MUSICSHELFトップ > インタビュー・プレイリスト > 猪又孝のvoice and beats > JJJ

猪又孝のvoice and beats

JJJ セカンドソロアルバム『HIKARI』インタビュー

JJJ

セカンドソロアルバム『HIKARI』インタビュー

(ページ:3/4)

──結果的に、STUTSとAru-2、両方ともノスタルジーを感じるようなトラックですよね。それに引っ張られてか、JJJくんもそういう趣のリリックを書いてて。

そういう面を二人が引き出してくれたと思います。生きてて自然に思ったことを素直に描いたつもりです。

──でも、そこが今作のポイントだと思ってるんです。

確かに。前回は結構思い詰めてるようなリリックになってるんですよ。だけど今回は前回に比べて外に向かって歌ってるのが多いんですよ。

──今回は内省的なリリックが多いなと思ったんです。でも、悶々としてるんじゃなく、成長していくために、前に進んでいくために俺は今どうなんだ?っていうような気持ちで内省してるから外に意識が向いてるし、かっこよく言うと、内なる情熱が感じられる歌詞が多いなと思ったんです。

確かに。特に後半はそういう流れですね。

──だから、ちょっとエモいなと思ったんですよ(笑)。

今回「エモいね」っていろんな人に言われるんですよ。そういうのを作ったつもりはなかったんですけど、できあがった曲を集めてみたらそうなったなぁって。これを作ってた時期は、そういう気持ちだったのかな。

──JJJくんには飄々としてる印象を受けるけど、実はエモい人なの?(笑)

あはは! わかんないすけど(笑)。でも、俺はトラックでも語りたいと思ってるんですよ。トラックでも色んな景色を見せられればいいなと思って作ってるから。

──ラップの書き方自体に、最近、変化があったりしますか?

最近は考えないで書くようになりました。さっきの「初期衝動を大事に」じゃないけど、フリースタイルというか、出てきた言葉をバーッと書いていって、リリック帳も消さないで、みたいな書き方をしてますね。

──それによって感情の筋道というか、前後の脈絡がある話を書けるようになってきた。

なんかできちゃったんですよね、そういうのが。あと、トラックを作ってるときって嫌でもテーマがあるから、それに歌わされてるというか、だったらそれを歌いに行くっていう感じでやってるところもあると思います。

──本作で最もチャレンジだった曲はどれですか?

チャレンジというか、「作ったー」っていう達成感がいちばんあったのは「MIDNIGHT BLU ft. 仙人掌, Emi Meyer」ですね。最初はミッドナイトブルー♪って歌ってる声ネタのトラックだったんですけど、そのサンプリング許諾がおりなくて。その上ネタが使えなくなったから代わりに何かを入れないといけない、どうしよう?って悩んでたときに、エミ・マイヤーさんを思いついて。彼女にピアノを弾いてもらって、それを自分でサンプリングして、トラックに合わせて打ち直すっていう作業をしたんです。だから、手間がかかってるんですけど、そのぶん良いものができたなと思ってますね。

──前作ではACOを起用したりと、JJJくんには歌モノへの目配りを感じますが、今回その役割をエミ・マイヤーさんに求めたところがあるんですか?

そうですね。エミ・マイヤーさんは昔からすげえ好きで。一度だけスペースシャワーの事務所でお会いしたことがあって、そのときに自分のアルバムを渡したら「ぜひコラボしましょう」みたいなことを言ってくださったのがすごい嬉しくて。それが『Yacht Club』が出たちょっと後だったと思うんですけど。

──じゃあ、2年越しくらいの愛が叶った(笑)。

(笑)。なのに、何回もピアノをやり直させてもらって。「そういう感じじゃないんです」とか言うと、それをわかってくれて何回も弾いてくださって。みんな本当頑張ってくれて出来たトラックなんです。

──そこに仙人掌を加えようと思った理由は?

リリックを見てもらえればわかるんですけど、仙人掌はブルーな出来事があったっぽくて。最初、俺はそれを全然知らずに「ミッドナイトブルーっていう曲があるんでラップしてください」って感じでお願いしたんですよ。で、返ってきたラップを見たら「あれ?」って。不覚にも俺、最初に聴いたとき、泣いてしまって。ブルーなリリックを引き出してしまったんです。

前のページ (ページ:3/4) 次のページ

ナビゲーター

猪又 孝 / TAKASHI INOMATA

1970年生まれ。音楽ライター/エディター。小4のときにビートルズ「HELP」にヤラれ、19歳のときにロジャー・ニコルズ&ザ・スモール・サークル・オブ・フレンズに心奪われるも、22歳でいきなりサザン・ソウルに開眼した、我ながら雑食家。現在は邦楽のソウル/R&B/ヒップホップを中心に執筆。でも、カワイイ& カッコイイ女の子もダイスキ。オフィシャル取材などで馴染みがあるアーティストは、加藤ミリヤ、Zeebra、SKY-HI、東方神起、三浦大知、RIP SLYME(五十音順)等々。

 
 
 
 
 
 
《書籍情報》
 
日本語ラッパー15名の作詞術に迫る
『ラップのことば』
SPACE SHOWER BOOKS刊
amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する タワーレコードで購入・試聴する
https://spaceshowerstore.com/detail.php?goods_id=516

ベストセラー第2弾、日本語ラップを進化させるラッパー15人の作詞術
『ラップのことば2』
SPACE SHOWER BOOKS刊
amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する タワーレコードで購入・試聴する

https://spaceshowerstore.com/detail.php?goods_id=517