Riow Arai(リョウ アライ)

1996年、ファーストアルバム『Again』(Frogman)でデビュー。2003年、1999年リリースの『Mind Edit』がUKのLEAFよりライセンスリリース。ソロアルバムは他に『Circuit'72』、『Beat Bracelet』、『Device People』(以上soup-disk)、『Rough Machine』(Libyus Music)などをリリース。2005年8月にはツジコノリコとのプロジェクト、RATN名義でアルバム『J』(disque corde)を、11月にはskamからのリリースで知られるラップグループShadowHuntazのNongeneticとのコラボレーションアルバム『RIOW ARAI+NONGENETIC』(Libyus Music)をリリース。レギュラーイベント『ModeDown』など幾多のイベント出演、コンピレーションへの参加、リミックスなどを手掛ける。 2006年10月、sonarsound tokyoに出演。 11月、ニューアルバム『Survival Seven』 (Libyus Music)をリリース予定。

  • Riow Araiの画像

これまでのプレイリスト

1981年。僕は、12歳。小学6年生。この頃からレコードを買い、音楽に...

  • Under Heavy Hands And Hammers
  • Stop The New-Wave
  • キュー
  • いつか王子様が
  • Extra-Ordinary
  • Unit
  • Relache
  • 京城音楽
  • No Way Out
  • Visions Of China

○○○○の秋という言葉が多いのは結局、1年の四季の中で一番過ごしやすい...

  • 甲州街道はもう秋なのさ
  • ちいさい秋みつけた
  • 色彩都市
  • 九月の雨
  • 秋桜
  • メリー・ジェーン
  • 風立ちぬ
  • 明菜から…。
  • 舟唄
  • Kusakari

僕のような音楽を仕事にしているミュージシャン(いわゆる)は特に朝決まっ...

  • Aja
  • アイム・ショックド
  • Will You Dance?
  • Fun City
  • Lady in My Life
  • Misty
  • ニューロニアン・ネットワーク
  • Nightingales
  • あともう一回だけ
  • I Dine At Daybreak

これまでの特集・連載コンテンツはこちら