MUSICSHELFトップ > インタビュー・プレイリスト > 特集 > 特集 吉澤嘉代子

特集 吉澤嘉代子 セカンド・アルバム『東京絶景』インタビュー

特集 吉澤嘉代子

セカンド・アルバム『東京絶景』インタビュー

(ページ:1/2)

「東京絶景」は、日々の暮らしの中でしか見る事のできない特別な風景

昨年の10月に発売された6曲入りミニアルバム『秘密公園』でMUSICSHELFに初登場した吉澤嘉代子。あれから4か月という短いインターバルで、フルアルバム『東京絶景』を発売する。このアルバムは、マーティ・フリードマン、中尾憲太郎、かみじょうちひろ(9mm Parabellum Bullet)、曽我部恵一、高田漣などの個性的なミュージシャンが各曲に参加した上質なサウンドが特徴だが、日常の中のありふれた風景が「絶景」に変わる瞬間が散りばめられている。そんな、ニューアルバム『東京絶景』に込められた想いを現代の魔女:吉澤嘉代子にインタビューさせていただいた。

ーー昨年の10月に初めて吉澤さんにインタビューさせていただいて、とても印象的で楽しいインタビューだったので、今日もいろいろなお話を聞かせて下さい。よろしくお願いします。

私もとても楽しかったです。今日もよろしくお願いします。

ーー僕は昨年、松本隆さんにインタビューさせていただいたんですが、それに匹敵するくらい吉澤さんのインタビューはインパクトがありました。やはり言葉にこだわっている方のインタビューというのは、言葉に「ハッ」とさせられます。

実は先日、松本隆さんにTwitterをフォローしていただいて、個人的に大好きな作詞家さんなので、私の名前を知っていただけただけで感激していたところだったんです。

ーー松本隆さんは、いろいろ細かくチェックをしている方ですから、吉澤さんの事が気になっているのかもしれませんよ。

もしそうだったら、とても嬉しいですよね。

ーー前回のインタビューでは、吉澤さんの生い立ちをたくさん聞かせていただいたので、今回は2月17日に発売のセカンドフルアルバム『東京絶景』のお話を中心に聞かせて下さい。2015年は吉澤さんの魔女修行はいかがでしたか?

私の中では魔女修行というのは、感覚を研ぎ澄ますという作業ですが、良くも悪くも心がたくさん動いた1年だったと思います。その変わり生活はめちゃくちゃだったような気がするんです。早寝早起きとかも出来なかったですし(笑)

ーー2016年になったばかりですが、吉澤さんは年頭に誓いを立てるタイプですか?

誓いを立てるんですけど、誰にも言わないですね(笑)誰が聞いてもつまらない目標なので言わないです。

ーーその目標は達成率高いんですか?

目標を高く掲げすぎていて、とても低いです(笑)

ーーそんなに何個も目標を掲げてしまうんですか?

一つだけですけど、それが高い目標なんです。いつも企画倒れです(笑)。

ーー10月に6曲入りのミニアルバム『秘密公園』のリリースをしたばかりなのに、2月にフルアルバムというのはずいぶんインターバルが短いですね。

『秘密公園』が5曲書下ろしの作品だったので、私にとってはかなりタイトなスケジュールでした。それが結構大変だったんですが、『東京絶景』はパッケージングしたいものが明確にあったので、それがモチベーションになっていました。

ーーじゃ今回は煮詰まることなく制作が出来たと・・・・

いえ、煮詰まらなかったことは一度もありません。毎回煮詰まります。「スランプはありますか?」と良く聞かれるんですけど毎回スランプなので、それが通常になってしまっているので、もはやスランプはないという(笑)。

ーー『秘密公園』というアルバムは素晴らしかったのですが、いろいろな反響があったと思います。意外な反響などはありましたか?

毎回そうですが、「可愛い曲だよね」と言われる曲が、その曲のどの部分が可愛いのか?が解らなくてビックリすることがあります。女の子のエゴを歌ったような内容の曲でも「可愛い」と言ってもらえるので、曲の受け取られ方というのは奥が深いなと毎回思います。

ーー「綺麗」という曲はとても評判が高かったみたいですね。

そうですね、特に同業者の方からの多くの評価を頂けた曲だったので、それがとても嬉しかったです。

ーー前回のインタビューで「メジャーで活動をするというのは、大きな船に乗って舵取りをしているイメージがある、そこには少女時代の私も乗せて走っている」という言葉がとても印象的でした。

メジャーで活動をするというのは、私が少女時代に私が感じていたような、世の中の流れに乗れない孤独や焦燥感を感じている人たちに向けてのメッセージを届ける手段でもあります。そのモチベーションをなくしたら、メジャーから作品をリリースする必要もなくなってしまうので、今でも船に乗って舵取りをしているような感覚はありますね。

ーー吉澤さんの<少女時代>というのは、どの時点で終焉を迎えたんでしょうか?

子供の頃、魔女修行中にお供させていた犬が居たんですけど、私にとっては、とても大事な存在でした。ウィンディという名前だったんですが、「ウィンディが死んだら私の中の何かが終る」と思っていました。ウィンディが死んだ時に解ったんですが、その時に私の中の<少女時代>が終りました。

ーー今回のフルアルバム『東京絶景』は音源をいただいた時に、あえて歌詞を見ないで曲を聴いたんですね。そうしたら、言葉のかけら達が破片のようにグサグサ刺さって来たような印象でした。サウンド含めて名盤が誕生したような感覚でしたが、吉澤さん的にはいかがでしょうか?

好きな曲ばかり収録したので、お気に入りです。今回は<日常の中の絶景>をテーマにしてアルバムを作りたいと思っていました。

ーーそれはいつも吉澤さん中にある、テーマの一つだったんですか?

デビューする前から、最初に<少女時代>をテーマにしようとは思っていたんですが、今回はその殻から飛び出した女の子像を描きたかったんです。そこには<日常>というテーマが不可欠ですし、16歳から曲を書き始めてから、もともと自分の中にあったテーマではあります。

ーー「movie」はオープニングにふさわしい素敵な1曲ですよね。この曲の歌詞には<箒星>というワードが出てきますが前作のアルバム『箒星図鑑』と今回の『東京絶景』を繋ぐ重要な曲なのではないかと、勝手に解釈しています。

私の中では重要な曲で、『箒星図鑑』でいう所の「ストッキング」のような立ち位置の曲です。私の中の節目にある重要な1曲ですが、先ほどお話しした、犬のウィンディが死んでしまった時の心境を歌ったものです。言葉にするのは難しいのですが、死んだものと夢の中で待ち合わせをするというのが舞台になっています。

前のページ (ページ:1/2) 次のページ