MUSICSHELFトップ > インタビュー・プレイリスト > 猪又孝のvoice and beats > RIRI

猪又孝のvoice and beats

RIRI 1st EP『I love to sing』Interview

RIRI

1st EP『I love to sing』Interview

(ページ:1/4)

AIに見出された現役女子高生シンガー、RIRI。彼女との出会いは今年6月にひっそりと配信されたデビュー曲「COLOR ME」だった。たおやかなグルーヴに乗る艶っぽくてキュートな歌声に一発でヤラれ、続けて配信された「GOLD」では迫力ある低音のうなり声にノックアウト。11月に日本武道館で行われたAIのライブのオープニングアクトで初めて生声を聴き、さらにその類い稀な歌唱力と大舞台で怖じ気づかないパフォーマンス力に驚嘆した。中学時代に自力でAIに出会うチャンスを掴み、AIの強い勧めで所属事務所と契約。先述の楽曲でiTunesのR&B/ソウルランキング1位も獲得している彼女。生まれ持っての輝かしい才能は11月にリリースされた初のEP『I love to sing』からも溢れだしている。ルックスはナチュラルだし、話していても飾り気のない普通の高校生なのに、歌うとどえらいというギャップも魅力。きっとこれからの日本のR&Bシーンにその名を刻むことマチガイナシのRIRI。この歌声は本物だ。

──11月5日で17歳になりましたが、デビューした今年はいつもと違う誕生日だったんじゃないですか?

そうですね。誕生日に友達同士でパックに入ったお菓子にメッセージを書いて渡すのが流行ってるんですけど、今年はそれをいっぱいもらって。「ずっとずっと応援してるから」って書いてあったりして嬉しかったです。あと、AIさんにも祝ってもらえてすごく特別な誕生日になりました。

──今日は小さい頃の話から訊いていきたいんですが、音楽的なことで覚えている一番古い記憶は何ですか?

祖父がラテン音楽とか民族音楽とかをよく聴いてる人で、それを受け継がれてか、母が音楽好きなんです。だから家で音楽がよく流れていた記憶がありますね。

──それを聴いてRIRIちゃんも歌ったり、踊ったり?

自分ではあまり覚えてないんですけど、母が「自分が好きな曲になるとよく歌ってた」って言ってました。3、4歳くらいになって体を動かすことができるようになったら適当なフリで踊っていたらしくて。そのビデオも録ってあってすごく面白かったです。

──ビデオではどんな曲で踊ってました?

デスティニーズ・チャイルドとか。あとは安室奈美恵さんとかBoAさんの曲でも踊ってました。

──お母さんはどんなジャンル/どんなアーティストが好きなんですか?

特にR&Bが好きですね。デスチャとかビヨンセ。あとはマライア(・キャリー)、ホイットニー(・ヒューストン)、メアリー・J.ブライジとか。私も洋楽のR&Bを聴くのが好きでした。

──モータウン系とかの古いソウル音楽は?

母はチャカ・カーンも好きって言っていました。私がわからないだけで、意外と古い曲もいっぱい聴いてたんだと思います。

──歌手になりたいと最初に思ったのは?

4歳の頃から「歌手になる」って言ってたみたいです。音楽を聴くのも歌うのも好きだったから、自然とそう思ってて。でも、練習とかは別にしてなくて、家やカラオケで歌ってるくらいだったんですけど(笑)。

──はっきりと自分の中で歌手をめざそうと思ったのは?

小6のときにデヴィッド・フォスターのオーディションを見つけて、なぜだかすごく「受けたい!」と思ったんです。でも、そのオーディションに気付いたのが締切2週間前で(笑)。それまで全然練習してなかったし、受からないかなと思ったけど、受かる受からないじゃなくて、まずはベストを尽くそうと思って。

──まずは腕試し、みたいな。

そうです。で、メッチャ練習して受けたらファイナルまで行っちゃって。そこで「やっぱりこの道だな」って決心がついたんです。そこからすごく意識して歌を練習したり、研究したりし始めたんです。

前のページ (ページ:1/4) 次のページ

ナビゲーター

猪又 孝 / TAKASHI INOMATA

1970年生まれ。音楽ライター/エディター。小4のときにビートルズ「HELP」にヤラれ、19歳のときにロジャー・ニコルズ&ザ・スモール・サークル・オブ・フレンズに心奪われるも、22歳でいきなりサザン・ソウルに開眼した、我ながら雑食家。現在は邦楽のソウル/R&B/ヒップホップを中心に執筆。でも、カワイイ& カッコイイ女の子もダイスキ。オフィシャル取材などで馴染みがあるアーティストは、加藤ミリヤ、Zeebra、SKY-HI、東方神起、三浦大知、RIP SLYME(五十音順)等々。

 
 
 
 
 
 
《書籍情報》
 
日本語ラッパー15名の作詞術に迫る
『ラップのことば』
SPACE SHOWER BOOKS刊
amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する タワーレコードで購入・試聴する
https://spaceshowerstore.com/detail.php?goods_id=516

ベストセラー第2弾、日本語ラップを進化させるラッパー15人の作詞術
『ラップのことば2』
SPACE SHOWER BOOKS刊
amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する タワーレコードで購入・試聴する

https://spaceshowerstore.com/detail.php?goods_id=517