MUSICSHELFトップ > トピックス > レキシ、超満員の日本武道館公演は大盛上がり

レキシ、超満員の日本武道館公演は大盛上がり

レキシ、ニューアルバム「Vキシ」引っさげての全国ツアー千秋楽に
松たか子、八嶋智人、チャットモンチーら、豪華ゲストが参戦!
超満員の日本武道館公演が大盛況で幕!

 6月22日に約2年ぶりとなる5thアルバム「Vキシ」をリリースし、オリコンウィークリーチャート7位、ビルボード総合チャート3位、iTunesウィークリーアルバムチャートでは1位とヒットを記録中のレキシのツアーファイナル公演「レキシツアー 遺跡、忘れてませんか?〜大きな仏像の下で〜」が、8月17日(水)東京・日本武道館で開催された。

ライブ写真01
7月1日の福岡サンパレス公演を皮切りに9都市10公演にわたって開催されたニューアルバム「Vキシ」を引っさげた全国ツアーの千秋楽公演として開催された2年ぶりの日本武道館公演は超満員の1万2千人を動員した。

「レキシツアー 遺跡、忘れてませんか?~大きな仏像の下で~」と銘打たれたツアータイトル通り、ステージには黄金色の稲穂の書割とアフロヘア&ヒゲスタイルの高さ4メートルを超える巨大な仏像が中央に鎮座。客電が消えると正面のスクリーンにオープニングムービーが流れ、BGMと共に観客が手拍子で登場を迎える。

ライブの1曲目はアルバム「Vキシ」でもオープニングを飾る「牛シャウト!」。ゲストに忍者の衣装をまとったレキシネーム “シャカッチ”ことハナレグミをゲストに招き、オープニングナンバーからステージを上手から下手へと走り抜け、大盛り上がりの幕開けとなった。続く2曲目「大奥〜ラビリンス〜」では、定番のファンクナンバーに会場全体を横揺れさせると、3曲目では、前作アルバム「レシキ」より、「年貢 for you」を披露。ステージから俵を取り出し曲にあわせて客席で俵リレーを開始。間奏で俵の位置を確認するもまだ客席前方にある事を知り、俵が少しでも多くの人に行き渡るようアドリブで演奏時間を延ばすなどレキシらしいパフォーマンスで会場を沸かせて、一体感を作っていった。

7曲目の「KMTR645」(読み:カマタリロクヨンゴ)では、同曲に参加している“ネコカミノカマタリ”ことキュウソネコカミがゲストで登場。仏像の中から袴姿でメンバーがひとりずつ登場し、最後に現れたVo/Gtのヤマサキ セイヤだけはイルカの着ぐるみで登場。いつ始まるのかと思うくらい曲前のトークが盛り上がり、その後の疾走感あふれるロックナンバーで会場を沸かした。
続いて昨年シングルでリリースされた「SHIKIBU」では“阿波の踊り子”ことチャットモンチーがレキシと同じ十二単風衣装をまとい登場。さらに同曲のミュージックビデオに出演している“劇団シキブ”こと俳優の八嶋智人がシークレットゲストとして登場。チャットモンチーのヴォーカルに負けず劣らずの八嶋のハチャメチャパフォーマンスで大盛り上がり。

ライブ本編のラストに差し掛かると「最後の将軍」のイントロが流れ、御題所様風な衣装に身を包んだ“森の石松さん”こと松たか子が登場、会場の興奮は最高潮に達した。レキシとともに「最後の将軍」を熱唱し、圧倒的なヴォーカルでオーディエンスを魅了した。“森の石松さん”は本編最後の曲となる「きらきら武士」にも参加、レキシとのコーラス、更には扇子を持って会場を煽り、この日一番の盛り上がりで本編を締めくくった。

ライブ写真02

アンコールの幕開けは、アニメ「一休さん」の音楽にのって、レキシとバンドメンバーが一休さん風の衣装で登場。そのまま曲にあわせてラインダンスを披露し、爆笑のステージでスタート。続いて「Vキシ」収録の「一休さんに相談だ」を一休さんスタイルでしんみりと歌い上げると、ステージ下手から屏風が登場。ここで将軍様に扮した八嶋智人が再び登場し、一休さんの名シーン「屏風の虎をだす」寸劇を繰り広げ、爆笑に包まれる中、代表曲「狩りから稲作へ」。会場が稲穂に包まれると、最後は今回の出演者全員がステージに登場し、再び「KMTR645」を演奏。3時間を超えるこの日のライブは大盛況のまま幕を閉じた。2016年は5thアルバム「Vキシ」のリリースから、この日ファイナルを迎えた全国ツアーのほか、夏フェスでも全国各地を駆け回っているレキシ、今後の予定も発表された。野外フェスティバル <SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER  2016>の8月28日(日)に出演が予定されていた「上原ひろみザ・トリオ・プロジェクト」のメンバーであるアンソニー・ジャクソンとサイモン・フィリッップスが健康上の理由で出演が不可能となり、急遽「上原ひろみとレキシ 〜 レキシが助けにやってきた〜」として出演することが決定した。久々にステージ上での共演が実現ということで、こちらも注目だ。

ライブ写真03

《公演記録》
「レキシツアー 遺跡、忘れてませんか?~大きな仏像の下で~」
8/17(水) 東京公演@日本武道館公演(開場)17:30(開演)18:30

バンドメンバー:
Gt:健介さん格さん(奥田健介 from NONA REEVES)、
Piano&Cho:元気出せ!遣唐使(渡和久 from 風味堂)、Ba:ヒロ出島(山口寛雄)、
Dr:伊藤に行くならヒロブミ(伊藤大地)、Sax & Flute: TAKE島流し (武嶋 聡)、
Trumpet: 元妹子(村上基 from 在日ファンク)
Guest:森の石松さん(松たか子)、阿波の踊り子(チャットモンチ―)、ネコカミノカマタリ(キュウソネコカミ)、
シャカッチ(ハナレグミ)、劇団シキブ(八嶋智人)、やついいちろう

SET LIST
M-01 牛シャウト!
M-02 大奥〜ラビリンス〜
M-03 年貢 for you
M-04 Let’s 忍者
M-05 古墳へGO!
M-06 やぶさめの馬
M-07 KMTR645
M-08 寺子屋FUNK
M-09 SHIKIBU
M-10 salt & stone
M-11 最後の将軍
M-12 きらきら武士
-アンコール-
M-13 一休さんに相談だ
M-14 狩りから稲作へ
M-15 KMTR645


 

《リリース情報》
プリント
レキシ 5thアルバム『Vキシ』
2016年6月22日 リリース
【CD+DVD】 VIZL-997 ¥3,800+tax
【CD】 VICL-64586 ¥3,000+tax

曲順表
《CD》
一、牛シャウト!
二、KMTR645 feat. ネコカミノカマタリ
三、一休さんに相談だ
四、古今 to 新古今
五、やぶさめの馬 feat. ハッピー八兵衛
六、SHIKIBU feat. 阿波の踊り子
七、寺子屋FUNK feat. シャカッチ
八、旧石器ベイベ feat. 足軽先生
九、刀狩りは突然に
十、最後の将軍 feat. 森の石松さん

客演ヴォーカル陣:
足軽先生(いとうせいこう)、ネコカミノカマタリ(キュウソネコカミ)、ハッピー八兵衛(後藤正文 from ASIAN KUNG-FU GENERATION)、阿波の踊り子(チャットモンチー)、シャカッチ(ハナレグミ)、森の石松さん(松たか子)

《DVD》
一、バラエティー番組風ドキュメンタリー
<レキシ池ちゃんと元気出せ!遣唐使、百休さんと行く「いい旅レキシ気分〜一休さんを巡る旅〜」>
二、レコーディング ドキュメンタリー
・レコーディングドキュメンタリー映像
・    バラエティー番組風ドキュメンタリー、レキシ池ちゃんと元気出せ!遣唐使、百休さんと行く「いい旅レキシ気分〜一休さんを巡る旅〜」

MUSIC VIDEO
「最後の将軍 feat. 森の石松さん」 Music Video+メイキング

「KMTR645 feat. ネコカミノカマタリ」Music Video+メイキング

レキシ 5thアルバム「Vキシ」特設サイト
http://rekishi-ikechan.com/free/special/feature/vkishi

配信
レコチョク、iTunes Store他、主要サイトにて配信中
レコチョク:http://recochoku.jp/artist/2000013838/
iTunes Store:
https://itunes.apple.com/jp/artist/id255014585?app=itunes&ls=1
mora:http://mora.jp/artist/414441/all

★NEW!! レキシ 第2弾LINEスタンプ
https://store.line.me/stickershop/product/1212066/ja

<プロフィール>
レキシ_アーティスト写真
池田 貴史/TAKAFUMI IKEDA
福井県出身。
1997年SUPER BUTTER DOGのキーボーディストとしてメジャーデビュー。
デビュー当時からアフロヘアがトレードマークで、プレイヤーとしてはもちろん、ライブにおけるファンキーなエンターテナーぶりと喋りのセンスも評価が高く、TVではイケチャンとしても活躍中。
2004年より中村一義らと共にバンド100sのキーボーディストとして活動。
日本の歴史に造詣が深く、ソロ・プロジェクト、レキシとして2007年アルバム『レキシ』でソロデビュー。ファンキーなサウンドに乗せて歌う日本史の歌詞と、ユーモア溢れるステージングで話題を呼ぶ。現在までに、『レキツ』『レキミ』『レシキ』と4枚のアルバムをリリース。
アルバムにはいとうせいこう、椎名林檎、斉藤和義、持田香織(Every Little Thing)、秦 基博、山口隆(サンボマスター)、Bose、ANI(スチャダラパー)、安藤裕子、Mummy-D(Rhymester)といった豪華ゲストが参加している。
また、毎回初回10,000枚のジャケットを手書きし、その模様をUst配信し話題となる。
2014年6月4日にビクターエンタテインメント/伽羅古録盤(カラフルレコーズ)に移籍し、4枚目となるアルバム「レシキ」をリリース。7月1日から全国9ヶ所11公演の全国ツアー<レキシツアー もう一度遺跡について考えてみよう>、8月20日(ハニワの日)には自身初となる日本武道館ワンマンライブ<レキシツアー もう一度遺跡について考えてみよう〜大きなハニワの下で〜>も行い、満員御礼にて終了した。12月には、世界的ピアニスト上原ひろみが参入した東名阪ツアー<レキシ & オシャレキシ「レキシ 対 オシャレキシ〜お洒落になっちゃう冬の乱〜」>を行い、より音楽的なステージングを披露。こちらも大盛況のうちに幕を閉じた。
2015年6月13日より公開された是枝裕和監督作品「海街diary」では、役者としても初出演を果している。同年11月25日には、レキシにとっては初となるシングル「SHIKIBU」をリリース。同年12月からツアー「IKEMAX THEATER」を開催。チケットは各地完売となり、大盛況にて終了した。
2016年4月17日より放送スタートの、TBS 日曜劇場「99.9-刑事専門弁護士-」に、松本潤さん演じる深山が居候する小料理屋の店長・坂東健太役として出演することが決定。また6月22日には5枚目のアルバム「Vキシ」の発売が決定し、これに伴い7月1日より、2年ぶりの日本武道館公演も含む、9箇所10公演のライブツアー2016の開催が決定。
その他、椎名林檎、私立恵比寿中学、やついいちろうなどのプロデュース、怒髪天、SAKEROCK、星野源、サンボマスターなどでサポート・キーボーディストとして参加、「タモリ倶楽部」、池田がサウンドロゴも制作したCM「マルちゃん麺づくり」への出演や、フジテレビ「アフロの変」のメインMCを務めるなど、多方面で活躍中。
<レコーディング参加>
椎名林檎、Rhymester、サンボマスター、安藤裕子、野宮真貴、中村一義、忌野清志郎、Jackson Vibe、スネオヘアー、星野 源、毛皮のマリーズ 他
<プロデュース作品>
椎名林檎「労働者」(アルバム『三文ゴシップ』収録)
恵比寿中学「頑張ってる途中」(アルバム『中人』収録)「U.B.U」(シングル『未確認中学生X』収録)
安藤裕子「林檎殺人事件(feat.池田貴史)」(アルバム『大人のまじめなカバーシリーズ』収録)
野宮真紀「マキのレキシ」「マキのヤボウ」(アルバム『30 ~Greatest Self Covers & More!!!』収録)
Negicco「ねぇバーディア」(シングル『ねぇバーディア』収録)
関ジャニ∞「侍唄」(シングル『侍唄』収録)

<ライブサポート>
忌野清志郎、風味堂、スネオヘアー、中村一義、小坂忠、怒髪天、SAKEROCK 他
<その他の出演>
・スペースシャワーTV「MUSICA」(02年4月~03年3月)レギュラー出演
・スペースシャワーTV「熱血!スペシャ中学」(03年3月~06年3月) レギュラー出演
・コカ・コーラ ファンタCM(2000年度 ACC CM FESTIVAL入賞)
・テレビ朝日「虎ノ門」
・NHK Eテレ「ビットワールド」(07年)準レギュラー出演
・MXTV「エビ中の永遠に中学生(仮)」(12年4月~9月)レギュラー出演
・BSスカパー!「IDOL REVUE MUSiC×iD by スペースシャワーTV プラス」
(12年5月~14年9月) レギュラー出演
・MXTV「エビ中の永遠に中学生(仮)2」(13年4月~9月)レギュラー出演
・テレビ埼玉「エビ中の「天才盆栽中学生(仮)」14年4月~14年6月)レギュラー出演
・テレビ朝日「タモリ倶楽部」準レギュラー出演
・フジテレビ(関東ローカルほか)「アフロの変」(14年10月〜16年3月)レギュラー出演 / MC担当
・是枝裕和監督作品映画「海街diary」(15年夏公開)浜田三蔵役にて出演
・NHK-FM「音楽ガハハ」16年4月〜 レギュラー出演
・TBS日曜劇場「99.9-刑事専門弁護士-」(16年4月〜)坂東健太役にて出演
<Information>
◆オフィシャルホームページ<うぇぶ城>:http://rekishi-ikechan.com/
◆オフィシャルファンクラブ<レキシ研究所>: http://rekishi-ikechan.com/fc/