MUSICSHELFトップ > インタビュー・プレイリスト > 特集 > 特集 古内東子

特集 古内東子 Special Interview
極上のデュエット・アルバム

特集 古内東子

Special Interview
極上のデュエット・アルバム

(ページ:1/2)

素晴らしい皆さんと素晴らしい曲をデュエットさせていただいた事が
これからの私の活動の大きな糧になると思います。

90年代、「恋愛の神様」や「OLの教祖」と呼ばれ、世の女性達から圧倒的な支持を古内東子が現在の日本を代表するミュージック・レジェントたちと極上のデュエット・アルバム『Toko Furuuchi with 10 legends』を完成させた。今回、私がナビゲートを担当しているラジオプログラム<FEMALE VOCAL SELECTION「FEMME」>のスペシャルゲストにお迎えして特集番組を放送した。MUSICSHELFでは番組に入りきらなかった話題も加えて、最新アルバム『Toko Furuuchi with 10 legends』の話をたっぷりと語ってもらった。

――前回古内さんにお会いしたのが、2011年に発売されたアルバム『透明』のインタビューの時だったんですが、ついこの間な気がしますがもうすでに5年前なんですよね。

この5年の間には、20周年を迎えベスト・アルバムもリリースしましたし、プライヴェートでも変化がありました。

――デビュー以来、コンスタントにアルバムを発表し、すっかりベテランの域に入りましたね。

大波・小波はありつつですけれど、いつの間にか過ぎていた23年という感じですけどね。

――最近、すっかり春めいて来ましたが、古内東子さんの春の歌と言えば「Peach Melba」を思い浮かべるのですが、古内さんに初めてお会いしたのがこの曲が収録されているアルバム『Hug』の時だったので、とても思い入れの強い曲です。

この曲は1994年の曲なので、もう20年以上前の曲ですね。良くライブでも歌うんですが、こんなに長い間歌い続ける歌になるとは思いませんでした。

――この「Peach Melba」はファンの間でも人気のある曲ですもんね。ところで、今日の古内さんの気分で、古内さんの曲を1曲選ぶとしたらどんな曲になりますか?

季節的にもぴったりなので『PURPLE』という曲を選びます。この曲は、私自身もとても好きで、コンサートでもよく歌いますですが、とても自分らしい歌詞だと思っています。恋をしている時のバラ色の気持ち、そして恋をしている時のブルーな気持ちが混ざり合った時に<PURPLE>という色になるという、そんな歌詞です。ちなみに、今日のラッキーカラーがパープルなんですよ。毎朝、ラッキーカラーだけはチェックするんです。

――さて、3月30日に久しぶりのアルバム『Toko Furuuchi with 10 legends』がリリースになりました。このアルバムはデュエット・アルバムという事ですが、古内さんにとってデュエット・ソングというのはどういうイメージですか?

やはりデュエットというと洋楽というイメージですね。ベタベタなラブソングだと『エンドレス・ラブ』とかそのあたりですね。逆に日本の曲だと、演歌のイメージですね。『銀座の恋の物語』とか、そのあたりのデュエットを思い浮かべます。

――デュエットと言えば、古内さんはかつて『Winter Star』(1999)というアルバムの中でEPOさんとデュエットしている曲がありましたよね。

『意外と簡単に』という曲です。私自身がEPOさんを好きで良く聴いていたので、是非デュエットをご一緒にしてみたかったんです。ラテンのリズムで、女性同士のデュエットというのがとても楽しかった曲です。

――ニューアルバム『Toko Furuuchi with 10 legends』はとにかく豪華ですよね。もう豪華としか言いようがありません(笑)

カヴァーアルバムではありますが、ただのカヴァーアルバムではなく、全曲男性アーティストとのデュエットというコンセプトのアルバムです。しかもデュエットをする方の代表曲をカヴァーさせていただくという、何とも恐れ多い(笑)内容になっています。(8曲中 『LOVE SONGS feat.堂珍嘉邦』のみ古内東子のオリジナル曲)『ロンリー・チャップリン』以外は、デュエット・ソングではない曲なので、それをあえてデュエット・ソングにすることで、とても新鮮に聴こえますし、ビッグバンドのアレンジ(「たをやめオーケストラ」による演奏)なので180度原曲と雰囲気が違います。さらに進化したサウンドや声を聴いていただけると思います。

――この企画が持ち上がった時、古内さん的にはどんな事を感じられましたか?

だんだん膨らんでいった感じの企画だったので、結果的にここまで大きなものになってしまった(笑)という感じですね。

――男性アーティスト側も、古内さんとデュエットできてメロメロな感じだったんじゃないですか?

そういう美しい誤解は解かないようにしていただければ・・・(笑)。実際そんなことは全くなくて、レコーディングでは、みなさんとほぼ初対面でしたし緊張しました。さらにはお相手の大切な代表曲ですし、それらを汚さないようにと委縮していました。

――古内さんが邦楽のカヴァーをするイメージはあまりないんですが、改めて日本の曲を歌われてどんな感想をお持ちですか?

(今回カヴァーした曲が)多くの人に愛されている理由や秘密を知ったような感じです。歌詞も聴く人や、聴くシチュエーションによって解釈が変わってきますし、七色に光る言葉が散りばめられているような、そんなイメージです。

――今回アレンジはビッグバンドですが、何故ビッグバンドにこだわったのでしょうか?

デュエットという事で、グラマラスな雰囲気にしたかったんです。女性と男性が大きなマイクで、ドレスアップをして歌うようなイメージです。ミラーボールがキラキラしているようなステージにハコバンが居て、そういうイメージだとやはりサウンドは、ビッグバンド風なんじゃないかなと思いまして。

前のページ (ページ:1/2) 次のページ