MUSICSHELFトップ > インタビュー・プレイリスト > 猪又孝のvoice and beats > TOKYO HEALTH CLUB

猪又孝のvoice and beats

TOKYO HEALTH CLUB New Album『VIBRATION』Interview

TOKYO HEALTH CLUB

New Album『VIBRATION』Interview

(ページ:1/4)

ラップのテンションはユルめだけど韻は硬め。ユーモアの打ち出しは関西系のひらめき型じゃなくて、関東系の練り込みスタイル。リリックは感覚的なようでいて、よくよく聴くとロジカルだったりもする。軽薄なようでいて、根は真面目? つまるところ飄々としていてイマイチつかみづらいのだが、鳴らされている音楽は、どこか懐かしいのに洗練されてて、とても楽しくてキモチイイ。今、早耳の間でジワジワ来ているTOKYO HEALTH CLUBのニューアルバム『VIBRATION』は、そんな一枚だ。多摩美術大学の同級生だったDJ/トラックメイカーのTSUBAMEと、MCを務めるSIKK-O、JYAJIE、DULLBOYで結成し、これまでに2枚のアルバムを発表。昨年はJ-WAVEのキャンペーンCMソングに抜擢され、都市型ニューモデルのラップグループとして注目されている彼らはどんなラップゲームを繰り広げようとしているのか。結成エピソードやグループのスタンス、新作の込めた思いなど、たっぷりと話を聴いた。

——まずは、この気になるグループ名の由来から教えてください。

SIKK-O:最初はTSUBAMEと僕の二人で始めたんです。で、少し後にJYAJIEが加わるんですけど、その頃、TSUBAMEが五反田に住んでたんですよ。

TSUBAME五反田に「ヘルス・トーキョー」っていうメッチャピンク色の看板があって。「これ、バンド名にどう?」ってSIKK-Oに聞いたら「トーキョーを前に持ってきて、略すとTHCになるようにしたい」って。

——アレの主成分がTHCっていうことで?

SIKK-O:そう(笑)。そうするとヒップホップっぽい感じがあるんじゃないかって。それでCLUBをつけて「TOKYO HEALTH CLUBっていうのはどう?」って。そもそも「ヘルス」っていう言葉自体、いろんな解釈ができるところが面白いなと思ったんですよ。

——カタカナで書かれていると風俗を想像するけど、英語だと健康とか健全っていう意味があって、言葉から沸くイメージにギャップがあるっていう。

SIKK-O:そう、間口が広いというか。

TSUBAMEそれで、猛反対したJYAJIEを丸め込んで、この名前になったんです(笑)。

JYAJIE:別に猛反対じゃないけどね(笑)。

——みなさんは多摩美術大学の同級生だそうですが、大学在籍中にグループを結成したんですか?

JYAJIE:いや、卒業してからですね。

TSUBAME僕はDEX PISTOLSが率いていたROC TRAXに所属してたんで、大学のときはそっちをやっていて。卒業して就職することになったんで、そっちは休業して、趣味程度で音楽をやりたいということで、こっちを始めたんです。

SIKK-O:結成のキッカケは、大学を卒業するくらいのタイミングで、僕がちょっとラップをやってみたいなと思ったんです。今から12、13年前かな。YouTubeが出てきて、フリースタイルとかがネットにアップされだして。その頃だと鎮座DOPENESSさんとか環ROYさんとかMETEORさんとか。

——Da.Me.Recordsが始まった頃ですか。

SIKK-O:そうです、そうです。それまでは、くるりとかゆらゆら帝国とかZAZEN BOYSとかナンバーガールとか、わりとそういうものを聴いてたんです。あとは相対性理論とか。で、ヒップホップはどちらかというとダサいと思ってたんですよ。でも、ネットにあがってるラップを見て、“ヒップホップ”というより“新しい言葉遊び”として面白いなと思って聴き始めて、自分もそういうことがやってみたいなって。で、TSUBAMEがすでにトラックを作ったりしていたんで、「ちょっとなんか作ってよ」っていうところが始まりなんです。

前のページ (ページ:1/4) 次のページ

ナビゲーター

猪又 孝 / TAKASHI INOMATA

1970年生まれ。音楽ライター/エディター。小4のときにビートルズ「HELP」にヤラれ、19歳のときにロジャー・ニコルズ&ザ・スモール・サークル・オブ・フレンズに心奪われるも、22歳でいきなりサザン・ソウルに開眼した、我ながら雑食家。現在は邦楽のソウル/R&B/ヒップホップを中心に執筆。でも、カワイイ& カッコイイ女の子もダイスキ。オフィシャル取材などで馴染みがあるアーティストは、加藤ミリヤ、Zeebra、SKY-HI、東方神起、三浦大知、RIP SLYME(五十音順)等々。

 
 
 
 
 
 
《書籍情報》
 
日本語ラッパー15名の作詞術に迫る
『ラップのことば』
SPACE SHOWER BOOKS刊
amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する タワーレコードで購入・試聴する
https://spaceshowerstore.com/detail.php?goods_id=516

ベストセラー第2弾、日本語ラップを進化させるラッパー15人の作詞術
『ラップのことば2』
SPACE SHOWER BOOKS刊
amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する タワーレコードで購入・試聴する

https://spaceshowerstore.com/detail.php?goods_id=517