絶賛制作中。

星屑スキャットは、結成8年目の実力派で、 2012年6月のデビュー以降、多くのテレビやラジオやイベントへ出演し、グループ・シンガーとしての人気や知名度が急上昇中。今年も多くの音楽イベントへの出演も決まっている。

 

【リリース情報】

セカンドシングル
『コスメティック・サイレン』
日本コロムビア
COCA-16722
¥1300(tax in.)
05.22 ON SALE!
 
http://columbia.jp/hoshikuzu/
 

ワールドツアー「100% KPP WORLD TOUR」を開催中、すでに終えている公演はすべて大盛況だったきゃりーぱみゅぱみゅ。5月15日に早くも6thシングル 「インベーダーインベーダー」を発売することが決定した。

表題曲はジーユーCMソングとして話題沸騰中の「インベーダーインベーダー」。この新曲は、サウンドプロデューサーの中田ヤスタカがCMのために書下ろした80'sフレイバー溢れるエレクトロポップなチップチューン、これまでの作品からさらに一変、またもや新境地に到達した作品になっている。

さらに、一部解禁となったアートワークは、タイトルをヒントに『地球外生物』がコンセプトに。初回盤は、妖精きゃりーを一刺し指に乗せドヤ顔のきゃりー。さらに通常盤はスイカ頭のウィッグにユニークなポーズしたたくさんのきゃりーが合成され、楽曲同様ニューウェイブ感漂う不思議なジャケットになっている。

昨年度ミュージックジャケット大賞のグランプリを受賞しただけにこれまで以上に気合が入った作品となっている。

【ライブ情報】
100%KPP WORLD TOUR 2013
4月4日(木)日本 愛知 会場:ZEPP NAGOYA
4月5日(金)日本 愛知 会場:ZEPP NAGOYA
4月12日(金):アメリカ ロサンゼルス 会場:Club Nokia LA Live
4月14日(日):アメリカ ニューヨーク 会場:Best Buy Theater
5月10日(金):シンガポール 会場:SCAPE WAREHOUSE
5月30日(木):日本 東京 会場:渋谷公会堂(※追加公演)

 

【リリース情報】

ジーユーCMソング
『インベーダーインベーダ―』
ワーナー
初回限定フォトブック仕様
WPCL-11417 ¥1,800(taxin)
通常盤 WPCL-11418 ¥1,200(taxin)
(初回プレスきゃりーステッカーランダム封入)
1. インベーダーインベーダー
2. Point of view
3. ファッションモンスター-extended mix-
05.15 ON SALE!


 

miwaが29日、自身初の武道館ライブ「miwa live at 武道館~卒業式~」を行い、1万人を熱狂させた。

デビュー前の高校生の時に、自らデモテープを持ちこんだ下北沢ロフトで数人の観客を前に弾き語り活動をスタート、2010年3月3日に「don’t cry anymore」でメジャーデビューしてからもアコギ1本で全国を廻るなど常にライブを大切にしてきたmiwaにとって、目標としてきた武道館でのライブ。チケットは3分で完売、ステージ横のサイドビューまで解放した超満員となった会場はライブスタートと同時に最高潮に盛り上がりを見せ、その様子にいつも以上にハイテンションなmiwaも「はしゃいでるよ私!楽しい!」と笑顔で応えた。

ライブでは、デビュー曲「don’t cry anymore」から、昨年ドラマ主題歌として大ヒットした「ヒカリヘ」など、これまでにリリースした10枚のシングルと2枚のアルバムの楽曲を、息つく暇もなくアンコールを含め23曲披露。

ライブの合間には、デビュー前の貴重なライブ映像や初めてのレコーディング風景なども織り交ぜられたこれまでの軌跡を振り返る映像コーナーも設けられ、「本当にたくさんの人に出会って、支えてもらってここに来れたんだなと思ってます。ありがとうございます!」と本人が語ったように、まさに、これまでのmiwaの集大成と言えるライブとなった。

熱気冷めやらぬ中、アンコールでは、なんと袴姿で登場し「今日のライブは、卒業式ということで、大学も卒業したので着てみました!今日少しでも成長を感じてもらえたらと思ってここに立っています。これからも精いっぱい頑張っていくので、支えてもらえたらいいなって思います」とコメントすると会場は大歓声に包まれ、大学入学の年にメジャーデビューをし、今春大学を卒業した彼女にとって、メモリアルな“卒業式”となった。

アンコールの最後では、涙を見せながらも、自身が高校3年生の時に作ったという「つよくなりたい」を弾き語りで歌い切り、初の武道館ライブは幕を閉じた。

翌30日、「いつか武道館でライブができるようになったとき、武道館ライブの翌日にライブをする」とデビューも決まっていない頃に約束していた下北沢ロフトにて、38名を招待してライブを行った。

このライブは、miwaが高校2年生の時に、自分一人でブッキングのお願いに行って以来、ずっとお世話になっており、いつか武道館でライブができるようになったとき、武道館ライブの翌日に下北沢ロフトでライブをすると、デビューも決まっていない頃に下北沢ロフトの店長と約束していたことにより実現。

ライブの開催発表から募集締め切りまでのわずか半日の間に、約5000名の応募があり、その中からオフィシャルHPなどの抽選で選ばれた30名と、デビュー前からお世話になっている8名の計38名が集まった。

「今日は“miwa”にちなんで38名の方に来ていただきました!この距離なので、アットホームなライブにしたいと思います!」と冒頭で挨拶し、デビュー前の2007年6月に初めて同ライブハウスでライブした時から演奏しており、前日の武道館でも1曲目に披露した「Wake Up, Break Out !」からライブはスタート。

 

「当時はここに10人もお客さんがいたら心強いなという感じでライブをしていた」という彼女は「初めての下北沢ロフト“ワンマン”ライブに38人も来てくれて感謝してます」と話し、曲の合間にはバイトをしてはライブをしていたという、当時の思い出を話したり、その場でファンからの質問にも答え、武道館ライブでは、衣装の早替えが大変だった話や、ライブ前に食べたもののエピソードを披露するなど、アットホームな雰囲気でライブを進行。

前日の疲れも見せず、全曲ギター1本の弾き語りでライブを行い、ラストには、初ライブの時にカバーしたシンディ・ローパーの「True Colors」を演奏。「こんなスペシャルな日に来ていただいてありがとうございます。何年経ってもここが私の原点だと思っていますし、みなさんも今日のことを何年経っても忘れないでいてくれたら嬉しいです」と語った彼女からは、下北沢ロフトとの約束を果たせたことの満足感があふれていた。

そんな彼女は、5月22日にニューアルバムをリリース、7月より全国ツアーを開催することが決定。アルバムの商品詳細・予約開始日に関しては、追ってオフィシャルHPで発表される。

 


【リリース情報】
miwa 3rd album
「タイトル未定」
2013.5.22 release

 

11th single
「ミラクル」 
2013.4.24 release 
完全生産限定盤(CD+DVD) SRCL-8267   \1575(tax in)
DVD収録内容:miwa before debut, 2007~2010
キラキラカラートレイ仕様

【miwaツアー情報】
7月13日(土) 東京 オリンパスホール八王子
7月21日(日) 北海道 ニトリ文化ホール
7月25日(木) 東京 中野サンプラザ
8月1日(木) 兵庫 神戸国際会館こくさいホール
8月2日(金)  香川 サンポートホール高松 大ホール
8月10日(土)  宮城 仙台サンプラザホール
8月11日(日)  岩手 盛岡市民文化ホール
8月17日(土)  大阪 オリックス劇場(旧大阪厚生年金会館)
8月23日(金)  石川 金沢市文化ホール
8月24日(土) 新潟 新潟県民会館
8月27日(火)  神奈川 神奈川県民ホール
8月31日(土)  愛知 名古屋国際会議場センチュリーホール
9月7日(土)  広島 上野学園ホール
9月8日(日)  福岡 福岡サンパレスホール
9月12日(木)  大阪 オリックス劇場(旧大阪厚生年金会館)
9月15日(日)  東京 東京国際フォーラム・ホールA

miwaオフィシャルHP
http://www.miwa-web.com/

 

 

 

 

2013年、デビュー15周年を迎える椎名林檎が、その記念日の5月27日にニューシングル「いろはにほへと/孤独のあかつき」をリリースすることが決定した。昨年の東京事変解散から、1年2ヶ月。デビュー15周年を迎える椎名林檎ソロ活動第一弾シングルとなる今作は4月スタートのTVドラマ主題歌と、新感覚の対談番組のテーマ音楽を収録したWタイアップ・両A面シングルとしてリリースされる。

「いろはにほへと」は、フジテレビ系ドラマ「鴨、京都へ行く。~老舗旅館の女将日記~」(4月9日火曜・21時スタート)の主題歌として椎名林檎が作詞・作曲を手がけた新曲。今春最注目の今ドラマは、主演の松下奈緒演じるキャリア・エリート女子が故郷・京都の老舗旅館の女将である母の急逝により、急遽新米女将に転身し、旅館の再建に奮闘する姿を描いた、この春もっともパワフルなワーキングドラマだ。主題歌制作について椎名からコメントが寄せられた。

<林檎からの感慨コメント>
すてきなご依頼、有り難うございます。
脚本を拝読したとき、感じ取ったことがあります。
土地、または血縁、つまりルーツと言えるものから、人は、
どんなに強い意志をもってしても中々逃れられないと言うことです。
とくに女にとっての母親というものは生きる哲学そのものと云えましょう。
このたび、わたしはそのあたりを材料に、作曲していったように思います。
ドラマの深い所でさり気なく共鳴するような曲に仕上がるといいのですが・・。

また、主演の松下奈緒からも、主題歌「いろはにほへと」を聴いた感想を語ってもらった。

 

<松下奈緒からのコメント>
椎名林檎さんは、歌詞も曲も魅力的でその表現はいつも斬新というイメージがありますね。今回の主題歌も魅力的で京都らしさが出ていて、昔っぽさもありつつ、今っぽさもあり、というのを感じます。ドラマに当てて考えてくださったんだな、ということがすごく伝わってきて、本当にうれしかったですね。ドラマのカラーをより引き立ててくれてすごく面白くなると思います。やっぱり椎名さんはすごいですね。芯の強い女性像というものが曲の中に感じられ鴨のイメージだな、と思いました。早くドラマの映像と一緒になったところを見てみたいです。

M2「孤独のあかつき」は、4月6日(土曜/22時~)スタートのNHK Eテレ「SWITCHインタビュー 達人達(たち)」のテーマ音楽として書き下ろされた。同番組は、第一線で活躍する「達人」どうしが、進行役となるドキュメント番組。互いの仕事の現場を訪ね合い、それぞれに共通する方法論や違い、また、成功へのヒントを探る。最初は一方が聞き手となり、途中で役割を「スイッチ」して、今度は聞かれた側が聞き手となる、まったく新しいクロス・インタビュー番組だ。

オファーを受けた椎名は、異なる分野の達人二人が出会う当番組のマナーに倣って、脚本家の渡辺あや氏へラブコール。本テーマ曲の作詞を依頼した。 ふたりは2011年放映のNHK連続テレビ小説「カーネーション」において脚本と主題歌をそれぞれ担当したが、実際に顔を合わせたのは今回が初。ここに作詞:渡辺あや/作編曲:椎名林檎による楽曲が誕生した。

<林檎からの感慨コメント>
この番組のおかげであや先生にお目に掛かれて、最高にうれしかったです。お打ち合わせに託けて、いろいろなお話を伺いました。実際、テーマ曲制作にもたくさんの可能性が考えられました。
やがて先生から、厳しく己を律するような力強い歌詞の叩き台をいただきましたが、それからも、いったいどんなサウンドでどんなボーカルが相応しいのか、なかなか確信が持てず、悩みました。或る日、息子たちと遊んでいた小学四年生の姪が “怪獣のバラード” を唄っているのを聴いて、なにかが閃いたのがわかりました。いくつになっても世界の広さを見くびらず、「海が見たい」「人を愛したい」と、願う大人で在りたい。そして、本物の達人方の現場を子供達にも見せたいなと思いながら、あや先生になんどもやり取りしていただき、やっと仕上げた次第です。全く新しい緊張感を齎してくれたこの機会へ、胸一杯感謝して居ります。

【リリース情報】
『いろはにほへと/孤独のあかつき』
5月27日発売 TOCT-40420  ¥1,000(税込)
[収録曲]
M1. いろはにほへと
<フジテレビ系ドラマ「鴨、京都へ行く。~老舗旅館の女将日記~」主題歌>
M2. 孤独のあかつき
<NHK Eテレ「SWITCHインタビュー 達人達」テーマ音楽>

<タイアップ番組情報>
フジテレビ系ドラマ「鴨、京都へ行く。~老舗旅館の女将日記~」
4月9日スタート 毎週火曜午後9時~9時54分
キャスト:松下奈緒、椎名桔平、他
http://www.fujitv.co.jp/kamokyo/

NHK Eテレ「SWITCHインタビュー 達人達」 
4月6日から毎週土曜 Eテレ 午後10:00~11:00
語り:六角精児/吉田羊
http://nhk.jp/switch-int

SR猫柳本線 http://www.kronekodow.com
EMI Records Japan WEB site http://www.emimusic.jp/artist/ringo/

昨年12月に発売した7thアルバム『Sync』を携え、2013年1月より全国17ヵ所19公演に及ぶ全国ツアー「木村カエラ LIVE Synchronicity TOUR 2013」の東京公演が3月27、28日、NHKホールにて行われた。ホールツアーは08年に行った「+1」以来、約4年半ぶりとなるのだが、その分の成長や進化が表れたライヴを見せてくれた。

 

白を貴重としたステージ中央のビジョンに、カエラがスーパーマンならぬ“Syncウーマン”に変身して街を守るアニメ映像が流れると、実物のカエラが登場。大歓声が沸き起こる中、「HERO」を歌うカエラから大きなマントが広がっていくといったプロジェクションマッピングを交えた演出で観る者を一気に惹きつけると、続く「Ground Control」「マミレル」で大合唱が沸き起こり、早くも強力な一体感を作り上げる。

「Synchronicity TOURにようこそ! やっと東京に戻ってきましたー! みんなグッズ売り場にあるガチャガチャはやった? 私1500円使って全部バッジだったの! 超ショックで(笑)。そういう思いした人いる?」とフランクに接しながら、アルバム『Sync』を中心に、「リルラリルハ」「so i」「Merry Go Round」「Cherry Blossom」など多彩な楽曲を届けて盛り上げる。新しいメンバーを迎えたバンドサウンドも深みが増し、心地よいグルーヴ感を生み出していた。ライヴ中盤はコーラスの山ちゃんとの輪唱で「sorry」、そして「ワニと小鳥」「dolphin」をじっくり聴かせ、「WONDER Volt」はダンスを交えながらの歌でファンタジックな世界観へと誘う。ガラリと変幻していくステージングに魅了されっぱなしのまま、あっという間にライヴは後半を迎え、「あとは激しい曲しか残っていません。私に負けないように踊ってくれますか?」と、「MY WAY」を皮切りに「Syncronicity」、そして「TREE CLIMBERS」「マスタッシュ」「喜怒哀楽 Plus 愛」「BEAT」と怒涛のライヴ鉄板曲をたたみ掛け、観客たちもカエラに負けじと弾けまくり。会場はもはやライヴハウス同等の熱量と光景を見せた。

「やっぱすごいね、今までで一番熱かった! まだ興奮が残ってますが、最後は私にとって、とっても大切な曲を歌います。今、みんなに一番伝えたいことは何だろうと思って作った曲で、日々いろんな色にまみれてしまうけど、私の曲でみんなの心が休まって、一瞬でも真っ白になるといいなという思いが込められた曲です」と、本編ラストは「Sun shower」を熱唱。ステージ中央に戻って歌うカエラに光の粒がまとい、光が弾けると同時にカエラが消えるイリュージョンを見せてインパクト与えながらも、観る者の心をほんわりと温めた。

 

アンコールでは、「みんなが幸せになるように」と「Butterfly」を届けて会場をハッピーオーラでいっぱいにし、「Super girl」はバンドメンバーと楽しそうに絡み合いながらの歌。「みんなのおかげでとってもいいライヴになりました。みんな、明日からがんばってね! 大好きなみんなが笑顔になりますように。みんなの笑顔が見たいっていう歌です!」と、オーラスは「Magic Music」で会場中を本当に笑顔にしてみせる。「すてきな時間を本当にありがとうございました! またライヴがあるときはみんな遊びに来てね! どうもありがとう!!」と大きな投げキッスで締め括った。本ツアーは31日に沖縄ナムラホールでファイナルを迎えるが、各地のエピソードを話していた際、カエラは「あぁ、終わっちゃうんだなぁ」と名残惜しそうに口にした。この日のライヴはもちろんのこと、その思いは観客たち1人1人にもシンクロしたはずだ。 (高橋公子)

 

 

東京公演2日目の28日のMC中には、現在OAされている「リプトン リモーネ」のCMでおなじみの台詞を披露するなどの一面も。約2か月にわたる全国ホールツアーは沖縄:ナムラホール公演で終了となるが、音楽に、映像に進化し続ける木村カエラから今後も目が離せない。


また27日の東京公演はWOWOWにて5月5日21時にオンエアされることが決定している。さらに、東京公演の写真が4月1日18時より、Showcase Printsにて期間限定で販売される。

 


【NHKホール公演セットリスト】
M-1. HERO
M-2. Ground Control
M-3. マミレル
M-4. リルラリルハ
M-5. so i
M-6. coffee
M-7. Merry Go Round
M-8. Cherry Blossom
M-9. sorry
M-10. ワニと小鳥
M-11.dolphin
M-12.WONDER Volt
M-13. MY WAY
M-14. Synchronicity
M-15. TREE CLIMBERS
M-16. マスタッシュ
M-17. 喜怒哀楽 plus 愛
M-18. BEAT
M-19. Sun shower
EN-1. Butterfly
EN-2. Super girl
EN-3. Magic Music
EN-4.happiness!!!(28日公演のみ)

【オンエア情報】
木村カエラ LIVE Synchronicity TOUR 2013
5月5日(日・祝)夜9:00~[WOWOWライブ]
wowow.co.jp/kaela

 

 

【リリース情報】

1年2ヶ月ぶりオリジナルアルバム
『Sync』
日本コロムビア
【限定盤CD+DVD】COZP-743〜4 ¥3,675(税込)
【通常盤CD】COCP-37725 ¥3,150(税込)
12.19 ON SALE!


http://www.kaela-web.com/
                                        http://kaela.jugem.jp/