MUSICSHELFトップ > トピックス > 小松政夫、芸能生活50周年記念公演がスタート

小松政夫、芸能生活50周年記念公演がスタート

小松政夫、芸能生活50周年記念公演がスタート
ジェントル・フォレスト・ジャズ・バンドを従えて
歌あり、コントあり、芝居ありの爆笑エンターテインメント!

昨年、芸能生活50周年を迎えた日本のコメディアン、タレント、俳優、声優であり、日本喜劇人協会会長(第10代)でもある小松政夫(74歳)が、その記念となる〈小松政夫芸能生活50周年記念公演〜いつも心にシャボン玉〜〉を1月7日に東京・有楽町のよみうりホールよりスタートさせた。

ステージは、ジェントル久保田(ジェントル・フォレスト・ジャズ・バンド)のモノローグで小松政夫をVTRで紹介する演出でスタート。総勢18名を有するビッグ・バンド、ジェントル・フォレスト・ジャズ・バンドの楽曲「ハッピカ☆ライト」に合せて小松政夫が登場し、冒頭からジェントル・フォレスト・ジャズ・バンドとの絶妙なバランスの音楽コントで盛り上げた。

「小松の親分さん」「栄光のオカマちゃん」「しらけ鳥音頭」「電線音頭」「タコフン音頭」などおなじみのコミック・ソングも、ジェントル・フォレスト・シスターズの3名を加えたビッグ・バンドの演奏による特別なアレンジで披露。ゲストを交え、小松政夫の歴史をネタにしたクイズ・コーナーが設けられたり、客演のはなわが、ノンフィクション&ドキュメンタリーに基づく「小松政夫伝説」をパフォーマンス。合間にコロッケ、伊東四朗、石倉三郎などのお祝いコメントがVTRで紹介され、東京03もサラリーマン・ネタのコントで会場を爆笑させた。

園まりが登場して昔話に花を咲かせると、園まりと小松政夫の師匠である植木等が50年前に発表した楽曲のリメイク「あんたなんか」をデュエット。さらに新曲の「親父の名字で生きてます」、今回の記念公演のテーマ曲で、ジェントル・フォレスト・ジャズ・バンドとのコラボとなる「いつも心にシャボン玉」と、芸能生活50周年を記念して昨年10月に発売された「親父の名字で生きてます」収録の3曲を中沢ノブヨシとジェントル・フォレスト・ジャズ・バンドをバックに歌唱。

エンディングでは、出演者全員によるカーテンコールで、歌あり、コントあり、芝居ありのドタバタエンターテインメントで終始会場を沸かせたステージは、予定を大幅に上回る時間を持って終演した。

写真:杉田 真

小松政夫 芸能生活50周年記念公演〜いつも心にシャボン玉〜
出演:小松政夫、ジェントル・フォレスト・ジャズ・バンド、中沢ノブヨシ
2017年1月7日(土)東京・よみうりホール
客演:園まり、はなわ、東京03
2017年 1月9日(月・祝)福岡・ももちパレス
客演:園まり、はなわ、ナイツ、山本華世
2017年1月11日(水)愛知・日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール
客演:コージー冨田、AMEMIYA、はなわ
2017年 1月12日(木)大阪・大阪国際交流センター 大ホール
客演:園まり、はなわ、東京03、近藤光史(フリーアナウンサー)


《絶賛発売中》



1st Single「親父の名字で生きてます」
ワーナーミュージック・ジャパン / WPCL-12493 / ¥1,800(+税)
amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する タワーレコードで購入・試聴する iTunesで購入・試聴する

[収録曲]
1. 親父の名字で生きてます/小松政夫
1. 作詞/相田 毅 作曲/合田道人 編曲/川村英二
2. あんたなんか/小松政夫 with 園まり
2. 作詞/安井かずみ 作曲/宮川 泰 編曲/岩崎元是
3. いつも心にシャボン玉/Gentle Forest Jazz Band with Masao Komatsu
(小松政夫芸能生活50周年記念公演 〜いつも心にシャボン玉〜 テーマ曲)
3. 作詞/相田 毅 作曲/ジェントル久保田 編曲/多田尋潔
4〜6.同上各カラオケ

MUSICSHELFにてインタビュー公開中!