MUSICSHELFトップ > インタビュー・プレイリスト > 特集 > GOOD ON THE REEL

PLAYLIST - プレイリスト

GOOD ON THE REEL サード・フル・アルバム『グアナコの足』インタビュー

GOOD ON THE REEL

サード・フル・アルバム『グアナコの足』インタビュー

(ページ:2/2)


3rd Full Album 『グアナコの足』
2017年2月8日発売
初回限定盤(CD+DVD)UPCH-7225 / ¥3,600(+税)
amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する タワーレコードで購入・試聴する
通常盤(CD) UPCH-2108 / ¥2,800(+税)
amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する タワーレコードで購入・試聴する


 

GOOD ON THE REEL’s Playlist

GOOD ON THE REELの“一部”になっている10曲 

ニュー・アルバム『グアナコの足』で、さらに深い音楽観をその楽曲に映し出したGOOD ON THE REEL。そんな彼らの背景にあるルーツ的作品を、5人のメンバーにセレクトしていただきました。(編集部)

「Hyperballad」

by Bjork

from 『Post』

amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する タワーレコードで購入・試聴する iTunesで購入・試聴する

ぜんぜんリアルタイムではないんですが、10年ぐらい前に知り合いがライヴ映像を見せてくれて、「この世界観は何なんだ!」ってものすごく衝撃を受けました。アーティストとしての見え方だったり、パフォーマンスだったり、佇まいだったり、僕自身のそれにも繋がってると思うぐらい影響を受けてます。裸足でステージに立つのはさすがに恥ずかしかったし、ビョークの影響でやってる人も多かったから、靴は履き続けてますけど(笑)。(千野隆尋)

「Claver」

by Federico Durand

from 『EL Estanque Esmeralda』

amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する タワーレコードで購入・試聴する iTunesで購入・試聴する

エレクトロニカというかヒーリングっぽい感じなんだけど、これは毎日聴いてます。シャッフルで聴きながら街を歩いてると、少し感傷的な気分になるし、そこで自分の“言葉を拾う”アンテナが立つことが多いんです。感覚を鋭くしてくれる……けど、邪魔にならない音。いま見てる景色をより良くしてくれるというか、人混みが苦手でもこれ聴いていれば歩けちゃう。本を読む時にいつも聴いてたり、いまの自分の生活に密着してる音楽ですね。(千野隆尋)

「Soon」

by My Bloody Valentine

from 『Loveless』

amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する タワーレコードで購入・試聴する iTunesで購入・試聴する

名盤ですね。最近はあまり聴いてないですけど、身体の中に入っちゃってるし、出会った頃はずっと聴いてました。ずっと埋もれていたいと思わせるし、巧さというよりセンスを感じる作品です。この人たちのおかげでシューゲイザーというものを知ったし、フジロック(2013年)でも一番前まで行って音を浴びてきました。全体的に浮遊してる感じの音ですけど、「Soon」という曲だけはポップな感じなので、一曲挙げるということではこれを。(伊丸岡亮太)

「Takk…」

by Sigur Ros

from 『Takk…』

amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する タワーレコードで購入・試聴する iTunesで購入・試聴する

僕はもともと静かな音楽が好きで。シガー・ロスも、このアルバム以外では轟音が多かったりするんですけど、このアルバムはピアノとかを使った静かな曲も多くて。北欧の人たちが作る音楽って自分に合ってるなあって思うことがあるんですけど、僕自身の生まれが青森なんで、もしかしたらそういう寒いところの音楽が肌に合ってるのかも知れないですね。ヨンシー(・ビルギッソン)の声が美しすぎて好きすぎて、何度マネしたことか(笑)。(伊丸岡亮太)

「When You Wish Upon A Star」

by the band apart

from Various Artists『DIVE INTO DISNEY』

amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する タワーレコードで購入・試聴する

このコンピレーションが出たのが高一の秋だったんですけど、それまでパンクしか弾いたことがなかった、パワーコードしか弾いたことがなかった僕が、the band apartと出会って、こういう弾き方もロックなんだ!って気づかされたんです。結構複雑なコードを使ってたり、ツインギターが絡んだりっていうことをやったことがなかったので、これでハマって、高校時代はずっと聴いてました。ギターの可能性を広げてくれたのはこのバンドです。(岡﨑広平)

「Like Eating Glass」

by Bloc Party

from 『Silent Alarm』

amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する タワーレコードで購入・試聴する iTunesで購入・試聴する

専門学校一年生の頃に友達から借りて聴いたんですけど、暗いアルバムなんですよね。それまでオルタナとかほとんど聴いてなかったのが、これをきっかけに聴くようになって、リズムの作り方も衝撃だったし、ギターの使い方とかもエフェクターでニュアンスを出して、それをループさせて音数を増やしていくっていうのがおもしろくかった。こういうバンドがやりたいって、GOOD ON THE REELを組んだきっかけに繋がったアルバムです。(岡﨑広平)

「By the Way」

by Red Hot Chili Peppers

from 『By the Way』

amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する タワーレコードで購入・試聴する iTunesで購入・試聴する

それまで洋楽とかぜんぜん聴いてなかったんですけど、友達にレッチリ好きな奴がいて、カラオケでこの曲を歌うんですよ。ぜんぜん上手くないし、カラオケのショボい音だし、何やってるのかわからない(笑)。で、そんなに好きなら本物を聴いてやろうと思って聴き進めていったら、チャド(・スミス)のドラムが入って来たところで「おおっ!」となって……ハマりました。ベースをやってる人にレッチリが嫌いな人はいないんじゃないかな。(宇佐美友啓)

「Stay Gold」

by Hi-STANDARD

from 『MAKING THE ROAD』

amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する タワーレコードで購入・試聴する iTunesで購入・試聴する

洋楽を聴いてなかった頃は、むしろ洋楽好きな奴が嫌いで(笑)、自分はどこかひねくれてたんですよね。まわりがイイって言ってるものを素直に受け入れないというか。ハイスタもすごく人気だったし、みんな聴いてたから、最初は意地を張って聴いてなかったんですけど、そんなに言うならって聴いてみたら、こういうこと!って驚きました。とくに「Stay Gold」は、音が一発鳴った瞬間に「ゴメンナサイ、参りました」って思いましたね。(宇佐美友啓)

「Master Of Puppets」

by Metallica

from 『Master Of Puppets』

amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する タワーレコードで購入・試聴する iTunesで購入・試聴する

ウチの父親がディープ・パープルとかハードロック好きで、兄貴もバンドをやってたから洋楽とかなにげなく聴いてたんです。で、中学の時に部活終わって家に帰ったら、兄貴がオーケストラをバックにバンドが演奏してるビデオを見てて、「何見てるの?」って訊いたら「メタリカだよ」って。すごく衝撃でしたね。曲もカッコイイし、そこからメタリカを聴くようになって、何年か前に父親と兄貴と3人でメタリカのライヴを観に行きました。(高橋誠)

「夢であるように」

by DEEN

from 『SINGLES+1』

amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する タワーレコードで購入・試聴する iTunesで購入・試聴する

小学校の時に遊んでた友達がちょっとシブい趣味の子で、DEENがすごく好きだったんですよ、相当なレベルで(笑)。それで結構馴染みがあって、この曲が「テイルズ オブ デスティニー」っていうゲームのテーマソングに使われていた時に「あのバンドだ!」ってすごくハマって。いまだによく聴きますね。プレイヤーとしてというより、センス的な部分で影響を受けてると思います。入口は邦楽、それも王道のJ-POPっていう感じで。(高橋誠)

MUSICSHELF


 
《ライブ情報》

GOOD ON THE REEL 2017 TOUR
HAVE A “GOOD” NIGHT Vol.51〜70「グアナコの行進」

3月24日(金)神奈川・川崎クラブチッタ
4月01日(土)兵庫・KOBE VARIT.
4月02日(日)香川・高松DIME
4月04日(火)京都・KYOTO MUSE
4月06日(木)広島・セカンドクラッチ
4月08日(土)熊本・B.9 V2
4月09日(日)鹿児島・SR HALL
4月15日(土)静岡・静岡 UMBER
4月23日(日)北海道・札幌 cube garden
4月28日(金)岩手・盛岡 chage wave
5月12日(金)岡山・YEBISU YA PRO
5月13日(土)福岡・DRUM LOGOS
5月21日(日)愛知・名古屋 ダイアモンドホール
5月25日(木)栃木・宇都宮 ヘブンズロック
5月27日(土)新潟・NEX
5月28日(日)石川・金沢 AZ
6月03日(土)宮城・仙台 darwin
6月04日(日)福島・郡山 #9
6月11日(日)大阪・なんばHatch
6月16日(金)東京・中野サンプラザ

チケット:¥3,700(ドリンク代別)東京公演のみ¥4,200(税込)※6歳以上有料
※申し込み枚数:1公演につき4枚まで/複数公演申し込み可
詳しくはオフィシャルサイトへ:http://goodonthereel.net/

Special Playlist
GOOD ON THE REELの“一部”になっている10曲

前のページ (ページ:2/2) 次のページ