MUSICSHELFトップ > インタビュー・プレイリスト > 猪又孝のvoice and beats > KOWICHI

猪又孝のvoice and beats

KOWICHI 4th Album『The Plain』
Special Interview

KOWICHI

4th Album『The Plain』
Special Interview

(ページ:1/4)

得意のギャルチューンを全面に打ち出した前作『SheCRET』で、その名を一層全国に広めたKOWICHIが、約1年ぶりとなる通算4作目のニュー・アルバム『The Plain』をリリースした。本作は、盟友のDJ TY-KOHやYOUNG HASTLEらと共に立ち上げたFLY BOY RECORDSからの第1弾アルバム。「自分のキャリアを振り返っても、一番かっこつけてないし、作り込んでない」と語る、KOWICHIの今をフレッシュなまま切り取った一枚だ。収録曲には相変わらずの女噺がたくさんあるが、一方でこれまでのイメージからは意外に思える人生論を綴った曲も。前作に対して密かに不安を抱え、同時に心境にも変化があったと語るKOWICHI。レーベル設立から本作が完成するまでの道のりを辿りつつ、この男が今求めていることを赤裸々に語ってもらった。

──『SheCRET』をリリース後の去年11月、DJ TY-KOH、YOUNG HASTLEらと共にレーベル〈FLY BOY RECORDS〉を立ち上げましたが、構想はいつ頃からあったんですか?

『SheCRET』が出る半年くらい前だったかな。その頃に、仲間内で、アルバムを出したらYOUNG HASTLEとツーマンライブをやろうという話になったんです。でもツーマンをやるんだったら、いっそのことレーベルを立ち上げて、その看板でやったほうがいいでしょ、みたいなことになって。だから半分ノリで始めちゃったんですよ。

──レーベル設立の言い出しっぺは誰なんですか?

TY-KOHです。今、レーベルにいるのは、DJ TY-KOH、YOUNG HASTLE、自分、あとはプロデューサーのZOT on the WAVEと裏方が2人ですね。

──前作『SheCRET』を振り返って、あのアルバムで得られた確信や手応え、反対に懸念材料なんかもあったら教えてください。

『SheCRET』を出してからますます全国に呼ばれるようになったし、地方でも人がすごく集まるようになったというのは確信してます。でも、『SheCRET』は女の子との絡みの曲っていう縛りがあって……。

──他人事みたいに言ってますけど、その縛りは自分で作ったんですよね(笑)。

そう。自分で作っちゃって(笑)、そういうキャラ設定にしたのはいいけど、この先、それで大丈夫かなと思ったんですよ。実際そういうふうに認知されてるけど、「結構、俺、メッセージ性のある曲もできるぜ」って言いたいところがあって。

──「10年後」とか「Mother」とか、シリアスな曲もありましたからね。でも、そこに着目されないことが寂しかったりもしたと。

そうなんです。そこがちょっと不安というか懸念だったんですよね。それで次の一手をすごく悩んだんです。ただ、さっき言ったツーマンが終わって年が明けたら、客演仕事がものすごく増えて。プラス、上半期は、週末はほとんどライブで自分名義の作品をまったく作ってなかったんです。気づいたら半年近く経ってて、「今年、ワンマンやる」って言ってたのに、これはマズイと(笑)。それでZOTと話してたら「とりあえずEPでも出せば?」って言われたんです。

──それが今年7月の「REP MY CITY」。

それでノリで5曲作って配信だけで出したら意外と反応が良くて、このままアルバムを作ろうという話になって。そうなったのはいいんですけど、EPを作ってる頃にワンマンをやることが本決定して。……ってことは、ワンマンの1か月くらい前にはアルバムをリリースしたほうがいいと。で、逆算していったらEPなんか出してる場合じゃなかったっていうことに気づいて(笑)。

──んははは! 全然時間がねぇじゃんと。

だから、アルバムは1か月くらいで作ったんですよ。もうギリギリで作って。そんなことだったから、どんなアルバムにしようとか、ぶっちゃけ全然考えられなくて、とりあえず言いたいことしか言ってないんですよね。

──だから、タイトルも『The Plain』に?

そう。最近、結構、無地のプレーンTとか着てて、“プレーン”って響きがいいなと思ってたんです。要は色付けもしてないと。素のまんまじゃないけど、今回のアルバムは自分のキャリアを振り返っても、一番かっこつけてないし、作り込んでなかったから、そのタイトルでいこうと思ったんです。

前のページ (ページ:1/4) 次のページ

ナビゲーター

猪又 孝 / TAKASHI INOMATA

1970年生まれ。音楽ライター/エディター。小4のときにビートルズ「HELP」にヤラれ、19歳のときにロジャー・ニコルズ&ザ・スモール・サークル・オブ・フレンズに心奪われるも、22歳でいきなりサザン・ソウルに開眼した、我ながら雑食家。現在は邦楽のソウル/R&B/ヒップホップを中心に執筆。でも、カワイイ& カッコイイ女の子もダイスキ。オフィシャル取材などで馴染みがあるアーティストは、加藤ミリヤ、Zeebra、SKY-HI、東方神起、三浦大知、RIP SLYME(五十音順)等々。

 
 
 
 
 
 
《書籍情報》
 
日本語ラッパー15名の作詞術に迫る
『ラップのことば』
SPACE SHOWER BOOKS刊
amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する タワーレコードで購入・試聴する
https://spaceshowerstore.com/detail.php?goods_id=516

ベストセラー第2弾、日本語ラップを進化させるラッパー15人の作詞術
『ラップのことば2』
SPACE SHOWER BOOKS刊
amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する タワーレコードで購入・試聴する

https://spaceshowerstore.com/detail.php?goods_id=517