MUSICSHELFトップ > プレイリスト > 簡単に手に入るのに見過ごされている名曲

簡単に手に入るのに見過ごされている名曲

DJがプレイする曲なんて、12インチでしか出ていないレアなものばかりかといえば、そうとも限らない。確かな耳さえあれば、どこからでも宝物は見つかるのです!そんな宝探しの名人に誰でも手に入れられるのに見過ごされている名曲を紹介してもらいました。 (プレイリスト作成依頼&トラックレビュー日本語訳:浅沼優子)

音楽配信サイトのアイコンをクリックすると移動先で試聴することが出来ます。

  1. race babbling
    stevie wonder

    見過ごされている彼のアンビエント・アルバムの中の、さらに見過ごされてしまっている曲。植物の生命と人間の存在と宇宙の関係性についての、スティービーの極めて個人的な考えが語られている。おそらく、これはスティービーの最も知的なアルバムで(ポップなヒット曲はひとつもない)、彼の作り上げた、この切迫した意識の高い楽曲は、現在「ハウス」や「テクノ」と呼ばれている音楽の70%よりもよほど変化に富んでいて面白い。単純な実験であり、遊びでもある。みんなスティービーには感謝した方がいい。 Somewhat slept on cut from slept on ambient album. Its a highly personal meditation of Stevie's on plant life and its correlation to human existence and the universe. Arguably, Stevie's most intellectual album - no pop hits here - and includes this urgent, conscious piece he came up with that has way more changes and is way more interesting than 70% of the music that has come out after it that people label 'House' and 'Techno'. He was just experimenting, playing around. We all owe Stevie a dollar.

  2. People Get Up and Drive Your Funky Soul
    James brown

    極端に「ぶっとい」、JBらしい曲。このテンポが遅めの、エネルギッシュなファンク曲のマスタリング仕事は、何十年も後のプロダクションと比較しても全く引けを取らない。プロ・ツールズやロジックといった「今の」デジタル技術を駆使しても、このような音のバランスと、嫌味なほどの○ザーファッキンなファンキーさは作り出せない。イントロなどは、もう言葉にすらできない。おそらくこの50年間で最高のイントロ。マジで。 Extremely THICK JB's business here - slower tempoed stomping funk with a mastering job rivaling a lot of production to come after that for decades. You cant get pro tools or logic or any of those 'current' digital technological formats to get a sonic balance like that and still be so mthrfkn funky to the point of nasty- don’t even speak about the intro - probably the best intro to a song for 5 decades - seriously.

  3. Something special
    quincy Jones

    このアルバムに収録されている “Razzamatazz” と “Betcha Wouldn’t Hurt Me” の方が、より一般受けするのでみんなにプレイされているが、こっちの歌の方がより濃厚な感情が詰まっている。リード・ヴォーカルのメロディ・ラインは全く類のないもので、彼女の音域と歌唱力に完璧にマッチしている。素晴らしいバランスと、ミニマルに抑えられたアレンジに、あえてモタついたビートとベースラインを組み合わせてある。クインシー・ジョーンズは最適な分量の音を使い、そのひとつひとつの音に目的がある。ここでもそれを証明しているが、そのやり方がさり気ない。 Everyone plays ‘Razzamatazz’ & ‘Betcha Wouldnt Hurt Me’ off of this album, which have a more commercial appeal to them, this song has a much more dense emotive quality. The melody line on the lead vocals is completely unique and suits her range & ability perfectly - great balance and almost a minimal arrangement, and still takes a chance with that stuttered/paused beat married to the bassline - Quincy Jones uses just the right amount of music , and every one of his sonic choices has a purpose. He proves this again here -but with a very subtle touch.

  4. rocky raccoon
    the beatles

    子供の頃から、単純にこの曲の物語性が好きだった。苦痛と激しい嫉妬についての話を、とてもコミカルに語っている。曲を聴き終わる頃には、ついロッキーに声援を送りたくなる。おもしろおかしく、オリジナルだ。悲惨な別れを経験した後にこの曲を聴けば、元気が出ること間違いなし。 I just like the storytelling of this song since was a child -a tale of woe and jealous rage told in such a comical way - you end up cheering for rocky at the end of it - somewhat silly but fun and original. Guaranteed to cheer you up after a hard break up.

  5. racetrack in france
    gil scott heron

    常にシリアスな題材を扱っているシリアスな人が、意外な場所でただ楽しい時間を過ごしている歌で、天才の素顔を垣間見ることができる。一回聴いただけではキーボードとベースラインが語りかけてくることに気づかないかもしれないけど。誰だって人には心を開い欲しいものだが、そのことを的確に伝えている曲。 When a serious person who constantly deals with such serious subject matter can admit to just having a good time in an unexpected place you know you are dealing with honest genius - even if you dont hear the keys & bassline talking on the first listen. You always hope for that openness from people, its good to see it accurately conveyed.

  6. heaven somewhere
    common

    最近ではこういう曲が作られることはめったにない。特にコンテンポラリーなポップ・ミュージックの実践者の手では。この曲を聴いて、僕はコモンとその仲間のミュージシャンたちをリスペクトするようになった。彼自身がその形成に貢献したジャンルである、ヒップホップという枠の中に収まっているだけの奴じゃない。ほとんどの人は、彼がここまで冒険できるとは思っていなかった。 Songs like this don’t get made too often anymore-especially by contemporary popular music practitioners. This really earned my respect for common and crew as musicians - not just a hip hop cat hemmed in by the outside parameters of the genre he helped create. Most didn’t think he could come up with such a journey.

  7. Hum Along And Dance
    Jackson 5

    このドラムは一体誰が叩いているんだ?一体このセッションに、どうやってこんなアフリカ的要素が紛れ込んだんだろう?このレコーディングが行われたとき、誰かの南部の従兄弟がたまたま遊びに来ていたのだろうか?この曲はグループ作品、ソロ作品に関わらず、それまでのジャクソンズ関連の曲とは全く違って聴こえる。80年代末から90年代にかけて、シカゴのサウスサイドのDJたちにプレイされたことで人気が出た曲。驚き。 Who played the drums on this? What piece of Africa crept into the studio with them on that session? What down south cousins were in town to visit with them when they had to cut this? This track sounds like absolutely nothing the Jacksons collectively or individually have ever done. This was made popular in Chicago by many Southside DJ's, in the late eighties and early nineties. Surprising.

  8. mind what you find
    heatwave

    このシンセを基調とした一曲は、Heatwaveならではヴォーカル・アレンジの素晴らしさが際立っていて、彼らが通常得意とするアップテンポなアンセム系の曲から一線を画している。風が気持ちいい8月の夜みたいな気分になる……気温は27度……ワインを4杯ほど……。とてもゆったりとしているのに、エモーショナルでもある。 Heatwave's vocal arrangement really shines on this synth based piece and stands apart from their usual uptempo anthem business. Reminds me of a breezy late nite in august..... 80 degrees farenheit.... 4 glasses of wine.... laid back but emotional nevertheless.

  9. daylight
    bobby womack

    とてもシンプル。僕には描写することができない、あの場所と時間(=パーティーがまだ続く午前5時)にしかない、独特の雰囲気を思い出させてくれるーーそこに居合わせなければ得られないものがある。この歌は物語の流れから音楽的な要素まで、その全てでそれを伝えている。日々の嫌な思いをせずに黒人でいる気分を味わうなら、この歌を聴いて、そこにある感情を理解するのがいちばんだ。(そうすると、夜明けのハウス・パーティーで4分間ほどしか黒人にはなれないことになるが、普通はそれで十分なはず。) Very simple – reminds me of a time and a place impossible to describe or elaborate on - if you weren’t there, then you missed it :this song says it all, from the storyline to the sonic elements. The closest you can get to being black without going through all the constant heartache is listening to and comprehending the emotion of this song. (But then you'd only be black at a house party at dawn for about 4 minutes, but for most that would be enough.)

  10. the groove i feel
    bohannon

    ファンク・ミュージックが、踊ることを目的に作られていた時代の曲。その一言に尽きる。歌詞よりも楽曲の方--トランス状態のような感覚を味わうことが重要だ。音楽に合わせて踊る楽しさを知らない奴らには、単なる「反復」にしか聴こえない。ほとんどの人は、まず “Zulu” でこのアルバムにハマり、それを聴き飽きた頃にこの曲を発見する。 This was made at a time when funk music was for dancing - period. Lyrics were secondary to the music that was played you caught that feeling -trancelike. 'Repetitive' only to those on the side wishing they could dance too. Most people get into 'Zulu' on this album, then they discover this after their boredom with that.