MUSICSHELFトップ > プレイリスト > 旅で聴きたい10曲

旅で聴きたい10曲

色んなシチュエーションで★

旅行に音楽はかかせないものです。iPodは必需品、スピーカーをもっていく人もいることでしょう。飛行機の中、列車、バス、空港にて。。温泉につかりながら聴いたりなんかもいいですね。そんな時間は新たな創作意欲をかきたててくれる大切な時間。自分のCDも持って行きます。旅には出会いがつきもので名刺代わりになるからです。時にはクラブで曲をかけてくれたりというハプニングもあったりしていい思い出になってます。taroとnoeでそれぞれおすすめの曲を選んでみたので聴いてみて下さい!Have a nice trip★★

音楽配信サイトのアイコンをクリックすると移動先で試聴することが出来ます。

  1. The Sound Of Music
    Richard Rodgers

    スイスからニースに飛ぶ飛行機の中で聴いたらベストマッチでした。近距離路線の小型機だったのでかなりの低空飛行でアルプスの山々をぬうように飛び、羊の群れや湖も見えてまさに映画のオープニングのような大パノラマで感動でした。他のリチャードロジャース作品では、南太平洋、回転木馬、メリーポピンズなども大好きです。子供のころ英詞を丸暗記して歌いました。映画未収録のHow Can Love Survive?もいい曲です。(taro)

  2. ピアノ協奏曲ト長調
    アルゲリッチ(マルタ)

    南仏の田舎町グラース近郊のオーベルージュに向かって歩いてる時、あまりの気持ちよさにスピーカーから音を出して聴きました。途中に教会のような幼稚園があったのですが、子供たちの親がなにげにハミングしてくれたりして、ここで生まれたかったと心底思ったものです。地中海の風が背中から吹き上げてくる、カンヌからグラースに抜けるあの夕暮れの田園の一本道は、この曲と共に忘れられない思い出です。(taro)

  3. ガイーヌよりアダージョ
    レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団

    最高のムール貝とブイヤベースを目当てに、たまに泊まりがけで行くとっておきの港町がマルセイユの近くにあります。そこでは必ず夜の海をベランダに出て眺めながらこの曲を聴きます。マルセイユと言えば太陽のイメージですが、夜は別の顔を見せます。月明かりの反射光が一直線に海の奥のほうから手前の海岸まで流れ、この地方特有の岬につきだした断崖絶壁と星空とあいまって宇宙を感じさせてくれるのです。サントラのクールな演奏がまた最高です。(taro)

  4. ピアノ協奏曲第2番
    セルゲイ・ラフマニノフ

    実はパリに合う曲です。今年の年越しの時、エッフェル近くのアパートの3階で誰かがこの曲をかけていたので見上げたら、部屋でカップルがこの曲に合わせてクルクルと踊ってました。打ち上げ花火とエッフェル塔のキラキラと、新年おめでとうのクラクションの中でラフマニノフを聴きなから恋人と踊る。これが人生だ、と思いました。ラフマニノフは自演が一番です。他の演奏はもう聴けなくなります。(taro)

  5. クレア
    ギルバート・オサリバン

    先日行ったイビサ島でよく聴いた曲です。イビサは夏は観光客でごったがえしますが、普段は静かで本当に綺麗な住みやすいところなので、ヨーロッパ中からみんな子育てに来ていて子供がいっぱいいます。マリーナ地区の白い街並みを歩きながら、その風景に子供をことを歌ったこの名曲がよく似合うなと思いました。ちなみに作者のギルバート・オサリバンも島で子育てをしていたようです。きっとこの曲を子供たちと歌ったのでしょう。(taro)

  6. Trois Gimnopedies
    Satie

    Satieは大好きな作曲家。この曲は旅の終わりの夜の閑散とした飛行場で聴くと、さっきまでいた美しい海が一瞬のうちに蘇る。そして何故か子供の頃を思い出したりしするノスタルジックな曲です。タヒチでは一晩中、窓を開け放してこの曲をかけていたっけ。海によく合う曲です。。(noe)

  7. Flim
    Aphex Twin

    ジャケはちょっと不気味だけど(笑)大好きな一枚★飛行機の中で聴くのがおすすめ。気圧で乱れた脳波も元通り、落ち着いてシャンパンなんか飲めたりします。窓の外を眺めれば、満天の星にシベリアの白い荒野。。ハイな気分になれて飛行機が2倍楽しめますよ★(noe)

  8. No Guarantee
    Ivy

    こういう疾走感のある曲は列車で聴くのに限る!特にフランスのTGVなんかいいですね。窓の外はずーっと田園風景で、時々牛や羊がちらほら見えたりして。ガラスに映る自分を眺めて、ドミニクみたいに髪の長い女性に憧れてため息をつきつつ、新しい曲が生まれそうな予感★(noe)

  9. ドント・ルック・バック・イン・アンガー
    オアシス

    4年程前にイタリアに行った時、ナポリ市内のタクシーの中でこの曲がかかっていたのが印象的でした。運転手さんも口づさんでいたりして、少しTokyoシックにかかっていたあたしは何だか嬉しい気分になりました。そして二年前、パリのモンマルトルのサクレクールで友達になったギター少年が歌ってくれたのもこの曲・(あんまり上手くはなかったけどね)。(noe)

  10. 愛はきらめきの中に
    ビージーズ

    失恋すると一人旅に出ます。(独り温泉もしてみたい、、あ、でも失恋はしたくないか)そんな時聴くのはこの曲。とにかくあったまるし、傷ついた心をそっと優しく包んでくれるのです。大好き★涙には限りがあって、全部出尽くしちゃうとなんだかちょっと自分が強くなったような気がする。。そんな曲です★(noe)