MUSICSHELFトップ > インタビュー・プレイリスト > 猪又孝のvoice and beats > Suchmos

猪又孝のvoice and beats

Suchmos 2nd E.P.「LOVE&VICE」Interview

Suchmos

2nd E.P.「LOVE&VICE」Interview

(ページ:2/4)

——新作『LOVE&VICE』は、どんな作品をめざしたんですか?

『THE BAY』の制作が終わって、自分たちなりにこの先バンドがどうなりたいか?って考えたんですね。そのときに『THE BAY』ってスタジアムじゃない曲があるなって。ほどほどのキャパシティで聴いた方が気持ちいい曲とスタジアムでも余裕で届く曲があると思うんですよ。アーティストにも、スタジアムで聴いた方がかっこいいアーティストと、ホールくらいのサイズ感で聴いた方がグッとくるアーティストがいる。で、今後は、スタジアム級のバンドになりたいという姿勢を示せる曲作りをしたいという話をしたんです。

——頼もしい発言ですね。ちなみに、『THE BAY』の中でスタジアムが似合うと思ってる曲は?

「Miree」「Fallin’」「Armstrong」辺りですね。「Alright」がギリギリのライン。まあ、実際やったことがないんでわからないんですけど(笑)。

——反対に、「YMM」なんかは、紫煙漂う夜中のバーで聴いたほうが沁みそう、みたいなことでしょ。

そうです、そうです。そんな話をして作った曲が「BODY」で、このスケール感だったらイケるぜ、なんて言ってて。で、「FACE」はかなり初期から存在してた曲なんですけど、メロディーと歌詞以外すべてバラして、コードやキーをいろいろ試したら面白い質感の曲になって。デカくなろうとしてるバンドのEPにこういう質感の曲を敢えてブチ込んだら絶対面白い見え方になるぜって。

——確かに「FACE」は凝ってて奇態なサウンドだよね。イントロのベースからして、ぬらぬらした音で変態だなぁと思ったし(笑)。

そう、ベースが最高です。ベースが白眉。

——この曲には、ねっちょりしたエロさも感じたし。

歌詞もわりと直球のラブソングですからね、「好き、好きー」っていう。

——歌詞は夜のトキメキがテーマ?(笑)

そうですね。だらだらと女の子の体を触ってる感じ(笑)。そういう曲だけど、サウンド的にはSuchmosが提案するレゲエみたいな新しいアプローチができたし。今回のEPはいろいろな試金石になる曲が入れられたと思ってます。

——そんな作品に『LOVE&VICE』と付けた理由は? タイトルの直訳は「愛と悪」だけど、YONCEくん的にはどう訳したい感じですか?

「悪癖」というか。音楽をはじめ、いろんな物事に情熱を持って取り組んでるけど、そこまで聖人君子になれないし、っていう部分もあるんで。「『We Are The World』なんか歌えねぇよ、俺は」みたいな気持ちもあるから(笑)。6人全員、誰に対しても当たり障りがないことを言えるような人間でもないし。

——確かに「STAY TUNE」も、うんざり気分を歌ってるし(笑)。

そう(笑)。俺は生まれも育ちも茅ヶ崎なので、そこから見た都会を皮肉っぽく歌っていて。

——「STAY TUNE」はどんなキッカケで書いた曲なんですか?

俺たちはあんまり飲み会が好きじゃなくて。酒は好きなんですけど、気の知れた人たちとまったり飲むのが好きなんです。だから、よくわからない酔っ払い方をして、電車乗り過ごしてる奴とかゲロ吐いてる奴とか見ると「信じられなくない? 全然楽しくねーじゃん」みたいな。「あぶない、あぶない。死ぬよ」って(笑)。

——泥酔してワケわからなくなっちゃってる人、いますからね。

そういうのを見てて、要はあれってゾンビなんだよね、みたいな話に辿り着いて。それをテーマにすると面白いなと思ってHSUと2人で書いたんです。

——HSUくんと歌詞を共作するの初めて?

最初から2人で書こうと話して作ったのは初めてです。お互いに言葉をはめていく感じで作っていったんですけど、それも面白い試みでした。歌詞の内容は「そんなことやってる奴らと気なんか合わないんですけど」みたいなこと。でも、「そういう中に可愛い子いるよね、探したいよね」みたいな気持ちも詰まってます(笑)。

——「STAY TUNE」のサウンド面でこだわったところは?

まずはダンスチューンに仕上げたかったので、俺ら的には早めのテンポでいこうと。あと、鍵盤楽器ががっつり入ってるんです。

——量もそうだし、種類としてもいろいろ入ってる。

サビで鳴ってるストリングスと、ミョンミョン鳴ってるムーグと、あと楽曲全体を包み込む感じでローズが鳴ってるんですけど、この曲の雰囲気作りをいちばん担ってるのは鍵盤だということに辿り着いて。ドラムスの一定のリズムで突き進んでいくパワー感に対して、鍵盤はセクションの進行役を務めるっていう。だから鍵盤の組み合わせ、足し引きにはこだわりましたね。

Suchmos Playlist
「Our favorite albums + tracks.」

前のページ (ページ:2/4) 次のページ

ナビゲーター

猪又 孝 / TAKASHI INOMATA

1970年生まれ。音楽ライター/エディター。小4のときにビートルズ「HELP」にヤラれ、19歳のときにロジャー・ニコルズ&ザ・スモール・サークル・オブ・フレンズに心奪われるも、22歳でいきなりサザン・ソウルに開眼した、我ながら雑食家。現在は邦楽のソウル/R&B/ヒップホップを中心に執筆。でも、カワイイ& カッコイイ女の子もダイスキ。オフィシャル取材などで馴染みがあるアーティストは、加藤ミリヤ、Zeebra、SKY-HI、東方神起、三浦大知、RIP SLYME(五十音順)等々。

 
 
 
 
 
 
《書籍情報》
 
日本語ラッパー15名の作詞術に迫る
『ラップのことば』
SPACE SHOWER BOOKS刊
amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する タワーレコードで購入・試聴する
https://spaceshowerstore.com/detail.php?goods_id=516

ベストセラー第2弾、日本語ラップを進化させるラッパー15人の作詞術
『ラップのことば2』
SPACE SHOWER BOOKS刊
amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する タワーレコードで購入・試聴する

https://spaceshowerstore.com/detail.php?goods_id=517