MUSICSHELFトップ > インタビュー・プレイリスト > インタビュー > サンドクロック

サンドクロック 1st フルアルバム『オリフィス』インタビュー

サンドクロック

1st フルアルバム『オリフィス』インタビュー

(ページ:1/2)

01

ふたつの個性が交わる場所、『オリフィス』から流れる音楽

滝田周、永田佳之のシンガーソングライターからなるポップスユニット、サンドクロックのメジャー初フルアルバム『オリフィス』が完成。聴く者の日常に溶け込む色とりどりのラインナップは、ふたりの持ち味を存分に引き出し、かつ表現の幅を広げており、聴きごたえも十分。現時点でのサンドクロックのすべてを詰め込んだフルボリュームの作品となった。今回のインタビューでは、物静かながら青い情熱を心に秘める永田と、バランス感覚に長けた滝田、タイプの異なるふたりが創り出す“個”を、サンドクロックの音楽として奏でた全12曲それぞれにスポットを当ててみた。

–フルアルバムが出来上がった率直な感想をお願いします。

永田佳之:ようやく一区切りついたなと思います。

滝田 周:僕はホッとしたというのが率直な思いですね。フルアルバムを作るというのはデビュー前からの目標ではあったので、そこに向かっていたという感じです。でも実際にやってみると・・・すごく大変でした(笑)。

–(笑)。フルアルバムに向けての曲作りとして、何かチャレンジしたことなどありますか。

永田:そうですね。挑戦的な楽曲も入れることができたかなと思います。「許して頂戴」という曲は、エレクトロにチャレンジしたというか。僕は生音が好きなんですけど、今回、フォークトロニカに挑戦することができたのは、やっぱりアルバムだからかなと。

滝田:僕は今回のプロデュースをしてくれている石崎 光さんと、初めて一緒に曲を作ったんですね。「Bibbidi-Bobbidi-Boo」という曲なんですが、人と曲を作るってことが初めてで。アルバムなのでいろいろな面を見せたいなというのもあったし、自分の新しい引き出しをさらに引き出せる幅があったというのも大きな発見でした。

–サンドクロックの音楽は普遍的なところが魅力のひとつだと思うのですが。

滝田:自分たちの中では、それほど頑固に生音にこだわっているってこともないんですね。自分たちにしっくりくるもの、自分たちが聴いていて気持ちのいい音を追求していければ、それでいいと思っています。

–今回のアルバムはどんなテーマで制作をされたのですか。

滝田:僕ら、テーマとかあまり決めないんですね。割と自由に曲を出し合ってるんですけど、曲調も被らないし、曲のカラーや曲のもつポジションもバランスよく出てくるので、それをそのまま詰め込んだという感じです。

–12曲も入っていながら長さを感じさせないですね。

滝田:二人で歌う曲もあるし、どちらかが歌う曲もあるし、声も変わりますからね。ライヴもそうなんですけど、飽きさせないように意識しているところはあります。曲順は結構悩みますね。どちらが歌っているかで並び替えたりするのって、結構難しいんですよ。パズルみたいです。その上で流れも踏まえつつ、偏らないように。

–アレンジャーの石崎さんとの作業はいかがでしたか。

永田:デモの段階で投げて、光さんの自宅スタジオで一緒にプリプロをして、っていう流れですね。

滝田:前作で初めて一緒にやらせていただいたんですけど、前作ですでに僕らそれぞれの良さをわかってくれていたので、今回はさらに深いところで絡めたなって気はしてますね。

次のページでは滝田、永田による『オリフィス』全曲解説をお届けします
02

前のページ (ページ:1/2) 次のページ