MUSICSHELFトップ > インタビュー・プレイリスト > インタビュー > SHE’S

SHE’S ファースト・フル・アルバム『プルーストと花束』 Interview & Special Playlist

SHE’S

ファースト・フル・アルバム『プルーストと花束』
Interview & Special Playlist

(ページ:2/3)

──SHE’Sというバンドの魅力は、技術面だけでは計れないところがいっぱいあるように思います。

井上 そもそも、みんなテクニカルなことはぜんぜんやし。

服部 SHE’Sの楽曲はコピーしやすそうやから。

──敷居は低く奥行きは深いというか、ライヴバンドとしてのタフさもありながら、ライヴハウスと縁遠い一般大衆にも訴求するメロウ感も持っていて。

井上 将来的にはスタジアムであったり大きなステージに立つのが目標なので、大衆性との両立は絶対に切れない部分ですよね。洋楽的なことをやっていても、日本語で歌っていれば一般的には日本のバンドとして捉えてもらえるし、そこに対する不安はないんですけど。

──歌詞の面でいえば、言葉ありきのメロディーというか、バンドでもヒップホップ的手法で詞を編んでいく人も最近は多いと思うんですけど、韻を踏むとか、ビート重視で言葉を繋いでいるものではないですよね。そういった部分にSHE’Sの普遍性があると思います。

井上 そうですね。僕は韻は踏めないんで(笑)。結局、聴いてる側は気持ちよくても、一発で意味を聴き取れて、一回聴いただけで感動できる、もう一回聴きたいってなる歌でありたいから、韻やビートに縛られると、選べる言葉が少なくなってしまうんですね。それで難しい単語を使ったりするのは、SHE’Sの音楽で求めているものとは違うものになりますし、韻を踏んでいるような歌詞の曲も嫌いではないですけど、韻の気持ち良さよりも印象的なワンフレーズが残る歌詞書きでありたいですね、僕は。

──さて、初のフル・アルバムということで、この作品を通じて初めてSHE’Sの音楽を深く体験するリスナーも多いかと思うんですけど、改めてこのタイミングでしっかり届けたい“ここは!”というところを?

井上 楽曲的なことで言ったら、ピアノが入ってることもそうなんですけど、洋楽が全員好きで、洋楽のニュアンスを出したいっていうのがひとつ芯にあるんです。そこを意識して曲を作ってるので、邦楽ロックの枠組みであれどちょっと違う方向の曲を書いてるつもりではあるし、ピアノロックという枠組みにも当てはまらない曲が書きたいなって思ってるので、そういったところをこの作品ではより意識してますね。

──洋楽のニュアンスというのは具体的には……?

井上 メロディーですね。日本の音楽って、小難しいことをしがちというか、コード進行もよく変わるし、サビで転調したりとかっていうものも多いんですけど、自分はそういったものがあんまり好きじゃないんです。あと、たとえばコールドプレイから影響を受けて音を作っていると言っててもメロディーは日本っぽいとか、歌詞やメロディーを詰め込みすぎてるものとか、聴いていて「なんかなあ……」って思うんです。自分は、洋楽的なダイナミックなサウンドで、ダイナミックなコード進行で、ダイナミックなメロディーラインで動いていくのが好きなので、そういうのを継承したいというか。

服部 ギターにしても、細かいフレーズを詰め込んで、ハンマリングとかプリングとか使って器用にやるようなものじゃなくて。やっぱりその、僕は70年代、80年代の洋楽ロックばっかりを聴いてきたので、やっぱりダイナミックさを意識して音作りをしてますね。

──さて、3月からはアルバムを引っ提げての全国ツアーも始まります。最近のライヴの様子はいかがですか?

井上 いまが転機というか、変えてかないかんなという気持ちはありますね、いろいろ。

木村 最初の一曲の熱量が大事やなってつくづく思うようになりました。最初固く入ってしまうと、そのあとずっと固くなってしまうので、最初からにグッとアゲていくとライヴ感がすごく出るといいますか、うしろから見てて3人が前のめりになってる感じがわかるんですよ。

井上 テンション上げたいところは上げすぎず、丁寧に伝えたいところは丁寧になりすぎて固くならないように。理性を抑制するバランスといいますか、安心感みたいなものを出していこうと思って。

木村 去年のワンマンツアーでは「固かったぞ」って身内に言われたライヴもあったので、今年は初っ端からギャフンと言わせたいというか。

井上 ギャフンとね(笑)。


 

《リリース情報》


First Full Album
『プルーストと花束』
2017年1月25日発売
初回限定盤(CD+DVD)
TYCT-69113 / ¥3,500(+税)
amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する タワーレコードで購入・試聴する
通常盤(CD)
TYCT-60096 / ¥2,800(+税)
amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する タワーレコードで購入・試聴する iTunesで購入・試聴する

[収録曲]
01. Morning Glow
02. 海岸の煌めき
03. Stars
04. Say No
05. Tonight
06. グッド・ウェディング
07. パレードが終わる頃
08. Freedom
09. Running Out
10. Ghost
11. プルースト

[DVD収録内容]※初回限定盤
Acoustic Live in Tokyo and Osaka
東京と大阪で行われた招待ライブの模様を収録。インディーズ時代の名曲を中心に、全曲アコースティック・アレンジで演奏された貴重なステージ!

 

《ライブ情報》

SHE’S One man Tour  2017 “プルーストの欠片”
3月4日(土)広島・セカンドクラッチ
3月5日〔日)岡山・イマージュ
3月11日(土)福岡・DRUM Be-1
3月17日(金)北海道・札幌 KRAPS HALL
3月19日(日)宮城・仙台 MACANA
3月20日(月・祝)新潟・CLUB RIVERST
3月22日(水)石川・金沢 vanvan V4
3月24日(金)大阪・BIG CAT
3月26日(日)名古屋・NAGOYA CLUB QUATTRO
4月09日(日)東京・赤坂BLITZ

ツアー特設サイト
http://she-s.info/shes-tour2017/

 

《プロフィール》

SHE’S
※ページトップの写真左から
木村雅人(ドラムス)
広瀬臣吾(ベース)
井上竜馬(ヴォーカル/キーボード)
服部栞汰(ギター)
メンバー全員大阪出身、92年生まれの次世代ピアノロック・バンド。全作品のソングライティングを担う井上竜馬が奏でるピアノをセンターに据え、エモーショナルなロック・サウンドから心を鷲掴みする珠玉のバラードまで創り出す。これまでにミニ・アルバム3作品リリースし、2016年6月に発売されたメジャー・デビュー作「Morning Glow」はiTunes総合アルバム・チャート1位を獲得。同年7月に東名阪のCLUB QUATTROで開催されたリリースツアーはいずれもソールドアウト。8月には〈ROCK IN JAPAN FESTIVAL〉〈RISING SUN ROCK FESTIVAL〉など数々のフェスに出演。10月のセカンド・シングル「Tonight」を経て、2017年1月25日にファースト・フル・アルバム『プルーストと花束』を発表。3月からはアルバムを引っ提げ、全10公演の全国ワンマンツアーを行う。

オフィシャルサイト
http://she-s.info/

Special Playlist
「SHE’Sができるまで」はコチラ!

前のページ (ページ:2/3) 次のページ