MUSICSHELFトップ > インタビュー・プレイリスト > 猪又孝のvoice and beats > 竹内朋康

猪又孝のvoice and beats

竹内朋康 Special Interview & Playlist

竹内朋康

Special Interview & Playlist

(ページ:4/5)

——これから2つ相反する質問をします。まず1問目。他アーティストのライブなどでギターを弾く姿はちょいちょい見てるけど、まだ竹内朋康というギタリストをよく知らない人にオススメのトラックは?

それは俺をよく知ってもらうために?

——そう。挨拶代わりというか名刺代わりというか。

うーん……なんだろう……(しばし考える)。

——そんなに悩むってことは、どれも名刺代わりにならないってこと?

そうなんですよ。今回のアルバムは逆に言うとそうなんです。これが俺のすべてっていう感じでもないから。でも、今パッと思ったのは「G.R.O.O.V.E.」ですね。だって、マボロシっていうのを昔やっててさ、っていうところから話ができるじゃないですか。その延長で、みたいな。

——では、竹内朋康を熟知してる人にオススメのトラックは? 俺のプレイをよく知ってるだろうけど、こんなのもできるからチェックしてくれ、みたいな。

それも「G.R.O.O.V.E.」かも(笑)。でもね、今回は俺のギターどうこうっていう作り方をまったくしてないんですよ。ビート感だったり、グルーヴ感だったり、俺のちっちゃい宇宙なんですよね、本当に。

——ギターの音で始まって、ギターの音で終わりたいと言いながらも、ギタリスト・竹内朋康の顔はあまり出てないってこと?

そう! だから、ちょっとコンポーザー気質なところっていうか、そっちのほうが今回はデカいと思うんです。

——あと、冒頭で今回のアルバムはメロウとかクールと言ったけど、ファンクネスもすごく感じるんです。これもファンクだと思う。そこは自身ではどう捉えてますか?

結局自分の弾くベースラインだったり、ギターの随所に俺のルーツであるファンクっていうのは出てくるんですよね。でも、いわゆる「ファンク」っていう音じゃないですもんね。

——うん。であるなら、竹内朋康にとって、ずばり、「ファンク」とは?

ファンクとは? なんかね、最近、「グルーヴを鳴らす」っていう感覚になってきたの。「グルーヴする」んじゃなくて。

——どういうこと?

今までは「グルーヴする」とか、ミュージシャン同士で「おぉ、グルーヴしてるぜ」だった。それが最近、バンドで演奏してるときとか、「あ、グルーヴが鳴ってる!」ってなったときは、いくらマニアックなことをやってても客も喜んでるっていう確信が持てるようになってきたんですよ。

——鳴らすための方法とかコツもつかんできたところがあるの? それともまだ偶発的というか、勘みたいなところがあるの?

勘でしかないって言うと、またちょっと違うんだけど。自分の周りにはすごくいいミュージシャンがいっぱいいて、みんなで1個のところを見てるって言うのとも違うんだけど、みんなそれぞれにグルーヴを持ってて、それが相乗効果を生むときがあるんですよね。で、それが塊になって、どん!と開けたときですよね。

——でっかいエネルギーが生まれたぞ! みたいな。

うん。もちろんそうならない日もあるんです。でも、いい日もあって。考えてそれをやってるわけじゃなくて、お客さんが20人くらいしかいないときでもすごくグルーヴが鳴ってる瞬間もあって。

——場の全部が共鳴してるってことですか。

そうそう。その場にいるプレイヤーもお客さんも一緒に「おぉ!」っていうのを感じてるっていうか。そういうときは「鳴ってるなぁ」って思うんだよね。その鳴ってる音にみんな巻き込まれてくれるっていう。

——それがファンクを生むってこと?

ん? 質問それだったね(笑)。けど、まあ、グルーヴが鳴ってるなっていうときは、すごくいいなって感じるときなんですよ。で、ファンクってともすると難しい音楽かもしれないじゃないですか。なんだけど、実はすごく簡単な音楽っていうか。もういないかもしれないけど、上の世代でファンクを押しつけがましく言う人たちっているじゃないですか。でも、あんまりそういうことを説明せずに踊れる音楽っていうか、踊れる音楽の最高峰なんだよっていうことを言葉ではなく、それこそグルーヴを鳴らすことで説明してる。それがファンクなんだと思うんですよね。

——本作に並んでる曲もアッパーではないけど、「グルーヴが鳴ってる」から気持ちいいし、竹内朋康流ファンクになってるっていうことだよね。

そういうこと。これはファンクの最新型を見せたいアルバムだから。最近の俺のファンク論は、グルーヴが鳴ってるっていうこと。それですね。

竹内朋康 選曲のプレイリストはこちら
「最近Shazamでタグ付けした10曲」

前のページ (ページ:4/5) 次のページ

ナビゲーター

猪又 孝 / TAKASHI INOMATA

1970年生まれ。音楽ライター/エディター。小4のときにビートルズ「HELP」にヤラれ、19歳のときにロジャー・ニコルズ&ザ・スモール・サークル・オブ・フレンズに心奪われるも、22歳でいきなりサザン・ソウルに開眼した、我ながら雑食家。現在は邦楽のソウル/R&B/ヒップホップを中心に執筆。でも、カワイイ& カッコイイ女の子もダイスキ。オフィシャル取材などで馴染みがあるアーティストは、加藤ミリヤ、Zeebra、SKY-HI、東方神起、三浦大知、RIP SLYME(五十音順)等々。

 
 
 
 
 
 
《書籍情報》
 
日本語ラッパー15名の作詞術に迫る
『ラップのことば』
SPACE SHOWER BOOKS刊
amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する タワーレコードで購入・試聴する
https://spaceshowerstore.com/detail.php?goods_id=516

ベストセラー第2弾、日本語ラップを進化させるラッパー15人の作詞術
『ラップのことば2』
SPACE SHOWER BOOKS刊
amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する タワーレコードで購入・試聴する

https://spaceshowerstore.com/detail.php?goods_id=517