MUSICSHELFトップ > インタビュー・プレイリスト > 特集 > 特集 上原ひろみ

特集 上原ひろみ Akiko Yano × Hiromi 『ラーメンな女たち -LIVE IN TOKYO-』

特集 上原ひろみ

Akiko Yano × Hiromi
『ラーメンな女たち -LIVE IN TOKYO-』

(ページ:2/2)

このアルバムの曲を中心に、二人の旧曲とかもやる予定です。
すごい良いライヴになると思います。

矢野顕子×上原ひろみ_subーーちなみに、上原さんから見て矢野さんてどんな人ですか?

包容力があって、すごく子供のような部分もあり、深い優しさがある人です。

ーー仕事を離れたところでも結構おつきあいされているんですか。

プライベートなおつきあいのほうが多いです。NYに居るときは必ず会うし、オフの時はいつも矢野さん家にご飯をご馳走になりに行くんです(笑)。

ーー矢野さんの手料理を?

矢野さん、すごいお料理作るのが得意なんですよ。野菜料理みたいなものもパッパッと何品も作ってくださって。私は大根が好きなので、大根を煮て下さることが多いですね。

ーーそれを横で手伝ったりして。

いや、矢野さんといるときはおまかせで、私は猫と一緒にご飯ができるのを待っているだけですね(笑)。矢野さん家のどこにお箸があってとか全部わかってるので、そういうのを準備したりするのは手伝いますけど。

ーーそして、食事をしながらガールズトークに花が咲くわけですね(笑)。食べ物の話が出たところで、ライヴのラスト・ナンバー「ラーメンたべたい」についてですが、ここで聴ける共演も圧巻ですね。観客の盛り上がりもすごくて。

この曲はもともとやる予定はなかったんです。7曲決まってて<もう1曲矢野さんの曲を何かやろう>っていうので、いくつか曲の案が出てて、いろいろ編曲していたら、突然「ラーメンたべたい」のすごいカッコいいアレンジを思いついたんです。ただ、前回「ラーメンたべたい」をやったので、できるだけ同じ曲はやらないようにしようと思ってはいたんですけど、あまりにもカッコよかったから、矢野さんに<すごいカッコいい“ラーメン”を思いついたんだけど、もう一回やるのはどうかな?>って言ったら、<いいんじゃない?>って言ってくれたんです。

ーー今回のアレンジのポイントは?

前回、2011年ヴァージョンは「ソー・ホワット」っていうマイルス・デイヴィスの曲を引用していて、Aメロの「ラーメンたべたい」っていうところからずっとスウィング・フィールで行って、AメロとBメロの差がそんなになかったんですけど、今回は「ラーメンたべたい」っていうところのテンポがかなり速くなっていて、Bメロの<男もつらいけど〜>のところは半分のスピードにしたんですね。だから、Bメロの<男もつらいけど女もつらいのよ 友達になれたらいいのに>っていうところの切なさが、より際立つアレンジになったと思います。

ーー確かに、オリジナルに比べると「ラーメンたべたい」気持ちが迫ってきますね。〈今すぐ食べたい!〉って。カタルシスを感じさせる演奏といい、ライヴのシメとしてぴったりの曲です。改めてアルバムを通して聴かれてみていかがでしたか。

観客の皆さんには、最初にライヴをレコーディングすることをお知らせしていたので、<音をたてちゃいけない>って会場にかなり緊張感があったんです。でも、コンサートが進むにつれて、どんどんお客さんもくだけていって、「飛ばしていくよ」が終わった時は、まるでみんなで一緒に演奏したみたいに盛り上がったし、「ラーメンたべたい」が終わった時は、お客さんも達成感があったんじゃないかと思います。だから、このアルバムには二人の音だけじゃなくて、2000人すべての気持ちが真空パックされているって思いました。

ーー達成感を感じたお客さんは、会場を出たらラーメンを食べに行っちゃうんでしょうね。打ち上げ気分で。

前回、人見記念講堂でやった時は246沿いのラーメン屋さんが全部満席になったらしくて(笑)。この時は、Bunkamuraの周りのラーメン屋さんがいっぱいになったそうです。

ーーすごいですね。矢野さんも上原さんもラーメンがお好きだそうですが、それぞれお気に入りのラーメンはありますか。

矢野さんは中華そばが一番好きみたいです。シンプルな醤油と魚貝系のダシというか。私はオールラウンド。ご当地のいちばん美味しいやつを食べます。札幌行ったら味噌ラーメン、福岡行ったらとんこつラーメンみたいな感じですね。一杯のどんぶりの中にあるドラマが好きなんですよ。世界観というか。

ーーラーメンの小宇宙!

……が好きなんです。だからつけ麺は食べないんですよね。二杯に分かれているので。

ーー哲学があるわけですね。そういう話を伺うと、このアルバムがどんぶりに見えてきますね。曲という具材があって、上原、矢野というダシがたっぷり効いてる。してみると、ツアーは出前みたいなものですが、4月のツアーはどんなものになりそうですか。

このアルバムの曲を中心に、二人の旧曲とかもやる予定です。この間、セットリストを作ったんですけど、そのセットリストを見て、矢野さんが<すごい良いライヴだったね!>って言ったんです。まだやってないのに(笑)。だから、すごい良いライヴになると思います。


《リリース情報》
矢野顕子×上原ひろみ
『ラーメンな女たち -LIVE IN TOKYO-』
NOW ON SALE!

UCCO8011スリーヴ
初回限定盤(SHM-CD+DVD) UCCO-8011 / ¥3,780(tax in)
初回限定盤スリーヴ仕様
amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する タワーレコードで購入・試聴する

UCCO1171
通常盤(SHM-CD): UCCO-1171 / ¥3,024(tax in)
amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する タワーレコードで購入・試聴する

全編曲:上原ひろみ(except 2)
矢野顕子:vocal, piano(左チャンネル)/上原ひろみ:piano(右チャンネル)

CD
1. 東京は夜の7時
作詞・作曲:矢野顕子

2. おちゃらかプリンツ(おちゃらかほい~フットプリンツ)
おちゃらかほい:わらべうた
フットプリンツ:作曲:Wayne Shorter

3. 真赤なサンシャイン(エイント・ノー・サンシャイン~真赤な太陽)
エイント・ノー・サンシャイン:作詞・作曲:Bill Withers
真赤な太陽:作詞:吉岡治・作曲:原信夫
オリジナル歌唱:美空ひばり

4. 飛ばしていくよ
作詞・作曲:矢野顕子

5. ドリーマーDREAMER
作詞:矢野顕子・作曲:上原ひろみ

6. こいのうた
作詞・作曲:上原ひろみ

7. ホームタウン・ブギウギ(東京ブギウギ~ニューヨーク・ニューヨーク)
東京ブギウギ:作詞:鈴木勝・作曲:服部良一
ニューヨーク・ニューヨーク:作詞:Fred Ebb・作曲:John Kander

8. ラーメンたべたい
作詞・作曲:矢野顕子

初回限定盤DVD
・飛ばしていくよ (Live Clip)
・こいのうた (Live Clip)

《ツアー情報》
矢野顕子×上原ひろみ TOUR 2017 ラーメンな女たち
4月15日(土) 静岡市民文化会館 中ホール
4月16日(日) 大阪・フェスティバルホール
4月18日(火) 東京文化会館 大ホール
4月19日(水) 東京文化会館 大ホール
4月21日(金) 福岡・ももちパレス
4月23日(日) 愛知県芸術劇場 大ホール
4月30日(日) 札幌市教育文化会館
(追加公演)4月25日(火) 昭和女子大学人見記念講堂
OPEN 18:15 / START 19:00
S席7,560円(税込) A席 6,480円(税込)
<オフィシャルサイト先行予約>
受付期間:2017年3月8日(水) 18:00~3月15日(水) 23:59

詳しくは公式サイトへ
http://www.akikoyano.com/ http://www.hiromiuehara.com/

【Link】
矢野顕子
公式サイト:http://www.akikoyano.com/
Twitter:https://twitter.com/yano_akiko

上原ひろみ
公式サイト:http://www.hiromiuehara.com/
ユニバーサルミュージック:http://bit.ly/UeharaHiromi
スタッフTwitter:https://twitter.com/hiromispark
UNIVERSALジャズ公式アカウント:https://twitter.com/universal_jazz

前のページ (ページ:2/2) 次のページ