MUSICSHELFトップ > インタビュー・プレイリスト > 特集 > 特集 カーネーション

特集 カーネーション ニュー・アルバム『Multimodal Sentiment』 インタビュー&プレイリスト

特集 カーネーション

ニュー・アルバム『Multimodal Sentiment』
インタビュー&プレイリスト

(ページ:4/4)

CARNATION’s Playlist
大田譲「二十歳の原点」な10曲

二十歳の頃、大学でバンドをやり始めた頃に聴いて影響を受けたパンク・ニューウェーブを挙げてみました。

「Meccanik Dancing」

by XTC

from 『Go 2』

amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する タワーレコードで購入・試聴する iTunesで購入・試聴する

78年に発売された2枚目のアルバム『Go 2』より。初期のXTCは、ピコピコフガフガ言ってて妙チクリンなバンド?でしたね。 

「Feed The Enemy」

by MAGAZINE

from 『Secondhand Daylight』

amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する タワーレコードで購入・試聴する iTunesで購入・試聴する

イギリスでは、デビュー・アルバムが高評価を受けたようだが、日本ではさほどでもなかったマガジン。大学時代いちばんハマッたバンドで、コピー・バンドを組んでいたほど。ベースの音を真似したくて、コーラスをかけっぱなして弾いてました。

「We Are All Prostitutes」

by THE POP GROUP

from 『For How Much Longer Do We Tolerate Mass Murder?』

amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する タワーレコードで購入・試聴する iTunesで購入・試聴する

ラフ・トレードから出した最初のシングル。この曲を初めて聴いた時の衝撃は、忘れられない。リズム、歌、ギターの音、全てにやられました。

「Reggatta De Blanc」

by THE POLICE

from 『Reggatta De Blanc』

amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する タワーレコードで購入・試聴する iTunesで購入・試聴する

79年のアルバム『白いレガッタ』が大ヒットして80年に初来日したポリス。京大西部講堂のライヴに行けなかったのが残念でしょうがない。彼らは最初、パンク・バンドと言われてました。

「London Calling」

by THE CLASH

from 『London Calling』

amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する タワーレコードで購入・試聴する iTunesで購入・試聴する

アルバム・ジャケットがあまりにカッコいい、79年発売の『London Calling』より。パンクの代表のようなバンドですが、曲のアイディアやポップなメロディーは、他のパンク・バンドと全く違いますね。

「Cheese Burger」

by GANG OF FOUR

from 『Solid Gold』

amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する タワーレコードで購入・試聴する iTunesで購入・試聴する

81年のセカンド・アルバム『Solid Gold』より。リズム・パターンとギターのジャキジャキ感がたまりません。このアルバムは、本当によく聴きました。

「Israele」

by SIOUXSIE & THE BANSHEES

from 『The Best Of Siouxsie & The Banshees』

amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する タワーレコードで購入・試聴する iTunesで購入・試聴する

81年発売のシングル。セックス・ピストルズの親衛隊だったというスージー・スーの声が大好きです。当時、来日公演を観てドラムとベースのクールな演奏姿に痺れました。

「Psycho Killer」

by TALKING HEADS

from 『Talking Heads ’77』

amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する タワーレコードで購入・試聴する iTunesで購入・試聴する

77年のファースト・アルバムより。ニューヨーク・パンクと言われた彼らの出現もかなりの衝撃を受けました。そして、ベースのティナ・ウェイマスのプレイ・スタイルと可愛らしさにやられました。

「Four Enclosed Walls」

by PUBLIC IMAGE LTD.

from 『Flowers of Romance』

amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する タワーレコードで購入・試聴する iTunesで購入・試聴する

1981年発売の「The Flowers of Romance」より。ベースレスのこの曲が、ディスコよくかかってました。

「Communist China」

by JAPAN

from 『Adolescent Sex』

amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する タワーレコードで購入・試聴する iTunesで購入・試聴する

78年のファースト・アルバム『Adolescent Sex』より。当時はアイドル・バンドとして、女の子にキャーキャー言われてましたが、完全にニューウェイヴ・バンドだと思ってました。演奏もアレンジも本当にかっこいい! この曲、学生のときカヴァーしました。

直枝政広、大田譲の新着プレイリストはコチラ!

前のページ (ページ:4/4) 次のページ