MUSICSHELFトップ > インタビュー・プレイリスト > ニーネ Special Playlist

PLAYLIST - プレイリスト

ニーネ Special Playlist やっぱZEPPELIN
~ LED ZEPPELINの好きな曲を。 ~

ニーネ Special Playlist

やっぱZEPPELIN
~ LED ZEPPELINの好きな曲を。 ~

ニーネファンを公言してる漫画家・大橋裕之の「ニーネはもっと知られるべき」という言葉から企画が持ち上がったニーネベスト。今年で15周年を迎える活動の中から、友達に贈るためのマイセレクトCD-Rを作る時のような気持ちで、大橋が悩みに悩んで厳選セレクトしたという。大橋がセレクトした9曲のうち3曲は未発表テイク、4曲が再ミックス、2曲がリマスタリング。更に、『アンチリアルロック』レコーディング時の未発表曲を含む初CD化音源を3曲プラスしている。そして、ギター&ヴォーカルの大塚久生による神経質度100%なミックス&マスタリングを施した全12曲を収録。今回は作品リリースを記念してニーネ大塚久生のセレクトによる貴重なプレイリストが到着!

ニーネ大塚久生 ‘s MESSAGE
今更ですがZEPPELINの曲で今好きなものを並べました。僕が聞き始めた1985年頃は既に解散していました。丁度ライヴエイドで再結成ライブがあり、マイクスタンドにギターシールドを引っかけて困る長いスカーフを首にかけたジミーペイジの姿を見ることが出来ました。その頃は海賊版で聞ける初期のライブ音源、特に1969年ビッグバン状態のライブ演奏が大好きでした。それが、徐々に中期後期も聞くようになり、今ではむしろプラントの声の出なくなった中期頃のライブ音源が大好きです。シャウトがなくてもかっこいいです。そんな今も昔も大好きなZEPPELINの10曲を選びました。他にも入れたい曲がたくさんあり10曲に絞るのはつらかったです。普段は海賊版音源を聞くことが多いですが、今回は全て公式音源です。『Physical Graffiti』『Presence』『Celebration Day』からしか選んでなくてすみません。ちなみに一番影響を受けたドラマーはボンゾ、ギタリストは、たぶん、ジミーペイジです。

For Your Life

Led Zeppelin

Celebration Day

amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する iTunesで購入・試聴する

「Presence」のテイクも最高ですが、2012年にリリースされた2007年の再結成ライブでの演奏もかっこよいので新鮮さを取って敢えてそっちから。こういう各パートで考えるとかっこいいんだかかっこよくないんだかよくわからないフレーズがバンド全体でぶち当たるように鳴るとたまらなくかっこいいところがZEPPELINの魅力。

 

Custard Pie

Led Zeppelin

Physical Graffiti

amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する iTunesで購入・試聴する

これは全ての曲で言えることですが、バスドラのズンズン来るリズムがイカシてます。プラントの歌に慣れない人にはメロディがかなり適当に聞こえるかもしれないませんが、このメロディライン、リズム感は絶妙です。

Houses of the Holy

Led Zeppelin

Physical Graffiti

amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する iTunesで購入・試聴する

リフの3回目のつんのめるキメをニーネの「俺と星見て歩くってのはどう?」という曲でマネしました。

Kashmir

Led Zeppelin

Celebration Day

amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する iTunesで購入・試聴する

これも2007再結成ライブから。この音源は、最初宣伝用に公開されたこの曲のPVを見て聞いて、音のかっこ良さに驚きました。「Physical Graffiti」のテイクも大好きです。

Trampled Under Foot

Led Zeppelin

Physical Graffiti

amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する iTunesで購入・試聴する

この曲のギターリフが昔から好きで、ニーネのライブでも時々弾いてます。リハでよくカバーして遊びました。四つ打ちの位置に入るバストラが気持ちよいです。

The Wanton Song

Led Zeppelin

Physical Graffiti

amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する iTunesで購入・試聴する

この曲もよくリハでやります。メインリフのところ以外に歌がなくて、プラント、適当だなー、と思っていた時期もありましたが、やはり、このメロが絶妙です。Aメロ以外のコード、間奏のソロもいい。おしゃれコードがキラキラしてます。リフ毎の間がたまりません。

In My Time of Dying

Led Zeppelin

Physical Graffiti

amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する iTunesで購入・試聴する

よくある感じのブルースロック的なイントロから始まる長い曲。止まったり、動いたり、ドラムとギターが掛け合いみたいにからんだり、ユニゾンになったり、ZEPPELINならではだと思います。

Royal Orleans

Led Zeppelin

Presence

amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する iTunesで購入・試聴する

ギターリフの切れ味のよい明るい曲。ファンキーなリズムで眠くなった頭も目覚めます。

Nobody’s Fault But Mine

Led Zeppelin

Presence

amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する iTunesで購入・試聴する

これも「Celebration Day」で演奏していますが、これは「Presence」のテイク。エスニックなムードのイントロから始まり、ドラムが入り、リフが始まると、そこからはもう唯一無二のZEPワールド。

Sick Again

Led Zeppelin

Physical Graffiti

amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する iTunesで購入・試聴する

これもよくニーネのリハで遊びでカバーします。バスドラの連踏、エンディングのうらっ返ってツービートみたいになるところのドラム、たまりません。そしてこの曲が終わったらまた1曲目に戻し、延々に聞きたい10曲でした。

MUSICSHELF