MUSICSHELFトップ > インタビュー・プレイリスト > インタビュー > T字路s

T字路s 初のオリジナル・フル・アルバム『T字路s』インタビュー

T字路s

初のオリジナル・フル・アルバム『T字路s』インタビュー

(ページ:2/4)

前はシャウトありきみたいなところがあった。
でも今回は自分的にだいぶ抑えて歌ってみました。

──聴かせていただいてまず思ったのは、「これぞT字路s!」っていうアルバムだなと。

篠田 そうですね。まったくギミックなしの。

──7年もやっていると、多少は実験的なこととかもやってみたくなったりしそうなものですが、そういうこともなく。

妙子 はい。やっぱりまずはT字路sらしいものを作りたかったので。でも、自分たちなりには挑戦もしてるんですよ。初めて裏打ちをやってみたりとか。

──「月明かりの夜」ですね。あの曲が一番の冒険かもしれないですね。でもそれを除くと、これぞT字路sとしか言いようがないくらいシンプルですよね。

篠田 それもやっぱり、ふたりとも不器用っていうのが一番大きいと思うんですよ。ずっとライブをメインでやってきて、お客さんと共にいまのやり方を作り上げてきたところがあるし、それ以外のことをやる技量もない。今回も初めはいろんな意見があって、例えばドラムを入れてみるとか、作品は作品として割り切ってPro Toolsで仕上げるのもありじゃないかとかって話も出たんだけど、でもファースト・アルバムなんだから、やっぱり直球でいこうよと。

妙子 7インチでは1曲、ドラムを入れて録ったんですけど(7インチ・アナログ「はきだめの愛」のB面「あの野郎」)、それを入れるとどうしても音的に浮いてしまう。だからその曲はアルバム・ヴァージョンに変えて収録することにして。

──なるほど。だからまあ、このアルバムを食べ物に例えるなら……例えばフライドポテトだったら、マヨネーズ味とかソース味とか、そういうものではなくて。

篠田 うん。塩味。一番基本の。

妙子 ポテトチップスでも、うす塩味がいいからね(笑)。

篠田 うす塩味というよりは、濃いめの塩味かもしれないけどね(笑)。

妙子 新しい味付けはまた次作以降でやっていけばいいことだから。今回は「ズバリ、T字路s!」っていうものを作りたかったんです。

──だから、ミュージシャンも新しい人を引っ張ってくるということではなく。

篠田 なく。安心できる人たちと。

妙子 安心と実績の(笑)。

──出来上がったものを聴いてみてどうですか? 思い通りの作品になりました?

妙子 反省点がまったくないかと言えば、そんなこともないですけど、一滴残らず絞り出して自分たちそのものっていうアルバムが作れたなとは思いますね。

篠田 自分たちらしすぎて、聴くと照れくさいっていうところもあるんですけど(笑)。

妙子 自分のヌード写真を見ているような(笑)。

篠田 そのくらい曝け出したからね。演奏が完璧かどうかとかよりも、どれだけ集中して、気持ちを込めて演奏できたか。そっちのほうを大事にしてテイクを選んだし。

妙子 うん。歌も演奏も全部が一発だから、自分たちで聴いた瞬間に「このテイクだな」ってわかるんですよ。どこかを切って貼ってとか、そういうことはまったくやってないから。

──プロデューサーを立てているわけじゃないから、OKかどうかもすべて自分たちだけで判断するわけですよね?

妙子 あ、プロデューサーはいないけど、内田(直之)さんがエンジニア兼プロデューサーみたいな感じでいてくれて。ちょっと煮詰まったときとかには、「お客さんが目の前にいると思って歌ってみたら?」ってアドバイスをくれたりしてたんです。

篠田 「この曲は明日の朝イチで録ろう。そのほうが良くなるから」って、オレらじゃ思いつかないことを提案してくれたり。ふたりだけで録ってると、良かったのかどうかわからなくなるときがあるから、そういうときに内田くんの的確な言葉にすごく助けられましたね。

──内田さんのアドバイスでガラッと変わった曲なんかもあったりするんですか?

妙子 「鐘は鳴る」は、初めはふたりだけでやる予定だったんですけど、結局トランペットを入れたんです。それは内田さんのアイディアで。

篠田 あと「小さき世界」は、特に内田くんが拘ってくれた曲で。オレらはこのへんでいいんじゃないかと思っても、「いや、もう一回やろう」って。これはなかなかOK出してくれなかったね。

妙子 うん。ドラムなしでは(テンポを)つかみづらい曲だったので。

──ヴォーカルに関してはどうですか?  妙子さん、今回は歌に関して相当な拘りがあったんじゃないかと思うんですけど。

妙子 ありましたね。『Tの讃歌』を作ったときに、次は一曲一曲にもっと入り込んで、その曲に合った歌い方をしたいと思ったんですよ。

──ああ、言ってましたもんね。『Tの讃歌』はもっと歌の幅を広げたいと思いながら取り組んだけど、思ったよりも全力で歌ってしまったと。

妙子 そうそうそう。だから、今回はそこに拘ってやってみました。つい、がなってしまいがちなんですけど、その歌い方を封印……とまではいかないまでも、とりあえず一回おいといてみた。で、実際そうやって12曲やってみると、それほどシャウトする必要もなくて。

──シャウト控えめなアルバムになった。

妙子 なったかなと。前はやっぱりシャウトが自分の持ち味だから、とりあえず叫んどこう、みたいな(笑)。まあそこまで乱暴ではないですけど、わりとシャウトありきみたいなところがあったと思うんですね。でも今回は自分的にだいぶ抑えて歌ってみました。

篠田 歌ってるときの表情も違うんですよ。笑って歌ってたりとかしてて。

妙子 ニコニコで歌ったほうが合うなと思った曲は、そういうふうにやってみたんです。まずは表情を作るところから始めてみようと。作るっていうと大袈裟だけど、気持ちを込めると自然に口角があがってきたりするから。

──女優さんのように入り込む。

妙子 そうそう。ホント、歌うってそういうことかなと思って。だから12曲の物語を演じてみました。えへへへ。

──その結果、表現を広げることができたな、と。

妙子 手前味噌ですが、そう思っております(笑)。

前のページ (ページ:2/4) 次のページ