MUSICSHELFトップ > インタビュー・プレイリスト > 猪又孝のvoice and beats > 在日ファンク

猪又孝のvoice and beats

在日ファンク メジャー2nd Album『レインボー』 Interview

在日ファンク

メジャー2nd Album『レインボー』 Interview

(ページ:1/4)

メジャーデビューを飾った前作『笑うな』に比べ、全体的に明るくポジティブ、ハッピーなムードすら漂う仕上がりとなった在日ファンクのニューアルバム『レインボー』。今回は爽やかグルーヴィンな「それぞれのうた」をはじめ、ディスコファンクな「君のいいところ」や、極上のテンダー&メロウ「ほうよう」、物憂げな囁き系ミッド「ぼくきみ電気」など、新味が盛りだくさん。これまでなかった軽さや柔らかさ、緩さも垣間見られ、多彩な楽曲群と合わせてリスナーとの間に虹のように輝く橋を架ける親しみやすい一枚となった。今回はバンドを率いる浜野謙太とドラマーの永田真毅にインタビューし、本作で解禁された初モノを明らかに。これまであったと言うハマケンの「照れ」の正体とは!?

——今回のアルバム『レインボー』は、前作と比べて明るくハッピーになった印象を受けましたが、どんなアルバムをめざしていたんですか?

永田:明るくてハッピーなものですね(笑)。

——オウム返しじゃないですか(笑)。

浜野:あはは。前作でやり切った感じがあって。「これが在日ファンクなんです!」とか「こういうことを言いたいんです!」みたいなのを。で、そのあとはどうしよう?みたいな感じになったときにサックスの後関(好宏)が「なんか次はさ、ニューファンクって感じのやりたい!」って言いだしたんですよ。

永田:それ聞いて、漠然としてるなぁって(笑)。

浜野:ファンクにニューをつけるっていうのもオカシイし(笑)。けど、それをわかって言ってるし、その言葉を聞いたときにフッと力が抜けたというか。それくらいの力の抜き加減で、今までやったことないことをやろうってことなのかな?と思って、「なんか明るいの作ろうぜ」ってなったんです。

永田:今までは外部ミュージシャンを入れず、バンド内で完結させようっていう暗黙のルールがあったんです。キーボードも基本入れないスタイルで、入れるんだったらハマケンが弾くとか、パーカッションも俺が素人なのにやるとか。今回はそれをなくして、IZPONさんを呼んだりしていて。

浜野:今までなんでそんなに許せなかったのかわからないんですけど(笑)、メンバーが言うには、僕がストイックに規制していたものを解禁したっていうことらしい。ギターの仰木(亮彦)もワウも使えるようになったと言うし、今回は四つ打ちのビートもやってるし、歌詞も明るいというか、ポジティブというか、そういうものになっていったんですよね。

——前作は『笑うな』というタイトルからして、少し鬱屈してますもんね。

浜野:そうなんですよ。だから今回は『笑え』っていうタイトルでも良かったんですけど(笑)。

永田:今回は通して聴くと、ハマケンの「なんか俺はヤリたいんだ!」みたいなのが伝わってくるんですよ。欲望を解放させてるだけというか(笑)。

浜野:「俺はこうなんだ!」っていうのをとりあえずなくしてみたら、「俺はヤリてぇんだ」しかなくなっちゃったっていう(笑)。この年になっていまだにこんなんでいいのかなぁとは思うんですけど(笑)、逆に今までちょっと高尚なものとしてやり過ぎてたのかもしれないですね。

永田:社会的なことを言おうとしてた時期が結構あったし。

浜野:ダブルミーニングにして、とかね。

永田:「爆弾こわい」もそういう時期につくった曲だったから。

浜野:「爆弾こわい」をつくっちゃったから、あの感じでやりたいっていうふうになっちゃったんですよね。「爆弾こわい」ができたとき、すごくしっくりきたんですよ。言葉の響き的にも面白いし、社会的というか、自分が日々の中で思うことを言えた歌詞なんで。

永田:でも、今回も“いいことしよう”(「いいこと」)って歌ってるし。

浜野:あれは“良い事しよう”と“いい子としよう”っていうのをかけてて。

——今回もばっちりダブルミーニングがあるじゃないですか(笑)。

浜野:いやいや、全然、低俗じゃないですか!(笑)

前のページ (ページ:1/4) 次のページ

ナビゲーター

猪又 孝 / TAKASHI INOMATA

1970年生まれ。音楽ライター/エディター。小4のときにビートルズ「HELP」にヤラれ、19歳のときにロジャー・ニコルズ&ザ・スモール・サークル・オブ・フレンズに心奪われるも、22歳でいきなりサザン・ソウルに開眼した、我ながら雑食家。現在は邦楽のソウル/R&B/ヒップホップを中心に執筆。でも、カワイイ& カッコイイ女の子もダイスキ。オフィシャル取材などで馴染みがあるアーティストは、加藤ミリヤ、Zeebra、SKY-HI、東方神起、三浦大知、RIP SLYME(五十音順)等々。

 
 
 
 
 
 
《書籍情報》
 
日本語ラッパー15名の作詞術に迫る
『ラップのことば』
SPACE SHOWER BOOKS刊
amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する タワーレコードで購入・試聴する
https://spaceshowerstore.com/detail.php?goods_id=516

ベストセラー第2弾、日本語ラップを進化させるラッパー15人の作詞術
『ラップのことば2』
SPACE SHOWER BOOKS刊
amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する タワーレコードで購入・試聴する

https://spaceshowerstore.com/detail.php?goods_id=517