MUSICSHELFトップ > トピックス > 『We Love Disney』クリアファイルをプレゼント

『We Love Disney』クリアファイルをプレゼント

『ウィ・ラヴ・ディズニー』発売を記念して、特製クリアファイルを先着プレゼント!!

 アメリカ、カリフォルニアにあるディズニーランド開業60周年を記念して、現代最高の音楽プロデューサー、デイヴィッド・フォスターのプロデュースによるディズニー・ソングブック『ウィ・ラヴ・ディズニー』が10月30日に世界同時発売された。アルバムにはNE-YO、アリアナ・グランデ、フォール・アウト・ボーイなど、現在のミュージック・シーンをけん引する豪華ゲストが参加。最新ヒットから永遠の定番曲まで、ディズニーが誇る名曲集となっている。

参加アーティストのレコーディング風景を交えた動画には、アリアナ・グランデのコメントも含まれている。「ゼロ・トゥ・ヒーロー」(『ヘラクレス』)を歌った理由として「ゴスペル調で、ソウルフルで、最高の曲だから」、さらに好きなディズニーのキャラクターについては「女の子はたいていお姫様って言うけど、私は『ヘラクレス』の5人のムーサになりたかった」と語っている。

ニーヨ、アリアナ・グランデ、グウェン・ステファニー、フォール・アウト・ボーイ、ジェイソン・デルーロなど登場「Behind The Scenes」

「フレンド・ライク・ミー」(『アラジン』)を歌ったニーヨは「もし好きなディズニー・キャラクターにでもなれるなら『アラジン』のジーニーになるだろうね。ジーニーにはどんなことも可能だ。その万能の力で、戦争を終わらせ、世界から飢餓をなくすこともできる。だからジーニーになるよ」と語っている。

NE-YO – Friend Like Me

アルバムに収録されるのは、「レット・イット・ゴー」(『アナと雪の女王』)、「パート・オブ・ユア・ワールド」(『リトル・マーメイド』)、「私だけの世界」(『ふしぎの国のアリス』)、「愛を感じて」(『ライオン・キング』)、「イッツ・ア・スモール・ワールド」など、最新ヒットから永遠の定番曲まで、ディズニーが誇る名曲揃い。
歌うのは、NE-YO、アリアナ・グランデ、フォール・アウト・ボーイなど、現在のミュージック・シーンをけん引するトップランナーが集結。さらに、日本盤にはボーナストラックとして、オーストラリア出身のヴォーカリスト、ヴァイオリニスト、サラ・オレインが参加している。
アルバムをプロデュースしたのはデイヴィッド・フォスター。自身が手がけたアルバムのトータルセールス何と5億枚。16度のグラミー受賞を誇る現代最高のプロデューサー、デイヴィッド・フォスターがアルバムをプロデュースしている。

ディズニー・ソングブック『ウィ・ラヴ・ディズニー』特設サイト
http://welovedisneymusic.jp/
今回のリリースを記念して特製クリアファイルを先着10名様にプレゼントします!!



先着5名様に『ウィ・ラヴ・ディズニー』クリアファイルをプレゼント

【応募方法】メールまたはTwitter、Facebookでご応募下さい。
《メール》以下のアドレスまでお送りください。
メールアドレス:musicshelf@kinyosha.com
※件名は「プレゼント」とご記入下さい。
※郵便番号、住所、お名前、お電話番号を明記下さい。

《Twitter》(※)非公開設定は対象外となります。
MUSICSHELFのアカウントをフォロー(@musicshelf)
ダイレクトメッセージ機能を使って「ウィ・ラヴ・ディズニー・クリアファイル希望」でお送り下さい。

《Facebook》https://www.facebook.com/musicshelf/
「メッセージ」機能を使って「ウィ・ラヴ・ディズニー・クリアファイル希望」でお送り下さい。

【締切り】~2015年11月19日(木)13時
【当選発表】当選者に直接返信いたします。

※プレゼントは国内在住の方を対象とします。
※メール、Twitter、Facebook、共に到着順で5名様が決まり次第終了となります。


《リリース情報》

UCCV-1151 WLD
V.A. 『ウィ・ラヴ・ディズニー』
UCCV-1151 / ¥2,700 (tax in)
プロデュース&アレンジ:デイヴィッド・フォスター
amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する タワーレコードで購入・試聴する

【収録曲】
01.フレンド・ライク・ミー/NE-YO
(映画『アラジン』より)
02.パート・オブ・ユア・ワールド/ジェシー・J
(『リトル・マーメイド』より)
03.愛を感じて/ジェイソン・デルーロ
(『ライオン・キング』より)
04.レインボー・コネクション/グウェン・ステファニー
(『ザ・マペッツ』より)
05.ゼロ・トゥ・ヒーロー/アリアナ・グランデ
(『ヘラクレス』より)
06.私だけの世界/ジェネイ・アイコ
(『不思議の国のアリス』より)
07.君のようになりたい/フォール・アウト・ボーイ
(『ジャングル・ブック』より)
08.カラー・オブ・ザ・ウィンド/トリー・ケリー
(『ポカホンタス』より)
09.ひとさじのお砂糖/ケイシー・マスグレイヴス
(『メリー・ポピンズ』より)
10.みんなネコになりたいのさ/チャールス・ペリー
(『おしゃれキャット』より)
11.夢はひそかに/ジェシー・ウェア
(『シンデレラ』より)
12.レット・イット・ゴー/ラスカル・フラッツ&ルーシー・フェイル
(『アナと雪の女王』より)
13.イッツ・ア・スモール・ワールド/Various Artists
上記参加のアーティスト全員
14.ビーイン・グリーン/ブレナ・ウィテカー
(『マペッツ』より)
15.ホール・ニュー・ワールド/Yuna
(『アラジン』より)
16.カラー・オブ・ザ・ウィンド/サラ・オレイン
(『ポカホンタス』より)*日本盤ボーナストラック

 

<以下、参加アーティスト/楽曲一覧>
デイヴィッド・フォスター (総合プロデュース)
グラミー賞主要部門5回、最優秀プロデューサー2回を含む計16度受賞を誇る、現代最高のプロデューサー/ソングライター/アレンジャー。出身国カナダの音楽殿堂を皮切りに、2010年にはアメリカのソングライター殿堂入り。更に「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム」にも名を連ね、1988年のカルガリー、2010年のバンクーバーと、カナダで開催された2度の冬期オリンピックで音楽監督を務め、1996年 アトランタ・オリンピックと2002年 ソルトレイクシティ・オリンピックの公式テーマ曲を作曲と輝かしいキャリアを誇る。現在は伝説のジャズ・レーベル=Verveの会長を務めている。

NE-YO
「フレンド・ライク・ミー」(『アラジン』より)
グラミー賞受賞シンガー/ソングライター/作曲家/プロデューサー。デビュー前にマリオの「Let Me Love You」を提供するなど話題となり、当時JAY-Zが社長を務めていたDef Jamと契約。デビュー・シングル「ソー・シック」が全米シングル・チャートNo.1を記録し、デビュー・アルバム『イン・マイ・オウン・ワーズ』も全米1位を獲得。その後も出す作品が次々とヒットしている正真正銘のスーパー・スター。2012年にはDef JamからMOTOWNへ移籍し、同レーベルのA&R部門のVPに就任し、新人育成にも携わるなどミュージック・シーンで圧倒的な影響力を持つ。

ジェシー・J (Jessie J)
「パート・オブ・ユア・ワールド」(『リトル・マーメイド』より)
イギリス、レッドブリッジ出身のシンガー。11歳の時アンドリュー・ロイド・ウェバーのミュージカル『Whistle Down The Wind』のキャストに抜擢される。16歳から英国の名門アート学校“BRIT School”に入学し、エイミー・ワインハウスやレオナ・ルイスを先輩として持つエリート・キャリア・アーティスト。卒業後はソングライターとして 多数の有名アーティストに楽曲を提供。マイリー・サイラスの「パーティー・イン・ザUSA」では全米TOP40で1位の獲得に貢献。ポップスやアーバン・ サウンドを持ちつつ、舞台で鍛え上げられた歌唱力を武器とするアーティスト。

ジェイソン・デルーロ (Jason Derulo)
「愛を感じて」(『ライオン・キング』より)
アメリカ、フロリダ出身のシンガー・ソングライター。名門“アポロ・シアター”のアマチュア・コンテストで優勝を飾り、2009年デビュー・シングル「ワッチャ・セイ、僕のせい」がいきなりの全米1位を獲得。その後シングル3曲連続TOP10入りという快挙を達成し2010年の1stアルバム 『JASON DERULO』も全世界でヒット。2012年、世界ツアーのリハーサルで首に大怪我を負いツアーの中止と長期入院を余儀なくされるが、奇跡的に復活。その後もメガヒットを連発する、現音楽シーンをけん引するヒット・メーカー。

グウェン・ステファニー(Gwen Stefani)
「レインボウ・コネクション」(『ザ・マペッツ』より)
グラミー受賞歴もあるスーパー・バンド=ノー・ダウトのリード・シンガー。
2000年代にはソロ・デビューも飾り、全米No.1シングル「ホラバック・ガール」をはじめ数多くのヒット曲を送り出している。更にシンガーとしてだけでなく、自身のファッション・ブランド“L.A.M.B”を立ち上げたほか、マーティン・スコセッシの熱烈なリクエストに応え映画『アビエイター』で、レオナルド・ディカプリオと共演し映画デビューを果たすなど女優としても活躍。カリスマ的な人気を誇るアーティスト。

アリアナ・グランデ (Ariana Grande)
「ゼロ・トゥ・ヒーロー」(『ヘラクレス』より)
アメリカ出身のシンガー。8歳でNHL(アメリカのプロ・アイスホッケー・リーグ)で国歌斉唱を披露、15歳でブロードウェイの『13』に出演、アメリカの人気ドラマにも出演し話題となると、YouTubeで数々の有名曲のカヴァーを披露して注目を集め、全米ビルボードが「オンライン上影響力のある人物」賞賛。デビュー・アルバム『ユアーズ・トゥルーリー』が全米アルバム・チャート初登場1位獲得。そしてシングル「プロブレム feat. イギー・アゼリア」が63の国と地域のiTunesにて1位に輝き、最新アルバム『マイ・エヴリシング』も全米1位は勿論、85の国と地域のiTunesにおいて1位を獲得。現在最も注目されているポップス界の歌姫。

ジェネイ・アイコ (Jhene Aiko)
「私だけの世界」(『不思議の国のアリス』より)
ロサンゼルス生まれ、日系クォーターのR&Bシンガー。10代からB2Kの作品やツアーに参加しデビューへの階段を着々と登りつつもその後第一線から姿を消す。しかし2011年ケンドリック・ラマーやドレイク、カニエ・ウエストらをゲストに迎えた自主製作盤『Sailing Soul(s)』が全米Top10入りを果たしメディアやアーティストから絶賛され、華々しくシーンにカムバック。2013年にリリースしたEP『Sail Out』もTop10入りし、満を持してリリースされたデビュー・アルバム『Souled Out』が全米アルバム・チャート3位、R&Bアルバム1位を記録。アメリカで現在最も旬なR&Bシンガー。

フォール・アウト・ボーイ(Fall Out Boy)
「君のようになりたい」(『ジャングル・ブック』より)
アメリカのシカゴ出身4人組ロック・バンド。2007年リリースのアルバム『インフィニティ・オン・ハイ-星月夜』が全米チャート初登場1位獲得をはじめ全世界のアルバム・チャートを席巻。2009年に活動休止を宣言するも2013年4月にアルバム『セイヴ・ロックンロール –FOBのロックンロール宣言!』で復帰。同作は全米チャート初登場全米1位を獲得した。更に今年リリースした最新アルバム『アメリカン・ビューティー/アメリカン・サイコ』も全米初登場1位を記録したほか、収録曲「インモータルズ」は、話題の映画『ベイマックス』のエンディングに使用されるなど、人気実力ともに全米No. 1のロック・バンド。