MUSICSHELFトップ > インタビュー・プレイリスト > 猪又孝のvoice and beats > 竹内朋康

猪又孝のvoice and beats

竹内朋康 Special Interview & Playlist

竹内朋康

Special Interview & Playlist

(ページ:1/5)


「セクシー」の異名を取る、日本一のファンキーギタリスト、竹内朋康。SUPER BUTTER DOGのギタリストとしてデビュー以降、Mummy-D(RHYMESTER)とのマボロシや、凄腕ミュージシャンが集結したDezille Brothersなど、数々のバンド/ユニットを組み、加えてENDLICHERI☆ENDLICHERIやKREVA、椎名林檎などのライブ/レコーディングメンバーとしても数多の名演を残してきた彼が、キャリア初のソロアルバム『COSMOS』を完成させた。竹内朋康といえば、切れ味鋭いカッティングや情熱的なソロプレイによるアッパーなファンクを想像する人も多いと思うが、本作はそれとは真逆。心地良いメロウネスと繊細なグルーヴが淡くゆらめく一枚となった。これまでヴェールに包まれていた竹内朋康の宇宙がスパークした本作。インタビュー後半では彼のファンク論も探ります!

——今回が初のソロアルバムになりましたね。バタードッグ結成から数えると20年、「よし、ソロやろう!」と一念発起した感じだったんですか?

っていうよりは、時間があった=暇なときに作ったんだけど(笑)。普段、ビートメイクやデモテープを作ってるときに、普通だったらラップが聞こえてくるようなトラックをギターインストというカタチにして作品が作れたらなっていう気持ちがぼんやりあって。もっと詰めれば曲になるなって思うんだけど、その手前で止めることが多いんですよ。人とやるときは、その人が入ってくる余白を残しとくから。でも、それを一回自分で完結させてみたかったんです。

——いつ頃から制作に着手したの?

去年2013年の年明け、時間があったときにバーッと作り出して。そこから2〜3ヶ月でほとんどの曲ができあがったんです。それをorigami PRODUCTIONSに聴かせたら「やろうよ」って言ってくれて、せっかくだから客演も入れようって。それでいろいろ調整してたらこのタイミングになったっていう。

——普段やってるバンドとソロの差別化はどのように考えてました?

今回は敢えて誰もミュージシャンを差さなかったんですよ。そこがポイント。そのほうが不器用な自分の世界観をより出せるだろうなって思って。

——竹内朋康と聞くと、アッパーなファンクやジミヘン的なブラックロックをイメージする人が多いと思うんです。でも、今回はクール/メロウ/きれいめな方向で来た。

そうなんです。竹内朋康のソロ名義となると、ファンクなモノも要求されたのかもしれないけど、逆に敢えて裏切ったっていうか。

——とはいえ、相変わらずセクシーなところも全然あるんですけどね。

おっ。うれしいじゃないですか(笑)。

——敢えて裏切ったという言葉の裏には、「俺はこっちもできるんだよ」ってアピールしたい気持ちもあった?

簡単に言うとそうなっちゃうんだけど。これはマボロシでやってたことの延長っていうところもあるし、ひとりで構築する世界観を見てみたい自分もいたところもあったし。みんなと音を合わせて出来る世界も大好きなんだけど、自分でコツコツつくる世界も好きな自分もいるから、そこを見せたいなっていうところなんですよね。で、ファンクだったりブラックロックだったりが好きな一方、トミー・ゲレロみたいなああいう世界観も好きだったりするから。今回は後者のほうが出てると思うんですよ。

——うん。

だから、「竹内朋康ソロアルバム!」ってすごく気負って作った作品でもないんですよね。すごくフラットな気持ちで、自分のライフワークでつくった曲を並べてみたっていう感じなんです。

——全パートをひとりで作りあげていく上で苦労したところは?

苦労しそうになったら、その曲はボツってたんで(笑)。

——うわははは、現実逃避?(笑)

でも、それは最近、全般的に言えることで。なんか難しいなと思ったらやらないっていう。セッションでも、それが人の曲であれ自分の曲であれ、やってみてつまんない空気がちょっとでも流れたら「じゃあ、やめよう」って。そこで無理に足を突っ込まないようにしてるんですよね。そのほうがストレスがないし。だから、苦労は……ない(笑)。

竹内朋康 選曲のプレイリストはこちら
「最近Shazamでタグ付けした10曲」

前のページ (ページ:1/5) 次のページ

ナビゲーター

猪又 孝 / TAKASHI INOMATA

1970年生まれ。音楽ライター/エディター。小4のときにビートルズ「HELP」にヤラれ、19歳のときにロジャー・ニコルズ&ザ・スモール・サークル・オブ・フレンズに心奪われるも、22歳でいきなりサザン・ソウルに開眼した、我ながら雑食家。現在は邦楽のソウル/R&B/ヒップホップを中心に執筆。でも、カワイイ& カッコイイ女の子もダイスキ。オフィシャル取材などで馴染みがあるアーティストは、加藤ミリヤ、Zeebra、SKY-HI、東方神起、三浦大知、RIP SLYME(五十音順)等々。

 
 
 
 
 
 
《書籍情報》
 
日本語ラッパー15名の作詞術に迫る
『ラップのことば』
SPACE SHOWER BOOKS刊
amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する タワーレコードで購入・試聴する
https://spaceshowerstore.com/detail.php?goods_id=516

ベストセラー第2弾、日本語ラップを進化させるラッパー15人の作詞術
『ラップのことば2』
SPACE SHOWER BOOKS刊
amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する タワーレコードで購入・試聴する

https://spaceshowerstore.com/detail.php?goods_id=517