MUSICSHELFトップ > インタビュー・プレイリスト > 特集 > 特集 浜崎貴司

特集 浜崎貴司 Solo15th
Interview

特集 浜崎貴司

Solo15th
Interview

(ページ:1/4)

ゴールデンタイム

昨年ソロデビュー15周年を迎えた浜崎貴司の、久々のオリジナル・ニューアルバム『ゴールデンタイム』が素晴らしい。聴きながらいろんな景色が浮かびあがっては消え、想像が広がっていくような歌ばかりの全12曲。そこには、いまのこの時代になんのためにアルバムを作るのか、その問いかけと彼なりの答えがハッキリとある。それを聞いた。

――ソロデビュー15周年なんですね。あっというまな感じですか?

そうですね。いろんなことがあったんですけど、なんか走ってきたなぁ、ランニングだったなぁ、と。歩いてきたというよりは走ってきた感じがしますね。そういう意味ではあっというまだった気がするけど、よく考えたらそんなことはないっていう(笑)

――FLYING KIDSが一度解散するまでが約10年。ソロがそれを5年も上回りました

うん。まあでも、ソロ10周年のときに“ああ、FLYING KIDSとソロ(の年月)がもう一緒になっちゃったんだな”って思って、そのときが意識が変わった瞬間だったんですよ。それまではソロとFLYING KIDSは別ものという考え方をしていて、ソロとしてのキャリアを確立しなきゃって思いで一生懸命やってたところがあったんですけど、10周年の頃から、なんか両方の時間が一直線上で流れている気がしてきて。15周年ともなると、ますますそういう一直線上感が強まってきてますね。

――10周年のときにちょっと気持ちがラクになった感覚があったんですかね。

そうですね。ラクになり始めたというか。

――ソロだからどうだ、FLYING KIDSだからどうだといったことを必要以上に意識しないで、そのときのやりたいことをやれば自分らしくなるというような。

うん。10周年で「GACHI(ガチ)」(*ギター1本と歌のみで出演相手と対決するイベント・シリーズ)を始めて、それは弾き語りのライブだったわけですけど、それがその“ラク”みたいなところに繋がっていった気がするんですよね。要するにギターと歌だけっていう。“歌だけ”がそこにあるという感覚をつかめることができてきたし、つかまえなきゃいけないと思いだしたし。

――その感覚をつかみたいがために、そういうイベントをやった。

そうそうそう。そこがまさに新しい始まりだった気がするし、いまに向かっていく作業の始まりだったんだなぁと。

――「GACHI」を始めるにあたっては、やはりそれなりに勇気がいるというか、裸一貫みたいな気持ちがあったわけですか?

うん。そうですね。スタッフからの提案で始まったものだったんですけど、最初は誰か一緒にやってくれるのかなっていう不安もあったし。あと、そういうことを果たして自分はやり通せるのかな?とか。で、始まって、斉藤和義くんとか宮沢和史くん、最終的には泉谷(しげる)さんとかムッシュ(かまやつ)まで来てくれたんですけど、そういうひとと並んで歌って、ちゃんと“いい歌だね”って言われるものを届けられるのかっていうのは、最初は不安でしたよね。CHABOさんなんか3回目でもう出ていただいて、そのときの緊張感たるやハンパなかったっす。

――それによって交友関係がグッと広がったところもあるんじゃないですか?  ミュージシャン仲間の繋がりが深くなったというか。

そうですね。それはやっぱり「GACHI」が始まりだしてからでしょうね。だって、昔僕らがデビューした頃は、横の繋がりとかそんなになかったですからね。けっこうみんなバチバチやってましたから。フェスのバックステージでみんなで飲むようなことも考えられなかったし。

――フェスもいまみたいな自由な感じじゃなくて、ガチガチでしたもんね。

そうそう。

――やっぱりいまのようにみんながライブ中心に動くようになると、繋がりも自然にできていくところがあるでしょうし。

うん。同世代の人たちなんかは、みんなけっこう穏やかになってますから(笑)

――(奥田)民生さんとか、同世代でしたよね。

うん。同い年で、最近も飲んだりして。やっぱり楽しいっすね、同世代で飲むのは。

――そんな感じで交友関係が広がった15年であり、そしてその15周年を総括するのが今回のニュー・アルバム……っていう捉え方でいいですか?

はい。

前のページ (ページ:1/4) 次のページ