MUSICSHELFトップ > インタビュー・プレイリスト > 猪又孝のvoice and beats > KUTS DA COYOTE

猪又孝のvoice and beats

KUTS DA COYOTE 『GLOW IN THE DARK』 Interview

KUTS DA COYOTE

『GLOW IN THE DARK』 Interview

(ページ:1/4)

2013年夏。数々のリミックスやアンサーソングを生み出した「ラブホなう feat. T.O.P.」でセンセーションを巻き起こし、一躍ストリートの人気者となったKUTS DA COYOTE。昨年、Y’Sや十影が在籍するFOREFRONT RECORDSに移籍し活動の幅を拡大中の彼が、約2年半ぶりとなるセカンドアルバム『GLOW IN THE DARK』をリリースした。前作『Escape To Paradise』とは打って変わり、本作はダークなムードたっぷり。不気味な緊張感を放つトラップで始まり、重く湿ったサウンドが進行していく。が、どの曲にも浮遊感があり、催眠状態にかかったかのような、つかみどころのない感覚に襲われるのがポイント。イケナイ遊びをしているときのスリルと罪悪感が絡まった高揚感もあれば、はたまたほろ酔いしたときのフワフワした心地良さも訪れる。この少しマッドな躁感覚は聴いた者だけが味わえる特権。一度味わってみてはいかが?

——「ラブホなう feat. T.O.P.」はKUTSくんの代名詞といえる曲になりましたが、あのヒットでどんな変化がありましたか?

やっぱり名前が通ったし、全国でライブに呼んでもらえるようになりましたね。あと、「あ、売れるんだな」「こういうのが好きなんだな」みたいなのもわかりました。

——ということは、「ラブホなう」は、「これならイケるだろ」みたいに、もともと仕掛ける気持ちでリリースしたものだった? 

完全に狙ったっすね。当時、そんなにエロいギャルチューンがなかったと思うんです。「Gyal Is Everything」(TRIGA FINGA & DJ TY-KOH)が出て1年後くらいだったんで。しかもメロウな曲でエロいのがないから、そっちでやってみようかなと。で、タイトルもリツイートしやすいよう、目を引くものにしとこうと。

——でも、あのヒットで、自分に求められているものと、自分がやりたいことのギャップは生じなかったですか?

また同じことをやりたくないなとは思ってました。「またアレっぽいのをやれ」ってなるんですけど、そこはやりたくないんですよ。なので、しばらくは違うことをやって、飽きたらそっちをやろうかな、なんて思ってましたね。

——そこから約2年半空いての新作『GLOW IN THE DARK』ですが、今回はどんなものを作ろうと思っていたんですか?

あんまり全体のことは考えてないですね。とりあえずラップし倒したっかったんで、録ったものが溜まっていったっていう。ただ、夜に書くことが多かったから、夜っぽいのが多くなっちゃったかもしれないです。ファーストは南国というか、外で聴けるような感じでしたけど、今回は逆かもしれないですね。湿った感じかもしれない。

——実際、どれくらいの期間でつくってるの?

2曲目の「TBT -振り返る木曜日-」は、「ラブホなう」の半年後くらいにMVを公開したんです。だけど、そのあと一年くらいはまったくラップを書いてなくて。

——スランプに陥った?

スランプといえばスランプだと思いますね。ミックス(『EMEK:mixxxed by DJ FILLMORE』)を出して、約半年後にファーストを出した時点で結構すっからかんで。書いても似たようなものを書いちゃうんです。だからまずはライブに専念しようと。で、そろそろ新曲を歌いたくなってきたな、じゃあライブを控えて曲作りに入ろうかなと思って、そこから一年かけて作った感じですね。

前のページ (ページ:1/4) 次のページ

ナビゲーター

猪又 孝 / TAKASHI INOMATA

1970年生まれ。音楽ライター/エディター。小4のときにビートルズ「HELP」にヤラれ、19歳のときにロジャー・ニコルズ&ザ・スモール・サークル・オブ・フレンズに心奪われるも、22歳でいきなりサザン・ソウルに開眼した、我ながら雑食家。現在は邦楽のソウル/R&B/ヒップホップを中心に執筆。でも、カワイイ& カッコイイ女の子もダイスキ。オフィシャル取材などで馴染みがあるアーティストは、加藤ミリヤ、Zeebra、SKY-HI、東方神起、三浦大知、RIP SLYME(五十音順)等々。

 
 
 
 
 
 
《書籍情報》
 
日本語ラッパー15名の作詞術に迫る
『ラップのことば』
SPACE SHOWER BOOKS刊
amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する タワーレコードで購入・試聴する
https://spaceshowerstore.com/detail.php?goods_id=516

ベストセラー第2弾、日本語ラップを進化させるラッパー15人の作詞術
『ラップのことば2』
SPACE SHOWER BOOKS刊
amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する タワーレコードで購入・試聴する

https://spaceshowerstore.com/detail.php?goods_id=517