MUSICSHELFトップ > プレイリスト > ハーモニーで癒されたい時に聴く曲

ハーモニーで癒されたい時に聴く曲

α波でリラックス

優しくて温かいハーモニーを基盤に活動する3人組コーラスユニット「SANISAI」。今回はまさにその”ハーモニー”をテーマに彼らのルーツとなる10曲を紹介してもらった(編集部)

音楽配信サイトのアイコンをクリックすると移動先で試聴することが出来ます。

  1. レモン・ツリー
    ピーター・ポール&マリー

    Aメロ、Bメロ、サビでヴォーカルが変わるんですよ。サビの部分で女性の歌になるんですけど、そこにAメロBメロを歌っていた男性が絡み合ってくるんですけど、その絡み合っているときに確かパンがヒュンヒュン!!て飛んでるんです。それがまた気持いいの!SANISAIの一番のルーツかもしれない。僕はもうCD割れるまで聴きました(笑)。(山田隆平)

  2. 59番街橋の歌(フィーリン・グルーヴィー)
    サイモン&ガーファンクル

    ギターのメロディがすごいかっこいいんです。ギターだけでやっているライヴバージョンを聴いたことがあるんですけど、ギターと2人、言うたら3つの楽器だけとは思えないぐらいの広がりがあるんですよ。ハーモニーが美しい!その辺も注目していただいて聴いていただけるとすごい気持ちいいんですよね。(村井伸吾)

  3. ザ・ウェイト
    ザ・バンド

    この曲は僕達よくカバーしました。この曲もやっぱりコーラスがかっこいい。(山田隆平)ぱーん、ぱーんぱんって1人づつ遅れてサビで入ってくるところがあるんですけど、初めてそこを聴いた時、衝撃を受けて「こういうコーラスも取り入れてみた方がええんちゃう?」って思った印象深い曲ですね。(山田和嘉子)

  4. アーミー
    ベン・フォールズ・ファイヴ

    ライブ見たときにベン・フォールズがライブハウスの半分からこっちと、半分からこっちでお客さんを分けて皆でコーラスしたんですよ、会場全員で。それぐらい有名な曲なんですけど。こっち側がトランペット、こっち側がサックスねみたいな感じで楽器代わりにお客さんも一緒にコーラスできる曲って言うのがこの曲なんですけど、『三感四音』の「たったひとつ」という曲はこの曲からインスピレーションを受けています。(村井伸吾)

  5. どうにもならない望み
    クロスビー、スティルス&ナッシュ

    僕が高校生の時大ハマりしまして、SANISAIを結成するちょっと前ぐらいに死ぬほどハマってたバンドです。ちょうど結成して3人で声を合わせた時に、いつも聴いてた音と同しような感じだったんで「あ、CNSみたいなことできるかも知れん」っていう風に思ったんです。だから僕にとってはとてもハーモニーというかコーラスバンドとしての目標でもあるし大事な曲ですね(山田隆平)

  6. シー・ラブズ・ユー
    ザ・ビートルズ

    ビートルズって実は、結構コーラスがかっこよくて!(山田和嘉子)あんまりそこに注目して聴いてる人が少ないんと思うんですけど、あえて取り上げてみました。初期の頃のビートルズ、いわゆる『赤盤』に入ってる曲って、ほとんどコーラスを2人ないし3人でやってて、メロディーラインが美しいからコーラスがきっちりハマるっていうのが代表するバンドですね(山田隆平)

  7. ニュー・キッド・イン・タウン
    イーグルス

    イーグルスもとても影響を受けてるし、日曜日の夕方になるとなぜか僕、この曲を聴きたくなるんですよね、たそがれる。コーラスが素晴らしいじゃないですか。この曲の魅力はなんていうか、英語だから全然分からないんですけど景色が完璧に出てくるところですかね。曲だけで一本の映画を見終わったような気がするんですよね。なんかねこの曲はすごくそう思いますね。(山田隆平)

  8. 愛を止めないで
    オフコース

    オフコースのコーラスってディレイコーラスって言うか、歌詞が遅れてハモるって言うのがすごく好きで、オフコースとか小田和正さんの曲とかどれも好きなんですけどディレイコーラス系とかでこの曲を選んだんですけど、そう言うとこに注目して。(山田和嘉子)

  9. リフト・ミー・アップ
    ザ・リアル・グループ

    去年、ライブ見せてもらって全部アカペラであんなことができんのか?ってぐらいの衝撃を受けました。(村井伸吾)僕ら大阪で見せてもらったんですけど、小屋が鳴ってるんですよねコーラスで。もう全体がこうがーって共鳴してますね。去年観たライブの中でベストですね。鳥肌が立ちまくりの、鳥肌で飛べるんちゃうかぐらいの(笑)ぐわーってみんな立ったんですけど。是非、みなさんに聴いていただきたいと思いますね。(山田隆平)次、東京でやるって聞いて、行ったもんな。もう一回観たいって思って。(山田和嘉子)で、あの終わってから楽屋寄ってきましてね、僕らって言うかこの人達特に英語が乏しいんで、「オー、エクセレント!」ってものすごい上から言うてましたからね(笑)(村井伸吾)リーダーなんて「グッジョブ!」って(笑)(山田和嘉子)それも上からやな「グッジョ~ブ!」って、お前誰や(笑)もうよく恥をかくんですけどね(笑)(山田隆平)

  10. 愛ゆえに
    10cc

    これは言わずと知れた凄い曲です。どんだけ重ねとんねんって言うくらい。この人達を大音量でヘッドホンで聴くと、なんか自分がどっか違う世界に連れてかれるような気がするぐらい、なんかこう倍音が鳴るって言うのかな?すっごい気持ちいいんですよ。全体的に思いもよらないコード、構成音になる音がいっぱい積んでコーラスをしてると思うんですけど。(山田隆平)もう思いもよらない展開みたいな感じが、何回聴いても「アーッ」って思ってニヤってしてしまうような感じがすごい好きで、絶対こういう曲を作りたいって思います。(山田和嘉子)